アリスと蔵六(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「アリスと蔵六」

よみがな:ありすとぞうろく

放送時期:2017年春アニメ(2017年4月~2017年6月)

★★★★☆ 3.6
物語:3.6 作画:3.5 声優:3.7 音楽:3.6 キャラ:3.7
総合得点 65.4
感想・評価 382
棚に入れた人 1420
ランキング 1512
彼女はそれまで“外の世界”を知らなかった。
初めて触れるモノ、初めて見る風景、そして初めて出会う人々……。
そんな“世界”の広がりに、戸惑い、驚き、目を見開く。

名前は紗名(さな)。
“研究所”と呼ばれる施設で、“外の世界”を知らずに生まれ育った少女。
しかも、あらゆる想像を具現化する——「アリスの夢」と呼ばれる特殊な能力の
持ち主でもあった。

そして初めての“外”で、彼女はひとりの老人と出会う。
名前は樫村蔵六。「曲がったことが大嫌い」で「悪いことは悪い」という
頑固じいさん。
そんな蔵六との出会いが、紗名の運命を大きく変えていく。

紗名を追う謎の組織、次々と現れる能力者たち、そして心優しい人々との
出会い……。
世間知らずだった“アリス”は、鏡の門(ルッキング・グラス)を抜けて、
世界の本当の姿を知ることになる。


——そう、これは、私がまだ、自由に夢の国へ行けた頃の話。(TVアニメ動画『アリスと蔵六』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 382

2017.10.09 23:04 雀犬の評価 | 観終わった| 86が閲覧 ★★★☆☆ 3.8 評価対象: アリスと蔵六(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 3.0  声優 : 5.0  音楽 : 4.0  キャラ : 3.5

花束を、君に

知人から「春アニメで一番面白いよ」と教えてもらい、
ちょっと遅れて見始めたのがアリスと蔵六。

このアニメは2部構成になっています。
第1部は謎の組織からの脱出に始まり、能力バトル、日常回を挟んで
第2部は再び能力バトルになるかと思いきやワンダーランドに閉じ込められる。
一見して脈絡がないように見える物語の展開の仕方に、
「予想していたのと大分違った」
という感想が多いアニメなのではないでしょうか。

僕が話の全体像をつかめたのは最終回の一歩手間の11話。(遅い・・・)
ここでようやく点と点が線でつながりました。
この物語のメインテーマは家族愛ではなかったのですね。

{netabare}
真のテーマはズバリ、自我の形成だと思います。
フロイトによると人の心にはエス(es)・自我・超自我という3つの機能があるそうです。
エスとは「~したい」という本能的な欲望で動物的な生きる力の源泉といえるもの。
アリスの夢の子供達はみな食欲旺盛ですが、この設定はエスを表現していると考えられます。

超自我とは良心や道徳心に相当します。主に親のしつけによって作られるものだそうです。
紗名は蔵六を通じて「して良いことと悪いこと」の区別を学びます。
何事にも確固たる信念を持って行動できる蔵六はいわば「人間の完成形」。
頑固おやじと魔法少女という奇妙な組み合わせは絵的な面白さを狙っただけではなく
テーマ上の必然性があったのです。
また第6話・第7話は日常回ですがシリアス回のつなぎではなく、
子供の心の成長を描く重要な回だということが分かります。

しかし人の社会は複雑で全てが善と悪の2つに割り切れるほど単純なものではありません。
夫ともう一度会うために非人道行為に手を染めたミリアム・C・タチバナしかり、
両親の仲を取り戻すためにアリスの夢の能力を使い続けた羽鳥しかり。

「モシャモシャする」という台詞がキーワードとして何度か出てきますが
この言葉は自我がうまく働かず心のバランスを崩してしまっている状態を表現しています。
11話で紗名は自分の年齢を8歳から10歳であると語ります。
一般的に自我の芽生えは3歳で、思春期には自我が確立されると言われていますから
心の成長が遅れていることが分かります。

