「紅-kurenai-(TVアニメ動画)」

総合得点
70.3
感想・評価
730
棚に入れた
4421
ランキング
1437
★★★★☆ 3.7 (730)
物語
3.8
作画
3.7
声優
3.8
音楽
3.6
キャラ
3.9

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

紅-kurenai-の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

りゅぅぞぅ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

原作は見ていない 第6話は数々のアニメが見た僕が言える 謎のミュージカル回(゚Д゚;)

 ジャンル 謎のアニメ


 ストーリー

 囚われの身的なちびっ子:むらさきを連れ出して

逃走した師:ベニカ

 師がむらさきを託したのは弟子のシンクロウ

そんな弟子:シンクロウ と ムラサキちゃんのお話し



 物語

 ちびっこ と 高校生の 日常生活なんだけど

後半から ちびっこをとりもどせ編

 僕がみなさんに注目してほしいのは

第六話: 謎のミュージカル回

 なんだ・・・ この回はと思ってしまうお話し

ただ、声優にこういうことをやらせてみたかったんじゃと

思わざる思えない



 キャラ

 好きなキャラトップ3はなし


 
 感想

 んー、まぁ普通というアニメ

投稿 : 2018/06/10
閲覧 : 439
サンキュー:

4

ネタバレ

ごがつ さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

自分用備忘録

自分が忘れっぽいため、後でどんなアニメだったか、見てどうだったかを思い出すための簡易的な記録としてレビュー機能を使っています。
なので読まれる際は、レビューにはなっていない事ふまえてお願いします・・・。
「あまりおもしろくない」等の否定的な事も書きますが、人権問題に触れていない限り作品自体を否定非難する事はまずないので、個人的な好き嫌いとして受け取ってください。


彼に教えてもらって見たため、全くの予備知識なし。
思った以上によかった、おもしろいっていうか、よかった。

アクションも好きだしストーリーも好きだし。
ホウジョウの技や、リンがリュウジをどう思っているか等もっと詳しく知りたいところはあるけれど、1クールとは思えない内容の濃さ。

レンジョウ、最初はただのクズだまだリュウジのほうがいさぎよいと思っていたけど最後のはよかった、最後だけよかった。

ベニカさんは最高。バラライカに並ぶほどかっこいい。

ホウジュがひな人形を抱いて死んだ理由が、まだ理解できていない。

とにかくよかった。これからOVAも見る。

あと、これをロリコンだと評すやつとは相容れない。これはロリコンじゃない。
そんな愛じゃない。
紫は尊い。つよい。

投稿 : 2017/10/18
閲覧 : 316
サンキュー:

2

ネタバレ

奈緒@亀っちゃん さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ラノベ原作のバトルアニメ

1クールですがしっかりとした内容で面白かったです。もっと評価されるべきだと思います。バトルが好きな人におすすめ!

投稿 : 2017/03/24
閲覧 : 265
サンキュー:

1

ネタバレ

※アニをた獣医師() さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ムラサキの人生

この作品をみゆきちや悠木碧がやってることに気がついたときは驚いたし、だから見てみようと思った!
暗い雰囲気のアニメかもしれないけど、真九郎と紫がお互いに成長しあっていく姿は今のアニメにはあまりないものだから実に良い♪

ムラサキはシンクロウとであったことで、自分の家の縛りから解放されることができた。そして周りもそれにともない、変わっていくのが、嬉しく感じる。
切ないというか、ちょっとシリアスだけど、引き込まれると思うよ!

