誰かを守るということは・・・精霊の守り人(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「精霊の守り人」

よみがな:せいれいのもりびと

放送時期:2007年春アニメ(2007年4月~2007年9月)

★★★★★ 4.1
物語:4.2 作画:4.2 声優:3.9 音楽:3.9 キャラ:4.1
総合得点 79.4
感想・評価 1109
棚に入れた人 5772
ランキング 228
女用心棒のバルサはふとしたことから新ヨゴの第二皇子チャグムの護衛を依頼される。彼はその身に、この世(サグ)と重なって存在する異世界(ナユグ)の水の精霊ニュンガ・ロ・イム〈水の守り手〉の卵を宿していた。チャグムは、威信を守るため息子を秘密裏に殺そうとする父帝と、ニュンガ・ロ・イムの卵を食らうナユグの怪物ラルンガの両方から命を狙われている。チャグムを連れて宮から脱出したバルサは、卵がチャグムの体を離れる夏至まで、幼馴染の呪術師タンダやその師匠のトロガイと共にチャグムと暮らし始める。(TVアニメ動画『精霊の守り人』のwikipedia・公式サイト等参照)

でこぽんさんの感想・評価

2018.05.15 00:09 でこぽんの評価 | 観終わった| 257が閲覧 ★★★★☆ 4.1 評価対象: 精霊の守り人(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.5  キャラ : 4.0

誰かを守るということは・・・

とても良い作品でした。
この物語は、命の尊さを根底に置きつつ、人を守ることの大切さ、大変さを、しっかりと説明しています。
そして、この世ともう一つの世界(ナユグ)とを描いたファンタジー要素も描いています。

あらすじ:
新ヨゴ王国の第二皇子チャグムは、精霊の卵を宿したため帝の命令を受けた刺客から命を狙われます。
短槍使いの女性バルサがチャグムを守り、やがて精霊の卵が孵化するまでの
出来事を描いています。

この物語の主人公は、バルサです。
バルサはどんなことがあろうとも刺客の命を奪うことはありません。
「人の命を助けるために誰かの命を奪ったのでは意味が無い」
それがバルサの信念です。
しかし、その信念を貫くには、大変な努力と覚悟が必要です。
バルサ自身も、幼い頃に命を狙われた経験があり、父親の親友から守られていました。バルサは、壮絶な過去を背負って生きています。

バルサもチャグムも、理不尽な世の中のために想像を絶する苦労をします。しかし、二人とも決して希望を捨てません。わずかな望みがあれば、必死にあがきます。
だから、このアニメを見ると、前向きになれます。

原作は、上橋菜穂子さんです。
上橋さんの「守り人シリーズ」は、精霊の守り人をはじめとして10巻ほどあり、それは一つの壮大な物語としてつながっています。
精霊の守り人は、その壮大な物語の最初の部分です。

このアニメを見て好感を持たれた方は、上橋さんの「守り人シリーズ」を読まれることをお勧めします。
上橋さんの小説は非常に読みやすく、人の心の悲しみや状況を丁寧に説明されています。

 サンキュー(34)

このレビューは参考になりましたか?
『この人をキャッチ』を押すと、この人が新たにレビューを書いた時に、アナタのマイページに通知され、見逃す心配がなくなります。 アニメの趣味が合いそう、他のレビューも読みたいと思ったら、とりあえずキャッチしてみましょう。

これらの口コミはユーザーの主観的なご意見・ご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
口コミの内容に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。