「転生したらスライムだった件(TVアニメ動画)」

総合得点
68.6
感想・評価
669
棚に入れた
2936
ランキング
878
★★★★☆ 3.5 (669)
物語
3.5
作画
3.6
声優
3.5
音楽
3.4
キャラ
3.5
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

leone

★★☆☆☆ 1.4
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 2.0 音楽 : 2.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

時々アニメでは、あまりにも友情が多すぎる時点が来ます。

時々アニメでは、あまりにも友情が多すぎる時点が来ます。つい数秒前まで敵だったキャラクター達が突然何の理由もなく大親友になる。悪意やわだかまり、猜疑心も何もない。何の問題もなく、ただ1つの幸せな大家族団らん。利便性的同盟もなければ、裏切られる恐れ、ゆっくりの関係の解凍もない。説き伏せて敵対関係から脱するという考えを理解できます、でもちょっと待て。一言二言を言うだけで、これでよしと、未来永劫親友同士のできあがり? これが完全に皮肉ではないと受け止めるべきですか?

そしてどうやらこれはすべて、新しいリーダーとして突然選ばれた主人公をめちゃくちゃ尊敬するらしいから。はい、そうです、彼らは真の愛であるリムル=テンペストを見つけた。彼への愛は余りにも莫大で、彼をはべるため、あるいは彼と友達になるために以前の怨嗟すべてをわきへやる事ができます。ナノ秒単位ですべてが許され、全員が完全調和として一緒に暮らすこたができます。2番目のエンディングがこの問題を如実に物語っている:ほぼキャスト全員が皆で楽しくやっている。何もかかっていない、何の対立もない。ただ毎日、四六時中バラ色で晴れやか。


リムルには人生の目標は何も持っていない。彼自身は何も欲していない、その代わりあちこちにさまようではゆきずりの人々を助ける。人々が彼の周りに集まっては、同様に彼らの有りふれた問題の助けに時間を捧げる。なお、これを非常に受動的な態度で行われている。何か新しいことが起こったとしたら、彼は反応、例えば理由もなく現れたジェネリック一般的悪役をぼこぼこにする。長期的な目標を獲得した時点でも、それらも単にほとんど知らない他者から預かれたもの。そのうちのひとつのケースでは、もちろんこれが筋書きを進めるための最適解だったらしい、その人の重要さをあらかじめ予言によって知らされていたのだ。このふたりは会ったことないにもかかわらず一緒になる運命なので、その理由は。。。運命か何か。

どうやって私がそのような人に共感できる?天使が羨望に赤面する、あまりにも利他的な主人公をわざわざ書いている。やりすぎたのだ。特にに危険に満ちた不思議で新しい世界には、このように振舞う人は実在しない、それでも、もし実在したとしてもそれはまったく感動できない人になる。人々は典型的な英雄主人公じゃない。人はよりきめ細かい、そして欠点を持つもの。想像してみてください、出会ったことがない適当な人達があなたの所に入り込んで報酬もなしに用事の助けをするように頼んでくる。これを繰り返しに。もちろん、彼らの要望を毎回律儀に行ってあげますよね?何の苦情もなしに、自分の願望を何も持てないに?

しないだろうと思います。なにせ、大半の人は天使ではない。


ちなみに、リムルの性格についてほとんど知ることはなく。これは私たちが知っているほとんどすべてです:

1)ある程度で二次元は好きで
2)適当な良きことを、適当なジェネリック悪役に対してしばしば行う。

乳腺を好むという事と、ジェネリック悪オーバーロードを嫌うという事以上、特に明確な信念または興味を持っていなさそう。それと積極的にワイフを探しているわけでもない。何人かは自分の意志で彼らと一緒に加わるが、彼女らの存在を楽しんでいるとしても、別に積極的一緒に行動したいや彼女らとの関係を発展させようとしているわけでもないし。こんなにたくさんのエピソードの後にも関わらず、何が彼に行動を起こさせているのかを未だわからない。ただ。。。受動的に時間を過ごしていると、問題の解決を彼に押し付けている周りの人たちの助けをしていることだけが。


転生の後、ほぼ瞬時にリムルは神のような力を手に入るので、彼にとってほとんど誰も大きな脅威となることはない。出生時に受け取ったチート能力のせい、ほとんど努力することもなしに。スライム ー 弱いはずだったモンスター ー は即座に神的なものなので、まるでスラームに転生したという点をほとんど無意味にする。圧倒的な力を持つ主人公を扱う方法があるでしょう。せめてそれに基づいた気の利いたセリフや一応まともな冗談を送る。チート主人公に関しての嫌みも。もしかしたら主人公が面白い使い方で能力を利用する、画策したり、困難な道徳的判断を下すとか。自分の冷酷さを強調することも場合によっては面白い。残念ながら、リムルは機械的情報の長文やジェネリック超利他的なセリフを好むので、ここにあたった。

圧倒的な能力と完璧な利他主義でキャラクターは困難な道徳的判断を回避できるため、ひどい組み合わせです。彼らは簡単な方法を取り、ほとんど努力をせずに何でも解決することができます。つまり、私たち全員がその例に従い、私たちが遭遇するあらゆる問題を解決すべきと暗示しています。 しかし、残りの私たちは神のような力を持っていないので、どうしてほしいていうの?時には難しい決断をしないといけない、それらはフィクションの中でも最も面白いものになる傾向がある。


残りのキャストは大抵、さらに酷い。先も言っていたように、ラムルは疑いもなく彼を崇拝するファンクラブに囲まれている。彼らは各エピソードの間に彼を何度も称賛することなので、すぐに飽きがくる、そしてこれはキャラクター間の対話をほとんど損なわせる。彼らもこれを超えた特性をほとんど持っていない。このファンクラブにはもちろん当然のことながら彼に欲望する女性は含まれている。本物のハーレムかどうかを議論できるが、どちらにしてもこれはファンクラブメンタリティの一種。これは実際の人々がお互いに話す方法ではない、少なくとも正直に話をしている場合。主人公を熱狂的ファンクラブに24/7囲まれているのを見たくはない。

敵対役はどういうわけかさらに酷い。基本的に2つの種類がある:

1)一般にアニメやフィクションの悩みの種である筋金入りのひげを生やしている黒マントの悪役。痛いほど明白に「悪」。何せ主人公が難しい道徳的判断を行うとか、このようなことはあってはならない。それに敵対役達はほぼゼロ性格描写とゼロ面白いセリフを貰うので。もちろん期待するほど無能ですから、ここも減点。

2)はなからリムルを敵対するつもりもない「敵対役」達。実際には、数分それを与えると、お互いは親友になっている。この心の変化の理由はそれほど些細なものであるため、最初から本物の衝突もなにもない。

このアニメはなんて勇敢な姿勢を取っている。良きものは善、悪しきものは悪。良きもの全員は主人公を好き。実際、ー 前に述べたようにーとにかく彼らは主人公と友達になっているため、悪者らしい奴らの多くは実際悪ではない。時には戦うこともなく。飴をいくつかあげてみてください、これで間に合うかも。ちなみに、この世界では 「魔王」は 「公式の友情使節」の略ですか?なにせ、ー登場する魔王達による判断ではーそう見えてもしかたない。なんてのんきな人達の集まりなのでしょう。何やら、なるためには「堕落」する必要があると言っていたのだけど、おそらく冗談と受け取っても差し支えない。


プロットにどう影響するか恐らく察することができるでしょう。敵は即座に友達になるため、作者は物語を進めるために何ができるかな?「新しい敵を突然出現させる」と推測し場合、正解だ、これが結果です。根本的なテーマやメッセージもなくて、プロットはあるポイントから別のポイントに突然移行し、出来事に考える必要な時間を与えることもなく。

リムルはジェネリック悪(または「悪」)役Aを倒す
- >
リムルはジェネリック悪(または「悪」)役Bを倒す
- >
リムルはどこかに旅して日常の用事Xを解決します。
- >
リムルはジェネリック悪(または「悪」)役Cを倒す
- >
リムルはランダム場所Yに移動し、複雑専門用語病気やらから連中を救い。

