「いつだって僕らの恋は10センチだった。(TVアニメ動画)」

総合得点
65.8
感想・評価
131
棚に入れた
634
ランキング
1925
★★★★☆ 3.4 (131)
物語
3.3
作画
3.4
声優
3.6
音楽
3.4
キャラ
3.4

いつだって僕らの恋は10センチだった。のストーリー・あらすじ

桜丘高校の入学式。合田美桜と芹沢春輝は桜の樹の下で出会う。 「美しい桜って書いて、美桜」 「俺は春輝。春が輝く」 春生まれの二人は親近感を覚える。 それ以来、気づいたらお互いは目で追うようになっていた。 美術部の美桜は大人しく、映画研究部の春輝は快活で周りにはいつも誰かがいた。 二人は全く違うタイプだが、いつの間にか一緒に下校する仲になっていた。 付き合っていると勘違いされることもあるが、ずっと友達以上恋人未満の関係。 本当はお互いに「好き」という気持ちを抱えながら―。 いつも帰り道に寄る高台の階段に腰をかける二人。 「春輝君って、好きな人とか、いる?」 思わず聞いてしまった美桜に答える春輝。 「好きなやつ、いるよ。…美桜は?」 二人のその手の距離は 10 センチ。 たった 10 センチなのに、その距離が縮まらない―。(TVアニメ動画『いつだって僕らの恋は10センチだった。』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2017年秋アニメ
制作会社
レイ・デュース
主題歌
≪OP≫LIP×LIP(勇次郎・愛蔵/CV.内山昂輝・島﨑信長)『ノンファンタジー』≪ED≫HoneyWorks『東京ウインターセッション feat.瀬戸口優・榎本夏樹・望月蒼太・早坂あかり・芹沢春輝・合田美桜(CV.神谷浩史・戸松遥・梶裕貴・阿澄佳奈・鈴村健一・豊崎愛生)』

声優・キャラクター

鈴村健一、豊崎愛生、神谷浩史、戸松遥、梶裕貴、阿澄佳奈、緑川光

スタッフ

原作:HoneyWorks、 総監督:難波日登志、監督:塚田拓郎、音楽:HoneyWorks、シリーズ構成:成田良美、キャラクターデザイン:藤井まき/常盤健太郎、サブキャラクターデザイン:近藤奈都子、美術設定:綱頭瑛子/青井孝、美術監督:岡本好司、プロップデザイン:宮豊/岡戸智凱、色彩設計:のぼりはるこ、撮影監督:萩原猛夫、編集:定松剛、音響監督:長崎行男、録音調整:今井修治、音響効果:今野康之、音響制作:マジックカプセル

既に123件のレビュー・感想・評価が集まっています

ちあき さんの感想・評価

★★★★★ 5.0

楽曲が原作って事に驚き。

全くの予備知識無しで観ました。 これ単体でも作品としてどちらかといえば好印象を持って...

もっとみる(全131件)

既に視聴した人にはネタバレレビューがおすすめ!
みんなが伏線の考察などで盛り上がっています。

ネタバレレビューを見てみる(全86件)

いつだって僕らの恋は10センチだった。のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
いつだって僕らの恋は10センチだった。のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分

6位以下の成分も見る

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

このアニメの類似作品

この頃(2017年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