「軒轅剣・蒼き曜(TVアニメ動画)」

総合得点
62.8
感想・評価
36
棚に入れた
119
ランキング
2992
★★★★☆ 3.3 (36)
物語
3.1
作画
3.2
声優
3.6
音楽
3.3
キャラ
3.2
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む
ネタバレ

ゴノウ

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

OPが秀逸

神OPで期待溢れる出だし
キャストにもお金を掛けてる
松岡を筆頭にくぎゅううとか能登ちゃんとか水樹さんとか上坂とかの売れっ子声優で固めていてもちろん実力のある声優達なので見ていて不愉快さが無い

ただストーリーは中華系お得意の幼馴染同士が帝國と反乱軍に分かれて戦うといったお決まりの展開

古代中国が舞台だと思うのだがカラクリ仕掛けの兵器が出て来てちょっとそこで人を選ぶと思われます

個人的には今の日本で作られてるラノベ原作や小説家になろう原作の中途半端な作品よりは余程良いかと思います

投稿 : 2019/07/06
閲覧 : 81
サンキュー:

5

エデン

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

悪くない

台湾のゲームが原作ということで、あまり期待していなかったがなかなかよかったが、バトルのシーンのクオリティが低いと感じた。
ただ声優だけは異様に豪華だった。

投稿 : 2019/03/17
閲覧 : 86
サンキュー:

0

ネタバレ

U

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

C. ネタバレ注意 - 妹の行動がもやもやする

中国語圏のゲーム
1990年~2010年に11?12?作品ある軒轅剣(けんえんけん)シリーズの
第7作『軒轅劍外傳 蒼之濤』からのオリジナルストーリー

<主要登場人物 Wikipediaより>
苻 殷(フ イン):水樹奈々
14歳。太白軍の略奪によって故郷の村を焼かれ、共に生き残った妹の寧と共に旅芸人をしている。旅の途中で天書と軒轅剣を手に入れ、太白帝国との戦いに身を投じていく。

苻 寧(フ ネイ): 釘宮理恵
殷の妹。13歳。太白軍に両腕を切り落とされた。殷が天書を手に入れてからは、雲から刃が仕込まれた精巧な義手を貰い装着している。当初は民衆を苦しめる太白軍を敵視して反抗軍に参加したが、再会した釗に付いて行く形で離反する。しかし、龐夫人の策略によって太白に幽閉され、澄による拷問を受け続けた結果、心の奥底に秘めていた殷への嫉妬が膨れ上がり、釗を自分のものにすべく殷の命を狙う。

蒲 釗(プ ショウ):松岡禎丞
殷・寧姉妹の幼馴染。17歳。村を焼かれた際に奴隷として捕らえられ太白軍の下で労働を課せられていた。しかし、機関術の才能を澄に取り立てられ機関師となり、軍内で昇進を遂げる。

龍 澄(ロン チョウ): 上坂すみれ
太白帝国の皇帝。12歳。父である先王が死亡したため始皇帝となる。素性を伏せて釗と出会い彼を重用する。2人の時は「兄様」と呼び慕っているが 釗の幼馴染の殷と寧にを嫌悪しており、寧を捕らえた際には自らの手で過酷な拷問にかけた。

雲(ユン):能登麻美子
殷が偶然手に入れた天書から召喚される木甲術仕掛けの少女。より高い戦闘力を持つ獣態の「雲狐」に変形することができる。


小さな村で羊を育てていた殷と寧の姉妹は幼馴染の釗に好意を持っていた
当の釗は姉の殷を好きなのだが殷は妹の気持ちを知っているため複雑
妹の寧は二人の気持ちを知っていながら思いを諦められずにいた
あるお祭りの日、機関獣を使い次々に領土を広げている太白帝国軍に村が襲われる
奴隷として連れていかれた釗から離れなかったため両腕を切られた寧と
釗と殷を引き離すための寧の策略で村から離れていた殷だけが生き残った

3年後、殷と寧は旅芸人として2人で生きていた
殷は訪れた村で導かれるように天書を手に入れる
天書とは異次元への扉のように木甲術仕掛けの雲(ロボット兵)や軒轅剣を出し入れできる巻物
さらに太白帝国に対する反抗軍に出会ったことで殷と寧の運命は変わっていく

一方、太白帝国で奴隷として働かされている釗は
村が焼かれた日から眠ることができないため夜に独学で機関術を学ぶ
ある夜同じく眠れないのか城を散策中の少女と出会い親しくなっていく
実は少女は皇帝で少女の後ろだてのお陰で機関師/軍司となって出世していく

そんな3人が敵として再会するのだが
太白帝国に一緒に来て欲しいと願う釗と太白帝国から離れるよう願う殷
帝国軍が迫る中差し出された釗の手を握ったのは寧だった!

