当サイトはアリフィエイト広告を利用しています

「いぬかみっ!(TVアニメ動画)」

総合得点
64.1
感想・評価
333
棚に入れた
2219
ランキング
3908
★★★★☆ 3.5 (333)
物語
3.5
作画
3.4
声優
3.7
音楽
3.5
キャラ
3.7

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

いぬかみっ!の感想・評価はどうでしたか?

白毛和牛 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 2.0 状態:途中で断念した

下ネタが限度を超えて

この作品は下ネタが限度を超えて個人的には視聴に耐え難く途中で断念しました。
ちなみに堀江由衣さんが歌うOP曲の「ヒカリ」は結構良い曲だったんですけどね。

【評価】

40点・C級

投稿 : 2023/01/29
閲覧 : 95
サンキュー:

1

ねるる さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 2.0 作画 : 2.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ギャグのノリについていけないが、女の子キャラは可愛い作品。

ラノベ原作。原作未読。全26話
犬神使いの主人公と美少女の犬神とのドタバタラブコメ作品。

2006年の作品なだけあってノリが古かった。主人公が女の子大好きなドスケベで、それを犬神がお仕置するみたいなテンプレが続く。平成版うる星やつらって感じ。
主人公含めやたらと変態が登場するのも特徴。露出狂、下着泥棒、亀甲縛りされてるおじさん、覗き魔などなど。特に序盤の方に出てきた犬の呪いにかかった男の人たちが出てくる回は気持ち悪すぎて無理だった。全話絵面が汚い場面が多い。

物語は基本1話完結のドタバタなコメディ。たまに物凄くシリアスな回があって、真面目に戦ったり苦しんだりするけど、主人公のキャラ性や周りの癖強キャラの力もあってあんまり泣けるような物語にはなってませんでした。

この作品を最後まで見れたのは、"なでしこ"という可愛いどストライクなキャラクターがいたから。美少女でメイド服着ててピンク髪でおっとりしてて優しくてCV名塚佳織。最高。
癒し系ななでしこちゃんが可愛くて仕方なかった。

なにかの番組で声優の福山潤さんが、毎話裸になるアニメに出てた。って言ってたけど、この作品のことだなって思いました。主人公毎話全裸になってた気がする。
ギャグとか女の子キャラの多さからして、どちらかと言うと男性向けの作品なのかなって思います。
25話の次回予告の言葉を聞いてこの作品見てよかったなと思ったので、気になる方は25話まで見てみるのもいいかもしれませんね。

投稿 : 2022/11/16
閲覧 : 154
サンキュー:

6

ネタバレ

テナ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

変態大集合

電撃文庫作品かな。
個人的に電撃文庫作品は面白いので好きな作品がおおいです。

この作品はなんだろ?
ハーレムや御色気?なんだろうけど……
例えば同じ電撃文庫作品のハーレムやお色気作品といえば「ストライク・ザ・ブラッド」でしょうか?
しかし、今作はそうした作品達とは違う御色気路線があります。

実は、この作品……確かに女の子キャラの入浴シーンや水着や下着姿も出て来ますが、1番脱ぐのは、主人公の啓太君ですw

戦いになれば真剣でカッコイイし他人を思いやる優しさも持ち合わせた素敵な男の子なんですが、彼は不本意に脱がされサービスシーンも全開ですw
例えば、死神との戦いも全裸で戦う。
セリフも決まっているし戦う姿もカッコイイのに彼の姿だけは決まらないのですw

そして、彼はホントに思い通りにいきません。
1話で服を消せる変態と戦います。
この力を聞いた啓太は女の子を全裸に出来る力だと思い変態が力を使うまで待ちます。
変態が力を使いました!

女の子が全裸に!!!なりませんでしたw
なったのは、啓太君を初め世の男性でした。
変態の力は男子を全裸にする力の持ち主。

後、啓太は女ったらしです……
だから、常に女の子のラッキースケベを狙うのですが、常に失敗に終わり、ヒロインのヨウコに全裸で留置場に送られますw

後、いぬかみにマトモな男性は殆ど居ません。
啓太の従兄弟の薫君くらいかな?まともなのは……

これだけ見たら、凄く下品な作品に見えますがギャグ路線も強くそこまで下品にも感じないレベルで見てると面白い作品かな?とは思います。

啓太は変態主人公ですが、根本的には優しいし戦う姿もカッコイイ。
だから、ヒロインのヨウコを初めカオルのいぬかみからも評価されています。
その点は、やっぱり主人公かな?
主人公ってたまに性格の狂ったのとかより、私は啓太みたいな主人公が好感は持てるかな?と思います。


