「絶園のテンペスト(TVアニメ動画)」

総合得点
87.0
感想・評価
2656
棚に入れた
14822
ランキング
150
★★★★☆ 3.9 (2656)
物語
4.0
作画
4.0
声優
3.9
音楽
3.8
キャラ
4.0

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

絶園のテンペストの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

絶園のテンペストの感想

ネタバレになっちゃうかも
だからあんまり書けないけど

はじめはこの世界をすくおうとか
復しゅうしたいとかって
ほんとに正しいのはどっち?みたいなおはなしがあって

それで
パズルみたいでにゃんは考えても
よく分からないおはなしだったけど
主人公とあいてがいろいろ考えあって
ゲームのオセロとかみたいな
どっちが勝つのかなぁ?みたいなおはなしになって

バトルもあって
後半はラブコメがおもしろかったりして
次の回が気になることが多かったよ

女子が少なくって
男の人がかっこよかったから
女子むけなのかなぁってちょっと思ったけど
男子でもそんなにわるくないって思う☆


24話目
{netabare}
終わっちゃったね。。
はじまりの木がなくなって
世界が助かって
ふつうにいいおわり方だったって思った

そのあとのアイカちゃんのめっせが
にゃんは好きだった
にゃんも死ぬとき
あんないたずらできたらいいなぁってw

EDの前の桜がとってもきれいだったね
にゃんが今まで見たアニメの桜の中で
1ばんきれいだった☆

さいごにハカゼさんが来てこれから。。
でもヨシノくんアイカちゃんのことわすれられるのかなぁ。。
ちょっと心配w
{/netabare}

23話目
{netabare}
はじまりの木のこうげきがはじまったね
作戦はとってもよかったけどヨシノくんうたれちゃって。。
どうなるのかなぁ?

このお話しって来週で全部おわるの?
それとも2期につづくとかになるのかな?
{/netabare}

22話目
{netabare}
アイカちゃんの手紙

何か入ってたけどおわるまで開けちゃいけないって
もしかしてってにゃんは思った
それっておわったあと
アイカちゃんが帰ってこられる方法かもしれないなぁって

マヒロくんとヨシノくんは
アイカちゃんのためにおちついてたけど
かわりにハネムラさんが。。
ちょっとびっくりしちゃったケド特訓のおかげかな。。

そのあとにゃんは
ちょっとがっかりしちゃったけどw
でもこれからは
ハネムラさんががんばらないといけないんだよね。。
{/netabare}

21話目
{netabare}
アイカちゃんってとってもクールだったね
だから人から見ると冷たい感じに見えちゃうのかな
でもほんとはそんな子じゃないよね。。

分かってからすぐに決めて
落ちついて自殺しちゃったけど
そんなに感情がない子じゃないって思う。。

だけど
かなしいお話しだったけど
アイカちゃんがあんまりかなしそうに見えなかったから

泣いてもいいのか分からなくって
でも止められなくって
なみだがじわじわって出てきて
やっぱり泣いちゃった。。

ハカゼさんが助かったみたいに
アイカちゃんも何とか
生きかえらせてあげられないのかなぁ。。

それから
はじまりの木はどうなっちゃうのかな?
{/netabare}

20話目
{netabare}
いろいろあってハカゼさんが過去にもどった
さいごはちょっとおどろいちゃった!
あのアイカちゃんが焼き鳥食べるなんてw

あっ!それよりもっと大変なこと
アイカちゃんが絶園の魔法使いだって。。
それって
11話目の感想でにゃんが考えたことがあたったみたい。。

でもアイカちゃんが魔法使いだったら
ハカゼさんのときみたいに
生きかえる事が出来るんじゃないのかなぁ。。
{/netabare}

19話目
{netabare}
ヨシノくんが恋人はアイカちゃんだって
マヒロくんに告白して2人はまたもとにもどったみたい^^

なんだかお話しはどんどん分からなくなってきたみたい
はじまりの木と絶園の木がほんとはどっちがいい木なの。。とか
どうするのがいの。。とか

来週はハカゼさんが
アイカちゃんをころした犯人を見つけるために
その前の時間にもどるみたい。。
それでアイカちゃんを助けてくれたらいいけどなぁ。。

でももしかしたら
もどったハカゼちゃんが
アイカちゃんをころすとかってゆうお話しになったりするかも。。
{/netabare}
あと1ヶ月くらいでおわると思うけど
ぜんぜん分からないで2期につづくとかって
ならないといいけど。。


17話目
{netabare}
今週はラブコメ。。
じゃなくってただのコメディ!?
なんだかとってもおかしくってわらっちゃったw

でもとうとうアイカちゃんのこと
みんなが知っちゃったけどよかったのかな。。
ほんとにこのお話ってどうなるのかな?
{/netabare}

16話目
{netabare}
ここまできたのにどうしてラブコメ?

ほかの2クールのおはなしのサイコパスとか
いままでよく分からなかったロボティクスノーツとかって
だんだんおはなしがまとまってきたみたいなのに
テンペストってだんだんグダグダになってきたみたい。。

もしかしたら冬だけでおわらないのかなぁ。。
ほかのたくさんのアニメみたいに
とちゅうでおわっちゃったらいやだなぁ。。
{/netabare}

15話目
{netabare}
今週はコメディが多かったみたい^^
気になったところは
ハカゼさんがヨシノくんのこと好きになったら
絶園の木にころされるって。。

それってアイカちゃんがころされたのと
なにかかんけいがあるのかなぁ。。
{/netabare}

14話目
{netabare}
絶園の魔法使いってほんとはだれなんだろう?

