「ニセコイ(TVアニメ動画)」

総合得点
86.2
感想・評価
2908
棚に入れた
16033
ランキング
140
★★★★☆ 3.9 (2908)
物語
3.7
作画
3.9
声優
4.0
音楽
3.8
キャラ
4.0
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

ちあき

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

アニメでは完結しないを前提に観てください。

2期も含め、アニメは「ここで終わるのかぁorz」作品です。そう思えるくらいは面白かったですが、最後がどうなるのかで印象も変わる作品でもあると思うので、ここで終わってしまったら、評価は低いですね。

三期も期待薄なようです。

原作は完結しているようです。読むかは微妙な所です……。

投稿 : 2019/09/14
閲覧 : 85
サンキュー:

5

ネタバレ

tomledoru

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ポーランド語+英語

漫画全巻読了しました。少年ジャンプにしては珍しいラブコメ+ドタバタ作品で,私の好きなジャンルです。

連載では,物語を新しくどんどん進められるワンピースやドラゴンボールの足元にも及ばない作品にならざるを得ないです。

理由は,魅力あるキャラをたくさん設定したものの,話を読者がハラハラドキドキしている間に決着を付けなければいけないジャンルだからです。

千棘・小咲・万里花・誠士郎などなどは,「楽」を取り囲んでのハーレム状態に近いのですが,千棘とは仮の恋人,小咲は引っ込み思案で本心を伝えられない…
万里花は押しまくるも空回りと女の子側も個性満載でよかったです。

先の三人とも鍵を持っていて,楽は錠前を持っていていったい誰とくっつくのだろうかと中途半端に読者に期待をさせながら,ストーリーは展開します。
「ザクシャ イン ラブ」というポーランド語+英語の謎もアニメではわからずじまいです。

「集」と「るり」は仲たがいしながらも(集は,結婚退職する先生にぞっこんなのだが)よいコンビで,二人とも,楽の周りで起こっていることを冷静に見ていて,アニメを見ている者の気づきを助けてくれます。

少年誌ということで,ちょっと暴力的なシーンはあるものの,下品な描写がないところは好感が持てます。

大筋は正当な心理描写,つまり登場人物の心の動きで話が進んでいくのが好感が持てます。

いかんせん,アニメでは「これからが面白い」ところと,面白い回のOVAのみで終わってしまって残念です。

続きと決着は漫画で。ということなんでしょうね。「ニセコイ」という題名が決着のヒントなのですが…個人的には,橘万里花とくっついてほしかったですね。
脳天気でひたむきな反面,繊細なところと病弱な万里花を応援していました。

投稿 : 2019/09/11
閲覧 : 28
サンキュー:

1

KANO

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

普通に面白いんですが

ストーリー設定など、普通に面白いラブコメ作品なんですが、アニメとして続かないのが残念です。詳しく知らないんですが、3期以降の可能性は無いんですかね?
個人の意見ですが
花澤香菜さんのベストキャラは本作だと思います

投稿 : 2019/08/02
閲覧 : 43
サンキュー:

2

ネタバレ

かっしー

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

かわいい

キャラそれぞれの個性はっきりしていて見ているこちらもいい気持ちになれるような良い作品だと思う

投稿 : 2019/07/03
閲覧 : 32
サンキュー:

1

ネタバレ

nan-nan

★★★☆☆ 2.6
物語 : 1.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

マダオ(笑)

「ニセコイ」より!

正直、学園ラブコメって得意なジャンルではないので観終わるまでに何週間もかかってしまうジャンルです…。
なので、観終わった時はちょっと達成感を感じたりしますね(≧▽≦)

万里花のマンションのエレベーターにエヴァ持って来たり、
万里花の父=碇ゲンドウ=マダオだったり(笑)

ちょっとしたところがツボります!

まぁ、観るのに苦労しましたが…。

投稿 : 2019/07/01
閲覧 : 27
サンキュー:

1

ootaki

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

当時どはまりしました

リアルタイムで見てたときにめっちゃはまりました。
ジャンプラブコメ戦国時代の中で数少ない当たり作品でそれがわかる内容となっています。
20話構成という変則です。
ヒロインたちのレベルがかなり高いです。

投稿 : 2019/05/06
閲覧 : 182
サンキュー:

11

トマトトマト

★★★★★ 4.2
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

カンソウ

1期2期視聴後、続きが気になり原作も全25巻読みました。(結構アニメ制作されてから期間経ち、もう3期作られないと思い...)
※物語の評価ですがアニメだけしか見ていないと星4ぐらいです。

一応、アニメ(1、2期)では原作の12巻位まで制作されています。一応と言ったのは、アニメでは結構抜けている話があるためです。
ただ個人的には正直抜けていても特に問題ないかなぁと思います。
私としては原作読んでいると結構退屈な所もありました。失礼な言い方ですが、流し読みしても良いかなと思える話もありました。(原作者が集英社からもっと引き延ばせとか色々言われていたのかと勘ぐってしまうくらい)
アニメでは、物語の根幹となる部分は押さえています。原作の必要な箇所を抜粋して上手く1クールでまとめられていると思いました。(特に2期)

原作の話にはなりますが、先程流し読みしても良い話があると言いました。ただ、確か18巻くらいからはどんどん物語が進み目が離せなくなりました。特に原作最終巻は号泣しました。久しぶりにマンガで泣きました。
この作品は是非最後までアニメ化して欲しいです。(シャフトさん物語に必要な箇所良い感じに抜粋してください)

アニメ、原作通して色々悪い意味で気になるシーン、展開はありました。また物語の核だけを描いていたらもっと良い作品になったのは言わずもがな・・・ただラストが良すぎてすべて許せました。
そのぐらいラストが逸脱でした。また、こういった話だと終わらせ方で賛否両論にはなりそうですが、それは仕方ないですよね。誰を押しいるかで評価も変わるかもしれません。なので、私の押しはネタバレになるかもしれないので、ここでは伏せさせて頂きます。


余談・・・原作者の方には初めから、このようなラストを考えていたのかは聞いてみたいですね。

1期の18話の終わり方ですが、原作だと普通のシーンなのですが、演出でここまで印象的になるとはシャフトの演出恐るべし

投稿 : 2019/04/02
閲覧 : 81
サンキュー:

3

ネタバレ

Re:アニメ好き

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

もうちょっと真面目にペンダントの持ち主探してくれよ...

【あらすじ】
{netabare}10年前、一条楽は一人の少女と出会う。短い時間だったが、2人の間には幼いながらも愛情が芽生えていた。
そして少女との別れの時、彼女は「ザクシャ イン ラブ Zawsze in love」(愛を永遠に)の言葉と共に楽に錠を渡し、「いつか私達が大きくなって再会したらこの『鍵』でその中の物を取り出すから、そしたら──結婚しよう」と約束する。

錠が開かないまま時が過ぎて10年後、高校生になった楽は転校生の少女・桐崎千棘と出会う。
最悪な出会いの後、親のいいつけで「千棘と3年間、偽の恋人同士になってもらう」ことになり、驚愕する楽。こうして2人の「ニセコイ」生活が始まった。
しかし...{/netabare}

【感想】
{netabare}大分前に視聴した作品です。
*誤字脱字があったので書き直したものになります。

まず、この内容で26話は正直キツイかなあ...と。
というのも1話1話にとてもボリュームがあり過ぎるんですよね。
なんか「のんのんびより」みたいな感じで1話で超短い映画を見せられているような感じでした。

そして、物語の進みようがちょっと酷いですね。
最初は普通のラブコメとして楽しめましたが途中からはペンダントの持ち主が見つからないということに「?」

いやいや、もうちょっと真剣にペンダントの持ち主探せよ主人公。
いや、真剣に探してこれなのか。

多分、2期で解決されるであろうと思い2期を観た僕でしたが2期に至っては上手い事ごまかしてる感じでした。

はぁ~
ここまで長い時間をかけて観た意味はどこにあったのか...と思ってしまったりしてしまいました。

しかしながら普通のラブコメとして見るならばそれなりに笑えるし面白い作品ではあると思います。
というかコメディ作品としては良い方かと思います。
なんだかんだ言っても僕も26話と2期全部見たので...

