ユーリ!!! on ICE(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「ユーリ!!! on ICE」

よみがな:ゆーりおんあいす

放送中:2016年秋アニメ(2016年10月~放送中)

★★★★☆ 3.9
物語:3.8 作画:4.1 声優:3.9 音楽:4.0 キャラ:3.8
総合得点 67.0
感想・評価 338
棚に入れた人 1181
ランキング 1066
日本中の期待を背負って挑んだグランプリファイナルで惨敗…
故郷吸収に帰ることになったフィギュアスケーター勝生有利。

「現役続行と引退はハーフ ハーフ…」そんな気持ちで実家に引きこもっていた勇利のところに突然やってきたのは世界選手権5連覇のヴィクトル・ニキフォロフで…

日本の崖っぷちスケーター勝生勇利と、ロシアの下克上スケーター ユーリ・プリセツキー。

2人のユーリと、王者ヴィクトル・ニキフォロフで挑む前代未聞のグランプリシリーズが今、幕をあける!(TVアニメ動画『ユーリ!!! on ICE』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 338

2017.01.25 00:15   ケニィ  の評価 | 観終わった| 13が閲覧 ★★★☆☆ 3.6 評価対象: ユーリ!!! on ICE(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 3.0  声優 : 4.0  音楽 : 3.5  キャラ : 3.5

序盤 ハマっただけに とても残念

フィギュアスケート ベース

オススメできる作品だと思います

ただ… 自身は序盤ハマりすぎて
みな魅力あるキャラ (人❛▽❛)でしたが
中盤以降 ときどき??となってしまいました

後半の こ…これはBL路線に走るのか?
には…正直ひいてしまいました

特に {netabare} 男同志の指輪交換 {/netabare}は…
ち…ち…ちょっと…

リアルなフィギュア大会を視聴してきたので
クオリティーが高いとおっしゃっている方も
いらっしゃるようですが…

難しいですよね
やはり…

大会チョイス曲なども 
同じように聴こえてしまい
選手それぞれ 個性がある曲を用意している
というリアルには遠かった気がします


厳しい言葉で言ってしまうと
リアルより美しくなるのが「アニメ」
と思っているのですが
やはり「リアル」以上を描くのは
難しいんだな…と

少しマイナスな書き方をしてしまいましたが
一見の価値ある作品だと思います

 サンキュー(1)
ネタバレ
2017.01.22 08:49 なつの評価 | 観終わった| 26が閲覧 ★★☆☆☆ 2.6 評価対象: ユーリ!!! on ICE(TVアニメ動画) 物語 : 2.0  作画 : 3.5  声優 : 2.5  音楽 : 3.0  キャラ : 2.0

正直に言うと、途中でやめたくなった。

世間で評価の高い作品なので、勉強と思って最後まで見たがとても退屈だった。

私が退屈した主な理由は次の3つだろうと思う。

①登場人物の演技につながる動機形成の説明があまりにも単純
登場人物はみんな、リンクの上で演技するにあたり、1つの動機しかもっていないように見える。例えば恋愛、超えたい存在、自己証明など。人間関係も同様に1つの関係には1つの感情というふうに単純化されている。
現実の人間関係や行動の動機は非常に複合的で複雑なものだ。現実と同じである必要は全くないが、本来複雑なものをたった1つの要素だけで説明しているので、話がぺらぺら薄っぺらい。

②感情の表出の描写ががさつ。
特に愛が絡まるとき、感情の表出としての行動や動作は複雑で繊細でセクシーなものだが、このアニメの登場人物たちは恋愛の機微というものを全く分かっていないように見える。彼らの感情表現はがさつで、こちらの心のひだを刺激してくれない。

③フィギュアスケートに限らず芸術性が演技の重要な要素であるスポーツをアニメで表現するのは大きな難題だが、この作品もクリアできていない。
採点で技術点にあたる部分はなんでもできる。主人公に5回転を降りさせることも、目にもとまらぬ高速スピンや2メートルのバレエジャンプだってやらせることもたやすい。
構成点の部分は事情が違う。「観客が演技に魅了された」というなら、観客が魅了されるだけの音楽や振り付けや身のこなしを描写しなければならない。つまり実際の振付師と同じことをしなければならないということだが、それができていない。

良いと思ったこと。
①背景。
特に質感についてはっとすることがあった

②スケーティング動作の描写。
正確で繊細。ときどき写実性を捨てて極端ではなく、太めの輪郭で人物が伸び縮みするような描き方をしているシーンがあって、それも躍動する身体の表現としてリアリティがあっておもしろかった

 サンキュー(5)
2017.01.22 01:22 ぽ~か~@冬期講習の評価 | 観終わった| 97が閲覧 ★★★☆☆ 3.9 評価対象: ユーリ!!! on ICE(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 4.5  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 3.5

序盤は面白かったけど・・・

男子フィギュアスケートを題材にしたアニメ
っていうだけでまずスゴイなぁと思います

私が子供の頃はフィギュアスケートには女子しかないんじゃないか
って錯覚しそうなくらいに男子フィギアの扱いは悪かったです
ペアスケートやアイスダンスといった種目が
いまでもほとんどメディアに取り上げられないのと同様
当時日本人が活躍していなかった男子フィギュアは
ほとんど注目されることはありませんでした
この作品に解説者として本人役で出ていた本田武史の時も
個人として注目されることはあっても
競技としての注目度は依然低いままでした
そのあと高橋大輔のあたりから大きく流れが変わり
いまやグランプリファイナルのチャンピオンは毎年日本人
私の周りにもたくさんの男子スケートファンがいます
それもただの個人推しではなく競技そのものに魅了された人たちです
いや、まさかこんな時代が来るとは思いませんでした

