「中二病でも恋がしたい!(TVアニメ動画)」

総合得点
88.3
感想・評価
5867
棚に入れた
26764
ランキング
78
★★★★☆ 4.0 (5867)
物語
3.8
作画
4.2
声優
4.0
音楽
3.8
キャラ
4.1
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

ASKA

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

中二病女子とのラブストーリー。

2012年放送。12話+OVA1話。原作 虎虎。
監督 石原立也 。
制作:京都アニメーション

感想
中二病の女子高生小鳥遊六花と元中二病の高校1年生冨樫勇太との恋愛ものというのは面白いと思いました。後輩中学生凸守や勇太のクラスメート丹生谷森夏、勇太のクラスメート一色誠といった面白いキャラも多くて青春ラブストーリーとして良作です。
京都アニメーション制作ということもあり作中妄想バトルシーンも見ごたえありました。

投稿 : 2019/08/17
閲覧 : 189
サンキュー:

33

ネタバレ

ライロキ

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

眼帯した少女が月をバックに降りてくるシーンでつかみはOK

中二病の暗い過去をかくして新たなる高校生活を望む主人公と
高校生になっても中二病のままでいるヒロインと回りを巻き込んだ
ラブコメだけれども、妄想の中でのバトルシーンはなかなかなものだし
ヒロインが中二病になった理由とか、後半中二病が薄れていく
ところとか結構シリアスなシーンもあり、物語自体はしっかりしていて
面白かった。
昼寝部に入りたい。

投稿 : 2019/08/13
閲覧 : 24
サンキュー:

6

スワンa

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

闇の炎に抱かれて笑え!

恐ろしい程に明るくアホらしく。
そして、面白くも時に淋しげに描かれる中二病たち。

その裏に潜むそれぞれの想いの深さと、恋愛劇の初々しさたるや、
正直舐めていました。食わず嫌いは良くないですね。

優秀な職人たちの手に掛かれば、難しい食材も美味い料理に変えてしまう。

切り返しの鋭いギャグ、声優陣が繰り広げる絶妙な演技の何たる凄さ。

突如ぶちかます麗しい乙女たちのボケと、勇者たる主人公の鋭い突っ込みは、
終始腹を抱えて笑うこと請け合いです。

シリアス物にちょっと疲れた方に勧める、ある意味癒される作品です。


彼女たちの生き方は、まるで詩人ボリス・ヴィアンのエッセイのよう。

恐るべし中二病患者たち。そして京都アニメーションよ、永遠なれ。

投稿 : 2019/08/04
閲覧 : 40
サンキュー:

10

HIRO

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

京アニ 負けるな!!!

タイトルが「中二病でも恋がしたい!」といかにも2次元ぽい感じだったので視聴を後回しにしてしまいましたが、
観終わった感想は素直におもしろかったです。
京アニさん製作なので、六花、森夏ともにかわいいキャラクターでした。
小指と小指をつなぐだけでドキドキしてしまうそんなラブコメもたまにはいいですね。
後半のシリアスな展開や2年前の出会いのいきさつ、最終回の勇太が六花をさらって逃げるシーンなど飽きのこないストリーでした。
製作:京都アニメーションさん
キャスト
CAST
富樫勇太:福山 潤さん
小鳥遊六花:内田真礼さん
丹生谷森夏:赤﨑千夏さん
五月七日くみん:浅倉杏美さん
凸守早苗:上坂すみれさん

投稿 : 2019/07/19
閲覧 : 154
サンキュー:

30

ネタバレ

nan-nan

★★★☆☆ 2.4
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.0 状態:途中で断念した

キツイ…。

中二病は観ていても辛いです(^_^;)
そこを楽しむアニメだということは分かっていますが、痛々しくて飽きます…。

でも、再チャレンジ検討中です!

