「NEEDLESS ニードレス(TVアニメ動画)」

総合得点
62.1
感想・評価
226
棚に入れた
1617
ランキング
4335
★★★★☆ 3.5 (226)
物語
3.4
作画
3.5
声優
3.6
音楽
3.5
キャラ
3.7

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

NEEDLESS ニードレスの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

ナルユキ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

品はないけど根は真面目。意外と正統派な異能力バトル

「ONE PIECE」や「ジョジョの奇妙な冒険」などが人気を博す能力バトル漫画。かの作品らを前にして、同ジャンルが各々オリジナリティーを出すことは当時もかなり難しかった筈だ。
先ず主人公にどんな能力を1つだけ持たせるのか。その能力に物語の完結まで使い続けられるような発展性があるのか。もちろん他作品と被らない斬新さも必要だ……禿げ上がる程に悩んだ挙げ句に筆を置いた作家もいるだろう中、このアニメの原作者は主人公に反則級の能力を与えて10年間連載していた。

【ココが面白い:ラスボスのような主人公、CVは子安武人!】
主人公の能力は『ZERO』と言う。文字通り物語の一番最初は無能力者だが、なんと相手の能力を覚えて永続的に自分の物にしてしまうという“ぼくのかんがえたさいきょうののうりょくしゃ”を体現したかのような能力だ。この能力で、バトル物では強者の部類に入ることが多い『斬糸』使いを第1話で撃破している。
まるで小学生が考えたような能力設定だが、理にかなっている部分として主人公が難なくバトルのインフレについていけるテンポの良さや勢いがある。なんたって覚えた能力は消えることなくどんどん増えていき、相手が使った強力な技をそっくりそのまま打ち出せる他、違う能力を組み合わせて新しい技を生み出すのだから修行パートなんて入れる必要が無い。雑に能力者と戦うだけでその相手の能力というデカい経験値を得て2・3段飛ばしに強くなっていく。
かといって常に「相手の能力を奪って撃破」という単純なものばかりを描いてはいない。
{netabare}例えば『香』の能力者は相手の神経を操る芳香の種類を無限に作り出すことができるので、その香りだけを1つ2つ覚えても対応しきれない。『第四波動』は見かけ上は炎と氷を両方操る能力にしか見えず、そのメカニズムを理解できてない劇中は使うことができなかった。{/netabare}
チート級な『ZERO』にも使うプロセスや弱点があり、そこを突かれたピンチシーンなども押さえたプロの漫画家の匠も確かに感じ取ることができる。
敵の能力を奪うというジャイアニズム溢るる能力に引っ張られてか、主人公であるアダム・ブレイドは無茶苦茶をやる乱暴者。そしてロリコン。その声を普段は悪役やマッドサイエンティストを演じる子安武人が担当するのだから、主人公という役割とは裏腹にラスボス感とその傍若無人ぶり、そして変態度が増々である。
「子安武人が主人公声優です」という触れ込みだけで吹き出してしまう人もいるのではないだろうか(笑) 色々な意味でズルいキャラクターに仕上がっている。

【でもココがつまらない?:ありきたりな設定、厚みのないストーリー】
主人公・ブレイドは色々と特別なのだが、他の能力者が敵味方ひっくるめてまあベタな能力ばかりだ。
『第四波動』や『黒の引力』など本作で初めて聞くのもあるにはあるが、大抵は炎(上位互換に電子レンジ)に重力、磁力、高速移動、バカ力といった異能力モノのド定番を何の捻りも加えずにレギュラーキャラとしてドンドン起用している。特に『炎』で拳と言ったら知名度的に「ONE PIECE」の火拳のエースが頭をよぎるし『変身』で身体を自在に変化させるヒロインで名前がイヴ──とくれば「BLACK CAT」に同じ名前・能力・役割のキャラクターがいるという始末である。パクり疑惑をかけたいわけではなく、要は誰かと被ってしまうくらいにはキャラクターの練りこみに時間をかけてはいない、ということだ。
その上で「ONE PIECE」の海洋冒険ロマンや「僕のヒーローアカデミア」のヒーロースピリッツを育む学園モノといった副次的なテーマを持たず、専ら能力者によるバトルアクションに終始しているのは流石に単純さが過ぎる。
{netabare}
9話で敵勢力のアジトに主人公らがかちこみ、巨大な子供部屋を模したシェルターで連戦が行われるのだが、このバトルフィールドがまさか19話までの長いお付き合いになるとは初見では絶対思わないだろう(笑) 変わり映えしない背景に嫌気が差す人も出てしまうのではないだろうか。{/netabare}