Madの開け放つ窓との相性はやばい

投稿 : 2017/02/08
閲覧 : 232
サンキュー:

6

ネタバレ

HG anime さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ロリコンホイホイかと思いきやけっこう深い。

 九鳳院という世界的な名家のしきたりを巡る物語。そのしきたりとは、九鳳院家の者は近親相姦でしか子孫を残さず、九鳳院家の女は生まれたときから死ぬまで奥ノ院という場所に隔離されて子供を産ませるための道具のような扱いを受けることになるというもの。視聴後にwiki見て知ったんだけど、どうやら設定的には九鳳院家の者は遺伝子疾患により近親相姦でしか子を産めないらしい。アニメで述べられていないのか私がみおとしたのか分からないが、この設定はアニメを観てて気づかなかった。現実にこんな病気がありえるのか甚だ疑問だが、この設定の有無はけっこう重要ですね。現実のハプスブルク家みたいに財産の保護を目的に近親相姦で子孫を残していたわけじゃないってことだと分かる。でも近親相姦はやっぱり医学的によくないんだよなぁ・・・。紫ちゃんの子孫のあごがカール5世ばりにしゃくれだしたら私泣きますよ ಠ_ಠ
 7歳の九鳳院紫がほんと可愛い。7歳なのにかなり賢いですね。でもとても純粋で、日常のありふれた出来事に対して、思わず微笑んでしまうようなツッコミや感想をする。外の世界に連れ出したのは恋愛をさせるためだと紅香はいってたが、しっかり恋愛もしちゃってる。真九郎とのキスシーンよかった。恋愛以外も大切なことを外の世界でいっぱい学んだ彼女が最後に決めた生き方かっこいいね。
 
 
 作画はけっこういい。けっこうアクションシーンも多いが、かなりよくできてる。日常のシーンもいいし、そもそも人物の作画が私好み。

 
 そして声優が優秀だと思った。真九郎のCV沢城みゆきさん、紫のCV悠木碧さんが特に良かった。私は声優には疎いしあまり普段レビューでも言及しないけど、声優さんがこの作品の完成度にかなり貢献してると思うので少し書いておこうかな。2人ともけっこういろんな作品に出てますね。沢城みゆきさんは化物語の神原駿河やローゼンメイデンの真紅もやってて印象に強く残ってる。悠木碧さんもキノの旅のサクラやまどマギのまどかをやってたっけなぁ。CCさくらの主題歌プラチナもカバーされてて歌も上手くて好き。
 まぁ今後もあまりレビューで声優さんには言及しないと思うけど、最近やっと声で分かるような耳馴染みの声優さんができてきた。上手い人はうまいね。



 OVAについては観てない。全12話。第6話は正直いらない回だと思うが、全体的によくできてる。限りなく秀作にちかい良作ってかんじ。ふつうにおすすめできる作品だとおもう。ロリコンは絶対に観るべき(小声)

投稿 : 2016/08/02
閲覧 : 293
サンキュー:

7

ネタバレ

ちょっとななめ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 2.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

最後が。。。

ラスト前話まで、とても面白い作品だった。

ただ、ラストの女児の選択とセリフが全く腑に落ちない。
確かに下界?に出て沢山の事を学び吸収したにせよ、テレビからの情報や限られた人間の中にいて、たった数カ月間でセリフ程の事が学べるとは到底思えない。
元々考えていた事とも思えず。。。
話数が足らなかったのかな。

それにしても、フィクションとは言え、なかなか胃のムカつきを覚える悪習だ。

投稿 : 2015/06/25
閲覧 : 339
サンキュー:

0

ネタバレ

眠夢 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルなし

しんくろうはロリコンだね絶対大人の人抱き付いても動じなかったし。

投稿 : 2015/06/06
閲覧 : 264
サンキュー:

0

ネタバレ

いぐぽん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 5.0 作画 : 2.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

恋がしたい。

絵はあんま好きじゃないけど、めっちゃいい話だった。

このアニメのメインヒロイン『九鳳院紫』。
世界屈指の大財閥、九鳳院家は近親相姦でしか子孫を残すことしかできない。
その事実を世間から隠すため奥ノ院た呼ばれる隔離された施設で後継者を産むためだけに紫は産まれてきた。
↑これわかった時涙出そうになった。
それで紅真九郎という高校生が助けてくれるといういい話。

これは最後まで観たほうがいいね♪
最初は意味わかんなくて断念しそうになるけど笑

投稿 : 2015/01/01
閲覧 : 247
サンキュー:

1

ネタバレ

星空☆彡 さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

感動します

ちょっとえぐい感じかな!?

