「YAWARA!(TVアニメ動画)」

総合得点
69.5
感想・評価
138
棚に入れた
754
ランキング
1038
★★★★☆ 3.8 (138)
物語
4.0
作画
3.5
声優
3.9
音楽
3.8
キャラ
3.9
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

REI

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

物語は面白いが

ラブコメうじうじ路線はあまり好きではないですし、
滋悟郎爺ちゃんのアクの強さも好きじゃないんですが

柔道の場面は好きですし、短大の柔道部の下りは好きですし
富士子さんや、花園くんは大好きなキャラクターです。

風祭とさやかはどうでもいいかな・・・(笑)

柔道人気に貢献した事は確かなアニメですね。

柔道好きな方は是非

投稿 : 2019/05/14
閲覧 : 52
サンキュー:

10

セイバーlove

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

猪熊柔 ちゃん 最高だよ

懐かしいよね
この作品見ると小さい頃を思い出す(とは言ってもまだ21歳ですが)
夏休み子ども劇場で放送してて本当に毎日楽しみに見てた
EDを聞くとなんかもう泣けてくる・・
あと 柔ちゃんの声がね可愛いすぎるんだよ、皆口裕子さんの声ほんと最高だよ

投稿 : 2019/03/28
閲覧 : 49
サンキュー:

1

ホット

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

後半に行くほど面白くなる作品

自分は再放送で一気に見たのですが、柔道をあまりやりたがらない序盤は、正直そこまで面白い作品では無いかもしれません。
高校卒業して松田さんとの進展やライバルが出て来る辺りから話が面白くなっていきます。
後半に進んだ頃には他のアニメよりも一番楽しみなくらいでした。

長い作品で最初断念してもおかしくないですが、ホント面白いので高校卒業辺りまでは頑張って見て欲しいです。

投稿 : 2018/08/17
閲覧 : 108
サンキュー:

3

ストックトン

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイトルなし

年頃の女の子が柔道をやらされていることに対する
苦悩や葛藤が描かれているのが楽しかった。
恋愛要素の要素も大きく、甘酸っぱい気持ちに
させてくれる。

投稿 : 2018/04/14
閲覧 : 71
サンキュー:

0

ハルヒ激love35

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

こんなにスポーツと恋愛とが絶妙に絡み合ったアニメ初めて出会った

浦沢直樹漫画原作のアニメ、初めて拝見させていただきました。浦沢氏の作品がすごく評価されてるのがなんとなくわかりました。
キャラ作りがとにかく上手いです。柔ちゃんの柔道と距離を置いて普通の女の子の生活を送りたい、じいちゃんの柔を柔道一筋な女の子にさせたい、さやかお嬢様のプライドの高さ、松田さんの柔ちゃんへの記者としての一目惚れ、とにかく一人一人のキャラへの共感が物凄くつかみやすくて登場人物みんなが好きになれる作品でした。
スポーツで恋愛路線の作品はタッチを見たことありますが、あっちのように人が死んでどうのみたいな展開もないですし、基本的に明るく見れる作風でもありました。タッチはタッチで好きですけどね。
恋愛も見せつけてくれるんですが、柔道の試合シーンもしっかり迫力あるもので見れます。ゆうこう、技ありといった単語も覚えれましたし、リアルの柔道をテレビ見てみよかなって思わせてくれたくらいに凄かったです。さやかお嬢様、伊藤富士子、海外のジョディやテレシコアといった強豪キャラもスポ根ならではな雰囲気ですごくかっこよかったです。
テレビスペシャルのずっと君のことが…のラストも、感動の納得の締め方で最高でした。
124話ありますが、穴はこれと言って見当たらないです、総集編やじいちゃんの過去話とかはありましたが、気にはしなかったです。
猪熊柔という女の子の高校生~社会人まで、一作品のドラマを見終えた感じで素晴らしかったです、ちはやふるに次ぐスポ根&恋愛絡ませのアニメの最高峰的作品です、オススメです。

投稿 : 2018/03/27
閲覧 : 96
サンキュー:

2

あにすきー

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

かわいい

リアルタイムで観てたアニメを何十年ぶりに観たけど、今も生けるかなと思える長編もの。
柔の服装が毎回ちがい当時に流行りを着せてたのが面白いし
また、時折出る下着姿がかわいい。
永井さんの声がはまっている気がする。

投稿 : 2018/02/11
閲覧 : 248
サンキュー:

5

ヨシノ

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

柔道やってみたくなるかも

小さい頃に見てその後またCSとかで観たアニメ。

一時期柔道ブームを引き起こしていたような気がします。

スポ根×恋愛アニメの中でも代表的な作品ですね。

自分の中ではその系統の中では1番だと好きな作品です。


このアニメの影響で柔道に目覚めてしまった。
その後slam dunkによってバスケに夢中になるまでだけど…。

投稿 : 2017/10/24
閲覧 : 67
サンキュー:

2

青雲スカイ

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

柔道アニメとして有名な作品

柔道が主題となった作品として現在でも名前を残すぐらいに有名で、
何といっても主人公である猪熊柔が魅力的だし、
それにライバルとなるさやかとの勝負は盛り上がって、
またストーリー的にも柔道だけでなく松田との恋愛模様も描いた
トレンディドラマ的な要素も入っていて、
そして柔役を演じてた皆口さんの声は最高に似合ってました。

投稿 : 2017/10/07
閲覧 : 167
サンキュー:

1

しーん

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイトルなし

2017
全124話
主人公最強もの

投稿 : 2017/06/08
閲覧 : 66
サンキュー:

0

剣道部

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

時代の流れの中で生まれた、名作柔道漫画が原作

今や日本の漫画家の中でもトップレベルの実力と知名度、原稿料w を誇る、浦沢直樹さんの出世作。

それまでの柔道のイメージといえば、「柔道一直線」や「姿三四郎」から培われた、「無骨」で「熱血」、「男くさい」ものがメインだったと思います。柔道をやっている女子選手にしても、(実際には違っても)やはり「男勝り」だったり「ガタイの良い」娘が多いという印象だったと思います。

しかし、本作の主人公「猪熊柔(やわら)」は、小柄で可愛らしく、でも強く、でも「普通の女の子になりたい」という夢をもつキャラ設定です。

これは多分、当時としては目新しい設定だったのでしょう。

そこに+して、当時、流行ど真ん中だったトレンディドラマの要素で「柔道」「恋愛」の二本柱を確立させ、更に、「エースをねらえ!」のようなお嬢様キャラのライバルキャラなども登場し、少しのお色気要素や笑いの要素まで詰めこんだ、欲張りな作品です。そもそも、「小さい者が大きいものを倒す」「柔よく剛を制する」のは、日本人永遠の大好物ですし。

今になってよくよく考えると、「ヒットすべくしてヒットした」作品だったのですね。

ちなみに、本筋の柔道ですが、「疾風ナントカ投げ~!」的な必殺技は存在せず、極めて真面目に描いている印象です。そんなところも、スポ根好きとしては好評価です♪

時代の流れを読み、古き良き伝統と、(当時の)最先端を上手く融合させた、原作者に拍手♪

投稿 : 2017/04/22
閲覧 : 101
サンキュー:

20

ジパミィナ

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

柔の道は。 69点

柔道アニメでは一番有名な作品かと思います。

実際には48kg以下級の選手が、無差別級に出場して勝つことは、素人相手の場合を除きほぼ難しいと思いますが、そういった部分を感じさせ無い稀有な作品だと思います。
展開も次が気になるように組み立てているので、長期放映を活かしていると思います。
主人公がライバルに対して無双できるくらいの強さがあるので、ライバルの打倒「柔」に対する意気込みがとても感じられる作品だと思います。

安定した作品の一つです。

投稿 : 2017/03/11
閲覧 : 72
サンキュー:

1

megyumegyo

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

毎日楽しみでした!

千葉テレビで月~金で再放送やっていて見るのは2度目だけど毎日楽しみに見てました。

ストーリーが凝っているとか絵が綺麗とか もう、そう言うんじゃなくて理屈なしで面白かったです。

あと柔ちゃんの声が良かった。鼻にかかる声が私は好みのようです。クリィミーマミも好きだし。

出てくるキャラも一人一人個性的で魅力的でした。

この作者の書く絵はいつもそうだけど、顔が全員型にはまってないので現実っぽく描かれるのが好きです。

最後の終わり方も良かったです。

この続きがスペシャルであるので これから見たいと思います。まぁ以前見たのだけれど この流れで もう一回みたい!

楽しい時間をありがとう。そんな風に思わせてくれる作品です( ´∀`)

投稿 : 2016/07/11
閲覧 : 100
サンキュー:

1

ネタバレ

yMlmw84708

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

女子柔道

女子柔道物語。

ヤワラちゃんは可愛くて柔道がめちゃ強。
おじいちゃんが柔道家で違う選択肢が無かったみたいです。
柔道大会ではアンドゥトロワの大外刈りの人が大活躍。
ヤワラちゃんは最初から強かったけど大外刈りの人は頑張って強くなった感がある。
見た目はのっぽで地味な顔だけど成長物語としてはこっちが主役みたいなもんかもです。

OP,ED曲共に素晴らしい。
永井真理子だと思ってた歌が別の人の歌だった。

投稿 : 2015/11/25
閲覧 : 114
サンキュー:

1

ネタバレ

文葉

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

当時柔道ブームの火付け役になった原作マンガのアニメYAWARA!