ヒロインのヨウコの話も少し。
素敵な女の子だと思います。
彼女は、実は、いぬかみ、ではなく狐です。
でも、幼少期の啓太に出会い彼女は啓太の優しさに惹かれて、狐だけど、啓太と一緒にいる為に、いぬかみ、になる努力をします。

あと、ヨウコの好物はチョコレートケーキなんですが、それも幼少期の啓太が狐姿のヨウコに餌として与えたもので、きっと彼女には特別な味がしたのでしょうねw
多分、リアルの狐にケーキはNGですがw

後、彼女はホントに啓太が好きで、啓太って直ぐに女の子にちょっかい出すんです。
けど、ヨウコはそれにブチ切れながらも最後は許すんです。

私はそう言うのが許せないタイプです。
多分、好きな人がそんな啓太みたいな事したら直ぐに冷めるので、見ててホントにヨウコが啓太を好きで、それでも愛想を尽かさずに一緒にいてくれる女の子って魅力を感じます。

で、啓太はヨウコには手を出しません。
理由としては結婚して子供が出来たら人ではなく動物ならどうしよう?と言う勝手な想像でなんですが、これは酷い理由です……
ヨウコが可哀想……
ってか、カオルのいぬかみはOKでヨウコはNGなのが理不尽……啓太の妄想通りなら、カオルのいぬかみと結婚しても同じく動物では?って思うし……
そんな理由で自分の気持ちが報われないのはやっぱり寂しいかな……

結局、最後は無理やり結婚する流れになって……それからは前の様に適当にあしらったりしないで、女の子として見てたのは良かったなぁ〜w

あと、ヨウコの技、シュクチ、は便利そうw
対象物をあらゆる場所に移動出来るのは便利ですね。
ジャエンは火ですね。
キャンプの時や災害時に使えそうw
後は防犯用?w

この作品は、少し古いアニメですが、最近は主人公無双が多いですよね……
けど、いぬかみの啓太はそんなに強くはないけど最終回ではセキドウサイ相手に全員で戦う一体感が少し新鮮だったかなw

ただ、ラストが中途半端かな?
消失したままのカオルの意識や啓太とヨウコの結婚とかもなかったし原作ではありそうだけど……どうなんだろ?
原作もここまで?

電撃文庫作品って、多くの作品が完結までアニメ化してる気がします。
「禁書目録 原作の1部目完結」「とらどら!」「俺妹」「ストブラ」「デュラララ!」等など、しかし、「いぬかみ」は10年以上まえだし今しても今更感しかないけど、やっぱり悪くはない作品だから、続編もあるなら見てみたいけどアニメは絶対にないですねww

後、OPてEDは中々いいですよねw

投稿 : 2022/10/24
閲覧 : 131
サンキュー:

8

しゆん@異世界 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.5
物語 : 2.5 作画 : 2.5 声優 : 2.5 音楽 : 2.5 キャラ : 2.5 状態:途中で断念した

2話まで

ストーリー設定やキャラクターがよさそうだったので視聴しましたが、肝心の内容が下らなさ過ぎて飽きてしまいました。変態ばっか(笑)
でも、ようこ役の堀江由衣さんの声はやっぱり個性的で好きですね~。

投稿 : 2021/05/19
閲覧 : 236
サンキュー:

1

ガムンダ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ダーリン浮気は許さないっちゃ

「うる星」のラムちゃんを彷彿するヒロインとあたるを彷彿する軽薄男のシリアスなんだかギャグなんだか良くわからないバトルアニメ。

ストーリーは良くわからないと言うか割とどうでも良くって、まあキャラを楽しむ作品としては楽しめました。
ツンデレ好きなので。

ヒロイン役の堀江由衣さんの安定感たるや流石の一言。
ハマり役ですね。

私にはキャラの魅力以外に作品の魅力を感じませんでした。
なんかレビュー書きようもないんですが書かないと忘れるので書かせて頂きます。

投稿 : 2019/02/17
閲覧 : 573
サンキュー:

6

pop22 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 5.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ゾウさんアニメ

変態が多くて最高

投稿 : 2018/05/29
閲覧 : 409
サンキュー:

1

ネタバレ

にゃわん さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ケイタとヨーコ

2クールあって
やっと最近見終わったけど
変に途中でOPやEDを変えずに
最終話まで同じテーマソングで
物語を進めたことはナイス!

