当サイトはアリフィエイト広告を利用しています

「テイルズ オブ ジ アビス-TALES OF THE ABYSS(TVアニメ動画)」

総合得点
69.1
感想・評価
559
棚に入れた
3372
ランキング
1872
★★★★☆ 3.8 (559)
物語
3.8
作画
3.6
声優
3.8
音楽
3.9
キャラ
3.8

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

テイルズ オブ ジ アビス-TALES OF THE ABYSSの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

みかんちゃん さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

メモ

2023年夏に初見でゲームをプレイしました。

ゲームの流れを削ることなく綺麗にまとまってたと思います。
またゲーム上では分かりにくかった音素やプラネットストームが図解になってたりと親切設計になってて良。

アニメだけ見るとテンポが良すぎて味気ないかも。
是非ともゲーム→アニメで体験してほしい作品。
(ゲームはメインストーリーじっくりやって60時間ほど)

投稿 : 2024/05/15
閲覧 : 84
サンキュー:

0

ネタバレ

あと さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

世界を巡り自分の価値を探す王道冒険ファンタジー作品

ゲーム作品のアニメ化で評判が良く個人的にBUMPのカルマが好きだったので見た作品だったのですが、とても面白かったです。話に関しては少々わかりづらい部分や設定などがあり、これに関してはアニメでは説明しきるのは難しいと感じたのでそこは仕方ないところですね。また、主人公たちのパーティの仲がかなり険悪になり、全員から自分の存在価値を否定され、何も残らなくなるところがありかなり心が痛みました。彼らとはその後も付き合っていくのですが、そこでまた協力しあって戦闘していくのがこの作品の良い点でもあり悪い点でもあるとは少し感じました。ただ、そういうところがあってこそ物語に深みというのはでてくるのでこのような形でストーリーが進むのは納得出来ました。とても面白かったのですが、物語の都合上残念なところもあったりするのが作品の価値をしっかり高めているように感じました。
最終盤のラスボスに向けた盛り上がりもアニメとしてよく出来ていて、視聴者に考察することの意義を考えさせるような作品でした。

投稿 : 2022/09/10
閲覧 : 189
サンキュー:

3

ネタバレ

神谷 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

感想!

テイルズジアビス

ゲーム原作だと侮るなかれ、ファイナルファンタジーなどが好きな人にぜひおすすめしたい一作。できればゲームの方も。

ゲーム原作といえばほとんどファン向けに作られており、新規の人が入ってくる目的では作られていません。ですがこの作品は違います

あにこれでの評価は低いですが僕は高評価をします

★用語や世界観は難しいが、テーマがすごい。

まずレプリカの設定が凄い。
主人公は一種のクローンで、元の人間アッシュから生み出されたものなのですが、ここの作り込みが凄いです。
主人公とアッシュの葛藤が綿密に描かれ、他のレプリカの設定やクローンの設定が丁寧に作られています。

★設定が凄い

用語が多すぎて理解するのに時間がかかりましたが綿密に練られた世界観も素晴らしい。
例えばなんですが、ゲームのゼノブレイドやゼノブレイド2のような綿密な世界観があり、子供向けではあるもののしっかりと練られた世界観が素晴らしいです。

★ルークが完全にいい奴になっている

ルークが最初は嫌な奴なのに最後はいい奴になっていて心情の変化がしっかりと描かれています。
また最後には感動があり、ルークの成長とそれに伴うドラマなどが綿密に練られています


★悪い点を挙げるとするなら

ゲーム原作なので戦闘が単調になっているとところです。ですが逆に考えてください。
RPG原作のアニメってなかなか上手くまとめられないし、ヒットしないんです。それを考えればこれはめっちゃ上手くまとまっているんですよ!
ゲームのアニメ化でここまで上手くいくものかと感心してしまいましたよ!