投稿 : 2019/06/24
閲覧 : 53
サンキュー:

1

8bit

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

京アニ発だからこその面白さ

この手のほのぼのストーリーは日常がメインとなるのでそこを丁寧に描かないと魅力は激減します。
その点はさすが京アニ。
クリエーターの意思が感じられる演技に支えられキャラクターが活き活きと動いています。

ストーリー面は「まぁこんなもんかな」というのが率直な感想。
中二病でも恋がしたい!というタイトルをきちんと畳んでいる点は評価に値しますが、全体を見れば平凡な内容です。
"魅せ方"に助けられている部分が大きかったと思います。

細かな動作を観てその所作からキャラクターの成長などを感じ取れるというのは凄い事です。
それは記号として伝わるバトルモノよりも特に顕著で適当に作ると本当に適当なモノが出来上がります。
この点は京アニで良かったね。と思いました。
私的にはお話云々より技術面で勉強になるから観続けようと思った作品になります。
カット割やレイアウト・演技演出に不安を覚えないので安心して観ていられます。


突出して面白い!ではなくバランスの取れた作品だと感じました。

投稿 : 2019/06/16
閲覧 : 48
サンキュー:

4

ネタバレ

kawadev

★★★★★ 4.9
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

やっぱり勢いは大事

友人に勧められて見た作品。

中二病と言う言葉の意味を知った。私はどうも中二病ではないかもしれない。

原作とまるっきり内容が異なると聞いたけど、どうなのかな?

ベランダから美少女が降りてくる日を待ちわびている。

投稿 : 2019/06/12
閲覧 : 49
サンキュー:

3

ラウラ

★★★☆☆ 2.5
物語 : 1.0 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

正直面白くありませんでした...

全く面白くありませんでした。メインヒロインの言動もとにかく不快に感じてしまいました。シリアスになるタイミングも唐突で、何を意図しているのかがよくわからないまま終わってしまった。そんな印象のアニメです。

投稿 : 2019/05/29
閲覧 : 148
サンキュー:

2

ネタバレ

luna

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

みえない境界線が守ってくれるから

六花の右目には眼帯
そして不可視境界線を探します

どうして?

不可視境界線は
簡単に見つかってはいけないから

不可視境界線は
ほんとは見つかってほしくない目的地だから


リアルの世界をそのまま受け入れられない六花にとって
中二病は現実と折り合いをつける
大切な魔法

だから

片目で
リアルをなんとか生きて
片目で
自分を守ってくれる世界に生きる

後半、
六花の迷いと決断が物語を動かし
面白いテーマを提示していました。

ただ、どうしても気になる部分が一つ
最後に
{netabare}
なんでナレーションを入れたんだろう?
大人になっても、一見まともにリアルを生きてる人も
実はどこか中二病って
この作品のとても重要なテーマだと思う
だから
それは物語の中でもっと、もっと
しっかり表現して欲しかった

ナレーションって
物語世界から突然突き放される
とてもマイナスの効果があるって
初めて感じました
{/netabare}

キャラの人気で有名な作品って思ってたから
今まで見てなかったけど
ストーリーも面白かったです。

テーマについてもう一歩深く踏み込んでくれたら
より魅力的になったのにって
個人的には思ったけれど、、、

投稿 : 2019/05/05
閲覧 : 55
サンキュー:

5

ネタバレ

taijyu

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

面白い…けど、コメディを楽しんでいたらだんだん重く。

1話感想:
とても楽しんでいます。
絵は素晴らしく綺麗。
中二病要素も面白く、六花ちゃんがとてもかわいい。

全話感想:
絵のクオリティは非常に高くよかった。
話については序盤のギャグ展開が非常に楽しかったので、途中からシリアスに行った部分はやや微妙に思う。
中二病と親族の死などの重いテーマはいまいちそぐわないように思えた。普通中二病は、単に格好いいからという理由でなるものだから。
一応最終回まで見たら、中二病に救われたというフレーズにちょっと納得。心底落ち込んでいるときにアニメを見て慰められることはありますからね。
しかし中二病が恥ずかしいのは、周囲から「邪気眼見せてみろよおら」といじめられるからであって、周囲があれだけ肯定的なら何も恥ずかしくないと思うが。

