「実は私は(TVアニメ動画)」

総合得点
61.2
感想・評価
444
棚に入れた
2401
ランキング
3216
★★★★☆ 3.3 (444)
物語
3.3
作画
3.2
声優
3.5
音楽
3.3
キャラ
3.5
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む
ネタバレ

鰺鱒

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

良いラブコメと思います。

原作知らず。

多くの方にお勧めしたい作品です。

絵柄がちょっと古めかしく感じるところがありますが、すぐに慣れました。
終わり方が少々すっきりしない・物足りないものの、道中は驚きあり笑いあり甘酸っぺーのありで、ラブコメ(っていうよりギャグよりかな)として十二分に楽しめる良作と思います。

穴の空いたザルがごとく思いや感情を隠すことができない主人公、黒峰朝陽。
実は吸血鬼なヒロイン1号、白神葉子。
実はミニチュアサイズ宇宙人なヒロイン2号、藍澤渚。
実はしゃべるめがね所有の、朱美みかん(ヒロインポジションなのかなぁ・・・?)。
その他もろもろ。

たたたっと書いてしまったが、白神と藍澤の秘密を黒峰が守るという前提と、過多とも思えるこれらの設定がうまく状況を作り出していると思います。加えて、メインヒロインの二人が結構なポンコツな点と、自分に鈍感(特に白神)というヤキモキ要素が程よくお話に味付けしてくれています。途中から穴ザルといわれる黒峰の設定が活かされていないようにも思いましたが、基本的に好感の持てるいいやつであり続けてくれた点は良かったと思う。全方位お人好しまでぎりぎりのバランスでしたが。

1、2話の白神の涙には正直やられました。4、11、12話の藍澤もよかった。あー、あまずっぱ。むしろラブコメの王道ヒロインポジションにいるのは藍澤なのかもしれない。本作のキーとなる「実は私は、藍澤渚は・・・」の台詞回しがとてもよかった(2話と11話の違い)。


ただ・・・・

お好きな方には大変申し訳ないのですが、OP曲、ED曲いずれもいただけない。個人的な問題ですが、実は私は、鰺鱒は、男声合唱日本語ポップスや日本語ラップを笑わずに聴くことができないのです(良くない意味で)。くどくどしい発声とかそれこそ「吐きそう(OP曲の最後の詞)」なほど嫌いなので・・・・。その対極とでも言うべきか、とくに甘酸っぱいシーンでの劇中歌・劇中曲は驚くほどよかった。なので、音楽の評価は(1+5)/2=3.0ということで。

ED後のミニコーナーが地味に楽しかったです。

投稿 : 2019/03/30
閲覧 : 50
サンキュー:

6

ダークフレイムマスオ

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

相変わらず内容に触れることはほぼないで~す♪みんなの気持ちの代名詞といえばコレでしょ。

※今回は妄想系です。いつものダスオ節全開ですが視てくれてる貴方に聞きたいのです...


視聴は大分前に終わりました。特段取り立てていい!というわけでもなく極々普通のラブコメディーであるのですが,
この《タイトル》はもう既に現代においては必要不可欠になってる命題なのではないのでしょうか?(作品自体は王道だと思いますので本当に普通よりいい印象です)

人間誰しも年齢を重ねるとその時代では当然だと思っていたことが、10年後には変化するのがよくあります。太陽の黒点周期と女の子のスカートの丈の長さの流行が一致してる説があるらしいのですが(11年周期で短くなるらしいw)10年は多少ですが20年後にまさかこうなってるとは想像もつかないものでした。

YouTuberが生活できる。一億総携帯普及。個人情報規制。~etc。20年前には想像つきませんでした。もはや個人情報晒すのはダメージが大きすぎるので倫理的にNGなものはほんんと「実は私は」でなくてはならない世の中になりました。そして尚且つ非リアでも受け入れられる素晴らしい世界になりましたw(のかな?)

そっちの世界の話はのちのレビューにとっておいてですね、今回は「実は私は」に絞るとペンという武器を全員が持つ社会になりました。銃社会は来ませんでしたが(北斗の拳みたいな世界w)良くも悪くも生まれたときから死ぬまで家から出なくても生活できるかもしれません。サイコっぽい妄想ですが在宅で仕事できメディカルチェックを回線使いやり取りして、死んだらその始末を代行する業者と生前契約していれば可能かな?教育もバーチャルですれば可能かな?結構YouTubeの世界史講座とかみてますが高校レベルの教養はつくと思います。

誇大妄想かもしれませんが、翻訳ツールが量子コンピューティングシステムが発達して即時にヘッドフォンなりに同時通訳できれば世界の大学だって行けちゃう♪そんな時代来るのですかね~。(例:あのインドの数学者の講義わかりやすいわ~とか。)アニメでは普通がいずれ来るでしょう。

あっそうか!それ以外を恋愛で使うのか…

なんて騙されちゃった貴方。それは絶対ない。なぜなら第一次にしろ第二次にしろきちんと働く人がいてこその社会。また完全に健康であるなんて70超えたらほぼ無理。介護の産業が増えるのはこの先確実でしょう。(多分)

そんな建前以前に、ブロイラーみたいな人生ならいらねーって思うのが自然。それがアーティストの原動力。画なり詩なりが出てくる。それさえもない社会なんて平和であることが当然すぎて呆けてしまっただけです。「実は私は」より「私はこうだ」が若者の特権です。いや、法に触れない限り言い続け行動することが重要と、思ってます。