★総評

自分はこのゲームを、RPGゲーム原作の中で一番、二番を争う作品だと思っています。
ただノベルゲームになってくるとシュタインズゲートなどがありますが、あくまでRPG原作の中ではなかなか良いという評価を下したいと思います

投稿 : 2022/01/02
閲覧 : 300
サンキュー:

1

ネタバレ

Howell さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

見返したらイライラポイントが変わった。

 子供の頃リアルタイムで見ていた時は身勝手で横暴なルークが大嫌いでアッシュに同情したり周りのキャラクターの方が正しいと思っていたけれど8話でルークがツリーを消滅させたけれどティアやジェイドはともかく昔からルークを知っているガイやナタリアが失望しているのはおかしい。
 ずっと共にいたのであればルークのヴァンへの信頼度をわかっているし、幼稚な性格な上に城に閉じ込められて世間知らずなのも理解しているはずでましてやナタリアに至ってはヴァンとルークの会話を聴いていたわけでなぜルークが焦燥に駆られているのかわかっているだろし十分に防ぎようはあったにも関わらず直接的ではないにしろ「ルークがツリーを消滅させなければ数千の命は失われる事はなかった」とまで言っている。
 次にアッシュ。コーラル城での一件は理解できるが序盤からで「出来損ないのレプリカ」という認識を持っていてなぜヴァンがルークを使う可能性を考慮出来なかったのか謎。
 ジェイドもレプリカについて把握してアッシュについても把握していたはずなのにルークに苛立ちをあらわにしている。
 イオンも終始六神将の良いなりになって動いているだけで扉を開かなければそもそもツリー消滅に繋がる事はなかった。(これはアッシュも同じ)
 ティアはルークに対する感情はさておきヴァンの行動に懐疑心を抱いているのに周りについて回ってるだけ。本当にやりようはなかったのか?

ことの重大さに対して意思疎通を蔑ろにしているのにルークを責めるのは彼の幼稚さを差し引いてもひどい。

投稿 : 2021/10/17
閲覧 : 541
サンキュー:

1

ASKA さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ゲーム「テイルズオブジアビス」のアニメ化作品。

ゲーム「テイルズオブジアビス」のアニメ化作品です。

原作ゲームは未プレイです。

原作はゲームですが、今作はアニメ化作品としてみてもクオリティの高い面白いアニメだったと思います。ボリュームも2クールあり、「スコア」や「フォミクリー」や「レプリカ」などの独自の設定もありながら王道のファンタジーRPG要素もあり、話も単調にならず、どんどん展開が進んでいっているので、次が気になる終わりで、観ることができてよかったです。
またOPのバンプオブチキンさんの「カルマ」も良曲でよかったです。

投稿 : 2021/09/27
閲覧 : 411
サンキュー:

9

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

他の作品にはない終わり方

ストーリーが深い作品を探していたところ、この作品を見つけました。
視聴するまで知らなかったのですが、原作はPS2のRPGゲームみたいです。

内容は王道ファンタジーという感じですが、まずOPとEDがどちらも良かったです。

その他にも、26話という話数を使って、ストーリーがよく作り込まれていたこと、各キャラの説明がしっかりあったところも良かったなと思いました。

また、ラストの終わり方は、視聴者に考えさせるような終わり方で、バッドエンドではないですが、ハッピーエンドとも言えないような終わり方だったところが、他にはないような終わり方で素晴らしいなと感じました。

ファンタジーものが好きで、生きる意味について考えさせられるような作品を見たい方におすすめです。

投稿 : 2021/06/12
閲覧 : 526
ネタバレ

dend さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:----

ルークはレプリカでアッシュはオリジナルを嫌がる人がいる真相

原作の開発者コメントで明かされたことなのだが
「ルークはレプリカでアッシュはオリジナル」を嫌がっている開発者もいます
これは何を意味するのかの解説を行おうと思います
ポイントは「レプリカ→劣性」と「オリジナル→優性」と扱う世界の話だということと
ラストに現れたのは「レプリカルークの格好をしたオリジナルルークであるアッシュ」だと言う事なんです
これは裏を返せば「レプリカルークはラストで退場した」をも意味するラストです
これは「劣性は優性に淘汰された」をも連想するラストです
これは「劣性では優性には勝てない」の肯定を意味する思想である優性思想をほめのかすラストにもなる
優性思想とはナチスドイツなどが迫害や弾圧を正当化するのに用いた思想であり
危険思想にして差別主義な思想です
つまり危険思想と差別思想をほめのかすラストになってしまい
「ラストに現れたのはオリジナルルークであるアッシュ」とはこういう事をも意味することに気づいたから
「ルークはレプリカでアッシュはオリジナル」を嫌がっていたことが判明するんです
ほらバンダイナムコも会社じゃないですか
危険思想と差別思想を吹聴する作品など作ったらコンプライアンスを疑われ経営責任を問われることになる
これが起きる原因になることを懸念したから「ルークはレプリカでアッシュはオリジナル」を嫌がっていただけの話なんです