投稿 : 2019/04/20
閲覧 : 59
サンキュー:

4

ネタバレ

Jun

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

一期が一番

先ず、主人公が普通にいい人なので、ボーイミーツガールの主軸が安心してみれます。中二病のことを(自虐的に)おもしろおかしくころがしながらも、彼女のひよわな自我を守って育てていきたい気持ちが見え隠れして、いい高校生っぷりでした。11話の中の人たちの演技(特に中学生)には2期、劇場版をあわせても、最大級の魂が入ってました。

投稿 : 2019/03/18
閲覧 : 91
サンキュー:

11

ネタバレ

菊門ミルク大臣

★★★★☆ 3.7
物語 : 2.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

なんかもったいない

序盤は中二病を卒業した者、真っ只中な者が織り成すコメディ多めの作風でしたが後半はずっとシリアスでした。
別にいいんだけど、これだと中二病を発症した理由が家庭の事情で現実逃避してしまったかわいそうな子みたいな感じで笑えませんよね。

なんというか無理矢理良い話風にまとめた感もありますし、正直序盤のコメディ路線にブレーキかけまくってて、この作品の魅力半減してる気がします。


学園祭も中身がないように見えました。描いてるようでいて描けそうなところが全部すかされてたような…

せっかく脇役も良いキャラしてるのに後半外野の外野に回ってるし、シリアス部分も何ともありきたりで解決も最終回で時間ないって事でふわっとお察ししてねって締め方。
中二病は悪いもので治そうとしてそこで葛藤しつつでもやっぱり自分のやりたいようにやれ
六花の葛藤は何処へ行くのでしょう?
家族はどう理解したのかな?散々そこでシリアスやっといてそれがネックで中二病卒業したというのに…なんか煙に巻かれてる。
こんななんとも言えないシリアスやられるくらいなら序盤のノリで細かい事は気にしなくて済む内容の方が楽しめたかなぁ

投稿 : 2019/03/13
閲覧 : 133
サンキュー:

3

かみちゅん

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.0 作画 : 5.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

六花が可愛い ひたすらに

中二病を卒業した?主人公と中二病真っ盛りな女の子・六花が高校で出会うところから物語は始まります。

正直言うと、ストーリー自体は突出した面白さを感じたわけではないけど、登場人物のキャラがみんな個性的で良いので最後まで楽しく見れました。

主人公の勇太がナヨナヨ系ではなくアグレッシブな一面を持っている所は好感が持てました。

しかしやっぱりこのアニメを見た感想としては「六花かわいい」に収束してしまう気がするw

投稿 : 2019/02/23
閲覧 : 62
サンキュー:

5

プクミン

★★★★★ 4.5
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

六花ちゃんが可愛い!!

可愛い子+中二病=アホ可愛い

ヒロインの六花は中二病(主人公の影響)をやっているが、その為かノリがとても良く、好感が持てる。
もしこんな子が彼女だったら…面倒臭いだろうなぁ~。
ノリと勢いは良い癖にヘタレ。
服のセンスとかはとてもいいのに、部屋の置物のセンスは悪い。

他キャラも魅力的なキャラがいるので、その中に一人でも好きな子が出来れば、見て損は無いアニメ。
もう外見で選んでもいいよ!!

