「戦場のヴァルキュリア(TVアニメ動画)」

総合得点
67.8
感想・評価
637
棚に入れた
3647
ランキング
1321
★★★★☆ 3.7 (637)
物語
3.7
作画
3.7
声優
3.7
音楽
3.6
キャラ
3.7
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む
ネタバレ

剣道部

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

何気にシナリオが良いんですよ♪

[文量→小盛り・内容→感想系]

【総括】
私は原作プレイ組なので、原作(ゲーム)で使っていたキャラがちゃんと動くだけで嬉しかったし、原作では使えな(戦力にならな)かったキャラを掘り下げてくれただけでも嬉し楽しいかったけどね。

ホントは、「ヴァルキュリア要素」が必要なくて、純粋な戦争モノで終始できたら、もっと人気が出たんだろうけどね。

《以下ネタバレ》

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
特に前半は、面白い。

日常と戦争が程よいバランスで描かれ、それがまた水彩画のような独特の作画にマッチしていて。

十分にドラマを作れる世界観、キャラクターを作れているのに、「ヴァルキュリア」というとんでもキャラで、戦況やらドラマやらをぶち壊す必要は無かったんじゃないかと、原作ファンながら思う。
{/netabare}

投稿 : 2019/02/28
閲覧 : 89
サンキュー:

12

とまと

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

雰囲気は良いが淡々としている

主人公最強でもないので、爽快感は求められない

後半のヴァルキュリア云々からは、正直一気に突飛な話になってしまって腑に落ちない。
恋愛要素は良く、感情移入できる作品だった

ゲームでの構成も気になったのでリマスターも購入してみた

投稿 : 2018/11/04
閲覧 : 102
サンキュー:

1

ASKA

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

戦争とは?を考えさせられる作品

原作はセガの発売したシミュレーションRPGゲーム作品。
架空のヨーロッパが舞台となり小国・ガリア公国と敵国の東ヨーロッパ帝国連合の戦いを描いています。

主人公は一応ウェルキン・ギュンターでヒロインはアリシア・メルキオットになります。

なかなか面白くハラハラしながら見終えました。

投稿 : 2018/10/23
閲覧 : 303
サンキュー:

15

ネタバレ

みつぽん

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

陸戦物語です

凶器とスーパー人種の戦い

すべての内容が含まれている

内容的には結構わかりやすく出来てます

そこそこなアニメです

個人評価73点

投稿 : 2018/10/19
閲覧 : 73
サンキュー:

0

NO99

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

な が い

ほとんど盛り上がりがないのに
長い

投稿 : 2018/09/23
閲覧 : 83
サンキュー:

0

ほい子

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

アニメのストーリー構成は悪くない

原作のゲームのストーリーをそのままアニメにできるかというと、そう単純なものではないと思います。
この作品ではアニメオリジナルの展開がいくつかありましたが、それがストーリーの主軸として必要な内容だったと感じました。
つまり、原作で盛り込めていなかったことが、アニメではうまく盛り込めているように感じたということです。

ストーリー構成としては良いと思いますが、主要メンバ以外にはスポットがほとんど当たりません。
ゲーム内にたくさんいたサブキャラをお目当てで視聴しようとすると、期待外れな結果になるとは思いますが、サブキャラを切り、メインキャラをさらに掘り下げることで、決して失敗ではないストーリー構成になっているかと思います。

投稿 : 2018/01/28
閲覧 : 181
サンキュー:

3

ネタバレ

shitasama

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

何回見ても

面白い、戦争というか感動恋愛もの?
何回見ても、イセラが死ぬところで躓くのですが最後まで見るとあ~良かったな~と思う、ファルディオは最初カッコいいと思うのですが中盤か後半にかけてなんだこいつ~な奴になる、ゲームはやってないけどアニメ見て面白かったのでゲームもやりたいとおもったけどもう売っていないかな?

投稿 : 2017/10/22
閲覧 : 150
サンキュー:

1

ネタバレ

アオイ

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:----

オンエア当時大好きだった

オンエア当時大好きだった2話まで見なおしたが、かわいそうなの思い出してここでやめた。主人公が凄く好きで感情移入出来すぎてしまうため。泣きたい人は見るべき。

投稿 : 2017/09/28
閲覧 : 83
サンキュー:

1

ネタバレ

退会済のユーザー

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

前半中盤と軽めの日常的な戦争風景だったけど

後半思い切り重苦しい展開になってしまった

人間模様恋心最初は良い展開だったけど

鈍感主人公煮え切らない主人公この展開は大嫌い

後半思い切り重くなってしまって正義の愛の主人公

味方も敵も死なせたくない戦闘員

何で戦ってるのさ???

戦争物ってこの矛盾を入れてくるのやめたらいい

偽善をやりするぎると腹が立つよね

おいしいもの食べたらおなかが痛くなった感じのアニメですね

投稿 : 2017/08/31
閲覧 : 101
ネタバレ

ノワちゃん

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

アリシア ウェルキンお幸せに

戦場のヴァルキュリアの最初はブルールで物語が始まった
その時にはもうアリシアはガリアに所属していた
スパイらしき人間がいるとスージーが報告する
アリシアはその場所へ行き身柄を確保するだがその人物は
「ガリアの英雄」と呼ばれているギュンター将軍の息子
ウェルキン・ギュンターだった!
基地へ連れて行ったその時 帝国軍がブルールに近づいていた ウェルキンは倉庫らしき場所に入れられ 入り口に耳を当て外でなにを話してるのか聞いていたらアリシアが帝国軍が攻めてきていると話をしてにた その後アリシアは作戦会議室へ戻る
ウェルキンはその話を聞き脱出を試みる 腕に巻かれている縄を切り木の箱を登り窓から出たしかし
作戦会議室からは丸見えそれにアリシアは気づきすぐに追いかけるウェルキンは森の中へ入る追いかけてアリシアも入るするとそこからは帝国軍の戦車&歩兵部隊の姿が!!
森の中にも偵察隊がうろついている
偵察隊にばれてしまった二人必死に逃げるが相手も発砲してくる森を出ると一軒の家がそこはギュンター家の家だ自分の家であるウェルキンは中に入り身を隠すが帝国軍も撃ってくる家の奥へ行き扉を開けると待ち構えていたかのように扉が開くと刃物で切りかかろうとするがギリギリで止めるその人物はウェルキンの義理の妹であるダルクス人のイサラである イサラに事情を話している時戦車の発砲が始まる弾は家に直撃するとイサラ達は奥へ逃げるそこには前の戦争で使われていた手榴弾などがある ここから出るためにどうしたらいいのか考えているとイサラが一枚の大きな布を取ったそこには今まで見たことの無い戦車の姿が...

と言った物語です内容がすべてあってる訳ではありませんが続きが気になる人は是非見てみてください
とても面白くて仲間同士の友情 ラブストーリなどとなって行きます!!!

投稿 : 2017/06/24
閲覧 : 154
サンキュー:

0

knightgiri

★★★☆☆ 2.5
物語 : 1.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:途中で断念した

全然、戦車じゃない!

とある戦車ゲームが好きな私。
そのゲームにフィクションキャラとして登場する、本作品の戦車「エーデルワイス号」いったいどんな話で、どんな戦車バトルシーンを見せてくれるのか・・・・ 戦車アニメ、「ガールズ・アンド・パンツァー」に勝るとも劣らない何かを期待していたのですが見事に裏切られました。

どっちかというとTV映画「コンバット」に近い、物語構成でしたね。歩兵小隊(いや分隊か?)がチマチマと毎話戦います。

物語の背景というか、大きな流れが見えてくる前に断念してしまいました。

ヒロインもなんか「カマトト」ぶって嫌いなタイプだし。

投稿 : 2017/06/13
閲覧 : 162
サンキュー:

0

k-papa

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

原作のゲームが好きでしたが、この内容は・・・・。

原作ゲーム。
ゲームはプレイしました。

アニメの方は前半はゲームに忠実な感じで開始。
戦車エーデルワイス号がゲーム同様、かっこいいです。
とここまでは良かった。

中盤から後半はゲーム版とは違うとんでも展開に滑走。
もはや超能力戦闘と戦争物とは変わってきます。

仲間の関係もドロドロになっていまうし、
どうしてこうなるんだろうという気持ちで終わりました。

ともあれ、絵の雰囲気はゲームそのままなので、
一応最低限の満足度ですかしら。

投稿 : 2017/02/27
閲覧 : 138
サンキュー:

2

一日分のビタミン

★★★☆☆ 2.8
物語 : 3.0 作画 : 2.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

近代兵器VS魔力

終末のイゼッタの話題でよく引き合いにだされるので視聴しました。
こちらは魔女という設定ではなく魔力を操る戦闘民族ということかな。
同じ20世紀半ばの近代兵器vs魔力という設定でもこちらは戦車が主役の地上戦がメインです。空中を飛び回るイゼッタと比べるとあんまり爽快感はありません。
戦い方も盾で玉を防いで超強力な火器をぶっぱなすという感じであまりバリエーションがありません。魔力が出てこない中盤までは普通の歩兵戦やってます。
終盤の戦闘民族同士の戦いになるんですがやっぱりインフレが起こります。
伏線を張りまくったプロットで大どんでん返しとかはなくこの手の戦記ものではよくありそうな大体先が見える展開です。
作品メッセージも胸糞悪くなるようなものではなく安心してみれます。
愛、仲間万歳!王道ですね。
意外とがっつり恋愛が絡んでるんですが、ハードな近代戦の中で私情持ち込んでて大丈夫なのかというつっこみは野暮なのでしょう。
ゲームの絵に寄せてるのかもしれませんが人物の作画レベルが厳しいものがあります。後半になるにつれ改善されていきます。
やっぱりゲーム原作だとわかりやすい話になりがちなんでしょうね。

投稿 : 2016/11/30
閲覧 : 142
サンキュー:

2

ネタバレ

P太

★★★★☆ 3.3
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

エグみがあるから、甘いものが美味しくなる。

風の谷のナウシカとか、コードギアスとか、ねじ巻き式のアルデラミン。メカ萌えの女の子なんかも出てきてなんかいろいろ思い出した。
いないのはショタくらいか?終りの盛り上がりが今一つだったけど。良いアニメでした。個人的な好みとして欲を言えば、エグさが足りない。

投稿 : 2016/10/17
閲覧 : 92
サンキュー:

0

Takaさん

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ゲームストーリーをアニメ化

発売されていたゲームのストーリーを観ていく感じ

第七小隊のメンバーが多すぎて映像化すると、
ウェルキン、アリアシア、イサラ、ロージー、ラルゴといった
小隊中心メンバー以外ただのモブになってしまったのは残念。

あとは、回により絵にムラがあり過ぎたのも残念かな。
全体的に見れば面白いんだけどねー

投稿 : 2016/07/12
閲覧 : 132
サンキュー:

1

ヨッピィ

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

まだ早いかな?

今度見る。

投稿 : 2016/03/16
閲覧 : 207
サンキュー:

1

Ka-ZZ(★)

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

戦場の荒野で育まれる愛・・・

この作品の原作は未プレイですが、PCやPSを媒体に複数作のゲームが制作されており評判も上々・・・そして、何よりジャケットの女の子が可愛いとなると俄然興味が湧いてくるわけですが、今回は皆さまのレビューのタイトルを少しだけ拝見させて頂きました。
2クールもの作品を全くの無知で挑んでいく事に少し抵抗があったので・・・^^;
目についたキーワードは「恋愛ファンタジー」で、この一言が私の背中を後押ししてくれて・・・今回の視聴に至りました。

この作品の舞台は架空のヨーロッパ・・・そして人類は大きく3つの民族が存在しています。
現代の世界を征する大多数を占める一般人類、超人的な力を備えたヴァルキュリア人、そしてかつて大陸を手中にしていましたがヴァルキュリア人によって打ち倒され、現在では差別される民族として苦汁の生活を送るダルクス人です。
そして、物語は自国の領土を広げようとする戦争の真っ只中・・・ガリアの義勇軍を構成している小隊を中心に動いていきます。

この作品の主人公はガリア義勇軍第7小隊長のヴェルキン・ギュンター・・・かつて「ガリアの英雄」と称えられたベルゲン・ギュンターの息子なのですが、大学で生物社会学を専攻する彼は、戦という単語が凡そ似つかわしくなく、生物のスケッチを趣味とするのんびりで穏やかな性格の持ち主です。

ですが祖国の保有する資源に目を付けた他国からの攻撃を受けたことをきっかけに戦争が始まってしまい・・・徴兵制度という法律の名のもとにヴェルキンも戦争に参加することを余儀なくされてしまいます。
そして、ただでさえ戦争が不似合いであるヴェルキンに課せられた枷はそれだけではありませんでした。
英雄の家系に生まれ育った彼は義勇軍の一個小隊の長になってしまうのです。
もともとは祖国を守るため・・・ですが戦争に出る前から守るべきモノが膨れ上がったヴェルキンでしたが、彼の冷静な判断と奇策が部隊の危機を何度も救うことになるのです。
こうしてもともと最前線で血を流している兵から決して快く思われる事のない士官候補生である彼は、自らの行動で仲間の信頼を勝ち得ていきます。
「部隊が危機を乗り越える」
言葉にすると単純ですが実践し・・・繰り返していく事はとても難しい事だと思います。
それが自らの生命のかかった戦争なら尚更です。
それをやり遂げられるのは、小隊の皆んなが隊長に命を預けているからに他なりません。
そして隊長はそれを自覚し・・・その責務を果たすためにあらゆる方向から物事を捉え、常に最適な答えを選択し続ける・・・
ヴェルキン隊長率いる第7小隊の人間模様・・・とても魅力的に描かれています。

そしてこの第7小隊・・・隊長が優秀なだけではありません。
傍らで隊長をサポートし続けるヒロインのアリシア・メルキオットも絶対に外せない存在です。
彼女は頭にスカーフを付けているのですが、そのスカーフは彼女がパン職人である証なんです。
例え戦争の様な過酷な状況でも自らの本分を見失わない・・・それだけでも十分に彼女は魅力的なのですが、明るくて・・・優しくて・・・正義感に溢れていて・・・そして愛くるしい彼女は、まるで第7小隊の太陽みたいな存在でした。
レビューの冒頭に記載した「恋愛ファンタジー」の鍵となっている彼女・・・彼女の一挙手一投足からは決して目が離せません。

アリシアが太陽なら第7小隊のお月様は、ヴェルキンの義理の妹であるイサラ・ギュンターだと思います。
イサラは・・・ダルクス人です。どの様に生まれるかなんて人に選択肢はないのに・・・彼女はきっとこれまで数え切れないくらいの偏見の眼差しに耐えてきたんだと思います。
その様な自分の持つハンデを理由に横道に逸れてしまう・・・或いは自分への下手な言い訳で本心を誤魔化そうとする・・・人間の心は弱し傷つくのも苦手だから仕方無いことだと思います。
イサラの偉いのは、周囲の目線に動じることなく、誹謗中傷にも怯むことなく自らの使命に没頭するんです。
彼女は亡き父が残してくれた「エーデルワイス号」という戦車の操縦士兼整備士なのですが、小隊の皆んなのため常にエーデルワイス号を最高の状態に整備し続けるんです。
小隊の中にはダルクス人を許せないくらい憎んでいる人もいるというのに・・・
私の中で言動に一番心が震えて・・・涙で前が見えなくなった存在だったと思います。

一部のキャラの紹介しかできませんでしたが、他にも魅力的なキャラがたくさん登場します。
戦争の行方・・・戦場で育まれる愛の行方・・・見どころはたくさんある作品だと思います。
圧巻の全26話でした。気になる方は是非本編を視聴してみて下さい。
視聴者が納得できる範囲までしっかり描かれていたと思います。

いま悩んでいる事・・・アリシアのフィギュアの出来が良いんですよね〜
とネットで見ていたらAmazonからアリシアのフィギュア情報がバンバン入るようになっちゃいました^^;
何度も見ていると・・・ホントに欲しくなるんですね^^;
これって新たな商法なの・・・^^;?

