「Dr.STONE(TVアニメ動画)」

総合得点
83.6
感想・評価
633
棚に入れた
2664
ランキング
276
★★★★☆ 3.8 (633)
物語
4.0
作画
3.7
声優
3.8
音楽
3.7
キャラ
3.8

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

Dr.STONEの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

マーティ さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

そそるぜぇ、これは、、、!

 一期、全24話。これはホントに面白い!面白いアニメに出会えたな、そう思いました。

 僕も理系の端くれとして、中学、高校、大学で学んだ理系の知識がふんだんにこのアニメで使われていて、毎回ワクワクしながら見てました(゚∀゚*)(*゚∀゚)!

 科学知識以外にも、ストーリーの構成がうまいと思います。
 まず、人類全員(あとつばめ)が石化するというトンデモ設定から始まり、それから約3700年後に目覚めた千空が科学を使って仲間たちと共に世界を切り開いていく、、、そんなロマンあふれる物語です。
 物語の構成に無駄がなく、さりげない会話、ギャグも伏線になってます。「あのシーンにはそんな意味があったのか」とテンポよく伏線が回収されるのもすごくいい。
 キャラも魅力的。主人公の千空も、一見なろう系主人公ですけどちゃんと仲間を大事に思っており、決して差別せず仲間に頼るところが良い。それに自らの知識を自慢せず、純粋に科学を楽しんでいます。「科学は人を幸せにするためにある」、そういう心意気を感じました。
 そういう主人公だからこそ、対立する敵・獅子王司は、「科学は人を傷つける、だから抑制しなければならない」という考えを持ってます。この対立関係はうまかったと思います。
 他のキャラも、一人一人に役割がありうまく立ち回ってましたね。特にクロムとカセキ、ゲン、そしてマグマ、スイカが良い役回りでした。

 一期は司帝国との戦いに備えるところで終わりました。締めくくりも魅力的でした。これから2期へと続きます。

 これにて感想を終わります。読んでくださりありがとうございました。

投稿 : 2021/09/07
閲覧 : 209
サンキュー:

15

takaさん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ワクワクする!

今までありそうで無かったジャンプ系アニメですね!


ロマンとワクワクと少しの悲しさと・・


数千年かけて築いてきた人間の営為を、頭の中の知識で数年間に短縮する。


ロマンがあって好きです。また復活する新時代に対するそれぞれの人間のあり方が思ったよりもリアルで深いですね。


ラスボスが想像つかないので、最後まで楽しみです。

投稿 : 2021/09/03
閲覧 : 21
サンキュー:

2

ネタバレ

テレ美 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 5.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

かなり面白かったです!
こういうクラフト要素やサバイバル要素のあるものを見るとマイクラ等のゲームがしたくなります(笑)
二期も楽しみにしてます!ジャンプ系はバトル要素が強くなりすぎると興味なくなることが多いので、そうならない事を祈ります。
ああ、あとギャグやツッコミの時の顔が…「面白い」というよりは、ただ「キモチワルイ」のでそこはちょっとイマイチでした。
好きなキャラは…{netabare}意外にもあさぎりゲン。コウモリ野郎ですけどなんか好きです。あとカセキじーさん。不器用なので工作得意な人尊敬するし、かわいい。友達になりたい。女の子はコハクです。{/netabare}
後半のOPとEDが好きでした。
余談
{netabare}実は、これを視聴していた頃に藤原さんの訃報が丁度あってですね…百夜とかEDとかと重ねてしまって泣きました。{/netabare}

投稿 : 2021/08/27
閲覧 : 32
サンキュー:

3

take_0(ゼロ) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

実はあまり関心のなかったタイトル。

ジャンプ連載という事も含めて、ほぼ予備知識がない状態で視聴。
理由はあまり興味をそそられなかったから、恐らくジャンプの表紙ぐらいは観たことがあるかもしれないが、まったく関心を持った記憶がなく、知らなかった。
そもそも、週刊ジャンプ自体をもう何年も読んでいないなぁ。

