TVアニメ動画『ゲゲゲの鬼太郎 [第6作-2018]』を1ヶ月間無料で視聴する方法

【ゲゲゲの鬼太郎 [第6作-2018]】

先に結論をお伝えすると、TVアニメ動画『ゲゲゲの鬼太郎 [第6作-2018]』を今すぐ無料視聴するなら、アニメ動画配信サービス「アニメ放題」を利用するのが最もオススメな方法となります。

アニメ放題利用規約 / 特定商取引に関する表記 >>初回1ヶ月間無料で『ゲゲゲの鬼太郎 [第6作-2018]』を見てみる

アニメ放題?
聞いたことないサービスだけど大丈夫?

名前からしてアニメが観れそうだけど私も聞いたことないかも。。。

こらこら!(笑)

アニメ放題はあの『ソフトバンク』が運営するアニメに特化した見放題の動画配信サービスです!

(※知名度が低いのにはとてもユーザー想いの深いわけがあるんですが、それは後ほど。。)

作品数はなんと3000作品以上!アニメに特化した動画サイトだから、アニメのみでこの作品数です!

日本で配信されてるアニメはほぼ網羅していると言っても過言ではないです。

しかも凄いのが、「見放題」の言葉通り、3000作品すべてが見放題!

よく映画みようと思ったらポイント買ってとか個別に課金が必要とか言われるけど、アレがないってこと??

その通り!

アニメ放題は動画配信サービスとしては数少ない、登録作品はすべて見放題のとても希少な動画サイトなんです。
そのせいでリリース当初は作品数が伸び悩んで知名度は低い状態が続いていましたが、地道に作品数を増やし続けたおかげでアニメの見放題としてはNo.1と言っても過言ではない作品数のサイトになったんです。

ウサギとカメでいうなら、カメさんのサービスですね。

そして作品数が3000を超えた結果、ここにきてアニメファンが急にアニメ放題を利用しはじめているんです。

でも、お高いんでしょう?

なんと、月額たったの400円!しかも初回登録から1ヶ月間は無料で使えちゃうから、1ヶ月以内に退会すれば完全無料なんです。

へー、そんなに安いの?

そうなんです。
月額400円で使えて、1ヶ月以内に退会すれば完全無料なんです。

そして月額が安すぎるあまりアニメ放題はあまり広告にお金を使えなくて知名度が低いみたいです(笑)

でも「良いアニメが増えればきっと使ってもらえるはず」

と広告ではなくラインナップを増やすところに売上をすべて投資している良心的なサービスなんです。

今後を応援する意味でも、まずはお試ししてみてくださいね。

アニメ放題利用規約 / 特定商取引に関する表記 >>初回1ヶ月間無料で『ゲゲゲの鬼太郎 [第6作-2018]』を見てみる

ちなみに『ゲゲゲの鬼太郎 [第6作-2018]』が観れて、さらに3000作品以上のアニメが見放題ってのはわかったんだけど、例えばどんな作品があるの?

アニメ放題で気になる高評価アニメ映画

「この世界の片隅に」も「アネモネ」もある!

TVアニメはもっと充実してるんです。

今期のアニメだけじゃなく、前期、前々期と、最新アニメをほぼ網羅しています。

だから、見逃した前期のアニメを一気に観たり、今期のアニメを1話から視聴したりとアニメファン納得の内容になっています。

月額400円です。

作品数だけにお金をかけてるだけあって、すごい。。。

本当に凄いのは、新しい作品だけじゃなくて、1年間引きこもっても暇にならなそうな名作の数々!

1ヶ月じゃ見切れないほどの名作の数々

※まだまだ配信中がありますが、載せきれないので残りはサイトで確認してください。

これらがすべて見放題で月額400円って、優秀ですよね。。。

あにこれの総合得点ランキング上位作品をほぼ網羅。月額400円でこのラインナップには運営も驚きました!
アニメ放題は確かに知名度は低いですが、広告費を削ってでもアニメ作品の充実にチカラを入れることで、作品数はすごい事になっているみたいです。

ここからはアニメ放題で観れる「あにこれ」の人気の作品を年代別に紹介していこうと思います

アニメ放題で観れる!「もっと評価されるべき」アニメ
アニメ放題で観れる!「余韻が残る」アニメ
アニメ放題で観れる!「主人公最強」アニメ
アニメ放題で観れる!「1話見たら止まらなくなる」アニメ

今後も使い続けたいと思ったら料金的にも「アニメ放題」がおすすめ

1ヵ月無料で使って、まだ観てる途中だったのに~
となってしまった時にも、アニメ放題はおすすめです。

VODと呼ばれる動画配信サービスは最近だとかなりの数が乱立していますが、料金は様々です。

特によく紹介されている、

・U-NEXT(1,990円)

などはよくネットで見かけるかと思いますが、実は料金が高く、継続したいとなった時に結構お財布が痛いのです。

その点アニメ放題は月額400円(税抜)という低価格が魅力。
U-NEXTの1ヵ月分の料金で5ヶ月使えちゃいます。
すべて見放題は本当に安い!