今週はあたらしい人がふえたけどどうなるのかな。。
それでどうなったらハッピーエンドなの?
見れば見るほどむずかしくなってくみたい。。
{/netabare}

13話目

とくばんやっててしばらく見てなかったから
まえがどんなおはなしかってわすれちゃって。。
それで見たらいままでのまとめみたいでよかった♪
{netabare}
EDのあとと来週のおしらせ
ほんとうの絶園の魔法使いがだれかって
気になっちゃうよね
{/netabare}

12話目
{netabare}
ハカゼさんがかえってきた
あんなところにミサイルがおちてくるなんて。。

もしかしたらぜんぶはじまりの木がやってたりして
2人ももしかしたら死んじゃうかもしれないし。。

おわりのほうのアイカちゃんの声。。
どういうことなのかな?
{/netabare}

11話目
{netabare}
時間をこえるほうほうはだいたい分かって
今度はだれがアイカちゃんをころしたのかって。。

ジュンイチロウさんがわりと出てたけどなにかあるのかな?
あと絶園の魔法使いが1人うまれてたかもって。。?
アイカちゃんはどこかからもらわれてきた子だし
もしかして何かかんけいがあるのかなぁ。。
{/netabare}
来週も気になっちゃうね^^


10話目
{netabare}
バトルもちょっとあったけど言い合いでおわったね。。
でもドキドキしちゃった
音楽もドキドキを応援してたねw

時間をこえるほうほうが出てくるのかなぁ。。って思ったら
ぜんぜんちがっててちょっとがっかりw
でももうすぐ分かるのかな?

にゃんはハカゼさんももどってほしいけど
ハカゼさんがもどせるんだったら
アイカちゃんももどせたらいいなぁって思うんだけど。。
{/netabare}

9話目
{netabare}
ハカゼさんがこの世界で死んじゃったのはほんとみたい。。

マヒロくんはこんどサモンに犯人をさがさせようってして
でもそれをよしのくんがとめて
ハカゼをたすけようってしたら
アイカちゃんのカレシをおしえるって。。

どうしたらそんなことってできるのかな?
何かパズルみたいなやりかたなのかなぁ

はじまりの木をふっかつさせてサモンに勝ったら
2年まえのサモンにそれをおしえて
ハカゼさんを島からつれもどさせる。。
みたいなかんじなのかなぁ???

デモそんなことができるんだったら
アイカちゃんもたすけてハッピーエンドでおわれるかも。。

つづきが気になっちゃうね^^
{/netabare}

8話目
{netabare}
とうとう来たね
このあとバトルが始まるのかなぁって思ってたら
サモンさんがいてたるがおいてあってなんだろう?って
思ったらせつめいがはじまって

それでおばかなにゃんもやっとほとんどのことが分かった~♪

でも。。えーっ!ていうかえーっ!
見た人は分かるって思うから書かないけど。。
そんなことあるの?

でも。。でも。。
ハカゼさんから見たら今って未来で
未来ってまだなんにもきまってないんだから
変えることができるんじゃないのかなぁ。。
{/netabare}
EDがあかるくってたのしい曲だからきっと
にゃんはハッピーエンドだって信じたいなぁ☆

つづきがはやくみたくなるね


7話目
{netabare}
今週はアイカちゃんのお話ばっかりだったみたい
ほしがとってもきれいだった☆
いっぱいのひまわりがまぶしかった☆
2人でころがった草のみどりもまぶしかった☆

アイカちゃんはもういないはずだけど
にゃんはなんだかドキドキしちゃった^^

アイカちゃんは死んじゃったのに
生きてる人よりももっと生きてるみたいだね。。

こんなになん回も出てくるのに死ぬところとかは
出てこなかったし
なんとなくちょっとヘンみたい。。
どうしてころされちゃったのかなぁ?

マヒロくんのほんとの兄妹じゃないっていうのも
どうしてマヒロくんのお家にきたかとかも出てこなかったし
やっぱりにゃんはヘンなかんじがするんだけど。。

もしかしてぇ。。アイカちゃんってぇ。。
くさりべのお家の子だったりするのかも。。
それで
ハカゼさんみたいにほんとは生きてたりして(えぇっ!)

ってにゃんは思ったけど
いつもにゃんの思ったことってはずれるんにゃw

ほんとはどうなってるのかなぁ。。
来週がたのしみ♪。。って思ったけど
たぶん来週はにゃんがにがてなバトルかも(><)
{/netabare}

6話目
{netabare}
どうして生きてるのにホネがあるかって
にゃんはちょっとかんがえた
1つは家ぞくのホネ(ふたごとか)
もう1つは魔法で作った?
でもぜんぜんちがってそう。。

1話でにゃんが思った
2人がちがう方見てるって当たってたのかな?
でもほんとはただマヒロ君に
知られたくないだけなのかも。。
{/netabare}

5話目

今週はおはなしがちょっと分かってきたカナ^^
{netabare}
アイカちゃんがポッキー食べてるとこ
喰霊のヨミお姉ちゃん思い出しちゃったw

またおそわれちゃって
ヨシノくん大事なペンダントつかっちゃって
にゃんも泣いちゃった。。

あいことばってだれのしゅみ?。。
のところはちょっとわらっちゃったw

さいごのハカゼさんのこと
どうなってるのかなぁ?
死体があったのに生きてるって。。
{/netabare}
でもそれってもしかして{netabare}
アイカちゃんも生きてるかもっていうこと?
{/netabare}

来週が気になるね☆

4話目

今日はバトルがなくってよかったナ
でもクロガネ病がこんなとこまできちゃった。。

たすけたいってがんばるよしの君
ちょっとつめたいまひろ君
{netabare}
きょうのおはなしは
まひろ君とよしの君が
どうやってお友だちになったか。。


ぜんぜんちがう2人
あんまり仲よくなさそうな2人

でも
ほんとはとっても仲よしなんだね

クロガネびょうになった
2人の子どもに
かさをおいてってくれたよしの君
あとで水をおいてったまひろ君
{/netabare}
よく分からないけどなみだが出ちゃった。。


3話目
{netabare}
バトル。。バトル。。バトル
バトルしながらちょっとづつ
魔法のことが分かってきたみたい

文明がないと魔法がつかえないとかって
どうなのかなぁ。。
なにかいみありげ。。カナ?

