「プリンセスナイン 如月女子高野球部(TVアニメ動画)」

総合得点
64.7
感想・評価
17
棚に入れた
103
ランキング
2683
★★★★☆ 3.6 (17)
物語
3.3
作画
3.4
声優
3.7
音楽
3.7
キャラ
3.7
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

プリンセスナイン 如月女子高野球部の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

みつぽん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

全26話

前半はチャレンジ的で結構面白かった

後半に入るとグダグダ恋愛三角関係で壮絶な鬱展開に突入

スポーツアニメというよりドロドロ恋愛劇じゃないかと思うくらい

地区優勝出来るのか?興味で最後まで見てしまったが

結局ドロドロクダグダのせいで負けてしまう展開で終わる

結構古いアニメでこの当時って恋愛ドロドロ嫉妬系が流行っていたのだろうか

記憶の限りそんな気がする鬱展開は強すぎるとみてるほうもイライラしてしまう

評価点60点かなり低レベルと判断

投稿 : 2019/02/23
閲覧 : 244
サンキュー:

0

ネタバレ

どらむろ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

NHK衛星で放送された、元祖女子野球アニメ。大正野球娘の良さが分かりますw

1998年にNHK衛星第二の「衛星アニメ劇場」枠で放映されたアニメ。
女の子が野球で男子に挑むといえば大正野球娘が有名だが、本作はそのプロトタイプとも言える。
現代(多分90年代後半)が舞台で、女子高生たちが女子禁制の野球で男子に挑んでいく。
「野球に対する女子禁制の壁」が大正野球娘より厳しいのが特徴、またスポコン要素+後半はラブコメ重視だったり、青春ジュブナイル要素重視のストーリー。
大正野球娘に比して、萌えは全く期待出来ない上に、男尊女卑の悪意や、部員集めやキャラ掘り下げに終盤まで手間取るテンポの悪さもマイナス。
光る面はあるものの、NHKアニメの中でも評価は高くないです。
ストーリー面では酷評、あらゆる面で大正野球娘の方がオススメです!


{netabare}『物語』
時代背景は大正より後の平成初期のハズだが、アニメ作品的には大正野球娘の先輩に当たる、女子野球アニメ。
男尊女卑の壁を乗り越えて女の子達が野球で男子に挑む基本プロットが共通している。
が、全般的に大正野球娘(以降、「たいやき」)に比べて厳しい。
女子が野球などとんでもない!という頑迷な人々の悪意が根強く、素直なスポコン+青春ドラマとしては気分良く楽しめない。
たいやきはこの点のストレスが皆無、時代が昔のハズなのに、大正の方が進取の気風があるのは皮肉だと思った。
また、主人公が野球始める目的が主体的でなく、理事長の意地であるのもマイナス。
それよりも致命的なのは、2クール物で20話近くまで部員集めに手間取り、キャラの掘り下げのテンポが悪い事か。
一人一人のドラマを丁寧に掘り下げたい狙いかも知れないが、終盤に至るまで、チームの一体感が持てなかった。
という事はつまり、女の子同士の萌えも殆ど期待出来ないという事で…。
ライバルの男子と主人公が恋愛関係なので、後半ラブコメ要素あり。
淡い恋愛要素は中々だが、ラブコメとしては薄め、この辺も期待薄。

魔球が出てきたり、トンデモ野球物としての面白味が見所かも知れない。


『作画』
90年代のアニメにしても良い方では無く、萌えはあまり期待出来ない。
まあ、結構可愛い子はいたりするが。
野球シーンには力入っているが、却って不自然さが目立つ。
まあトンデモ野球物と見れば許容範囲かも。

『声優』
本作の一番の褒め所。NHK特有の声優の豪華さ。
若かりし頃の川澄綾子さんが良かった気が。
主人公のライバルポジの美少年役に子安武人さん、少し若いイケボですw

『音楽』
OPが主題に沿っていて、女子野球熱血ソングとして中々カッコイイ。
ちょっと古臭いけれど、まあアニソンは古臭いくらいが好きです。

『キャラ』
主人公の早川涼ちゃんは可愛く、熱血さと優しさ備えた良い子。
ナインは個性派で中々粒揃いの美少女多いので、視聴するとそれなりにキャラ層は厚い。
が、キャラ集めと掘り下げのテンポの悪さが響いてしまっている。 {/netabare}

投稿 : 2014/09/19
閲覧 : 367
サンキュー:

13

ASKA さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観たい

投稿 : 2019/01/09
閲覧 : 20

ひみこ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2018/04/25
閲覧 : 21

sarari さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2016/05/11
閲覧 : 26

AKIRA777 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2015/09/30
閲覧 : 33

タクボン さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2014/11/20
閲覧 : 55

CrMO さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2011/11/07
閲覧 : 175

プリンセスナイン 如月女子高野球部のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
プリンセスナイン 如月女子高野球部のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

プリンセスナイン 如月女子高野球部のストーリー・あらすじ

早川涼は天性の野球の才能を買われ、名門お嬢様学校「如月女子高校」に特待生として入学する。理事長・氷室桂子は女子だけの野球部を創設し、男子と対等に甲子園で闘うことを狙っていた。しかし、足りない部員、野球部創設を快く思わない人々、大会参加に女子を認めない高校野球協会、涼や周囲に降りかかるトラブルなど、様々な困難が野球部の前に立ちふさがっていた。涼は大酒飲みの監督・木戸と共に、まず部員集めから始めていくが……。(TVアニメ動画『プリンセスナイン 如月女子高野球部』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
1998年春アニメ
主題歌
長沢美樹・金月真美『プリンセスナイン』長沢美樹・金月真美『PASSIONATE DAYS』

声優・キャラクター

長沢美樹、金月真美、子安武人、岩永哲哉、榊原良子、島本須美、石井康嗣、氷上恭子、永澤菜教、矢島晶子、川澄綾子、笠原留美、飯塚雅弓、進藤こころ、川田妙子、井上和彦

スタッフ

原作:伊達憲星、 監督:望月智充、企画・総合プロデューサー:山木泰人、シリーズ構成・脚本:丸山比朗、キャラクターデザイン・作画監督:橋本義美、キャラクター原案・エンディング作監:山下明彦、美術監督:加藤浩、色彩設計:脇喜代子、撮影監督:安原吉晃、編集:西山茂、音楽:天野正道、音響監督:吉田知弘、アイキャッチ:下笠美穂、エンディング原画:釘宮洋、イナズマボール原画:吉田徹

このアニメの類似作品

この頃(1998年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