「僕だけがいない街(TVアニメ動画)」

総合得点
84.5
感想・評価
2688
棚に入れた
11927
ランキング
142
★★★★☆ 4.0 (2688)
物語
4.2
作画
4.0
声優
3.8
音楽
4.0
キャラ
4.0
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む
ネタバレ

プクミン

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

リープもので面白いのだが

主人公は、リバイバルという特殊能力を持っていて、悪い事が事前に見えるのか、その出来事が起きた後に時間が少し戻るのか、そんな能力を保有している。
その能力はせいぜい数秒前に戻る程度だったはずだが、20年近くも昔に戻り、小学校時代になっていた。

その頃、クラスメイトだった加代が死ぬ事を主人公は知っていたため、何とか防ごうとするという物語で、設定、ストーリーともに面白いのだが、終わり方が釈然としなかった。

{netabare}
「お前を命がけで助けたのは俺なんだから、俺に惚れろ!!」
と言いたい。
作中、主人公が濃い時間を生きていたのは明らかに小学校時代。
なのに、なんでピザ屋で一緒にバイトしていたJKなんかをそこまで気にするのだ?
あんまり接点無かっただろ!!
殺人犯に殺されそうになったところ、何とか一緒に逃げ延びたぐらい。
でもね、加代の方は、もう何度も主人公が命がけで助けようとしたんだよ?
そうなりゃ、気持ちは加代の方に行くでしょっ!!

加代も加代だよっ!!
主人公が目を覚まさないからって、元同じクラスだった友達といつの間にか結婚して子まで産んで、そりゃ主人公の気持ちも冷めるわ!!

そしてラスト、車椅子で屋上から飛び降りるとか!!
もっと別の手段を考えなかったのかよっ!!
というところでキャラと物語は減点です。
{/netabare}

投稿 : 2019/02/22
閲覧 : 72
サンキュー:

2

ネタバレ

nloveY

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

主人公(悟)が頑張るアニメ

原作既読、映画も視聴済みです。三週目くらい?

まず最初に、過去に時間を遡る力(リバイバル)の整合性や犯人の推理などのミステリー要素に重きを置いて本作を視聴することはナンセンスなのでやめた方が良いと思います。また、上記のような要素を求めている方は同様に本作には本質的に合っていないと思われますので視聴しない方が良いかもしれません。

とても良いアニメだと思いますが一つ致命的に足りない所があります。
それは犯人の動機やバックボーンの説明が不十分であることです。
{netabare}殺人衝動につながった訳、人心掌握術に優れていること、ターゲットが少女であること、などなど本作で説明されていない部分が原作の漫画では描かれています。{/netabare}

何故本作で重要な要素であるポイントを省略したかは分かりませんがそのことにより名作が一つ落ち良作に落ち着いた印象があります。

評価については漫画>アニメ>映画ではありますが映画も比較的良くできている方だと思うので時間がない人は映画でも良いかもしれません。ただ、漫画アニメ映画共に結末が違うのでそこは賛否両論だと思います。

個人的には映画の結末はあまり好きではないです。

投稿 : 2019/02/21
閲覧 : 41
サンキュー:

6

SHOT

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

誰にでもお勧めできるアニメ

アニメをよく知らない人にお勧めするならこの作品をまず勧めようと思った作品です.テンポがよくてスラスラとみられるし,次の展開が気になる引きもよくできた作品です.曲もアジカンの2002年?のRe:Re:を持ってくるあたりはすごいと思った.アジカン好きなのでより高評価.

1話は少し暗いスタートで根暗な男が嫌いな人もいるかと思いましたが,基本的にはどんな人でも楽しめる良作だと思います.親元を離れて一人暮らしを始めてみると,小学生,中学生だった時のあたたかい家庭の雰囲気がほんとに懐かしく感じられます.大人になってまたみたい作品だと思います.


その他

・藤沼悟のCVがあまり評価されていないみたいですが,個人的には“戻れ―”以外は気にならなかった.
・映画も視聴したが×.キャストはよかったが,12話約6時間のアニメ化をした作品を2時間の映画に収めるには尺的に無理があり,特にエンドがよくない.

投稿 : 2019/02/11
閲覧 : 63
サンキュー:

4

ネロラッシュ

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 3.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

面白いけど…

タイムリープ物のサスペンスで面白いけど…
登場人物が少ないから、2話で犯人がわかってしまい、後は自分の答え合わせのような感じで観ていた。
藤沼悟 (成人) のCVは勘弁して欲しいレベルであった。本職を使えよ!!

投稿 : 2019/02/10
閲覧 : 91
サンキュー:

5

北海イクラ

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

サスペンス

アニメ面白すぎて原作読んだら原作がアニメ以上に面白かったです。最後の展開は個人的に原作の方が好きです。良い作品に出会えました。

投稿 : 2019/02/08
閲覧 : 76
サンキュー:

3

ようす

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

「信じるっていうのは、信じたいっていう希望の言葉なんだってこと。」

実写映画化もされた有名作品ですね。

私は原作も未読だし、
実写映画も見ていませんが、

アニメ後半は原作とは違う
オリジナルストーリーとなっているそうです。

最終話を見てからそのことを知りましたが、
違和感はありませんでした。

全12話です。


● ストーリー
周囲で何かよくないことが起こる時、
自分だけ1~5分の時間が巻き戻る“リバイバル”。

そんな特殊能力を持っている藤沼悟(ふじぬま さとる)、29歳。

ある事件が引き金となって小学5年生にタイムリープした悟は、
当時自分の回りで起こった連続誘拐殺害事件の阻止を決意する。


内容はどっぷりサスペンスです。

毎回引きがうまくて、
続きが気になって仕方がありませんでした。

毎話のラストが予想を上回って衝撃的すぎて、
心臓に悪かったです。笑

心臓には悪かったけど、
真相はとても気になりました。

12話で完結するのか?という不安が
常につきまとうほど内容が濃かったです。

ノイタミナ作品はどの作品でもきちんとまとめてくれる印象があるので、
今回も大丈夫だろうと思っていましたが^^

原作と異なるまとめ方ではあったようですが、
12話で物語はきちんと完結しています。

おもしろくて、
毎回30分が驚くほどあっという間でした!

