「色づく世界の明日から(TVアニメ動画)」

総合得点
80.4
感想・評価
689
棚に入れた
2774
ランキング
293
★★★★☆ 3.8 (689)
物語
3.6
作画
4.1
声優
3.7
音楽
3.9
キャラ
3.6
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む
ネタバレ

vWSHY97287

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

面白かった

青春ファンタジーものでしたが、凄く楽しめました。もうちょっと評価されてもいいなと思いました。

投稿 : 2019/09/15
閲覧 : 18
サンキュー:

3

ASKA

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

P.A.WORKSの本気

見終わりました。
魔法の存在するファンタジーな現代を舞台にした作品で、
自分の祖母「琥珀」によって2078年から60年前の2018年に主人公の月白瞳美が魔法で飛ばされてくるところから始まる。
作画は綺麗で、背景も魔法を使う時の演出も綺麗。
P.A.WORKSの得意とする神作画が炸裂していた。
また長崎の街をモデルにしており、聖地アニメでもある。
内容は青春学園モノといった感じで爽やかな恋愛模様も描かれる。
あまりドロドロした展開にはならずに見終わったあとの爽快感もあり楽しめた。少年少女の群像劇といった側面も強い。

投稿 : 2019/09/04
閲覧 : 61
サンキュー:

25

knightgiri

★★★★☆ 3.7
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ただただヒロインが可愛い!

なんとなく、「学園物」というジャンルであるのはわかっていたのですが先入観なしで見ました。とある過去の出来事がきっかけで「色が見えなくなった」少女(ではないですね女子高生ですね)、と絵が描けなくなってしまった少年(高校生)の心の触れ合いを通じた成長+恋愛ストーリーです。

作画が水彩画なタッチでとても綺麗なのが印象的でした。ヒロインの「色のない世界」という設定は斬新でしたが、実際にそれを視覚的に視聴者に理解させるときになんかもうちょっと斬新な手法があればもっとインパクトのある作品になったかもしれません。例えば初回と最終回以外は全部「白黒」とか。

制作のP.A.WORKSは、「花咲くいろは」「SHIROBAKO」「サクラクエスト」と名作を世に出していたようなので前評判は高かった本作のようですが、前述の作品は観ていない私の印象ですがちょっと「スカ」だったのでは? (逆に前述の作品は観てみたくなりました。)

監督の篠原俊哉氏、経歴をみると「監督歴」はあまり無いようです。でもwikiで見る限りは「絵コンテ」での制作参加が多く、脚本から映像化への職人的な手腕が買われて今回抜擢なったんでしょうか。次回に是非期待したいですね。

EDの曲も良かったですし、登場人物もいい。まあ、なんで冒頭に祖母にあんな事される必要があったのかちょっと首を傾げたくなりますが、終わりまで無理なく気持ちよく観れる暖かい作品だと思います。

P.S. ヒロインの月白瞳美、彼女だけでも見る価値ありです! 笑

投稿 : 2019/09/01
閲覧 : 67
サンキュー:

10

ネタバレ

kooodain

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

普段途中の状態でレビューを書かない私が書くほどの作品

とにかく素晴らしい作品になっています。
おそらくオリジナル作品だと思われます。
キャラの絵もきれいですし、背景なども素晴らしい。
ヴァイオレット何たらには及ばないですがそれに近い素晴らしく綺麗な絵です。
そして設定も面白くて素晴らしい。
日常学園ものではありますがそこにちょっとした魔法というスパイスが加わります。
ただ魔法は中心点ではなく心象表現が最重要になっている作品に思えます。

今期で私が一番楽しみにしている作品です。
何もかもが素晴らしく思える。何で面白いのか。とにかく面白い。
早く次週来ないかな。

評価は暫定の感覚的なものです。
通しで観て評価はし直します。

■通してみて更にかなり経ってから再度見直した感想

やはり素晴らしい作品でした。突出した物は無いが何が凄いのか。
それは私が常々思っているバランスです。
この作品は様々な点においてバランスが非常に取れていて素晴らしいです。

突出したBGMの良さがあるわけではなくただいい曲もある。
変に媚びたBGM演出が多用されること無く要所要所のみで演出されている。
物語の展開も遅すぎないが心理描写をしっかりとしている。
青春文学的な感じでキャラクターもそれに見合ったバランスが成されている。
ヴァイオレットと比較すると見劣りするがそれでも素晴らしく綺麗な絵。

最終話辺りは少しご都合っぽくも感じますがまぁフィクション世界ですので。
個人的にはプラネテスに通じる良さの感覚があったように思います。

あとOPは個人的に大好きな曲となりヘビロテ今でもしていますww
2週目を見た直後の今また堂々と言えます!素晴らしい芸術作品でした。

▼物語の評価
多少最後ら辺がご都合っぽいと感じる人もいるかも知れない点はマイナス。
ただ個人的には全くそうは思わなかった。
まぁフィクション世界ですし、魔法なんて無いですし。
心理描写をしっかりとされていてまるで青春文学を映像で見ているようでした。
▼作画の評価
とっても綺麗でした。
最初から最後までクオリティが変わることはなく綺麗なままでした。
ただ綺麗なあまり本当にたまに顔の輪郭の形等のミス?が目立つ形で見えました。
記憶する限り1,2回程度ですので問題ないですが。
作画って白黒でも手は抜けないんですかね??
そこら辺は詳しくないですが白黒描写も綺麗に成されていました。
あとOP映像が素晴らしかったです。
▼声優の評価
自然とスーッと自分の中にキャラクターが入ってくる感じでした。
声優の存在を忘れさせられる感覚です。
配役と演技が共に素晴らしかった証拠だと思います。
▼音楽の評価
OPが神曲です!!!!
個人的にですが他の方はどう思っていたんでしょうかね??
あとOPは曲だけじゃなく映像も素晴らしかったです!!
BGMは突出した素晴らしいものは無いですが良い感じの曲が多かったように思います。
演出も媚びすぎず良かったです。
▼キャラの評価
テンプレラノベとは一味違う。
日常学生青春アニメとも一味違う。
青春文学に出てくる様な何となく……何でしょうねww
まぁとにかくキャラの配置?も良かったと思います。

↓少しネタバレの感想↓
{netabare}個人的には未来に帰った後のおじいちゃんと出会ってほしかったですwwあの丘の上で。
ですがまぁこの終わり方も綺麗で良かったのかなと今では思えます。
オンエア当初は少し不満でした。
ですが出だしでお婆ちゃん→帰ってきてお婆ちゃんとの語り合い
この終わり方も今では綺麗だなぁと思えました。
もう少し語らってもいいと思いましたがww
そういう点ではやはり最後の〆はほんの少しだけ物足りなさは感じているかもしれませんね。{/netabare}

投稿 : 2019/08/20
閲覧 : 210
サンキュー:

15

moto1115

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

とても良い!

一気見しました。
とても良かったです。
少ししたらまた見たくなると思います。

投稿 : 2019/08/12
閲覧 : 59
サンキュー:

6

ネタバレ

にゃん^^

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

色が分からなくなった少女が、過去の世界で色を取りもどすおはなし?。。@1話目

公式のINTRODUCTION
{netabare}
少女はむかし、自分に魔法をかけた。“わたしは幸せに なってはいけない”

物語の始まりは数十年後。
日常の中に小さな魔法が残るちょっと不思議な世界。
主人公の月白瞳美は17歳。魔法使い一族の末裔。
幼い頃に色覚を失い、感情の乏しい子になった。
そんな瞳美の将来を憂えた大魔法使いの祖母・月白琥珀は魔法で瞳美を2018年へ送り出す。
突然、見知らぬ場所に現れ戸惑う瞳美の視界に鮮烈な色彩が飛び込んでくる……。
{/netabare}



ごめんなさい。。感想が入らなくなっちゃったから
1~6話の感想はにゃんの感想置き場↓に行ってマス。。
https://www.anikore.jp/review/1877382/


#07 ヴィーナスの重荷
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
唯翔とぎくしゃくしてしまい気分が晴れない瞳美だが、学校は夏休みに突入。魔法写真美術部一同は、毎年恒例のキャンプ合宿に向け準備が始まる。
一方、来年に受験を控える胡桃は、模試で思ったような結果が出せず、悶々とした日々。パティシエとして働く姉・苺花から「好きなことをやりなよ」とアドバイスを受けるが、かえって悩んでしまい……。
{/netabare}
感想
{netabare}
瞳美はまた色が見えなくなって
そのこと琥珀に話したら星占いをしてくれて
「今を楽しく受け入れましょう。。
そうすれば色づく世界があなたを待っています。」って

「テキトーでしょ?」ってゆう瞳美に
「これはぜったい当たる」って琥珀がゆうのは
「だって明日から夏休みがはじまるから」だってw


それで1学期さいごの日
胡桃は模試の成績が悪かった。。ってなげいてたけど
国立大学目指してるみたい。。


それから魔法写真美術部で
夏の伝統行事のキャンプ合宿ミーティングをして

あさぎが部に1番長いからって次期部長に指名されて
キャンプの責任者もすることになって
あさぎを応援しようって「手伝う」って言いだした瞳美が
副部長ってゆうことにされちゃったの^^


瞳美は専用のⅰPadを借りて魔写美部のチャットに参加してたんだけど
キャンプ場とかの写真の色が気になって

「おかしいよね。。少し前までは色がないのが普通で
空が何色かなんて気にしたこともなかったのに
今はどんなふうに見えているのか知りたい。。」って

それで「みんなに相談してみたら」ってゆう琥珀に瞳美が
「今さら?。。もっと早く話しておけばよかった。。」って言ったら
「うつむいてるだけじゃ何も変わらないよ。。
大事なのはこれからだから!」ってはげましてくれたの^^


それから公園で勉強してる胡桃のところに
千草クンがコーヒー届けに来てくれて、いつものからみ^^

そこにお姉さんが胡桃をむかえに来て、車で帰りながら姉妹の会話。。
休みの日までケーキを買ってきて研究。。
お姉さんは国立大学に進学したけどやめて
留学までしてパティシエになる夢をかなえたみたい^^

