「Darker than BLACK-ダーカーザンブラック 黒の契約者(TVアニメ動画)」

総合得点
88.6
感想・評価
3433
棚に入れた
18313
ランキング
69
★★★★☆ 4.0 (3433)
物語
4.1
作画
4.0
声優
3.9
音楽
3.9
キャラ
4.1
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む
ネタバレ

ロッタ

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

2話完結の切ないストーリー

ずっとずっと昔から見たいと思っていた作品です。
Dアニメストアを契約しやっと見ることが
できました♪

異能を操れる契約者と呼ばれる人たち
その異能を得るためにそれぞれが対価を
払わなければなりません。
異能もそれぞれ、対価もそれぞれ。
異能の種類も対価の種類も今まで見てきた
作品とはかなり違っててとってもユニーク。
思わずクスって笑っちゃうような対価もw

その契約者と複数の組織と特異なエリアで
巻き起こる事件。
契約者を追う警察。

どのように契約者となるのか?
謎の組織の目的は?
わからないことだらけですが、
全体を通してひとつの流れはありますが
ひとつのストーリーは前編と後編の
2話で完結します。

各ストーリーに登場する女性たちが
とても魅力的なんです。
そして切ないストーリーなんです。
号泣するとかじゃなくて胸がキュッて
締めつけられる感じかな。

契約者のひとりであるヘイという
男性が素敵です。
私は今ヘイに恋しています。
そのヘイと行動しているドールと呼ばれている
インという女の子も可愛いです。
まだドールとはなんなのかはわかりませんけど。

とにかく期待していた以上に面白いです。
旧作と位置づけられる作品かもしれませんが
私は古くさくは感じませんでした。

魅力的なキャラ
私はヘイが好きですけどいい女も
たくさん登場しますw
サスペンス的に謎っぼいストーリー。
派手じゃないけど絵にぴったりな音楽。
菅野よう子さんが担当だったはず。
絵も私は好きです。

私の感想では見たいと思わないでしょうけど
未視聴ならばおススメしたいなー。

詳しく知りたいなら
詳しく解説しているレビューが上がってると
思いますのでそちらを読んで下さい。

それでは私はまたヘイに会ってまいります♡

投稿 : 2019/07/11
閲覧 : 163
サンキュー:

10

Ash-Lynx

★★★☆☆ 2.8
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:途中で断念した

渋い系作品にありがちな地雷

7話あたりで断念
いわゆるブラックラグーン枠で、渋いカッコ良さや哀愁漂う雰囲気があるだけで、あまり内容のない作品。アニメだとこういうのがあるから怖いわ。渋い系作品にたまにある地雷だね。

まあブラックラグーンよりもストーリー的な面白さはあるけど、根底のストーリーやキャラに魅力がない。ひとつひとつは良くても、次が気になる要素が少ないんだよな。

投稿 : 2019/07/07
閲覧 : 58
サンキュー:

1

ネタバレ

nan-nan

★★★☆☆ 2.6
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

よく観たな(^_^;)

毎度毎度薄っすらとしか記憶に御座いません…。
確かバトルもの!?くらいな曖昧な記憶です(^_^;)
面白い作品なら忘れるはずないですし、物語の評価に星2つなんてつけないので、やっぱり個人的につまらなかったのでしょう…。
まぁ、アニメの大半がバトルものなので膨大な数観ていたら忘れますよね←言い訳…。
今後、よく吟味して鑑賞しなければ!

投稿 : 2019/06/30
閲覧 : 17
サンキュー:

1

遊微々

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

雰囲気が最高に好き

作品の雰囲気が好みだったので視聴。
こういうダークな感じのサイバーパンクっぽい作品は大好きです。

世界観の設定がかなり凝っているが、作中ではほとんど大きな説明がないためある程度視聴者サイドで内容の考察とすり合わせが必要。しかし自分は作中の人物たちがベラベラとわざわざ説明口調で設定話しているほうが不自然だと思うので、DTBのこういった点は評価できると思う。

個人的には契約者の対価の大きさ≠能力の利便性でないところは中々に斬新だと感じた。
不満点はノーベンバー11と黒の絡みがもっと見たかったところ。

投稿 : 2019/06/13
閲覧 : 44
サンキュー:

3

瀬名

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

最初のOPがかっこいい

これまで観た作品の中でもかなり好きな作品。

最初に見たとき、まずOPのイントロからかっこよくて惚れた。
TMだけとかっこよかった。
(だからこそ2クール目のOPが残念)