トンネルうまくつかったよしの君
あたまいいなぁ♪
にげられてよかったぁ。。

EDのうたもあいかちゃん。。
死んだ人なのにどうしてかな?
{/netabare}
このおはなしってもしかして
あいかちゃんがほんとの主役なのかも?
っておばかなにゃんは思ったけど。。
ちがうよねw

う~ん。。このおはなしは
ちょっと
にゃんにはむづかしいみたい。。


2話目
{netabare}
クロガネ病の人たちがかわいそう。。
女の子のくろくなった手
かなしくって。。うぅ。。って

まひろ君はちょっとこわい感じ

にゃんは
よしの君を応援しちゃうなぁ

おサイフとりかえすときでも
うらんだりしてなかったネ
やさしい人なんだ。。ホント

みんなのレヴュー読んだら
バトルより推理とかつかうのかな。。

それなら
これからも見ていきたいな。。って

ただクロガネ病は
もう見たくないなっ。。
{/netabare}

1話目

「K」のあとすぐ見ちゃったからなぁ。。

こっちもにゃんのにがてなおはなしみたいで
ちょっと苦しいかも

やっぱりくらくって超能力みたいなバトル。。
おとこの主人公
おはなしもよく分からなかったしね。。

でも
出てきた人はよしの君とまひろ君がほとんどで
あと何人か。。
だから「K」よりむづかしくなさそう(ほっ)

あにこれのサムネ見てて
にゃんが思ったのは
「コードギアス」みたいに友だちどうしで
バトルになるのかなぁ。。って

だって二人がちがう方をみてるでしょ。。

原作とか知らないから
ぜんぜんちがってるかも

おばかなにゃんだから
ちがってたらゴメンね(タブンチガウw)


来週も見ると思う☆

投稿 : 2021/09/19
閲覧 : 2009
サンキュー:

272

ネタバレ

にゃわん さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

面白い!

伏線もちゃんとあり
次々とキャラクターによる推理や考察が
当たっていきアイカは他殺ではないと
わかったときのマヒロは可哀想だったが
マヒロ以上にアイカの彼氏であるヨシノも絶望を
感じていた。
ハカゼとヨシノは結ばれないが魔法使いではない
普通の女の子としてヨシノに迫っている時は
可愛いと思える。
ちょっと残念だと思うのは
後半になるとヨシノがマグを使用しているのが
少ないのと新キャラクターのハネムラの扱いが雑
魔法を使える=アイカを殺した犯人と疑われたのは
とても可哀想。
全体的に裏切り行為や伏線がとても多かったが
全部後半で少しずつ謎が解けるのが
面白いし何周しても飽きない作品

投稿 : 2021/08/27
閲覧 : 88
サンキュー:

2

ネタバレ

キャンキャン さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

前半より後半が良作

前半と後半でだいぶイメージが変わり、後半の方が楽しめました。

が、なんとなく展開が読めてしまい、最終話まで数話残したところで飽きてしまいました。
さすがに最後まで見ましたが、なぜ飽きたのか考えてみたのですが、終始キャラの感情の単調さが原因だったのかな?と思います。

投稿 : 2021/02/25
閲覧 : 313
サンキュー:

1

ネタバレ

がぁべら♪ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

独特な世界観

<ストーリー>
ある日、魔法使いの姫君が、魔法が使えない無人島に閉じ込められた。またある日、一人の少年が復讐のために魔法使いと契約した。復讐と魔法が織り成す前代未聞の戦いが始まるところから物語は始まる。

<キャラ>
主人公はタキガワヨシノとフワマヒロ。
ヒロインはクサリベハカゼとフワアイカ。
主人公、ヒロインともに対照的な感じデス。

<作画>
絵は綺麗で見やすいと思います。

<音楽>
オープニンゲテーマ
(第2話-第12話)
「Spirit Inspiration」Nothing's Carved In Stoneさん

(第14話-第23話)
「大好きなのに」Kyleeさん

エンディングテーマ
(第2話-第12話)
「happy endings」花澤香菜さん

(第13話-第24話)
「僕たちの歌」 佐香智久さん

<感想>
このお話はシェイクスピアの「ハムレット」「テンンペスト」を引用されたセリフが多く、劇を見ているような感覚デシタ。
それでいて、魔法というファンタジー要素、フワアイカの死の謎を解くというミステリー要素まで加わり、最後まで予測不能な展開でありながら、比較的テンポよく見れるのは、恋愛要素もあり、コメディっぽくもあるからだと思います。
また、バトルシーンも迫力があり、見応え充分デシタ。

投稿 : 2021/02/24
閲覧 : 317
サンキュー:

16

ネタバレ

ふとさん さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

左門様のぐるぐるが

とにかくツボ。
アニメが予想以上に面白かったので、原作も揃えてしまった。

投稿 : 2020/12/12
閲覧 : 137
サンキュー:

2

ネタバレ

dFRjS80566 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

文芸作品ですね

初回はTBS系列の あにめあにめ 枠で視聴済み
現在ATXで再視聴

有名な古典劇 シェイクスピア をモチーフにした作品
リア王 マクベス レ・ミゼラブル ロミオとジュリエット テンペスト

等と今だに舞台でも上演される不朽の名作
私は少々古くさく感じてるので新解釈物に興味が有ります

このアニメは新解釈と言うか 原点をモチーフにしつつも
ほぼオリジナルに感じられました

主人公 滝川吉野 親友 不和真広 誰かに殺害されたらしい 不和愛花

更に 鎖部の姫巫 鎖部葉風 キーキャラでしょうか

絶縁の魔法使いと世の理を力にする 鎖部の魔法使いが
文明を護るために暗躍してる体から

体が金属化する奇病が蔓延した世界で魔法使いが 表だって活動しだす展開
不和愛花を殺害した犯人は?
鎖部葉風 が孤島に幽閉されて 通信と限られた魔具で
苦難を乗り越えて 葉風を幽閉から解き放つ前半
愛花の殺害した犯人探しと絶縁の木の処理を画いた後半
わかり図頼展開や微妙な展開も気にはなりましたがw
バランスは良かったのでは


