「Charlotte [シャーロット](TVアニメ動画)」

総合得点
84.6
感想・評価
3184
棚に入れた
13875
ランキング
186
★★★★☆ 3.9 (3184)
物語
3.7
作画
4.1
声優
3.9
音楽
3.9
キャラ
3.9
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

Charlotte [シャーロット]の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

sik さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

細かい設定が雑すぎる

パンケーキ女の子の扱いなんなん?途中も帰らされてそれっきりだし。終盤に関して普通にぷー助けにいけよ。片目失った時に組織に協力してた能力者の女の子もまず謎。ぷーも拷問されてそのまま死ぬとか可哀想すぎでしょ。序盤の日常的な展開から急に駆け足すぎる。もう作者が厨二病の最強能力手に入れた主人公描きたかっただけ感が醸しでている。そもも序盤がスロースタートすぎる。大して泣けもしないし、細かい設定が雑すぎるこれを見ようと思ってる人はサクラダリセットを見ましょう

投稿 : 2020/01/21
閲覧 : 23
サンキュー:

1

ネタバレ

Zano さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 1.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

感動する理由すらわからなかった

何もかもが酷いです。ABとかが可愛く思えるレベルで。

①闇落ち展開。妹が死んだだけであそこまで闇落ちするのは感情移入ができない。さらにその後一瞬で
回復するのはさらに不自然。ギルクラの闇落ち展開よりも酷い。
②最後の方に詰め込みすぎ。ABの反省が全く見られないどころか悪化。何を主軸に物語を作りたいのか分からない。あの最終回にしたいなら、二重人格キャラを1話限りの登場にしてその上前半の話を半分ぐらいの容量にすべき。野球とか山とかライブは時間掛けすぎ。

③矛盾が多すぎる。どのアニメにも多少は矛盾があると思うがこの作品は普通に見ていても矛盾点に気づく。プラメモ等よりも酷い。「研究者から守るために学校を作る」は明らかにおかしいし普通に考えて逆効果。さらに最終回で、目の治癒でタイムリープして友達を助けない理由がいけない気がするからは意味不明。治癒能力は明らかな蛇足。「世界中の能力者をなくす」のも明らかに思春期だけでは明らか無理な話。日本中でも無理だろう。こっちは逆に何らかのそれを可能にする能力の説明を加えるべきだった。他にもうろ覚えだが、盲目のはずの兄が全く盲目に見えない、悪役の「タイムリープしているのが分かったら、~する(うろ覚えですいません)」など。もうひとつ、これは矛盾ではないが、友利の兄が自我をバンドのボーカルのおかげで取り戻した話がタイムリープでなかったことになっているのはあれでいいのか。

③キャラクター。まず序盤に主人公と仲が良く、闇落ちしてたときも家まで助けに来てくれていたキャラの扱いが雑。家まで来てくれたのを偉そうに追い出して以後登場無し。こんなに酷いのは初めて。もう1つ、妹キャラの取ってつけたような語尾が違和感しかないしはっきり言って気持ち悪い。ピザソースのくだりも見ていて気持ち悪い。

全体として、このアニメはそうした要素を考慮しても感動する要素が分からない。感動できる人はどれだけ感受性が高いんだと思う。最終回の能力者をなくすために奔走する展開をもっと長くとっていたら感動できたのかもしれないが、それでも。

安定の音楽だけは良かったアニメ

投稿 : 2020/01/20
閲覧 : 27
サンキュー:

0

ネタバレ

ポン酢 さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.8
物語 : 1.0 作画 : 2.0 声優 : 2.0 音楽 : 3.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

まごう事なき聳え立つ糞。※酷評注意

いやー、これはヒドイ!
泣きゲーでお馴染み麻枝准もここまで堕ちたかw

感動ものストーリーにしたいのにこれといった掘り下げがない。しかも盛り上がらない。中途半端に寒いギャグ、冗長だしほとんどいらない日常回ばっかり…脈略なくシリアス持ってくとかどうなのさ。闇堕ちしたら飯一口と説得で復活。はえぇよ。クソ雑なタイムリープ描写や超弩級ご都合主義もガタガタでひどかったw
キャラクターも魅力がない。あと何か適当に扱われて退場したキャラクターも少なくはない。ぶっちゃけ友利がかわいいだけ。
作画と声優の熱演がめちゃくちゃな脚本のせいで噛み合ってないw

総評 麻枝の時代に終わりを告げた大駄作。視聴者はこんな下らない茶番に付き合わされていたわけだ。
はっきり言ってAngel Beats!の方がまだマシ。

投稿 : 2020/01/16
閲覧 : 47
サンキュー:

0

BLEU62 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

良かったけど、前後半の落差が大きすぎ。

ラブコメとシリアスを描くには尺が足らないようです。

投稿 : 2020/01/08
閲覧 : 73
サンキュー:

1

DB さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルなし

音楽、ストーリーなど、久しぶりの感覚を味わいました。最後きちんと終わるのか心配しましたが、まあ爽やかにエンディングを迎えたのでよかったかなと思います。やはりこのジャンルは見たくなる時がありますねw

投稿 : 2020/01/01
閲覧 : 37
サンキュー:

1

ネタバレ

さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

傑作になり損ねた名作

1クールにまとめたから少し残念な形になったけど
2クールでやれてたら傑作になってたと思います。
それでもすごく面白いし楽しめました!
学園×超能力というジャンルで話も分かりやすく
誰でも入りやすいです。
個人的にはシュタインズゲートを凝縮して感じで、
中盤からストーリー展開されるので序盤は少し退屈かも
でも後半から面白くなるのでそこまで見てほしいです。

友利さんが取り繕わないタイプのヒロインで
めちゃくちゃ可愛いし、最終話のラストシーンは必見です!

