「鬼灯の冷徹(TVアニメ動画)」

総合得点
73.3
感想・評価
1150
棚に入れた
6089
ランキング
642
★★★★☆ 3.8 (1150)
物語
3.7
作画
3.7
声優
3.8
音楽
3.6
キャラ
3.9
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む
ネタバレ

にゃん^^

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

日本の地獄の日常コメディかな?

地獄ってこわいところかなって思ってたけど
このおはなしみたいな地獄だったらたのしそう♪

おはなしは
1話の中に2つのおはなしがあって
パロディとか言葉あそびみたいなおはなしが多いかな。。
「殺し屋さん」に近い感じかも


1話目
{netabare}
Aパートは桃太郎のパロディ
Bパートは「 世界ふしぎ発見!」のパロディ
すぐ分かってちょっとわらえるかも

桃太郎のおはなしはちょっといいおはなしで終わってよかったw
キンギョソウはちょっと気もちわるかった^^;
{/netabare}

2話目
{netabare}
Aパートは鬼のパンツとカニのおはなし
BパートはEUの魔王サタンさんが見学にくるおはなし

またキンギョソウ
気もちわるいけど食べたらおいしいんだ^^;

閻魔さまがおばかで
鬼灯がSで
閻魔さまがちょっとかわいそうだね。。

サタンは
それに比べて悪魔はいい子たちだって言ってて
さいごは鬼灯のこと怖がって帰っていっちゃった。。

鬼灯が何でもできてイケメンですごいかっこいい。。
でも
やっぱり鬼みたい^^
{/netabare}

3話目
{netabare}
今週は
桃源郷で薬屋さん(?)してるハクタクさんと
ライバルの鬼灯のおはなし。。

2人ともイケメンで負けずぎらい^^;
にゃんはどっちもにがてだなぁ。。

いろんな豆ちしきとかあったけど
おばかなにゃんはすぐわすれちゃうw

2人ってくだらないことでけんかしちゃってるけど
もしかして
ほんとは仲がよかったりしないのかな。。><
{/netabare}

4話目
{netabare}
今週はざんこくなおはなしが多かったみたい。。
でも
地獄だからこれくらいじゃないとダメなのかも

前半は「美男にもいろいろある」で
牛若丸さんのおはなしが多かったかな
お岩さまのイエモンってイケメンじゃなかったね。。

後半は「かちかち山」のおはなし
ほんとのかちかち山ってこんなこわいおはなしだったんだ。。

うさぎさんかわいったけど
タヌキって聞いただけで人が変わっちゃう
うさぎがふんを食べるとかってあんまり関係ないけど
中国では月でうさぎが薬をついてるとか
いろいろなことが分かっちゃう。。
{/netabare}

5話目
{netabare}
前半はハクタクさんと鬼灯がお薬をつくるおはなし

2人はぜんぜん性格ちがうみたいだけど
なんとなく似てるw
言葉あそびが多かったかな
牛頭さん馬頭さんほんとにいるのかな?w

後半は地獄で働いてる人たちの運動会のおはなし

ピタゴラスイッチのパロディとかあったけど
鬼灯が大会委員長だから
働いてる人たちなのに地獄にいるみたい(いるんだけどw)

さいごのオチがおかしかったけど。。ちょっとかわいそう^^;
{/netabare}

6話目
{netabare}
うーん。。おもしろいんだけど
ちょっとむずかしいかなぁ
たぶん大人の人向けかなぁ
とくに後半。。

でも
どんなえらい人(?)が来ても
負けない鬼灯がかっこいいなぁ

ツンデレじゃなくってツンツン
でも
おばかじゃないところもいいなぁ☆

前半はピーチマキより小判さんのおはなしだったかな
にゃんこは好きだけど
このネコさんはあんまり好きじゃなかった。。
{/netabare}

7話目
{netabare}
前半は
カラウリくんとナスビくんは
きれいなおこうさんのことが気になって
鬼灯にたのんで衆合地獄に見学に行くことになって。。

やっぱりしもねた多かったね。。
あと
「となりの怪物くん」も地獄にきちゃったのかなぁ
(よく分からなかったけどおかしかった^^)