ビッグコミックスピリッツにて連載されていた
1989年から1992年のアニメ 全124話

アニマックスで今年1月から再放送され
月ー金の平日に1話ずつ観てやっと7月に全部見終わりました。

ラスボス感たっぷりの本当は普通の女の子になりたい才能あふれる
柔道家のヒロイン柔の苦悩と青春&スポコン、ラブコメたっぷりで
ラブコメにしては恋愛の進展が遅くてじれったいけど、
先の読めない展開と熱い柔道の試合が観ていて楽しいです。
スラムダンクやカレイドスター等熱いアニメが好きな方はハマるかもしれません。
曲や絵やキャラの服装がバブリーで多少時代を感じますが、
今観てもさほど気にならないというか逆に新しく感じます。

ここから感想&超絶ネタバレ↓
猪熊柔について{netabare}
幼い時から祖父の猪熊滋悟郎の英才教育を受けた柔道の天才少女
猪熊柔は柔道に関して消極的だった。
「普通の女の子は男の人を投げ飛ばしたりしない。
普通に恋をしたり、オシャレを楽しんだり普通の女の子になりたい」
と、思いながらも毎日欠かさず稽古を受け練習をしていた。

1話開始ぐらいの高校時代はアイドル志望の錦森君に恋する
ミーハーだったり、周りの友達にも柔道をしていることを隠していた。
高校卒業後にこの時期の柔の友達が後に登場しないことから
きっと彼女は心を許せる友人や人物はいなかったんだろう。
後に富士子やジョディロックウェルと親友になり
柔道の世界へ前向きに飛び込んでいくようにもなる。

実際、普通の「女の子になりたい」という理由は
恋やおしゃれとかの他に5歳の時に父親と稽古していた際に
巴投げで一本とったことにより「天才には、勝ち目がない」と
父親が修行の旅に出たまま帰ってこなくなる。

それにより、母親はその父親を探しに旅に出てしまい
そばにいて唯一頼れるのが祖父だけだったと思う。
柔道のせいで家族がバラバラになったというトラウマと
祖父に柔道だけ仕込まれたせいか世間知らずなところがある。

猪熊柔自身、小柄で華奢な体。ごく平凡な見た目だけど
重量級の相手であっても軽々投げ飛ばしてしまうほどの実力と
必殺技の一本背負いと立ち技寝技、何でもOKなオールマイティーで
数々の選手を魅了し頂点へ上り詰めるラスボス感ある柔道家だけど、
唯一欠点があるとしたら、すぐブレるマインドとメンタルの弱さ、
多少依存的なところがあり、未熟でもある、
そして精神論や綺麗事で動いている節もある。
悪く言えば、典型的なイイ子ちゃん。
だけど・・!その部分が逆に人間らしいというか・・味がある。

OP・EDが普段柔道着姿の多く女の子らしい服装が少ない柔を
監督のときたひろこさんが、
「せめてOP・EDの中だけでも色々な服を着せてあげたかった」
という意向のおかげで柔の色んな服装や姿が垣間見えるので要チェックです!{/netabare}

三角関係の行方{netabare}
柔は恋愛に憧れはいるけど、非常に鈍感だった。
彼女の才能ある爽やかな柔道の技や人柄に惹かれて
数々の人が恋に落ちるけど、それに気づかない。
(新聞記者の松田とさやかのコーチの風祭、高校の同級生花園など)

高校の同級生の花園薫{netabare}
富士子に出会いほぼ一目惚れ同士で花園の柔への気持ちは憧れへと変わり
富士子と二人で柔を応援し続けるのがすごくイイ。
特に富士子の柔への真っ直ぐな気持ちと友情、
バレリーナを目指していた甲斐がある体の俊敏性、
柔軟性の柔道の才能と試合に目が潤んだ。 {/netabare}

さやかのコーチの風祭進之介{netabare}
初登場時は恋愛経験ほぼ無い柔がキザな大人の魅力に惹かれて好意を抱いていたが、
さやかとの婚約発表を堺に後に松田への気持ちが強くなり
クリスマスイブエピソードで決定的になった。
実際風祭は軟派な男でひどいあがり症で頼りない
(↑このエピソードで彼の株は上がったw)
彼女に好かれようと道を外れても松田や滋悟郎と違って忠告や口うるさいことも言わない。
イケメンでお洒落な実家もお金持ち、しかも女好きの風祭は
内面の良さで真心のある松田に最初から負けている気がする。

