「ローリング☆ガールズ(TVアニメ動画)」

総合得点
62.9
感想・評価
533
棚に入れた
2333
ランキング
4066
★★★★☆ 3.5 (533)
物語
3.2
作画
3.5
声優
3.5
音楽
3.7
キャラ
3.5

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

ローリング☆ガールズの感想・評価はどうでしたか?

♡Sallie♡☆彡 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

あまり深く考えちゃダメなのかな(。´・ω・)?

キャラクターデザインと“所沢”というワードに惹かれて観てみました。
なんだかとても不思議な雰囲気のアニメですね。
背景もなんだか絵本の挿絵のようにふわっとしていて夢の中みたいだと思いました。
ちょっと作画が手抜きだなと思いはしたものの,キャラクター達はみんな可愛くてテイスト的には好きでした。
ただ溢れるサブカル臭というのか,独特の雰囲気には馴染めず,謎の戦いが一体それぞれ何の目的・思惑でやっているのかイマイチ分からなかったです。
なので,最後も決着がついたのかついてないのか曖昧な感じで丸く収まる感じも謎でした。
そもそも自警団とかいろんな所属があってそれがどういう集団なのかよく分からない上に,次々に新キャラが出てくるのでとっ散らかっている感じもあります。
そのわちゃわちゃ感を楽しむアニメなのかな??
わたしはそれぞれの集団の思惑とか戦う動機とかがよく分からないまま話が進んでいって,最終的にそれも明かされないまま終わる感じが煙に巻かれたようですっきりしないのです。
例えば,あの月明かりの石は一体何だったのかとか,モサとは…?とか。。
取り敢えず何でもアリなアニメですね(^-^;

でも,ところどころくすりとさせられるところもありました。
ゆきっぺが描くイラストが何故か地獄のミサワ風(笑)。
「いいの!?」と思ったらご本人が監修されてるんですね。
あと「ダンディだ」「ダンディですね」「相変わらずダンディじゃねーか」「なぜそこまでダンディでいられるんです!?」で笑っちゃいました★
あとはシカ!!一緒に写真撮ってるのだけで面白可愛いのにカメラのっけてるー!!
それと第8話の酒呑童子が「もっとド派手な騒ぎにしてやるぜ!!」って言ってて,なんかこの中の人が“ド派手”とか言うと違うアニメのド派手なキャラクターを思い出させられて笑っちゃいます。
こちらは2015年のアニメなので,ずっと先なんですけどね。
あとは何気に関所のお姉さんが好きでした。
訛りが凄くて所々何言ってるのか分かんなかったけど…(笑)。

もう一度観返したらもっとちゃんと理解できるのかもだけど,なんだか疲れるのでよく分からないアニメのままそっ閉じしときます。
あっ。忘れちゃいけない。THE BLUE HEARTSのカバーは良かった♪
パンクロックあまり好きじゃないんだけど,女の子達が歌うと暑苦しさというかむさ苦しさというかが無くなって可愛くて(・∀・)イイ!!と思いました。

投稿 : 2022/03/03
閲覧 : 69
サンキュー:

2

ネタバレ

剣道部 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

転がり続けるイシコロ少女達の旅の果てには

[文量→中盛り・内容→雑談系]

【総括】
記録よりも記憶に残るアニメって、こういうのだよな、と思う。

いわゆる、雰囲気アニメ。

世界観は独特で、日本全国の自治体が独立国家となり、独自の文化を築き、国家間の争いは主に「猛者」と呼ばれる超常的な力を持つ者同士の決闘によって行われる。そんな中を何の力ももたない「モブ」の少女達がバイクで旅する。「THE BLUE HEARTS」の名曲を聴きながら。

とまあ、そんなアニメです。基本的にハイテンションなアニメで、怒濤のようにストーリーが展開します。全12話ですが、{netabare}「所沢編」「東京編」「名古屋編」「京都編」「広島編」{/netabare}に分かれ、各2~3話構成になっています。

《以下ネタバレ》

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
個人的に好きなのは「名古屋編」と「京都編」です。胸熱の展開でした。

私は「THE BLUE HEARTS」が(全歌手の中でも上位3つに入るくらいに)大好きなので、それだけでかなりのポイントアップでした(笑)

(ちなみに、カラオケで必ず歌うのは、「青空」「人にやさしく」「トレイントレイン」てすかね。好きな曲はいっぱいあるけど、ある程度メジャーなの歌わないと、皆ノッてくれないからね)

途中から作画が崩れたのが、雰囲気アニメとしては致命的でしたが。

でも、オリジナリティはクソほどあるアニメ。テンプレアニメに飽き飽きとしている方は、一度ご覧になってはどうでしょうか? (評価3ですし)そこまでの芸術性はないけれど、「スペースダンディ」「フリップフラッパーズ」なんかが好きな人には、合うかもしれません。

最後に、一句。

東北に 来てくれたって 良いじゃない

……お粗末様でしたm(__)m
{/netabare}

投稿 : 2021/05/27
閲覧 : 359
サンキュー:

27

ウェスタンガール さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

夜空を見るたび思い出せ!

チーちゃん、それが奴の名だ…、ナイトライダーではない。

ガスマスクとモッズコート、そして“フリクリ”以来のお約束、ベスパに乗ったチーちゃんが集めるのは、ピンクでキラキラハート型、チョット危ないオ〇スリ然とした石である。
実際、この石を持つものは“猛者”と呼ばれるヒーローとなって、群雄割拠の地方都市を束ねるという設定を見れば、あながち間違いでもなかろう。

ただし、2015年の作品だ。
サブキャラも含め、“ハル子さ~ん”のようなオメメのぶっ飛んだ方は出てこない。
いたって真面目に暴れる方々ばかりなところが少し残念ではあるが、サイケな、しかし真っ直ぐな思いがブルハの歌に乗せて伝わる、イージーライダーも意識したロードムービー的意欲作である。

ちなみに、ロードムービー的と言えば石森章太郎原作の“人造人間キカイダー”である。(無理やり持ってくるな!)

(まあ待て、)記憶を無くした光明寺博士と仲間たちが全国をドサ回りするお話、立派なロードムービーなのだ。

そして、“ギターのジロー”が駆るサイドカーが、今作の主人公の“ノンスケ”と同じカワサキ“マッハⅢ”なのだ。

「曲がらない、止まらない、まっすぐ走らない」
2スト、並列3気筒で左右非対称の3本出しマフラーが印象的な、世界最速、乗り手を選ぶ伝説のじゃじゃ馬マシン。

只々これが言いたかっただけである。

# イージーライダー
# フリクリ
# マッドマックス
# 人造人間キカイダー
# MACHⅢ

投稿 : 2020/07/31
閲覧 : 228
サンキュー:

9

どどる さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

好きになれるかすぐわかる安心感

とにかく、画面が見ていておもしろい。
エフェクトや妙な世界観も目立ちますが、1話からラーメン早食い、望未が瓶ジュースを飲むシーンのくちびるのぷにっとした感じなど、女の子もやわらかそうでとてもかわいいです。

画面の好ましさもさることながら、ストーリーもよく出来ています。
良いのはストーリーそのものというより、各女の子の心情がちゃんとわかるようになっていることです。
どの段階でどう心情が変化していき、どうして最終回の感情になるのか。
筋に重きを置いたサスペンスでもない限り、ストーリーの筋が複雑なことより、これが重要なことです。