ストーリーはあって無いようなものだし、中二病のせいか良く分からない。
最初のペースでずっと中二病やってればよかったんだけど、後半のシリアスシーンとかは減速したかな。

恋愛要素は、どっちでも良かったかな。
主人公も六花も、二人とも精神年齢が幼い為、見ていて微笑ましい。
一気に見たいという作品では無いけど、見ていて気分が楽になったり、テンションの上がる内容でした。

投稿 : 2019/02/22
閲覧 : 71
サンキュー:

5

シワーる

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

人を選ぶ作品かもしれない

とくに変哲のない男子高校生が、男に対して一縷の警戒心すらもたない美少女たちにかこまれ、まるで村上春樹の小説のように「やれやれ」とばかりに彼女たちの相手をする。主人公以外はほとんどが女子ばかり出てくる。
このハーレム設定を受け入れられるかどうかで、この作品の評価が変わるだろうと思います。それさえ乗り切れば、心にひびくものがある面白いストーリーです。とくに10話以降が。

投稿 : 2019/02/13
閲覧 : 87
サンキュー:

4

ニワカ

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

主人公が一途なとこがいい!

主人公がとてもいいやつで好感でちゃんとしてるから、主人公の次の動きが気になって最後までしっかり見てしまった。
ヒロインもいい感じでダメな奴でそれがまたそそる。
こんな中二病はいないと思うけど、中二病という要素がちゃんと入った恋愛ストーリーでとても面白かった。
おすすめな作品。

投稿 : 2019/02/10
閲覧 : 79
サンキュー:

6

KINAKO音大生

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

中2病でも恋がしたい 1期

めっちゃ好きです!!

夢中で観てました!!全てのキャラ、内容、テンポ、作画、全てよし!!(๑•ω•๑)♡

六花ちゃんが可愛い!!(*˘︶˘*).。.:*♡

見て損はないです!!

投稿 : 2019/02/07
閲覧 : 79
サンキュー:

4

矢神

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

この中二病は許してア・ゲ・ル ← ナニをエラソーに

タイトルが災いしてなかなか手付かずでした

というのも「中二病」という言葉から連想するのはあの御仁、オカリン(おかりんで入力したら変換候補にイカリングwww)

どーしてもオカリンのうざいイメージから中二病アニメは敬遠気味でしたが、これは許せる!!


オカリンファンの皆様めんごめんご


小鳥遊がほんとに可愛い

男の子もすごくいい子で最終話までほぼ一気に鑑賞

ストーリーは忘れちゃったのでレビューは省略

セカンドシーズン(なの?)もぼちぼち観てますYO!!

投稿 : 2018/12/26
閲覧 : 119
サンキュー:

7

たかたか・・

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

見直してみました。

久々に見ると、面白かったです。

11話 12話では、感動して、涙を流していました。(涙腺弱すぎ・・・)

1度見たアニメでも、また違った見方が出来て良かったです。

映画が、あったので、今から一気に観ていく予定です。

投稿 : 2018/11/24
閲覧 : 108
サンキュー:

2

ネタバレ

Re:アニメ好き

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

書いたレビューが、消えた。T-T

あらすじ...
{netabare}高校に進学してから2ヶ月、無口で常に右目に眼帯をつけ左腕に包帯を巻いた小鳥遊六花は未だにクラスに馴染めずにいた。
ある日、富樫勇太は些細な出来事から六花に接触することになる。唐突にカラコンの右眼を晒して「契約完了」と呟き、「小鳥遊」ではなく「六花」と呼べと要求し、先生にも意味不明の言動を示して戸惑わせる。
その言動は中二病だった。{/netabare}

感想
{netabare}愚痴を言わせてください。
もともと、このレビューは、ほとんど、完成していたのに、WIFIの接続が、悪くて、下書き保存もできなくて、Wordにコピペすることも、忘れ、再起動してしまい最初から書き直し...T-T。

「ストーリー」
{netabare}まあ、最初の方は、特に、「恋」では、無く、「最悪の中二病患者のドタバタコメディー」みたいに、なってました。
なので、ベタベタなラブコメ目当てだと、ちょと、期待外れかもしれません。
僕も、ラブコメ目当てで、見て、あれ、ラブコメないやん。て、思ったのですが、ラブコメ抜きのドタバタコメディーでも、十分おもしろいので、ガッカリする内容では、無いと思います。