引き込まれたら、
一気に全話見たくなること間違いなしですよ♪


● キャラクター
振り返ってみると、
キャラが充実していて、魅力的でした。


悟の過去では殺害される運命にあった、
雛月加代(ひなづき かよ)。

初めは無表情でつっけんどんな彼女ですが、
徐々に悟と親しくなり、信頼していく様がほんとかわいい(*´ω`)

cv.悠木碧さんの声も絶妙で、
口癖である「バカなの?」はとてもクセになりました(*´Д`)かわいすぎる

そんな知れば知るほど魅力的な彼女だからこそ、
救われてほしいと願うばかりでした。

ヒロミちゃん(男)もとても可愛かったなあ。
「大胆!」の台詞はかわいいし面白いし、萌えましたww


明らかに今までの悟とは違うと勘づきながらも、
協力してくれるイケメン小学生のケンヤ。

君も小学生じゃないよね?と疑いたくなるかっこよさでした。笑
頭もよく回るし冷静だし大人びているし。


お母さんの妖怪じみた洞察力もかっこよくて好きだったし、
バイト仲間のアイリもまっすぐな子で好きでした。

担任の八代(やしろ)は読めないキャラでしたが、
声にはとても惹かれました。いい声でした^^

声といえば、
少年時代の悟の声を土屋太鳳さんが演じています。

本職の声優さん達に比べると
少し浮いている気もしましたが、

それが逆に小学生に戻ったぎこちなさを感じさせて、
いい味となっていて私は好きでした。


● 音楽
【 OP「Re:Re:」/ ASIAN KUNG-FU GENERATION 】

アジカンの曲は昔からよく聴いていたので、
この曲も聴いたことがありました。

でも確か昔の曲よね?と思って調べると、
やっぱり2004年のアルバム収録曲でした。

OPに起用されたことをきっかけにシングルCDが発売されたとか。
アニメ主題歌起用の影響ってすごい。

OPの映像がかっこよかったです♪


【 ED「それは小さな光のような」/ さユり 】

劇中音楽も手掛けた梶浦由記さんの作詞・作曲。

なので雰囲気は抜群です。
子どもに戻った悟の心情が描かれていて、ぐっときます。


● まとめ
最後まで真相が気になって気になって、
目が離せませんでした!

サスペンスやミステリーが好きな方は
きっと気に入るはずです♪

1話を見たら止まらなくなると思うので、
それはご注意を^^笑

投稿 : 2019/01/05
閲覧 : 202
サンキュー:

35

ネタバレ

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

終盤がアニメオリジナルの展開だけどよかった。

八代との結末が違ったり、アイリの存在の重さなどが違っていたりなどありますが、12話の中で上手くまとまっていると感じました。

以下個人的な感想です。

・満島さんも、土屋さんもよかった。
・11話のアバンタイトルはやばかった。
「それが君だよ、悟」
ありがとう宮本さん。すごいです。ipodに入れたい。
・10話、11話、12話、は何回か見直したいなぁ。
・八代の曲?バイオリン?のやつ。弦楽器の曲が糸を思い起こしていい。


OP、ED、どちらも映像も曲もぴったり。
OP:演出が良いです。
ED:悟の曲。EDには入ってないけど「君のこと壊したいと思う~」は八代...。

投稿 : 2018/12/01
閲覧 : 102
サンキュー:

3

dbman

★★★★☆ 4.0
物語 : 5.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ぼくだけがいないまち

原作未読。

タイムリープ能力を持つ売れない漫画家・藤沼悟が、過去へ行き自分と周囲の人々を襲う悲劇を回避するといった物語。

1クール12話ともあり、一気に最後まで観てしまうほどに楽しめた作品。物語はミステリー要素のあるタイムリープものとなっているため、様々な伏線が張られているので、すぐにのめり込んでしまった。

視聴を終えたあとの率直な感想としては、ラストまでが足早に過ぎていくので、割と早い段階で犯人を予想できてしまった方も少なくなかったのではと思われます。設定がとてもよく練られていたので、もう少しwktk感が欲しかったなといった印象。とはいえ、12話という枠の中に綺麗に収めたということを踏まえると存分に楽しませてもらったことには違いありません。

なお原作漫画をはじめ、実写映画版や実写ドラマ版それぞれに違った展開やラストが設けられているらしいので、機会があったら拝見したいと思っています。

投稿 : 2018/11/30
閲覧 : 92
サンキュー:

21

バッチ

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

好評価

原作未読

ループモノ。次話がとても気になって見てしまう感じだった。
最後にはハッピーエンドになって欲しいとつい思ってしまうアニメだった。

投稿 : 2018/11/30
閲覧 : 64
サンキュー:

4

ネタバレ

scandalsho

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

名〇偵コナンのヒロインは灰原ではなく蘭ちゃんだと言いたいのかな?

原作未読。

タイムリープとサスペンスをかけ合わせた作品。

ストーリーはわりと面白かったし、最後まで飽きずに一気見できた。
声優さんも良かったと思う。
作画は好みが分かれるかな?