釗の手を取り太白帝国に来た寧は釗の屋敷で召使に守られながら暮らしていたが
皇帝の龍澄に見つかり囚われてしまう
皇帝として格別の待遇を与え、個人的には兄と慕っていた釗の裏切りに
澄の怒りというより嫉妬は執拗で寧に対し時間をかけて精神を病んでいく拷問を科す
精神破綻した寧は釗に対する想いと姉に対する罪悪感・妬みが姉への憎悪と変わっていた
妹を取り戻したい殷と暗殺者となり姉を襲う妹 に加え
皇帝を亡き者にし太白帝国を我が娘のものにしようと企む義母、
波動砲のような武器を奪ってクーデターを企てる軍幹部まで登場
バトルが激しくなっていく 殷は寧と釗を救出することができるのか?

***

人の二面性というか嫌な部分が描かれていると思います
まず、釗
機関獣により村を壊滅され自身も奴隷だったにも関わらず
敵である太白帝国のため機関獣を作り軍司となり人を襲う
奴隷から這い上がるため仕方なくというよりは機関術を楽しんでいるよう
殷に一緒に太白帝国に来るよう説得するときのセリフが
「こんな素敵な生活はない。辛いことは全部奴隷や召し使いたちがやってくれる。」
幼馴染でも引きますよね

皇帝・澄も
釗に見せる顔は12歳の少女そのものなのに
嫉妬に狂った女、自分の思い通りにならず激昂する皇帝は怖かったですね
殷たち反抗軍と釗の身を挺した活躍でクーデターを阻止できたので
太白帝国は侵略をやめ平和路線に変わるのかと思えばそんなことにはならず
釗のことで情けをなくした皇帝は暴君となるのでしょうか?
釗を諦めたのか皇帝権限で見つけ出そうとするのか気になるところです

なにより寧
祭りの日姉の恋路を邪魔した事を後悔してるのかと思いきや
またまた姉に差し出された手を横から奪っていきました
腕を切られてからは身の回りの世話をしてもらい
反抗軍の仲間になることを躊躇する姉をけしかけておいてですよ
そのうえ精神崩壊したとはいえ姉を暗殺しようとするとは恐ろしい子です
今後は「君の手足になる」と言ってくれた釗と生きていくのでしょうか
だとしたら寧の思いが叶ったことになりますね

19.3.9

投稿 : 2019/03/15
閲覧 : 94
サンキュー:

4

だんだだん

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

プロのお仕事(が素晴らしいとは言い切れない)

台湾ゲームのスピンオフ的な作品、なのかな?
海外原作で日本アニメ化ということでどうなったのか、興味はあった。

13話まで見終わって、まぁ、基本的なところは問題ない。
ちゃんとストーリーもあるし、キャラも立っている。
御大の歌う主題歌も悪くない。

しかし、どれもこれも魂が足りないんだよなぁ。
きっちりお仕事しましたよ、というだけで。
イマイチ安っぽい兵器・装具デザイン、精密には程遠い作画、
単調な技だけの味方キャラ。 具体的には他にもあるんだけど、
良作ぞろいの当期アニメの中では低評価されても仕方ない。
惜しいところ。

投稿 : 2019/03/12
閲覧 : 91
サンキュー:

0

どどる

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

まるで劇画って根性にグっとくる

人間ドラマがよい。
中華帝国が世界征服を目指したり、遊牧民連合が首長を推戴して中華帝国に反抗したりとかのお話もありますが、そちらは未完。
人間ドラマとしてみるときっちり決着がついていて、しっかり完結した感覚を味わえます。

三角関係の中の相関図が単純に男女の行ったりきたりではなく、姉妹の情やら入ってくるがとてもよい。
人間関係の決着で生まれる不幸をごまかさないのもいい。
(原作ではさきざきでなにか動きがある課題なんだろうけど、アニメの枠内で納得できる終わり方)
大陸的なストレートな良さというか劇画的というか、日本が洗練の過程で置き忘れてきた良さみたいなものがあったり。
萌え記号とかでなく、個々人の感情を描写しているというか。
グっとくる。