いそがしいけど楽しそうな顔してるお姉さんを写真にとったら
「胡桃も好きなことをやりなよ。。応援するから」」って言われたけど
逆に悩んじゃったみたい。。


キャンプがはじまって
あさぎはちょっとはりきってるみたい^^

千草クンは胡桃と2人でバーベキューの用意してたんだけど
胡桃にこの前見かけたお姉さんのことを聞いたら自慢のお姉さんみたいで
作ったケーキの写真とか見せながら

「ホントすごいよ。。昔からなんでもできて
今の時期にはもう将来も考えてて、夢、ちゃんと叶えて。。あこがれちゃう」
って言ってきたから千草クンが

「モデルになってくれないかな?」
って言ったら「いそがしいからダメ」って言われて
「じゃあ、胡桃っちでいいか。。なんとなく似てるし」
みたいなこと言ったら胡桃が

「似てないよ、全然。。お姉ちゃんと違って私はなんもないから。」って。。


バーベキューを食べながら千草クンは今晩のスケジュールで
長崎港から出る豪華客船を撮る予定だって話して

その写真にいっしょに入ってくれる女子を募集したらみんなに断られて
千草クンはいつもみたく話を胡桃にフったら
胡桃はきつい感じで断って話をそらしたから
瞳美は何かあったのかな?ってあとで胡桃に話しかけてみたの


そしたら胡桃は
将クン唯翔クンはやりたいこと見つけたみたいなのに
自分はまだ見つけてないからあせってるみたい?
勉強に身が入らないのもそのせいかも?って。。

その話は2人だけのナイショってゆうことにしたんだけど
近くにいた千草クンには聞こえてたみたい^^


日が暮れてきて
琥珀は思い出を閉じこめる魔法の星砂を作ってて
瞳美が近くに行ったら1つくれたの^^

瞳美がそれを見ながら
(私もいろんな魔法が使えたら、もっと胡桃先輩の力になれたのかな?)
って考えてたら唯人クンが「何してんの?」って話しかけてきて

「あのさ。。これ。。やっと見せられるものできたかな、って」
って言いながらタブレットの絵を見せてくれたの^^

それは大小いろんなガラス玉の中に
いろんなものとか景色がうつってるデザインで
オレンジ、黄色、緑、青、紫、赤の順でナナメにならんでて
広げた右手がそれをつかもうってしてるみたいな絵。。

それで「月白のおかげだ。。魔法が効いた、ありがとう」って
それに瞳美も
「その絵。。私に、色を教えようとしてくださったんですね?
ありがとうございます!」って答えたの^^


暗くなってきて、胡桃が1人でいるの見つけて
瞳美は「星占いしませんか?」って話しかけてやってみせて
「今を楽しく受け入れれば、色づく世界があなたを待ってます。。」
って琥珀のマネして言ってみたら胡桃が「テキトーでしょ?」ってw

でも、瞳美のそんな気もちが伝わって
「うん、元気出た!」って言ってくれたの^^


それから豪華客船を撮る橋に向かうとちゅうで千草クンも

「ねぇ、胡桃先輩。自分の写真見たことある?」
って話しかけて、今まで撮った胡桃の写真を見せて
「ほら、どれもいい表情してるでしょ?
。。何もなくてもいいんじゃない?こんだけいい顔できるんだから」って^^


それで橋に近づいたみんなは船が時間より早く出てくのに気がついて
「もう間に合わない。。」とか言いだしたんだけど千草クンは
「いや、走ればいけますって!」って強気w

「はぁー?荷物あるし。。」ってゆう胡桃に
「そんなもん置いてけーっ!」って走り出したの^^

琥珀も「行くよ瞳美!」って言ったら瞳美もノって「はい!」って
2人で荷物を置いて走り出したの^^


走りながら千草クンは胡桃に
「好きの度合いなんてみんな違うし、他にもっと好きなものできるかもしれないし。
そんなの、今すぐ決めつけなくてもいいじゃん。焦んなくても、大丈夫っすよ!先輩なら!」

それに胡桃は「盗み聞きなんてサイテー。。
でも、私も撮るよ!千草よりいい写真撮る!今は、写真が一番だから!」って


それでも間に合わなくって千草クンと胡桃がケンカをはじめて
みんなもグダグダ言ってたら
その様子を見てた瞳美が急に笑いだして
「ごめんなさい、なんだかグダグダすぎてww」って

みんなで「ここの夜景もきれいだ」って言って見てたら
瞳美が「あの。。」っておそるおそるみんなに声をかけたの
「その夜景、今、皆さんにはどんなふうに見えてるんですか?私。。
私。。皆さんに話したいことがあるんです」って、それでオシマイ



今回は「今を楽しく受け入れれば、色づく世界が待っている」
ってゆうおはなしかな?

瞳美が積極的に胡桃をはげまそうってしたり
みんなの前でわらったり、って明るくなって
最後はみんなに色が分からないことを打ち明けようって
したところで終わったみたい(たぶんだけど)^^

恋愛のおはなしってゆうか青春群像劇ってゆうのかな?
瞳美を中心にしてみんなのことを描いてるみたい。。


琥珀がくれた思い出をつめた星砂は
瞳美が未来の世界に帰って
おばあちゃんの琥珀といっしょに見るのかな?


あと、ちょっと気になったんだけど、背景は実写っぽいのに
スマホのお菓子の写真とか、キャンプのときの小物とか食べ物が
サンリオキャラみたいなツルっとしたフラットなデザインで
学校の水道とか筆みたいなのと違くてちょっと合わない感じがした。。
{/netabare}
{/netabare}
#08 ほころびのカケラ
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
夏ももうすぐ終わりという、ある日の帰り道。瞳美が以前色を見たという場所に連れ出した琥珀。魔法で人を幸せにすることを強く願う彼女は、瞳美の世界から色が失われた原因を突き止めるべく奮闘する。
唯翔からも協力を取り付けて、3人で「色が見えた日」の状況を再現することに。
{/netabare}
感想
{netabare}
アバンは琥珀のモノローグ

初めて魔法を使ったときのことは、忘れられない
こんなに素敵なものを自分が使えるってことが嬉しくて
世界中に叫びたいくらいの、ありがとうって気持ち
あの日から、たった1つのことを願い続けてきた
私は魔法で、みんなを幸せにしたい!

今回のおはなしってそうゆうおはなしだったのかな?


それから琥珀が何かヒントになるかも?って
先回、瞳美が色を見えるようになったときのこと再現しようってして

見えるようになった場所に行ってみたり
唯翔クンにも協力してもらって2人を近づけさせたり
唯翔クンが描いた絵に似た絵本をみせたりしたの

琥珀は「色がなくなったのは
瞳美が無意識のうちに自分に魔法をかけたせいじゃないかって思ってて
ときどき色が見えるのは、魔法がほころび始めてるせいかも?」って

けっきょくヒントは見つからなかったけど
瞳美は小さいころ1冊だけ色のある絵本を見たことを思い出したり
とちゅうで唯翔クンが何気に瞳美のこと呼びすてにしたりしたの^^


その夜、琥珀は
「未来のあたしが、魔法で瞳美をこっちの時間に送ったんだもん
瞳美が戻りたくなったときは、あたしが責任を持って帰してあげたい」って
時間魔法の練習して枯れた花を元に戻すことはできるようになったみたい^^


それから次の撮影会は瞳美の提案で「日常風景」を撮ることになって
いつもの通学路とか街を撮りに来たの。。

「こうして写真に撮りながら、焼きつけておきたいの
みんなのことも、ずっと忘れないように。。」って瞳美が言ってたけど
そうゆう写真がいっぱい撮れたみたい^^

そんな中で琥珀は瞳美に「60年後に帰りたい?」って聞いたの。。
それはみんなも気にしてる。。とくに将クンと唯翔クンは。。


学校に帰って写真の加工を将クンが瞳美に教えてて
瞳美の写真が変わった、明るくなった、ってゆう話になって
瞳美も自分が少しずつ変わってることに気がついてるみたい^^

将クンは瞳美が未来に帰ること、聞きたいけど聞けなかった。。


それからあさぎのカメラがこわれて、将クンに見てもらったりしたけどダメで
琥珀が「ちょっと試してみていい?」って時間魔法で直したの^^

でも、帰ったら時間魔法でもどしたバラが枯れてて
「これじゃあ、瞳美を未来に帰すことなんて。。」
ってがっかりする琥珀におばあちゃんが

「未来のあなたは、どうして瞳美が帰る方法を手紙に書かなかったと思う?
今の琥珀なら自分たちで解決できるってわかってて
あえて書かなかったんじゃないかしら、きっと大丈夫よ」って

それで琥珀があさぎを呼び出して聞いてみたら
やっぱりカメラもまたこわれたって。。


次の日、魔写美部で瞳美の撮った写真をみんながほめてくれて
「もう、りっぱな写真部員だな」って言ってくれたの♪

それで琥珀と2人っきりになったとき瞳美が
「みんなといっしょなら、いつかモノクロじゃない写真も撮れるかな?」って
琥珀に言われてから、未来に帰りたいのかどうかずっと考えてたけど
「ここにいたいな。。☆彡」って思ってるんだって


それでさいごも琥珀のモノローグ

私は、魔法でみんなを幸せにしたい
でも、魔法で人を幸せにするのは本当にむずかしい。。

それで今回のおはなしはオシマイ



琥珀の実験で、唯翔クンと瞳美をくっつけようってするところ
ラブコメってておもしろかった^^

でも、唯翔クンに傘を渡されたくらいでテレる瞳美って
やっぱり唯翔クンのことイシキしてるよね^^


小さいころ瞳美が読んだ絵本って、たぶん唯翔クンの絵本だと思うけど
唯翔クンって将来、絵本作家になるのかな?
それとも、唯翔おじいさんが
孫の瞳美のために描いた絵本だったりするのかな?


あと、今回は「ほころびのカケラ」ってゆうサブタイトルで
瞳美が無意識に自分にかけた魔法がほころびかけてるのかも?
ってゆうタイトル回収だったけど
それがホントだったらどうして自分に魔法かけたか?気になるよね。。

やっぱり大切だった唯翔おじいさんがいなくなって。。
ってゆうのが1番ありそうだったけど
琥珀と唯翔クンが将来結婚するってありそうじゃないから
かわいがってくれた近所のおじさんだった。。とかかも?w


それから「ほころび」ってゆうので
魔法っていつかとけるものなのかも?って思った。。

「となりの吸血鬼さん」も「しずまない太陽はない」って言ってたけど
星が出る魔法でも、森の香りがする魔法でも
どんなにキレイでも、ずっと消えなかったらウザいって思う^^
いつか自然に消えてくのが魔法なんじゃないかな?って

琥珀おばあちゃんの時間魔法って
たしか、60年かけて集めた星砂を使ってかけたんじゃなかったっけ?

