「劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ(アニメ映画)」

総合得点
86.5
感想・評価
2374
棚に入れた
12032
ランキング
133
★★★★★ 4.1 (2374)
物語
4.0
作画
4.0
声優
4.2
音楽
4.0
キャラ
4.2
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む
ネタバレ

kurosuke40

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

マッドサイエンティスト

タイムリープの副作用で、岡部が世界から消失してしまう話。
紅莉栖が観測者として、その消失を把握しているが、
紅莉栖としては過去改変を躊躇してしまう。


無印でも印象に残っているが、紅莉栖が鳳凰院凶真の真似をするのが印象的で、
まゆりのために生まれた凶真がマッドサイエンティストの象徴なのでしょうね。

科学者に倫理が強く問われた契機の1つが原発で、
作った人たちは、とんでもないものを作ってしまったものだと個々に苦悩したわけで、
タイムマシンもそのインパクトは劣るに劣らない。
紅莉栖は科学者倫理として、私利私欲ではその成果は利用しない。
紅莉栖は紅莉栖としては、その壁を越えれない。
だから凶真の仮面を被る。
鳳凰院凶真というマッドサイエンティストとは他者のために科学者倫理を破る仮面なのだ。

バカめ、今頃気づいたか。
うるさい。

投稿 : 2019/07/23
閲覧 : 37
サンキュー:

0

ネタバレ

岬ヶ丘

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ギミックよりも感情重視

 気になったのは時間。できれば120分の尺でもう少しじっくりと描いてほしかったかな。この作品に何を求めるかで評価も変わってくるのかなと思う。

 本作では紅莉栖にメインのお話なので、紅莉栖好きにはたまらない作品だろう。紅莉栖が岡部の代わりにタイムリープし、観測者の立場になるという展開。テレビシリーズでもいつも岡部の傍で協力し続けた彼女の献身ぶりには好感をもっていたが、この映画で彼女の心境を改めて掘り下げたという感じ。
 本作はテレビ版のような緻密なギミックを紐解くというよりは、比較的キャラクターの心理描写に訴えかける作品になっている。理性と感情の狭間で葛藤する彼女の姿を描くことはできていると思う。

 ラストのファーストキスのシーンによって、岡部とまゆりの過去の話の印象ががらりと変わる。テレビ版でそこを描く余裕や構成に限界があったので、改めて劇場版で描いたのか。それとも他のレビューにあるように単なる後付けなのか。そのあたりが評価の分かれ目になるように感じた。

視聴日 18/11/13

投稿 : 2018/12/18
閲覧 : 97
サンキュー:

6

ネタバレ

名前に無頓着

★★★★☆ 3.7
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

酔っているクリスが伏線じゃないだと?

無印の本編をみて、それぞれのキャラクターに思い入れのある人ならば感動できる部分はあると思います。

その反面、酷評されている方の気持ちもよくわかり、わたしはむしろ酷評派。でもこの評価方法だと悪くならないですね(笑)

無印本編とちがって伏線回収なし。でもまあこれは90分なのでしかたないかなとも。
でもホームで初対面の女の人が長々とマッドサイエンティストの話してそれ聞き続けるかな...そのあとのキスがまゆりを救おうという気持ちにさせるのかな...インパクトはあるけど、ちょっとこのあたりの行動や心理が理解不能でした。あんな状況で顔近づけられたら普通は逃げますよね。
完全な駄作までは言わないですが非常にもったいない作品のように感じました。

投稿 : 2018/11/22
閲覧 : 109
サンキュー:

5

デミウルゴス

★★★★★ 4.7
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

牧瀬紅莉栖を主軸にした物語

時系列順にまず並べると以下の通りです。
STEINS;GATE→横行跋扈のポリオマニア→劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ
今作は岡部倫太郎ではなく、牧瀬紅莉栖に焦点を当てて描いた作品