結局柔への想いが募ってもさやかとの結婚で手に入る地位や名誉を
捨てることができなかった優柔不断が目立った時点で松田の勝利が見えていた。{/netabare}

熱血新聞記者の松田耕作{netabare}
ひったくり犯を巴投げする柔を見て
スポーツの才能がなく中途半端だった松田は憧れると同時に一目惚れして彼女を常に見守り良き理解者となる。
柔道で世界に羽ばたく彼女に対し、
三流新聞の記者でしかない自身との間に差を感じ中々柔に告白できず、
周りからイイところで邪魔が入るせいか、
(柔が鈍感なせいもある)恋愛の進展がとても遅かった。
124話のラストでも邪魔が入ったけど
後のスペシャル回でお互い気持ちに素直になり、
松田が本気の告白を見せてくれた。{/netabare}

オススメ&好きなエピソード{netabare}
31話「受験日のプレゼント」
三つ葉女子短大受験の時に手を痛めた柔を応援して
ハンカチでペンを固定するシーン
ここで松田ルートのフラグが立った。

53話「松田の独占インタビュー」
死闘後に松田が告白したら、柔は疲れがでて松田の肩にもたれて
(結局きいてないw)眠るシーン
夕焼けの中、二人っきりでベンチに座ってるのがロマンティック。

87話「爆走!パッパラーおじさん」89話「不敗神話!」
柔の松田への気持ちがハッキリした回
今までに無い緊張と絶不調は松田がいないことが原因だと分かり
松田が到着した瞬間に一本決めちゃうのが印象的!
勝った後お互い見つめ合うシーンがじれったい!

98話「ファーストキス!」
風祭が柔のファーストキスを奪うって・・作者病んでたのか・・(;゚Д゚)!
実際作者はラブコメ系のこの作品を書くのがだんだん辛くなったらしいし
続編は・・観たいけど、きっと・・書かせない方がいいと思う。
作者の・・発言的に(震え声)

107話「…泊まっていこうかな」
一番胸がキュンとしてドキドキした回・・ッ!!
高校までの柔なら松田が抱きついたら投げたはずだけど
お互い照れてるのが・・可愛い(笑)
胸にダイブ→床ドンの流れで下に落ちたリンゴと
視聴者の声を代弁してくれたお隣のおばあさんnice!!

ライバルの本阿弥さやかについて
初登場から高飛車で感じ悪いお嬢様だなーっ
と思ってたけど、スポーツ界を総ナメし、
並外れた運動能力で柔とは対照的に柔道に関して積極的だった。
邦子同様、柔の邪魔したりかなり嫌いなキャラではあったけど、
柔の父親猪熊虎次郎氏がコーチに入り
派手な柔道(一本背負いから立ち技)↓
地味な柔道(寝技)にシフトし、柔に戦いを挑む姿が勇ましい

特に最終回辺りの修行を積んださやかの2回戦目の戦いに
恐ろしい執念と努力が滲みでてた。
最終回で柔に負け、「試合、楽しかった」と差し歯を渡され
プライド高い故に相当屈辱を味わい、風祭に
「柔に強い選手と認められた証拠だ」的なことを言われて
思わず涙を流した姿

・・美しかった。

風祭も普段弱い姿を見せない彼女が泣く姿に
心臓の鼓動が早くなるのを感じ初めてさやかに恋をしたことに気づく。
このシーンのおかげで私の中のさやかへの好感度が上がった↑↑ {/netabare}

見終わるまでにわりと長い時間がかかって愛着が湧いたのと、
熱い展開に心動かされたので即お気に入りの棚行決定です(笑)
私の中で大好きな作品になりました。

投稿 : 2015/07/07
閲覧 : 505
サンキュー:

44

ネタバレ

DOLLmimoza

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

猪熊柔=皆口裕子さんの声 萌え

浦沢直樹氏(初版全29巻)の漫画を原作とした1989年-1992年放送の
アニメである。
全124話。柔道の英才教育を3才から稽古を祖父・滋悟郎から受けていた
天才柔道少女:猪熊柔の葛藤しながらも柔道と恋愛に頑張る姿を
描いた話である。


当時行われていたバルセロナオリンピックの時期に合わせての
放送だったようで【バルセロナオリンピックまであと○○日】と
猪熊滋悟郎のアイキャッチが入っていた。現在市販されている
DVD&ブルーレイには収録されていない。
もはやバルセロナオリンピックは遠い過去なので、
必要ないと判断されたのだろう。

なおアニメでは総集編54.55話、滋悟郎の番外編19.37.90話の計5本で
時間稼ぎをしていたにも関わらず、原作に追いついてしまったようである。
最終回である124話では原作25巻のP39までと、アニオリである
バルセロナオリンピックに飛行機で出発~試合に向かう柔をつなげエンド。
中途半端なところで無理やり終わりとなってしまっている。
当時を知らないのであくまでも仮説だが、制作費や諸事情で
打ち切りになったのではないかと思う。

