「凪のあすから(TVアニメ動画)」

総合得点
90.5
感想・評価
5933
棚に入れた
22861
ランキング
21
★★★★★ 4.2 (5933)
物語
4.2
作画
4.4
声優
4.2
音楽
4.2
キャラ
4.2
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む
ネタバレ

和田アキ子信者

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:----

こういうのが観たかった!!

高評価の割に他の高評価作品に対して知名度が高くないが間違いなく一級の作品

これはグラ○リップがメッチャ期待されてたのも納得。結果は、、、

投稿 : 2019/05/19
閲覧 : 42
サンキュー:

5

がおー

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

最高

キャラ1人1人の心情表現がしっかりされててよかった!

投稿 : 2019/04/27
閲覧 : 29
サンキュー:

2

ハウトゥーバトル

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

スピードワゴン小沢も驚きな甘さ

視聴理由 友人から「甘すぎて糖尿病になりそう」と

序盤 海の人か…あ、人も海の人を認知しているのね

中盤 これは…え?1クールでも全然話の内容としては良かったよ?もう終わるかと思ったら2クールなのね。期待

終盤 え?あ、えぇ。美海ちゃん可愛い

内容は濃かった
恋愛を主体とした感じ
しかも中学生くらいだから、もどかしい感じがたまらない
恋愛ものになると時々嫌な奴が出てくるけど今回は出てこなかった。みんながみんなちゃんとした意思を持って行動してる
紡君がかっこよさすぎるのと美海ちゃんが可愛いのが良かった
海の作画もとても綺麗で、声優さんもすごい演技力だった。本当に本人がその場で喋ってるような臨場感

投稿 : 2019/04/10
閲覧 : 117
サンキュー:

5

Halrunn

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

序盤を我慢すれば、後半は感動のエンドが待っていた

他の方のレビューを信じて、見続けてみた結果、

後半はCLANNADのafterstory的な展開となり、

作品に引き込まれてしまいました。

まだ見ていなくて、26話見る時間がある方に

超オススメします。

投稿 : 2019/04/07
閲覧 : 147
サンキュー:

2

ネタバレ

ピピン林檎

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

溢れ出る感情の波に幾度も心をかき乱されてしまう、感銘も感動も大きいが視聴に難儀する《名作》

(2019年3月) 制作情報等を追記

◆感情描写の濃度が桁外れに高い作品

私は、恋愛などの感情描写系アニメを視聴するときは、作品中に不意に差し込まれる微妙な心情変化を見逃さないようになるべく集中して視聴するようにしているのですが、本作の場合、多数の登場キャラたちのどんな目線の動きにも手足の仕草にも確りと意味が込められていて、そうした一つひとつの挙動に暗示される各キャラの感情推移を読み取るのに視聴中ずっと頭をフル回転させている状態が続きました。
そのため1話視聴する毎に物凄く疲れて、暫く頭を休ませてから次の話に行く、ということの繰り返しで、これまで本作を余裕を持って視聴できていなかったのですが、3周目を終えた時点で漸(ようや)く、そうした感情を読み取る作業を自分が納得いく程度に終えることができた感じを持てました。
そして念を入れて行った4周目の視聴で、やっと余裕をもって本作全体を楽しめ、かつ自然な感じで感動もできたように思ったので、それに合わせて本作の評価を ★ 4.3 → ★★ 4.7に大幅に引き上げました。
(※1~3周目も視聴中に感動はしていましたが、果たしてその自分の感動が辻褄の合った納得のいくものなのか確証がもてずに警戒しており、本作の総合評価を ★ 4.1~4.3と低めに据え置いていました)
だいぶ苦戦しましたが、頑張って繰り返し視聴して良かったと思いました。

◆起/承/転/結のはっきりしたシナリオ構成

本作は、純粋な日常系の恋愛作品ではなく、①ファンタジー設定と②セカイ系設定を上手く組み込んだ変則的な恋愛感情描写系作品ですが、よく見るとシナリオ構成の基本に忠実に、全26話を以下のように、【起】【承】【転】【結】に上手に振り分けていることが見て取れます(※詳しくは◆各話タイトル&評価へ)。

【起】第1~7話(計7話) {netabare}海村とウロコ様の存在というファンタジー設定が示される{/netabare}
【承】第8~13話(計6話){netabare}地上の異変と海村の冬眠・人の滅びの予告というセカイ系設定が示される{/netabare}
【転】第14~20話(計7話){netabare}5年後の世界に切り替わり海村の3人の冬眠からの目覚めが描かれる{/netabare}
【結】第21~26話(計6話){netabare}登場人物たちの錯綜した恋愛状況が世界の命運と連動しつつ収束していく{/netabare}

◆作品テーマ

ひとことでいえば、{netabare}恋愛感情をもつがゆえの苦悩とその最終的な肯定{/netabare}、を描き尽くすことにあると思います。
この作品テーマは、第5話(あのねウミウシ)での美海と光の会話によく現われます。
{netabare}
美海「もう、あんな悲しいお腹になるのは嫌だ。大好きにならなければ、あんなに苦しくならない。だから、だから美海・・・」
光「大好きにならなければ、好きにならなければ、辛くならない。確かに、そうかも知れねぇな。」
美海「え?」
光「なんか俺も人のこと言えねぇ。好きとか、なんないほうが、やっぱ楽なのかも知れねぇと、思う。だけどよ、誰かを好きになるの駄目だって、無駄だって思いたくねぇ。」{/netabare}

→この会話は最終話で見事に回収されます。

※なお、本作で最終的に肯定される「恋愛感情」とは具体的にどのようなものか?をさらに一歩踏み込んで考察すると本作を一層深く楽しめるようになるのではないか、と思います(※その点、◆本作品に描かれた恋心(恋愛心理)の整理へ)。


◆制作情報
{netabare}
原作         Project-118
監督         篠原俊哉
シリーズ構成     岡田麿里
脚本         岡田麿里(12)、横手美智子(4)、吉野弘幸(4)、和場明子(3)、根元歳三(2)、西村ジュンジ(1)
キャラクターデザイン ブリキ(原案)、石井百合子
音楽         出羽良彰
アニメーション制作  P.A.WORKS{/netabare}