最終話の終わり方には、納得がいかないし
モヤモヤします。
2期あるような終わり方ですが
その代わりに劇場版があるようですね。
劇場版で薫様は復活するのか…

唯一のイケメンが眠りについてしまって
そのまま目覚めることがないまま
薫様のいぬかみ達は、薫様が目覚めることを
ずっと信じていて…
途中で薫様が隠し事をしていても
それでもいぬかみでいたいと宣言した10匹
不覚にも感動させられた。
(薫アニメ初登場シーン 14話か15話)

ケイタとヨウコの件だけがキレイに片付いてる
ヨウコとケイタの回想では
2人が初めて出会った話がちょっと違う
この2人は、いつもと変わらない日常を過ごしてる。
ヨウコは、いぬかみになれない妖狐であった
それをケイタに隠していたし、妖狐の姿に
変身するときはケイタが不在
ケイタに見られないようにと必死だった
理由は、ケイタに嫌われないため…
それを戦闘シーンでケイタに告白
「どんなヨウコでもヨウコだ」

と言ってくれた。
いままでは他の女の子に目がなく
雑誌や薫のいぬかみ
※特になでしこw
に迫っていたがこの時初めて
ケイタとヨウコがキス

個性的ないぬかみと
すぐヨウコの嫉妬で服を燃やされたり
全裸になり何度も留置所に行かされるケイタ
※但し術式のチカラは強い
変態なケイタと行動全てがイケメンな薫は
なんと同じ苗字。いとこ同士だが、どこも似る要素はない
いぬかみといぬかみ使いが繰り広げる
ちょっとあり得ないが癖になるファンタジー

投稿 : 2018/05/19
閲覧 : 379
サンキュー:

1

ビックリヤングコーン さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

最後のシリアスは別にいらないかな?

主人公はエッチでバカで決める所は決めるって感じで結構好きなタイプのキャラでヒロイン達も鉄板な感じのキャラも多くて良かったのですが終盤あたりで急にシリアスになり最後も何かスッキリ出来ずに終わってしまいました!2クール分ありましたが、特にストレス無く見れると思います!出来れば最後までバカな感じでたまにちょっとカッコいいぐらいでやってほしかったな〜!1番痛いのはこんだけヒロインがいて好きになれなかった所かな、、

投稿 : 2017/02/08
閲覧 : 419
サンキュー:

2

ネタバレ

ggrks さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

これほど犬が欲しいと思ったことはない

変態評価ばっかりなので、俺は違う角度から
というより誰も言わないのは評価に値しないのかな

このアニメは完全にOPに全てがかかってる
神op
そこに全てが詰まっている
主人公全裸
主人公ホームレスになる
マッチョ犬
メス犬
ギャグ
ここだけ見るとただの変態アニメだ
しかーし、OPがどハマりな俺は最終話までOPのみで突っ走った
ストーリーは前半は良かった
中盤失速
後半少し取り戻す
長いから、断念する方もいると思う
がOPがあれば最後まで観れるぜ

投稿 : 2016/08/27
閲覧 : 289
サンキュー:

1

ポル さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

これ面白いのに評価低めなのは古いからか!

けっこう古いアニメですが非常に完成された作品だと思います。
下に紹介する二人が中心にストーリーが展開されてきます。よく主人公のヘンタイ&スケベが強調されたような感想がありますが後半にかけて割とシリアスな展開になっていくので1話目で切らずに最後まで見てあげてください。おもしろいよ。

川平啓太
由緒ある犬神使いの一族・川平家の末裔。
天性的なモノノケ(&ヘンタイ)の類を惹きつける気性の持ち主。逆に人間の女性には全くと言って良い程までにモテたためしがない。享楽的なお調子者だが裏表のない性格。歯止めの利かないセクハラ大魔王であるが、嫌がる者や、対象外の子供には決して手を出さない。