アニメは1作品につき平均12話あるので、レンタルだと100円デーみたいな安いタイミングを狙っても1クール7巻で700円!?

普通の時にレンタルしたら2100円もかかってしまいます!?

その点でも、定額のアニメ放題は気楽でいいです!

アニメ放題利用規約 / 特定商取引に関する表記

Anitubeなど違法動画サイトで無料で観るのは危険?

「Anitubeなどの違法サイトを使えば無料でみれるから」

と思っていた人も多いかも知れませんが、2019年2月に著作権法の改正案を文化庁がまとめました。

その内容は、
「権利者の許可なく、インターネット上のあらゆるコンテンツについて、著作権を侵害していると知りながらダウンロードすることを全面的に違法とする」こと。

と定められています。

ただ視聴するだけなら問題ないじゃん!と思うかも知れませんが、視聴するだけでダウンロードしているのはご存知ですか?

動画を違法サイトで視聴するという事は、実はスマホやパソコンにデータをダウンロードしながら、それを画面で再生しています。

つまり今回の著作権法の改正におもいっきり抵触する事となり、従来のような罰金ではなく前科のつく刑事罰として逮捕されるようになります。

また違法なサイトにアクセスした場合は警告文を出すなどの話題も上がっており、これは言い換えれば、

「あなたが違法なサイトにアクセスした瞬間にその証拠を握られる」

ことを意味しています。つまり、違法サイトにアクセスしたら、いつでもあなたを逮捕できる状態になってしまいます。

まだ確定ではないので、今後どうなっていくかはわかりませんが、この大きな違法動画サイトへの流れは変えられません。

だから、早期にちゃんとした正規の動画配信サービスを使うことをおすすめしています。

アニメ放題利用規約 / 特定商取引に関する表記

ゲゲゲの鬼太郎 [第6作-2018]のストーリー・あらすじ

アニメ化50周年を記念して制作される。

21世紀も20年近くが経ち人々が妖怪の存在を忘れた現代。
科学では解明が出来ない現象が頻発、流言飛語が飛び交い大人たちは右往左往するばかり。
そんな状況をなんとかしようと妖怪ポストに手紙を書いた13歳の少女・まなの前に
カランコロンと下駄の音を響かせてゲゲゲの鬼太郎がやってきた…。(TVアニメ動画『ゲゲゲの鬼太郎 [第6作-2018]』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

ゲゲゲの鬼太郎 [第6作-2018]各話のタイトルまとめ!

第1話: 妖怪が目覚めた日

第2話: 戦慄!見上げ入道

第3話: たんたん坊の妖怪城

第4話: 不思議の森の禁忌

第5話: 電気妖怪の災厄

第6話: 厄運のすねこすり

第7話: 幽霊電車

第8話: 驚異!鏡じじいの計略

第9話: 河童の働き方改革

第10話: 消滅!学校の七不思議

第11話: 日本征服!八百八狸軍団

第12話: 首都壊滅!恐怖の妖怪獣

第13話: 欲望の金剛石!輪入道の罠

第14話: まくら返しと幻の夢

第15話: ずんべら霊形手術

第16話: 潮の怪!海座頭

第17話: 蟹坊主と古の謎

第18話: かわうそのウソ

第19話: 復活妖怪!?おばけの学校

第20話: 妖花の記憶

第21話: 炎上!たくろう火の孤独

第22話: 暴走!!最恐妖怪牛鬼

第23話: 妖怪アパート秘話

第24話: ねずみ男失踪!?石妖の罠

第25話: くびれ鬼の呪詛

第26話: 蠱惑 麗しの画皮

第27話: 襲来!バックベアード軍団

第28話: 妖怪大戦争

第29話: 狂気のフランケンシュタイン

第30話: 吸血鬼のハロウィンパーティー

第31話: 小豆洗い小豆はかり小豆婆

第32話: 悪魔ベリアル 百年の怨嗟

第33話: 狐の嫁入りと白山坊

第34話: 帝王バックベアード

第35話: 運命の魔女たち

第36話: 日本全妖怪化計画

第37話: 決戦!!バックベアード

第38話: 新春食人奇譚 火車

第39話: 雪女純白恋愛白書

第40話: 終極の譚歌 さら小僧

第41話: 怪事!化け草履の乱

第42話: 百々爺の姦計 妖怪大裁判

第43話: 永遠の命おどろおどろ

第44話: なりすましのっぺらぼう

第45話: 真相は万年竹の藪の中

第46話: 呪いのひな祭 麻桶毛

第47話: 赤子さらいの姑獲鳥(うぶめ)