◆各話タイトル&評価

★が多いほど個人的に高評価した回(最高で星3つ)
☆は並みの出来と感じた回
×は脚本に余り納得のいかなかった疑問回

======================= 凪のあすから(2013年10月-2014年3月) ====================

~~~~~~~~~~~~~~ OP「lull〜そして僕らは〜」、ED「アクアテラリウム」 ~~~~~~~~~~~~~~
     ※ まなか・ちさき・光・要・紡(中学2年)、美海・さゆ(小学3年)
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 【起】 第1~7話は、{netabare}海村の4人が陸村の中学に転入したことを切っ掛けとして、彼ら内部や彼らと陸村の人たちとの間に発生する心の揺れ動きを描出{/netabare}
 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
{netabare}第1話 海と大地のまんなかに ★ 海村の4人の転校初日、まなか・紡の出逢い
第2話 ひやっこい薄膜 ☆ 美海・光、さゆ・要の出逢い、あかりの恋愛事情
第3話 海のいいつたえ ☆ 海村の掟、あかりの男の事情、紡と海村の4人が打解ける
第4話 友達なんだから ★ お女子様の破損事件、さゆの要への思慕の始まり
第5話 あのねウミウシ ★★ ちさきの想いを知ってしまう紡・まなか、美海家出・光への思慕の始まり
第6話 巴日のむこう ★ 光・紡の水泳競争、ちさき・まなかの喧嘩~仲直り
第7話 おふねひきゆれて ☆ 海村と陸村の対立、あかり海村から離れ地上へ{/netabare}
 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 【承】 第8~13話は、{netabare}地上の異変~海村の冬眠決定を契機とした海村の4人や陸村の人たちの決断・行動を描出{/netabare}
 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
{netabare}第8話 たゆたう想いのさき ☆ 美海・光・紡・まなか・ちさき町へ(プレゼント探し)
第9話 知らないぬくもり ★ 地上の異変、紡→ちさき「今のあんた嫌いじゃない」、廃校でハグ(光→まなか)
第10話 ぬくみ雪ふるふる ★★ 冬眠の準備、まなかの想いはウミウシへ、要の告白
第11話 変わりゆくとき ☆ お船引き決定~準備、あかりの決断(結婚・お女子様に)、ちさきの決断(光へ)
第12話 優しくなりたい ★★★ 廃校での告白(光→まなか、ちさき→光)、第1話のリフレイン(まなか・紡)
第13話 届かぬゆびさき ★★ 冬眠、お船引き、お女子様(あかり→まなか){/netabare}
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ OP「ebb and flow」、ED「三つ葉の結びめ」 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ※ まなか・光・要・美海・さゆ(中学2年)、ちさき(看護学校1年)、紡(大学1年)
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 【転】 第14~20話は、{netabare}5年後の海村の3人の目覚め、彼らと地上に残された人たちの戸惑いを描出{/netabare}
 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
{netabare}第14話 約束の日 ★ 5年後の世界(主にちさき・美海の視点から)、光の目覚め
第15話 笑顔の守り人 ★ 光・ちさき再会、美海の光への思慕、紡→ちさきへの希望表明
第16話 遠い波のささやき ★★ 光とのデート(美海・さゆ喧嘩)、美海にエナ、要の目覚め
第17話 ビョーキなふたり ☆ 要・ちさと再会、さゆ・要再会、海村へ(美海・光・要) 
第18話 シオシシオ ☆ 冬眠中の海村の様子、まなか発見~救出
第19話 まいごの迷子の… ★ 大人になった事に気付くちさきと、紡・要の彼女への想い
第20話 ねむりひめ ★ まなかの目覚め(必死に手を尽くす光と揺れる美海の心){/netabare}
 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 【結】 第21~26話は、{netabare}海神様とお女子様の伝承をリンクさせつつ、登場人物たちのそれぞれの想いの着地点を描出{/netabare}
 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
{netabare}第21話 水底よりの使い ☆ OP映像マイナー変更。まなかの異変、ちさきと光たちとの距離・紡との距離
第22話 失くしたもの ★ ウロコ様探し、まなかの失ったもの(人を好きになる心)
第23話 この気持ちは誰のもの ☆ ウミウシの石、紡・光の殴り合い、紡の想いがちさきに伝わる(紡にエナ、海村へ)
第24話 デトリタス ★★★ お船引き再び、ちさきの本心(要へ)、さゆ→要へ告白・完結
第25話 好きは、海と似ている。 ★★ まなかの本心(美海・紡へ)、紡・ちさき完結、美海失恋、お船ひき
第26話 海の色。大地の色。風の色。心の色。君の色。~Earth color of a calm~ ★ 美海の心を知る光・お女子様の心を知る海神様、光・まなか完結、ぬくみ雪やむ{/netabare}
----------------------------------------------------------------------------------
★★★(神回)2、★★(優秀回)5、★(良回)10、☆(並回)9、×(疑問回)0 ※個人評価 ★★ 4.7


※このように本作は前半のラスト2話(第12-13話)・後半のラスト3話(第24-26話)にそれぞれクライマックスが来るように巧みに構成されていますが、その他の回も万遍なく楽しめる平均点の高い作品となっています。
(前半が詰らなくて後半がグンと面白くなく『とらドラ!』とは好対照)


◆本作品に描かれた恋心(恋愛心理)の整理

私たちがラブストーリーを批評する場合、「きゅんきゅんする」「甘酸っぱい」「純情」というのは常套句ですが、そうした感覚的で曖昧な表現だけでは、恋心(恋愛心理)の分類としては舌足らずであり不明確だと思うし、また本作に描かれた恋を「青臭い」の一言で切り捨てるのはいかにも粗雑な感想だと思います(※もし「青臭い」と断言するならば、どこがどう青臭くて、それとの対比で「青臭くない」恋とはどんなものなのか?が具体的に示されないと説得力に欠けます)。

そこで、ここでは本作に描かれた恋愛模様をより具体的に考察するために、以下の分類を用います。

{netabare}<1> 出逢い方による分類

①幼馴染型 → 海村の4人の場合(光・要×まなか・ちさきの関係)
②ボーイ・ミーツ・ガール型 → 陸村と海村の出身者の間の場合(紡とまなか・ちさきの関係)
③年上への憧れ型 → 陸村の小学生と海村出身の中学生の場合(美海・さゆ×光・要の関係)

<2> 恋の回数による分類

①初恋 → この作品の大部分の恋
②2回目以降の恋 → 無意識のうちに進行してしまうちさきの紡への恋
③その他(既婚者との恋など) → あかりの美海の父への恋

<3> 恋愛感情の内容による分類

①趣味的恋愛感情(※相手の好意の獲得を目的とした駆引き的な恋であり、恋に恋して恋を自覚的に楽しんでいる状態)
②虚栄的恋愛感情(※ブランド品を見せびらかすように恋人を持ちたがること、また人の恋路に嫉妬して燃え上がる恋)
③肉体的恋愛感情
④情熱的恋愛感情(※説明が難しいが、本作で描かれるほぼ全ての恋愛感情はこれに当てはまる){/netabare}

このように本作は、都会から遠いファンタジックな小村(海村も陸村も)で生まれ育ち、世の波風にまだ汚されていない中学2年(13~14歳)の少年少女の初恋という設定に基づき、全26話を通して、①~③の要素をほぼ排除して、④情熱的恋愛感情の描出一本槍で突っ走るという、ラブストーリーとしては些(いささ)か稀な作品となっています。

また、本作で描かれる心理関係のほとんどが、幼馴染の間か、さもなくば年上への憧れとして発生していることも、彼らの④情熱的な恋愛感情に説得力を持たせています。

《一般的な恋愛作品との違い》

これがもし高校生以上の関係で、かつボーイ・ミーツ・ガール型の出逢いだったなら、いきなりの④情熱的恋愛感情の発生には余り説得力がなかったことでしょう。
例えば、あにこれでも高評価の恋愛アニメの代表格『とらドラ!』は、
{netabare}
(1)序盤から中盤にかけて、ヒロイン大河の北村君への恋のときめきや躊躇いを繰り返し描き出していますが、そうした大河の恋心は、実は「駆引きを通して相手の好意を獲得することを目的とする恋」つまり①趣味的な恋愛感情であって、
(2)第16話(すみれさん乱闘事件)を機に大河は自分の恋心の浅はかさを悟らざるを得ず、そして、
(3)第19話で、大河はとうとう自分の本当の恋心は北村君ではなく竜児にあることを自覚するに至り、なおかつ、この自らの恋の成就を目指すのではなく、これを秘匿し押し殺して竜児の恋の成就を密かに支援する側に廻ることを決意する、
{/netabare}
・・・という流れになっていますが、このように大河の恋心が、①趣味的な恋愛感情から、④情熱的な恋愛感情に移行してしまうストーリー展開の巧みさに『とらドラ!』の凄みがあって、それがこの作品が高評価を取っている本当の理由と私は考えています。

この『とらドラ!』の例のように、優れた恋愛作品というのは、アニメ・実写あるいは小説といった表現媒体に関係なく、

(1)①趣味的な恋愛感情、②虚栄的な恋愛感情、あるいは、専ら④肉体的な恋愛感情からスタートした心理的関係が、
(2)いつの間にか、④情熱的な恋愛感情に転換してしまい、本人の意思では簡単に逃れられなくなっている様

・・・を説得力をもって描き出している作品であるのが一般的だと思います。

※因みに、そのような説得力を持ったアニメ作品は、実は結構少ないと私は思っており、例えば、あにこれで「恋愛タグ」に高いポイントがついている作品であっても、その内容をよく見ると、①趣味的恋愛や②虚栄的恋愛の範囲内で終始していて、④情熱恋愛への転換を描くに至っていないものが幾つもあると思います(例えば、『CLANNAD』、『初恋限定』)。

《本作視聴の難儀さの理由と魅力》

そうした一般的な恋愛作品との比較から、本作はやはり、
{netabare}
(1)海村という閉鎖的な環境で自然に芽生えた幼馴染同士の恋という設定、また、
(2)小学3年生の少女の5歳年上の少年への憧れと、少年の5年間の冬眠状態~解除により、本来は恋愛が成立しないはずの関係が“成立し得る関係”に転換してしまう、という現実世界では在り得ない特殊設定
{/netabare}
を巧みに用いて、序盤から終盤まで一貫して、④情熱的な恋愛感情の進行過程の描出だけでストーリーを展開している点で、恋愛作品として特殊であって、

(1)その④情熱恋愛一本槍という特徴から、本作に独特の息詰まるようなナーバスさが発生し(※注釈)、