のちにアニメ化されなかった部分の原作25~29巻を大幅改ざん、
バルセロナオリンピックは過去のものとなってしまったため、
当時のリアルタイム的であるアトランタオリンピックに変更し、
25巻は7割くらいカット、細かなエピソードや柔vsテレシコワ戦はカット。
原作で邦子がバルセロナで誘拐され、松田が助けに行く話→
アトランタで邦子が車を奪って事故を起こし水没。
それを松田が助ける内容に変更。
92分では5冊分の原作をうまく収めるには、かなり端折らなければ
ならなかったのは、残念である。
原作で好評だった松田と柔の恋愛のクライマックスも
おおよそではあるが、ほぼ再現され、「Special ずっと君のことが…。」
で1996年アニメ化し、TV放送された。


●本編1-124話全体のまとめ感想。

当時、「ミラクルガール」がOP曲だったのは知っていたが、ほとんど
見ていなかった。原作はビッグコミックスピリッツで最終話のみ
偶然読んだだけ。2015年1月、BSアニマックスで放送されたのはちょうど
よい機会だったのかもしれない。1話から見始めてやはりハマッたのである。

「ねるとん紅鯨団」というとんねるずの昔の番組で
ナレーションをしていたのが、皆口裕子さんだった。
とっても可愛らしい声で人気があった声優さんだ。
この人が猪熊柔役をしていたのは元々知っていたのだが
萌えるために今年になって今頃全話視聴したというわけだ。

主に原作に沿ったキャラクターデザインは原作にとても近い絵だと思う。
浦沢先生のYAWARA!時代の絵柄はどちらかというと江口寿史風に感じる。
ストーリーは私が見た限り、約6割ほど原作に沿ってはいるが、
それ以外はアニメオリジナルで尺を埋め、内容を膨らませている。
改変にあたっては良かったシーンも若干あるが、大体が改悪で
特に松田耕作のエピソードで柔からの評価を落とすような
余計なアニオリが目立っていた。

原作自体、柔は滋悟郎爺さんからの英才教育を小さい時から受けており、
柔道が元々とても強い設定である。柔本人としては柔道なんかやめて
もっと青春を謳歌したいと考えている。最初、柔道を題材にしてるから
スポ根アニメと思ったが、実際そうではなく、何回も猪熊柔は柔道やめたい、
やっぱりやろう、やめる、復活を繰り返している。ジョディのケガが原因で
もうやめると言ったことも、自分の父とのことでやめてしまった
こともあった。
柔道は天才的で不敗なのに、メンタル面は強くない。
(それで一度だけ試合放棄で不戦敗があった。
113話「不敗神話が終わる時」)

ちなみに練習風景等は描かれているが、猛特訓して必殺技wwを編み出すとか
そういうシーンはない。あくまでも柔道は天才的でメンタル(松田絡み)で
試合の決着が早い遅いの違いがあるぐらい。柔道と恋をうまく絡ませたストーリーなのだ。
この辺が実にバランス良い。柔道を通じて仲間たちとのふれあい、
ライバルたちとの戦い。柔との試合で「楽しかった」と思わせてくれ
充実感を得てお互い感謝したり。本阿弥さやか、ジョディ、テレシコワ、
マルソーたちなど試合などでの出会い、駆け引きも面白かった。
元バレリーナの親友富士子さんもいい人で魅力あるキャラだったな。
滋悟郎爺さんと父・虎滋郎はやはり似たもの親子で、柔道の達人で
ありながらもやたらと食い物に目がないw

猪熊柔を見つけ出した日刊エブリーの記者:松田耕作
(松田優作が由来では?)が取材で猪熊柔と接し、記事を書いていく過程で
恋愛のフラグが立ったり消えたりする。
まあ風祭というイケメンで女ったらしのライバルも登場するし、
松田耕作を好きになる同僚・邦子も出てくるので、
なおさら誤解や勘違いでまとまるものもまとまらずである。
風祭や邦子が登場すると恋愛の妨害おじゃまキャラなので、
見ている方はイライラする事は確かだ。
途中までは、嫉妬や失望で柔も風祭に行ったり、松田に行ったり
フラフラしてなかなか進展せず、かなり焦れたものだ。

ひとつ不満が。98話「ファーストキス」で風祭が柔にキスしてしまう
シーンが。松田が最初の相手であって欲しかったのに。原作通りなので
作者はどういうつもりだったのか…。

●好きな話
31話「受験日のプレゼント」
柔が三つ葉女子短大を受験した時。前日の試合で手を痛めた柔。
滋悟郎爺さんは短大に行かせたくないから効かない薬をわざと塗ってやり、
試験中は手が痛くて捗らなかった。松田は柔に「手を出せ」と言って
ハンカチで縛ってやり、なんとか文字が書けるようにしてやる。
後日そのおかげで柔は合格できた。