某アベマなTVでやっていたの一気見をした。
なるほど、荒唐無稽中の荒唐無稽な設定だけど、色々とユニーク。
見始めて興味が湧いてきた。

昭和なオジサンだと「石化」と聞くと、
松本零士、999、化石の戦士と言うワードが浮かんでくるんだけれども、結構解ってくれる人いるかもね。
あれはあれで、あの時期、タイミング、時代の中では名作に近い部類に入るのでは?と懐かしく、思い出した。

さて、このDr.STONE。
理屈はそうなるんだろうけれども「そうはならんやろw」と言うポイントをしっかりと演出によって「そうなるのかもなぁw」に変換している所が偉いと思う。
SF、科学モノでありがちな独りよがりな設定、背中がくすぐったくなるようなご都合主義をしっかりと元素記号や化学式、モノを作るまでの過程を示すことによって土台をつくり「そういう手順で進めていけばそうなるのか!」という錯覚を起こす演出を盛り込んでいるのだ。
実際は膨大な時間と手間、あるいは運も必要かもしれない作業を、あっという間に進めているのだが疑問を挟む隙を極力排除している。
こういう演出は、意外とリアルな感覚を視聴者に与えるものだ、この流れを作り上げているのは作品の魅力アップに貢献していると覆う。

キャラクタも多彩な個性があって魅力的。
絵柄的には、少々苦手と言うのが本音なんだけれども、大丈夫だった。
あと、私の好きな構図=「仲間が増えていくパターン」があったのが好感触。
なぜ、こういうパターンが好きなのかな?とセルフ分析をしてみると、そういう仲間に恵まれなかった?という至極当然な答えが浮かんだが、う~んw。
アニメの中の様な命を懸けるような、運命を共にするような「仲間」と言うものをどれほどの人が得られるか、と考えると、どうやらただのちょっと現実離れをした環境下での「仲間」への憧れという事になりそうで、ほっとしたw。


さて、うんこの作品は、
他に例のない設定と発想がで、今までになかったアイデアが詰まった作品だと思いました。
視聴した後に人気があるのもうなずける作品と感じました。

機会がありましたら、ぜひご覧くださいませ。

投稿 : 2021/07/15
閲覧 : 236
サンキュー:

1

polpol さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

進化ってどれくらいから始まるのでしょう?

初めに思ったのが進化の事でした。
人類が石化して3000年以上たった地球。
少なくとも70億という二酸化炭素を吐き出す生物がいなくなるって事は、酸素が濃くなるじゃないかなって妄想しました。
それに適応してなんか他の生物が、3000年という期間で独自の進化とかしないのかなって思った今日この頃。

そんな知識もない人間の戯言でした。


お話しとしては大変面白かったです。
人類すべてが石化するっていうぶっ飛んだ掴みから、強烈に引き込まれました。
ゼロから始まる原始生活。
それからドンドン現代の生活に戻していく主人公が大変頼もしかった。
科学とは、人類が人類たる所以の力なんだと感じました。
欲望と疑問。空を飛びたい、どうやって空を飛んでるのだろう。
失敗と失敗と失敗と失敗と成功を一歩一歩根気よく進むことが出来る人類。
人の可能性は偉大やで。っとそういう事を改めて思った。

一言で言っちゃうと主人公無双なこの作品。もう、スーパーマンです。
精神的、頭脳的に他を圧倒していき、全員に認めらます。
しかも、ちょっと悪役風味なのにめっちゃ人思いでいいヤツ。
自己犠牲精神も持ち合わせたほぼ完全無欠の主人公です。
肉体的に弱いけど、それ以外は概ね最強主人公。
そういうのが好きな方なら、ストレスなく観られるかなって思いました。

見始めたらあっという間に全部観終わり、そして直後に原作大人買いする位ハマりました。

投稿 : 2021/07/11
閲覧 : 79
サンキュー:

3

ネタバレ

ato00 さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

本作品は百億%科学で出来ている。

百億%そそるぜぃ!
すみません、言ってみたかっただけです。

謎の石化により止まる世界。
3700年後に復活した天才科学オタク千空。
元の世界を取り戻すために科学を駆使します。

このアニメ、ホントよく出来ています。
科学の基礎から言及するあたりが素晴らしい。
{netabare}抗生物質や携帯電話{/netabare}を地道かつ確実に作ります。
人類200万年の英知の結集といったところでしょうか。