だったら瞳美を帰す魔法があったとしても
できるまで60年かかることになっちゃうし
琥珀おばあちゃんって、自分の魔法がしばらくしたら消えるって知ってて
瞳美を60年前に送ったんじゃないのかな?って
{/netabare}
{/netabare}
#09 さまよう言葉
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
写真の腕を上げるため、部長の将にアドバイスを求めた瞳美。ふたりは次の休日、一緒に撮影に出かける約束を交わす。そうしてやってきた約束の日。カメラを手にし、各地に足を運ぶ瞳美と将。充実した一日を過ごしたふたりだが、その帰り際、緊張しながらも将が瞳美を呼び止める。
{/netabare}
感想
{netabare}
今回は、魔法も、色盲も、タイムトリップも関係ない四角ラブのおはなしで
風景がすっごくきれいだな、って。。



将クンが写真の個人授業で瞳美と2人っきりで出かけて
さいごにコクって、瞳美は逃げて悩んで。。

でも、琥珀とあさぎに相談して

「瞳美がその人のことどう思ってるのか
どうして気持ちに応えられないのか
それは、瞳美が自分で考えて答えなきゃ」

「ダメですよ考えなきゃ。。その人が、かわいそうだから。。」

って言われてちゃんと断らなくっちゃ、って将クンに会って

はじめはとまどったけど
今まで誰かに必要とされてるって思ったことなくて
好きって言ってもらえてうれしかったこと

まだうまく言えないけど、たくさん考えたこと

大事なことから目をそらしてばかりで
傷つけたくないって言いわけして、自分のことばかり考えて
将クンの気持ちをちゃんと考えなかったこと

まだ気もちがはっきりしないけど、気になる人がいること。。
をちゃんと伝えることができたの^^


それであさぎを見つけてそのこと報告しようって思ったのかな?
話しかけようってしたら、あさぎのほうから
「私ね!好きだったんです、将くんのこと」
って言って逃げてっちゃったの。。


さいごは公園に着いたあさぎが、1人で
「ごめんね。。」ってつぶやいたところでオシマイ。。



将クンの告白のタイミングってちょっと早すぎみたいな気がした。。

たぶん、そんな気はぜんぜんなかったって思うけど
何かしてもらってからたのみ事されたら
にゃんだったら、好きじゃなくってもことわりにくくなるって思う。。

こんどは自分から「この前は楽しかったから、またいっしょに行ってほしい」
とかってたのんだら、瞳美にも
「将クンって私といっしょにいると楽しいんだな」って分かるし

気もちの貸し借りもなくなるから
コクるのはそのあとのほうが、瞳美にはよかったかも?って


それから将クンは
瞳美の個人授業に行く前に唯翔クンに報告してったけど
唯翔クンは動こうってしなかった。。

フラれたときも唯翔クンにそのこと話してから
全校に聞こえるくらいの大声でさけんで
唯翔クンから「ホント。。すごいなお前」って言われてた。。

唯翔クンは、将クンがちゃんとコクって、ちゃんとフラれたから
「すごいな」って言ったんだよね。。

唯翔クンは、自分は好きでも瞳美にコクったりできないから
「すごい」って思ったのかもだけど
ホントはまだ、瞳美のことが気になってるけど
その気もちが「好き」かどうかなんて考えないようにしてるだけなのかな?


今回、この世界に来たときは、1番はっきりしない子だった瞳美が
相手のことをちゃんと考えて
気もちをはっきり伝えられるようになったけど
まだ、あさぎと唯翔クンはできないでウジウジ圏内にいるみたい。。

あさぎが「ごめんね」って言ったのって
瞳美が悪いわけじゃないのに、瞳美から逃げちゃったからだと思うけど
あさぎは自分が悪いの分かってるんだから、瞳美は何にもできなさそう。。
ってゆうか今、瞳美がなにか言ったらもっとこじれちゃうかも?


あさぎはかわいそうだったけど
まだ自分の思いを伝えてないんだから、フラれてないよね。。
これからチャンスはあるって思う☆彡

もうちょっと自信が持てるようになったら
コクってみたらいいのかも?


それから、こんなときに何考えてるかよく分からない唯翔クンって
ホントになに考えてるんだろう。。?
来週は唯翔クン回になるのかな?


あと、琥珀おばあちゃんってきっと
こうなることが分かってて、瞳美を60年前に送ったんだよね?
なにが見えてたのかな?
{/netabare}
{/netabare}
#10 モノクロのクレヨン
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
瞳美に自分の本心を語ったあさぎ。互いの本当の気持ちを知ったふたりの間に、気まずい空気が流れる。あさぎともう一度仲直りしたい瞳美は、勇気を振り絞り彼女に声をかけ……。一方、魔法写真美術部では文化祭に向けて、準備が進行中。琥珀は魔法部として「絵の中に入る魔法」を文化祭で披露することを思い立つ。絵に入った一同は様々なものを目にするが、唯翔にはある出会いがあり……。
{/netabare}
感想
{netabare}
はじめはあさぎと仲直り。。

気まずい空気はただの空気で、あさぎは瞳美をさけてたみたいだったけど
瞳美のほうから追いかけて、思いきって空気を読まずに話しかけたら
あさぎも「追いかけてきてくれてうれしかった☆」って
パフェを食べながらホンネを話したら、すぐ仲直りできてよかった☆

2人で食べてたパフェがおいしそうだった♪
2人とも泣きながらだったから、ちょっとしょっぱかったかも?^^

それだけだったけど
気もちが通じたみたいでちょっとなみだが出そうだった。。

それから魔写美部女子だけでカラオケも楽しそうだった^^


それで、今回のメインのおはなしで
琥珀が「魔法部は絵の中にお客さんを招待するイベントをやろうと思う」
って言いだして、唯翔クンに絵を描いてもらって
みんなでためしに入ってみることにしたんだ^^


学校帰りに琥珀が
「このアイデアはこの前、瞳美から聞いた
唯翔クンの絵に入った話から思いついた」って言ってきて
「絵の中なら、瞳美も、みんなとおんなじ景色が見れる」って

それで「ドキドキする!」ってゆう瞳美に
「なら成功させなきゃね!文化祭、絶対盛り上がるから!」って言って
「その魔法、私にも使えるかな?って聞く瞳美に
「何言ってるの?瞳美がメインでやるのよ」ってw

そんなの無理!ってゆう瞳美に「。。難しいけど、きっと瞳美は
これ系の魔法が得意なんだと思う。。いっしょにがんばろ^^」って


それで魔法の練習がはじまったんだけど
瞳美の魔法は星砂を作ってたせいか、いつの間にかずっとうまくなってて
物を写真の中に入れれるだけじゃなく
ちゃんと3分で自動でもどってこれるようにできるようになったの。。

「魔法がとければ戻ってこれるけど
狙ったときに戻ってこれなきゃイベントにならないからね」
って琥珀が言ってたから
やっぱり魔法って、いつかかってにとけるんじゃないのかな?


それで、瞳美の魔法がカンペキになって
みんなで唯翔クンのファンタジーワールドの絵の中に入ったの。。

みんながそれぞれ、自分の好きなところに下りてったあと
瞳美と唯翔クンは2人でキラキラしたファンタジーの世界をまわったの^^


でも、金の魚が出てきて、2人で追いかけてたら
いつの間にか暗いところに入っていって
気がついたら唯翔クンは1人だけになってたんだ。。

そしたら大きな扉があらわれて、その横には石でできた瞳美の像。。

唯翔クンがその重たい扉を開けると、小さいころの瞳美がお絵かきしてて
その絵にはお姫さまと王女さまみたいな人が描いてあって
子どもの瞳美は2人の間に黒い川を描いてて
「川。。会えないの」って言ったの。。

唯翔クンはその川を渡るために、船とか鳥とか虹とか描いてあげたんだけど
「いらない、ダメ」って言われて
紙をもらっていっしょに書きはじめたら
いつの間にか絵から抜け出して、元にもどってたんだ。。

それでみんな大喜びしてたんだけど
瞳美はよく分からないなみだを流してて
唯翔クンが「俺、瞳美に会ったよ。。小さなころの、ひとりぼっちの瞳美に」
って話しかけたの。。


それで、学校帰りかな?
夕日の海が見えるところで2人で話してて
瞳美は出て行ったお母さんの話をはじめたの。。


瞳美のお母さんって、月白家ではじめて魔法が使えない人だったんだって。。

そのお母さんは、ある日急に、瞳美を置いて出て行っちゃったんだって。。

理由は分からないけど、それが
魔法が使える自分に浮かれて、お母さんの気もちに気づけなかった罰だ
って瞳美には思えたみたい。。

それを聞いた唯翔クンが「そんなの、小さな子にはムリでしょ」って言ったら
「それでも、やっぱり私のせいなんです。。魔法なんてなければ。。」
って自分を責めだして「自分を責める必要なんかない」
ってゆう唯翔クンと言い合いみたくなったの。。

それで唯翔クンが
「いいよ。瞳美はもっと怒っていい」って言ったら

「私、がんばったんです。。お母さんによろこんでほしくて。。
でも間違ってて。。お母さんもそれがイヤで。。
1人で苦しんで、1人で決めて、1人で出て行って

追いかければいいのに、できなくて
お母さんのバカって言えばよかった。。私のバカ。。」って
今まで心にたまってた思いをぜんぶ、唯翔クンに打ち明けたみたい
さいごに「ありがとうございました。。なんかスッキリしました^^」って


(魔法なんて大キラい。。お母さんをうばったものだと思ったから
ずっとずっとキラいだった
でも、私は何をしにここへ来たんだろう?私が来た意味。。)

唯翔クンと別れて1人で夕日を見ながら
そんなことを考える瞳美の背中が映ってオシマイ。。



今回でやっと、瞳美がどうして魔法がキライになったかわかったみたい。。

今回のおはなし見てたら
前季にやってた「はねバド!」思い出しちゃった。。

お母さんがだまって出てくと、子どもはトラウマになっちゃうよね?


瞳美の言ってたことがホントだったら
瞳美のせいじゃなくっても、魔法のせいってゆうのはそうかな?って。。

でも、お母さんが出てった理由が分からないから
ホントはどうかなんて分からないって思うな。。

お母さんのお母さんは琥珀なんだから
魔法が使えなくったって、責めたりなんかしなかったって思うし
琥珀のママだってきっと。。

それなのにどうして、出てかなくっちゃいけないくらい悩んだの?

