「ROBOTICS;NOTES [ロボティクスノーツ](TVアニメ動画)」

総合得点
76.5
感想・評価
1681
棚に入れた
8612
ランキング
601
★★★★☆ 3.6 (1681)
物語
3.5
作画
3.7
声優
3.6
音楽
3.6
キャラ
3.6

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

ROBOTICS;NOTES [ロボティクスノーツ]の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

tinzei さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

『シュタゲ』ほどではないけど、この作品も面白い

世界観を共有してる『シュタゲ』ほどではないけど、この作品も面白かった。


ただ色々分からないとこがある。どうしてみさ姉は君島の計画に気付いたの?結局古郡の母親は?古郡のネット友達が受けた洗脳みたいなものはみさ姉のやつと同じなの?
細かいとこだけど、そういう気になるとこが放置されてたのは残念だった。

投稿 : 2021/08/08
閲覧 : 123
サンキュー:

0

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ROBOTICS;NOTES の感想

公式のINTRODUCTION
{netabare}
2019年。世界線変動率「1.048596」。フォンドロイド――通称『ポケコン』の普及により、拡張現実が身近な存在となった近未来の種子島。そんな島にある中央種子島高校『ロボット研究部』は廃部の危機に直面していた。2名しかいない部員の1人で主人公の“八汐海翔”は、こんな状況でも「ロボ部」に興味を示さず、ひたすらロボット格闘ゲームに夢中。そんな海翔を尻目に、猪突猛進のダメ部長“瀬乃宮あき穂”は「巨大ロボット完成」を目標に、目下の危機である廃部を避けるべく奮闘していた。そんなある日、海翔はひょんなことから『君島レポート』なるA.R.アノテーションを発見する。そこには君島コウという男による、世界を巻き込む陰謀の告発が記されていた。
{/netabare}



ロボットを作るのが夢の女子高生アキちゃんと
幼なじみののゲームおたくのカイトくんが
大きな事件にまきこまれていっちゃうおはなし


泣いたり笑ったりってあったけど、いろんなことがありすぎて
1つ1つのおはなしが、あんまりつながってなかったみたい

あと、ふつうだとゼッタイないことが何回もあっても
どうしてそんなことが起きたとか、説明もぜんぜんないし
見終わって、あれってどうなったの?とか多すぎだったみたい。。


いいおはなしがたくさんあったのに
1つ1つがすぐおわっちゃって
共感とかしないうちにどんどん進んじゃったみたい

だからかな?
さいごまで見てて、にゃんはあんまり共感できなかったから
あんまり感動もできなかった。。

でも、いろんなおはなしがあるから
あんまり考えないでぼーっと見てたら
おもしろいところとか、泣いちゃうところとかもいっぱいあるよ☆



↓は今まで書いた感想
見おわって時間があったら読んでね

*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚

22話目
{netabare}
終わって。。いい終わりだったって思うケド
にゃんはあんまりよく分からなかったなぁ。。

みさ姉の気もちがほとんどつたわってこなかったし
気になってたのにアネモネ号のお話しどうしてそうなったとか
モノポールがふってきたのってどうしてとか
300人委員会とかすごく力がありそうだったのに
ロボット1台でおわりとか

それから
ミズカさんが死んじゃったこと
コナちゃんのお母さんだってそれでコナちゃんだって
いろんな思いがあったって思う

いろんなことの説明とかなかったし
いろんな気もちがあったのにつたわってこなかったし

さいご
1台のロボットをやっつけて終わっちゃって
それはよかったんだけど
あれっ!? こんなにかんたんに終わっちゃっていいの?って

さいごヒーローが勝てばやったー!よかったぁ♪でおわりって
やっぱりにゃんはロボットのお話しってにがてみたい。。
{/netabare}

21話目
{netabare}
ゲジねえとアイリちゃんの
雪を見た。。って泣いちゃった

カイトくんがスーパーガンツク1を運転して戦うことになって
もしかしたら死んじゃうかも。。って
でも戦って勝って生きててほしいよね☆
それってベタなてんかい。。じゃなくって王道ってゆうんだねw

さいご
2人だけで感動しちゃうお話しになってたけど
みんなそこにいたのに気がついてなかったの?w

いろいろあったけど
これから感動できるかも☆
{/netabare}

20話目
{netabare}
ミサキお姉ちゃんのこと
アネモネ号のこと
今までのことがほとんどつながって
今週は感動するお話しだったと思う

でもにゃんは
アキちゃんって別の人になったみたいな感じがして
あれっ!?って。。

そしたら教頭先生が。。
お友だちが。。
急にみんな変わっちゃって
えーっ!?って。。

もしかしておわりって
ガンツク2を改造してバトルして勝って
みんなよかったね!ってゆう感じなのかな。。

なんだか急に
アキちゃんとかみんなのキャラとか変わりすぎたみたいで
にゃんはついていけないかな。。
{/netabare}

19話目
{netabare}
今週はいろんなことが分かって
もうすぐ最終回なのかな。。
ああすごいなぁ。。ってほんとは思うのかなぁ

でも17話目で書いたけど
アキちゃんがガンツク作ってたのって
今週も言ってたけどお姉ちゃんにみとめてほしい。。

そうゆう思いでやってきたからかな
本当のことが分かっても
なんだかにゃんはあんまり感動できなかったなぁ。。

あとキミジマコウってネットで人格がどうとかってゆってたけど
それってSAOとかでも出てたのじゃない?
えーっ!?とかって思えなかったし

コナちゃんがヒロインのほうがよかったみたいって思った☆
{/netabare}

18話目
{netabare}
先生が男女2人だけの生徒を
おんなじ部屋にするってありえないよね。。

たおれて友だちが大ケガしたロボットなのに
こんな人が多いところで動かして大丈夫なのかなぁ。。とか

マジメなお話しだって思ってるとヘンだし
でもギャグじゃないし
2人ががんばってるのもなんだか気もちが分からないなぁ


久しぶりに会ったけどアキちゃんとかおを会わせないうちに
ヘンな人がてっぽうで。。

でもにゃんはミサ姉がなんかロボットみたいに見えたけど
もしかしたら。。
{/netabare}

17話目
{netabare}
スバルくんが大ケガしてロボ部がなくなって
ガンツク2もこわされる。。

でもアキちゃんはあきらめない。。
カイトくんは協力してくれるしドクとか先生も。。

アキちゃんの思いがあついのって分かるけど
にゃんはアキちゃんに共感できないの
なんとなく今まで見てきたけどなんかちがうな。。って
思ってた

にゃんはそれが今週のお話と
「ちはやふる」を見ててどうしてかって分かったみたい。。

アキちゃんもちはやもどっちもあつい思いもってるよね
でもアキちゃんに共感できないのって
きっとアキちゃんのやりたいってゆう思いが
楽しい♪とか人のために!とかじゃなくって

