「がっこうぐらし!(TVアニメ動画)」

総合得点
79.8
感想・評価
1753
棚に入れた
8661
ランキング
346
★★★★☆ 3.7 (1753)
物語
3.7
作画
3.7
声優
3.7
音楽
3.7
キャラ
3.7
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

がっこうぐらし!の感想・評価はどうでしたか?

めあみやまや さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ここには夢がちゃんとある

初見の方はOPから1話の最後まで見ると驚くと思います。
私も最初、登場人物が全員女の子でほのぼのと視聴できるなと思ってましたがそうはいきませんでした(笑)
詳しくはネタバレになってしまうので言えませんが100%見て損はないので見るべきです!

投稿 : 2020/07/01
閲覧 : 18
サンキュー:

2

ネタバレ

ヘラチオ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

1話がトラウマになるかと思った

作品は2020年1月に完結したようだ。原作では大学に進学したみたいだけど、こんな状態で大学行けるんすね。

可愛いキャラクターがきゃっきゃうふふしている作品と見せかけてのゾンビに囲まれて戦っているという作品。
クラスメイトとの楽しい日常から始まるんだなと期待して見ていたら実は全部由紀の妄想とかいうオチ。ゾンビがうろついていて、誰もいない机に話かけるシーンがおぞましい。トラウマもの。現実逃避が過ぎる。話合わせるの大変やな。

妄想してたけど、{netabare}遠足はナイスな提案やったね。みーくんを救出できたわけだし。{/netabare}

一番は{netabare}ゾンビになってしまった慈を殺さないといけないのは本当に辛かった。あの方の存在は大きかった。{/netabare}


OP
ふ・れ・ん・ど・し・た・い 歌 学園生活部[丈槍由紀(水瀬いのり)、恵飛須沢胡桃(小澤亜李)、若狭悠里(M・A・O)、直樹美紀(高橋李依)]
ED
ハーモナイズ・クローバー 歌 黒崎真音
We took each other's hand 歌 澤田かおり
アフターグロウ 歌 黒崎真音
OPのし・た・いは死体とダブルミーニングって本当ですか?怖い。


以下はアマゾンプライムから引用のあらすじ。
シャベルを愛する(?)くるみ、皆をまとめるりーさん、しっかり者の後輩みーくん、おっとりした顧問のめぐねえらに囲まれた丈槍ゆきの瞳に映る幸せな“日常”はしかし…!?

1. はじまり
ゆきとくるみ、りーさん、みーくんの4人は、「学園生活部」の仲良しカルテット。この部活の目的は「授業だけでは触れられない学園のさまざまな部署に親しむ」こと! 今日も、おいしいパスタに舌鼓を打ったり、園芸部の屋上庭園でプチトマトの収穫に励んだり、あるいは授業で居眠りしたり。なんだかんだと賑やかに、毎日を楽しんでいる。そんなある日、学園生活部のマスコット的存在、柴犬の太郎丸が行方不明に。学校中を探してまわるゆきたちだったが…?

2. おもいで
今日も、朝から元気にカレー! いつもと変わらぬ朝を迎えた「学園生活部」の4人。食事を済ませたゆきは、めぐねえの指導のもと、国語の補習授業を受けることになるのだった。しかし、窓の外はすっかり夏の気配。海に行って花火を遊んで、スイカ割りを楽しんで…。これから始まる夏休みに胸をワクワクさせるゆき。そして、夏といえばやっぱりキモ試し! 部室に戻ってきたゆきはさっそくほかの3人に、今夜、キモ試しをやろうと持ち掛けるのだが…。

3. あのとき
今日は、全校停電の日。料理を作ることも、シャワーを浴びることもできず、なんとなく暗い雰囲気の4人だが、ゆきが「キャンプをやろう!」と言い出したことをきっかけに、いつもの元気を取り戻す。部室にテントを張り、夜遅くまでおしゃべりで盛り上がる4人は、いつもとはちょっと違う時間を過ごす…。一方、学園生活部の顧問を務めるめぐねえは、「あの日」のことを思い出していた。いつも通りの毎日が当たり前じゃないと気付かされた、「あの日」のことを。

4. えんそく
まだみーくんと出会う前の、ある日のこと。朝からご機嫌なゆきは、前の日の夜、とっておきのアイデアを思いついていた。そのアイデアとは、学校の外へ「遠足」に出かけること! 「学校行事なら外に出たことにはならない」と主張するゆきに押し切られる形で、くるみとりーさんも遠足に同行することになってしまう。目的地は、郊外にあるショッピングモール。入念に計画を立て、めぐねえの車を借りて、学校の門を出ようとするが…。

5. であい
「遠足」に出かけたゆきたち。彼女たちが向かったのは、郊外にあるショッピングモール、リバーシティ・トロン。そこで地下の食料品売り場に下りたくるみは、一匹の犬と出会う。それは、のちに「学園生活部」のマスコットとなる太郎丸だった。さらに太郎丸と一緒に探索を進める彼女たちは、モールの5階でひとりの少女と出会う。その少女とはほかでもない、このモールで籠城生活を続けていたみーくんだった。

6. ようこそ
「学園生活部」に新しい仲間がやってきた! ショッピングモールでひとり、籠城生活をしていたみーくんが合流し、さらには柴犬の太郎丸も仲間に加わった「学園生活部」。ゆきはめぐねえとともに、みーくんに学校のなかを案内することにする。ようやく日常に戻ることができたのかもしれないと思い、胸をホッと撫でおろすみーくん…。そしてゆきは、新しくできた「後輩」のみーくんを加えた4人で「体育祭」をやろうと提案するのだった。

7. おてがみ
「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にはあらず…」。古典が苦手なゆきは、今日もひとりで授業の居残り。そんなゆきにみーくんは、勉強のお手伝いを申し出る。『方丈記』の一文を読みながら、古典が「昔の人から送られた手紙だ!」と気付いたゆきは、興奮を隠せなかった。そんなある日、部室を整理中に一同は、レターセットを発見。ゆきの発案で学園生活部の4人は、学校の外にいるかもしれない誰かに向けて「手紙」を書くことにするのだった。