紗名は人ならざる者であり、ワンダーランドのミュータントです。
ワンダーランドは算数や科学のように法則性のあるものには優れた理解を示しますが
曖昧で複雑な人の心を理解することに苦しんでいるのです。

主人公紗名の精神発達を本来の年齢より遅らせることで
自分の世界を少しずつ作り上げていく様子を豊かなイメージで表現し、
「人間とは何か」を見る者に問いかける。
それがアリスと蔵六という作品の本質だと思います。
なるほど、文化庁メディア芸術祭で受賞するわけです。

最後に大人になった紗名が登場し、花束を手に蔵六への感謝の言葉を贈ります。
おそらく蔵六はもうこの世にはいない。
死者への弔い。それは最も人間らしい行為のひとつ。
このシーンはワンダーランドが人の心を理解できた証と捉えています。
小説「アルジャーノンに花束を」のオマージュとも受け取れますね。
{/netabare}

不満点を挙げると、
未完の作品をアニメ化しているため少し物足りなさを感じることでしょうか。
残念ながら2期は期待薄なので続きは原作で、ということでしょう。

2017/10/9追記
原作8巻まで読みましたが、僕の解釈は概ね合っているのではないかと思います。
でも鏡の門から出したトランプがワンダーランドにコピーされる事の意味は分からなかったです。

 サンキュー(20)
ネタバレ
2017.09.30 11:19 ごがつの評価 | 観終わった| 23が閲覧 ★★★★☆ 4.6 評価対象: アリスと蔵六(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

自分用備忘録

よかった・・・・・。

日常系だと思っていたけど、日常系なんだけど決行シビアな内容も含まれていて、ただのかわいい日常ではない。

放浪息子やうさぎドロップ、と同じ感じもする。

蔵六いいなぁ・・・。
さなえちゃんもめちゃくちゃいいこだし、さなちゃんもとても愛らしい。

さなちゃんのお姉ちゃんらしき存在は謎のままだけどまあいい。
個人的にはミニー・Cがこのあとどう生きたのかが気になる。

 サンキュー(0)
ネタバレ
2017.09.20 23:51 ダレイオスの評価 | 観終わった| 34が閲覧 ★★★☆☆ 3.8 評価対象: アリスと蔵六(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 4.0  声優 : 3.5  音楽 : 4.0  キャラ : 4.5

1つ1つ丁寧な描写や雰囲気の良さ、人物描写の良さを楽しむものだったなと思う。

開始は冒頭から誰が誰だかわからないうちに能力バトルを始めるものでしたね。
そしてよくわからないうちに能力バトルが終わり
本題にはいるもので能力バトルものとわかる開始ですね。
主人公は子供の女の子で見た目は金髪という設定で
金髪少女、性格は生意気で自分勝手で言葉づかいも悪いというもので
あまり印象は良くないですね。
ただ、性格が悪いとかではなくて、世の中のことをよくわかってないという
子供て感じでした。
なんでそうなったのかは1話の情報からだと研究機関で研究材料として
監禁されていてサンプルみたいに扱われていたというもので
非人道的な研究機関で育った能力者だからだとなんとなくわかりました。

そして、この主人公の女の子が能力バトルをして
見ず知らずだけど偶然知り合った爺さんの蔵六に街中で能力バトルしたことに
より怒られるものでしたね。
能力バトルしている時は街中で能力バトルとは無茶苦茶なアニメかなとは思ったけど
爺さんはまじめなことを言って叱っているので意外にまじめな内容
警察が出てきて色々後始末したり、丁寧な描写が多く
ファンタジー要素満載だけど
能力バトルアニメにしてはやけにまじめな開始だなと思いました。
そういった丁寧な部分は面白かったですね。