ただし、{netabare}わりと早い段階で犯人の目星がついてしまう{/netabare}演出はマイナス評価。
{netabare}もう少し怪しげな登場人物がいないと、3話の終わりの演出がスケープゴートとしても成立せず、{/netabare}サスペンス感が薄れてしまう。

あと、{netabare}加代と弘美{/netabare}の件は、正直言って不快にさえ感じた。
{netabare}『加代に家族を持たせる』ために『幸せな結婚』を描きたかったのだろうが、相手が弘美である理由が全く見当たらない。
むしろ親友と結ばれることで略奪感が際立ってしまい、{/netabare}わざわざ主人公を深く傷付けるための演出なのかとさえ感じた。
ダブルヒロインにしてしまった代償としては大きすぎる、この作品の欠点だ。

ところで、このレビューのタイトルについて
{netabare}1.体は子供、頭脳は大人という設定から『名探偵コナン』感を感じてしまったせいか、
2.初めの頃の加代のつっけんどんな態度が灰原に似ているように感じてしまい、
3.その結果、主人公を自宅にかくまった愛梨=蘭ちゃんに似てる!
{/netabare}って、名探偵コナン好きの戯言でした・・・。
そう言えば、主人公の母親役が高山みなみさんだったのも影響あるかも!

投稿 : 2018/11/17
閲覧 : 462
サンキュー:

77

REI

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

とても真面目なサスペンス

原作は読んでません。

ノイタミナ枠で放送されたアニメ。

物語はタイムリープの能力をもつ主人公が幼馴染や母のために真犯人を追い詰める物語

サスペンスなのであまり多くは語れないのですが、主人公がタイムリープ能力を自分で制御できないというところが現実味を持たせているのかなー私的には思います。

このアニメはとても真面目に作られていて観ていてドキドキしました。コメディ要素はいっさいありません。感の良い方は途中で犯人が解ってしまうでしょうが犯人がわかってからもドキドキしますよ

サスペンス、ミステリー好きな方は是非

全てのアニメに携わる方々に感謝を!

投稿 : 2018/11/16
閲覧 : 51
サンキュー:

12

KINAKO音大生

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

僕だけがいない街

展開が読めてしまった。つまらなくはない。最後まで観られる作品。

投稿 : 2018/11/05
閲覧 : 42
サンキュー:

2

8’

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

もっと評価されるべき作品/1クールで感動モノが見たいならこれ

なんとなくこのサイトで評価がそれなりによく、舞台のうちの一つの船橋は比較的みじかな町なので見始めました。

確かに悪い評価をしている方々がおっしゃる通りストーリー演出共に捻りが少なく
王道のような感じで、想像通りだった部分も少なくないとも思います。


しかし(全く捻りやその他面白くなる要因がないわけでもなくおもしろい話ですし)よく言えば自分がこうなると面白いという方向や王道を進んでいるわけで変にこだわってつまらなくなったり突飛な話になるよりも安定していて良いとも思います。
実際、最終話cパート最後のシーンこうなってほしいと思ってたほんとそのままの終わり方でしたがだからこそ 泣けて 本当に良い終わり方 だったと思います!

1クールでということも考慮に入れれば、まどマギ、シュタゲ、凪あす、あの花、クラナドのような超有名アニメと比べて全く遜色のないストーリーであると思います。


また心理描写や背景などの作り込みもよくできており(ただの急な展開でドキドキなアニメであらすじを知ったら飽きるアニメではないので)何回見ても楽しめます。

ぜひ見てほしいと思います。

またこのアニメの多くの部分を占める少年時代の主人公の声優がかの有名な女優の土屋太鳳さんだったのですが意外と違和感なく見れたのもそれなりにポイントが高いなぁと思います。

投稿 : 2018/11/03
閲覧 : 59
サンキュー:

6

yashy

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

引き込まれた

1話でぐっと引き込まれた。
ここまで引き込まれたのは久しぶりだった。ソシャゲをしながら見ようとしていたけれど、アニメに集中し、ソシャゲは後回しになった。
OPもEDも好み。ストーリーでは正直、犯人が誰かはすぐわかった。けれど、キャラの様々な思いや行動から目が離せなかった。

投稿 : 2018/10/20
閲覧 : 34
サンキュー:

7

まゆしぃ

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

面白い!

1話観たら止まらなくなって1日で一気観した。全12話だがしっかりまとまっている。主人公(大人)の声優の声も自然でとても良かった。素晴らしい作品です。

投稿 : 2018/10/15
閲覧 : 66
サンキュー:

5

ネタバレ

yoshia

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:----

人生の宝物

{netabare}

※2018/10/08 大幅に改稿しました。



これまでに三度ほど見返していますが、やはり何度見ても面白い作品です。強靭なシナリオで構築された本格ミステリーです。原作を読んでいないので、そちらからアプローチは出来ないですけれども、アニメのシナリオとしては全く隙がない。エンターテイメントとしても、メッセージ性も、考察の余地の残る微妙なさじ加減も、他作品と一線を画すという意味で「最高ランク」と言って差し支えない程の作品でした。