今のアニメに比べると、豪華声優揃いだ!というような華やかさはない作品。
けれど、キャラの魅力と物語の展開、感動する話の比率など、全体的に非常にバランスが良く取れていると思う。

決していい男ではない、ブサイク系キャラのホァンが最高にかっこよかった。
なんだよ、泣かせてくるんじゃないよってなる。

主人公の黒(ヘイ)は、どうやったらそれだけの二面性を成立させているのかと不思議なほどに、一般人として振舞っている際の優男感がいい。
顔を作る必要がなくなると、びっくりするほど冷酷な表情になる、ギャップがいい。

ヒロインの銀(イン)は、感情のない無表情のゴスロリ系ガール。めっちゃ可愛い。
声も合っていて、どこか透き通る感じの声色がとてもいい。
水に手や足を入れて観測霊を送るシーンも、幻想的に見えたりする。

黒は二面性のギャップが激しすぎる、無自覚イケメン系。
銀は無表情で記憶を無くしているドール&ロリ系美少女。
猫(マオ)は組織の中では異質なほど砕けた明るい雰囲気を出してくれる、物語に欠かせない渋声猫。
黄(ホァン)はブサイク系おっさんだけど根は正義感の強い、義理堅い性格イケメン。

何よりも、この組織のキャラたちが素晴らしくいい出来かと思う。

そして、時より出てくる、異質なおもしろ探偵2人組がいい味出してる。
こうゆう、バカで頭悪そうなキャラがいないと、暗すぎる作品なので。

暗くて、救いがないような悲しい物語だけれど、散りばめられたセンスある戦闘やキャラの格好良さ、キャラ自身の魅力が詰まっている。

この作品の顛末がハピエンなのかバトエンなのかは、観る人によって変わるでしょう。
とりあえず、時間があるなら損はしないはずだから一回観て!
と勧めたくなる作品。

続編は、個人的には本作より劣っているので、ご自由にという感じ。
銀が好きならば外伝は観るべきかと思います。

投稿 : 2019/05/22
閲覧 : 50
サンキュー:

3

ラウラ

★★★☆☆ 2.2
物語 : 1.0 作画 : 2.5 声優 : 3.0 音楽 : 2.5 キャラ : 2.0 状態:観終わった

うーん...どうだろう

何か盛り上がりそうで盛り上がりきらない。事件の裏でヒューマンドラマが描かれてはいるのですが、何か惹き付けられるようなものもなく...。とにかく長いです。よくわからないまま終わりました。友人から非常に強く薦められて観てみたのですが、後半はもう苦行でした。

投稿 : 2019/04/29
閲覧 : 83
サンキュー:

2

アキラー

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

2回目視聴 魅力溢れる脇役たち

うっかり一話を見たら最後まで見てしまった。

だいたい二話づつ、前編、後編で物語は進む。
その中に全体を支える伏線をはりながら。

このアニメの魅力は、世界観やバトルだけでなく
脇役のストーリーがきっちり描かれていること。
それぞれの物語をうまく本編に溶け込ませている
ので自然と感情移入できる。

アニメのリアルさを求める手法として良いと思う。

それでも2回目見た理由は、やはりカッコイイから。
といっても中二病的なカッコ良さ。

ちなみに最終回?26話目は、要らないかなー。
おまけだね。

投稿 : 2019/04/13
閲覧 : 66
サンキュー:

2

ハウトゥーバトル

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 3.5 声優 : 5.0 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

かなり良かった

視聴理由 DTB!DTB!ってなんだろう

一話 作画古いな。まぁいいや。超能力の話か。対価を払わないと発動できない!すごい!それっぽい。

中盤 やばいすごい面白い!もう少し詳しく言いたいけど語彙力がぁ。opがあまり好きじゃないなぁ。もったいない

最終話 まったく意味が分からなったけど、考察レビューよんでようやくわかったよ。やっぱ頭悪いって不便だね

すごい非現実てきなようでファンタジー過ぎないこの丁度いい感じ。まるで現実を見てるようなシリアス展開。そして能力のごり押しではないバトルシーン!ものすごく満足。だけど作画古。音楽微妙。二期に期待。リメイク版でも

投稿 : 2019/04/01
閲覧 : 115
サンキュー:

1

うり

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

じわじわと馴染んでくる

はじめは正直あまり入り込めなかった。
主人公が暗くて、組織の関係が複雑で、
誰と誰が味方なのかも分からない。
契約者としての概念も正直よくわからない。
暗躍する組織もいろいろありすぎ。
1事件区切りが災いして、
主要メンバーと、各回ゲストキャラなのかの判断もつきにくい。

と、前半を見終わっても、ハマるほどでなくなんとなく続けていました。

でも!
この世界にじわじわっと馴染んできたなら、
主人公や仲間達も好きになってくる。
そこからが面白い。
そこまでくると今度は怒涛のラストまでの展開に
のめり込んでしまいました。

誰かが周回してこそ、と言っていましたが、わかる気がします。
キャラがわかってから見ると、
それぞれのやり取りやちょっとした事にニヤニヤ。
(むしろわかってからはもっとエピソードを見たかったとすら思う。)

結果的には満足満足。

キャラと背景を理解するまでが、
面白いと思うかどうかの分かれ目かな、と。

そんなアニメでした。

投稿 : 2019/03/04
閲覧 : 131
サンキュー:

3

ナルセッチ

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

シリアスな雰囲気は好きなのですがもうひと押し足りない

続編も含めて観終わりました。
スリリングな展開が気に入ってみ始めて、
結構引き込まれた感じでしたが、
時が経つとほとんど記憶に残っていない。

ハッピーエンドは求めていませんでしたが、
賛否のある終わり方かな。

投稿 : 2019/02/09
閲覧 : 124
サンキュー:

1

ネタバレ

oneandonly

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

人はなぜ涙を流し、感動を求めるのか。そして物語は終わり、拙い感想が記される。

世界観:7
ストーリー:6
リアリティ:7
キャラクター:5
情感:5
合計:30

解析不可能な異常領域「地獄門(ヘルズ・ゲート)」の出現により、本当の“ 空” を失った東京。
それと呼応するように現れたのは、特別な能力を身につけた者たちだった。
能力を得る代償として、人間らしい感情が希薄になり、人を殺めることさえ冷徹に行う彼らを、人々は畏怖を込め、「契約者」と呼んだ。

一見いつもと変わらない東京の風景。しかしその裏では、ゲートに秘められた謎をめぐり、各国の諜報機関は「契約者」を利用して熾烈な諜報戦を繰り広げている。

主人公・黒(ヘイ)は、中国人留学生李舜生(リ・シェンシュン)として東京の街にひっそりと溶け込んでいるが、 裏の顔は、暗部の闘いに身を投じる能力者の一人で、その苛烈な任務遂行の姿から、BK201「黒の死神」と呼ばれ畏怖されている、組織の一級エージェントである。

各国諜報機関が送る、予測不可能な能力を持った敵の契約者たちとの闘い。悲しき過去を持つ女達との出会い、そして別れ。 「契約者」による事件を追う公安部外事四課なども絡みあい、「ゲート」を巡る争いは激しさを増してゆく。
(公式HPより)

私はダークファンタジーに好みが偏っているようなので、そのジャンルで評価の高い作品と思い視聴しました。

序盤は舞台設定や背景がわからない部分も多く、徐々に契約者や主人公ヘイを含む仲間たちの過去、組織のこと等が見えてくる作りは面白かったです。また、契約者は対価を支払っているという点(ただし、人によってその重みが違いすぎる)、諜報機関の戦いでは死にゆく者も多く、リアリティ面が一定程度確保されているのも好みです。

惜しむらくは普通に面白いけど突き抜けたものがないところでしょうか。

好きなエピソードは銀(YIN)ちゃんの過去のストーリー。{netabare}指で笑顔を作るところは可愛かったですね。{/netabare}この作品で人気の出そうなキャラは彼女くらいだと思うのですが、ドールなので表に出て何かできる存在ではありません。この設定上の制約が、キャラクターでこの作品を押し出す際の限界になってしまっているのではないでしょうか。

また、2話構成のエピソードで進んでいくことで、特定のキャラクターをあまり深く掘り下げられておらず、最高に盛り上がるドラマもありません。銀の次回予告の台詞のような淡々としたテンションで物語は進んでいきます。

キャラクターは強くないものの多彩で、大きな感動を受ける場面もありませんが空気感の良い作品でした。

(2015.12頃視聴、2017.6、2019.2調整)

投稿 : 2019/02/02
閲覧 : 455
サンキュー:

