「凪のあすから(TVアニメ動画)」

総合得点
90.4
感想・評価
5973
棚に入れた
22985
ランキング
30
★★★★★ 4.2 (5973)
物語
4.2
作画
4.4
声優
4.2
音楽
4.2
キャラ
4.2
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む
ネタバレ

佐藤くん

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

2クール目から化けるドロドロ愛憎劇

ここまで恋愛を丁寧に描いた作品も意外とないのでは?
何だかんだで都合よくうまくいき、主人公は報われる作品が多い中、純粋なのにドロドロした恋愛模様をこれでもかと食らわされます。
そして、少しずつ動く関係性は1クールのラストで衝撃の終わり方を迎え、続く第2クールがめちゃくちゃ面白い!2クール目を描きたかったがために、1クールで下地を作ったような感じです。

また、美しい作画と可愛らしいキャラデザはさすがのA.P.WORKS。OP、EDも共に印象深く、耳に残ります。

キャラと同じように心を痛め、傷つき、成長していく、、、来週が待ち遠しいと思える良いアニメでした。

投稿 : 2019/07/14
閲覧 : 33
サンキュー:

3

透明猫

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

繊細な宝石細工のような超名作

水の中に住んでる?水中で火が燃えて、テレビまである?
……ファンタジーとは言え、こういうのはちょっとね。
現実離れした設定って、入り込みづらいんだよね……。

なんて思いながら視聴開始。

とんでもない勘違いでした。
非の打ち所がないストーリー展開。半端では無く美しい画作り。
私のベストお気に入り作品となってしまいました。
(驚く事に「最初の方だけ」とかでは無く、ずっと画が美麗なんですよね)

この作品は徹頭徹尾、登場人物の繊細な感情がしっかりと描かれます。
セリフ、表情、動き、背景、音楽などなど……。
全ての要素がハイレベルに融合して、完璧な作品が組み立てられています。

巷の作品に大なり小なり感じる、不自然・強引な展開、
「キャラが道具にされている、大切にされてない」
といった嫌いな要素は、本作には全く感じませんでした。
本当に丁寧に作られていると思います。

登場人物もみんな好感の持てる良いキャラで、観ていて心地良いですね。
特に「まなか」は可愛く、私の大好き要素満載であります。

そして、2クール目が始まった瞬間「こう来たか!」という驚きと感動。
(後から考えたら、諸々の設定は元々これをやる為にあったんでしょうが……)

とにかく物語の構造がカッコ良すぎでシビれました。
ビックリする展開なのにもかかわらず「これしかない」という着地。

後半のOPは何度も繰り返し見てますが、その度に泣いてしまいますね。
(物語の展開に沿って微妙に画が変わるのも粋です)

これは文句の付け所が無い、至高の名作だと思います。

投稿 : 2019/07/10
閲覧 : 43
サンキュー:

5

ネタバレ

そこら辺のアニオタ

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

恋愛アニメを超える恋愛アニメ

こんにちわ。
私はあまり、恋愛系のアニメを見るほうではないのですが関連に回ってきたので何気なく見てみて驚きました。
ここまで面白いものかと。
1話を見て最初は学生っぽい青春ものかと思いましたがファンタジー要素強めですねまあ恋愛主体なのは事実ですが。この作品では人を好きななる「恋愛感情につての苦難」が主体なのかなと個人的には思っていますねしかし最終的には肯定されており5話あのねウミウシに出てくる美海と光の会話も最終話でしっかりと回収されており、ストーリがとても濃いですね
20話以降は感動するような描写が多く、
26話中25話と26話はお恥ずかしいことにほぼ泣きながら見てしまいましたw
この作品に似た恋愛アニメなんてそうそうないと思いますがほんと恋愛アニメに対する考え方を改めさせられました
そしてキャラ1人1人がとても、とても強い自分の意思を持って行動しているためキャラ1人1人がこの作品を引き立てています
中学生の青春ものだからこそのいい感じの焦らしがありとても面白かったです
観終わってこの作品が見れないと考えると胸が締め付けられるような感覚に陥ります
物語を振り返ってみても胸が締め付けられるような感覚に陥ります
言葉が変になっているところもありますが
ほんとにおすすめなので見てください!
そして2期?3期?が来ることを願っています
ちなみに美海押しです!!
皆さんの押しも教えて下さい
僕の説明力ではこれが限界です見てない方は見て、観終わった方はそれぞれレビューを書いて意見を教えて下さい
長文失礼しました

投稿 : 2019/07/08
閲覧 : 44
サンキュー:

4

りんご

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 5.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

「好き」をこんなにまっすぐに。

ラスト5話がほんとうに好き。
わたしはマリーさん脚本いいと思うなあ。

序盤は「絵がきれいなラブコメ」。
でも話が進むにつれ、それぞれの登場人物の感情の揺れが激しくなってきて、おもしろい!このアニメはきっと、こういうこと伝えたいんだなあってわかってくる感じです。

登場人物やあらすじについて思うこと。
主人公のまなかは、花澤香菜さんの声だけでなくキャラも「あの花」のめんまそのまま(笑) ズルいくらいに無邪気で可愛い。なんなんだ!!(笑)

それから、まなかの海の幼馴染や陸のメンバーもたくさん出てくるのに、おもしろいくらいにみんな想いは一方通行。まあ、次第に変わってくるのでそこがいいのですが!

個人的には紡くん推しです。はじめから紡くんの紳士な言動には驚いていましたが、最後まで観ても彼がいちばんイケメンだと思いました(*゚▽゚*)

投稿 : 2019/07/05
閲覧 : 65
サンキュー:

2

ネタバレ

nan-nan

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

素晴らしかった✨

”凪のあすから”
久々に泣ける作品でした。
「大好きにならなければ、あんな苦しくならない」
nanもそう思うよ!美海!
クラナド、あの花系統が好きなら是非♪

投稿 : 2019/07/01
閲覧 : 41
サンキュー:

1

ネタバレ

kawadev

★★★★★ 4.9
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

これを素直に楽しめないのは大人だから?

PAワークスのHPで見て、更に評判を知って見た作品。

期待を持って見たのだが…期待が大きすぎた?

綺麗な話だし、まとめ方も綺麗。ただ、私的にこの展開は好きじゃない。素直に楽しめないのは、私が大人になったから?

テンポの悪さも感じたし。

投稿 : 2019/06/21
閲覧 : 83
サンキュー:

5

ペルシア

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

神アニメ

こんな神アニメ見ないでどうするんですか...