こんだけ批判しといてなんですが、あにこれの点数も結構高いし個人的にはとても勧めの作品です。

ただそれとは別に。
名探偵コナン君。
アニメ違うけど早くペンダントの謎を解いてくれ~(笑) {/netabare}

投稿 : 2019/03/20
閲覧 : 163
サンキュー:

24

ぽ65

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

本当の恋とは

 原作読了です。自分的にはいろいろ考えましたが、大満足の物語でした。

 原作進行中に制作された本作、ギャグ要素と映像を魅せる要素がちりばめられたエンターテインメント作品です。

------
19.02.21加筆

 好きと恋は違うような気がします。
 好きと恋をまぜこぜにして、自分の中で分からなくなってしまいましたが、もっとその辺を考えてから、また、書き直すことにします。
------

 物語を楽しみたい向きには、ニセコイ:を含めても不満でしょう。物語は落としどころがなくアニメは終わってしまいます。

 人はなぜ、人を好きになるのでしょうか。恋をするのでしょうか。

 恋とは、自分が勝手に好きになるものでしょうか。

 主人公たちは、みな、自分の想いだけを膨らませコイをします。しかし、それが「ニセコイ」なのです。

 コイとは相手のことを考えて、相手のためになること、相手の幸せを考えて初めて本物のコイになるのではないでしょうか。

 だから、主人公たちのしていることは、タイトル通り「ニセコイ」です。

 制作会社の都合からかどうかは知りませんが、原作終了までのアニメ化は見込めません。

 もし、このアニメで、この物語のホンモノのコイに関心をお持ちになられましたら原作へゴーです。

 私は、この物語では千棘推しでした。そんな私の感想では偏りがあるかもしれませんが、主人公たちの「ニセコイ」を楽しんで下さい。

 では、また^^/~

投稿 : 2019/02/21
閲覧 : 96
サンキュー:

8

Rottel

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

アニメ初心者が見るべきアニメ

自分がアニヲタになる前に見たアニメなので、当時はただの恋愛アニメだと思っていたが、思い返してみると神アニメでした。
また、自分が深夜アニメにハマったきっかけです。
ラブコメアニメを語るのには通らざるをえないアニメです!

投稿 : 2019/02/21
閲覧 : 110
サンキュー:

2

ネタバレ

TaroTanaka

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

ここの評価高っ! 花澤さんボイスが可愛い事以外余り見所がないという印象

7話くらいで一旦ギブアップ。

ヤクザとマフィアの抗争を止めるために
主人公と金髪が偽装で付き合う。

でも、どう考えてもお互い好きあっていないことが
バレそうな言動を取っているのに、
肝心のヤクザとマフィアは(少なくとも私が観た7話までは)
ずっと騙し通せてしまっている。

緊張感のなさが生まれてしまい、
何に着目して楽しめばいいのかわからなくなってしまう。
あとは鈍感主人公が惚れた腫れたでから騒ぎしているだけという印象。

ただし、花澤さん演じる少女が可愛かったことと、
シャフトらしい演出で間を持たせ飽きさせなかったことは
評価に値する。

投稿 : 2019/02/05
閲覧 : 73
サンキュー:

6

ネタバレ

ジャスティン

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

恋のフリをずっと続けることが果たして出来るのか!?

●視聴した動機
実は、前に視聴をしていたのですが、
いざ、ニセコイのことを思い出そうとしても
全く印象に残っていた回が出てこない状態まで
落ちてしまったので久しぶりに再視聴として見ることにしました

そして、dアニメストアの配信が1月末で終了してしまう
ことを考え、ちょうどいい機会でした。

●評価
今回のポイントとしては恋愛ということ自体が
偽物というところにポイントを置いてみる。

実際に嘘の恋愛ものは意外と多いような展開が
最近ではあるようなないような感じもします。

恋愛ものは純愛もの。百合を推す作品。BLなど
様々な恋愛ものが存在している。

その中でも今回の恋愛ものはどこにも分類が
出来ないとなるのはコンセプトの大きいところだろう。

ニセコイでは楽が持っている昔からのお守りがカギと
なっている。
この鍵がこのストーリーを大きく揺るがすものとなり
一番ニセコイの謎であるいったほうがいいのかな。

謎といえば、制作会社はシャフト。
シャフトが得意な教室と神飛行機は健在していますね。
神飛行機に関しては【ef - a tale of memories.】
を参考にしてみるのをおすすめ致します。
そしてこの教室は書き方は、【魔法少女まどか☆マギカ】の
ほむらちゃんとまどかが学校にいるときの
描写とよく似ている。

そして、シャフトが得意な部分がある。
それは「人の感情を絵で表現すること」だ

そのテーマは恐らく一番シャフトの演出面でいう
素晴らしさであり、一番の最強の見せ方が出来る
アニメーション会社系統だと思っています。

その証拠として、実際に絵で表現している場所は
人との会話する場所に至る場所にあった。
シャフトが得意な風景で今話している人の気持ち
を形として捉えていることに成功している。

特に告白に近いシーンなどには、
ハートマーク柄だったり、
青とピンクを混ぜることで
ドキドキした気持ちと
少し自分の気持ちを落ち着かせたい感じ
そして、少し冷めようと思う気持ちが
複雑な気持ちになっていることを
示しているようにも見えました。


1話 ★4.0

流石1話。作りこみがいい感じがします。
最初の設定まではほぼ完璧です。

2話 ★3.7

今回もなかなかいい感じです。
初恋の人に嘘をついて付き合っていますと
いうのはどれだけ苦痛なのだろうか?

3話 ★3.7

自分と同じような努力をしている人が
いると何か応援したくなるのは
人間の本能なのだろうか?

4話 ★3.6

今回でついに友達に告白するシーン。
もともとバレていた二人は最強。
実際にバレバレというが、本当にそうなのか?
まあ、そうなんだろうけど
実際に私がそういう人を見かけたら
見抜ける自身がない。

5話 ★3.6

プール回で今ではどこにもありますよね。
何か王道的みたいな感じになっているのは
気のせいか...