36

KINAKO音大生

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

黒の契約書

きちんと纏まっていた( * ॑꒳ ॑* )
流れも良かった。3.8にしたいけどやり方が分からない…。3.5は低すぎるし、4.0にはなりきれてない感じは個人的な好みの問題ですが、大半の人にこれ良かったよって安心して勧められる作品。個人的には何か物足りなさが残りました。内容はいいのに何かグッと来ない…先が分かっちゃったせいもあります。先読み癖治したいけどグッとくる作品は先読みさせないぐらい引き込んでくれるからその差で判断させてもらいました。
でも観て損はない作品です。

投稿 : 2019/01/10
閲覧 : 103
サンキュー:

1

たま

★★★★★ 4.8
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

なんでもっと早く見なかったんだろう

ってくらい面白かったです!!!
なんか重そうだな、、途中で退屈しないかな、、、
とか思っていた観る前の私を殴りたい。

長々書くのもあれなので、一言、、、

黒(主人公)めっっっっっっっっっっっちゃカッコいい(*´Д`)
イケメン主人公ってたくさんいるけど、その中でもカッコいい!!
アクションもかっこいいしやばかった、

あと鎖骨。

投稿 : 2018/10/31
閲覧 : 204
サンキュー:

2

ひうぜき

★★★☆☆ 2.8
物語 : 1.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

時間の無駄だった

何の中身もない、ただのアクションバトル

投稿 : 2018/06/14
閲覧 : 218
サンキュー:

2

あか

★★★★★ 4.8
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

観れば観るほど面白い。

主人公と似た容姿のキャラクターは最近よくいますが、彼は全然違います。
独特の魅力があります。

投稿 : 2018/05/23
閲覧 : 290
サンキュー:

3

ネタバレ

ヒロウミ

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

周回したときにこそある魅力がここにある。むしろ周回しないとただの1クール無駄遣いアニメ!

星屑のように人の命は儚く脆くそして欲望は危うい。


初見の時は絶対周回しねぇ!こんな時間を無駄にする作品なんて!と思ってたのだがとあるきっかけで再視聴。
この作品の魅力はたくさんある・・・はず。世界観、色々な物やキャラクターのデザイン。知識がある人が語れば恐らく文学的な深さも見出だせるだろう。初見のときにはク○つまらなかった前半の物語が不思議と深みを増し面白味が色濃くなる。星のようにあるのか無いのか分からない簡単に死んじゃうサブキャラクターがとても映える不思議な感覚。かなり時間が必要だが是非2周してみてください。


さすがに年代を感じる絵柄だがとても丁寧に描かれた描写は終始破綻しない。何より今でも通用するものだろう。アンバーがCCに寄ったのがとてもとても残念だけど。第二原画に色んな大手が絡んでるのにあらためて驚いたけど。ボンズすげー!

インちゃんマジでかわいいっすよ!中の人がガルパンの生徒会長とか分からんかった!そして何よりのハマり役は水樹さん演じるミサキですね。この人歌なんて変な詞だらけなんだから演技だけ売りにすれば良いのに。

大分脱線したがキーキャラクターがCCに見えるが作品のイメージや全体像が被って見える事はない。コードギアスのようなデザインの壊れが無く単純に「イカしてる」。装備や能力、性質全てに納得できる設定があり物語の流れからも妥当で不思議を感じない。これ神作ですわ。


前期OPは西川貴教だったんですね。癖が強いわ~。そして後期OPは私のオススメの覚醒ヒロイズム。OPムービーと相まって臭くてカッコいい!後期EDは・・・。


初見と周回評価がここまで大きく変わる作品はそうない。作品のストーリーをうろ覚えしちゃってるから「飽き」がくるためであるが良い方にここまで覆るのは初めてです。えぇ、もう色メガネですねこれ。
分かりにくいレビューでしょ?見ないと分からないし色メガネレビューに魅力を的確に書けるほどの語彙力が無いので仕方ない。


再視聴の動機はパチンコでこの作品を見かけたから。本当にユニバーサル系のパチンコ台はつまらない。スペックも演出も大体がゴ○。藤商事から出し直さんかなぁ。

満足度評価は色眼鏡補正バリバリです!