千空の科学に対する姿勢には一点の曇りもありません。
自信満々に語ることで、人を惹きつける。
そして、それを現実にすることで、原始の世界が希望の世界に変貌します。
そこに、常に前に進み続ける人類の神髄を垣間見ました。

私も石のことは大概知っていますが、ひとつだけ驚いたことがあります。
{netabare}タングステンの採取{/netabare}があんなに大変だったなんて。
まあ、人類なんて得てして好奇心が命に勝つものです。

2期では風雲急を告げる?
でも、まあ、もう結論は見えてますけどね。

投稿 : 2021/05/22
閲覧 : 114
サンキュー:

24

A. さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

最初と設定だけかなー…

設定は良かったので物語の序盤は面白かったと思います。
話が進むにつれて小学生向けのアニメだったのかな?っと。地球が滅びかけたのにトントン拍子で進みすぎてすごいなぁと思ったけど、歳を重ねる毎にひねくれてきたのかな…あんまり内容が入ってこなくて残念でした。

投稿 : 2021/05/17
閲覧 : 419
サンキュー:

1

もっちょん さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

文明が石器時代に戻る 科学 クラフト 

謎の光が降り注ぎ人類が石化して何千年と過ぎて,石化から目覚めるといった壮大な話だが,ジャンプ作品なのでギャグよりのアニメとなっている.
科学を使いクラフトするといった面白さもあるが,つかむところはしっかりと仕上げられていてしっかりしている.

投稿 : 2021/05/17
閲覧 : 139
サンキュー:

2

ネタバレ

スラえもん さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

悠大で悠久な物語

<2019/12/22 追記>
全24話見終えました。

面白かったー!

科学の蘊蓄だけでなく、
文明がほぼ原始の世界というだけでなく、
現代に在る科学の凄みだけでなく、
逆転の発想で「今は過去からつながっていて、そして未来に続いていく」ことまでも実感できてしまう。

『悠大で悠久の物語』

ハリウッドが狙ってきそう 笑。

ここは無理があるんじゃないの?という部分ももちろんありますが、そこは架空のお話。
気にしないで見れたモン勝ちです。

二期があるとのことで今から楽しみです。

<2019/7/11 初投稿>
観始めなので評点はデフォルトの3.0です。

原作未読。
あにこれのあらすじ紹介だけで期待値上げてた作品ですが・・・面白いやんけ( ・∇・)

ざっくり言うとタイトルの通り
「ララーシュタインのような髪型した少年が科学でファンタジーに挑む」
と言う感じかな。

ララーシュタインってなに?と言う方は是非、画像検索してみてください。
ついでに言うとこのララーシュタインさんが登場する作品。
OP曲はグラムロックの名曲ですよ。

閑話休題

さて本作、ちょっと変わってる印象です。

普通、物語の分類で
ファンタジーと言えば「科学的裏付けの全くない空想」作品で。
SF(Science Fiction)と言えば「科学的裏付けがあったり、あるように思わせる空想」、 つまり科学と空想が入り混じった作品なのですが。

ところが本作はどちらとも言い切れない。
強いて言えば
「Science(科学) &(そして) Fantasy(空想)」
で「SF」かな

科学的裏付けが全く感じられない現象に対して
めちゃくちゃ地味な科学的考証の積み重ねで立ち向かう。
ScienceとFantasyの二つが融合せず、お行儀よく隣り合ってる印象です。

地味なウンチクも多い。
そう言うの好きな人にはぴたっとハマると思います。

例えば理系のアニオタの私とか( ・∇・)♪

自分は今期、「ヴィンランド・サガ」「炎炎ノ消防隊」「コップクラフト」と並んで注目しております。

<2019/7/15 追記>
2話目観ました。

炭酸カルシウムの4番目の使い道が意味ありげで気になるー笑。

そして新キャラ登場。
獅子王さん。
濃いですねぇ。
{netabare} 空飛んでる鳥を木の上から飛びかかって捕まえちゃったよ、この人 笑。
チート武力{/netabare} 担当だそうです。