この手の話って石油が2025年にはなくなるって言ってた1990年代の経済学者に聞かせてやりたい。それぐらいの与太話と考えてくださいね。腐〇子の妄想と大して差ありません。

結論:ダスオ節も言い続けたらえーのんかーw

※お相手はハートフルサイコなダスオでした
それではSee you next time.一会儿见

よ~し、ぶっこいたんでいっぺーやっか~(=^~^)o∀ウィーw

投稿 : 2019/01/24
閲覧 : 60
サンキュー:

11

ネタバレ

剣道部

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

観ていてホッとできる、古き良きラブコメ風♪

[文量→中盛り・内容→感想系]

【総括】
ヒロイン達は色々とイロモノ(笑)だが、古き良きラブコメという感じ。このへん、「古くさい」「安心できる」で、評価が割れると思います。ヒロイン達の質は高く、ちょいアホなヒロインに萌えられる方ならバッチリでしょう。ギャグ面でも、なかなかぶっ飛んでて良かったです。オススメできます♪

《以下ネタバレ》

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
まず、主人公の設定が良かったと思います。隠し事が出来ない人柄から転じて、穴の開いたザル、通称「アナザル」と言われる主人公の黒峰朝陽。

吸血鬼のヒロインを守る(正体を隠す)という設定に一役買うだけでなく、主人公の「人柄が良い感」も表現できる設定だと思います。

ハーレムモノだと、ヒロインにばかり力を込めて、主人公が単なる記号になってしまうアニメもあるけど、朝陽は結構作中での活躍もあるし、なかなか好感のもてる主人公でした。

ヒロインズは、いずれも良かったですね。

メインヒロインの白神葉子(吸血鬼)は、私の好きな「アホの子」ですw 関西弁も良かった。ただ、色恋沙汰に対してあまりに鈍感で、少しやきもきしました。設定とか、「亜人ちゃん」を思わせます。

他の方のレビューを読むと、もしかしたら人気ナンバー1かもしれない藍澤渚(宇宙人)。これまたアホの子で、いささか暴走ぎみ。基本的に好きな性格のキャラでしたが、私は萌えられず。どうやら私は、ロボやミニチュアなど、あまりにも(キャラデザ等)人外人外していると、萌えられないようです。

そして、幼馴染&外道クイーンの朱美みかん(福の神)。私は一番好きなヒロインでした。手段を選ばない感じ、歪んでいるように見えて実は純なところが可愛らしかったです。

ギャグ面では、校長が出てきてから一気に面白くなりましたね。いわゆる「ロリババア」ですが、正直、後半はヒロインを、というか作品自体を乗っ取る勢いで活躍しましたね。ナイスキャラでした!
{/netabare}

投稿 : 2018/12/06
閲覧 : 137
サンキュー:

34

ネタバレ

にゃん^^

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ふつうの学園ラブコメ。。でも、実は私はw

あらすじはあにこれのを見てね☆

キャラは大きな目で
弱虫ペダルの女子みたい

ふつうに学園ラブコメみたいなのに
実はわたし。。ってなっちゃうギャグみたい^^


1話目
{netabare}
隠し事の出来ない性格の黒峰朝陽クンがずっと隠してたヒミツ
実はクラスメートの白神葉子さんが好き。。

それで
白神さんが1人だけで残ってる教室に
コクりに行ったんだけど。。

*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚

実は葉子は吸血鬼で。。
ヒミツがばれちゃったら転校しなくっちゃダメで
朝陽クンはヒミツを守る代わりに
友だちになってくださいって。。


おもしろくなりそうなおはなしだけど
あんまりふつうっぽかったから
そんなにびっくりしなかったかな。。

正体を知られて
襲おうってしたけど。。みたいなおはなしだったら
もうちょっと先が気になったかも。。

でも
ほのぼのした感じだから
にゃんはこのままでいいけどな☆
これから2人のラブコメとかもありそうだし^^

あにこれのあらすじだと
ほかにもいろんなヒミツを持った人が出てくるみたい
どんなおはなしになるのかな?
{/netabare}

2話目
{netabare}
今週は
藍澤渚委員長のヒミツのおはなし^^

去年
朝陽クンがコクる前に
きつくふっちゃった渚w

でも今頃になって
あの時朝陽クンが
自分のことじろじろ見てたのってほんとに好きだったの?
って気になりだしたみたい。。

*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚

なんか委員長
ほんとはツンデレで朝陽クンのこと好きみたいだったね^^

葉子が羽を伸ばしてるところ見られちゃって
吸血鬼だってバレたっ!て思ったら
実は渚は宇宙人。。!?w
それも
本体は小人型宇宙人でびっくり!w

おかしかったし
ラブコメになりそうで楽しいな♪

来週は
誰がどんなヒミツをかくしてるのかな?
{/netabare}

3話目
{netabare}
今週は朝陽クンの幼なじみの朱美みかんのおはなし

新聞部の部長で
小さいころから朝陽クンがイヤがる記事ばっかり書くんだ。。

今回も
朝陽クンと葉子が交際してる。。
みたいな記事書こうってしてて。。

☺・☻・☺・☻・☺・☻・☺・☻・☺・☻・☺・☻・☺

みかんってちょっと変わってるけど
ツンデレなのかも?
朝陽クンのコトほんとは好きで。。とかw


今週は
ヒミツはバレたりしなかったけど
みかんのメガネはつくも神みたいなのがとり付いてて
おしゃべりができるって分ったね
{/netabare}

4話目
{netabare}
外部ユニットの充電が切れて
渚が授業中に小人のまま
朝陽クンに助けてもらいに来たの。。

☺・☻・☺・☺・☻・☺・☻・☺・☻・☺・☻・☺・☻・☺・☻・☺・☻・☺・☻・☺・☻・☺

今日は
いろいろ恥ずかしい思いしながら
委員長を助けてくれた朝陽クンのおはなしかなぁ。。

渚のヒミツを守るために
さいごまでエロ峰クンって思われて
なぐられてあげた朝陽クンがおバカっこよかった☆

渚って朝陽クンのこと1回ふったけど
好きになっちゃったみたい^^
{/netabare}

5話目
{netabare}
前半は
葉子が日光に当たっても日焼けしないように訓練するおはなしで


後半は
葉子がそんな訓練してた理由って
朝陽クンと渚のことくっつけようってしてたからで

3人で遊園地に行く予定だったけど
渚は葉子と朝陽クンのことくっつけようってして自分はお休み^^
なのにやきもちやいて。。


実は私が。。って
この人がこんなヒミツを持ってるんだ⁉
みたいなおはなしがおもしろかったのにね。。

あと
ラブコメもよかったのに
後半でちょっとだけだったみたい。。

ギャグだと思うけど
そんなに笑えるおはなしじゃなかったって思う。。
葉子が好きだったらいいんじゃないかな?
{/netabare}

6話目
{netabare}
狼男の正体は。。
月を見ると女の子に変わっちゃう娘男でしたぁw

☆.。.:*・゜∈・^ミβ"-ヽ(・ω・`*)。.:*・゜☆.。・゜∈・^ミβ"-ヽ(・ω・`*)。

普段はヤンキーっぽいお兄さんの 獅狼(しろう)
だけど月を見ると
痴女(自分で言ってた)の獅穂(しほ)になっちゃうんだって(^^;
月の写真見ただけでも変身しちゃうからギャグになってたねw


葉子が朝陽クンのこと好きなのバレバレな回だったw
それから委員長も
葉子のお家に行くときやきもちやいてたし^^

それで最後は獅穂まで転校してきちゃった⁉
だんだん朝陽クンのハーレムになってくるみたいw
でも
この学校ってもしかして妖怪学校とかなのかな?w
{/netabare}

7話目
{netabare}
コメディってゆうかギャグで
つっこむところばっかりだったみたいW


前半は
角の生えたロリっ子女子の紅本茜ちゃんのヒミツ。。って
悪魔で校長で紅本先生のひいひいおばあちゃんだって
バレバレでぜんぜんヒミツになってなかったねW

後半は
茜と葉子のセクシー対血W
どっちもぜんぜんセクシーじゃなくって
葉子がロシアン・シューを持ってきたW

けっきょく獅穂が勝っちゃったのかもW
{/netabare}

8話目
{netabare}
葉子、渚、獅穂の3人がカレーを作ってる最中に
渚がまちがえて作ったチョコ⁉を食べた茜がもっと食べたくって
作らないと隕石を地球に落とすっておどかしたんだけど。。

☠~*~☠~*~☠~*~☠~*~☠~*~☠~*~☠~*~☠~*~☠

紅本先生は
茜が隕石をコントロールしてる間にしばって
葉子と獅穂が作ったチョコを食べさせて
茜の気を失わせれば。。ってムリヤリ2人のチョコを食べさせるのw

さいごはみかんちゃんまで入ってドタバタ
完全におばかアニメになってた

ラブコメよりおもしろかったかもw
{/netabare}

9話目
{netabare}
岡クンのアドバイスで
朝陽クンは葉子をプールにさそうことに成功したけど
渚と獅穂もいっしょに来るって。。
あと
男子も朝陽クンの3人のお友だちもいっしょにw


男子おまたせ―のプール回w
だけど
今まで1番ラブコメしてたね^^


にぶい葉子とヘタレな朝陽クンだから
なかなか進まなかったけど
葉子が朝陽クンのこと
夜の特訓にさそうなんて今までなかったね☆
{/netabare}

10話目
{netabare}
今週は朱美みかんの「実は私は。。」^^

みかんが大事なメガネをなくしちゃって
そのメガネって実は。。ってゆうおはなし

----------------キリトリセン----------------

そのメガネは小さいころ朝陽クンにもらったメガネで
このメガネをかけると外道クイーンになりやすくって
それって
メガネがないと素直になりやすいってゆうことみたい^^

実は。。今は福の神がついてて
素直に朝陽にクンにコクっちゃえって言ってるみたい^^
ごまかそうってメガネをかけたら
自分がかわりにコクるってみかんを脅すの。。


それで
渚がみかんをかばってそのメガネを自分でかけて
これで安心♪って思ったら
福の神メガネは渚の目の上で
「朝陽クン!実は私はあなたが好きです!」って。。


朝陽クン、葉子、ミカン、それに渚まで凍っちゃったね><
これからどうなるのかな?
だんだんおもしろくなって来て来週も楽しみ☆
{/netabare}

11話目
{netabare}
渚は
福の神メガネの告白をみんなに取り消したけど
葉子は信じなくって2人の恋を応援しようって
お祭りにみんなで行くってさそって
だまして朝陽クンと渚を2人だけにしちゃった。。