おばあちゃん琥珀は時間魔法が使えたくらいだから、
瞳美のお母さんを魔法でさがすことくらいかんたんにできたはずだよね?

いろいろ分かってるはずのおばあちゃん琥珀が瞳美を過去に送ったのって
そうゆうのも解決するためだったりするのかな?


お母さんが出てったせいで
瞳美は魔法がキライになって、色が見えなくなったんだったら
お母さんを助けてあげられたら、色がもどるのかな?

だったら瞳美がこの世界に来たのって、もう1度魔法が好きになって
お母さんを助けてあげれるようになるためかも?
{/netabare}
{/netabare}
#11 欠けていく月
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
魔法写真美術部の面々は、文化祭の用意で大忙し。胡桃、将、あさぎら写真部は展示の準備を、唯翔は魔法部が使う「絵」を描き進め、琥珀と瞳美はイベントを成立させる魔法の練習に余念がない。しかしそんな中、暗室に入った瞳美が突然姿を消すというアクシデントが発生。すぐに見つかったものの、琥珀はこの出来事が、瞳美が時の間(あわい)に引き込まれる―その危険な兆しであることに気付く。
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしで、瞳美がとつぜん消える事件があって
琥珀はそれが時間魔法の副作用で
早く瞳美を元の世界にもどさないと、って思ってて
次に瞳美が消えたときにみんなにも打ち明けるの

それで、文化祭の終わる、次の新月に瞳美を帰すために
みんなにも協力してもらって星砂を集めたの。。

だけど瞳美は元の時間に帰りたそうじゃなくって悩んでたんだけど
唯翔クンのへやに明かりがついてるの見て、紙飛行機を飛ばしたの

それで、電気をつけたり消したりして返事をしてくれた唯翔クンに
もう1通の紙飛行機を飛ばしたんだけどうまく飛ばなくって
あとを追いかけて走り出したの。。

そのとき、唯翔クンも瞳美に向って走ってて
その紙飛行機が唯翔クンも頭に当たって落ちて
ひろって読んだ唯翔クンに、走ってきた瞳美が抱きついて
「唯翔くん。。」って

落ちた紙飛行機に書いてあったメッセージも「会いたい」。。
それで唯翔クンが「俺も、会いたかった」って言ってオシマイ。。



さいごはとうとう、って思って、きれいだったけど
唯翔クンと瞳美がいっしょで楽しい思い出を作ったシーンとか
おたがいのこと話したりしたシーンがほとんどなくって
唯翔クンより将クンのこと好きになった方がアリかな?って。。


前は、自分の絵をあんまり人に見せたくないって言ってた唯翔クンが
文化祭用にかいた絵をみんなに見せるようになってて

あさぎもウサギのポストカード販売のことで前向きになって

来たときは引っ込み思案だった瞳美も
自分から唯翔クンに
会いたいってゆう手紙を送ったり、抱きついたりってすごい進歩☆


こうゆうタイミングで元の世界にもどるってゆうことは
琥珀おばあちゃんは知ってたんだよね?

でも、それだったら
瞳美と唯翔クンの仲のことも知ってたんじゃないのかな?

このままだと2人とも、ただの失恋で終わっちゃいそう。。

60年後におじいさんになった唯翔クンと会っても。。ね^^



あと、急に瞳美が消えるのは時間のあわいにに引き込まれるから
ってゆう設定はいらなかったんじゃないのかな?

時間が来れば元の時代にもどるから
ときどき瞳美が消えるのはそのタイムリミットが近いから
ってゆう方が自然だったみたい。。

じゃないと、琥珀おばあちゃんって、そんなあぶない魔法使ってた
ってゆうことになっちゃうから。。

未来の琥珀おばあちゃんは、高校生のとき
瞳美をぶじに送りかえすのに成功してたから
安心して瞳美を60年前に送ったのかもだけど
瞳美が帰ってくるまでは、ほんとに成功したかどうかわからないよね?

でも、今回のはじめの方でも先生たちも心配してたけど
琥珀のテキトーな魔法の使い方が
おばあちゃんになっても治ってないだけなのかな?w

それとも琥珀おばちゃんって、60年後の瞳美を送り出す前に
60年前から帰ってきた瞳美に会ったから
安心して送り出したのかな?

実はあのとき、へやの外には60年前から帰ってきた瞳美がいて
今の瞳美が過去に送られるの待ってたりしてw
{/netabare}
{/netabare}
#12 光る光る この一日が光る
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
瞳美が元の時間に戻る、新月の夜まであと2日。突然訪れた別れの時に向けて、不安と寂しさが入り混じる中、文化祭が幕を開ける。魔法写真美術部による“マジカルアートイリュージョン”が評判を呼ぶ一方で、あさぎは自分の写真を楽しんでくれる人の姿に喜び、唯翔は誰かのために絵を描く楽しさを知る。そして訪れた文化祭2日目。最後の時を惜しむように、一緒に校内を回る瞳美と唯翔だったが…。
{/netabare}
感想
{netabare}
はじめに唯翔クンと瞳美がベンチに座って手をにぎりながら
「瞳がもし、魔法使いでなかったら会えなかったよ」
とかって話してて、すっかり恋人みたい^^

それから文化祭がはじまって
あさぎはウサギのポストカードが売れてよろこんだり
琥珀と瞳美のイベント中心に魔写美部のみんながもいそがしく動いてた^^

夜は次の日帰っちゃう瞳美のために、家族でお別れ会。。

次の日、みんなは唯翔クンと瞳美にいっしょの休み時間をくれるの。。
それでいっしょに文化祭を見て回る部活公認の2人^^

お化け屋敷に入って、手をさしだす唯翔クンに
「大事な人」って伝えたい瞳美と、唯翔クンもおなじ気持ちのはずだけど
もうすぐお別れなのに困らせたくない、とか
気をつかって伝えられない2人。。


後夜祭では琥珀と瞳美が魔法で花火。。
みんなといっしょに見た花火は瞳美にも色がついて見えたの☆


さいごはみんなにも手伝ってもらっての時間魔法。。
瞳美が帰りたくない理由は、まだ唯翔クンに思いを伝えてないせいかな?

唯翔クンを見ながら瞳美が
(心のこりがあるとしたら、いつまでも消えない、恋とゆう花火)
って心の中でつぶやくところでオシマイ。。



今回は日常っぽいおはなしが多かったけど
いつの間にか瞳美と唯翔クンが公認のラブラブモードになってて
ラブストーリーだったのかな?って^^

終わりのほうまで青春日常、ってゆう感じで
瞳美が唯翔クンのこと好きになったのは唯翔クンの絵が
自分に色を見せてくれるから、だけみたいだったのはちょっとザンネンかな?

もうちょっと2人でいる時間とかふやしてもよかったみたい☆彡


でも、今、思いを伝えたら2人はどうなっちゃうんだろう?

瞳美が60年後の唯翔クンに会ったりしたら
ただのロリコンおじいさんと少女の恋みたいになっちゃってシラケそうだし
唯翔クンは瞳美が未来に帰ったあと、未来の瞳美に色を見せるために
一生けんめい絵を描き残して、死んじゃってたりするのかな?

それもちがうみたいな気がするけど。。

あと、瞳美のお母さんもすくわれてほしいな☆彡


最終回が楽しみ☆彡
{/netabare}
{/netabare}
#13 色づく世界の明日から
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
いよいよ別れの時がやって来た。後夜祭のあと、近くの公園に集まった瞳美と琥珀、そして写真美術部の一同。部員たちは、未来に旅立つ瞳美に向け、それぞれ胸に抱いた思いを伝える。そして大切な友人たちからの言葉に、瞳美が感謝の気持ちを話そうとしたその時、時間魔法の鍵を握る星砂時計に異変が……。瞳美を助けようとした唯翔とともに、ふたりは忽然と姿を消してしまう。
{/netabare}
感想
{netabare}
3分の1くらいまで、みんなからお別れの言葉で
さいごに唯翔クンの番だったけど、わりとあっさり。。

好きもなくって瞳美からの言葉もみんなに向けてで
にゃんは、きっと何かあるんじゃないかな?
って思ったらきゅうに嵐みたいになって
唯翔クンが瞳美に飛びついたら2人で消えちゃった。。


2人がバラバラについたのは暗い世界で
そこに金色の魚があらわれて、唯翔クンを瞳美のところにつれてったの。。

その間に、唯翔クンは瞳美と自分は似てたことに気がついて
会えたときにはおたがいに「ありがとう」と「好きだ」とかって言いあって
「俺たちはきっと、おたがいの未来に色を取りもどすために出会えた」
って言ってたらハグしたまま時間魔法の会場にもどってたの^^

それで、瞳美は色が見えるようになってたんだ☆


そのあと瞳美はホントに未来に帰ってって、のこされた琥珀は

(瞳美を未来に帰したのは、あたしの時間魔法じゃない。。
そのことはあたしだけがしっている
瞳美の無意識の魔法が解けることが、旅のリミットだったんだ。。

未来のあたしがかけた大きな魔法。。今はまだ届かない
けど、いつか、きっと!)って思ったの。。


花火がなってる未来に帰った瞳美はおばあちゃん琥珀から
「おかえり、瞳美^^どう?楽しかったでしょ?」って聞かれて
「楽しかった。。でも。。」って言っていろいろあったこと話したの。。

悲しかった、不安で怖くなって嫌になった、
夢中になってドキドキしたり
嬉しくなって、切なくなって、怒ったり、泣いたり
胸が締め付けられるほど苦しくなったり
帰りたくなくなるくらい、恋しかったり。。

「でも。。幸せだった」ってゆう瞳美に琥珀おばあちゃんは
「見てきたのね。。瞳をそらさずに」って

それで「ねぇ、私、幸せになっていいんだよね?」ってゆう瞳美に

「もちろん、全部あなたが自分で手に入れたの。。
私はほんの少し手伝っただけ、私の願いは魔法で人を幸せにすること。。
でも、一番親しい人たちを幸せにすることができなかった。。
許してちょうだい。。」

「ううん、私のほうこそ。。
琥珀が、どれだけ私のことを想ってくれてたか
気付かなくてごめんなさい。。私、もう大丈夫よ^^
私、お母さんを探して会いに行きたい!琥珀といっしょに!」


それから家に帰って、琥珀は庭からタイムカプセルを取りだしたの。。

それは、魔法写真美術部のみんなから未来の瞳美に向けてのアルバム^^

それからもうひとつは、瞳美が小さいころ読んでいた絵本で
唯翔クンが描いた、魔写美部のみんなをモデルにした
「なないろのペンギン」ってゆうタイトルの絵本。。
みんなの思い出みたいな。。

