映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me-(アニメ映画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me-」

よみがな:えいがちゅうにびょうでもこいがしたいていくおんみー

上映開始時期:2018年1月6日

★★★★★ 4.2
物語:4.1 作画:4.4 声優:4.3 音楽:4.0 キャラ:4.3
総合得点 70.8
感想・評価 148
棚に入れた人 881
ランキング 606
高校3年生への進学を間近にした春休みを舞台として、勇太たちの新たな物語が描かれる。ある日、立花の姉・十花は、成績のかんばしくない立花を連れてイタリアに移住することを宣言。これを知った丹生谷森夏(にぶたにしんか)から、立花との駆け落ちを提案された勇太は、立花とともに日本全国を駆け巡る逃走劇を繰り広げる。(アニメ映画『映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me-』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 148

2018.09.04 20:03 はきゅーんの評価 | 観終わった| 25が閲覧 ★★★☆☆ 3.8 評価対象: 映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me-(アニメ映画) 物語 : 2.0  作画 : 5.0  声優 : 4.5  音楽 : 3.5  キャラ : 4.0

不思議スカート

不自然なほどぱんつが見えない(;_;)

 サンキュー(2)
2018.08.31 17:36 ロリルスの評価 | 観終わった| 28が閲覧 ★★★☆☆ 3.4 評価対象: 映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me-(アニメ映画) 物語 : 2.5  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 2.0  キャラ : 4.5

期待しすぎだった

物語普通で途中で何度も意識がゲームのことに飛んじゃってね、悪く言えばつまんない

物語のせいか、キャラセリフもイマイチの感じ、もちろん声優陣は豪華かつ俺の好きな声優たくさんいるけど、まあ、そんな感じ。

音楽もテレビアニメの前作より安っぽい。

作画は、ソードワールドの映画見たせいか、ヌルヌルの感じは前作ほど可愛くない気がする。でも、背景は気に入る

キャラデザインにおいては、可愛い服に難儀はないが、指輪はダサっw、スーツケースも!

この作品の最大の見所は{netabare} 森様とでこもりの百合展開かな?{/netabare} ブヒィィィィィィィィィィィィィ

 サンキュー(1)
ネタバレ
2018.08.31 06:29 R子の評価 | 観終わった| 29が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: 映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me-(アニメ映画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

若気の至りってこういうこと

ウブで可愛い、二人の愛の逃避行。
勇太の、六花への愛情がすごく伝わる作品だった。

見ていてほのぼのする。

特に好きなのはラスト。

キスをするのも恥ずかしい二人が、大胆に気持ちを伝え合い、名前を呼ぶシーンは不思議と涙が出た。

二人が付き合っているという設定ありきであることと、登場人物のキャラが濃いので、ぜひアニメから視聴することをおすすめする。

 サンキュー(1)
ネタバレ
2018.08.26 22:07 岬ヶ丘の評価 | 観終わった| 21が閲覧 ★★★☆☆ 3.3 評価対象: 映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me-(アニメ映画) 物語 : 2.5  作画 : 4.0  声優 : 3.0  音楽 : 4.0  キャラ : 3.0

目的地のわかっている逃避行

 「中二病でも恋がしたい!」は中二病を題材にしたユニークな着眼点と、個性豊かなキャラクターの掛け合いが魅力的な作品だと思う。特に1期はヒロインの中二病設定と終盤のシリアスな展開を織り交ぜながらカタルシスも十分で、かなり完成度の高いアニメだった。
 ただ2期からはあまり二人の関係性にあまり進展が感じられず、内容がやや堂々巡りという印象だったので、正直1期で奇麗にまとめていたままの方がよかったのではないかと思っていた。そんな中での新作劇場版の公開。

 正直結論ありきの物語だったと思うし、全国各地を巡る逃避行という形でボリューム感を出していたが最後は無難に収めたというのが率直な感想。六花の中二病卒業問題もテレビシリーズから扱っていたもので、既視感はある。1期からかなり期間も経ち、中二病のテンションにややついていけない感じもあった。もちろん作画や背景、ZAQさんの音楽などクオリティーは高い。

 この作品は魅力である中二病をさっぱり切り捨てることもできないし、かといっていつまでも中二病ヒロインとその周囲の面々を描く訳にもいかない。そのあたりのジレンマがもどかしいところ。設定は面白いが、ラストをどういう形に落とし込むのかが難しい作品だと感じた。そういうこともあり、こういう展開は仕方がないかな。公式でしっかりと一区切りをつけたという点では評価できると思う。

 作中に他の京アニ作品が出てくるなど遊び心が散りばめられており、全体的にお祭り・サービス的な映画だったのかなとも思う。もう少し気楽な気持ちで見られたらよかったのだが、つい辛めの評価になってしまった。