投稿 : 2016/01/31
閲覧 : 194
サンキュー:

20

ネタバレ

sunj

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

原作未プレイ

恋愛アニメがあまり好きではなく、見るのを躊躇っていたけど1話を見ると面白かったのでそんなことは気にならなくなった。
ただ死亡フラグが立っていたとはいえ好みのキャラが死んだ時は見るのをやめそうになった。
{netabare}ファルディオは報われない{/netabare}

投稿 : 2016/01/19
閲覧 : 85
サンキュー:

1

ネタバレ

吉鷹望夢

★★★★★ 4.1
物語 : 5.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

最近では、本当に珍しくなってしまった恋愛ファンタジー

 この作品を観ようと思ったきっかけは、最近発売の発表されたゲーム「戦場のヴァルキュリア リマスター」が理由です。ゲームの「戦場のヴァルキュリア」はとても評判がよく、気になってアニメ版を観ることにしました。正直全く期待はしていなかったのですが、思いの外とても面白く完走してしまいました。{netabare}物語評価は☆5.0にしていますが、これは気持ちです。確かに、とても面白かったのですが単調であり壮大な故に説明しきれてない部分が多くある作品です。なので、実際のところは☆3.5~4.0といったところでしょう。ですが、26話で「しっかり物語を終わらせられた」と言う点では評価できます。{/netabare}
 最近では、珍しくなってしまった「恋愛ファンタジーもの」。少し言い方を変えて「純愛ファンタジーもの」だったとも言える本作。最近の流行りだから仕方がないのですが、普通の「恋愛ファンタジー」よりも「ハーレムファンタジー」が多くなっているなか本作は僕の好きな「恋愛ファンタジー」だったので観ててとても気持ちが良かったです。
 ゲーム原作と言うこともあり、一歩引いてしまう人がいるかもしれません。しかし、本作はゲーム原作アニメの中でもとても良くできている方だと思います。{netabare}でも、仕方がないのかも知れませんが、ゲームでは描かれていた事や説明が省かれている事があるそうです。原作をプレイしてない僕でさえそれは感じました。ゲームはとてもボリュームの有るものが多いですし26話でまとめるのは難しかったのだと思います。本作は、原作の設定に重心をおいたと言うよりは人間ドラマに重心をおいたのだと思います。まあ、物語を確り終わらせることが出来ただけ良かったと思いますが。
 もっと詳しいことを知りたければゲームをやれって感じの漂う作品でしたが、そうさせてくれるだけの魅力は十分あると思います。点数的には70点~78点位ですかね。見る価値はあると思います。{/netabare}

投稿 : 2015/12/30
閲覧 : 204
サンキュー:

3

蟹チャーハン

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

これぞ大団円!最後に求婚してくれたら完璧だったのに~

戦争ドラマとして大人が見て楽しめる完成度の高いアニメでした。最後はきれいにまとまり、涙がほろりです。

作品の持つ雰囲気が良いんでしょうね。人の気持ちにちょっと鈍感だけど博識で、不思議な魅力で隊をまとめるギュンター少尉。そして、持ち前の明るさで隊のムードメーカーとなり、ギュンターを補佐するヒロインのアリシア。

全26話と長めの尺があることで2人の関係も急がずじっくり、自然な形で結ばれていきます。いや、逆に遅すぎるくらいか。なにせ女心に鈍感なギュンターが自分の気持ちに素直になり、アリシアへの気持ちを自覚するのも言葉にするのも最後の最後でしたんで(笑)

でもね、これくら奥ゆかしい物語でちょうどいいと思うんです。こーいう作品があってもいい。世間では1話目で恋愛関係に落ちちゃうストーリーが増えていますが、ゆっくりと時間をかけて思い出を重ねあって人間関係は築かれていくものですしね。

ギュンター少尉の魅力にみせられる形で10数話までは特別おもしろいと感じず、やや淡々とした流れで視聴しました。主人公の隊が活躍するほどに危険な戦場に狩り出され、ちょっとの知恵と勇気で乗り越えていく。わくわくよりほっと安心する感じですね。

物語が動きだすのは重要なキャラが命を落としてからでしょうか。そこにはユダヤ人差別に似せた物語世界の中での人種差別があって、これではじめて隊の気持ちもかたまった様子でした。たしかに、けなげ過ぎるキャラでしたんで、これには えええええ?! て驚きました。

そして20話あたりからついにタイトルのヴァルキュリアが関係してきて、スーパーサイヤ人登場でトンデモ物語に変貌します。最初、こいつはまったく別の作品じゃないか?と呆れたんですが、そこで無敵ぶりをせずに人間ドラマに話しが置き換わってからはより興味がわいてきて、最後まで一気に駆け抜けた感じです。

再び帰ってきた故郷、取り返した古里の光景を前にした2人に幸あれ! 

2009年作とちょっと古い作品ですが、全26話と長めの尺で駆け足で終わらず詰め込め過ぎず、やはりこれくらい欲しいですね。

OPの良さに引かれて視聴しましたが正解でした。途中流れたこの曲もお気に入りです。
https://www.youtube.com/watch?v=09pv099KHa4

投稿 : 2015/12/27
閲覧 : 135
サンキュー:

3

ネタバレ

たまちゃん

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルなし

思ってたよりも面白くて自分好みで好きな作品になった

キャラは一部がメインって感じで第三部隊全員が平等に出てくるって感じではなかった
もっとみてみたいキャラ居た

ヒカリマスをスケッチしてたウェルキン
スパイと間違えられ拘束され連行されたけど
訳があって逃げ出して妹の元へ向かおうとしてた
アリシアが追いかけてきて途中で帝国軍が来て逃げてイサラという妹と再会
妹はダルクス人らしい

●ギュンター将軍
第一次大戦でガリアを救った英雄

●ウェルキン
温厚なのんびり屋?
●イサラ
しっかり者
●アリシア
ツインテ

納屋には武器や戦車があった

自警団
ガリア人

帝國軍
ダルクス人?

アリシアは元々パン屋だったみたい
ガリア公国義勇軍 
アリシアも第7でウェルキンを補佐するように命令された

ウェルキン
第7小隊隊長に任命された
ギュンターの息子らしい
戦闘車両の使用許可を貰っていた 特殊だから整備と化しないといけなくて扱えるのが少数だとか

●ファルディオ
ウェルキンと仲良し イケメン?

争いを嫌っていたウェルキンがなぜ義勇軍に入ったか
ウルールが占領された時街に居た
人が死んでいく街、破壊された街を見て
もう一度あの場所に戻るには僕も戦わなければと思ったとか
これからは戦友

一番大切なのは君たちの命
戦いを続けて行けば辛いこと楽しい事嬉しいこと悲しい事
どれも死ねば味わう事が出来ない
生きてさえいれば希望はある 死ぬな!
この僕が正体を率いていくに当たり君たちの命を守るため全力で努力する
君たちも生きるため全力で努力してほしい!
ウェルキンは言うんだけど
第7小隊の一部の人(ラルゴ、ロージー)は馬鹿にしてた


ウェルキン本当いいよね
ロージー、ラルゴ
ダルクスの布羽織ってるしダルクス人のイサラに消えな!って突っかかってた

ウェルキンは有言実行 有能だし
マイペースで穏やかでいい
自然の摂理をよく見てて凄い

ロージーもラルゴも隊長には従う事になった
だけどダルクス人は認められない

ラマール君はファルディオと同じ第一部隊?
ホモかな?風呂場で半裸のファルディオみた顔とか
ウェルキンに嫉妬してるみたいな顔してたし

上半身裸のファルディオみて悲鳴あげるアリシアどんだけww
裸と下着を見せ合った中とか言って誤解されるようなこと言ってからかうファルディオうざっ
ファルディオってなんか無神経じゃない?
洗濯物まだ残ってるよーって投げようとしたら下着だったとかそんなだけど
「うわー羽豚だよー希少種なんだぁ」
ウェルキン豚可愛がって触ってる所おもしろい
ファルディオアリシアに絡みすぎだし

ファルディオがアリシアを呼んでも気付かなかったりして
服の中に木の実入れて
「ひげながヤギの糞だ」とか酷いし
冗談だけど
「緊張してる兵はどんな兵にも劣る 君がカタくなると周りの兵も堅くなるのさ
心配しなくていいウェルキンを信じるんだ あいつはやる時は必ずやると言ったろ?」

アリシア勝手に行動しちゃうから
ファルディオとラマールが援護してた
怖くてぼーっとしちゃったりしてたのにこの行動力

ファルディオはアリシアを「本当に面白い子だ」って気に入った
アリシアはファルディオの事で拗ねるというか怒る事が多い
それにウェルキンが巻き込まれるというかとばっちり食らうというか怒って対応される感じになる