【以下過去レビュー】
{netabare}
12話までひたすらモブが殺されちゃう物語。

一言でチョー不親切アニメですね。12話まで謎だらけ。何もスッキリしないし何も新しい物が降ってこない超平坦路。ぶつ切りストーリーの印象しかなくエロゲールートがもとなのか漫画原作でいつでも打ち切りされる恐怖と戦っているのかと思いきやオリジナルなんだね。1クール無駄遣いしてんじゃん。インちゃんチョーカワイイ!
ただし13話からガラリと変わるストーリーの色。ダークヒーローとしての魅力を活かしたものとなり最終話までだれることはありませんでした。序盤は蛇足以外に表現しようがない。もっとちゃんと物語を作れば良作だったでしょうね。さすがに12話の長丁場でダルい展開は鬼畜だわ。
最終話の結末は良かったですがその選択する際のセカイ描写はいただけなかった。ダークヒーローなんだならもっと別の表現が良かったかなぁ。安っぽい。インちゃん女神様!

それでも私としてはダークな世界観は嫌いじゃないが作画が残念なんで周回厳しいよ!バトルものとしても能力の描写しょっぱ過ぎて凄さ感じねぇぇぇ!ってのは12話まで。13話からはバトルものとしてもそれなりでした!と言ってもバトルシーンは短いけど!インちゃんマジ天使!

終盤のOPマジ神なんですけど!T.M.Rが歌ったらおっさんチビるぜ!ドライビングシーンもちゃんと描写してればお漏らし確定っすね!土屋圭一が監修してくれないか。マジしびれました!インちゃんカワイイのに出番少なすぎるし!でも神!

この作品は本当にもったいない。序盤にストーリー作った人が悪すぎるなのか?まるで作風が変わった13話以降。12話まではスマホでエ○ゲーしながら流しても良いってレベルだよ。
そして猫!お前は本当に役にたたないな!インちゃんに抱っこされとけ!されたいぞぉぉぉ!

地獄に始まり天国に終わったこの作品。絶対2周はしないな!やっと花澤様のもとへ逝ける!
インちゃんマジチョー大天使様!{/netabare}

投稿 : 2018/05/16
閲覧 : 421
サンキュー:

22

guru

★★★☆☆ 2.9
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 2.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

とりあえず前半。どうも入り込めない・・・

始まりから中々にややこしかったが、
最後まで見てもどうも納得いかないような、
上手く処理出来ていないような感覚がある。

とりあえず前半だと思って鑑賞。

しかし、、
オープニング、エンディングが面白ヒドイと思う。

投稿 : 2018/04/18
閲覧 : 164
サンキュー:

1

ひつまぶし

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ここに救いのある物語はない

ニコニコで無料公開中

強力な能力をもつ契約者。一方でそれ相応の対価を払わなくてはならない。また、人間らしい感情を失い、合理的な判断のみをする…
でも本当にそうなのか?
彼らを見てるとそうとも言えないのでは
人間らしさが垣間見える瞬間が一番面白い
人間と契約者の違いは何か?っていうストーリーがよかった

投稿 : 2018/04/12
閲覧 : 122
サンキュー:

3

名前に無頓着

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

2話完結人間ドラマ

終盤以外は2話完結の人間を描いた作品です。タイトルから古典文学作品の影響を受けていることがわかります。坂口安吾の桜の森の満開の下はもっと含みをもたせて恐ろしく扱って欲しかったですがそれは個人的な見解で、全話素晴らしくよくできていると思います。泣けるシーンも笑えるシーンもたくさんあり、初期のオープニングは西川貴教さんの曲ですが無茶苦茶格好いいですね!詳述しませんがおすすめの作品です。

投稿 : 2018/04/07
閲覧 : 161
サンキュー:

7

1994

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

主人公かっこいい

敵役にも魅力がある
作画に古さを感じない
ダークストーリ系だが、笑えるシーンも多い
変な萌え要素もないので、女性にも薦められる

投稿 : 2018/03/03
閲覧 : 137
サンキュー:

3

NX

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

能力と対価のギャップ

数あるバトルアニメの中で、この作品ほどユーモアな設定はないであろう。

作中は東京で、突如として現れたヘルズゲートの出現と共に、契約者とドールなる特殊な能力を持った異能力者が暗躍する。なんとも中二心揺さぶられる設定だ。中二と言えば、主人公 黒(ヘイ)もなかなかの仕上がりだ。電撃の使い手で、ワイヤーアクションに、特殊な防弾ジャケット、彼が関わる事案全てに死が付きまとう、曰く付きの主人公。しかし彼のある「二面性」にギャップがあり注目だ。