投稿 : 2019/06/15
閲覧 : 102
サンキュー:

3

ネタバレ

けいす

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

良作です(後半ネタバレあり)

海と陸の世界の少年少女の淡い恋愛模様を描いた爽やかな作品です。美しく描かれた海の世界の描写は特筆すべきものがあります。キャラの表情も多彩で気持ちがダイレクトに伝わってくる緻密さと魅せ方の上手さ。人を選ぶ作品だし、1クールの最初の方は退屈かもしれないけど、気になってる人には一度腰を据えて見てもらいたい。

以下ネタバレ含む…

2クールの最終回に向かう展開はわりとツッコミどころのオンパレードなので気になる人は冷めちゃうかも。特に5年の冬眠から醒めた光と美海が恋愛関係になるのはないだろーって思いますよ。

だって冬眠から覚めた光にとっては美海は、つい数日前までは小学生だった子が、急に同学年になったからと恋愛対象になるもんですかね?しかも義理の姪。2クール目に急に美海がメインヒロインに押し上げられたのは違和感でした。

美海にとっても小2くらいの時に光に恋心があったとしても、中学生になって、それまで5年間も行方不明だった光が突然現れたからといって即恋愛感情が再燃するかなぁ…(これは要とさゆにも当てはまる)

誰が誰のこと好きーというのが頻発するので、過剰かなとも思えますが、思春期の多感な少年少女だとこんなものかもしれないですね。ちょっとした仕草が気になったりとか、細かな心理描写は巧みでした。数年後にまた見返したら新たな気付きがありそうです。

投稿 : 2019/06/14
閲覧 : 46
サンキュー:

4

ネタバレ

プクミン

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

少年少女が頑張る、愛と友情と青春と何か!!

まず簡単にあらすじ。
舞台は日本で、海の中で生活している人間もいるという不思議設定。
海の中の子供達が地上の学校へ転校し、そこで学園生活を送る。
ただ、地上と海とで対立関係があり、互いに中々歩みよるのが難しいが、徐々にその関係も良い方向へと向かっていく。

全26話で、話が1部と2部に分かれています。
以下、ネタバレ含む内容です。
{netabare}
まずは、人物紹介から。

先島光:本作の主人公で『向井戸まなか』に好意を寄せてる。
向井戸まなか:本作のヒロインで、転校前に『木原紡』と出会う。
比良平ちさき:本作のもう一人のヒロインで、先島光に好意を寄せてる。
伊佐木要:4人の中で良き理解者的立場。比良平ちさきに好意を寄せてる。
木原紡:主人公達海の人間でも差別する事なく接してくれる人。

先島あかり:主人公の姉で、地上の人間と恋仲。
潮留美海:あかりの彼氏の娘。
久沼さゆ:美海の親友。


恋愛要素たっぷりな中、色々あって世界はゆっきりと寒冷化が進んで行く。
海の人間達は、その寒さを冬眠する事で回避出来るが、地上の人間達は回避する手段は無い。
そこで主人公達は、海神様の怒りを鎮めれば寒冷化を回避出来ると考え『おふねひき』と呼ばれる儀式を行うが、渦潮に飲まれ、光、まなか、要の3人は海の中へ。

それから5年が経過し、最初に光が目覚める。
ちさき、紡は光より5年成長した姿になっており、光は再び学校生活を送るようになるも、前は小学生だった美海、さゆも同い年になっていて同じクラスに。
更に姉のあかりには、息子が出来ていた。
光からすれば『おふねひき』は昨日の事だった為、目に見える光景の違いに戸惑っていた。

次に要が目覚め、最後にまなかが目覚めるのだが、その間に人間関係も若干変わり、まなかにも異変が!!
{/netabare}

世界観、時の流れ、人間関係と、複雑に絡み合ったにも関わらず、綺麗にまとまった良い作品でした。
一番好感を持てたのは、主人公の真っ直ぐな気持ち。
ちなみに一番好きなヒロインは、団地妻が良く似合いそうな比良平ちさき。
{netabare}特に19歳で、中学の頃の制服を着たところは最高だった!!君最高!!{/netabare}

最初の1話2話あたりは、話の本筋が見えず分かりにくいかも知れないけど、話が進むに連れ、この作品の面白さが見えて来るので、まだ見てない人にはオススメの一品です。

投稿 : 2019/06/03
閲覧 : 134
サンキュー:

17

〇ojima

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

後半より目が離せなくなる物語

1クール終わり頃からテレビ放送を見て深夜アニメにはまりました。
後半は毎週放送時間が楽しみで、どんな話になるのだろうといろいろ考えてしまうぐらい楽しみでした。

好きな人を待つ気持ち
伝えたいことが伝わらない気持ち
相手を気遣う気持ち
などなど
心の苦しさをとっても表現していると感じます。

視聴者への焦らされ具合も良い具合でした。

是非 たくさんの人に観てもらいたいと思います。

OP・ED4曲ともいい曲です。
「lull〜そして僕らは〜」 少年少女の元気さ。
「ebb and flow」 昔からのしがらみから抜けれない苦しさ。
「アクアテラリウム」5年間待った月日の長さ。
「三つ葉の結びめ」 好きなつらい気持ちだけど前向きに考える。

 今聞いても映像を思い出してしまいます。作品も曲もお気に入りです。

投稿 : 2019/05/25
閲覧 : 332
サンキュー:

52

ネタバレ

和田アキ子信者

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:----

こういうのが観たかった!!

高評価の割に他の高評価作品に対して知名度が高くないが間違いなく一級の作品

これはグラ○リップがメッチャ期待されてたのも納得。結果は、、、

投稿 : 2019/05/19
閲覧 : 114
サンキュー:

6

がおー

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

最高

キャラ1人1人の心情表現がしっかりされててよかった!

投稿 : 2019/04/27
閲覧 : 39
サンキュー:

2

ハウトゥーバトル

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

スピードワゴン小沢も驚きな甘さ

視聴理由 友人から「甘すぎて糖尿病になりそう」と

序盤 海の人か…あ、人も海の人を認知しているのね

中盤 これは…え?1クールでも全然話の内容としては良かったよ?もう終わるかと思ったら2クールなのね。期待

終盤 え?あ、えぇ。美海ちゃん可愛い

内容は濃かった
恋愛を主体とした感じ
しかも中学生くらいだから、もどかしい感じがたまらない
恋愛ものになると時々嫌な奴が出てくるけど今回は出てこなかった。みんながみんなちゃんとした意思を持って行動してる
紡君がかっこよさすぎるのと美海ちゃんが可愛いのが良かった
海の作画もとても綺麗で、声優さんもすごい演技力だった。本当に本人がその場で喋ってるような臨場感

投稿 : 2019/04/10
閲覧 : 169
サンキュー:

8

Halrunn

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

序盤を我慢すれば、後半は感動のエンドが待っていた

他の方のレビューを信じて、見続けてみた結果、

後半はCLANNADのafterstory的な展開となり、

作品に引き込まれてしまいました。

まだ見ていなくて、26話見る時間がある方に

超オススメします。

投稿 : 2019/04/07
閲覧 : 180
サンキュー:

3

ネタバレ

ピピン林檎

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

溢れ出る感情の波に幾度も心をかき乱されてしまう、感銘も感動も大きいが視聴に難儀する《名作》

(2019年3月) 制作情報等を追記

◆感情描写の濃度が桁外れに高い作品

私は、恋愛などの感情描写系アニメを視聴するときは、作品中に不意に差し込まれる微妙な心情変化を見逃さないようになるべく集中して視聴するようにしているのですが、本作の場合、多数の登場キャラたちのどんな目線の動きにも手足の仕草にも確りと意味が込められていて、そうした一つひとつの挙動に暗示される各キャラの感情推移を読み取るのに視聴中ずっと頭をフル回転させている状態が続きました。
そのため1話視聴する毎に物凄く疲れて、暫く頭を休ませてから次の話に行く、ということの繰り返しで、これまで本作を余裕を持って視聴できていなかったのですが、3周目を終えた時点で漸(ようや)く、そうした感情を読み取る作業を自分が納得いく程度に終えることができた感じを持てました。
そして念を入れて行った4周目の視聴で、やっと余裕をもって本作全体を楽しめ、かつ自然な感じで感動もできたように思ったので、それに合わせて本作の評価を ★ 4.3 → ★★ 4.7に大幅に引き上げました。
(※1~3周目も視聴中に感動はしていましたが、果たしてその自分の感動が辻褄の合った納得のいくものなのか確証がもてずに警戒しており、本作の総合評価を ★ 4.1~4.3と低めに据え置いていました)
だいぶ苦戦しましたが、頑張って繰り返し視聴して良かったと思いました。

◆起/承/転/結のはっきりしたシナリオ構成

本作は、純粋な日常系の恋愛作品ではなく、①ファンタジー設定と②セカイ系設定を上手く組み込んだ変則的な恋愛感情描写系作品ですが、よく見るとシナリオ構成の基本に忠実に、全26話を以下のように、【起】【承】【転】【結】に上手に振り分けていることが見て取れます(※詳しくは◆各話タイトル&評価へ)。

【起】第1~7話(計7話) {netabare}海村とウロコ様の存在というファンタジー設定が示される{/netabare}
【承】第8~13話(計6話){netabare}地上の異変と海村の冬眠・人の滅びの予告というセカイ系設定が示される{/netabare}
【転】第14~20話(計7話){netabare}5年後の世界に切り替わり海村の3人の冬眠からの目覚めが描かれる{/netabare}
【結】第21~26話(計6話){netabare}登場人物たちの錯綜した恋愛状況が世界の命運と連動しつつ収束していく{/netabare}

◆作品テーマ

ひとことでいえば、{netabare}恋愛感情をもつがゆえの苦悩とその最終的な肯定{/netabare}、を描き尽くすことにあると思います。
この作品テーマは、第5話(あのねウミウシ)での美海と光の会話によく現われます。
{netabare}
美海「もう、あんな悲しいお腹になるのは嫌だ。大好きにならなければ、あんなに苦しくならない。だから、だから美海・・・」
光「大好きにならなければ、好きにならなければ、辛くならない。確かに、そうかも知れねぇな。」
美海「え?」
光「なんか俺も人のこと言えねぇ。好きとか、なんないほうが、やっぱ楽なのかも知れねぇと、思う。だけどよ、誰かを好きになるの駄目だって、無駄だって思いたくねぇ。」{/netabare}

→この会話は最終話で見事に回収されます。

※なお、本作で最終的に肯定される「恋愛感情」とは具体的にどのようなものか?をさらに一歩踏み込んで考察すると本作を一層深く楽しめるようになるのではないか、と思います(※その点、◆本作品に描かれた恋心(恋愛心理)の整理へ)。


◆制作情報
{netabare}
原作         Project-118
監督         篠原俊哉
シリーズ構成     岡田麿里
脚本         岡田麿里(12)、横手美智子(4)、吉野弘幸(4)、和場明子(3)、根元歳三(2)、西村ジュンジ(1)
キャラクターデザイン ブリキ(原案)、石井百合子
音楽         出羽良彰
アニメーション制作  P.A.WORKS{/netabare}


