新メニュー「非本格・叙述ミステリ風ホラー ~シェフのきまぐれSFファンタジー要素を添えて~ 」でございます。ひぐらしのなく頃に解(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「ひぐらしのなく頃に解」

よみがな:ひぐらしのなくころにかい

放送時期:2007年夏アニメ(2007年7月~2007年12月)

★★★★☆ 4.0
物語:4.3 作画:3.7 声優:4.0 音楽:4.0 キャラ:4.1
総合得点 86.4
感想・評価 2593
棚に入れた人 11786
ランキング 107
昭和58年の夏、都会から遠く離れた鹿骨(ししぼね)市にある寒村・雛見沢の夕暮れ時にはひぐらしの合唱が木霊していた。
圭一達いつもの部活メンバーは、他愛のない日常を過ごしていた。ただ、その平穏な日常を一変させるあの日が近づいて来ていた。
毎年6月に行われる祭「綿流し」。過去4年続く、祭りの日に繰り返される惨劇…。はたして、惨劇は今年も繰り返されるのだろうか?それとも…。(TVアニメ動画『ひぐらしのなく頃に解』のwikipedia・公式サイト等参照)

ニワカオヤジさんの感想・評価

2018.03.10 11:02 ニワカオヤジの評価 | 観終わった| 195が閲覧 ★★★☆☆ 3.6 評価対象: ひぐらしのなく頃に解(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 3.0  キャラ : 4.0

新メニュー「非本格・叙述ミステリ風ホラー ~シェフのきまぐれSFファンタジー要素を添えて~ 」でございます。

一期、二期を通して一周しただけなので、二周すると印象が変わるかもしれませんが、一周目の感想です。

一期のホラー展開が、 {netabare} 全て被害妄想の産物でしたというオチは、ミステリとSFのどちらの観点からも納得できかねるものでした。 {/netabare}

SFとしては、
・リカが {netabare} 同じ時間をループする原因についての描写がないので、シュタゲ、まどマギのような説得力がなくご都合主義にしか見えない。 {/netabare}
・羽入が {netabare} 人として顕現できた理由がない。そもそも羽入が要らない。 {/netabare}

ミステリとしては、
・わざわざ「解」とつけるのは本格ミステリ的な表現ですので、当然本格ミステリを期待していました。本格ミステリとは、出題編で謎についての全ての情報が提出されて、視聴者が解答を予想する。けど絶対に解けなくて、解答を見てなるほど!と爽快感を得るジャンルです。本作では {netabare} 「解」になってから初めて開示される情報が多く、本格ミステリとしては成り立ちません。
・叙述ミステリとしても穴があったように思いますが、これについては二周して確認したいと思います。 {/netabare}
・考察サイトなどを見ると、 {netabare} 「ミステリなのに解答にSF要素を入れてある」ことを批判しているところがありましたが、これは的外れと思います。SFと本格ミステリというカテゴリは相反するものではありませんし、SF本格ミステリで優れた作品はたくさんあります。 {/netabare}

他に気になった点

・終盤、圭一とレナに {netabare} 見せ場がなくモブキャラに成り下がり、代わりに魅音がカッコ良くなりすぎ。 {/netabare}

・リカの {netabare} ロリキャラと100年生きてますキャラの声のギャップ。口調が変わるのは良いとしても、体は小学生のままなので声変わりするはずがなく、音程が低くなることに違和感がありました。もちろん、田村ゆかりさんの演技を批判している訳ではありません。声質も、声を変えられるところも非常に好きです。演技指導した側の問題と思います。 {/netabare}

 サンキュー(20)

このレビューは参考になりましたか?
『この人をキャッチ』を押すと、この人が新たにレビューを書いた時に、アナタのマイページに通知され、見逃す心配がなくなります。 アニメの趣味が合いそう、他のレビューも読みたいと思ったら、とりあえずキャッチしてみましょう。

これらの口コミはユーザーの主観的なご意見・ご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
口コミの内容に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。