さあこれで3人。
人間、3人集まると派閥が生まれるというような言葉がありますが、もしかしたらこれからはそんな展開なんでしょうか。

獅子王さんの発想は昨今の{netabare} 世代間の断絶{/netabare} のようなものを表してて面白いです。

でも、それを是としたら{netabare} ジャンプのような商業誌には載せられなくなってしまいます。
というわけで主役のララーシュタイン、もとい千空さんはかっこよく反発して、{/netabare} 引きへ・・・

でもですよ。
ちょっと思うんです。
もし{netabare} 獅子王さんの考え方に千空さんが同調して物語が進んだら・・・
結局、若い世代同士が新しい利権を奪い合って理想郷なんてできないってことがわかってEND{/netabare} とかSFっぽくてそれもありかなーなんて 笑。


ところで全く話は変わりますが。
他の方のレビュー拝見してて{netabare} 「石化してるのが表面だけならなんで中身の生物は何千年も生きてるの?」{/netabare} というような疑問を複数見かけました。

そこはファンタジー部分だから、と私は飲み込んでおります。
それ言い出したら、{netabare} 石化したら息できなくて数分で死ぬじゃん、という話だし。
仮に呼吸できたとしても水も食料もなければ一週間ももたないし。{/netabare}
そこら辺はファンタジーなんじゃないですかね。

<2019/9/3 追記>
9話まで観ました。

アニメでも映画でもドラマでもなんでもそうですが。

登場人物に対して「なんでそこ気がつかないの?」とツッコんでる自分いませんか?
それは俯瞰して見てる視聴者だからこそのツッコみな訳で。
物語を進める上での重要な部分ほど気がついてくれない。
それが物語の面白み。

ところが、たまにそういうのが極端に少ない作品もあります。
デスノートとかそうですよね。
登場人物が賢いので先の先、裏の裏まで読む。
ところがそれでも裏かかれちゃう。
で、そこが面白かったりする。

本作もデスノと同じ匂いがします。
千空さんはもとより、獅子王さんもかなり思慮深く用心深い。
お互いに裏の裏の裏を掻きあってもう痒いところもないくらい。

もしかしたらデスノの系譜と言える作品なのかもしれないですね。

デスノのようなイケメンいないので女性人気は覚束ない感じですが、理系男の私はハマってます。

投稿 : 2021/05/08
閲覧 : 568
サンキュー:

51

ネタバレ

CR さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

オリジナリティのあるストーリー

全人類が石化し、3700年の時を経て原始時代に戻ってしまった地球に目覚めた主人公が文明を立て直していく話。
基本ジャンプ系アニメは合わない自分が楽しく見られた数少ない作品の一つ。
科学に興味があれば、主人公たちがゼロから色んなものを開発していく話には惹かれるはず。

{netabare}
この作品で一番評価している点は、サルファ剤や電話などの制作を長パートにわたって行い、見ている側もその場にいるような達成感を感じられる点。
しかも、長パートで作業ばかりしている話なのに、全く退屈せず、楽しくみられる点。こういう短調作業を面白く見せられている点は本当にすごいと思います。

ご都合主義だ、と批判することはできますが、個人的にはご都合主義でも楽しさのほうが勝っていれば、それでいいと思っているのでそこでマイナスイメージにはなりませんでした。

更に、科学だけでなく、ストーリーもしっかりしています。
主人公の父の過去回想、主人公がゲンにコーラを作って置いていくシーンや、ゲンが主人公の誕生日を祝うシーンはとても気に入りました。中でも特によかったのが最終回のレコード。無難にお涙頂戴的なセリフを父に言わせるのではなく、歌を流すというのは本当にセンスあると思った。お涙頂戴のセリフはないものの、そこまでの話の積み重ねと迫力のある歌でベタなセリフを言うより断然感動できる上、綺麗に一区切りをつけられていた最高の最終回でした。