投稿 : 2020/11/06
閲覧 : 446
サンキュー:

0

チィ千 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ゲームに忠実な王道展開

良い点
・ゲームとほとんど同じだけど、ゲームにはないシーンなどが追加されてるので新鮮味がある
・アニメならではのキャラデザがいい
・主題歌がめっちゃいい
・奥深い世界観や登場人物の葛藤などが描かれており魅力的に見れる
悪い点
・本作はテイルズ史上最も主要キャラの仲が悪いと言われており、人によっては賛否が別れる
・あるキャラが皮肉過ぎて嫌いになる
・ゲームと同じなのでもちろんトラウマ回が再現されて、不快感が残る

投稿 : 2020/05/17
閲覧 : 436
サンキュー:

0

ウィラード さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

原作を完結させている素晴らしいアニメ

普通にアニメで原作消化させている良作アニメ
アビスはこれを見れば良い

テイルズシリーズの中でストーリーが一番良いかなと思う
ストーリーというよりキャラの設定が良いんだけどね
キャラごとのエピソードが濃い設定だからこそ、アビスは良作なんだとおもわれる

主人公も理不尽な設定ながら成長してる系
キャラクター物語としての良作品といったところ

投稿 : 2019/12/20
閲覧 : 651
サンキュー:

1

ネタバレ

qKPKR13003 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ラストが…

あまりにも最終話の最後があっさりしすぎていたことにとてつもない違和感を覚えたのが唯一の残念な点です。物語もキャラクターも演者さんたちの演技もとても気に入っていた分、こんな締め方でいいのかと納得ができませんでした…。しかし展開自体や作画の動きなどにはあまり不満はなく、サクサクと視聴できました。これだけ物語を通して大きな変化を見せてくれる主役や、各話に投入されたシリアスな内容を見れば見るほどに当時のアニメーションの魅力を思い出させてくれます。

投稿 : 2019/07/27
閲覧 : 493
サンキュー:

0

ひかるん さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

テイルズオブシリーズを観たのはこの作品が最初

元がゲームと聞いて、ゲーム感がものすごく最初はあるのかという印象でした。
いざ、視聴したら全くそんなことなく内容がとても丁寧で分かりやすいのが今の印象です。
キャラもしっかりとしていて、観ていて飽きなかったです!!
作画は、現代よりも丁度良くて観やすいです。
感動する場面もいくつかありますでおすすめです

投稿 : 2019/03/30
閲覧 : 640
サンキュー:

1

gm560 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 2.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

こういう系の中でかなり頑張っている作品

テイルズオブジアビスは元々バンダイナムコ(旧ナムコ)が
PS2向けに作られたゲーム作品です。(後々3DSに移植)

シリーズの中でもかなり人気の高い作品であるものの、
ゲーム時代から評価が大きく分かれる作品ですが、
私は凄く好きな作品でEDで涙が止まらなくなったことを
よく覚えています。

ではこのアニメ化された作品がどうかというと、
非常に忠実にゲームの原作が再現されており、
こういう元々RPG原作の作品としては、
非常に頑張ってよく再現されていると思います。
主題歌「カルマ」をそのまま採用した点も、
非常に好感が持てると思います。
主題歌やゲームの音楽に深く関わった藤原氏が
作詞作曲したEDの「冒険彗星」も非常に良いです。

ゲーム版の作画が個人的には良すぎたので、
アニメの作画はちょっと劣る感じですが、
ゲームをプレイしてない人は気にならないと思います。

ストーリーやキャラクターの好き嫌いの評価が
本当に真っ二つなので、合う人は合うとしか言えないけど、
見る人によっては隠れた名作になると思います。
なんというか主人公を親心で見れる人は絶対合うと思います。