楽がまさかの人工呼吸をしようと思った
ところで起きるなんてあら偶然。
その前に小野寺さんの可愛い反応がとても
魅力的です。

6話 ★3.6

二人のいい所がここで全て出ましたね。
喧嘩するほど仲がいいというのは
こういうことですよね。

7-9話 ★3.5

まだまだこれからという展開が多いけど、
正直にいうともう結構視聴が疲れてしまう。
20話もそこまでいらなかったようにも見える。
ストーリー展開がゆっくりになるのもいいが、
せめて12話で終わらせて欲しいと思った。
よく今まで2期までスラスラと見れたなあと感じます。

10話 - 20話 ★3.8

全体的に長いと言っていた理由は、鍵の在りか
が分からなかったからだと判明しました。
11話あたりから楽が持っていたその鍵の謎についてが
少し分かったのが正直嬉しかった。

2回目の視聴なのに全然記憶がない。
記憶がないというのは逆にありがたい。
初見の気持ちに戻るというのはとてもいいこと。
でも、キャラ見ると若干覚えている感があるような...

また後半のパートなかなかに良かった。
鍵の謎についてほとんど解説してくれたので、
それだけでも十分に良かった。
結局は約束した人は誰なんだろう?
その思考はまだしたくないという気持ちになった。

18話あたりからはギスギスした感じになり
ますます前半のパートとは大違いな雰囲気になった
展開もベタかもしれないが個人的には良かった。

10話までは1クールでも良いといったが、
20話でも結局はストーリー展開はいい感じでした。

投稿 : 2019/01/28
閲覧 : 72
サンキュー:

8

ネタバレ

まさくん

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ハマった!

面白い!

投稿 : 2019/01/16
閲覧 : 42
サンキュー:

1

ネタバレ

DlyGI91037

★★★★★ 4.1
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

締まらん

序盤は、10年前の約束と鍵がどうのこうので気持ちが高ぶる感じで面白い。そして、小野寺がかわいい。

中盤は、転校生という形でキャラが増える。すべて女。からの、主人公に恋をいていく。

後半は、発展がなくすれ違いの連続で少し飽きる。そして、だいたい予想できる展開でパターンが同じ。

最後の文化祭の演劇ロミオとジュリエットがモブのせいで小野寺でなくなったのが残念。

自分的には最終的に小野寺と結ばれると思っていたが、中途半端に終わってうーんという感じ。鍵穴ネックレスも修理に出したまま出番なし。桐崎は自分勝手過ぎてイライラしてくる。最後の転校生の茶髪もモブ化してほとんど姿を見せなくなる。


結論
後半になればなるほど駄作になっていくアニメ。

投稿 : 2018/12/12
閲覧 : 82
サンキュー:

1

ASKA

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

恋人のフリしている主人公とヒロインのラブコメディ!

親がヤクザとギャングの息子、娘の一条楽と桐咲千棘の恋人のふりをしなくてはならなくなった二人やその周りの友人や自称楽の許嫁の万里花や楽の思いを寄せる相手の小野寺小咲などを巻き込んだ王道学園ラブコメです。
原作はジャンプで古味直志先生連載していたコミックです。
とても展開が面白くて、最後まで観てしまいました。作画もシャフトなので見ごたえあります。

投稿 : 2018/11/15
閲覧 : 301
サンキュー:

17

ネタバレ

takeboo

★★★★☆ 3.2
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

合わなかった

視聴完了。一応二期とOVAも見ました。
全編、コメディーギャグが8割を占め、中高生向けのアニメなのかと。
私的には合いませんでした。せめて原作のように最後まで描いて欲しかった。
このアニメだと、結ばれるところまで描いていないし、鍵の真実もわからないまま。
消化不良を起こします。私的にはもう少し大人のアニメがいいですね。
64点

投稿 : 2018/09/29
閲覧 : 129
サンキュー:

6

ネタバレ

まあ君

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ハーレムですね

非常にオーソドックスなハーレムものですね。それ以外の特筆すべきものはほとんど見当たりませんでした。
この手の話は、「この主人公だけがなぜこんなにモテるのか?」という疑問を深く考えても意味がない、ということもだんだん分かってきました。
タイプの違う女の子が次から次へと言い寄ってくるので、自分のタイプを探して楽しむ。いがみ合っていた二人が近づいていく状況を楽しむ。みたいな感じでしょうか。
また、この手の作品では実績Aの声優さんでがっちり固められているので、変な言い方ですが、安定感のあるハーレムでした。
終わってみるとフツーに面白かったし、鍵の秘密もまだ解決していないので、続編も是非観てみたいと思います。
※自分的には、ちんちくりんのメガネちゃんとか結構好きかも。

投稿 : 2018/09/10
閲覧 : 54
サンキュー:

3

ネタバレ

R子

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

消化不良…

設定は面白いと思い、最後まで見た…が、それは謎が明らかになると思ってのこと。

最後までもやもやするなら見なければよかった…。

二期のレビューを読んだら、こちらでも明らかにならないっぽいし、見ようか迷います><

投稿 : 2018/08/20
閲覧 : 56
サンキュー:

4

ネタバレ

にゃん^^

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ハーレムラブコメ

あらすじはあにこれのを見てね☆

なんとなく感じがシャフトかなって思ったらやっぱり^^
三角関係のラブコメみたいだけど
ちょっとおばかっぽいから暗くなったりしないよね☆

恋人がにせもののラブコメって
「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」ってあったけど
こっちはもうちょっとおばかみたいw

1話目
{netabare}
千棘ってツンな女子だけど
ケンカした後1人でペンダントさがしてたなんて
きっといい人だから
今は2人仲がわるいけど
だんだん好きになってくのかな。。

でも
ペンダントくれた女の子って小野寺さんかも。。って
まだ分からないから
ほんとは千棘なのかも。。

「このにせものの恋が。。」って
10年前の恋とどうつながってるの?
やっぱり気になる

これからどうなるのかな
楽しみだなぁ☆
{/netabare}

2話目
{netabare}
うんうん
ぜんぜん性格ちがう2人だね^^

合わなさそうだけど
ちょっとずつお互いのいいところみつけられるかも☆

千棘はツンデレだけど
思いやりとかありそうだから
楽がもっとやさしくなれたらうまくいくんじゃないかな^^

楽は小野寺さんのこと好きみたいで
小野寺さんも楽のこと好きみたいだけど
あんまり出てこなかったから気になるなぁ。。
やっぱりだんだん千棘と仲よくなってくのかな?
カギのこと早く聞ければいいのにね☆
{/netabare}

3話目
{netabare}
クラスのみんなにも小野寺さんにも
どんどん誤解されちゃってる。。

千棘が書いてたノート
楽は自分に似てるって思って
ちょっと千棘のこと気になりはじめた?