この作品はグランプリファイナル最下位だった選手が
新コーチのもとでグランプリファイナル優勝を目指す!
というのが大筋なのですが
まずこの時点でちょっとおかしいんです

最近日本人がグランプリファイナルで活躍することが増えて
マスコミもグランプリファイナルを世界最高峰の戦いなんて喧伝していますが
スケートの世界でオリンピックと並んで最も権威のある大会は
グランプリシリーズではなく世界選手権なんです
ヴィクトルが五連覇しているというやつです
そしてその下が欧州選手権・四大陸選手権で
グランプリファイナルは格付けとしてはそのさらに一段階下になります
実際ヨーロッパの選手の中には欧州選手権や世界選手権のために
グランプリファイナルを欠場する選手もいたりします

そもそもグランプリシリーズのシード・招待選手選出自体
前年のグランプリファイナルの結果ではなく
前年の世界選手権を基準に行われます
日本選手権で失敗した主人公勝生勇利には
世界選手権にも四大陸選手権にも出ることができていません
そうなるとまずグランプリシリーズに2大会アサインもらえる事すら
確実ではないレベルの成績ということになってしまうので
そこからでも目指せる世界選手権に照準を絞るならともかく
グランプリファイナルにこだわる理由がまったくわかりません
さらに言うと日本人と違ってグランプリファイナルを神格化していない
世界中のライバルたちが世界選手権への前哨戦としてではなく
まるでシーズンの集大成のように
グランプリファイナルにこだわっているのはもっと理解不能です

結局のところ何が言いたいかというと
{netabare}ファイナルの魔物に呑まれたJ.J.って展開に本当に失望した
J.J.のファンなのかとかそういう問題じゃなくて
むしろいつもながらクソうざい(誉め言葉)宮野節に
どちらかというと反感を持っていたくらいだったのですが
世界選手権やオリンピックならともかくグランプリファイナルでそれなの?
いくらなんでもそれは小物過ぎない?
っていうのが正直な感想です
そこまで最大の障害として描いてきたラスボス的存在が
主人公が特に何もしなくても自滅して終わりましたというのは
繊細なメンタルスポーツであるフィギュアスケートの世界では
十分にリアリティのある流れだとは思いつつも
やっぱりそれはスポ根アニメとしては完全にアウトですよ
同時期に放送していたハイキューで例えるなら
青葉城西に勝って決勝に進んだら白鳥沢は準決勝で負けちゃってました☆ミ
くらいの締まらない展開です{/netabare}

終盤まではBL要素に関してはほとんどスルーしていて
別にBL要素には全く興味はないけれど強い抵抗もないので
スポ根として十分面白いからという理由で続けてみていました
それが最後の最後に梯子を外されて
「このアニメをスポ根として観るのは止めてBLアニメとしてお楽しみください!」
と言われているような何とも言えない気分で終わることになりました

全体的にスケートシーンのクオリティは高く
後半は若干マンネリズムを感じましたが
よくできていたと思います
終盤のストーリー展開に失望しなければ
BLものと敬遠せずにぜひ見てほしいと推薦するところなのですが
残念ながらBL要素にときめかない人にはお勧めできないというのが
最終的な判断になってしまいました

 サンキュー(21)
2017.01.21 13:30 知盛の評価 | 観終わった| 31が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: ユーリ!!! on ICE(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

どうなきっかけでもいいので見ていただきたい作品

すでに十分な話題が上がっている作品なので今更語れるほどの表現力が自分にはなくて大変悔しいです。
入り口はどんな気持ちからでもかまいません、話題作だからふーんと思う所からでもいいですし、極端に言えば「腐女子と媚びてる」と決め付けて蔑む目的でさえかまいませんので、一度は最初から最後まで観てください。実際最後まで観てはやり生理的に受け付けなかったという人も必ず存在するとは思いますが、それでもこの作品を観るという行為自体は無意味じゃないと自分は思います。
どうか、一度でいいので、触れてみてください。

 サンキュー(0)
ネタバレ
2017.01.20 15:36 きつね丸の評価 | 途中で断念した| 75が閲覧 ★★☆☆☆ 2.0 評価対象: ユーリ!!! on ICE(TVアニメ動画) 物語 : 1.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 2.0  キャラ : 1.0

1話の冒頭でギブアップ

主人公(?)っぽいユーリ(大会で最下位?)
そいつがやたらテンション高いなーとか思ったら、いきなりトイレの個室でメソメソ開始
そんで面識のない(?)金髪のトップスケーター(?)がそのトイレ個室をBONと蹴る。
で、その金髪スケーター「二人もユーリはいらねえ」(?????)

テンポの良さ
興味の引き方
共感性
…etc
魅力を伝える上で色々なアプローチはあると思うけど、これはただただ意味不明すぎた。
まともなスポーツ物を期待したけど、序盤から奇をてらいすぎだろうと。
もう少し見せ方を練るべきだと思う。

 サンキュー(6)

ユーリ!!! on ICEのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
ユーリ!!! on ICEのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。