以下、感想・考察になります。

1、蜘蛛の糸、殺人の動機

 八代学は、ハムスターの一件から蜘蛛の糸を見るようになります。作中で言いますと、藤沼悟、雛月加代etc...。ではどういった人物に対して八代は蜘蛛の糸を見ることになるのでしょうか?
 個人的な意見としては、「ありもしない希望を信じる人間」について蜘蛛の糸を見るのではないかと思います。
 きっかけとなったハムスターについては、一般的に可愛い動物と『信じられている』ハムスターについても、自分の生死に関わる状況になったら仲間の死骸によじ登って生き長らえようとするし(これは「可愛い」と人間に信じられているだけであって動物の本質的な行動ではありますが)、加代については、人とふれあうこととない無人島に行きたいというありもしない希望を卒業文集には書くし、悟は「お前の未来を知っているぞ」なんて言う。
 八代の殺人の動機は「そんなありもしない希望を信じる人間をこの手で殺したい」という動機だったのではないか?おそらくその動機は彼の深層心理を巣食うもので、表面的には「足りないものを埋める」という動機で動いてた様に思います。
 作中で「僕のためだけの死を望む」というような事を語っていましたが、おそらく八代がもともと「人を信じる」という心理を持ち合わせていない人間だったから、人を殺すことに躊躇がなかったのだと思います。
 人を信じない世界というものがどういうものなのか?を考えるに、そこに善悪は存在せず(善悪は個人の主観なので)、自分の利益でしか物事を判断しない功利主義の世界です。そういった世界では人殺しは一種の快感なのかもしれません。
 個人的な意見としては、杉田広美、中西彩については、そういった純粋な殺人の快感として(フェイクのための殺人もあるかもしれませんが)藤沼悟、雛月加代については、もっと根深い「ありもしない希望を信じる、語る人間への裁き」として殺人を行っていたかのように思います。


2、八代学はなぜ藤沼悟を助けたのか?

 八代は、水没した車両から悟を救いあげていますし、ラストの悟が屋上から飛び降りるシーンについては、寸でのところで車椅子の足を掴みあげています。つまり、八代は悟を殺すことができなかったのです。
 人を信じることが本質的にできなかった八代にとって、悟の「お前の未来を知っているぞ」という言葉は、功利主義の大原則である論理的思考からしたらまったくありえない話、ではあるけれども、悟の今までの先手先手を打つような行動からするに、「ありえない」と一蹴することはどうしても出来ない。だってありえないことが、現に起こっているわけだから。
 だからこそ、八代は悟の真意を確かめるまでは、絶対に殺すことが出来なかった。非論理的なことを、論理的に判断できるまでは悟は殺せなかった。極めてロジカルであるが故に、そこが八代の弱点だった。


3、『僕だけがいない街』

 さてさて。上記はあくまでミステリ的な考察です。私個人としてはそういった動機よりも、その全体から発せられる内なる声、の方に重きを置いていますので、この作品から発せられるメッセージ性について語っていこうと思います。
 
 『・・・僕は何度もこの人生を生きなおして、何人もの仲間を先生に殺されてきた、だけど今は憎しみは無いんだ。』

 ピザ屋でバイトをしている俺。友達もおらず、自作したマンガも認められない。過去に後悔はあるものの、後悔というほど切実なものではなく、現状を支配しているのは茫洋とした虚無感。けだるげな現実。
 そんな中、非現実が姿を現す。母さんが何者かに殺された。警察からは加害者と認識されどうしようもない袋小路に差し迫った時、リバイバルが起こり時間が遡行した。悲劇を食い止めるために「あの時こうしていれば」を一歩ずつ踏みしめる。踏みしめていつの間にか見上げた先には「友達」ではなく「仲間」がいて、「血縁」ではなく「母」がいた。
 リバイバルがなければ「仲間」は得られなかった。だからこそ八代に対する憎しみは無かった。
 
 『僕だけがいない街。僕だけがいない時間。それこそが僕の宝物だ』

 僕がいない時間に僕を思ってくれている人がいて、僕のために動いてくれている人達がいる。利益とか、寂しいから、とかではなく、ただ「楽しい」から僕の名前を呼んでくれる人達がいる。それこそが、僕の人生の宝物なんだ。


4、そして蜘蛛の糸は消える。

 人をこれまで信用することができなかった八代が、悟の言葉を初めて信用することができた。そして「ありもしない希望」を象る蜘蛛の糸は、八代の視界から消え去った。



{/netabare}

投稿 : 2018/10/09
閲覧 : 175
サンキュー:

5

ネタバレ

かもかも

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

バカなの?

・物語
この作品の魅力は何と言っても心理描写でしょう
テーマは信頼です
{netabare}
「ひとりぼっちって怖くないの?」

悟が本当のことを言わないのも
加代が嘘をつくのも
八代が心の穴を埋めたかったのも

怖かったから

本当は理解してほしかったんです

「愛梨の信じたいは自分の為だよ。誰かに信じて欲しいの裏返しなんだよ。」
これは名言ですね

またクリスマスツリーやパーティーで加代が人の愛情を感じるシーンは心を打たれるものがありますよ
{/netabare}

・ヒロインの結末
{netabare}愛梨は主人公の心の支えという立ち位置だったので納得しています
加代を結婚させたのも時間の経過を表現したかったからでしょう
ただ加代の描写が多かっただけに違和感を感じるのは無理もないです {/netabare}

投稿 : 2018/10/06
閲覧 : 162
サンキュー:

34

どうも

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

やりますねぇ

琴線に感じるようないい話でした

投稿 : 2018/09/28
閲覧 : 111
サンキュー:

3

GJ

★★★★☆ 3.4
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

裏の裏の裏の裏をかかれた!

終始犯人が誰か、常に作中に注意を払って見てました。

が最終的には裏の裏の裏の裏をかかれた感じ笑笑

ただ、トータルでは2016年冬アニメNo1の評価通りの仕上がり。久しぶりに一挙見してしまった

投稿 : 2018/09/27
閲覧 : 43
サンキュー:

4

BQQ

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

非常に良い

12話。無駄な部分がほぼなく構成がとても良い。
サスペンス、タイムリープ、友情、恋愛、家族。

投稿 : 2018/09/20
閲覧 : 45
サンキュー:

2

アオイ

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

とっといたのを見だした

面白いのわかって見ないで置いたのを見だした!!