さらに、この主人公の女の子は研究所から脱走してきたとわかり
蔵六とその家族の家でかくまわれる展開になったりで
序盤のストーリー展開は研究所から脱走してきた
主人公の女の子を取り戻そうとする敵の組織との攻防でしたね。
しかしながら正直、能力バトルアニメにテーマを置いている作品というよりは
非人道的な研究機関で育った能力者の女の子が爺さんの蔵六とその家族(蔵六の孫の女の子)
と出会うことにより人間としての優しさに目覚めるというものに見えました。
蔵六の孫の女の子は優しいし、ハートフル感じにはなってドタバタした
ものになってましたが悪い話ではないので楽しめました。
ただ、主人公の女の子が使う不思議な空間世界のワンダーランドという能力は
フワッとしたもので特定の人に過去の出来事を思い出させる能力があったりはわかるのですが
わからない部分が多すぎるので雰囲気アニメと思われる演出も多いな

敵の組織との攻防は能力もので主人公の女の子は何でもありのチート能力の持ち主なので
何でもありの展開だったなと思う。
敵も便利能力の持ち主なので主人公の女の子をさらったりする展開も
そんなのありか?と思う都合のいい感じはしましたので
全体的に能力バトルアニメとしてはなんでもありなのが響いてイマイチでしたね。
やっぱり制限がないと能力バトルは苦しいな

そして敵は主人公の女の子に非道な行為をするので
それを説教する蔵六との攻防だけど、蔵六の言っていることは正しいけど
チョット長いかなと思いました。
偏見なのだけど爺さんのキャラに長々と説教させられると少々キツイですね。
ただ、悪い話ではないし、能力バトルアニメにテーマを置いている作品ではないと思うので
敵との言いあいで進めたテーマ性は良かった。
あと敵組織との戦いはあっさりしてましたね。あっさり終わった気がします。
序盤で能力バトルアニメにテーマを置いている作品でないと感じたので
個人的にはそこまでは気にならなかったけど
気になる人には気になるあっさり感だったかと・・・
わからないことが多すぎるので

後半は主人公の女の子が蔵六とその家族の一員になるまでの過程が描かれていましたね。
日常シーンをやりながら段々主人公の女の子が馴染んでいく描写は出来ていたし
電車のキップの買い方を教えてもらったり1つ1つの描写が丁寧なのは良かったし
ほのぼのとした優しい感じがあったのも良かったと思う。
序盤、敵側だった双子の姉妹の女の子が泊まりに来たりのエピソードは
敵側だったころとは違う双子の姉妹の一面が見れて良かったし
彼女達を通して主人公の女の子の変化を実感することが出来るので
見ていて心地良いものがありましたね。
この手のアニメにありがちな、無理に感動を狙っている所もあまりないので
自然に受け入れることが出来ました。
ただし、その分もの凄く感動とかはなくて
普通に良かったぐらいなのでハードルを上げて見ると
あっさりしているかなと思いました。

それに、後半は新キャラの能力者の女の子、羽鳥が出てきて人物描写に力を入れた感じでした。
うーん、能力者が出てくるので多少は能力バトルになるのかな・・・と思ったけど
そうではなくて、最初は主人公の女の子と対立していたけど
お互いの身の上を話あってうち解けて共感しあうものだったですね。
主人公の女の子は見た目は小学3年生ぐらいですが
育った環境のせいかもうチョット下の年齢の性格なので
小さな子供なりに考えたぐらいの内容なので
大人が見るとそこまで深いものではないのですが
小さな子供が色々悩んで考えた内容は気持はわかりました。
羽鳥は友達の女の子の関係の見せ方も良かったしその友情も良かった。
そして、内面の掘り下げはしっかりしていたので悩んでいることの気持ちは伝わってきたので
対立していた2人のキャラクター描写がしっかりしていたのが
とても良くて最後共感しあったのは納得出来ました。
空間世界のワンダーランドについては最後まで見ると
どういうものかは、主人公の女の子の心理面の描写をしっかりさせていたおかげで
何となくはわかるので納得は出来ましたね。
最後の終わり方はあっさりしていたので無理にまとめなくても
いいのでは?と思いました。「えっ?」て感じで終わってましたね。
テキトーにまとめた感はぬぐえないな・・・
前半の敵組織との戦いでもそうでしたが、まとめ方はあっさりしていて
その点は悩みますね。
あと後半はタイトルにもなっている蔵六が出番が少なくなるのは残念かな
老人キャラだからメインで登場させるのが難しいのはわかるのですが・・・
他にも大人のキャラは全体的に重要な役がありそうな感じはしたけど
そうでもないキャラが多かった気がしました。

