「アラタカンガタリ ~革神語~(TVアニメ動画)」

総合得点
56.3
感想・評価
305
棚に入れた
1583
ランキング
5423
★★★★☆ 3.1 (305)
物語
3.0
作画
3.1
声優
3.3
音楽
3.1
キャラ
3.1
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

アラタカンガタリ ~革神語~の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

好きだった人ごめんなさい。。

あにこれのあらすじ

{netabare}
人と神々が共に生きる世界“天和国”(アマワクニ)では、剣の姿の神、“劍神”(ハヤガミ)を所持する鞘(ショウ)と、鞘を治める統治者である秘女王(ヒメオウ)によって平和が保たれていた。だが、30年に一度行われる秘女王交代の儀式の中、鞘の頂点に立つ十二神鞘(じゅうにシンショウ)の突然の裏切りによって秘女王は倒れる。儀式に参加したため暗殺の濡れ衣を着せられ、逃亡する事になった秘女族(ヒメぞく)の少年アラタは、行き着いた森に飲み込まれ闇の中へと消えてしまう。 そして現代の日本、やっと出来た友達の裏切りに遭い、絶望の底にいた高校生の革(あらた)は、何かに導かれるかのように、とある路地へと迷い込む。その出口は、アラタがいた幻想の世界だった。その世界でアラタと間違えられた革は、劍神に選ばれし鞘(ショウ)となったと言われるが、秘女王殺しの罪で捕らえられ流刑を言い渡される。だが、少女コトハから渡された勾玉を通じて瀕死の秘女王から、命尽きる前に劍神を自分の元へ届けてほしいという願いを聞き、自分を信じると言う秘女王のために、革は見知らぬ異世界で、使命を果たそうと最果ての地獄と呼ばれている流刑地ガトヤから首都(ミヤコ)まで長き道のりを進む決意をする。 一方、世界を治める秘女王が倒れたことによって、“劍神”の封印が解け、所持者である鞘達は全ての“劍神”を得て自らが大王(オオキミ)になり世界を征するため熾烈な争いを始める。その戦いに無関係な人々が巻き込まれて命を失う様を見た革は、自ら「大王争い」に加わり、戦いを終わらせる覚悟を決める。
{/netabare}

1話目
{netabare}
ファンタジーのRPGみたいな世界があって
ヒメオウとその下に12シンショウってゆう12人がいて
世界を治めてたのに

ヒメオウ交代のときに12シンショウがうらぎって
ヒメオウを殺そうってして
その犯人をアラタのせいにして
アラタのことも殺そうとしてたの

それでそれとは別の世界で
親友にうらぎられて
死にたいって思ったあらたくんが

どうしてか分からないけど
そのRPGみたいな世界のアラタといれかわって
アラタのかわりにバトルするおはなしになりそう(たぶん)
{/netabare}
よく分からないことばが多いし
コメディとかなさそう。。
なんだかよくあるバトルになりそうだから
3話まで見てやっぱりただのバトルみたいだったら
見るのやめちゃうかも。。

でも{netabare}この世界に来たアラタ{/netabare}がどうなるのかなぁって
にゃんは気になるから
そのおはなしがあったらつづけて見ちゃうかも。。

2話目
{netabare}
お話しはつづきで
こっちから行ったアラタがハヤガミをつかえる
つかまって行くとちゅうでこっちに来たアラタとお話しできた
コトハが助けに来てくれた。。でも逃げられない
そんな感じ。。

でもこのおはなしって
主人公がうらぎられていろいろなやんだりしてるけど
作者の人ってあんまりうらぎられたりしたことないのかも

にゃんはもっとすごいこといっぱいあったし
ほかにもそうゆう人たくさん知ってるから
小学校のころなやんじゃって毎日死にたいって思ってた。。
今ははやく大人になれないかなぁって思ってる。。

アラタってきっと今まで
あんまりいじめられたりしてこなかったのかも
{/netabare}

5話目
{netabare}
だんだん出てきた人がふえてきて
名まえとかもむづかしいのが多いから
次見たときにだれだか忘れちゃうw

こっちの世界に来たアラタのおはなしが
ちょっとおもしろかったかな
どうせだったら
こっちの世界のお話しのほうをやってほしかったなぁ

カンナギがヒメオウをころして
アラタを殺そうってしてるってゆってたけど
これで革(これからこっちから行ったアラタくんのことこう書くね)が
ヒメオウを殺してないって知ってくれてる人がふえるといいね☆
{/netabare}