あ、ラブコメ最初の方は、ほとんど、無いですが、最後の方は、ベタベタ?なラブコメっぽいのも、あるので...{/netabare}

「キャラ」
{netabare}とにかく、六花ちゃんが、可愛い。
ユウタに叩かれた時の、「うっ」が、可愛すぎて、萌えました。
っと、最後らへんに、思ったわけですが、最初の方は、正直、ちょっと、ウザいと思ってしまいました。
いちいち、普通の水を、魔法の水とか言う人が、居たら、僕なら、絶対、引きますw。{/netabare}

「作画」
{netabare}まあ、普通に良いと思います。
なんか、シャーロットに似ているかも。{/netabare}

「音楽」
{netabare}OPは、好みだったので、毎日、BGMとして、聞いてます。
曲の感じは、シャーロットのOP+「Only my raigun」みたいな...{/netabare}

「全体的な感想」
{netabare}見てみたら、思っていたのとちょっと、内容が、違ったけど、普通に面白かったです。
ラブコメ好きなら、たまらない作品だと思います。
ただ、バトル系が、好きな人は、合わないかもしれません。{/netabare}{/netabare}

投稿 : 2018/11/18
閲覧 : 129
サンキュー:

20

月宮

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

尊み…深い…

自分が一番好きな声優(内田真礼さん)がヒットした作品だったという事で普段こういうアニメを見る事は少ないけど視聴。感想なのですが…

控え目に言って『最強』だった……。

もともと「個性的なヒロインの設定」を後付けしたが故のこの中二病ヒロインとこのタイトルなのだと思っていたのだが、この中二病キャラもかなり奥が深いものとなっています。
中二病ヒロインはどのラブコメ作品でもサブヒロインとして扱われる事が多いですが、この作品はその中二病という個性も含めてメインヒロイン感が強すぎて何度も見返しては癖になります。

まぁ個人的な感想ですがところどころ挿入されている他のヒロイン回は蛇足に感じますw(小鳥遊六花の威力が強いため)
もちろん全員いい味しているし、凸守ちゃんとかアニメオリジナルキャラですが、この話で重要な役割をしていると思っています。

でも小鳥遊立花が強すぎる!!!

視聴前は『こういう作品は低年齢層が好きな萌えアニメ(笑)』みたいな扱いしていましたが、視聴できて本当に良かったと思っています。

どの回も難しい伏線とかなくて楽しめます。悩んだら是非見てみてください。沼アニメです。

投稿 : 2018/11/16
閲覧 : 98
サンキュー:

8

ootaki

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

スタンダードな京アニ

中二病要素がメインですが、割と普通の話を大げさに表現しているところもリアルタイムで見ていた時は新鮮に感じました。
原作にいないオリジナルキャラも何人かいて、個性的なヒロインが多い作品です。

投稿 : 2018/11/12
閲覧 : 124
サンキュー:

5

モフルン

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

2期の為の1期

元中二病の男子高校生と現中二病の女子高校生のラブコメ。
その2人以外にも元中二病や現中二病の人が出てきて黒歴史を言ったりしていてやりとりが面白いです。
ただ、最後らへんは結末が分かりきっている事をグダグダと流してて、飽きてました。2期は1期以上に面白いので最後らへんを飽きていても見る価値あると思います!

投稿 : 2018/11/11
閲覧 : 93
サンキュー:

17

R子

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

よくわかる中二病説明書

中二病のなんたるかがよくわかるアニメだった。

・・・というだけでなく、ストーリーとしてもしっかり芯がある感じ。
原作を知らないと、「何言ってるのかちょっとわかんないです」という単語もある(私もよくわからないうちに観終わってしまった)が、自分なりに脳内変換しても、まぁ見られなくはない。

絵もかわいいし、設定も面白かった。
ボケ(てるつもりはない)に対するツッコミもテンポがいい。
六花を叩くときにポコポコ音がするのもかわいい(*‘∀‘)
オープニングの最初のキラキラの部分がすごくいい。

そして、声優さんの本気を見た。笑

映画も続編もありますが、1期を観たら続編も見たくなる面白さです。

投稿 : 2018/11/09
閲覧 : 135
サンキュー:

12

dbman

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

中二病サイコウDEATH!