投稿 : 2014/09/27
閲覧 : 218
サンキュー:

1

ネタバレ

sanary さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 2.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

・・・・

主人公の煮え切らなさに比例して
段々と見てる側のこっちが沸点に達しそう

そして、いわずもがな
第6話、突如として巻き起こる展開。

大学とは、男を獲り合う場発言。

7話にて発覚する、たまきの強さ
精神面では無く、暴力面にて

私は、ちょっとここらで
おいとまさせていただきます。

投稿 : 2014/07/21
閲覧 : 239
サンキュー:

2

ネタバレ

kokot さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

自分視点いい声勢ぞろい

黒田祟矢さん目当てで見続けましたが、小説からは大きくかけ離れた展開でこれはこれで気に入っています。

また、五月雨荘での天真爛漫な動く紫を見れるだけでも原作ファンの方には一見にしかず、おすすめしたいです。

そして、なによりキャストが豪華すぎる∩ω・*//
今作はプレスコでの収録とのことだったが、違和感なく作品に引き込まれる演技の数々を楽しめます。
特にミュージカル回は必見です☆

投稿 : 2014/03/27
閲覧 : 206
サンキュー:

3

ネタバレ

ワラシ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

アニメいいんですが、原作も見てほしい

原作も読んだことあるんですが、個人的には原作のほうが好きなんですが、アニメはアニメで悪くないと思いました。
とにかく紫がとてもかわいいですw
あと、普通の日常の話もとても面白かったです♪

投稿 : 2014/01/10
閲覧 : 188
サンキュー:

5

ネタバレ

So0905 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 5.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

紅の感想

ここ数年でもっと評価されるべき作品だと感じた作品です。
最初はアニメから入りましたが、それから原作(小説)、漫画と
片山憲太郎の魅力にどんどん惹かれていきました。現在は作者の都合により続編が休刊している状況ですが、早く続編が見たいと強く思っています。

投稿 : 2013/11/24
閲覧 : 181
サンキュー:

2

ネタバレ

空野 落 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

紫のキャラの良さがいい意味で目立つ 荒削りの部分はあるが面白い良作

前半は日常会話がメインで後半はバトルものになるライトノベルが原作の作品。ただ、原作とキャラデザが違ったり、設定が違ったりで少し改変されている部分がある。

主人公の真九郎はハーレム要素がある鈍感キャラだが、焦点が紫にあてられるために不快感はない。
メインヒロインの紫は7歳らしくかわいさが目立ち、視聴者へのインパクトは強い。
この作品の8割は紫によって成り立っており、あとはサブキャラでしかない。それほど紫のキャラの存在感は強い。

バトルは主人公は強いけどプロには勝てないという強さでそこがバトルを面白くさせている。ただ、少々描写不足な部分があり、終盤はあまりすっきりしない。

ただ、前半の真九郎と紫とのやり取りを聞き感情移入してバトルに入るので主人公の行動には同感できる部分がある。なのでご都合主義というわけでもなく、ほどほどの結末だと個人的には思う。



紅真九郎
主人公。一般人以上でプロ並みの戦闘力を持つが敵がチートレベルだと負けるぐらいの強さ。紫の護衛をしてから心境の変化があり、成長するキャラ。夕乃や銀子に好意を寄せられているが、気づかない鈍感。