そして、これらすべてから何を得たのか?まとまったプロットではない、それは確かです。面白いテーマもない。


コメディーも同様に受けづらい。その理由の一部は私が延々と語るのと同じ友情。何千回も見たことあるどたばた喜劇と、同様に予想可能なジェネリックファンサービスで構成されている。あまり期待してはいけないことをわかっているが、このアニメはブラックコメディや容赦ない解説のほんの少し一片でさえも挙げることを恐れている。ここには嫌みや反語、あるいは最も単純な皮肉の一片もない。自己認識はない。見ることができる限りサブバージョンはない。既存慣行に対する愚痴はない。ここではすべてが明白で、額面どおりでとても陳腐ですが、コメディーはそれが意外と大胆であるからこそ効果はあるのだ。このアニメは安全であることを満足している。どんな形ででも波風を立てるを恐れて。結果として、明らかになろうとしている時でさえ、それは面白くない。

さらに、リムルの会話内容は、内的独白を含めて、めちゃくちゃジェネリックでドライに聞こえる。彼と彼の情報吐露説明能力 ーつまるところはロボット ーは単に周囲の出来事について説明し、個人的な観点やより深い思考に関してはほとんど提供してこない。世界観構築の間違った方法は単に情報をダンプして、「うーむ?、そういう事ですか。」で、それで終わり。もちろん、リムルはこの情報を利用して目の前の敵を倒すかもしれないが、これは常に非常に機械的で、ありのままな方法に行われる。戦術に関してはほとんどない。世界は明白に白黒であるので、どんな道徳的議論はさらに少ない、気まぐれの情報吐露はこれを助けるためにほとんど役立たないことになる。それも対話が書かれた方法に関する問題でもあり。台詞は単純化でありきたりな方法で送られてくる。せめて個人的なアイデアや気の利いた発言でそれを盛り上げてください、しかしもちろん残念。正しくは、リムルは時々ジョークを伝えようとするが、それらは上で概説した理由で失敗に終わる。


「でも明確な個人的信念を持つ主人公は困る。どうやって他の人が自己投影するのか?」

まあ、もしかすると自己投影は必ずしも必要ではない。しかし望んだとしても問題は逆。どうやってこんなにも受動的でイニシアチブを欠いてる人に自己投影すろのか?段ボールの切り抜きや白紙の状態で自己投影したくはない。

面白いキャラクターは実際に何かを信じる。人生に目標を持ってなお、それらを達成するのに苦労する。

投稿 : 2019/05/19
閲覧 : 50
サンキュー:

3

徳寿丸

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

2期やるなら早めにね(笑)

原作未読。(2019.5)
「とある」「S.A.O」と2クールものがイマイチだったのでうーむと思いつつ視聴開始。作品名通りの異世界転生ファンタジー。前者2作品に比べるとやたらと難しい理論とか説明事項がなくとっつき易いかな。展開的に速いのかはわからんけど、一気観したんだからそれなりに面白いんだと思う。キャラはどんどん増えるけどそこまで煩雑には感じないかな。
結局かなり御都合展開なんだけど主人公のそれまでの人生や転生のきっかけがついてないし、転生してもゲーム等でほぼ最弱雑魚モンスターのスライムだったりとやや同情できる部分等考えると「許せる!」という点がこの作品の肝かも知れないね。それと転生後の声優さんを変えてるのも大きいかな。あのまま中年男性だとちょっとね・・・あくまで個人的だけどスライムの愛らしい動きとか初?主役の岡咲さんはぴったりだったと思う。作画も含めとても憎めないいいスライムだった。少しでも生意気に感じたらこの作品は自分の中では終わっていたと思う。まぁ続きがあったらどうなるかわかりませんけどね。


私のツボ:なんともスライムの跳ね方が良い!

投稿 : 2019/05/18
閲覧 : 35
サンキュー:

2

ネタバレ

のんちくん

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

おもしろい。勝者の宿命!?

大人気継続中のこの作品ですが、キーワードは画力です。
文句をつけられない程度に描かれている。
そう、七難隠してしまうのです。

昔のアニメのストーリー性も、この程度だったので、敢えて言うことではない。
もしかしたら、この作品のドラマツルギーなのではないかと考えてしまえば、まったく問題なく、幅広い層に受けるでしょう。数字では、fuluで3位だったか。ほかの番組の中でも、そん色なく視聴率を集めています。

ツッコミどころが、先に進むにつれ、徐々に増えていくのが勝者の宿命?ともいえるのだが、これは人によってだから書かない。

アニメが増えた今、争いなく多様性を考えてるところは好きかな。

令和元年5月15日追記
{netabare}
ただ、シズさんはいらなかったかな。
結局、そこで話が逸れてるっていうか、定番過ぎて書いてほしくない。それに、一応、ストーリーというものがあるだろう。明らかに、シズさんの弟子のエピソードは、時間稼ぎのエピソード。僕はここで飽きました。
私は原作を読んでいませんので、原作ファンの方はごめんなさい。
{/netabare}

投稿 : 2019/05/15
閲覧 : 70
サンキュー:

8

0517

★★★★☆ 3.2
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

テンポ良き◎

テンポが良くて一気に見ても全然疲れなかった◎

投稿 : 2019/05/11
閲覧 : 14
サンキュー:

1

ninin

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

転生したらスライムが最強だった件

原作未読 全25話
本編23話 + 外伝1話(とあるキャラの以前のお話) + 総集編1話(とあるキャラたちのトーク)

現代でサラリーマンだった主人公があることで亡くなり、そして異世界に転生したら最弱のスライムになっていました。様々を能力を身につけたスライムが、数々の苦難に立ち向かうお話です。

と書いていますが、結構スマートに問題を片付けてしまいますのであまり大変そうに見えませんねw

主人公が世話好きで現実世界の仕事では調整役タイプだったかもしれませんね。

お話の中ではシズさんのお話が一番好きでした。

もう少しドキドキできる展開があったらよかったですね。

お話は切りがいいところで終わっています。

2期が決まりましたね(2020年放送予定)。外伝ような展開を待っています。

OPは2曲とも寺島拓篤さん、EDは前半がTRUEさん、後半が田所あずささんが歌っています。

最後に、とある番組で寺島さんは本編で主人公の現実世界のサラリーマン役だったのですが、すぐに退場したのを嘆いていましたw

投稿 : 2019/05/06
閲覧 : 249
サンキュー:

25

ネタバレ

こたつねこ

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトルなし

丸呑みで全て解決というのは
もしかしたらワンパンよりも呆気ないかもしれない・・・。

でもこんな夢物語も悪くないです。
できればこのまま、貫いて欲しい。


{netabare}
STAFF

原作:川上泰樹、伏瀬、みっつばー(月刊少年シリウス)
監督:菊地康仁
脚本:筆安一幸
音楽:Elements Garden

アニメーション制作:エイトビット
キャラクターデザイン:江畑諒真

OP1:Nameless story/寺島拓篤
OP2:メグルモノ/寺島拓篤
ED1:Another colony/TRUE
ED2:リトルソルジャー/田所あずさ


CAST

リムル:岡咲美保
大賢者:豊口めぐみ
ヴェルドラ:前野智昭
シズ:花守ゆみり
ベニマル:古川慎
シュナ:千本木彩花
シオン:M・A・O
ソウエイ:江口拓也
ミリム:日高里菜
{/netabare}

投稿 : 2019/05/04
閲覧 : 32
サンキュー:

3

ポテ☆とと

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

設定はいいが…

アニメタイトルの通り、
スライムに転生しちゃうんですが、
その設定は面白い!
でも深夜アニメとしては、2クールも必要だったなか?
最初と最後は良かったが、中盤がワンパターン化してた感じ(涙)
最後面白かったので、二期に期待!

投稿 : 2019/05/04
閲覧 : 80
サンキュー:

5

のか

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 2.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

最終はなんなんでしょう?いらないと思います(笑)

原作既読(コミカライズ版のみ)  全25話

あらすじ
異世界に転生した青年がスライムになって無双するお話し


では感想を
レコーダー圧迫の為についに視聴
コミカライズ版を読んでいるので、あまり視聴する気が起きなかったんですよね^^;

とりあえずほぼ原作通りに物語は進んでいました^^
ちなみに24話は外伝、25話目は総集編となっています。

うん。外伝はともかく、総集編はいらなかったと思う。

コミカライズと原作は違うのでしょうか?
最終話(23話)で知らないキャラも・・・(ネタバレしません)

2期が決まっているみたいなのでここからどうなるのか非常に楽しみです

異世界系でストーリーとしては王道。
ボケやツッコミもあるし、アクションシーンも良かったと思います。

作画以外はね・・・


作画は本当にもう少し何とかしてほしかった!
この世界観を出すアニメにしてはクオリティーが低い気がしますね
崩壊はしていないんですけどね・・・

声優さんもキャラには合っています。
もう少し何とかって感じですけど

音楽は普通
特に思い入れも無し

キャラは個人的にシズさん推し一択です!
色んなキャラが出てきますが、個性もあるし萌え要素も少しだけあります(多分)


ナレーションを主人公のリムルがしているんですが、分けた方が良かったんじゃないかなって
あれを聞いていると若干冷めますwww

そして出だしに魅力を感じないアニメとなっています^^;
面白くなり始めるのはシズさん編からです!