私はちーちゃんと抹茶未が好きでした。
抹茶未が目を白黒させたり細めたり赤面したりするあわてんぼうな感じの表情がとても好きです。

投稿 : 2020/07/14
閲覧 : 586
サンキュー:

4

ネタバレ

yuugetu さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

身近なのに、あり得ない世界の冒険

2015年冬放送のオリジナルアニメ。全12話。動画サイトで視聴。
脚本家に興味があって視聴しました。

【あらすじ】
舞台は都道府県が再編されていくつのも国として独立した日本列島。
ご当地色豊かな地方を巡り、親友に守られてばかりだったごく普通の女の子・森友望未(もりとも のぞみ)が、誰かのために行動し、自信を付けて行く物語。
友達と笑ったり泣いたりしながら旅をして、出会った誰かと支え合ったり助け合ったりする、明るい作品です。

要素を詰め込み過ぎてる感じもあるけど、「日本をベースにしたあり得ない世界」を徹底的に作り上げた点は高く評価したい。最初から最後まで気持ちの良いアニメです。
これ、ジャンルは「思春期女子の冒険もの」だよね。

{netabare}
【物語】
モブ(普通の人)である望未達4人の少女が、時にはモサ(強い想いと特別な力を持った人)を助けたり支えたりするのが良かった。各エピソードは確かに主人公たちが主役なわけではないのですけど、視野を広げて積極的に世界にアプローチしていく過程を追った物語なんですよね。望未が旅に出る切欠は親友だったけど、最終的には自分の足で歩いていくスタートラインに立ったのだと感じられました。

他のレビュアーさんがおっしゃる通りロードムービーですし、主人公達が誰かを助けてハッピーエンドとなることが多いので、2クールあったらさらに楽しめたと思います。他の国(各自治体)がどんななのかもすごく気になる。東日本行こうよ、東日本。

宇宙人の友達が宇宙に帰ってしまうという本筋も、良くも悪くも好みが別れるかなあ。思春期における友達との別れは大人への第一歩だよね。
全編通してキャラクターの気持ちに寄り添っているのが好ましい反面、11話で飛び出した「列島征服計画」とか「内向きに行き尽くした世界」とか、そっちも気になってしまいました。


【作画・映像面】
極彩色で水彩画のような背景が見ていて楽しいですね。古風にもポップにも感じる面白いチョイスです。
ただキャラクターは普通ですし、CGの宇宙船などはかえって浮いて見える所も。
バトルシーンは動きも演出もスタイリッシュで今風でした。


【音楽】
思春期・旅・普通の女の子が背伸びをする。そんなコンセプトに沿った選び方をしていたのかなと思います。個人的にはOPで望未達がバンドをやっているのが少し違和感なんだけど。
音楽にはあまり詳しくないですが、フォークっぽい挿入歌が懐かしい雰囲気をよく出してる。面白いコラボだなあ。


【キャラクター】
主人公達4人は、視聴者にとって親しみやすく可愛らしい。
それに対してゲストキャラクターはアクが強くてファンタジー調。
この対比は作品で描きたいことに合致していて、とても良かったと思います。
ゲストキャラクターの個性と、それに縁の深い単語や地名を名前に使っているのが好き。とてもわかりやすくて覚えやすかったです。
特に、広島・岡山編の古典・昔話から取られたキャラクター名や題材が楽しかった!異星に帰るのは千綾だけどね。
個人的には苦労人・籾山が好き。


【声優】
主人公達4人は若手さん、ゲストキャラクターは大ベテラン揃いで、良い意味で差別化されていました。
ベテランさん達は文句のつけようがなくてとても楽しませていただきました。
主人公達の中だと、逢衣役の種田梨沙さんが印象に残りました。逢衣がいると4人のほんわかした雰囲気が締まるんだよね。{/netabare}


ちょっとした興味から視聴しましたが、なかなか楽しめる作品でした。
(2020.3.22)

投稿 : 2020/03/22
閲覧 : 308
サンキュー:

15

芝生まじりの丘 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

良き

良いエンタメアニメ。

乗り的には、"けいおん"と、"フリクラ"を足して2で割ってご当地スパイスを加えたような感じか。
可愛い女の子を愛でつ、バンドミュージックを鳴らし、バチっとエフェクト掛けて、オーソドックスなような適当なようなストーリーをズバッと掻き鳴らして走り去るという。
あと、ブルーハーツがだいぶフィーチャーされている。ファンじゃないけど嫌いでもないからまあよかったかな。

2015年以降くらいでなら個人的にはトップかも。
というか、2010年以降では、あんまり好きなアニメもないし、見てるアニメ自体少ないんだけど。
 自分が本当に好きなジャンルという訳ではない。ただ嫌いなジャンルでもないし、製作陣のやる気が伝わる作品だから好きだ。

まあ、これは普通に技術の進歩というか、そういうのが活きているアニメかなあと、作画とか演出とか、あと力の抜き方。何ていうかストーリーとかワザと適当な部分ガンガンあるんだけど、そういう取捨選択が良いなと思う。全体的にソツない。

制作のウィットスタジオというところは最近の会社らしく、これが最初のオリジナルアニメだったらしいので、それで思い入れも厚かったのかもしれない。

そしてまあ正直、軽ーいアニメ。ただあからさまな軽さがあってそこがよかった。自分はクールで重めの雰囲気なのに、内容が子供だましなアニメ、というのが大嫌いなんで。
演出はギッチリ掛けるけど、どんな戦闘も爆撃もあくまで"演出"。人は死なない優しい世界。という、徹底したスタンスが良い。
ストーリーにツッコミどころもあるけれど、そこは雰囲気とノリと勢いでカバー。各話のストーリーはオーソドックスな筋なので、まあ安心感あり。

あと、最後ちゃんと程よく盛り上げたのもよかった。

一番評価したいのは作画だね。ポップさと、オリジナリティが程よい。
そして全シーン女の子-特に主要4キャラ-が常に可愛いのなんの。

とりあえずあにこれの評価見てると、あんまり評価は高くなかったようですね。まああにこれだけ見ても、世評はわからんけれど。しかし、そんなところもまた愛着が持ててヨシ。

多分人気の出なかった理由の一つは全面に軽さを出しすぎたことだろうな。そこは個性として良いと思うけど。なんか、1話とかの、特撮風過剰演出戦闘とか、主人公がバトルに全く関与しないとか、そういう要素、好みだけど、大衆受けはせえへんかもしれん。全体の大筋もソツなく軽い。でもそれらは個人的には評価点でしかない。

惜しい点としては、2クール見たかったな、というところ。
2話完結型で、最後は4話で1章で、実質5章分しかない。
で、各章、舞台や、主人公以外の登場キャラが変わる。そして主人公達はあんまり活躍しない。いや活躍しないのは素晴らしい事だと思うんだけど、その結果、登場人物への愛着がやや薄まるので、それを時間でカバーできたらなと。まあ、ロードムービー1クールっていうのはちょっとね。あと、普通に設定ギッチリなので、濃厚ではあるが、展開についていけないことも。そのスピード感も現代らしいかな。良くも悪くも。

まあ、重ねていうがあくまでエンタメとして土俵を徹底した作品。それ以上だとは思わないけれど、その土俵でキッチリ魅せた感じがある。

とにかくよく出来たアニメ一本作られはった。
秀作。息抜きに良い。

個人的に好きなのはシャチホコ編。
推しはゆきっぺかね。

投稿 : 2019/05/21
閲覧 : 386
サンキュー:

6

褐色の猪 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

つかみどころがない

絵柄は良い、作画も悪くなくBGMも拘りある、小枝となる物語はわりと良く各話だけ見れば進行もいいんだけど、大幹がはっきりしないので1クール終わって特に感動なし、
なんだかなぁ、
もったいないですね(◞‸◟)

投稿 : 2019/01/03
閲覧 : 560
サンキュー:

14

ガムンダ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

じわじわ来るロードムービーだが・・・ 

都道府県が分裂し、その後合従連衡の只中にある世界設定で4人の少女が西へと旅するお話。一応揉め事を収める目的で。

青春ロードムービー
友情
ギャグ
SF
バトル
バイク(作り手側が「ばくおん」並に分かってます)
音楽(ブルーハーツ推し。圧し。)

なんとも不思議な作風です。
ゆるい「刀語」か。
ちょっとシュールで分かり難いです。

リピートして噛めば噛むほど味は出そうですがそれはちょっとしんどいです。
ハマれば面白いかもね。

ブルーハーツ、当時はただ下手くそバンドとしか思ってませんでしたが今沁みますね。

投稿 : 2018/12/06
閲覧 : 426
サンキュー:

12

(斉藤) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 2.5 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

時々本気を出してくるもんだから 結局好きなアニメ
マッチャグリーン大好き

投稿 : 2018/03/24
閲覧 : 176
サンキュー:

2

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

普通《モブ》が世界を救う!?

新感覚・青春ロードムービー

地方自治をめぐる「東京大決戦」の終結から10年。
都道府県が独立国家となった列島はご当地色満載の発展を遂げた。

手が込んでいるなと思える出来栄えの作品。
作り手の思い入れを感じることができる。

ファンタジーな世界観はアニメ演出的にはまっていた。

作画は後半怪しい部分もあるがまぁ安定していた。
アニメーションは崩し気味ではあるもののアニメ的に良く動く。
「一見の価値」があるほど気合いが乗っている。

ストーリーは全体的に普通。
あったかハートフルストーリー(シリアス小盛)なので安心して見れる。

アニメっぽいアクションを見たい方や
すっきりワンクールで見終えたいアニメをお探しの方にお勧めの作品だ。



自分用メモ

中堅アニメ いい意味でも悪い意味でも。

作品のコンセプト、アニメーションの出来栄えなど
アニメファン、オタクなら見ておいて損はなさそうな感じ。

主題歌 「人にやさしく」

☆ 6話 電光石火

{netabare}

所沢編
{netabare}
伝説のカラクリ宮大工衆

「中の人などいない!!」
{/netabare}
東京編
{netabare}
ゲロイン

「まさか、私の過失だというのか」

ミサワ似顔絵(笑)

勘違い 極刑 紛失 をごめんでかたずける畜生

ジョーイさん方式
{/netabare}
愛知・三重編
{netabare}
「えっなんで?かわいいから?」

ジョーイさん方式 色違いリボン

エビフライぶつけんぞ!!

うるせぇから字幕

「なぜそこまでダンディでいられるんです!?」
「どちらかがどちらかを屈服させて支配下におく……それでいいのか?」

ライディングデュエル アクセラレーション!!

「やっぱり……好きだ」 ノリは古いけど好きな展開だなぁ

「そうしたらみんなの守り神、一緒に作ろうね」 かわいい
{/netabare}
京都編
{netabare}
開幕温泉

ハンマー性の違い

橋の上から飛び込まないあたり「モブ」だよなぁ
{/netabare}
広島・岡山編
{netabare}
開幕水着

「もみやま、おじさんだもん」

「ふつうにかけるんじぁゃーん」「これは作品ではないので」 ミサワは作品

宇宙人のフラグは張っていたけど
ちょっと強引な締めになりそうな気がするなぁ

エクストリームスーパーダブルムーン(迫真)

「悪いことして捕まったんですよねぇ」(納得)

目を閉じている……強キャラだわ

一対一? からの 惨敗 からの 手刀

「とてもいい絵だ」

「いっぱい、願いを叶えてくれた」
{/netabare}

{/netabare}

投稿 : 2018/01/02
閲覧 : 121

ISSA さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ニャニャ ニャニャニャャ~ア 頑張れ!(=^ェ^=)

人に優しく
THE BLUE HEARTS

気が♪狂いそう~(ニャニャニャニャニャニャニャ)

やさしい歌がすきで♪ああ♪
あなたにも聞かせたい♪

このまま僕は(ニャニャニャニャニャニャニャ)

汗をかいて生きよう♪ああ
いつまでもこのままさ~

僕はいつまでも!
歌を歌う時は!

マイクロホンの中から!
ガンバレって言ってやる!

聞こえて欲しい
あなたにも ガンバレ!!

本当はニャニャじゃ無くてNaNaですw

一応バイクのツーリングアニメですが…
人にやさしく、聞くためのアニメでしたw

カラオケだと盛り上がります♪

投稿 : 2017/12/24
閲覧 : 202
サンキュー:

12

ネタバレ

キロノ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

個人的には結構イイんじゃないでしょうか。みたいな感じw

・多分、第1話で今後の観覧が決まる。
・日本の有名都市が舞台で、一般的な知識があれば入り込みやすいかも。
・ギャグが散りばめられており、ってかギャグアニメ⁈
・格闘があるが、キャラが良く、描写も綺麗で結構痛々しいw が、残虐ではない。
・ブルーハーツを起用しており、昭和世代はノリノリになるのではw
・陣地合戦なので、敵味方の線引きはあまりなく共に愛着がわく。
・ストーリー展開は割と早く、退屈せずに見れた。
・泣けるとこもあったりする。
・ツーリングに行きたくなったw

投稿 : 2017/10/03
閲覧 : 163
サンキュー:

2

ネタバレ

MLK さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

無題

この作品を評価するのは実に難しい。というのは、独特の形式でドラマが展開されるために、各話ごとの評価が非常にばらけるからだ。よって、ここではオール星3で評価をつけさせてもらう。
これは、本作を見た方なら納得してもらえる感想のはずだ。そして大方の皆さん同様、私も三重愛知編が大好きで京都編がまあまあ好き、そのほかはうーん、といったところだ。

各話完結の作品は他にもたくさんあるのに本作に限ってなぜこのような評価が下るのか?それは、本作の特殊な構成に秘密がある。

まず前提として、本作の主人公4人組は「モブ」と言われる存在だ。彼女らはよくアニメで使われるモブという言葉そのままの存在で、強い力を持たない普通の人間だ。その対極には「モサ」と呼ばれる存在がいる。これは、いわゆるヒーローのことであり、この作品の中で世界の中心にいるのは彼らだ。

本作の特殊なところは、12話を通してみると確かに4人組の主人公たちが毎回登場する一つの物語なのだが、各話ごとに見ると彼女たちはあくまで役割としては「モブ」に過ぎず、各話の中心にいて葛藤し成長するのは「モサ」なのだ。
わかりやすく言えば、オムニバス形式のドラマ中で同じ端役が出続けていて、時折その端役にも焦点が当たるといったところだ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
               全体
主人公           モブ4人
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
     1,2話 3,4話 5,6話 7,8話 9~12話
主人公  モサ  モサ  モサ  モサ  モサ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