原作未読。

元中二病の主人公・富樫勇太(声:福山潤)が、ひょんなことから現役中二病患者の小鳥遊六花(声:内田真礼)と出会うことから始まる学園ラブコメディ作品。

そのタイトルからして放送当時、敬遠していた作品でしたが、先日何気なく視聴したところ、第二期まで止まらず完走してしまうほどに楽しめた作品でした。

基本的に私はラブコメ作品が大の苦手でした。というのは、ご都合主義によって結ばれるものが多く、たいていの主人公はヒロインと結ばれるほどにはおよそ好感のもてないキャラばかり。しかしながら今作ではその評価が一転。ラブコメでもこんなに素敵な作品があるんだなと考えを改められることとなりました。

この作品での主人公である勇太はその中二っぷりが周囲に迷惑を掛けていたと自覚し、知り合いがいないであろう高校に進むために猛勉強!(涙ぐましい努力の人です;;)声優である福山潤さんの演技力も手伝ってか、とても応援したくなる愛すべきキャラと化してしまったわけです。

もちろん、六花も最高に面白くて可愛いらしく愛してやまないキャラなんですが、この作品に登場するキャラクターたちは魅力ある人物が多く、六花の凶悪な姉・小鳥遊十花、モリサマーこと丹生谷森夏や、雄太のしっかり者の妹・樟葉など綴りきれません。

なかでも凸守早苗(声:上坂すみれ)の存在は大きく、六花との中二病妄想ワールドや、モリサマーとのバトルなど至るところで笑わせてくれます。これだけ作中で大暴れして活躍しまくる凸守がアニメ版オリジナルキャラクターとは到底思えないんDEATHがw

この作品では、中二っぷりを笑えるように転化する演出力がとても高いように思います。またアニメオリジナルキャラが複数人いることなどからも京アニの力はやはり凄まじいと言わざるをえません。できることならば、表題を無視してしまいますが恋愛の方向へ向かず、彼女らの面白おかしい日常を永遠に観ていたい。

投稿 : 2018/11/07
閲覧 : 129
サンキュー:

39

ネタバレ

K.S

★★★★★ 4.8
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

とても面白かったです。

六花ちゃん凄く可愛いです。

アニメ(架空)だから当然だろうけど、
こんな奴(登場人物全て)おるかいな!
でも凄く面白いです。

しかしアニメの小鳥遊率高いな~

劇場版を見る前に視聴
{netabare}
 6話までは小鳥遊六花とゆかいな仲間達の様なノリで進行するが・・・
 7話からはシリアス度が増す。

 あの部活紹介?の時の「フッ・・・ゴミが・・・」は良かった・・・
 メアドを勇太から生成?してもらう時の六花が可愛かった・・・
 トマトの緑のエレエレって・・・エレエレって表現が・・・

 そして7話から・・・六花の中二病は現実逃避という事が分かる。
 父の死や環境の大幅な変化に心がついて行けない・・・
 でも現実は容赦なく時を刻んで「終わった事」になっている・・・
 おそらくこの手の話は現実には山ほどあると思う・・・
 でも・・・どうなんだろ・・・うーん・・・

 全然関係無いけど・・・くみん先輩ってもの凄いナイスバディだな・・・
 「闇の炎に抱かれて消えろ!」のシーンで惚れたのか・・・六花は・・・

 結局、帰宅したんだっけ?忘れてた・・・
 じゃあ友達はおきっぱ?そんなんあんの?