◆各話タイトル&評価

★が多いほど個人的に高評価した回(最高で星3つ)
☆は並みの出来と感じた回
×は脚本に余り納得のいかなかった疑問回

======================= 凪のあすから(2013年10月-2014年3月) ====================

~~~~~~~~~~~~~~ OP「lull〜そして僕らは〜」、ED「アクアテラリウム」 ~~~~~~~~~~~~~~
     ※ まなか・ちさき・光・要・紡(中学2年)、美海・さゆ(小学3年)
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 【起】 第1~7話は、{netabare}海村の4人が陸村の中学に転入したことを切っ掛けとして、彼ら内部や彼らと陸村の人たちとの間に発生する心の揺れ動きを描出{/netabare}
 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
{netabare}第1話 海と大地のまんなかに ★ 海村の4人の転校初日、まなか・紡の出逢い
第2話 ひやっこい薄膜 ☆ 美海・光、さゆ・要の出逢い、あかりの恋愛事情
第3話 海のいいつたえ ☆ 海村の掟、あかりの男の事情、紡と海村の4人が打解ける
第4話 友達なんだから ★ お女子様の破損事件、さゆの要への思慕の始まり
第5話 あのねウミウシ ★★ ちさきの想いを知ってしまう紡・まなか、美海家出・光への思慕の始まり
第6話 巴日のむこう ★ 光・紡の水泳競争、ちさき・まなかの喧嘩~仲直り
第7話 おふねひきゆれて ☆ 海村と陸村の対立、あかり海村から離れ地上へ{/netabare}
 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 【承】 第8~13話は、{netabare}地上の異変~海村の冬眠決定を契機とした海村の4人や陸村の人たちの決断・行動を描出{/netabare}
 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
{netabare}第8話 たゆたう想いのさき ☆ 美海・光・紡・まなか・ちさき町へ(プレゼント探し)
第9話 知らないぬくもり ★ 地上の異変、紡→ちさき「今のあんた嫌いじゃない」、廃校でハグ(光→まなか)
第10話 ぬくみ雪ふるふる ★★ 冬眠の準備、まなかの想いはウミウシへ、要の告白
第11話 変わりゆくとき ☆ お船引き決定~準備、あかりの決断(結婚・お女子様に)、ちさきの決断(光へ)
第12話 優しくなりたい ★★★ 廃校での告白(光→まなか、ちさき→光)、第1話のリフレイン(まなか・紡)
第13話 届かぬゆびさき ★★ 冬眠、お船引き、お女子様(あかり→まなか){/netabare}
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ OP「ebb and flow」、ED「三つ葉の結びめ」 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ※ まなか・光・要・美海・さゆ(中学2年)、ちさき(看護学校1年)、紡(大学1年)
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 【転】 第14~20話は、{netabare}5年後の海村の3人の目覚め、彼らと地上に残された人たちの戸惑いを描出{/netabare}
 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
{netabare}第14話 約束の日 ★ 5年後の世界(主にちさき・美海の視点から)、光の目覚め
第15話 笑顔の守り人 ★ 光・ちさき再会、美海の光への思慕、紡→ちさきへの希望表明
第16話 遠い波のささやき ★★ 光とのデート(美海・さゆ喧嘩)、美海にエナ、要の目覚め
第17話 ビョーキなふたり ☆ 要・ちさと再会、さゆ・要再会、海村へ(美海・光・要) 
第18話 シオシシオ ☆ 冬眠中の海村の様子、まなか発見~救出
第19話 まいごの迷子の… ★ 大人になった事に気付くちさきと、紡・要の彼女への想い
第20話 ねむりひめ ★ まなかの目覚め(必死に手を尽くす光と揺れる美海の心){/netabare}
 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 【結】 第21~26話は、{netabare}海神様とお女子様の伝承をリンクさせつつ、登場人物たちのそれぞれの想いの着地点を描出{/netabare}
 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
{netabare}第21話 水底よりの使い ☆ OP映像マイナー変更。まなかの異変、ちさきと光たちとの距離・紡との距離
第22話 失くしたもの ★ ウロコ様探し、まなかの失ったもの(人を好きになる心)
第23話 この気持ちは誰のもの ☆ ウミウシの石、紡・光の殴り合い、紡の想いがちさきに伝わる(紡にエナ、海村へ)
第24話 デトリタス ★★★ お船引き再び、ちさきの本心(要へ)、さゆ→要へ告白・完結
第25話 好きは、海と似ている。 ★★ まなかの本心(美海・紡へ)、紡・ちさき完結、美海失恋、お船ひき
第26話 海の色。大地の色。風の色。心の色。君の色。~Earth color of a calm~ ★ 美海の心を知る光・お女子様の心を知る海神様、光・まなか完結、ぬくみ雪やむ{/netabare}
----------------------------------------------------------------------------------
★★★(神回)2、★★(優秀回)5、★(良回)10、☆(並回)9、×(疑問回)0 ※個人評価 ★★ 4.7


※このように本作は前半のラスト2話(第12-13話)・後半のラスト3話(第24-26話)にそれぞれクライマックスが来るように巧みに構成されていますが、その他の回も万遍なく楽しめる平均点の高い作品となっています。
(前半が詰らなくて後半がグンと面白くなく『とらドラ!』とは好対照)


◆本作品に描かれた恋心(恋愛心理)の整理

私たちがラブストーリーを批評する場合、「きゅんきゅんする」「甘酸っぱい」「純情」というのは常套句ですが、そうした感覚的で曖昧な表現だけでは、恋心(恋愛心理)の分類としては舌足らずであり不明確だと思うし、また本作に描かれた恋を「青臭い」の一言で切り捨てるのはいかにも粗雑な感想だと思います(※もし「青臭い」と断言するならば、どこがどう青臭くて、それとの対比で「青臭くない」恋とはどんなものなのか?が具体的に示されないと説得力に欠けます)。

そこで、ここでは本作に描かれた恋愛模様をより具体的に考察するために、以下の分類を用います。

{netabare}<1> 出逢い方による分類

①幼馴染型 → 海村の4人の場合(光・要×まなか・ちさきの関係)
②ボーイ・ミーツ・ガール型 → 陸村と海村の出身者の間の場合(紡とまなか・ちさきの関係)
③年上への憧れ型 → 陸村の小学生と海村出身の中学生の場合(美海・さゆ×光・要の関係)

<2> 恋の回数による分類

①初恋 → この作品の大部分の恋
②2回目以降の恋 → 無意識のうちに進行してしまうちさきの紡への恋
③その他(既婚者との恋など) → あかりの美海の父への恋

<3> 恋愛感情の内容による分類

①趣味的恋愛感情(※相手の好意の獲得を目的とした駆引き的な恋であり、恋に恋して恋を自覚的に楽しんでいる状態)
②虚栄的恋愛感情(※ブランド品を見せびらかすように恋人を持ちたがること、また人の恋路に嫉妬して燃え上がる恋)
③肉体的恋愛感情
④情熱的恋愛感情(※説明が難しいが、本作で描かれるほぼ全ての恋愛感情はこれに当てはまる){/netabare}

このように本作は、都会から遠いファンタジックな小村(海村も陸村も)で生まれ育ち、世の波風にまだ汚されていない中学2年(13~14歳)の少年少女の初恋という設定に基づき、全26話を通して、①~③の要素をほぼ排除して、④情熱的恋愛感情の描出一本槍で突っ走るという、ラブストーリーとしては些(いささ)か稀な作品となっています。