けっきょくカラウリくん
おこうさんに会いたくて来たことばれちゃったね^^
さいごのナスビくんの友情がなんだかおかしくってw

後半は閻魔さまの腰が痛くなって
鬼灯がそれを治すのに閻魔さまのこといじめちゃう。。

にゃんは見てて
閻魔さまがかわいそうになっちゃって。。
ツボをおさえて血がバーッ!ってゆうところとか
びっくりして目をつぶっちゃった。。

そうゆうの気にならなかったら
きっともっとわらえると思う。。
{/netabare}

8話目
{netabare}
前半は
「週刊三途の川」の小判さんが
CDデビューしたピーチマキちゃんの取材しに行くおはなし
でも
そこに鬼灯がいて。。

アイドルのパロディみたいなおはなしかな
小判さんがえげつなくってまた失敗しちゃって

後半は
ナスビくんの芸術のおはなし
かえるの彫刻とか本物みたいだったけど
フシギな絵とかもかけてすごいね
いろいろ見られて楽しかった♪

EDがピーチマキのデビュー曲になってた
これってじょうずなのかなぁ
{/netabare}

9話目
{netabare}
今週はお酒のおはなし
よっぱらって悪いことしたら叫喚地獄だって。。

ちょっとだけだったらいい人かも
でも
いっぱい飲んじゃったらイヤな人になっちゃう
お酒なんか飲まないほうがいいって思うけどなぁ
{/netabare}

10話目
{netabare}
人が死んだら初七日から三回忌まで十王が裁判するんだって
それで
供物がいいと地獄に行かなくってもよくなったりするみたい。。

何だかいろんな勉強になっちゃうみたい
地獄に行くときに役に立ちそう^^;

鬼灯ってかっこいいけど
こわいなぁ。。

後半は
ダイエットのおはなし
それともじゃがりこの宣伝だったのかも^^

それと
八寒地獄。。
あんまりよく分かってなのかな?
なまはげとかいるみたい

にゃんは寒いのにがてだから
あんまり行きたくないなぁ☆
{/netabare}

11話目
{netabare}
一寸法師ってお姫様と結婚するのにうそついた。。
地獄に行くくらい悪い人だったんだ。。
知らなかったぁ。。

フシギな道具ってドラえもんみたいw
固そうだけど閻魔さまが座っただけでこわれちゃったんだ

大きくなったらふつうの人だったね^^

こだまさんのおはなしって地獄のおはなしじゃなかったみたい
岩姫とさくや姫。。岩姫さんかわいそうだった
妹だけ結婚して自分は返されちゃったら
ちょっとくらいイジワルになっちゃってもしょうがないかも

ふつうのアニメだったら主人公がなぐさめたりするのかな?
でも
鬼灯はやっぱりそんなやさしい人じゃないみたい
岩姫さん鬼灯に会ってちょっと変われるのかな?
{/netabare}

13話目(最終回)
{netabare}
地獄のお盆のお祭り
地上と似てるけどやっぱり地獄だった。。
うさぎさんがタヌキ汁作ってるところがこわかった
アニメ見はじめて
「進撃の巨人」のお母さんのおはなしの次くらいに
ショック!

閻魔大王さまのジュースのおはなし
このおはなしって
なんだかあんまり好きになれなかったけど
鬼灯が人をいじめてよろこんでるみたいで
イヤだったんだって分かった。。

地獄だから亡者の人たちをいじめるのってお仕事だけど
閻魔大王さまって
そんなに悪い人じゃなかったって思うけど。。
{/netabare}


見おわって


地獄の日常ギャグで
閻魔さまの仕事のお手伝いをする役の鬼灯(ほおずき)さんのおはなし
ちょっと乱暴なギャグが多いからにゃんはニガテなほうかな。。


鬼灯がイケメンで頭もいいからみんなに好かれるんだけどドSで
みんなに冷たくするんだけど
ほんとに悪い人じゃないのが伝わるから見てられたって思う^^


いろんなTV番組とかのパロディもあって
地獄のこととか知りたい人も楽しいかも☆

投稿 : 2019/06/17
閲覧 : 859
サンキュー:

166

buon

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ど・こ・に・い・こ・う・か・な・お・に・の・か・み・さ・ま・の・い・う・と・お・り!

特上地獄でお願いします。

いや待てよ、極小地獄でお願いします。


OPから溢れる地獄の導入、作画良過ぎます。
原作と同様に桃太郎軍団の話から始まります。

シリーズで既に4クールか5クールやっている鬼灯の冷徹です。

何でかWikiってしまい、
作者がこの作品を描くに至る経歴と志を見てしまい余計に好きになりました。
その中の一つに
「キャラの人気で登場頻度を左右させない」
というのがありました。

今の世の中、人気投票やら何やらで物語が左右されてしまう漫画界、
商業主義の天変地異を豪快に進む様は気持ちの良いものです。
と言っても売れなかったら即終わっていたと思うので、
作者と編集さんのタッグが勝ち取った結果なのだろう。

まだ主要な登場人物が打ち解け合っていない方々もいるようで初々しいです。

こんな地獄なら行ってみたい、と思わなくもないがそれは漫画やアニメ、
カモンベイベーなアメリカさん辺りに地獄の判例を実写化してもらえば
あまりの凄惨さに二次元へ逃げたくなるでしょう。
その前に悪いことしたくなくなるでしょう。
「悪い子はいねぇかー」っていいよね、未然防止策と教育として。

私は先日体調を崩して、苛烈な関節痛と頭痛を数日間堪能し、
今日、買った1Lの豆乳に「ファミリーユースタイプ」とか書いてあることに気付き、
地獄はそれなりに味わったので将来的には天国を所望します。