 9話の文化祭の準備もいいな・・・
 六花はもう昔風でいうとメロメロなのね・・・(死語?)
 しかし、この屋根の通路手すり!なんじゃこれ!
 足場でもこんなんないぞ!ありえない!
 ・・・木造だからそうなのかな?足場だと法規違反になります!
 ばれれば厚生労働省にブラックリストに載せられます・・・
 ・・・すみません、専門なので・・・つい・・・

 そうそう、僕も最初に女性を抱きしめた時、思った!
 本当に同じ生物なの?って・・・この体のどこに内蔵入ってんの?って。
 
 凸ちゃんもなんだかんだで応援して・・・
 あー・・・このダチと好きな子について語り合うってあったな・・・
 懐かしい・・・どうすっかなって時・・・
 昔はね・・・ケータイなんてないのよ・・・電話するにも緊張してね・・・
 とレトロ感満載の実体験はさておき!

 勇太と六花のお互いの告白もいいね!本当に・・・素敵だった。
 光が走るって表現がな・・・凄くいい!

 ようやく結ばれたか・・・と思ったのにね・・・
 しかし・・・十花さん・・・まともって何なの?中二病はまともではないの?

 六花ちゃんの母ちゃんかな?鬼の様に可愛い!
 で・・・中二病を封印した・・・

 うーん・・・中二病って悪いのか?
 人と違うのは悪いことなのか?
 勇太の言うことは分かる・・・でも・・・でもね・・・
 たかだか高校生の分際(不快に思われた方ごめんなさい)で
 一生を左右する可能性のある言葉を言うのはあまりの酷だと思う。
 そして勇太はその段階で、最良と思える選択をしたと思う・・・
 それでいい・・・と言えない自分に一番、腹を立てながら・・・
 六花は六花じゃないか!って言えない自分に・・・
 
 六花なりに考えた結論は・・・やはりそうなんだよね・・・
 ここからは非現実的になる。でもそれがいい!
 くみん先輩っていい子だ・・・
 この回想シーン・・・不覚にもウルっときてた・・・

 更に・・・この告白シーンで泣いてる自分がいる・・・
 リアルを変えるっていいね!
 おそらく、お父様が亡くなられて、号泣したのは初めてだったろうね。
 いいんじゃないかな?幸せなら・・・
 格好良かったよ!勇太!素敵だったよ!六花!{/netabare}

 本当に久々に見た・・・こんな話だったっけ?って感じで視聴
 泣いてました・・・
 さてさて・・・続きを見よ見よ・・・

投稿 : 2018/11/04
閲覧 : 122
サンキュー:

19

退会済のユーザー

★★★☆☆ 2.5
物語 : 1.0 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

※個人の感想です

ヒロインが独特の個性を放っていますが、彼女に対して私は全く魅力を感じることが出来ませんでした。物語全体としてもよく分からないタイミングでシリアスになり、かといって感動するわけでもなく、作品に惹き付けられるような出来事も起こりそうで起こらなかったという印象です。作画は綺麗だと思います。

投稿 : 2018/10/27
閲覧 : 90

haiga

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

登場人物全員が優しくほんわかできるアニメ

中二病=子供心から大人らしさに転換する過程を登場人物それぞれについて描いたお話。基本的には邪王神眼とダークフレイムマスターが中心ですが。

神オープニングから映像美が半端なく、歌も素晴らしいです。ついつい口ずさんじゃう。

特筆すべきは出てくる登場人物のキャラデザイン。アニメキャラなんだけどリアルで柔らかさをかんじるスタイル。モリサマのスタイルなんて最高。全てのアニメに見習ってほしい。不自然にでかすぎるムネはいらんのですよ。あと小さすぎるロリも。

中二病のバトルは見てる方もこっぱずかしくて悶えたくなる時がありますが、全編通してみんな優しくて暖かくストレス無く観れます。
疲れて癒しを求めてる人、素直な青春アニメ見たい人は是非オススメします。

投稿 : 2018/10/11
閲覧 : 116
サンキュー:

13

ヒロウミ

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

何言ってるんだ、ロレンス!世間知らずなカワイコちゃんなんて萌えるに決まってんだろ!