別に朝陽クンのことなんか
何とも思ってないって思ってた渚だったけど
転んで支えてくれた朝陽クンといっしょに倒れたとき
自分の気もちが分かったみたい「実は私は黒峰朝陽が好き」って。。


それでしばらく
倒れたままの朝陽クンにくっついてたけど
それを葉子が見てて。。

~*~♡~*~♥~*~♡~*~♥~*~♡~*~♥~*~♡~*~

今週もラブコメ面白かった☆

渚は自分の気もちをみとめたけど
葉子は茜が何回からかっても認めたくないみたい。。
いつになったら自分で気がつくのかな?
{/netabare}

12話目
{netabare}
お祭りで転んで渚が朝陽クンに抱きついたの見てから
葉子はまともに話もしてくれなくって
2人の仲はどんどんはなれて行っちゃうみたい。。


葉子も朝陽クンも
ほんとの気もち伝えなくっちゃって思ってた時
葉子にお父さんから電話があって
もしかして朝陽クンに吸血鬼のことバレたの知られた?
それで葉子は
朝陽クンを屋上に呼び出したんだんだけど

でも
渚が朝陽クンを屋上に行かせないようにってジャマ。。
誰かがコクったら3人の仲がこわれるって思って
朝陽クンの記憶を消そうってしてるみたい!?

*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚

切ない三角ラブのおはなしになっちゃったね。。
はじめに渚が朝陽クンにコクられたとき断らなかったら
こんなことにならなかったのにね。。


来週は
お父さんにつれて行かれちゃった葉子を
渚と朝陽クンがつれ戻しに行くおはなしかな?

どうなるんだろう?
{/netabare}

13話目
{netabare}
みんなといっしょに葉子をつれ戻しに言ったら
大きくってこわそうなお父さん。。
話もあんまり聞いてくれなくって
朝陽クンが葉子のヒミツを知ったこともバレちゃって
どうなるの。。

●ヽ(>ω<。)ノ○ヽ(>ω<。)ノ●ヽ(>ω<。)ノ○ヽ(>ω<。)ノ●ヽ(>ω<。)ノ○

実はカゼをひいたお母さんの看病に来ただけだったってw
お父さんはこわいけどふつうに帰れたみたい
けっきょくどっちからも告白なしで今までのまま。。

ほのぼのいいおはなしだったけど
もうちょっとラブコメしてほしかったみたい☆
{/netabare}


見おわって

ヒロインがふつうじゃないヒミツを持ってる
ほのぼの学園ラブコメ(ギャグ)だった☆


そんなに大きな事件も
すごいギャグとか感動もなかったけど
ちょっと笑えてちょっとドキドキちょっといいおはなし。。
ほのぼの日常系ってこんな感じだよね^^


そんなに期待しないで見たら楽しいかも☆

投稿 : 2018/08/31
閲覧 : 694
サンキュー:

87

ネタバレ

ポル

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイトルが地味・・・だが内容は面白かった

見てみると以外に面白かった!
ドタバタ学園ラブコメ。主人公は基本ツッコミ役。
どんどん悪化?ズレていく恋愛事情、波乱な展開が楽しませてくれます。

あまり予備知識ないで見ると楽しいかも。各話進んでいくごとに濃いキャラ増えてくるごとに面白さと驚きが増す感じだったよ。

希望はアニメ2期あるのなら見たいけど・・・原作も面白いのかな?

見終わって↓
{netabare}
委員長キャラがツボりましたwインパクト大w
正体あらわした時も!?工エエェ(゚〇゚ ;)ェエエ工!?中身でてきたってなったしw
メインヒロインよりも恋する乙女w
委員長の色々とズレた感性も面白ギャグでウケましたw
後半にかけてデレてく感じもよかったです。
各話ともに委員長楽しませてくれました。メインヒロインの立場喰ってるだろw
{/netabare}

投稿 : 2018/06/07
閲覧 : 475
サンキュー:

18

NDD.

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

絵柄で見るのをやめずにぜひ見て欲しい

下手なラブコメアニメよりはるかにラブコメしてるしぜひ見て欲しい!!

白神葉子も委員長も他の子もそれぞれのキャラがあって良い。(とにかく委員長が可愛い、委員長キャラでトップクラス!)
狼男や校長が出てきてから面白さが増した。
主人公がちゃんと良いやつなので好感持てる(主人公の男友達たちも良い奴らなので尚良い)
絵柄で遠ざかってる人がいるかもしれないが作画は安定しているし一度見て欲しい。
紅本先生は不遇すぎるよ、、、、。

朱美みかんの登場回の前半が、、、幼馴染の咬ませ犬感が強すぎる、、、

二期が絶望的なのが残念

投稿 : 2018/02/15
閲覧 : 71
サンキュー:

4

ネタバレ

こっくん

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.5 作画 : 2.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ギャグ系ハーレム!