幾度とタイムリープを繰り返し、その後遺症で同じ世界線に留まれなくなってしまった岡部倫太郎を救おうと牧瀬紅莉栖が奮闘する話です。


観て感じたのが、あれだけ頑張ってラボメンを必至で助けた岡部を誰も覚えていない。
記憶の観点から言えば、前から覚えていませんが
存在そのものが記憶から消えてしまうというストーリーに何とも言えない焦燥感というか虚無感といったものを感じました。
キッチリ完結した無印から、ストーリーを更に発展させることができることに、このデミウルゴス素直に脱帽しました。
ゼロは人を選ぶと思いますが
こちらは無印が好きであれば、オススメできる作品ですねぇ~


余談ですが、私ももしアインズ様の存在を忘れてしまったら?と考えると恐ろしく堪りませんね。

投稿 : 2018/11/17
閲覧 : 189
サンキュー:

7

ネタバレ

サック!

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

微妙にすっきりしない

岡部が消えるのはちょっと観たく無かったけど続編だから頑張った

90分しか時間が無いのでかなりの超特急感。
出来ればもう30分付け足して細かい心象を見たかった。

牧瀬紅莉栖の鳳凰院凶真verは面白かった

最後はもっとはっきりシュタゲ世界線に入ったと事にして欲しかったし、ちゃんと2人が幸せになりました感が欲しかった。この辺が微妙に消化不良。

投稿 : 2018/10/22
閲覧 : 91
サンキュー:

2

ASKA

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

今回はクリスティーナこと牧瀬紅莉栖が活躍。

ゲーム原作の科学アドベンチャーシリーズのアニメ「STEINS;GATE」の劇場版。お話はTVシリーズの後日談。
シュタインズゲートに辿り着いて平和な日常をすごしていた岡部と未来ガジェット研究所の面々。しかしある日不思議な現象が・・・

とこんな感じで始まりますが、今回は紅莉栖が活躍します。
詳しくは言えませんが、ラストは感動すると思います。
あとは実際に確かめてください。

もちろんTVシリーズで出てきたラボメンのやりとりもあります。

投稿 : 2018/09/13
閲覧 : 127
サンキュー:

17

是正

★★★☆☆ 2.2
物語 : 1.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

完全な蛇足で駄作

本編の良さを引き継がずにただ伸ばしたような、この映画自体の良さがさっぱりわからない。正直オススメはしない。

投稿 : 2018/09/02
閲覧 : 125
サンキュー:

1

ネタバレ

ぺぺりん

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

STEINS;GATE見た人なら

STEINS;GATEの続編の劇場版

本作が好きだった方はほぼ観ていると思います。

本作では明かされなかった まゆしぃの昔の人質になるシーン
岡部のファーストキスの話

そしてラストすべて観てよかったと思える作品でした。

ゼロも期待です。

投稿 : 2018/08/29
閲覧 : 60
サンキュー:

4

山本耀司

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

これはいいね

まさに神作品とはこういうものを指すのだ

投稿 : 2018/08/16
閲覧 : 95
サンキュー:

0

ゆーすけ

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

素晴らしいです

アニメや原作での『あの』伏線を覚えていれば
ラストでえげつないくらい鳥肌が経ちます。
ファンならば絶対に見るべき。

投稿 : 2018/08/10
閲覧 : 112
サンキュー:

0

ネタバレ

青いスイセン

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

クリスティーナ視点のシュタゲ的な

シュタゲから続けて劇場版も視聴。

まず始めに、アニメ本編を見てない人はネタバレ・意味不明な展開ばかりだと思うので、絶対にアニメ本編から見てください!


{netabare} 序盤で既にオカリンに脈ありな紅莉栖、酔ってしまってオカリンにデレデレな紅莉栖はエロ可愛い。
オカリンが消えてしまう度に、悲しみながらも必死にどうにかしようとしてる姿には涙が出ました。(あれ、シュタゲってこんな恋愛要素強かったっけ)

もしも、オカリンと紅莉栖の立場が逆になったら、という視点で見てみると色々違いが見れて面白かったです。
もう結婚して幸せになってほしいレベル。

しかし、この話での鈴羽さん、性格がキツイ・・・。 {/netabare}

投稿 : 2018/06/09
閲覧 : 79
サンキュー:

3

くろる

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

初めて見た伏線回収

えげつない伏線回収の仕方だと思いました。あの一言のためだけに存在する映画とさえ思えます。
STEINS;GATEの映画制作に携わった全ての人に感謝を伝えたいです。

投稿 : 2018/06/07
閲覧 : 192
サンキュー:

2

ネタバレ

ジュン

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

シュタインズゲート!!