7話目 
{netabare}
アラタは学校に行ってカドアキをやっつけちゃった。。
前に革となんかあったみたい。。

コトハは革のこと好きなの分かるけど
ちょっとベタベタしすぎみたい。。

こんどはカンナギが仲間になるのかな
ヒメオウを殺そうとした人だし
それでいいの?

バトルが多いし
おはなしが早すぎるのかな。。
あんまり気もちがつたわってこないで
つぎつぎにいろんな人が出てきてよく分からなくなってきたみたい

もしかしたら見るのやめちゃうかも。。
{/netabare}

8話目
{netabare}
どんなことがあったかよく分からないけど
カドワキくんって革のことすごくうらんでたんだ。。
そのウラミの力を12シンショウが使おうって思って
あっちの世界に呼んだんだ

これからどんなことになるのかな。。
でも人をうらんでたらじぶんも不幸になっちゃうよ。。
きっと
{/netabare}

9話目
{netabare}
カドワキくんとたたかって悪神になりかけた?
なんだか「マギ」のアリババくんにそっくりだったね。。
それでなやんで。。

カドワキくんが革のことうらんだのって
わざと本気をださなかったせい?
ばかにされてるって思って
ちょっとびっくりしちゃった。。

それって革くんいつか気がつくのかなぁ?
でもこれから
カドワキくんと本気でたたかったら
またお友だちになれるのかも

これからのおはなしって
そんな感じになってくのかな☆

あと
コトハがやっとアラタと革がちがうって気がついたね
これから2人はどうなってくのかも気になるなぁ^^
{/netabare}

見おわって

いろいろありすぎて
急ぎすぎたのかなぁ
ほとんど伝わってこなかったみたい。。

カドワキくんが革のこと
殺そうって思っちゃうくらいにくんだ原因が
{/netabare}競争で革がわざと負けただけだし
{/netabare}
命をかけたたたかい。。とかでも
すぐおわっちゃうし
えっ!?今のなんだったの?
みたいな感じだった

もしかして2期も放送しようって思ってたけど
人気がなくってムリにまとめちゃったのかな?

最終回の人の顔とかいつもよりへたみたいで
もうどうせ終わっちゃうからいいか。。って
作ってたみたいな気がした。。

投稿 : 2018/11/26
閲覧 : 924
サンキュー:

88

ネタバレ

がぁべら♪ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

現代と神話の世界が交錯する、異世界ファンタジー。

人と神々が共に生きる世界“天和国”(アマワクニ)では、剣の姿の神、“劍神”を所持する鞘と、鞘を治める統治者である秘女王によって平和が保たれていた。だが、30年に一度行われる秘女王交代の儀式の中、鞘の頂点に立つ十二神鞘の突然の裏切りによって秘女王は倒れる。儀式に参加したため暗殺の濡れ衣を着せられ、逃亡する事になった秘女族の少年アラタは、行き着いた森に飲み込まれ闇の中へと消えてしまう。
そして現代の日本、やっと出来た友達の裏切りに遭い、絶望の底にいた高校生のヒノハラアラタは、何かに導かれるかのように、とある路地へと迷い込む所から物語は始まる。
----------------------------------------------

少年マンガです。
原作のヨルナミ編までですが、多少原作と異なっています。
絵は見やすいデス。
キャラはまぁ普通ですが、カドワキがかなりアラタに執着しています。
原作は好きで読んでるので、話はよく分かるのですが、全体的に少しあっさりした感じで終わってしまって残念デシタ。

投稿 : 2017/07/30
閲覧 : 103
サンキュー:

2

ネタバレ

りゅぅぞぅ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

原作が非常に見たくなった・・・ ( `ー´)ノ  EDはいい曲

 ジャンル 異世界

 ストーリー

 学園生活でいじめられ ひきこもりになっていた アラタ君

高校から、また心機一転して 学園生活に戻ったんだけど

 友達ができて喜んでいた矢先に

友達は アラタをいじめられていたカドワキたちに・・・

絶望していたアラタは・・・




 物語

 異世界のアラタ君と 入れ替わります

簡潔に述べると、

 異世界のアラタ

戦国時代のような世界観  野生児そのもの

 現代のアラタ

もやしっ子  いじめられっ子


 入れ替わる前までのお話しなんですけど

異世界の野生児アラタ君

 姫王さまとの謁見時に

謀略にはめられ、姫王殺しの 濡れ衣を着せられます( ;∀;)


 絶体絶命の窮地に

人を喰らうという森で  changeがあったわけですよ

 ここから、物語が始まる




 キャラ

 好きなキャラトップ3

1:アラタ

 オカモトさんの声いいですよね

とあるのアクセレーターを思い出してしまいます( ゚Д゚)


2:ヨルナミ

 あんたの漢気にはまいったよ


3:カドワキ

 まぁ、何気に根はいいやつだよね




 音楽

 EDだけはいい曲だと思いますb



 感想

 まぁ、よくある

不完全燃焼あるあるですよね

むろん、12話で 完結できるはずない

 このアニメの良かったことは

原作が読みたいという気持ちまでにさせたことじゃないでしょうか?


 ただ、作者休養中で連載休止中らしいですね( ;∀;)

冒険王ビィトのようにはなってほしくないですね・・・

投稿 : 2017/07/09
閲覧 : 119
サンキュー:

1

ネタバレ

まこと さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトルなし

日本にいるアラタと異世界のアラタが入れ替わっちゃう話
他の人にはそこの世界のアラタに見えるらしい……………
日野原アラタの方が異世界で成長していく話かな…
続きは漫画でって感じで私的にはアニメ2期があればいいなっと思いました

投稿 : 2017/04/08
閲覧 : 70
サンキュー:

1

ネタバレ

さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

原作も読んだほうがいい。ほんとに。

▼内容
現代の日本と古代日本のような世界観の天和国(アマワクニ)という2つの異なる世界が舞台の話。
学校でいじめを受けている革(あらた)と天和国で秘女王(ヒメオウ)暗殺の濡れ衣を着せられて逃亡したアラタ、異なる世界の2人の魂が入れ替わってしまい物語が始まります。
(革が主人公でアラタが準主人公という感じらしい。)
アニメでは天和国にいる革の話がほとんどになり、色々あって旅をすることになり、色んな人に出会い、成長していく話です。が、中途半端な感じに終わります。(コミックス23巻出ているうちの7巻までの内容なので)

設定はなんだかややこしいですが、物語の核にあるのは革と革をいじめている元友人の門脇との関係だと思います。
この2人を見ていてなんだかふしぎ遊戯の美朱と唯を思い出しました。女の友情と男の友情の違いを感じます。


OP:曲がすごく作品と合っていて好き。OP見てもらえばどんなアニメかわかると思う。
ED1:激しい感じで好き。
ED2:落ち着いた感じ。EDはどちらも鈴木達央さんボーカルのOLDCODEX。

投稿 : 2015/04/19
閲覧 : 217
サンキュー:

3

ネタバレ

星空☆彡 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

まあまあ

まあまあ

投稿 : 2015/01/12
閲覧 : 136
サンキュー:

2

ネタバレ

STONE さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

粘着キャラ達による異世界ファンタジーバトル

 原作は未読。
 主人公が異世界に飛ばされたりする作品は結構多いし、逆に異世界から現代社会にやってくる
作品も多いが、その両方を同時に展開するというのはちょっと面白い。
 ただ、実際の描写は天和国がほとんどで、時折描かれる現代日本の出来事もほとんどは
天和国でのストーリーを動かすためのものになっているのがちょっともったいない感じが
あった。
 天和国での経験が日ノ原 革を変えたように、現代日本での経験がアラタをどう変えるのかが
見たかったかなあ。

