「僕だけがいない街(TVアニメ動画)」

総合得点
90.8
感想・評価
2777
棚に入れた
12309
ランキング
23
★★★★☆ 4.0 (2777)
物語
4.2
作画
4.0
声優
3.8
音楽
4.0
キャラ
4.0
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む
ネタバレ

ニンニン

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ラストシーンの愛梨との出会いに関しての考察

みなさん概要については書かれているので私からはラストシーンの愛梨に関して書きたいと思います。

主人公悟は29歳になっても手に職つかず、いわゆる「ヒーローになれなかった大人」として物語はスタートします。

それには素の自分を隠して賢也や広美と付き合っていた悟の元の性格からも容易に想像できます。

そんなちゃんとした大人になれなかった彼にも、普通の人よりも少し心を寄せてフラットに接してくれた高校生の愛梨。それは人と関わることが苦手だった悟にとって新鮮で、心惹かれるものがあったと思います。

その後、彼に訪れる突然の母親の殺害の冤罪。突如彼は警察から追われる身になります。
しかし彼は最初、「一人」で全て解決しようと考えます。誰にも踏み込まず、誰にもかかわらず、一人で。

そこにバイクで現れた愛梨。
彼女は言います。
「悟さんがお母さんを殺すはずがない。私は悟さんを信じる。」
「『信じる』って言葉は、私を信じてほしいってことの裏返しなんだよ」と。

愛梨は、悟にとって「初めて自分を信じてくれた人」なんです。誰かの心に一歩踏み込んで、信じることを教えてくれた最初の人なんです。

だから彼はタイムスリップした後、お母さんや友人に心を開くことができます。今まで自分じゃない自分を装った悟から、嘘をつかない悟に変わっていきます。
そんな彼に変わっていったからこそ困難にぶつかった時、一人で抱え込まず、周りを信じて、頼ることができたのです。



そう、悟は愛梨のおかげで「正義のヒーロー」になれたのです。

全ての記憶を取り戻した悟にとって、「愛梨」こそが全ての運命を変えた最初の小さなきっかけ。



バタフライエフェクトをご存知でしょうか。

ある場所で舞った蝶の動きによる風の影響が地球の反対側で最終的に嵐を巻き起こすといったようなほんの些細な事がさまざまな要因を引き起こして後に非常に大きな事象の引き金に繋がるという考え方のこと、をいいます。

悟の幾度ものタイムスリップを通して変えた運命全体における愛梨の存在というのはバタフライエフェクトにおける「蝶」の役割を果たしていたのです。(だからこそ、最後のシーンで蝶が写っていたのだと思います)

そんな彼女に最後出会うラストシーンは、この物語における最後にして最高の山場であると思いますし、これを最後にした製作陣は本当に神がかっているなと感じました。

ちなみに私は、最後のシーンでのあの愛梨の笑顔、そして悟の心の奥から感情が込み上げてくるあの表情を見て走馬灯のように今までのストーリーが浮かび、涙を流してしまいました。

今年で22歳になりますが、最高のアニメに出会ったと思います。

投稿 : 2019/07/16
閲覧 : 90
サンキュー:

3

ネタバレ

tacco

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

教訓的なセリフが魅力

全12話、かなり短く感じた。{netabare}1話の主人公の子供姿はいらないと思うが{/netabare}高評価できる。

投稿 : 2019/07/15
閲覧 : 30
サンキュー:

0

ネタバレ

へも

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

佳代ちゃん編で終わっても良かった

ようやく見終わりました。僕これミステリ/サスペンスものだと知らずに見始めたんですよねw だから最初はリバイバルで人生をやりなおすハートフルストーリーと思ってました!(半分は当たってますけど)

さてタイトルにも書いたとおり佳代ちゃん救出編はとても良かったです。
これ言うと絶対に反論来そうですが、八代との対決は子供の間で終わらせてほしかったな~ そもそも八代の動機や、それまでの行動・15年後の姿にも納得がいってないので。。

原作マンガはまた違う展開らしいので、ぜひ読んでみたいと思います。

あ、そうそう何故か酷評気味ですが土屋太鳳さんも満島真之介さんも求められる声優演技をばっちりされてたと思いますよ!!