ウェルキンは適切な判断が出来ていい

ラジオ局の従軍記者がウェルキンの取材に来た時
アリシア
「確かにウェルキンは知らない人が見たら戦火も上げているし優秀そうに見えるけど
でも現実はいつもぼやっとして何考えてるか分からない生き物おたくのただの変人」
それが公になれば義勇軍の評判ガタ落ち
基本的にほぼウェルキンの責任だけどその責任の往ったんは第7小隊にも押し付けられる
更にはウェルキンおつきの下士官である私にも責任がある事にと焦ったアリシア

義勇軍の名誉を守るためウェルキンが余計な事を言わないよう
しっかり見張って代わりに答えたりしてたww
腰ぎんちゃくがあれだけピリピリしてるってことは知られたらまずい事があると火がついた記者
外堀埋めておこー!って

小隊の皆にも言っておかなくていいのかな?取材となればさぞかし色んなこと喋るんだろうなーってウェルキンに言われ
すでに遅し

イサラ 兄好き
カロス ???
ラルゴ 野菜好き というか自分で育ててる?
ロージー 歌好き
ヤンはオカマなんだね
マリーナは無口 ハンス(ブタ抱いてた)
スージー、イーディ、アイシャは乙女 写真撮ると思って身だしなみに時間かけてた
ホーマー 「ラジオだから」 傍でツッコみいれてた
オスカー 双子兄 第一小隊に嫌味言う(うちの隊長の方に取材に来るべき~って話してるの聞いたから)
エミール 双子弟  //
双子も可愛い

ウェルキンに近付いたり盗聴したりする記者と阻止するアリシアが面白い

イレーネエレント記者のラジオでボロクソ言われると思っていた
ウェルキンは常識にとらわれない柔軟な思考の持ち主
普通の軍人とは違い部下に大して分け隔てなく接することができ誰からも~
物凄い褒められてた ぶっちゃけウェルキン隊長の事は良く分からなかったで締められたけどww

ヤマールくんはとても真面目で厳しくキレやすいかな?
アリシアがずけずけと入っていくから振り回される
押しに弱いっぽいし ちょっと好き好きいったりくっついたりするとアワアワなりそう
移動の時アリシアとイサラに挟まれて顔赤くなってた可愛い
「別にお前のために来たんじゃないからな」
イ「え?」
「早く直せよ!簡単なんだろ!?(顔赤い)」
キャーカワイイ

アリシアが変な扉?開けてファルディオ喜んで抱き着いたりとなんか…ww
新しい碑文が現れたからヴァルキュリア人の謎が判明する 歴史が大きく前進する可能性

セルベリア マクシミリア
この人たちに出会った
ヴァルキュリア人はまだ滅んでいない?生きているって言った
銃弾を剣で斬ったり凄い技

砲撃されて
遺跡が壊される前に逃げようとする
だけどファルディオは残るとか言って
危なくなってウエルキンはファルディオにアリシアを預けて
遺跡の下敷きになった?(バリア水石?壊そうとしているらしい)


大学に美人が居て男達が誰が一番に話しかけるか賭けをしてて?
それがウェルキンが最初に話しかけた
それも凄く失礼な事で
顔の骨格が興味深いからスケッチさせてくれと言ったらしい
でもウェルキンの凄いところは彼女となんだかんだで仲良くなったとか
彼女を全く女性として見てなかったらしい
彼女の方は違ったけどそれでも彼女はウェルキンの事を悪く言う事はなかった
ウェルキンには奇妙な魅力があるんだろうってファルディオは大学時代の話した

カールは偉い人たちに騙されて利用された
もう帰る場所がなくなって
セルベリア・フレス(大佐)が手を差し伸べてくれる人はいるって言ってくれた
大佐も子供の時に一人ぼっちのような状況になってて
その時に手を差し伸べてくれた人が居たらしい
マクシミリアンにとても忠誠心?があるようだから
きっとマクシミリアンに拾われたんじゃないかと
カールは元々スパイ?のような存在だったのかな


ウェルキンが自然に興味があるのは父親のお陰っていうか父親がそうだったから
一緒に色々なところ連れてってもらったとか
父は英雄って言われてたけど妻(ウェルキンの母)を守る事が出来なかったらしい

ウェルキンイケメン
山小屋で避難してた時にきた兵士ワロタ
敵同士だけどウェルキンとアリシアが怪我してるの気遣ったりして
戦いから逃げ出した時仲間に撃たれたらしい
ガリア軍に投降すれば即銃殺と聞いていたからそれもしなかった
話せてよかった
最後に聞いてほしい俺はこの世界で生きていた
ミヒャエルウェーバーって名乗って死んだ

ミヒャエルウェーバーさんの墓を作ってあげたウェルキンとアリシア
それを見て脱走兵とはいえ我らの仲間を弔ってもらった
奴らに借りを作ってしまったな って帝国軍?が言ってた

コーデリア姫
可愛い


ファルディオはウェルキンにアリシアを異性としてみてるのか?
可愛いと思わないのか?って聞いてた
バリアスに戻って拾ってきた石
アリシアにファルディオ渡してた


ラディイェーガーは面倒に巻き込まれたくなければすぐに坊ちゃんたちと帰る事だ
って忠告してきた
その後コーデリア姫が拉致されてそこに居合わせたアリシアも連れてかれる?

連邦という人たちが帝國にも敵になるのかな?
だから今はコーデリア姫とアリシアを救う為に
ラディ、セルベリアとウェルキン、ファルディオが協力した

ラディ「一度属国になった国がまた独立するのは難しい
歴史の流れは必然 悔いを残したくあるまい 俺の様に
ぎゅんたー少尉に今はまだ仲間として言わせてもらう お疲れさん」

ウェルキンはアリシアの事を信頼してる?アリシアなら大丈夫って思ってあまり考えなかった
まずはコーデリア姫を救う事を優先に考えてアリシアが人質になってても構わず銃を犯人に向けたり
その時ファルディオは止めてた
でもなんだかんだで助かってよかった
アリシアも自分の事は後回しでこの状況をどうにかしようと ウェルキンに合図送ったりして
「アリシアにあげたものなんだろ?
これがなければアリシアが居なくなった事に気付かなかった 助かったよ」って石を渡して
ファルディオ「お前の言葉は酷く時々傲慢に響くな」
「もし俺がアリシアの事を好きだと言ったらどうする?」

ファルディオがアリシアの事好きだと分かってから悩みだした
アリシアもウェルキンの事はいつも信じてて助かった時とかいちもくさんに抱き着きに行ったりとかするね
それだけ信頼出来る同志というか傍にいたからこそ分かる事もあるね

レジスタンス 自由軍
ダルクス人だけど
帝國に占領されてから寂しい街になった
人々は下を向き生きる
何より変わったのは帝国の支配の象徴ダルクス人の強制収容所
そこらじゅうのダルクス人を集められ無理やり働かされてる
この国だけではなく帝國からもただダルクス人ってだけで入れられるとか
あそこをぶち壊し帝國から取り戻す野が目的だとか
義勇軍と意見が一致したから?レジスタンスのお陰でやってこれたし
協力できることになった

ザカ ロージーに惚れてるのか
「あんたは誰よりも人間臭いぜ!」
「その目によく焼き付けておけ」
ダルクス人嫌いのロージーは結構思う所があるだろうね

アリシアが狙われてるのにすぐ気付いたファルディオは飛びかかって回避する事が出来た
「ありがとう でももしよかったら退いてもらえるかな」
「残念 もう少しこうしていたかったんだけどな」www
色々複雑な関係になりそう


ロージーは子供の時にダルクス人を憎む原因があるようだった

ファルディオ「君って強い子なんだな(頭ポンッ)」
ああいう子に惚れるのは初めてだから心は落ち着かない?けど
俺が割って入ったら迷惑なんじゃないのか?とか言いつつ
二人を見ると嫉妬みたいな顔になってるように思える
それに明らかにウェルキン挑発してるし
焦らせてるというか
アリシアとウェルキン達が出会ってからどれくらい期間たってるか知らんけど
好きになる期間早くない?