 最初にこの作品は観た時、「原作者は女性かな?」と思ったのだが、調べてみたらやはりそう
だった。
 あまり性別で分けてしまう考え方は好きではないのだが、女性が描くバトル要素のある
ファンタジーものは、男性が描く同系のものよりキャラの内面描写に比重を置いていたり、話
自体も捻りがあるものが多い傾向にあるように思える。主軸のバトルにしても敵に勝ったら
解決とはいかず、場合によってはより根が深くなったり。
 全体的印象はドラマ性は増すけど、ストレートじゃない分バトルものにおけるカタルシスは
得にくかったりするみたいな感じ。

 で、この作品もそんな傾向にあるように思えたがが、どちらかと言うと悪い方に働いて
しまった感じがした。
 設定自体は鞘と呼ばれる存在が、大王の座を目指すバトルロイヤル形式の展開となっており、
それ自体は嫌いではない。しかし、それに臨む主人公である日ノ原 革の態度が・・・。
 とにかく戦うことにやたらと躊躇。主人公が戦いを望まないというスタンスは他作品でもよく
あるが、それでもどこかで腹を括ったりする。
 しかし、この作品では、途中で決心をしたかと思われる描写があっても、次の展開ではまた
足が止まるといった感じの繰り返しで、正直イライラしてくる。
 争いごとが嫌いで、ひどいいじめにあっていたという過去から、そう簡単に変われるわけでは
ないのは判るし、そういう意味ではキャラ設定がぶれていないとは言える。
 ただ、娯楽作品の主人公としてはどうなんだろう? 目の前で妊婦が殺されても、助けに
行かない主人公って、さすがにまずいんじゃないかって。

 ライバルキャラ?である門脇 将人も印象は似たような感じで、日ノ原 革への激しい憎悪から
「よっぽどのことがあったのだろう?」と思っていたら、部活で手を抜かれて走られたのが
理由って・・・。
 実際、些細なことがきっかけで相当険悪になることって現実でもあるわけで、展開的には
無理はないとは思うんだけど、ライバルキャラとしては器が小さいと言うか。
 結局はかまってちゃんだったのか。

 この門脇を始め、主要キャラはやけに後ろ向きで粘着質なのが多く、おまけに敵ポジションに
いてもいわゆる悪的な存在ではなかったりするために、余計に面倒くさい。
 こういったキャラが中心に話が回るために、バトルものの爽快感みたいなものはほとんど
感じられなかったなあ。
 こうなるとあまり何も考えてないアラタや、革及びアラタを信じるというシンプル思考(盲信
とも言えるけど)のコトハに好感を感じてしまう。

投稿 : 2014/07/06
閲覧 : 128
サンキュー:

1

ネタバレ

ワラシ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

原作は面白そう

原作が渡瀬悠宇先生ということで雰囲気がふしぎ遊戯ににてると思いました。
個人的には嫌いな話ではないのですがどうも設定が古いなと感じました。。
門脇との陸上の勝負?で門脇が怪我してるのを知ってあらたが手を抜いてしまってそれが原因で門脇に必要に恨まれるのですが、ただの逆恨みにしか見えませんでした--:そして恨む理由としては小さいと思いました。

投稿 : 2013/12/28
閲覧 : 92
サンキュー:

5

ネタバレ

teji さんの感想・評価

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 2.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

とりあえず 最後までみた

とりあえず 最後までみた 2期があっても みないだろうな

投稿 : 2013/09/30
閲覧 : 104
サンキュー:

2

ネタバレ

ナッキー0804 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:途中で断念した

おしい。もう少しで良い作品に仕上がったのでは?

連載してるの知ってて、アニメ化決定!ってなってから、途中だったけど読んでみた。まぁまぁ、面白いじゃないか。最初から読みたいなぁ。。でも、アニメがあるからいいか、と思って原作は買わずにいたけど・・・・・。。。

正直、残念だなぁと思った。主人公の声優してる岡本信彦さんが、役に溶け込んでないというか・・・。合ってないカンジがした。やはり、声優ですべてが決まるのか・・??

でも、物語の設定はすごく面白いと思った。入れ替わり・SF・・・。アニメの要素というか、好まれてもおかしくない雰囲気なのに。おしい。ものすごく。

中断した理由として。展開も遅かったような。
あと、ショウとかゾクショウとかよくわからなかった。

このアニメを根から否定してるわけではない。いいか、悪いかと言ったら。。
・・・・中間?

