新型コロナウイルス感染症(COVID-19/SARS-CoV-2)の感染拡大の影響を受け、一部作品の放送・配信時期に延期、変更が発生しております。
掲載している放送時期と異なる場合がありますのでご了承ください。

「魔術士オーフェンはぐれ旅 キムラック編(TVアニメ動画)」

総合得点
60.5
感想・評価
30
棚に入れた
111
ランキング
4825
★★★☆☆ 3.0 (30)
物語
2.9
作画
2.9
声優
3.2
音楽
3.1
キャラ
2.9
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

魔術士オーフェンはぐれ旅 キムラック編の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

mamiko さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.5 作画 : 2.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

それぞれの葛藤

 前期はオーフェンの過去が描かれましたが、今作はそれぞれキャラクターの成長や心の葛藤が多く描かれていました。新キャラ登場します。

投稿 : 2021/05/05
閲覧 : 25
サンキュー:

0

ネタバレ

ストライク さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

物語に魅力を感じれない。

感想

タイトル通り、イマイチ話に面白みを感じれず、ただただ流し見してただけ。
これも30分が長く感じました。
なんでだろうね?
つまらないとまでは言わないけど、2期はホントに原作ファンぐらいしか喜んでないんじゃない?
知らんけど。

投稿 : 2021/05/02
閲覧 : 42
サンキュー:

4

ネタバレ

根越 詠汰 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 2.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

平成からはぐれた魔術士

 「魔術士オーフェンはぐれ旅」の続きとなるお話だったです。アザリーを追って、キムラックに行くお話です。

 過去の回想、因縁、そのたもろもろな展開になるけど、どうも盛り上がらないの言うのか?どこか地味すぎるみたいな印象だったです。

 迷宮だかダンジョンには入りびたりの展開が多く、私には何だか話が飲み込みにくかったです。
 結界だかなんちゃらの話で、{netabare}アザリーも自らを犠牲にして消えていってしまって何なのか?{/netabare}よくわからなかったです。

 {netabare}クリーオウ、マジクとの旅がまだだらだら続く終わり方で、{/netabare}オーフェンも今や時代遅れなのかなぁと思ったです。私には見ていて『魔術士オーフェンはぐれ旅』自体が退屈みたいな、感じだったです。10何年か前の初めてのアニメ化のような新鮮さ、派手さ盛り上がりがなかったようにしか思えてならなかったです。

投稿 : 2021/04/29
閲覧 : 48
サンキュー:

4

Ka-ZZ(★) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

後継者は誰だ。

この作品はオリジナルアニメだったみたいですね。
2020年の冬アニメとして放送された「魔術士オーフェンはぐれ旅」は視聴済ですが、1998~1999年に放送された前作は相変わらず未視聴のままです。


この冬、“あの男”が帰ってくる―。

1994年に第1巻が発売され、シリーズ発行部数は 累計1,400万部(電子書籍を含む)を突破する
シリーズ生誕25周年を迎えた ダークファンタジーのライトノベルマスターピース!

2020年1月にアニメ復活を果たしたオーフェンが、 2021年に更なる追加キャラクター、
追加キャストを加え パワーアップし再び帰ってくる!

今回の舞台は、魔術士の根絶を教義とするキムラック教の「聖都」キムラック―。
オーフェンはアザリーとの決着をつけるため、 アザリーは、師・チャイルドマンの意志を継ぐべく、
世界の秘密を求めキムラックを目指す。

しかし、彼らの前には<死の教師>との壮絶な戦いが待っていた。
キムラックで明らかになる、世界の隠された秘密とは?
そして、正当なる魔術士の後継者はいったい誰なのか!?

謎が謎を呼ぶ壮大なストーリー、バトル全開の第2章スタート!