(2)その結果、私たちは毎話のように視聴に難儀してしまう羽目に陥るのですが、
(3)そのナーバスさ・難儀さは私たちにとって、懐かしくまた切ない感覚を伴ったものでもあって、
(4)結局のところ本作の最大の魅力は、そうした感覚を私たちに思いがけず(かつ繰り返し)惹起させてしまう点にある、

・・・と私は結論づけたいと思います。

(※注釈)もし本作に、①趣味的・②虚栄的・③肉体的な恋愛感情が一定量混在していれば、他作品によくあるように、それらが適度に陽気な冗談や下ネタやおふざけを作品中に呼び込んでいたはずです。

================================
◆(参考)過去に書いた感想・レビュー

※前述のとおり、私は3周目までは「自分が安易に感動させられてしまうこと」への警戒から本作に対して相当に身構えていて、本作から自分が受ける感動の性質を慎重に見究めようという批判先行の視聴姿勢を取っていました。
以下はその当時の感想・レビューの一部です。

2015.3.10 三回目視聴を完了。
各話評価を追記。総合評価を4.1→4.3に改訂。
1クールに上手く圧縮されていたなら私も本作を名作(総合評価4.5以上)と評価していたと思います。
ですが、2クールはちょっとやり過ぎ感あり(稀に見る美酒も味わい過ぎると食傷気味になってしまう感じ)。
そういう意味では、かなり残念な作品でした。

2014.7.19 二回目視聴を完了。
全体に遊びとかギャグ要素が非常に少なく、重く沈鬱な印象。
この作品は毎話毎話、ほんの一瞬のカットに感情の微妙な変化や発露を盛り込んでくるので、安直な気分で流し見するわけにはいかず、全26話を通しで視聴するのに今回もかなり時間がかかってしまいました。

================================
※以下は第1回目視聴直後の感想・レビューです。

《岡田シナリオのメタ分析》

{netabare}★岡田シナリオの基本パターン

このアニメのシナリオ構成・脚本を担当した岡田磨理という方のシナリオは、表面的には色々ヴァリエーションを取りながらも、大雑把にいえば、

==========
A子はB男が心底好きだ。
だがB男は、A子の親友のC子の方に恋をしており、A子にはそのことがよくわかる。
A子も親友のC子が大好きで、彼女の美点を沢山知っている。



A子は、自分がB男に恋しているのと同じように、B男もC子に恋をする権利があると考える。
A子は、B男の恋心を捕らえている親友のC子を羨ましく思い、そしてそのようにC子に嫉妬している自分の心に気づいて、自分を浅ましく醜いと思う。
A子は、B男のC子への恋が実ることが、自分が恋をしているB男にとって一番幸福なことだと思い込む。
こうしてA子は、自分の恋心を押し殺して、B男のC子への恋を実らせるために密かに行動を始める。



ところがC子は、ずっと以前から親友のA子がB男に激しく恋していることを知っており、A子のB男への恋を実らせるために、B男に対して無関心を装うどころか、B男ではなく全然関係ないD男に恋している振りまでして、B男の自分への恋心を挫こうとしている。
実はC子も本当はB男を恋しているのだが、親友A子の恋心を犠牲にしてB男の恋心を受け入れようと時折考える自分の心を醜く浅ましく思い、許せないでいる。



一方、B男は・・・
また、D男は・・・
==========

という複数の男女の恋心が錯綜しループして、それぞれの善意と誤解から軋みと混乱と和解とが繰り返され、こうしたカオス的状況の中から次第に着地点が現われてくる、というパターンを、凡そ踏襲しているように見える。

この「凪のあすから」という作品も、これでもかと畳み掛けるような感じで、こうしたパターンが集積して出来上がっているように見える。

さすがにここまでくると、ちょっと食傷気味で、私の個人的評価は低くしてしまいましたが、でも、やっぱり実際視聴してみたら、相変わらず面白いんだよね、これが。

逆に言うと、なぜ岡田磨理さん以外のシナリオライターが、こうしたワンパターンながら安定的に私たちの心を揺さぶるようなシナリオ・脚本を書けないのか?ということの方が疑問なくらいです。

★岡田シナリオとその他の人のシナリオの違いとは何か?

一言でいえば、登場人物たちが、根本的な部分で、自分の恋心の成就を望むか否か、の違いではないか。

上にも書いたとおり、岡田シナリオの登場人物たちは、

①自分は誰かに激しく恋しながらも、
②自分の恋の対象者は、自分と同じくらいの強さで別の誰かを恋する権利を持っており、あるいは、
③自分とは別の誰かも、自分と同じくらい自分の恋の対象者に強く恋する権利を持っている、

ということに何時も気づいて、結局

④自分の恋心を押し殺して、自分の恋の対象者の恋を成就させることが正しい、という結論に達し、
⑤そのために密かな行動に出て、かつその行動を決して誰かに悟られまいとする、

という行動パターンを踏襲する(しかも一方ではなくほぼ全員が)。

要するに、岡田シナリオの登場人物たちは、他の、言ってみれば趣味的な恋愛感情のやり取りをしている作品の登場人物とは全然違って、アニメ作品でありながら、かなりリアルな情熱恋愛的な行動パターンを取っている、ということになり、そこから岡田シナリオの独特の迫力が生まれるのではないかと考えます。
{/netabare}

投稿 : 2019/04/01
閲覧 : 1825
サンキュー:

154

taijyu

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

2部で格段に評価が上がった傑作

1話感想:
絵柄が可愛くてクオリティが高い。
ブリキ絵だってことは言われないとわからないですが、確かに特徴が良く残っています。
ストーリーも、キャラの心情が良くわかって楽しめます。
世界観も興味深いですね。
これは楽しみです。

全話感想:
一部はちょっと変わった世界観の、ごく普通の青春モノという感じ。
良質でそこそこ面白い程度でした。
しかし後半はクオリティが格段に上がって、素晴らしい傑作になります。
あまりに感動的で、全話ほぼ泣き通しでした。
間違いなく傑作です。

投稿 : 2019/03/30
閲覧 : 127
サンキュー:

2

シャメダイア

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:----

文句なしの満点!

面白かったです!展開がどうなるか全く予想出来ず毎回ドキドキしながらみてました!最終回は涙を流しながらみてました!まだ見ようか迷っている方は是非見てください。後悔はさせません!

投稿 : 2019/03/24
閲覧 : 67
サンキュー:

3

ペルシア

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

神アニメ

こんな神アニメ見ないでどうするんですか...

投稿 : 2019/03/22
閲覧 : 52
サンキュー:

3

ネタバレ

すがさ

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

好きな人を一生懸命に好きな君を応援したい

私の中で神格化されている作品。

美海ガチ恋オタクになってしまった…。


ちなみに、一番印象に残っている2人は{netabare}紡とちさき。

19話、梅ジュースで酔っ払って眠ったちさきに紡が、「お前と一緒のこの5年は、俺にとってはそういう時間だった。」と囁いたところはハッとした。

他の人物と違って感情を表に出さないから分かりづらいけど、
5年の間に紡も、おじいさんの病気とか、母親との関係とかで相当苦しんできたんだと思う。
おふねひきの一件で要に命を救われたことについても、何か思うところはあっただろう。

紡が、幼馴染3人と離ればなれになったちさきの支えになっていたように、
ちさきも、紡の心の拠り所になっていたからこそ、
2人の間に信頼関係が生まれた。

そして、シオシシオでの会話シーン、おじょし様ボコボコ事件まで遡った告白は衝撃的だった。

「今はちさきの気持ち、俺にあるんじゃないかって。それは俺の勘違いだったのか?」というのは、
ちさきの葛藤を考えたらちょっと酷いけど、
不器用にもそうやって率直な指摘をしてくれたことで、ちさきは光の柵から解かれることができたんだなって。{/netabare}


{netabare}美海やちさきの、光への想いがすごく素敵だっただけに、まなかの魅力がちょっと弱いな~とは思ったが、
振られた2人もその失恋を糧に、前に踏み出せていたのは良かった。{/netabare}


とても感動できる作品なので、まだ観てない方は一度観てみてください!!

投稿 : 2019/03/21
閲覧 : 340
サンキュー:

38

ネタバレ

ジャスティン

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

好きという気持ちをどう伝えるかを考えさせるきっかけを与えるアニメ

【視聴きっかけ】
この作品を知るようになったのは、

SNS上でも結構お勧めされており、
そんなに良いのか?と思いながら
最初はスルーw

ですが、AT_Xに加入していた時期に
偶々放送がありました。

「そういえば、お勧めらしいなあ」
「じゃあ、見て見るか」みたいな流れで視聴

【良い点】
まずはっきり言っておきたいのは
「何この世界観は!?」というぐらい
世界観が綺麗!!
P.A.WORKSさんだからというのもあるけど、
世界観が綺麗というのは、
作画が綺麗とはまた違う。

世界観 = 世界の設定のことかな。
一目見ただけで惚れました。

この世界にもこんなに美しい風景が
存在しているのだと認識してしまう。

実際こちらの世界にも立派な風景もあるけど
アニメでそのクオリティを出せるとは
思ってもみなかった。

また、ストーリー設定は恋愛もの。
恋愛と言ってもガチの青春的な恋愛ものに近い。
恋愛あるあるパターンのご都合主義がなく、
キャラ一人一人細かく描かれている。

それは、まるで「海みたい」な綺麗さに
自分自身が惚れているのだと思う。

2クール目からがここの本編というべきだろう
1クールの最後では「おふねひき」の失敗から
物語がスタートする。

ここで素直の感想にいうと、
ここで終了にしてほしかったとも思えた自分がいました。
5年で変化したみんなの姿が異様に気持ち悪いと思えました

「あの姿が良かったのに」...と思った自分がいました。
完全に光と同じ立場。

でも、少し我慢して視聴を続けていくと
さっきまでの感情が海に流れていくように
ゆらゆらと落ちていくにその感情が解けていきました。

そこからは、2クールはバリバリ視聴が出来て
大満足で終了しました。

最終回で賛否両論が別れましたが、
実際に上手くいっても「みんなが幸せ」になりました。
おしまいみたいな方法をしなくて私は正解派。

この終わり方が『凪のあすから』の今までやり取りから
こうなるのもこの作品らしかった。

【悪い点】
前半のパートが凄くイライラしてしまう感じが
そこまで気に入らないです。

実際最後まで視聴をすると、
光たちの成長物語と呼べるから名作になるんだけど、
1クールが本当にうざく見えてしまう(特に光が)

どうしてもこうなってしまうのは、