個人の見解ですが大人向けのキャラデザ
台詞は(´ロ`ノ)ノそこでそんな台詞使う😟
等 不満は多少有りましたが大筋では良く纏まっていたかと

キャラのネーミングセンスも業となのかもですが酷く感じる事も

ラブコメを扱った かのかり トニカクカワイイ 等でう~ん(ー_ー;)
と違和感があった私ですが(個人的見解)

今作での吉野と葉風の やり取りはとても微笑ましく🤗
うん!そだよね♪ 好きなんだけど認めたくないよね( ´-ω-)
だけど大好きな異性とハグってドキドキするけど
幸せだよね(*´∀`*)
等と結構 葉風に感状移入して観てたりw

最近のラブコメ以上にラブコメしてましたね
構成に文句は無いけど話数が多すぎる気がしてます
2クール以上だと どうしても だらだらや間延びが目につきますよね(ー_ー;)

投稿 : 2020/11/16
閲覧 : 167
サンキュー:

12

ネタバレ

りょ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

メインの2人がとにかくカッコいい

作品見終えました。
序盤から中盤までの展開にぐっと惹きつけられて
あっという間に話が進んでいく感覚でした。
ただ、一気見したせいなのが大半の理由なのですが、中盤から終盤にかけて時折挟むギャグシーンなどは個人的にあまりハマらず中だるみしてしまいました。

けれど、とても高校生とは思えない主要人物の2人のカッコよさと、
終盤の予想を裏切る展開は鳥肌ものでまた知らぬ間に魅せられ、エンディングまで一気に見ることが出来ました。

もう一度、見返したい作品です。

投稿 : 2020/06/05
閲覧 : 207
サンキュー:

4

ネタバレ

sassy さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 2.5 作画 : 3.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

どうにも論理的な矛盾になっとくいかない(でも好き)

極めてよくできた推理小説なのだが、その答え合わせの部分で「卵VSにわとり」式の論理的ジレンマがあり、そのジレンマの解決が、アニメを見る限りよくわからない。この理不尽こそがこの物語のtake home messageであるのか、それともそれを超えて解決が示されているかがわからなかったことがとても悔やまれる。というか、ジレンマの性質を考える限り、解答を与えることは十分可能なのではないかと思っている。なのでとりあえず、自分の疑問をここの投げかけておこうと思う。備忘録もかねて。

まず、いきなり疑問から。ストーリーを知っている人にしかわかりませんが、明らかに超ネタバレです。

(Q)絶園の魔女である不破愛花が、自らはじまりの木を破壊せず、自殺という形で世界の流れをはじまりの木を破壊する方へ仕向けた理由が全くわからない。

まず世界設定。はじまりの木という、文明を作り繁栄させる存在と考えられ、その名がつけられた神樹がある。しかしその樹の正体は、文明がある程度進めばそれを破壊しリセットする、地球外部から来た文明制御装置であった。この文明リセット共に世界人口の大半が失われるため、人類の最大の敵である。それを唯一破壊できる存在があり、それが絶園の木とその魔法使いである。

不破愛花は絶園の魔女であり、その力、および目的を自覚しており、世界救済の戦略も計画している。一番シンプルで、かつ誰も悲しまないゲームクリアは、彼女が何事もなくはじまりの木を破壊することである。しかし彼女は計画にないはずの自殺を遂行する。

自殺の意思決定に「卵VSにわとり」式の因果のジレンマがある。アニメ中では、彼女の自由意志による自殺、という形で解答を与えているように見えるが、それがなぜ解になるのかがさっぱりわからない。

このジレンマを詳しく説明するために時系列を追うと、

①絶園の魔女である不破愛花が自殺する。
②それを他殺と思い込み、真広と吉野が犯人を追う中で、はじまりの木の魔女である鎖部葉風と会う(自殺の1年後)。
③愛花の死の真相を追うため、葉風が愛花の生前へタイムトラベルする。
④自殺の当日に愛花と葉風はすれ違うが、一般人であるはずの愛花が葉風がはじまりの木の魔女であることを見抜き、接触する。
⑤愛花は自分が絶園の魔女であること、および、絶園の木の復活とともにはじまりの木を倒す予定であることを葉風に伝える。
⑥また愛花は絶園の魔女が最強であること、および、はじまりの木を倒せることを知っている。明らかにこの時点で、愛花に自殺の予定はない。
⑦しかし葉風から、愛花が死ぬ未来を聞かされる。その結果、自殺しなければ未来が変わり、その結果、愛花にとって世界より大切な真広と吉野が死ぬ可能性を考慮し、予定通り自殺する。
⑧葉風が未来に戻り、真広と吉野に真相を伝える。彼らは彼女の死の責任は彼女自身の意思決定によるもので、誰にも責任がないという、理性的な理解へ至る。
⑨ただし、物語の最後で真広は、葉風は意思決定は間違っていると宣言する。

ジレンマは、愛花の死の理由を考えるときに起こる。明らかに愛花は、葉風と会うまで自殺の意志はない。よって愛花の死は葉風のタイムトラベルによって引き起こされている。しかし葉風のタイムトラベルは、愛花の死の真相を突き止めることを目的に行われている。つまり、因果が循環している、ように見える。

愛花がこの循環因果を抜け出すために、自殺しないという選択肢を取ることもできたであろうが、そうすると未来が変わり、その未来で真広と吉野が死ぬ危険を考慮し、自殺する。真広の最後のセリフは、この選択肢が間違っていた、ということなのだろうとは思う。

ただ、やはりわからないのは、これが本当に循環因果なのかどうか、ということである。もしこれが循環因果なら、「愛花の死亡」と「葉風のタイムリープ」のどちらが先に起きたのかが、決定不能でなければならない。しかし、時間の矢には方向性がある。過去にさかのぼるためには、その過去を作るために、一度時間の矢が進む必要がある。つまり、時間の矢を考慮すれば、葉風のタイムリープのためにはタイムリープする先の過去がすでに存在しなければならない。よって、愛花の死亡が先に起きたことは明白であり、葉風のタイムリープ以外の理由による「最初の死亡」が起きていないと、論理的な矛盾が起こる。つまり、愛花はまず何らかの理由によって死亡し、その結果葉風がタイムリープして、そのタイムリープを受けて愛花は自殺を選択する、ということになる。それ以降この循環を繰り返す場合は循環因果となるが、最初の一手は明らかにタイムリープ以外に起因しなければならない。