投稿 : 2019/07/13
閲覧 : 77
サンキュー:

10

Makita

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

現在と過去、2つの時を行き来しながら展開する緊迫のサスペンス

寝る前に1話だけ見るか……と軽い気持ちで見始めたのが運の尽きでした。
怒涛の展開に引き込まれ、気が付けば全話見終え、空が白んでいました。
こんなの初めてです。
現在と過去…主人公が2つの時を行き来しながら緊迫のサスペンスが展開していきます。
最初から最後まで気が抜けない…疾走感がたまりません。
良い作品に巡り会いました。

投稿 : 2019/07/10
閲覧 : 77
サンキュー:

3

ネタバレ

退会済のユーザー

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

白紙の邂逅

この引き込まれ感、とにかく半端じゃない。
そして緻密に計算されたシリアスな展開に圧倒されます。

艶のある学校の廊下、白い吐息、氷を叩くスケート、乱れた教員机の椅子、
橋の奥にぼんやり映る街の明かり、古びた歩道橋の角柱、落ちる銀杏の葉。
見事に映像化された何気ない日常の風景も驚きの連続でした。

各キャラクターの演出も見事。主人公は元より特に母親の演出が秀逸です。

過去を変えてしまったことによる「得たものに対する代償」、主人公がラス
トシーンで見せたあの笑顔と涙で救われました。
 

投稿 : 2019/07/06
閲覧 : 76

8bit

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

実写寄りの演出 見事な美術 素晴らしいレイアウト

原作未読。
ストーリーについてはネタバレになるので詳しい話は割愛させて頂きます。

本筋は大きく分けて過去編と現代編。
過去編の描写は特に突出しており、様々な点で心を撃ち抜かれた。

シネスコ比率を用いた没入表現。
昭和を彩る色彩設定。
空気感を出す為の撮影。
物語を退屈に見せないよう工夫を凝らしたコンテ、レイアウト。
人としての魅力を出すための演出。
そこに人が暮らしていることを象徴する美術、プロップ。

観始めの頃は主人公と母親の声に違和感を覚えキャストミスなのでは?と思いましたが
見続けているうちに「あぁ、これは上手く計算されているんだなぁ。」と見え方が変わりました。
この点に関しては意識を切り替えて観られない人には結構シンドイと思います。
高山みなみの声はどう聞いても高山みなみですし、主人公の声は棒気味です。

アニメは総合芸術。
この言葉通りの作品です。

魅せ方が非常に上手く「何気ない行動」や「何気ない場面」にも情報を詰め込んでおり目を離す隙間が無かった。

柱に刻まれた子供の成長を測る傷跡。
母の愛がこもったお弁当、何気ない朝食や夕食。
特別な意識をする事なく過ごした教室や公園、街そのもの。

一見すると当たり前の光景を当たり前の様に描いているのだが
これは意識的に描かないとこうはならない。
「あぁ、ここにはこういう人が暮らしているのだ」という情報が画面から満遍なく伝わってきた。

何気ない日常表現とアニメ的な誇張表現・カメラワークの使い分けが秀逸。
目玉焼き…涙

大満足です。
本当に良いアニメに出会えました。

投稿 : 2019/07/06
閲覧 : 45
サンキュー:

4

ネタバレ

BLEU62

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

第8話、涙腺崩壊!!

この回は、加代が悟の母親が作った朝食を見て泣くシーンがあるのですが、気丈にふるまっていた加代が、初めて女の子らしさを見せます。
悠木碧さんのうまさは流石!
思わず号泣してしまいました。

投稿 : 2019/07/04
閲覧 : 62
サンキュー:

5

ネタバレ

柊(ひいらぎ)

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

一気見!

久しぶりに完成度高いアニメ見たよ
見て良かった。

投稿 : 2019/06/23
閲覧 : 26
サンキュー:

0

かんぱり

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

EDが耳に残る。。

まず、OPとEDがいい!
とくにEDがすごく耳に残る。

物語は、サスペンスものって感じで、次の展開が気になるし、舞台も北海道ってところがいい雰囲気が出てたと思う。

投稿 : 2019/06/19
閲覧 : 89
サンキュー:

7

ネタバレ

よこよこ

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

したっけー!!