ラルゴはダルクス人が嫌いって言う偏見もなくなったっぽいけど
ロージーーだけはやっぱトラウマか何かでなかなか認められない

ラマールくんももう偏見ない?っていうか
イサラの事認めて普通に話してるし
戦車に乗ってる時のイサラは何も怖がらず敵にぶつかってく度胸がある
けど戦車に載ってないイサラは全然違うって
戦車に乗ってるイサラの事カッコイイと思ってるらしい



ロージーの歌をみんなに聞かせたいからダルクス人のイサラは一人で居た
ラマールはイサラに「いつまでここにいるんだよ」って言って話しかけてた
イサラに一人にさせてくれって言われていみわかんねーって不満っぽい
ファルディオは色々分かってる?からイサラに話しに行ってた
ファルディオは割と気が使える良き兄貴的な感じがする
イサラの手を取ってパーティーに連れてく
全員参加が上官の命令と言って
全員参加の命令だからってファルディオが言ったから
しかたないねェって感じで歌った
イサラが悪いとは思ってないしイサラをどうこうって訳ではないけど
ダルクス人ってことで身体が言う事聞かないみたいな感じだった
今日はありがとね!ってお礼言いに来たアリシアにファルディオ
「アリシア!(腕掴む) アリシア、俺 君の事 好きだ」
やたら積極的なファルディオはちょっとウェルキンにはきついなー
アリシアが好きでもファルディオの事があると身を引きそうなタイプだし
アリシアもまだウェルキンが好き!って感じでもないし?
こういう時にアタックされたりファルディオ惚れるような行動とりまくってるからなー


セルヴィレ? 青い花
そしてセルベリアの名前でもある?
あの時手を差し伸べて 鎖?を断ち切った時から
未来は貴方(マクシミリアン)の為だけにあると生きているらしい

アリシアってなんでいきなりウェルキン避けるのかな
あの告白からよそよそしくない?
ウェルキンもちょっとショック受けてて可哀想
ファルディオを避けるなら分からんでもないけど
ファルディオに告白されて何も言わず逃走しただけだし


ラルゴ
自分過去話を(他人の話の様に話し始めた)
恋の悩みって分かって
友情か自分のキモチか必死に考えだがその結論を出す前に友人は死んで
結果的に友人をとったようになったとか
エレノワっていうのはバーロット大尉じゃ?とウェルキンは気づいて
「俺みたいな人生は向いていないってことだ!」と励まして背中を押してくれたラルゴ

ラマールくん
イサラに名前呼ばれて喜んでるし可愛い
買い物で荷物持ってあげてるの優しい
「どうせ暇だったからな!気にすんなよ」
自分だって辛いのに兄の事心配してるからイサラ

はっきりさせないと!とウェルキンの元へ行くアリシア 話があると呼び出した
私たち最近なんか変 どうしてこんなふうになっちゃったのかな?
私嫌なのこういうの 貴方は私の直属の上官だし~
私は前みたいに普通にお喋りしたいだけ ウェルキンはどう思ってる?
僕もこのままで嫌だと思ってた
よかった私ウェルキンに嫌われたのかと思ってた
なんで僕が?むしろ僕はアリシアの事を…
なんというか…その…大切な大切な!…仲間だと思ってる
(アリシア寂しそうな反応)
ア 「じゃあ仲直り
ウェ「あぁ これでファルディオも安心してくれるよ
ア「どうして?どうしてここでファルディオの名前が…
これは私とウェルキンの問題でしょ関係ないじゃない
ファルディオに告白されたの どうすればいいかな
ウェ「ファルデイオはいい奴だし…そうじゃなくてウェルキンはどう思ってルカ聴いてるの!
それこそアリシアとウェルキンの問題だろ!
ア「良く分かった!ってアリシア去る

アリシアはウェルキンの事試した?
でもウェルキンが自分の事を好きかなって感情がなければこんな行動とらないような?
それともウェルキンは自分の事をどういう存在としてみてるか
引き留める行動をとってほしいと思ってたからこそかな?
前に踏み出せなくて迷ってたけどウェルキンにはっきりと少しでも好きな気持ちがあれば
ファルディオを断ろうとしたっぽい
アリシアがウェルキンの事好きなのは確定した
でも本当はウェルキンもアリシアの事好きなのに恋をするのも初めてみたいだし?
上手く言えないというかやっちまった感あるよね…
ラルゴに背中押されたのになー

歌ってるイサラ
覗いて聞いてたけど気付かれて一瞬隠れるラマール可愛い
イ「なんでしょうか?」
「べつに 変な声が聞こえてくるからなんだろうと思っただけだ」
「それで 今何歌ってたんだ?」
父が好きだったダルクスの古い歌らしい
ダルクスの人形作ってた
精霊説?の贈り物を作っているらしい
「えっ!なにっだれにっ ていうかばっかじゃねーの?
精霊説の贈り物するとか子供かよっ何が楽しいんだ?」

「日ごろお世話になってる人や大切な人に感謝の気持ちを伝えるのはいいことだと思いますが」
「そうだけど…誰に?兄貴かー兄貴にやるんだな?」
ラマールくんもしかして自分にもくれる可能性あるかな?という期待の眼差し?というか言い方が面白い
ただ話せるのが嬉しいだけかもしれないけど
一見バカにしてるような言葉だけど言い方が可愛くて馬鹿にしてる発言ではなくて照れ隠しみたいな言い方

パン焦がしちゃうってヤケドして
ファルディオ駆けつけて「すぐ手当てしないと!」って手掴んだまま水につけるし
これはーww

ウェルキンは父を失ってから途方に暮れているように見えるイサラ
アリシアに兄さんの事嫌いにならないでください!って言われてた
ヤンからヒョウ柄?のちっさいパンツプレゼントされてるラルゴww
イーディはホーマーにあげてた ツンデレ
皆お世話になった人にプレゼントしてるね
ファルディオは改めて石を渡して
ラマールくん「ふん!ふん!」ってプレゼントイサラにあげてた
精霊説だから
イサラはプレゼントなくてごめんって謝ってた
ラマールはちゃんと渡したい奴に渡せよ!って言ってた
なるほど…精霊説?っていう日があるんだね
その日があるからラマールはイサラの元へ行ったりあんな感じだったのね
相変わらず可愛いなー

イサラはロージーの為にプレゼント作ってた
お守りだって
お守りのお陰で危機にも回避できた
お守りが効いたからってイサラの手を取って立とうとしたロージー
近くで隠れてた敵兵がイサラ撃ってしまう
それを目の前で見てしまったロージー

イサラ死んじゃったのね…

オスカー(兄)珍しいもの探せ!ってエミール(弟)と探して
ウェルキンの元へ行って虫渡そうとしてた
エ「隊長の好きな虫かと思って…隊長が元気ないように見えたから」
オ「隊長、俺たちにできる事が難でも言ってください」
うぇ「それはどこにでも居る黄金虫だよ 
僕の心配をしている暇があるなら体を休めてくれ また次の作戦もあるんだから」
いい子達だなー
オ「ごめんなエミール 付き合わせて」
エ「ん、平気だよ」
オ「いい線いってると思ったんだけどなぁ」
エ「うん」

皆で相談してて
虚勢張ってないとダメになっちゃうんだろうってラルゴは言ってて
オスカー「だったら俺たちが頑張って支えなきゃ」
いい小隊だよね
結局ロージーもまともにイサラの事許せないまま?
二度と会えない存在になっちゃって後悔しちゃうよね
というかようやく許せる存在になりつつあった?みたいな感じかな
だからこその別れがきつい
死に間際イサラはロージーの歌好きで一度でも聴けて良かったって言ってた
ロージーは何だって歌ってやるって言って
イサラのお守りを置いて傷口抑えてもうすぐ来るからって言ってたけど死んじゃって
嬉しいって笑って死んでいったイサラ
ちょっと涙出たー
ウェルキンはなんか冷たくなっちゃった
冷たいと言うか感情がどこかにいったっていうか
自分を保つために必死な感じというか
将軍糞!
イサラ死んでラマールがウェルキンに怒って責めてたのとかもあると思うけど…
自分のせいだって思い詰めてしまったかな
将軍に一泡吹かせちゃる!って
イーディ、ホーマー、オスカー、エミール、アイシャ達が将軍が通る道で脅かすつもりらしい
穴掘って落とし穴でも作るのかな
イサラがダルクス人て弔ってる事を馬鹿にしてダルクス人?の羽織みたいなやつ不毛としてたし
小隊の皆は許せないから