そして能力とその対価のギャップも面白い。強力な力には、それ相応の対価を支払う。というわけでもないのだ、少なくともこの作品に関しては。それも契約者によって個性的だ。

ストーリーも、なぜ黒が契約者なのか、なぜ殺すのか、彼のバックボーンは如何に…。

隠れた名作、それがこのDarker than BLACKー黒の契約者ーだ。

投稿 : 2018/01/23
閲覧 : 84
サンキュー:

2

ネタバレ

芝生まじりの丘

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

カコイイ系シスコンサイコバイオレンスロリコン鎖骨アニメ

基本2話完結でしっとりと灰色でそれでいてエンタメしているという作りは自分にはかなりヒットしました。各話がちゃんと心に残るようなでき映えで、大掛かりすぎにも、無味乾燥にもなっていないのはすごいと思います。大がかりな作品って一つのテーマを希求するのは嫌いじゃないですが、正直、政治スペクタクルとか、スケールの大きい設定とか、続きがきになるような物語構成だとかって、上手いとは思えてもあんまし興味ないんですよね、、。
多分好みの問題ですが自分に大事なのは、
雰囲気(作者の世界観)>人間を描いているか>メッセージ性>ワクワク感、
なのでえす。
 ただ、本作では大きなテーマとして「契約者やドールは人間なのか、人間として扱うべきか」が掲げられているけれど、物語の設定として作った生き物について「本当は感情がある!」、「いややつらは機械だ!」、などと言ってもな、とは思いました(そんなことは製作者の好きに選べることなんだから)。
 
 しかし、人間に利用される契約者、独立を目指す契約者、ドール、契約者を利用する人間、契約者を追う警察、契約者に感情移入する一般人、何も知らない一般人、などいろんな視点が描かれているのは、群像劇的でやっぱり面白いので、世界設定作りは大成功だと思います。

超能力、感情を持たない人間、対価の設定、しゃべる猫、世界レヴェルの謎の組織、などなど設定の一つ一つはそんなに目新しいものでもないですが、そういった材料をちゃんと丁寧に美味しく料理した良作ではないでしょうか。

投稿 : 2018/01/23
閲覧 : 183
サンキュー:

2

ネタバレ

aegis

★★★★☆ 3.2
物語 : 2.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

申し訳ない

友人に何度も視聴を薦められて最近見てみたけど、正直言って微妙だった。
画は好きだし能力もカッコいい、ただストーリーに全く惹かれなかった。
あんまり偉そうな事は言えないけど、構成が悪かったのかもしれない。
ご都合主義な部分やキャラのぶれもストーリーの邪魔をしていたと思う。
二期も見たけど同じような感想。
探偵コンビ、まお、すおうがお気に入り。
なんか物凄く勿体無いなぁと思う。

投稿 : 2018/01/15
閲覧 : 109
サンキュー:

1

ネタバレ

AI

★☆☆☆☆ 1.0
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

投稿 : 2018/01/12
閲覧 : 147
サンキュー:

0

ネタバレ

シルメリア

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

QB「僕と契約して契約者になってよw」まんま肉まんヾ(≧∇≦)

「契約者」と呼ばれる超能力者で秘密組織のエージェントである主人公が任務を行い、他の「契約者」やエージェントとの戦闘、人々との交流を中心に物語が進展する。そこに警視庁の刑事たちも加わり「ゲート」や「契約者」をめぐる謎や陰謀が明らかになる展開※ウィキより
一見さんお断りアニメ
とにかく説明が無いので補完を自身で行わないと
理解しにくい点が結構ある。
ちなみに主人公黒(ヘイ)はは契約者ではありません。ので対価という本来あるべき制約がありません。食事が対価と思われている方は結構いそう!
主人公の電撃は妹の能力によって書き換えられた力で人間なのに能力が使えると言うわけです。
契約者は、感情を失う代わりに能力を得るわけで
私もはじめは主人公は契約者だと思い込んでいたから、感情が無いのに嘘という事であれらの行動をしているのかと魅力的に写りましたが人間だと解ってしまうとあぁこんなモノかと少し冷めてしましましたね。
面白味としては契約者の能力使用後のそれぞれの
支払うべき「対価」がさまざまでほうほうそんな
行動を取らないといけないのかが注目ですかね?
あと、主要キャラの大半が外国人・異国人なのは
人間とそうで無い契約者にとの対義でもあるんでしょうけどもっと別のなんと言えばいいのか?うまい適切な言葉が思い浮かびません。ニュアンスで感じ取って下さい<(_ _)>
黒・銀・猫・黄のやり取りやチームとしての連携は見応えあるし、目に見えないけど確かな「絆」みたいなものを感じましたねぇ♪
流星の双子は観たのにこっちは観たと勘違いしていた。改めて流星の双子を観たら感じ方が変わるのだろうか?ぶっちゃけ、憶えてないけどw
黒と霧原未咲との関係は結構好きでしたね♪
なんというか、「キャッツアイ」チックというか
そんな感じで。霧原未咲がどこの時点でリーを
BK201と確信したのか?そこも見所かなぁ。
大人アニメと言う印象が強いです。
これを厨2アニメとか言っちゃってる人は
哀愁とか美学を理解出来ない可哀想な人なんでしょえね。
では
(。>ω<。)ノ またねぇっ