1~5話はちょっと退屈なアニメかもしれませんのでご注意を
そこからは面白いアニメになります。

結構低評価しているレビュワーさんがいます。
アニメを見ていると納得できてしまう(苦笑)

理由は今回の絶望ネタに繋がっていますがwww
勿体ないの一言です。

でも、決してつまらない作品ではないのです
視聴する際は作画を気にせず内容重視で視聴してくださいな。


では最後に一言
絶望した~!迫力が足らなくて物足りないって思うアニメに絶望した~!
作画班!これは異世界魔法アニメで致命的ですよ!
ストーリーは良いのに、イマイチ物足りなさを感じてしまいます!
これだとコミカライズ版の方が面白いと思ってしまいますよ!
せっかく動きや声が付いているのに、生かしきれないアニメに絶望した~!

投稿 : 2019/04/29
閲覧 : 267
サンキュー:

23

ネタバレ

剣道部

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

転生したらスライム風のチート生物だった件

[文量→大盛り・内容→(好きゆえの)酷評系]

【総括】
これ、本格異世界ファタジーを期待すると、良くないですね。

本作を楽しんで視聴するコツは、「深さを期待しない」こと、かな。

なろう系らしい作品です。

小説も有名で、タイトルからも(何やら深そうだぞと)期待値は上がりますが、そういう目線で観たら、「な~んだ、こんなもんか」とガッカリします(てか、私がそうだったので)。

「所詮はスマホ太郎の親戚」くらい、ハードルを低~く低~く設定してみて下さい。すると、「意外に面白いぞ!」と、なりますよ♪


《以下ネタバレ》

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
ゆるいオバロ、ですね。

いや、軽いオバロ、かな。。。

建国ものとか大好きだし、主人公最強系の爽快さもあり、キャラは可愛く、基本的には楽しいアニメだった。全体としては、☆4(高評価)、75点くらいをつけてもいいかな、とは思った。

でも、軽いんだよな、色んなことが。

例えば、オークを仲間にすることを、肉親を食い殺されたオーガ達がわりとあっさり、許す。シズを食い擬態してきたスライムを、教え子があっさり、信じる。大人の都合によって命の危機に晒され続ける子供達が、素直にあっさり、心を許す。

それぞれ、「許すシーン(エピソード)」を入れているのは、他のなろう系のアニメに比べるとまだ丁寧だとは思う。が、人の感情は、そんなに単純で都合が良いものではないと思う。なんか、あんまりにもみんな物分かりが良すぎて、ちょっと怖い。ゲームキャラみたいな感じがした(誰かの意思でコントロールされている人間)。

この辺が、軽さの要因。結局は、作者の思い通りに、登場人物達を動かしているだけ。

シズを捕食したことも、納得がいっていない(実は、これが評価を下げた一番の要因)。

スライムを主人公にした以上、「人間の擬態」はどこかで必要で、ということは人間を喰わせなければならない。どうするのかな?と思っていた。シズの願いを聞き、無念を晴らすという大義名分は用意したものの、なんとなく、「人間の擬態をさせたい」という目的がまずあり、そのために「シズ」というキャラクターを用意したという感じが払拭しきれなかった。シズの無念を果たすことと捕食することが、イマイチ、=で結び付かないんだよな。

だって、シズを捕食しなくても無念は果たせるし、捕食したところで、シズはその結果を知ることができないんだもん。

なんか、シズさんには生きていてほしかった。人間の擬態化なんて、「(髪の毛などの)一部」を捕食してもいけんじゃね? と、思ったり。

つか、ヴェルドラと同じく、リムルの中に隔離し、シズの心残りを解消する様をシズに見せつつ(ここで成仏させても良いし)、ヴェルドラとシズが友達になってくれたりしたら、私は本作を☆4にしました。

もしくは、15話くらいまでずっと連れ添ったシズが寿命で死に、その「シズの死体を泣きながら捕食するリムル」とか、どシリアスで利己的な理由(好きな人といつまでも一緒にいたい)なんかだと、泣く泣く、納得できたかな。

お手軽なんだよな~。一大事である、シズの捕食が。

オークロードの件もそう。

まず、「なぜ魔王になろうとしている捕食」を黙って観ているのか、意味がわからなかった。先に倒せよ。これも、「オークの魔王と戦わせたい」という作者の狙いが前提にある気がした。また、(多分)「捕食者」で「飢える者」を得てしまったのに、「常に飢える、満たされない」というリスクは引き継いでいないことに、?と思った(都合の良い設定だけを生かし、都合の悪い設定を切り捨てるのは、自分の作品に真摯に向き合っていないように感じてしまう)。

重ねて言うが、「転スラ」は、つまらないアニメではない。むしろ、面白い。好きなタイプですらある。

でも、こういう「浅はかな展開」が散見し、高評価をすることはできなかった。

同じようなことをやっている、オバロのアインズは、基本的には悪役であり、利己的であったから、色んなことに納得できた。が、本作のリムルは、基本的には善人であるため、アインズのような無茶は通らない。だから、言い訳くさくなったり、こじつけっぽくなったり、都合の良い展開にせざるをえない。まあ、しょうがないところではあるけれど。

ちなみに、視聴前に期待してたのは、「スライムという最弱モンスターながら、知略でなんとか乗り越えていく」というものだった。

そういう意味では、最強のドラゴンと「友達」になるという設定はうまく、あのまま、我々、日本の企業戦士の悲しきユニークスキル、「接待」や「ご機嫌とり」、「根回し」などを駆使し、異世界の狭間を渡り歩く中間管理職の物語が観たかったな(暴言)w そうすれば、「最弱のスライム」に転生させた意味が生まれたと思う。
{/netabare}

【各話感想(自分用メモ)】
{netabare}
1話目 ☆2
ガチで死んで転生する系か。スキル獲得の手順が(笑) なんか、スライムの皮を被ったチートくさいな、残念。

2話目 ☆3
どんどん進む、チート化。わっかりやすい、なろう系、だな。

3話目 ☆4
深さを期待しなくなったら、楽しんで観られるな。

4話目 ☆3
仲間になりそうだな(笑)

5話目 ☆3
ベスター。いい人になって、リムルやカイジンを助けるんだな、いつか。

6話目 ☆3
シズ、可愛いね♪

7話目 ☆3
???。急な展開に感情が追い付かんな。捕食して、ベルドラに倒してもらう。

8話目 ☆2
真面目にやると、安っぽくなるな。結局、「人間の擬態化」を合法的にやらせ、旅の(村を離れる)きっかけを与えたいだけな感じを受けた。シズを食ったこと、簡単に受け入れすぎじゃね? 絶対に、一部始終を、あの3人にも見せた方が良かったと思う。

9話目 ☆3
どんどんチート。語り手が一緒で困る。

10話目 ☆3
20万とは、すげぇ数だな。

11話目 ☆4
ゴブ太、格好良いな♪ 紫音の料理をスライム状態で食べれば、毒耐性、つくんじゃね?

12話目 ☆3
ガビルも、見処はあるんだろうけどね。

13話目 ☆4
仲間の恐怖すら食うんでないの? 主人公最強系は、このぐらい分かりやすく強くないとね。

14話目 ☆2
オークロードの捕食を、なぜ黙って観いている? このへんが、(原作者か監督かは分からんが)力量の無さだよな。オバロのアインズみたいな性格や思考回路なら、分かるんだけどな。捕食者で飢える者を得てしまうと、リスクも一緒に得ることにはならないの? う~ん、オークを仲間にするのは、鬼人との中に軋轢を生まないか?