投稿 : 2018/09/07
閲覧 : 73
サンキュー:

4

ネタバレ

R子

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ミステリー小説読み切った感

一気に観てしまった。

タイムリープという設定が割とファンタジーなので、ストーリーもそこに頼ってファンタジー要素たっぷりで含んでいくかと思いきや、全然違った。
確かにタイムリープはキーではあるのだけど。

一話完結じゃないので、一気に観られるときに観ることをおすすめします。スピード感があって観やすいかわりに、先が気になって眠れなくなりそう。

登場人物が多く、事件が多い割に解決したらあっさりしてる感じもあるので、若干感動が薄い感じもある。

漫画もあるようなので読んでみたい。

投稿 : 2018/09/06
閲覧 : 79
サンキュー:

10

ネタバレ

にゃん^^

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイムトリップでやり直すおはなし

あらすじはあにこれのを見てね☆


人の顔とかはノイタミナだけどきれいな方w

そのかわり
声がちょっとヘン?って思ったらやっぱりそうだったみたい^^
俳優の人だった
にゃんのパパは北海道で生まれて親戚が多いから話したりするけど
悟クンのお母さんのなまりもちょっとヘンだったみたい



感想

1話目
{netabare}
1話目のあらすじ
http://bokumachi-anime.com/story/

フシギなおはなし。。

時間をもどして人を助けたりするおはなしなのかな?って思ってたけど
悟さんが小学生の時に近所で起きた誘拐事件が関係あったなんて。。
それでお母さんまで巻き込まれちゃって

お母さんが悟さんに「誘拐を止めた」って言ったとき
「冗談」なんて言わなかったらよかったのに☆


それで
時間をもどるのは分かってたけど
29歳の悟さんが小学生の悟クンまでもどっちゃったのにびっくり!


でも
これでお母さんだけじゃなくって
死んだ女の子とか勇気さんも助けられるかも☆


それからちょっと思ったけど
おんなじバイトの片桐さんがが恋愛フラグ立ててたみたいwだったけど
また出てくるのかな?

小学生の時の出来事とか変えちゃったら
もう会えなくなったりしないのかな?
{/netabare}

2話目
{netabare}
先回のおはなしでお母さんは
誘拐犯が小学生のときの雛月加代ちゃんの事件の犯人とおんなじかもって気がついて
殺されちゃったんだよね。。

でも
悟さんはそのこと知らないまま小学生にもどって
お母さんが殺された事件を止めるには
加代ちゃんの事件を止めればって思いついたみたい


足のあざ。。文集の作文。。
雛月加代ってお母さんに虐待されてる。。

;;:*゚*◇*゚*:;;:*◆*゚*:;;:*◇*゚*:;;:*◆*゚*:;;:*◇*:;;:*゚*◆

加代の作文聞いてたらなみだが出てきちゃった
にゃんは遠くに行くってこわいから思ったことないけど
学校がなくなったらいいなぁって思ってた。。

にゃんが加代だったら
家とお母さん燃えちゃったらいいのに。。とか思いそう
加代が悟クンに人が殺せる?って聞いたのはホントは本気だったのかも。。
加代がこのまま死んじゃったらほんとにかわいそう。。

でも
加代をほんとに助けるには
誘拐事件を止めるだけじゃダメで加代のお母さんのことも何とかしないと。。
{/netabare}

3話目
{netabare}
加代がお母さんから虐待をうけてる。。
氷水に顔をつけられたりって見てられなかった。。
先生も気づいてて児童相談所に連絡したけどうまくごまかされてるみたい。。


それから給食費がなくなった事件。。
加代が犯人って言いだした子っていやな子

でも
加代がその子のシャープペンを捨てたりしたんだったら
しょうがないのかな。。悲しいけど
いじめる人って反抗とかしたら次はもっとひどいことするから

悟クンは信じてくれて加代はとってもうれしかったと思う


だから2月のクリスマスツリーも「バカなの?」って言いながら
いっしょに見に行ってくれた☆
泣きそうなくらいとってもきれいなツリーだった。。
{/netabare}

4話目
{netabare}
だんだんその日が近づいてきて
加代を1人にさせないようにってするけど
気がついたら前とおんなじことしてたり。。

でも
前とはちょっとずつ変わってきてて
3月1日の夜は
眠れなかった悟クンといっしょにドキドキしちゃった^^

誕生日の日が来て
朝。。加代が出て来るまでとっても心配だったけど
無事に誕生会ができてよかった☆

加代が悟クンから手袋もらって「ありがとう」って言ったところは
なみだが出ちゃった^^


で。。
眠っちゃって加代をむかえに行かなかった悟クンが学校について
加代が来てないって。。
何だかイヤな感じがしてたけど
事件は日にちが変わっただけでほんとには変わってなかったのかな?
{/netabare}

5話目
{netabare}
加代が学校休んだ日に悟クンがうちに行ってみたら返事がなかった。。
悟クンは誰もいないって思ったけど
家の中には加代のお母さんと男の人がかくれてて
「どうするんだよ?これ」って。。
「これ」ってもしかして加代の死体だったりするのかな??

それからほかの子もいなくなったけど
加代を殺したのがお母さんだったら連続誘拐犯は別にいるのかも?


そのあと悟さんは元の時間にもどって逃げて店長のところに行ったけど
店長っていい人みたいなフリしてイヤな人だったね
議員さんみたいな人と話してたけどわいろとか上げたりしてるのかな?