また、本作で描かれる心理関係のほとんどが、幼馴染の間か、さもなくば年上への憧れとして発生していることも、彼らの④情熱的な恋愛感情に説得力を持たせています。

《一般的な恋愛作品との違い》

これがもし高校生以上の関係で、かつボーイ・ミーツ・ガール型の出逢いだったなら、いきなりの④情熱的恋愛感情の発生には余り説得力がなかったことでしょう。
例えば、あにこれでも高評価の恋愛アニメの代表格『とらドラ!』は、
{netabare}
(1)序盤から中盤にかけて、ヒロイン大河の北村君への恋のときめきや躊躇いを繰り返し描き出していますが、そうした大河の恋心は、実は「駆引きを通して相手の好意を獲得することを目的とする恋」つまり①趣味的な恋愛感情であって、
(2)第16話(すみれさん乱闘事件)を機に大河は自分の恋心の浅はかさを悟らざるを得ず、そして、
(3)第19話で、大河はとうとう自分の本当の恋心は北村君ではなく竜児にあることを自覚するに至り、なおかつ、この自らの恋の成就を目指すのではなく、これを秘匿し押し殺して竜児の恋の成就を密かに支援する側に廻ることを決意する、
{/netabare}
・・・という流れになっていますが、このように大河の恋心が、①趣味的な恋愛感情から、④情熱的な恋愛感情に移行してしまうストーリー展開の巧みさに『とらドラ!』の凄みがあって、それがこの作品が高評価を取っている本当の理由と私は考えています。

この『とらドラ!』の例のように、優れた恋愛作品というのは、アニメ・実写あるいは小説といった表現媒体に関係なく、

(1)①趣味的な恋愛感情、②虚栄的な恋愛感情、あるいは、専ら④肉体的な恋愛感情からスタートした心理的関係が、
(2)いつの間にか、④情熱的な恋愛感情に転換してしまい、本人の意思では簡単に逃れられなくなっている様

・・・を説得力をもって描き出している作品であるのが一般的だと思います。

※因みに、そのような説得力を持ったアニメ作品は、実は結構少ないと私は思っており、例えば、あにこれで「恋愛タグ」に高いポイントがついている作品であっても、その内容をよく見ると、①趣味的恋愛や②虚栄的恋愛の範囲内で終始していて、④情熱恋愛への転換を描くに至っていないものが幾つもあると思います(例えば、『CLANNAD』、『初恋限定』)。

《本作視聴の難儀さの理由と魅力》

そうした一般的な恋愛作品との比較から、本作はやはり、
{netabare}
(1)海村という閉鎖的な環境で自然に芽生えた幼馴染同士の恋という設定、また、
(2)小学3年生の少女の5歳年上の少年への憧れと、少年の5年間の冬眠状態~解除により、本来は恋愛が成立しないはずの関係が“成立し得る関係”に転換してしまう、という現実世界では在り得ない特殊設定
{/netabare}
を巧みに用いて、序盤から終盤まで一貫して、④情熱的な恋愛感情の進行過程の描出だけでストーリーを展開している点で、恋愛作品として特殊であって、

(1)その④情熱恋愛一本槍という特徴から、本作に独特の息詰まるようなナーバスさが発生し(※注釈)、
(2)その結果、私たちは毎話のように視聴に難儀してしまう羽目に陥るのですが、
(3)そのナーバスさ・難儀さは私たちにとって、懐かしくまた切ない感覚を伴ったものでもあって、
(4)結局のところ本作の最大の魅力は、そうした感覚を私たちに思いがけず(かつ繰り返し)惹起させてしまう点にある、

・・・と私は結論づけたいと思います。

(※注釈)もし本作に、①趣味的・②虚栄的・③肉体的な恋愛感情が一定量混在していれば、他作品によくあるように、それらが適度に陽気な冗談や下ネタやおふざけを作品中に呼び込んでいたはずです。

================================
◆(参考)過去に書いた感想・レビュー

※前述のとおり、私は3周目までは「自分が安易に感動させられてしまうこと」への警戒から本作に対して相当に身構えていて、本作から自分が受ける感動の性質を慎重に見究めようという批判先行の視聴姿勢を取っていました。
以下はその当時の感想・レビューの一部です。

2015.3.10 三回目視聴を完了。
各話評価を追記。総合評価を4.1→4.3に改訂。
1クールに上手く圧縮されていたなら私も本作を名作(総合評価4.5以上)と評価していたと思います。
ですが、2クールはちょっとやり過ぎ感あり(稀に見る美酒も味わい過ぎると食傷気味になってしまう感じ)。
そういう意味では、かなり残念な作品でした。

2014.7.19 二回目視聴を完了。
全体に遊びとかギャグ要素が非常に少なく、重く沈鬱な印象。
この作品は毎話毎話、ほんの一瞬のカットに感情の微妙な変化や発露を盛り込んでくるので、安直な気分で流し見するわけにはいかず、全26話を通しで視聴するのに今回もかなり時間がかかってしまいました。

================================
※以下は第1回目視聴直後の感想・レビューです。

《岡田シナリオのメタ分析》

{netabare}★岡田シナリオの基本パターン

このアニメのシナリオ構成・脚本を担当した岡田磨理という方のシナリオは、表面的には色々ヴァリエーションを取りながらも、大雑把にいえば、

==========
A子はB男が心底好きだ。
だがB男は、A子の親友のC子の方に恋をしており、A子にはそのことがよくわかる。
A子も親友のC子が大好きで、彼女の美点を沢山知っている。



A子は、自分がB男に恋しているのと同じように、B男もC子に恋をする権利があると考える。
A子は、B男の恋心を捕らえている親友のC子を羨ましく思い、そしてそのようにC子に嫉妬している自分の心に気づいて、自分を浅ましく醜いと思う。
A子は、B男のC子への恋が実ることが、自分が恋をしているB男にとって一番幸福なことだと思い込む。
こうしてA子は、自分の恋心を押し殺して、B男のC子への恋を実らせるために密かに行動を始める。



ところがC子は、ずっと以前から親友のA子がB男に激しく恋していることを知っており、A子のB男への恋を実らせるために、B男に対して無関心を装うどころか、B男ではなく全然関係ないD男に恋している振りまでして、B男の自分への恋心を挫こうとしている。
実はC子も本当はB男を恋しているのだが、親友A子の恋心を犠牲にしてB男の恋心を受け入れようと時折考える自分の心を醜く浅ましく思い、許せないでいる。



一方、B男は・・・
また、D男は・・・
==========

という複数の男女の恋心が錯綜しループして、それぞれの善意と誤解から軋みと混乱と和解とが繰り返され、こうしたカオス的状況の中から次第に着地点が現われてくる、というパターンを、凡そ踏襲しているように見える。

この「凪のあすから」という作品も、これでもかと畳み掛けるような感じで、こうしたパターンが集積して出来上がっているように見える。

さすがにここまでくると、ちょっと食傷気味で、私の個人的評価は低くしてしまいましたが、でも、やっぱり実際視聴してみたら、相変わらず面白いんだよね、これが。

逆に言うと、なぜ岡田磨理さん以外のシナリオライターが、こうしたワンパターンながら安定的に私たちの心を揺さぶるようなシナリオ・脚本を書けないのか?ということの方が疑問なくらいです。

★岡田シナリオとその他の人のシナリオの違いとは何か?

一言でいえば、登場人物たちが、根本的な部分で、自分の恋心の成就を望むか否か、の違いではないか。

上にも書いたとおり、岡田シナリオの登場人物たちは、

①自分は誰かに激しく恋しながらも、
②自分の恋の対象者は、自分と同じくらいの強さで別の誰かを恋する権利を持っており、あるいは、
③自分とは別の誰かも、自分と同じくらい自分の恋の対象者に強く恋する権利を持っている、

ということに何時も気づいて、結局

④自分の恋心を押し殺して、自分の恋の対象者の恋を成就させることが正しい、という結論に達し、
⑤そのために密かな行動に出て、かつその行動を決して誰かに悟られまいとする、

という行動パターンを踏襲する(しかも一方ではなくほぼ全員が)。