作画についてはキャラクターデザインは
萌えを意識したものではなくて主人公の女の子は子供っぽい
丸みがある顔の輪郭で、子供っぽさを意識していて
主人公の女の子の子供ぽさがある性格にあったデザインだったのは良かったです。
このデザインのおかげで主人公の女の子の子供ぽさの描写がしっかりしていましたので
場面場面での子供ぽい可愛らしさが十分に出ていたのは良かったです。
作画自体の質はとても良いというわけではないけど
まずまず安定していてバラ付きのない作画で描けていて丁寧に描いているなと思える
作画だったのは良かったです。
問題点としては萌えを目的で見ると
子供っぽい丸みのあるデザインは癖があると感じでしまうと思いました。
あと車の作画がCGすぎるのは気になったな

声優さんについては主人公の女の子をはじめとして子供のキャラが多かったので
全体的に子供ぽい演技だったな・・・と思いました。
子供ぽさは良かったけど、そこまで演技が上手いとは思いませんでした。
多少のぎこちなさが子供のキャラにあっているなと思いました。
意図的にこういう演技になっているのかの判断も難しい所
特に後半出てきた羽鳥役の方はぎこちなさがありました。
大人のキャラの役の方は全体的に上手い役の方が多くて満足ですね。
蔵六役の方の喋りはしっかりしていて聞いていて
実際に説教されているのかと思うぐらい貫禄がありました。

まとめると日常描写をはじめとして1つ1つ丁寧な描写が多いので
楽しめる場面は多かったです。
ほのぼのとした日常描写の雰囲気も良かった。
後半は人物描写がしっかりしていてキャラの気持は伝わってきました。
ただ、前半の敵組織との戦いはあっさりして、後半の終わり方もあっさりなのが悩む所で
ストーリーについては無理やりまとめた感じはしました。
能力バトルものとしても、あまり面白くなかったと思う。
能力バトルやストーリーそのものより1つ1つ丁寧な描写や雰囲気の良さ
人物描写の良さを楽しむものだったなと思う。

 サンキュー(7)
2017.09.20 21:08 vtUap62075の評価 | 観終わった| 17が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: アリスと蔵六(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

ほっこりかわいい

サナが、かわいい。それだけで十分。
また近年では珍しい「声優さんが目立たない」アニメ。
そのため、しっかりストーリーを追える。
サナの成長や子どもらしい仕草、心の葛藤がこちらを、飽きさせることはありません。
可愛い少女の成長が見たい方は是非。

 サンキュー(2)
ネタバレ
2017.09.17 13:26 Julieの評価 | 観終わった| 15が閲覧 ★★★★☆ 4.1 評価対象: アリスと蔵六(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.5  声優 : 4.0  音楽 : 3.5  キャラ : 4.5

タイトルなし

最初は本当にただ悲しいだけの物語だと思ってみてました。
不意義名空間で作られたというアリスの存在が、研究所で育てられ、人間兵器みたいな扱いをされ戦わせられてるという・・・
研究所ででのとある出来事をきっかけに外の世界へ出て行って、色んな人に迷惑かけつつも助けられていくアリス・・・ゴウロクさんとコンビニで知り合い、迷惑なことをいっぱいしつつも、助けてもらう。そこからストーリーが始まる・・・
外の世界に出てきてから色んな知らない事をを覚えて行き、今まで知らなかった 感情 というものにぶつかってムシャムシャし始めて可愛いお思いながらも、そんな風に育てられてきた子供がかわいそうだと涙まで流してしまった・・・
徐々にゴウロクさんとサナエちゃんと家族になって行き、友達も出来て普通の女の子になっていく姿が微笑ましかったです!

 サンキュー(1)

アリスと蔵六のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
アリスと蔵六のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。