2人のクラスっていい人ばっかりみたい
親友とかってにゃんだってほしいけど。。
でも。。{netabare}{netabare}{netabare}{netabare}{netabare}{netabare}{netabare}{netabare}{netabare}{netabare}
クラスで1番いい人そうな人が
仲よく話してた友だちが出てってすぐ
ほかの子とその友だちのこと悪く言ってたの聞いたりしたら
(にゃんはステルスだから。。)
やっぱりクラスの人と話したくないなぁって。。
みんな気にしないのかな?
それとも親友じゃないのかな?{/netabare}{/netabare}{/netabare}{/netabare}{/netabare}{/netabare}{/netabare}{/netabare}{/netabare}{/netabare}

仲よくなりそうでまたけんかしちゃったけど
2人はやっぱりつき合っちゃったほうがいいよね☆

さいご
小野寺さんにほんとのことバレちゃった!?
これからどうなるのかなぁ
{/netabare}

4話目
{netabare}
やっぱり小野寺さん分かりやすい人だったね
ルリちゃんが応援したいってゆう気もち分かるけど
いくらうたぐってても
楽も千棘もクラスメートなのに横はいりってどうなの?
すごいわるいことみたいだけど。。

あと
楽もちょっと気になったなぁ
2人の子のこと好きになっちゃうみたいで
しょうがないかもだけど。。

千棘はツンデレみたい
楽のこと気になってるのにね^^
{/netabare}

5話目
{netabare}
ルリちゃんの応援ちょっとやりすぎかな
小野寺さんはにゃんとおんなじで
横はいりはダメって思ってて案心しちゃった

おはなしはあんまり進まなかったみたい

おまけが長くって楽しかったかな♪
{/netabare}

6話目
{netabare}
今週はにゃんの気のせいかなぁ
いつもより絵がシュッってしてたみたい
背景もキラキラ,。・:*:・゚'☆,。・:*:って。。
あと
ろうかのポスターとかも「日常」のみたいで読むとおかしいのw
やっぱりシャフトのこうゆうのいいなぁ♪

おはなしはあんまり進んでないんだけど
ちょっとしたところでドキ♡ドキ♡しちゃって
見ててとってもたのしかったぁ♬

千棘の忘れちゃってる約束ってもしかして。。
つづきが楽しみだね
新しい人も出てくるみたいだし^^
{/netabare}

7話目
{netabare}
つぐみセイシロウ。。女の子だったんだ
なんだか恋愛アニメよりハーレムアニメみたくなってきたね

千棘の10年前の約束の相手って
気になるよね
{/netabare}

8話目
{netabare}
セイシロウと千棘の初恋のおはなし

セイシロウはなんだか見ててちょっといらいら
気がつかないかなぁ。。
あと
千棘の初恋の相手ってだれか分かるのかな?
{/netabare}

9話目
{netabare}
今週はサービス回だったみたい^^;
林間学校って言ってたけど修学旅行みたいだったね
男女いっしょの部屋とかないしw

楽はおでこにキズあったし
カギ付きのペンダントももってたし
もしかして。。

おはなしはアニメとかでよくありそうで
ふつうに男子むけみたいだけど

温泉で楽がちゃんとにげられるかドキドキしちゃった
恋愛とホラーのドキドキっておんなじってゆうけど
ドキドキしてるとラブコメっておもしろくなるみたい♪
{/netabare}

10話目
{netabare}
肝だめし
楽はあこがれの小野寺さんといっしょに回ることになったけど。。

小野寺さんなんかかわいそう。。
楽が好きなの分かるけど
でも
そっち行っちゃう!?
だけどそれが楽のいいところかな^^

千棘といっしょの帰り道
2人ともツンデレやめたらいいのにね☆
あ。。でも
ほんとに好きな人の前だと
好きって言えなくなっちゃうのかなぁ。。
{/netabare}

11話目
{netabare}
千棘のお誕生日のプレゼントさがすのに
小野寺さんといっしょに。。
それってデート!?

それに2人だけのヒミツの場所と
10年前の約束の人って楽だって。。
わぁ。ドキドキだったねー^^
だけど
なんか千棘ともペンダントの約束したかもでしょ?

にゃんが気になったのって
その子が楽とおんなじペンダントしてたかもって
それってもしかして
千棘にもらったペンダントだったのかも?って

そしたら
千棘と小野寺さんと2人に約束してたり。。

ザクシャインラブ?
これって大事な言葉?
ペンダントくれたのって千棘なの?
{/netabare}

12話目
{netabare}
あぁ。。やっぱり今週もどっちか分からなかったね^^;
でも
ほんとに小野寺さんのこと好きだったら
カギなんかどうでもいいやって思うんじゃないのかな?

今は小野寺さんのこと好きって思ってても
だんだん千棘のこと気になってきてない?

見ててドキドキしちゃうね
{/netabare}

13話目
{netabare}
約束の子の写真
やっと見れたって思ったらぜんぜん知らない子!?
それで
いいなずけ!?

楽の回りにだんだん女子がふえてくるみたい
ほんとに好きな子がだれかって
どんどん分からなくなってきちゃうよ

このままずっと分からないのかな?
ちょっとあきてきちゃったかも
{/netabare}

14話目
{netabare}
いいなずけのたちばなさんが来たねー
警視総監の娘でとってもかわいくって
楽のこと♡♡♡
千棘のことゴリラみたいとか言っちゃうし^^
ニャル子さんだったねw

小野寺さんと女装(!?)のつぐみさんが尾行したのは分かるけど
千棘マデ。。
今週は
千棘のツンデレのやきもちがおかしかったなぁw

さいご
楽はたちばなさんのこと思い出したけど
子どものころのこと覚えてるたった一人の女子なんだ。。

つづきが気になるね☆
{/netabare}

15話目
{netabare}
たちばなさんのお父さんこわかったけど
お話ししたら分かってもらえるかも

たちばなさんって
楽のこと追っかけ少女で
せまってばっかりで楽は引いちゃってたけど
楽がほめたら急にテレて逃げちゃた。。

小野寺さんは好きだからおとなしくなって何にも言えない
千棘は好きだとはずかしくってツンツンしちゃう

EDはつぐみさん
もうちょっとで忘れるところだったけど
つぐみさんも楽が好きなんだよね
どんどん「俺修羅」みたくなってるよね

さいごは誰か1人にしてほしいなぁ☆
{/netabare}

16話目
{netabare}
夏休み

たちばなさんちでアルバイト
楽は台風で帰れなくなっちゃって
2人っきりのおうちにお泊りすることに。。

たちばなさんのお母さんがおもしろかったねw
でも
自分のお母さんだったらイヤかも^^;

おはなしはふつうにラブコメしてたね♪

たちばなさんの人形
ふつうのもあったけど
オウムガイとかチャッキーとか
見ててあれっ!?ってw

ほんとはこの2人が
1番お似合いみたいなんだけどなぁ☆
{/netabare}

17話目
{netabare}
今週は
恋がかなうお守りの恋むすびを買いに
縁日に行くおはなし

本命は小野寺さんのはずなのに
どうしてかさいごは千棘のところに帰ってきちゃう。。
それって恋愛フラグなのかなぁ?

小野寺さんとはちょっと時間があったけど
たちばなさんつぐみさんはほんのちょっぴり。。
それって。。
{/netabare}

18話目
{netabare}
みんなで海に♪
男子おまたせー水着回w

小野寺さんの「キムチでもいい?」
びっくりしちゃったね!w
楽は深夜アニメの見すぎかな?w

千棘は気がつくと楽のコト考えちゃってて
ぜったい恋だって誰にでも分かっちゃう^^

「恋人だったらうまく行ってたと思う?」って
千棘に聞かれて
「そうなったかも?」とかって言ってあげたらよかったのに

でも
そんなこと言ったら小野寺さんはどうなっちゃうんだろう?

