「その着せ替え人形は恋をする(TVアニメ動画)」

総合得点
80.5
感想・評価
471
棚に入れた
1427
ランキング
412
★★★★☆ 4.0 (471)
物語
3.9
作画
4.2
声優
3.9
音楽
3.8
キャラ
4.1

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

ネタバレ

タック二階堂 さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

「その着せかえ人形」に恋をした1クール。

詳細は公式でも観てください。

スクエニ『月刊少年ガンガン』連載中の福田晋一さんによるコミックのアニメ化作品です。制作は、今期サンフレッチェを放つCloverWorks。これは放送順的に「二の矢」という位置付けとなります。

というわけで…

=====第1話視聴後、所感です。
{netabare}{netabare}
埼玉県岩槻の人形屋の小セガレ(コミュ障)・ワカナが、ふとしたきっかけでクラスのカースト上位女子・喜多川さんと絡むことになり、実はコスプレ趣味だった喜多川さんからコス衣装を作ってほしいと頼まれることに…
{/netabare}
というお話です。

ストーリー、作画、すべて完璧な初回でした。

コミュ障のオタク男子にやさしいギャル系女子。でも、実は彼女もオタク趣味がありました。で、自分の好きな趣味を理解してくれない男はお断り。自分の趣味のためなら、初めて話す男の前で簡単に肌を晒し、巨乳の谷間を出し出し、クルッと身体を回転させて黒と紫のパンツ&ハミ尻見せ見せ…

すべてのオタクの萌え願望がここにありました。

うん、おそらく視聴していたオタク男子の大半が、常時半勃ち状態で最後まで観ていたんじゃないでしょうかね。
CloverWorksの秀逸な作画で、これを見せられたらたまらないでしょう。

最後に、非オタの奥さんのセリフを記しておきます。

「いい年をしたおっさんが、こんなアニメを喜んで観ていたら軽蔑する」
そういうアニメだということを認識して、こっそりと1人で観ることをおすすめします。
{/netabare}
=====第2話視聴後、追記です。
{netabare}
あー、なるほど。そっちに舵を切りましたか。

内容はまったくないです。ただただ、コス衣装を製作するのために採寸が必要ってことで、喜多川さんがワカナの家に来て、下着よりもエロい水着姿になり、おっぱいをバインバイン揺らせながら身体のサイズを測っていくだけですから。

ま、ワカナと同じく、視聴したオタク男子総勃ちでしょう。

こりゃ、家族や彼女の前では観られないアニメでしょうね。

この作画でエロに振ってくれるなら、実用度は「終末のハーレム」なんか比じゃないレベルでしょう。ただし、物語性を求めるなら少し難しくなったというのが、この2話での印象です。
{/netabare}
=====第5話視聴後、追記です。
{netabare}
恋に落ちる音がした…

上手いですねぇ。まーたエロに振ったオタクの願望を叶えるためだけの話かと思いきや、主人公ふたりが、それぞれ恋に落ちる瞬間を見事に演出してくれました。

細々とした作画描写も、本当に巧み。完璧な衣装ではしゃいでぴょんぴょんする喜多川さんとか、帰りの電車でワカナから「キレイ」と言われたときの、あたふたした表情の喜多川さんとか、ホントに生き生きとしたアニメーションで素晴らしいです。

エロで釣っているだけと思っているなら、それは見方が間違っているのかもしれないですね。今期の話題作になっているのは、そういったきめ細かい作りだからこそだと思います。だって、エロで釣るだけの作品が人気になるなら「終末のハーレム」が覇権のはずですからね。
{/netabare}
=====第6話視聴後、追記です。
{netabare}
いやあ、まいったまいった。
こりゃ覇権ですわ。完璧。

良かったところを箇条書きしていきましょう。
・ワカナへの恋心を自覚した喜多川さんの恋する乙女っぷりが可愛いのなんの
・新キャラのロリ系レイヤー・ジュジュもまた可愛いですね
・しかもCVが種崎敦美さんときました。文句なし
・ドラマインドラマのフラワープリンセス列!!が、しっかり設定まで練られてる。しかもアス比もちゃんと4:3で作り込んでる
・しかもCVに、るんるんと桑島法子さんときました。ガチじゃねえか笑
・ストーリーも自然。喜多川さんのコス写真見て、イベント来て衣装を作ったのがワカナって知って…というのもちゃんとしてます
・そして微エロも忘れない笑