視聴日 18/8/23

 サンキュー(4)
2018.08.16 16:19 Ka-ZZ(★)の評価 | 観終わった| 38が閲覧 ★★★★☆ 4.2 評価対象: 映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me-(アニメ映画) 物語 : 3.5  作画 : 4.5  声優 : 4.5  音楽 : 4.0  キャラ : 4.5

さぁ! 一緒に旅に出よう

「十八歳。高校最後の年。なのに六花は…まだ中二病だった」
この劇場版は、この様なくだりから物語が始まるのですが、この作品の視聴意欲を一気に高めてくれるのが公式HPに記載されたイントロダクションの内容です。

----------------------------------------------------------------------
かつて、邪王真眼とダークフレイムマスターが邂逅し、暗黒神話が紡がれた。
そしてすべては神々の祝福を以て終焉を迎えた…はずだった。
だがしかし、暗黒神話には続きが存在した。

 それは二人を引き裂く危機(クライシス)
 それは若さゆえの逃亡劇(エクソダス)
 追い求めるのは安息の地・幻想郷(ザナドゥ)

刮目せよ。
語られるは、隠匿されし暗黒神話の最終章(カタストロフィ)…。
----------------------------------------------------------------------
↑(公式HPより)

凄く表現が難しいですが、富樫 勇太と小鳥遊 六花の物語は、第2期「中二病でも恋がしたい!戀」で完結した筈だったのですが、一向に中二病から卒業できない六花に業を煮やした十花さんから、二人を引き離す大英断が下される…

その大英断をアニメ化したのがこの作品です。
やっぱり勇太と六花の仲が進展するのは想像し辛いですから…
それは早々に確認できました。
大学受験も見えてきた高校3年生間近の春休み…
相も変わらず勇太と六花は同じ屋根の下に住んでいるというのに、上位契約も結べていないとの事でしたから…
もちろん、相応の責任も必要なので上位契約は結べば良いというモノではありません。

でも、もし上位契約を結べない理由があるなら…?
確かに、上位契約に至るまでのプロセスはとても大切ですし、間違いなく一歩前進しなければ到達できる場所ではありません。
一歩前進するのに気持ちの上でも整理が必要ですから…
それに一歩進んだら、もう後戻りはできませんから…
この作品では、この部分を深掘りしているのが特徴であり最大の見せ場だと思います。

この物語で何が描かれるか…?
それは公式HPのイントロダクションを見れば、枝葉までは分からなくても幹の部分は凡そ予想が付くと思います。
そう、この作品ではイントロダクションに隠された部分が抜群に素晴らしいんです。

もちろん、二人とも恥ずかしがり屋なので物事が遅々として進まないのは仕方なしだと思いますが、お互い好き同士であるにも関わらず進まないのは、何故なんでしょうね…?

勇太はダークフレイムマスターで、六花が邪王真眼…これが始まりで、二人にとってこれが全部なんですよね。
前に進むという事は成長すること…
成長するということは、自分自身の殻を破る…或いは様々な変化を受け入れるということ…
変化を受け入れる過程では、手放さなければならないモノだって、きっと一つや二つではないでしょう…

どれもこれも自分…で間違いないと思います。
でももし、自分が変わっていったその果てで見る姿…それが自分が自分じゃなくなっていたら…?
ややもすると、これまでの自分を全否定することになるかもしれない…
自分を否定すること…これはきっと受け入れられると思います。
だって、自分の気持ちに折り合いを付ければ良いのだから…
でも変化って、自分自身の折り合いだけじゃ済まない場合って…沢山ありますよね。

もしそれに気付いてしまったら…変化を怖いと思う気持ちは抑えきれないと思います。
どんなに優しい言葉で包んで貰っても、その果てに自分がしっかりと投影できなければ、一歩踏み出すのは難しいのでしょう…。
だって踏み出そうとするたびに、例え様の無い不安に襲われるのですから…
そして二人はそういう日々を積み重ねてきたのだから…

大人になるために変わらなくちゃいけない…
そんな変化の狭間の間際で、彼らは何を思い何を考えるのか…?
そして彼らにとっての一番の大切な何なのか…?
この作品一番の見どころは、眩しいくらいに輝いていたと思います。

オープニング曲は「JOURNEY」
挿入歌は「Please,Take on me♡」
エンディング曲は「こころのなまえ」
全てZAQさん提供の楽曲です。
やっぱりこの作品にはZAQさんの楽曲がピッタリですね♪

上映時間は約100分…
ですがとても濃厚な100分を堪能できると思います。
しっかり堪能させて頂いた作品になりました。

 サンキュー(9)

映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me-のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me-のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。