【でもココが面白い!:シリアスはギャグの前触れ、敵も味方もおパンツ要員!?】
まあ流石に「バトルしてるだけ」と言うのは語弊がある。本作はバトル中でもシリアスな雰囲気でも遠慮なくねじ込まれる“ギャグ”と“パンチラ”も他作品との差別化点と言ってもいい。
とくに作中で対峙する少女部隊のスカートは「我々は本来、鉄壁と呼ばれる代物ではないのだよ」と主張しているかのようによく捲れるし、ブレイドの相棒であるイヴは只でさえ露出度が高い服が敵の攻撃で破かれて裸同然の姿にもなる──と結構、扇情的。あまり乱発されると次第に股間には来なくなるが、それでもギャグとして成立させているので楽しめる人は最後まで楽しめてしまう。
ギャグは抱腹絶倒とまでは中々いかないが、「銀魂」のような攻めたパロディを使わず言葉もじりや言い間違いで笑いを取りにいく姿勢は評価できる。それ故に「右の頬を殴られたら左の頬にパイルドライバー」などシュールなものも出てくるが……(汗

【他キャラ評】
クルス・シルト
典型的な弱者で守られる存在である一方、頭脳面で活躍するもう一人の主人公的な描かれ方をしている。パッと見ではわからないミッシングリンク級の能力も看破するのでディスクの『分析』こそ不必要な感じがしてしまう(笑)
故にクルスの活躍時はブレイドの不在が多く、割と普通の能力者バトルにグレードダウンしてしまうことが残念でもある。
{netabare}最終話は強引な妙案であるものの、原作と違って最後まで無能力者の頭脳サポーターとしての位置を崩さず決め手の立役者となったことに好感が持てた。原作では『女神の盾』の能力者になってしまったからね、終盤の終盤とはいえ、アレは割と台無し感もご都合感もすごい{/netabare}

照山、セト、ソルヴァ
ぶっちゃけ只の戦闘員。左から『炎』『重力』『特殊磁界(鉄じゃなくても吸い寄せる磁力)』の能力者であり、その能力をブレイドに覚えさせるためだけに登場したようなもの。
恐らくこの3枠は能力やキャラそのものが別になってもバトルの細部が変わるだけで話の本筋には影響が及ばないだろう。例えば照山が電気の能力者ならブレイドは斬糸と電気で戦うキャラに変わるだけで誰かを倒せなくなるみたいな話の支障は出ないんじゃないかと思う。炎の能力は四天王から覚えられるしな(笑)

セツナ、梔、未央
原作者もアニメスタッフもこの3人好きすぎるだろ! 作画も出番もかなり優遇されていて、なんと言っても前期エンディングで強烈なインパクトを毎話与えてくる。題材は普遍なのに人を選ぶ作品になってしまってるのは間違いなく彼女らのせいだ!
でも確かにずっと観てると敵側なのに少女部隊の面々は好きになってくる。梔のスケッチブックに何が書かれてるか気になってしまう。無口のカンペ芸はアニメーションと相性が悪いがその分動きが面白くなるので嫌いじゃない。