ようこ
川平啓太と契約を交わした犬神。「ケイタ」と「ちょこれーとけーき」が好き。腰まであるさらさらの黄緑色の髪に、抜けるように白い肌、切れ長の瞳をした、魔性の雰囲気を漂わせる美少女。基本的に破壊好きで好奇心旺盛、そして嫉妬深い性格。並の犬神とは比較にならない桁外れな戦闘能力を持ってる。

投稿 : 2016/06/02
閲覧 : 310
サンキュー:

6

ぢうく さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

変態ばっかり

登場する男性はほぼ変態で女性は大体犬です。

声優さんが有名どころばかりでファンの方は楽しめると思います。

たしかうる星やつらリスペクトな作品だったと思います。

千葉繁さん演じるメガネとか出てきます。

あと沢山登場する薫のいぬかみの娘達ですが、原作では丁寧にキャラ付けされているので気になった子がいたら是非読んで見てください。結構熱い展開もあっておもしろいですよ。

投稿 : 2016/05/19
閲覧 : 260
サンキュー:

3

てんてん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

普通

長いしただ普通

投稿 : 2016/05/13
閲覧 : 210
サンキュー:

2

双真 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

★★★★★☆

最初はキモいけどおもしろかった!

投稿 : 2016/03/04
閲覧 : 241
サンキュー:

1

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

1話目の10分で視聴者を振るいに掛けるアニメ。ここで気に入れば最後まで楽しめます。

下ネタもそれほどひどくなく、何も考えないで観れる良いアニメでした。なお、主人公はよく裸になりますが、変態ではありませんのでご注意を(笑)

また、とあるネタはレトロゲームとして名を馳せた「超兄貴」に通じるところがあると思います(笑)

なんにしても、何も考えずに見てられるタイプのいいアニメでした。

投稿 : 2016/01/23
閲覧 : 239

セメント さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 2.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

裸だったら何が悪い

ことあるごとに全裸になってたような


このアニメ、何より主人公が変態であったイメージが強いです。
そんな変態の主人公・啓太と彼が従えるようことのはちゃめちゃラブコメディとでも言うのでしょうか。
犬神という式神のようなものを使役するお家の生まれで、もう一人、従妹の薫も10人の犬神を従えていて、啓太達、薫達が犬神使いとして成長していくというような話です。

監督は草川啓造、アニメーション製作はセブン・アークスです。
なんとなくJ.C.STAFFアニメだと思ってたんですが、違ったんですね。
原作は電撃文庫のラノベ。
電撃文庫でいうと結構古株に当たるのかもしれませんね、本作は。

声優がすごくいいです。
主人公の啓太は福山潤さん、ようこは堀江由衣さんです。
ほっちゃーん! ほ、ほーっ、ホアアーッ!!ホアーッ!!
その他には松岡由貴さん、名塚佳織さん、森永理科さん、遠藤綾さん、新谷良子さん、長谷川静香さんなど。
あと仮名史郎役の速水奨も外せません、男キャラ唯一のまともキャラだった気がします()

OP「ヒカリ」はアニオタなら一度は耳にしたであろう楽曲ですね。
EDはAice5 が歌う「友情物語」、18話で別のバージョンがマッチョの男達の映像と共に流れ、話題になりました。

せんだんとなでしこあたりが好きでしたね。
特になでしこはたまに啓太の味方になってくれて優しさに満ちてた覚えがあります。
あと啓太の厄介に巻き込まれる刈屋さんが割と好きでした。

変態変態変態と
おしゃべりついでにスイーツ

投稿 : 2015/11/14
閲覧 : 299
サンキュー:

1

ネタバレ

dakiramk3 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイヘンタイヘンタイヘンタイと*放送当時の総括

 さて、読んだことはおろか存在すらも知らなかったラノベが原作のこの作品。どんなものかと思ってみれば、第一話から視聴者をふるいに掛けまくりでそりゃもう大変変態だったろう。

 しかし、最初の二話で話に付いて来られれば(or変態話に脳がマヒして?)、あとはその美少女&変態という実に新鮮な(多分フォロワーも出現しないだろう)設定を充分楽しむだけであった。

 基本的には使い古された形の主人公とヒロインのおいかけっこなんだけども、それを生かしつつ真面目にバトルする場面があったのもきっちりとやっていて好印象だった。しかも変態も忘れずに絡めている辺り、この『アニメ作品』というより原作が良かったんじゃないかな。

