キノの旅 -the Beautiful World-(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「キノの旅 -the Beautiful World-」

よみがな:きののたびざびゅーてぃふるわーるど

放送中:2017年秋アニメ(2017年10月~放送中)

★★★★☆ 3.4
物語:3.5 作画:3.4 声優:3.5 音楽:3.3 キャラ:3.5
総合得点 59.1
感想・評価 68
棚に入れた人 694
ランキング 3654
主人公の人間キノと言葉を話す二輪車エルメスは、世界をあちこち旅している。
世界のあちこちには個性豊かな国があり、人々は自分たちなりの法や常識をもって暮らしていて、キノとエルメスはそんな国々を訪れ、基本的に3日間だけ滞在し、また次の国へと旅立っていくのだ。
そんなキノとエルメスの旅の話は、時に優しく、時に哀しく、時に滑稽で、時に胸に突き刺さる。そして、珠玉の物語たちは、一言では言い表せない鮮烈な光景を私たちに見せてくれるのだ。

“美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい”世界を。(TVアニメ動画『キノの旅 -the Beautiful World-』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 68

2017.10.17 06:33 石川頼経の評価 | 今観てる| 30が閲覧 ★★★☆☆ 3.5 評価対象: キノの旅 -the Beautiful World-(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 3.5  声優 : 3.5  音楽 : 3.5  キャラ : 3.5

面白いです

「殺人が禁止されていない国」という一話目を見て教育的内容だなあと思いました。
それと「週刊ストーリーランド」の「謎の老婆シリーズ」も思いだしました。
今後も期待できそうです。

 サンキュー(6)
2017.10.16 15:18 pisterの評価 | 今観てる| 14が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: キノの旅 -the Beautiful World-(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

今観てる

2話までの感想
{netabare}あっれー?こんな作品だったっけ?
あっれーーー?
ま、まだ2話だしね、今後の挽回に期待。{/netabare}

 サンキュー(0)
2017.10.16 13:15 Karukozakaの評価 | 今観てる| 78が閲覧 ★★★★☆ 4.5 評価対象: キノの旅 -the Beautiful World-(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.5  声優 : 4.5  音楽 : 4.5  キャラ : 4.5

世界の静けさ。人の、醜さと脆さと強さ。これはもう、第1級のファンタジーになりそうな雰囲気がビンビン伝わってくる、今期いちばん期待のもてる作品で、

世界は美しくなんかない。
そしてそれ故に、美しい。
というキャッチコピーそのままの物語が展開して行きそうで、
一話にしてすでに、名作の予感さえただよっています!

前作未視聴、原作未読、前知識なし、で視聴に及んで、
これは素晴らしいファンタジーだ。と、視聴後はしばし、
その空気感にたゆたってしまいました。

もちろん、ファンタジーといっても、
ドラゴンが空を舞っている訳でもなく、
エルフやドワーフが出て来る訳でも、
魔法が飛び交う訳でもないけど、
まさに寓意に満ちた、ホントの意味での優れた「ファンタジー」で、
一発でその秀逸な世界観に心をもっていかれたのです。


鑑賞しながら思い起こしていたのは、「星の王子さま」のことでした。

ご存知の通り、王子さまは、作中で寓意に満ちた話を、
遭難した飛行士である「私」に話してくれますが、
星から落ちてきたって話も、さまざまな寓話も、
すべて王子さまが話して聞かせたことだけで、
ただの「脳内ファンタジー」なのかも知れません。
そして、砂漠で二人きりの時間を過ごす間、
なんのファンタジックな出来事も起きません。

でも「星の王子さま」は、まごうことなき最上質のファンタジーで。

キノの旅は、凄く、それに似た匂いがしたのです。



相棒のオートバイがしゃべるってことを除けば、
アニメとしての、いわゆるファンタジー要素は何もない。
機械がしゃべるってことだって、
それで自律起動したり勝手に走りまわったりすることもなく、
ただキノとお話しできるだけ。
これだって一人旅の寂しさ故の脳内会話だったってことにしてしまえば、
全ては現実世界と何も変わらない。



でも実際に、この一話だけで、一級のファンタジーとして成立している。

それは、おそらくは、物語の世界のあり方が、
そこだけが私たちの現実世界と違って
数多の小規模な都市国家に分裂していること。
そしておそらくは、それぞれの都市国家が、
独自の文化をもち、独特の風習に倣って存立していること。

キノ自身は定住する場所をもたない旅人であること。

その前提条件があって、その上で、人と人が係わりあうことが、
凄くデリケートな出来事として存在すること。
そういった、人の在り方と、人に対する視線が、
ファンタジーとして見事に結晶していることが、この物語の魅力な訳です。
生き残る術として、夜ごと銃の訓練を怠らず、
寝るときには銃を握って胸に抱いて眠る。
そういう世界に生きていて、なお、都市から都市へ、
流れ続けて生きていく。
この少年の生き様は、それだけで寓意に充ち満ちた、
美しくなんかないからこそ、美しい。
そんな魅力的な話として心に刺さったのです。