「お姉ちゃんにおいつきたいの」
「平凡どまりだって言って ロボットのことガラクタだって言って
そんなお姉ちゃんにおいついて うちは。。」って

それってアキちゃんが楽しいからやりたい。。とか
みんなを守りたい。。とかじゃなくって
なんかお姉ちゃんをうらんでるみたいな。。
ただ負けたくないって思ってるみたいな。。

だからにゃんはアキちゃんを応援したいって
思えないんだなぁって分かった。。

あとキミジマレポート№7はどうなったのかな?
{/netabare}

16話目
{netabare}
いよいよガンバレルがうごいた~♪ってよろこんでたら
スバルくんが。。

そのあとカイトくんを止めようってしてたミズカさんが。。
ミズカさんを止めるのに押したおしたカイトくんを
はじき飛ばして立ち上がったから
これってじこじゃないよね。。

見ててドキドキして
おちたミズカさんを見たらなみだが出てきちゃった。。

でもスバルくんがつぶされるところってうつってなかったから
きっとスバルくんはだいじょうぶだったんだよね。。
そうだといいなぁ。。
{/netabare}

15話目

今週はアイリちゃんのおはなし

ぐすん( ノω-、)クスン
いままでの中でいちばん泣いちゃった。。
{netabare}オリジナルのアイリちゃんの病気がなおって
リアルでおはなしできるようになったらいいね☆{/netabare}

14話目

あ~ん!コナちゃんかわいそうだったぁ。。
でもいつもみたいにおばかだったからちょっとあんしんw
{netabare}
おはなしがなんとなく分かってきたみたい。。
でもわるい人たちってほんとは何がしたいの?
たくさんの人を死なせて自分たちは生きのこりたいのかなぁ。。

それからコナちゃんもガンツクにさんかして
これからみんなでいっしょにガンバレルを作るのかな?
{/netabare}
なんとなくにゃんはたのしみになってきちゃったな♪


13話目
{netabare}
とうとう東京が。。
コナちゃんが。。
モノポールが。。

う~ん。。ガンツクのフツウにあついおはなしと
東京がやられてロボットがはんらんしてコナちゃんが自殺。。
みたいな大事件といっしょにすすんでいってるから
なんかにゃんはどっちがだいじなの。。ってよく分からない。。

このおはなしって
まだにゃんには何がしたいってよく分からないんだけど
そんなおはなしなのかなぁ。。

あ。。でもコナちゃんがかわいそうだったなぁ
だれがこんなことするのかな!?
{/netabare}

12話目
{netabare}
まえに見たおはなしをわすれてたから
きゅうにジュンちゃんがおこられててびっくりしちゃった!
えっ!?まえのおはなしってどんなのだったっけ?って

でもちがくて
ジュンちゃんとドクおじいちゃんのおはなしだった。。
何があったのかってよく分からなかったけど
あとのほうは見てて泣けてきちゃった。。
{/netabare}
いいおはなしだったね♪

11話目
{netabare}
いろんなことがつながってきたね
でもさいごのキミジマコウのことはわすれなさい。。って
ほんとにおきたらみんな死んじゃうんだよ
わすれられるわけないじゃない!
{/netabare}

10話目
{netabare}
モノポールってどこからふってきたんだろう?
さわるとビリってくるけど磁石っていうから鉄とかくっつくのかな?
どこにしまったの?(どうでもいいことかもだけど気になっちゃったw)

アキちゃんはガンつく1あきらめて
やっとガンつく2をみんなでがんばろうって。。
ちょっとあつくってよかったね^^

ガンバレルに見えるようにするんだったら
大きなお面をかぶせるとかじゃだめだったのかな?

さいごのアイリ消えてくれない?ってどういうことなのかな?

ときどき入るコメディはたのしかったけど
科学のせつめいみたいなおはなしが多くって
にゃんにはよく分からなかったなぁ。。
{/netabare}

9話目
{netabare}
フルゴオリちゃんのチーターがりまだやってたんだ。。
これってメインのおはなしになにかかんけいあるのかな?
お母さんのこととキミジマレポートも。。なのかな?

今日はガンツクわんができてうごかそうってしたら
少しうごいただけですぐに止まっちゃった。。
でもそれじゃだめみたい。。
なんどもお姉さんにめ-るおくったけどへんじがなかったし。。

それなのにおねえさんったらさいご出てきて。。
なにをしてるのかな?

もう9話目だけどまだ大きなじけんとかおきないけど
そういうおはなしなのかなぁ。。

いろんなおはなしが出てきて
なんとなくなにかおこりそうだけど
まだなにをしたいのか分からないなぁ
{/netabare}

8話目
{netabare}
みんながヘンな人たちにつれてかれたからシンパイしちゃったけど
な~んだw
でもことわっちゃうってすごい。。

それでキミジマコウのレポートは
ゼンゼンちがうとこにあったなんて(う~ん^^;)

でもこれでわかったのは
300人委員会っていうのが
人類ボクジョウカ計画で10億人にへらして
世界トーイツセーフをつくろうってしてるみたい。。

それでかごめかごめのうたは
そのけんきゅうをしてるところにあるみたい。。

このおはなしと太陽のばくはつとガンツクワン{/netabare}が
これからどうなってくのかがたのしみなのかな?