店長はイヤな人だったけど愛梨はいい子だった^^
悟さんを信じてかくまってくれた☆
愛梨にはカッコいいこと言ってカゲで通報しようってしてた
店長をなぐったところは胸がスッってしたちゃったw

店長はそのあと警察には連絡しなかったみたい
だけど
愛梨の家に誰かが放火したみたい。。
たぶん悟クンのお母さんを殺した人が悟クンを殺すために。。
こんどは愛梨が焼け死んじゃうのかな?


悟クンは元の世界にもどったって思ってたけど
この世界は加代が3月3日に死んだことになってる世界で
悟クンは歴史をちょっと変えられたみたい☆
これからまた過去にもどるのかも?
{/netabare}

6話目
{netabare}
愛梨、助かってよかった☆

愛梨以外にも昔のお母さんの同僚だった
ルポライターの澤田さんが信じて味方になってくれそう。。

それで分かったのが
犯人は自分以外の人を犯人だと思わせるのが得意。。
あと、悟ママは犯人の名まえを知ってたみたい?
それって悟クンも知ってる人かな?


市会議員の西園ってゆう人があやしいんだけど
容疑者リストにはのってない。。って

悟さんは偽名かも?って
でも、市会議員だから偽名じゃないって思った

だけど
上の名前って結婚したら奥さんの姓とかにできるんでしょう?
犯人ってすごく頭がいい人みたいだから名字くらい変えれるんじゃないかな?


さいご、悟さんが捕まってあやまる愛梨に声をかけるところ
あんな小さい声で愛梨に聞えたのかな?
{/netabare}

7話目
{netabare}
悟さんがパトカーに乗る前にまたタイムスリップで小学生にもどれた!

こんどはケンヤくんが味方になってくれて
2日の夜から使われてないバスに加代をかくれさせることができた☆
ユウキさんのアリバイも作ってあげられた☆


本当に悟さんが加代とユウキさんのこと心配してるのが伝わってきて
ちょっと泣いちゃいそうだった。。
ケンヤくんも小学生なのに悟さんくらい本気ですごいなぁって思った☆
ヒロミくんも協力してくれて仲間っていいなぁって思った☆


さいご大人がバスの戸を開けてたけどもしかして犯人?

また加代は殺されちゃうのかな?
それともほかの人?

悟クンのお母さんは悟クンが何かしてることに気付いてたみたいだったから
心配して見に来たとかだったらいいけど。。☆
{/netabare}

8話目
{netabare}
夜中にバスに来たのって犯人だったみたい。。

加代はバスからお引っ越し。。
悟クン家に泊まって次の日は悟クンと悟ママといっしょに
自分の家に帰った。。ところで終わったけど
お母さんが叩こうってしてたね。。

矢代先生も児童相談所に連絡とってくれてるし
きっと加代は大丈夫よね☆


でも
バスに来たのが犯人だったら次は泉水小の中西彩ちゃんが危ない。。
って悟クンは思ったかな?
こっちの事件も解決しないと未来は変わらないのかも?

ஐღஐღஐღஐღஐღஐღஐღஐღஐღஐღஐღஐღஐღஐღஐღஐღஐღஐღஐღஐღஐღ

今日は2回いっしょに泣いちゃった。。

悟クンが加代から手袋をもらうところと
加代が悟クン家で朝ごはん

どっちも苦しい思いをしてきて気もちが通じた
うれしなみだだったみたい。。
よかった☆
{/netabare}

9話目
{netabare}
9話目の公式のあらすじ
{netabare}
3日にわたる行方不明の期間を経て、自宅へと戻る雛月。
母親である明美は、彼女の後ろに控える悟・佐知子の姿を見て、怒りのあまりシャベルを振り回す。
間一髪、その一撃を避ける佐知子。
そして見計らっていたように、児童相談所の職員と八代が現れた。
雛月の一時保護を伝える職員に明美は反発し、警察に行くと息巻いた。
3日間の誘拐を警察で話されると悟たちが不利になる…そんな状況の中、八代が連れてきた誰も予期せぬ人物が、事態を急変させる……。
{/netabare}

加代はおばあちゃんに引き取られて
お母さんとは離れて暮らせることになってよかった☆
ほんとは良くないんだって思うけど暴力ってやめられないのかな?

「勇気ある行動の結末が悲劇でいいはずがない」って先生のことば
本当にそうだといいんだけど☆


それで後半は
ヒロミくんと中西彩ちゃんを助けようってするおはなし

ほかの人から見たら加代と会えないからこんどはちがう女の子に。。って
見えるのかな?

でも
悟クンはそんなことにかまってられないよね
タイムリープしてきたなんて言えないけど
ケンヤくんとヒロミくんは悟クンのこと信じてくれそう☆

来週はどうなるのかな?
{/netabare}

10話目
{netabare}
10話目の公式のあらすじ
{netabare}
次の被害者となる中西彩のひとりぼっちをなくすため、彼女に声を掛ける悟たち。
最初は取り合わなかった彩だが、カズの一言がきっかけとなり、悟たちのアジトへ顔を出すようになる。
ヒロミも含め、殺されるはずだった三人は犯人のターゲットから外れた。
だが、悟には「犯人は代わりに誰を狙うのか」が気にかかる。
最近クラスで浮きがちだった美里がひとりぼっちになるのを防ごうとする悟。
アイスホッケー試合会場の美里を尾行していると、彼女の姿が突如消えた。
慌てた悟は担任の八代に頼みこんで不審なトラックを追うがその先には…。
{/netabare}

今日のおはなしはほとんどあらすじに書いてあるね^^

それで八代先生が自分が犯人だって白状して
どこからか盗んできた車のシートベルトをこわしておいて
悟クンのこと逃げられないようにして
自分だけ降りて川に車ごと落とした。。


えー!びっくりした!
あんなにいいこと言ってた先生が犯人だったなんて!