人間ドラマ以外でクオリティが低かったり細かい配慮はおざなりな部分があるので、そこの減点に気を取られてしまう人はたぶんダメ。

投稿 : 2019/03/03
閲覧 : 74
サンキュー:

3

衛狸庵

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 2.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

古臭い

どうもキャラもメカも絵柄が古臭い。
中華風な舞台設定ってそれだけで萎えるな。
メカのデザインも泥臭い。

でも、声優陣が豪華です。
それだけで最後まで見れました。
まぁ、お話はと言うと、中華が絡んでる割には面白かったと思う。
中華と言っても台湾ですしね。
面白かったとわ思うのだけれど、思い返せば良い所取りの場面をつなぎ合わせたような、支離滅裂感はありましたね。
2クールぐらい使えば上手く出来たのでは?
かえって、余計にぐどぐとになったかな……

ラストはそれなりに完結していますが、戦いはまだまだ続くって感じですね。

しかし、反抗軍のダサいこと。
軍と言うより、個人経営のテロリスト。
あちこちで戦ってるみたいですが、軍の組織的な要素は皆無。
話の中でも全然目立っていなかった。
センスの無いのは解っていたけど、黒火の鎧だったかな、なにあのひらひらしたマント……もうね、そのなので空飛ぶなよって感じ。

デススターみたいなラスボス兵器、発射するのはデスラー砲か?
ロン チョウの髪形は凸森にしろよ!
と、色々と突っ込みたくなる所は沢山ありましたが、それなりに楽しめた作品でした。

投稿 : 2019/02/09
閲覧 : 96
サンキュー:

1

ネタバレ

みつぽん

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトルなし

異世界戦争物

まあ正義と悪がヒロインの中でグルグル回って

余計に被害が大きくなるクソパターンですけど

戦争物に殺すのが嫌いとか混ぜちゃダメだよね

そんな馬鹿な思考脇役にでもやらせればいい

目の前で皆殺しされてるのに力があるのに

戦わないとか犯罪ですよ

力が無いなら逃げて逃げて逃げるのみ

戦争ですからね

狂気な部分も多数ありイマイチでしたね

いろいろやって気を引こうと構成したのだろうけど

全部裏目のような気がします

評価55点

投稿 : 2019/01/15
閲覧 : 79
サンキュー:

0

褐色の猪

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

中国語圏で人気のRPG「軒轅剣」シリーズ

その中の「軒轅劍外傳・蒼之濤」からのスピンオフによるオリジナルストーリーとの事。
制作は日本のスタジオ・ディーン

監督:わたなべひろし氏

中国語圏ゲーム原作のストーリーは日本のアニメしか観てない方には違和感ずる部分もあるかもしれません。

ラストも大団円というより序曲結という感じになりましたが、
継続中RPGのスピンオフとの事で独自に締めてしまうわけにもいかないのでしょう。

しかし1クール構成良く仕上げて有り結構面白く観られたんじゃないでしょうか。

今期は止絵紙芝居を使うTVアニメが蔓延、この作品も例に漏れずちょっと残念、しかし機関獣などは中国らしさ感ずるフォルム、構図やCGによる動きもなかなか見所有りました。

投稿 : 2019/01/10
閲覧 : 65
サンキュー:

3

Ka-ZZ(★)

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

旅芸人の「殷」と「寧」、そして少年奴隷「釗」を軸とした「想い」の物語…

この作品の原作は、台湾の大宇資訊股份有限公司(ソフトスター)が開発したゲームだったみたいですね。
しかもこのシリーズはとても長寿で、1990年に第1弾が発売されてから今年で28周年を迎え、本編・外伝合わせて12作品もリリースされているそうです。
この人気を受け、様々なメディアミックスに展開されているとか…
そして、今回テレビ東京と台湾企業の共同制作により遂にアニメ化が実現したんだそうです。

私は原作未プレイの上、メディアミックス展開についてもアニメ完走後にwikiをチラ見して知りました。
作品のジャケットを初見した時、日本発のアニメ作品では無いことはピンときましたが、起用されている声優陣に、奈々様、くぎゅ、上坂さん、能登さんに松岡さんと錚々たる顔ぶれが並んでいるのを知り視聴を決めた作品です。

本作の主人公は、奈々様演じる14歳の苻 殷(フ イン)
殷は、くぎゅ演じる13歳の妹の寧と一緒に旅芸人をしながら生きるための日銭を稼いでいました。
ですが二人は元々旅芸人ではありませんでした。