投稿 : 2019/12/20
閲覧 : 85
サンキュー:

3

なや さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観たい

タイトルなし

最終話に一番心動かされたのだけど、どんな内容だったかな

投稿 : 2019/12/16
閲覧 : 77
サンキュー:

1

ウェスタンガール さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

POV、友利奈緒の場合…。

最近、ファインダーを覗かなくなった。動画も写真もスマホで済ませてしまうからだ。
友利奈緒はハンディカムにこだわる。
ドキュメンタリー映像が真骨頂を発揮するのはPOV(Point of View Shot)、すなわち一人称視点映像においてだ。
彼女は自らの信念に従い、ファインダーを通して能力者の内面を見ようとする。
そして、自身の能力である“不可視”を発揮できるのは対象者のみ。
第三者から見ればただの暴君である。
そう、誰からも理解されない非常に孤独な観察者なのだ。
そんな彼女がファインダーではなく、感情というフィルターを通して乙坂有宇に接してゆく中、ドラマは動き出す。

“AB”では、その演出に、良くも悪くも“クラナド”に対する意識が見え隠れし、時にウェットに過ぎるように感じることもあった。
もちろんそれは、“AB”の良さでもある訳だが。
ところがシャーロットに於いては、そう、吹っ切れた感じがするのだ。
どちらと言えば、DCやマーベルのような、ドライブ感のある作品に仕上がっている。
それでいて、特殊能力を“思春期の病”とする事で、青春学園物に収めることに成功しているところが良い。

もちろん麻枝節も絶好調ではあるが、プロットを最大限利用して畳み掛ける展開は痛快である。
人によれば、走り過ぎと感じるかも知れないが、それでこそPAワークス、滑っても転んでも、ゴールを駆け抜ける潔さが好きだ。

ネタバレは一切するつもりは無いが、乙坂くん、ルルーシュになったり、一方さんになったり…。

最後に今一度使われるハンディカムが良い味を出していることを付け加えておこう。

投稿 : 2019/12/14
閲覧 : 85
サンキュー:

9

ネタバレ

ケンさん さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

飛びすぎ

8話終了時までは学園ラブコメと超能力の見事な融和が楽しめた。7話は涙無しでは見れません。しかし、9話から突拍子もない方向に飛んでいって、終盤で暴走しました。
以下ネタバレ
歩未を物語に復帰させるのにタイムリープっていうのは分かるし、お兄ちゃんの伏線もあったからわかるけど、もう少しゆっくりやって良かったのでは?
友利が主人公を好きになる描写もないし、一方的な片思いで出かけて帰ってきたらいきなり好感度100になってて萎えた。

投稿 : 2019/11/28
閲覧 : 135
サンキュー:

2

ぎゃん (・ワ・) さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

Angel Beats!と比べてゴメンナサイ><

面白かった。。。が・・・

KeyとP.A.WORKSのタッグで制作と聞いてまず思いつくのはAngel Beats!
そう、あの神アニメがあるからどうしても期待値が上がってしまう。
比べたらダメなのは分かってるの・・・でも比べちゃう。。。それがアニヲタなんだもん。
同じKeyのアニメで言えばCLANNAD見た後にリトバスを見ると物足りないでしょ?
(ちなみに原作はリトバスの方が圧倒的に面白い。あ~やっぱ京アニは偉大!)
(あと女がエロゲやって何か問題でもwww??)

ここまでいろいろ言いましたが、Angel Beats!を忘れると普通に面白いです。
主人公はポンコツのルルーシュみたいな奴だし、ヒロインは腹黒いハルヒみたいな奴。あとはバカとアホが数人。
そういやKeyって主人公だけは割とまともな奴ばっかだったからそこは新鮮かも。今気づいたわwww
ってことでキャラ評価は高めです^^

いや~面白かったんだけど、残念な所はやっぱ話数が足らない><
最後の2話が圧倒的に駆け足過ぎる。ウサイン・ボルトくらいのスピードで駆け足しやがったw
12話見たときには2クールあるものとばかり思ってました。
まさかその後1話で終わるとは・・・
あそこをもっと丁寧に、もう3話くらいあったら最後のシーンに共感出来て泣けたのにな~、もったいないな~、と思います。
ここまでいいストーリーでキャラも立ってる作品ってそうそうないからね~。ホントもったいない!!

Angel Beats!をまだ見てない方にオススメします。
いや、見た方にもオススメしますけど、比べないであげて~><

投稿 : 2019/11/27
閲覧 : 134
サンキュー:

7

ネタバレ

ハウトゥーバトル さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

他人を思う、故に我有り

視聴理由 KEY作品

序盤 えぇ

中盤 お?

終盤 んー

この話は他人に焦点を当てた少年の話
ジャンルは超能力・学園・ラブコメ・青春・KEY作品
そうです。KEY作品のオリジナルアニメーションです。

この作品は超能力という「バトル」に発展しそうなジャンルを上手く丸め込んでいると思いました。かといって完全にバトルしないか(どこかの「持てなさそうな家」になりそう)といえばそうでもないです。超能力というものを真面目に取り扱っています。しかし、メインテーマは学園・青春です。超能力はサブテーマといいましょうか。日常からの非日常(世界背景がファンタジーではない)なのにも関わらず、突っ込みどころが少なかったように感じました。しかし、後半からは超能力がメインテーマになります。超能力により物語が動き、超能力のせいで人が動いてしまいます。。展開は賛否両論らしいですね。
主人公はかなり特殊です。「我思う故に我有り」という言葉があります。周りがすべて嘘かもしれないけど、それを疑うことで自分が存在することを示すという哲学です。主人公は他人の存在を疑うのではなく、自分が他人であることを疑ったのです。他人の存在を条件としながら、自分の存在を前提としている。そして自分が他人であると仮定することによって自分の存在が確定するという結構面倒くさい主人公ですw要は不安定な存在ということです。
キャラにも感情移入がしやすく、「まぁそうなるわな」と感情に納得がいきました。かと言って展開が読めるかといえばそうでもありません。ただ終盤の展開が薄いように感じました。ちゃんと内容があり、オチがあるラストでしたが急な展開でした。しかも超展開というより急展開です。内容を凝縮、というより内容を軽減した、といったほうが良いでしょう。話数を増やして終盤を詳しく書いて欲しかった。4.0で。残念もったいない
{netabare}一話であの量の人を動かすのは結構無理があるんじゃないかな。実際それを成し遂げたけど、途中の自我を保てなくなったシーンとか単語帳を捨てられずにいる自分に悩むシーンを深く掘り下げてほしかった。まぁそこで回想シーンなんかが大量に出てしまえば完全に面白くないアニメになっちゃうからねwあと帰国して奈緒ちゃんと再会したとき無意識に泣いて欲しかったかな。{/netabare}