では愛花の最初の死亡はなぜ起こったのか?これが全くわからないので、とーってもモヤモヤしている。絶園の魔女である以上自殺以外に死にようがないことを作中では指摘しているが、タイムリープした葉風に会う前まではその予定がない以上、明らかに動機がない。うーん。

投稿 : 2020/05/29
閲覧 : 239
サンキュー:

2

ネタバレ

オッチー さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

なんか凄い…‼︎

色々な要素を詰め込んだタイプのアニメですね。ただ物語の軸は貫いているような気がします。現時点15話ですがまた一転二転ありそうですね。ただ感染症の影響もありレンタルショップが一時閉店となったので完走はもう少し後になりそうです。見終わり次第またレビューします。

投稿 : 2020/04/26
閲覧 : 175
サンキュー:

5

ネタバレ

アーリマン さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

あれこれ詰め込んだら…

物語:
ファンタジー、異能系、ラブコメ、推理物、タイムリープ、シェイクスピアと色々詰め込んだ作品。普通はこれだけ盛り沢山だとクソアニメになりがちなのだが、上手く纏まって最後は大円団で終わる。
他の方も書かれてるように、前半と後半でかなり物語が違い、特に後半の最初の方は戸惑ったが、実は一貫性は失われず、というのがわかる。
ただ、ディテールに少し粗が目立つのが残念。また、物語の核心である「なぜ愛花は死んだのか」というネタバレも、まあそこまで意外性がなかったな、と個人的には思う。
とはいえ、それもまあ「惜しい」ぐらいにしか思わず、普通に面白い。

作画:
ちゃんと書き込まれているし安定して綺麗。本作は基本的にイケメン美女しか出てこないので作画は殊に重要な要素だったが、難は無し。

声優:
何気に超豪華、そして皆キャラに上手くマッチしている。沢城みゆきと水樹奈々は当初それぞれ逆の役でオーディションを受けていたらしいが、直前で今の役にして成功だったと思う。
あと、デレる葉風(沢城みゆき)がすごくいい。本当にいい。大事なことなので2回言いました。

音楽:
重厚なオーケストラサウンドのBGMは、まるでピクサー映画のそれ。ストーリーを一段上のものに昇華させるのに一役買っていると感じる(実際大したことない描写もこのBGMのおかげで、何やら凄いシーンに思えることがある)。
それでいて、opとedのポップな軽さもきちんとアニメという枠を考慮させるのに効果を発揮している感じた(勿論、普通にop・edの曲も良いよ!)。

キャラ:
特徴的なキャラが多い中、きちんと皆見せ場あり、最後まで各々の個性を活かせていて良い。また、当初モブぽかった羽村くんが成長し {netabare} 最後には彼女とよりを戻せた{/netabare}のも、基本的に高スペックのキャラばかりの中で一味出していたように思う。
また個人的には、歳下の愛花の方がどこか達観していて大人びている一方、歳上(のはず)の葉風は結構感情的、直情的、という対比が良かった。ちなみに私は葉風の方が好きです。
あと真広は性格どイケメン。前半も勿論だが特に後半は男でも惚れる。

以上

投稿 : 2020/04/12
閲覧 : 160
サンキュー:

5

ネタバレ

kapita さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

展開がすごい

主人公は高校生でタイプの違うイケメン2人、優しくて真面目そうな感じの吉野くん(苗字ではありません)と、ちょっと悪い感じで行動力のあるシコンの真広くん。
そしてヒロインも全くタイプが違う。謎めいていてかなり変わっ美少女真広君の妹(義理)あいかと、魔法使いの姫君のナイスバディな美人でかなりわかりやすい葉風
シェークスピアの作品ハムレットやテンペストが用いられています

前半の展開は何だったのというくらい、途中9話くらいからの展開がすごすぎて、終盤が怒涛の展開でひきこまれてしまいました
しかも真広くんがどんどんかっこよくなっていくのも見どころのひとつですね
主人公然り、周りもキャラがたっていてよかったです
ちょっと24話と長めで、最初は微妙かなと思われる方もいらっしゃると思いますが、あきらめず最後までぜひ見てもらいたい作品だと思います

テンペストちゃんと読んでみたいなと思いました

投稿 : 2020/01/16
閲覧 : 200
サンキュー:

12

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

前半と後半で印象が随分違います

後半の急展開というか 全く別の作品を観ている様でした。ここまで前半と後半でジャンルが異なる作品はない気がします。それに 謎解き、魔法、脱出、頭脳戦、恋愛、タイムループ、宇宙人と、なんでもあり感が笑っちゃうぐらいありますが、この詰込み過ぎる感じ、けっこう気に入ってました。なにしろ最後まで楽しく観る事が出来ましたので。
主要四人のキャラデザインが凄く気に入ってます。そして、惚れてしまうヒロイン・ベスト10 なるものがあれば、間違いなく愛花がナンバー1です。竹を割ったような男気のある彼女の潔さには敬服します。愛花が真広と吉野の二人に出会った事こそが、彼女が絶園の魔法使いである所以なのでしょう。
テンペストをはじめBGMが優秀で、独特な感性の作風に引き立てていました。

投稿 : 2020/01/05
閲覧 : 232
ネタバレ

グルメキング さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 2.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルなし

見終わりました

女性向けのアニメだと思う
男性視点から見るとピアス付けてる2人の男子はどうしても感情移入ができない

台詞の中二病全開はまあ途中から気にしなくなった
タイムスリップ関連のシナリオは面白かったが、設定はかなり雑でまじめに考察したら破綻する
ストーリーも中二病設定がひどくてあんまり受け入れなかった(汗

単純にアイカ復活するかどうかが気になるから完走できた

投稿 : 2019/07/29
閲覧 : 388
サンキュー:

1

ネタバレ

蟹チャーハン さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.2
物語 : 1.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

つまらない舞台劇を半日通しで見せられた気分

シェークスピアをテーマに、まんま戯曲として使えそうなセリフまわしでアニメというより舞台劇を連想させるアニメ。
音楽もこってるし臨場感はありました。
が、その他はすべてが低レベルの茶番。

魔法で死人は蘇らせられないと語りながら、あっさりタイムスリップはできてしまう。
え? なら過去に戻って「死んだ彼女」を連れ戻せばいいんじゃないの? 
少なくとも2年前なら「死んだ彼女」も生きてるのだし、魔法使いさんには手数かけるけど、「これから死ぬ彼女」を連れて現代に戻ってくればいいのにね。

魔法を使うには供物が必要で、鉄とか使った近代文明の類が必要だという謎設定も意味がわかりません。作者の屁理屈ではちっとも納得できない。
で、そんなものが何一つない孤島に流されて魔法を使えず魔女が苦悩していると、なぜか空からロケットが落ちてきますwwwwwww ばかじゃねーの

正直、劇場まで見に行ってこんな舞台劇を4時間5時間見てこれだったら席を立ってますね。10話あたりからぐだぐだ可能性だけを言い合い否定し合い、何も立証できすz、最後にロケットが飛んできてあまりにくだらなくて視聴をやめました。

復讐劇ならそれで完結させればいいのに、意味のわからない世界を救いたがる厨二キャラのおかげでかなり損してますね。

投稿 : 2019/03/13
閲覧 : 295
サンキュー:

2

ネタバレ

つぶあん さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

リピートしてみたらやっぱりよかった

久々にリピートして観たのですが、この作品は面白かった。

全パート通して、シェイクスピアのセリフがアクセントをつけてくれます。
前半はシリアスな雰囲気で、復讐がメインテーマとなります。
後半はがらっと雰囲気が変わり、ラブコメ要素もありつつ
前半の謎を絡めながら、舞台が大きくなります。

あらすじは省略しますが、
前半ラストの駆け引きと謎解きはとにかく二転三転して面白い。
焦る左門に「ざわ・・・ざわ・・・」と付けてほしい。
すべての謎が回収されないまま後半に流れちゃいます。

後半はとにかくキャラクターの感情が前面に出てきます。
コミカルな部分が多くなっていますが、その分泣けるシーンも
後半に持ってきています。
前半で解けなかった謎もまとめてラストに持っていき、すべて繋がるので
最後まで飽きない作品でした。

OP/EDもなかなかでした。
前半OPはカッコいい。
後半OPは歌詞がストレートでグサッときました。
前半EDは花澤香菜さんで可愛い雰囲気でしたね。
後半EDは愛花が隣にいない吉野の映像が切なくなりました。

前半と後半でイメージが変わってしまうので、嫌う人もいると思いますが、
後半の方がキャラクターの個性が際立っているため、私はすきですね。

投稿 : 2018/10/23
閲覧 : 215
サンキュー:

9

ネタバレ

ごまちる さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

とにかくキャラが綺麗

作画が綺麗で、それだけでGOOD。
内容も、展開がぐるぐるしているので良い。
作画と内容がここまで良いのは、あまりない感じ。

間違いなくレベルの高いアニメ。

投稿 : 2018/08/25
閲覧 : 209
サンキュー:

4

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイトルなし

全話再視聴

これを始めてみた頃は見てないものが沢山あり

いろいろなものを一気に夢中で見ていた時期

それゆえに内容の記憶が薄くなっていた

再度見てみたけど

とても良く出来ている作品

当事得点だけを付けていたけど

再視聴後得点アップ

凄く甘く切ないラブストーリーとミステリーとバトルと

タイムスリップとか壮大な世界を守るストーリー

キャラの個性も超優秀です

超良く出来ています

絶対お勧めです

投稿 : 2018/06/13
閲覧 : 197
ネタバレ

けけけけかけい さんの感想・評価

★☆☆☆☆ 1.0
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

揺れない乳は乳じゃない。

おはようございます。
先刻レビューを投稿させていただいた者です。
さて、個人的に7話まで観さしていただきましたが、
奇々怪界で魑魅魍魎が跋扈していたところに、思わず感嘆してしまうほどの神作画でした皆さん、是非観てください!

投稿 : 2018/05/06
閲覧 : 269
サンキュー:

2

ネタバレ

足利 @ アンティー さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

シラコイ

3話しか見てないけど、まぁええんちゃん?
可愛い子ちょっとだけどおったわ
声優は素晴らしい!
是非とも観テンペスト!!

投稿 : 2018/05/06
閲覧 : 192
サンキュー:

3

ネタバレ

ひろ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

微妙

最後くらいもう少しあの2人の生活を見たかった!

投稿 : 2018/03/27
閲覧 : 247
サンキュー:

2

ネタバレ

ato00 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

感情と理性 <追記;それぞれのその後><さらに朗読用に美修正><転記;もうひとつのレビュー>

序盤の感想は、エンディングが想像できない。
何故ならば、ヒロイン愛花が既に殺されているから。
それに、もう一人のヒロイン葉風は島流しに。
シュークスピアの「ハムレット」と「テンペスト」。
二つの対照的な結末の戯曲を引き合いに、物語は加速する。
次が気になる、心惹かれるストーリーだ。

感情と理性。
物語の主題と考える。

感情を司るは葉風。
自信に満ち溢れ、一直線な行動は潔い。
まさに、感情の権化だ。
理性を司るは愛花。
彼女の言葉は冷静で知的。
すべてをお見通しで、何者も寄せ付けない雰囲気を持つ。

これは主人公側にも言えること。
愛花の兄真広が感情。
愛花の彼氏吉野が理性。

さらに言うならば、はじまりの木が感情。
絶園の木が理性。
理性と感情がもつれ、最後は1本の線となるシナリオ。
その構成は筆舌に尽くし難い。

個人的注目シーンは、愛花・葉風の対峙だ。
二人の性格を如実に表すこのシーンは最大のクライマックス。
感情のままに行動する葉風。
言ってることが破綻する。
一方、常に理性的な愛花。
でも、吉野に対する一瞬の心の揺らめきに人間らしさがほの見える。