そのあと瞳美が、お墓参りに行って泣いてたのは
唯翔クンのお墓だったのかな?。。

学校では、お祭りのとき話しかけてくれた2人にあいさつして
すぐに友だちになれたみたい^^

それから写美部に行って入部して
写美部のポスターに「まほう」ってついててわらっちゃったw

新しい魔写美部のメンバーの顔が
1人、小太りっぽい人がふえた以外は60年前のメンバーとそっくりw

おじいさんの顔がチラっと映ってたけど
もしかしてあの、魔法用具(本?)屋さんかも?^^


さいごは瞳美が1人で景色を見ながら
「あなたがくれた色。。私の明日には、たくさんの色がある」
ってつぶやいたところでオシマイ。。



瞳美が未来に帰ったあと未来の琥珀から
「瞳美、無事に帰りました。お疲れさま。 琥珀より」
って、メッセが今の琥珀にとどいたけど
名まえが「KOHAKU LEVEL 77」ってなってたところがよかった☆

琥珀が言ってたけど
瞳美が未来に帰れたのは、今の琥珀の魔法じゃなくって
瞳美が色を取りもどしたとき、自動で帰れるようにって
未来の琥珀が

歳が77歳ってゆうと「おばあちゃん」ってゆう感じだけど
「LEVEL 77です」ってゆうと何だかカッコいいw


琥珀おばあちゃんってきっと
瞳美が生まれてきたときからずっと、瞳美と昔話がしたかったんだろうな^^

帰ってきた瞳美に
「私にとってもあの日々は宝物
これでやっと、あなたと話ができるわね^^」
って言ったときにそう思った^^


瞳美が帰ってきたのは、出たすぐ後だったけど
着いたのは2018年の4月25日だったから(あさぎのカメラに出てた)
文化祭まで半年くらいの間、過去で暮らして
それだけの間に、瞳美はすごく大人になれたみたいでよかった☆


どうして唯翔クンの絵だけは色がついて見えたのか?とか
魔写美部でいっしょだったみんなは、60年後には死んじゃったの?とか
謎はいくつも残ったけど、いい終わりかただった☆
{/netabare}
{/netabare}


見おわって。。


日常の中に小さな魔法が残るちょっとフシギな世界で
小さいころのトラウマで色が見えなくなった魔法使いの少女が
時間魔法で60年前にタイムトリップして、色を取りもどすおはなし。。


謎はいくつも残ったけど、いい終わりかたでよかった☆

ただ、魔法、色盲、タイムトリップ、青春、友情、恋愛。。
やりたいことがいっぱいありすぎて
どれもあんまりもり上がらなかったみたい。。
でも、後半になっても
あんまり伏線回収いそいでなかったみたいだから何となく分かったけど

たぶん、青春日常がメインで
明るいはずの青春なのに色をなくした2人が、出会って色を取りもどす
ってゆうのがサブストーリーだったみたい^^

ラブストーリーがメインだったらもっとよかったのかな?って☆彡


背景の絵がとってもきれいで
声優さんもキャラに合っててよかった☆

.

投稿 : 2019/08/09
閲覧 : 524
サンキュー:

87

KANO

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

期待が先行した作品

本作は放送開始前から、どうしても期待してしまう作品でした。
作画は綺麗で、題材も良かったんですが、心揺さぶられる事なく放送終了でした。
アニメに関わらず、元の題材が良い物は、名作になりにくいのが実情で残念です
他の方々のレビューにあるように、終始綺麗な作品でした

投稿 : 2019/07/31
閲覧 : 99
サンキュー:

8

ネタバレ

グルメキング

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルなし

タイムトラベルものだと思ったら普通に恋話だった
でも恋話がメインならこの展開が卑怯すぎるかな
絵を描く奴スーパーチートすぎて正直感情が入らなかった
絵はきれいだから最後まで持ちました

投稿 : 2019/07/23
閲覧 : 99
サンキュー:

4

ネタバレ

退会済のユーザー

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

時間魔法の精霊

母が消えたあと全ての色を失い、人目を避けるように生きるヒロインを舞
台に描かれる恋愛ファンタジー。

作名の通り色彩に拘った美しい作画。
そして柔らかくも繊細な世界感はそれだけでも観る価値はあると思います。

最愛の孫である瞳美を想い、60年前の自身の元へと送り届けた琥珀。
琥珀たちと共に学園生活を送ることで徐々に瞳美の気持ちは変わっていく。

「幸せになってはいけない」と自ら無意識に魔法をかけ殻に閉じこもって
しまっていた瞳美。そして自分の色を描き切れなかった唯翔。互いが色を
取り戻すことで時間魔法が発動し無事に瞳美は未来に戻ることが出来た。
琥珀の元へ戻った瞳美は自らが幸せになることを望み、その後再び色を失
うことは無かった....。

笑顔で「さよなら」と言った二人のラストシーンはとても印象的です。

評価が分かれる本作。一部の演出やストーリーに違和感を感じたのも事実
ですが、観終わってみて非常に綺麗に纏まった作品だと感じました。

投稿 : 2019/07/09
閲覧 : 86

お茶

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

もし既視感があったとしても

率直な感想は綺麗でPAらしい作品で観て良かったです。
ただ、本作は青春らしさを感じさせるには少し恰好付けすぎな部分も否めませんが、
これがPAの作風だと構えていたのでそれはそれでアリなんではないかと思います。

本来このような物語はもう少し均等にキャラを描写したり、思いのたけを青春らしく真っ直ぐ伝える作風が好ましいのではないか、とも思いますが、観ている最中はそこまで気になりませんでした。それは本作の登場人物がとても繊細である意味奥ゆかしいというか、まあ陰キャラなわけです。そのようなキャラ設定から生じる陰にこもってしまうかぜも、本作の味なんだと思います。

グラスリップでのSF要素は中途半端に放置されていたので、あまり好印象ではありませんが、今回のそれはしっかりと物語に汲みされていたので、私は概ね満足ですし、魔法などといった要素は物語のアイテムにすぎないPA風といったところで、観る前の視聴情報で本作の受け取り方が大きく変わってくるとすごく思います。それが観た時に良しとなるか、どうかは作品次第になりますが、最近は特にPAだけに限らず、アニメ会社を意識して観るようになっていますが、観る前に情報を入れなくても、ああこの会社か、と分かるくらいに、アニメーション会社の作風が固まってきている気がします。それと同時に似たような作品になってきてしまっている感が、私の中では否めません。

それでも新しい作品は次々と生まれているのは実感しますし、似ているからといって、それを悪いことだとは思いません。0から1を作れる時代ではありませんし、1´や2を創造し視聴者に魅せることも容易いことではないと感じます。アニメ単体の話題から逸れてしまいましたが、本作の色づきの受け取り方は、キャラクターの性格から鑑みれば妥当な行動で、それが求めていたものと少し違っても、他の作画なりの項目で多くの人が完走できたと考えると、色づく世界であったのだと感じます。

投稿 : 2019/07/05
閲覧 : 701
サンキュー:

35

ジパミィナ

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観たい

再視聴中

3話まで視聴。
綺麗なスタート
映画のような作画が何となく、君の名はとジプリを掛け合わせたような雰囲気を感じてます。

今後に期待だったのですが、
まさかの録画時間被りで、4話から後半の15分のみ。
犯人はうちのメイドがウザすぎるw
ということで、ブルーレイ出るまで視聴延期となりました。

再視聴中

投稿 : 2019/06/26
閲覧 : 125
サンキュー:

5

まことん

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 5.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

なんだろう、良い作品だと思うけど最後まで観れない…

とにかく絵がキレイ!
女の子もかわいいし、話もそこそこ面白い。
それなのに、途中でPCの調子が悪くなって録画中断しちゃったというのもあるけど、
ちょっと重い感じでなかなか続きが観れないんです…。
いつかリベンジしたい作品でした。
絵だけでBD購入もありかな~

投稿 : 2019/06/24
閲覧 : 144
サンキュー:

5

ネタバレ

どやむら

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

とにかく綺麗なアニメでした。

刺激が欲しい人にはもの足りないかもしれないけど

心がきれいになるアニメを求めている人に紹介したアニメ

投稿 : 2019/06/23
閲覧 : 82
サンキュー:

5

ネタバレ

ぺー

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

全13話+“60年”の時の重みに思いを馳せてみる

2019.01.02記


P.A.WORKSによるオリジナルアニメ


前評判の良さとキービジュアル。数年前旅行で訪れたお気に入りの街“長崎”が舞台とあって、スルーする理由が見当たりません。
“眼鏡橋”“グラバー園”観光スポットもそうですが、地味に“石橋”行の路面電車や“思案橋”の信号機なんかも懐かしいですね。また行きたいです。
そして1話EDクレジットに島本須美さんの文字が! 断念する理由も無くなりました。


最初から最後までただひたすら美しい作品でした。作画や音楽だけではなくストーリーもです。棘の無いやや起伏に乏しい物語は物足りなさという弱みと裏返しでしたね。

見える風景がモノクロになり、自分の殻に閉じこもっている月白瞳美が主人公。「高校時代のあたしに会って・・・」と説明もそこそこに祖母である月白琥珀の時間魔法で60年前の過去へと飛ばされた後、高校生の琥珀とその友人たちと交流を重ねていくお話になります。
魔法/魔法使いが社会に受け入れられているのはファンタジーで、その魔法も私たちが想像するような仰々しいものではなく、“頭がすっきりする”“そこにない風景が見える”“ちょっと物体が動く”といったもの。祖母琥珀が使った時間魔法は上位魔法で習得難度が高いという設定はあるものの、普段使いの魔法は他愛のない、琥珀に言わせれば、

“日常を彩るサプリみたいなもの”

であり、魔法が全面にでてくるかというのとはちょっと違い、綴られた物語は高校生の青春です。
・なぜ祖母の琥珀(77歳)は孫の瞳美(17歳)を過去に送ったのか?
・なぜ瞳美は色を失ってしまったのか?
謎というほどではないかもしれませんが、{netabare}『瞳美が色を取り戻していく物語』{/netabare}作品のテーマとなります。