投稿 : 2013/08/18
閲覧 : 125
サンキュー:

11

ネタバレ

ハッピー! さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

a

投稿 : 2013/07/18
閲覧 : 76
サンキュー:

0

ネタバレ

ninin さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

らしいと言えばらしいですね~(酷評注意)

原作未読 全12話

お話は、普通の高校生で主人公 日ノ原 革(ひのはら あらた)は親友との不義からひとりぼっちで過ごしていました。また異世界の住人であるアラタは、その世界である理由で追われるよう逃げた先に、2人が何故か入れ替わり、革は異世界の戦いに巻き込まれる、異世界バトルファンタジー作品

この作品は「親友」がキーワードですかね。

革は元親友である同級生 門脇から怨念のようにしつこくつけねらわれます。
この憎しみが半端ないですね。色々理由みたいなものがあるようですが、すべてを革のせいにするのは無理があるような気がします。
というかあまりの理不尽な怒りにこちらが怒ってしまいますね!(怒ってもしょうがないのですがw)

2つの世界のお話ですが、革のいる異世界の話がほとんどで、アラタのいる現代のお話はちょっとしかありません。
どう考えてみても詰め込み過ぎで、1クールでは足りない内容でした。

少年誌の作品らしいといえばらしいのですが、主人公にそこまで魅力がなく、最初のきっかけも弱く、ワクワクドキドキ感もなく、感動もなく、不満ばかりでした。

「戦いはこれからだー!これからも頑張るぞー!」って感じで終わっています。

ファン方色々言ってすみません、私には全然合いませんでした。オススメ出来ません。

序章みたいなお話でしたので、2期があるかもしれませんが、私はお腹いっぱいって感じでしたね。

OP スフィアが歌ってます。
ED 前半と後半で変わっています。

投稿 : 2013/07/10
閲覧 : 147
サンキュー:

16

ネタバレ

テナ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

予想より

予想より面白かったです。
革の成長がよかったですね〜
印象に残ってるシーンはコトハが革の過去や思いを知って全てを受け止めて呼び方が「革様」ではなく「革」になったあのシーンでしょうか。
革は本当に成長しましたね。
力も心も♪
門脇との戦いは力を目覚めさせたあの光の翼がとても綺麗でした。
そして、新キャラの顔も‼
地球に言った六の将も何やら…
そして、エミス‼
雰囲気的に二期もありそうですね〜
ってか、是非して欲しいです。
ストーリーも面白いしよく出来てる作品に思えました。
だからこそ、まだ謎な部分が多すぎるので終わらせてしまうのが早い様なきもします。
だから、2期を是非希望したいです。

投稿 : 2013/07/10
閲覧 : 72
サンキュー:

1

ネタバレ

たまちゃん さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルなし

日ノ原革とアラタは別世界の人間で
ある日入れ替わって違う世界での生活をすることになる
二人とも少し問題を抱えた環境というか
世界が違うから悩みとかそういうのも全く違うし
その二人が違う世界で生活することになった一応ダブル主人公なのかな?



エミスとカンナギは何かあったのか村人たちに命を狙われてて
アカチはエレベーター?には二人しか乗れないからって
必ずエミスを救え!って一人でその場で村人を食い止めカンナギとエミスを逃がす
その後違う村?にたどり着き倒れてる所救ってもらい
良い人ばかりの村でここで一生過ごそうと決めていた
カンナギは熱?で五日寝たまま治らずエミスが嵐の中?薬草を取りに行く
そこで炎がエミスを包んで近付けなくカンナギはエミスを見殺しにしたと
とても悔んでいる
あれはしょうがない事故だと思うんだけどなー

それをずっと悔んでアカチに恨まれて
カンナギは自分が殺したってアカチに言ってたからか
アカチとカンナギは敵対しちゃう
アカチ性格変わり果て過ぎ冷血な人間になった
前まではエミスとアカチとカンナギは仲良く過ごしていたけど