全ての責任はウェルキンがとるって言ってて
あの子たち止めようとアリシアをしてたけどウェルキンは好きにさせてやれって感じ
ウェ「君に僕の気持ちを分かってもらおうなんて思わない 
心配してくれるのはありがたいけど放っておいてくれないかな」
ア「嫌よ」
ウェ「なぜ?」
ア「私がウェルキンを好きだからよ!」

泣いてたアリシアに事情きいて
皆を説得して止めてくれた
将軍が憎いのは分かるけどそんな事すれば皆が捕まる?責任とらされるしね

お墓の前でイサラの好きな歌?歌ってあげるロージー

イサラ一人も守れなかった自分は体調を名乗る資格もないとか言って弱気になってた
ファルディオは励まし?にきた
「ふざけるな!第一小隊は既に三名の除隊者を出しててベット暮らしの者もいる
だが、俺は彼らを守れなかったなどと言った事はない
お前は神か?英雄か?一体何様のつもりだ?わからないなら教えてやる
事故憐憫に浸るただの馬鹿野郎だ!」
「そうさ、英湯でも何でもない
「だから隊員を見放しアリシアを泣かせるのか?
君が居るじゃないか ファルディオ
(ウェルキンを殴る)
えっ?アリシアが好きだって言ったのにー?
ぶっちゃけウェルキンの変わりようは酷い
ファルディオの株上がりまくり
隊長としての強さとか思いやりや優しさ頼れる兄貴的な

隊長になったのも最近だし?ファルディオより日も浅いから仕方ないかな
こういう事もあるさ
人間だもの
むしろ完璧な方が怖いよね
元々争いが嫌だったし
いきなり隊長にされて責任とかある死英雄の息子だの凄い功績で期待されてたし
押しつぶされているのかも

オスカー「エデルワイズ号の触るなー!いいから離れろー!」


子供時代ウェルキンはイサラが連れてこられ今日から妹?になるのに
すんなり受け入れる優しい
イサラは髪の色とか違う頃が気にならないのか?って感じで
今までダルクス人だから差別と化されて生きてたみたいな
だから荷物も少なくして

父と同じようにはならないはずだった
だけど同じように家族を救えなかったウェルキン
悲しいのに涙が出ないってアリシアに言ってたけど
「こういう時は我慢しないでいいんだよ」って言ってあげて出てった
その後男泣きしてた
粉雪草みてたアリシアの元へ行って一緒に眺めて手繋いでるしww




サガ「色んな戦車を乗ってきたがこれほどよく整備されてるやつは初めてだな」
ラマール「当たり前だ!(キレ気味)」
イサラがいつも整備してた戦車だからね
ファルディオ隊長も悩んだりすることがある 同じ人間だから
「でもそう簡単には落ち込まない どんな事でも時間をかけてでも必ず解決できると信じてる:
ラマールがそれで元気を取り戻した
ラマールくん第1小隊で可愛がられてるっぽい
可愛いし一番年下みたいだし?可愛がりたくなるのはわかる

コーデリアもヴァルキュリア人の末裔らしい

セルベリアもヴァルキュリア人だから物凄い脅威
ファルディオを守る為にラマールが死んだ
攻撃半端ない
どういうエネルギーなの?
戦車も兵士も全部消し飛んだのか
生き残ったのダルディオだけ…?
第3小隊は優秀だけど前に出してもらえないからずっと後方支援
将軍のせい
大佐は掛け合ってくれたけど

ファルディオ心ここにあらずみたいな
大丈夫?じゃないよねごめん いつでも力になるからって心配して
アリシアがファルディオの元にやってきて出て行こうとするけど
ファルディオ「アリシア すまない」(撃った)
!?

アリシアが撃たれて心配で今すぐ駆けつけたいけど
アリシアを守るには帝国の足を止める為でるしかない
アリシアを撃ったのはファルディオだとは知らされてないね
サガが変だって気づいてたけど
我々にもヴァルキュリアの力がある
ヴァルキュリアの槍と盾をお与えください!ってコーデリア人質にして
切羽詰ってるファルディオ
エレノア大尉がそれを受け入れて
コーデリアを連れダルディオがアリシアの元へ連れてく
その身が死の危機に瀕すると戦闘民族ヴァルキュリア人として覚醒が始まり
究極の回復を得て真の力が呼び起される
アリシアはヴァルキュリアの血をひく者だと
なんでわかった???
ヴァルキュリア人が強いというよりは槍と盾が凄い?
ヴァルキュリア人からエネルギーみたいなのを放出してるのかな
空飛んだりとかは普通に凄い
回復力も異常みたいだけど

目を覚まさなかったアリシア
通信でウェルキンの声が聞こえて意識が戻った
ウェルキンが危機だから救うんだ!って言われてアリシアの目も赤くて変になった

セルベリアとアリシアの対決
ほぼヴァルキュリア人しか活躍できない
足の速さ半端ないww


子供時代施設?研究所?見たいなところに子供達が住んでて
身体検査みたいなのとかしてた
ご飯の時パンが一人ひとり配られるのに一個足りなくてアリシア抜きになったけど
横に居たセルベリアが自分のあげて頭なでなでして笑ってた

アリシアと戦った時昔のアリシア思い出して油断してやられてたし
アリシアは戦ってた時意識なかった
ヴァルキュリア人として目覚めてなかったから最初はそういうもん?
後で私がやった事なんだ!夢じゃないんだ!って気付いてたけど

「人間で兵器ではない 彼女の意思も聞かないと」エレノア大尉が言うけど
正規軍将軍がゴミだから利用するために正規軍に移籍?するとか無理やり決めるし

前々からその片鱗は見えてたらしい
だからアリシアを瀕死にさせて
アリシアが居なければ今頃みんな死んでるみたいな感じで言うけど
ウェルキンもなんでそんなことしたんだみたいな言い合い
ファルディオを見損なったウェルキン
ファルディオも初めて弱い部分が見えたというかダメダメになったというか
「どうすればよかったんだ…」って言ってて
「これから彼女は色々な事が起こる 彼女の意思とは無関係に
敵うならお前が支えてやってくれ 頼む」って言うし
無責任に…
まぁアリシアに目を覚ませようと呼びかけても何も反応無くて
ウェルキンの声で意識戻ったりウェルキンじゃないと無理なんだって確信したからかも
でもそれをウェルキンは知らないし
ファルディオは勝手な奴だとしか思えない

正規軍の大尉にされたアリシア
ウェルキンも了承済みとか(多分嘘)
そんな事言うわけないってウェルキンの元へ走ってく
私にとって仲間、家族だから

アリシアが昔のままのアリシアなのか
今までと同じように接することができるかどうかで言い合ってた
だけどそこにアリシアが居て聞いててショック受けた
ア「今までありがとう(泣)」
ウェルキン追いかけて
ウ「事情を話せばきっとわかってくれる
ア無理よ もう居場所がない
ウ「僕らの仲間じゃないか!今回もきっと乗り切れる!
君が僕がイサラを失ってた時も親身になって僕の事を考えてくれた
アリシアが居てくれたおかげで自分を見失わずに済んだ 今度は僕が君の力になりたい!」
ア「わかってないのねウェルキン あなたの知ってるアリシアメルキオットはどこにもいないの
もう私は化け物なのよ さよならウェルキン」

なんだかんだ皆アリシア心配して
皆はアリシアに謝りたいとか皆がアリシアを待ってる事伝えたいって


ファルディオずっと縛られてた
コーデリアはああたはもう自由ですアナタトアリシアさんが居なければ救われなかった~みたいな

アリシアのお陰でどんどん押して勝ち進んでる

帝國軍はアリシアをほぼ軟禁状態であんま休ませてない?
何回も出撃させてるし
コーデリアはアリシアの元へ行って何でもしてほしい事があれば言ってくださいって
とても我侭傲慢で身勝手なお願いです
「第7小隊とファルディオが二度と危険な目に合わないようにしてください
戦いが終わった時 どうか全員無事故郷に帰れるように」
アリシアは自分の事なんかより皆の事考えて誰よりも皆の事を心配してる
泣けるー
今まで第3小隊かと思ってたけど第7だった…ww

コーデリアの護衛に任命された

ロージー
私達がアリシア追い出した
そのアリシアからずっと助けられっぱなし それでいいのかよ?って皆に言った
何も出来ない人が将軍という立場ってどうなの

ア「私、この人ずっと前から知っている」(セルベリアの事)
アリシアもセルベリアも孤児だったんだね
セルベリアずっと独りだった
他の候補者は適当に処理
身寄りのない子供達に手を差し伸べる事前施設が表向き
アリシアが選ばれてた ヴァルキュリアの末裔だから実験ばっか
世界を憎んでいた 
逃げ出して隠れてるとマクシミリアンが現れセルベリアという花をこれからお前の名
「世の為に尽くし世と共にあれ、セルベリア」これがマクシミリアンに忠誠を尽くす理由ね
セルベリアが少女の時に出会ったマクシミリアン見た目全然変わってない気が
不老不死とか?