繰り返しになりますが、ただひたすら美しいです。

OP「17才」ED「未明の君と薄明の魔法」、2018年秋クールの中でも群を抜いてました。OPED両方とも一話たりとも飛ばさなかった唯一の作品です。
{netabare}最終話で「17才」イントロ流れた瞬間、歌詞の「虹がかかるよ」が頭に浮かび涙腺が・・・ 二番も良い歌詞です。{/netabare}
{netabare}モノクロから始まり、街灯のオレンジ色から街の夜景へと繋がるED画も神秘的でやなぎなぎの曲調もしっくりきます。{/netabare}

高品質な作画も最後まで安定してました。夕暮れ、夜景、太陽の照り返し、光の滲み具合。色使い・彩度の加減は下手な劇場版より綺麗かもしれません。モノクロと豊かな色彩の対比が物語の柱でもあるため、気合が入ってました。
{netabare}序盤第2話:夕暮れ時の校舎の風景作画は引き込まれました。岩崎良美「青春(タッチED)」がよく似合います。※年寄りは付いてきてね。{/netabare}
それと舞台が長崎ということで背景作画のハードル上がってたんじゃないかしら?
少しばかりの平地を除いて丘・山そして海。小高いところに建造物が立っている坂が多い街。風景絵が田舎なら青空+雲、都会なら定規でひけるビル群とかで済みそうなところが、そうはいきません。特に夜景は、空の黒と山間の黒そして海の黒とに区別つけた上で、適度に生活の灯りを散らさなければなりません。路地は曲がりくねった石畳ですし、作画班はほんとにお疲れ様でした。


肝心の物語は薄めです。キャラも心情描写をしっかり見せるわけでなく物足りなさを感じるほど。どちらかというと心象風景を見せる感じ。いかんせんヒロインの瞳美がわかりづらいし反感買いそうなキャラ。作画だけの作品なのね…残念、、、途中までの印象です。
風向きが少し変わったのが{netabare}11話と{/netabare}終盤で、最終13話の出来が良かったので少し考えをあらためました。
{netabare}この物語は、途中経過や最終話の締め方も含めて、いろいろ余計なものを付け加えると野暮になってた気がします。むしろあの程度と抑えめで良かった。{/netabare}


■最終話を観終わって ※以下ネタバレタグは視聴済みの方向け
良く出来た最終回です。そこに至るまでの過程に起伏があればさらに良しとしたことでしょう。ただしちょっと待ってください。これって完走後に、

{netabare}『瞳美が2078年に戻ってからの魔法写真美術部員の60年を想像して補完する』楽しみが残されてますよね。{/netabare}

全13話で完結というより描かれてない空白部分がむしろ重要で、そこの受け取り方で評価が別れるんだろうと思います。

{netabare}60年後、瞳美と魔法写真美術部員との再会がなかったことが空白部分を考えるきっかけでした。物語の舞台が2018年。自分に置き換えても2078年には生きていないでしょうから余計にそう思わせるのかもしれません。
瞳美が去った後、琥珀は、唯翔は、あさぎは、胡桃は、将は、千草はどんな人生を送ったのでしょう?瞳美がやってきたことでどんな変化を彼らにもたらしたのでしょう?

●琥珀:魔法の能力に目覚めた幼少期から「私は魔法でみんなを幸せにしたい」が信条だったのに、一番近しい人たちを救えなかったことは身を引き裂かれる思いだったことは想像に難くありません。娘の失踪と孫が色を失った理由はそれぞれその時に知ったのではないでしょうか?10話で瞳美は唯翔にだけ事情を話してますが、あの唯翔が琥珀に話すとはどうしても思えないのです。
瞳美が帰る時に自分の時間魔法の未熟さを実感して、以降腕を磨こうと研鑽を重ねただろうし、そのために最適な伴侶を選びました。瞳美がいなくなった後になぜ未来の自分が瞳美を遣わしたのかを考え続けた人生なはずです。
孫が帰還し一緒に母を探すと言ってもらえてどれほど嬉しかったことでしょうか。
「幸せになっていいんだよね?」孫から言われた時に70年越しの琥珀の思いが報われた気がしました。

※12話での瞳美「あれ?おじいちゃん?」の控えめリアクションが微笑ましい。
※年齢って英語でLEVELと表記するかは知らんが、「あんたはまだまだよ」的なエールは三つ子の魂百までの茶目っ気を感じる。すなわち“LEVEL17 vs LEVEL77”

●唯翔:瞳美は唯翔から、唯翔は瞳美から大事なものを受け取りました。彼が愛する女性に対してできること。“色を失った理由を直接聞いた(10話)”“魔法の中で幼少期の瞳美に会った(10話)”“幼少期一冊だけ色が見えてた絵本があったと直接聞いた(8話)”
「あの時俺が小さな瞳美に伝えたかったこと 自分を閉じ込めてほしくなかった 諦めないでほしかった」
必ず瞳美に届けたかった執念の絵本だったはずです。唯翔なら爺さんになって再開し思い出話に花を咲かせる気などさらさらなかったでしょう。進路も絵の道には進んだでしょうが、職業替えしたかもしれないし、結婚したかもしれないですが些細なことだと思います。
心を閉ざした“小さな瞳美”に伝えたかったことを伝える役目を果たした時に彼がどんな表情をしてたのかを想像するととても切ないものがあります。

※墓参は瞳美一人でした。琥珀が気を利かせたのだと思います。もしもお世話になった曾祖母ら月白家の墓なら琥珀は一緒に行ったでしょう。

●あさぎ-将くん:占い外れたみたいでなによりです。 “うさぎさんは犬さんのとなりに立って海のにおいをかいでます”

●胡桃-千草:不明。だけどお似合いでした。{/netabare}


{netabare}色を取り戻した瞳美はどんな人生を送るのでしょう?
最終話EDで、同級生二人に自ら声をかけ、その一歩を踏み出した瞳美。この二人、髪の色とかリアクションからしてどこかしらあさぎと胡桃らしき面影がありましたね。きっと孫娘なんでしょう。
彼女らは第1話で、浴衣姿で瞳美に声をかけてた二人でもあります。両シーンとも彼女らは瞳美に親しげです。受け取る瞳美側の心の持ちようが第一話と最終話では違うという対比にもなってます。{/netabare}


{netabare}“葵”“琥珀”“山吹”“あさぎ”“胡桃”“千草”、全て色を表す言葉。六色がもたらすものは、これまで“誰にも愛されてないと感じた夜”を幾重にも重ねてきた少女の心を溶かしました。物語としてはこれで万事めでたしめでたしです。
さらに、瞳美が色を取り戻す前の彼らと過ごした半年の時間でさえ、月“白”と合わせて七色の虹は架かっていたのです。この七人にとっての色褪せることのない大切な時間でした。唯翔が絵本を通して瞳美に残したかった想い。未来でも笑ってられますように、と。{/netabare}

やはり、美しい物語でした。
空白の60年間に想いを馳せると時の重みに切なさや愛おしさを感じる良作です。


しかしよくよく考えると、夏休みの最終日に宿題をあわてて片付けたと言えなくもない。



-----
2019.06.13追記
《配点を修正》


未来のお話って別世界の話として見る向きがあったのですが、本作は現在との繋がりを強く意識させるものでした。2078年には自分は退場しているはずでしょうが、孫かひ孫あたりの世代に自分の想いは伝わっていて、って素敵だと思ったわけです。

加点しときます。

投稿 : 2019/06/13
閲覧 : 435
サンキュー:

77

カネくれたら教える

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

なんか色々惜しい!

色づく世界の明日から見たけど、
いい感じなんだけど雰囲気とか演出とかすごくよかったと思う!でも、なんか冷静に見ると色々むちゃくちゃで
見ている間に何度かハテナが浮かんだ
そして気づいたらのままモヤモヤで終わっちまった
最後はなんかもう勢いと演出で終わらせた感
でも設定も面白くて作画なんて申し分なく、特にキャラはとてもいい感じでもっとなんとかすればとてもいい作品になっていたと思う、本当に惜しい感

投稿 : 2019/06/12
閲覧 : 111
サンキュー:

13

ネタバレ

kawadev

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

私的に1、2を争う名作

PAワークス制作と言う事で見た作品。

テンポ良し!ストーリー良し!純粋なアニメ作品として楽しめる。

他の方の評価がイマイチみたいだが、これは絶対おすすめ。

こんな素晴らしい作品が創れるなんて。PAワークスの作品、やっぱり好きです!

投稿 : 2019/06/10
閲覧 : 79
サンキュー:

7

ホロムギ

★★★★☆ 3.5
物語 : 2.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

悪意が一切なく、ただただ綺麗。

物語も登場人物も背景も魔法も、存在するすべてのものが綺麗で
輝いています。キラキラと眩しい。

だからこそ気になるのが、悪意や汚れがなさすぎる点です。
嫉妬や劣等感があるようにも描かれていますが、落ち込んでいるというよりかはキャラの設定というか、悩んでいるようにはあまり見えません。
「他人から見たらたいしたことのないように思えるけれど、本人から見れば重大問題」とかそういうことではなく、ネチネチしておらず、爽やかなんです。

好きな人や友達に幸せになってほしい。
人のために自分の力を貸すのは当然のこと。

これが最初から最後まで繰り返されます。
悪人はおりませんし、みんなが友達どころか他人までをも大切にしてします。

綺麗な世界。汚れの一切ない澄んだ心。


私には違和感が大きかったです。
これは現実とはかけ離れている物語で、心の揺れ動きはあまり感じられませんでした。声優さんは普通に上手なんですけどね。



何も考えずに青春っぽいアニメが見たいときにはいいと思います。
少しのファンタジーと甘酸っぱい恋愛。青春ですね!!
そこに痛みを伴わないのが少し残念ですが、面白くないわけではありませんので、お時間がある方はどうぞ☆

投稿 : 2019/06/08
閲覧 : 98
サンキュー:

11

GJ

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

綺麗な作品でした…

1月から少しづつ見てたら半年たってた笑 久しぶりにP.A.WORKSらしい作品だった。BGMもストーリーも、勿論作画も全てが綺麗にまとめられていたと思う。長崎行きたくなるね、これ見ると。あと個人的にOPは歴代作品で、トップ5に入れるくらいGOOD‼︎今後もPAさんには期待したくなる作品でした

投稿 : 2019/06/06
閲覧 : 83
サンキュー:

6

プチキセキ

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

惜しい

先に好きな作品だと書いておきます。
魔法、色を失った主人公、過去への移動など、面白い要素は沢山ある。オープニングもエンディングも作画も全体的には美しいし、主題歌も最高にいい!だけど、「薄い」印象がする。というのも、主人公が色を失った理由と母親との確執が何となく説明されてるくらいで感情移入しづらいことと、琥珀以外のキャラクターの個性が乏しく、最終回もイマイチ泣けるまでには至らなかった理由かな。限られた回数の中でそれらを入れこむのは無理なのかな?素材としてはもっと面白くできると思うのだけどな?
雰囲気、音楽、作画トータル的にはいいです。
あと、石原夏織って「夏待ち」や「ガッチャマン」のような元気で活発な役を演じる印象だったので、主人公のような大人しめの役を演じているのには驚きました。正直最初わからなかったです。けれど、あってて良かったですよ

投稿 : 2019/05/29
閲覧 : 110
サンキュー:

6

chinpoko

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

きれいでかけがいのない世界

タイトルに惹かれてなんとなく観ました。
「色づく世界の明日から」
なんかきれいで素敵なタイトルだなあと。

きれいな絵・作画は素晴らしいの一言です。

舞台は長崎がモデルであったりと、
世界観は日常的・現実的に見えるが、
なんと 魔法 が存在するっていうね。

スタートからしれっと日常に 魔法 が
関わってきたりするが、なんか自然でした。

他のゲームやアニメのような魔法とはちょっと違くて
すごく新鮮でした。

心にやさしく少し切なく響きました。
観てよかった。素直にそう思います。
やさしい気持ちになれた作品です。

なんか魔法についてしか書けてないですが、
魔法成分は控えめです;でも大事な要素
この物語の魔法のように

投稿 : 2019/05/28
閲覧 : 77
サンキュー:

7

マーティン

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

恋ってイイね

良かった!
どうかな〜面白いかな〜と1話の時に感じたけど、観てるうちにハマってった。
綺麗な恋のお話ってイイよね。

投稿 : 2019/05/27
閲覧 : 55
サンキュー:

3

ネタバレ

きつねりす

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ここ何年かでも最高クラスの作画力に裏打ちされた作品

タイトルからして作品のキーワードであり、ストーリー全体においても大きな意味を持つ「色」。それを13話の中でどういう描いていくかということで視覚的な期待は見る前から既に高かったのですが、それを大きく上回るクオリティで驚きました。作画崩壊だ手抜きだといった批判が起こるこのご時世、この作画能力を地上波で発揮し続けた制作陣は本当に凄いと思います。実際に行ってみたくなるロケハンの徹底ぶりは現地民をも唸らせる(一緒に見ていた長崎人がしきりに「あ~〇〇だわ~」と浸っていた)ほど。坂、階段、夜景、市内を路面電車が走る風景など、実際に訪れたくなる描写の細かさがまずいいと思いました。

次に徹底的に写実的な世界観。アニメ特有のデフォルメはほぼ全くと言っていいほど排除されており、その分前述した情景の美しさやその空間の空気を醸し出す背景、表情といったところで表現しようという終始一貫したコンセプトが見て取れました。作中夜のシーンや夕方のシーンもかなり多いのですが、そういったところの影の使い方や光の淡い感じなども印象的に、時にリアルすぎるほど鮮明に描かれていました。そういった力の入れ込みようがあるからこそ、「色のない世界」というのが逆に映えてくるんだろうなと思います。

作品の中で重要な「色」に関するところで言うと、やはり主人公・瞳美が出会う高校の仲間たちが触れている「写真」・そして唯翔の描く「絵」という要素は切っても切れないものであると思います。どちらも「色」があるからこそ成り立つものであり、唯翔も物語の中で「色のない世界なんて想像できない」と話しています。その言葉の通り、あって当たり前のものが無い瞳美に対して「白黒だと受け取る側の想像力が掻き立てられる」と優しく寄り添う唯翔、対してフィルム写真にこだわりを持ち白黒の表現を追い求め続ける将。唯一瞳美に「色」を教えてくれる絵を描ける唯翔と、同じモノクロの世界を切り取ることに惹かれた将・・・軍配がどっちに上がったかという野暮は置いといて、二人が瞳美を思うがゆえに取った行動、どちらも素敵だと思います。

人間模様も良かったです。男3、女4という構図になる以上誰かが辛い思いをするとは分かっていながら、生まれた行き違いなどを曖昧な感じで終わらせず、それぞれが一つずつ踏ん切りを作っているところも名作と思えた点でした。瞳美が戻った後の間柄は{netabare} ラストで語られる「絵本」の中で描かれていたキャラクターそのものと解釈して良いはず。皆収まるべき鞘に収まったという感じか・・・そして琥珀もしっかり相手を見つけてる辺りが隅に置けない。{/netabare}一つ言うならあさぎちゃんマジ強いし可愛いし最高。絶対幸せになって欲しいキャラ堂々の一位です。

印象的だった回は {netabare}6話。ハリネズミのジレンマを語ってからの「優しい距離」という詩的な表現、「絆って少し叩いた方が強くなる」という人生哲学等の深い言葉に加え、唯翔の心象風景に触れる→反発→リターンの流れが最高。初めて現実世界が色づいて見えるという現象が起こった回でもあり、考察が深まるとともに見どころの多い回でありました。{/netabare}

最後、{netabare} 「しあわせ」という感情にトリガーがあったこと、そして瞳美の心象風景に唯翔が触れて思いを確かめ合ったこと・・・この結末への運び方は涙出ました。良かった・・・
でも結果的にこれが今生の別れとなってしまうあたり、やはりリアリティを追求した作品だなと思いました。フィクションに走りすぎない。「魔法」という超現実がありながらも、絵に描いたような奇跡は起こらないという60年の歳月の隔たりを感じた部分でもありました。しかし、これから色を取り戻した瞳美が歩む世界は、きっと何色にもなれるという希望を感じさせる満ち足りた世界になるんだろうと予感させるものがありました。

少し強引すぎる周りに振り回されながらも、最後は自分の足で立ち上がり世界を見つめることが出来るようになった主人公。素晴らしい世界の輝きも、何気ない日々のワンシーンもこの目で見ることが出来る、そしてその両方が色づいて「しあわせ」を感じ取ることが出来たなら・・・おそらくもっと人生が楽しくなるんじゃないかと思えました。{/netabare}

傑作、異論なしです。

投稿 : 2019/05/24
閲覧 : 188
サンキュー:

11

Maskwell

★★★☆☆ 2.2
物語 : 1.5 作画 : 3.0 声優 : 2.5 音楽 : 2.5 キャラ : 1.5 状態:観終わった

P.A.WORKS作品って感じのアニメ

作画はよかった。
恋愛ドロドロもいつもどおりだった。

魔法と美術っていう作画を発揮できるフィールド作りはうまいなと素直に関心。
個人的にはキャラとストーリーがそこまで好きではなかったので点数は低くなるが、
何気なく見る分にはそれなりに楽しめる感じに仕上がっていると思う。

投稿 : 2019/05/06
閲覧 : 123
サンキュー:

5

KKK

★★★☆☆ 2.9
物語 : 2.5 作画 : 3.5 声優 : 2.5 音楽 : 2.5 キャラ : 3.5 状態:----

作画崩壊してなかった??ちょっとだけ

1.2.3話は、おぉぉぉってなったけど、それ以降は単調で面白くない。

投稿 : 2019/05/06
閲覧 : 64
サンキュー:

3

E=mc²

★★☆☆☆ 1.8
物語 : 1.0 作画 : 3.5 声優 : 2.5 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

引き込まれない

ここから面白くなることを期待するけど、あと何話か見てずっとこのテンポじゃ迷いなく切る
あと個人的な意見だけど録画勢の自分としてはこの曜日のこの時間帯やめて欲しい

そういえば結局断念しました

投稿 : 2019/05/06
閲覧 : 118
サンキュー:

7

くりネコ

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

綿密に再現された長崎

もし地元ではなかったら、途中で断念していたかもしれない。

投稿 : 2019/05/06
閲覧 : 66
サンキュー:

3

徳寿丸

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

P.Aさんの青春アニメ

オリジナル作品。
自分はP.Aさんの作品は1話で合う合わない判断してるんだけどこちらはいけそうだなと視聴しました。P.Aさんの得意?な数人の男女が過ごす少し甘酸っぱい青春ストーリー。今回は現代の日常の中にちょっとした魔法が普通にある設定で少しスパイスをきかせた感じ。これがないとただの学園青春ドラマになってしまうかな。時を超えて1人の少女を取り巻く恋愛や友情、家族の絆そんないい意味で普通の話を長崎を舞台に描かれてます。


私のツボ:潘母と須本さんかぁ・・・感慨深い

投稿 : 2019/04/28
閲覧 : 112
サンキュー:

11

ネタバレ

taijyu

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

作画も綺麗で、内容もしっとりと綺麗な内容

1話感想
おおー、これはクオリティが素晴らしく高い。
日頃実力の高いP.A.Worksですが、これはその中でも素晴らしい出来になりそうな予感。
絵が美しくヒロインが非常に可愛らしく、美しいです。
作画も良いですが、それ以上に内容も素晴らしい。

これも魔法と科学が組み合わさった内容ですね。面白いです。
一話からぐっと心を掴まれました。大いに期待です。

全話感想
正直期待が高すぎたので、そこは応えてもらえなかったかな。
もう少し感動系になるかと思ったのですが。
二人があくまで友達止まりだったせいで、別れもすんなり受け入れていた所があっさり風味だったかな…。
しかし作画も綺麗で、内容もしっとりと綺麗な内容で、とても良い作品だったのは間違いありません。

投稿 : 2019/04/27
閲覧 : 74
サンキュー:

4

ネタバレ

scandalsho

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

色々な事を想像させてくれるエンディングが光る作品

P.A.WORKS制作のオリジナルアニメ。

魔法使いの家系で色覚異常の少女が、祖母の魔法で、60年前の過去に飛ばされて・・・。

【まずは高評価ポイント】
何はともあれ、『エンディングが良かった』というのが率直な感想。
多くを語るのではなく、視聴者に想像させてくれるエンディングが高評価です。
{netabare}
2078年のKOHAKU LEVEL77から2018年の琥珀に届いたメッセージから始まるエンディング。
{netabare}《重度のネタバレを含みますので、未視聴の方は飛ばして下さい!》
{netabare}瞳美は唯翔のお墓参りに行った。
瞳美が学校で話しかけた2人組は、2018年の魔法写真美術部員の親族。
2078年の写真美術部員の中にも親族がいる。
琥珀おばあちゃんと一緒にお茶している人=おじいちゃん=貸本屋の一柳さん。
(こう考えると、第12話で琥珀から一柳さんを紹介された時の瞳美の表情も絶妙ですよね!){/netabare}
{/netabare}{/netabare}
これが私の予想です。
予想というより、こうであって欲しいという願望に近いかも知れませんけど(笑)。