2クール目で引きだたせたいからだと思う。
「何も変わらない」ことと「変わった」こと
それぞれあるからこの作品は、2クール目でも
恋愛感情が変化してしまう部分が魅力的だと思っています。

1クールが勿体無い。いや多分2クール目が凄すぎたかもしれない
絶対に1クールで完結していたら名作にはならなかった作品でしょう。


【あとがき】
前回のレビューでネタバレ報告があったのに
全然知らんぷり状態になっていて本当にございませんでした。
【ご報告】
近いうちに「あにこれの交流会」を開催します。
詳細については私のプロフィールをご覧下さい。
冬アニメのこと新しくなる春アニメのことを語っていく
そんな交流会にしたいと思っています。
また、新規のユーザーも大歓迎ですので、是非ご参加下さい。


前回までのレビュー内容

全部で26話で構成されていて、第1部は「おふねひき」を行うために【海の子】と【地上の子】たちが『共存』し奮闘する感じの構成。
第2部では「おふねひき」から5年後が経過して後世界でちさきと紡の二人の関係や、【海の子】が冬眠してしまった後の話が語られる。

個人的にこの作品の好きなところは、恋愛要素で三角関係というよりは、一方通行の恋愛というのがとても辛い関係なのが切なかった。後半になるにつれて、ドロドロ関係にまでは発展しないけど、その手前ぐらいまでなるのが切なくてほんと好きでした。こんな関係になることが青春している感じが良いところ。そして
P.A.WORKSさんの得意な青春要素と水の映像が素晴らしくマッチングしていて、海の景色を見ると言葉が出ないほどの出来がいい。

この作品のテーマは【好きになるとは?】と【共存】だと思っています。好きになるというのは簡単で簡単ではない複雑な関係になることで、諦めてたり、誰かを傷つけて自分のものにしたいかが問われる問題についてそれぞれこの気持ちになることで、本当の気持ちを表すことで本当の幸せが待っていると信じるのは青春だと感じた。そして前半では共存がテーマだと思いました。確かに私たちが住んでいる人は、同じ言葉で会話が出来ていたりしていますが、実際に海外の人が来ると出身を聞くことですぐに固定概念がイメージされてしまう。このような経験は実際に私にもあった。でも実際は優しかったり、一番の親友になれることだって普通にありました。

このアニメで教わったことは2つ
【自分の気持ちを叶えるためにこれからの自分はどう行動するのか?】
【固定概念にとらわれず、実際に自分の目で確かめる】
これはこの作品ではないとなかなか教えられない作品だと思いました。

投稿 : 2019/03/15
閲覧 : 148
サンキュー:

19

ネタバレ

dryZm40948

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ニコニコのMAD最高でした

1周目はニコニコ動画でみて、コメント見ながらであんまりアニメに集中して見なかったけど、それでも背景の作画とか盛り上がるシーンとかすごいよくて自分の中の評価は結構高かったです。
4年ぶりに凪あす初めての友達とコメントなしで見てみると、細かい描写でキャラの心情がよく表されていました。なのでつらいシーンとか、1周目の比じゃないくらい心えぐられたし、その分エンディングは感動しました。脚本にけち付ける人がいますが私はほかの結末だとこの感動はないと思っています。
この作品は作画、音響、声優、主題歌でストーリーを盛り上げて本当によくできてると思います。見終わった後の爽快感とか、君の名は、に近いものを感じました。
後半から盛り上がるアニメと言われていますが、前半から集中して見るのをおすすめします。

追記
↓のmad、めちゃくちゃ感動しました!超おすすめです!ネタバレ注意
【MAD】いつかの空と同じ 【凪のあすから】 http://nico.ms/sm22800776?cp_webto=share_others_androidapp

 【MAD】Earth color of NAGI【凪のあすから】 http://nico.ms/sm23323645?cp_webto=share_others_androidapp

投稿 : 2019/03/05
閲覧 : 100
サンキュー:

5

ダビデ

★★★★☆ 3.2
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

海の人と陸の人がいる設定の恋愛の話

多くの人の評価が高かったので,観てみました。

はじめは,作画的に,目が大きいのがなじめず,話も感動を狙っているのか,設定の意味もイマイチに感じ,断念しそうでした。
作画の風景などはきれいだと感じたのですが,ウダウダとした恋愛の話が続いてるような感想だったからです。

でも,第2クールに入ってからは,それまでの話が,伏線的になり,断念せずにすみました。

投稿 : 2019/03/02
閲覧 : 431
サンキュー:

16

ジパミィナ

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

流石の作画 69点

ストーリー全体としては全体的に暗い作品ですが、メインキャラの成長と心の葛藤は良く表現できていると思います。
一番は作画のクオリティが素晴らしいですね。映画レベルの作画なので、次に見る作品の作画はどうしても気になってしまう。
OP・EDともに作品にとてもマッチしていて、OPでは寒空、EDでは海中(水中)をイメージしている印象を受けます。

繰り返し何度もというような中毒性は無いけど、作画だけでも見る価値あります。

投稿 : 2019/02/23
閲覧 : 119
サンキュー:

1

シワーる

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

楽しむには十分な恋愛脳が必要

評価が高かったので見てみました。海中に住む人間と、地上に住む人間とがいる世界設定です。前編13話、後編13話。

正直いってこの作品の対象とする視聴者は、私ではないなと思いました。もうすこし冒険活劇寄りだと勘違いしていたのですが、実際は中学生たちを主役とした少女マンガチックな恋愛アニメです。

A君はBさんが好き、BさんはC君が好き、みたいな関係で、個々のキャラクターが感情の渦に巻き込まれていきます。残念ながら恋愛感情が摩耗している四十男の私には見続けるのが苦痛でした。しかも登場人物の精神年齢がとても幼く感じるので(すぐに激昂する、言動が小学生みたい等)なおさらです。

恋愛の他に、世界異変とか海の人間と地上の人間における対立と和解といったテーマもあつかっています。話としては世界設定と恋愛をからめて、うまくまとめているとおもいます。前編のEDソングは好きでした。

投稿 : 2019/02/23
閲覧 : 104
サンキュー:

3

ぽんkotu

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

1回は見るべき

キャラの設定年齢は低いけど恋愛要素は大人向け
ファンタジーと恋愛を上手く融合してる作品
冬眠からのキャラ設定と物語構成は神作品

投稿 : 2019/02/15
閲覧 : 130
サンキュー:

3

s

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:----

P.A.WORKSの大作

P.A.WORKSとはこのアニメの製作元で、ここは素晴らしい作画が特徴的でありオリジナルアニメが多い。

少し話がズレたが、このアニメのジャンルはファンタジー恋愛もの。
前提として、海で生きていける人間が存在する世界である。
そして海と陸、別の世界で生まれ育った少年少女の恋愛、成長物語。
1クール目は海に住める人間がいるという特徴があることと、作画が素晴らしいということ以外は及第点レベルの普通の恋愛アニメであったという印象であったが、2クール目で完全に化けた。リアルタイムで見ていたが、当時はその事でSNSで話題になったものである。なので1クール目が微妙であったからといっても、そこで切らずに最後まで見て欲しい。

作画はこれまで言った通り本当に素晴らしく、5年も前のアニメだが、正直このアニメより作画で勝っているアニメはほぼ無いと言っていい。(戦闘シーンがないため、そういったアクション系は除く)
OPEDについてたが、やはり化けたと言われる2クール目のOPは自分にとっては特別。当然それ以外も素晴らしいが、とにかく2クール目が強烈な印象を残したためこういう評価になっていると思う。

そしてこのアニメは登場人物の成長と葛藤も魅力の一つだと思う。
総評はとにかく魅力的で、完成度の高い作品でした。しかし、恋愛アニメには必ず登場する報われないキャラが出てしまうため、そこが心苦しい所。
どうしても、皆幸せになって欲しいと願ってしまう…
まあこれは恋愛アニメとは切っても切れないものなので仕方ないが:(

投稿 : 2019/02/11
閲覧 : 61
サンキュー:

5

ネタバレ

Xtushi.N*

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

視聴を考えている人へ

このアニメは間違いなく”神アニメ”です!

海の中を表すための美しい描写にまず驚いたのはもちろんのこと、揺れ動く登場人物の感情が細かく伝わってくる細かな表情の変化や情景描写でいつの間にか物語にのめり込んでしまいました。OP,ED共に気に入っておりここまで隙のないアニメは初めてです!アニコレの評価は満点をつけさせてもらいましたw   

声優は個人的な感想が入りますが花江さんや花園さん、茅野さんなど {netabare} 最後には早見さんまで! {/netabare}なんで今まで見てなかったのか驚くような豪華な声優で、言葉の一言一言が暖かく感じられました。

海でも人が住んでるという現実味のない設定と純粋な恋愛の話が噛み合うのか不安で長らく視聴をためらってました。でも一話見てしまうともう続きが気になって見るのをやめられなくなってました。ぐいぐい話に引き込まれます。

内容に関してはアニコレでたくさんのレビューがあるので分かっているとは思いますが恋愛物語です。セリフ一つ、行動一つに心が高鳴り、手に汗握る展開で常にドキドキしながら見てました。ぜひこの興奮を皆さんにも感じでほしいです!

以下 自己満足ネタバレ感想
{netabare}
もちろんキャラはよかったけど紡にはもうちょっと感情の変化を表情に出してほしかった。クールキャラは大事だし水浴びの時すごく笑ってたのはとても好感が持てたけど誰にでもキザなこと言うしなんでも分かってる感じがあんまり好きになれなかった。ちさきには勿体ないと勝手に思ってしまう。でも常にまっすぐで優しい紡だし5年も一緒にいたら仕方ないのか...とも思ったり。

要はもうちょっと話に入ってきてもよかったな。よくある何でもわかる”傍観者”役から一歩踏み出してちさきに告白はしたものの終始存在感がないわりに毒づくシーンは特徴的であんまりいい印象は受けなかった。さゆが要を好きなことで多少は話を持たせたけど...要自体この話でもっともつらい思いをしているし中々可哀そうなキャラだとも思ってる。

まなか、ちさき、光、美海についてはみんな最高だった。