あんまりむづかしいおはなしにならないといいケド。。


7話目
{netabare}
まだ分からないところが多くって(><)

ガンバレルのさいしゅう話の都市でんせつって
コナちゃんにかんけいがあったんだね。。
お母さんに会いたいのかなぁ。。

かごめかごめも?
チーターがチートしてないかも。。っていうのも?

スバルくん。。もどって来てくれたんだ。。
お父さんだいじょうぶなの?

太陽がばくはつ!? 
それからおはなししたいこと?

どんどん分からないことが出てくるなぁ。。(^^;
{/netabare}

6話目
{netabare}
ジュンちゃん入部おめでとう
もしかしてスバルくんひとめぼれ?

キミジマコウのヒミツってなんだろう?
もしかして宇宙人とかでてくるのかな?

フルゴオリコナちゃんおもしろい人w
コナちゃんも入部おめでとうw
すごい人があつまればすごいものがうまれるって。。

ジュンちゃんが行ったらアメシャがスポンサーになってくれた
でもあたしのゆめはおわっちゃった。。って

あとスバルくんのゆめもおわっちゃうのかなぁ?

今週はいろんなことがあって
にゃんのあたまはごちゃごちゃになっちゃった(^^;

シュタゲは6話くらいからおもしろいってみんなが書いてたけど
ロボノもそうなのかな。。
{/netabare}

5話目
{netabare}
とうとう出てきたねEDの女の子
でもAIって。。

あにこれさんのあらすじに書いてあったことが
今ごろ出てきてちょっとびっくり
もしかしたら
シュタゲみたいに長いおはなしになるのかなぁ
{/netabare}
あ~でもよかった♪
これでいろんなことがつながったね

これからおもしろくなっていくのかな
来週は見ないとね


4話目
{netabare}
お金がない。。
う~ん?それでどうなるのかなぁ

フラウっていう子がひっこしてきたけど
ちょっとかわった人みたい
でもお金はもってそうかな?

あと
またあのびょうきのおはなしがでてきたけど
とっても大事なことなのかな?
それとさいごのヘンな声???

今週はよく分からない回だった。。
{/netabare}


3話目

あー!今週はおもしろかった♪

ロボワンに{netabare}ヘンなマスクの人が{/netabare}w

かったの?負けたの?
部活つづけられるの?
ちょっとどうなるか気になって。。

それでさいご。。
えー?そんなのアリ!?w

う~ん。。そんなのでいいのかなぁ?
でも
うまく来週につづきそうだからいいかな☆


2話目

{netabare}なんとか
ロボワンにでられるみたいかな

でも
あらすじとか読むと
ほかにもおはなしがあるみたい。。{/netabare}

まだ2話目で
よくわからないことがいっぱい。。

{netabare}9年前のじけんとか
2人のびょうき(?){/netabare}のこととか

あと
{netabare}EDにでてくる人とか{/netabare}

シュタゲだったら
だんだん
いろんなことがつながってきて
おはなしがおもしろくなったけど

このおはなしはどうなってくのかなぁ
来週も見ないとね☆


1話目


明るそうなアニメだね♪

ロボットバトルのおはなし
なのかなぁ。。って思ってたら
ちがうみたいで
ちょっとホッとしちゃった♪

部がなくなっちゃうから
なんとかしなくっちゃあ。。とか
あたらしい部を作る。。とかっていう
おはなしいっぱいあるケド

このアニメも
{netabare}ロボワンで勝って{/netabare}
部活つづけようっていう
感動するおはなしなのかなぁ?

教頭先生も
メガネかけてる女の先生で
夏アニメでも
こんな先生いたよね^^


でも
シュタインズゲートとか
カオスヘッドとかって
くらかったから

ちょっとコワいな。。

つづきは見てみるね☆

投稿 : 2020/10/21
閲覧 : 2284
サンキュー:

183

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ロボット部

種子島高校ロボット研究部。部長の瀬乃宮あき穂はロボット大好きロボットオタク。しかしロボット研究部はあき穂の他には八汐海翔しか在籍しておらず廃部の危機だ。ロボットを作ってそのロボットを使ってロボット同士を競わせる大会に出場。そして大会で良い成績を残し、実績を作って廃部を阻止しようというのがストーリーであるが、ううーん。けっこう評価が低い (-_-;) 背景は綺麗だし、ストーリーも悪くないと思うのになぁ。わたしはこのアニメ好きです。

投稿 : 2020/09/20
閲覧 : 159
ネタバレ

やんほぬ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

途中までは面白いが終盤が...

序盤から中盤にかけては笑いあり涙ありでなかなか楽しめた。あと巨大ロボットを動かすという所がロマンを感じて滾ってきたし、ヒロインのシャアのネタが結構すきでした。キャラクターもそれぞれ魅力的でとても楽しめました。また、シュタゲと同じゲーム会社が原作なだけあってミステリー要素はとても雰囲気があり楽しめました。終盤にかけて打って変わって陰鬱なシーンがお姉さんが4んで以降続き、色々とツッコミどころ(ご都合主義的なところ)があったりしてストーリーにのめり込めなくなりまさか青春ものとしてあっさり終わってしまうとは思わなくて少し拍子抜けしました。でもロボットの戦うシーンはカッコよかった。

投稿 : 2020/07/21
閲覧 : 458
サンキュー:

2

ネタバレ

カミタマン さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

「トレボー1よりワイバーンへ」w

 シュタインズ・ゲートやカオス・ヘッドと同じシリーズのゲーム原作という事で見ました。

 一言で表すなら,シュタゲとカオスヘッドの中間よりシュタゲ寄りという感じでしょうか,いろんな意味で。

 話は,世界線を示す表示から始まり,前半は日常系部活アニメ,自分としてはシュタゲの鳳凰院凶真並にうざいメンバーが約4名(うざい順にカイ,スバル,フラウ,アキ)・・・破綻してるけど・・・それなりに楽しそう。