天国に住み、地獄に遊びに行くぐらいが丁度いい。

原作読んでたのに見落としたのか、この作品で白澤様の名言を再確認した。
俺、白澤様のこと見直したわ。アイツは本物の『漢』だ。

投稿 : 2018/11/23
閲覧 : 85
サンキュー:

7

ASKA

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

地獄が舞台の作品とあって最初は不安だったが・・・

地獄が舞台の作品ですが、そんなに暗い、作品でもなく良かったです。
主人公の鬼灯は閻魔大王の補佐官という立場ですが、上司の閻魔にも制裁を加えたり、白澤とは仲が悪かったり、かと思えば金魚草の世話が好きだったり人間味あふれる?鬼神だと思います。部下の茄子や唐瓜には優しい面もあり、顔は怖いですが鬼灯様は理想の上司ですね。
楽しい地獄の日常アニメです。桃太郎やかちかち山などの昔話の人物も出てくるので日本人には馴染み深いと思います。

投稿 : 2018/11/16
閲覧 : 134
サンキュー:

22

REI

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

地獄の住人になれればいいなー

地獄の閻魔大王の補佐官である鬼灯(ほうずき)の活躍を描くコメディアニメ

地獄の住人は罪を犯した人間をさばく役なのですが地獄にはそれこそ色々なところ、主に罪を犯した人間をさばく場所がたくさんあって、そこで働いているのが鬼とか、動物なのですが中には桃太郎の犬、猿、雉が働いていたりします。あとカチカチ山のうさぎも働いていたりします。(うさぎのエピソードは2期で)

閻魔大王がちょっと抜けているので補佐官の鬼灯(ほうずき)は大忙しなのですが時には要領良く時には大胆に色々な問題を片付けていきます。
桃源郷の白鐸とはライバル?関係

感想は地獄の話ですけど終始笑えると思います。絵で好き嫌いはあるかもしれませんが私は好きですね、人間として地獄で裁かれるのは嫌だけど地獄の住人になれるならいいなーと思いました(笑)鬼になっちゃうけどねー(笑)

ところで金魚草ってなんなんですかねー?(笑)

全てのアニメに携わる方々に感謝を!

投稿 : 2018/11/09
閲覧 : 76
サンキュー:

7

R子

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

地獄ってたのしそーだなー

頭からっぽで観られる作品ていいなぁ。

この作品は子供向けだけど、とても見やすい。

キャラも良い!

私は座敷童がお気に入り(´▽`*)
茄子とシロのコボケ具合もかわいい(*‘∀‘)

思ったよりも地獄についてしっかり説明されてて、地獄について詳しくなるようなアニメだった。

地獄っておどろおどろしいイメージだけど、こんな地獄だったら見学ツアーに参加してみたいww
あと、オープニングがとてもよかった!!

シリーズまとめて観たので、全部合わせての感想と言うことで。

投稿 : 2018/10/28
閲覧 : 84
サンキュー:

5

桜井大吉

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

好き

和風、妖怪などが好きなため、ツボった作品。

一話完結なので見やすいし、キャラも個性的でおもしろい。

二回見てしまった。

お気に入りはもちろん芥子さん。←種﨑敦美さん、すばらしい!

投稿 : 2018/10/08
閲覧 : 51
サンキュー:

2

ネタバレ

アレシュ

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

世の中綺麗ごとだけでは、すまないのにゃ

 登場人物は、ある意味有名人ばかりなので、とてもわかりやすいですにゃ

作品的にはブラックユーモアみたいなことも多いですがニャ だってここは

地獄なんですから、しょうがないのにゃ


 地獄といっても、様々な地獄があって犯した罪によって、どの地獄に落ちる

かが決定するのにゃ やはり、人間悪いことをしてはいけませんのにゃ


 作者さんもリアルで、かなり苦労したみたいで原因となった人がどんな地獄に

落ちるかを知っているのではないでしょうかにゃ

投稿 : 2018/10/06
閲覧 : 127
サンキュー:

9

ネタバレ

りゅぅぞぅ

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

パロディアニメΣ(・□・;)  OPとEDは面白いww  こういうアニメを見たかったんだろうね 僕は

 ジャンル 妖怪 + パロディ


 ストーリー 

 地獄のお話し 閻魔大王の側近として働く 鬼灯

彼の仕事は 地獄の仕事が円滑にはかどるよう

いろいろな部署の助けをする仕事 

 いろいろな妖怪や 歴史上・空想上の人物がでてきます



 物語

 1話に Aパート Bパートがあります

どれも完結型なので 見やすいです( *´艸`)

 まさか、1話目の 桃太郎と犬・サル・キジがずっと

出続けるとは思っていませんでしたww



 キャラ

 好きなキャラトップ3

1:なすび

 純粋なこのキャラクターがスキデス

何気に、芸術家という天才肌の持ち主

おっ 恐ろしい子 Σ(・□・;)


2:シロ

 出すぎだろ・・・ 他の サル・キジと比べたら

鬼灯の仕事まで同行してんだもん

 半端ないって


3:ぱっと出てこないってことはいない




 音楽

 ポップなOpで笑ってしまった

地獄~ 地獄~

 ED 金魚草・・・・ww

さわやかないい曲じゃんよ




 感想

 面白いかどうかは

その視聴者が持つ知識によって判断が変わると思います

(個人的意見です・・・)