監督は前作「Angel Beats!」の二話分の絵コンテを担当し今作で初監督の浅井義之さん
脚本はあの名作「CLANNAD」や「Air」の脚本を書いた麻枝准さん
キャラデザは「Angel Beats!」の作画監督や「SHIROBAKO」のキャラデザを担当した関口可奈味さん
制作は前作に引き続き、P.A.WORKSさん。

作画は良く、印象に残したい名シーンなどの作画は素晴らしかったです。ただ有宇君のキャラデザ、コードギアスっぽくないですか?
opは麻枝准さん作詞曲、Liaさん歌唱の「Bravely You」
edも麻枝准さん作詞曲、多田葵さん歌唱の「灼け落ちない翼」
麻枝准さん曲も作れるとかすごいなぁ
声優さんはとても素晴らしく、主人公の声を担当した内山昂輝さんや奈緒ちゃん役の佐倉綾音さんなど、有名声優さんたちが使われていました。ちゃんと役にあっていてよかったです。

総評 見といて損はない

投稿 : 2019/11/04
閲覧 : 167
サンキュー:

9

ネタバレ

アニメ好きなオタク さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ストーリーが面白い!

最初はよくある高校生の異能力ものか〜という感じなのですが、衝撃の展開とどんでん返しがあり、後半から続きが気になって目を離せなくなります。

ただ最初は「不完全な能力が備わっている」という話でしたが、主人公の有宇がチートになってきて、不完全とは…??という感じになりました。また、サラが何者だったのかなど疑問が全て解決していない気はするのですが、1クールでこれだけ展開が激しく最後は綺麗にまとまって終わるので非常に見応えがあり、良い作品だと思います。

投稿 : 2019/11/04
閲覧 : 113
サンキュー:

3

ひかる さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 1.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

めちゃくちゃダメって訳じゃ無いけど…

物語の中盤までは文句無い。 最終回、貴様だけはダメだ。話しはしょりすぎ
だけど最後の主人公とヒロインのやり取りで泣いた笑
最終回はアレだけど、その他の所で救済措置があるから自分としては高評価
切りたくなるのは分かるけど切らずに最後まで見て欲しい作品

投稿 : 2019/10/19
閲覧 : 233
サンキュー:

3

ネタバレ

ハタムー さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

真相は中々面白かった

リアルタイムで1話を見たときは主人公が好きになれず、物語の雰囲気も好きになれず視聴断念しましたが、YouTubeで抜粋シーンをみかけ興味が湧いたので昨日ふと一気見しました。
1話から見返してみると小出しに裏で暗躍するしゅん兄さんの存在が描写されてたんだなあと…タイムリープを使って何度も世界をやり直して主人公達の今の環境があるという展開は中々好きでした。
他の方も言っている通りやや結末への畳み掛けが急ぎ足だなというのは感じたし、有宇と友利の関係性の変化はちょっとついて行きづらかったけど友利を好きになる過程はしっかり描かれていて良かったと思います。
あと、個人的に13話のような内容の幕の閉じ方好きです。ただでさえメンタル弱くて何度も自暴自棄になりつつも最後までやりきり無事使命を果たして帰ってきた有宇はカッコ良かったですし、約束を果たしきったからこそ約束も記憶も忘れてしまった展開はとても切なくて好きな終わり方でした。有宇の誰ですか?の言葉を前にしてあの友利が涙声で悲しむシーンはグッときました。
妹の話も中々良かったです。最初は少々ウザかったですが笑 それでも素直で良い子だなというのは伝わっていたので理不尽に死ぬシーンはとても悲しかったです。妹の突然の死別で悲しみに暮れる有宇のシーンの台詞は心にきました。結果的にしゅん兄さんのおかげで生かすことが出来て安心しましたが、あのまま理不尽に死別したまま物語から退場するのもそれはそれで重みがあって良かったかも…なんて思います笑
いや、やっぱりそんなことないですね笑
悪いのは嫉妬に溺れたカッターの女の子なのに視聴者のの反応みると及川君が叩かれてて笑いました笑笑
熊耳さん生き様までイケメンでしたね…来世では幸せになって欲しいな。ミサ姉もなかなか良いキャラでした。カッコよくてかわいいし、両親やユサに感謝と本当のお別れをする場面は凄く心に残りました。高松も凄く仲間想いで。生徒会メンバーいいですね。
OP曲のフルの歌詞が本編内容に沿っていてメロディもよく最高ですし、それよりもED曲のイントロが特にエモくて素晴らしく楽曲にも恵まれた作品だったのではないでしょうか。

投稿 : 2019/10/14
閲覧 : 119
サンキュー:

2

ネタバレ

カオ^ω^モジ さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.7
物語 : 1.0 作画 : 2.0 声優 : 3.0 音楽 : 1.5 キャラ : 1.0 状態:観終わった