九鳳院紫
メインヒロインにして今作品のすべて。7歳らしさがあり、一つ一つのしぐさがかわいく、癒される。九鳳院家の宿命を背負っており、重い。

崩月夕乃
ヒロインその1。真九郎の師であり強い。好戦的な美人の先輩。嫉妬もあったりとヤンデレ要素がある。

村上銀子
ヒロインその2。真九郎の幼馴染で情報屋。ツンデレ要素があり、夕乃との関係は最悪。

柔沢紅香
大人のお姉さん。真九郎のあこがれのような人。強さは普通であるが一般人としては最強クラス

闇絵 武藤環
真九郎が住んでいる五月雨荘の住人達。いい意味で紫と真九郎に影響を与えた人。日常シーンでは必須なキャラ達



総括
キャラ寄りの作品であるが、そこそこの戦闘シーンもあり面白い。前半の日常シーンでキャラを掘り下げ、感情移入させる手法はいいと思う。
キャラの良さをうまく伝えた作品である。

投稿 : 2013/10/20
閲覧 : 185
サンキュー:

6

ネタバレ

teji さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

微妙ですね

これは かなり 微妙でした 沢城みゆき 成分だけで 見たような 気がします

投稿 : 2013/10/09
閲覧 : 187
サンキュー:

0

ネタバレ

wjk_anima さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

この世は不条理との戦い!生きる自由とは,自らの手で勝ち獲るものである…。

高校生の紅真九郎(くれない しんくろう)の元へ、計画的な家出による…大財閥の御令嬢である、九鳳院 紫(くほういん むらさき)が、居候に転がり込む部分から物語が始まる…。




余り気乗りしない状態で視始めはしましたが、話しが進むに連れ、どんどん面白くなって来ました…。【全12話】+ 《 後日談の OVA 2話 画変更有 2010'発表作品 》



各々の立ち位置からくる心理描写と、紫ちゃんが何てったって可愛らしいんですって、とっても。
『 まるで,ローゼンメイデンのドール張りの愛くるしさ 超・Cute なのさ~ 』 byハナワw

親御さん的な見識によるもの。(萌え豚 的要素では全く御座いません故、悪しからず!)


やっぱり、声優さんの力って偉大ですねぇ…。物語の味わい深さを幾らでも上昇させてくれるエッセンスだと、改めて関心致します!




そんなこんなで、お暇がある時にでも、是非,視聴なされる事をお薦め致します!





〔 人物像 〕

◆紅 真九郎(くれない しんくろう)
適当な性格。♂
星領学園の1年生。高校生活の傍ら揉め事処理屋を営む。
悲惨な生い立ちゆえに、平凡な生活を求めている。
五月雨荘に住み、隣人とも適当に付き合っている。


◆九鳳院 紫(くほういん むらさき)

幼女。♀
大財閥九鳳院家の娘。お家の定めにより外界を知らない。
快活でわがままに見えるが、運命が故の素直さと反発か。
いや、やっぱりただのわがままか?



◆その他多数…。




《 物語 あらすじ 》

五月雨荘に住む駆け出しの揉め事処理屋・紅真九郎の元へ、恩人であり尊敬する大先輩・柔沢紅香が1人の少女を連れて来た。世界屈指の大財閥の御令嬢、九鳳院紫の護衛を依頼したいと言う。世間知らずだが好奇心旺盛な紫との共同生活に慣れた頃、彼女を狙う人物が2人を襲う。依頼の裏に隠された彼女の真相を知ったとき、真九郎が選んだ行動は……。






小説は未読です。

ストーリーや登場人物は、アニメの為にかなり変えている模様で、小説を読まれた方がアニメを視た後に、かなり変わっており、残念であるとの見解も多々お見受けします。

但し、アニメが入り口の方にとっては比較的,高評価と思われる!





『紅』(くれない)とは、

片山憲太郎による日本のライトノベル。イラストは山本ヤマトが担当している。集英社スーパーダッシュ文庫刊。同作者の『電波的な彼女』と社会背景や登場人物がクロスオーバーした、アナザーストーリーに位置付けられている。2009年3月時点において、シリーズ累計100万部を突破している。