これが覇権じゃなくて、何が覇権だって話です。
文句なし!
{/netabare}
=====第7話視聴後、追記です。
{netabare}
「しゅきぴ」ってなんだろうね?
と思ったら、好きピープルが転じてしゅきピになったみたいですね。

でまあ、すっかり喜多川さん、恋する乙女ですね笑

恋に落ちる瞬間を観た視聴者は、そこからどんどんワカナのことを意識する喜多川さんが可愛く見えて仕方ないですね。

しかも、新たに登場したジュジュも、これまた可愛い。さらに、写真担当の妹も、爆乳で長身で可愛いという。

萌えラブコメの王道を突き進む、今期覇権候補筆頭…と思っていた時期が私にもありました。後ろに控える同陣営の「明日ちゃん」さえなければ…
{/netabare}
=====第8話視聴後、追記です。
{netabare}
Bパートの海デートでニヨニヨという内容にも文句がつけようないのですが、今回は細かい部分でスタッフの頑張りが光ったので、そのへんを。

Aパート。カメラ(写真)に関するエピソード。現在の一眼レフ(おそらくミラーレス一眼かな)の相場的なことを調べるのは、まあ当たり前としても、たとえば人物撮影は逆光で、レフ板を使って光を起こしたほうがキレイとか、しっかりとしたリサーチのもとに描いている印象を受けました。まあ、原作からなのか、アニメオリジナルなのかはわかりませんが。

Bパート。埼玉の少年少女が江ノ島に海デートというエピソードです。おそらく、片瀬江ノ島の前に腰越に寄って、しらすバーガーを買ってきたと思われます。で、トンビがそのバーガーを持っていっちゃうという。

これ、きちんと調べたか、そこの土地の状況を知っていないと描けない描写だと思います。

こういった細かい設定などをしっかりと作り込んでいるからこそ、面白さが増すというものでしょう。スタッフが、この作品を面白くしようという意気込みを感じる回だったと思いますよ。その頑張りを1/100でもいいから、RGBのトンデモアニメのほうにも回してもらえれば…
{/netabare}
=====最終話視聴後、感想です。
{netabare}
少し気持ち悪いことを書きますね。

アニメとか漫画作品、特にラブコメの場合、「どれだけヒロインを好きになれるか」というのが、良作かどうかの判断基準だと思っています。

その意味では、本作の喜多川海夢は完璧なヒロイン。性格的な面もそうですが、なんといってもCloverWorksが描く質感(肉感?)が、あたかもそこにいるかのように生き生きとしていて、これは惚れるでしょうという魅力的な人物像に描かれていました。

そう、平たく言えば“キャラに恋する”という感じです。喜多川海夢に恋をした1クールでした。

表層的なことからみれば、オタク男子の萌え願望を映像化した作品であり、コミュ力の高いギャル系の美人JKが、実はコス趣味のオタク気質で、主人公にぐいぐい惹かれていくという、んなわけないでしょ、な作品です。

「こんなイケてる可愛いギャルが、俺に好意を持つなんて」という感情を、視聴しているオタク男子たちが共感を持って観ている図式です。だからこそ、ワカナと一緒に喜多川さんを見ると照れてしまう。この瞬間、シンクロ率40%ぐらいだった感じ。

こういった作品に仕上がったのも、やはりCloverWorksの高い作画技術があってのことだとは思います。そして、メインヒロイン役に大抜擢された直田姫奈さんのCVも素晴らしかったですね。少しハスキーなギャルっぽい声、不自然のないギャル語、恋する乙女(笑)の演技etc.、完璧なヒロインでした。

こういう作品こそ、“ロス”になるんだろうなと実感しています。いや、素晴らしかった。文句なし!
{/netabare}

投稿 : 2022/03/28
閲覧 : 322
サンキュー:

14

その着せ替え人形は恋をするのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
その着せ替え人形は恋をするのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

タック二階堂が他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