15話目 ☆2
う~む、軽いんだよな、色々。すると、綺麗にまとまり過ぎいている。そもそも、オークって知能低いんじゃなかったっけ? 他種族を襲う個人が出てこないか? ああ、全員を名付けして進化させるのか。まあ、ギリギリ合格ラインかな。でも、15万名付けを10日って、可能なのか? 3日寝込むとして、4回。1回あたり約三万八千。ということは、ゴブリンよりかなりの低レベルモンスターって扱いだよね? オーガ6人とオーク三万八千が等価値って感じか。流石に、無理がないか?

16話目 ☆3
リザードマンの人間化、本当に都合が良い。10倍強いんかい。餌付けか。最強最古の魔王、ミリムね。

17話目 ☆3
チートスライムが、魔王以下ってのが、まだ良いかな。

18話目 ☆3
喪黒かな(笑)?

19話目 ☆3
ミリムの扱い酷いな。被害を減らすなら、ミリムに加勢してもらった方が良いだろ。手加減して一撃かよ。カリブディス、魔王と同格なんだろ? てことは、並みの魔王なら一撃か。

20話目 ☆2
まあ、ミリムいちゃうと、ワンパンマンだからな。か、軽いな。疑うよな、普通はもっと。

21話目 ☆3
国、大丈夫かい? ゆったりしてるな。

22話目 ☆3
ここにきて、シズの変質者が生きるか。なら、シズを捕食したことにも意味があるし、間接的にシズが救ったことになるね。これ自体は良い展開なんだけど、結果論というか、これを見越してシズを捕食したわけではないだろうしね。謎の総集編。力業で感動させようとするところに、厳しさを感じる。

23話目 ☆4
外伝。シズの物語。いや、クロの物語。1話の中できちんとまとめていた。

24話目 ☆2
ヴェルドラ、可愛いな、相変わらず(笑) イフリート、そんな感じかい。居飛車て、封印されてたからな(笑) イフリート、シズに対してそういう感情が。ベルドヤ(笑) BLかよ(笑)

面白かったが、(良くも悪くも)実にこの作品らしい「軽さ」が際立つ演出だった。なんか、ヴェルドラはまだしも、イフリートをあんまりチャラく扱って欲しくなかった。間接的に、シズの苦悩の人生や、死まで、軽くなってしまうような、気がして。。。
{/netabare}

投稿 : 2019/04/28
閲覧 : 99
サンキュー:

39

ネタバレ

K.S

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

面白かったです。

タイトル惹かれて視聴

1話視聴
{netabare}
後輩君を庇って刺殺か・・・
でも、現世で生きている人は当然、死んだことない訳だから、
死ぬ直前がこうなる可能性もある訳だ・・・
っていうか37歳で童貞?魔法使いが30歳で賢者は何歳なん?
別に清潔感とかにも問題ないし・・・なんかあるだろ?普通?
っていうか風俗行けよ!と思うのは僕だけ?
とりあえず童貞→素人童貞にランクアップしとけって!
とりあえず・・・ソープに行け!ってね。
あ・・・僕も死ぬ前にHDD消去しないと・・・

このスライム生成のシーン凄いな・・・
これ2D?3D?これBDで見たらもっとテラテラになんの?

で・・・日本語通じるの?
思った事が通じるのか?
やはりドラゴンなのね・・・そしてドラゴンのしょんぼりが可愛い・・・
で、人間に封印されたんだ。

ドラゴンとスライムが友達・・・で・・・ツンデレ?

ま・・・つかみとしてはOKだと思う・・・
今後が楽しみだ・・・{/netabare}

2話視聴
{netabare}
うーん・・・朽ち果てるだけか・・・そして揉み手のドラゴン・・・
って期待してんじゃねーっか!
牢獄の内側と外側からの解析はともかくとして
ずっと居てくれるのか?のドラゴンが・・・
そして、そうか・・・のドラゴンが・・・なんとも言えずいいですね。

胃の中にね・・・確かに面白いな・・・
でも・・・名前?
テンペスト・・・かっけーな・・・いいわそれ・・・
リムルも可愛くていいな・・・

ドラゴンが消滅すると・・・モンスターが活性?
そういう事になるんだ・・・

黒ヘビを捕食して、毒霧と擬態化をゲットして、
毒霧でトカゲを放送禁止にしちゃう・・・
凄いスライムだな・・・これMP的なものはどうなるんだろう?
DQのスライムもこんなだったら勇者でも勝てんな・・・

これ300年、封印された洞窟なの?空気はどうなんだ・・・
っていうのは無しね。

隠密スキルは確かにうらやましいけど、そんなんだから童貞なんだよ・・・
でも・・・そのスキルは欲しいな・・・

ゴブリンってやっぱ弱いんだね・・・
PSP版のFF、今してるけどこういうの見るとゴブリン狩りが・・・
あんな裏側があるとの設定があると狩りづらい・・・
ただのスライムに・・・っていう事はやはりスライムは弱いんだな・・・
で・・・ゴブリンのメス?何気に可愛いじゃん。

餓狼族との戦いで、ゴブリンの忠誠に誓わせたリムルか・・・
結構面白いな。続きが楽しみだ。{/netabare}

5話まで視聴
{netabare}
 本当に久々の視聴で忘れかかったが・・・
 リムルは何気に凄いな・・・

 餓狼族を味方にして、一人一人に名前をつけて、
 ドワーフを仲間にして・・・エルフに人気?で・・・
 まぁエルフを仕事だけどさ・・・

 女性のバストは夢と希望が男にとってはつまってるからね・・・
 大好きですわ・・・っていうか愛してます。

 ごめん・・・5話のエルフさんに配慮が出来てそれなりに清潔感があって・・・
 前にも言ったが童貞か?本当に?
 スライムに生殖機能があるかどうかは不明だが・・・
 今のあなたなら惚れられる事も多いだろ・・・

 しかし・・・この裁判のシーンはヤダな・・・
 このリムルの「ちょっと待てよ」って誰かのマネか?

 そしてこの鍛冶屋さん・・・カッコイイ!国王もカッコイイ!
 ある程度、覚悟はしてたんだろうけど・・・{/netabare}

14話まで視聴

 ようやく追いついた・・・
 {netabare}
 リムル凄いな・・・これは人徳か?童貞のなさる業か?
 なんだかんだで心服させている。
 とりあえずオークロード改めオークディザスターを倒す所まで。
 区切りよく見終わった。
 そして立派な王だった・・・方法は間違っていたが・・・

 まぁ続きが気になる所だが・・・
 結局は俺TUEEEEEEEなのかも知れんが・・・
 スライムというのがいいじゃないか!

 シズさんのシーンはちょっと心に響くものがあった。
 リザードについても思う所はあるけれど・・・
 オーガ族もまたカッコイイけど・・・
 あんな秘書欲しいけど・・・
 この作品、面白いんじゃない?僕は好きですわ。{/netabare}

15話まで視聴
{netabare}
 リムルの判断は正しいと思う・・・
 そしてリムルの頭の上にある物体がうらやましすぎる・・・
 まぁ大同盟とはいえ、結局は俺TUEEEEEEEEになるんだろうが・・・

 しかし、この紅丸は格好よすぎる・・・
 で・・・色んな所で判決というか戦後処理が出たが・・・
 みんな名君というべき判決だな・・・
 ちょっと都合がよすぎるかもしれませんね・・・
 もちろん嫌いではないですが。

 この王様は難しい・・・いわゆる人間の知恵だから・・・
 一時はどうなるか・・・と思ったが、
 奸智に頼らず、剣で勝負というのは王らしくて素晴らしいですね。

 でも・・・村→町→国家って・・・凄い飛躍だな。
 しかし・・・あまりドキドキはしないな・・・
 絶対絶命にすらなってないもんな・・・{/netabare}

19話まで視聴
{netabare}
 色んな意味で度量が広いな・・・
 裏切り者でも仲間に引き入れるとは・・・信玄の様だ・・・
 しかし、このクラスチェンジシステムを見てると・・・
 オウガバトルシリーズがプレイしたくなる・・・