《 沿革 》

原作は2005年12月20日から刊行が開始されている。

また、原作イラストを担当する山本ヤマトにより漫画化された。漫画版『紅 kure-nai』は2007年8月に『赤マルジャンプ』にて予告編が掲載されたのち、2007年11月に創刊された『ジャンプスクエア』創刊号より連載されている[2]。話数カウントは「第○話」。漫画版のストーリーは2巻と3巻は小説版と同じだが、1巻及び4巻以降においては、基本的な設定は原作の小説と同じであるものの、『ギロチン』編のストーリーが大幅に変更されているなどオリジナル的な要素が強い。

2007年12月21日に集英社ドラマCDが発売され、2008年4月から同年6月までテレビアニメが放送された!【 全12話 】(担当声優はドラマCDとテレビアニメほぼ同一)。



2008年5月23日に公式ファンブック、2008年7月16日にDVD第1巻が発売。またテレビアニメと関連して、2008年3月から同年6月までネットラジオ『紅ラジオ「おとなの時間」』が放送され、2008年12月20日にTVアニメーション版ドラマCDが発売された。

2008年12月5日から集英社ヴォイスコミックステーション「VOMIC」で漫画版を基にした作品が配信されている。

漫画版『紅 kure-nai』をベースにした『紅 kure-nai』第5巻アニメDVD付き予約限定版が2010年7月2日に発売され、第6巻アニメDVD付き予約限定版が2010年12月3日に発売された。

投稿 : 2013/09/21
閲覧 : 273
サンキュー:

14

ネタバレ

天使(・×・) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

現実に存在して欲しくない旧家のしきたり

良かった点
・作画に味があってよかった
・くらいシーンの描写に絶望感があってよかった
・声優のキャスティングがまあまあ
・主人公・紅真九郎がかっこよかった
・1話見て話の流れがつかめてかなり分かり易い内容だった

悪かった点
・明るい描写は明るくして欲しかった

ラノベ原作
作画が凄くアンティークな感じで物語の雰囲気にあっていた
おもに九鳳院での話で九鳳院の息女であるヒロインの紫を主人公の真九郎が助け、自由にするという物語
個人的には真九郎の過去の話も見たかったけど最終的にハッピーエンドだったので良かったです

投稿 : 2013/07/02
閲覧 : 210
サンキュー:

2

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

色々、突っ込みたくなった

全12話。
真九朗君は大財閥のご令嬢・紫ちゃん(7歳)をボディガードすることに。かくまう場所はボロアパートの一室。アパートの住人たちとも交流しつつ、次第に心通わせていく。でも、紫ちゃんには衝撃の真実が。それぞれが出す答えとは。

5話目くらいまでは笑える場面も結構あったり、微笑ましくも見れたし。強さとは、幸せとはなど訴えかける内容も伝わるし話として悪くはないけど、だいぶ色々、突っ込みたくなった。戦闘シーンにも矛盾が多すぎだし。

投稿 : 2013/05/21
閲覧 : 196
ネタバレ

イヌニン さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

雰囲気がすばらしい

音楽とそれに合わせずに喋り続けるキャラクター達が見ていてとても楽しいです!

投稿 : 2013/02/18
閲覧 : 211
サンキュー:

0

ネタバレ

タツキング さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

面白い!

評価:81点

一番好きなキャラ:紅 真九郎

一番好きな話:第6話 「貴方の頭上に光が輝くでしょう」

投稿 : 2013/01/08
閲覧 : 218
サンキュー:

0

ネタバレ

南のエデン さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

7歳でもレディと読んで欲しいw

九鳳院紫ちゃんはご存知の7歳の女の子なののだけど、特別な教育のために、子供とは呼べない精神年齢なのです。


嫌なしきたりの九鳳院の家から、逃げ出したい思いを抱きつつ過ごしてきて、やっとベニカさんの手で外に出られたのです。


九鳳院家は家族相姦を秘密裏で行い、女性が生まれた場合は一生奥の院ですごし、兄弟の子を身ごもる道具とだけの存在価値しか与えられない家なのです。


そんなところ普通ならだれだって逃げたくなるのだけれど、生まれてからの常識が一般とは異なるため、自分の置かれている立場をしらないまま、道具として一生を終える宿命。


そんな、悪魔のような家から来た紫ちゃんが住むのが紅くんの家、ボロアパート五月雨荘なのですw


何もかも初めての体験に最初は怖いもの知らずの勢いで、生活をするのだけど、裕福じゃないけど本当の笑顔がそこにはありました^^


五月雨荘の住人もみな、良い人ばかりで、いきなり来た、紫ちゃんを暖かく包んでくれました。


そんな楽しい日常も、九鳳院家に知られてしまいます。


いつも、「僕が守る」と言っている紅くんの真の強さに期待して、私は彼が紫ちゃんを守ってあげるだろうと思ったのだけど・・・・。


最悪な9話でした。九鳳院家の刷り込みはすごく、次期当主候補(紫の兄)竜士が来るや、紫ちゃんの目から光が消えちゃった::のです。


紅くんもう少し、ここは活躍してくれないとダメ出されちゃうよほんとに><。


おかげで、紫ちゃん言いなりになって紅くんを守るハメに::もう7歳に気を使わせてどうする?って言いたいくなったよー::


まあここで終わらないのが、男の子wなんとか紫ちゃんを奪いかえそうとするのだけど。


紫ちゃん家に戻り父親に初めて自分の気持ちを打ち明けて、
さらに大人になった気がしました。


この家に留まり家と戦う決心をしたのです。わたしは逃げたほうが幸せになれるのにな~っておもった。


紫ちゃんは九鳳院家で自分で恋をして伴侶を選びたいと言ってましたね。


気持ちわかるけどさ、私はあんな野獣のような目で妹を見る兄の近くで暮らすのは反対だw

今のところ父親しか守る人いないのに、父親に何かあったら絶対に竜士が襲いにいくでしょ::って心配。

2期もあれば見たいとおもいます。

投稿 : 2013/01/04
閲覧 : 249
サンキュー:

16

ネタバレ

みかみ(みみかき) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

なるほど。

・ツカミが弱いのがとても残念。一話目が説明的すぎて入り込めない。一話目の内容は回想かなんかにして、二話目か三話目の内容からいきなり、話をしてしまったほうがいいだろ、これ。

・紫というキャラクターの設定は、かろうじて成功している。特に第三話、 崩月夕乃と、紫が学校で言い合いをするシーンは素晴らしい。
 このシーンは、アニメでこういう演出を見るということ自体がきわめてレアだという気がした。これが、けみかけくんの言ってた、「プレスコ」という手法の効果とでもいうべきポイントなのだろうか。
 普通、誰かがしゃべっているときにそれを遮ってしゃべりまくるようなシーンというのは(現実でも)レアだが、こういう演出を意図的にやろうとしたときに、こういうことをするのに、相性のいい表現手法なんだろうか。

・みなさん、ミュージカル回の第6話の評価が高い人がとても多いのだが、個人的にはそれほどまでにはピンとこず。…たぶん、素朴にわたしは激音痴な人の歌とか聞くのが苦手なのかもしれない。なんか、観ていてこっぱずかしい気分になる演出だった。まあ、わたしを「こっぱずかしい気分」という特殊な感覚にさせることに成功しているという時点で、異様な何かのシーンである、のは間違いない。

・ラストの紫の決断は七歳児にしては立派すぎてワロタw

・筋に突っ込みどころはいろいろ多いけど、突っ込みどころ多すぎるので、もう見なかったことにしてスルーしたい。
 なんで、敵さんは、五月雨荘に本格突入して、紫を取り戻すまえに、斥候の奴が襲い掛かってくるのか?意味不明すぎる…。バレないように見張ってた意味がなさすぎるだろ…
 ……とか、まあ…スルー力がわたしには足りないかもしれない…。

・トータルにおすすめかどうか、と問われると…うーん、ビミョーだわ。第三話だけで良かったかな。人にすすめるなら「二話と三話。あとせいぜい六話だけ見とけばおk」とか言っちゃうかもしれません。

投稿 : 2012/11/29
閲覧 : 262
サンキュー:

11

ネタバレ

joker777 さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

最高の作品!!