世の妻となれ!
マクシミリアンはコーデリアを妻にしたいらしい
ヴァルキュリアの血統が我のものになればこの世のすべてが手に入れられるみたいな?
コーデリアはヴァルキュリア人の末裔ではなくダルクス人だったけど

アリシアはセルベリアに勝った
とどめを刺さない
貴方にも大切なものがあるから生きていればなんとかなる~
信念を貫かせてもらうって自分で死んだけど
負けた時点でもう終わってるらしい
まわりにも被害でたから将軍消し飛ばされたww

もうお前に用はない
マクシミリアン情ないなー
自分のことしか考えてない
セルベリアが死んでも悲しまないしまだ使い道はあったがとか言って
セルベリアにとってはマクシミリアンが恩人だから
それだけで良かったとは思うけど
好意を抱いてた事も会ってなんか悲し

マクシミリアン
力こそすべて力があればマモルも侵略するも同じこと
ガリア侵攻の為にヴァルキュリアの征そう?を手に入れたわけではない
復讐もあるとか
忌まわしき過去 我が父と血を分けし兄と闇に葬るため
世は帝国皇帝の地位を凌駕したヴァルキュリア王となる!
征そうの力があればそれが出来る

大事な部下を死なせてまで力を追い求めるマクシミリアン
故郷を愛しみ仲間を想い続けるがりや義勇軍の彼ら
なにかを守るべき時に必要なのは何なんだってラディイェーガーはマクシミリアンに疑問

ラディ「ダルクスの最悪の再現になりかねない」
マクシミリアン「それがなんだ?最悪が訪れるのであれば世はその運命と生きよう」

セルベリアと同じ悲劇を起こすのか
これ以上お前と賛同できんイェーガーだけど銃向けられて撃たれた?
最後に笑ってたけど死んでもいいと思ったのかな
それで殺されようとも自分の意思を貫くと言うか

アリシア吸湿の為第7小隊は向かう
ファルディオも復活してアリシア救出に共にに向かう
アリシア守りたい人の為にって戦いに行ってたけど凄いよね
仲間に裏切られて?皆を安全な場所へやって一人でも戦って皆に生きてほしいと思ってた
あまりに急なヴァルキュリア人としての覚醒?で戦いに出されて
あんだけしっかりしてて立ち向かうかっこよさが凄い

アリシアを捕まえて
そなたを救ってやった 世に従え場欲しいものすべてを手に入れる事が出来るだろう
マクシミリアンは従うか従わせるかしかない
仲間と呼べる人はいないらしい

マ「どこにでもいる唯の人間には価値がない」
ア「自分の事を何の価値もないと恐れているんじゃないか だからセルベリア
自分以外の人々を見下しているんじゃないのか 可哀想な人」
マ「世を憐れむと言うのか?ならば教えてやろう」


ウェルキン助けに行く
アリシア上で縛られてる
人造ヴァルキュリアシステム
征そうの持つ無限のラグナイトエネルギーを宿らせた最強の兵器
その力をわが身にまとっているマクシミリアン
この大陸の王になる!アリシアの腕ほどいて
「比べて見ようかそなたの力と!」
アリシアと直接対決しようとしている
ブルールに一緒に帰るんだ!転送装置を破壊すればどうにかなる!って
アリシアはマクシミリアンをおびき寄せて
ウェルキンはアリシアに飛びかかって助けたり
エネルギーが大きすぎて槍がエネルギーに耐えられなくなってた

マクシミリアンに抱き着いて直接エネルギーを送って?血管浮き出してこわ
貴様らもこのマーモットが墓場となるのだって死んでった

自分の中で何が起こっているか分かった
ヴァルキュリアの力に焼かれて死ぬ
あの人みたいに
ウェルキンは死んでほしくないから逃げてってお願いした
だけど飛び込んできて
「君を置いていくはずないだろ」
だきしめて「大丈夫僕がついてる」
「僕はもう君を話したりしないアリシア僕が君のずっとそばにいる」
スカーフはパン屋であるはずの証
あのときのアリシアは素敵だと思ったキラキラしてて
ヴァルキュリア人でも関係ないアリシアはアリシア優しくてパン屋になるのが夢でそんなアリシアが好き
キス
素敵!泣けちゃう
ヴァルキュリアの力は収まって助かった
スカーフつけてあげて
やっぱりアリシアはこのスカーフが良く似合ってる
一緒に帰ろうアリシア
うん^^
可愛い!

皆とまた再会できてよかった

この戦いののち帝國はガリア皇国に停戦を申請
ガリアと帝国の間に休戦協定が締結され7か月余りに及んだ戦いは終結した

ラルゴとエレノアいい感じになって?ヤンがハンカチかみしめて見ててワロタ
オスカーエミール本当仲良し可愛い
イーディに振り回されてる?尻に敷かれてる?ホーマーとか
マリーナは羽豚と一緒にいる
カロスは家に戻って大切な人と再会?
アイシャは両親に再開

スージー持両親のもとに 家金持ちだね
ザカは緑がいっぱいの道歩いてロージーがトラックで乗りな!って乗せてどっか行った
アリシアとウェルキンは元の街へ戻って?皆の思いを乗せて生きて行こう
って手を繋いで眺めて

終わった
皆のその後?生き方?までみれてよかったと思う
ちゃんとしめて終わったのが気持ち良かった

投稿 : 2015/12/25
閲覧 : 84
サンキュー:

1

全身タイツ

★★★☆☆ 2.7
物語 : 1.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

私には合いませんでした。5話で断念

1話目が結構おもしろかったので期待したのですが、5話で断念してしまいました。

戦場が舞台なのですが、主人公(ヒロイン)の精神の幼さが鼻についてしまいました。物語が進むにつれて成長するのかもしれませんが、何故か観ていてイライラしてきます。いつもなら多少のことでも「可愛いから許す!」となるんですけどw

投稿 : 2015/11/04
閲覧 : 145
サンキュー:

0

はにょ~♪

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ハニョー♪

征暦という架空の紀年法が用いられる架空のヨーロッパが舞台で、その中の小国・ガリア公国が物語の中心。征暦はヴァルキュリアと呼ばれる超人的な民族がダルクスと呼ばれる民族を打ち倒したとされる年を紀元としており、純血種が残っていないこともあって作品舞台となる1930年代でヴァルキュリア人は伝説や神話、おとぎ話の存在となっている。その一方で、ダルクス人は被差別民として存在し続けており、作中にも幾人かのダルクス人が登場する。このほか、本作の象徴的に登場する架空の植物としてコナユキソウがある。
この世界ではラグナイトと呼ばれる鉱物資源があらゆるエネルギー資源として使われており、ガリア公国はラグナイトの産出国であることを要因に戦争に巻き込まれている。現実世界と比べて航空戦力の発達が遅れており、戦場でもラグナイトを動力とした戦車が主力である。このほか登場する兵器としてはライフル、突撃銃、火炎放射器、スナイパーライフル、グレネード、ライフルグレネードなどがある。この世界独自の兵器としては対戦車槍と呼ばれるランス状の外観を持つ対戦車砲がある。

投稿 : 2015/11/02
閲覧 : 105
サンキュー:

2

ネタバレ

猫うさ

★★★☆☆ 2.6
物語 : 1.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

暇だったんで見ていたんですが・・・

えー展開が強引。1話でこれじゃ・・・
苦情をどこかに残したくてここに書きこ。

投稿 : 2015/10/09
閲覧 : 198
サンキュー:

0

ネタバレ

IfttX09556

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 2.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