最強の魔術士、再び。
「私と決着をつけたいのなら、キムラックに来なさい」
義姉・アザリーの残した言葉を追って、 オーフェン 達は魔術士と激しい対立を続けるキムラックへと向かう。
突如、悲鳴が聞こえ駆けつけると、おびただしい死体の山の中、 果敢に敵と戦う女剣士メッチェンと遭遇する。
オーフェンは彼女に加勢するのと引き換えに、キムラックへの案内を依頼する。

敵を壊滅し、やがてキムラックにたどりついたオーフェン達を待ち受けていたのは、
クオを首長とする魔術士の暗殺を担う≪死の教師≫たちだった。
オーフェンが最後にたどり着く《天使と悪魔の真実》とは。

アザリーがこの地に誘った本当の意味とは?

様々な思惑が交錯し、壮大な物語が動き始める!


公式HPのINTRODUCTIONを引用させて頂きました。

シリーズ累計発行部数が1,400万部を突破しているそうなので、一定以上のコアなファンのいる作品なんだと思います。

また、今回はシリーズ生誕25周年記念の一環としてアニメーションが制作されましたが、こういう記念イベントが開催できるのも、コアなファンのお陰なんでしょう。
こういう記念イベントの遡上に上がるだけでも凄いと思います。

25年…決して短い時間ではありません。
この25年もの間に忘れ去られた作品も数えきれないくらいあるでしょう。
だから、作品としては幸せなことなんだと思います。

ですが、正直あまり心に響く作品では無かったような気がします。
アザリー役が日笠さんじゃなければ、きっと途中で視聴を挫折していたかもしれません。

その原因の一端は、解明されない謎があること…
例えば、キリランシェロと再会するまでアザリーは何をしていたのか…
そもそもこのはぐれ旅の行き先や目的も良く分からないですし…
確かに最終話で結界の綻びの話はありましたが、そもそも1魔術師がどうこうできるレベルの話じゃありません。

だから分かったつもりでも、振り返ってみると実は分かっていなかった、ということが何度かありました。
原作ではもっと懇切丁寧に説明してくれているんだと思います。
そう考えると、原作既読が前提の作品だったのかもしれませんね。

オープニングテーマは、森久保祥太郎さんの「LIGHT of JUSTICE」
エンディングテーマは、渕上舞さんの「操り人形クーデター」

1クール全11話の物語でした。
作画がもう少し安定してくれるともう少し見易い作品だったと思います。

投稿 : 2021/04/25
閲覧 : 55
サンキュー:

5

scandalsho さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

時代を感じさせる作品の第2期

面白い、面白くない以上に時代を感じてしまう作品。
もう少し、今風にアレンジ出来なかったのかって、ツッコミたくなる。

せめて、ヒロインのクリーオウはもう少し可愛らしく描いて欲しいし、主人公の喋り方も何か古臭い。

物語としては、悪くはなかったと思う。

投稿 : 2021/04/23
閲覧 : 56
サンキュー:

6

うにゃ@ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.2
物語 : 1.5 作画 : 1.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 1.5 状態:観終わった

絶句できる

1クール同様やっぱり紙芝居だったが、紙芝居なうえにマジクとクリーオウがただの足手まといで、マジクは性格が悪く、クリーオウはいらないことだけするキャラに成り下がっている。
少ない話数に話を詰め込む紙芝居進行なら謎を謎のままで展開していかず、謎を開示して話を進めたらいいのに、ストーリー展開を知っている原作既読者だけのアニメとなってる感じは強く受けた。
後半はとてつもないほど、前作1期以上に作画が下がり、10話11話は展開・作画と絶句できる。

昔のオーフェンが流行った時期を知っているので、まだ評価しようと思うが、何も知らない人は…見てないかな…

100点中44点

投稿 : 2021/04/16
閲覧 : 41
サンキュー:

1

Takaさん さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

キムラック編

薄い話だった印象と、クリーオウがひたすらウザかった。

続くような感じだったけど、まだやるのかな?