カンナギはアカチにはやがみを全て奪われたから日ノ原からでも奪おうとしてた
ことはが炎に包まれた時
エミスと間違えて日ノ原とことはを炎の中から救ったカンナギ
傷の手当てをしてカンナギを仲間にする?一緒に行動しようって日ノ原が決めて
それから一緒に過ごすことになったけど
国王だし偉そうな所は直らないねw
敵じゃなくなっただけいいことだけど
でもアラタに罪なすりつけて殺そうとしてたから最低だった

門脇は日ノ原にいつも刃向って何かしら話しかけて突っかかって
陸上部?で一緒に走り合った仲だった?友達だったのかな?
だけど負けて部活も辞めちゃった?それから眺めては
本気出せって怒ってたような
門脇将人は家庭の事情が凄い
友達というか取り巻きだった友達は
お金持ちってとこが取り柄だったけど飽きたって言われて
ぞろぞろ寄ってたかって一人相手に暴力しそうになって
アラタが助けようとしたり
アラタがこっちに来て日ノ原の代わりになって母親が初めて出来て
母に心配したのよ!ってビンタされたところとかみて門脇はまた嫉妬しちゃうんだね

門脇将人まで違う世界に来ちゃってカオスすぎる
ふしぎ遊戯的な?友達同士で争う事になるのかな?
日ノ原不幸過ぎてやばい
違う世界に行ったと思えば命狙われるし
元の世界では友達に裏切られたり門脇たちに虐められるし
門脇の悪の部分を利用しこの世界に呼び込んだ人がいるし
また目の前に現れた門脇のせいでつくよが闇化して日ノ原おかしくなったり

みやびちゃん可愛い
自分が認めた唯一の友達日ノ原が大会でわざとスピード落として
負けた事それが許せなかったらしい
日ノ原になら負けても本望だったらしい
それが哀れみだと思って許せないらしい
母親も家庭の事情で出て行ったっぽいし父親との仲も悪く色々言われて
それから門脇がいなくなってから日ノ原は全力で走れなくなっちゃったのかな?
門脇根は悪い子ではなかったのかなー友達だと思ってたみたいだし
その件であいつは友達じゃなかったのかって思ってる
日ノ原は本気出してなかったのか疑問な所だけど・・・えっ?って言ってたし

仕事する時の格好なんか凄いww裸にエプロンみたいな


「囚われているからだ、その瞳に映る絆というその幻影に囚われているだから勝てない。俺が解放してやる」
どれが主人公なのか
キャラがそれぞれ結構複雑なあれですね
ヨルナミ様っていう人がどういう人なのかよく分かんない
「私に仕えるならば何事にも完璧であるように出来の悪い人間など不要。必要のない人間なのです」
「ヒルコ、我が俗称になりなさい。必要のない人間なんていないのです」
どうしちゃったの?
日ノ原は弱いしカンナギなんかがなぜ同行してるのか?って疑問だったヒルコも
心を癒せる日ノ原ならヨルナミ様を救えるかも?
ヨルナミ様を救ってほしいと頼むんだ
ヒルコは心無いこの町を戻したいからヨルナミ様に背くと決めたらしい


ヨルナミ様
小さいころから母親に認められた事がなかった?
だから母上に認められるため手段は選ばないってあんなになっちゃったの?
マザコン!?でもこれ母親厳しすぎでしょ
努力して認めてもらおうとしてたのに一度も褒めてもらえなかったとか
しかも死んじゃって
「これは母の宝。御霊です。これを守りきれぬ時はそなたが死する時と思いなさい」
死ぬ前にヨルナミに託した物はヨルナミがプレゼントしたアクセサリー?
本当の母君は人一倍優しく子供思いだったらしい
ヨルナミが優しすぎるから父も母も居なくなったらどうしようと思い
鬼になって厳しくして強くなってほしかったらしい


「何が絆だ!?てめえが言うな!てめえは俺だけ見てればいいんだよ」
出たー門脇wwヤンホモってこういうの?
日ノ原虐めてた主犯って門脇なの?そこまでする事?
どんだけ粘着してるんだ・・・
門脇が現れるたびに日ノ原はトラウマを思い出して
関わりたくもないのに前に現れたり日ノ原日ノ原言ってきて可哀想すぎる