第48話: 絶望と漆黒の虚無

第49話: 名無しと真名

第50話: 地獄からの使者 鵺

第51話: 閻魔大王の密約

第52話: 少女失踪!木の子の森

第53話: 自己愛暴発!ぬけ首危機一髪

第54話: 泥田坊と命と大地

第55話: 狒々のハラスメント地獄

第56話: 魅惑の旋律吸血鬼エリート

第57話: 鮮血の貴公子 ラ・セーヌ

第58話: 半魚人のかまぼこ奇談

第59話: 女妖怪・後神との約束

第60話: 漆黒の冷気 妖怪ぶるぶる

第61話: 豆腐小僧のカビパンデミック

第62話: 地獄の四将 黒坊主の罠

第63話: 恋の七夕妖怪花

第64話: 水虎が映す心の闇

第65話: 建国!?魔猫の大鳥取帝国

第66話: 死神と境港の隠れ里

第67話: SNS中毒VS縄文人

第68話: 極刑!地獄流し

第69話: 地獄の四将 鬼童伊吹丸

第70話: 霊障 足跡の怪

第71話: 唐傘の傘わずらい

第72話: 妖怪いやみの色ボケ大作戦

第73話: 欲望のヤマタノオロチ

第74話: 地獄崩壊!?玉藻前の罠

第75話: 九尾の狐

第76話: ぬらりひょんの野望

第77話: 人間消失!猫仙人の復讐

第78話: 六黒村の魍魎

第79話: こうもり猫のハロウィン大爆発

第80話: 陰摩羅鬼の罠

第81話: 熱血漫画家 妖怪ひでり神

第82話: 爺婆ぬっぺっぽう

第83話: 憎悪の連鎖 妖怪ほうこう

第84話: 外国人労働者チンさん

第85話: 巨人ダイダラボッチ

第86話: 鮮血のクリスマス

第87話: 貧乏神と座敷童子

第88話: 一反もめんの恋

第89話: 手の目の呪い

第90話: アイドル伝説さざえ鬼

第91話: アンコールワットの霧の夜

第92話: 構成作家は天邪鬼

第93話: まぼろしの汽車

第94話: ぶらり不死見温泉バスの旅

第95話: 妖怪大同盟

第96話: 第二次妖怪大戦争

第97話: 見えてる世界が全てじゃない

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2018年春アニメ
制作会社
東映アニメーション
主題歌
≪OP≫氷川きよし『ゲゲゲの鬼太郎』≪ED≫まねきケチャ『鏡の中から』

声優・キャラクター

沢城みゆき、野沢雅子、古川登志夫、庄司宇芽香、藤井ゆきよ、田中真弓、島田敏、山口勝平

スタッフ

原作:水木しげる、シリーズディレクター:小川孝治、シリーズ構成:大野木寛、キャラクターデザイン・総作画監督:清水空翔、音楽:高梨康治/刃-yaiba-

既に69件のレビュー・感想・評価が集まっています

匿名係長 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3

現代×妖怪=鬼太郎6期

鬼太郎ですよ! ゲゲゲの鬼太郎!! 私事ですが、鬼太郎大好きなんですよw 一期と二期...

みぃ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0

歴史的感動作品

ゲゲゲの鬼太郎を見るのは6期が初めてだったけど おもしろかったです! なにより人間と妖怪...

もっとみる(全75件)

ゲゲゲの鬼太郎 [第6作-2018]のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ゲゲゲの鬼太郎 [第6作-2018]のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの関連ニュース

2020-07-17

セガ、『ぷよぷよ!!クエスト』で「ゲゲゲの鬼太郎」コラボを開始! ログインでボイス付き「目玉おやじ(CV.野沢雅子)」プレゼント - SocialGameInfo

セガ、『ぷよぷよ!!クエスト』で「ゲゲゲの鬼太郎」コラボを開始! ログインでボイス付き「目玉おやじ(CV.野沢雅子)」プレゼント >> 続きを見る

2020-06-19

テレビ東京ビジネスオンデマンドが「美術手帖」とコラボし、“アート×経済”オンラインセミナーを開催! | テレ東からのお知らせ - テレビ東京

テレビ東京ビジネスオンデマンドが「美術手帖」とコラボし、“アート×経済”オンラインセミナーを開催! | テレ東からのお知らせ >> 続きを見る

2020-06-16

MOBA『Heroes of the Storm』に『オーバーウォッチ』からメイが参戦! ルチャリブレをテーマにしたイベント「Nexomania 2」も実施予定(Game Spark) - Yahoo!ニュース

MOBA『Heroes of the Storm』に『オーバーウォッチ』からメイが参戦! ルチャリブレをテーマにしたイベント「Nexomania 2」も実施予定(Game Spark) >> 続きを見る