 で・・・魔王ミリムさん?アホ毛が・・・
 そしてリムルさん・・・気を感じるの?魔力?
 あ・・・半ケツ・・・ミリムさん・・・

 食欲に負ける・・・ミリムさん・・・
 知力は人間の方はやはり上なんだろうな・・・

 色んな策があるもんだな・・・
 確かに、オークを倒したのは自分達にしない方が良い・・・
 で・・・魔王は魔王・・・おっかない・・・

 あ・・・この雰囲気イヤだな・・・魔王になれるの?
 企み?野心?欲望?諸々が絡み合って魔王になろうとするフォビオ。
 別に誰が魔王でもいいじゃん・・・

 そしてのんびり温泉・・・
 巨乳さんと普通さんとちっぱいさん?眼福だ!
 でも・・・ここ居心地が本当に良さそうだ・・・

 で・・・ドライヤード・・・さん?
 トレイニーの妹さん?トレイヤさん?か、可愛い・・・
 厄災か・・・カリュブディスか・・・今のところは名前だけか・・・

 ミリム殿・・・まだ早いって・・・
 僕なら、人員の喪失とミリムに借りを作るんだったら・・・
 ミリムに即頼むな・・・
 町を破壊させない事を第一と考える。

 クジラというか・・・サメっぽいね・・・キモイ・・・
 カリュブディスって鱗攻撃もキモイ・・・
 っていうか本体が大きすぎてようわからん・・・

 って・・・ミリムさん・・・?とてつもない強さじゃん!
 正に上記を逸した強さだ・・・
 これ・・・もうちょっと戦いのシーン長くてもよかった気が・・・
 あっさり「消えちゃえボム」みたいな感じで倒されるとは・・・
 
 魔王カリオンか・・・
 有無を言わさず殴り倒すとは・・・
 そして話が分かる!格好いいな・・・{/netabare}
 時間が欲しい・・・早くGWにならないかな・・・
 アニメとゲーム三昧のGWにしてやる!

20話まで視聴
{netabare}
 うーん・・・なんでこんなにいい人達ばっかりなんだろう。
 ユウキ・カグラザカって滅茶滅茶若いし人望もありそうなヤツだな。

 ミリムの仕事って一体・・・
 話し合いならそんなに時間がかかるとは思えんが。
 これ後、数話で終わりなんだよね・・・
 今後の展開が見えない・・・{/netabare}

全話視聴
{netabare}
 正直、本音を言うと、スッキリしない終わり方だったと思う。
 街づくりの方が楽しかった。
 原作は知らないがこれではなんともかな?

 あまり心が揺れないというか踊らないというか。
 つまらないではなくワクワク感が・・・ね・・・

 2期あるんだね。まぁ見ると思うけどさ。{/netabare}

投稿 : 2019/04/28
閲覧 : 167
サンキュー:

17

Dkn

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

『転生して最弱モンスターになったサラリーマンの建国日記』

スライムとは――――過去の作家によってアメーバ等から想像した空想の生物として創られ徐々に認知されだします。ウィザードリィやドラゴンクエストなどの「ロールプレイングゲーム」序盤の“ザコ敵”として扱われ、強敵として描かれていたスライムのイメージは変わっていったのです。

そんな“最弱”であるスライムを主人公にして、建国や生産など箱庭的な要素を含むゲームちっくなコンセプト。スキルを奪い習得するファンタジー=ゲームの世代に刺さりやすい設定。スキル奪取系は“小説家になろう”で一大ブームな為に食傷気味ですけど、中でも代表的な人気作である転スラは、リムルを可愛いスライムと少女の姿で描くことも人気につながっている気がします。

無双系の作品は頭空っぽで見られる反面、細かいところで背筋がゾワッとするほど違和感があることも。ご都合主義全開ですし…特にアニメは省略の仕方が極端で主人公が国を作っていく為のやり取りや過程を「ウチと国交を締結させてくれ」→「いいとも!」くらいの雑さで済ませ、そのくせ省略できそうな部分を長ったらしくやるので間延びする悪循環。――総評としては全体的に見せ場をうまく調理出来ておらず原作をダイジェスト気味に詰め込んだアニメ化でした。シリーズ構成がもっと上手ければ作画の省略は気にならなかったと思います。魅力はちゃんとありましたからコレはコレとして楽しむことにしていました。


内容にはネタバレにならないようあまり触れませんが自分的な盛り上がりポイントをいくつか挙げていきます。

オープニングがバトルアニメらしい曲だなと聞いていたら、上松範康が作曲でした。そして編曲が藤田淳平。声優・アニメ・ゲーム系の曲で昔から有名なふたりで、記憶に新しい作品でいえば「戦姫絶唱シンフォギア」コンビ。ボーカルは誰だ?と思ったら主人公の転生前を担当する寺島拓篤。

実質リムルが歌っているようなものなので、タイアップ曲の声優を転生前の主人公に起用するのは面白いですね。昔からアニメの主題歌って主役の声質に似ているアーティストさんが起用される気がします。スレイヤーズのリナ=インバース役:林原めぐみのように主役声優が主題歌を担当しているとキャラクターが歌っているような感覚になるので、それを狙っているのかもしれないし、偶然かもしれない(笑)

14話でEDが田所あずさの「リトルソルジャー」に変わりましたが、私は転スラの中でこの曲が一番好きです。OPで登場していた謎の少年少女達も後半に登場しますが、ダイジェスト感があって原作や漫画で笑ったり感動したシーンの再現はあまり出来ていなかったように思います。

キャラクターデザインが新進気鋭の作監として評判の高い江畑諒真で、モンスターデザインが岸田隆宏。江畑さんはエイトビット制作に欠かせないアニメーターになっていて、過去に岸田さんと組んだことも。各話に作監が複数いる事から、画作りに関してこだわりと分業できる環境を感じられて好感が持てる。しかし…モンスター達が主役の世界でモンスターデザイン担当って実質キャラデザ担当じゃあ…?(細かいことはいいか。

第4話でファンタジー好きなら誰もが憧れる美男美女の種族、エルフが登場。主人公リムルの想像するエルフが「ロードス島戦記」のディードリット(正確にはディードに似たエルフ)で、どうやら本家様から許可をもらったらしいです。エルフのお姉ちゃんがいる店に行くなんて夢っスねえ…。転生してーなあ。

オークロードの話は漫画から好きでアニメでも泣いてしまいました。雑な脚本とコンテで出来たAパートの茶番で辟易したもののストーリー自体は王道。私は転スラに多種族国家の発展を見守る箱庭ゲーム的な魅力を感じていて、日常パートのほのぼの含め、これからもリムルの行き着く場所を見守って行きたいので再びアニメ化するといいなーと密かに期待しています。

原作小説を買っていますが漫画の補足として読んでいる変則的な楽しみ方をしています。アニメの先を追いたいなら原作者「伏瀬」の書いた小説と、シリウスKCから出ている「川上泰樹」が描くコミックスがいいでしょう。他に5作品あるスピンオフ漫画は世界観が気に入った方はどうぞ。

投稿 : 2019/04/24
閲覧 : 238
サンキュー:

35

REI

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

アニメが面白いのでweb版の原作を全部読んでしまいました

たぶん、初めてになると思う放送中のレビュー
なので、評価は放送後にしておきたいと思います、今の処は☆5といったところでしょうか・・・

というのは表題にも書いた通り、アニメを観ていて面白いので原作を読んでみたいなーと、そしたらwebの「小説家になろう」で原作が無料で公開されていたので全部読んでしまいました(笑)

アニメは今の処は原作通りの話で進行中、オープニングの登場するキャラが全然登場しないなーと思ううちにもう8話、大丈夫なのかな?と思いきや2クールで制作されるそう、そして8話までがプロローグだったようですよ(原作者の伏瀬先生談)でも原作読んだ感じだとそれでも物語の途中で終わりそう?
まぁ、それならそれでどうやって話をまとめるのか観てみたいし

アニメ化のあたり伏瀬先生もだいぶ口出しされているようなので原作者無視とかはないようです。

ちょっと物語の展開が遅いなーとおもっていた人はこれからに期待して観ましょう。あとどうなるの?と思ったひとwebで原作を読んで見れば?

2クール終わりましたね、アニメでは物語は全然、終わってませんが続きが制作されるということなので良しとしましょう。私の予想的には原作とは違うものになるのかなーって感じですがアニメとしては面白かったです。

全てのアニメに携わる人に感謝を!