 パロディネタをちょいちょい突っ込んでくるので

ある人は 爆笑  また、ある人は何のネタ?ってなるかもしれません

 私は爆笑してしまいましたww

さぁ、続編見ますかねbb


(レクリエーターズ見たんですが、またレビュー載せます)

投稿 : 2018/08/19
閲覧 : 75
サンキュー:

2

ネタバレ

退会済のユーザー

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

鬼にとっては楽しい地獄です。

地獄を舞台にするということは、人間の生と死について触れる部分があると思いますが、暗い話ではなく、楽しいお話だったので、死について少し前向きに捉えることができました。
また、鬼灯様の容赦ない地獄の鬼神っぷりに観ていてなんだか胸がすっとするものがあります。亡者としては、しんどいですが、、、ブラックユーモア好きの私にはたまりません!
登場人物一人一人が個性豊かで、特に鬼灯様と白鐸さんの喧嘩も見ていてとても楽しいです。芥子さんや鬼灯様の私怨も、、

投稿 : 2018/08/08
閲覧 : 47
ネタバレ

ポル

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

こういうギャグアニメ好きです

クールでシュールなギャグアニメ地獄日常系とのことですが。
地獄とはいかなるものか?

感想(簡単なつぶやき)
{netabare}
ハクタクが女好きで痛い目いつも見てる様が面白かった。
キャラ絵は独特ですが良いと思いました。

ベルゼバブと鬼灯との会話で
『上は大水 下は大火事』オスにとって正解はなーんだ?
据え膳食う前における脳と本能(-ω☆)キラリと意気投合しちゃってるのが面白く印象に残ってます。意味わからんくて最初検索かけてしらべたっけ( ´∀`)
{/netabare}
内容も地獄という重々しいネタを現代風にアレンジ、ギャグとして面白く見やすいです。
私は好きなアニメです(/ω\*)ポ

投稿 : 2018/07/16
閲覧 : 89
サンキュー:

12

おいも

★★★★★ 4.2
物語 : 5.0 作画 : 3.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

1話分の分量配分

アニメ1話12分くらいだと、漫画二話分くらいじゃないと間延びすると思う。
明らかにセリフがゆっくりになってたりする話があって残念。
二話分詰め込んでるとテンポ良く観られるのにと思う。

投稿 : 2018/06/18
閲覧 : 61
サンキュー:

2

なつき

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 2.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

のほほん地獄LIFE

あらすじ
 地獄では、戦後の人口爆発や悪霊の凶暴化により、亡者はあふれかえり、獄卒たちは人材不足に悩まされ、あの世は前代未聞の混乱を極めていた。そんな中、どこか頼りない閻魔大王に代わって地獄全272部署を治めているのは、閻魔大王に抜擢され、閻魔大王第一補佐官の座にまで上った有能な鬼神の鬼灯であった。鬼灯の幼馴染で衆合地獄主任補佐のお香、女癖が悪く、鬼灯に会うといつも張り合っている中国の神獣・白澤、お伽話としても有名な英雄の桃太郎とそのお供、新人獄卒の唐瓜・茄子などの個性豊かなメンバーと共に過ごす、鬼灯たちの日常を描く。
 
感想
 毎話完結で、地獄の地獄な日常系作品。登場キャラは全体的に個性が映える。個人的に、桃太郎犬が好き。

投稿 : 2018/06/17
閲覧 : 86
サンキュー:

3

ダビデ

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

地獄のほのぼの日常ギャグアニメ

アニコレの「アニメ放題」の広告で、2期の配信を広告していたので、気になって、視聴しました。

1話、前半後半違う話の、地獄のほのぼの日常ギャグアニメ。
話はほぼ単発なので、気軽に観れるアニメです。

宗教や古典の詳しいところは知らず、知識があっているのかどうかわかりませんが、地獄や古典、世界史的な知識が散りばめられて、笑いにしているので、知的エンターテイメントとしても面白いと感じました!

シロのキャラクターと声が好きです!

投稿 : 2018/05/04
閲覧 : 86
サンキュー:

5

ネタバレ

tiki

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトル

{netabare}
第001話 地獄大一番/地獄不思議発見
第002話 鬼とパンツとカニ/地獄の沙汰とあれやこれ
第003話 白澤/いかにして彼らの確執は生まれたか
第004話 美男にもいろいろある/かちかぢごく
第005話 龍虎の二重奏/精神的運動会
第006話 地獄アイドル ピーチ・マキ/右腕のブルース
第007話 男と女と衆合地獄/地獄式鍼灸術と浄玻璃鏡の使い方
第008話 えげつなき戦い/地獄三十六景
第009話 酒と女でダメになる究極の例/溢れ返ってきたヨッパライ
第010話 十王の晩餐/ダイエットは地獄みたいなもの
第011話 一寸だった法師/お山の泥沼姉妹
第012話 レディ・リリスとその夫/中国現世に妖怪が広まった訳
第013話 盂蘭盆地獄祭/雑談閻魔大王
{/netabare}