 規制を逆手に取ったゾウさん演出もクドいが楽しかったり(女子のぱんつと違ってU系でも表現はムリか)、また規制に挑戦するような女の子連中の艶姿を見られたり…と内容がてんこ盛りだった。

 途中微妙な部分もあるにはあったが、その回の作画維持を放棄してまで特殊EDを進めた事からも見られるように、原作の魅力を最大限に理解したスタッフの勝利とでも言えようか。

 欠点としては…話が面白かっただけに、やっぱり画ヅラかなぁ…画の良さで押し切ってしまう作品があるだけに、ここは惜しかった。但し、文句は一枚画や動画の描き込みに関してだけで、戦闘シーンなどでは良く動いていた印象。これは制作会社のお家芸か。

 さて、ここで俺的犬神お気に入り序列でも発表してしまおう。

 序列十一位・十位
 いまり・さよか
 同じキャラが二人いるので魅力が分割されてしまった…仮に一人だけだとしても微妙。

 序列九位
 てんそう
 ヴィジュアルと同じく活躍度がイマイチ。

 序列八位
 せんだん
 せっかくの松岡師匠キャラなのに生かし切れてない。

 序列七位
 いぐさ
 メガネっ子としては好印象だったけど、裏街道の印象が強いなぁ…

 序列六位
 フラノ
 つかみ所のないキャラが結構気に入っている。でもそんな童顔で十八禁キャラとか言われても…
 設定上の中身は、言うだけあってかなりのものになっている。

 序列五位
 ごきょうや
 当初はあんまり目立たなかったが、啓太の父に半ば捨てられたという境遇を知って大躍進。面影のある啓太に惹かれていくという俺的妄想が大爆発してしまった。

 序列四位
 ようこ
 うーん…どんなに可愛くても、結局は啓太にしか乗りこなせないしなぁ…

 序列三位
 ともはね
 キャラソンCDの紹介では「最強のお子様きゃら」とか宣ってたから、てっきりその外見とも相まって「ワガママな子供」としてのネガティヴなキャラかと思ってたが、実は「素直・がんばりやさん」といった子供のポジティヴさが光ったキャラだった。
 啓太の妹的なポジションでこの位置に来たが、実はアニメではその描写がまだまだ不足していた!原作ではもっと仲良しです。実に微笑ましい。

 序列二位
 なでしこ
 ラスト付近で大減速。しかし名塚キャラだけはガチ!

 序列一位
 たゆね
 自分でもびっくりのこの位置。外見とか活躍とか性格とか総合したらこうなった。ボクっ子は好みじゃなかったはずなのだが。

 というわけで…半年間、楽しませてくれたこの作品も一時お休み。また劇場版で会う日までさよならは言わないでおこう。
 それでは、最後の〆の一言。

 みんなみんな、立派なヘンタイである。

投稿 : 2015/10/18
閲覧 : 295
サンキュー:

3

future☆ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルなし

.。o○ ○o。.あらすじ.。o○ ○o。.

吉日市に住む高校生・川平啓太は、由緒正しき犬神使いの一族・川平家の末裔。ところが能力不足その他モロモロの事情により主家から勘当されていた。そんな折、川平家当主である祖母の元に呼び出された啓太は、“ようこ”と名乗る犬神に引き合わされる。出会った当初の彼女は従順で容姿は抜群。早速啓太は主従の契りを結び共同生活を始める。

ところが、ようこの本性は誰もコントロール出来ない程の大問題児。当初の従順な態度はタダのポーズにすぎなかったのだ。ようこの気まぐれで享楽的な態度に振り回される啓太は、様々なトラブルに巻き込まれ散々な目に遭わされる。


.。o○ ○o。.キャスト.。o○ ○o。.

ようこ:堀江由衣
川平啓太:福山潤
はけ:中村俊洋
仮名史郎:速水奨
なでしこ:名塚佳織
ともはね:長谷川静香
たゆね:森永理科
いぐさ:本多陽子
せんだん:松岡由貴
ごきょうや:木川絵理子
フラノ:廣田詩夢
てんそう:小林晃子
いまり:遠藤綾
さよか:新谷良子


.。o○ ○o。.放送日.。o○ ○o。.

2006年春アニメ(2006年4月~2006年9月)



.。o○ ○o。.OP、ED.。o○ ○o。.





.。o○ ○o。.お話.。o○ ○o。.