{netabare}
全体的にはすごい面白かった。
でも犯人の正体は3話くらいで目星がついちゃうし、むしろ「こいつか犯人ですよ」ってまんま言ってるようなカットが多すぎる。

少年の悟を演じた土屋太鳳さんは本業ではないのによく出来ていたと思う。しかし制作陣はなぜ彼女を起用したのかは気になる。
まぁでも青年期と少年期の演技力の差は少なかったから良かったんだと思う。

それにしても悠木碧さんは素晴らしいな!彼女に悲劇のヒロインを演じさせたら右に出るものはいないな。加代の基本無感情な声、たまに出る驚いた声、そして泣き声。
あの朝ごはんのシーンはさすがに涙が…
ここで見るの終えとけばよかった。
なによりあの作画をラストまで続けた制作陣に拍手を送りたい。

さてここからは少し批判を。
まぁ原作は未読なので感想は変わるかもしれないが少し感情的に話す。

あれを見てたら誰しもが加代エンドになると思うやろそんなん。未来の加代見た瞬間全てが崩れ落ちた。感情移入してたからまじで裏切られた感じがした。そりゃ確かにお互い好きとかそういう言葉は一切なかったけどさ。
百歩譲って夏になったらクリスマスツリーを見に来るっていう加代との約束を守ったらよかったのに。

そんな事言えど、原作は全9巻の作品を12話でよくまとめたと思う。たぶん原作ではアイリの出番も多くて納得のいく作品になってると思うし。ただし実写版、テメーはダメだ。

{/netabare}

投稿 : 2019/06/18
閲覧 : 50
サンキュー:

11

moonlight

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイムリープ物と侮るなかれ

ストーリーはとある社会問題に正面から踏み込み、問題提起とその解決策を作品内に提示している。
娯楽の枠組みを超えて視聴した者の心を揺さぶる良作である。

投稿 : 2019/06/16
閲覧 : 115
サンキュー:

3

koaki

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

たられば + タイムリープ =

面白かったぁ~
予想してたのと全く違ってました。

投稿 : 2019/06/12
閲覧 : 71
サンキュー:

5

考え中

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

と、、、とまらないっっっ!

またやってしまった。。。
1クールなので一晩で完走。
面白くて途中で止められなかったwww

それにしても、タイムリープものは人気ですね。
これまでにもいくつか見てきましたが、
いまのところ個人的にはこれが一番のお気に入り。

あと、アジカンのOP曲がとても懐かしかった♪

投稿 : 2019/06/04
閲覧 : 99
サンキュー:

11

りゅーき

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

最高でした。

もっと評価されるべき作品。
アジカンの曲も最高です。

投稿 : 2019/05/31
閲覧 : 38
サンキュー:

2

ZORRRO

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

サスペンスxタイムリープ主人公

【ストーリー】

予備知識皆無だったので、「タイムリープするんだー」
というのと、こういう「ミステリー小説っぽい展開なんだー」
と、こういう話なんだ!という驚きがまず2度起きました。

まさかあいつが犯人!!!とか、やっぱりあいつか!!!
とかいうのすらネタバレになりかねないので多くは語れませんね。

主人公が未来を変えて救った!とかそういう話なのですが、
この未来のために、この結末のために変えてきたんだな…
と、感動と納得がいったのでこの作品はかなり良かった。


【キャラ】

基本的に1人だけ能力者の主人公を周りのキャラ達の協力の元、、、
ってな展開ですが、周りのキャラたちが頼もしすぎるのが良い。
小学生パートも大人パートも。ちょくちょく出してくる親子愛もまたいい。

最終的に犯人が本性を表すみたいなのは、もちろんありますが、
そういった表情とかもかなり好きでしたね。こちらもニヤけてしまった。

北海道の方言は基本的にかわいい。


【他】

作画かなり綺麗です。背景も動きも。


サスペンス作品なので多少は考察しながら見ていくとは思いますが、
まあそもそもがトンデモ展開なのでサスペンス要素よりもそっちかな。

友情とか、家族とか、もうなんかそういう話で、表情からも結構感動する。

実写映画化するだけありますね。とても良い作品でした。

投稿 : 2019/05/30
閲覧 : 46
サンキュー:

12

ひな花凛

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

したっけ~!