隠し事が出来ないことから『穴の開いたザル』、通称『アナザル』と呼ばれている高校2年生の黒峰朝陽。
彼には、密かに想いを寄せる相手がいた。ミステリアスなクラスメイト、白神葉子だ。しかし、彼女もまた、ある秘密を抱えていた。
実は彼女は……吸血鬼だったのだ!!しかも、正体がバレたら即退学!!そんな葉子の正体を知ったアナザル朝陽。吸血鬼だとバレてしまった葉子。
2人は秘密を共有し、一緒に高校生活を続けるため『秘密がバレたことを秘密にする』決意をする……が、学校では一筋縄じゃいかないアホカワ・ダメカワ・エロカワなヒロインたちがノンストップで大暴れ!!
朝陽は本当に秘密を守りきれるのか!?“ちょいアホ人外ヒロインラブコメ”の明日はどっちだ!!


吸血鬼の女の子と超いいやつの男の子のドタバタラブコメですね。
キャラクターは基本人間じゃないです(笑)
キャラデザとかがちょっと苦手だったけどストーリーとしては普通に楽しめました。

投稿 : 2017/12/06
閲覧 : 59
サンキュー:

3

ASKA

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

主人公の周りのヒロイン達の秘密

原作は少年チャンピオン連載していた漫画で、「じつわた」と略されます。

学園を舞台にしたラブコメなんですがファンタジー要素もあります。

隠し事ができない主人公で「アナザル」とあだ名で呼ばれる高校生「黒峰朝陽(くろみねあさひ)」がクラスメイトで想いを寄せる「白神葉子(しらがみ ようこ)」の秘密をしってしまいその秘密を守るために奔走します。また白神葉子意外にも新聞部で外道クイーンとあだなされる朱美 みかん(あけみ みかん)、クラス委員長の藍澤 渚(あいざわ なぎさ)、葉子の幼馴染。紫々戸 獅穂(ししど しほ) / 獅狼(しろう)、高校の校長「紅本 茜(こうもと あかね)」、クラス担任「紅本 明里(こうもと あかり)」などがいてそれぞれ秘密を持っている。基本的には軽いノリのラブコメです。
基本原作準拠でオリジナルストーリーは少ないです。

投稿 : 2017/11/09
閲覧 : 75
サンキュー:

13

にゃんちゃこ

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

人外ラブコメと言うらしい

キャラが出揃うまでちょっとキツイかなと
思ったけど、観てると段々面白くなって来ました。

投稿 : 2017/08/09
閲覧 : 73
サンキュー:

2

東条みつき

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

古き良きラブコメ

主人公は嫌味がなくいいやつで、白神葉子に一途なのが良い。
主人公の友人トリオが最高。
やっぱりラブコメは主人公以外の男性キャラが必須だと感じた。

投稿 : 2017/07/01
閲覧 : 56
サンキュー:

2

ネタバレ

ジュン

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ラブコメ実はわたしは、、、

見終わりましたー(*゚∀゚*)
なんだか2015年の作品にしては絵のタッチが少し古い?か個性的というか、、見る前にそんな感じがしてたー!

ストーリーは、、、すごく顔に出てしまう正直者でヘタレな主人公のあさひくんが前からすきだったようこちゃんに告白しようと教室に入ったらなんと羽が!吸血鬼と知る。。そこから始まるラブコメディ。。かな(*゚∀゚*)


みてみて、、、{netabare}なんだかんだのハーレム状態。。しかも最期、、多分お互いに好きになってるだろうに付き合うとこまでいかなぃとか。。私は不満足だなぁ。。。(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)
いろんな意味でおかしな部分もあったけど、、まぁ1番はようこちゃんのお父さんがデカすぎること。だけど。

あかり先生とあかねちゃんのやりとりが好きでした(*^ω^*)
そしてあいざわさんの空気読めずの恋愛への邪魔が続いたのが、、、私的には邪魔〜(T ^ T)はやくくっつく機会あげてあげてーと思ったょ(・_・;
{/netabare}


そうだなぁ、時間があったらみてみてもいいかなぁ(*゚∀゚*)

ぜひ!

投稿 : 2017/06/20
閲覧 : 60
サンキュー:

10

TAMA

★★★☆☆ 2.2
物語 : 2.0 作画 : 1.5 声優 : 3.5 音楽 : 2.5 キャラ : 1.5 状態:途中で断念した

絵が… 無理…

内容は良かったと思うんです。でもどうしても絵が受け付けられなかった。本当に残念でした。
昔感があってまったり観れるかなと思ってたんですがね。

絵が大丈夫で昔感のあるラブコメ好きならオススメですね。私は夜のプール回迄は観れました。

投稿 : 2017/04/25
閲覧 : 100
サンキュー:

5

えたんだーる

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

(少なくとも原作は)けっこう面白いのは知っています…。

「週刊少年チャンピオン」で連載していた原作はかなり好きでした。放送当時仕事が忙しくて視聴時間が取れずに断念しただけで、この作品自体に罪はありません。

人外の女の子ばかり出てくるラブコメディ。メインヒロインはヴァンパイアの葉子さんですが、私は委員長が結構好きです。

でもメガネの「フクちゃん」に対して邪険にする蜜柑も好きだし、獅穂も凜ちゃんも、あるいは紅本先生も茜ちゃん(校長)も、この作品にハズレキャラはいないと思いますよ。

投稿 : 2017/04/24
閲覧 : 123
サンキュー:

26

ネタバレ

古酒(クース

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

実は、はヤメロ

例えば、よくあるようなファミレスで食事をしていると、

そこに4,5人ほどの人が入ってくる
空いてる席に座り、机を囲む
囲んではいるが、楽しげな会話をしている様子はなく、

全員が無言で。みんなうつむいてスマホをポチポチしている・・・
{netabare}
私はこれ、言ってみれば「友達の更新日」だと思っている。
名前と顔を知っていて、定期的に会ってさえいれば
会話など特にする必要など無く「友達として更新される日」

実に素晴らしい仕組みだ

人はそれぞれに、他人に言えないような秘密や、公開したくない黒歴史や、
おぞましさを感じる性癖や・・・色々、いろいろあるんだよ・・・

うっかり会話してばれる位なら互いに会話せずに、更新された方が良い。

・・だけど、私はこれをメンドクサイと感じるのでやりません(キッパリ
会う必要ないじゃないか。会話せずにスマホポチポチするくらいなら・・
なので私は、友人と呼べる人は少ない。

少ないけれど「会話する友人」である
{netabare}
しかしそうなると、・・・どいつもこいつもぉ、どいつもこいつもぉ!
上に述べたようなことを、早い段階で話してくるのである。

A「実は私、霊感強くて霊が見えるの☆
私「お、おう・・・(突然何を言い出すんだこの子は!

B「実は私、リスカ癖があるんだ☆(手首チラリからの、ズタボロ手首
私「お、おう・・・(こんな嬉しくないチラ見せは初めてだ・・

別にそこまで知りたくないんじゃああああああ

・・時すでに遅し。
友達が増えると言うのは、厄介事も増えるんですね、わかってます。
{/netabare}
知らなくてもいい事を知ってしまうと、それなりの友人関係として
付き合わなくてはならず、上に書いたような

スマホポチポチしてるような人には、滑稽に見えるかもしれない

この作品もそんな感じだったよ!
{/netabare}

内容は、ラブコメ寄りかな。観やすい
絵柄は好みがあると思うけど
ヒロインがポンコツでかわいかったし、各キャラも良い感じで面白かったよ。

投稿 : 2017/04/01
閲覧 : 65
サンキュー:

8

k-papa

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

秘密だらけのナンセンスアニメ。

原作漫画。
原作未読。

秘密だよというばかりの内容。
実は全て公然の秘密ではないかと思ってしまう。

結局主人公はヒロインが好きなだけなんですけどね。

絵のタッチは実は好みではない。
まあ、それなりにカワイイが、もうちょっとなんとかならんかなぁ。

主人公頑張ってますが、ただ見ていて笑うだけ。

まあ、頭使わずに見ましょう。

投稿 : 2017/02/21
閲覧 : 62
サンキュー:

4

みのるし

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

おおきなこえではいえないが

今期のんのんびよりリピートと同じぐらい大好きで、めちゃくちゃおもしろいと思って見ています。こおゆうハナシ大好きです。

投稿 : 2017/01/30
閲覧 : 314
サンキュー:

5

井口ゆゆゆ

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

実は私は・・・

だがしかし、実は私は、坂本ですが。


<物語>
少し古臭い絵柄と内容で懐かしさ満点の作風でしたね、今これを放送するメリットはあまり無さそうですが。

<作画>
キャラクターのビビッドカラーは懐かしさを通り越して哀愁を感じます。

<声優>
ヒロインを演じるのは芹澤優さん、i☆Risのうちのどれかですね。
「プリパラ」のみれぃや「犬ハサ」のマキシ様などi☆Risの中でも一番声優として表舞台に出てくる方って印象です。
アイドルなのか声優なのかイマイチはっきりしませんが、顔は業界の中でも抜きん出てますね。
他の声優陣が芹澤さんと並んで写真を撮るとなかなか酷な現実を突き付けられます。

<音楽>
三大よく分からないアニソン歌手と言えば、アルスマグナ、ウミクーン、あと一つは決めてません。
そんなアルスマグナがOPを歌ってるわけですが、何なんですかねアルスマグナって。
とりあえずニコニコ出身のアーティストということは把握してますが、活動内容が意味不明すぎて。
とか言って「ひみつをちょーだい」って結構良曲なんですよねぇ、"胃痛くてもう吐きそう"って奴ですね、サビ前の絶妙な間が映像と相まって好きです。
これで女性声優に歌わせていれば完璧だったんですけど、まぁ多くは望みません。
EDは、久しぶりに聞きました、この良い感じにチープなラップ。
ヒルクライムって結構有名なヒップホップユニットだと思うんですが、活かし切れてないですね。
"実は私は~"を復唱するとこが滅茶苦茶ツボに入って、聞くたびに腹を抱えて笑ってました。

<キャラ>
緑髪で大阪弁というディスアドバンテージを跳ね返す白神葉子というキャラクターは賞賛に値しますね。
タイトルにもある通り作品の根底に関わってくる部分だとは思いますが、誰にも知られたくない秘密を握っているというシチュが功を奏したのでしょうか。
それと縛り付けてホースで水を流すという天才的な発想に漕ぎ付けた点も評価したいですね。
幼馴染のみかんの手芸ですが、初めて見た時は感動で手足が震えました。


どことなく「ロザリオとバンパイア」っぽさを感じさせる作品でしたね。
まぁあっちは人間が妖怪の学校に混じるって真逆の内容でしたけど、こういう健全にエロスなアニメが1年に1本あると落ち着きます。