 後半は{netabare} シリアス展開,エンディングもいとうかなこになり自分としてはたぎってきます!!15話以降話は重くなって,シュタゲの流れを踏襲しているように感じます。
話が進むと「2020年太陽嵐で人類滅亡」みたいな話が出てきます,ちょっと現在のコロナ(太陽冠)パンデミックを連想させます。
 最終話は見所が多いです。
 まず冒頭「トレボー1(発射準備チーム?)よりワイバーン(ミサ姉)へ」という通信から始まります!話の中で姉のみさ希が妹のあき穂に「おまえは私に追いつけない」みたいなことをいう場面がありますが,妹のシャアの台詞引用に対して姉のウィザードリィからパトレイバーという流れのこの台詞,やはり姉に軍配ですw
 たたみかけるようにガンツク1の移動のシーン,ガンツク1が移動できるように信号が移動します,これもデジャブ感が(実際種子島にこのような信号があるのかもしれませんが・・・)
 そして,綯さんかっこいい!!天王寺綯ってミスターブラウンの??まゆしいと「トゥットゥルー」ってしてる??
 全編通して細かく見れば小ネタがいっぱいありそうですw
 そして,最終話は本当にロボットアニメしている(笑){/netabare}

 作画的にはあきちゃん(あき穂)がとにかくきれいに感じました,萌えやエロとは違う,うまく言えないけど純粋な美しさ。見ているだけで心が浄化されるような美しさって言ったら,言い過ぎかな?それと,空や海もきれいで,種子島という舞台の良さが際立っていました。

 カオスヘッドは眠くて(退屈で?)ほとんど印象に残らなかったので,見ようか悩んだのですが,見て良かったです。繰り返しますがカオス・ヘッドとシュタインズ・ゲートの中間よりシュタゲ寄りでした。

投稿 : 2020/04/12
閲覧 : 349
サンキュー:

9

ネタバレ

かどまつ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ガンバレル!!

最後の戦いは本当に鳥肌がたった。
心臓に負担をかけながらも世界を救おうとする海翔がめちゃくちゃかっこよかった。
シュタゲを見ていた(プレイした)自分としては綯さんが登場したシーンは熱かった。

投稿 : 2018/11/05
閲覧 : 331
サンキュー:

2

ネタバレ

kusohana さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.4
物語 : 1.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 1.5 状態:観終わった

これ失敗作だよね?

一言でまとめると、青春ロボットサスペンスミステリー
色々混ぜたら失敗しちゃったみたいな感じ
キャラにも魅力ないし、最後のまとめ方も酷い

投稿 : 2018/08/06
閲覧 : 515
サンキュー:

3

ネタバレ

Hanyaaaan さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

急展開

表題の件、ないわー。
今までの話はいったい何だったんだろうか。

最後が酷いよ。
OPとEDの歌はいい。

実はシュタインズ・ゲートと同じ世界線にあるんだよね。
「居ル夫。」はそのうち実際に開発されると思うな。

投稿 : 2018/07/25
閲覧 : 302
サンキュー:

2

ネタバレ

オリヴィエ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

こなちゃんかわいいヾ(。・ω・)ノ

うん、なんかいろいろもったいないなぁ・・・ということしかいえない。
ストーリー的には前半2点、後半4点ぐらい
話しが動き出すのが遅すぎたね。前半のロボワン云々の下り削ってもう少しロボ部5人の交流に割いたほうが、ラストの皆でつくったガンツク!って感じが出てよかったかなって気がする。
展開的にも、大会とかイベントに向けてロボつくる!→壊れたり壊されたりして出れなくなる。→また次のイベント・・・的なこと繰り返しててワンパターン過ぎるわ(´・ω・`)

キャラに関しては、こなちゃんかわいい。アイリちゃん可愛い。
綯さんもシュタゲ時代に比べて成長してて可愛い。しかもSブラウンってシスターブラウンじゃないですかーって感じですた。

投稿 : 2017/12/09
閲覧 : 210
サンキュー:

3

ネタバレ

jack さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.8
物語 : 1.0 作画 : 3.0 声優 : 2.5 音楽 : 1.5 キャラ : 1.0 状態:観終わった

ズバリ、何を見せたかったのか意味不明アニメ☆2

間違ってもシュタゲのような本格?まとも?な筋の通った話ではない。それを期待して見ると後悔しますした。流し見にしろなぜ最後まで見てしまったんだ・・・こなちゃんの総集編MAD動画みてこのアニメ面白そうだと思ったのは間違いでした。こなちゃんの総集編こそが一番面白かった
断言しますが以下の疑問を感じて引きずるようなら最後まで見ても楽しめないでしょう。なぜなら私がそうだったから

ガンバレル?友人とその父親との確執?その割にあっさり部活に参加できてる??主人公あんたヒロインとの関係何なの?義足の暴走?後半の頭が足りてないとしか思えないような大人たちは何?もしかしてもしかして、最後のあのキスシーンをやって関係性を確立しましたというそれだけの話?

投稿 : 2017/11/04
閲覧 : 228
サンキュー:

4

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

シュタインズゲートのスピンオフ

シュタインズゲートのスピンオフ作品。
一部登場人物が重なります。
ただセルンを引っ張るのはほどほどがいいかと、

舞台は、種子島宇宙センターのある種子島の中央種子島高校。
主人公の八汐海翔は高校3年生の少年で、ロボット研究部に所属。
空想科学と青春ラブコメの作品です。
実際にありそうな機械がでてきますが、舞台は2019年。
もうすぐです。
カオスチャイルドとかよりはまったり見れます。

ただ、義足の誤作動による死亡シーンは
リアルな反面、トラウマになるかもしれません。

全22話ですので、長いと感じると辛いです。

投稿 : 2017/10/15
閲覧 : 183
ネタバレ

ぽかぽかする さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ヒロインが可愛いです。

主人公の過去の謎に迫る感じと、田舎の島の学校のゆるさが見ていて楽しいです。ロボットが少し幼稚な感じがしました。主人公の性格のやる気なさも途中イライラしましたが、最後にスカッとする展開で良い作品だと思います。何よりヒロインが可愛いです。

投稿 : 2017/09/12
閲覧 : 156
サンキュー:

4

ネタバレ

フロー さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

続編制作決定記念

タイトル通り先日のチヨスタライブにて
『ROBOTICS;NOTES DaSH』なる
正統派続編の制作が発表されたので
この機会にレビューをします

正直な話、原作>アニメと云った感想です
{netabare} 拓巳やダルなどといった
過去作のメンバーの描写もカットされていました
かなり残念です。 {/netabare}