元々…3年前までは一遊牧民の集落で暮らしていたんです。
その頃、殷と寧の他に松岡さん演じる釗(ショウ)という17歳の男の子と3人は仲の良い幼馴染だったんです。
殷と寧にとって釗は優しいお兄さん…
物心が付き、釗に対する殷と寧の気持ちが恋心だと気付いた頃…
太白帝国によって故郷の村が焼かれ、釗は奴隷として連行されてしまいました。
それだけじゃありません…
村が焼かれた際、妹の寧は太白帝国の軍勢に両腕を切り落とされ失ってしまったのでした。
運良く生き延びた殷と寧の二人は、旅芸人として生きていくことを決め…今に至ります。

そんな二人は、旅の途中で訪れた廃村で不思議な竹筒を見付けました。
殷が竹筒に触れると竹筒は光を放ち、中から木甲術仕掛けの少女型人形の雲(ユン)と、伝説の剣・軒轅剣が現れたのです。
こうして二人は抗う力を手に入れた頃…奴隷として連行された釗は、太白帝国の主力兵器である機関獣を独学で勉強していたところ、彼の才能に太白帝国の皇帝・澄(チョウ)が目を付け、太白帝国の機関師に抜擢されたのです。

村を襲い、自分達から釗を引き離しただけでなく、妹の両腕を切り落とした太白帝国を殷は絶対に許すことができません。
だから妹と一緒に新しく得た力を太白帝国に反旗を翻す反抗軍の一員として行使することに迷いはありませんでした。
しかし、釗は太白帝国のために尽くすことでしか生きる道はありません。
こうしてお互いが敵対する関係となり…物語が動いていきます。

この物語の主人公は姉の殷です。
公式HPでの紹介されているので間違いは無いのですが、運命に一番翻弄されたのは妹の寧です。
殷と寧…釗に抱いていた気持ちが複雑なのはお互いに分かっていました。
自分の事も大切…けれど、同じくらい相手の事も大切なんです。

妹を幸せにしてあげたい姉の気持ち…
自分の事をいつも大切にしてくれる姉に幸せになって欲しい妹の気持ち…
どちらの気持ちも痛いほど分かります。
きっと危ういながらも心のバランスを保つのはお互い可能だったと思います。
但し、お互いが五体満足だったなら…ですけど。

そう、寧には姉から自立しなければ…というもう一つの枷も自身に課していたんです。
課した枷は一つだけだったかもしれない…
けれど、その枷はこれまでの生き様を否定するほど大きく重い鎖…
この枷が導く物語…ここでただ一つ言える事は、くぎゅが妹役に抜擢された理由が良く分かった、ということです。
そう言えるくらい、くぎゅの演技は鬼懸かっていたと思います。

そして、太白帝国の釗の周りでも様々な陰謀や思いが蠢き始めます。
国家が大きくなればなるほど一枚岩になるのは難しいんですよね。
そんなこの物語の顛末の気になる方は是非本編でご確認頂ければと思います。

オープニングテーマは、奈々様の「嘆きの華」
エンディングテーマは、9nineさんの「願いの花」
どちらも良い曲なので、通勤途中に繰り返し聞いています。

1クール全13話の物語でした。
物語としては一応ある節目までは描かれたと思います。
ですが、原作がまだ続いているからなのでしょうか。
物語は完結せず、「私たちの戦いはこれからだ!」という場面で終幕します。
続きが気になる方はゲームで…ということなのでしょうか。
しかし、12作品ものゲームを追える気が到底しないんですけど…
今回のラストを本作品の顛末と位置付けても良いのかもしれません。

これまでハオライナーズ枠の作品を視聴してきた方なら抵抗なく視聴できる作品だと思いました。
私は堪能させて頂きましたよ!

投稿 : 2019/01/04
閲覧 : 64
サンキュー:

7

べんちゃん☆

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

中華風バトル?!個人的には有りです。

水樹奈々、能登麻美子、釘宮理恵、もうこれだけで観る価値有りだと思いませんか?
ストーリーもそんな悪くないですし、くぎゅうのハーッ!!とかバトルがシャナ思い出しました。
しょうがないんです。好きなんですから!!

投稿 : 2018/12/30
閲覧 : 70
サンキュー:

3

ネタバレ

アベベ晴明

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 2.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

呼び名が

いまだにわからねえwww
一話見た感じは中華絡んでる割にはまあまあいい感じだった。
制作が中堅どころなので少しは期待してもいいのかな?