悪い人でもいいことは言えるんだ。。
いいこともできるんだ。。
それじゃあ誰がいい人かなんて誰にも分からないよね。。


悟クンはどうなるのかな?
まだ続くみたいだからたぶん助かるって思うけど
誰かが後をつけてて助けてくれてたりしないよね?


未来に帰るってゆうのはちょっとヘンかも?
今、助からなかったら帰る未来に悟さんはいないはずだから。。

だから「僕だけがいない街」になるのかな?


もしかして過去にタイムリープする?
そしたらこんどは犯人が誰か分かってるから先生が捕まるようにできるかも?
それが1番いい終わり方かも☆
{/netabare}

11話目
{netabare}
11話目の公式のあらすじ
{netabare}
悟が冷たい水の底に沈んだ日から年月は流れ、2003年。
九死に一生を得たものの昏睡状態となった彼は、ついに目を醒ます。
15年もの間眠り続けていたという事実と、事件にまつわる記憶が失われていることにショックを受ける悟。しかし献身的に悟に尽くし、過去の話題を避けているような素振りの佐知子を見て、「あえて思い出さなくていいのでは?」とも思うのだった。
そんな彼のもとに、赤ん坊を抱いた一人の女性がやってくる。
かつて、悟がその生命を未来へとつなげた少女−−雛月加代だった。
感極まり、祝福の言葉を贈る悟。それをきっかけとして彼はリハビリの量を倍にし、必死の努力を重ねていった。
季節は秋。
悟は院内で知り合った久美という少女と友人になっていた。
骨髄移植に不安を覚える久美を励ます悟。
そんな二人のもとに、あの帽子の男・西園が現れた。
彼は自身がかつて5年4組の担任だった八代学であることを明かすのだった……。
八代や久美と交流を続けながらリハビリの日々を過ごす悟。
だが身体の回復と対照的に、彼の記憶は閉ざされたままだ。
久美の手術を目前に控えたある日、彼女の病室で八代と鉢合わせした悟は、誘われるまま屋上に向かう。
雨が滴る中で15年前の懐かしい思い出を語り始めた八代。
だが、突如悟は強い意志を秘めた瞳を向ける。

「八代、俺の記憶は戻っているぞ――」。
{/netabare}

今週の公式のあらすじは大事なところぜんぶ書いてあって楽だったw


にゃんが思ったおはなしとはぜんぜん違くって
15年眠り続けて起きたけど殺された時の記憶がなくなってた。。

その間お母さんがずっとリハビリしてくれてたってすごいなぁ☆
悟さんは北海道から東京あたりに引っ越して暮らしてたけど
お母さんも眠ったままの悟さんをつれて千葉県に住んでるのかな?
船橋なんとかってゆう看板があったけど。。


加代が赤ちゃんを連れてきた時
悟さんがぼろぼろなみだ流してたけど
もしかしてこの頃は記憶がもどってたのかも?
自分が助けた加代が生きてて赤ちゃんまでいるって感動するよね☆

それから赤ちゃんを見て
子どもを殺す犯人の先生を放っておけないって思って
リハビリを2倍にしたのかも?


八代先生が西園ってゆう市会議員だったけど
名まえが名簿になかったのはにゃんが思った通りで結婚したからだった。。
でも
最終回まで先生が犯人だなんてぜんぜん思わなかったよね


さいごに病院の屋上に連れてかれるところはドキドキだったね
このまま殺されちゃうんじゃない?って心配で。。
でも記憶が戻ってなかったらそのまま助かるかも?って思ってたら
「八代、俺の記憶は戻っているぞ――」って
もう。。びっくり!!

そんなこと言っちゃっていいのかな?
悟さんこんどは大丈夫?
{/netabare}

12話目
{netabare}
話目の公式のあらすじ
{netabare}
小雨が降る病院の屋上で、悟は八代と対峙していた。
「俺の記憶は戻っているぞ」と言い放つ悟だが、八代はまったく動じない。
全てを読み切った上で、悟に罠を仕掛けていたのだ。
八代のシナリオは、悟の新たな友人・久美の点滴に筋弛緩剤を混入して殺害した上で、悟をその実行者に仕立ててから殺すというものだ。
ついにチェックメイトか――。
だが、静かに勝利を宣言したのは悟だった。
そして彼は唐突に、自らの手で屋上の縁に車椅子を進めて行く…。
間一髪、それを掴み助けたのは…他ならぬ八代だった。
彼は告白する。
悟がいるからこそ、自分は生きている実感が持てるのだと。
それを認めた上で、悟を放し屋上から取り落とした八代は、自らも飛び降りようとする。
だが、彼が眼下に臨んだ視界の中には、救助マットの上で微笑む悟とその仲間の姿があった――。
{/netabare}

終わっちゃった。。


にゃんが
「悟さんが先生のやろうとしてること知ってる」って思ったのは
先生が久美の点滴に毒を入れたって言ったときかな?