左天
{netabare}原作とアニメで正体が変わってしまったキャラだが、自分はアニメ版の方が整合性が取れていていいと思う。「ブレイドとアークライトの同士討ちを狙っていたから劣勢のブレイドたちを陰ながら味方した」。非常にシンプルにまとまっている。
原作ファンなら改変自体が言語道断な人も多数いるだろうが、本作に限っては正体をまさかの神無月鏡司に変え香澄への恋慕を足してあげることでファンを驚かしつつ、本来はたどり着けなかった筈の原作終盤にも寄せてきたのは原作者の「悪い所はどんどん直してくれ」というメッセージに応えた証であることには間違いない。{/netabare}

【総評:品はないけど根は真面目。意外と正統派な異能力バトル】
一言で言ってしまえば“低俗”。女の子と変態、ボケとツッコミを足してカオスに仕上げた笑いあり涙なしのハイテンションバトルアニメでしかなく、重厚なテーマやメッセージは一切、感じられない。
だがそれが従来のマンガやアニメの親しみやすさを感じてどこか惹かれる。
能力設定だけみればある種「ONE PIECE」の悪魔の実や「ジョジョの奇妙な冒険」のスタンドよりも正統的であり、掲載誌さえ違えば上記2作品のようなメジャーなマンガにもなり得たと思う。後手に回ってしまったことでその殆どに“ありきたり”という烙印を押さざるを得ないが、技と能力を覚える主人公だけはこの作品のオリジナルだ。
異能力バトルは主人公含む1人につき1つの能力に縛ってしまうことでいつかは無理が祟り、新しくご都合な追加能力を与えがちである。そんなジャンルの中で敢えて最初からズルい能力を与えることで、クリエイティブな中学生の理想のマンガをプロが実現させたかのような自由奔放さと中々に高いクオリティを感じる一作となっている。
そんなマンガのアニメ化であるが、アニメーションの出来としては可もなく不可もない。良さも悪さも原作が持ち得る強み弱みであってそこをカバーしてるのはシナリオとしての整合性くらい。普通にそこそこ作画崩壊も起こすし、およそ単行本3巻となる少女部隊~シメオン四天王との連戦を巧くカットしてくれた訳でもない。誉めるべきは原作漫画1~7巻の範囲だけでなくスピンオフである『NEEDLESS ZERO』と『NEEDLESS ZERO TWO』の話も組み込んで原作ファン垂涎物の2クールとなったこと、主要なキャラクターはアニオタなら1度は演技を耳にする豪華声優陣で固めていることの2点が挙げられるだろう。
「なら名作アニメには遠く及ばないでしょ?」だって?
バカめ!!人は名作アニメのみに生きるにあらず!!例えば!彼女とか!お姉さまとか!!あァと特に妹が出る作品とかァァァ!!!

投稿 : 2021/06/02
閲覧 : 88
サンキュー:

3

ウィラード さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

2クールものでは中々

キャラが濃いですが
一応能力バトル作品です

硬派キャラと百合キャラとか色々混じっててカオスなパーティかなと思いました
ニードレスはキャラ属性ごちゃ混ぜで能力バトルする作品です

EDは百合すぎて自重出来てないので、注意が必要です

投稿 : 2019/11/29
閲覧 : 169
サンキュー:

3

pop22 さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

バトル・お馬鹿・エロ・ロリ・異能力 完璧すぎる

これだけ揃ったアニメはあまりない。

自分のストライクだが人気が無い。

投稿 : 2018/05/19
閲覧 : 283
サンキュー:

4

ビックリヤングコーン さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

どっちでも!