投稿 : 2017/11/16
閲覧 : 119
サンキュー:

8

はー。コジマ.jp

★★★★★ 4.1
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:----

主人公がダークヒーローのクールなバトルアニメ

この作品の注目ポイントは何よりもかっこいいバトルだと思います。切ない描写も多々あり、後半にいくにつれ引き込まれていきます。結構マイナーな作品なのかな?面白いのは間違いないです。

投稿 : 2017/11/12
閲覧 : 206
サンキュー:

2

アケディア

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

最近若い年齢層の奴らに限らず残念な奴多すぎ

作品感想というか評価の感想
この作品は物語の序盤、登場人物の設定などに関してほとんど触れません。しかし、これもまたこの作品の魅力でもあります。正直、この点に関して批判してる人たちはもうハーレム系とか頭使わないのだけ観ててください。いや、別にハーレム系が嫌いなわけではありませんが。内容を予想とかして考えたりすることが物語の魅力なのに、わかりやすい説明を初めから求めるとか論外ですよ。実は○○にはこんな設定が!とかあるからその衝撃とかで面白いんでしょ?まあ、一周だけして分かった気になって評価してる人達が多いようなので理解できないと思いますが。作中、分かりにくいor説明前に実は……のようなパターンが多いので確かに始めはキャラクターなどに魅力を感じないと思います。しかし、そんなんにほいほい説明してたらシリアス感も暗い世界感もパーですから。勿論好きになれないと言う人もいることはわかりますが、「説明してない」とか明らかにちゃんと観てない人が多過ぎるので批判はその後にしてください。途中断念して、「自分とは合わなかった」ならいいんですけど「説明ちゃんとしろ」とか言ってると、だから最近評価とか絵だけで判断して、ひぐらしとかairみたいな作品は評価されないのか、と思わずにはいられません。中二病系で批判してる人も多いようですが、それは好き嫌い別れるので仕方ないと思います。結局は、自分で観て判断して下さいって結果になるんですかね?この作品は評価高いのでいいんですけど評価低いから観ないって考えはやめた方がいいですよ。アニメ好きな人とか大半はネットでアニメ見ないし、評価もブログとかでしてるので。それに、先程も述べたように、結局は自分に合うか合わないかなので。あ、最後にもういちど言いますけど設定の説明してますから、作中に。作品の時間軸通りに見れば、ですけどね。

投稿 : 2017/11/06
閲覧 : 172
サンキュー:

2

ネタバレ

ごがつ

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

自分用備忘録

自分が忘れっぽいため、後でどんなアニメだったか、見てどうだったかを思い出すための簡易的な記録としてレビュー機能を使っています。
なので読まれる際は、レビューにはなっていない事ふまえてお願いします・・・。
「あまりおもしろくない」等の否定的な事も書きますが、人権問題に触れていない限り作品自体を否定非難する事はまずないので、個人的な好き嫌いとして受け取ってください。


彼に勧められて見たもの。
最初はあまり興味がわかず、ラスト数話で放置していたけれども今最後までみたらとてもよかった。
見るタイミングを間違えたなと思う。もったいない。

組織の関係を追うよりも、個人個人の感情を追う方が楽しい。
おじちゃん、普通に嫌な人だと思ってたけどしほこの話で少しイメージが変わって、結局最後はめっちゃいい人パターンだし、マオは単純に好きな上にラスト焦ってるマオがたくさん見られて嬉しかっただけにすごく悲しかった。