5話やっぱりダメでしたはあと
自分はあまり作画でいちいちガタガタ言わない方なんですが「これ誰?」て感じになるとうーん、て。
結構良い年頃のくぎゅーキャラだったのに勿体ない・・・
まあある程度持ち直すことに幾ばくか期待しつつ続き見ようかと。

全部見ました
作画的にはこれ誰?状態からなんとか離脱できただけでも御の字といったところ。水滴刑の回が最高潮だったかな。
話の締め方はまあ妥当というか、くぎゅー演じるネイとショウが割と自然なくっつき方したので納得はできたかな、と。
やっぱり他人には勧めませんがそんな感じで。

投稿 : 2018/12/28
閲覧 : 136
サンキュー:

3

pooki

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

<40> 台湾 RPG 由来の中国中世風ファンタジー。まとまりに欠けてせわしない。

台湾 RPG 由来の中国中世風ファンタジー。オリジナル。
企画会議で出たすべての案を寛い心で全て採用した結果、クロスオーバー風なファンタジーが顕現した、そんな感じ。まとまりに欠けて、せわしない。
クオリティも低め。1、2 話ならネタ的な意味で飽きないんだけど、さすがに 1 クールは辛い。

<45> 台湾 RPG 由来の中国中世風ファンタジー。まとまりに欠けてせわしない。
1 話視聴。
台湾 RPG 由来の中国中世風ファンタジー。オリジナル。
企画会議で出たすべての案を寛い心で全て採用した結果、クロスオーバー風で同人ぽい何かが顕現した、そんな感じ。まとまりに欠けて、よそ見禁止レベルでせわしない。
ふわふわバトルや、なんとなくへなちょこな敵メカ、ぶりぶりって感じの変形とか、ネタ的な意味では飽きない。時間があれば、観たいというか見守りたい。保留。

投稿 : 2018/12/27
閲覧 : 51
サンキュー:

1

ネタバレ

がぁべら♪

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

機関獣と、神秘的な古代のアイテムが織りなすバトル

旅芸人のインとネイは、とても仲の良い姉妹だった。
姉は、両腕のない妹をいたわりながら、剣術の踊りを披露しては村々を旅していた。
二人は廃村を訪れると、そこで不思議な竹簡を見付ける。
竹簡が光を放つと、中から不思議な少女と一振りの剣が現れるのだった。
一方、神州大地を統一する太白帝国では、ショウという少年が奴隸として働かされていた。
独学で機関術を学んでいたショウは、ある夜一人の少女と出会うところから物語は始まる。
-----------------------------------------------------------------

この作品は台湾のソフトスターが開発したゲーム「軒轅剣」シリーズ第7作『軒轅劍外傳 蒼之濤』からのスピンオフによるオリジナルストーリーみたいデス。
絵は見やすいデス。
キャラは、残念ながら、どのキャラにも興味が惹かれなかったデス。
設定は面白かったのですが、ストーリーがキャラに流されがちで全体的にイマイチでした。

投稿 : 2018/12/26
閲覧 : 48
サンキュー:

2

37111

★★★☆☆ 2.8
物語 : 3.5 作画 : 2.0 声優 : 4.0 音楽 : 2.5 キャラ : 2.0 状態:観終わった

もうね、いろいろ酷い

1話視聴後感想と今後の期待度
一言コメント:あまり記憶にないが、両腕が無い子がいた気がするが、中華臭が酷かったような。
期待度:★★

アニメは走攻守そろって初めて名作になるんだとよく分かる作品でした。

ストーリーとしては非常にいいと思うんだけどそれを表現させるだけのシナリオ力や作画力などが全く持って足りていない。
あと、波動砲出すなや!

投稿 : 2018/12/26
閲覧 : 97
サンキュー:

4

えたんだーる

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

エセ中華帝国+超古代文明=?「フレンダー、GO!!!」← それは違う(笑) 第10話: 奇をてらわない分、普通に面白いです。「水滴刑」が話題に!→ 全話視聴終了

== [初回視聴時レビュー: 以下、追記あり] ==
原作は台湾で作られたコンピュータRPGらしいです。本アニメを観るまで全く知りませんでしたけど。

古代中国っぽい舞台においてロボット(的な物)やアンドロイド(的な物)、光線や電撃を発する武器や舞空術的なものがあったりと何となく藤崎版『封神演義』や『霊剣山』あるいは『剣王朝』といった感じの世界観ですね。

モブの民衆は雑に死にそうな感じや、自分を襲ってきた化け物をいざ退治してみたらその肉を食おうとかそこら辺はいかにも中華メンタルですね。機関獣(ロボット的な物)の作画は今時な3DCGでした。ゲーム原作だったら既にモデリングされていたかも?