ギャグアニメ!展開は早い、ちょっと昔のアニメ、展開はもっとゆっくりでもう少しギャグ寄りにしたら、見やすかったな〜。

投稿 : 2017/03/11
閲覧 : 256
サンキュー:

1

ネタバレ

りゅぅぞぅ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

子安さんが主人公の作品を初めてみました(゚Д゚;)

 ジャンル 異能力バトル + エロ + ロリ

 ストーリー

 テスタメントと呼ばれる機械から逃げていた クルス君

姉がクルス君のために囮となったが・・・

 残念なことにテスタメントから逃げることはできず

絶体絶命のピンチに現れたのは

そう、神父:ブレイド(子安)だった

 ここから、少年とブレイドの物語が始まる



 物語

 ニードレスと呼ばれる能力者があまたに存在するブラックスポット

そこにシメオンという会社があり、その会社はニードレスを駆逐・捕獲

していた(;'∀')

 簡単に説明すると

 主人公たち VS シメオン

そんな風に考えれば、オールOK

まぁ、物語が進んでいくにつれて仲間が増え、敵がいろいろでます



 キャラ

 好きなキャラトップ3

1:ブレイド (相変わらず、ぶっとんでいた・・・ ふざけていた
        女 お姉さん ロリ なぜか、イヴは違うw
        全裸 だが、靴下着用 数々の名言を残します)

2:イヴ   (なんで、ふんどしっぽい下着なんだ・・・w
        デロドロ飲んだら、普通の人間は死んでいる
        あの1本に5000kclだと( ゚Д゚))

3:ソルヴァ (なぜ、本性を現したら、白目になるのか・・・
        誰か教えてくれb)




 音楽

 OPを聴いたら、子ども心・厨二心をくすぐられる曲で

テンションがあがります

 EDを見たら、あれっ? ゆるゆりテイスト

まさかの敵3人組を推していることに驚きます

萌えを推しているんですかね



 感想

 タイトル通り、初めて子安さんが主人公の作品を視聴しました

僕が今までみたアニメの中で、子安さんは強敵・仲間・変態キャラでした

 今回、主人公を演じていましたが、

やはり、変態キャラ・ギャグキャラでした



 そう、このアニメに関していうなれば

判決:少年心をもつものは評価が高くなるだろう

 


 

投稿 : 2016/11/27
閲覧 : 292
サンキュー:

1

ネタバレ

sobranie さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

∀のオマージュかと。

アダム・ブレイド
幼少期ロラン・セアックで、成長したらギム・ギンガナム
月光蝶発動して、神の世界への引導を渡してハッピーエンドにしか見えなかった。

投稿 : 2016/09/29
閲覧 : 264
サンキュー:

0

ネタバレ

エクスカリバー さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

85点 子安とキタエリのボケツッコミ「靴下は着用義務ッ!」

として見るのがいいかな
ぐっちゃぐちゃ感が面白い
酷評も多いが
まあ・・・子安さんが全てですw{
OP序盤はグランロデオでノリノリ
ED序盤は引くくらいロリ萌え

こちらの作品にも左天というキャラがいますがとあるシリーズとは恐らく無関係です。
第四波動打ちます。

能力系バトルアニメですが
男臭さアリ・推理アリ・グロアリ・ギャグアリ・萌えアリ・パンチラアリ・ガチムチアリ・・・
とまあホントにアリアリ==;

中盤の美少女部隊戦では・・・
{netabare}1vs3で不利から加勢が来て
4vs3で有利も人質が操られ主人公没で
3vs4と苦しむも主人公復活&操られてたの戻って
5vs3で撃破!・・・しかしより強い新手が2人参戦で
5vs2で何とか倒すもボス登場
とわけわからんくらいの展開が進みます。{/netabare}

結果は・・・知りたい人だけどーぞ
{netabare}まぁ全部主人公が倒すんだけどね==;{/netabare}

投稿 : 2016/04/16
閲覧 : 503
サンキュー:

5

mcc_N@ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

熱い

と言うか暴走?
無駄に熱いw

感動はしませんでしたww

投稿 : 2016/02/08
閲覧 : 232
サンキュー:

0

ネタバレ

たまちゃん さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルなし

だいぶ前に見たやつ
メモ帳から
中途半端に少ししか書いてなかったけどそれ書いとく

イヴと美少女隊がぶつかってから面白かった
アダムという奴が神父の身体と目を奪おうとしてる
神父は失敗作?
ギャグが多くて面白い

私は未央たんというキャラクターが好きだったらしい

投稿 : 2015/12/10
閲覧 : 239
サンキュー:

0

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

イブがかわいいっす

タイトルにある通りイブがかわいかったです
キタエリが声をしてるのもよかった
主人公のブレイドは少年の頃と今で性格変わりすぎてて驚きました
神父とは名ばかりなただの変態でしたね。

それぞれキャラが面白く、楽しく観れました。
ただラストが無理やり終わった感がありもう少し尺があればよかったんですがそこだけ残念です。
真剣に戦っている最中にあれだけギャグを挟む作品は初めてで新しかったです。
漫画の方ではアークライトとの結末もしっかり書いてるみたいなので
また読んでみようと思います。

投稿 : 2015/11/07
閲覧 : 248

mufhF73098 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 5.0 音楽 : 2.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

割と面白かった

能力系バトルにギャグを織り込んだアニメです
一話見終わった後味もそんなに悪くなく見やすいアニメだと思います
途中戦闘が長引いて中だるみはしますが、シリアスな展開もあり特に終盤は急展開の連続なので見ていて飽きない作品だと感じました
某批評サイトでは酷評されていますが、個人的には好きな作品です

投稿 : 2015/10/06
閲覧 : 223
サンキュー:

1

暇人? さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

意外といいよ!

異能バトルがメインのアニメでギャグありエロ要素は少しですがあって面白かったです。あと物語の後半を見るとなぜこうなったというシーンがありました。ぜひ見てください!

投稿 : 2015/04/14
閲覧 : 284
サンキュー:

1

とってなむ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

もっと多くの人に知ってほしい作品

思わぬ掘り出し物でした
ここまで面白いとは…!
笑いをこれでもかというほど提供してくれるので、
私としては大満足です

一応バトルがメインの作品ですが、
バトルの合間合間にも忘れずギャグを挟むのがこの作品の素晴らしいところ
緊張感がなさすぎるww
シリアスブレイカーがたくさん存在します

しかもこれがまた笑えるという…
すごく面白かったです
山田のツッコミが良かったですね
てか山田って…w


まずキャラの個性が強すぎます
かわいい系より面白い系
つまらない奴なんて一人もいない
お気に入りはイヴと山田と内田とディスクと梔です
多いですね。それだけ魅力的でした

それに作画の仕様も満足です
熱くなりましたし、笑わせて頂きもしました

それと声優さんの演技もお見事でした
山田役の遠藤綾さんとイヴ役のキタエリは特にハマり役でした
その他の人もなかなか豪華でこの点も満足

音楽もこれまたいい
OP,EDは前期、後期に分かれてるのですが、どれも好きです
前期のOPはとてもかっこよかったです
EDは両曲とも中毒性抜群
こういう曲、かなり好みです
何回も聴いていまいます。これぞまさに中毒

このように、どの点においてもかなりの満足度です
まだ触れてないのは物語面ですね
これに関してはノーコメントでw
いや、設定も展開もすごく好きですよw


とにかく全体的にとても楽しめました
バトルも熱く、激しいです
敵も強いですし、頭脳戦もあって良かったです
パンチラもたくさん。てかもはやパンモロ
縞パンに熊さんに多種多様なモノが観れますよ
でもやはり一番は笑えるところですね
かなりハマりました

まとめるとバカバトルギャグアニメです
こんなに楽しめるとは思いませんでした
もし、あにこれのサムネで避けてるならもったいないです
キャラデザは決して良いとは言えないですが、
観てると愛着が湧いてきますし。

是非お勧めしたい作品です


ありゃ、べた褒めしすぎたかなw

投稿 : 2015/02/13
閲覧 : 461
サンキュー:

31

くにを さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ぶっ飛んでる・・・

作中で割と簡単にモブキャラや女の子が死ぬのは解せぬ・・・

まぁ基本はギャグだからいいか

ツッコミどころ満載の熱いバトルギャグです
好き嫌いは分かれるかもしれません。

投稿 : 2014/06/18
閲覧 : 272
サンキュー:

1

PPN さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 2.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ハイテション!!