序盤からぐいぐい引き込まれ、毎話毎話続きが気になって仕方がなくなる作品だった。
主人公周りのキャスティングに一瞬疑問を覚えなくもなかったが。太鳳ちゃんが案外はまり役だった。総じて小学生達がとても可愛い。
随所でサスペンスと謳われるだけありハラハラ手に汗握る展開も続き見応え抜群。ただ、愛梨の存在意義が薄いような気がするとか、小学生時代と現在の主人公が全く同一人物に思えないとか(おそらく声のせいもある)、何よりあの結末とか動機とか、色々と思うところも多かった。
視聴後振り返ってみると全12話で改めてびっくりした。1クールでこの密度というのはなかなか凄い。かなりの充実感を得られると思うので是非一度は見てみてほしい。ついでに太鳳ちゃんボイスの「したっけ~!」がしばらく頭から離れなくなることも請け合いである。
終わり方が違うということで気になりアニメ視聴後に原作も購入したので、今度見比べてみようと思う。

投稿 : 2019/05/30
閲覧 : 22
サンキュー:

2

KKK

★★★★☆ 3.3
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

まぁ良い

自分の中では中の中かなぁ、、

シュタインズ・ゲートとなぜかくらべてしまう。
以上

投稿 : 2019/05/03
閲覧 : 58
サンキュー:

2

ネタバレ

たわし(ガガ)

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

リアルな心理描写は上手い

アニメとしての技術もなかなか上手い。

ソードアートオンラインの伊藤智彦さんが監督しているだけあって、一話一話のクオリティーが高い。劇場版で作ったとしても違和感がないほど凝っている。


特に登場人物たちの行動がアニメ的ではなく、実写的な演出で観せているためドラマとしても面白くなっている。

そういう意味ではこの技術の応用は少女漫画に適用できると思われる。

投稿 : 2019/04/29
閲覧 : 151
サンキュー:

12

ネタバレ

shino73

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

踏み込まなければ道はない

「僕だけがいない街」
このタイトルに込めた意味はそうだったのか。
{netabare}僕だけが不在の失った時間こそが宝物なんだ。{/netabare}

秀逸なサスペンスとして名高いこの作品ですが、
容疑者が少なく絞られている為、
犯人当ては容易かもしれません。
加点要素なだけにここだけは残念。
ただスタッフはそこに重きを置いてないですよね。
素晴らしい構成と演出で、
ヒューマンドラマとして物語に焦点を当て、
緊張感が薄れる事もなく最後まで目が離せません。

舞台はある事件がきっかけで、
{netabare}現代から昭和63年へ。{/netabare}
主人公が記憶の奥底に沈ませていたあの冬の惨劇。
過去と向き合い救わなければいけない大切なもの。

勇敢にも踏み込まなければ道はないのだ。
健闘を祈る。

投稿 : 2019/04/26
閲覧 : 437
サンキュー:

84

ラウラ

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

面白いです!

1話観終わった時点で止まらなくなりました。ストーリーが良くできていて引き込まれます。主人公(大人)の声優の声が何ともキャラクターに合っていて自然なので、その点も非常に良いです。これは素晴らしい作品です。

投稿 : 2019/04/24
閲覧 : 79
サンキュー:

4

ひろくん☆

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

思い付いた事を書いて見る。

・・・先ず、原作漫画の絵がドーシテモ好きになれないので、どうしましょ。。。

でも、愛梨ちゃん、かわえええぇ〜っっっ!!!