投稿 : 2019/03/03
閲覧 : 478
サンキュー:

2

ネタバレ

yuugetu さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

癖の強い部分を好きになれるかが評価の分かれ目

2008年放映のTVアニメ。全26話。
ゲーム原作、未プレイです。

最初、設定や用語を理解するのにちょっと大変でした。

ストーリーはほぼ原作通りだそうですが、複雑な部分やちょっと鬱寄りな展開もあったりで、意外と評価が割れているようですね。
尺がギリギリでどんどん話が進むので、もう少しゆっくり世界観やキャラクターの心理を楽しみたいなと思う時も。
ですがアニメスタッフの原作愛が感じられて、最終話のEDまで含めてとても良かったです。

キャラクターは全体的に美点と欠点がはっきりしていて、私は割と誰にでも好感が持てました。
ルークが序盤酷い態度なのは私も頭を抱えたくなりましたが、彼の背景を知ってからは成長した姿をとても楽しみにできました。…私はどうもそういうの好きなんですよねw
ただ尺の関係もあったのか、敵キャラクターが掘り下げ不足なのは少しマイナスでした。

作画、声優さんの演技、音楽なども水準高めで安定していて、全体的なクオリティという点では見やすいと思います。

{netabare}
「生まれた意味を知るRPG」というゲームのアオリ文句のとおり、自分の出生や過去と向き合うキャラクター達を丁寧に描いた良い作品だったと思います。レプリカ問題とあわせて自分の居場所を問う展開に繋がっているのも非常に良かったです。

ルークについては、最初からなかなか憎たらしい性格で描かれていたので成長キャラだろうと緩く見ていた部分もありましたが、中盤で仲間達に冷たい態度を取られるのもまあ当然だな、と。
成長途上の子供であると見るか、大使の任を背負った公人と見るかで視聴者の感想が割れるところだと思うのですが、少なくとも本編内では公人として扱われていると私は考えています。仲間達全員、軍人だったり王族だったり導師だったり、子供ながらにしっかり働いていたりと、「公人」としての責任感が大きく、彼らの考え方がルークとの軋轢を生んだのは自然な流れだったと思います。

アッシュと自分が違う人間という結論自体は予想が出来ますが、そこに至るまでにルークにいくつもの大きな決断を経験させているため、オリジナルとレプリカの問題にもキャラクターそのものにも厚みが出ていたと思います。
ルーク自身が生まれてから7年とわかってからはちょっと可愛く感じる時もw
本人がショックを受けている時にミュウが一緒にいてくれて安心できました。マスコット系は普段あんまり好きにならないのですが、ミュウはルークを支える姿が健気で可愛かったです。


女性キャラもお気に入りでした。ティアもナタリアもそれぞれ違うタイプですが、健気でしっかり者で可愛い女性でした。

特にナタリアは女の子らしい少し勝手な考えも個人的には魅力だったり。女性として元のルークに戻って欲しいという願いは当然の事だと思います。
勿論それはレプリカのルークには可哀相なことでしたが、ナタリア自身も「代替品」であった事実に直面してからの成長は立派でしたし、その騒動の中でルークとの関係を再構築した部分は本作の中でも特に好きでした。

ルークに約束の言葉を言ってもらったシーンは印象的で、
自分がこれから王女として国のことを第一に生きるため
大切な幼馴染みの一人であるルークとも、アッシュと同じ重さで同じ約束を交わしておきたいから
おそらく戻るつもりのないアッシュのことを振り切るため
…など色々感じさせられました。
アッシュと幸せになるのを期待していましたが、アッシュもナタリアもそれを諦めていたようでちょっと切ない。

ラストシーンで戻ってきたのはルークかアッシュか、本編内の描写で予想は付きますがそれは「言わぬが花」って感じなんじゃないでしょうか?わざわざ語らないのもいい演出でした。
{/netabare}
(2017.2.15)

投稿 : 2018/12/06
閲覧 : 902
サンキュー:

13

kusohana さんの感想・評価

★☆☆☆☆ 1.0
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

地雷踏んだ

主人公の性格が糞過ぎる
支離滅裂の展開
6話程度でギブアップ

投稿 : 2018/08/05
閲覧 : 477
サンキュー:

0

ネタバレ

チョロ松 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

俺は悪くない

テイルズ10周年記念作品で、
アニメーション化されて嬉しい作品の一つです。

この作品はアニメーション化にあたり原作でのアニメーションムービーの1部使用や、アフレコ時には、線画ではなく既に全て終わってアフレコしたそうです。

肝心の内容は原作通りの流れになっていて、
プレイしてる人には懐かしいシーンが多くなっていると思います。

プレイしてない人にとっては
主人公は最初クズもしくはカスに見えてくるかもしれませんが、
王道展開で成長していきます。

声優も鈴木千尋くん、ゆかな、子安さんなど豪華です。

この作品を観て思ったことは、
運命は自分で決めるそれがいかなる事になろうともです。

是非この作品を視聴、プレイして皆で横アリで
「俺は悪くね~」と叫びましょう。

投稿 : 2017/02/05
閲覧 : 379
サンキュー:

6

スカイオーダー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 2.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:途中で断念した

途中で分からなくなった

数々の専門用語が押し寄せるのと、ゲームサイズのストーリーをアニメの尺に抑えるために、何となくシナリオを圧迫しているように感じ、途中で訳が分からなくなって断念した。

投稿 : 2016/10/27
閲覧 : 554
サンキュー:

2

リュラ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

テイルズのゲームは戦闘があまり合わなくてやりきれたことがないのだが、アニメ見て良かったのでやってみたいと思った!

投稿 : 2016/10/10
閲覧 : 372
サンキュー:

0

mrt さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

登場人物に

イラッとくる

投稿 : 2016/09/14
閲覧 : 553
サンキュー:

1

ネタバレ

がぁべら♪ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

シリーズ10周年記念作品

二大国・キムラスカ・ランバルディア王国とマルクト帝国により危うい均衡が続いている時代。
キムラスカ公爵家の一人息子・ルークが敵国マルトクに誘拐された。それから7年後、自分の屋敷に軟禁されているルークは、師匠・ヴァンとの剣の修行が唯一の趣味となっていた。
そんな折、ルークはヴァンを殺そうと屋敷に侵入してきた少女・ティアと超振動を起こし、彼女とともに見知らぬ場所に瞬間移動してしまう。屋敷に戻るため、ルークはティアと行動を開始する。その旅路で、ルークは様々な人と出会い、自分の生まれた意味を知ることとなるというストーリーです。
------------------------------------------

ゲームは未プレイなので、アニメだけの感想になりますが、序盤のルークは、世間知らずの我儘な坊ちゃんでしたが、自分がレプリカだと知ってからはかなり成長して後半のルークはめっちゃイイヤツでした。
ストーリーも後半に向けて、面白くなっていったと思います。泣ける場面も多かったデス。

投稿 : 2016/07/27
閲覧 : 355
サンキュー:

1

てぃー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

うーーーーーん。。。。。

ストーリーは聞いていた通り若干駆け足気味でしたが、まぁ面白かったです。
序盤はルークに、中盤は仲間キャラがクズ化してかなりストレスたまりました笑
あとエンディングについてですが、このアビスみたいに視聴者におまかせします!!みたいなハッキリしないエンディングは嫌いなので評価低めで

投稿 : 2016/07/23
閲覧 : 309
サンキュー:

0

ネタバレ

岬ヶ丘 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

生まれた意味を知るRPG

ボックスが発売されると聞いて見てみました。原作となったゲームはプレイ済み。人生ではじめてクリアしたRPGだったので、今でも思いで深い一作です。その後アニメになったことは知っていましたが、ゲームの時のイメージが崩れることを心配してこれまで見てきませんでした。

全話見ての印象としては、あの長いストーリーをよくまとめたなというのと、久しぶりにキャラを演じる声優さんの声が聞けて懐かしかったという感じです。

ストーリーに関しては原作をほぼ忠実に再現していたし、セリフも当時のものがたくさんあってよかったです。ただ尺の都合上展開がどうしても早く、専門用語も多いので、はじめて見る方には難しかったと思います。はじめての方におすすめするなら、やっぱり長くなるけどゲームの方かなと感じました。