作画はとても良かったです。
特に背景。
色を題材にした作品ですから、ここがイマイチだと、おかしなことになってしまいますからねぇ・・・。


【問題点を少々甘口で】
まずは、序盤。主人公・瞳美がとても暗いこと。
そして、写真美術部員の個性が薄いこと。
これらのせいで、第4話に琥珀が登場するまでの物語が、あまりにも味気なさ過ぎる。
{netabare}
序盤は、薄暗い灰色のイメージ。
中盤は、徐々に明るくなるイメージ。
終盤は、恋愛要素も加わり、更にカラフルなイメージ。
{/netabare}
例えば、こんな演出だと思えば理解出来なくないけど、それにしても序盤が暗すぎる(笑)。

投稿 : 2019/04/23
閲覧 : 272
サンキュー:

57

ネタバレ

ヘラチオ

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

青春とファンタジー

長崎県立長崎南高等学校や森の魔女カフェが取材協力している。作画が兎に角きれいで長崎市内がより一層美しく感じられる。

幼少期に抱えたトラウマ的なもののせいで色覚を失った月白瞳美という女子高生が魔法によって祖母が高校生だった頃に飛ばされる。勿論、高校生が青春する話。所々、魔法を織り交ぜながら。
{netabare}最終的に瞳美は唯翔との出会いがきっかけで色覚が戻るし、元の世界に戻っても友人に臆することなく話しかけられるようになった。異性との出会いで成長。{/netabare}

青春物としてはありきたりな感じはある(一方通行の恋心に気付いてもらえない等)けど、綺麗な作画は見てほしい。

OP
17才 歌 ハルカトミユキ
ED
未明の君と薄明の魔法 歌 やなぎなぎ
挿入歌
color capsule 歌 やなぎなぎ
やなぎなぎの曲が作品に合っていた。良曲。


以下はアマゾンプライムから引用のあらすじ。
物語の始まりは数十年後。 日常の中に小さな魔法が残るちょっと不思議な世界。 主人公の月白瞳美は17歳。 魔法使い一族の末裔。 幼い頃に色覚を失い、感情の乏しい子になった。 そんな瞳美の将来を憂えた大魔法使いの祖母・月白琥珀は魔法で瞳美を2018年へ送り出す。 突然、見知らぬ場所に現れとまどう瞳美の視界に鮮烈な色彩が飛び込んでくる・・・・・・。

1. キミノイクベキトコロ
幼い頃に色覚を失ってしまった、魔法使い一族の少女・月白瞳美。祭りの夜、彼女は祖母の琥珀から「高校2年生の私に会いに行きなさい」と告げられ、魔法で60年前の過去へと飛ばされる。気づくと彼女は、南ヶ丘高校に通う高校生・葵唯翔の部屋にいた。自分の身に何が起きたかわからず、あわてて部屋から逃げ出す瞳美。しかしその姿が、唯翔の友人である川合胡桃たちに目撃されていて……。

2. 魔法なんて大キライ
唯翔が描いていた絵を見て、一瞬、色の溢れる世界を取り戻した瞳美。海外留学中だという琥珀の実家に、身を寄せることになった彼女は、琥珀の両親に押し切られるようにして、近くの南山手高校に転入することになる。嫌々ながら通い始めた学校で、若い頃の祖母の意外な一面を知ることになる瞳美。さらに彼女は、自分が魔法使いだと証明するために、生徒たちの前で魔法を披露することになる。

3. No Rain, No Rainbow
新入生を対象に、部活に体験入部する「クラブ活動紹介」が始まった。唯翔が描いた絵が忘れられない瞳美は、写真美術部を訪れる。自分に色覚がないことを隠したまま、唯翔に促され、生まれて初めて絵筆を手に取る瞳美。さらに彼女はそのまま、写真撮影会にも参加することに。胡桃に懇願され、撮影のモデルを務めることになる瞳美だったが、そこで思いも寄らぬトラブルが彼女の身に降りかかる。

4. おばあちゃんはヤメテ!
琥珀が留学から帰ってきた。さっそくクラスで見事な魔法を披露し、さらには写真美術部のメンバーともすぐに馴染んでしまう琥珀。自分とは正反対な祖母の姿に、瞳美は圧倒される。一方、写真美術部は次の文化祭で、絵と写真を組み合わせた作品集を発表することに。その最初の活動として、夜景の撮影を行うことになり、瞳美たちは夜の学校へ向かう。だがそこは、普段と少し違った雰囲気で……。

5. ささやかなレシピ
琥珀を新たなメンバーに加えた「魔法写真美術部」の認可が、無事に学校から下り、懇親会を開くことになった一同。そんな中、瞳美は「まほう屋」の留守番を任されたことをきっかけに、改めて魔法に正面から向き合おうと思い始める。試行錯誤しながらも初めて星砂を作った瞳美は、それを唯翔に渡そうとする。

6. 金色のサカナ
瞳美からプレゼントされた星砂を使った際に、唯翔が目にした金色のサカナ。それは、唯翔が小学校の時にはじめて賞をもらった絵に描いてあるものだった。奇妙な一致に、心惹かれる瞳美。そんな中、魔法写真美術部のメンバーは、撮影会でグラバー園に出かけることに。再び現れた金色のサカナに導かれ、瞳美は気付くと絵の中の世界にいた。

7. ヴィーナスの重荷
唯翔とぎくしゃくしてしまい気分が晴れない瞳美だが、学校は夏休みに突入。魔法写真美術部一同は、毎年恒例のキャンプ合宿に向け準備が始まる。一方、来年に受験を控える胡桃は、模試で思ったような結果が出せず、悶々とした日々。パティシエとして働く姉・苺花から「好きなことをやりなよ」とアドバイスを受けるが、かえって悩んでしまい……。

8. ほころびのカケラ
夏ももうすぐ終わりという、ある日の帰り道。瞳美が以前色を見たという場所に連れ出した琥珀。魔法で人を幸せにすることを強く願う彼女は、瞳美の世界から色が失われた原因を突き止めるべく奮闘する。唯翔からも協力を取り付けて、3人で「色が見えた日」の状況を再現することに。

9. さまよう言葉
写真の腕を上げるため、部長の将にアドバイスを求めた瞳美。ふたりは次の休日、一緒に撮影に出かける約束を交わす。そうしてやってきた約束の日。カメラを手にし、各地に足を運ぶ瞳美と将。充実した一日を過ごしたふたりだが、その帰り際、緊張しながらも将が瞳美を呼び止める。

10. モノクロのクレヨン
瞳美に自分の本心を語ったあさぎ。互いの本当の気持ちを知ったふたりの間に、気まずい空気が流れる。あさぎともう一度仲直りしたい瞳美は、勇気を振り絞り彼女に声をかけ……。一方、魔法写真美術部では文化祭に向けて、準備が進行中。琥珀は魔法部として「絵の中に入る魔法」を文化祭で披露することを思い立つ。絵に入った一同は様々なものを目にするが、唯翔にはある出会いがあり……。

11. 欠けていく月
魔法写真美術部の面々は、文化祭の用意で大忙し。胡桃、将、あさぎら写真部は展示の準備を、唯翔は魔法部が使う「絵」を描き進め、琥珀と瞳美はイベントを成立させる魔法の練習に余念がない。しかしそんな中、暗室に入った瞳美が突然姿を消すというアクシデントが発生。すぐに見つかったものの、琥珀はこの出来事が、瞳美が時の間(あわい)に引き込まれる-その危険な兆しであることに気付く。

12. 光る光る この一日が光る
瞳美が元の時間に戻る、新月の夜まであと2日。突然訪れた別れの時に向けて、不安と寂しさが入り混じる中、文化祭が幕を開ける。魔法写真美術部による“マジカルアートイリュージョン”が評判を呼ぶ一方で、あさぎは自分の写真を楽しんでくれる人の姿に喜び、唯翔は誰かのために絵を描く楽しさを知る。そして訪れた文化祭2日目。最後の時を惜しむように、一緒に校内を回る瞳美と唯翔だったが…。

13. 色づく世界の明日から
いよいよ別れの時がやって来た。後夜祭のあと、近くの公園に集まった瞳美と琥珀、そして写真美術部の一同。部員たちは、未来に旅立つ瞳美に向け、それぞれ胸に抱いた思いを伝える。そして大切な友人たちからの言葉に、瞳美が感謝の気持ちを話そうとしたその時、時間魔法の鍵を握る星砂時計に異変が……。瞳美を助けようとした唯翔とともに、ふたりは忽然と姿を消してしまう。

投稿 : 2019/04/23
閲覧 : 40
サンキュー:

12

次の30件を表示

色づく世界の明日からのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
色づく世界の明日からのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

色づく世界の明日からのストーリー・あらすじ

物語の始まりは数⼗後の⻑崎。⽇常の中に⼩さな魔法が残るちょっと不思議な世界。主⼈公の⽉白瞳美は17歳。魔法使い⼀族の末裔。幼い頃に⾊覚を失い、感情の乏しい⼦になった。そんな瞳美の将来を憂えた⼤魔法使いの祖⺟・⽉白琥珀は魔法で瞳美を2018年へ送り出す。突然、⾒知らぬ場所に現れとまどう瞳美の視界に鮮烈な⾊彩が⾶び込んでくる…。(TVアニメ動画『色づく世界の明日から』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2018年秋アニメ
制作会社
ピーエーワークス
公式サイト
www.iroduku.jp/
主題歌
≪OP≫ハルカトミユキ『17才』≪ED≫やなぎなぎ『未明の君と薄明の魔法』

声優・キャラクター

石原夏織、本渡楓、千葉翔也、市ノ瀬加那、東山奈央、前田誠ニ、村瀬歩

スタッフ

キャラクター原案:フライ、監督:篠原俊哉、シリーズ構成:柿原優子、アニメーションキャラクターデザイン・総作画監督:秋山有希、美術監督:鈴木くるみ、美術監修:東潤一、撮影監督:並木智/富田喜允、色彩設計:中野尚美、3D監督:桐谷太刀、特殊効果:村上正博、音響監督:山田陽、音楽:出羽良彰、プロデュース:infinite

このアニメの類似作品

この頃(2018年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