見終わりましたぁ(о´∀`о)

オカリンがシュタインズゲート線になんとか持っていったあとの1年後の話(*´꒳`*)

こういうのいいょね‼︎その後!みたいなのすきー(^○^)


今回はクリスチャンが主としてタイムリープするお話かなぁ(*´꒳`*)
恋愛好きな私にはもってこいのストーリー展開(๑>◡<๑)

いつもツンデレなクリスちゃんがオカリンのために全力を尽くすのがいぃよねぇ
オカリンが何度も何度も繰り返し、頑張ったタイムリープ。

クリスちゃんも感じたんだろなぁ(*´ω`*)

とにかく、、、この二人のお話は大好きだからよかったょ!
ぜひ見て見てね!!

投稿 : 2018/05/28
閲覧 : 101
サンキュー:

10

おでん

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:----

たった一つの世界線シュタインズゲートのその後の物語

クリスが本編の岡部のように時をこえてまで頑張る話です
映画ではクリスまで「だが男だ」を使うのが個人のツボです 
昔のイケメンオカリンもでてくるのでぜひ本編の後にみてほしいです

投稿 : 2018/05/16
閲覧 : 134
サンキュー:

0

Ka-ZZ(★)

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

いくつもの世界線を越えてきた彼らの物語は、ついに劇場へと収束する…

この物語は、本編トゥルーエンドの"その後"に起こる事件が描かれています。
まゆしーが死なず、紅莉栖が生きているこの世界…
たった一つの答えに辿り着くまで、岡部は幾度となくタイムリープを繰り返してきました。
タイムリープする度に精神的負荷が身体を蝕み、心がボロボロに引き裂かれながらも正解への歩みを止めなかった狂気のマッドサイエンティスト…

未来に起こるであろう最悪を回避し、みんな一同に集える世界線…
岡部が願ってやまなかった幸せな時間が過ぎている…
あの事件から1年後の世界が今回の物語の舞台です。

そんな中、アメリカの研究所から紅莉栖が1年振りに戻ってくるところから物語が始まります。
久々の再開…岡部も紅莉栖も嬉しくない筈がありません。
それなのに顔を見るなり言い合いが始まるんです。
全く…お互い素直じゃないところは相変わらずですね。

そんな中、突如、過去の記憶がフラッシュバックする「変調」が訪れます。
でも、最初は変調だと気付きませんでした。
何故なら、その様な光景は本編でも度々見かけたからです。
だからその変調は、これまでと一緒で暫くすれば元通りになると思っていました。
ですが、事の重大さを知るまでに多くの時間は必要ありませんでした。

次の瞬間、広がっていたのは違和感だらけの世界…
いつもと変わらない日常…ただし、大切なモノがごっそり抜け落ちていることに誰一人気付かず、元から何も無かったことになってしまった世界…
手に入れるために必死に足掻いた結果が代償と烙印を押された世界…
今回そんないびつな世界で一人奮闘するのは、牧瀬紅莉栖です。

元々の存在を無かったことにする…
世界線が移動したのなら可能性がゼロではないのかもしれません。
でも人の記憶って不思議…
ひょんなことから、これまで欠落していた記憶を呼び起こすことだってあるんです。
紅莉栖の場合は、マイフォークでしたけれど…

そんな世界でも強く生きる…
意志を強くもって紅莉栖は日々を過ごしてきました。
でも、川の流れのように流されて今に行き着いた訳ではありません。
固く禁じられていた過去改変まで行って現状を打破しようと懸命に足掻きました。
それでも、事態を収束できないばかりか、過去改変による精神的負荷が半端ないことを身をもって思い知らされるんです。