でも。。
好きな子と2人っきりでいっしょにいるのに
眠っちゃうって。。
もしかしたらほんとは
そんなに好きじゃないのかな?
{/netabare}

19話目
{netabare}
海で口げんかしてから千棘がなんだかヘン
わざと無視してるみたい

楽は文化祭の出し物の「ロミオとジュリエット」で
せっかく自分がロミオで小野寺さんがジュリエットになったのに
それが気になってしょうがないみたい。。

千棘のこと大好きフラグが立ってるのに
小野寺さんのことも好きなんでしょ?
楽は女子みんなにやさしすぎみたい。。

代役を千棘にたのんで
千棘は元にもどったみたいだけど

来週最終回。。
楽は恋人は千棘!って決められるのかな?
それとも
まだグダグダがつづいてくのかな?
どっちかに決めてほしいなぁ☆
{/netabare}

20話目
{netabare}
はじめの千棘きれいだった☆
さいごの小野寺さんかわいかった☆
劇はコントになってておかしかったw
さいごまで楽はどんな女子にもやさしすぎ><
{/netabare}
おはなしはおもしろかったけど
このままつづいてたらあきちゃうかも。。

投稿 : 2018/08/11
閲覧 : 1288
サンキュー:

227

leon

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

名作

ラブコメの名作。

投稿 : 2018/07/29
閲覧 : 132
サンキュー:

3

木村天祐

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ラブとコメディー以外形容する言葉が見当たらないアニメ

想像を超えて面白かったですね。

見終わって思いましたが、ラブコメの中のラブコメだと思います。
コメディーとラブ以外にこの作品を表現できません。
少女漫画みたいな変なタメとか心理描写もないし、そもそもキャラクターの設定自体がラブコメするために用意された設定だと思いますね。

主人公が極道の親分の息子なんですが、メインヒロインの千棘もマフィアのボスの娘なんです。これだけで理解できると思いますが、「ニセ"コイ"」って名前で恋愛モノだってわかってるんだから、ドタバタコメディーするための設定だってわかりますよね。追加ヒロインなんか半分以上ヤクザ関連で接点がある娘ばかりでしたし、主人公の料理がうまい設定もヒロインとお近づきになるためのスキルでしたし、主人公の悪友なんかも存在自体が視聴者の間を持たせるためのザ・脇役って感じでした。もう設定自体がラブコメするために生まれてきたんだなと思います。

声優も豪華、作画良し、音楽良し。さすが天下のジャンプですね。

惜しむらくは原作がラストをうまく描ききれなかったことですが、まあ、アニメには関係ないです。原作は私が思うに、少し原作者が設定に助けられて楽しすぎたんだと思いますね。勝手にキャラクターが踊りだして話が出来上がってたけど、いざ終わらせる時に話をうまく畳める力がなかった。
アニメは私はオススメですね。

投稿 : 2018/05/30
閲覧 : 79
サンキュー:

6

ネタバレ

退会済のユーザー

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイトルなし

だいぶ前に見終わった作品

再度視聴しました

あちこちで記憶に残る場面が出てきてネタバレ状態で見ましたが

やはり凄く魅力的で心に響く良作品です

ストーリーもキャラも魅力があります

是非お勧めの作品です

投稿 : 2018/05/23
閲覧 : 63

マスターK

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

おすすめ!

キャラの個性があり、見ていて飽きないです!
アニメ一期の範囲は当時見ていたのですが、もう見ていてキュンキュンしてました笑笑
個人的な意見ですが、二期は中途半端なところで終わってしまったので、原作を買う予定が無い方は一期で完結するのをおすすめします!
色々書きましたが、とりあえず面白いアニメです!おすすめします!

投稿 : 2018/04/29
閲覧 : 91
サンキュー:

3

ネタバレ

おれんじ

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

おもしろい

うん、小野寺が可愛い!アニメキャラで一番!
楽と小野寺のお互い想い合っているのにうまく噛み合わない感じ、恋人の振りをしているはずなのにいつしか恋愛感情が出てきた千棘、回を重ねるごとに互いの距離が近くなっている感じがします。もちろん、橘や鶫、宮本に舞子など周りのメンバーの存在も大きいです。
アニメは2期まであるのですが、完結とまではいきません。個人的には小野寺endで終わって欲しいのですが、、、。
小野寺の可愛さに癒されたい方は是非見ることをオススメ致します!!!!

投稿 : 2018/04/22
閲覧 : 67
サンキュー:

2

ガイヒラ

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:途中で断念した

もうお腹いっぱい。

面白いよ。ただ最後まで完走出来ない。なんかモヤモヤする、多分ホワイトアルバム2の影響。

投稿 : 2018/04/19
閲覧 : 74
サンキュー:

1

ひつまぶし

★★★★★ 4.7
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

楽うらやま

小野寺ちゃん可愛すぎか

投稿 : 2018/04/12
閲覧 : 63
サンキュー:

2

ネタバレ

オキシドール大魔神

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ヘタに奇を衒わない良さ

 やっていることがラブコメの王道で、安定して見ることができた。目新しさはないが、奇を衒ってすべるよりは断然いい。キャラもそこそこ可愛い。
 「主要人物のカギに関する記憶があいまい過ぎ。記憶障害かよ」という批判を割と見かけるが、幼少期のころの記憶なんて自分もないし、そこは気にならなかった。まあ自分の場合は、おそらく印象的エピソードがなかったからで、ニセコイの主要人物くらいのエピソードだと、覚えている方が自然なのかもしれないが、自分は気にならなかった。
 そんな自分でも一つ残念だと思うのが、主人公が首から提げているペンダントについてだ。大事という割にはうっかり忘れたり、千棘に蹴られた際に落とした時に拾い損ねるなど、本当に大事なのかと疑いたくなる。ポケットに入れていたとかならまだしも、首から提げていたら失くなったら分かるだろ。お前の首周辺の感覚どうなってんの?と思ってしまう。次につなげるための展開がしたいなら、もう少し自然にやってほしい。
 声優もまあまあ。新房×シャフトのお馴染みの演出はもちろんあったが、今作では比較的押さえられていたと思う。作画自体はまあまあ。

 物語シリーズもそうだけど、EDを頻繁に変えるってすごいなあと思う。ただ、個人的にはツボな曲は1曲もなかったが。

投稿 : 2018/03/23
閲覧 : 179
サンキュー:

15

◇fumi◆

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

少年ジャンプのハーレムラブコメ、設定が生かされていないのは少年誌の限界か。

2014年放送のテレビアニメ 全20話+OVA3話

原作 古味直志 総監督 新房昭之 監督 龍輪直征 構成 東登那子 新房昭之
制作 シャフト

週刊少年ジャンプに2011年から2016年まで連載で原作は完結してるようです。
「いちご100%」とか「トラブル」の系列のハーレムラブコメで、
若年層向けというか、中高生向けなので大人が見るには覚悟が必要かも。

アニメはおなじみ「新房総監督のシャフト」、若手監督をバックアップしてます。
新房流の遊び心満載の豪華な作品ですが、なにせ子供向けハーレムコミック、
広い心で理解してあげられない人には不向きかもしれません

一条楽 CV内山昂輝 極道の家の息子

桐崎千棘 CV東山奈央 アメリカのギャングの娘 ハーフで金髪
小野寺小咲 CV花澤香菜 楽とは中学からの同級生
鶫誠士郎 CV小松未可子 千棘のギャング団に拾われたボーイッシュ少女
橘万里花 CV阿澄佳奈 警視総監の娘 病弱だが押しが強い