89話「不敗神話」
ベオグラードの会場入りした松田は、柔のそばに行くが会場内の声援で
こちらの声が聞こえない。だがタクシー運転手のバカでかい声に
柔は気が付きその隣に松田が来ていることを知る。
それまで松田がいないせいで絶不調だったが、
その瞬間、柔は背負い投げを決める。
松田は乗せてきてくれたおじさんが、君のファンなんだと外に連れ出すと
柔は松田が来てくれたことで松田の前で感極まって泣いてしまう。

117話「最高のプレゼント」
クリスマス・イブの日、松田は喫茶店で待っていると店のマッチを
渡しておいたが、邦子のことと松田が日刊エブリーをやめてしまうと
いうことで、柔は行かないつもりでいた。
風祭の方へ出掛けるつもりだったが、松田の書いた記事の
スクラップブックが気になり読み続けた。

記事から声援が聞こえた。
松田さんは私の事をずっと見ていてくれた…。
柔は風祭の方を断って、松田の待つ喫茶店へ行く。

もう喫茶店は閉店しており諦めてバスに乗ると、
柔を見つけた松田がバスを追いかけてきた。

窓を開け「松田さん記者やめないでください!」
「やめるわけないだろ!」
「あたし柔道やりますから!!」
松田はプレゼントの紙袋を柔に投げ渡す。

そしてやはりダントツ好きなのが
●「Specialずっと君のことが…。」-ラスト近く-

アトランタオリンピック優勝金メダルの柔。お互い好きなのに
松田はアメリカに仕事で行く事になり、アパートを引き払う。
柔は富士子の後押しもあって、松田のアパートを訪ねるがもぬけの空。
国民栄誉賞授与式の時、身を引いた邦子が「耕作はアメリカに
行っちゃうのよ当分帰ってこないんだから!」
「松田さんが行っちゃう…」

鴨田の運転で成田空港に向かっていた松田は途中で柔を思い出す…。
「戻ってくれないか。」
首相官邸に向かい柔の前に出るが、取り押さえられそうになる。
松田と柔で手をつないで鴨田の車まで走っていっしょに来てしまう。
成田まで見送り。
「柔さーん、俺絶対取材行くからさぁ4年後またオリンピック行くよな?」
「はい!」
「絶対だぞ!」
「絶対に!」

「松田さん…」…涙 泣いている柔。

タッタッタッタッタッ…
-エスカレーター逆走の音-

「俺…」

「俺…君が好きだ!」
「あたしも!…ずっと好きだった!」

空港で抱き合うふたり。

BGM Today is anotherday ZARD
---------------------------------------------------
このラストは泣けた…。名作です。

柔道だけ取り上げたアニメだったら私はこの作品を見なかった。
恋愛が絡んでいたから人気も出たし、今でも語り継がれている
作品だと思う。
しかし原作の最終回が完全ではないが、アニメで見る事ができたから
まだ恩の字であろう。

投稿 : 2015/05/22
閲覧 : 245
サンキュー:

3

ichinana

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

猪熊柔なんて名前・・・大好きです!!

YaWaRaちゃん。。。谷亮子じゃないですよ。猪熊柔ですよ!!
原作は漫画界を代表する巨匠浦沢直樹。彼のスポーツ恋愛漫画第1弾です。

20年以上前の作品で、バルセロナオリンピックの時代です。
日本バブル景気全盛の時代です。

本作は熱血スポーツ漫画と恋愛漫画を見事に融合させた傑作です。原作がビックコミック(青年漫画)ということもあり、過激な描写は少ないですが、大人たちの嫌な感じの思惑と、主人公柔と彼女を追いかける耕作の純情がうまい具合にせめぎ合っています。ストーリーは柔の高校から大学、そして社会人とかなり長いですが、柔の立場に応じて変わる周囲のいやらしさと変わらない耕作が本作を盛り上げてくれます。

テレビアニメは全124話と今では考えられない話数です。でも原作の最後まで描ききっていません。単行本は全29巻ですので、アニメも非常に丁寧に描かれています。
特に旧ユーゴスラビアでの世界選手権のストーリーは最高です。作中で流れるEDとも相まって、柔の心境の変化を見事に描いています。

OP,EDも名曲ぞろいです。"Miracle girl"は有名ですが、今井美樹の"雨にキッスの花束を"や辛島美登里の"笑顔を探して"は、The昭和な感じで大好きです。

文庫版YAWARAもいいですよ。特に表紙がリアルで。。。

投稿 : 2015/03/26
閲覧 : 182
サンキュー:

2

MryvE15360

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトルなし

面白かったです。
たしか…実在の柔道選手がモチーフでマスターキートンの作者作品だった気がします。
柔道ばかりではなく、人間模様も楽しめる作品でした。

投稿 : 2015/01/26
閲覧 : 115
サンキュー:

0

ネタバレ

37111

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ミラクルガール

柔道をやりたくない、やっていることを隠したい、強いことを隠したい。
という状況の頃が面白かった。

後半のスポ根風味になってからは普通の柔道アニメ。おびぎゅでもいいんじゃね?って感じ。

強いのにそれをマイナス面と考えている本人と周りの逆の評価がこのアニメの面白さだったと思う。

投稿 : 2014/11/12
閲覧 : 129
サンキュー:

1

tak-A

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

スポ根アニメ、ギャグ有で面白かった。

スポ根アニメだが、巨人の星のように純スポ根ではない。ギャグ要素が多く、キャラの設定も面白くて楽しめた。柔道知らなくても楽しめる。たまにパンチラなどのエッチ要素も有り。

投稿 : 2014/05/22
閲覧 : 176
サンキュー:

0

kuroko85

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

成人誌マンガのアニメ化を意識した。

なんとなくリアルタイムで見ていました。
個人的に「美味しんぼ」とセットだった印象です。
(もちろん、個人の視聴スタンスです。
考えてみれば、それまで少年誌のアニメ化は当然でしたが、
上記2作で成人誌のアニメ化を強く感じました。)

爽やかなスポ根、いや違いますね。
主人公は天才なんで、あまり
根性ないですからね。
ただ、割と美人揃いの登場人物の中で
ロシア人の角刈りが異彩を放っていたのは覚えている。
スポーツの姿を借りた恋愛物、家族物アニメですね。

投稿 : 2014/05/22
閲覧 : 174
サンキュー:

5

すとーりーてらー

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

いつもそこに君がいた

ふとした瞬間に自分が誰かに支えられていたことに気づく。そして、思い返してみて確信する。その「誰か」はいつもそばで見守ってくれていたのだと・・・いつの間にか自分にとってかけがえのない存在になっていたのだと・・・

「いつもそこに君がいた」

これはEDのタイトルである。そして、この作品を一番端的に表すフレーズでもある。

この作品は、天才柔道少女である柔(ヤワラ)が、柔道を通じて手に入れた素晴らしい出会いの数々を描いた物語である。見始めた頃は「これは主人公の魅力を前面に押し出したスポーツアニメである」と思った。柔は間違いなく魅力的なヒロインであり、とてつもない可能性を秘めた柔道家であるからだ。私は、可憐でいてしかも芯の強さのあるこのヒロインの存在だけでも本作を見る価値があると思った。しかも声優はあの皆口裕子。完璧なはまり役である。

しかしながら、100話を超えるこの長編アニメも後半に差し掛かると、このアニメの本質が別のところにあることに気づいた。その本質とは、この作品が「人と人との出会いの奥深さ」を描いているということだ。

本作は「何気ない出会い」がいかに大切なものであるか教えてくれる。この物語はそうした出会いの連続である。猪熊柔と松田耕作の出会いもそうだ。このアニメは、ひったくり犯を巴投げする柔の姿を新聞記者の松田が偶然目撃するシーンから始まる。この偶然の出会いがお互いに何をもたらしたのか是非とも見てほしい。そして、作中における冒頭のフレーズの意味に思いを致してほしいと思う。松田の一途な想いに感動するに違いない。

投稿 : 2014/03/08
閲覧 : 191
サンキュー:

6

ネタバレ

もじゃくん

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

子供の頃とやっぱり違うんだね

自分が観ていた頃は小学生だったんだけど、それなりに面白かった記憶があったんだが、結構な大人になって改めてちゃんと観るとかなり優秀な作品だと思う。先日おじいちゃんの声優さんがお亡くなりになったけど、自分は波平よりもジゴロウさんの方がはまり役だと思っている。それぞれの個性的なキャラに声優陣がばっちり合っていてすごい引き込まれるし、次々と観てしまいたくなるような物語の構成が素晴らしい。時代の流れで忘れてしまった当時の時代感覚を思い出させてくれる点も良かったかな。

投稿 : 2014/03/01
閲覧 : 148
サンキュー:

2

Takaさん

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

柔道ブームを巻き起こしたアニメ

全巻所有
リアルタイム視聴

柔道がメッチャ強いけど柔道をやりたくない猪熊 柔と、
偶然ひったくりを一本背負いした無名の柔道少女を追いかける
3流スポーツ新聞の記者、松田 耕作とのスポ根・恋愛もの。