自分の大切を守りたくて…取り戻したいから過去に行くのに、目の前で起こるのは自分が一番見たくない惨劇の光景…
自分の無力さを思い知らされて…心がポッキリ折れない筈がありません。

それでも一歩踏み出す…
そのきっかけをくれたのは、ラボメンのデジャヴという名の優しさでした。
だって、あれだけずっと一緒だったんです。
元から無かったことになんて絶対できないんです。

紅莉栖は本懐を遂げることができるのか…
気になる方は是非本編でご確認頂ければと思います。

元々嫌いじゃありませんでしたが、この劇場版で紅莉栖に対する株は右肩上がりです。
天才と言われるだけあって、普段はあまり取り乱したりしない彼女…
唯一表情を変えるとすると、彼女の琴線に触れた時に発動するツンデレ成分くらい…
でもこの劇場版ではこれまで見てきたどの作品より人間らしさ…彼女の本気を感じることができます。
そして最後の台詞の「やだ。」はトドメの一撃…
これで彼女に色々持っていかれた気がします。

主題歌は、いとうかなこさんの「あなたの選んだこの時を」
エンディングテーマは、彩音さんの「いつもこの場所で」
どちらもメチャクチャ格好良い楽曲です。
志倉千代丸さんの作る曲は私好み…ということが最近分かってきました。

上映時間89分ですが、時間を感じさせない濃密な内容に作品に仕上がっていると思います。
私にとってゼロの視聴に弾みを付けてくれた作品であると共に、視聴して良かった…と本気で思えた作品でした。

投稿 : 2018/05/04
閲覧 : 125
サンキュー:

23

ZORRRO

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

本編の面白さに追い打ちを…

こっちのレビューも今更ですが、シュタゲゼロアニメ化おめでとうということで。

本編に続いて、劇場版のこっちも面白くて泣ける話ですね~
何回観たか忘れましたが本当に惹き込まれました。

投稿 : 2018/04/25
閲覧 : 81
サンキュー:

2

fuhisan

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

これはいい仕事してますねー

シュタゲの映画をやると聞いて、真っ先に思ったのが「あんなに綺麗に終わったのに何やるんだ・・・」ということでした。
蛇足になるくらいなら、いっそやらないで欲しい。蛇に足はいらん
そう思っていた時期が僕にもありました・・
蛇に足どころか羽まで生えてドラゴンになっちゃった!
ドラゴンになられたらさすがにケチつけようないわー・・
内容に一切触れずに表すとしたらこんな感じですかね。
シュタゲファンは観るべき、それだけは確かです。

関係ないけど映画館で飲むコーラはなぜあんなに美味しいのでしょうか・・

投稿 : 2018/04/12
閲覧 : 150
サンキュー:

6

ネタバレ

ダビデ

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ゼロのために再視聴!本編~23話、24話→25話→本作(劇場版)→改変版23話→ゼロ!!

本編の後日談の映画。
まさかの展開で、面白かったです。
より、クリスが素敵なキャラクターになりました。

{netabare}
ラストの「ヤダ」が、アニメの中で最高の「ヤダ」の使い方!!
{/netabare}

投稿 : 2018/04/09
閲覧 : 191
サンキュー:

12

ネタバレ

Dkn

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

『STEINS;GATE』の後日談。牧瀬氏頑張るの巻。

この劇場版では
『牧瀬 紅莉栖』にスポットが当てられます。


映画尺で短いので、
欠片もネタバレしませんが


・・いいなぁ~と。


私も青春期に思い出のアニメはありますが
今の時代に生まれて、子供の時に、学生の頃に、
このシリーズを観てアニメの世界にハマった人は

ホントーに羨ましい。。。

一生の宝物ですよね、
心の底からそう思いました。


ホラーにも似た、
背筋のゾッとする展開。

短い尺の中に本編と同じあの感覚が蘇って、

『ラボメンの活躍をまだ見たい!』

そう思っていた私達の願望を叶えてくれた劇場版。

空気感や音楽が今でもリフレインしますね。


10年後に見ても、

このシリーズは面白かったな~!