投稿 : 2019/04/22
閲覧 : 89
サンキュー:

12

ネタバレ

ごー

★★★★★ 4.3
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

記録

サクサク観れるけどやっぱ主人公の能力が強すぎるのか少し薄く感じた。

投稿 : 2019/04/21
閲覧 : 4
サンキュー:

2

ネタバレ

ごる

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ただのスライムと思うことなかれ!

スライム転生ときいて微妙な感じで見たけど、楽しいですね( ̄▽ ̄)b
まぁ、ユニークスキルで最強になっているので負け知らずですがww異世界ファンタシー系の主人公最強は定説ですねw
主人公が様々な魔物達を統べていくところが面白いです(  ̄▽ ̄)感動的な話もいくつもあるので楽しめます( ・∇・)
2クール枠ですが、最後にディアブロなど新キャラ出てきますので次回に期待したいですね(ノ´∀`*)

投稿 : 2019/04/21
閲覧 : 20
サンキュー:

4

funamushi

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

普通という安心感

親が子供と一緒に見るのに良い作品。
主人公の設定以外、奇をてらったこともなく、安心のストーリー展開。

投稿 : 2019/04/21
閲覧 : 25
サンキュー:

6

魔琉珠

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

なにがなんだかうすっぺらい

酷いに尽きる、これほど中途半端なアニメは
ないと思う全くストーリーに入り込めない
だらだら見たが最後まで面白いと思う事はなっかた
1つだけ言うなら演出が雑過ぎる
原作を見ることをオススメする。

投稿 : 2019/04/20
閲覧 : 57
サンキュー:

7

ネタバレ

すがさ

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

異世界魔物ライフ

人気作品だと聞いていた上で、1話を観た感想としては、うーん…微妙?

とはいえ、別に視聴を止めたくなるほどではなかったので、
OP・ED映像にある幾つかの気になる要素が開示されるのを気長に待ちながら、
リムルがいつ・どういった目的で人間の姿になるんだろうな~なんて思いながら観ていた。

{netabare}
明確に面白いと感じ始めたのは8話。

「運命の人」ってそういうことだったのか!
シズさんとは結ばれるものだと思っていたから、意表を突かれた。
人間の姿になる理由が想像の100倍ちゃんとしてて面白い。

ここで、随分と"ゆっくり"だなあという認識が、私の中で、"丁寧"なのだという認識に変わった。

{netabare}
オークロード編の焦らしは巧かった。
してやられた感があってちょっと悔しいけど、あの辺りの話は毎週、次回を心待ちにしていた記憶がある。

ただ、鬼人たちのリムル絶対主義は個人的にとても嫌いで、リムルに忠誠を誓ったのなら、穏健なリムルの意向を少しは汲んでやれよ!ってモヤモヤしてた。

{netabare}
オークロード編の後のお話は正直あんまり覚えてない。
ちゃんりなミリムのインパクトが強すぎた。
「リムル」と「ミリム」ってすごく紛らわしいw

でも最後、強大な敵と戦うとかじゃなくて、シズさんの遺志を尊重するという落ち着いたお話で締めたのは結構気に入った。
{/netabare}{/netabare}{/netabare}

早くも2期が決まったようで、今から楽しみ。

{netabare}
"スライムが強い"といえば、『このすば』世界の「デッドリーポイズンスライム」を彷彿とさせるけど、『転スラ』世界のスライムは普通に雑魚らしい。
とすると、リムル以外のスライムがどんなのか少し見てみたいな~って思った。

名付けして他のスライムもみんな強くなっちゃったら、なんか色々と都合が悪そうだけど…笑{/netabare}

投稿 : 2019/04/18
閲覧 : 91
サンキュー:

30

oxPGx85958

★★☆☆☆ 1.8
物語 : 1.0 作画 : 3.0 声優 : 1.0 音楽 : 3.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

説明地獄

これ、あれですわ。ライトノベル原作ものに特有の、登場人物がシーンの意味づけや内面の心理やらプロットの展開などをぜんぶセリフで説明するやつです。

主人公役の声優がキャリアが浅くて演技が下手、というようなの以前の問題として、どんなベテランでもこれは無理でしょう。同シーズンに始まった、ベテラン格の声優たちがやってる『ソードアート・オンライン アリシゼーション』も似たようなことになっています。

投稿 : 2019/04/17
閲覧 : 58
サンキュー:

7

衛狸庵

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

優しい世界

異世界にスライムとして転生した、彼女いない歴37年のサラーリーマンがチートな能力で平和な世界を作る話。
強力な敵も食べてしまう能力って、無敵なんじゃね?
しかも、カービーみたいに能力や物質の複製・製造までしてしまう。
主人公は優しい奴だと思います。
自分のチートな能力を弱者のために使っている。
そこんとこが主人公の魅力かな。

話としては、なんて事の無い話なのですが、異世界物でこんなに優しい物も珍しいと思います。
話の流れもテンポ良く、いや、なんか駆け足で進み過ぎであっさりと何でも解決しちゃうのってどうかとも思うけど、主人公の能力からしたら、あっさり終わるのでしょうね。
それでいて、あまり前へとしゃしゃり出ないのは、皆が主人公を頼り過ぎないようにしているかのようでした。

キャラ達は、大勢出てきますが、各個性があって混乱しません。
女性陣が可愛いのは当然として、主人公の人形態が可愛い!
無性だそうですけど、元が37歳のおっさんである事を差し引いても可愛いです。
それと、おバカなミリムも可愛いな。

二期があるそうですね。
楽しみです。

投稿 : 2019/04/17
閲覧 : 38
サンキュー:

7

ネタバレ

teji

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

え!終わったの・・

え!終わったの・・ 終わっちゃったの・・ 残念すぎる
めっちゃ 面白かったのに・・ 続きあるよね きっとあるよね

投稿 : 2019/04/16
閲覧 : 37
サンキュー:

4

ネタバレ

ValkyOarai

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ザコの象徴、スライム その日常なんだが、これフツーのスライムじゃねーぞ!? オリンピックイヤーにもう2期かよ!?

スライム
それはDQでおなじみのザコ代表であり、最初に出くわす
亜種としてバブルスライムやホイミスライムなどがいる
そしてユーザーに狩られる立場なのが、メタル種である
なお一番最初に登場したスライムはドルアーガの塔である

そして最近話題になっている転生シリーズ
このすばのカズマはそのまま転生(事故死)
エル君はプログラマーからの転生(事故死)
ターニャはリーマンから転生(突き落とされた)
異世界魔王のディアヴロは引きこもりからの転生(生存したまま)

じゃあこのスライムは誰から転生したのだろうか?
ああそうか、あらすじにあった、リーマンか
だが彼は事故死ではなく、強盗に殺された模様

リムル=テンペスト(スライム)=モブ多し(もしかしたらプリキュアに...?)
三上悟=辻桐仁、アポロ / アポロニアス
大賢者(聞こえた声)=春花、ビートさん
ヴェルドラ=橘純一

1話 泣くがいい、雪原の青よ狸吉よ
{netabare}開幕、戦争
そこで一人の少女が母親を失った後、炎に包まれて...一体誰?

現代、そこにゼネコンに入社した一人のリーマンが歩いていた
で、友人とその恋人と出会ってヤキニクに行こうとしたら
あの運命を決める強盗が...
ああ、俺は{netabare}SOXに入会できないまま{/netabare}くたばるのか...友人よ、俺のHDぶっ壊しておいてくれ...
その時何処からか機械的な声が...へ?どんどん耐性が出来上がっていく!?

そして眠りにつき、異世界に転生
しかしここでの開幕は馬車の中でもなく、立ったままでもなく、塔の上でもなく
洞窟内だった。そして声が変わってしまった(エル君と同じ)
とりあえず草と岩を食べていったのだが、ここでも謎の声が
へ?RPG恒例のドラゴン?でも見えねーんだよ
ってことでスキルを使用したら、やっと見えるようになった
で、やっと自分の姿を確認できたのだった
このドラゴンの名がヴェルドラで、封印されていた
4体のうちの1体、そしたらみーんな会うのか?