舞台がSG世界線なだけにもっと
出番があっても良かった気がします

それに個人的感想ですが、
この作品、過去のどの科学ADVより攻略が難しかったので
あぁも乱雑にされると複雑です。

投稿 : 2017/05/30
閲覧 : 212
サンキュー:

4

ネタバレ

まあ君 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

結構よかった。

ロボットものは大好きなので、気にはなっていたのですが、しばらく忘れていて、ようやく鑑賞しました。
斜に構えた感じで煮え切らない主人公と、熱血系JK、これってある意味ロボットモノの王道ではないでしょうか。
ストーリーも所々に感動的なシーンが挟まっていて、重要人物の一人が死んでからの展開も、グロテスクな感じにならず、最後もとても爽やかな印象。
後半のエンディング曲も良かったと思います。
シュタインズ・ゲートには及ばないかもしれませんが、十分良作だと思いました。

投稿 : 2017/05/04
閲覧 : 179
サンキュー:

4

ネタバレ

ほか弁 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

!!

だいたい退屈でしたが{netabare}まあまあハッピーエンド{/netabare}でよかったんじゃないですかね。

投稿 : 2017/01/06
閲覧 : 160
サンキュー:

1

ネタバレ

ダレイオス さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

キャラで何とかもってたアニメな気がしますね。個人的にはあき穂は結構好きでした。

まず主人公の海翔があまりやる気がない高校生男子なのが特徴かな
何にしても無気力で携帯ゲームをやっているのが特徴
ヒロインのあき穂は空回りしたり勢いで突き進む元気のいい
高校生女子とキャラは特徴的かな
個性があるのでわりと面白いキャラだと思いました。
1話は海翔とあき穂の会話は無気力な男の子と元気のいい女の子の
組み合わせになっていて
海翔があき穂の問いかけに対してスルーしたり、冷静に対応したり
するのが面白かったかな
そのおかげで元気のいい女の子が空回りしている感じがよく出ていたのがいいね。

設定は高校が舞台で部活動で巨大ロボットを作るのをテーマにしているみたいです。
それを作るのには資金がいるということから
資金を稼ぐために地道にストーリーは進みますね。
序盤は大きな動きなないのが作風なのかもしれません。
資金を稼ぐためのイベントが発生している感じ
それだけだと間が持たなくなるのからかもしれませんが
あき穂の元気のいい体を張ったコメディで持たせているようです。
楽しいですが展開が進まず引っ張っている感じ
途中から唐突に専門用語とかが出てきて付いて行くのが大変かな
SFアニメぽいのでしょうがないとは思いますけど
急にSFアニメになるようです。
ストーリーに関してはネタはどこかで聞いたことがある話が多いかな
太陽嵐ネタとかどっかで聞いたような話だし
2016年に見てみるとチョット前に流行ったネタだよねと思う。

2クールアニメだからなのか1クール目は
伏線をバラ撒きながら進み、あんまり関連性のない
いくつかの話をずっとやっているかな、なのでストーリーの流れはあんまり感じない。
巨大ロボットを作るのをテーマにみえたけど、それだけではないみたい。
色々散かったストーリー展開なのでストーリー自体の印象もあんまり残らないですね。
キャラの人数は少なめで徐々に増えていき
キャラの紹介みたいなストーリー展開も多い。
キャラの掘り下げは多いので、それぞれがどんなキャラなのかはわかりやすかった。
フラウの変わり者な感じとか個性があったと思う。
変に完璧よりは見た目で個性が出ているのは良かったと思う。
ただ、フラウは日常でネットスラングを使いまくるので個人的には苦手でした。
キャラとしてはアリだと思いますが

後半はいつの間にか急展開していましたね。
SF要素を混ぜながら進むので、なぜそうなるのかは理解は出来なかったな
冷静に考えると何か変だなと思いながら後半は見てました。
そういう世界観だからしょうがないとしか言えないかな
この世界って自由すぎませんか?と思う展開ばかり

ギャルゲーぽい作りにもなってたし原作がゲームだからなのかもしれない。
そのせいで無理やり感動的な話の展開にもなったりで
悪くない気もするのだけど荒唐無稽なんで、どうも色々引っかかったな
巨大ロボットを作ること自体はしていましたが
全体的に何を目指していたのかはよくわからなかったな
後半の展開は理解理解しかねるかな
突っ込みを入れたら切りがないと思いました。
演出はかなりいいシーンが多かったので個人的には雰囲気に流されるだったかな
1クール目は何とか見れてたのだけど後半はキツかった。

作画についてはロボットの作画については
かなり細かい部分まで描けていてクオリティーは高かったです。
重要場面での演出もかなり良かったので絵的には盛り上がることはありましたね。
キャラの作画も比較的安定していて乱れとかはなかったです。
後半の方も作画が安定していたのは好意的にみたいです。

声優さんについてはあき穂役の南條さんは声質は合っていたし
演技自体は個人的には好みでしたね。
元気のいい女の子らしさが出ていたのは良かったのでは
海翔役の木村さんはイラッとする感じの演技は役としては良かったと思うし
後半カッコいいこというシーンではカッコよさは出ていたし
演技力はありましたね。
フラウ役の名塚さんは演じ分けがいるキャラだったと思うけど
上手くこなしていましたね。後半のデレシーン時の演技は良かった。

ロボットプロレスみたいなことをしていた序盤が一番面白かったな
あき穂のコメディも序盤は良かった。
ただ、ストーリーが散らかりすぎていたし
後半は急展開でどうもストーリーは頭に入ってこなかったな
昔見た時は無理やりストーリーは普通かな?と思っていたけど
今見るともうチョットなんとかしてほしかったなと思う内容
キャラで何とかもってたアニメな気がしますね。
個人的にあき穂は結構好きでしたので
後半の扱いの良さは良かったです。

投稿 : 2016/12/26
閲覧 : 187
サンキュー:

5

ネタバレ

すしたろう さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

感想

全部見て、まあ可もなく不可もない作品だと思いました。
ただダルがめっちゃ活躍しててうれしかった。
ので4.1にしました

投稿 : 2016/08/06
閲覧 : 216
サンキュー:

2

ネタバレ

オキシドール大魔神 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

主人公が普段は冷めているからこそ

 『CHAOS;HEAD』『STEINS;GATE』に続く、5pb.とニトロプラスのコラボレーション企画「科学アドベンチャーシリーズ」の第3弾をアニメ化した作品。
 自分はロボットものがあまり好きではないが、この作品は素直に楽しめた。
 まず、第3話。ぶっちゃけちゃっちいタネガシマシン3改で決勝まで行き、ミスタープレアデスと善戦したのが良かった。主人公の、同人ゲームで世界ランク5位という設定が活かされ、俺つええが発揮されていて良かった。3話ラストでは屁理屈をこねてロボ部を存続させるところや、ヒロインの性格を熟知している主人公が予め日高を呼んでいたのも良かった。それからは日高の頑固なお父さん問題の解決、14話でのロボット大暴走を止めるためのキルバラ勝負も良かった。
 16話で、物語は大きな転換点を迎える。大事故発生によって細谷が重傷、淳和は精神ダメージを負い、ロボ部は廃部。極め付けにみずかさん死亡と鬱展開。17話で、それでもロボを作り万博出場を諦めないヒロインに対して、主人公はキルバラで喧嘩を吹っかけ、わざと負ける事でヒロインにとことん付き合うという展開がまたよかった。19話では、万博出場も、ヒロインの姉の手によって荒らされ、今度の今度こそ、ヒロインが完全に落ち込む。自らの夢を諦めてしまったヒロインに、主人公も一度は失望して何も言えなくなるも、その後、ずっとやりたい放題やってきたヒロインの姉にいい加減ムカついている。だから見返してやろうよ!と思いの丈を吐き出す。もうこういう落ち込んでいるキャラに発破をかける展開は大好き。
 20話からはもうご都合の連続。だけど熱い展開。何かあった時に学校の責任と言い張る為に、ロボ部を復活させて入部届を出しなさいと粋な教頭、ヒロインの姉に対抗するため、島民総出でロボを作り直すなど。21話では、無茶をして死ぬかもしれない主人公を思って、ここにきて尻込みするヒロインに、絶対死なないと約束する主人公。ロマンチックの欠片もないものの、主人公らしいしれっとした告白、そこからの見てて恥ずかしいくらいの甘酸っぱいキスシーンまでの流れからの、フラウによる「リア充爆ぜろ」の魂の叫び。
 極めつけの最終話。いよいよヒロインの姉との頂上決戦。スペック差は歴然な上、今回の敵ヒロインの姉はゲーマーとしても格上。圧倒的に不利な戦いを、ARデコイや主人公の体質(というか後遺症)スローモーを駆使して、何とかまともな戦いを繰り広げる。姉の中にいる君島を追い出すためにポケコンの再起動が必要で、一時的に主人公が行動不能になり、その時間をヒロインが結果的に稼ぐことに成功。戦いの中で外部からの電力供給が断たれ、主人公側は制限時間が5分しかないため、チキンプレイをすれば自動的に姉側の勝ちという状況で、主人公はボロクソに挑発する。ヒロインの叫びに主人公の挑発により、一時的に乗っ取られた意識を取り戻すヒロインの姉。最後の激突の際に、体に大きな負担がかかるスローモーを三度使用。そして、「4フレ右に避けるんだよおおおおお!」と姉のクセを見切りガンツク1の渾身の一撃を決め、決着。君島コウをデリートし、大団円となる。
 物語の総評として、3話での俺つええ、14話での主人公の頑張り、16話から19話の鬱、立ち直りの波のある展開、20話からご都合ではあるものの熱い展開(そもそも自分は筋の通った展開より、熱くするためならばご都合のほうがいいと思うタイプ)、全編暗いカオヘや、大学生や大人が中心なシュタゲと違い、「少年少女たちの夢と青春」を描いた正当派の群像劇として良作と言って差し支えない。シュタゲも完成度は高かったし、熱いシーンも散見していたが、個人的にはこちらの方が瞬間最大風速は高いし、素直に楽しめた。まあ唯一の不満点はキャラ退場くらい。そのキャラ退場がのちの展開に活かされていたとも思えなかったからなおさら。
 物語の最後、宇宙飛行士は主人公で、ガンヴァレルの肩に乗っているのはヒロインなのか気になるところである。
 
 続いてキャラについて。ロボノでよく叩かれがちな点が、主人公が性格悪いとか冷め過ぎなどだ。それはそうなのだが、なんだかんだ言って最終的にはヒロインの言うことは聞くし、割と行動も起こしている。何より、普段が冷めているからこそ、19話でのヒロインへの激励シーンなどが際立つ。また、良くも悪くも主人公の態度は一貫している。
 
世界を救う戦いだと、誰かが言った。
おまえたちに全人類の希望がかかっていると、誰かが言った。
でも、俺にとっては。そんなこと興味なくて。
これは所詮、自分の中の衝動をみたすためのもの。
それが不謹慎だと言われようと、構わない。きれい事じゃないんだ。
興味があるのは、ただ、全国ランキング1位のヤツを倒して、その頂点 全一になることだけ。
その先にあるもの? その先なんて、なにもない。なにもないんだ。
それでも。いや、だからこそ、求めるんだよ。
だって俺は・・・ 英雄でもなく。 軍人でもなく。ロボットアニメの主人公でもなく。