そう思えるアニメだと感じます。


4月11日(水)からの

『STEINS;GATE Ø』

も、楽しみたいですね。



《ネタバレ雑感》
{netabare}
オカリンは誰よりも皆のことが好きで

誰よりも皆から愛されている男ですね。

ちゅき。


・・でも、
牧瀬氏に別れを告げる時
少しキザすぎやしないかい?

あんなん気にするわぃww


後付だろ?
とか冷めること言うやつぁ

β世界線から出直そう。
{/netabare}

投稿 : 2018/04/03
閲覧 : 130
サンキュー:

26

ネタバレ

ズッキーニ偉大なる

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ひょー

アニメの続きです。
おかべーと逆パターンになるクリスティーナのお話です☆

内容的には尺の関係も大いにあるので、薄い感じになってしまいますが、相変わらず好きな作品には変わりないです。
お時間がある方は、ゼヒ手を伸ばして見て欲しいなと心から思います。

投稿 : 2018/03/20
閲覧 : 70
サンキュー:

0

ナイトハルト

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

シュタゲ好きにはたまらん

本編が神作の上、映画も劣らずシュタゲの良さが出てて最高ッ!

投稿 : 2018/03/16
閲覧 : 148
サンキュー:

1

ネタバレ

たい焼き

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

最後が一番の見どころ

後日談だから、あんまり期待していなかったが…見ていくうちに「本当に紅莉栖は岡部のこと好きで、岡部は紅莉栖のこと好きなんだなぁ」って再確認できた。

ラストも誰も救われない感じじゃなくて2人とも救われた感じの終わり方がとてもよかった!
最後のEDもシュタインズゲートの世界観に合わせた歌詞で色々思いながら聴いてると涙が溢れてくる。

投稿 : 2018/03/10
閲覧 : 66
サンキュー:

2

ネタバレ

ニワカオヤジ

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

(本編を見たことのない人には重大なネタバレがあります)

本編が綺麗に終わりすぎたので、この映画には期待してませんでした。正直なところ、かなり無理矢理こじつけ的な後日談です。

しかし一点だけ、本編の補完がされていて、見て良かったと思えるところがありました。
それは、オカリンの {netabare} ファーストキスの相手について。

紅莉栖とオカリンがキスするシーンは本編の山場の一つだったと思います。
キスの後(アニメでは描写がなかったような気がしますが)、原作ゲームでは、オカリンが「ファーストキスじゃないからインパクトが薄い。だからもう一回するぞ」というようなくだりがありました。
そのオカリンのファーストキスの相手が、「子どもの頃にまゆりとふざけてやった」らしく、おいおい、まゆりにも紅莉栖にも失礼じゃね? オカリンそんなことする性格ちゃうやろ? とモヤモヤしたものです。

それが、本映画では未来の紅莉栖が中学生オカリンとキスしたことになり、オカリン、紅莉栖ともファーストキス同士じゃなかったけど実はファーストキスの相手はお互い同士だった、といういかにも時間SF的な展開(褒め言葉)となり、綺麗に納まってくれて大満足でした。 {/netabare}

投稿 : 2018/02/27
閲覧 : 152
サンキュー:

21

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

オリジナルを観た方は、是非

シュタゲのストーリーの流れって
すごく良いオチというか
腑に落ちるというか
ほんとよく出来てるなぁって思います

大切な人達への強い思いが伝わって
号泣してしまいます

投稿 : 2018/02/18
閲覧 : 77
サンキュー:

2

しろ

★★★★★ 4.5
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

満足

蛇足だとか色々言われているものの

僕はシュタゲが大好きなので十分楽しめました

クリスがメインのお話し

本編だけで十分神アニメですが、シュタゲ好きは観て損はないかと


楽曲も素晴らしい良曲です!