光とまなかがくっつくのは当然としてもそれを傍観する要、紡。片思いで終わってしまうちさきと美海という話だったらただのハーレムのそれまでのアニメだったと思う。でもそうじゃないからこそ辛いし切なく感じてしまう。

みんなの幸せを願いながら見てるからどうしても言いたいことはでてきてしまう。内容に是非をいうのは何か違うとは分かってるけど。素晴らしいアニメであることは間違いないし多くの人に見てもらって色々な感想を見てみたい。

{/netabare}

投稿 : 2019/02/09
閲覧 : 78
サンキュー:

4

北海イクラ

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観たい

恋愛・ファンタジー

人間が昔は海中に住むも今は海中と陸上に分かれて住む世界を舞台に、7人の少年少女の揺れ動く心情を描く作品。
(wiki抜粋)

1週したのですが、どうやらここに感想を書くのはもう一回視聴してからのほうがよさそうです。
自分なりに解釈してちゃんと感想を書きたいと思います。

https://ch.nicovideo.jp/story_ana
lysis/blomaga/ar500408

世界観解釈参考用サイト(URLのアナライズがNGワードに引っかかった;;)

投稿 : 2019/02/07
閲覧 : 48
サンキュー:

1

ネタバレ

三毛猫メリー

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

凪のあすから

過去に視聴済み。

面白かった。
海の情景が美しく癒されます。
前半夢中で見ましたが
後半の冬眠した子と、しなくて年を重ねた子の話は
あまり好きではありませんでした。

それでも、なかなかいいアニメだったと思います。

投稿 : 2019/02/06
閲覧 : 79
サンキュー:

8

やまし

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

不思議な感じ。

海と陸での争い。現実でもあるのではないかと考えさせられる。個人的にはちさきファンです

投稿 : 2019/02/05
閲覧 : 40
サンキュー:

2

ネタバレ

ツークツワンク

★★★★★ 4.9
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

登場人物の心理描写が非常に良かった

このアニメのテーマは変化と失恋だろう。

作中の喫茶店の名前が「トライアングル」だったりするが、三角関係をさらにぐちゃぐちゃにした人間関係で描かれる終始シリアスな恋愛もの。
萌え系の絵柄に反してラブコメでは断じてなく、コメディ要素は皆無なので見る人を選ぶ。

話の内容は人魚姫かと思いきや2期は浦島太郎だったりして海に関係する要素を分かりやすくストーリーに落とし込んでいるのは世界観と合わせて良い。

1期は終盤のまなかと紡のミスリードにはしてやられた感があったのも含めて、幼馴染の4人が陸に上がって紡と出会ってしまったために人間関係が変化していく転校生パターンの逆というのが割と新鮮で面白い。
死別した奥さんに代わってあかりがその後釜に入ろうとする深夜アニメにしてはいきなりのヘビーブローをかまして来るし、光を取り巻くドロドロの人間ドラマは割と好きである。
最後の引きといい1期は全体的に面白かった。

2期は主人公を美海に変えて5年後の変化を描いていくのだが、1期を終えた時点で視聴者は「神の視点」で光とまなかが両想いだということを知っているがために、2期の主人公の美海が玉砕されることは分かり切っているので、ここら辺の恋愛描写は退屈だった。
が、それも最終的に失恋というテーマを描く上であえて必要な描写だったことに気づくと見方が180度変わってくる。
海の人間に恋をする「人魚姫」という貧乏くじを引かされた美海をどう感じるかでこの作品の評価も人それぞれ変わってくるのではないだろうか。

ひたすら回りくどい人間ドラマを1期から続けるため、辟易する人もいるだろう。ただ5年の月日で成長したちさきの内面と変化の描写は非常に良かったし、不憫過ぎた要とさゆの告白シーンが作中で一番感動してしまった。

世界観に関して、海の中の建造物をどうやって作ったのか、テレビがどうやって映っているのか、水中の中で何故楽器の演奏ができるのか、2期で美海がお菓子を持ち込んで食べているけどふやけていないのか、そもそも食事(味噌汁を飲む)が出来るのかとか
色々突っ込みどころがあるのだが、そこらへんを突っ込むのは野暮というものだ。
むしろ色々説明を加えると余計に話がこじれそうなので完全にファンタジーとして割り切ってくれと製作側も思っているに違いない。

最終的に世界の崩壊は先延ばしのような不穏な発言をしているが、雪も止んだし想いの力で乗り切っていけるという明るい未来を匂わすような終わり方をしているので気持ちよく鑑賞することができた。

陸の人間との間に子孫が残せるから大丈夫という解決の仕方も首を捻ってしまうが、世界を救うとか海と陸の共存などという問題はこの作品においてあまり重要ではないし、あくまで人間ドラマがメインなのでそこに面白さを感じられないと設定の雑な面も手伝ってあまり楽しくないだろう。

ドロドロの人間ドラマを26話分見せられたのに飽きずに楽しめたというだけでも評価は高い。
変化するOPとEDの演出も良く、心に残る作品になった。

投稿 : 2018/12/17
閲覧 : 135
サンキュー:

7

ネタバレ

オカルトマン

★★☆☆☆ 1.5
物語 : 1.5 作画 : 1.5 声優 : 1.5 音楽 : 1.5 キャラ : 1.5 状態:途中で断念した

感想

1回目の挑戦1話で断念。
でも面白いと進められてずっと気になってました。
DVDの売り上げも最後の方に上がってたし、アニコレでも2クール目大化けタグが付いていたので2回目の挑戦しました。でも3話で断念。
どーしても主人公の切れやすい性格が嫌いで観る気失せましたし、あと恋愛系のアニメは好きじゃないので3話の途中で耐え切れず切りました。とにかく嫌いなタイプの主人公。

そのあとネットでネタバレレビュー呼んだのですが、やっぱり見なくて正解だと思った。恋愛系のアニメは好みじゃないので。

やっぱり人に勧められても必ずしも面白いわけじゃないとはっきり分かった。
でも見てみないと分からないのも事実。

以下少しだけ岡田麿里さまの批判するのでファンの方は見ないでください。
{netabare}岡田麿里さんのつくるアニメって子供だましでガキ臭い作品多いと思うんですよね。でもキッズに人気だからネットで持ち上げられて、勘違いした大人が見てがっかりするパターン結構あると思う。{/netabare}
それに比べて吉田玲子さんの作品は好きです。w

投稿 : 2018/11/26
閲覧 : 238
サンキュー:

2

おざくん

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

最高のアニメ。

全て見終わりましたがとても感動しました。
言葉にできないほど最高のアニメです。
全26話で少し長いですが、最後まで見て損は無いです‼︎
1人でも多くの方に見てほしいアニメです^_^

投稿 : 2018/11/18
閲覧 : 138
サンキュー:

4

ネタバレ

ユドーフ

★★★★★ 4.8
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

今まで見てきたアニメの中で一番の良作

前からこの作品のことは耳にはしていたのですが、今年で5周年ということなのか、さらによく聞くようになったので、この際にと視聴しました。
正直に言うと、1クール目(13話まで)の最初のほうは、突然作品独特の世界観が展開されるので、少し掴みにくいです。ここで視聴を断念してしまう方も多いのでは、と感じてしまいました。
しかしそのまま見ていく度に、凪のあすからの世界に惹き付けられていきました。キャラの、美しくもあり、悲しさもある、思いの交差がとても魅力的でした。また、作画も丁寧で美しく、音楽も世界観を引きたててくれるので、聞き入ります。
そして2クール目(14話~)。話が少し変わりますが、私は今まで同じアニメをもう一度見直すことをしたことがなかったのですが、この凪のあすからの2クール目だけは5回以上見直しています。それくらいにハマったアニメです。
なぜ2クール目だけなのか等の理由は少しネタバレが含むので1番下でさせてもらいます。
では話を戻します。
2クール目ですが、1クール目以上にキャラの思いが深く掘り下げられているので、より味わい深いものとなっており、とても心に訴えられます。
あまりこういう言葉は使いたくないのですが、これが「神アニメ」というものなのかと思いました。
このアニメは、ほかのアニメと違い、~が面白かったや、~に興奮したや、~に感動した、といった、単純かつ娯楽感覚な感想だけで片付けられないものです。このアニメの感想をネタバレなしで一言で言うなら、人の心を動かしてくれる、そんな作品だと思います。
1つ残念なことは、作品の出来と知名度が釣り合っていないところです。もっと評価されるべきアニメ第1位といっても過言ではないと思います。
上述しましたが、2クール目だけ見直してる理由、そしてこれだけ評価しているのに物語の評価が4.0である理由を書きます。個人的な感想や少しネタバレを含んでいるので、気がむくようなら読んでほしいです。
なぜ2クール目しか見直していないのは、 {netabare} 私は美海の思いが強く描かれている2クール目が非常に好きだからです。光には好きな相手がいるのにも関わらず、健気に思慕するけれども、光がそれに気づいて苦悩しないように隠しながらも支え、光の好きな相手であるまなかに対しても、恋敵となるので無意識に苦悩しつつも、立ち直り、尽力する、そんな強い美海に惹かれたからです。 {/netabare}そして、物語の評価が4.0な理由ですが、 {netabare} 前述から察しはつくかもしれませんが、美海の恋が報われなかったことです。こんなにいい子なのにどうして光はまなかを選んだのだろうか、と思ってしまいました。
まなかは紡に思いを寄せてるかのようなことを幾度もして光を苦しませたり、好きな人からの告白も、突き放して傷つけたりなどと、まだ恋がどういうものなのか漠然としていたとは言え、酷い子だなと思ってしまいました。
このキャラの良さ、となると、ビジュアルがいいのと声優さんが有名な方である、おふねひきであかりを助け、光が言った、幸せな眺め、つまりは潮留家の未来の構図を守ったといったところしか思いつかないので…なぜ報われたのかと思ってしまいました。
とはいえ外面的要素で取り持っている部分が多いので早々に視聴を断念した方や、キャラのビジュアルに惹かれた絵師さん、言語の壁であまり深く作品を見ることは難しい外人さん、この子の声優さんが好きな方、これに至っては何となくなのですが、女性の方には人気があるのかなと思うので、これはこれでこのアニメには必要なキャラだと思います。
どうでもいい憶測ですが、1クール目で言っていた、守ってやらないとという気持ちと、好きだという気持ちは厳密には別物であるけれども、まだ未成熟な中学生の光はこの2つを混同しているのではないか、と感じました。
とは言うものの、報われず、苦しかった初恋でも忘れずに大切に思う、そんな美海もまた、魅力的であるので、この作品は大好きですが、やはり、美海には報われてほしいなと心の底では思ってしまいます。