投稿 : 2017/01/07
閲覧 : 71
サンキュー:

4

だいふく

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ラブコメとしては王道。

人外系ラブコメですね。
毎回ドタバタ進みます。

アニメとしてはヘタな湾曲や胸糞悪い展開もなく見やすい部類に入ると思います。

最近の作品と比べれば、月刊少女野崎くん以下って感じのラブコメですねぇ。

それはさておき、挿入歌がMINMIでエンディングがヒルクライムってある意味スゲェよ。
オープニングだけ誰コレ?だよwww

投稿 : 2016/08/27
閲覧 : 75
サンキュー:

3

〇ojima

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

実は私はなかなか楽しめた。

毎週なかなか楽しみに観ていました。
分かりやすい設定だったしハッピーエンドだったので良しです。
続くような感じだけど、Ⅱ期が無くても納得かな。これからもドタバタが続くよって感じでね。 外道と下系はこのアニメには不必要だったかなと思います。


10話も楽しかったです。
顔芸もウリですね。あの顔見ただけでも笑えちゃいました。
下ネタ部分は全くいらない程十分楽しいアニメだと思います。


4話。委員長の回。アクシデントの連続!!とても笑えました。
以降も観てますが、また面白い回があると良いなと期待しています。

投稿 : 2016/07/28
閲覧 : 323
サンキュー:

23

384

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.0 作画 : 2.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ちょっぴり古臭い感じは、あえて…なのかしら?

主人公の回りの女の子たちが実は〇〇な、学園ドタバタハーレムラブコメ。

キャラデザとか、毎話Aパートの始めにタイトルを声に出して読み上げるところとか、全体的にちょっと古くさくてあまり深夜アニメっぽくなく、萌え度は低めかな。

テンポは良く内容も深くないので、頭使わずさらっと観れたし、思わずクスッと笑えるシーンもあったのは良かったが、
ラストはちょっと不完全燃焼というか、もう少し盛り上がりが欲しかったな。




あと、余談ですが、
ヒロインの関西弁(不自然ではないけど完璧とまではいかない)聴いてたらスケットダンス観たくなって…脱線しました(笑)

投稿 : 2016/06/01
閲覧 : 121
サンキュー:

5

ぢうく

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:途中で断念した

てんぷれ?

割とテンプレ通りな印象。時間があれば全話みれたかも?

EDがヒルクライムで笑った。

投稿 : 2016/05/26
閲覧 : 74
サンキュー:

2

ネタバレ

agraz19976

★★★★☆ 3.7
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

顔芸に特化した人外ラブコメディ

嘘がつけない性格、通称・アナザルと呼ばれている主人公の黒峰朝陽(くろみね あさひ)と、ミステリアス系な美少女かと思いきや、おっちょこちょいで子供っぽい性格の「実は」吸血鬼の白神葉子(しらがみ ようこ)たちが繰り広げるハイテンションラブコメディが今作。

「実は○○」というテーマを軸にヒロインたちと朝陽の学園生活が展開していくんですが、吸血鬼とのラブコメディ作品といえば真っ先に思い浮かんだのが、2008年に2期まで放映された「ロザリオとバンパイア」でした。
あの作品は、人外たちの学校に人間である主人公が紛れ込み、人間であることがバレないように過ごし時には恋愛、時には異能アクションなどどちらかというとシリアス調が含まれていた作品でしたが、今作は人間である朝陽たちの学校に葉子たち人外キャラがちらほら紛れ込んでいるという逆の設定になってます。
更にバトルアクション的な要素はほぼ無く、キャラの個性を活かした奇行などのギャグ要素が強い作品なので本当にロザリアとバンパイアと対になる作品だなと思いながら観ていました。

今作の面白かったところが、キャラクターたちが急に変顔になるんですw
何かを誤魔化す時や驚いた時の変顔が結構気に入ってて、それを見る度爆笑してました。特に紅本先生と校長が出る回は顔芸が酷いですww

設定的な部分になると、朝陽の嘘を隠せない「アナザル」な性格の部分ですが、他のアニメの主人公もそんなもんじゃねw?と思ってしまいました。
他のアニメは誰も指摘していないだけで、今作に関しては他のキャラがイジッてるというだけであまり設定を活かせてるとはいえてなかったかなと思いました。

あと、獅穂の二重人格の男の方は1話きりの登場でその後出演が無かったのが少し寂しかったかなw

最後に、委員長かわいすぎて嫁に欲しい(願望)

投稿 : 2016/05/18
閲覧 : 113
サンキュー:

9

りびんぐでっど

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ドタバタ学園ラブコメ

原作は未読。
キャラの顔が独特で、最初は馴染める気がしなかったんですが、ストーリー展開、ギャグの応酬などテンポがよく、気楽に楽しみながら観ることができました。

ただ主人公の隠し事が出来ない設定が、あまり活かせてる感じはしなかったですね。

あとOPとED。
曲としては悪くないと思いましたが、せめてどっちかだけでも歌い手は女性の方が良かったんじゃないかな、と。

投稿 : 2016/03/15
閲覧 : 87
サンキュー:

7

ネタバレ

Nabii

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

C

・主人公は嘘がつけない(後半設定薄い)
・ラブコメ系
・吸血鬼に恋してそれを隠す的な

投稿 : 2016/03/01
閲覧 : 78
サンキュー:

1

ジャック

★★★★☆ 3.2
物語 : 4.0 作画 : 2.0 声優 : 4.0 音楽 : 2.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

最初は面白いが・・・

後半にかけて若干のマンネリ感が否めない。
ヒロインの関西弁は非常にGood!