8. しょうらい
太郎丸が緑色の藻にまみれて帰ってきた! なんと太郎丸は、屋上にある池で泳ぎまわっていたらしい。太郎丸をシャワーで洗うついでに、洗濯を済ませてしまうことにするゆきたち。晴れ上がった屋上で肩を並べ、風に揺れる洗濯物を眺めながら、4人は学校を「卒業」した後の、自分たちの将来について語り合う…。そしてその夜、寝付けないみーくんが部室を訪れると、そこにはりーさんの姿が。彼女の手には、めぐねえが残していった鍵が握られていた。

9. きゅうじつ
「みんな、お掃除しよう!」。部室に飛び込んできたゆきが、手にしていたのはデッキブラシ。彼女の発案で、4人は屋上の池を掃除することになる。貯水槽の魚たちを網ですくい上げた後、泥だらけの底をブラシでゴシゴシ。そうしてキレイになった池のなかで、ゆきたちは水遊び! ビーチボールに水鉄砲、そして水風船にフリスビー…。4人は時間を忘れて思いっきりはしゃぐのだった。

10. あめのひ
外は雨。いつものように部室に顔を揃えた4人だが、そこには太郎丸の姿がなかった。食事にも戻ってこない太郎丸を心配して、校内を探索することになるくるみとゆき、そしてみーくん。太郎丸が残した足あとを追っていったくるみは、バリケードを乗り越え、学校の1階へと足を踏み入れるのであった。

11. きずあと
突然の豪雨を避けるように《かれら》が殺到すると同時に、停電で真っ暗になってしまった校舎。学園生活部が拠点にしていた3階にも、ついに《かれら》の群れが押し寄せ始める。《かれら》に噛まれ、意識を失ったくるみを前に、りーさんは来るべきときを覚悟する。一方、地下の避難区画に薬を取りにいこうとしたみーくんだったが、太郎丸が《かれら》と化してしまった事実にそれまで張りつめていた気持ちが折れ、思わず座り込んでしまう。ゆきはそんな彼女を引きずるようにして、なんとか部室へと逃げ込むのだが…。

12. そつぎょう
押し寄せる《かれら》の群れに、絶体絶命のピンチに陥る学園生活部のメンバーたち。教室に籠城するみーくんは、親友の圭を思い浮かべ、一方、衰弱するくるみを前にしたりーさんは、手にした包丁を強く握りしめる…。その頃、ゆきはめぐねえの幻に背中を押されるように、放送室を目指していた。《かれら》の群れを振り切り、ついに放送室へとたどり着くゆき。マイクのスイッチを入れたゆきが語りかけた言葉は…。

投稿 : 2020/06/05
閲覧 : 62
サンキュー:

12

ネタバレ

茎ワカメ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

(良い意味で)騙された

OPで騙された作品第1位!いやー面白い!最高!OPにも様々なギミック(?)があって、こだわりが凄すぎる!

投稿 : 2020/05/31
閲覧 : 41
サンキュー:

2

ネタバレ

Edis さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

かなりの良作

大好きな作品のうちの一つ。原作全巻既読済み。
よくある1話で衝撃展開モノで、きらら系にしては珍しいホラー作品です。ホラーが好きな人にとっては物足りなく感じるかもしれないですが、先行きの見えないストーリー性やきららのほのぼのがうまく構成されていてかなり出来がよかったように感じました。そして何といっても演出が素晴らしく、例の1話のシーンや{netabare}めぐねえの正体がわかるシーン{/netabare}はゾッとさせられました。

投稿 : 2020/05/25
閲覧 : 54
サンキュー:

4

ネタバレ

ライロキ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

よくある学園文科系部活の物語かと思えば。

最初は学園文科系部活の物語風に始まったのに
1話からいきなり衝撃展開で面白く一気に観ました。
部員の天真爛漫さと現状とのギャップもよかったですね。

1話から衝撃展開で状況がわかったので、
その後はそれぞれのキャラのこの状況下に置かれる
回想とかアクシデントに対応していく展開なのだろうと
思いながら見ていましたが、ただ単にそれだけではなく
普通に学園生活を楽しむ展開があったり、間に衝撃的な
事実が判明したり(先生があんなことになっていたとは。)
笑いあり、涙ありで飽きることなく観れました。
最終回も感動でした。

続きがありそうな終わりかただったので、2期があれば
観てみたいです。

OPが展開にあわせて変わっていくところもよかったです。
(ホワイトボードの先生の顔が途中から消されていたり等)

投稿 : 2020/05/11
閲覧 : 72
サンキュー:

19

ネタバレ

scandalsho さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

何度も見返してしまう作品

この作品の全ては第1話にあると言っても過言ではないほどインパクトのある第1話でした。

引きずり込まれるように第2話を視聴。この作品の“方程式”が理解できたところで再度第1話を視聴。

「なるほど、上手く作られているなぁ・・・」
なんて思いながら再度第2話を視聴。

「んっ?方程式に従うと{netabare}今、生き残っているのは何人・・・?{/netabare}」
みたいな感じで、思わず何度も見返してしまった作品でした。

OPの背景がストーリーの展開に従って変わっていくなど、手が込んでいます。
行ったり来たりしながら、この作品を楽しんで戴ければ・・・。

投稿 : 2020/05/03
閲覧 : 546
サンキュー:

59

老倉育 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 5.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

これはすごい

学校が大好きで学校で生活する学園生活部のみんなの日常です。
すごく面白かった。いい意味で、文字通りで、裏切られた。
opの中毒性と可愛さ半端ない。話が進むにつれて絵が変化する可愛らしいopに注目!!
そしてなんかもうみんな尊すぎて涙が溢れてくる。

投稿 : 2020/04/21
閲覧 : 64
サンキュー:

3

うぐいす さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ホラー系きらら

学校で住んでる理由が少しずつ分かっていく物語。
出だし主人公が少しイラついて二度ほど断念していたがようやく視聴。
どういう話か想定がつけば最後まで観ることが出来る。
それでも全体的にネガティブ感はある。
それぞれのキャラの想いとかギリギリのところでの判断とか友情とか、きららにしては随分真面目で和みとかじゃない。

投稿 : 2020/03/22
閲覧 : 80
サンキュー:

1

ネタバレ

とむ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

良い作品

原作は読んでません。
本放送も未視聴。ただ当時結構ネットで話題になってたのでタイトルだけは知ってた。で、'20・2~3月にかけてレンタルで視聴。

正直最初は何年か前に評判になってたので『とりあえず視とくか。つまらんかったら2~3話で切ったらええし』と思ってけど、面白くてレンタル期間中に何度も繰り返し視ました。