するとどういうことが起きるか。各話ごとに見ると、モブに焦点が当たらない方が話が一直線に進み面白くなるのだ。特に三重愛知編において四人組はあくまで賑やかしと「モサ」の物理的サポートに努め、鈴鹿と魚虎親子の話が一直線に進行する。これが、東京や広島岡山編のように主人公たちの物語が入り込むとたちまち話が混線してしまう。

しかし、本作の主人公はモブ4人組であり、最初と最後には彼女たちの物語が用意された。そのせいで、視聴者は特に思い入れのない上にイマイチ成長を実感しない4人組と十分に語られないモサの話を同時に見る羽目になり、よくわからないままに話が終了することになる。

全体でみると散らかった印象であるが、4人組を語る必要の少ない中盤の各話に面白いものがあるのは、こういうわけだ。敗因は、全体の配置の中で、4人組の役割が「モブ」であるか「主人公」であるかを統一できなかったことによるものだろう。

成長譚にしたかったならば、もっとロードムービーらしく彼女たちの喜怒哀楽を中心に据えたものであるべきだっただろう。無理に「モサ」と絡まずとも大きなものが動かす「この世界の片隅に」生きるモブだからこそ感じ取れるモブの物語があったはずだ。

投稿 : 2017/09/15
閲覧 : 150
サンキュー:

4

けみかけ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

お話のしんみりさ、キャラの魅力とは別に、明らかにコンセプトを履き違えた“迷作”…端的にバイクの扱いがオカシイ!?

2015年の冬期1クール全12話のオリジナルアニメ作品
出合小都美が監督
むとうやすゆきが全話脚本
キャラ原案をtanu
総作監を北田勝彦
音楽を横山克
主題歌や挿入歌はTHE BLUE HEARTSのカバー
映画『ハル』に続きWIT STUDIOのテレビアニメシリーズとして初の完全オリジナル作品です


戦国時代に遡った様に都道府県が国家として独立してしまった架空の日本が舞台
巨大ロボットや超能力などを振るう権力者達が跋扈する、なんでもアリの乱世
そんな日本を平々凡々な4人の少女が各地の争いごとをバイクで旅をしながら納めていくというロードムービー仕立ての旅行記モノ・・・


まずファンタジーとSFと大河ドラマが入り組んだような世界観、平凡な少女達が世の混乱の渦を突き進んでいくストーリー、個性的な無数のキャラ・・・
こういった作品の表面性、内面性はオイラも高く評価しているんです
ただどうしてもオイラにはこの作品に納得がいかないポイントが3つだけあるんです


その3つのポイント全てが今作における“バイクの扱い”にまつわる部分


まず4人の少女が乱世の日本列島をバイクで横断していくというあらすじ、彼女たちが乗っているバイクの車種、彼女たちのファッション
これらから今作のコンセプトが明らかに50~60年代を舞台にしたアメリカのロードムービーや若者のポップカルチャーの隆盛を題材にした一連の青春映画郡
あるいは片岡義男の小説を元ネタにしているのは明らかです


ノンスケは見た目Z2でエンジンはなぜか3気筒・・・なバイクにMA-1フライトジャケットの出で立ちってことで片岡義男作品の主人公がモデルでしょう
執行玖仁子の愛車は『イージー・ライダー』のキャプテンアメリカ号だし、千綾がM-51ミリタリージャケットを着てヴェスパに乗ってる姿は『さらば青春の光』のモッズと呼ばれる若者そのもの
ゆきっぺの愛車はトライアンフっぽいけど実のところコイツはA-1フライトジャケットを着てるし『モーターサイクル・ダイアリーズ』のエルネストこと若かりしチェ・ゲバラとポデローサ号がモデルでしょう


つまり今作は“往年のロードムービーを現代の萌えキャラでやる!”というコンセプトなのは明白です
コレ自体は素敵なアイデアだと思うのです

し!
か!!
し!!!

コレらを踏まえた上でオイラが今作をいま一歩受け入れ難い3つの指摘が以下です


【①準主役級の存在であるはずのバイクの描き方が雑】
これはある程度仕方のないことと認識していますが、、、ノンスケの愛車がどう見ても「Z2」(カワサキ750RS、通称ゼッツー)なのに4気筒エンジンのはずのZ2がなぜか劇中では3気筒で描写されてます
これじゃヤマハGX750になっちゃうよ!
バイク好きにとってこれは死活問題です
その車種のアイデンティティの一つですから、エンジンというものは
それにCGを多用してる一方で作画で描かれてるバイクは正直ぎこちない
ロボットアニメでロボットがダサかったらイヤですよね?
魔法少女アニメでマスコットがブサイクだったらイヤですよね?
それと同じように、世界観を演出するバイクの描写が雑ってのは如何なものかと思うのですよ?
まあ『ばくおん!!』の様にメーカーからちゃんと許諾を得て実車を登場させる、というのもメンドクサイのでしょう
権利関係に手間を掛けるのであれば他に回そう、ということなのでしょう
バイクはあくまで作中の小道具、女の子達が可愛ければそれで良い
と、いうことでこの点に関してはオイラも100歩譲ってまだ理解出来ます


【②バイクを若者を象徴する乗り物として描けていない】
なぜか今作の世界ではバイクが大流行しており、移動手段はもっぱらバイクということになっています
ノンスケ達の様な未熟な若者が自由気ままに旅をするのにバイクが丁度いい、ということでバイクが選ばれているわけではなく、兎にも角にもこの世界で旅するにはバイクが無いとお話にならないのです
ですが前述した通り今作のコンセプトには若者がバイクで旅をするロードムビーの要素を孕んでいます
だから考えてもみて下さい、若き日のチェ・ゲバラが何故ポデローサ号で南米を縦断しなきゃいけなかったんですか?
それは“彼に車を買う金が無かったからですよ”
車を買えない、飛行機に乗れない、けれど自由気ままな旅がしたい、、、こーゆー若者を解放する手段がバイクの旅なんです
なのにこの世界では誰しもがバイクに乗っており、特別な意味を持っていない
それどころか権力者側たる執行玖仁子がキャプテンアメリカ号に乗ってるって・・・
彼女は「自由人」として描かれはするが映画の中のキャプテンアメリカことワイアットは蔑視される側の人間ですぞ?
金は無いが自由な旅人=バイクとし、その対比として権力者側は車や艦にすれば良いのに、と感じましたね