2009年の作品で2クール物です

基本はシリアスな超能力バトルが中心です
そこにコメディあり、エロありで展開して行きます
全体的にハイテションな作品で、ついて行くのにちょっと苦労しました(^_^;)

最強主人公、アダム・ブレイド(CV.子安武人)カッコいいです
その一味の
イブ(CV.喜多村英梨)、山田(CV.遠藤綾)、ギド(CV.内海賢二)などなどキャラは個性的で良かったと思います

《好きな方すみません》
個人的に2クール作品は見応えがあって好きなんてすが、この作品2クールはちょっと長いかなぁと思いました
作画も苦手な感じで…(´θ`llll)

投稿 : 2014/05/15
閲覧 : 278
サンキュー:

6

菊地 真 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

まあまあかな~

特筆すべきことはないいたって普通のアニメかな。

投稿 : 2014/03/29
閲覧 : 271
サンキュー:

0

dylaaaaaan さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

王道バトル+ギャグ

がきっぽいノリのギャグや昔ながらの説明しよう!的なノリの解説役キャラ。繰り出される意味不カタカナや漢字羅列の”ぼくがかんがえたひっさつわざ”的な技達。嫌いじゃないよ!むしろ好物。技名の中ではエターナルディストーションとヴァルカンショックイグニションが好きかな?響きが好き。ちょい役の敵がなぜがEDで採用。どうしてこうなった。原作はグロい?シーンも多分に含むけどアニメは割かしポップです。評価は分かれる作品だと思う。

投稿 : 2014/03/04
閲覧 : 267
サンキュー:

3

ato00 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

6話はホンマすごい。エロバカバカしいにもほどがある。

ものすごいアニメだった。
というのが正直なところ。
異能力者のバトルとおちゃらけが交互に繰り返されます。

シーソーのようなバトルは思いっきりテンポが悪いです。
なんとなれば、当人もしくはギャラリーのツッコミ・ご託・解説が容赦なく入りまくるからです。

エロ要素も強烈。
第6話と第1EDは制作者のお遊び?
開いた口が塞がらないです。
一見の価値ありかな?

くちなしのわかりやすいボケ以外は、正直、面白味は感じませんでした。
でも、インパクトの強さにより、私にとって忘れられないアニメとなりそうです。

投稿 : 2014/01/24
閲覧 : 607
サンキュー:

17

mikosaya さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

評価7

投稿 : 2013/11/14
閲覧 : 274
サンキュー:

0

Ssoul30 さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

判決!! 超おもしろい作品!! だから死刑!!

ストーリー

西暦2130年。日本は第三次世界大戦に世界へ宣戦布告をしたため、世界各国から大量のミサイルが打ち込まれ、東京に「ブラックスポット」と呼ばれる巨大な汚染区域が生み出されてしまいました。ブラックスポットは廃墟として長大な壁により隔離されていましたが、いつの間にかその荒れ果てた大地に住み着く不要者と呼ばれている不思議な能力を持つ者たちがいました。その能力者たちをシティの人たちは畏怖の念を込めて「NEEDLESS(ニードレス)」と呼び始めました。

これはニードレスの戦いを描いた物語。

私の感想。

この作品を見始めた時はまったく世界観やだれが主人公なのかも分からず右往左往していましたが、4話あたりから主人公が誰だか分かり、5話で世界観を理解できました。そして、最終回に近づくにつれ緊張感が溢れる戦いばかり起こり、最終回は非常におもしろい展開になりました。

この作品の一番の魅力は戦闘シーンです。たくさん仲間がいるのにもかかわらず主人公がいい所をすべて持っていっていました。普通、他の仲間が主人公と助けながら、お互い進化しつつ話を進めるのが通常の話なのですが、この作品は仲間が途中からまったく役にたっておらず、自然と実況者に成り下がっていました。けれど、それはそれでおもしろかったです。