文句なしの最高傑作です(自分のなかで)

強いて言うと、戦闘シーンが

投稿 : 2012/09/23
閲覧 : 208
サンキュー:

1

ネタバレ

あれちん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

なかなかおもしろい!

紫が大人になったバージョンが見たいw

投稿 : 2012/09/22
閲覧 : 205
サンキュー:

0

ネタバレ

じーぱんたろう さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

がかあぃいです。

会話で魅せるアニメでしたが
紫はすごい精神年齢高いなと思ったね
ちょいちょいあるアクションシーンもよかった
ウルヴァリンっぽいのがいた

作品の雰囲気は好きだ。
紫好きだ。
紫kurenai?

投稿 : 2012/09/15
閲覧 : 186
サンキュー:

1

ネタバレ

maruo さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ヒロインは九鳳院紫7歳 A

音楽担当の村松健(ピアノ)さん目当てで視聴しました。
ご本人はピアノ曲しか作れないと言っていたようですが、期待に違わず良い曲を作ってくださったと思っています。

また、このアニメでプレスコ収録のことを始めて知りました。(プレスコ:音声を先に録り、後で絵を充てること)
絵のないところで演技するわけですから、演劇のリハーサルのような感じなのでしょうか。
実際に仕上がったものを見てみて、声優さんが生き生きと躍動しているような演技でした。


この物語の主人公は紅真九郎(くれないしんくろう)。
高校生である傍ら揉め事処理屋を営んでいます。

ヒロインは九鳳院紫(くほういんむらさき)、7歳。
大財閥九鳳院家の娘。家の定めにより外界のことを知りません。
いわゆる世間知らずです。

ある日紅真九郎は、同じ揉め事処理屋として憧れの存在である柔沢紅香から、謎の少女・九鳳院紫の護衛を依頼されます。
紅香に認められたい思いと、少女の悲しげな表情に打たれ、悩みつつも引き受けます・・・。

このヒロインが7歳というところが、よくロリコンアニメなどと揶揄される所以です。
紫は、当初世間知らずが故のわがままとも取れる言動が少しずつ変化していったり、時には、環と闇絵にろくでもないことを吹き込まれたりするのが、見ていて楽しく思えました。
物語上、7歳の子供であることが必要だったというだけで、別の過度の萌え要素があったりする訳ではありません。
それでもロリコンと言われるのであれば別に構いませんが、やはり物語の中心はヒロインである紫であることは間違いありません。

そんな紫に対して、物語りの終盤では、真九郎は命を賭してでも助けに行きます。
それに対する紫は、ただ助けられることを良しとせず、困難を極める道を選びます。
なぜそこまでの覚悟ができるのか、紫の選んだ道とは、この作品を見て答えを見つけてみてはいかがでしょうか。


全体的な話の展開はシリアスながらも、時折コミカルな演出があり、1クール12話と短いことから、飽きずに楽しめる作品だと思います。

投稿 : 2012/08/02
閲覧 : 273
サンキュー:

8

ネタバレ

雨のっち さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ぼのぼの・・・かと思ったら!?

最初はぼのぼのだったんですが、最後らへんはバトルです!

この作品はココロが和みました^^

投稿 : 2012/07/22
閲覧 : 186
サンキュー:

1

ネタバレ

サクマ式ドロップス さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイトルなし

そんなことより真九郎の布団は臭い
病院24時間でやってた
男の恋は別名保存 女の恋は上書き保存

投稿 : 2012/07/22
閲覧 : 196
サンキュー:

0

ネタバレ

たまちゃん さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルなし

OPなんか面白い!キャラが踊ってて
キャラデザ結構好きだった!幼女の描き方とか良い!