1話「はだかでドンマイっ!」

2話「マッチョがぺろぺろっ!」

3話「水着でたいじっ!」

4話「やらずのかっぽう着っ!」

5話「啓太とようこっ!」

6話「ぴったりともはねっ!」

7話「混浴でサクサクっ!」

8話「こすってしっぽっ!」

9話「煩悩とせくはたっ!」

10話「桜の思い出っ!」

11話「ぐったりにおねがいっ!」

12話「だから死にたい私の歌っ!」

13話「だけど俺にはお前の歌っ!」

14話「カッパとオトサンっ!」

15話「ウハウハ啓太に恩返しっ!」

16話「部屋と怪談と私っ!」

17話「なんか見えてるっ!」

18話「まんもすたいへんっ!」

19話「もっこり啓太の思うツボっ!」

20話「白布に想いをっ!」

21話「しっかりともはねっ!」

22話「パパとムコ殿っ!」

23話「しぼむ象さんっ!」

24話「薫となでしこっ!」

25話「絶望の宴っ!」

26話「ひかりっ!」

投稿 : 2015/07/28
閲覧 : 785
サンキュー:

4

とってなむ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

メス犬に囲まれてみてはいかが?

霊能者の啓太と犬神のようこを中心に描かれるバトル+ラブコメ作品。
ハーレム要素も強いかと。


霊能者=犬神使い。
犬神=犬の化生。
位としては犬神のほうが下で従順なはずなのですが、ようこに限っては超問題児。
犬神のなかで強さはトップクラス。
そして嫉妬深さもトップクラス。
主人公である啓太のことが大好きなのですが、
自分にとって嫌な行動を啓太がするとすぐキレます。
怒ると彼の服を縮地(物をテレポートさせる術)で消し去ります。
外でも構わずにです。
おかげで啓太はすっぽんぽん。
おまわりさんこっちです状態です。
この一連の流れを面白いと思えるか否や。
ドタバタ系の作品なのでここはポイントかもしれませんね。

それと啓太の犬神はようこ一人ですが、薫というキャラにはなんと十人。
全員女の子で啓太とも関わります。
はい、ハーレムの出来上がり!
一人一人魅力があって良かったと思います。
てか薫とかなんなの、もう大政奉還しなさいよ。


ストーリーはあります。
でも私はギャグアニメと位置付けちゃってますね。
私としては、物語面はあまり期待してはいけないと思います。
気楽に視聴してくださいまし。


OP「ヒカリ」 歌ー堀江由衣
ED「友情物語」 歌ーAice5

OPすっごく好き。
それにEDは個人的に好みの曲。面白い曲ですね。
お暇であればニコニコで『友情物語 戦国無双 女の子』で検索してみてください。
面白いものが見れるはずです。



正直つまらない回も少なくなかったです。
特に終盤は私的には微妙だったかな。
ですが、面白い回は本当に面白く、高低差のある作品なのかななんて感じています。
全体をとおしてみれば、わりと楽しめたほうだと思います。
異能とか好きですしね。

コメディ寄りドタバタ系アニメが好きな方におすすめしたい一本です。

投稿 : 2015/04/30
閲覧 : 812
サンキュー:

34

ネタバレ

たんぽぽの花 さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

これを忘れていた!!(笑)

いぬかみ・破邪顕正を抱き犬神使いに使える一族。
川平啓太は川平家当主の孫にあたる血筋を持っているが、犬神達に相手にされず、犬神の一族では落ちこぼれ扱いされていたが、ついにその啓太に犬神が志願して来た。(実は啓太は多数の犬神に注目されてたが、ようこに倒されていたのが、真実です)
名はようこ。容姿も実力も文句無し!だがようこには色々な複雑な事情があった。初対面の時にも啓太に服従を逆に迫るようこだが、最終的に啓太の犬神として妖魔退治をしていく話です。啓太には従兄にかおると言う犬神使いがいるが、彼もまた色々な事情があるが、実力は犬神を10人も契約するほどの実力者である。この2人は対象ではあるが、実力はほぼ互角、啓太の方が少し上を行く感じだが、啓太は割と手を抜く所とHな所が有り、かおるの方に人望が集まっている感じだが、、、ストリーを細かく話しすぎると見れないので、内容は作品を見て下さい。