要するに、岡田シナリオの登場人物たちは、他の、言ってみれば趣味的な恋愛感情のやり取りをしている作品の登場人物とは全然違って、アニメ作品でありながら、かなりリアルな情熱恋愛的な行動パターンを取っている、ということになり、そこから岡田シナリオの独特の迫力が生まれるのではないかと考えます。
{/netabare}

投稿 : 2019/04/01
閲覧 : 1845
サンキュー:

157

taijyu

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

2部で格段に評価が上がった傑作

1話感想:
絵柄が可愛くてクオリティが高い。
ブリキ絵だってことは言われないとわからないですが、確かに特徴が良く残っています。
ストーリーも、キャラの心情が良くわかって楽しめます。
世界観も興味深いですね。
これは楽しみです。

全話感想:
一部はちょっと変わった世界観の、ごく普通の青春モノという感じ。
良質でそこそこ面白い程度でした。
しかし後半はクオリティが格段に上がって、素晴らしい傑作になります。
あまりに感動的で、全話ほぼ泣き通しでした。
間違いなく傑作です。

投稿 : 2019/03/30
閲覧 : 142
サンキュー:

4

シャメダイア

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:----

文句なしの満点!

面白かったです!展開がどうなるか全く予想出来ず毎回ドキドキしながらみてました!最終回は涙を流しながらみてました!まだ見ようか迷っている方は是非見てください。後悔はさせません!

投稿 : 2019/03/24
閲覧 : 79
サンキュー:

3

ネタバレ

すがさ

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

好きな人を一生懸命に好きな君を応援したい

私の中で神格化されている作品。

美海ガチ恋オタクになってしまった…。


ちなみに、一番印象に残っている2人は{netabare}紡とちさき。

19話、梅ジュースで酔っ払って眠ったちさきに紡が、「お前と一緒のこの5年は、俺にとってはそういう時間だった。」と囁いたところはハッとした。

他の人物と違って感情を表に出さないから分かりづらいけど、
5年の間に紡も、おじいさんの病気とか、母親との関係とかで相当苦しんできたんだと思う。
おふねひきの一件で要に命を救われたことについても、何か思うところはあっただろう。

紡が、幼馴染3人と離ればなれになったちさきの支えになっていたように、
ちさきも、紡の心の拠り所になっていたからこそ、
2人の間に信頼関係が生まれた。

そして、シオシシオでの会話シーン、おじょし様ボコボコ事件まで遡った告白は衝撃的だった。

「今はちさきの気持ち、俺にあるんじゃないかって。それは俺の勘違いだったのか?」というのは、
ちさきの葛藤を考えたらちょっと酷いけど、
不器用にもそうやって率直な指摘をしてくれたことで、ちさきは光の柵から解かれることができたんだなって。{/netabare}


{netabare}美海やちさきの、光への想いがすごく素敵だっただけに、まなかの魅力がちょっと弱いな~とは思ったが、
振られた2人もその失恋を糧に、前に踏み出せていたのは良かった。{/netabare}


とても感動できる作品なので、まだ観てない方は一度観てみてください!!

投稿 : 2019/03/21
閲覧 : 356
サンキュー:

40

ネタバレ

ジャスティン

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

好きという気持ちをどう伝えるかを考えさせるきっかけを与えるアニメ

【視聴きっかけ】
この作品を知るようになったのは、

SNS上でも結構お勧めされており、
そんなに良いのか?と思いながら
最初はスルーw

ですが、AT_Xに加入していた時期に
偶々放送がありました。

「そういえば、お勧めらしいなあ」
「じゃあ、見て見るか」みたいな流れで視聴

【良い点】
まずはっきり言っておきたいのは
「何この世界観は!?」というぐらい
世界観が綺麗!!
P.A.WORKSさんだからというのもあるけど、
世界観が綺麗というのは、
作画が綺麗とはまた違う。

世界観 = 世界の設定のことかな。
一目見ただけで惚れました。

この世界にもこんなに美しい風景が
存在しているのだと認識してしまう。

実際こちらの世界にも立派な風景もあるけど
アニメでそのクオリティを出せるとは
思ってもみなかった。

また、ストーリー設定は恋愛もの。
恋愛と言ってもガチの青春的な恋愛ものに近い。
恋愛あるあるパターンのご都合主義がなく、
キャラ一人一人細かく描かれている。

それは、まるで「海みたい」な綺麗さに
自分自身が惚れているのだと思う。

2クール目からがここの本編というべきだろう
1クールの最後では「おふねひき」の失敗から
物語がスタートする。

ここで素直の感想にいうと、
ここで終了にしてほしかったとも思えた自分がいました。
5年で変化したみんなの姿が異様に気持ち悪いと思えました

「あの姿が良かったのに」...と思った自分がいました。
完全に光と同じ立場。

でも、少し我慢して視聴を続けていくと
さっきまでの感情が海に流れていくように
ゆらゆらと落ちていくにその感情が解けていきました。

そこからは、2クールはバリバリ視聴が出来て
大満足で終了しました。

最終回で賛否両論が別れましたが、
実際に上手くいっても「みんなが幸せ」になりました。
おしまいみたいな方法をしなくて私は正解派。

この終わり方が『凪のあすから』の今までやり取りから
こうなるのもこの作品らしかった。

【悪い点】
前半のパートが凄くイライラしてしまう感じが
そこまで気に入らないです。

実際最後まで視聴をすると、
光たちの成長物語と呼べるから名作になるんだけど、
1クールが本当にうざく見えてしまう(特に光が)

どうしてもこうなってしまうのは、
2クール目で引きだたせたいからだと思う。
「何も変わらない」ことと「変わった」こと
それぞれあるからこの作品は、2クール目でも
恋愛感情が変化してしまう部分が魅力的だと思っています。

1クールが勿体無い。いや多分2クール目が凄すぎたかもしれない
絶対に1クールで完結していたら名作にはならなかった作品でしょう。


【あとがき】
前回のレビューでネタバレ報告があったのに
全然知らんぷり状態になっていて本当にございませんでした。
【ご報告】
近いうちに「あにこれの交流会」を開催します。
詳細については私のプロフィールをご覧下さい。
冬アニメのこと新しくなる春アニメのことを語っていく
そんな交流会にしたいと思っています。
また、新規のユーザーも大歓迎ですので、是非ご参加下さい。


前回までのレビュー内容

全部で26話で構成されていて、第1部は「おふねひき」を行うために【海の子】と【地上の子】たちが『共存』し奮闘する感じの構成。
第2部では「おふねひき」から5年後が経過して後世界でちさきと紡の二人の関係や、【海の子】が冬眠してしまった後の話が語られる。

個人的にこの作品の好きなところは、恋愛要素で三角関係というよりは、一方通行の恋愛というのがとても辛い関係なのが切なかった。後半になるにつれて、ドロドロ関係にまでは発展しないけど、その手前ぐらいまでなるのが切なくてほんと好きでした。こんな関係になることが青春している感じが良いところ。そして
P.A.WORKSさんの得意な青春要素と水の映像が素晴らしくマッチングしていて、海の景色を見ると言葉が出ないほどの出来がいい。

この作品のテーマは【好きになるとは?】と【共存】だと思っています。好きになるというのは簡単で簡単ではない複雑な関係になることで、諦めてたり、誰かを傷つけて自分のものにしたいかが問われる問題についてそれぞれこの気持ちになることで、本当の気持ちを表すことで本当の幸せが待っていると信じるのは青春だと感じた。そして前半では共存がテーマだと思いました。確かに私たちが住んでいる人は、同じ言葉で会話が出来ていたりしていますが、実際に海外の人が来ると出身を聞くことですぐに固定概念がイメージされてしまう。このような経験は実際に私にもあった。でも実際は優しかったり、一番の親友になれることだって普通にありました。