期待はずれ

【自己評価】60.58点/100点満点
ヒロインの友利さんに惹かれてGYAOで見ました。
正直前半までのテンプレートのようなテンポで最終話まで進めていくもんだと思って見てたんですよ。
こういうベタな演出で一話完結で進めていく、SF要素が若干ある、そこそこのギャグで、よくある日常よりのファンタジーを楽しんでいたんですけどもね、、、だから、六話までの評価はまぁまぁ良い点数をつけてたんですよね。やや退屈だったけど嫌いじゃなかったんで。
でも七話でこのアニメに対する見方が大分変わりましたね、急に鬱展開に入るんだもん。鬱展開嫌いなんですよね、School Daysのトラウマがある(笑)
他の方も同じような事言ってると思うんですが、話の締め方とかも雑すぎるし、何より主人公がクズ過ぎる。登場人物に共感できないから、その後のストーリーも共感出来ない。
私の記憶が正しければ六話まで主人公大した役目果たして無いんですよね…
いやまぁその時はそういうアニメなんだなって思って見てたんですよね。
それでずっと見てたら何故か恋愛展開になるし、今まで身の回りの出来事だったのに最終回にして世界中を飛び回るっていう意味分かんない展開になったし…
あと一つ、妹さんをあんまり好きになれない(笑)「ござる」口調が終始ウザかったなぁってのと、毎日のように高カロリーな食事を提供してて、それじゃあ妹さんが死んだ後の主人公の食生活と変わってねぇじゃんwwwって思いましたね。
褒める所は、最初の設定だったり世界観だったりは好きだった。あのまま続けてくれればそこそこの点数(70点くらい)をつけてた。
あと友利が可愛かった。以上。

投稿 : 2019/10/13
閲覧 : 127
サンキュー:

2

tomledoru さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

能力者個人の意思は?

見始めてKey作品には,似つかわず,能力者もののギャグ学園アニメかと思いました。最後はシリアスですが,前中盤との変容が激しすぎます。

他人に5秒だけ乗り移れる能力を使ってせこい手でよい成績をとる乙坂有宇に対して,ミニ不完全超能力を使える仲間が次々に現れますが・・・。

野球部の青年のように,超能力でナックルボールを操り,実力以上の成績を上げる青年にやめた方がいいといいます。もちろんそれが正しい筋道でしょう。

しかし思春期から青年期を過ぎると能力が消えてなくなるというのは,どこからきている根拠や理由か語られません。(原因や事件はありますが)

能力者自身の,それを肯定するのか,否定するのかの,個人の自由での選択の余地も語られていません。私なら,「私の勝手でしょ。」と言い返しそうです。

最終回が詰め込み過ぎという意見には賛成です。日本全国回るだけでも大変そうなのに,全世界では考えられません。ご褒美が待っていてもです。

投稿 : 2019/10/10
閲覧 : 84
サンキュー:

5

ネタバレ

E=mc² さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

よく議題に出される駆け足感は言うほど酷く感じなかった

タイトルの通り、AB!が受け入れられるのであれば言うほどラストの駆け足は特に気にならなかった。
ストーリー構成も上手だったし作画やストーリーも魅力的だった。
ただ、{netabare} 施設での描写であゆみがハロハロを聴いていたが、芸能人であり能力者でもあるゆさが なぜ施設に送り込まれずに曲を出せていたのか{/netabare}と言う点は少し腑に落ちなかった。
更に言うとあゆみとゆさのキャラは少しくどかったかな…
ゆさはミサと対極の性格にして違いをわかりやすくしていた狙いがあったのかもしれないがなおやサラさんと言った女性の性格がリアリティあり過ぎて割と浮いてた感じ。
全体的に満足度は☆4を超える素敵な作品だったと感じます。
あと白柳パイセンの咬ませ犬感は面白かった。

投稿 : 2019/10/10
閲覧 : 84
サンキュー:

3

ネタバレ

もも さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

良く、悪く、両方があるだな

良い点:主人公の成長は一番見る価値だ。OPは物凄くいく、キャラは面白さ。妹が好きだ。要すると、高いレベルにある作品だった。
悪い点:後半のテンポは速すぎる。あまりの急展開で、エンディングを迎えることになった。

投稿 : 2019/09/28
閲覧 : 105
サンキュー:

1

ネタバレ

オッチー さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

後半は詰め込みすぎた感

物語の挿入部分から中盤にかけては物凄くいいテンポで進んでいき面白かった、コメディとシリアスな部分の使い分けがしっかりしてある

ただ、後半は話が学園生活内という範疇から大きく飛び越えてしまい、あまりの急展開に、この部分は尺が短かったので、よくわからないままエンディングを迎えることになった、まあ最後は感動できたけど、あと2,3話分の尺があればと言った感じ、この内容を1クールに詰め込むのはかなり至難の技だろう

しかし本作はオリジナルアニメということもあり、原作が存在しないので、展開は読めず、ハラハラしながら見ることができたし、何より上記のような後半の詰め込み以外はどれも自分の中では高いレベルにある作品だった(例えばキャラや挿入歌や作画など)

投稿 : 2019/09/27
閲覧 : 113
サンキュー:

2

ネタバレ

ちあき さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

良作

物語が大きく展開する箇所がいくつかありましたが、うまくまとまっていて、とても面白かったです。

ただどうしても一つ心残りが……
{netabare} お義兄さん、どうなったんでしょうか……{/netabare}

投稿 : 2019/09/14
閲覧 : 147
サンキュー:

5

ネタバレ

魔理亜 さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

1クールに詰め込んだことが非常に悔やまれる

序盤は個性的な生徒会メンバーでの活動に限定されていてキャラに対する思い入れもでてきたところで…
中盤からの怒涛の展開、話が一気に加速、そして最後ヒロインに告白後主人公は自らの使命に立ち向かい旅立つ。
うーん、この旅立った後の話がもう端折りすぎちゃって、大変な困難の中ヒロインのもとに戻るというところがものすごく薄っぺらでおわってしまった感が大きい。せめてあと数話、世界中を旅した話でエンディングに繋げれば、作品全体としての充実感はもっとあっただろうと思う。
他作品で15話くらいまでオンエアー終了後に付け足すものがありますが、本作も丈が足りない分そうしてくれてれば…と思わずにいられません。

まあ途中の野球回とかいらない話入れるなら2クールにすべきだよ。

ツーサイドアップのヒロイン友利奈緒ちゃん、めちゃくちゃかわいいです^^

投稿 : 2019/08/17
閲覧 : 107
サンキュー:

0

ネタバレ

ライロキ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

他人の身体を5秒間乗っ取れる能力ってなんだこりゃと思ったが・・・

主人公の能力は他人の身体を5秒間乗っ取れる能力で、どんな話になるの
だろうかと思って見始めたけど、最後のほうに明かされる本当の能力に
なるほどと思わされる。途中からすごい展開になるし、最後には世界を
駆け巡ることに。さすがはKeyの作る世界観といったところでしょうか。
すごく面白かった。

投稿 : 2019/08/14
閲覧 : 139
サンキュー:

7

KEY大好き人間 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

結構面白い!見るべきアニメ

さすが!kyeアニメ!物語や作画、音楽などすべてにおいて安定している。
その中でもシャーロットは、エンジェルビーツに並ぶほど、素晴らしい作品だった。めっちゃ感動した


コミックで見たことある人は知ってるだろうが、シャーロットには、ちゃんとした終わり方があるんです。シャーロット好きな方はぜひコミック(全6巻)ででも見てみてください。アニメには描かれてないエピソードがあったりするんで面白いと思います。

投稿 : 2019/08/13
閲覧 : 224
サンキュー:

4

ootaki さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

濃い作品

受け入れ安い作品かと最初は思っていたのですが、だんだんきつくなってきて重い作品になってしまいましたと思います。
本編よりOPやEDの良さの方が際立っているように思いましたし、キャラだけならいいヒロインはいます。
賛否両論ある作品ですが、謎をかなり残して終わったので消化不良のように思います。

投稿 : 2019/07/16
閲覧 : 188
サンキュー:

4

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8
物語 : 2.5 作画 : 2.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

うーん、言うほどかなぁという感じ

評価が高く感動すると言われていたので視聴してみました。
話自体は面白くなくはないです。ただ、めちゃめちゃ良作!と言われてたので期待しすぎたのか、うーん...?って感じでした(--;)
とりあえず1番の問題点は後半部分の展開が早すぎる。他の方も結構言ってますね。内容の濃いお話なので、ワンクールに収めるのはやはり難しかったのではないでしょうか。
ゆさちゃんとみさちゃんの手紙の部分や両親の部分などもう少し時間をかけて欲しかったなぁ。早すぎたせいで涙も出なかった...。笑
そしてゆうくんはどうしようもなかったとしても自分の崩壊の力でぷうさんが亡くなってしまったのに兄や周りの人に謝罪の一言もなしか!ぷうさんのとこの描写適当か!ってちょっと思いました笑笑
わたし的に感情移入できるキャラクターもいなく、ゆうくんの妹がなくなっておかしくなっていく描写もなんだかそんなになる!?やりすぎじゃ...。って感じで感情の部分でついていけない部分も多々あり、私好みではありませんでした。
ただ、お話自体はとてもよくできていると思います。ちゃんと時間をかけ、キャラの感情部分をもっとリアルに描いてくれていたらとても好きなお話になったかもしれません。

投稿 : 2019/07/16
閲覧 : 120
ネタバレ

nan-nan さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

号泣したらしーです✨

他で過去に書いたレビューです!

「Charlotte」より!(ネタバレ注意)

またまた今更ながら「Charlotte」を2日で見終えました(≧▽≦)
『学園異能モノ』もあまり得意なジャンルではありませんが、それに大きく時間を割いた!ということは『面白かった』ということなのでしょう(*^。^*)

最初は『異能者狩り』の単純なお話しかと思いましたが、いやいや!最終話を待たずして号泣(ノД`)・゜・。
ストーリー性も素晴らしかったですね✨

「Charlotte」を観て思ったことは、
・主人公が特殊能力発動時に目が光る+ルックス=「コードギアス」のルル様を連想しました✨
ルル様ほど神ってないですが(笑)
・テレビに「Angel Beats!」がΣ(゚Д゚)
・Sara Shane=沢城みゆき様、愛しています

投稿 : 2019/07/03
閲覧 : 91
サンキュー:

4

ネタバレ

ナポリタン さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

素材が良いが、粗が少し目立つ作品。一見の価値はあり。

【これから見る人へ】
異能力を持った高校生達の物語。作品全体としての評価に関しては人により、天と地ほどの差があるので、まずは見てみないと分からない作品。前半を見て切っても後半好きかもしれないし、前半が好きでも後半嫌いかもしれない可能性があり、時間があるなら最後まで観ても良いと思う。



【感想・総括】(思い出しながら感想・多少違っても勘弁)
全体として1クールでやる作品ではないと感じた、というよりやはり前半と後半の話数配分が残念な感じ。
{netabare} よく批判に上がる急展開自体は嫌いじゃないが、最後話の詰め込みは、急展開しなければ入らなかったという無理矢理感がどうにも出てしまっていた。{/netabare}

キャラクターも個性が強いなりに受け入れやすいキャラが多く、欠陥のある異能力が謎の要因で発生してしまうという設定も現実世界にはないが、個人的にはこういった設定や世界観は普通に好みだった。

{netabare} あとは、前半の能力日常系のような雰囲気と、後半のシリアス展開は中々混在させる事が難しいと思うので、せめて話の風呂敷を組織や世界に広げず、身内内で事件や話を収めれば普通に良作だったのではないかな、と。

ここまでかなり酷評気味だが、有宇が何かを犠牲にしても恋した友利を救うために戦うという構想自体はとても良いと思う。何だかんだ最後は感傷に浸れたし、、
でも、そうすると恋心が目覚めるのに割いてる時間が少なかったし、じっくりやるならやはり日常的な部分に多くの時間を割かなければならない事になるし、そうなるとあのシリアス部分を実現するには2クールは必要になってくる気が、、{/netabare}

また、これは自分のせいだが、放送前に期待が高すぎたのもあって、見る時に色々裏とか伏線とかを考えすぎて観てしまい、まだこの人の話は裏があるかもとか、あの伏線回収されてなくね?みたいな不完全燃焼感がどうしても残ってしまった。

素材と構想はとても良いが、他の全部分が惜しいために、最早自分の中では惜しいを通り越してしまった作品。その部分が気になるかならないか、って差だと思う。



【個人的総合得点】65点

投稿 : 2019/07/02
閲覧 : 172
サンキュー:

4

ネタバレ

kawadev さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

key作品なのは見てから知った

PAワークスHPで見つけて見てみた作品。

主人公の下衆さが突き抜けていて、悪くないと思ったが…

中盤で一つ事件が起きてからは、key作品の流れをくむ。この展開は、正直好きではない。

序盤のペースで話を作るのは難しいのか?