愛花を演じるは花澤香菜さん。
冷静な役は合わないが、演技の幅の広さを感じる。
葉風を演じるは沢城みゆきさん。
スパッとした声音が聴いてて心地よい。
この声でデレられた日には・・・

中盤、「世界の命運を左右するラブコメ」風に豹変する超展開。
これと併せ、名言テンコ盛りの本作品をお楽しみあれ。

<追記;それぞれのその後>
{netabare}漫画10巻特別編を読了。
あの人に彼女が?
あの人とあの人が結婚!あの人が主夫に!
あの人とあの人が復縁!
などそれぞれの人生を歩む登場人物たち。
なかでも、葉風はファミレスのバイトを。
凛々しい仕事姿に、私の評価はうなぎ登りです。
でも、吉野のことになるとデレデレ。
ホント、かわいい人です。
吉野とのその後はラストに暗示されています。
末永くお幸せに!{/netabare}

<転記;もうひとつのレビュー>
{netabare}次が気になるストーリー。
粗削りですが、良くまとまっています。
途中シリアスからラブコメに変わるまさかの展開。
私はラブコメの方が楽しかったです。

このアニメでもっとも印象的なのはキャラです。
ダブルヒロインの愛花と葉風。
私は葉風派です。
つまりは、自分の好みの女性ということです。
愛花は、優しいけど意地悪。
あまり見ないタイプです。

あと、愛花役の花澤さんが歌うEDは不思議な感じです。
本編はシリアスなのに、EDは柔らかく幸せな歌。
ギャップが奇妙でした。
今思うと、エンディングを暗示していたのでしょう。{/netabare}

投稿 : 2017/10/29
閲覧 : 759
サンキュー:

84

ネタバレ

Sakima さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

前半と後半、まったく違うストーリー

前半はハムレット、テンペストを題材とした(原作は知りませんが)魔法使いの物語だと思います。

そして後半は世界を運命をかけるラブコメになっています。

しかし、いつもキャラクターの個性が生きていて面白い作品でした。

ストーリーがきれいに終わっていたこともあって、大変満足です。

投稿 : 2017/09/29
閲覧 : 234
サンキュー:

3

ネタバレ

フラフラのカタカナ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

もう一捻り欲しかった

最初に書いておくと凄く面白かったと思います。
ただ不破愛花の死が理解出来ていないので、以下は読む価値も無い感想です。
単純な話ししか理解出来ない自分が残念ですが。

自殺行為を納得出来た人には最高の作品かも知れません。
最初は鎖部一族が明確な悪であり、行動原理とか世界観を面白く見れました。
ただ途中から恋愛要素が強くなり、行動原理があやふやになっていき、
私には理解出来ない展開になっていきました。

愛花の自殺を物語の中心に置きすぎて、
その為に動く人達が作業してるみたいです。
結末が決まっていて、それをなぞり、流れだから死ぬ。
納得させる理由がある自殺です。
ですが、それだとはじまりの木を倒すところまで
愛花の自殺時点で決まっていて、結末をなぞる物語だったと思うと
急に回想シーン見てるみたいで感情が動かなくなりました。
それはタイムパラドックスが無いようによく考えられた作品だからとも思います。

投稿 : 2017/09/18
閲覧 : 178
サンキュー:

1

ネタバレ

わさビーフ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

展開によって印象は大きく変わる

全24話 (SF ファンタジー ミステリー 頭脳戦 ラブコメ) 原作未読。

前々から超展開の成分タグが高いのでいつか観たいと思っていたアニメ
あらすじを軽く読んでから本編を鑑賞いたしました。

観始めた頃のイメージは復讐を果たす為に目的地を目指しながら
魔法のバトルが淡々と続くファンタジー系のバトルアニメかと思っていました。
中盤に入ってあっさり復習の機会が訪れた事でその後の展開にドキドキ
まったく予想もつかない展開に後半は一気に引き込まれました。

シェイクスピアがどういう内容の話か知らないので
中盤以降のシェイクスピアを強く引用した展開は
畳みかける様な勢いがあって観ていてとても痺れました。

ドロドロした三人の関係性も最終的には良い方向に話が進むので
きれいにハッピーエンドでまとまって見応えは十分とか思います。

投稿 : 2017/08/21
閲覧 : 335
サンキュー:

29

ネタバレ

ミンミン さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

期待しすぎたかな…

知人からもオススメされ、世間の評価もなかなかだったのでめっちゃ期待して見ましたが…。

ハムレットの引用がくどくて、自分的には若干うざったく感じてしまいました。
σ(´・ω・`;)しつけぇっす…。お腹いっぱいっす…。

話の核である少女の死も、予想どうりだったので、衝撃的ではなかったかな…。

声優さんが豪華で、キャラは個性があってそこそこ魅力的でした。

あまり期待せずに見たほうが楽しめるかと思います!

投稿 : 2017/07/17
閲覧 : 200
サンキュー:

1

ネタバレ

こぺたん さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

哀しくも美しき物語

12話以前、以降で評価がハッキリ分かれるのだと思う。
12話までの展開はただただ引き込まれて行く。
13話からはそこに至るまでの経緯をラブコメや推理モノなどのごった煮で好き嫌いは分かれるだろう。
でも、1視聴者として想う。彼の作品は傑作だ。
OP/EDとか作画とか曲がどうとか。
普段、自分がアニメを評価する基準をサラッと無しにして、物語そのものに惹きつけられ怒り哀しみ喜んだ。

愛が運命を導くか、それとも運命が愛を導くか。
それは、われらの人生がめいめい試さねばならぬ問題。

あぁ、神よ。生きるか死ぬか。それが問題なのだ。

投稿 : 2017/07/14
閲覧 : 151
サンキュー:

4

ネタバレ

happyend さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

一話で切るのはもったいなかった

 面白かったです!全話観る価値あります!
 最初のころは葉風(はかぜ)を博士(はかせ)と聞き間違えて観ていましたw
 

投稿 : 2017/05/12
閲覧 : 201
サンキュー:

3

ネタバレ

カンタダ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ラスボスは愛花

この作品のボスははじまりの樹ではなく、愛花だ。テンペスト、つまり嵐の中心であり、始まりにして終わりでもあるのが彼女だ。

生前の彼女は中学生にして既に世界の真実に到達し、明晰な頭脳と強靭な精神を併せ持ち、必要とあらば両親すら手にかける。そして美少女でありながら、極めつきは最強の魔法使いだということだ。まさにチート級の彼女であるから、死後もなおその絶大な存在感を発揮して已まない。

彼女の生前も死後も振り回され続ける真広と吉野は言わば、釈迦の手のひらの孫悟空だ。これをラスボスと言わずしてなんと言おう。はじまりの樹にしても、愛花の自害という一手で詰んだのだ。結果的には彼女の望んだとおりのシナリオで話が結ばれる。要するに彼女の完全勝利で物語は幕を閉じるのだ。

そして愛花に比べれば葉風など吉野の彼女としての埋め合わせにはならない。どう贔屓目に見ても「死後であっても」愛花の方が圧倒的に優位だからだ。もし仮に愛花が生き返っていたならば、吉野は迷わず愛花を選んだはずだからだ。

もし葉風を愛花と対等の地位に就かせたいのであれば、二人の対決時に葉風は愛花に一泡吹かせなければならなかったが、終始圧倒され恋敵としても、魔法使いとしても完敗してしまった。ゆえに葉風は愛花の劣化版彼女と見做さざるを得ない。やはりここでも愛花が絶対的優位を保つ。

ここまでくれば、羽村など必要なかったのではないかと思わせるほどだ。すべてを愛花自身が知略を巡らせ、事態の解決を図ればよかったのではないか。もちろんそれはできなかった理由はいくつか挙げることができようが、その理由も後づけの言い訳にすら思えてしまう。

それにしても愛花が両親を殺害したことを、真広と吉野はなにも思うところはなかったのだろうか。どんな理由があるにせよ、親殺しは許されない行為だが、愛花はこれに関してまったく意に介していないようだ。真広も同様で、最初から親がいなかったかのようにまったく問題にしていない。

原作では真広の行動の自由が制限されるのを恐れ、加えて、はじまりの樹を倒さない限り両親が死んでしまう可能性があるから殺害に至ったわけだが、だからといって殺していい理由になるだろうか。

もし、はじまりの樹の討伐に失敗したとして人類の大半が死んだとしても、両親、あるいは片親でも生き残る可能性がないわけではない。にも拘らず彼女はその可能性まで躊躇なく摘んでしまう冷酷さだ。

これが仮にはじまりの樹を倒す必然として真広か吉野、あるいは両方が殺されなければならなかったらば、愛花は躊躇せずに殺しただろうか。恐らくそうだろう。両親を殺せて、兄や恋人が殺せないはずがない。それほどの冷酷さなのだ。

恐ろしい娘だ。居ずして二人の主人公の主導権を握って離さず、その周囲を巻き込む愛花はまさにテンペストの渦の中心、冷酷な氷の女王、圧倒的ラスボスだ。

投稿 : 2017/04/16
閲覧 : 229
サンキュー:

7

ネタバレ

おゆゆゆーん さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイトルなし

良かった点
・bgmとなるクラシック曲が曲とマッチしていた(けど苦手な人は苦手かも…)
・物語を見るごとに吸い込まれていくような素晴らしい脚本と演技
・物語の前半と後半でメンバーはほぼ同じなのにガラッと雰囲気が変わる
自分に合わなかった点
・やっぱり愛花の死因は葉風がタイムスリップしなげれば愛佳が死ななければならない理由ができないっていうタイムパラドックスが理解しきれなかった…
p.s.やっぱりみんな吉野の彼女会議は爆笑でしたよね笑

投稿 : 2017/02/04
閲覧 : 123
サンキュー:

5

ネタバレ

mxx さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

いやー。一気に見てしまった。

少しでも目を話すと意味分かんなくなりそうなんだけど…とーっても楽しかった!
敵同士だったのにみんな仲間になっちゃって、いつの間にか皆んな一緒に住んでるしw
一人一人のキャラが良くて、特に、サモンの心の声にどんどんハマります!サモンの困ってるところがまた見たい!
はかせさんのよしのへの行動が可愛くて可愛くて
あいかちゃん中学生と思わなかったw
とても楽しかったのでこれはオススメですね★

投稿 : 2017/01/31
閲覧 : 229
サンキュー:

7

次の30件を表示

絶園のテンペストのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
絶園のテンペストのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

絶園のテンペストのストーリー・あらすじ

ある日、魔法使いの姫君が、魔法が使えない無人島に閉じ込められた。またある日、一人の少年が復讐のために魔法使いと契約した。復讐と魔法が織り成す前代未聞の戦いが始まる。(TVアニメ動画『絶園のテンペスト』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2012年秋アニメ
制作会社
ボンズ
主題歌
≪OP≫Nothing's Carved In Stone『Spirit Inspiration』≪ED≫花澤香菜『happy endings』

声優・キャラクター

内山昂輝、豊永利行、沢城みゆき、花澤香菜、小山力也、水樹奈々、野島裕史、諏訪部順一、吉野裕行、浅沼晋太郎

スタッフ

原作:城平京/左有秀/彩崎廉、 監督:安藤真裕、シリーズ構成:岡田麿里、キャラクターデザイン:斎藤恒徳、音楽:大島ミチル、美術コンセプトデザイン:岡田有章、色彩設計:中山しほ子、美術デザイン:佐藤歩、美術監督:岡田有章/佐藤歩、総作画監督:大城勝/菅野宏紀、撮影監督:神林剛、編集:高橋歩、音響監督:若林和弘

このアニメの類似作品

この頃(2012年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