最初から引き込まれたけど、10~12話は特に良かったと思う。地下でのくるみ・みーくんとめぐねぇ・太郎丸とのやりとりや、ゆきの放送室の台詞、屋上で太郎丸を(それと同時にゆきがめぐねぇを)送るシーン、卒業式とかちょっとうるっときました。

アニメ最終回は原作ではターニングポイントに当たるとの事やけど上手く綺麗に纏まってたと思う。

そして何と言うかこういう鬱展開(とは言ってもがっこうぐらしはある意味ハッピーエンド的ではあるけど)やらせると上手いなぁと思いました。

投稿 : 2020/03/21
閲覧 : 50
サンキュー:

2

ネタバレ

チィ千 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

op詐欺の代表

良い点
・世界観が気になる内容
・キャラクターたちが愛くるしく、そしてたくましく見えてくる
・シリアスパートと日常パートのテンポがいい
・ゴア描写や暴力表現は薄いので耐性がない人見れる内容
悪い点
・キャラクターの一人が育児退行して見るのが辛く感じる
・原作派とアニメ派で別れる(好みによる)
・スリルを味わいたい人には物足りなさがある
・opと本編のギャップに戸惑う、特に第一話
・見返すには躊躇する(あるキャラが死んでしまう)
ちなみに私は原作も読破してるので、物語の続きが気になる人は原作もオススメします。

投稿 : 2020/03/17
閲覧 : 60
サンキュー:

3

ネタバレ

おでん さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

面白い… だけど中途半端…

原作読んできたので再評価…
確かにアニメは面白かった。当時は衝撃的だった。だが足りない…
原作をいくつか改変しているシーンがあったが中途半端…
結末自体は原作どおりいってくれたのですがなんかどうしても惜しい…
原作を改変することを批判しているわけではないがそれをするなら結末をも変えるほどの大幅改変をしてくれた方がまだ良かったかもしれないということだ(とかいってそれを「酷い改変だ!けしからん!」等のことをゆう人が現れそうなのであんまり強くはいえないが)



ちなみにアニメ自体の評価は高いです
初見で見た時には1話で驚き、3話で驚き…と、とにかく衝撃展開でした
なのですがゾンビものとしての衝撃は普通程度… それこそ結末で全滅とかあった場合にはしばらくはいい意味でトラウマものになっていましたがなんとも中途半端な終わり方
その後原作で続きを読んでもそこまで盛り上がらなかったのでより悔やまれる…
つまり未完が産んだ悲劇である

総評すると、中盤までは完璧と言っていいほど構成がしっかりしていて非常に驚かされたが、ゾンビものとしては中途半端…そして萌え系としても「それならごちうさ見るわ〜」となってしまうなんとも中途半端な作品である だがなかなか楽しめた作品ではあった

投稿 : 2020/02/09
閲覧 : 183
サンキュー:

3

ネタバレ

たかし さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ここには夢がちゃんとある

日常系に見せかけたホラー系、と見せかけて人の成長や優しさを描いた青春アニメ
絶望的な状況の中で、それでも楽しいことを見つけて明るく生きていこうとする姿に心を打たれた

投稿 : 2020/02/04
閲覧 : 216
サンキュー:

4

ハウトゥーバトル さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 2.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

いや、思わないじゃん?

視聴理由 特になし

序盤 え?

中盤 …

終盤 ぁぁ

この話は学校で暮らす女子高生たちの話
ジャンルは日常・ゾンビ・女子高生
はい。日常と見せかけてゾンビものです。いやぁビックリした
いや、思わないじゃん?急にゾンビが出てくるなんて。しかし、ホラーアニメという感じではありませんでした。ごく普通に溶け込んではないかな。まぁそこまで主体という訳ではありません。なんか表現しにくいですが、そんな感じです
内容は正直面白くはないです。日常アニメの最大特徴である「ほのぼの」なんてゾンビが出てくる時点であるわけないですよね。かといってゾンビアニメの十八番であるドキドキ感や高揚感などは日常要素に消され…
つまり何もかもが中途半端なのです。それに加えキャラの無能さですよ。ゾンビという非日常的な要素を持っているのにも関わらず、日常要素を主体としているため、シリアスSCENEに入った時ただの無能と化します。これは平和ボケしてる今の時代を匂わせるような(まぁ現在世界で戦争してる自体オカシイことだとは思うのですが)感じでした。
しかし、この作品の上手い所は視聴者に驚きを持たせているところです。(言ってしまえばそれしかないのですが)「!?」という連続で私はこの作品を一周した後もう一周しました。記憶力の良い人やじっくり視聴してる方にとってみればあまり関係がないでしょうけど。

監督は安藤正臣さん。監督は二回目だそうです。
シリーズ構成は海法紀光さん。この方もシリーズ構成は二回目だそうです。
キャラデザは飯塚晴子さん。「たまゆら」や「変猫」のキャラデザを担当していた方ですね
劇伴は柏森進さん。
制作はLercheさん。ハマトラや暗殺教室一期の制作をしたところですね

作画は普通です
opはくまのきよみさん作詞、藤本貴則さん作曲、佐々木裕さん編曲、学園生活部四人歌唱の「ふ・れ・ん・ど・し・た・い」
ed1はヨルムンガンド二期を歌唱した黒崎真音さん作詞歌唱、黒須克彦さん作曲、長田直之さん編曲の「ハーモナイズ・クローバー」
ed2も黒崎真音さん作詞歌唱、fu_moudさん作編曲の「アフターグロウ」
op良曲ですね
声優さんは良く、心情を理解できる演技でした

総合評価 オススメはしない

投稿 : 2020/01/10
閲覧 : 180
サンキュー:

17

ネタバレ

みぎむけみぎ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

本当に想像以上

神アニメ。あまり多くは語れないけどできるだけ事前情報を調べずに見てほしい。この系統のアニメをあまり見ない人にも、むしろそういう人にこそおすすめしたい。
{netabare}
一気見した感想を。
op詐欺アニメっていう事前情報を知っていたこともあり、みてみたいなとずっと思っていたわけだけど、まず1話の急展開。想像以上に重くて暗い設定だった。この時点で神作の予感がしたし、同時に事前情報ゼロで見たかったなあと痛感。
あとはめぐねえが実はすでに死んでたことが分かるシーン。正直美紀のめぐねえに対する会話のぎこちなさから一瞬この可能性は考えたけどシーンの映し方が上手くてそれでも衝撃を受けた。BGMの演出が最高に好き。ここでさらに一気に引き込まれた。
そしてクライマックス。くるみがかまれた場面からもう心臓が痛くなりながら視聴してしまった。絶対に助かってほしいけど、無情にも助からない結末でもそれはそれでストーリーとしてはいい展開だになるだろうなという自分の中での葛藤もあった。本当にバッドエンド一直線な絶望的状況の中ゆきが記憶を思い出して皆を救うのは王道ながら、そこまでの話の積み重ねと展開もあって本当に胸熱。最終話はほんと久しぶりに泣いた。
ゾンビものとして一級のストーリーでありながらかわいらしい日常要素がちゃんとあって、同時にその日常要素がより緊張感を引き立てていて、本当によくできてる。
色々と謎や伏線が残されたままだからとりあえず漫画で続きを読みたいかな。続きがどうなってるか知らんから何とも言えないけど可能ならアニメで2期もやってほしい。
{/netabare}

投稿 : 2019/12/08
閲覧 : 88
サンキュー:

3

ぎゃん (・ワ・) さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

いい意味タイトル詐欺(笑)

平仮名タイトル、まんがタイムきらら系、四人の女の子・・・
いつもの日常ほのぼのか、まぁとりあえず視聴してみよう。
・・・から入りました・

まさか1話目で衝撃のラストが来るとは・・・
しかも演出の仕方が神www

事前情報なく見れたのは幸運でした。
あの衝撃はまど☆マギの3話のマミさんクラスですwww

まだ原作続いてるし、2期ないのかな~・・・

投稿 : 2019/11/29
閲覧 : 145
サンキュー:

8

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

きらら?きらー?ほらー?

あらすじはあにこれのを見てね☆

絵はふつうにきれい☆
キャラデザはかわいい^^

おはなしは
ほのぼの学園ギャグみたい^^
でも。。

これからどうなるか分らないから
日常系がにがてでも1話のさいごまで見てみてね☆


1話目
{netabare}
ふつうのほのぼの学園ギャグ。。だって思っちゃうよね^^

でも
さいごが何?これ?
ゾンビアニメだったの?
よく分らなくってみんなのレビュー読んだら
やっぱりそうみたい。。

じゃあ
あのほのぼのってみんなユキの妄想だったんだ。。
そう言えば
畑に十字架が立っててちょっと「あれっ?」って。。


来週は「おもいで」
どうしてこうなっちゃったの?とか分るのかな?
{/netabare}

2話目
{netabare}
おもいでってみんなのじゃなくって胡桃のだった。。
好きな先輩がゾンビになって。。
うううう。。って聞いてるだけで逃げたくなっちゃった。。

死体ってなんだかこわい。。
中学のときおじいちゃんのお葬式があって

やさしいおじいちゃんで
ママは手をにぎったりしてたけど
にゃんはこわくってさわれなかった。。

好きだった人が死んだらお化けになっちゃって
シャベルで。。
そんな世界でも生きてないといけないのかな?


どうして武器になるもの持ってるのって胡桃だけなんだろう?
ほかの人はおそわれたら逃げるだけ?
にゃんは生きてたらきっとそうだと思う。。

でも
ほかの人を助けるのに
胡桃だけしかゾンビを殺さないなんて
何だかとってもかわいそうみたい。。


それから
きも試しだけじゃないけどユキが小学生みたくって
見てるだけでドキドキしてつかれちゃうね。。
小さな声でって言ってるのに大声出したり
きゅうにどっかに行っちゃったり。。

だけどこんな仲間でも
いなくなっちゃったらさびしいから
みんな一生けんめい助けてくれたのかも。。


あと
にゃんは気がつかなかったけど
ほかの人のレビュー読んでたら

メグねえのこと書いてあって
えっ?って思って見直したけどはっきり分らなくって
何となくそうかなぁ。。って
みんなから無視されたりしてるし。。

でも
OPの前のアバンで
みんなが寝てて胡桃1人目がさめたところに
4人しかいなくって
やっぱりメグねぇっていない人みたい。。

これからどうなっちゃうのかな?
助けは来るのかな?
食べ物だっていつかなくなるんじゃない
心配。。
{/netabare}

3話目
{netabare}
今週は
メグねぇの思いでのおはなしかな?

事件が始まったときのおはなしで
屋上にメグねぇ、ユキと園芸部のりーさんがいるとき
人がおそわれる事件が起きてることに気づいて
そこにくるみと片思いの先輩が逃げてきて。。

₪◈₪◈₪◈₪◈₪◈₪◈₪◈₪◈₪◈₪◈₪◈₪◈₪◈₪◈₪◈₪◈₪◈₪◈₪◈₪◈₪◈₪◈₪◈₪◈₪◈₪◈₪◈₪◈₪◈₪◈

先週
メグねぇがもう死んじゃってるって気がついたから
そう思って見てたら
やっぱり!って思う場面がいっぱいあった。。

おはなしが始ったとき
メグねぇが1人で「これはたぶん遺書だ。。」って言ってたから
もしかしたら
先生もゾンビにかまれちゃって
くるみの片思いの先輩みたくゾンビになりかけてたのかも。。

ゾンビのこと分って見てるから
楽しい学校ぐらしがとっても悲しいね。。
見てるとチクチク。。
ゾンビにおそわれそうな時はドキドキして。。

メグねぇのこと
いつ分るのかな?ってゆうのも
気になるね☆
{/netabare}

4話目
{netabare}
今週は学園生活部とみーくんが会う前のおはなしみたい

前半は

みーくんとお友だちのけいが
ショッピングモールに行ってる時にゾンビ事件が起きて
2人でどこかの部屋に避難してしばらく暮らしてたけど
けいはじっとしてられなかったみたい
ある日1人で出て行っちゃった。。

後半は
学園生活部の3人が
ユキの思いつきで遠足に出かけることにしたの。。

☠~†~☠~†~☠~†~☠~†~☠~†~☠~†~☠~†~☠~†~☠

前半は
おなかがキリキリしちゃった。。

ゾンビが出てくるところも怖いけど
食料がなくなってから出てってもいいのに
みーくんを置いてけいが出てくところまで
ほんとに悲しかった。。

けいは勇気あるなぁ。。
外にはゾンビがいっぱいいるの分ってて。。

でも
きっとこの部屋以上に安全なところって
そんなにないよね

どこに行っちゃったのかな?