{/netabare}

投稿 : 2018/11/17
閲覧 : 99
サンキュー:

8

ootaki

★★★☆☆ 2.8
物語 : 2.5 作画 : 2.5 声優 : 3.5 音楽 : 2.5 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

はまらなかった

後で評判を知ったときは、この作品が?と思いました。申し訳ないのですが。1話切りしたので、詳細は分からないのですが、自分は切らせてもらいました。

投稿 : 2018/11/05
閲覧 : 67
サンキュー:

2

退会済のユーザー

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

タイトルなし

子供編と大人編がある、キャラクターの成長するお話し。
リアルな世界に夢があって、お伽噺のような雰囲気かも。
クラナドとちょっとにてるけど、それよりファンシーでファンタジーな青春ストーリーかな

投稿 : 2018/10/02
閲覧 : 37
ネタバレ

タック二階堂

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

海の人と陸の人の共存を考える。

年のせいでしょうか?
キャラがみんな同じ顔に見えます。
面白そうな予感がしたのですが、これでは
感情移入できないと思って視聴断念しました。

======2018年8月、全話視聴後追記です。

あまりにも評判が良いため、再挑戦。
アニメ慣れしてきたせいか、オンエア時のキャラの
区別がつかないということはなくなっていました。
まあ、虫みたいにデカい目のキャラデザはあまり
好みではありませんが…

とにかく風景の作画はとても美しいです。
ストーリーは全26話にしては、やってるテーマが
{netabare} 前半1クールの「おふねひき」を実現するための
奮闘と、後半2クールのおじょし様の身代わりに
なったまなかの「好き」という感情を取り戻すため
の奮闘という2つだけなので、{/netabare}非常にゆったり
しています。

まあ、ストーリーは高評価なだけあって、確かに
面白かったです。
個人的には、序盤の光の何にも考えないで
突っ走るところがあまり…
これ、P.A作品の特徴なのかしら。序盤に登場人物が
あまり好ましく描かれないというのは。

2クール目の{netabare}5年後の世界が、なんというかディストピア感が
あって、すごく好きです。
これも個人的な気持ちですが、光はまなかではなく、
美海と結ばれて欲しかったなあ…{/netabare}

ま、さておきリアタイの時はアニメを見る目がなかった
のですね僕は。
けっこう悪くない作品でしたよ。

※ネタバレとのご指摘をいただきましたので、ネタバレ部を
隠しました。

投稿 : 2018/10/01
閲覧 : 310
サンキュー:

5

ネタバレ

ストーンN

★★★★★ 4.9
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

海と地上、美しく切ない恋愛物語...

まず、この作品を見始めて思ったこと...
それはとにかく「 美しい 」

主人公達が海の中に暮らしているということもあり、当然海の描写が多くなるわけですが、
海の中で優雅に泳ぐ魚の群れ、浜辺から見下ろす海のキラメキ、さらにはOPやEDに至るまでほんとうに綺麗で美しいです。作画の素晴らしさだけで感動してしまいます(><)
美術スタッフの皆さんには感謝です!

そして内容ですが、この作品は複雑な恋愛関係とそれに向き合う人のさまざまな苦悩や心情を繊細に描いています。
登場人物が多く、その中でも海の人間と地上の人間の違いが絡んでいるため、見ていて惹き込まれること間違いないです。

ここからはネタバレありで語っていきます。

{netabare}
1クール目(1話〜13話)

【内容】
14歳の主人公 光、まなか、ちさき、要の「しおししお(海村)」で暮らす仲良し4人組と、地上の世界で暮らす海に強く憧れている少年 紡、さらには近くの小学校に通う5歳年下の女の子 美海、さゆの2人組が、この世界の伝統的行事である「おふねひき」を行うため、対立する海と地上の世界の人々の関係を修繕しようと奮闘する物語が中心になっています。

【感想】
いやぁ、すごく面白い・・・( ゚д゚)
中心は確かに「おふねひき」だが、この時点で既に結構恋愛絡みでドロドロした感じになっています
個人的には、ずっとまなかと光がくっついて欲しいと強く願いながら見ていました。

よく「凪あすの前半はつまらない」などと言う人がいるが、全くそんなことはない。
異常気象を乗り切るために「冬眠」することになった海村の住人達...
それに立ち向かう(?)光達の頑張る姿...
こういった緊迫感ある感じもとても面白いです。
美しい描写も相俟ってほんとうに惹き込まれます。
1話1話がよく出来ていて、各登場人物にものすごく感情移入できます。

2クール目(14話~26話)
【内容】
舞台は前半の5年後の「おしおおし(地上)」
「おふねひき」によって発生した渦潮に引きずり込まれたまなかを救うために海に飛び込んだ光、要が陸に戻って来ないまま時が経ち、ちさきと紡は19歳、美海とさゆは14歳となる。
しかし、順番に地上に戻ってきた光、要、まなかは14歳のまま。美海達と同い年になる。
彼女たちも含め、この恋愛物語はさらに複雑な展開となっていきます。

【感想】
なんだよこの展開!Σ(゚д゚;)
面白すぎるだろ!!
というのが14話の感想でした。
13話最後の予告からは想像もできませんでした。
かなり鳥肌が立ちました...

光達が、今まで子供に思っていた美海やさゆと同い年になるという設定がとても良い!
まさに2クール目から本気出して来たという感じです。(1クール目も面白いですが)

14歳になった美海がいろいろ可愛すぎます。
「凪のあすから」で一番好きなキャラは?
と聞かれたら、まず間違いなく美海です。
2クール目は美海が主人公といってもいいのではないかというくらい美海を推してくるせいで、美海の思いが成就して欲しいと思うようになってしまったことが後々の後悔...(まあそれはそれでよかったが)

しばらくしてまなかも戻ってくる訳ですが、そのまなかは「人を好きになる感情」を失っている。
光はまなかのその感情を取り戻すために奮闘するが、美海はまなかが戻ってきて嬉しいのか、「好きになる感情」を取り戻して嬉しいのか、複雑な気持ち...
そんな美海の姿が切なすぎます...

また、ちさき、紡、要、さゆの恋愛も非常に切ないです...
どうして都合よく両想いにならないのだろう...
思わずそうツッコみたくなります...
さゆから要への告白は感動しました(><)
「悲劇のヒロインぶるな!」

そして物語も終盤。
生贄となってしまった美海はお女子様の墓場に閉じ込められるのだが、なんとか光は美海を助け出し、光は美海の想いにようやく気づく...
前半では光とまなかがくっついて欲しいと思っておきながら、美海好きとして、美海ともくっついて欲しいという個人的な願いが錯綜して、ほんとうに胸が苦しかった(>_<)
最終的には光はまなかと両想いだった訳ですから、光とまなかはこれまでとは少し違う、お互いを異性として見る特別な関係になり、美海の初恋は成就せず...
もちろん光とまなかはくっつけたのでハッピーエンドだったのですが、美海があまりにも切なかったというのが、正直な感想です。
(美海が光に「まなかが好きだ」と何度も言わせて、その後1人で泣いてるシーンとかもう...)
光...お願いだから美海を救ってあげてくれ...

でも、美海も割り切ってる感じだったし、光がまなかとくっつけたということで、よかったと思っています。

【全体を通しての感想】
個人的な意見が多く、かなり主観的なものになってしまいましたが、作品には大満足しています。
ここまで深く感情移入して、さまざまな思いにさせてくれた作品は他にほぼありません。
恋愛とファンタジーをうまく融合した最高の作品だと思っています。

【その他】
「凪のあすから」はOP、EDもたいへん素晴らしいです。
1クール目のOP曲「lull 〜そして僕らは〜」はとても楽しくワクワクとした雰囲気を、ED曲「アクアテラリウム」は海の中の静かで落ち着いた雰囲気を醸し出し、前半の物語のイメージにとてもマッチしています。
2クール目のOP曲「ebb and flow」(個人的に一番好き)はとても切なく、まさに美海やちさきの心情を描いたような曲であり、ED曲の「三つ葉の結びめ」も、凪あすのイメージにマッチした良い曲です。

また、OPやEDの入り方も素晴らしく、音楽も含めて最高の作品だなと感じました。
やはり良いアニメには良い音楽もつきものだと強く思いました。{/netabare}

【さいごに】
「凪のあすから」という作品に興味を持っている方は是非一度見てみてください。
絶対に後悔はしません。恋愛モノが好きな人には特にオススメします。

投稿 : 2018/09/24
閲覧 : 96
サンキュー:

2

gm560

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ストーリーがすごい!そして美しくて鳥肌が・・・

海が舞台のちょっと不思議な世界観でお魚とか海の映像がずっと見られる、
美しい作品です。

ストーリーはがっつり恋愛がメインで、しかも大半は思春期の子供たちの恋愛
なのですが、味わい深く内容としては完全に大人が楽しめると思う。

私がそうでしたが、かわいらしいキャラデザの子供が主人公っていうだけで、
嫌煙してしまったら、人生の大損だと今は思うくらい、ほんとおすすめです。

恋愛以外にもちょっとシリアスな本筋ストーリーもすごくって、
物語を満点評価にする事に迷いが一切無かったのは初めてかもしれません。

とにかく海が好きで年がら年中リアルに海に入っている私にとって、
海の中の世界が楽しくて、お魚とか見てて飽きることがありませんでした。

18話ではラストの何気ない海のシーンでは気が付いたら鳥肌がたってました。
本当に映像があまりにも美しかったのと演出も良すぎたからだと思う。

私はあるキャラクターに途中から感情移入しながら見てたのですが、
あまりにもせつなくて後半は涙がぽろぽろ溢れてきました。

はっきり言って私が望んだ結末ではありませんでしたが、それでも
この作品の評価が高い事には変わりはない、そんな素晴らしい物語でした。

投稿 : 2018/09/15
閲覧 : 118
サンキュー:

5

ネタバレ

にゃん^^

★★★★★ 4.8
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

感想

あらすじはあにこれのを見てね^^

海の青
陸のみどり
いろんな色のさかなたち
とってもきれい
人の顔は目がちょっと大きめかな。。

ちょっとファンタジーみたいな世界だけど
ふつうのラブコメ(あんまりおばかじゃない)になるのかな。。

光はまなかが好きで
まなかは陸の少年が好きになって(くのかな?)
それで{netabare}ちさきはひかり{/netabare}のことが好きみたいで。。

にゃんはラブコメ好きだから