投稿 : 2021/03/31
閲覧 : 58
サンキュー:

1

ふくどん さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.8
物語 : 2.0 作画 : 1.5 声優 : 1.5 音楽 : 2.5 キャラ : 1.5 状態:観終わった

投稿 : 2021/06/13
閲覧 : 1

satoru さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2021/06/07
閲覧 : 1

Britannia さんの感想・評価

★☆☆☆☆ 1.0
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

投稿 : 2021/05/16
閲覧 : 1

まー(*´∇`*) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2021/05/08
閲覧 : 1

じぇい爺 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2021/04/18
閲覧 : 2

KAZUROCK さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

投稿 : 2021/04/15
閲覧 : 4

いぬわん! さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2021/04/10
閲覧 : 3

バットバス さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.1
物語 : 2.0 作画 : 2.5 声優 : 2.5 音楽 : 2.0 キャラ : 1.5 状態:観終わった

投稿 : 2021/04/09
閲覧 : 2

とらんせる さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2021/04/08
閲覧 : 2

サワノイダー さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2021/04/07
閲覧 : 2

kunka さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2021/04/06
閲覧 : 3

Rairai さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2021/04/05
閲覧 : 2

ぽたお さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2021/04/04
閲覧 : 2

tiki さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2021/04/04
閲覧 : 5

ペガサス さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2021/04/04
閲覧 : 4

cLzNA78240 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.6
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

投稿 : 2021/04/03
閲覧 : 3

takeo777 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2021/04/01
閲覧 : 4

kuronotuki さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2021/03/31
閲覧 : 6

しむらうしろ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7
物語 : 2.5 作画 : 2.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

投稿 : 2021/03/31
閲覧 : 3

3mei さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2021/03/28
閲覧 : 2

± さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2021/02/16
閲覧 : 3

ルカ☆ルカ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:----

投稿 : 2020/04/28
閲覧 : 7

魔術士オーフェンはぐれ旅 キムラック編のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
魔術士オーフェンはぐれ旅 キムラック編のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

魔術士オーフェンはぐれ旅 キムラック編のストーリー・あらすじ

最強の魔術士、再び。「私と決着をつけたけいのなら、キムラックに来なさい」義姉・アザリーの残した言葉を追って、オーフェン 達は魔術士と激しい対立を続けるキムラックへと向かう。突如、悲鳴が聞こえ駆けつけると、おびただしい死体の山の中、果敢に敵と戦う女剣士メッチェンと遭遇する。オーフェンは彼女に加勢するのと引き換えに、キムラックへの案内を依頼する。敵を壊滅し、やがてキムラックにたどりついたオーフェン達を待ち受けていたのは、クオを首長とする魔術士の暗殺を担う≪死の教師≫たちだった。オーフェンが最後にたどり着く《天使と悪魔の真実》とは。アザリーがこの地に誘った本当の意味とは?様々な思惑が交錯し、壮大な物語が動き始める!(TVアニメ動画『魔術士オーフェンはぐれ旅 キムラック編』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2021年冬アニメ
制作会社
スタジオディーン
公式サイト
ssorphen-anime.com/
主題歌
《OP》森久保祥太郎『LIGHT of JUSTICE』《ED》渕上舞『操り人形クーデター』

声優・キャラクター

森久保祥太郎、大久保瑠美、小林裕介、鬼頭明里

スタッフ

原作:秋田禎信(TOブックス刊)、イラスト:草河遊也
監督:浜名孝行、シリーズ構成:吉田玲子、キャラクターデザイン:菊地洋子/りお、色彩設計:桂木今里、美術監督:荒井和浩、撮影監督:近藤慎与、CG監督:花見美洋、音響監督:平光琢也、音楽:Shinnosuke、音楽制作:ランティス、編集:小野寺桂子、プロデュース:GENCO

このアニメの類似作品

この頃(2021年冬アニメ)の他の作品

ページの先頭へ