キャラがブレない点も評価点。例えば、主人公は泣く描写をしないことで、強い心の持ち主であることを表せています。泣いた方がシーン的には映えそうでも、キャラの性格を優先しており、かなりいいと思いました。
上で言ったレコードのシーンで父が、お涙頂戴的なセリフを千空は求めてないだろうとわかってるから、もっと千空に有益なことを残すのも、泣かせることよりもキャラの性格を優先していて、よくできてます。
そして、敵となる司も、主人公と対立する理由(現代社会を憎む理由)がしっかりしており、単なる悪役ではなく、しっかりと感情移入のできる悪役でした。

ところで、相手に対抗するために科学を発達させるというのは、まさに人間社会ですね。
{/netabare}

今から肝心の対司戦をやっているであろう2期を見ますが、楽しみです。
3/24レビュー 4/26レビュー訂正

投稿 : 2021/04/26
閲覧 : 147
サンキュー:

3

もなかきなこ さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

展開が早く飽きない

1週間で2期分全話イッキ見してしまった。
ストーリーがテンポ良く、次々と見たくなってしまう。
特に声優陣が良く、どのキャラもピッタリと当てはまっているところが
個人的にポイントが高い。

投稿 : 2021/04/19
閲覧 : 70
サンキュー:

2

ネタバレ

あや さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

理系にはたまらんw

科学を応用する工学の分野でエンジニアとして働いています。
ここ数年のアニメをいろいろ探っていたら面白いのが出てきました!
原作見ていません。
中の人好きもあるので小林さんの声は良いですね。
化学は弱いのですけど、物理系にはニヤついてしまいます。
技術面のお話しにフォーカスします。
提案するものが斜め上を行くので楽しくなります。
{netabare}発電、電球、鉛電池{/netabare}は中盤の驚きでした。
{netabare}ケータイ、真空管{/netabare}は完全にやられましたw
{netabare}電気回路が専門なんで、作中には明言していませんけど、増幅と検波を兼ねた真空管{/netabare}出てくるとは思いませんでした。
{netabare}同調回路に必要なコンデンサは雲母から作れますし、コイルの鉄心の抜きさしでインダクタンスを可変にすれば周波数可変{/netabare}できます。最初は{netabare}鉱石ラジオで検波の部分は石と針{/netabare}と思っていましたけど{netabare}送信側には増幅器{/netabare}が必要なのでストーンワールドのそのときの技術では{netabare}トランジスタ{/netabare}は流石にもっと先の部品ですが{netabare}真空管{/netabare}が出てくるとは!
科学技術発展の歴史をなぞるか?と思いきや、その上を行く展開には度肝を抜かれました。

投稿 : 2021/04/08
閲覧 : 166
サンキュー:

5

ジパミィナ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

原石としては悪くないけど 66点

撮り貯めてある程度纏めて視聴。

正直、序盤は面白くなかったです。
いかんせんキャラが好みじゃないですね。
セリフが痛々しくて、聞いてて恥ずかしいレベルです。
大きな枠で見ると面白い部分が設定含めて感じられますが、細かいところは残念な印象を受ける部分が多いです。

ジャンプ作品らしい作風かと思いますが、トーナメント等の引き伸ばし工作感な展開もまたジャンプ作品らしさかと思います。

物が完成する迄の工程を丁寧に説明してはおりますが、アニメより漫画向けかもしれないですね。

次が気になるかと言うと気にならないですが、結果は知りたいみたいな作品です。

投稿 : 2021/03/29
閲覧 : 497
サンキュー:

5

§オルガ・スターク§ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

★★★★☆

2021.3.25 ★★★★☆(4.1) 2回目観賞評価
2021.1.16 ★★★★☆(4.1) 初回評価

投稿 : 2021/03/25
閲覧 : 41
サンキュー:

0

ネタバレ

チャン さんの感想・評価

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 2.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.0 状態:途中で断念した

自分には合わなかったのかな

原作未読
あまり少年漫画系の作品は見ないが[面白い!]と
聞いたので見てみた
科学の力で文明を復活させるというコンセプトは面白いと思ったが5話で離脱
キャラデザのネギ星人やヘッドホンが壊れていない少女はさておき科学的、現実的に物事を解決していくのかなと思いきや素手でライオンを倒す刃牙のピクルのような少年が出てくるわ
主人公の親友が何トンもの岩を放り投げたりするので少しショックを受けました
科学を推奨するなら物理も推奨してほしかったし
何千年もの石化から復活したならもっとキャラの葛藤がほしかった
ただ主人公の火起こしのシーンで多湿の日本では火は起こしにくいのはリアルでよかった