バトルシーンはある程度覚悟はしていましたが、ゲーム経験者からすると少し物足りなかったです。音楽もカルマが引き続きOPなのは嬉しかったですが、BGM全体も当時のものをベースにしてほしかったかな。イオンの声優さんはゲーム版とは違いましたが、イオンの雰囲気にあっていたと思います。

「生まれた意味を知るRPG」と銘打たれた本作は、命・業・自己の確立・成長など思春期の自分にたくさんのことを教えてくれたゲームでした。今回アニメを通して当時のことを思い返し、あの頃に戻れたみたいで嬉しかったです。

投稿 : 2016/07/10
閲覧 : 506
サンキュー:

3

ネタバレ

オキシドール大魔神 さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

胸糞も突き抜けると印象に残る

 ゲーム原作は大抵尺不足で産業廃棄物化するが、今作は2クールの尺があったので、比較的まともに映像化出来た方(それでも尺不足ではあったが、少なくとも産業廃棄物にはならなかった)。
 OPはゲーム版に引き続きカルマ。サイズも1分半ではなくゲーム版と同様。映像も良かった。EDもそれなりに良い(ただ、いまいち歌詞が理解できないが)。
 声優は、イオンが小林由美子になっていたが、問題なくはまっていた。ゆかな、中田譲治、子安、根谷など、冷静に考えると声優も豪華な作品。
 テイルズシリーズの映像化は、アビス以外にも何個かあるが、大抵はOVA、あっても1クール。その点2クールの尺を貰え、OPもカルマを使用し、尺の許す限り原作を再現して、バトルの作画も結構頑張っていた。スタッフの愛は感じられる。
 ただ、今一歩工夫は足りなかった。テイルズのような仲間を集めて進めるタイプのゲームは、ゲームでは敵の強さが調整されているのでよほど上手かヘタか以外は勝負になるが、アニメーションになると、多勢に無勢になってしまう。また、尺の都合上だろうが、敵キャラがあっさりと倒れてしまうシーンもある。ラルゴなんてナタリアの弓一発背中に刺さっただけで終わる。
 続いて、原作からの難点だが、アビスは人を選ぶ展開がある。はっきり言ってシナリオの序盤から中盤はなかなか胸糞で、主人公含め主要キャラは大体クズである(ただし主人公には複雑な事情に加え、劣悪な環境もあって一概にクズとも言い切れない)。しかしながら、だからこそシナリオは印象に残る。主要キャラとボスクラスの敵キャラに因縁がある、主人公も横暴な振る舞いから改心し成長著しいなど良いところもあり、賛成派の評価は高い。
 個人的には、普段なら胸糞ストーリーなど大嫌いなのだが、割と突き抜けているからか、なぜかそれほど嫌気は差さなかった。とはいえ、徹頭徹尾聖人の如き振る舞いを見せるマスコットキャラ的存在、唯一の良心ミュウがいなければ、切っていたかもしれない。
 キャラの性格はクソなのが多いが、デザインは良いものが多い。見た目だけなら、ティアもアニスもナタリアも可愛い。特にティアに関しては見た目だけならテイルズシリーズの女キャラの中でも1,2位を争うレベル。
 テイルズシリーズ10周年記念作品として、本作のゲームは作られた。「生まれた意味を知るRPG」のキャッチコピーは達成されている作品だが、主人公であるルークは徹頭徹尾不幸と言っても過言ではない。テイルズシリーズでも1,2位を争うくらいの不遇なキャラである。正直、ラストもルーク視点で考えるなら、バッドエンドと言っても過言ではない。

 どうでもいいことだが、ヴァンデスデルカムストフェンデや、ナタリア・ルツ・キムラスカ・ランバルディアなど、フルネームの語呂や語感がいいキャラがいるのは、個人的にはポイントが高い。

投稿 : 2016/07/08
閲覧 : 665
サンキュー:

15

双真 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

★★★★☆☆

原作(ゲーム)クリア済み、おもしろかった!