アオハルなんて臭くて臭くて、それでも輝かしく懐かしい。そんなもんなんだ。



中二病って本当にあるんですかね?目の当たりにしたことないんです。
中学に上がる頃ポケモンで盛り上がってた同級生を見てて「ガキかよ、キモっ」と思ってたし思春期になれば「女の子」を意識し始めてアニメ離れは一気に加速。エヴァをリアルタイムで見ていたものの、きっかけは一緒にゲームで遊んでた友達の影響でしかなくやはりポケモン大好きっ子とはどうも話が合わなかった。妄想に酔ってるようにしか見えなくて痛々しかった。

が、今思い返せば自分の頭の中はいかにモテるか、いかにヤれるか。そんな痛々しいことも大人になれば良い思い出になり子供らしいっちゃ子供らしいのだろう。


出遅れ高校デビューラブコメを良質な絵と演者で中二病を演出しつつ大人へ少しずつ近づくさまを表現されたこの作品。アホばかりに見えて皆良いヤツばかり、しかもそれなりに忖度し常識をわきまえてるデキてるキャラクターばかりで不快感はほぼ皆無。むしろ察しが良すぎてやりすぎや!
もうくみん先輩と結婚したいよ、ほんと!


かと言ってそれ以上でもないんです。カワイイ京アニラブコメを全力で楽しむ(以外無い)作品。
だからこそ力を抜いて青春を思い出しつつニマニマ楽しめる、そんな作品。最終話では毎度毎度、六花の成長にグッと来ちゃうのは父親目線。歳は取るもんじゃねぇなぁ!



だから本当に中二病ってあるの?「ネタ」にしか思えないんだがなぁ。ダークフレイムマスターさん、お手紙ください!

投稿 : 2018/09/28
閲覧 : 80
サンキュー:

16

人類の宝

★★★★★ 4.6
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

これすごい好きw

元厨二病患者の主人公と、現厨二病のヒロインとの関わりを描いたラブコメです。厨二病要素は当然出て来ますが、この作品は数あるアニメの中でも比較的観やすいと思います。最初は登場人物たちの日常がメインですが途中から一気にシリアスになり、最後は結構感動します。それでも、この作品の馬鹿馬鹿しさは常に残り続けてるので気軽に観れます。
実は他の要素もヤヴァイです。作画は京アニなんで当然綺麗ですが、この作品だけ昔の京アニのキャラデザと今の京アニの背景を合わせた感じがして凄いなぁと思いました。音楽に関してもずば抜けてはありませんがとても印象的で良かったです。キャラは、うん、最高

投稿 : 2018/09/24
閲覧 : 68
サンキュー:

6

次の30件を表示

中二病でも恋がしたい!のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
中二病でも恋がしたい!のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

中二病でも恋がしたい!のストーリー・あらすじ

高校1年生の富樫勇太は中学生時代、邪気眼系中二病を患っていた。
しかし、そんな黒歴史を中学とともに卒業し、高校ライフを満喫していた。勇太は周りには中二病だったことを隠していたがひょんなことからある日、クラスメイトで現役中二病患者の小鳥遊六花と半ば強制的に契約を結ぶことになってしまった。(TVアニメ動画『中二病でも恋がしたい!』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2012年秋アニメ
制作会社
京都アニメーション
主題歌
≪OP≫ZAQ『Sparkling Daydream』≪ED≫Black Raison d'être『INSIDE IDENTITY』

声優・キャラクター

内田真礼、赤﨑千夏、浅倉杏美、上坂すみれ、天野由梨、福原香織、設楽麻美、保志総一朗、井上喜久子、仙台エリ

スタッフ

原作:虎虎、絵:逢坂望美、 監督:石原立也、シリーズ構成:花田十輝、キャラクターデザイン・総作画監督:池田和美、美術監督:篠原睦雄、色彩設計:竹田明代、設定:高橋博行、撮影監督:山本倫、音響監督:鶴岡陽太、音楽:虹音

このアニメの類似作品

この頃(2012年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