格闘ゲーマーなんだから。

 上記は最終決戦の前の主人公のモノローグだが、要はそういう事だ。世界を救う戦いだとか、そんなのはどうでもよくて、全国で一番、つまり全一になりたいだけだと。全一になるのに意味なんてない、ただの自己満足。不謹慎だと言われても関係ない。格闘ゲーマーとして勝ちたい。このスタンスは14話でのキルバラ勝負でも見受けられる。もっとも、これらは全面的に受け取るようなものでなく、フラウや世界を救う建前というか、照れ隠しのようなものもあるかもしれないが、それでも割合としてはゲーマーとしての意地が大きく占めているのだろう。このスタンスを不謹慎、ゲーム中毒と批判的に見る人もいるかもしれないが、何であれ一貫して潔いという点では、自分は好感が持てる。
 また、ただのゲーマーではなく、ヒロインの事も大事に考えているのが所々で見受けられる。17話でキルバラ勝負においてヒロインにわざと負けるところなんてその典型。回りくどいと言えばそれまでだし、捻くれているのは確かだが、本質的には王道的な主人公とそれほど変わらない。最終話ではキルバラをアンインストールして、次のステップに進もうとしているなど、成長も窺える。
 次にメインヒロイン、瀬乃宮あき穂について。元気過ぎるのと、一人称が「うち」で若干鬱陶しいが、近年まれに見る程の情熱的で前向きなところは高ポイント。空気は読めないが性格は良いし、普通にかわいいし、髪下ろしても可愛いし、21話からのヒロイン力は高いし、かなりの良キャラ。
 あとはまあ、基本的には不快になるようなキャラもいないし、ゲストキャラのなえちゃんも正当に成長してそこそこ活躍してよかったですねというくらい。14話でのフラウちゃんは可愛い。
 木村良平とナンジョルノはハマっていた。名塚の演じ分けもさすが。
 OPは、前期後期ともに曲はなかなか。映像は前期が中の上。後期が上の下。特に後期OPのサビからの映像は楽しそうで羨ましいと思うレベル。

 ノイタミナじゃなかったら24話から26話くらいまでやれたのかなーと邪推してしまう。サブタイトル「ここからは、俺達のゲームだ」はツボだった。

投稿 : 2016/07/08
閲覧 : 324
サンキュー:

17

ネタバレ

ぢうく さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

幼馴染大勝利!

なので幼馴染原理主義の私と同属の方は楽しめたのではないでしょうか?

この作品は科学アドベンチャーシリーズと呼ばれるシリーズの第3作目にあたるもので、あのシュタインズゲートと同じ世界のお話です。

正直シュタゲほどおもしろいとは思えませんでしたが、つまらないとまではいかなかったのでよかったです。

投稿 : 2016/05/26
閲覧 : 179
サンキュー:

2

ネタバレ

グレイ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

よかった!

友達に勧められたものの、最初はロボット系アニメとは無縁だった僕は見る気無かったのですが友達がどうしてもと言うので見ました。
すると、案の定友達の言う通りとても面白くはまりました!青春らしさも感じられてよかったと思います。

投稿 : 2016/04/23
閲覧 : 121
サンキュー:

2

ネタバレ

もじゃくん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

後半の超展開がすごい

最初はただのけいおんみたいな青春部活アニメかと思って観てたら、だんだん話が大きくなってすごい引き込まれてしまった。ところどころイラッとくる所があるが、まあこれは観る価値あると思う。

投稿 : 2016/04/14
閲覧 : 153
サンキュー:

3

ネタバレ

Sakana さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

アクセルインパクトー!!

青春ロボットアニメかと思いましたが、なかなか奥が深い....

投稿 : 2016/04/10
閲覧 : 151
サンキュー:

2

ネタバレ

saccho さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

感想

 この作品,一度断念したんです。主人公の男子高校生のあまりのやる気の無さにがっかりして。感情移入できませんでした。
 で,しばらくして再挑戦して,今度は最後まで視聴できました。伏線の張り方と回収の仕方がすごく上手くて,先が気になってグイグイ見ちゃいました。 {netabare}主人公のやる気なの無さもある意味,伏線の一つだったんですね。ご都合主義な設定ではありますが,それもひっくるめて{/netabare}楽しめました。ロボ部のみんなのキャラも立ってて,青春ものとしても良質な作品だと思います。特にフラウが最高です。

投稿 : 2015/12/20
閲覧 : 158
サンキュー:

5

ネタバレ

deradera41 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

普通におもしろいじゃん!

恋愛部分がなけりゃ、面白いのに
世界設定なんてどーでもいいね

ただ、ロボがかっこ悪いのが最後までかっこ悪い

投稿 : 2015/10/22
閲覧 : 213
サンキュー:

2

ネタバレ

ぽぽんぷぐにゃん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

さすが5pb.恐るべし

2012年10月、私の目に飛び込んできたもの。
それは朝もやの中に浮かび上がる、ひどく懐かしいシルエットであった。
声優は大体エロゲ声優が含まれる。
話中はオタク用語の連発で、もちろん用語説明もほぼ皆無。
隠しようもない忌まわしき系譜。間違いない、こいつは「奴ら」の一味だ。

昨年のSFアニメ部門を制するも、総合部門では惜しくも敗れた『科学アドベンチャー』シリーズから、田舎での物語を描いた最新作の捲土重来である。
前作『シュタゲ』のかたきを討つべく、パワーアップしたその姿はまさしく、
リリカルなのはを彷彿させるものであった。

「中二病」程度の存在意義しかなかった登場人物からは大幅に強化されたが、
やはりというか、新たななんとか要素の温床となってしまっている。

『5pb.』や恐るべし……さしものプロのオタクと言えども、これほどの兵士を前にしては完全降伏せざるを得まい。
2012年の「迷作」がひとつ誕生した瞬間である。

投稿 : 2015/10/10
閲覧 : 186
サンキュー:

2

ネタバレ

ゆかりさん さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

想像とはいい意味で違った!

今までと違うタイプのロボットアニメ。
シナリオもよく組まれてて満足。
なによりopがとても好き。

投稿 : 2015/09/25
閲覧 : 266
サンキュー:

3

ネタバレ

ぽすたろう さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

これは正当に評価されてるの?

シュタゲと同じ会社?ということでみはじめた。
はまるはまらないはべつとして、話としてしっかりしている。
原作がゲームとしてはよくできている。原作ゲーム中ではトップクラスじゃなかろうか。
14話まで見ているけど60点台は間違いじゃないかと。
70中盤から80に食い込む勢いかと。
物語の破綻もないし学園トキメキ要素もある。
さすがにシュタゲとか90点台、85点オーバーには負けるけど十分なクオリティかと。
見ている途中であー暇だ、やーめたって人もいるかと思うけど、ある程度アニメ見ちゃった人にとっては掘り出し物だと思いコメントしました。

投稿 : 2015/09/08
閲覧 : 463
サンキュー:

5

ネタバレ

みけねこ+ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

『正義』の巨大ロボットを作ろう!?