投稿 : 2016/05/02
閲覧 : 381
サンキュー:

1

となぷ~ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ファンタジー世界を救うお話

全26話。

あらすじはあにこれ参照。

テイルズシリーズといえばゲームで有名です。
私もゲームをやったことがあるので、ストーリーはある程度把握して
いましたが、なにぶんかなり前なので忘れていました。

・ストーリーがいい
・ルーク初期にイラっとさせられる
・ミューかわいい
・ティアかわいい&おっぱいおっきい

ストーリーの流れにゲームっぽさがなんとなく漂っていますが、
これはこれで面白かったです。

投稿 : 2016/04/27
閲覧 : 271
サンキュー:

3

askima さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ゲームをプレイする側であれば楽しいんだろうな、と思わせてくれるアニメ。

テイルズシリーズは1つもプレイしたことないです。
なのでこのアニメに対する率直な感想のみ書きます。

他の方も書いているように展開が早そうです。

ゲームで特にRPGはイベントの量より、レベル上げやダンジョンの攻略に時間を割くため、アニメで見ると展開が早そうな割には中身が薄いように感じてしまいました。

またゲームの特性上、主要キャラは基本死なないとか、モブはサクッと死ぬところがあり、これは個人的にマイナス要因でした。

以上。

投稿 : 2016/04/17
閲覧 : 318
サンキュー:

1

シャベール大佐 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

骨格は良かったが、肉付けが少し足りなかった印象

ゲーム原作のファンタジー作品。全26話。
再放送で初めて視聴しました。そこそこ面白かったです。
とりあえず最後まで観終わった感想として、まず思い浮かぶのは、テンポがとても速かったということです。ストーリー展開は盛りだくさんで、登場人物の数、キャラ同士の因縁なども多く、次々にいろいろなことが起きますが、描かれる出来事のほぼすべてがストーリーの本筋に必要なことで、それ以外の遊びの部分がほとんど無かった印象。そのため話の内容自体はつまらないわけではないのですが、いまひとつ物語に没入したり、キャラに強く感情移入したりとまではいかなかったです。ストーリーには直接関係なくても、世界観や各キャラを掘り下げるようなエピソードが序盤から中盤あたりにもっとあれば、作品への理解も深まり、終盤には感動できたかもしれません。ストーリーの骨格はしっかり考えて作ってあるという感じでしたので、あとは肉付けが少し足りなかったといったところでしょうか。
キャラは、主人公のルークが序盤はかなりのクズで、この先いったいどうなるのだろうと興味を持って観ていましたが、きちんと納得感のある成長を描けていました。その他では、女性キャラもそれぞれ魅力がありましたし、個人的にはミュウというマスコットが非常にかわいかったと思います。
2008年の秋アニメということでやや古い作品ですが、作画は今観てもそれほど古臭さは感じず、悪くなかったです。
音楽は、OP、EDともに結構好きでした。特にEDは、Bパートが終わってCMを挟んでからEDだけ独立して流れるという構成でしたが、毎回EDまでしっかり観ていました。
全体的に普通に楽しめましたが、3クールくらいの作品として時間をたっぷり使って描けば、もっと良い作品になったような気がします。

投稿 : 2016/04/10
閲覧 : 357
サンキュー:

16

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ゲームに忠実だが走り過ぎ

ゲームプレイ補正ありのレビューです。

アニメ版はちょっと詰め込めすぎかなあと。
それでもよく忠実にゲームのストーリーを再現させたなあと思いました。
ゲームに忠実すぎるので、ストーリーが走り過ぎている。
なんか、あらすじを追ってるだけのような・・・。
50話くらいで構成できればちょうど良かったかもしれない。

投稿 : 2016/04/06
閲覧 : 375
ネタバレ

animm さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

もしも私たちの未来が予知されていたとしたら

未来予知によって支配された世界を生きる人々。
自分自身の不幸な現実を決められた予言が原因と考え、それを破壊するために生きるのか。それとも例え予知された未来へとなったとしてもそれを自分が選んだのだと考えるのか。同じ現実に対するそれぞれの見解は不安定な世界の中でで徐々に大きな歪みとなり、対立していく。現実に生きる私達の杞憂を内包した仮想世界という難解なテーマをここまで掘り下げたシナリオライターの胆力に驚いた。ストーリーの特徴としてキャラの個性があるものの、サブキャラクターの物語が淡白だった。具体的には後半に入りキャラクターの登場から見せ場への進行が早く感じた。26話は決して短くは無いが、キャラクターにもっと感情移入をしたいと感じる程テーマと物語、つまり世界観が良かった。
「もっと見たい」と思わせるそれこそがこの鮮烈な物語の美しさかもしれない。