投稿 : 2018/04/09
閲覧 : 90
サンキュー:

1

kooodain

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

真面目な皮を被った超ギャグアニメ

噂通りというかレビュー通りの超ギャグアニメでした。
個人的に超おすすめですw

主人公と閻魔の正反対の掛け合い等とてもいい。
あと女性キャラ?が結構可愛いですw
個人的には木霊ちゃんにもっと出てきて欲しいw
男か女かわかりませんが…。
あと茄子がいい味出していますw
ギャグ特化なだけあっていいキャラが多いです。

内容については書くことはありませんw
終始ギャグアニメですw

▼物語の評価
ギャグ特化です。
どの様なギャグが好きかで決まるかもしれません。
とりあえず1,2話見ると良いです。
▼作画の評価
わりかし綺麗ですが全体的に線は細くない感じです。
力は均等にかけられている感じがします。
▼声優の評価
非常によく合う配役がされています。
ココまでマッチしているのも中々珍しい。
▼音楽の評価
特にBGMは気になりませんでした。
過剰な演出もなくGoodです。
EDが絵と共にインパクト大でしたw
OPもまぁ好みではないですがインパクトは。
▼キャラの評価
いいキャラが多いです。
ギャグアニメ特化だけあって素晴らしい。

投稿 : 2018/03/09
閲覧 : 91
サンキュー:

5

384

★★★★★ 4.1
物語 : 5.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

地獄社会は厳しいけれど、明るく愉快な仲間がいっぱい!

原作未読、2期放送をキッカケに1期からまとめて視聴。

サムネやタイトルだけ見るとギャグっぽく見えないけど、
日本の地獄や妖怪、昔話を現代目線で突っ込み入れる感じのほぼ100%ギャグアニメ。

子供っぽすぎず、下ネタ過ぎずで男女問わず大人から子供までクスリと楽しめて◎!
こーゆーの大好き!!

あと個人的に、安元さんてデカくて筋肉系のイカツイキャラのイメージが強かったのだけど、
クールな鬼灯様の渋い声、中々ピッタリで好きになりました!

投稿 : 2018/02/18
閲覧 : 70
サンキュー:

4

ネタバレ

tyuio

★★★★★ 4.3
物語 : 3.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

中間管理職の悲哀

中間管理職で怜悧な鬼灯の活躍が痛快。
戦国武将としていまは石田三成が人気というが、まさにそれと同じ構図と言えよう。

桃太郎などの昔話や神話(桃の神性など)をほどよく盛り込みつつ、耳に残る音楽が多かったのも高評価。
1話でしか使われなかった幻のED、耳に残っている。

投稿 : 2018/02/17
閲覧 : 66
サンキュー:

2

音乗りじょにー

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

鬼灯=ほおずき

漫画未読でも楽しめました。
現世と地獄の調和も面白かったし、逆に天国はどうなってるのか見たかった。
霊界とか詳しいと尚わかりやすいかも。

投稿 : 2018/02/16
閲覧 : 96
サンキュー:

4

-Cha sMIN-

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルだけだとコメディとは気付かず

.
どんなジャンルの作品なのか
まったくわからず視聴を始めました

みなさんの評価はとても良いです
タイトルから
コメディとは思ってもみませんでした


笑いどころの説明は難しいですが
「大笑い」ではなく「ニヤニヤ」
でした

前半の「ニヤニヤ」から
後半は路線が定まったようで
みなさんのおっしゃるところの
「S」の部分が強くなってしまいました

悪くはないですが
もう少し「ニヤニヤ」したかったです

投稿 : 2018/02/11
閲覧 : 63
サンキュー:

3

ネタバレ

scandalsho

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

こんな楽しい地獄なら行ってみたくなっちゃう!?

原作未読。

【物語】
地獄を舞台にしたコメディ。
閻魔大王の第一補佐官を務める有能かつドSな鬼神の鬼灯と個性豊かな仲間たちの日常を描いた作品。

{netabare}主人公の鬼灯は、上司(閻魔大王)からの信頼も厚く、仲間や部下からは慕われる”好人物”。

閻魔大王をはじめ、自分より上位の者を、ドSで情け容赦なく扱う様が面白い。
逆に、格下の者に対しては意外と優しく接していたような気が・・・。

このギャップが魅力かも。{/netabare}

【作画・音楽】
とても個性的。
どちらも作品にイメージに合っていたと思います。

【声優・キャラ】
鬼灯役の安元洋貴さんと、閻魔大王役の長嶝高士さんの掛け合いは最高だった。
桃太郎の犬・シロの喋りや動き、表情に、いつも和みっぱなしでした(笑)。

投稿 : 2018/02/07
閲覧 : 169
サンキュー:

35

退会済のユーザー

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

staff

原作:江口夏実
監督:鏑木ひろ
副監督:長沼範裕
シリーズ構成:後藤みどり
キャラクターデザイン:加藤寛崇
アニメーション制作:WIT STUDIO
製作:鬼灯の冷徹製作委員会
 

投稿 : 2018/01/03
閲覧 : 83
ネタバレ

リタイア13号

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルなし

何話かは忘れたが、一瞬「隣の怪物くん」が出てくるw

1話のEDの「この木なんの木」のパロディがいい!
(再放送から、全く違うEDに差し替えられてしまって残念)

最終回のEDで金魚草が消えてるのが謎だったけど、見直して分かった。最終回の閻魔が飲まされた逃げようとしてた金魚草のカップルがEDのカップルだったんだ!