この4人のハーレム状態が描かれるんですが、非常にありがちな展開で、
個人的には物語性は評価できませんでした。
極道、ギャング、警察、の設定もあまり生かされず、普通のハーレムラブコメに終始してます。
まあ結構長い(OVA入れると2クール分)にもかかわらず一気に見れる程度には面白かったですが。

4人のハーレム要員の描写は丁寧で興味が惹かれました。
割り切って見ることができれば非常によくできたアニメではあると思います。

OPはClariSによる2曲
EDはヒロインによる歌で豪華です

2話「Heart Pattern」東山奈央
3~5話「リカバリーデコレーション」花澤香菜
6~8話「TRICK BOX」小松未可子
9~11話「オーダー×オーダー」内山夕実
12~13話「はなごのみ」阿澄佳奈
15~17話、20話「想像ダイアリー」東山奈央、花澤香菜、小松未可子、阿澄佳奈
18~19話「大切の作り方」東山奈央、花澤香菜

これはソフト化後のバージョンです。

少年ジャンプラブコメの最大のヒット作でスピンアウトも多く、相当量のファンがついている作品のようで、
変則2クールのアニメ化に2期も制作され、OVAも多く成功作ではあるでしょう。

物語性よりもキャラの掘り下げに興味が持てる人なら大切な作品になりそうです。
個人的な評価は点数の通りです。
アニメのレベル、声優の演技は文句なし。
ただ、花澤さんの引っ込み思案幼馴染キャラは既視感が強すぎてマイナスになりました。

追記
そういえばタイトルが「ニセコイ」でしたね。
そう考えると物語的にも正統な気がしてきました。

投稿 : 2018/03/13
閲覧 : 289
サンキュー:

32

suzu47

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

いいキャラしてる!

なんだか恋がしたくなりました(っ´ω`c)
青春っていいなぁ。(笑)
メガネくんのキャラがリアリティあって好き(笑)あーいう子がいると和むよね!!

投稿 : 2018/03/04
閲覧 : 69
サンキュー:

2

ネタバレ

ピピン林檎

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

これ見て萌え死んだ奴、数知れず?TV放送時1話切りした自分を叱りたい魅力作

◆和菓子屋&癒し系ヒロイン(+悲運・悲恋系?)の凄まじい破壊力

しばらく前に見た『To Heart』のヒロイン(神岸あかり)や『冴えない彼女の育てかた♭』のヒロイン(加藤恵)もなかなかのものでしたが、本作のサブ・ヒロインはそれを遥かに上回る恐るべき破壊力でした。

・・・『艦これ』の島風さんみたいな「うさ耳リボン」+金剛さんヴォイス(cv東山奈央)のツンデレ帰国子女(メイン・ヒロイン)の方ではないですよ、念の為。

そっちはただの当て馬で、本アニメの真ヒロイン(=視聴者にとっての本命ヒロイン)は、『少年ジャンプ』に連載されていた原作マンガの方はどうであれ、間違いなくパッチリ目&癒し系の和菓子屋の娘(cv花澤香菜)の方です。
同じ新房監督+シャフト制作アニメ『「魔法少女まどか☆マギカ』をパロったと思われる「{netabare}マジカルパティシエ小咲ちゃん{/netabare}」が登場する続編(第2期)『ニセコイ:』まで見るとそれがハッキリ分かります、はい。

これまでいろいろ観てきた「学園&ラブコメ&青春」ジャンルの人気作・話題作・・・例えば、『とらドラ!』、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』、『やはり俺の青春ラブコメは間違っている』、『冴えない彼女の育てかた』、あるいはそこに更にSFや怪奇要素をプラスした、『涼宮ハルヒ』、『物語シリーズ』といった名作級作品に比較対象を拡張してもいいですが・・・
そういう高校生♂の主人公に、複数の♀ヒロイン(※高校生だけでなく、一部中学生や大人も含む)が絡んできて、主人公♂の心中はどうであれ、作品全体が一種のハーレム状態になっちゃってる、いわゆる「ハーレム」ないし「プチ・ハーレム」アニメの星の数ほどいるヒロインたちの中で・・・

圧倒的じゃないか、本作の真ヒロイン({netabare}小野寺小咲さん{/netabare})は!

もしここで仮に、「学園&ラブコメ&青春」縛りも外してしまい、《最萌えアニメ・ヒロイン》グランプリ(※個人基準)を開催するとしたら、その第一位は『ツバサ・クロニクル』のサクラ姫、第二位は『アイドルマスター』の天海春香さんに既に決まっているのですが、{netabare}小咲さん{/netabare}なら三位争いには加われないまでも、確実にベスト8には入選して、五位争いに絡んできそうな勢いでした。


◆真ヒロインの隠し味は《悲運・悲恋》オーラ?

同じ、和菓子屋&癒し系ヒロインでも、『たまこまーけっと』・『たまこラブストーリー』の北白川たまこさん(※厳密には「餅屋」です)の場合は、{netabare}《幸せ》オーラ{/netabare}が強すぎて、ちょっと個人的にはパスしたい気持ちです(※アニメ作品の完成度の高さは大いに評価していますが)。

また、『俺妹』に出てくる田村屋の麻奈実さんも癒し系ヒロインっぽいですが、コイツは実は、{netabare}中学生のときに3歳も年下の小学生(桐乃)を泣かせて頬かむりしている《腹黒系》{/netabare}なので、やはりパスさせてもらいます。

・・・ということで、本作の真ヒロイン(※ここで敢えて「サブ」を外させていただきます){netabare}小咲さん{/netabare}は、何の落ち度もないのに、{netabare}ことある毎に「悲運」に見舞われて「悲恋」に終わってしまう(※原作マンガの結末もそうなっています){/netabare}、まごうことなき「悲劇のヒロイン」ということで、マンガ原作者(古味直志氏)と『週刊少年ジャンプ』編集部は鬼畜だと思いますが、これは心ある♂なら、ほぼ確実に萌え死ぬな・・・( ^ω^)・・・。


◆2番目ED「リカバーデコレーション」に本作の魅力がギュッと詰まっている

新房総監督+シャフト制作ということで、2014年の放送当時は自分も気になって第1話を視聴してみたのですが、その余りにも安直すぎる設定(※だって「集英組」ですよ?ソレいつのネタ?)と、これまた余りにも都合の良すぎる展開に「あーこれ見なくていいな・・・」と思って、これまで長く投げ出してしまっていました。

そして最近になってようやく、ある方のレビューを拝読して気になって再視聴を始めたのですが・・・序盤、あのClariSの歌うOP「CLICK」も、メイン・ヒロイン({netabare}桐原千棘{/netabare})のcv.東山奈央さんが歌う1番目ED「Heart Pattern」も、何だかシャフトにしては気合が入っておらず冴えない感じで、やっぱり本作は外れなのかも?と思いかけていたのですが、その第8話のラストで流れた2番目ED「リカバーデコレーション」を聴いて・・・

♪泡立った感情シェイクされて/まさかのライン踏み込んでる/予想外!
いまさら後悔もう遅いよね/少し苦い失敗もほら目をつぶって/リカバーデコレーション(Recover Decoration)