アラタの方はむしろ助かったレベルでしょ
命狙われてたけど平和な世界に逃げれたし喧嘩も強いし
人間関係もあんま苦労しなそうなタイプだし
ハルナワって人がそっちに行ったみたいだけど謎のまま終わったわ

最終的に門脇はやっぱ日ノ原は凄いって認めた
だからこそ勝負のし甲斐があるって
でもこれで和解ってなんか微妙すぎるー
和解したわけではないかなーまた勝負しに行くって事で決着つけようとしてるのかな

「変えてみせる!この世界も!門脇の心を!自分自身を!」

投稿 : 2013/07/08
閲覧 : 107
サンキュー:

1

ネタバレ

いのりん♪ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

現代のアラタ様の動向も気になる。。。

おもしろかった。
ケド、物語のスケールが大きいからかな、
進行がゆっくりで一瞬退屈に、、、
旅するグループが編成されてからは
「ポケモンみたいなカンジなのかな、、、」
って心配になった〜゛
2クールぐらいやってもよかったのにね。
ものたりない〜〜〜゛

原作も続いてるようだし(←未読だけど;)
最終回は、この先も続くような〆になっていたし、
「まだまだこれから!」ってカンジで
終了してしまったので、ぜひとも続きをみたいデス。
2期期待!

あ、そうそう。
OPもよかったケド、ED2曲ともOLDCODEX!
かっこよかったー♪

投稿 : 2013/07/05
閲覧 : 110
サンキュー:

2

ネタバレ

kain さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.8
物語 : 1.5 作画 : 1.5 声優 : 2.5 音楽 : 1.5 キャラ : 2.0 状態:観終わった

原作通りだけれど・・・・

コミックよりも迫力が感じられませんでした。
これから良い処で終わるとは、二期を作るのですか?
もしココで終わるというのなら、何の意義も見いだせないままです。

アニメ界全体の為にも、ぜひ第二期を作ってほしいです。

投稿 : 2013/07/02
閲覧 : 128
サンキュー:

13

ネタバレ

南のエデン さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

この作品は段々ハマりますw

ハーイ(^o^)/今回の作品は「アラタカンガタリ~革神語~」ですねw


この作品は最初がわかりにくい感じで少し戸惑いました::


ですが、見ていくうちに内容が面白くなり始め、今ではハマっています^^


主人公のアラタくんが段々自分の気持ちに正直になっていくのがとても好きです^^


今後の展開がたのしみですw

投稿 : 2013/05/16
閲覧 : 150
サンキュー:

6

ネタバレ

はちくじまよいちゃん さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.4
物語 : 1.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:途中で断念した

ぎ、ぎぶあっぷ

前回まではなかなか面白かったんですが、思慮深そうな人が身重な妻の命を助けることを条件に自分の身を捧げた直後に、その妻がぶち殺されてあんぐり・・・そして前回までは人を助けることに怯えて体が動かなかったことをメチャクチャ後悔していた主人公が、その光景をただじっと見ているという不思議・・・そしてお決まりのような幼少時の回想シーン・・・とお腹いっぱいになりました。

投稿 : 2013/05/14
閲覧 : 148
サンキュー:

1

ネタバレ

杞冬@あずさ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

現代と神話がリンクするファンタジー

1話を見て。
{netabare}現代の革はいじめられていて何かとリアルでしたね。
いじめているのは門脇というやつで過去をまだやっていないのでよく分かりませんが嫉妬?的なものを感じます。
そしてすごくやなやつぽいですね。
そして革はアラタと入れ替わることで神話の世界へと入ってしまう。
次はバトルがあるのかな?
あやひーヒロインが可愛かったので次も見てみます。{/netabare}

2話を見て。
革がカムイというハヤガミの力を解放させました。
途中で現実世界にとばされたアラタと話します。
あっちはあっちで同じ認識をされているようですね。
後敵が小物すぎます。
ミジンコみたいに小物でなえます。
みんなそろって革に罪を押し付けて逃げようとするのがちっさいww
もっと敵にも魅力がほしいですね。
現実世界で苛めていた門脇も相当いやなやつっぽいですし。

投稿 : 2013/04/17
閲覧 : 155
サンキュー:

8

ネタバレ

景禎 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

予想外におもしろい

正直、あまり期待していなかったのだが、1話の引きとしてはたいへん良かった。しばらくは視聴継続。

投稿 : 2013/04/10
閲覧 : 111
サンキュー:

0

ごんちび さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

投稿 : 2019/04/07
閲覧 : 7

touri さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/04/02
閲覧 : 6

しるまりる さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2018/11/30
閲覧 : 8

qHiiM83750 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2018/06/08
閲覧 : 6

pop22 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.5
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

投稿 : 2018/05/16
閲覧 : 8

TheNewMad さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2018/03/06
閲覧 : 7

ウィッテガン さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2018/02/03
閲覧 : 10

千枝もどき さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.5
物語 : 2.5 作画 : 2.5 声優 : 3.0 音楽 : 2.5 キャラ : 2.0 状態:途中で断念した

投稿 : 2017/11/12
閲覧 : 9

神城 悠 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.4
物語 : 2.0 作画 : 2.5 声優 : 2.5 音楽 : 2.5 キャラ : 2.5 状態:途中で断念した

投稿 : 2017/07/15
閲覧 : 9

とめぃとぅ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

投稿 : 2017/07/08
閲覧 : 10
次の30件を表示

アラタカンガタリ ~革神語~のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
アラタカンガタリ ~革神語~のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

アラタカンガタリ ~革神語~のストーリー・あらすじ

人と神々が共に生きる世界“天和国”(アマワクニ)では、剣の姿の神、“劍神”(ハヤガミ)を所持する鞘(ショウ)と、鞘を治める統治者である秘女王(ヒメオウ)によって平和が保たれていた。だが、30年に一度行われる秘女王交代の儀式の中、鞘の頂点に立つ十二神鞘(じゅうにシンショウ)の突然の裏切りによって秘女王は倒れる。儀式に参加したため暗殺の濡れ衣を着せられ、逃亡する事になった秘女族(ヒメぞく)の少年アラタは、行き着いた森に飲み込まれ闇の中へと消えてしまう。
そして現代の日本、やっと出来た友達の裏切りに遭い、絶望の底にいた高校生の革(あらた)は、何かに導かれるかのように、とある路地へと迷い込む。その出口は、アラタがいた幻想の世界だった。その世界でアラタと間違えられた革は、劍神に選ばれし鞘(ショウ)となったと言われるが、秘女王殺しの罪で捕らえられ流刑を言い渡される。だが、少女コトハから渡された勾玉を通じて瀕死の秘女王から、命尽きる前に劍神を自分の元へ届けてほしいという願いを聞き、自分を信じると言う秘女王のために、革は見知らぬ異世界で、使命を果たそうと最果ての地獄と呼ばれている流刑地ガトヤから首都(ミヤコ)まで長き道のりを進む決意をする。
一方、世界を治める秘女王が倒れたことによって、“劍神”の封印が解け、所持者である鞘達は全ての“劍神”を得て自らが大王(オオキミ)になり世界を征するため熾烈な争いを始める。その戦いに無関係な人々が巻き込まれて命を失う様を見た革は、自ら「大王争い」に加わり、戦いを終わらせる覚悟を決める。(TVアニメ動画『アラタカンガタリ ~革神語~』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2013年春アニメ
制作会社
JM ANIMATION / サテライト
主題歌
≪OP≫スフィア『GENESIS ARIA』≪ED≫OLDCODEX『The Misfit Go』

声優・キャラクター

岡本信彦、高垣彩陽、木村良平、皆川純子、松岡禎丞、小野友樹、鈴木達央、保志総一朗

スタッフ

原作:渡瀬悠宇(『週刊少年サンデー』連載)、 監督:安田賢司、シリーズ構成:関島眞頼、キャラクターデザイン:相澤伽月/Lee Seong Shin、総作画監督:大塚八愛/小倉典子/宮川智恵子、色彩設計:高木雅人、美術監督:Lee Seo Gu、撮影監督:植田真樹/Lee Seo Yeon、編集:Lim Hyun Hee、音響監督:高橋剛、音楽:大谷幸

このアニメの類似作品

この頃(2013年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