ドラゴンから見て、このスライムは珍しい...ゼノブレのユニークか?オーバードか?
おいちょ、ドラゴンと会話するスライムって...無かったなこれwww
なあ、ダチになりたいんだ!
は?スライムの分際でダチだと!?
まあ考えてやってもいいんだからねっ!wwwwwツンデレやめろwww

現代にて、友人が彼のデスクトップを水に入れてぶっ壊しました。マネすんなよwwww
OP歌ってるの、あのリーマンかよwwwwうめーな^^{/netabare}

2話 ゴブリンに会う
{netabare}スライムになった彼はモンスターの代表に会いに行く
の前に、このドラゴンの封印を解いておくか...彼を喰らって
ちょっと時間かかりますよ~
このドラゴンがいなくなったことで、他の王国が動き出す...
まずは洞窟内のモンスターを狩って、スキルを地道に回収するリムル
戦闘に在ったら逃げないスタイル...
で、10日間彷徨い、脱出に成功~その際冒険者にあったのだが向こうから喧嘩振ってきそうだったのでスルー
で、ゴブリンの村へ、ヴェルドラの鼻息で吹き飛びそうや...{/netabare}

3話 最初の喧嘩と「名前をつけて」
{netabare}まずはゴブリンたちを治療~
向かってきた狼たちをスキルで防衛し、ボスを撃破
じゃ仲直りや

で魔力を使い果たしたので3日寝たら
おい村長がマッチョになってるwww
額に星がある狼も懐いちまった
完全に人気者になっちまった

次はドワーフ族に会いに行く
衣服と住居を確保するために、留守は頼むぜ村長!{/netabare}

4話 RPGの通過儀礼(様式美)北斗有情h...
カイジン=バスドラ
{netabare}街を知っているゴブリンと共に入ろうとするが...
あれー?チンピラか?通過儀礼的な
喧嘩振って来たので、狼に化けて叫んだら...
追い払えたけど被害が...www
で、牢屋に入られたけども回復薬のタルを引き換えに釈放~
そして工房に
そこで彼はまさかの武器コピーを作成だと!?
納品したお礼にエルフばっかのキャバクラ~~
うはは...時代はエルフなのさ~~!
完 全 に 一 誠 ち ゃ ん と 一 致(1話の)

そこに一人誰か来た!{/netabare}

5話 英雄王?勇者王は分かるけど...
{netabare}水晶にはあの少女が...何時になったら会えるんだろう?
そこに一人の男が...奴が大臣か
声は雷轟のジークっすか!?
奴を殴ったことで裁判にかけられたリムル達
その判決後、分かったこと
あのスライムにドラゴン、ヴェルドラの覇気があるッ...!!{/netabare}

6話 シズ?水晶に映ったあの少女なのか?
{netabare}そう、彼女は仮面を被っていた。中人は超絶不幸の花小泉杏or卓球のこより
そこにリムルが洞窟から脱出した際、スルーした冒険者3人と出会い、ヴェルドラの洞窟に同行
そして魔物から逃げているときにリムルとやっと会えました。
彼女は召喚者なのか

二人きりになってリムルは思念で前世の頃を見せることに
おっと部屋のPCは無しでwww
戦後、高度経済成長に至ったことを映して...
その後少し苦しんだシズ
彼女の記憶は戦争と召喚者と炎と...{/netabare}

7話 シズの過去
{netabare}彼女は探していた、自分を召喚した人を探そうと
しかし貴女は炎を背負っていた
伝説のイフリートを...{/netabare}

8話 貴女の意志を受け継ごう
{netabare}そしてリムルは安らかに眠ったシズを喰らった
貴女を召喚した魔王に会うために...
冒険者3人と別れを告げた...
次は鬼の種族が動き出す...{/netabare}

9話
{netabare}大鬼族が一気に6人も!?
オマケに嘗てのシズを知ってるのか?
いや...仮面から吐き出される魔力を勘違いしてしまった模様
そして豚共と言っていたとなれば、前回ラストの...!
オマケにこのオーク達、名前がねえ{/netabare}

10話
ベニマル=白銀御行、赤のライダー / アキレウス
ソウエイ=比企谷八幡
シオン=パピカ、桜木ひな子
シュナ=上井草有栖
ハクロウ=キングジコチュー
クロベエ=モブ多し
{netabare}たった6人
それはフラグだった
すぐに魔力が無くなりまたしても寝てしまったリムル
で起きたら...
あれ?みーんな歯が短くなってる!?皮膚も人間っぽくなってる!?

そして今度はリザード族が動き出す...{/netabare}

11話 リザード族の代表
{netabare}街に機織りも備わり、にぎやかになって来た
そしてあの紫の子は、ペルシアと同じく料理力5だった...www{/netabare}

12話 そしてオークの軍団がやってくる、失うものは...?
{netabare}そうか、狂うはガビル、王を幽閉し、戦いに赴いた
どれだけオークを倒してもそれを糧として、別のオークが強化されようとも...{/netabare}

13話~ 爽快な〇〇だったwww
{netabare}悪いなオークの集団よ、奴らの無双を見るがいい...
そしてアンタの悲しみを喰らおうぞ、オークロードよ...{/netabare}

15話 トロフィーを獲得しました!「スライム会拡大」
{netabare}本懐を成し遂げたベニマル達、そしてリザード族と残ったオーク族も加わることになり、協力しシマを拡大することに
前回喧嘩を売って来たオーク族よ、アンタらの罪は問わない
言いたいことだけを言えばいい
尚、ガビルは追放、お供が3人だけ、アンタの行く場所は?

そして町は更に発展するのだが、そこにドワーフ族の王がやって来て...
あの裁判以来ですねえ
ほう...いいピシュンじゃねーか
でもそれを見切るのがスライム(実際は無いから){/netabare}

16話
{netabare}拡大していく国
そこに魔王が何故かあいさつ代わりにやってくる
しかしリムルは...
餌 付 け

ミデン「計画通り」{/netabare}

19話 来るは厄災
{netabare}ガノンじゃねーよ
空飛ぶ魔物や
半日戦っても削ったライフは3割
どれだけ硬いんだよ...
だったが魔王が...
ア ン タ の 方 が や ば い{/netabare}

20話 シズさんの願い
{netabare}3日かけてシズさんが教師をしていた王国へ
そこでリムルは教師をすることに...やんちゃよのう
国は大丈夫だ、皆で協力すればいい

っつーかガラスもあるし自動ドアもあるし...現代やん
組合を統治していたユウキ・カグラザカに会って...
出会って早々蹴って挨拶かよwww
だが戦いに来たわけじゃない
そこで現代のネタを明かす
いいともが終わった...マジっすか!?
それと紙を使って、月間シリウスやアフターヌーンを大量生産wwwww記憶から作ったのでwww

尚、現代に帰れることは分かったが、リムル自身はここが居心地がいいようだ。だって現代に帰ったとしても、あのリーマンの遺体は焼かれているだろう...{/netabare}

21話~
{netabare}シズさんの教え子に会い、精霊を使役させられるよう、洞窟へ
そして...

ん?あの木に隠れていた青年は?
これでひとまずリムルの冒険は終わる、もう1クールやってもいいくらいだなこれ
そして次はまさかの外伝...
グランブルと同じや{/netabare}

24話
シズさんがいた時に遡る
悪魔の討伐に集められた冒険者だったが...

25話 閑話休題
最後は捕らわれたイフリートとヴェルドラが将棋をして終わるwwwww
これまでのリムルの行動をバックで流しつつ...

投稿 : 2019/04/15
閲覧 : 404
サンキュー:

14

Maskwell

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 2.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

あぁ、やっぱここまでかー

原作がこのあたりから一気に面白くなくなって読むの止めた。

漫画も進むの遅くてこのへんまで読んだ。

結局キャラが増えすぎて、ごちゃごちゃしちゃっている感じは否めない。

たぶん、先行しているなろう系を見て期待して見てしまうとあんまり面白くないような気がする。


良い点をあげるなら、異世界というフィールドをしっかり活用していることと政治的なかけひきが多少含まれている点。

投稿 : 2019/04/14
閲覧 : 50
サンキュー:

7

ネタバレ

maquit

★★★☆☆ 2.2
物語 : 1.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

ゲーム脳に支配された安直で軽薄なファンタジー作品にはもう耐えられない

と、
この際トコトン叩いてやろうと意気込んでいたら、
それを遥かに凌駕する丁寧なレビューに出会い、
浅はかな自分の考えを反省すると共に
思っていたことがほぼ網羅されていたので
めでたくワタクシの駄文はお蔵入り

でも一つだけ言わせて

スライムなのに
人型になれるってのが最も納得いかない部分なんだけど、
ここは3000歩譲って認めよう。
で、人型に変身することで
スライムでは持ち得なかった味覚を得て、食べ物の味が分かるって
なんかちょっとオカシくないか!?