投稿 : 2019/06/17
閲覧 : 59
サンキュー:

2

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

異能力バトル+コメディ=ラブストーリー?

あらすじはあにこれのを見てね☆

絵はP.A.WORKSだからとってもキレイ☆

おはなしも1話目はとってもおもしろくって
あってゆう間に終わっちゃった♪


↓は1話ずつの感想。。見おわって時間があったら読んでね☆

{netabare}
1話目
{netabare}
はじめ
異能を使っていい学校に進学するとかって
コードギアスとかデス・ノートとか未来日記みたく
主人公が異能をうまく使って
世界を変えようってするようなおはなしなのかな?って
思っちゃった^^

ちょっとかっこよくって
頭がよくって。。とかって
かってに考えてたら
とちゅうからコメディになっちゃったねw

悪役っぽいのかな?って思ってた
乙坂有宇(ゆう)クンも
妹思いでやさしいところもあるし

能力を見つけられちゃって
そうゆう生徒ばっかり集めた「星の海学園」に
転校させられて生徒会に入って
有宇クンみたく能力を悪用する人をおどす。。んだって

あと
兄妹には
もう1人いたみたいだけど
2人ともいたことも覚えてないみたい。。

もしかして
その人も異能があって消えたか消されたとかなのかな?

あと
お母さんはどうなったんだろう?


これからどんなおはなしになるのかな?
楽しみ☆
{/netabare}

2話目
{netabare}
政府は能力者を人体実験に使って
ボロボロにしちゃうみたい

「星の海学園」は
そんな能力者とか兄弟とかを守るために作られた学校で

有宇クンは生徒会長の
友利奈緒(ともりなお)と高城クンといっしょに
能力者を止めるお仕事をはじめたの。。

;;:*゚*◇*゚*:;;:*◆*゚*:;;:*◇*゚*:;;:*◆*゚*:;;:*◇*:;;:*゚*◆

高城クンが
購買でパン買うためだけに能力を使って頭から血を流すところ
おばか。。w
本人はぜんぜん気にしてない笑っちゃったけど
ありえないよねw

奈緒のお兄さんのおはなし
悲しかった。。
お母さんから捨てられたみたいになって
あんなにボロボロにされちゃうんだ。。

有宇クンの能力がもし見つかったら
あんなふうになっちゃうかも。。


ギャグとかコメディが多くって
ちょっと悲しいおはなしがあって
いいおはなしみたい☆

来週も見るね♪
{/netabare}

3話目
{netabare}
今日の能力者はアイドルの西森柚咲(ゆさ)

お姉さんの霊が憑依できる能力で
お姉さんも発火の能力を持ってるんだ。。

柚咲はぐうぜんに
あるTV局のプロデューサーのヒミツを知っちゃって
追われてたの。。

;;:*゚*◇*゚*:;;:*◆*゚*:;;:*◇*゚*:;;:*◆*゚*:;;:*◇*:;;:*゚*◆

おはなしはギャグが多くっておもしろかった^^

お姉さんの霊が取り付いて。。
それで
そのお姉さんの仲間がほんとはお姉さんのこと好きで
霊のお姉さんにコクって。。って

そこだけだったら
「レーカン!」に出てきそうなおはなしだったけど
ギャグもアクションもあって
あと
能力を使って悪い人をこらしめたりするのがおもしろかった♪
{/netabare}

4話目
{netabare}
連動力で球を曲げるピッチャーのおはなし

力を使うのやめさせるために
その子のチームと試合するの。。

あと
先週のゆさりんが転校して来て
生徒会の仲間入りしたの

*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚

おはなしはふつうかな?
ピッチャーの人を甲子園に連れてきたくって
能力を使ったってゆういいおはなしだったけど

さいご
奈緒のちょっとした実験って何だったのかな?
「今はまだ分りません。。しばらく様子見です」
能力者に能力を使うと何か起きたりするのかな?
気になるなぁ^^
{/netabare}

5話目
{netabare}
山で飛行少年(?)を止めるおはなし

山に4人で行ってキャンプしながら
能力者があらわれるのを待つんだけど。。

✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈

奈緒がリンチされてたのってどうして?
そんなに悪いことしたの?
終わっても平気な顔してられる奈緒ってすごいなぁ。。
仕返ししようとも思わないみたいだし


バーベキューって何かイミあったのかな?
それともただ日常回みたくしたかっただけ?
なんだか能力者を見つけるおはなしってゆうか
日常のおはなしを見せたいのかなぁ。。

でも
高城クンが有宇クンに
「もしかしてこの先。。試練が待ってるかも知れませんよ」って
それってこのあと
有宇クン1人で戦ったりしなくっちゃいけないとかのフラグ?

ZHIENDの曲よかったナ
聞いてるとなみだが出そう。。
有宇クンはまた何か思い出しかけてたみたい。。

あゆ(妹)がカゼひいたみたい
これも何かのフラグなのかな?