投稿 : 2017/12/24
閲覧 : 105
サンキュー:

2

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:今観てる

原作の期待を裏切らない

原作を壊さずよく作り込まれてて
臨場感がより伝わる感じ

投稿 : 2017/12/01
閲覧 : 116
サンキュー:

4

ネタバレ

チョビ0314

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

地獄は割とホワイト企業

この作品は原作を読んでからのアニメ視聴でした。
鬼灯の冷徹という作品って原作もそうなんですけど、最初に読んだり視聴した時より暇な時等で余裕を持って読んだり見たりした方が笑える様に感じています。
たぶんだけど初見の時って「さぁ見るぞ!(読むぞ!)」と構えがちになったりします。
本作は勢いで大笑いさせるパワー系ギャグは少なめで、余裕がある時に気がつけるユーモアを含む脱力系ギャグ多いからそう感じるのかもしれないですね。

さて先ずはこの作品最大の特徴を…それは決して笑わない主人公その名は鬼灯(ほおずき)!ここまで笑わない主人公ってなかなか居ないと思います。(脇役なら結構いますけど)
不機嫌であるとか怒っている時は勿論、割と楽しんでそうと思われる時でも決して笑いません。
これは生い立ちから来る只の個性で笑う必要があれば笑うのでしょうが、そこまで達しないから笑わないだけではないかと。
{netabare}(作中にて一度だけ笑ったエピソードがあるが画面には映らないのでノーカウント){/netabare}
恐らく死ぬまで人前で笑わない気がしますし、そもそも鬼神なので寿命があるとも思えませんから見れないでしょう。そして見たら見たで怖ろしい様な…
さてそんなMr仏頂面 鬼灯様。
規則に厳しいので堅物に見えるが、実は柔軟な対応が出来る良い官僚タイプ。そして同時にかなり偏った趣向の持ち主です。
ドSで亡者や規則を破る輩には容赦がありません。しかし規則を守って働く相手等には丁寧に接しますし、しっかりバランスを取った采配を振るい地獄運営に多大なる貢献をしています。
更に視察に託けて(かこつけて)様々な所に公費で出掛けていますが、これはあくまで仕事の範疇ですし規則を破らず成果も上げているので問題はありませんよ。(たぶん)
現実の政治家さんとかお偉いさんも見習って欲しいですな!しっかりやる事をやった上の延長線に目的を設ければ良く、上手くすれば宣伝にもなりますからね。ただしやり過ぎたり法に背けばしっぺ返しが待っています。
バレた場合は社会的信用、立場、親族や友人等全てを失うリスクを理解した上でやりなさい!という感じです。はい。

多少暴走気味になりましたが、鬼灯様は適材適所に才覚があり基本的には正しい方で時々ステキに偏った変態です。

他に多彩なキャラクターが登場しますが、基本的に地獄や天国等の世界で普通に生活をしている方々ばかりで、彼ら彼女ら獣らが織りなすコメディ作品です。
あ、妖怪の類に神様系も出てくるけど、やはり皆それぞれに自分の役目を務めていますね。
ただ良くあるファンタジー物ではなく現代日本の常識と似通った日常あるあるを地獄に置き換えたネタのコメディですので、派手な戦闘や熱い展開は一切ありませんのでご了承下さい。
ただし主に鬼灯様が容赦なく亡者や某神獣をボコるシーンはありますし、獄卒という仕事をする方々のバイオレンスシーンなら多少ありますね。
{netabare}ちなみに日本の地獄だけでなくEU地獄のサタン様やレディ・リリスとその財布、ではなくベルゼブブさん等も出てきて場を和ませてくれますのでお楽しみ下さい。{/netabare}

それから動物も色々と出てきますからそういう意味で萌えるのも良いかと思います。
特に太め白犬のバかわいさはなかなかの物ですし、キジはイケメンボイスだし、猿は普通に猿で割とまともですよ。

それからアイドルや美しい獄卒さん、女神に悪魔に妖怪の類も出てきますのでそういう点でも楽しめますよ。
ただし色気とかは期待しないで下さいね。

音楽もなかなか豪華で全体的に原作の再現度が高いのですが、本作中で描かれた地獄の運動会とかでオリジナルの演出がちょっとオーバー過ぎイメージに合っていない部分もありました。(巨大ピタゴラスイッチ風)
地味めな演出の方が本作には合っているので、その点はかなり不満です。