作品のデキは、とても良い。


第7話…29歳時の悟の声担当の方、死んで下さい。w( 僕的に小5の悟担当さんでギリ。)

第10話…美里が乗った路線バス、2000年後期以降の型なので設定ミスですね。ww




創作物を評価するに於いて、近年よーく目にする
“ 御都合主義 ” というコトバ、アタクシはダイッキライです。

タイムリープ物に限らずですが、創作を行うにあたり 意図的な偶然を重ね合わせ面白い展開を生み出す。
( 読者及び視聴者に 驚きや感動を与えられなければ意味ナイですけど。)

この単語を使いたがるヒト達ってナニ?・・・中学生レベルの見方しか出来ないんだろうなぁ〜って感じてます。

・・・そんで、現実に起こる奇跡や事故というのは、想像以上の偶然に依って もたらされるモノだと思っていますから。

投稿 : 2019/04/20
閲覧 : 59
サンキュー:

1

ストックトン

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイトルなし

あまりに予想外な展開の連続にドキドキハラハラ
しながら観てた。
ストーリーがすごく良かったと思う。
毎週次の放送が気になって仕方なかった。
でも主人公の結末に心情的に納得しかねる。
なんか酷い。

投稿 : 2019/04/15
閲覧 : 48
サンキュー:

5

taijyu

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

文句なしの傑作

これは素晴らしい。
設定・ストーリーが素晴らしく、一話からガツンと心を掴まれました。
引きこまれて先が強烈に楽しみになる。傑作級でした。
もちろん作画レベルも高く、申し分ないです。
キャラクターも非常に良いですね。主人公にも好感を持ちました。

最後まで夢中で引き込まれ、見た後はしばらく立ち上がれなくなるくらいで、こういう素晴らしい作品には、これ以上賛美の言葉を重ねても無粋に感じます。

投稿 : 2019/03/30
閲覧 : 78
サンキュー:

5

aguro

★★★★★ 4.1
物語 : 5.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 5.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

原作も読もう

漫画が原作のアニメです。
落ちはアニメと原作で違うので嵌れば漫画のほうも読むのお勧めです。
OPのアジカンはグッときます。

投稿 : 2019/03/26
閲覧 : 53
サンキュー:

4

らみ♡

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

おもしろかった

おもしろい

投稿 : 2019/03/21
閲覧 : 82
サンキュー:

3

ネタバレ

プクミン

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

リープもので面白いのだが

主人公は、リバイバルという特殊能力を持っていて、悪い事が事前に見えるのか、その出来事が起きた後に時間が少し戻るのか、そんな能力を保有している。
その能力はせいぜい数秒前に戻る程度だったはずだが、20年近くも昔に戻り、小学校時代になっていた。

その頃、クラスメイトだった加代が死ぬ事を主人公は知っていたため、何とか防ごうとするという物語で、設定、ストーリーともに面白いのだが、終わり方が釈然としなかった。

{netabare}
「お前を命がけで助けたのは俺なんだから、俺に惚れろ!!」
と言いたい。
作中、主人公が濃い時間を生きていたのは明らかに小学校時代。
なのに、なんでピザ屋で一緒にバイトしていたJKなんかをそこまで気にするのだ?
あんまり接点無かっただろ!!
殺人犯に殺されそうになったところ、何とか一緒に逃げ延びたぐらい。
でもね、加代の方は、もう何度も主人公が命がけで助けようとしたんだよ?
そうなりゃ、気持ちは加代の方に行くでしょっ!!

加代も加代だよっ!!
主人公が目を覚まさないからって、元同じクラスだった友達といつの間にか結婚して子まで産んで、そりゃ主人公の気持ちも冷めるわ!!

そしてラスト、車椅子で屋上から飛び降りるとか!!
もっと別の手段を考えなかったのかよっ!!
というところでキャラと物語は減点です。
{/netabare}

投稿 : 2019/02/22
閲覧 : 136
サンキュー:

6

ネタバレ

nloveY

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

主人公(悟)が頑張るアニメ

原作既読、映画も視聴済みです。三週目くらい?