2~5話まで
おはなしはそんなにおもしろくなかったけど
何か起きそうで次が気になるみたい^^
{/netabare}

6話目
{netabare}
能力は崩壊。。
場所は学園のマンション
でも
能力者になれるのは中高生くらいの子で
昼間学校に行ってない。。

それってもしかして
カゼで休んでるあゆのこと⁉

奈緒とゆさりんは有宇クンといっしょに
ようすを見にお見舞いに行くことにしたの。。

●ヽ(>ω<。)ノ○ヽ(>ω<。)ノ●ヽ(>ω<。)ノ○ヽ(>ω<。)ノ●ヽ(>ω<。)ノ○

いつもみたくギャグいっぱいのおはなしだったけど
先週あゆが話してた
クラスの男子をふったおはなしがこんなことになっちゃうなんて。。


崩れたコンクリとかどかそうってして
有宇クンも落ちてきたかけらが当たりそうになってたけど
それはきっと高城クンが助けてくれたって思う☆

でも
あゆはどうなっちゃったんだろう?
あと
間に合わなかったか⁉って言ってた女の子は誰だったのかな?
{/netabare}

7話目
{netabare}
あゆは死んじゃって
残された有宇クンは引きこもったまま何日も。。

高城クンとゆさが訪ねても出てこない
白柳さんが行っても。。

男の人たちがつれ出しに来たとき逃げて
あちこちでケンカしながら何日もたって
ある時
倒したけんか相手の持ってた麻薬(たぶん)を吸おうってしたら。。

*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*

あゆの生きてた頃のおはなしもあんまりなかったし
死んじゃったところもはっきり映ってなかったから
有宇クンの悲しい思いが
あんまり伝わってこなかったみたい。。

それに
妹を死なしてとっても悲しかったの分かったけど
大切な家族が死んじゃった人なんていっぱいいるし
グダグダちょっと長すぎて
有宇クンの気もちがあんまり伝わって来なかったみたい。。


でも
ずっといっしょにいてくれた奈緒の思いは伝わったカナ
5話の飛行少年のときもずっと待ってたし
人を助けてあげたいって思ったら
かんたんにあきらめたりしない人なんじゃないかなぁ。。

これ以上はダメってゆうところまでずっと見守ってくれるなんて
それから
乙坂家の秘伝ソース入りオムレツは
にゃんも見ててなみだが出ちゃった。。

奈緒ってイジワルっぽいけど
ほんとは神さまみたいな人なのかも☆


あゆが死んじゃって
生徒会にもどって
これからどうなるのかな?

それから
タイトルのCharlotteって何のことなのかな?
{/netabare}

8話目
{netabare}
前半はゆさりんの歌を聞かせたいだけのギャグ回だったみたい

後半は
目の見えない外人の女の人(サラ)と知り合って案内したら
その人が奈緒と奈緒のお兄さんが好きだった
「ZHIEND」のボーカルだって分かって
心がこわれて病院にいるお兄さんに会ってもらおうって
連れてったの。。

~✩~♪~✩~♪~✩~♪~✩~♪~✩~♪~✩~♪~✩~♪~✩~♪~✩~♪

前半は
ふつうのアニメだったら歌があってよかったのかもだけど
あとの「ZHIEND」の曲が良すぎていらなかったかも。。
その分
後半がもっとゆっくりだったらよかったかも?


それで後半は

有宇クンが奈緒のお兄さんのこと考えてあげたり
奈緒のこと大事だって気がついたり

奈緒も
有宇クンがサラをお兄さんと会わせたいって言ったとき
気もちがない返事してたけど
サラと会ってお兄さんがちょっとよくなって
素直に「ありがとうございます」って。。
見ててなみだがじわーってにじんできちゃった。。

有宇クンは懐かしい感じがしたみたいだったけど
1話で兄妹がもう1人いたみたいだったのと
何か関係あるのかな?
{/netabare}

9話目
{netabare}
有宇クンはデート気分で奈緒と
「ZHIEND」のコンサートに行った

とちゅうで
新曲なのに聞いたことある曲を聞いたら
わけの分からない記憶を思い出して
頭をかかえて叫び出したんだけど。。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

やっとおはなしが進んだみたい。。

この世界って
研究所に捕まって人体実験されてる超能力者を助けるために
有宇クンたちのお兄さんがタイムリープして作った世界で

その時お兄さんを助けるとき使った
もう1つの有宇クンの能力は
ほかの人の能力をうばえる「略奪」ってゆう力。。
(やまじょの山田クンみたいかも)

これで
あゆのこと助けられるかもしれない☆



超能力少年たちを助ける組織って
お金は誰が出してるかちょっと不思議だったけど
タイムリープの力があったら大金持ちになれるね^^
{/netabare}

10話目
{netabare}
お兄さんが今までどうやって世界を変えてきたかってゆうおはなしと
そのせいで目が見えなくなって力が使えなくなったから
こんどは有宇くんが略奪でお兄さんの能力を取って
あゆを助けに行く。。ってゆうおはなしで

今までのおはなしがつながったし
あゆも助かってよかった☆。。んだけど。。

----------------キリトリセン----------------

何だかあらすじ読んでるみたいで
早すぎてあんまり気もちが伝わってこなかったみたい。。

あゆを助けるところも
今までだったら1話くらい使って1つのおはなしやってたから
もうちょっと何かあるのかなぁ。。って思ったけど
あれっ⁉ってちょっと思っちゃった^^
(前半の方のおはなしを少なくして
後半にあゆをうらんでた子があゆに助けられて
すなおになるようなおはなしとかあったらよかったかも)


でも
ここまで来たから
あと
どうやって世界を変えるのかって楽しみ☆
{/netabare}

11話目
{netabare}
超能力は病気でシャーロット彗星が原因で。。

やっとシャーロットが何か分かってよかった
でも
あんまりおはなしとは関係なかったねw


運転手の人は
家族を人質にされて超能力者の情報を海外のグループに教えてた。。

ほかのおはなしでも時々あるけど
仲間にそのこと話して助けてもらったらいいのに☆
話したたのがばれたら殺されるって思うのかも。。

でも
ゼッタイ約束守るいい人って
こんなひどいことしないってにゃんは思うけど。。


熊耳クンかわいそう。。
歯を折られたりして最後に死んじゃうなんて。。
もう有宇クンは
ぜったいタイムリープできなくなっちゃったのかな?
助かってほしいなぁ☆
{/netabare}