投稿 : 2016/02/14
閲覧 : 105
サンキュー:

1

まめ

★★★☆☆ 2.1
物語 : 1.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 1.5 キャラ : 1.5 状態:途中で断念した

中学生の妄想かな?

王道ハーレムのツギハギで、欲求不満の作者の妄想をすべて詰め込んだような話。

投稿 : 2016/02/14
閲覧 : 82
サンキュー:

1

Komugi

★★★☆☆ 2.8
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 2.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

平均を行くマイナー作品

基本ハーレム、特にラノベ原作作品にあるようなハーレム(はがない、さえかの、あにあいあたり)がを好きでないのですが、これは拒否反応は出ませんでした。

【物語】
コメディ寄りのラブコメです。
つまらなくなく、かといってこれと言って強烈な面白味があるわけでもなかったです。

【作画】
目立った崩壊はありませんでした。
原作のキャラデザから外れすぎないようにアニメのキャラデザを作ったのでしょうけど、独特なのでそこが好みがわかれるところだと思います。
キャラデザに関係ありませんが、顔芸をやるならヒロインももっとやってほしかった。

【声優】
可もなく不可もなく。
主人公の優柔不断感も出ていてそこは◎
ただとびぬけてよかったキャラもいませんでした。

【音楽】
BGMは問題ないです。
OP・EDはなぜこんなのにしたのでしょうか?
アニオタに好まれるタイプの歌手じゃないでしょうに。
あとOPの最後に入る音がWindowsのUSBからデバイスを外した時の音に似ていて、PCで見てるので確認してしまいました。

【キャラ】
可もなく不可もなく。
もうちょっと男友達とのエピソードがあってもよかったくらいでしょうか。

【総評】
キャラデザさえ受け入れるのであれば特にこれと言って欠点のない作品でした。
ただそれと同様にこれといった面白さもないのが最大の欠点でしょうか。
ちょっと人には推しづらいです。

投稿 : 2016/02/01
閲覧 : 69
サンキュー:

3

デュフフ

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

普通

面白かったけど、ほんと普通

投稿 : 2016/01/25
閲覧 : 93
サンキュー:

2

K

★★★★★ 4.3
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ヮ(゚д゚)ォ!

OPとEDがこの手のアニメにしては珍しくかっこいい感じでヨカターヨ・゚・(ノД`)・゚・
実は私は( ^ω^)・・・

投稿 : 2016/01/13
閲覧 : 72
サンキュー:

2

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

典型ラブコメ

良くも悪くも典型的な学園ラブコメ

ヒロインたちの秘密を知ったことをきっかけに仲良くなっていくという王道の内容で、話自体は安定した感じでした

残念なのは主人公の“嘘が下手”という設定がほぼ活かされていないこと。
自分も途中でその設定を忘れかけていました(^_^;)

逆に良かったのは、BGMのタイミング。「この場面でこのBGMかww」と、思わず笑ってしまうBGMの入れ方はセンスを感じましたww

また、op、edも良曲だったなと思います
自分もedがヒルクライムだったことから興味を持って見始めましたし

投稿 : 2016/01/02
閲覧 : 83
サンキュー:

6

次の30件を表示

実は私はのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
実は私はのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

実は私はのストーリー・あらすじ

隠し事が出来ないことから『穴の開いたザル』、通称『アナザル』と呼ばれている高校2年生の黒峰朝陽。
彼には、密かに想いを寄せる相手がいた。ミステリアスなクラスメイト、白神葉子だ。しかし、彼女もまた、ある秘密を抱えていた。
実は彼女は……吸血鬼だったのだ!!しかも、正体がバレたら即退学!!そんな葉子の正体を知ったアナザル朝陽。吸血鬼だとバレてしまった葉子。
2人は秘密を共有し、一緒に高校生活を続けるため『秘密がバレたことを秘密にする』決意をする……が、学校では一筋縄じゃいかないアホカワ・ダメカワ・エロカワなヒロインたちがノンストップで大暴れ!!
朝陽は本当に秘密を守りきれるのか!?“ちょいアホ人外ヒロインラブコメ”の明日はどっちだ!!(TVアニメ動画『実は私は』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2015年夏アニメ
制作会社
トムス・エンタテインメント
主題歌
≪OP≫アルスマグナ『ひみつをちょーだい』≪ED≫Hilcrhyme『言えない 言えない』
挿入歌
MINMI『ホログラム』

声優・キャラクター

花江夏樹、芹澤優、水瀬いのり、上田麗奈、内田彩、M・A・O、新田恵海、平川大輔、羽多野渉、下野紘

スタッフ

原作:増田英二(秋田書店『週刊少年チャンピオン』)、 監督:山本靖貴、シリーズ構成:山下憲一、キャラクターデザイン:丸藤広貴、美術監督:加藤靖忠、色彩設計:山上愛子、撮影監督:設楽希、編集:坂本久美子、音楽:松田彬人、音響監督:たなかかずや

このアニメの類似作品

この頃(2015年夏アニメ)の他の作品

ページの先頭へ