まず最初に、過去に時間を遡る力(リバイバル)の整合性や犯人の推理などのミステリー要素に重きを置いて本作を視聴することはナンセンスなのでやめた方が良いと思います。また、上記のような要素を求めている方は同様に本作には本質的に合っていないと思われますので視聴しない方が良いかもしれません。

とても良いアニメだと思いますが一つ致命的に足りない所があります。
それは犯人の動機やバックボーンの説明が不十分であることです。
{netabare}殺人衝動につながった訳、人心掌握術に優れていること、ターゲットが少女であること、などなど本作で説明されていない部分が原作の漫画では描かれています。{/netabare}

何故本作で重要な要素であるポイントを省略したかは分かりませんがそのことにより名作が一つ落ち良作に落ち着いた印象があります。

評価については漫画>アニメ>映画ではありますが映画も比較的良くできている方だと思うので時間がない人は映画でも良いかもしれません。ただ、漫画アニメ映画共に結末が違うのでそこは賛否両論だと思います。

個人的には映画の結末はあまり好きではないです。

投稿 : 2019/02/21
閲覧 : 86
サンキュー:

9

SHOT

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

誰にでもお勧めできるアニメ

アニメをよく知らない人にお勧めするならこの作品をまず勧めようと思った作品です.テンポがよくてスラスラとみられるし,次の展開が気になる引きもよくできた作品です.曲もアジカンの2002年?のRe:Re:を持ってくるあたりはすごいと思った.アジカン好きなのでより高評価.

1話は少し暗いスタートで根暗な男が嫌いな人もいるかと思いましたが,基本的にはどんな人でも楽しめる良作だと思います.親元を離れて一人暮らしを始めてみると,小学生,中学生だった時のあたたかい家庭の雰囲気がほんとに懐かしく感じられます.大人になってまたみたい作品だと思います.


その他

・藤沼悟のCVがあまり評価されていないみたいですが,個人的には“戻れ―”以外は気にならなかった.
・映画も視聴したが×.キャストはよかったが,12話約6時間のアニメ化をした作品を2時間の映画に収めるには尺的に無理があり,特にエンドがよくない.

投稿 : 2019/02/11
閲覧 : 87
サンキュー:

6

ネロラッシュ

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 3.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

面白いけど…

タイムリープ物のサスペンスで面白いけど…
登場人物が少ないから、2話で犯人がわかってしまい、後は自分の答え合わせのような感じで観ていた。
藤沼悟 (成人) のCVは勘弁して欲しいレベルであった。本職を使えよ!!

投稿 : 2019/02/10
閲覧 : 120
サンキュー:

5

北海イクラ

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

サスペンス

アニメ面白すぎて原作読んだら原作がアニメ以上に面白かったです。最後の展開は個人的に原作の方が好きです。良い作品に出会えました。

投稿 : 2019/02/08
閲覧 : 100
サンキュー:

5

次の30件を表示

僕だけがいない街のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
僕だけがいない街のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

僕だけがいない街のストーリー・あらすじ

漫画家としてデビューするも、いまひとつ結果を出せず毎日を過ごす青年・藤沼悟。
彼は、彼の身にしか起こらない、ある不可思議な現象に不満を感じていた。
「再上映(リバイバル)」。
何か「悪い事」が起こる直前まで時が巻き戻される現象。
それは、その原因が取り除かれるまで何度でも繰り返される。
……まるで、誰かに「お前が防げ」と強制されているかのように。

しかし、ある日起きた事件をきっかけに、その現象に大きな変化が訪れる。

自らの過去に向き合う時、悟が目撃する真実とは?
そして、悟の未来は――?(TVアニメ動画『僕だけがいない街』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2016年冬アニメ
制作会社
A-1 Pictures
主題歌
≪OP≫ASIAN KUNG-FU GENERATION『Re:Re:』≪ED≫さユり『それは小さな光のような』

声優・キャラクター

土屋太鳳、満島真之介、悠木碧、赤﨑千夏、大地葉、鬼頭明里、七瀬彩夏、菊池幸利、水島大宙、高山みなみ、宮本充

スタッフ

原作:三部けい(『ヤングエース』連載)、 監督:伊藤智彦、脚本:岸本卓、キャラクターデザイン:佐々木啓悟、、プロップデザイン:横田匡史、美術監督:佐藤勝、美術設定:長谷川弘行、色彩設計:佐々木梓、撮影監督:青嶋俊明、CG監督:那須信司、音楽:梶浦由記、音響監督:岩浪美和

このアニメの類似作品

この頃(2016年冬アニメ)の他の作品

ページの先頭へ