・・・「ん?何か妙に気合入ってるな?」と思ってそのまま視聴を続けたら、半ば過ぎの第11話(オイワイ)で、割と予想外の展開が来て、ここから俄然面白くなって、本サイトのレビューで多くの人が話題にしている第16話(タイフウ)へ。
ああ、なるほど、これが本作の魅力なのか、ということがようやく分かってきて、見続けて本当に良かった、という気持ちになれました(完走後、二周目に突入し原作マンガにも手を出す)。


◆前半の設定&シナリオへの違和感はやや我慢が必要かも

歌舞伎や人形浄瑠璃の公演では、役者や人形師の背後で黒い頭巾を被った者たち(黒子)がテキパキと舞台装置を整えて、場面が次から次へと都合よく進行していき、観客たちはそれを「お約束」として別段気に掛けずに鑑賞を続けていきますが、本作の展開はまさにそんな感じで、とくに初見時の前半は私のように「何?この子供騙しみたいな安易な展開は・・・」と閉口してしまう人が多いと思います。

でも、前述のとおり、本作の設定の良さとシナリオの面白さが分かってくるのは、半ば過ぎの第11話から先なので、それまでは、「これは、そういう“お約束”のある作品なんだ」ということで、しばらく我慢しましょう。


◆設定&シナリオ面での評価は幾分低くなるけど、好感度はとても高い作品でした

本作に個人的評点を付けるにあたって、上にも書いた同じ「学園&ラブコメ&青春」ジャンルの名作・優秀作・・・『とらドラ!』、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』、『やはり俺の青春ラブコメは間違っている』、『冴えない彼女の育てかた』と比較してみましたが、

(1) シナリオ面では、やはり、それらの作品の出来の方がずっと高く、本作の場合はどうしても評点を一段階も二段階も低く付けざるを得ませんが、
(2) では、「果たして自分にとって好感度の高い作品はどっちなのか?」ということを考え始めると、ヒロインの好感度の高さ、という一点が効いて、現時点ではむしろ心情的には本作の方を推したい気分です。


それにしても、これだけの安直な設定&ご都合主義のシナリオの原作を、ここまで魅せるアニメ作品に仕上げた新房総監督の手腕&シャフトのアニメ制作技術は、やっぱり凄いのかも知れませんね。

そういう意味で、上記の2番目ED「リカバーデコレーション」という謎の曲名・・・

recover(回復する)には動詞としての用法しかないので、ここはおそらく recovery(回復、復旧)という派生名詞の形容詞的用法を使って、「リカバリーデコレーション」で、“失敗補填の取り繕い”“ミス挽回の飾り付け”という意味合いだと思いますが、それが、

(1) 本作のヒロイン{netabare}(小咲)が主人公(楽)の前でいつもドギマギしてヘマをしてしまい、その埋め合わせをして今度は主人公を歓喜させる{/netabare}様子を含意したもの、であると同時に、
(2) ヘボい原作マンガの設定とシナリオを、アニメ化にあたって、それでも何とか魅力的な味わいのあるものに、頑張って装飾しました、というアニメ制作者の側の矜持が含意されている、

・・・この曲名には、そういう二重の意味合いがあるのではないか?と思ってしまいました。



◆制作情報
{netabare}
原作マンガ       古味直志(『週刊少年ジャンプ』2011-2016年連載)
総監督         新房昭之
監督          龍輪直征(第1期)、宮本幸裕(第2期チーフ演出)
シリーズ構成      東冨耶子、新房昭之
脚本          中本宗応、木澤行人、大嶋実句
キャラクターデザイン 古味直志(原案)、杉山延寛
音楽           千葉“naotu-”直樹・石濱翔(第1期第1-6話)、菊谷知樹(第1期第7-20話、第2期)
アニメーション制作  シャフト{/netabare}


◆期別評価

第1期 ★ 4.3  (20話) (2014年1-5月)
第2期 ☆ 3.8  (12話) (2015年4-6月)
-------------------------------------
総合  ★ 4.2 (計32話)


◆視聴メモ(第1期)
{netabare}
・第1話視聴終了時点
少し前に見終えた少女マンガ原作の人気アニメ『しょごキャラ!』は、少年の方が鍵(ダンプティ・キー)、少女の方が錠(ハンプティ・ロック)を持ってる話だったんだけど、本作はその逆なんですね。
『しゅごキャラ!』の方は「少女マンガ」だから・・・ということで笑って許されたんだけど、本作の方はきっと、♂が鍵で♀が錠だったらPTAあたりからボロクソに叩かれていたかも知れませんね。
・第5話視聴終了時点
第1期の1/4まで見終わりましたが、やはり展開や設定の強引さが目立ち、面白いのだけど作品全体としては評価が低めになってしまいそう。
『週刊少年ジャンプ』連載マンガ原作だから当然といえばそれまでなのだけど。
・第6話視聴終了時点
ここで野球ボール飛込→告白中断はベタ過ぎてもう一工夫欲しかった。
一話一話はそこそこ面白いのだけど、やっぱりコイバナになると少女マンガに敵わないなあ・・・。
・第8話視聴終了時点
第7-8話の誠士郎の安っぽいエピソードでゲンなりするが、この第8話のラストでちょっと意外な展開があり、今後に期待を持つ(※ED「リカバーデコレーション」への切り替えが良い感じに決まっている)。
・第10話視聴終了時点
肝だめし大会で主人公(楽)と小咲は互いが待ち望んだペアに決まりながら、楽が小咲との出発直前に行方不明の千棘を心配して駆け出して行ってしまう→本作の結末を暗示?
・第14-15話視聴終了時点
ここで強引に第三のヒロイン投入でハーレムアニメ化確定。
これは流石に幻滅。
・第16話視聴終了時点
小咲の魅力爆発回。
この回だけは何度でもループ視聴できてしまうレベルで、三週目で遂に個人的《神回》認定しました。
かの田村屋の娘(麻奈実)も、この同じ和菓子屋(おのでら)の娘くらい可愛かったら桐乃にまさかの大逆転サヨナラ負けを喰らうこともなかったろうに・・・。
・第17話視聴終了時点
楽の買った恋むすびを預かった小咲の鼻緒が切れてしまい、色々あって結局、楽が恋むすびを千棘に渡してしまうエピソード→やはり千棘endを示唆?
・第19話視聴終了時点
楽&小咲のロミジュリ衣装が本作2番目のED「リカバーデコレーション」の二人の衣装→二人がすれ違う結末を暗示?
・第20話視聴終了時点
千棘が演劇のセリフに自分の本当の気持ちを重ねて語る・・・という、これまたベタな展開だったけど、それを正攻法で映像としてきっちり描き出したのは流石シャフトだと思った。
後半の小咲&楽の屋上ロミジュリも視聴者の期待を外さぬ見事なシナリオで◎{/netabare}


◆視聴メモ(第2期)
{netabare}
・第2期はシナリオ面での進展ほぼなし。
・まるで第1期のOVAみたいな作風で、前半は余り見所がないが、第8話以降は楽しめる話が増える。
・原作マンガの終盤はどちらかというと不評だったそうで、第3期は難しい感じか。
{/netabare}