▽はじめに
ロボット出てくるアニメですがロボットアニメ苦手な人
でも観れるアニメだと思います。

●物語
2019年。種子島にある中央種子島高校『ロボット研究部』は
廃部の危機に直面していた。二名しかいない部員の一人“八汐海翔”は、
「ロボ部」に興味を示さず、ひたすらロボット格闘ゲームに夢中。
猪突猛進のダメ部長“瀬乃宮あき穂”は「巨大ロボット完成」を目標に、
目下の危機である廃部を避けるべく奮闘していた。ある日海翔は、
いつもゲームをしている宇宙ヶ丘公園で女の子の声を聞き、
『君島レポート』なるA.R.アノテーションを発見する。そこには
君島コウという男による、世界を巻き込む陰謀の告発が記されていた…。
(コピペ)

◆感想
廃部寸前のロボ部を再建して、部員を集めて、みんなで巨大ロボットを
創ろうとという、部活モノアニメだと思って見始めたけど違ってました。

ただの巨大ロボットではなく『正義』の巨大ロボットでした。
みんなで作ったこのロボットで悪(世界を巻き込む陰謀)と
戦います。

紆余曲折いろいろありながらも、最後みんなでロボットを
創るシーンはちょっと私もたぎりました

たぎってきた~と言えばこのアニメのヒロインの口癖ですが
このアキちゃんがまた可愛いですね。
ロボット大好きなオタクで、何事にもポジティブで
お姉ちゃん大好きで、見ていて元気をもらえるキャラでした。
結構好きなタイプです(笑)

告白シーン、見てるこっちが恥ずかしくなるような、
ムズ痒さがありましたね。
思わず神代フラウのセリフに共感してしまいました。
フラウと言えば、死語をリアルで連発するキャラですが、
声優さんの演技がいいのか、あまり違和感なく溶け込んで
いるように感じました。(声優評価標準3.5+0.5)

これゲーム原作なのですよね。
原案いつごろからできてたんだろう?
何がすごいってポケコンって名前ではあるけど
タブレットの普及を予期していたんじゃないかと
ところがすごいと思いました。

ストーリーいろいろツッコミどころもあります。
特に商店の店主のおねえちゃん死んじゃうシーンはショックでした。
死人がでるアニメだと思ってなかったからちょっと挫折しそうに
なりました。
事故なのか意図的なものなのかも解明されず謎なままなのが
ふにおちません。

中盤のシリアス展開はあれでしたけど、終盤にかけて
盛り上がりを見せてくれたのでまぁ良かったです。

十分楽しめました。

投稿 : 2015/07/17
閲覧 : 476
サンキュー:

20

ネタバレ

久保田 学 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

何とか観ようとしたが7話で断念

序盤からロボットと言ってもラジコンロボットをリモコンでガチャガチャやるだけのお話し。

中盤は見ないでラストあたり見ると、ロボットが大きくなって、やっぱりリモコンガチャガチャ。

何ていうか、続きが全然気にならないんですよね~

投稿 : 2015/06/28
閲覧 : 197
サンキュー:

2

ネタバレ

redtask さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ロボコンかと思いきや、ぶっ飛んでた。

物語
誰もが、小さい頃夢を見る巨大ロボット。
その実現のためにロボ部は存在している。
はてなく、そのロボ(ガンヴァレル)は完成することになるが、夢と現実はかけ離れていた。
しかし、物語はその後から大きく変動し、世界さえも巻き込んでいくことになる。


キャラ
格ゲーにしか興味ない主人公。
ロボにしか興味のないヒロイン。
ひ弱な空手少女。
あとプレアデス。


感想
主人公のなんでも格ゲーで取引する姿勢は視聴を続ける良い妨げでしかない。正直、そこまで頑なにこだわる理由が見当たらない。にも関わらず割とちゃんと裏方としてヒロイン?ダブル主人公のあき穂のことをしっかり支えているのは隠れツンデレなのか。
とはいえ、序盤さえ超えてしまえばそれなりに見れる。
志倉千代丸原作(シュタインズゲートともつながっているし)ということもあり、一癖二癖あるのはご愛嬌と思うしかない。
終盤の熱さはまぁまぁだけど、戦闘自体は意外とあっさりしている。
途中までは、中に人が乗ってるってことも重々承知しているのだが、途中から他のロボと一緒で、中に乗っていても割りと関係がなくなっている。

終盤まで結構すんなり楽しく見れたが、やはり前作のシュタゲが良作だっただけに今回の評価は全体的に辛口になっているのだろうと思う。

なお後期EDのトポロジー(いとうかなこ)は個人的にかなり好き。

投稿 : 2015/01/19
閲覧 : 161
サンキュー:

3

次の30件を表示

ROBOTICS;NOTES [ロボティクスノーツ]のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ROBOTICS;NOTES [ロボティクスノーツ]のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ROBOTICS;NOTES [ロボティクスノーツ]のストーリー・あらすじ

2019年。世界線変動率「1.048596」。フォンドロイド――通称『ポケコン』の普及により、拡張現実が身近な存在となった近未来の種子島。そんな島にある中央種子島高校『ロボット研究部』は廃部の危機に直面していた。2名しかいない部員の1人で主人公の“八汐海翔”は、こんな状況でも「ロボ部」に興味を示さず、ひたすらロボット格闘ゲームに夢中。そんな海翔を尻目に、猪突猛進のダメ部長“瀬乃宮あき穂”は「巨大ロボット完成」を目標に、目下の危機である廃部を避けるべく奮闘していた。そんなある日、海翔はひょんなことから『君島レポート』なるA.R.アノテーションを発見する。そこには君島コウという男による、世界を巻き込む陰謀の告発が記されていた。(TVアニメ動画『ROBOTICS;NOTES [ロボティクスノーツ]』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2012年秋アニメ

このアニメの類似作品

この頃(2012年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