そして、忘れられないのが戦闘シーンに所々含まれるギャグパートです。激しい戦闘が長引いて戦いを見ている我々視聴者に所々ギャグパートを入れて緊張をほぐしてくれるのは非常にうれしかったです。

Ssoulのワンポイントピックアップ!!
「このコーナーではこの作品のおもしろい所、注目してほしい所などをピックアップし、説明したいという事です。」

この作品には結構パンチラシーンが含まれているので色々なパンツが楽しめられます。(シマシマ、レース、キャラパン、などなど)パンツが好きな人は是非見てください。

オープニング

「modern strange cowboy」
かなりかっこいい曲です。テンションも非常に上がりますし、そしてなによりキャラクターの紹介が非常にうまいオープニングです。もちろんキャラクター紹介が良いので、ネタバレが結構多かったですが、逆にそのネタバレが始めての視聴者に見方か敵か謎に包むため、ネタバレを気にしなくてもよろしいです。

「Scarlet Bomb!」
曲自体はこの作品とあまり合っていませんでしたが、このオープニングの映像は非常にこの作品の良い所をもぎ取っています。後半でこのオープニングになったため、ネタバレはまったくありませんでしたし、キャラクター紹介もきちんとされていました。

エンディング

「Aggressive zone」
正直はずかしいですが、この作品を見ようと思ったのはこのエンディングかかなり魅力的だかったからです。初めてこのエンディングをニコニコ動画で見た時はしょうげきてきでした。こんなエンディングが合って大丈夫なのかと。そして、その衝撃は次にこの作品を見てみたいという欲望へと進化して行き、最終的にはその欲望に耐え切れずこうしてみてしまいました。後悔などまったくしていません。むしろこれど最高なエンディングを聞けて最高に「ハイ」ってやつだーーー!

「WANTED! for the love」
女性キャラクターほぼ全員がかわいらしい曲を実に可愛いデザインになって歌っている曲です。非常に私好みの曲です。特にこのエンディングのすばらしい所はそれぞれのキャラクターのサービスシーンもあるのです。全キャラクター本当に魅力的でした。そして、一番魅力的だと思えたのはクルス・シルトの男の娘の姿が見れた事です。非常に可愛かったです。

投稿 : 2013/09/14
閲覧 : 614
サンキュー:

17

oうりぃo さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

久しぶりに大爆笑 笑った笑った・・・

戦争系、しっとり系、グロ系そんなアニメを連想させられた 1話のAパート
そして上記のジャンルがあるのかと驚愕したBパート

ジャンル的にはバトル物に入ります
ただ主人公がいろいろと残念です
しかしすごく笑わせてくれます
2クール目に入ってからの荒ぶり方にはびっくりしました
最後の2,3話以外毎回笑わされたのではないかと思います (僕のツボるとこが変なのか)

笑いたい人におすすめです!

投稿 : 2013/08/24
閲覧 : 249
サンキュー:

1

ネタバレ

正義の味方 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 2.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

めちゃくちゃだなーーー

バトルはかっこいい!ただめちゃくちゃすぎて笑える
それと前半のEDきもすぎる・・あれはないしょ
もうただの変態アニメなんだが熱いバトルアニメなんだか分からない
途中途中作画崩壊してたところあったし・・
声優は豪華なんなんだけどな

投稿 : 2013/07/23
閲覧 : 370
サンキュー:

1

ひろゆう さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

完全にパンツアニメ(笑)

特殊能力もので結構設定いいし、キャラもまあまあいいのにパンツ押し過ぎ(-_-;)

そこまで押したら絶対逆効果でしょ

まぁ原作がそうだから仕方ないか(笑)

投稿 : 2013/06/20
閲覧 : 383
サンキュー:

1

Guilty Bac さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

妖怪キャラかぶり

なかなか面白いです
原作とは話も結構違ったりしますが
一応話もしっかり終わっててみた後味がそんなに悪くないです

投稿 : 2013/05/21
閲覧 : 272
サンキュー:

0

ななろう さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.4
物語 : 1.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 1.5 状態:観終わった

後半は辛い

物語の前半は、シリアスな物語展開だったのでなんとか見ることが出来たのですが、後半はギャグや可愛いいお色気系に移行していき同じバトルが延々と続き興味が薄れてしまいました。

このページで紹介されているアニメの画像との勝手なイメージギャップも在りましたね〜

その結果、テレビに一応流しながら他の事をやっつけてましたので正直な所「途中で断念した」にしても良いかもしれません。

投稿 : 2013/05/06
閲覧 : 249
サンキュー:

1

ネタバレ

chicchi さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

おもしろい!

イヴちゃんが可愛い!
出番少ないけど離瑠様も好き!

投稿 : 2013/03/13
閲覧 : 247
サンキュー:

1

ネタバレ

吸血鬼の成れの果て さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

イヴ・ノイシュヴァンシュタイン

第3次世界大戦後の超能力?バトル系でしたwシリアスな展開もあったけどギャグパート中心に進んでた気がします。ブレイドはとても強い能力だったけど、窮地に陥り、それがなかなか解消されなかった絶望的展開には次を期待されられ、ドキドキ?ワクワク?しながら観れました。子安さんめっちゃ頑張ってましたwラストは多少綺麗に終わらせた感が残りますがとても面白かったです。
ストックは多少あるみあいなので二期希望ですねw

投稿 : 2013/02/19
閲覧 : 306
サンキュー:

5

ネタバレ

古孤 さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

おバカなキャラ達で(=^▽^=)

イブちゃんがかわいいwおバカさんで強くてとても面白かったヽ(*´∀`)ノ

投稿 : 2013/02/17
閲覧 : 266
サンキュー:

0

ネタバレ

こさんじ さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

最後が非常に惜しい!

ストーリーとしては設定もしっかりしていて特に木になるところはありませんでした。
まぁ、どうしてこれは勝ったんだ?
と思うところはあったりしましたが、それ以外はほぼ無です。

あとは、パンチラがはんぱねぇ多いですw
中盤くらいから出てくる女キャラがものすごい勢いでパンチラをしてくるので後半パンチラが飽きてしまうことに注意!

そしてなんといっても最終回。
あともう一話分ほしかったかもしれない・・・
ラスボスとの本当のラストが、俺としてはあっさり過ぎてたかなぁと思います。

でも、曲はかっこいいし、声優陣はなかなか俺としては好ましかったので評価は高めで!

投稿 : 2012/11/16
閲覧 : 274
サンキュー:

0

xxtaku さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 2.5 作画 : 2.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

暇つぶしに

最初は面白いかな、中間微妙だな、最後らへん終わったかって感じのアニメです。暇つぶし程度に見るのがいいと思います。

投稿 : 2012/08/27
閲覧 : 261
サンキュー:

0

次の30件を表示

NEEDLESS ニードレスのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
NEEDLESS ニードレスのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

NEEDLESS ニードレスのストーリー・あらすじ

2130年日本、かつての第三次世界大戦により、東京に「BS(ブラックスポット)」と呼ばれる巨大な汚染区域が生み出されていた。「BS」は廃墟として長大な壁により隔離されたが、いつの間にかその荒れ果てた大地に住み着く者が現れた。彼らを「街(シティ)」の人々は「不要者(ニードレス)」扱いしたが、その中には不思議な能力を持つ者たちがいた。その能力者たちを「街(シティ)」の人たちは畏怖の念を込めて「NEEDLESS(ニードレス)」と呼んだ。(TVアニメ動画『NEEDLESS ニードレス』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2009年夏アニメ
公式サイト
needless.jp/
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/NEEDLESS

このアニメの類似作品

この頃(2009年夏アニメ)の他の作品

ページの先頭へ