これからどうなるの?って気になるなぁ。。
あんまり悲しいおはなしにならないといいね☆

↓は1話ずつの感想 
見おわって時間があったら読んでくれたらうれしいな☆
{netabare}
2話目
{netabare}
まなかはどんどんつむぐのこと好きになってくみたい
光はやきもちやいてる

つむぐくんってあんまりおしゃべりじゃないけど
いい人だなぁ。。
まなかがひかれてく気もちよく分かる

でも
あかりさんが陸の人と仲よくしてるとこ見つかって
陸の人とむすばれたら
村から追い出される。。

まなかはどうなるんだろう。。
悲しいおはなしになってくみたいで
心配になってきちゃう
{/netabare}

3話目
{netabare}
ひかりのお姉ちゃん。。あかりさんのおはなし
ちょっとナミダ出た
ひかりもいろんなこと考えてて
まなかのこともちょっと分かってあげられるようになったみたい

つむぐくんっていい人だね
それで大人だね。。
つむぐくんのおじいちゃんも海の人だったみたい
いろいろあったのかなぁ。。

やめとくってあかりさん
わらってたけど泣き出して
ほんとは苦しいんだね。。またナミダ出ちゃった

でも
みんなつむぐくんと仲良くなれてよかったね♪

さいご。。
パパ。。
それでひかりが結婚って言ったとき
もちろん!って言えなかったんだ。。
来週はあかりさんの恋のおはなしになるのかな

でも
海と陸の人の赤ちゃんが海にすめないのって
そのままだと海の人がいなくなっちゃうよね。。

好きな人といっしょにいたいって誰でも思うよね
でも
「凪のあすから」だと
むずかしいおはなしになっちゃうのかも
{/netabare}

4話目
{netabare}
今週はいろんなことあったね

陸の子たちにまなかのおすしこぼされて
光くんたら
おじょしさまこわしたのがその子たちがやったって思いこんで。。

かんちがいして暴力ふるったり
ごまかそうってしたり
そんなことしたって悪くなるだけなのにね。。

つむぐくん
いつも大人でえらいなぁ。。

あかりさんが相手の人が好きになったこと
海神さまはどう考えてるのかな。。

ミウナのためにサユがおじょしさまこわして
サユのためにミウナがあやまって

すなおにあやまるってむずかしいけど
1番かんたんなことなのかもね

まなかが光のこと守ろうってした
ちさとはできなかった。。

いろんなことがあったけど
ほんとに悪い人っていなくって
みんなちょっとずつ分かり合えなくってあたって
それで悲しい思いしちゃって。。

アニメの中でなみだがいっぱいだったけど
にゃんも見ながらずっとハナかんでた(ぐすっ。。)
{/netabare}

5話目
{netabare}
流れ星がきれいだった。。
いい最終回だったね。。(ほんとじゃないけど)
また
いっぱい泣いちゃった

やっぱりみんな
思ってるのはいっしょのことなのかな
好きな人といっしょにいたいって。。

でも
それがちょっとずつずれてって悲しくって
分かり合えたらこんどは
うれしくってなみだが出るんだ。。

でもね
陸の人好きになったら
海には住めなくなっちゃう
うれしいけど。。悲しいおはなしになっちゃうんだ
{/netabare}

6話目
{netabare}
水泳の授業

光とちさきはすなおじゃなかったかなぁ
だれかを好きになると
なんだかイシキしちゃってテレちゃって
ツンになっちゃう。。

おじょしさま作るのみんな手伝ってくれて
前よりみんなと仲よくなれてるかな。。

ちさきがまなかのことさけてるみたいで
悲しかったなぁ
それで巴日の思い出。。
小さいころまなかだけ見れなくって
ちさきがおこって

つむぐくん
まなかに最後まで言ったほうがいいって
それでまなかはちさきと仲直りできたかな。。

ずっとこのままお友だちでいたい。。
ほんとにそうだといいなぁ☆
{/netabare}

7話目
{netabare}
陸の人も海の人も
みんなお祭りはしたいって思ってる

でも
そっちが悪いっておたがいに言いあってて
おたがいに傷つけあってる

どっちが先にあやまるかなんて
だれかを傷つけることとくらべたら
ほんとにちっちゃいことだと思う

それで仲なおりできるなら
にゃんは先にあやまっちゃうけどなぁ。。
なんだかなみだが出てきちゃうね(ぐすん)


あかりのこと
お父さんは許してくれない
でも
2人が苦しくってもいいって思ってないの

お父さんがほんとにしたいことって
何なのかな?
{/netabare}

8話目
{netabare}
あかりのためにプレゼントしたいってゆうみうなをつれて
みんなは街に行ったの。。

つむぐくんってやさしいね
もしかして
用事ないのにみんなをほうっておけなくってだったのかな。。

光はまなかのこといつも見てるけど
ちさきの思いに気づいてあげてほしいよね☆

みうなは光のために
塩水もっててくれてた
お母さんがよくそうしてたって
はじめのほうで言ってた。。

陸の人と海の人と
おたがいのこと考えてあげられたら
みんな仲よくなれると思う

みうなのプレゼントきれいだったね♡
でも
好きな人からのプレゼントだったら
どんなものでもうれしいよね♪
ちょっとナミダ出たw
{/netabare}

9話目
{netabare}
みんなはまだ
お船ひきをあきらめてない

まなかはまた
つむぐくんのいいところ見つけた

光は応援しようってしたけど
もっと
まなかのことが好きになって

ちさともまだ
光のことあきらめられなくって

みんなが好きってゆう気もち持ってて
でも
誰もその気もち伝えられなくって

つらいよー
くるしいよー
ってこころが泣いてる。。

地上にふったぬくみ雪
ぬくみなのに冷たいの?

海の人は
もう地上に行くなって

地上がつめたくなって
みんなのこころも冷えてくの?

光は思わず
まなかのことだきしめちゃって
まなかは思わず
光のことつきとばしちゃって

シオシシオもみんなも
変わらなくっちゃいけないのかな?
{/netabare}

10話目
{netabare}
海の人たちは眠ってさむいときが過ぎるのを待つって

それがどうなるの?とか
ほんとのことなの?とか
いつまで?とか
だれも知らないのに。。

海神さまって
祈りがないと力を失うって言ってたけど
みんなで眠っちゃったらだれがお祈りするの?

光はお船引きをして
なんとかしようってしてるけど
それって
海神さまにお祈りするのとおんなじことじゃないのかな。。

みんな分からないからこわいし
いろんな思いをもってる

うろこさまって
ぜんぶ分かって光たちにやらせようってしてるのかも。。
だからみんなを
また学校に行かせてくれたんじゃないのかな?

さいごに
かなめがちさきにコクったけどやっぱりそうだった。。
2人はどうなるのかな?
{/netabare}

11話目
{netabare}
ちさきは返事しなかったけど
かなめってみんなの中で1番勇気あるなぁ

陸の人たちも気がついて
お船引きをいっしょにしたいって

あかりはお船引きといっしょに
結婚式をしたいって

世界が変わろうってしてる
みんなも変わろうって思いはじめたみたい

ひかりたちの思いも
ちゃんとつたえなきゃ。。
{/netabare}

12話目
{netabare}
ミウナとサユの気もち
光たちのお父さんに伝わったかな
あかりのありがとうも。。

まよわず全てがただしい場所へ。。
このおはなしの全てがただしい場所に行くんだったら
どうなるのかなぁ

学校から帰ったら
女の子が冬眠はじめてて。。死んでるみたい
ドキってしちゃうね

かなめの質問で
みんなの仲がこわれちゃう?
でも
もう会えないかもしれない。。

それって
ちょっと早いけど卒業みたいな感じかな。。
今言わないともう会えなくなっちゃうかも

まなかが1番
考えちゃうのかな。。

かなめはちさきに気もちつたえて
ひかりはまなかに気もちつたえて
ちさきもひかりに気もちつたえたよ
あとはまなかだけ。。
でも
分からないって言うこたえもあると思うナ

分からなくって
どこに行けばいいの?って思ってたら
また
つむぐくんのアミにかかっちゃった。。
まなかの行くところってつむぐくんなのかな?
{/netabare}

13話目
{netabare}
海からの明かりがとってもきれいだった。。

つむぐくんが太陽だから。。
近くにいるとまぶしくって。。近づけない
まなかはそう言いたかったのかな?

お船引きが終わったら
光に何か言おうってしてたけど
あかりさんのかわりに海神さまにつれてかれちゃったの?
光もかなめもいっしょに?

みうながあかりさんのこと
お母さんって呼んだところは
にゃんはなみだぼろぼろって。。

うろこさまが光たちのお父さんのこと眠らせたけど
海神さまはみんなのねがいを聞いてくれるのかな?
{/netabare}

14話目
{netabare}
5年もたったってびっくりしちゃった!

つむぐくんのおじいさんがちさきのこと引きとって
いっしょに暮らしてたけど
おじいさんは入院してちさきがお世話してる

おじいさんがたおれたときのちさきの気もち
痛かった。。

つむぐくんは都会の大学で海の研究
ちさきのこと好きみたいだけど
ちさきには光がいるって。。

ミウナたちは中学生かな
ミウナは光のことずっと好きで忘れられないの
ちさきも今でも光を待ってるのかなぁ

ともえびの夜
海は光のこと返してくれた
5年前とおんなじ光。。

また
だれか傷つくのかな。。
{/netabare}

15話目
{netabare}
光は変わってないのにみんなが変わっちゃった。。

変わっちゃったもの見たくない光と
変わっちゃって見せたくないちさき。。

ミウナは分からないけど
あかりにはなんとなく分かったみたい。。

にゃんもよく分からなくって
なみだが出そうで出なくって。。
見ながらずっとうるうるしてた。。

でも
光がつむぐにほんとの気もちさけんで
そのあとちさきと会って
「おまえぜんぜん変わんなくって安心した!」
気がついたらなみだがいっぱい出てた。。

やっと光は
変わっちゃったみんなと会うことができるみたい

さいごはちさきとつむぐ。。
ちさきがすぐにお家に入れなかったけど
やっぱり2人って恋愛みたいな気もちがあるのかなぁ
{/netabare}

16話目
{netabare}
光はミウナたちのクラスに編入することになって。。

ミウナ。。分かりやすいよね
でも
光ったらやっぱりドンカン。。
峰岸くんはいい人だったね

サユとミウナ。。
けんかしちゃったけどサユったらやきもちかなぁ
サユはかなめのことが好きだったのかな。。
2人とも泣いちゃったね。。泣いちゃった。。

サユとミウナって今までけんかとかしなかったのかな
仲なおりだって何回もしたと思うけど。。
でも
けんかしてるときって
もう仲よくなんかなれないんじゃないって思うよね

ミウナが助かったとき
やっぱりサユは泣いてよろこんでくれた。。

さいご
かなめが帰ってきた♪
これからどうなるのかなぁ
{/netabare}

17話目
{netabare}
はだかだけどかなめかっこいいなぁw
おとなってゆう感じ

仲がいいってゆうわけじゃないけど
お似合いの変わっちゃったちさきとつむぐのこと見てて
つらいんだろうなぁ

サユは好きだったかなめが
自分のこと分からなくなっちゃったみたいでツンツンしてたけど
ちょっと名まえよばれたらうれしくって泣きそうになっちゃたね^^

だれか好きになったら