このアニメで教わったことは2つ
【自分の気持ちを叶えるためにこれからの自分はどう行動するのか?】
【固定概念にとらわれず、実際に自分の目で確かめる】
これはこの作品ではないとなかなか教えられない作品だと思いました。

投稿 : 2019/03/15
閲覧 : 160
サンキュー:

19

ネタバレ

dryZm40948

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ニコニコのMAD最高でした

1周目はニコニコ動画でみて、コメント見ながらであんまりアニメに集中して見なかったけど、それでも背景の作画とか盛り上がるシーンとかすごいよくて自分の中の評価は結構高かったです。
4年ぶりに凪あす初めての友達とコメントなしで見てみると、細かい描写でキャラの心情がよく表されていました。なのでつらいシーンとか、1周目の比じゃないくらい心えぐられたし、その分エンディングは感動しました。脚本にけち付ける人がいますが私はほかの結末だとこの感動はないと思っています。
この作品は作画、音響、声優、主題歌でストーリーを盛り上げて本当によくできてると思います。見終わった後の爽快感とか、君の名は、に近いものを感じました。
後半から盛り上がるアニメと言われていますが、前半から集中して見るのをおすすめします。

追記
↓のmad、めちゃくちゃ感動しました!超おすすめです!ネタバレ注意
【MAD】いつかの空と同じ 【凪のあすから】 http://nico.ms/sm22800776?cp_webto=share_others_androidapp

 【MAD】Earth color of NAGI【凪のあすから】 http://nico.ms/sm23323645?cp_webto=share_others_androidapp

投稿 : 2019/03/05
閲覧 : 107
サンキュー:

5

ダビデ

★★★★☆ 3.2
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

海の人と陸の人がいる設定の恋愛の話

多くの人の評価が高かったので,観てみました。

はじめは,作画的に,目が大きいのがなじめず,話も感動を狙っているのか,設定の意味もイマイチに感じ,断念しそうでした。
作画の風景などはきれいだと感じたのですが,ウダウダとした恋愛の話が続いてるような感想だったからです。

でも,第2クールに入ってからは,それまでの話が,伏線的になり,断念せずにすみました。

投稿 : 2019/03/02
閲覧 : 443
サンキュー:

16

ジパミィナ

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

流石の作画 69点

ストーリー全体としては全体的に暗い作品ですが、メインキャラの成長と心の葛藤は良く表現できていると思います。
一番は作画のクオリティが素晴らしいですね。映画レベルの作画なので、次に見る作品の作画はどうしても気になってしまう。
OP・EDともに作品にとてもマッチしていて、OPでは寒空、EDでは海中(水中)をイメージしている印象を受けます。

繰り返し何度もというような中毒性は無いけど、作画だけでも見る価値あります。

投稿 : 2019/02/23
閲覧 : 123
サンキュー:

1

シワーる

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

楽しむには十分な恋愛脳が必要

評価が高かったので見てみました。海中に住む人間と、地上に住む人間とがいる世界設定です。前編13話、後編13話。

正直いってこの作品の対象とする視聴者は、私ではないなと思いました。もうすこし冒険活劇寄りだと勘違いしていたのですが、実際は中学生たちを主役とした少女マンガチックな恋愛アニメです。

A君はBさんが好き、BさんはC君が好き、みたいな関係で、個々のキャラクターが感情の渦に巻き込まれていきます。残念ながら恋愛感情が摩耗している四十男の私には見続けるのが苦痛でした。しかも登場人物の精神年齢がとても幼く感じるので(すぐに激昂する、言動が小学生みたい等)なおさらです。

恋愛の他に、世界異変とか海の人間と地上の人間における対立と和解といったテーマもあつかっています。話としては世界設定と恋愛をからめて、うまくまとめているとおもいます。前編のEDソングは好きでした。

投稿 : 2019/02/23
閲覧 : 110
サンキュー:

3

ぽんkotu

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

1回は見るべき

キャラの設定年齢は低いけど恋愛要素は大人向け
ファンタジーと恋愛を上手く融合してる作品
冬眠からのキャラ設定と物語構成は神作品

投稿 : 2019/02/15
閲覧 : 133
サンキュー:

3

s

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:----

P.A.WORKSの大作

P.A.WORKSとはこのアニメの製作元で、ここは素晴らしい作画が特徴的でありオリジナルアニメが多い。

少し話がズレたが、このアニメのジャンルはファンタジー恋愛もの。
前提として、海で生きていける人間が存在する世界である。
そして海と陸、別の世界で生まれ育った少年少女の恋愛、成長物語。
1クール目は海に住める人間がいるという特徴があることと、作画が素晴らしいということ以外は及第点レベルの普通の恋愛アニメであったという印象であったが、2クール目で完全に化けた。リアルタイムで見ていたが、当時はその事でSNSで話題になったものである。なので1クール目が微妙であったからといっても、そこで切らずに最後まで見て欲しい。

作画はこれまで言った通り本当に素晴らしく、5年も前のアニメだが、正直このアニメより作画で勝っているアニメはほぼ無いと言っていい。(戦闘シーンがないため、そういったアクション系は除く)
OPEDについてたが、やはり化けたと言われる2クール目のOPは自分にとっては特別。当然それ以外も素晴らしいが、とにかく2クール目が強烈な印象を残したためこういう評価になっていると思う。

そしてこのアニメは登場人物の成長と葛藤も魅力の一つだと思う。
総評はとにかく魅力的で、完成度の高い作品でした。しかし、恋愛アニメには必ず登場する報われないキャラが出てしまうため、そこが心苦しい所。
どうしても、皆幸せになって欲しいと願ってしまう…
まあこれは恋愛アニメとは切っても切れないものなので仕方ないが:(

投稿 : 2019/02/11
閲覧 : 69
サンキュー:

5

ネタバレ

Xtushi.N*

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

視聴を考えている人へ

このアニメは間違いなく”神アニメ”です!

海の中を表すための美しい描写にまず驚いたのはもちろんのこと、揺れ動く登場人物の感情が細かく伝わってくる細かな表情の変化や情景描写でいつの間にか物語にのめり込んでしまいました。OP,ED共に気に入っておりここまで隙のないアニメは初めてです!アニコレの評価は満点をつけさせてもらいましたw   

声優は個人的な感想が入りますが花江さんや花園さん、茅野さんなど {netabare} 最後には早見さんまで! {/netabare}なんで今まで見てなかったのか驚くような豪華な声優で、言葉の一言一言が暖かく感じられました。

海でも人が住んでるという現実味のない設定と純粋な恋愛の話が噛み合うのか不安で長らく視聴をためらってました。でも一話見てしまうともう続きが気になって見るのをやめられなくなってました。ぐいぐい話に引き込まれます。

内容に関してはアニコレでたくさんのレビューがあるので分かっているとは思いますが恋愛物語です。セリフ一つ、行動一つに心が高鳴り、手に汗握る展開で常にドキドキしながら見てました。ぜひこの興奮を皆さんにも感じでほしいです!

以下 自己満足ネタバレ感想
{netabare}