後半は
やっぱり外に行くおはなしだったけど
こっちは生活部3人+めぐねぇ(?)だから
ちょっとドキドキしただけかな?

でも
くるみが1人でたくさんのゾンビにおそわれた時は
なみだが出そうだった。。


犬の太郎丸もいなくなっちゃって
あの後
みーくんはどうしたのかな?
{/netabare}

5話目
{netabare}
先週のつづき。。

生活部のみんなが太郎丸と会うところ
太郎丸超かわゆかった♪
かんづめの大和煮おいしいけど
ドッグフードとまちがえたのかなぁ。。w


みーくんは1人でさびしそうだった
よくガマンしてたなぁ。。
外に出てゾンビにおそわれるところは涙が出そうだった
にゃんはよく
あんな夢見るから。。

でも
みんなに会えてよかった。。

怖くっても涙は出なかったけど
みんなが助けに来てくれたところで
うれしくって涙が出ちゃった。。


それと
とちゅうでユキが何か思い出しそうになったとき
メグねぇがゾンビになってたみたい。。
やっぱりかな。。
{/netabare}

6話目
{netabare}
今日はミーくんが生活部に入部した時のおはなし

ミーくんってもともとこの学校の生徒だったんだね^^

それなのにユキがミーくんに音楽室を案内してるとき
ミーくんがメグ姉のことふつうにスルーしたり
ペットボトルを落とした音がしたり
メグ姉いないって分かる出来事がいっぱいで
分かっててもさびしかった。。

ほんとに分かって
ユキが1人ごとしてる時はもっと悲しかった。。
来週の予告も
聞いててキンキンってささるみたいだった。。

ユキはこわれちゃってて
ヘンなこととかいっぱいしちゃってるけど
何をした方がいいとかって
みんなよりちゃんと分ってるのかも^^

ミーくんを見つけたときだって
もうちょっと遅かったらミーくんも外に出てたかも。。

これで
思い出はもう終わりなのかな?
おはなしが進むのかも。。
{/netabare}

7話目
{netabare}
みんなで学校の外にいる誰かにお手紙を書くおはなし

*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚

ユキがめぐねぇが死んじゃったこと思い出すんじゃないかって
ドキドキしちゃった。。

今日のおはなしって
シュレディンガーの猫みたいなおはなしだった?

シュレディンガーの猫のおはなしって
よくアニメに出てくるからどんな猫かなって調べたことあって

半々の確率で毒ガスが出るようになってる箱の中に猫を入れて
よく分からない物理の実験すると

箱の中の猫は半分生きてて半分死んでて
誰かが箱を開けて見た時にどっちかが決まる。。って
そんなおはなし

それで
記録に残ったことが
ほんとにあったことになるとかってゆうのもあったみたい?


ユキが見てる世界とみんなが見てる世界
ちがうけど
みんながユキの見てる世界をいっしょに見れたら
きっとユキの周りはゾンビがいない世界になったりして。。
(とある禁書のパーソナルリアリティってそんな感じ?)

めぐねぇが
「人の記憶なんてあいまいなものよ。。
だから ほかの人と話したり 日記を書いたり
そういうことで 記憶がたしかな思い出になると思うの」って

ユキが見たこととかをみんなに話したり
日記に書いたりしたら
みんなもユキの見てる世界
いっしょに思い出せるようになるのかな☆


風船の手紙に書いた
「わたしたちは元気です。」に
生活部の4人とめぐねぇもいた^^

この手紙読んだ誰かの記憶に
めぐねぇも元気ってゆう思い出がふえるのかも☆
そしたらめぐねぇが生きてるのは
ユキの頭の中だけじゃなくなるね^^
{/netabare}

8話目
{netabare}
今週は気もち悪い音楽から始まって
めぐ姉が悲しい目にあったみたいでドキドキしちゃった
でも
ほんとは巡ヶ丘学院高校のヒミツのおはなしだったね


前からこの学校って
ソーラー発電とかあったりずっと断水したりとかしなくって
「都合よすぎ」みたくレビューで書いてた人もいて
にゃんは
おはなしだからってあんまり気にならなかったけど
ちゃんと理由があったみたい。。


生物兵器とか感染とかって
人間をゾンビ兵器にする研究してたのかも?
それでこの学校で避難できるようにしてあったみたい


ただの
かわいい女子の日常のおはなしにゾンビがいるだけじゃなくって
SFにもなってるのかな?
これからどうなるんだろう?
{/netabare}

9話目
{netabare}
先週のおはなしで学校のヒミツがちょっと分かって
今回はまだ行ったことない地下2階があるって。。
でも
それは後回しで今日は休日、水着回w

貯水槽が汚れてるからおそうじ。。ってゆうか遊びメインかもw
25メートルプールくらいの広さだけどそんなに深くないんだ。。

リーさんとくるみが水でっぽうでガンバトルまではじめちゃって
リーさんって中二病みたいw

みーくんが
なかなかなついてくれなかった太郎丸と仲良くなれたし良かった♪
でも
ショッピングセンターで帰ってこなかったお友だちのこと
思い出しちゃったね。。

たよりにならない先輩だけど
ユキはみーくんの思いを聞いてあげて
わたしたちが学校で楽しんだら。。ってアドバイス

いつ
助けが来るか分からないし
楽しくなかったら希望がなくなっちゃうよね。。

ユキはそんなこと考えてないけど
だから
いつも明るくしてられて
みんなもそんなユキのこと見て暗くならなくってすむのかも^^


みんなが眠っちゃった頃
太郎丸が抜けだして。。
会ったのはめぐねぇのゾンビ?
大丈夫かなぁ。。
{/netabare}

10話目
{netabare}
今週ははじめからバッドフラグ立ちっぱなしで
見てるの苦しかったぁ。。><


はじめは太郎丸。。
出てきたとき暗くって顔がよく見えなかったから
もしかして。。って思ったけど
やっぱり!