気になる人がするちょっとしたことで
落ちこんじゃったりうれしくなったり。。
するよね(*´艸`*)

光もミウナも変わらないって決めて
それっておかしいって言ってたサユも
やっぱり。。かな

ミウナはエナができてて
それで海の中で息ができたんだ

シオシシオにもどれるかもって
光とかなめは試してみることになって
ミウナもいっしょに。。

ミウナの知らない世界
ミウナの知らない光の世界
何が見れるんだろう。。
{/netabare}

18話目
{netabare}
ミウナたちはシオシシオに着いたけど
そこって
ミウナが思ってたみたいな明るいシオシシオじゃなかった。。

光はミウナのことおこってたけど
やっぱりみんな死んでるみたいでちょっと気もち悪いよね
でも
光たちだって死んでるみたい。。って
思ってたからあんなにおこったのかも。。

みんなが通ってた学校。。
ミウナははじめてだったけど
なんだかなつかしいみたい
みんながいるところが見えたみたい。。
にゃんもちょっとうるうるしてきちゃった

うろこ様が言ってた
ミウナがさがしてるものってなんだろう?
まなかじゃないって言ってた。。

まなかは穴の中で眠ってたけど
エナがはがれてこのままだと死んじゃいそう。。
助けられるのかなぁ。。

あと
うろこ様が言ってた
「何かがあらわれるとき何かが失われる。。」って
どうゆうこと?
ほかの誰かが消えちゃうとかじゃないといいんだけど☆
{/netabare}

19話目
{netabare}
今週は光のことやっぱり好きなちさきのおはなしだったのかなぁ

はじめはまなかとちさきが迷子になってたとき助けに来てくれて
おわりもシオシシオに行くとき助けてくれて
帰りも手をつないでくれた

5年分変わっちゃって制服も合わなくなってて
ミウナみたいな目になれないって思ってたけど
光は何万年たっても変わらないとかって
さいごはやっぱり5年前とおんなじ目をしてたみたい。。

かなめもまだちさきのこと思ってる
(そうだよね。。かなめはこのあいだのことだもんね)
つむぐもちさきのこと思ってる

まなかが見つかって
でも
まだ目がさめない。。
何か足りないものがあるのかなぁ

心配だよね。。エナがなくなっちゃったことも。。
{/netabare}

20話目
{netabare}
みんな早くまなかに目がさめてほしいって
いろいろ考えたりやったりしてる

ミウナは
ほんとにまなかのこと起きてほしいって思ってるのかなぁ。。って
自分の気もちになやんでる

「こわいけど うれしい」
そんな2つの気もちって
きっと誰にでもあるのかも
つむぐとおはなしして
ミウナはちょっと気もち変わったのかな

さいご
ミウナは光に
まなかにキスしてって言えた。。

まなかがきゅうに起きたから
にゃんもびっくりしちゃったけど
ちょっと変わったミウナの気もちがまなかに届いたのかも☆
{/netabare}

21話目
{netabare}
しばらくまなかのこと見てなかったから
どんな子だったっけ。。
そうそう
いつも明るい。。ちょっとどじ
こんな感じ

でも
何かかくそうってしてるときのまなかって
わざと明るくしてたみたいじゃなかった?
ちょっと心配かな。。

ミウナのエナ
あるんだよね。。
まなかの代わりにエナができたみたいで
もしかして
まなかの代わりにミウナが海に行っちゃうこともある?

海の底でまなかは何か聞いたって。。
それって大事なこと?

つむぐが大学にもどる。。
ちさきとつむぐって話してると家族ってゆう感じかな。。

ちさきがコーヒーゼリー食べてるとき
シュークリームよりこっちのほうがって言ってたけど
それってちさきだけみんなと変わっちゃったってゆうこと?

まなかって
お船引きがおわったら話すって言ってたこと忘れてほしかったから
あんなに元気にしてたのかな?

あと
つむぐがうろこさまにわいろとかって言ってたからかな
のろいがかかっちゃった。。
来週はどうなるのかなぁ
{/netabare}

22話目
{netabare}
まなかがなくしたものって。。

やっとうろこさま見つけていろんなこと教えてもらった
まなかがいろんなこと忘れちゃったのも
人を好きになるこころ失くしちゃったせい?

今週はそんなにいろんなおはなしってなかったけど
かなめがちさきに「またコクろうかな。。」とか
かなめはまなかのためにまだ大学にもどらないとか
ミウナにコクった子が出てきたり

人を好きになって
悲しい思いをしてる人がいたみたい
だれかを好きにならなかったら
かなしい思いしなくっていいのかな?

でも
だれの思いも届かない
だれも愛せない
そんなことってあるのかなぁ

それって。。
かなしくはないかもだけど 
さびしいかも

きっとまなかはもとにもどるよね☆
{/netabare}

23話目
{netabare}
光がまなかのためにって思って
まなかが好きなのはつむぐだって思いこんで
つむぐにウソでもいいから好きって言ってくれって。。

光はぜったいって言ってたけど
まなかが好きだったのってほんとにつむぐだったのかな?
ほんとは光じゃなかったのかな。。

つむぐの告白よかった☆
きっとちさきもつむぐのことが好きだと思うな
だって
あれから5年もいっしょにいたんだもん。。
大学に帰るつむぐのこととっても心配してるし

海の中でつむぐの周りに集まったエナのかけらと魚たち
きれいだったね☆

今日も見おわってED聞きながらなみだが出てきちゃった。。
{/netabare}

24話目
{netabare}
つむぐかっこよかったぁ
ちさきが自分のこと好きだって知ってて
あんなふうにむぎゅーってされたら
にゃんだったら何にも言えなくなっちゃうよ。。

ちさきはうそ言った
ほんとはつむぐのこと好きなのに。。

まなかは好きってゆう気もちが分からなくって泣いちゃった
きっと好きってゆう気もちが消えちゃったんじゃないのかも
(すねてるあきらくんかわいかった)

もう1回お船引きやったら
ウミウシの石がまなかの代わりになるのかな。。
やってみないと分からないよね

さゆはかなめにコクって
それでかなめはさゆのこと好きになれるかも
待っててほしかった。。
待ってる人がいた♡

このおはなし見てて
にゃんはスライドパズル思い出しちゃった
バラバラになった絵
1つずつ動かして合わせてくやつ

凪あすのパズルってちょっとむずかしいなぁ
だって
完成した絵が分からないんだもん

でもね
そんなにたくさんブロックがないから
1つずつ動かして合うところ見つかったら
1ヶ所分かったらあとはそんなにむずかしくないと思う

今日
はじめてちゃんとはまったピースがあった♪
かなめとさゆ♡

つむぐとちさきは合ってたけど
ほかのピースを動かすのに
もう1回ばらさないとダメみたい。。

にゃんは
まなかってほんとは光のこと好きだったんじゃないのかなぁ?って
でもそれだと
ミウナのピースがあまっちゃうのかなぁ。。
みんなハッピーエンドになってほしいのに☆
{/netabare}

25話目
{netabare}
やっぱりまなかは光が好きだったんだ
つむぐはずっとそのこと知ってた
パズルがもうちょっとで合いそう

好きは海に似てる
楽しいけどそれだけじゃない。。

つむぐとちさきのピースも
もうちょっとで合いそう。。
自分だけがしあわせになれないって思ってるから
まなかと光、かなめとサユがしあわせになれたら。。

ミウナだけかわいそう
かわいそう
かわいそう
イタイイタイイタイ
光にまなかが好きって言わせて
どうしてそんなに自分をイタくするの?(え~ん。。)

それでお船引き

海神さま。。こんどはミウナをつれてった

やっぱり
ハッピーエンドにはならないのかなぁ。。

ミウナが帰ってきても
ミウナが帰ってこなくっても
ミウナはしあわせになれない。。

でも
うろこ様が光に言ってた
「見せてみろ!光
何をかえられるのか
何をかえられないのか?」って

もしかしたら光は
何かかえられるのかも?
{/netabare}

最終回
{netabare}
海にとけてたみんなの思いが
伝わってきたね
見ててほっとしちゃった。。

光がミウナの思いに気がついたところ
泣いちゃったね。。
でも
ミウナはそれだけでよかったって思えたみたい

海神さまは片思いじゃなくってよかった♪
そのことに気づいて
海神さまの悲しみがなくなって
パズルがとけたのかなぁ。。

海神さまのまちがいは
おじょしさまの気もちが地上の人にあるって思ったこと
光のまちがいって
まなかの気もちが地上の人(つむぐ)にあるって思ったこと

海神さまと光のまちがいが
きっと
海と地上のパズルを作っちゃったのかも?

運命は何も決まってない。。
ミウナのパズルのピースだけ残っちゃったみたいだけど
ミウナにコクったミネギシくんのピースも残ってるよ
ミネギシくんが思いつづけてたら
きっと。。

運命は何も決まってないよね☆
{/netabare}
{/netabare}

見おわって

絵は
アニメで今まで見たことないくらい不思議できれいだった♪
キラキラ:*:・。,☆゚'・:*:・゚'☆,。・:*:

おはなしも
恋愛アニメで今まで見たことないくらいよかった♡

1人1人の思いとか気もちが
とっても伝わってきて
見てるだけでいっしょに
わらったり泣いたりしちゃった。。

歌もおはなしと合ってて
聞いてるだけで
海と海にとけてる思いが見えてくるみたい♪

恋愛のおはなしがきらいじゃなかったら
ぜったい見てみてね☆

投稿 : 2018/09/14
閲覧 : 2574
サンキュー:

404

次の30件を表示

凪のあすからのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
凪のあすからのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

凪のあすからのストーリー・あらすじ

海と地上、そのどちらにも人が暮らす世界。中学が廃校になり、幼なじみと共に地上の学校へ通うことになった海村の少年・先島光が転校初日目撃したのは、大切に守ってきた少女まなかが、地上の少年と特別な出会いをした瞬間だった。(TVアニメ動画『凪のあすから』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2013年秋アニメ
制作会社
ピーエーワークス
主題歌
≪OP≫Ray『lull~そして僕らは~』 、Ray『ebb and flow』≪ED≫やなぎなぎ『アクアテラリウム』、やなぎなぎ『三つ葉の結びめ』

声優・キャラクター

花江夏樹、花澤香菜、茅野愛衣、逢坂良太、石川界人、小松未可子、石原夏織、名塚佳織、天田益男、間島淳司、清川元夢、鳥海浩輔

スタッフ

原作:Project‐118、キャラクター原案:ブリキ、 監督:篠原俊哉、シリーズ構成:岡田麿里、キャラクターデザイン・総作画監督:石井百合子、キーアニメーター:高橋英樹、美術監督:東地和生、美術設定:塩澤良憲、撮影監督:梶原幸代、色彩設計:菅原美佳、3D監督:平田洋平、特殊効果:村上正博、編集:高橋歩、音楽:出羽良彰、音楽制作:ジェネオン・ユニバーサル、音響監督:明田川仁、音響制作:マジックカプセル、プロデュース:インフィニット

このアニメの類似作品

この頃(2013年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