【③バイクの旅を孤独の象徴として描けていない】
コレが最も残念な部分です
バイクってのは余分な荷物を持てませんし、沢山の人も運べません
極端な話、旅先でのお土産すら積めず持って帰ってくるのは思い出だけ
こんなのツーリングライダーにとっては日常茶飯事です
基本的にバイクってのは一人旅の象徴として使われるのです
ですがノンスケ達の旅はそんな孤独感とは無縁な、むしろマスツーリングと呼ぶべきものですよね
美少女が群れて旅をするのは画になるかもしれませんが、そうなるとなぜバイクなのでしょう!?という疑問が生まれます
コレをやっていいのはバイク元来の楽しさを伝導する作品である『ばくおん!!』だけですよ(或いはバイクをロードレーサーに置換した『ろんぐらいだぁす!』や『南鎌倉高校女子自転車部』もそれらに分類されるでしょう)
女子4人があんな少ない荷物をバイクにぶら下げて日本列島を縦断するなんてありえないんですよ
主人公を二人までに絞れば『ミチコとハッチン』の様な描き方が出来たとも思います
ですが、4人と3台は流石に多すぎる;
こうなると画的に×旅→○ツーリングになってしまい、だいぶ雰囲気が変わってしまいます
そして今作の場合、バイクの素晴らしさを伝えることは重要でないはず
もう“バイクである必要性はこの作品には無い”と言っても良いと思いますね
バイクを孤独の象徴として描けているアニメは沢山あります
『ルパン三世』の峰不二子は基本単独行動する時バイクで移動してます
『電脳コイル』の原川玉子や『花咲くいろは』の宮岸徹や『神無月の巫女』の大神ソウマといった一匹狼キャラもその類です
バイクで旅するアニメと言えば忘れちゃいけないのが『キノの旅』
キノの場合、何でも一人でこなそうとする無口なキノの孤独な旅に、エルメスという話し相手がいることで成立する必要最低限の条件下で進む最も洗練されたアニメの一つと言えるでしょう
話が逸れましたが主人公側を4人にもするんであればバイクの持つ孤独感が機能しなくなるんですよ
小道具としてのバイクを全く活かせてないんですね


バイクをマトモに描けてない、若者の象徴でもない、孤独の象徴でもない


もうね、出合監督といい、脚本のむとうさんといい「ああ、バイクという乗り物のことを何も理解していていないんだなぁ・・・」と言うのが筒抜けでオイラは残念なのです
この人たちはきっと『イージー・ライダー』や『モーターサイクル・ダイアリーズ』や『さらば青春の光』や『片岡義男』の萌アニメ版を作ろうとしたんだな
でもバイクの持つ演出意図を掴まず、ただかっこいいアイテムとしてアニメの中に登場させてしまったんだな
コレがオイラの今作に対する一番大きな感想です


もちろん混沌した世の中でやんわり、しかしながら強く逞しく生きるノンスケ達の旅路に思いを馳せることは出来ました
だからこそ!!!
今作はバイクでなくて1台の1BOXカーとかで美少女4人が旅をするアニメにした方が絶対面白かったと端的に思うわけですよ


ご批判は直接お願いします

投稿 : 2017/03/09
閲覧 : 484
サンキュー:

6

ネタバレ

りゅぅぞぅ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 5.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

名曲をカバーしているんだが 実にイィ('◇')ゞ  久しぶりに、いいアニメに出会った気がする

 ジャンル 日本救済の旅(困っているひとの力になる旅)

 ストーリー
 
 自分の言葉でうまいこと説明できるかわかりませんが

東京で大きな戦争があってから、各都道府県が1つの国として名乗り

そして、独自の文化・秩序で発展し、生活してきた

 まぁ、隣接した国通しのもめごとは絶えず起きていて

今日もまた所沢でモメごとが起きるのであった

 そのモメゴトに対応するのが各国に存在するモサと呼ばれる

強靭な猛者である。

 この物語は 姉のようにしたっていた人がけがしたため

代わりに、何かできることはないかと考えた結果

モサ宛にきた依頼を代わりに引き受ける 

 どこへでも行って依頼を受け、困っている人を助ける

全国行脚である


 
 物語

 4人の少女の物語 主人公のノンスケは

自身の住む所沢国を守る まぁーちゃんの力になろうといろいろ考えていた

 説明が長くなると思ったため、割愛

そのまぁーちゃんがけがしたため 代わりに のんすけが頑張るのである

 その過程で、

方向音痴のゆきっぺ   モサになりたい うーたん

そして、謎の金髪美少女 ちあやである

 この4人の全国行脚

 物語は5つに編成されている



・所沢編

(この話によって、4人が出合い、全国行脚にすることになる)



・東京編

 言い忘れていたが、本編の目的は困っている人を助けるだけでなく

チアヤが集めている ハート型の石を探すことになっている

(ハート型の石=人の持つ潜在能力を開放する力をもっている)

 残念なことに、この石を探していると人に聞いたところ

テロリストと勘違いされ、捕まってしまう・・・

 それでも、僕はやっていない編





・愛知・三重編

 仲の悪い2国 それを収める頭首自身は温厚であるが

その身の回りの人間はそうではなく、すぐ戦いたがる 血の気が多い人間

 この状況を打開するべく レースが行わる

この話を見て思ったことは そのダンディズムを俺も学びたい。





・京都編

 ロックの総長 と 舞子はんを仕切る団長は仲が悪かった

そう彼らの組員も何かあったに違いないと・・・・

 その2人の仲をとりもつために 4人が動く

個人的にここが一番好きです

 理由=京都の話し方が好きだからw

あと、舞子はんの白塗りとかっていいですよね

(個人的感想です)



・広島・岡山編

 まぁ、ここで サアヤ・所沢の総理の秘密・正体がわかります

正直、内容についてどうこう書くのも飽きたのでここでやめときますw





 キャラ

 好きなキャラトップ3

1:もみやまさん

圧倒的に、男気のあふれたモミヤマさんでしょ( ゚Д゚)

あの、人力車をボートみたいにのって 器用に足でスイッチを押す姿は

まさしく、「桃白白」




2:ダンディ

 常にダンディな雰囲気・たたずまいを感じさせる漢

あのバイクを貸したシーンは素敵やん

 

3:まめちよ

 いやぁー。京都の女性に僕は弱いんですわw




 音楽

 ブルーハーツの曲をカバーしてるんですが、

まぁ、熱狂的なファンからすると キレているかもしれませんが

私自身は これはこれでいい曲に仕上げてカバーしたなと

思いました。むしろ、はまりました

 OPを聴いたら、少し仕事頑張ろうかなぁーと思いました

(絶対に、1日で効力はきれますが)

 ただ、唯一 納得していないのは

最終話のタイトルが 未来は僕らの手の中なら・・・・

 カイジばりにそれでいってくれよ・・・と思いました( *´艸`)





 感想

 最近、ビビッドくる作品に出合えていませんでしたが

この作品はビビッドきました('◇')ゞ

 おすすめできる作品ですb

絵も好きでしたし 挿入歌もいいですよね( ゚Д゚)

 コジンテキニハOP・ED 挿入歌が良ければ

面白く感じます (ただ、くるっているだけかもしれません)




 











 

投稿 : 2017/02/18
閲覧 : 202
サンキュー:

6

らん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

最後まで見続けて良かった

最後まで見続けて良かったと心から思った作品。

基本的に1エピソード2話の構成なので、エピソードの前半が結構キツイ。
ただこのおかげで後半部分に盛り上がりが出ると考えればギリギリ許容範囲。

ハマるエピソードとそうでないものの差があり、途中まではあまり良い作品だとは思えていなかったが、ラストのエピソードやオチがすごく良い感じで、これは面白くて良い作品だったと言えるようになった。

以上のことから放送中は途中で視聴を断念した人も、2話ずつ見れば印象も変わって見続けられると思うし、ラストまで見れば作品の評価も変わると思う。

投稿 : 2016/08/10
閲覧 : 214
サンキュー:

5

麦茶 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.5
物語 : 2.5 作画 : 2.0 声優 : 3.0 音楽 : 2.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

と、とろける~

【と、とろける~】(2015.1/24)