そしてアニメ制作スタジオは『霊剣山』でも実績のあるDEENだそうです。

爆死をも予感させる原作と制作体制でしたが、少なくとも第1話を観た限りでは作画はまずまず(『霊剣山』第1話にはたぶん勝ってる)なのと、ストーリー的な掴みが悪くなかったのでしばらく観てみようかと思います。
== [初回視聴時レビュー、ここまで] ==

2018.10.16追記:
第3話まで視聴。第2話が回想回で、この回を観ると主要キャラの生い立ちがわかります。かくして幼馴染みだった姉妹と近所のお兄ちゃんは、それぞれの生死がわからないままお互いに相手が死んだと思って生き別れに。

そして第3話で時系列的に元に戻って、ここでの戦いで当面の主要装備やおおよその性能がわかります。

良い意味で普通なシリーズ構成と脚本で、わりと面白いです。

実現テクノロジーの違いはあれど帝国側の兵器は現代の局地戦用陸戦兵器とおおよそ近いレベル、姉妹側は超古代文明によるオーバーテクノロジー感溢れる装備だけど少人数ということで、パワーバランス的にはなかなか良い感じです。

別途組織された反乱軍に姉妹が参加する形になるのはOPでほぼほぼネタばれしてますが、普通に戦記物になりそうで楽しみです。

2018.12.04追記:
第10話まで視聴終了。澄(ちょう)が釗(しょう)絡みの一件で動揺する中、太白帝国では謀反の影が…。

飛びぬけてはいないですが、ストーリー的には安定感はあります。いろいろありましたが、水滴刑は無駄に(いや、無駄じゃない(笑))作画が良かった気がします。

2018.12.25追記:
第13話(最終回)を視聴終了。特に気になる設定的な矛盾などは感じないまま、無難に観終えることができました。まあ、軒轅剣(けんえんけん)の刃で瓦礫をぶっ叩くのはどうかと思わなくもないですが、「神剣的なものだから大丈夫」と思えば大した問題ではありません。

征天(せいてん)はもろに「飛行戦艦」的なもので、黒火砲の発射に関する演出はほぼ「波動砲」でしたね。松本メーターの代わりに風水羅盤っぽいものが付いていたのが中華風味ではありましたが(笑)。

いわゆる「おれたた(俺たちの戦いはまだこれからだ)エンド」でしたが、続編やスピンオフはいろいろ作れそうな「正しいおれたたエンド」だったと思います。戦記物として実質的な戦いの期間が短くて物足りなさもある気はしますが、個人的には期待していた以上に楽しめてまあまあ満足でした。

投稿 : 2018/12/25
閲覧 : 212
サンキュー:

28

ネタバレ

元毛玉

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

くぎゅうに〇〇を垂らすアニメ

なんの前情報も無く、OPが奈々姫だったのでリアタイ視聴しました。

お話のざっくり概要
戦闘用のからくり機械っぽいものを使って帝国が世界征服しようとするお話
主人公は妹と幼馴染と一緒に帝国に村を襲われて命からがら生き延びた
旅芸人として日々の糧を稼いでいたけど、途中で能登さんをゲットだぜ!
してからは反乱軍に身を投じる事になる。

作画は悪くないけど、動かない。戦闘シーンとか割と止めスライドが多くて
その辺りはマイナスかなーと。
ただ、なぜかは分からないけど戦闘じゃないシーンですごく気合入れてた所がありました。
{netabare}
問題の水滴刑の所ですね。くぎゅうに「う゛っ!」「ん゛!!」とか言わせ
水滴が落ちた瞬間に身悶えるだけのシーンにすごく枚数を割いてました。
……能登さんに水滴系だったら円盤を衝動買いしてたかも知れませんw
{/netabare}

声優は有名所も多く、安定して聴いていられました。
ナレーションはさすがですね。能登さんは最高だ。(個人の感想です)

キャラはメイン以外はかなり薄かったかなぁ…
仮に二次創作する際にセリフや行動が明確にイメージできない感じです。
メイン3人もその思考に至った経緯がいまいち希薄なので
あんまり感情移入できない感じでした。