投稿 : 2021/03/21
閲覧 : 139
サンキュー:

3

byGar61324 さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

とにかくすごい

よく分からないけど科学の力って凄い
NHKの教育番組もこれで決まり

投稿 : 2021/03/16
閲覧 : 90
サンキュー:

5

おんみょん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 2.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ザ、ジャンプって感じのお話。

ある意味、異世界転生ものなのかな?
何千年後の人間が石になった世界で、ゼロから文明を作るお話。

あらすじが面白いだけに内容を盛るのが大変そう。やってることはマインクラフトの延長みたいな事だから、ストーリー展開自体は地味。でもそこにキャラクターのノリや煌びやかな演出が加わってなんとか観れる状態に作られている。ただ、そういった演出で物語の展開が先読みできてしまうようなシーンもあって残念。

キャラクターが全体的にわかりやすい。
悪く言えばクサい。
でも見ていくうちにキャラクターのクサさに愛嬌がわいてくる。

クサいが故に、物語の展望がだいたい予想ついてしまう。じっくり深い話を見たい人にとっては物足りないかも。

文明を作るという細かな内容の割には頭空っぽで観れる不思議な作品。ものづくりが好きな人は勿論、何となくアクションを見たい人にもオススメできる作品。引き続き2期も観てみようと思う。

投稿 : 2021/03/04
閲覧 : 85
サンキュー:

4

Hatomy さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

のめり込める作品に出逢えると嬉しくなる

何年かアニメから離れていたので
気がつけば
たくさんの魅力的な作品が増えていました
また怒涛のごとく見まくっているのですが
のめり込める作品に出逢えると嬉しくなります

この作品も そのひとつ 一気見です

個性的な作画もとても好みですし
頭脳戦も 理解できなくても最高に面白いです

連載物は完結してから視聴したいのですが
まだまだ これからなのですね ˙▿˙ 
見始めてしまったので
続けて二期も楽しませていただきます

投稿 : 2021/02/24
閲覧 : 75
サンキュー:

4

ハムレック さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:----

そそるぜ

キャラが少し暑苦しいところがあるが面白い
そしてテンポも良い
OPもかっこいいです

投稿 : 2021/02/16
閲覧 : 110
サンキュー:

13

511 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

よき

主人公がナルシストで笑い方とかイラッとするけど物語が面白いから見てられる

投稿 : 2021/01/31
閲覧 : 71
サンキュー:

3

ネタバレ

shino73 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

悲しき熱帯

原作稲垣理一郎。

地球上の全人類が石化する怪現象が発生。
生き残った少年少女は科学を頼りに、
再び、原始生活から歴史を歩み始める。

主人公がネギ星人の時点で、
視聴候補ではなかったのですが、
あにこれの知人に勧められ挑戦する。
語り口が一風変わったサバイバル冒険譚で、
舞台の西暦を聞き楽しいかもと確信した。

主人公は科学を信奉する合理主義者で、
偶然であれ必ずそこに合理的な理由があると、
数々のトライ&エラーを繰り返しては、
仲間とともに町を発展させていく。

太古から始める生活も、
{netabare}石の時代、火の時代、動力の時代と、
小さな一歩ではあるが、{/netabare}
確実に文明の灯を社会は宿し始めていく。

敵側の集団には少年ジャンプらしい、
主題を持つキャラを配置していますが、
僕はむしろ敵は居なくても良かった。
探索・発見・発明、仲間との友情、
やがて未曽有の危機に瀕した地球の秘密を知る。
そんな物語であってもいいなと思います。

本来、科学とは心まで豊かにするものだ。
人類は心まで実りある社会を取り戻せるのか。
僕たちの武器は想像力と好奇心である。

続編が楽しみなアニメですね。

投稿 : 2021/01/23
閲覧 : 373
サンキュー:

54

はるせ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

人類を滅ばせて、1から化学の勉強をするアニメ

やっぱりジャンプ作品は面白いですね。

ノリやツッコミが子供っぽいですから、そこで萎えなければ面白いですよ。

全人類が同時に石になって文明もなくなったから、治そうっていう話です。
なぜか主人公だけ石化が溶けたんです。

投稿 : 2021/01/20
閲覧 : 230
サンキュー:

2

ネタバレ

ftdCU91959 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

笑いあり涙あり。

天才科学少年が、ゼロから文明を作り出していく話。

ゼロから必要なものを揃えていくので、見ていてワクワクします。ガラス、石鹸、電気、携帯電話などなど、この時代で作れるのかよって突っ込みをいれたくなりますが、まぁアニメなので良し。

また、ジャンプらしく友情物語もあり、特に12話はそれを象徴しています。千空とクロムとの会話、そして怯える銀狼に語りかけるカセキのセリフはジャンプらしい感じ。感動しました。
最終話の親と千空とのやり取りも感動もの。
笑いあり涙ありで一気に見れました。

二期も楽しみです。

投稿 : 2021/01/18
閲覧 : 255
サンキュー:

15

animi さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

見所ポイントが多い

科学を一般的なイメージの「技術」に堕すようなことはせずに「思想」と捉えるという着眼点がアニメとして珍しく面白い!
まあそこまで深く考えずとも、もし現代科学技術をもってタイムスリップしたら...という子供心くすぐる設定からして面白いの100億パーセント確定でしょ!

投稿 : 2021/01/17
閲覧 : 120
サンキュー:

4

でこぽん さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

200万年におよぶ人類の努力の積み重ね

科学は200万年におよぶ人類の努力の積み重ねでできています。
過去の人たちの懸命な努力の恩恵で、今の私たちは快適な生活ができています。
この物語では、主人公の石神 千空(いしがみ せんくう)が、それをわかりやすく説明します。一つ一つの製品を千空が作りだしてゆきます。
そこが感動します。


物語は、ある日突然、空一面から奇妙な光線が降り注ぎ、全人類が石化します。
それからおよそ3700年後の世界。建物はすべて崩壊し、地上は原子の世界へと変わりました。
そのとき、ある化学反応により千空が石化から復活します。
千空は石化から復活した原因を究明し、ほかの人たちの石化も解こうとします。
そして、もてる知識を駆使し、次々と現代の製品に似たものを作り出してゆきます。
そして…、

この物語を見ると、どんな困難な状況でも希望を持つことができます。


人類(ホモ属)はおよそ200万年前に出現しました。
そのころから石器を使い、工夫して生きてきました。
火を使うようになり、青銅器や鉄器を使うようになり…やがて産業革命で蒸気機関ができ、
それからエジソンの発明した電球により夜が明るくなりました。
そして、月面へ人類が到着しました。

あとわずかで火星へと人類は到達するでしょう。
その日が待ち遠しいです。

投稿 : 2021/01/16
閲覧 : 217
サンキュー:

36

PHXAL28812 さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

低年齢向けでなく全年齢が対象

科学の使い方がすごくいい塩梅。
これより雑に説明すると最低限のリアリティを失うし、これより詳細に説明すると話の腰を折るだろう。作品で重要なのは科学それ自体じゃないから。
もっと細かく知りたければ各自で。実際に調べて科学が好きになる子供は確実にいただろう。

ギャグが子供向けな一方、ストーリーは良質なSF。年齢関係なく楽しめる。
魅力的なキャラが上手く配置されてるし、絵柄に騙されがちだが作画も良し。
イギリスの女優Laura Pitt-Pulfordによる挿入歌は、視聴対象を子供に絞ってない証拠だろう。歌の上手い声優の日本語歌詞だって何ら問題なかったわけだし。

アニメとして本当に丁寧に作られていて、年齢にかかわらず観てほしい傑作。

投稿 : 2021/01/16
閲覧 : 82
サンキュー:

6

uhwhz11961 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.6
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

子ども向け

子ども向けの作品かな。化学の解説についてもっと詳しくしてくれば勉強になるが。

投稿 : 2021/01/13
閲覧 : 100
サンキュー:

1

コーヒー豆 さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

観たら止まらない、やめられない♪

かっ○えびせん♪

じゃなくて、
こちらはDr.STONEの簡易レビューです。

見終わって、何これ120%そそるじゃんと思いました。

前情報として
2017年から少年ジャンプで連載されているお話しです。
今も連載中のはず。
そして2期も始まりますので、その人気も伺えます!