でも、YAWARA!といえば、爺さんなのにチート無双で、
語尾に「ぢゃ」が付く祖父の猪熊 滋悟郎を見ている方が、
アニメでは楽しいかも。

OP/EDも名曲が多く、センスもいい。
OPは永井真理子のミラクル・ガールをすぐに連想してしまう。

投稿 : 2014/01/19
閲覧 : 131
サンキュー:

1

ネタバレ

Britannia

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

おもしろい

全124話

ライバルのさやかが熱い

投稿 : 2013/08/30
閲覧 : 164
サンキュー:

5

カズくん

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

もう一度見たいミラクルガールw

休みに掃除をしていたら、永井真理子のミラクルガールのCDがでてきましたw

久しぶりに聞いてたら思い出してきたYAWARAちゃんw
あの頃、夢中で見てたなあ。
最後のTVSPだと思うが柔と松田の空港のシーンで泣いたなあ!とか思い出した。

思わず、中古で漫画を大人買いw
だって、DVDは糞高いんだもん(>_<)

で、感想は昔の記憶からw思い出補正も含めて、作画はいまいちだと思うが、ストーリーはいいよ~w

また、泣いてしまうかもww、音楽もサイコーww

投稿 : 2013/07/31
閲覧 : 171
サンキュー:

3

ネタバレ

nk225

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

放送期間 :1989年10月~1992年09月

投稿 : 2013/05/25
閲覧 : 177
サンキュー:

2

ネタバレ

oyasusu

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

YAWARA最高!!!

全124話と少し長いですが、一貫して楽しめました。
熱い気持ち、純粋な気持ちを思い出せました。
ぜひ、おすすめ。

投稿 : 2013/02/20
閲覧 : 143
サンキュー:

1

ネタバレ

健康診断マニア

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

浦沢直樹の最高傑作

キートンやアーミーも好きだけどアンチスポ魂なのがいい
永井真理子さんが歌ってるOPもいい感じで好きです。

投稿 : 2012/12/24
閲覧 : 145
サンキュー:

1

アニオタ王になる

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

まさに柔よく剛を制す

主人公の猪熊柔がかわいい!
それに尽きるのですが、いざ柔道をすると強いのなんの!
こんな華奢な女の子が巨漢の男や外国の体格のいい女子選手相手に一本背負いを繰り出す姿に感動間違いなし。

当時はバルセロナオリンピックの前に放送していて、番組の最後に「バルセロナまであと○日!」というテロップが流れていたのが印象的です。

投稿 : 2012/10/20
閲覧 : 202
サンキュー:

1

葱塩ホルモン

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

おもしろい

柔道の才能があっても諸事情の理由で嫌いになり遠ざけようとする主人公とは裏腹に柔道のシンデレラストーリーが始まる。
恋あり、スポコンあり、青春もあり、友情と盛りだくさんな内容。
内容的には現実で起こせる範囲の話なので、派手さは無く割りと地味で、おじいちゃんの個性で支えられているアニメと言っても過言ではないです。

投稿 : 2012/10/20
閲覧 : 149
サンキュー:

1

次の30件を表示

YAWARA!のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
YAWARA!のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

YAWARA!のストーリー・あらすじ

『20世紀少年』などで知られる漫画家・浦沢直樹の人気柔道コミックをアニメ化。浦沢作品初のアニメ化であると同時に、製作のマッドハウスが約10年ぶりに手がけたTVシリーズでもある。武蔵山高校2年生・猪熊柔は、幼少時から祖父・滋悟郎の英才教育を受けてきた天才柔道少女。スポーツ記者・松田が数少ない理解者だが、彼女自身は普通の女の子でありたいと願っている。そんな柔の気持ちと裏腹に、彼女は柔道のスターへの道を歩んでゆく。(TVアニメ動画『YAWARA!』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
1989年秋アニメ
制作会社
マッドハウス
公式サイト
www.madhouse.co.jp/works/1990-1989/works_tv_yawara.html
主題歌
《OP》永井真理子『ミラクル・ガール』、今井美樹『雨にキッスの花束を』、原由子『負けるな女の子!』、永井真理子『YOU AND I』《ED》姫乃樹リカ『スタンド・バイ・ミー』、辛島美登里『笑顔を探して』原由子『少女時代』、LAZY LOU's BOOGIE『いつもそこに君がいた』

声優・キャラクター

皆口裕子、永井一郎、関俊彦、神谷明、川島千代子、鷹森淑乃

スタッフ

原作:浦沢直樹
監督:ときたひろこ、シリーズ構成:井上敏樹、キャラクターデザイン:兼森義則、美術監督:池田祐二、音響監督:浦上靖夫、音楽:森英治/AXISS、撮影監督:石川欣一/福田岳志

このアニメの類似作品

この頃(1989年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