もちろんキャラはよかったけど紡にはもうちょっと感情の変化を表情に出してほしかった。クールキャラは大事だし水浴びの時すごく笑ってたのはとても好感が持てたけど誰にでもキザなこと言うしなんでも分かってる感じがあんまり好きになれなかった。ちさきには勿体ないと勝手に思ってしまう。でも常にまっすぐで優しい紡だし5年も一緒にいたら仕方ないのか...とも思ったり。

要はもうちょっと話に入ってきてもよかったな。よくある何でもわかる”傍観者”役から一歩踏み出してちさきに告白はしたものの終始存在感がないわりに毒づくシーンは特徴的であんまりいい印象は受けなかった。さゆが要を好きなことで多少は話を持たせたけど...要自体この話でもっともつらい思いをしているし中々可哀そうなキャラだとも思ってる。

まなか、ちさき、光、美海についてはみんな最高だった。

光とまなかがくっつくのは当然としてもそれを傍観する要、紡。片思いで終わってしまうちさきと美海という話だったらただのハーレムのそれまでのアニメだったと思う。でもそうじゃないからこそ辛いし切なく感じてしまう。

みんなの幸せを願いながら見てるからどうしても言いたいことはでてきてしまう。内容に是非をいうのは何か違うとは分かってるけど。素晴らしいアニメであることは間違いないし多くの人に見てもらって色々な感想を見てみたい。

{/netabare}

投稿 : 2019/02/09
閲覧 : 86
サンキュー:

4

北海イクラ

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観たい

恋愛・ファンタジー

人間が昔は海中に住むも今は海中と陸上に分かれて住む世界を舞台に、7人の少年少女の揺れ動く心情を描く作品。
(wiki抜粋)

1週したのですが、どうやらここに感想を書くのはもう一回視聴してからのほうがよさそうです。
自分なりに解釈してちゃんと感想を書きたいと思います。

https://ch.nicovideo.jp/story_ana
lysis/blomaga/ar500408

世界観解釈参考用サイト(URLのアナライズがNGワードに引っかかった;;)

投稿 : 2019/02/07
閲覧 : 54
サンキュー:

1

ネタバレ

三毛猫メリー

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

凪のあすから

過去に視聴済み。

面白かった。
海の情景が美しく癒されます。
前半夢中で見ましたが
後半の冬眠した子と、しなくて年を重ねた子の話は
あまり好きではありませんでした。

それでも、なかなかいいアニメだったと思います。

投稿 : 2019/02/06
閲覧 : 84
サンキュー:

8

やまし

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

不思議な感じ。

海と陸での争い。現実でもあるのではないかと考えさせられる。個人的にはちさきファンです

投稿 : 2019/02/05
閲覧 : 54
サンキュー:

2

ネタバレ

ツークツワンク

★★★★★ 4.9
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

登場人物の心理描写が非常に良かった

このアニメのテーマは変化と失恋だろう。

作中の喫茶店の名前が「トライアングル」だったりするが、三角関係をさらにぐちゃぐちゃにした人間関係で描かれる終始シリアスな恋愛もの。
萌え系の絵柄に反してラブコメでは断じてなく、コメディ要素は皆無なので見る人を選ぶ。

話の内容は人魚姫かと思いきや2期は浦島太郎だったりして海に関係する要素を分かりやすくストーリーに落とし込んでいるのは世界観と合わせて良い。

1期は終盤のまなかと紡のミスリードにはしてやられた感があったのも含めて、幼馴染の4人が陸に上がって紡と出会ってしまったために人間関係が変化していく転校生パターンの逆というのが割と新鮮で面白い。
死別した奥さんに代わってあかりがその後釜に入ろうとする深夜アニメにしてはいきなりのヘビーブローをかまして来るし、光を取り巻くドロドロの人間ドラマは割と好きである。
最後の引きといい1期は全体的に面白かった。

2期は主人公を美海に変えて5年後の変化を描いていくのだが、1期を終えた時点で視聴者は「神の視点」で光とまなかが両想いだということを知っているがために、2期の主人公の美海が玉砕されることは分かり切っているので、ここら辺の恋愛描写は退屈だった。
が、それも最終的に失恋というテーマを描く上であえて必要な描写だったことに気づくと見方が180度変わってくる。
海の人間に恋をする「人魚姫」という貧乏くじを引かされた美海をどう感じるかでこの作品の評価も人それぞれ変わってくるのではないだろうか。

ひたすら回りくどい人間ドラマを1期から続けるため、辟易する人もいるだろう。ただ5年の月日で成長したちさきの内面と変化の描写は非常に良かったし、不憫過ぎた要とさゆの告白シーンが作中で一番感動してしまった。

世界観に関して、海の中の建造物をどうやって作ったのか、テレビがどうやって映っているのか、水中の中で何故楽器の演奏ができるのか、2期で美海がお菓子を持ち込んで食べているけどふやけていないのか、そもそも食事(味噌汁を飲む)が出来るのかとか
色々突っ込みどころがあるのだが、そこらへんを突っ込むのは野暮というものだ。
むしろ色々説明を加えると余計に話がこじれそうなので完全にファンタジーとして割り切ってくれと製作側も思っているに違いない。

最終的に世界の崩壊は先延ばしのような不穏な発言をしているが、雪も止んだし想いの力で乗り切っていけるという明るい未来を匂わすような終わり方をしているので気持ちよく鑑賞することができた。

陸の人間との間に子孫が残せるから大丈夫という解決の仕方も首を捻ってしまうが、世界を救うとか海と陸の共存などという問題はこの作品においてあまり重要ではないし、あくまで人間ドラマがメインなのでそこに面白さを感じられないと設定の雑な面も手伝ってあまり楽しくないだろう。

ドロドロの人間ドラマを26話分見せられたのに飽きずに楽しめたというだけでも評価は高い。
変化するOPとEDの演出も良く、心に残る作品になった。

投稿 : 2018/12/17
閲覧 : 143
サンキュー:

7

次の30件を表示

凪のあすからのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
凪のあすからのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

凪のあすからのストーリー・あらすじ

海と地上、そのどちらにも人が暮らす世界。中学が廃校になり、幼なじみと共に地上の学校へ通うことになった海村の少年・先島光が転校初日目撃したのは、大切に守ってきた少女まなかが、地上の少年と特別な出会いをした瞬間だった。(TVアニメ動画『凪のあすから』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2013年秋アニメ
制作会社
ピーエーワークス
主題歌
≪OP≫Ray『lull~そして僕らは~』 、Ray『ebb and flow』≪ED≫やなぎなぎ『アクアテラリウム』、やなぎなぎ『三つ葉の結びめ』

声優・キャラクター

花江夏樹、花澤香菜、茅野愛衣、逢坂良太、石川界人、小松未可子、石原夏織、名塚佳織、天田益男、間島淳司、清川元夢、鳥海浩輔

スタッフ

原作:Project‐118、キャラクター原案:ブリキ、 監督:篠原俊哉、シリーズ構成:岡田麿里、キャラクターデザイン・総作画監督:石井百合子、キーアニメーター:高橋英樹、美術監督:東地和生、美術設定:塩澤良憲、撮影監督:梶原幸代、色彩設計:菅原美佳、3D監督:平田洋平、特殊効果:村上正博、編集:高橋歩、音楽:出羽良彰、音楽制作:ジェネオン・ユニバーサル、音響監督:明田川仁、音響制作:マジックカプセル、プロデュース:インフィニット

このアニメの類似作品

この頃(2013年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