第2話視聴。
第1話に比べると、先が読めてしまう展開ではあったんだが、
驚いたのが{netabare}キノが女の子だったってこと。これ、前知識ゼロの私だけで、どうやら周知のことではあるみたいなんですけど。でもこの、明かし方も、犬のリク君にエルメスが「スケベ犬!」と怒鳴って、そのあとリク君がシズに耳もとで囁いて、シズの呼びかけ方が、「キノ君」から「キノさん」に変わってってところまで気づけませんでした。その前に、キノがシズの、同行しようという提案に対して「知らない男に付いていっちゃいけないって言われてるんで」って発言で気づかなきゃいけないところなんですけどね。{/netabare}
そして、世界は美しくなんかない、と、キノが珍しく抑えられない程に怒っていたのが、{netabare}本来なら自暴自棄になっていてもおかしくない状況で、夫を喪ったばかりの、美人で、うら若き未亡人に、にこやかな笑顔で騙されて「コロシアムの国」を訪れていたこと。そういう目に会っていたからこそ、コロシアムの国を目指すときのキノが妙に弾けて道を急ぎ過ぎていて、その反動で、未亡人の所業にやり切れない憤懣を抑えられず、怒りを国王に、ひいては国王とともに堕落していった国民皆に向けていたことに、納得がいきます。{/netabare}



↓「最速!2017秋アニメBEST10」にランクイン↓
https://www.anikore.jp/anime_rankings/view/46224/

 サンキュー(15)
2017.10.16 11:57 xみつきxの評価 | 今観てる| 18が閲覧 ★★★★☆ 4.3 評価対象: キノの旅 -the Beautiful World-(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.5  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.5

キノの旅らしさを感じた。

 原作はだいぶ前に読んだため、内容は一部忘れ気味。
 キノの旅の原作といえば、話がaとbで分けられ、しかもbからきたり…なんていう小話的な部分で遊んでいるのが記憶に強く残っているのですが、第一話の冒頭でその小話部分を思い出させるキノとエルメスの話しがあり、この時点でだいぶ高評価しちゃいました。
 第一話は「人を殺すことができる国」。
 キノの旅は考えさせられる…と思うエピソードも多く、第一話の内容もそういった内容に近いものでした。もともと原作は一つの話は短いので、アニメ一話でちょうどいい感じになってるんじゃないかなと感じました。
 中性的なキノ(女性)の声も違和感なく、物語の所々でキノらしさを感じさせる描写もあったので、原作未読でもどういった人物なのか感じやすいとは思います。
 もう一人の主役であるエルメスに関しては、「あれ…こんな落ち着いた感じだったか…?」と少し感じました。だいぶ前の記憶なので自分が違う可能性もありますが、エルメスはもうちょっと茶々を入れる感じでした…基本的に真面目モードのエルメスだったので(真面目モードは小説でも結構な頻度で出てきた記憶があります)、そこだけが気になりました。
 今後色々な国を訪れるなかで、面白い国がどれほどあるのか今から楽しみです。

 サンキュー(2)
2017.10.15 19:39 にゃん^^の評価 | 今観てる| 82が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: キノの旅 -the Beautiful World-(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

キノがいろんな国を旅していくおはなし

公式のINTRODUCTION
{netabare}
主人公の人間キノと言葉を話す二輪車エルメスは、
世界をあちこち旅している。
世界のあちこちには個性豊かな国があり、
人々は自分たちなりの法や常識をもって暮らしていて、
キノとエルメスはそんな国々を訪れ、基本的に3日間だけ滞在し、
また次の国へと旅立っていくのだ。
そんなキノとエルメスの旅の話は、時に優しく、時に哀しく、
時に滑稽で、時に胸に突き刺さる。そして、珠玉の物語たちは、
一言では言い表せない鮮烈な光景を私たちに見せてくれるのだ。
“美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい”世界を。
この不変的な魅力は多くの人々を惹きつけてやまず、シリーズ累計820万部を記録。
ファンの根強い応援を受け、2017年に再TVアニメ化とコミカライズ2作が始動した。
さらに大きく広がる「キノの旅」ワールドに、ぜひご期待ください。
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:時雨沢恵一(電撃文庫刊)
キャラクター原案:黒星紅白
監督:田口智久
シリーズ構成:菅原雪絵
キャラクターデザイン:アミサキリョウコ
総作画監督:アミサキリョウコ・立川聖治
プロップデザイン:廣瀬智仁・竹上貴雄
エフェクト作画監督:橋本敬史
色彩設計:合田沙織
撮影監督:平川竜嗣
CGディレクター:内山正文
編集:森田編集室
音楽:出羽良彰
音響監督:飯田里樹
音響効果:上野 励
音響制作:マジックカプセル
プロデュース:EGG FIRM
アニメーション制作:Lerche
OP&EDテーマ:やなぎなぎ
製作:キノの旅の会
{/netabare}
キャスト{netabare}
キノ:悠木 碧
エルメス:斉藤壮馬
シズ:梅原裕一郎
陸:松田健一郎
ティー:佐倉綾音
師匠:Lynn
相棒:興津和幸
フォト:水瀬いのり
ソウ:緒方恵美
{/netabare}