紫ちゃん可愛い!夕乃の妹ちーちゃん?も可愛い!
一緒に遊んだ時、紫に人形とかゲーム壊されて可哀想だったw
「それは味方だよ!殺しちゃだめー」
「凶悪な顔をしておるではないか!」
「あーそれはフライパンしか持てないんだよー」
「大丈夫だ!」みたいな会話ワロタ
ちーちゃん泣いちゃったけど、いい子!
ゲームごめんね、今度新しいの持ってくるから!
うん!また来てね!^^
殺されそうになっていた真九郎を救った恩人であり仕事をもらっている!?紫を守ってほしいと言われ紫と真九郎は一緒に生活するようになる

真九郎は強くなるためと体に武器を取り込んで暴走しそうになるときもあるけど抑えて人は殺さないと決めている

闇絵さんが好みすぎる!綺麗だし気品があってかっこいい!
闇絵さん元子供合唱団っって自信満々に主役確定だな!とか言ってたけど歌ったとき下手すぎてワロタ
子供合唱団じゃないの!?って問いただしたら
向かいのじゅんちゃんがな!って言っててワロタ
五月雨荘の人もみんな下手で、夕乃にお願いしたけど夕乃も下手でワロタ
外に居た弥生歌上手くて
闇絵さんにお願いする「教えてください」良いっ!
僕とデュエットしましょうって歌い始めてみんながゾロゾロ出てくるところワロタ
敵が来たわよ~♪
弥生の歌のうまさみんなが下手すぎて際立ってたw


九鳳院には抗えない運命の紫
九鳳院はおかしいマジキチな家柄だと思った
兄妹で子供を作るとか!?
ずっと閉じ込められて外の事は全く知れない子供を産むだけの存在で、子供もまともに育てることはできない
外の世界を知ってほしい恋をしてほしい私と同じ運命をしてはいけない!?と言って紫の母は紅香に紫の事を思って外へ連れ出してほしいと頼む
紅香は、紫を連れ真九郎に守ってほしいと頼む
紫と真九郎五月雨荘のみんな楽しく生活をしていたが
場所がバレてしまいここから逃げようとしていたが真九郎がお別れをしたいと
これがいけなかった
紫を連れ戻しに来た奴達がめちゃくちゃ強くてボコボコ
紫は殺されそうな真九郎を見て帰ってしまう
紫7才で過酷な運命を受け入れてしまうんだよね
九鳳院の娘ですから!
紫の事を思って戦ってくれた人とかも居たし
自分の意思を持っていて、主張して7才とは思えないほどしっかりした子だった
真九郎、紅香、弥生、五月雨荘のみんなが居て良かった
紫の父変わって良かった 紫と一緒に戦うって
最後のシーンは泣きそうになった
蓮丈が紫膝の上に乗せて抱いて話してる所とか

投稿 : 2012/07/15
閲覧 : 272
サンキュー:

5

ネタバレ

がる男 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ロリアニメジャンルを再び観賞した

とりあえず紫が可愛い、これにつきました。魅力的なキャラが多かったです

投稿 : 2012/06/23
閲覧 : 214
サンキュー:

0

次の30件を表示

紅-kurenai-のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
紅-kurenai-のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

紅-kurenai-のストーリー・あらすじ

世の中は、嘘や矛盾でいっぱいだ。思春期の頃、誰も一度は通るこの言葉を今こそ見直したい。「紅」の魅力の一部はそんなところに秘められている。少年は高校生で揉め事処理屋。暗い生い立ち故に、愛想笑いで身を守り、普通に憧れている。が同時に、そんな自身と葛藤している。信じて埋め込んだ強さの象徴・・・それは本当の力なのか。少女は特異な大財閥の娘。運命を呪うことも、外の世界も知らない少女の瞳は実に真っ直ぐでそれを知らない。素直さ故に表出する彼女なりの正義・・・それは運命への反抗なのか。そして、少年と少女は出会った。(TVアニメ動画『紅-kurenai-』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2008年春アニメ
公式サイト
www.samidareso.com/
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%85_%28%E5%B0%8F%E8%AA%AC%29

このアニメの類似作品

この頃(2008年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