大好きだった先輩がゾンビになっちゃったとき
シャベルで首を落としたくるみだったけど
太郎丸は殺せなかったね。。

自分だけじゃなく
みんながかわいがってた太郎丸だから
そんな気もちが強かったのかな。。


次はめぐねぇ。。
こんどは分かってたけど。。やっぱり

くるみが向かっていったとき
にゃんは(できるの?)って思ったけど
やっぱりダメでかまれちゃった。。


それでこんどはくるみの番?
苦しんで手錠につながれてるくるみは
見てるのがつらい。。


雨でゾンビがいっぱい学校に入りこんでる

みーくんは1人で行こうとしてる

ユキは気がつきかけてる

ゾンビたちがバリケードをこわした!?


見おわったら
にゃんは体がカチカチになってた。。

来週
どうなっちゃうのかな?
{/netabare}

11話目
{netabare}
今日はこわかった。。
ってゆうか次々悪いことが起きて
見ながらずっとドキドキしちゃった。。


ゾンビになりかけて苦しんでるくるみと
そばにいるリーさん

誰かが苦しがってるのって
見てるだけでにゃんも苦しくなってきちゃう
でも
それだけじゃなくって約束だからってナイフで。。
そんなことできないよ
できなくってフツウだよ。。


みーくんは1人で薬を取りに行っちゃった

スコップでゾンビの首をねらったけどやっぱりうまくいかない。。
こんなので地下まで大丈夫か心配だった。。

ゾンビたちはバリケードこわして
いっぱい入って来てたし
屋上に雷落ちて電気とか止まっちゃったし
これからどうなるの?


それからユキが覚醒?
どこまでほんとの世界が分かるか分からないけど
ゾンビのことは思い出したのかな?
放送室に行こうってしてるみたい

音を出せばゾンビたちはそっちに行っちゃうから
ミーくんも助かるかな?
でも
電気ってこわれちゃったんじゃないのかな?


こわいのと
どうなるか分からないのとで
見ててすごい苦しかった。。
{/netabare}

12話目
{netabare}
いい最終回だったね^^

くるみが起きたところは思わず泣いちゃった。。

太郎丸も治ったのに死んじゃった
どうして。。?

太郎丸のさいごの言葉
犬だから話しなんかできないけど
犬だって言いたい事あったよね
ユキが分かってあげられてよかった。。泣いちゃった


卒業はほかのおはなしでも悲しいけど
「がっこうぐらし!」はちょっとちがったみたい
たぶんみんな進路がいっしょだから^^
そんなに悲しくなかった。。


この学校と別れて
こんどはどこに行くのかな?

今まではみんないい人ばっかりだったけど
これから行くところにいる人たちは
みんなを歓迎してくれるかなぁ?

卒業旅行は楽しそうだけど先がちょっと心配。。
みんなが離ればなれにならなかったらいいけど。。☆
{/netabare}


見おわって

ときどき大事件が起きちゃうほのぼの日常アニメ(って変だけど)

ほのぼのコメディだけど
ビックリすること、悲しいこと、うれしいこと、怖いこと、感動
いろいろあっていいおはなしだったった☆

投稿 : 2019/10/26
閲覧 : 1075
サンキュー:

153

ネタバレ

ウェスタンガール さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

なんじゃコリャ?そしてここに、最大級のビスケットを捧ぐ

“苺ましまろ”が終わるので、何か可愛いのを探していたのです。
そう、偶然見つけたのです。
何だか変だなとは思っていたのです。
一瞬ガラスが割れていたり、花壇に十字架が刺さっていたり。
もしかして“優しい”怪談ものかな?
なんて思っていたのです。
どうも勘違いしていたようです。
『きらら』って、こんなのもあるとは知りませんでした。

(視聴終了しました)
先ずは原作者と脚本に、最大級の“ビスケット”を捧げます。
同種の設定を使った数ある作品の中にあって、出色の出来であると言いたい。
一つ一つのエピソードに使われている道具立てを、すべて学校生活のそれにリンクさすセンスの良さ。
それ故に、きららキャラとの合体は必然であったし、製作者の狙いどうりでしょう。
とは言え、これはオキテ破りだよ。
もう泣くしかないでしょう。

何はともあれ、卒業おめでとう!

(個人的な忘備録)
太郎丸 鳴声の人は加藤英美里さん まどマギのきゅうべい、らき☆すたの柊かがみ、そして八九寺真宵!

投稿 : 2019/10/07
閲覧 : 166
サンキュー:

6

ネタバレ

tomledoru さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

日常の延長生活

ゾンビ(作中では「彼ら」)が出てくるなんて,レンタルビデオやビデオ配信で,何も情報がないまま観ちゃったりすると,おやおや何か変だぞという心境になります。

学園生活部と称して学校で,寝泊まりして生活する「日常」系のアニメだよと言っても,信じてもらえるくらいです。

登場人物,由紀,胡桃,悠里,美紀は,普段と何ら変わらない生活をしようと心がけるのですが・・・テンポとしてはとてもスローな話の展開です。

実態は,社会や世の中がほとんどゾンビ化した世界に対して,廊下などにバリケードを組んだ学校に閉じ込められているという窮屈さがだんだんと表現されてきます。

慈先生が襲われ,愛犬太郎丸もゾンビ化し,かつて人間だった「彼ら」と対峙せざる負えないときにのみスコップやモップで戦うという姿勢はどこか「静けさ」を感じさせます。

それは戦うことが中心に描かれているのではなく,生活と心情描写が中心になるからです。

生活物資を求めてショッピングモールー行ったり,由紀のように,トラウマで幼児のようになったり,最後車で脱出を図ったりするのですが,原作を読んでいないと,この先,ゾンビ,オンリーの世界でどう生活するんだろうと,見ているこちらが心配になります。

謎解きはあるのですが,ゾンビの出現は本当に,「いつから,どこから,どうして」???という不可解な感じが残ります。

投稿 : 2019/10/05
閲覧 : 61
サンキュー:

3

ネタバレ

よろず さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ほのぼのとした学園ものアニメ

キャラデザもOPもふわふわしたアニメ。そして学園もの。このアニメは癒しアニメだ。
学校で生活をする。その中で同級生と楽しいお勉強をする!
{netabare} というのは前半パートのみ。ゆるふあ学園ものと見せかけて実はゾンビサバイバルホラーなのだ。前半パートもよくよく見ればレトルトをたべていたり、傷ついた壁などが出てきておりこの作品のキャッチコピーである、
「私たちはここにいます」は自己主張ではなく救助を求めている意味なのだ。さらに話が進むほど音は明るいのに雰囲気が暗くなっていくOP。なんとか気を持とうと明るくふるまうシーンからシリアスへの落差。この落差が激しいからこそこのアニメはいろんな意味で面白いわけである。