つかれた

ゲームプレイ済み
ゲームのネタバレもあるのでご注意下さい。


良かった所
・ゲームの音楽がそのまま使われている
でも悲しいシーンでいちいちゲームオーバーのBGMが流れるのはちょっとシュールw
・サブキャラがいっぱい出てて嬉しい
・イサラとオリキャラのラマールの関係が可愛い
・ウェルキンとイサラの出会い!
・イサラとロージーの関係good
・イサラ(ちょっと目でかいけど)かわいい
・アリシアとセルベリア初戦、ゲームを忠実に再現しててすごい
・マーモットの作画がすごい
・ヤンがかわいい
・ヤンがかわいい
・セルベリアの過去good
・セルベリアの補佐官good
・ロリベリア


ちょっとあるいはかなり気になる所
まず最初に、私の理想のザカじゃない…(わがまま)

とにかくウェルキンに苛々した作品でした(笑)20話辺りから見れるものになりましたが、それ以前は、こんなキャラ千葉さんに演じさせないでくれと思った。イサラがロージーの歌を聞けたのは?ファルディオのおかげ!第7小隊がダモンへの悪戯を止めたのは?ファルディオのおかげ!もうお前が第7小隊隊長になれよと思いました。ウェルキンが出るべきシーンにファルディオ。
しかもファルディオとアリシアのいい感じシーンが盛り沢山で最初は楽しかったですが、ウェルキンとのシーンは全然盛り込まれず。(山小屋のとこだけ)アリシアはあのウェルキンのどこに惚れたのだ???(このアニメ一番の疑問)
イサラが死んでからは酷い有様で、隊員が気にかけてくれているのに無下にし、無理をする隊員を放置し、責任は俺が取るの一点張り。アリシアにあやされ、ひとしきり大泣きしたあとスッキリして何事も無かったかのように隊に戻る…隊員への謝罪とかは無しか。ウェルキンは最終的にどういうキャラだったんだ?原作でもフワフワしてる感じがちょいイラ(笑)なキャラだったが、それでも前向きで隊長の務めは果たしている感じだったので好印象でした…。というかゲーム主人公なのにこの扱い。
ファルディオはファルディオで、最初ウェルキンはやる時はやる男だとか言ってウェルキン推しだった癖にアリシアに惚れて仲拗らせてアリシア撃って最後には俺たち良い相棒的ラストでもう訳がわからない。

ウェルキンとアリシアは徐々に惹かれていくのが理想だったので(ゲームは人間関係があっさりしてるので)、段々と気持ち悪い方向に拗れてゆく三角関係がとても面倒臭く感じました(笑)

最終話、ヒロインが攫われヒーローが助けに行く展開。お決まりですね。ゲームではアリシアを撃ったファルディオに対して「大きな力で対抗すれば、相手はさらに大きな力を出してくるだけだ」的なセリフ(うろ覚え)をウェルキンが言うのですが、それがなかったのがちょっと残念。あれが唯一ウェルキンのヴァルキュリアの力に関する考えが見えた一言だと思っていたので。アニメでは結局アリシアのヴァルキュリアの力でボス撃破だしね。えー大きな力に頼っちゃいましたかみたいな。あー結局愛の力ですかみたいな。

全体的に原作通りに進むことは進むのですが、ゲームプレイ済みだから楽しいと思うポイントはありませんでした…。というか全然戦術駆使してない。



まとめ
この超展開ゲームをアニメ化とか微妙そうと思ってましたがやっぱり微妙。ゲームの方がヴァルキュリア控えめですし。
人間関係が掘り下げ切れず、もやもやしたまま物語が進んでしまった。戦争モノ乙女ゲームのアニメ化を見た感じでした。…何はともあれまずウェルキンをどうにかしないと。

投稿 : 2015/09/30
閲覧 : 130
サンキュー:

2

アニメ大好き社会人

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

おもろい!

ゲームもやってみたい!

投稿 : 2015/08/18
閲覧 : 260
サンキュー:

0

ネタバレ

nohohon

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

チートが過ぎる!!

はじめは青春戦争モノだったのに、途中からSF的な展開に違和感を感じまし

た。それも、圧倒的な戦力で、敵をなぎ倒すという設定。

それまで、戦車を基軸にしていたのに、以降は全くの放置とは…

いくらゲーム原作でも、唐突すぎると思いました。

覚醒後の主人公が敵の同族よりも強かったり、ラスボスが中途半端な装備で

結局 ものすごく弱かったりで、後半に行くほど萎えるストーリーが実に

残念でした。

キャラや声優さんは結構よかったのに、掘り下げが甘く、個性が生かし切れてい

なかったのも、マイナス要素でした。

もうちょっと、一次大戦押しで頑張ってほしかったです。

投稿 : 2015/03/25
閲覧 : 238
サンキュー:

1

ネタバレ

森鮫

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 2.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

良い!

主人公が優秀である。
ヒロインがかわいい。
そして、感動する(後半)

戦闘の場面はおもしろい思える。
物語もしっかりしているのでおもしろい。

26話あるので、時間があればぜひ観てみてください!

投稿 : 2015/01/26
閲覧 : 100
サンキュー:

2

退会済のユーザー

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

若干のご都合展開も・・・

原作ゲームから入った口ですが、原作と同じ音楽を使用したり、水墨画のような作画(?)を再現している感じがあり、とても綺麗な印象を受けました
内容的には、原作で人気のあったサブキャラの登場が割愛されていたり、恋愛寄り且つ尻詰まりでご都合展開に見えてしまった感が少し残念でしたが、全体を通して楽しめたと思います

投稿 : 2015/01/17
閲覧 : 212
ネタバレ

ティンバ

★★☆☆☆ 1.3
物語 : 2.0 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 1.5 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

肌に合わなかった。

ゲームは未プレイです。

ヒロインのアリシアに全く魅力を感じなかったため
切りました。 一応恋愛とゆうカテゴリも含まれるアニメなので
ヒロインが好みか好みじゃないかで視聴の有無が変わってきます。

猪突猛進・おせっかい・考える事を放棄してるかのような言動・行動・
1話から正直うざったいキャラだと思いながら視聴していましたが
物語も可もなく不可もなく、同僚のファルディオとの絡みも興ざめでした。

主人公もマイペースすぎるし・・・・・
エーデルワイス号はチート性能だし・・・

ひどい酷すぎる。視聴してきたアニメの中でここまで自分の
価値観の真逆をいくアニメは久々でした。 そこそこ評価があるアニメ
だったので期待していたのですが、
自分には全く合いませんでした。

投稿 : 2014/11/01
閲覧 : 128
サンキュー:

1

次の30件を表示

戦場のヴァルキュリアのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
戦場のヴァルキュリアのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

戦場のヴァルキュリアのストーリー・あらすじ

時は征暦1935年。ヨーロッパ大陸は東西の二つの大国に分断されていた。
鉱物資源・ラグナイトをめぐり勢力争いを広げる専制君主国家「東ヨーロッパ帝国連合(通称・帝国)」と、王政を廃した共和国の連邦国家「大西洋連邦機構(通称・連邦)」の両国がついに開戦する。
争いは、武装中立を国是とする小国・ガリア公国へも飛び火し、国境の町・ブルールで出会った少女アリシアと青年ウェルキンは、「必ず故郷へ戻る」ことを誓い、義勇軍への入隊を決意する。(TVアニメ動画『戦場のヴァルキュリア』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2009年春アニメ
制作会社
A-1 Pictures
公式サイト
www.valkyria-anime.com/
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%A6%E5%A0%B4%E3%81%AE%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%AB%...
主題歌
≪OP≫HIMEKA『明日へのキズナ』、MARIA『カナシミレンサ』、≪ED≫pe'zmoku『アノ風ニノッテ』、井上ひかり『ひとつの願い』

声優・キャラクター

千葉進歩、井上麻里奈、櫻井孝宏、桑島法子、皆川純子、乃村健次、田中敦子、福山潤、大原さやか、大塚明夫、大塚周夫

スタッフ

原作:SEGA、 監督:山本靖貴、シリーズ構成:横手美智子、キャラクターデザイン:渡辺敦子、総作画監督:米澤優/中路景子/渡辺敦子、デザインワークス:湯川純/狩生豊/佐野誉幸、美術監督:谷岡善王、美術設定:塩澤良憲、色彩設計:中島和子、CG監督:中村友紀/雲藤隆太、撮影監督:石原浩二、編集:坪根健太郎、音楽:崎元仁、音響監督:長崎行男

このアニメの類似作品

この頃(2009年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