◆各話タイトル&評価

★が多いほど個人的に高評価した回(最高で星3つ)
☆は並みの出来と感じた回
×は脚本に余り納得できなかった疑問回

=============== ニセコイ (第1期) (2014年1-5月) =============

 - - - - OP「CLICK」、ED「Heart Pattern」 - - - -
{netabare}
第1話 ヤクソク ★ 桐崎千棘(きりさき・ちとげ)転入、ペンダント捜し、偽の恋人 ※OPなし・ED「CLICK」
第2話 ソウグウ ★ 楽&千棘の初デート、小咲との鉢合わせ、誤解と嘘 
第3話 ニタモノ ★ 公認カップル、小咲の落とし物(鍵)、千棘の友達ノート、小咲の立ち聞き
第4話 ホウモン ★ 小咲の親友・るりの策略1(一条家勉強会)、蔵に閉じ込めた二人
第5話 スイエイ ★ るりの策略2(水泳レッスン)、合わない鍵、水泳大会のアクシデント
第6話 カシカリ ★ 楽と千棘の事情判明(小咲ひと安心)、ペンダント再紛失、小咲の告白失敗、千棘の遠い記憶(ザクシャ・イン・ラヴ)
第7話 ライバル × 鶫誠士郎(つぐみ・せいしろう)転入、楽VS誠士郎 ※この展開はないな・・・{/netabare}

 - - - - OP(変わらず)、ED「リカバーデコレーション」 - - - -
{netabare}
第8話 シアワセ ☆ 誠士郎の任務遂行と恋、千棘の10年前(5歳)の約束と日記、もう一つの鍵
第9話 オンセン ☆ 林間学校、楽の額の傷 ※お約束の温泉回だけど謎の湯気が邪魔(笑)、EDなし
第10話 クジビキ ★ 続き、肝だめし大会、千棘の王子様、ファーストネーム
第11話 オイワイ ★★ 千棘の誕生日、プレゼント選び、小咲の秘密の場所、10年前の約束の女の子
第12話 カクニン ★ 鍵合わせ失敗、千棘パパの昔話、平常心なくした千棘、写真選び・誤解
第13話 ホウカゴ ★ マックでのうっかり発言、10年前の写真の女の子、雨宿り、楽の許嫁(いいなずけ)
第14話 シュラバ × 橘万里花転入、本当の鍵の持ち主?、万里花とのデート ※デンパ女登場で流石にこれは酷い、ED「STEP」{/netabare}

 - - - - OP「STEP」、ED「TRICK BOX」 - - - -
{netabare}
第15話 サンボン ☆ 10年前の夏の記憶、結婚の約束?、警視総監の父との対面
第16話 タイフウ ★★★ 夏休み開始、和菓子屋おのでらバイト、小咲のアルバム、メアド交換 ※EDなし
第17話 エンニチ ★ 夏祭り、千棘との夜店巡り、切れた鼻緒、恋むすびの渡し先{/netabare}

 - - - - OP(変わらず)、ED「はなごのみ」 - - - -
{netabare}
第18話 ウミベデ ★ 海辺グループ旅行、小咲の大胆発言、千棘の悩み事(これって恋?)・楽の失言、秋新学期
第19話 エンゲキ ★★ 学園祭の演劇「ロミジュリ」配役、千棘との亀裂(偽恋の終わり)、小咲のケガ、代役申込、楽の本心{/netabare}

 - - - - OPなし、ED「想像ダイアリー」 - - - -
{netabare}
第20話 ホンバン ★★ 開演、二人の障害、恋心を認めた千棘、二人だけのロミジュリ{/netabare} 
---------------------------------------------------------------
★★★(神回)1、★★(優秀回)3、★(良回)11、☆(並回3、×(疑問回)2 ※個人評価 ★ 4.3


=============== ニセコイ: (第2期) (2015年4-6月) =============

 - - - - OP「Rally Go Round」、ED「曖昧ヘルツ」 - - - -
{netabare}
第1話 コレカラ/キヅイテ ☆ 千棘の恋の自覚、冬服、鈍感ダーリン
第2話 インネン/ショウブ ☆ 誠士郎のライバル登場(ポーラ) ※ED「TrIGgER」
第3話 ヒツヨウ ☆ 千棘のママ登場(華)、X'mas Eve
第4話 ハハオヤ ☆ 続き、リボンのプレゼント ※シナリオ色々と強引過ぎて×、ED「Sleep zzz...」
第5話 オシエテ/ラクサマ ☆ 万里花家の勉強会・お喋りオウム ※ED「またどーらぶ」
第6話 オイシイ ★ バレンタインデー回(千棘と小咲の友情、チョコ作り、特別な義理チョコ)
第7話 イモウト ☆ 2年進級、小咲の妹(春)登場 ※ED「marchen ticktack」
第8話 マジカルパティシエ小咲ちゃん!!/ハタラケ ★ ※OP「マジカル☆スタイリング」、EDなし
第9話 オソウジ/オミマウ ★ プール掃除、小咲の風邪、春の看病、戻ってきたペンダント
第10話 オウエン ☆ 集(楽の親友)の想い人、キョーコ先生の寿退職 ※ED「通り雨drop」
第11話 ヤセタイ/オハヨウ ★★ 小咲のダイエット・中学時代 ※ED「クレヨンカバー」
第12話 ソウサク/オタメシ ★ うさ耳リボン捜し、千棘の悩み(告白する・しない){/netabare}
---------------------------------------------------------------
★★★(神回)0、★★(優秀回)1、★(良回)4、☆(並回)7、×(疑問回)0 ※個人評価 ☆ 3.8


※2周目完了で個人評価を (第1期) ★ 4.2→4.3 (第2期) ☆ 3.7→3.8 に上方修正。

投稿 : 2018/03/03
閲覧 : 402
サンキュー:

34

次の30件を表示

ニセコイのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ニセコイのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ニセコイのストーリー・あらすじ

極道一家「集英組」のひとり息子だが、ごく普通の高校生・一条楽。彼は、10年前、仲良くなった女の子と「再会したら結婚する」という約束をし、その時に貰ったペンダントを肌身離さずに持っていた。そんなある日、楽のクラスにやって来た転校生の美少女・桐崎千棘。最初の出会いから相性最悪で、事ある毎にケンカを繰り返す楽と千棘だが、とある事情から二人は恋人を演じることに。恋心を抱く、クラスメイトの小野寺小咲の事を気にしつつも、恋人のフリを続ける楽。「偽恋物語」の行く末やいかに!?(TVアニメ動画『ニセコイ』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2014年冬アニメ
制作会社
シャフト
主題歌
≪OP≫ClariS『CLICK』、ClariS『STEP』≪ED≫桐崎千棘(CV:東山奈央)『Heart Pattern』、小野寺小咲(CV:花澤香菜)『リカバーデコレーション』、鶫誠士郎(CV:小松未可子)『TRICKBOX』、橘万里花(CV:阿澄佳奈『はなごのみ』

声優・キャラクター

内山昂輝、東山奈央、花澤香菜、小松未可子、内山夕実、梶裕貴、子安武人

スタッフ

原作:古味直志(『週刊少年ジャンプ』連載)、 総監督:新房昭之、監督:龍輪直征、シリーズ構成:東冨耶子/新房昭之、キャラクターデザイン:杉山延寛、総作画監督:潮月一也、色彩設計:滝沢いづみ、ビジュアルエフェクト:酒井基、撮影監督:江上怜、編集:松原理恵、音楽:神前暁、音響監督:亀山俊樹

このアニメの類似作品

この頃(2014年冬アニメ)の他の作品

ページの先頭へ