3話まで見たので、ここで一区切りのレビューを。

あらすじとしては、昔の日本みたいに各自治体のひとつひとつが発展、国となり、独自の色を強めながら周りとしのぎを削っている世界のお話。この紛争にはモサと呼ばれる超能力者も介入していて、彼らが派手にドンパチやってるみたいです。主人公はモブ、いわゆるその他に当たるキャラらしいですけど、このモブがいろいろと頑張る話なんでしょうかね。

さっそくですが、総評から言わせてもらえば正直「かなり厳しい」です。
内容はそこまで悪いってワケでもないんですが、なんかもう映像がとろけるチーズみたいで・・・。

1話を見たときの期待度はかなりあったんですけどね~。

カラフルな世界観と、派手な戦闘エフェクト、作画もトップレベルで魅せ方もバッチリ。正直私の好みド真ん中でした。ラーメンを食べるシーンなんか、今期の某ご飯アニメを軽くいなすほどの出来だったと思います。(※個人の感想です)
それが2話からだんだんとキャラの顔が崩れていき、アニメ視聴の分水嶺、第3話では見事にとろけましたね。こういう作風のアニメ、いわゆる雰囲気アニメと呼ばれる世界観を重視している作品が映像面で崩れる印象を今まであまり持っていなかったので、けっこうショックでした。1話で力を使い果たしちゃったのでしょうか。
内容については少し気になるところもありますが、基本コメディタッチで描かれているので特に取り立てて触れる必要はなさそうな気もします。ギャグアニメってこういうとき便利ですよね。
それにしても、人命より身バレ回避を優先したり、勝手に人のもの質に入れたり、この作品のヒーローにはろくな奴がいませんね・・・w

まあそんな感じで、言いたいことはとにかく映像面なんですよね~。1話のままいってくれたら・・・と思うと本当に残念です。内容的な問題じゃないので、まだまだ改善の余地はあると思いますし、たまに凄い戦闘シーン見せてくれればそれで満足できそうな感じなので、これからも視聴は継続していくつもりです。

またあの1話みたいなのを見せてくれ~。


(追記・・・)
それといい忘れていましたが、あのOPはちょっと・・・。

特にブルーハーツに思い入れがあるわけでもないけど、あまりに差がありすぎて一言いいたくなりました。カバーは原曲に忠実にしなきゃいけないワケでもないんですが、それにしても何であんなにかわいこぶりっ子な歌い方するんですかw

腹から声だせや!聞いてて耳が痒いんじゃ!

投稿 : 2016/07/18
閲覧 : 287
サンキュー:

14

ニック さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ご当地アニメに留まらない2015冬個人的一位アニメ

【総評】83点
今期は個性的なアニメが多かったように感じるが、これは特にそれが顕著にみられたアニメであり、また今期NO,1のアニメだったと思う。あらすじは他でどうぞ

いい点としてはまずなんといってもバトルシーンが面白いことだろう。
バトルシーンでは「猛者」と呼ばれるなんか凄い人たちが戦っているのだが、こいつら少し動くたびに魔法少女の必殺技みたいに派手なエフェクトが出てくる。この演出は面白く、ファンタジックな世界観に一役買っていた。バトルシーン自体もかなり熱く、「気合いだ!気合い!」って感じのバトルが好きな人には合うと思う。

他にもいろいろな見どころがある。いろいろあるのでなかなか紹介しづらいが挙げるとすると、イヌカレー空間の素晴らしい背景は必見だし、ちーちゃんは可愛いし、友情という王道の主題はいいものだし、名古屋編の脚本は普通に燃えて面白いし、京都編でライブシーンもあるオリジナル挿入歌はかなりいい曲だし、最終回はウルッときたし、鳥取は砂漠に沈む。

逆に悪いところを挙げるとすると残念だったのは作画が荒れたことだ。
終盤、顔は平べったくのっぺりな顔になってしまうことが多くなってしまったり、あるはずのないアクセサリーが存在したりしたが、しかしまあバトルシーンなど大事なシーンはちゃんと動くのでそこは安心してもらいたい。

あとは脚本が退屈だったことだろうか。
友情、旅、家族とまあ、ド真ん中ド直球の王道ストーリーなので仕方ないと言えば仕方ない。それでもテンプレアニメよりは1000倍ましというものだ。東京編(4話あたりだったか)までは作画がいい代わりに脚本がイマイチなのでそこまでで切った人が「脚本が酷い」と言っているのだと思うのだが。名古屋編からは普通に脚本も完成度が高くなっていると個人的には思った(作画は安定しなくなったけどね…)。

個人的にブルーハーツが結構好きな私にとっては、ブルハのカバー挿入歌は結構好きだった。名古屋編クライマックスのトレイントレインはよく脚本を引き立てていたと思う。

「なんやかんや」が大丈夫なずぼr…心が寛容な人ならば絶対に楽しめる内容だ。おすすめは上記に何度もあげたがやはり名古屋編だ。脚本、作画、BGMすべてがマッチししていたと思う。そこだけ見るというのも案外いいかもしれない。

投稿 : 2016/06/21
閲覧 : 284
サンキュー:

8

ネタバレ

文葉 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 2.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

青春

第一話のノリが好きだったので視聴しましたが、後半になると詰め込み過ぎか説明不足なのかストーリーがわかりづらかったです。

女の子4人でバイクで旅する青春モノと言ったら分かりやすいでしょうか。
東京大決戦があってからそれぞれの都道府県や市町村で独立して発展していった世界観にご当地モサとのバトル、自警団、平和請負人。独特で破天荒な世界観がユニークです(説明文書こうとしたら私の頭が追いつかなくてどう説明したらいいかわからない)

女の子達のキャラデザが凄く可愛くて、なんだかキラキラしています。
特に主人公達は特別な能力とかあるわけではなくて普通だけど、女同士の友情も描いてるので少し共感しました。
THE BLUE HEARTSの1001のバイオリンや人にやさしく等の名曲カバーも聴けるので個人的に懐かしいというかポイント高いです。

{netabare} 作中で京都が「ロックの聖地」になっていて、その発想はなかった!と驚いた。
最終回あたりで突然宇宙人の話になって微妙でした。{/netabare}

投稿 : 2016/06/21
閲覧 : 226
サンキュー:

31

おじゅれ さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

不思議な世界観

そこら中の自治体が独立国家となって各々内向きな発展を遂げた世界で、主人公の女の子たちが旅をしていくアニメです。

「モサ」と呼ばれる超人的な力を持った人たちが、この世界では紛争解決に一役買っているわけですが、主人公たちは「モサ」ではありません。
その他大勢のどこにでもいる子「モブ」です。
「モブ」な彼女たちが、旅をしていろいろな人たちに出会って、様々な事件に巻き込まれて、または自分から巻き込まれにいく...そんな物語。

最初は「なんだこれ?」っていうようなアニメだが、3話4話くらいまで観てくると徐々に惹きこまれていく。
独特の世界観、特徴的な作画、ブルーハーツな音楽...どれも魅力的です。

各地で出会うキャラも魅力的でかわいらしいキャラが多いので飽きない。
主役どころだと、森友望未(CV:小澤亜李)、小坂結季奈(CV:日高里菜)が個人的にお気に入り。望未は小澤さんの声が合っていますし、結季奈はしっかりしてそうで抜けてるところが良い。
そのほかにも所沢編では、執行玖仁子(CV:大浦冬華)がかっこかわいい。
東京編では、羽原アキ(CV:かないみか)。姿も声もかわいい。
名古屋編では、なんといってもダンディ(CV:大塚明夫)の渋さ。
京都編では、豆千代(CV:早見沙織)。はやみんボイスで京都弁聞けます。
岡山広島編では、九鬼温羅(CV:横山智佐)。一番好きなキャラ。
と、魅力的なキャラクターがいっぱい。

ストーリーも3話完結型くらいなので飽きにくい。
個人的オススメはやっぱ岡山広島編。
藤原桃(CV:上田麗奈)と藤原春(CV:田中敦子)、九鬼温羅のシーンがとても良い。

投稿 : 2016/05/29
閲覧 : 195
サンキュー:

6

渡辺探偵事務所の所長 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 2.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ブルーハーツ好きにはたまりませんがな!