1話ずつの感想

--------------------キリトリ線--------------------

第1話 『人を殺すことができる国』
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:菅原雪絵 絵コンテ/演出:田口智久 総作画監督:アミサキリョウコ 作画監督:立川聖治/幸野浩二

旅の途中、キノとエルメスは若い男と出会う。すぐ先にある国に移住するつもりだという若い男の話によると、そこは法律で殺人が禁止されておらず、凶悪な犯罪者も逃げ込んでいるらしい。しかし、その国に立ち寄ったキノとエルメスが目にしたのは、穏やかに暮らす人々と平和な街並みだった。
{/netabare}
感想
{netabare}

「キノの旅」って前から聞いたことはあったけど見たのってこれがはじめて

キノがしゃべるバイクといっしょにあちこち旅してまわるおはなしみたい。。


1話目は人を殺してもいい国なのにとっても平和。。ってゆうおはなし

にゃんははじめ
その国に入った人は洗脳とかされちゃうのかな?って思ったけど
別にそんなことなくってみんなふつうの人だった。。

にゃんはそれで分かった^^

だって人を殺してもいい国で1番先に殺されちゃうのって
きっとみんなから1番きらわれてる人だから。。

「撃っていいのは撃たれるかくごのあるヤツだけだ」
ってゆう有名なセリフがあるけど
このおはなしってその通りだったみたい^^


絵はきれいだしちょっとファンタジーで
それなのに
人のイヤなところといいところががつたわってくるみたいなおはなし

にゃんは「蟲師」に何となくにてるかも?って思った


あと、レストランでクレープとクリームを重ねて出してたけど
なんだかホットケーキみたいだったw
おいしそう♪
{/netabare}
{/netabare}
第2話 『コロシアム』
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:菅原雪絵 絵コンテ:田口智久/釘宮洋 演出統括:笹原嘉文 演出:南康宏
総作画監督:アミサキリョウコ/立川聖治 作画監督:桑原直子/芳山優/永田陽菜/山形孝二/稲田雅樹

前から訪れたいと思っていた国に到着したキノ。すばらしい国と聞いて期待していたのだが、王の代替わりによって何もかも変わってしまっていた。人々は働かず、賞品目当てのならず者や、事情を知らぬ旅人までもコロシアムで戦わせ、見世物にしているという。キノは自らの意思でその戦いに参加することに。
{/netabare}
感想
{netabare}

前回は「人を殺すことができる国」のおはなしだったけど
今回は「人を殺すようにさせる国」のおはなしだったみたい


この国の市民権を取るにはコロシアムの殺しあいで勝ちぬけばいいんだけど
さいごに勝って市民権をもらうとき何でも1つルールを作れるんだって

けっきょくキノは決勝戦に勝って1人だけ殺すんだけど
それがながれ弾に見せかけてわざと殺した王様だった。。
ってゆうおはなしだったけど
キノがさいごまで誰も殺さないようにしていたのがよかった☆


にゃんは今回もきっと王様を狙うって思ったけど
王様が変わってから殺しあいをはじめたなんて聞いたら
やさしい人だったら王様を何とかしなくっちゃって思うよね^^

だけどさいごキノが戦った相手が
お父さんの王様を殺そうってした王子だったってゆうのは分からなかった。。

王子さまはキノに負けちゃったけど
キノとおんなじくらいやさしい人で
キノよりちょっと弱いくらいの人だったみたい^^


今回1番にゃんがビックリしたのは犬がしゃべったこと!じゃなくって
犬がしゃべったことにしゃべるバイクのエルメスがびっくりしたこと!?

犬がしゃべるよりバイクがしゃべる方がずっとビックリなんだけどw


それからキノが実は女の子だったってゆうことかな^^


あと、かわいそうだなって思ったのは

キノが作った新しいルール
みんなで殺しあって勝った人が王様になる。。
で、みんなが殺しあいを始めちゃったこと

中にはいい人もいたのに
キノってそんな人たちが殺されてもかまわないの?
ってちょっと思ったけど

自分は殺されないって思って
人が殺しあうのを見て楽しもうなんて思った人たちだから
ひどい目にあってもしょうがないのかな?って。。

あと、この国がいい国だってダマされてだんなさんといっしょに来て
だんなさんと戦うことになって自分は逃がしてもらったけど
そのあとだんなさんは殺されちゃった奥さんがキノをだまして
この国に来させたこと。。

にゃんは自分がされてイヤなことは人にはしないようにしてるけど
そうじゃない人もいっぱいいるみたい。。

ダマされるのはかわいそうだけど
ダマす人もきっとかわいそうな人なんだ。。って思った。。
{/netabare}
{/netabare}

 サンキュー(28)

キノの旅 -the Beautiful World-のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
キノの旅 -the Beautiful World-のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。