12話目
{netabare}
前半は
有宇クンがひどいケガをして入院
みんながさし入れ持ってお見舞い。。

お兄さんは親友の熊耳さんが死んで
落ち込んじゃって。。


食べ物のおはなしが多かったみたいw
ゆさりんが実家のおそばを食べてるときに
ミサ(お姉さん)が出て来たところはうるうるしちゃった。。

後半は
能力者を救いたいって思う有宇クンに
奈緒が世界中の能力者から能力をうばえばいいって。。

それで
有宇クンが旅に出かけることにするの


ほかの恋愛アニメは好きでもはっきり言わないの多いけど
今回は
有宇クンが自分の思いをかくさずに奈緒に伝えた所がよかった☆

今回が最終回でもよかったかも^^
{/netabare}

13話目
{netabare}
世界中回って
みんなから能力をうばいながら有宇クンがこわれていくところ
ちょっと急ぎすぎて気もちが伝わりにくかったけど
約束どうり帰って来れてよかった☆


奈緒は有宇クンがどうなってもちゃんと待ってた。。
有宇クンの恋人で

奈緒は無表情キャラだけどほんとはとっても気もちが強い
5話でなかなか会えない飛行少年を待ってたり
7話でこわれちゃった有宇クンのことずっと見てたり


有宇クンはぎゃくに気もちが弱そう。。
すぐに「できない」とか言っちゃう
すぐにこわれちゃう

でも
やっぱりいい人なんだよね。。
何だかんだっていろいろ言っても
ちゃんとやらなくっちゃいけないことやったから^^


だけど
有宇クンがこわれながらさいごまでやり通せたのって
奈緒がいたから
奈緒のくれた単語帳あったから


2人が会えたから
世界中の能力者を助けることができたし
能力者を助けるってゆう目的があったから
2人が会えた☆

さいごはいいラブストーリーになってよかった☆
{/netabare}
{/netabare}

見おわって

レビューでほとんどの人が書いてるみたく
後半とか
とくに最終回につめこみすぎちゃったみたい。。
有宇クンが変わってくところがよく分からなかった


あと、いろいろやりすぎて
最終回まで何のおはなしかよく分からなくって
1つ1つのおはなしがうすくなっちゃったみたい?


それと、ゆさりんと奈緒ってあんまりつながってなかったみたい
男子は好きだったかもだけどゆさりんっていなかった方が
ヒロインが奈緒だってはっきり分かってよかったかも?って


でも、さいごはいい終わり方でよかった☆
感動しちゃった。。


それから、いろいろ気になったことあったけど
あれってさいごに有宇クンの能力がぜんぶ消えちゃったのかな?
じゃなかったら{netabare}心がよめるはずだから
奈緒の思いとか2人の約束とかすぐわかったって思うけど。。{/netabare}

投稿 : 2019/06/12
閲覧 : 1359
サンキュー:

184

ネタバレ

taijyu さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

大きな魅力はあるが、全体的に荒削り過ぎて完成度が低い作品

1話感想:
今期の期待作の一本。絵は非常に高クオリティで魅力的。
内容も面白そう。
主人公はなかなか酷いやつで正直にいえば不快感があったけれど、まあ痛い目を見ているし扱いとしてはギリギリ及第点か。

でも、あのような超能力を持ってしまったら、あれくらい歪むのは仕方がないと思う。
もし自分があの超能力を得たら、「自分だったら私利私欲のために使わない」と断言できる聖人君子はどれくらい居ますかね。
私だったらやっぱり私利私欲のためだけに使います。

今後の主人公の成長に期待します。

全話感想:
大きな魅力はあるが、全体的に荒削り過ぎて完成度が低い作品。まとめるとそんな感じ。
友利が非常に可愛くて魅力的でした。デレデレしすぎずクールで、でも優しくて。これは惚れる。
しかしストーリーは要素要素は感動的なのに、全体のまとまりがなさすぎる。とりあえず序盤を短くして中盤、終盤を長くした方がバランスが良くなったと思います。

この話はゲームだったら相当映えたと思います。序盤学園モノ、終盤超能力バトルモノ何ていくらでもあるし、好みが分かれる主人公ですが、プレイヤーキャラとして操作して、長いテキストでじっくり描いていけば感情移入もずっとし易くなったかと。

作者は設定、シナリオを考える能力は高いが、それが1クールアニメとしてまとめ上げる能力に欠けているのか、そもそも考える設定、シナリオがアニメに適していないのかも。
やっぱり美少女ゲーム畑の方なのですね。

投稿 : 2019/06/02
閲覧 : 107
サンキュー:

2

次の30件を表示

Charlotte [シャーロット]のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
Charlotte [シャーロット]のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

Charlotte [シャーロット]のストーリー・あらすじ

思春期の少年少女のごく一部に発症する特殊能力。
人知れず能力を駆使し、順風満帆な学園生活を送る乙坂有宇。
そんな彼の前に突如現れる少女、友利奈緒。
彼女との出会いにより、暴かれる特殊能力者の宿命。
それは麻枝准が描く、青春を駆け巡る能力者たちの物語――。

麻枝准、Na-Ga、P.A.WORKSによるオリジナルアニメ第2弾が始動!(TVアニメ動画『Charlotte [シャーロット]』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2015年夏アニメ
制作会社
ピーエーワークス
主題歌
≪OP≫Lia『Bravely You』≪ED≫多田葵『灼け落ちない翼』
挿入歌
ZHIEND『marina』西森柚咲(CV:内田真礼)『How-Low-Hello』

声優・キャラクター

内山昂輝、佐倉綾音、水島大宙、内田真礼、麻倉もも

スタッフ

原作:麻枝准、キャラクター原案:Na-Ga、 監督:浅井義之、脚本:麻枝准、キャラクターデザイン:関口可奈味、総作画監督:杉光登/関口可奈味、アクション作画監督:宮下雄次、美術監督:東地和生、色彩設計:菅原美佳、撮影監督:佐藤勝史、3D監督:小川耕平、特殊効果:村上正博、編集:高橋歩、音楽:ANANT-GARDE EYES/麻枝准、音楽制作:ビジュアルアーツ・1st PLACE、音響監督:飯田里樹

このアニメの類似作品

この頃(2015年夏アニメ)の他の作品

ページの先頭へ