監督がおっしゃる通り。
全く新しいものを作る。というコンセプトのもとで、しっかりと築き上がってると思います。
只今4話ですが、地域、音楽、バトル、人間性様々な要素が含まれており、展開がボク好みの速さで非常に見やすいアニメとなっております。
地域については、地域に貢献するヒーロー猛者が他地域の猛者と戦うといったもの。
音楽。ブルーハーツや、ローリングストーンズ、アニメを普段見ない人にもやさしいです。フリクリの音楽はピロウズが多用されていますね。
人間性。誰かに憧れる、あの人だったらこうする!という思いから自分の意思を決定したりするところとかですね。周りに流されないんですよね。普通っぽい主人公なのに

Opについては様々な意見がありそうですが、CD を買うくらいにかわいらしいので初めてアニメのCD を購入しました。


と書いていたんですけど、終盤がダメでしたね・・・
最後ら辺にモサトーナメントとかやっとけばいいんだよ。
タコみたいな宇宙人のあそこら辺からどうでもよくなるという残念・・・
終盤で残念な作品って色々あるんだよな

DTB2期、デレマス、K とか思い浮かぶのはこの辺かなー。

投稿 : 2016/05/16
閲覧 : 381
サンキュー:

12

ネタバレ

オカルトマン さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

感想

なんか雰囲気とか10年先を行くアニメだと思った。

2話で1つの物語。

望未と千綾のファッションが好み。

OPとEDが良い。

ネタバレになりますが、
{netabare}最終回唯一ウルッときた。
宇宙人の子可愛い(。´・ω・`。){/netabare}

総合的な感想
コンセプトは凄く興味沸いたけど
もっと良くできたんじゃないかと思った。

投稿 : 2016/03/16
閲覧 : 276
サンキュー:

5

ふの人 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ロックな世界観を味わい尽くせ!

最初は「あれ、もっと普通の旅アニメじゃないんだ」と思ったのですが
いざ視進めてみるとなんという中毒性でしょうか。

THE BLUE HEARTSとバイクの醸し出すロックな印象と
荒削りだけれど情熱にあふれたキャラクター達が織りなす独特の雰囲気は
細かいことを色々と忘れさせて、とても大らかな気持ちにさせてくれるような、
力をもらえるまさに音楽とアニメの融合を成し得た作品だったのではないでしょうか。

それぞれのご当地キャラクターも地域の雰囲気というかステレオタイプなイメージが
濃縮されいて結構秀逸だったなぁと感じました。
反面決して濃くない主人公たちのキャラクターも、逆に作品に溶け込みやすい
ポジションにおかれていると考えるとちょうどいいバランスだったのかと思います。

とはいえやはりあの石とモサとの関係性もなんだったのかとか、
無関係だったとしても石そのものの正体は一体なんだったのかという単純な疑問も残ります。
12話という短さの中でそこまで解決されきらなかったのは残念ですが、
そんな事を吹き飛ばしてくれるようなスピード感に満ちた作品だったなと感じました。

せっかくのオリジナル感に溢れた世界観、そして何より個人的にはキャラデザが大当たりだったので
もっといろいろな地域の自警団たちとの掛け合いも見てみたいと思ったのでした。

投稿 : 2016/02/05
閲覧 : 209
サンキュー:

7

k.n.k-on さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

青春

SF要素が組み込まれているのにこんなにリアリスティックに、美しくまとめあげた作品は珍しいと思う。
絵がきれい。キャラが可愛い。ストーリーが熱い!

投稿 : 2016/01/22
閲覧 : 132
サンキュー:

3

岬ヶ丘 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

設定は面白かったです

物語の設定はとてもおもしろかったのですが、少しわかりにくく複雑な部分もあって、最後まで物語に入り込めなかった印象です。雰囲気を楽しめたという感じでしょうか。

個人的に日本全国を横断するものと思っていたので、広島・岡山あたりで旅が終わったのが、少し意外でした。

投稿 : 2015/12/30
閲覧 : 198
サンキュー:

4

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ぶるーはーちゅ

都市ごとに国家として自立した世界を圧倒的・・・!圧倒的舞台に圧倒的四人
きさまらっ・・・・きさまらっ・・・・きさまらっ・・・!!のローリングナイスガールズの旅路を描いた作品でしたが...
極端な話を常軌を逸すると1話っ・・・!ナイス2話と11話...!12話だけで十分なアニメだったんじゃ俺はいらねえんだ……… そんな和了っ…!かな
メーンストーリーの流れという点で都市ごとの繋がりが弱く感じてしまいました
上記の圧倒的・・・!圧倒的話数は...圧倒的僥倖っ・・・!それでも・・・・・人間かっ・・・・!?以外は常軌...!
こういう潰滅的個性のどこかわからぬ・・・地中の底の底・・・・オリジナルアニメはどんどん出てきてほしいですっ・・・!
圧倒的・・・!圧倒的ブルーハーツがたまらく聞きたくなる

投稿 : 2015/12/21
閲覧 : 117

みのさん さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

観て元気になれる、そんなアニメ!

個人的満足度:A


キーワードとしては「ブルーハーツ」「バイク」「明るく!」かな

雰囲気はキルラキルや京騒戯画を連想しました。
なかなかごちゃごちゃしているように最初は思えますが、整理すると(いや普通に観ても)簡単な話です。






 @  人に優しく!  @


ブルーハーツの曲がたくさん出てきます。それらを明るい女の子たちの声でカバーしています。それがなんとも私のツボで良かったです!




そしてこの作品はopと同じように「人にやさしく!」、みんな誰かを思いやっている、ということがテーマだと思います。





 バイク(結構この作品バイクにこだわってる)で全国を回りながら、各地の問題を普通の何の力も持たない少女たちが解決しようと一生懸命になる姿が観ていて元気づけられます。


その問題の解決するきっかけがいつも、「相手を思いやること、相手の気持ちになること」です。
敵対する相手も含めて、根っからの悪い奴が一切居なくて、それぞれの思いがすれ違っていたり、空回りしているだけです。だからお互いが思いやることで解決していく感じですね。観ていてスッキリします。







  @  キャラが素敵!  @


 まず主要キャラの4人が可愛いです。

萌え萌え~って感じではないですが(むしろそういうのは私自身苦手)先述したようにとにかく明るく一生懸命!


4人とも、どこか抜けている所もまた相まって良かったです。




表情の作画も崩したものを多々取り入れてコミカルな雰囲気を作ってくれたと思います。
だから4人の抜けているところが十分ギャグとしても成立していて、そういう点でも楽しめると思います。




 他のキャラも先述したように、結局悪い奴がいないんです。
ノリはみんなキルラキルとかみたいな感じ。だから観ていて不快になるキャラはいませんでした!