まゆしぃ推しですが、クリスも可愛いね^^

投稿 : 2018/02/14
閲覧 : 134
サンキュー:

4

ネタバレ

nNZTt68696

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 1.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

展開がきになる

見終わった

投稿 : 2018/02/05
閲覧 : 202
サンキュー:

0

ヒロウミ

★★★★★ 4.1
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ツンデレ乙子奔走記

マッドサイエンティストクリスver.な物語。

25話経由にて視聴。25話の流れからスズネ絡みかっ!はたまた新たなる展開かっ!等と妄想しながら見たが全く関係ない。本編補完用の物語と言ったところかな。本編でガッツリハマったからもっと斜め上な展開を期待しちゃったのでちょっと残念。1時間40分もある物語で新しさを感じれたのは10分弱と言ったところか。
まぁ私に限ったものでファンからすれば本編のちょっとした裏側が見れて良かったのではないでしょうか。多分。正直書くほどのネタが分からなかった、無かったってのが本音だが。

それでもツンデレ子の突っ込みながらボケてしまうかわいさは相変わらずで良かった良かった!まゆしー眉毛太すぎだぉ( ´△`)
評価は花澤補正バリバリなんで悪しからず!

機関から干渉を受けた!私は一旦地下に潜伏する!春まで生き延びたら再びコンタクトする!EL PSY CONGROO。

投稿 : 2018/01/11
閲覧 : 98
サンキュー:

19

ラス★

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

困るよ!!

こんな!
こんな....

神作品をみたら!!
他が観れない...

神作品を抜くのはやはり神作品!!

2018年春アニメ(2018年4月~放送予定)
STEINS;GATE0(シュタインズ・ゲート・ゼロ)

期待してます!!

投稿 : 2018/01/04
閲覧 : 71
サンキュー:

2

lalala

★★★★☆ 3.1
物語 : 1.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

少し残念

TVアニメの流れで視聴したが期待を裏切られた感じ。
正当な続編とは言えないかな。

投稿 : 2017/11/14
閲覧 : 100
サンキュー:

0

ノレイ

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 2.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

シュタゲじゃなくてもいい…

とりあえずシュタゲファンなので見ては良かったです。
が、正直タイムリープを中心に感動をくれる名作の割にはこれと言って話の盛り上がり下がりがなく、あまり人気のない作品に仕上がっていました…泣
紅莉栖が岡部の気持ちを理解する。ということは分かりましたがそれだけでしたね。それと原作よりやや難解な内容の割にはエヴァみたいに『この謎を解明したい!』とはあまりならないような謎でしたね。正直シュタゲじゃなきゃこの演出は無理!さすがシュタゲ!とは言い難い作品でした(ノ_<)

投稿 : 2017/10/01
閲覧 : 106
サンキュー:

0

次の30件を表示

劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴのストーリー・あらすじ

「狂気のマッドサイエンティスト」を自称し、いまだ厨二病をひきずる大学生・岡部倫太郎。秋葉原の片隅、「未来ガジェット研究所」で偶然、過去へと送信できるメール「Dメール」を発明してしまったことから、彼とその仲間たちは世界規模の大事件に巻き込まれることになる。

「シュタインズ・ゲート」は、タイムパラドックスにより引き起こされる悲劇と、それに立ち向かう仲間たちの絆を描く物語である。(アニメ映画『劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
アニメ映画
放送時期
2013年4月20日
制作会社
WHITE FOX
主題歌
≪ED≫いとうかなこ『あなたの選んだこの時を』

声優・キャラクター

宮野真守、花澤香菜、関智一、今井麻美、後藤沙緒里、小林ゆう、桃井はるこ、田村ゆかり

スタッフ

原作:志倉千代丸/MAGES.、キャラクター原案:huke、 総監督:佐藤卓哉/浜崎博嗣、監督:若林漢二、企画:安田猛、スーパーバイザー:でじたろう、シナリオ監修:松原達也/林直孝、脚本:花田十輝、キャラクターデザイン・総作画監督:坂井久太

このアニメの類似作品

この頃(2013年4月20日)の他の作品

ページの先頭へ