私的にはこの作品何回も見てます。それはギャグとシリアスとがうまく統制されている感じと、はけと川平当主の話と第12話『だから死にたい私の歌っ!』第13話『だけど俺にはお前の歌っ!』が本当に好きで毎回この話だけは飛ばさず見てしまいます。

声優さんは豪華ですね。主人公・ヒロイン・サブキャラに至る所まで、今も大活躍している声優さん達が多いです。あと、この作品に関してはギャグ=変態になっていますが、シリアスな所や啓太の何気の優しさとかはすごく良い話です。ぜひ見て下さい。



うんちく~~
犬神使いと言う設定では有りますが、こう言うのは専門では使役と言い。
退治した妖怪や霊を自分の為に働かせる陰陽道に近い物だと思います。犬だけでは無く、有名な所では、くだきつねや、前鬼・後鬼、などもあります。
また、火水木金土の精霊を使うのも術式的には色々違いますが、同じような物と思ってくださっても良いと思います。これらの発祥時期はほとんどが平安時代前後に集中しているのは帝がこれらに対して地位や役職を設けていた為と思われる。特に、安部清明の一族は未だ健在し有名な所です。
今は安部の力は宗家と五つの分家に別れています。今の安部の有名な力の持ち主は土の一族と認識しております。各家柄により専門の分野が違うので、宗家が束ねて奥義等は選ばれる者が受け継ぐ形式になっているそうです。

投稿 : 2014/11/14
閲覧 : 357
サンキュー:

8

ざんば さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ハーレム…ではない

私はうる星やつらのあたるみたいな
肉食系の女たらし主人公が好きなので
川平啓太はドンピシャでした
しかも声優がまたまた好きな福山潤ですしね!

それにバトルは迫力がありますね
「白山 名君の名において命ず 蛙よ破砕せよ!」
なんか言いたくなってきました(*´∀`*)

残念なところはハーレムに限りなく近いけど違うとこですねー
ここまでするならハーレムにしてくれ…と思ってしまいます
しかも後半の方は啓太の出番が少ないし…
正直、薫は自分的には邪魔でした
好きな人はスミマセン・・・

でも何より変態要素が強すぎて
変態な場面ばかりが思い出されます
そのせいかストーリーが記憶から消えてました(´д`;)


 

投稿 : 2014/11/13
閲覧 : 385
サンキュー:

11

ネタバレ

もんちろー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

いぬかみ

悪霊退治を生業とする主人公と、主人公に恋するいぬかみの女の子のお話。
主人公は女の子が大好きだけど、いぬかみは眼中にない。

投稿 : 2014/11/10
閲覧 : 303
サンキュー:

1

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

いぬかみ

みてもみなくてもどっちでもいいアニメ
裸がいっぱいでてきます^^

EDがこわい

投稿 : 2014/07/07
閲覧 : 356

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

全26話
2006年4月~2006年9月放送

投稿 : 2014/06/01
閲覧 : 222

uppo さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

変態アニメと聞いて一番最初に思い浮かべるのはこれ。
8年も前に見た作品だけど、12話「だから死にたい私の歌っ!」13話「だけど俺にはお前の歌っ!」のケイの話は結構覚えてる。
良い話だった。

投稿 : 2014/05/05
閲覧 : 322
サンキュー:

1

ちほ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ようこって・・・途中でわかった

ようこ = 妖弧 だったんだ。
初めは、なんて普通の名前なんだって思ったけど(^_^;)

作画とか、あまり好きじゃなかったけど、
後半にいくにつれおもしろかったので、よかったかな。

投稿 : 2014/03/31
閲覧 : 274
サンキュー:

1

ミサキ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

面白いけど・・・

面白いんだけど原作を先に読んでしまったので正直ちょっと、いや、全然物足りない。
原作は超面白いんだけどね(;^ω^)
でも動画が動いている啓太やようこはすごく新鮮だった。
あと、ぞうさんもw

投稿 : 2014/03/07
閲覧 : 287
サンキュー:

2

ぱるうらら さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

変態御用達のアニメ

『いぬかみっ!』はラノベ原作、2クール(全26話)の変態・ギャグ・動物系アニメです。


この作品は言わば、変態の変態による変態のためのアニメ。第4話に至るまでにこの作品の雰囲気について行けなかった方は、大人しくこの作品の視聴を断念した方が良いかもしれない。前半も後半もシリアスな展開はあるものの、基本的に変態的なノリは変わらないので(笑)