悟さんだったらぜったい
自分が仲良くなったせいで久美が死んじゃうって思って
何としても止めようって思ったはず。。「もどれー!」とかって。。
あんなにのんびりしてられないよね


先生との対決が
ぜんぶ悟さんの思った通りになったのはちょっとうまく行きすぎかも。。

でも
悟クンは先生のことただの悪いヤツだから警察につかまってよかった☆
なんて思ってないと思う☆


悟さんはいろんな人を助けたけど先生もその中の1人だったんだよね。。

世界を変えて人の命を助けただけじゃなくって
何もしてない勇気さんが牢屋に入らなくってよくなったし
そのままだったら先生に犯人にされたかも?の人たちも助かった

それから先生が人殺しになるのを助けられた☆

先生は悪い人だったけどこのおはなしの中で1番かわいそうな人だと思う
だから先生もこの世界では誰も殺してないしやり直せたらいいな☆
だってこの世界には本当の先生のこと分かっててくれる悟さんがいるから


このおはなしが信じあえる仲間と出会う物語だったら
心がこわれた先生だったらもっと
そんな仲間に助けてもらえたらいいな。。って


さいごはまた愛梨に会えたけど
このまま終わっちゃうのかな?って思ってたから
ちょっとなみだが出てきちゃった。。
{/netabare}



見おわって。。

タイムトリップでやり直すおはなしだったけど
犯人が誰か分からないし
どうやったら未来を変えられるか分からないから
SFとサスペンスとミステリーが混ざってて
いつも次のおはなしが気になってた☆


たまに「どうして?」って思うくらいムリにおはなしが進むときがあったけど
それ以外は主人公とか周りの人たちの気もちとかがとってもよく伝わってきて
じわってしたり感動したりするところが多かったのもよかった☆


きっと2016年の冬アニメの中で1番だって思う☆

投稿 : 2018/08/27
閲覧 : 876
サンキュー:

179

ネタバレ

ヘラチオ

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

バタフライエフェクトのような作品

主人公藤沼悟はマンガ家だが、ピザ屋のバイトで生計を立てている。元々タイムリープ能力を有していたが、母親が何者かに殺されたことがきっかけとなり、小学生の頃までタイムリープする。母親とその愛人から虐待を受けていた雛月加代が誘拐され、殺された事実を知り、それを阻止する。というのが大筋のミステリー作品。

原作は未読だが、アニメ版だけでも十分に完結しており、楽しめる。

OPはノイタミナの主題歌をよく歌われるアジカン。とてもリズムがよい。EDのそれは小さな光のようなも良曲で一時期ヘビロテしてました。さユりの歌声がよく、梶浦由記の作曲は物語のエンディングにふさわしい。

投稿 : 2018/08/14
閲覧 : 53
サンキュー:

8

ネタバレ

ザカマン

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

バタフライエフェクトin北海道

アニメでは、なかなか無いようなサスペンスもの。ストーリー、設定がいい。
ただ、犯人を途中から予想できてしまったのが、残念。

投稿 : 2018/08/06
閲覧 : 69
サンキュー:

6

どどる

★★★★★ 4.2
物語 : 3.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

小学生編は最高

展開がどうなるのかなというドキドキにあまり興味がないので本筋は邪魔にならない程度の評価ですが、小学生編は最高です。

タイムリープもの全てに言えますが、やりなおせるのでバッドエンドになっても良いのです。
バッドエンドで最終回を迎えられても、ちょっと困る。
でも、バッドエンドも見たい。
バッドエンドも見たいです。
幼く自立不可能なちいさい女の子が不幸になったり幸せになったり、幸せになったあとでもう一回不幸になったり、それが好きです。

それだけならば他のアニメにも無くはないのですが、このアニメの出色なところはその「小学生感」です。
小学生が出てくるアニメは数多くありますが、その多くは残念ながら外見だけの小学生です。
このアニメの小学生は、「子どものときはこういうものの感じ方をしたな。小学校はこうだったな」とノスタルジックを呼びおこします。
これはアニメではとてもめずらしいです。

そして「無力な、小学生らしい小学生が」「不幸になったり幸せになったりする」この2つの組み合わせが素晴らしく、小学生編において詩的な儚さを演出しています。

投稿 : 2018/07/30
閲覧 : 91
サンキュー:

10

ネタバレ

モフルン

★★★★★ 4.2
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

最後まで観たら凄いスッキリする

主人公の親が、18年前に自分の同級生達を殺した連続殺人犯が誰か分かった事が原因で、その連続殺人犯に殺されます。そしてタイムスリップする事ができる主人公が18年前にタイムスリップして、殺されるはずの同級生を助ける話です。
「連続」殺人犯なので、1人の同級生を助けても次に殺される被害者がいて、しまいには主人公自身が襲われます。
なんとなくですが、連続殺人犯はすぐに分かったし、タイムスリップを自由に使えないなど結構ご都合主義な所があり、評価が分かれるかもしれないですが、今後どのような展開になるか全く予想が出来ない所が、僕はとてもいいと思いました。

投稿 : 2018/07/16
閲覧 : 73
サンキュー:

15

shitasama

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

悲しくなった

8話の終りで本当に泣きそうになった、酷評する人もいるようだが、本当に最後までさっくり見れて色々考えさせる秀作でした。

投稿 : 2018/07/12
閲覧 : 97
サンキュー:

6

kabaj31

★★★★☆ 3.1
物語 : 2.0 作画 : 4.5 声優 : 2.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

期待はずれ。

絵や演出のクオリティは高いんだけど、
ストーリーは、ご都合主義な部分が多々あって、
あんまり楽しめなかった。

SF要素に関しては、なんか辻褄を合わせる為の
道具にしか使われてなかったと思う。

投稿 : 2018/06/17
閲覧 : 53
サンキュー:

3

目付きの悪い猫

★★★★★ 4.3
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

様々なアニメ見ているけれど。。。

一度、見たら続きが気になり止まらなくなりました。
話が面白い。原作も見てみたくまなるくらい気に入りました。

投稿 : 2018/06/15
閲覧 : 105
サンキュー:

7

次の30件を表示

僕だけがいない街のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
僕だけがいない街のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ページの先頭へ