このアニメは個人的な点数では89点くらい。
ちなみに伝説のキャベツが登場したのは映画版 {/netabare}

投稿 : 2019/10/02
閲覧 : 113
サンキュー:

2

やまじい。 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ハマる〜

逆境の中にいながらも、楽しい学校生活を送ろうとする女の子達の話です。
トラウマ系はあまりないと思います。癒されます。(特に由紀に)

OPいいですね、頭から離れません。
原作漫画も結構進んでいるので、そろそろ2期を期待〜!
※実写映画もまとまっていて良かったですよ。

投稿 : 2019/08/15
閲覧 : 104
サンキュー:

2

ネタバレ

ワドルディ隊員 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.6
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 2.5 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

日常系アニメとして見るならかなり異質だが、ゾンビ作品として見るなら微妙

このアニメは、海法紀光氏の漫画を原作とした作品である。
このアニメよりも後に原作を知ったため、原作に関しての
コメントはできない。

私は、日常系アニメが大の苦手だ。話の内容に手ごたえを
感じられないという部分もあるが、一番の理由は日常系
アニメ特有の演出だ。露骨であざといと感じてしまうのだ。
それを大好物とする視聴者がいるのは理解できるのだが、私は
かなり興醒めしてしまう。日常系アニメに関しては、無心
あるいは真顔で見てしまう癖がついてしまった。

がっこうぐらしに関する情報収集をしていた時に、この作品は
ゾンビホラーアニメだということが判明し、少しずつではあるが
気になっていた。(私が知っているのは洋画ではあるが)
ゾンビ作品は、(きちんを見極めれば)面白いものが多いし
、スプラッターコメディ要素を取り入れやすいジャンル
だというのも知っていた。
他の日常系アニメでは、確実に途中断念する可能性が高いのと
日常系アニメを克服したいという思いもあり、
意を決して視聴した。

全体を通した感想としては、良い所は良いが、悪い所はとことん
悪いなという印象を受けたアニメだった。
意外性を持たせるために、日常系とゾンビ系を組み合わせたの
だろうが、得策ではなかったと言える。
見終わってから、直ぐに見直そうという気持ちは
私には沸いてこなかった。まずは良かったところから。

伏線はきちんと張られていた。伏線回収も丁寧である。
(勘がいい人ならすぐ気づきそうではあるが)また、OPを
見るだけで、前回までのあらすじをある程度把握できる
ようになっているのは高評価。比較しながら見ると、
どのような展開になったのか直ぐに分かるのではないだろうか。
10話の回は、緊張感があり中々見ごたえのある作りに
仕上がっていた。
個人的には10話の様な臨場感を全12話に
張り巡らさせてほしかったのだが…。まあ、仕方なかろう。
そんなことをすると、日常系要素が消失しちゃうからね☆

やはり、日常系とゾンビ系を組み合わせたことで、
かなりテンポが悪くなった。その上、変に両方の要素を
無理やり取り込もうとするので、ストレスを感じた。

原作の方は分からないが、ゾンビになぜか異様なまでに
黒い影がついてきている。まるで、ダークサイドに
堕ちたジェダイの様だ。恐怖を際立たせるための演出
なのだろうが、普通にゾンビの顔を見せるほうが怖いと思う。
私には、恐怖ではなく、作画の負担を減らすための
配慮だという風に見える。

1話の終盤は確かに衝撃的だったのだが、あの落ちが
なければ、確実にギブアップする人が続出しても
不思議ではないと思った。また、一部のシーンはご都合主義だと
思われる部分も見受けられた。避雷針とか。それにしても、学校
の設備が余りにも充実しすぎだろ。只、これに関しては、
きちんと説明があったのでまだ納得できるが。

12話におけるゾンビの撃退方法は、かなり違和感を感じた。
ゾンビたちが余りにもちょろすぎてコントを見ているかの
ような錯覚に陥った。製作スタッフの操り人形か何かかな?
行うにしろ、この撃退方法をもっと早くに思いつかなかった
のかがかなり気になるところだ。

一番苦痛だったのは、1話と9話。1話は露骨であざとい
日常系演出が非常に多く、終盤になるまでは無心かつ
真顔な姿勢で望んでいた。むしろ最後まで見ようとした
自分をほめたくなった。

9話は唐突な水着回。これも日常系にはかなり多い演出だ。
緊張感がまるでない。その前にはマニュアルを手にする
場面があったのに、華麗なまでにぶち壊してくれた
製作スタッフに、敬意を表したくなる気分だ。ここは、
製作スタッフの欲望を叶えるために用意された尺稼ぎ回
だと解釈した。

1話の時もそうだが、15分以上も無駄に尺を使ってどうする?
そこを5分ほどに短縮して、サバイバル感をもう少し増やせば、
かなり見ごたえのある作品に仕上がったのに…。まあ、
今更こんなことを呟いても仕方ないが。

だが、使い道はある。要はブレイクタイムの一種
として捉えればよいのだ。そう考えれば様々なことに
活用できそうだ。素直に、製作スタッフの欲望に応えるのも
良し、家事をこなすための時間に使うのも良し、簡単な
宿題の時間に費やすのも良し。いっその事トイレ休憩にする
のはどうだろうか。おおっ、これなら変にだれずに物語を
楽しめるぞー。

個人的には、がっこうぐらしのようなタイプのゾンビ作品よりは
ゾンビ(1978)や28日後…などといった硬派系ゾンビ作品や
死霊のはらわた、ブレインデッド、ショーンオブザデッド
、バタリアンなどといった
スプラッターコメディ満載なゾンビ作品を好むのだなと
改めて認識した。
普通の日常系アニメに飽き飽きしていた方なら、かなり
ハマる作品ではないかと思われる。私は強く勧めない。

投稿 : 2019/08/11
閲覧 : 271
サンキュー:

16

鈴木 千裕 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

きらら系作品では異色で、シリアスホラーアニメ。

レンタルビデオ店でDVD第1巻を借り視聴。素直に感想を述べるとしたら、神作品になりそうな予感。私は原作から入った形だが、みーくんのキャラに大幅なキャラ改変が感じられ、原作のトゲトゲしく毒舌家な性格からは想像できないほど、柔和で優しいキャラになった。めぐねえが、ごちうさ。のモカに見えた。
最後に一言、くるみちゃんがリゼちゃんときんモザのあややを足して二で割った様なキャラに思えたのは私だけじゃない筈。オープニングテーマはヤバい!マジ神曲。