ラスト、あの黒猫はもうただの黒猫なのだろうけど、抱き上げたのはヘイの手?橋の下のインの影は?
インがドールである意義が生かされたラストだったと思う。他の契約者はみんないなくなってしまった。あれはEPR側ではなく組織にやられたのだろうか、それともマオ達は、ゲートに入ったから?マオの死んでしまった理由が分からなくて、悲しい。

タイミングがあればもう一度じっくり見直してもいいかもしれない。
とりあえず、思ったよりマオの事が好きだったんだと文章を書いて気づいた。

投稿 : 2017/10/23
閲覧 : 87
サンキュー:

2

ガイヒラ

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:途中で断念した

重い

ストーリーが厚みがあって、キャラが個性的で、音楽も良いと思う。ただ全体的に暗いと言うか重い。残念だが撤退しました。

投稿 : 2017/09/28
閲覧 : 113
サンキュー:

0

しゅめるつ

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

途中で断念してた自分をなぐりたいよー

途中でストーリーやキャラクターなどに好感が持てなくて途中で断念したのですが、再び見ましたところ面白くてびっくりしました。

この作品の珍しいとこが、二話セットで話が進んでいくことです。
あとこの作品の特徴だと思うのですが、世界観やキャラクターなどの説明が序盤ではかなり少なく話が進むにつれて少しずつ明らかになることです。
私が思うには、この二つの点で視聴者が最後まで見ずに離れてしまう原因だとおもいます。
確かに、序盤ではストーリーがわけがわからなく、キャラクターに感情移入しにくく作品に好感がもてないですが、あきらめずに最後まで見てください。
大事なことなのでもう一度、最後まで見てください。
最後には、キャラクターに深みがでますので

最後まで見た人にはわかるとおもうのですが、この作品のいいところは逆にさっきの二つの点でもあるのです。

二話セットで一つの話なのですが、その一つにちゃんとしっかりしたテーマ性があり、それらがわからないことを補充してくれ、作品に深みが出ているのだと思います。

バトルもかっこよくて、なぜか黒に惚れてしまいました笑
キャラもかわいい子が多くて、絵はすきなタイプのやつでした。
アンバーと銀がかわいくて仕方がなかったです。

黒が使っていた仮面がほしいです。中二病が再び発症してしまいましたよ笑

能力バトル系が好きな方やダークなのが好きな方などいろんな方でも楽しめる作品だと思います。すこし理解しにくいところなどあるとおもいますが、もう一度見直すことで理解することができると思います。

私的には、完成度の高いよく考えられた作品だと思います。

投稿 : 2017/09/27
閲覧 : 201
サンキュー:

14

次の30件を表示

Darker than BLACK-ダーカーザンブラック 黒の契約者のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
Darker than BLACK-ダーカーザンブラック 黒の契約者のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

Darker than BLACK-ダーカーザンブラック 黒の契約者のストーリー・あらすじ

10年前突如東京を襲った異変、通称「地獄門(ヘルズ・ゲート)」といわれる未知の領域が出現したその時からこの世界は本当の“空”を失い、夜空を覆う満天の星空は偽りの星達のものとなった。また時を同じくして「契約者」と呼ばれる特別な能力を身につけた者達が現れはじめる。人間らしい感情や「契約対価」という代償と引き換えに人外の能力を得た存在である彼らを利用して、このゲートに関する情報を得ようと各国の諜報機関が東京にエージェントを送り込む。(TVアニメ動画『Darker than BLACK-ダーカーザンブラック 黒の契約者』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2007年春アニメ
制作会社
ボンズ
公式サイト
www.d-black.net/
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/DARKER_THAN_BLACK_-%E9%BB%92%E3%81%AE%E5%A5%91%E7%B4%84...
主題歌
≪OP≫abingdon boys school『HOWLING』、アンティック-珈琲店 『覚醒ヒロイズム~THE HERO WITHOUT A "NAME"~』≪ED≫Rie fu『ツキアカリ』、HIGH and MIGHTY COLOR『Dreams』

スタッフ

原作:BONES/岡村天斎、 監督:岡村天斎、シナリオ:吉野弘幸/岡田磨里/大西信介/菅正太郎、キャラクター原案:岩原裕二、キャラクターデザイン・総作画監督:小森高博、美術デザイン:青井孝/岡田有章、プロップデザイン:やまだたかひろ、色彩設計:水田信子、美術監督:青井孝、撮影監督:神林剛、音楽:石井妥師、音響監督:若林和弘

このアニメの類似作品

この頃(2007年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