1話に付き数回はゾウさん印の規制描写。下手すると、ある1話の中の半分はゾウさんが暴れまわっているという、何ともお目出度い作品であるが、見方を変えればある意味素晴らしいアニメだと私は思う。なぜなら、これ程までに恥部(野郎の)の規制描写が頻発するアニメは観たことが無いからだ。最近のアニメではここまで露骨なアニメはないだろう。しかし、ただ単に露出しかないというわけでもなく、それを基にしたギャグがなかなか面白いのが好感。馬鹿みたいな迷言と下ネタばかりであるが。

物語の内容は、ギャグが7割、シリアスが3割といったところ。そのシリアスに関しても殆んどが後半。そして、例えシリアスな話であっても、主人公や高頻度で登場する変態どものキャラが相変わらずのために、その場違いなテンションに首を傾げてしまうかもしれない。まぁ、それが良くもあるのだが…。
ギャグ回に関しても、それをギャグと取れず、単なるほのぼの回みたいなこともしばしば。そんな内容が目立つため、正直テンポは良いとは言えない。
しかし、各ストーリーの内容や設定自体はなかなかに良かったため、続きを見てみたいと思わせられるくらいには面白かった。また、ギャグとシリアスの調和が取れていたため、その辺は比較的安定したアニメなのかなと思う。

もう一点挙げるとしたら、声優陣がなかなか良かったのかなと思う。あの声優陣だからこそ、より面白い作品と為ったのではないだろうか。


最後に、お馬鹿系変態アニメが好きなら観るべし。

投稿 : 2013/12/12
閲覧 : 790
サンキュー:

17

koyomi さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

普通じゃないハーレムアニメ

主人公ががつがつ進んでくれるので見てて爽快
声優も豪華で最近のハーレム物に抵抗がある人にも是非見て欲しい

投稿 : 2013/11/15
閲覧 : 283
サンキュー:

3

ネタバレ

Britannia さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

投稿 : 2013/10/08
閲覧 : 405
サンキュー:

10

トスカーナアモーレ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

笑える傑作

何度笑った事か
ハーレム状態の主人公とでウハウハと思いきや好かれるのは・・・アーっ!
ケイタもだが匿名捜査官兼ナレーションも相当なヘンタイ
である


狩名さんの次回予告を見ているだけでも十分面白い
個人的に1番好きなアニメでまた時間があったら観たい
トモハネ回は毎回笑える。ケイのシリアス回もギャップがあって見物
面白いのはアニメ化されていない後半なのだが2期が無いのが残念でならない

好きなキャラクター ようこ、たゆね、刑務所の3人

投稿 : 2013/10/03
閲覧 : 268
サンキュー:

7

次の30件を表示

いぬかみっ!のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
いぬかみっ!のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

いぬかみっ!のストーリー・あらすじ

吉日市に住む高校生・川平啓太は、由緒正しき犬神使いの一族・川平家の末裔だが能力不足その他モロモロの事情により主家から勘当されていた。
そんな折、川平家当主である祖母の元に呼び出された啓太は、“ようこ”と名乗る犬神に引き合わされる。出会った当初の彼女は従順で容姿は抜群。早速啓太は主従の契りを結び共同生活を始める。
ところが、ようこの本性は誰もコントロール出来ない程の大問題児。当初の従順な態度はタダのポーズにすぎなかったのだ。ようこの気まぐれで享楽的な態度に振り回される啓太は、様々なトラブルに巻き込まれ散々な目に遭わされる。(TVアニメ動画『いぬかみっ!』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2006年春アニメ
制作会社
セブン・アークス
公式サイト
inukami.jp/
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%AC%E3%81%8B%E3%81%BF%E3%81%A3!
主題歌
≪OP≫堀江由衣『ヒカリ』≪ED≫Alice5『友情物語』

声優・キャラクター

堀江由衣、福山潤、中村俊洋、速水奨、名塚佳織、長谷川静香、森永理科、本多陽子、松岡由貴、木川絵理子、廣田詩夢、小林晃子、遠藤綾、新谷良子

スタッフ

原作:有沢まみず、 監督:草川啓造、シリーズ構成・脚本:玉井☆豪、キャラクター原案:若月神無、キャラクターデザイン:友岡新平

このアニメの類似作品

この頃(2006年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