投稿 : 2019/07/31
閲覧 : 167
サンキュー:

7

ネタバレ

taijyu さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

1話は秀逸で、前情報0で見たい。総じて作画も良く面白かった。

1話感想:
絵が非常に可愛いですね。さすが飯塚晴子さん。

ハナヤマタのCMで概要だけは聞いてしまっていたので、非常に楽しみにしていたのだけど、それでも騙されました。これから惨劇が始まるのかと思っていたら、まさか既に主人公が狂っていたとは…。何で生徒会室を部室にしているのかとか、授業中だというのにお構いなしのみーくんなど、おかしな描写が全部前振りだったとは。ガラスが割れているように見えるのは直接的でしたが。良い演出でしたね。
情報全く0で見たらさらに面白かったかも。
前半の平和部分が長くて退屈に思えましたのも確かでしたが、振り返ってみれば良い1話だったかと。これからも楽しみです。

全話感想:
面白い良作でした。
一話が特に素晴らしかったけど、全体的には演出が秀逸で良かった。
最後まで絵は安定して可愛らしかった。

ただ中盤は中だるみしていたのは否定出来ない。原作にあったらしいギスギス、殺伐要素を全部カットしてほんわか要素だけを残していたからかな。正直退屈でした。

しかし終盤は一気に緊迫して何とか持ち直した感じ。最後は感動的でした。
もう少し何とかすれば傑作にも成り得ただけに惜しい。

投稿 : 2019/04/27
閲覧 : 110
サンキュー:

4

ストックトン さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

タイトルなし

キララ系のアニメでは初めて観るサスペンスホラーの作品。
ゾクっともくるけど、ジーンとする感動も沢山あって
ものすごく面白かった。
めぐねえの真実が解き明かされたときは、めっちゃ泣いてしまった。

投稿 : 2019/04/15
閲覧 : 93
サンキュー:

4

kpby2751 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

騙されてよかった

当時騙されて観た訳だが、特につまらないとは感じなかったために断念しなかった。彼女達の暮らしぶりを見たことで、人との接し方を考えるようになった。

投稿 : 2019/03/05
閲覧 : 185
サンキュー:

4

ばろん919 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8
物語 : 1.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

イライラする展開に耐えられる人は見て面白いかも

話の展開に無理というか違和感がありすぎる
見えてるものの違い 話している相手 都合の良すぎる解釈
現実と妄想? 境界線が分からない 
何で?何で? ???
狙ってるんだとすれば、好き嫌いは極端で仕方ないと思うデキ
好きな人は何も考えずに見れるタイプか
ご都合主義解釈の出来る人でしょうね
私は物語に入り込むタイプなので
物語の状況から察して仕方がないのかなぁ とは思いつつも
おかしいだろ!?って思っちゃって
主人公のキャラがイライラの対象としてしか見れませんでした
ゾンビものならHOTDの方が現実味があって良いと個人的には思います

原作は見てないので だからなのかも知れませんが・・・
原作は納得感あるのかも?

投稿 : 2019/03/05
閲覧 : 265
サンキュー:

5

ネタバレ

にゃわん さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

感動系ゾンビアニメ

特に、太郎丸の回が泣けた!
生き残った生存者で噛まれないように戦略たてたり
食料どうするかなどでショッピングモールに向かって
襲われかけたり。
ドキドキハラハラで女の子が絶叫するのがたまらない
最終的にいいラストだったので何度でも見返したくなる
部室の顧問が生徒を守って亡くなった回も泣ける

投稿 : 2019/02/28
閲覧 : 97
サンキュー:

3

プクミン さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ゾンビ物なのに暗さを感じさせない

1話の途中までは、ほのぼの学校生活みたいに勘違いする人も多かったのでは無いのでしょうか?
はい、勘違いしましたっ!!

周りの生徒は、既にゾンビになっており、なぜか学校で暮らしているという物語。
でも、絶望感も暗さも無いのは、主人公の性質のおかげでしょう。
そしてそんな主人公の事を知ってか、周りの友達?も、温かく支えてくれる、そんな優しい世界です。

ゾンビなのに優しい世界!!新しい!!
一風変わったゾンビアニメを見てみたいのなら、これはオススメ。

投稿 : 2019/02/22
閲覧 : 117
サンキュー:

9

Rottel さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

個人的に5本の指に入るアニメ!

好き嫌いは人それぞれですが、ハマる人にはトコトンハマるアニメです!
伏線張りがとても上手くできていて、2周見るのもオススメです。
1話が最も衝撃的で、それだけ見て2話以降はどんどん断念していく人も多いですが、断念せずに見るべきだと思います。個人的には、1,3,6,10~12話で衝撃を受けました。
他に類のないアニメなので一度見ることをオススメします。

投稿 : 2019/02/21
閲覧 : 125
サンキュー:

7

次の30件を表示

がっこうぐらし!のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
がっこうぐらし!のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

がっこうぐらし!のストーリー・あらすじ

学校に寝泊まりしちゃおうという学園生活部。シャベルを愛する(?)くるみ、皆をまとめるりーさん、おっとりした顧問のめぐ姉らに囲まれた丈槍ゆきの瞳に映る幸せな“日常”はしかし……!? 千葉サドル×海法紀光(ニトロプラス)の強力タッグが贈る注目作。(TVアニメ動画『がっこうぐらし!』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2015年夏アニメ
制作会社
ラルケ
主題歌
≪OP≫学園生活部『ふ・れ・ん・ど・し・た・い』≪ED≫黒崎真音『ハーモナイズ・クローバー』

声優・キャラクター

水瀬いのり、小澤亜李、M・A・O、高橋李依、茅野愛衣

スタッフ

原作:海法紀光/千葉サドル(芳文社『まんがタイムきららフォワード』連載)、 監督:安藤正臣、脚本プロデュース:ニトロプラス、シリーズ構成:海法紀光、キャラクターデザイン:飯塚晴子、脚本:海法紀光/小太刀右京/桜井光/東出祐一郎/深見真/三輪清宗/森瀬繚

このアニメの類似作品

この頃(2015年夏アニメ)の他の作品

ページの先頭へ