決してつまらない訳では無くて、それなりに楽しんで見てました。
ただキャラや、そのキャラの感情の経緯がいまいちで
そういうストーリーに動かされている感が拭えなかったです。
そこと戦闘シーンが良くなれば化けた可能性があるだけに少し残念。

投稿 : 2018/12/25
閲覧 : 73
サンキュー:

11

ネタバレ

pister

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

今観てる

3話までの感想{netabare}
まず監督:わたなべひろしで二度見。
次にシリ構:高山カツヒコで更に二度見。
なんだよおおーい、この2人で普通に日本アニメ作ればいーじゃん。
と、当初は中華アニメ(厳密には台湾?)はイマイチだろうって前提で悔しがってたのだけど、実際に本編見てみたら…あれ、案外イケる?

今回のスピクローはビーストモードにチェンジできるぞ?
今回のダイケイケンは強いなぁ。
と、まずは他の中華アニメ見てないと通じない感想を挟みつつーの、
ロンチョウ(帝国の偉い子)がなんかムシキングのパムっていうかHCプリキュアのえりかみたい…それプラス“百花繚乱サムライガール”の幸村を思い出させる。
あれだ、別キャラに釘宮も居て、1話段階では誰がどの声だかもよく分からず(キャラの名前読めないし)混乱したせいだと思う。
まぁその、滅茶苦茶中華臭いってことは無い。

それよりも3話ですよ3話。
スピクローから授けられた義手、アッサリ受け取ってたけど実はそれスゲー性能なんじゃねーの?と思ってたら正解しまして。
そこまでは良かったのだけど、肝心の性能がまさかの…セイバーフェノメノン!?
ってより監督わたなべひろしだし高周波ソードのが正しい?
…。
転スラといい、ガイバー流行ってんのか?
そう思えばキカンジュウのデザイン(ギミック)ってシリ構の高山カツヒコが頑張ってたりして?
一体どこまでが原作ゲームの設定なんだろうか。

なにより義手の扱いが「こうだよなぁ」って感じで。
そのテクノロジー自体がその世界では上段のモノで、動力は黒火って明かされてて、使いこなすにしても元は旅芸人として演舞で鍛えてたっていう理由もちゃんとあって。
これを期に某作品を叩こうとは思わんが、これが普通だよ、特段凄いってことじゃなくて普通、やって当たり前のことが誉められるって結構悲しいことですぜ?

でもって帝国のメカニックっていうか、学者でいいのかな?
それが帝国から亡命して技術を外部へ流出させそうな流れ。
帝国に残った主人公の発明とで開発競争になったりするのかな?
結構先の展開が気になるけど、いつもの中華のようにブツ切りエンドになるんじゃないかって不安はどうしても払えない。
わたなべ先生お願いしまっせ。{/netabare}

4話感想{netabare}
「なぜ戦う、なぜ殺す、なぜそっとしておいてくれないんだ」ってのはイデオンの有名な一節だけど、それ系かな?これは。
最近珍しいんじゃ…アニメ全部見てる訳じゃないので見てない作品でそういうのもあるのかも知れんが、力を持ってしまった存在自身は戦いたくないのに周囲がほっといてくれず戦いに巻き込まれるって展開は久々に見た気がする。
どっちかというと今の流行りは力を持ったら率先して戦禍に首突っ込む系だと思うので…この作品は言葉が悪いがちと古い感じがする。
嫌いじゃあない、むしろ好きな部類ではあるけど、あんまり「戦いたくない」の部分をズルズル引っ張るとウザくなるのでそこら辺のバランス感覚はスタッフの能力に期待。
また「ほっといてくれない周囲」も相応の事情を描かなければならない訳で、最近の作品に「進んで首突っ込む系」が多い理由もなんとなく分かった気がする。
単にノブリスなんちゃらを承知してる、物分りがいいってだけではあるまい。

でもって予想。
OPからの影響もあるけど、妹は力に飲まれちゃうんじゃなかろうか。
力の使い方で意見が衝突する上に、かつて祭りの日に嘘を吐いたことが蟠(わだかま)りになって姉と袂(たもと)を別つ…とか?
ブショウと姉妹がどう再会するかが楽しみだけど、まだ引っ張るのかなぁ?{/netabare}

投稿 : 2018/10/23
閲覧 : 129
サンキュー:

4

snow

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

2話目も初回っぽい導入回やってるぅ<45>

2話まで視聴。
これを1話目でやったほうが良かったんじゃないか。
つまり初回はホットスタートのつもりだったと。
1話分まるまる尺を使って、あののんべんだらりんとした戦闘をちょいちょい挟んだやつが・・・
冷え切ったのでアデュー

蒼き曜と白き牝鹿<49>
1話視聴。
台湾製中華圏RPGが原作で制作スタジオはDEEN。
絵はふつーに日本レベル、中華風世界をよく描けてますね。

帝国の侵略、いきなり村を襲ったり焼いたりしてるのは何目的の侵略なんですかねー。
こいつら悪いんやでーアピールとしか。
機関獣とどう戦うのかと思えば、魔法攻撃したり空飛んだりと特に工夫のない無双。
武術の素養ある設定だから中華武術系の動きで見せてほしかった。

からくり少女がフレンダーに変形したとこだけ、変形少女の変態性が継承されててニッコリ

投稿 : 2018/10/09
閲覧 : 39
サンキュー:

1

qHiiM83750

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2019/05/11
閲覧 : 1

zlgLl15884

★★☆☆☆ 1.6
物語 : 1.0 作画 : 1.5 声優 : 1.5 音楽 : 3.0 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

投稿 : 2019/04/13
閲覧 : 1

tomowhat

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/03/11
閲覧 : 5

メキシコ人だ

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/02/15
閲覧 : 10

ふててん

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/02/07
閲覧 : 9

yukkuri

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/01/20
閲覧 : 10

とらんせる

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/01/19
閲覧 : 9

ノイ(にわか)

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/01/19
閲覧 : 9

Rairai

★★★☆☆ 2.9
物語 : 2.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:途中で断念した

投稿 : 2019/01/09
閲覧 : 8

橙色夜想曲

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2018/12/28
閲覧 : 10

じぇい爺

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2018/12/27
閲覧 : 9

しむらうしろ

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 2.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2018/12/26
閲覧 : 9
次の30件を表示

軒轅剣・蒼き曜のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
軒轅剣・蒼き曜のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

軒轅剣・蒼き曜のストーリー・あらすじ

機関獣と、神秘的な古代のアイテムが織りなすバトル。軒轅剣シリーズ12作品中で人気の高い「外伝 蒼之濤(そうのとう)」(2004年)、そこにつながる物語を描く作品となる。


時空をつかさどる古代神器『太一輪』(たいいちのわ)。その力によって、歴史は大きく変貌した。太白帝国は『機関獣』を量産し、強大な武力によって神州大地を掌握。更なる国土を求め、世界征服を目論んだ。


太白歴99年、太白帝国と、それに抗う反抗軍との戦闘が各地で続いていた。
遡ること3年前、帝国軍の襲撃によって両親を失った苻 殷(ふ いん)と苻 寧(ふ ねい)の姉妹、二人は村々を回る旅芸人で生計を立てていた。旅の途中、姉の殷(いん)は偶然、数百年間置き去りにされていた『天書(てんしょ)』を手にする。太白軍の攻撃に出くわした姉妹は、天書から現れた伝説の剣『軒轅剣(けんえんけん)』で太白軍を撃退する。
一方そのころ、姉妹の幼馴染みの少年蒲 釗(ぷ しょう)は太白の奴隷となっていた。蒲釗は、自分の村を襲った帝国の戦闘装置“機関獣”に魅せられていく。
反抗軍に加わった殷と寧の姉妹。軒轅剣を持つ姉の殷と、勝気な妹の寧、様々な能力を持つ反抗軍のメンバーで、反抗軍は次々と機関獣を撃退する。
しかし、争いに疑問を感じながら妹をかばって戦う殷と、自立をあせって戦いたがる寧は、気持ちがすれ違っていた。
戦いの中、殷、寧、釗の再会の時が訪れる。敵同士として相対した時、互いに死んだと思っていた3人の運命の歯車が大きく回転する。(TVアニメ動画『軒轅剣・蒼き曜』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2018年秋アニメ
制作会社
スタジオディーン
主題歌
≪OP≫水樹奈々『嘆きの華』≪ED≫9nine『願いの花』

声優・キャラクター

松岡禎丞、水樹奈々、釘宮理恵、上坂すみれ、能登麻美子

スタッフ

監督:わたなべひろし、シリーズ構成:高山カツヒコ、キャラクターデザイン:千葉道徳

このアニメの類似作品

この頃(2018年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