音楽はファンタジーらしい高低音のシンプルなメルディでそれぞれのカットにおけるキャラクターの感情表現を演出。効果音もバリエーションが豊かだった。オープニングもエンディングも歌詞が世界観に合っていた。声優の声もキャラクターの個性を引き立てていた。

投稿 : 2016/04/05
閲覧 : 349
サンキュー:

1

1061000you さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

悪くないけど うすい

ストーリーは面白いし、キャラも悪くないけど、
なんとなく物足りないと言うか…うすい。

初めて人を殺したとか、仲間が死んだとか、
アイデンティティーの崩壊的な出来事なのに、
キャラの感情の起伏があっさり描かれすぎてる印象でした。
そこがもっとドラマチックに感じられたら高評価だったかなと思います。
といっても、私の感受性の問題かもしれないので…。
それなりに面白いのは面白かったです。

投稿 : 2016/03/11
閲覧 : 321
サンキュー:

1

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

真実とはどこにあるのか・・・

(評価は保留のため3)

再放送を視聴。
原作ゲームは未プレイ。今回の視聴が初見となります。

第2話を視聴して、特殊な力の衝突により、別の大陸まで飛ばされてしまったルークとティア。

はたして、無事に元いた都市にたどり着けるのだろうか。


第5話を視聴して、導師イオンの一行を引き連れて、無事に元いた都市へと戻ってきたルークとティア。

戻ってきたものの、すぐに他国への支援の任命を受けるルーク。その裏でルークは別の国に亡命しようと画策するのだが・・・。

7年前の誘拐事件との関連は・・・。


第8話を視聴して、汚染された街を救うためにはるばるやってきたルーク。彼は英雄となることを信じてやまなかった。しかし、その思惑とは違うことが起きて・・・。


第9話を視聴して、ひとつの真実にたどり着いたルーク。彼は真実と向かい合う決意をしたが・・・。


第15話を視聴して、現実で起きていることがスコア(予言)と異なることが起きていることがわかる。これまでスコアは絶対のものと思われてきたが・・・
それぞれ決意を胸にするルークたち。そして過去の因縁と決別し、真実のより奥深くへと突き進んでいく。

物語もついに後半戦!スコアと異なることが起きていることによって、未来は変えられることに確信を持つルークたち。
はたして、世界を崩壊から救うことができるのだろうか?これからの展開にますます目が離せません!


ファンタジアのアニメでは個人的にイマイチでしたが、本作は全26話と長くとってあり構成としては申し分ないでしょう。

週に2話と展開が早いので飽きさせないのもうれしいところです。。

投稿 : 2016/02/24
閲覧 : 300
次の30件を表示

テイルズ オブ ジ アビス-TALES OF THE ABYSSのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
テイルズ オブ ジ アビス-TALES OF THE ABYSSのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

テイルズ オブ ジ アビス-TALES OF THE ABYSSのストーリー・あらすじ

二大国・キムラスカ・ランバルディア王国とマルクト帝国により危うい均衡が続いている時代。
キムラスカ公爵家の一人息子・ルークが敵国マルクトに誘拐された。それから7年後、自分の屋敷に軟禁されているルークは、師匠・ヴァンとの剣の修行が唯一の趣味となっていた。
そんな折、ルークはヴァンを殺そうと屋敷に侵入してきた少女・ティアと超振動を起こし、彼女とともに見知らぬ場所に瞬間移動してしまう。屋敷に戻るため、ルークはティアと行動を開始する。その旅路で、ルークは様々な人と出会い、自分の生まれた意味を知ることとなる。(TVアニメ動画『テイルズ オブ ジ アビス-TALES OF THE ABYSS』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2008年秋アニメ
公式サイト
www.tv-toa.jp/
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%BA_%E3%82%AA%E3%83%96...

このアニメの類似作品

この頃(2008年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