あと是非掘り下げたいのがエンディング曲の「パララックス・ビュー」です。
この曲の作詞を担当したのが大槻ケンヂ氏で、その昔本格的な深夜アニメの第二弾「EAT-MAN」のオープニング曲で「小さな恋のメロディ」という曲を筋肉少女帯で歌っています。(勿論オーケン作詞)
小さな恋のメロディの歌詞で「あの二人がどこに行ったかあなたわかる?きっと地獄なんだわ」という歌詞がありまして、大槻氏も好きな映画「小さな恋のメロディ」のラストシーンで主人公の二人がトロッコで何処かへ走って行きます。
そしてパララックス・ビューは「トロッコで、二人がたどり着いたのは地獄よ」で始まります。
最初は「たぶん続編じゃないかな」程度に考えてましたが、Wikipediaにも書いてありますし「続き」とありますので正解みたいですね。
(ただしWikipediaも間違ってる時があるし、絶対ではないですけど)
EAT-MANはかなり昔の作品、しかもアニメの一作目はかなりマニアックなので若い方はほとんど知らないのではないでしょうか。
なんとも分かりにくいけど良いサプライズではないかと。

基本的に地味めなギャグが主体の作品で、派手な展開はあまりないしお色気要素もほとんどないのでそういう作風を求める方には向きません。
逆にゆったり日常あるある等を楽しみたい方にお勧めしたいです。

投稿 : 2017/11/10
閲覧 : 112
サンキュー:

20

退会済のユーザー

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

楽しそうな地獄…だけど行ってはいけません

以前の評価に誤りがありましたので、再掲載させていただきます。

この作品、噛めば噛むほど味が出るスルメのような作品でした。
鬼灯さんの声とキャラは、知れば知るほど好きになっていく、中毒性があります。

元々、妖怪ものが好物なせいもあり、初見では「ありがち?平成版日本昔話のようなもの」と思っていましたが、2度目の視聴をするとすっかりハマっている自分に気づきました。
シロちゃんの下手くそな歌も、からしちゃんの豹変っぷりも、キモカワな金魚草さえも愛おしく思えてきます。

作画も丁寧で、カラー指定も多く大変なのに、終始綺麗なまま最終回までもたせてくれました。感服しました。

現在2期を放送していますが、毎週が楽しみで仕方ありません。
以前の評価を書いた自分を責めたい。

妖怪ものが好きで、バトルものがあまり得意じゃない人にオススメします。





(サンキューをいただいた手前、以前のレビューも残しておきます)
面白いか面白くないかで言えば、普通に面白い。
では、心に残るか残らないかで言えば…おそらくは残らない。

なぜだろう。
主人公の鬼灯さんのキャラは立っている。
脇役のシロも可愛いし、上司の閻魔大王も心が広くて優しい。
他のキャラ達もみんな愛嬌があり、不快なキャラも出てこない。
なのに…なぜだろう。

ああ、ストーリーが一話完結型なのだが、どれもありきたりな話ばかりだからだ。
展開がほとんど予想できてしまうために、真新しさもないのだと思う。
サザエさんを見ている気分になる。
日曜の18時台になんとなくテレビを見ていたら流れてくる、そんなアニメだったら、ちょうどいいのかもしれない。

決して嫌いな部類ではないし、好感が持てる箇所もいくつもある。
しかし、おそらく私は2度は見ないだろう。

投稿 : 2017/11/04
閲覧 : 130

ウィーハウック

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

もっと評価高くてもいい

二期おめでとう!!意外に評価低くてびっくりした、70は超えてるものだと。

シュールギャグアニメ、シリアス一切なしなのですごく見やすい。作中に出てくる地獄や一部の登場人物などの設定は昔話やちゃんとした資料に基づいているので勉強にもなる。

opは登場人物で合唱、edは作中にアイドルの役をやっている上坂が歌っている、特にopは中毒性があるのでお勧め。

まだ連載中で原作ストックもそれなりにあるようだし、もしかしたら三期もできるんじゃね?

投稿 : 2017/10/22
閲覧 : 75
サンキュー:

4

みいちゃん

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ユニークで楽しめるギャグアニメ

地獄をテーマにしたなかなかユニークなギャグアニメ

まれに寒いギャグがありますが、全体的にくどくなく個性をしっかり活かした質の良いギャグアニメでした。
一般的なギャグアニメってテンポが早すぎるものも多く、そのテンポ故に流れがつかみやすくオチが読めてしまったり、早すぎて追うのが疲れてしまったりして逆に楽しめない作品も多いのですがこれは心地よいテンポの流れ!
なかなか好きです。

女キャラだけでなく男キャラも可愛らしく描かれており、癒やし要素も含んでいます。
キャラデザも良いんですよね

投稿 : 2017/09/25
閲覧 : 85
サンキュー:

6

main

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:----

ブラックギャグならこれが好きです

ほどよく笑わせてくる感じと面白い設定。
これが最高。

投稿 : 2017/09/18
閲覧 : 66
サンキュー:

2

ミホ

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

地獄のほのぼの日常生活

そこまで突出して面白い訳では無い。
ただ、設定が珍しくてよかったんだと思う。
タイトルに書いた通り、
地獄のほのぼの日常生活。
ギャグとかは、ちょっと面白いかな?ていうぐらいで、群を抜いて、ゲラゲラ笑う感じではない。
キャラクターはみんな特徴的だからいい。
あと、もう一歩ギャグが面白かったらいいのになあ。

投稿 : 2017/09/17
閲覧 : 88
サンキュー:

10

TAMA

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ついに来た!2期という名のドS鬼神降臨!

じーごーく…じーごーく…素敵なじーごーく♪
じーごーく…じーごーく…楽しいじーごーく♪
罪に合わせておもてなし!

お!?新たな観光スポットが出来たのか!行ってみるか……とはならないですから!!

ジャンル的にはダークコメディなのかな?当時はノーマークな作品でした。まさかここまで引き込まれる作品になるとは思いませんでしたよ。

童話などのヒーローがほとんど地獄に居るってなんとも言えない衝撃を食らいましたね。1話で桃太郎一行の犬・猿・雉に鬼灯様の容赦のない攻撃…いや口撃は精神をえぐってましたね(笑)
で、VS桃太郎になっても普通に腕力も激ツヨな鬼灯様に一撃で終了。そこに変な憧れが…湧くか?

大忙しの鬼灯様の知識も魅力ですね。一般常識や豆知識、コアな事から学問に対しても色々博学過ぎる。ま、クソ長く生きてると余計な事も覚えてしまうんですかね(笑)
『世界ふ◯ぎ発見!』に出場したら優勝出来ますよね?でも1話の最後で応募に当選してたけど『クリスタルなひとし君』とかどうやって受け取ってるんでしょうね?地上のCSにしたら観れるって言ってたし…謎だ!
あ、金魚草は未だに可愛いと思えません。ゴメン、鬼灯様(;==)」

しかし白澤(はくたく)様が出てきてからかなり面白くなりました。神獣と鬼神が知り合いて…どっちも嫌そうなのがまた(笑)
白澤様と鬼灯様の確執を書くとかなりの量になるので原作かアニメで!とてもくだらない理由ですから。

しかしこの作品の面白いところは地獄なのに日本の会社そのものなのがまた良いですね。しかも福利厚生も充実してらっしゃる!時間もきっちり交代制でこーゆーとこで働きたいですね。(違うか?違……う~ん(-_-;)…?)

ストーリーの流れは少ないですが言葉の言い回しがレベルが高くそんな言い回しがあるのか!と笑わせてくれます。これも鬼灯様の知識の豊富さなんでしょうね。意外と裏話やコアな事、童話の書かれてない事なども知れ雑学を身に付けれて一石二鳥、三鳥な作品です。神話、伝説、史実等もアリ!
桃太郎のお供が神獣だったなんて私は知らなかったのでここで知りました。

雑学系が苦手な方にはオススメしませんが、それ以外の方にはとても面白いと思います。声優さんもかなり合ってるので2期も楽しみです!

投稿 : 2017/04/29
閲覧 : 115
サンキュー:

8

次の30件を表示

鬼灯の冷徹のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
鬼灯の冷徹のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

鬼灯の冷徹のストーリー・あらすじ

これは地獄のお話。戦後の人口爆発、悪霊の凶暴化、地獄に亡者があふれかえった今日、人手不足に喘ぐ地獄は前代未聞の混乱を極めていた。そんな中、あたふたする閻魔大王に代わって、さまざまな問題の後始末をする陰の傑物が。彼の名は閻魔大王の第一補佐官・鬼灯。亡者から仕事をサボる閻魔大王まで容赦なく呵責する鬼灯の、忙しくも案外楽しげな地獄の毎日が今ここに登場!(TVアニメ動画『鬼灯の冷徹』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2014年冬アニメ
制作会社
WIT STUDIO
主題歌
≪OP≫地獄の沙汰オールスターズ『地獄の沙汰も君次第』≪ED≫上坂すみれ『パララックス・ビュー』

声優・キャラクター

安元洋貴、長嶝高士、平川大輔、小林由美子、後藤ヒロキ、松山鷹志、柿原徹也、青山桐子、種﨑敦美、喜多村英梨、上坂すみれ、遊佐浩二

スタッフ

原作:江口夏実(講談社『モーニング』連載)、 監督:鏑木ひろ、副監督:長沼範裕、AR演出:鏑木ひろ、シリーズ構成・設定制作:後藤みどり、キャラクターデザイン・総作画監督:加藤寛崇、音響制作:サウンドチーム・ドンファン、音楽:TOMISIRO、音楽制作:スターチャイルドレコード

このアニメの類似作品

この頃(2014年冬アニメ)の他の作品

ページの先頭へ