この辺まで見て視聴終了

投稿 : 2019/04/14
閲覧 : 74
サンキュー:

13

せいじ08

★★★★☆ 3.4
物語 : 5.0 作画 : 2.5 声優 : 2.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

マンガは高評価

原作の方が良いというのは良くある事。
このアニメの制作会社も、「話題性があるから製作費かけなくても視聴率つくね」と、低コスト高利益を狙った様に思える。
アニメは見るに値しない。ストーリーのみ高評価なので原作で満足。むしろ、アニメで低評価。
ランガ推しだったので、声青年すぎて怖くなく、種族の若頭としては若い声。
大賢者の声がアナウンサーの様、夢に出てきそうでトラウマ。間違ってはいないが、なんか怖い。

投稿 : 2019/04/13
閲覧 : 44
サンキュー:

5

ネタバレ

maki

★★★☆☆ 2.6
物語 : 1.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 1.0 キャラ : 3.5 状態:----

流行りのゴミ

主人公と同格orそれ以上の敵とは対峙しない流行りの作品
主人公はほぼ無限に強くなれて敵の攻撃も無力化するわ途中から人型になれてスライムの必要性なくなるわで見ていて淡々と話が進んでいく

主人公より格上は存在はするが敵対はしないので盛り上がりそうに見えてあっさり問題解決するので不完全燃焼な内容になっていて次の展開に期待も持てず退屈な作品となっている

ただ話として嫌な要素を極力排除して主人公や村の成長を見れるという点でなんとか見れる作品にはなっているが1ミリも面白いとは言えない内容

あくまで「流し見で見れる」作品

何気に効果音が爆音でクッソ煩い
音量上げれば迫力でると勘違いしてんのか

投稿 : 2019/04/12
閲覧 : 98
サンキュー:

6

askima

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

超ハイスペックスライムの話

異世界転生系。どんな困難もこのスライムにかかれば困難ではなくなる。
ゆるい感じの主人公最強系で面白かった。
評価項目にないが、安心して見てられる、といった項目があったなら間違いなく高得点だろう。
最近は乱立してる異世界転生系だが、これは良い作品にカウントできると思う。

投稿 : 2019/04/11
閲覧 : 26
サンキュー:

3

たわし(ガガ)

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

大人向け「ライトノベル」(海外でも人気が高まる)

「ライトノベル」と言いながら、視聴者は20代~30代の90年代ライトノベル全盛期に青春を送った人たち向けのアニメだと思う。

昨今、web配信ベースの漫画やライトノベルはどれも「王道」ではなく大人向けにウィットに富んだ「変速型」であり、設定や世界感にある程度のリアリティを求めてたり、過去作のパロディを多用するあたりもそういった風潮の一つだと思う。

「ソードアートオンライン」のブームを見るに、今までライトノベルというのはオタク向けのニッチコンテンツだったのだが、アニメや漫画に抵抗のない世代が消費者として加わったことにより、一般的な認知度や人気が見えるのもごく最近の話である。これは50代40代くらいの中年層にはよくわからないかもしれない。

「転生したらスライムだった件」も原作のライトノベルも漫画も予想以上に売り上げているそうで、主人公が「30代後半のサラリーマン」という設定も非常に
オタクな親世代(30代後半)に向けているので、漫画やアニメを頻繁に見る年代を意識して作っていることも非常に計算高く、昔はビックコミックや青年誌が持ってた「大人向け漫画」が、今の時代は「大人向けライトノベル」になったんだと思う。

秋葉原なんかもほとんどデートスポット、声優になりたい若い人たちの増加もそういった認識が一役買っているんだろう。

全話視聴:日本でもむちゃくちゃ人気らしく、講談社はシリウスの「転スラ」と別マガの「進撃」で、業績が昨年の2倍まで跳ね上がったらしいですが、最近は本当に全世界的にオタク化が顕著なのでその影響があるのかもしれません。。。。そんなに面白いかなあ(笑)個人的には「ダンジョン飯」とかの方がひねってて好きです。

投稿 : 2019/04/10
閲覧 : 137
サンキュー:

17

しんのすけ

★★★★☆ 3.8
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 2.5 キャラ : 4.5 状態:今観てる

とりあえず ワンクール の感想です。

(20190107) 1クール 終わっての感想です。
第一話の冒頭で 主人公が死んでしまうのは、
タイトルを考えると、当然だとは思いますが、驚きました。
(同時期に放送していた「ゾンビランドサガ」と同じです)

さて、スライムに転生して、最初に出会うのが、
この物語の最強クラスのドラゴン!
しかし、ここで、この物語が、
異世界 転生 主人公最強 系アニメであろうと推測できますね!
RPG などのゲームの世界では、
最弱のモンスター設定のスライムですが、
考えてみると…強いですよ!
(この辺の説明は「このすば2」でも語られていましたね)

最初の洞窟を出ると「ゴブリン」に出会います。
此方のゴブリンは、同時期に放送されていた
「ゴブリンスレイヤー」
のゴブリンとは異なり…弱かったですね(最初は)
それと、どこか人懐こくて、愛嬌もありました。

なんやかんや あって 仲間が 増えて行きます。
多種多様な感じが平和の象徴的で、なんか安心して観れる作品です!

個人的な楽しみとしては、
随所に組み込まれている 小ネタ!
ドラゴンとの会話でも
「友達になってあげても、いいんだからね」
「ツンデレか!」
という会話とか、ドワーフの町での裁判の時の
「ちょ待てよ〜」
というセリフは特に笑えます!
(おそらく超有名ドラマのセリフでしょう。言い方もモノマネ的なのが良かったです)


(20190410) 第二クールを終わって
第一クール同様 多種多様なキャラが登場します。
個人的には「ガビル」君でしょう!
毎回期待通りの笑いを提供してくれますから!
そんな「ガビル」君と双璧をなすのは「シオン」さんですね!
独断先行により、「リムル」様が困ってしまうところは、
「ガビル」君同様に期待通りで、笑えます!

投稿 : 2019/04/10
閲覧 : 57
サンキュー:

5

三毛猫メリー

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

期待はずれだったのかな?

2019.4.10視聴完了。
コミック既読。

アニメがコミック版(11巻)に追いついちゃいました。
2クールやった割に内容が薄かった気がする。
ストーリーの重要な部分はやっているんだけど
細かい描写や説明が足りないため何だかあっさりな印象。
見たはずなのに最初の頃の出来事が
もう記憶から抜けていっています。
個人的にはリムルの声は高めの男性声優に演じて欲しかった。

投稿 : 2019/04/10
閲覧 : 53
サンキュー:

13

次の30件を表示

転生したらスライムだった件のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
転生したらスライムだった件のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

転生したらスライムだった件のストーリー・あらすじ

スライム生活、始まりました。

サラリーマン三上悟は気がつくと異世界に転生していた。
ただし、その姿はスライムだった。
魔物種族と仲間となり、獲得したスキルを駆使しながら、
さまざまな問題を解決していくスライム創世記。(TVアニメ動画『転生したらスライムだった件』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2018年秋アニメ
制作会社
エイトビット
公式サイト
www.ten-sura.com
主題歌
≪OP≫寺島拓篤『Nameless story』≪ED≫TRUE『Another colony』

声優・キャラクター

岡咲美保、豊口めぐみ、前野智昭、花守ゆみり、古川慎、千本木彩花、M・A・O、江口拓也、大塚芳忠、山本兼平、泊明日菜、小林親弘、田中理恵、日高里菜

スタッフ

原作:川上泰樹/伏瀬/みっつばー『転生したらスライムだった件』(講談社「月刊少年シリウス」連載)、監督:菊地康仁、副監督:中山敦史、シリーズ構成:筆安一幸、キャラクターデザイン:江畑諒真、モンスターデザイン:岸田隆宏、美術監督:佐藤歩、美術設定:藤瀬智康/佐藤正浩、色彩設計:斉藤麻記、撮影監督:佐藤洋、グラフィックデザイナー:生原雄次、編集:神宮司由美、音響監督:明田川仁、音楽:Elements Garden

このアニメの類似作品

この頃(2018年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