このアニメの類似作品

この頃(2018年春アニメ)の他の作品

もしかしたら犯罪かもしれない海賊版違法無料動画サイト

アニチューブ(anitube)

アニチューブ(anitube)

「Anitube」は海外で違法に運営されていた動画サイトでした。日本で放送されたほぼすべてのアニメ動画が観れるサイトとして違法サイトの中では代表的なサイトとなっていましたが、漫画村の事件から日本政府が不正海賊版サイトを遮断するようになり、その際ににanitubeも閉鎖されています。今では「Anitubeが見れない!」という状態となっています。代わりになる類似サイトとしてAnitubeX(https://www.anitubex.net/)Anitube Brasil(https://anitubebrasil.net/)もありましたが現在では閉鎖されています。また最近ではアニチューブが移転して復活したという噂もありますが、違法動画サイトでいつ使えなくなるかもわからないので利用は辞めておきましょう。

アニポ(anipo)

アニポ(anipo)

アニポ(anipo)は日本で運営されていた、主にアニメを中心とした無料動画の情報のまとめサイトでした。しかしアニポで紹介されていた動画はすべて違法にアップロードされたアニメ動画であった為、2018年2月に漫画村などの違法にコミックをアップロードしているサイトが社会問題化した流れで閉鎖され「アニポが見れない」と騒がれました。しかし、数日のうちにアニポに変わるサイトとしてanipo.tvとして新URLで復活しています。ただし、新しいアニポは危険なサイトとしてウィルス感染が報告されており、かなり危険そうなイメージです。そもそも違法サイトという事もあって、利用は辞めておいた方が安全だと思われます。

ニコニコ動画(https://www.nicodieo.jp/)

ニコニコ動画(https://www.nicodieo.jp/)

ニコニコ動画は株式会社ドワンゴが運営する動画配信サイト。以前は違法アップロードされたアニメが横行していましたが、現在ではアニメに特化した「ニコニコチャンネル」もあり、有料の動画配信サイトとしてアニメが観れるサイトとなっています。コメントが打てる動画サイトとして有名で、ニコニコ生放送やニコニコ静画なども人気を博しています。

Dailymotion(デイリーモーション)

Dailymotion(デイリーモーション)

Dailymotionは、フランスで生まれたYoutubeのような動画共有サービスで、日本では違法な動画が多い為、anitubeなどと同じような海賊版サイトと思われがちですが、むしろ世界的にはYoutubeと類似した機能を持つ動画サービスです。ただしここにアップロードされているアニメは基本的にはすべて違法動画であり、視聴したりダウンロードする事は違法な行為となります。

パンドラ(PANDORATV)http://jp.pandora.tv/

パンドラ(PANDORATV)http://jp.pandora.tv/

Pandora TVは韓国が運営する動画共有サービスです。違法な動画ばかりで、また広告が多く、ウィルスに感染させるバナーなどが多く掲載されていたため、危険なサイト、違法なサイトと日本では認知されています。

b9good(旧b9dm)

b9good(旧b9dm)

b9good(旧b9dm)は中国が運営する動画共有サービスです。基本は個人が動画を共有する事を前提としたサービスでしたが、違法なアニメ動画を大量配信しているサイトです。またその動画をみたい日本人にむけて日本語に対応している事で日本人で違法なサイトでアニメを視聴したい人に人気でした。ただし、中国も徐々に違法な動画の撲滅に動き始めており、以前よりも違法な動画は減り、徐々にアニメを違法で観るサイトとしては下火になりつつあります。

kissanime(キスアニメ)

kissanime(キスアニメ)

キスアニメは日本アニメやドラマ、映画などを違法にアップロードしているサイトです。最近では閉鎖したアニチューブの代わりとして多くのユーザーがkissanimeに移行したようです。ただしkissanimeは運営者やアップロードしている人が不明なために視聴していた動画に何かが仕込まれているという可能性はゼロではなく非常に危険な可能性があります。またウィルス広告が出る、過去にハッキング被害を受けている、という歴史もあり、パソコンやスマホ、タブレットで閲覧するとそのデバイスが壊れてしまう可能性もあるため、kissanimeにアクセスはしないようにしましょう。

アニメポスト(http://animepost.blog.fc2.com/)

アニメポスト(http://animepost.blog.fc2.com/)

アニメポストは既に閉鎖(非公開)された違法動画の紹介サイトで、anitubeの違法動画へリンクする事でアニメを紹介していたサイトです。名前が似ている事からアニポの正式名称だと思われがちですが別のサイトです。どちらも違法な動画へ利用者を誘導していた事は共通しており、漫画村事件をきっかけに、身の危険を感じた運営者がサイトを閉鎖させたようです。

×
ページの先頭へ