この作品、かなりスタッフの人が好きなように作ったという印象です。
独特な雰囲気はあるので、もしかしたら人を選ぶかな~とも思います。
よく言う「3話まで観て判断」です。その辺りまで観てダメな人は素直に切っていいかと思います。

個人的にはとにかく明るくなれる素敵なアニメだとオススメします!

投稿 : 2015/12/08
閲覧 : 194
サンキュー:

10

斉藤歩 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 1.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 5.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ブルーハーツ好きのためのアニメ?

第一話見たときのブルハの衝撃で、そのまま、全部見てしまいました。各話にブルハカバーがあったのも大きいですね。
女の子4人で旅に出る。これだなら設定はとても好きです。
ただ話を詰め込みすぎな気がします。もうちょっと日常要素があったら人気出てたかもですね。

投稿 : 2015/11/29
閲覧 : 162
サンキュー:

3

ネタバレ

cecil♪ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

後味の甘酸っぱさを楽しめる方はハマるはず

あらすじはあにこれのを見てくださいね。


不思議な作品だったなあ
主人公はモブと呼ばれるなんの力も持ってない子たちなんですよ。
この世界は都市や県が独立国のようになっていて、それぞれにモサ(猛者)と呼ばれる超強い人たちが居り、モブはその人たちに守られて生きているんです。
ある日主人公・望未の地区のモサがケガをしてしまい、代わりに彼女たちが依頼に応えるためにバイクで旅に出るところから話が始まります。

当然彼女たちはなんの能力も持ってないので何も出来ません。
それでもなんとか力になりたいと奮闘します。
荒廃した世界観に何も出来ないけど気持ちだけはがむしゃらな4人。
これはイージーライダーでありスタンドバイミーの空気感なのかなあ
とにかくなにか行動を起こしたいという青春の甘酸っぱさみたいなものを感じました。

そしてその荒廃した世界観を表すのが水彩画みたいな見たことのない背景にブルーハーツの曲です。
この一線を画した表現方法と甘酸っぱさを楽しめる人はとことんハマる作品だと思います。

投稿 : 2015/11/16
閲覧 : 188
サンキュー:

4

ネタバレ

ポール星人/小っさ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

観始めたけど、続き見ない気がする・・・・でも結局観ました

 最期まで観ました。
多分、つり球が大丈夫な人は楽しめると思います。
内容も女の子版つり球とも言えると思うし。つり球以上にムチャクチャな設定ですが・・・
つり球がシンプルに釣りで世界を救うと言う判り易さであるのに対して、表現は難しいですが前向きな姿勢とか明日を信じるとか所謂熱意みたいなもののお話なんでちと抽象的で判り辛いとは思います。
だからブルーハーツだったんすね。
空から降ってくるハート形の石が {netabare}"明日"であり、それ自体には猛者としての力には無関係であったという結末は私は好きすね。{/netabare}
モブと言う存在をメインに据えながら、それは添え物・飾りでは無いと言う作りはとても優しいと思うし。モブ視点であり今時にウケる価値観とは違う古さを印象に持つかもしれませんね。
 私も正直3話位までイマイチ興味持てない作品でしたが、東京のお話の結末辺りからは楽しんで観てました。もっとも視聴前に期待してた路線とは違いましたけど(汗)
観終えてみれば、全体としては悪くない作品じゃないかと。
この作品は低評価だから流し見でいいや的なスタンスで無く、ちゃんと物語に乗ってあげると心地良い感動を味わえると思います。
ただつり球の様な巧さには及んで無いとは思いますんで、高い期待は禁物かもですね。


私も単車乗りです(でした)ので、"単車と旅"という作品として手を出しましたが大間違いでした。そこを求めてる方は素直にキノの旅の方がイイと思う。あれも微妙に違うけど、アニメじゃそれしか思い浮かばない(汗)
単車でのロングツーリングをベースとしたロードムービー的なものとして観ちゃ駄目です。多分この作品に携わった方はそこは力入れてないと思いますし、あまり単車好きな方は携わってないんじゃないかなと。カワサキのいいトコ取りのムチャクチャな望未のサイドカーや結季奈の"なんちゃってトライアンフ"な単車とか、正直トリアージXのGSが神に思えますw
千綾のスクーターが昔ながらのクランク重そうな2stの音当ててたのは良かったですね。排気音に関して協力したお店にきちんと協力仰げてれば、もちっと単車の表現に関しても良くなったんじゃないかなと思います。

まぁ、多分アニメにそういうの求めてる人は少ないとは私も思いますけどねw
////////////////////////////////////////////////////
私は貧乏性なんでお馬さんとかパチンコとか、博打はしない主義なんすけどね。
アニメに関しては博打な作品に手を出すの結構好きなんですよねw
んで、コレに関しては単車が結構出てくるみたいですし所謂ロードムービーみたいな作品と勘違いして手を出して見たんですが。
明るくてかわいい感じの"イージーライダー"だと思ってたんですよね。

 1話観て想定外の内容に、既に心折れそうです(汗)
なんで戦ってんの・・・
単車も作画凝ってるかなとおもってたら、主人公たちのマッハもエグリタンクっぽいのにディスクブレーキでマスターも今時のレバーだし。そもそも排気音が4st・・・ベスパはきちんと2stの音なのに。一瞬ダブワンっぽいの出てきた時はソレっぽい音使ってましたが。あれは"彼のオートバイ、彼女の島"のオマージュだったのかな?
マッハとかジーナナとかの古い大排気量2stをメインに使うのは失策だと思うんですよね。音のサンプリング難しいっしょ。オーナーズクラブの協力でも仰がないと。
素直にZなりCBにしとけばいいのに。

・・・って2話目観たらOPではZのエンジンでエグリタンク、でも3本マフラーでした(滝汗)
船付きだから船側はFXとかの1本出しで右は2本出しって事?
もう単車を真面目に見るのは辞めます(涙)

絵とかの雰囲気はイイ感じと思います。
賛否極端な作品ですから、意外と私は合うかもと思って観始めましたがなんか最後まで観ない気もするのでレビュー書いてしまいました(汗)

投稿 : 2015/11/10
閲覧 : 249
サンキュー:

16

次の30件を表示

ローリング☆ガールズのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ローリング☆ガールズのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ローリング☆ガールズのストーリー・あらすじ

守られてばかりだった少女が一念発起、平和を守る旅に出る。

行く手に待つのは魔法使いか怪獣か、はたまた巨大ロボットか。

ご当地色をきわめつくした各地をめぐり、仲間とかさねる奮闘努力、汗と涙は報われるのか――。

どこまでいっても普通の子という宿命を背負い、それでもがんばる少女四人組が織りなす­新感覚・青春ロードムービー!
(TVアニメ動画『ローリング☆ガールズ』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2015年冬アニメ
制作会社
WIT STUDIO
主題歌
≪主題歌≫THE ROLLING GIRLS(小澤亜李・日高里菜・種田梨沙・花守ゆみり)『月の爆撃機』

声優・キャラクター

小澤亜李、日高里菜、種田梨沙、花守ゆみり、中原麻衣、早見沙織、小西克幸

スタッフ

キャラクター原案:tanu、 監督:出合小都美、脚本:むとうやすゆき、キャラクター設定:北田勝彦

このアニメの類似作品

この頃(2015年冬アニメ)の他の作品

ページの先頭へ