バケ学、化学好きにはかなりそそられる内容となっています。
理系の人なんかは好きでしょうねきっと。

少年のココロを持っていれば、きっと難解な用語も
化学(科学)もわかるかも。

鬼滅の刃がヒットしたように、集英社の安定の実力はさすがですね。

観ていて思ったのは、何より飽きのこないテンポのよさ♪
次々出てくるドラえもん的7つ道具?☆

ラブコメ的な展開はほぼありませんし、科学とは遠い人でもとにかく
そそられる内容となっている。(そそるが言いたいだけ)。

ぜひとも2期も始まりますので、視聴をおすすめいたします。

投稿 : 2021/01/08
閲覧 : 106
サンキュー:

13

みゃー さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

鬼滅を見るならこれも見ないと!

漫画原作、原作は未読

最初に断っておきますが、鬼滅の刃はもちろん素晴らしい作品です。
その素晴らしさを用いて敢えて比較対象に挙げさせていただきました。

連載開始時期もアニメ化時期も鬼滅の刃と近しいこの作品。
ちなみにこちらもジャンプ連載です。
世間に選ばれたのは社会現象にまで及んだ鬼滅の刃でした。

じゃあ鬼滅の方が面白いのか...

答えは否。断じて否なのです。

このDr.STONEってアニメは1話からラストまでずっと面白いんですよねぇ。
鬼滅の刃が映像美の王様ならDr.STONEはストーリー、演出の王様って感じです。

アニメ・漫画好きには是非ともおすすめしたい一品です。

投稿 : 2020/12/30
閲覧 : 437
サンキュー:

24

ネタバレ

Takaさん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

100億%面白かった!

アイシールド21の原作者さんだとは知らなかった!

全世界の人類が石化して、およそ3700年経過後に、
主人公の石神千空が目覚め、滅んだ世界で自力で文明を再建させていく話。

はじめに幼馴染の大樹を復活させ、順調に実験を繰り返していたとある日に、
ライオンの群れに追われ、「霊長類最強の高校生」とうたわれていた
獅子王司を復活させ危機を脱するも、考え方の違いから、袂を分かつことに。

逃れた村で、クロム、カセキとの科学班で実験、開発を行い、
村長になる。(本当はクロムを村長にする予定だった)
そうして、vs司帝国に向け、村を科学村へと進化させていく。

実際にアニメ見て作れてしまうものらしいから、化学の勉強にもなるのかな?

vs司帝国の前で終わったけど、司と氷月の中の人のラスボス感が…
氷月は、裏切りそうな気が…中の人的に。

2期があるので楽しみに待ってます!

投稿 : 2020/12/22
閲覧 : 129
サンキュー:

4

次の30件を表示

Dr.STONEのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
Dr.STONEのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

Dr.STONEのストーリー・あらすじ

全人類が、謎の現象により一瞬で石化して数千年――。超人的な頭脳を持つ、根っからの科学少年・千空が目覚める。「石器時代から現代文明まで、科学史200万年を駆け上がってやる!」。絶体絶命の状況で、千空は仲間を探し、世界を取り戻すことを決意する!(TVアニメ動画『Dr.STONE』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2019年夏アニメ
制作会社
トムス・エンタテインメント
公式サイト
dr-stone.jp/
主題歌
《OP01》BURNOUT SYNDROMES『Good Morning World!』《OP02》PELICAN FANCLUB『三原色』《ED01》Rude-α『LIFE』《ED02》佐伯ユウスケ『夢のような』

声優・キャラクター

小林裕介、古川慎、佐藤元、中村悠一、市ノ瀬加那、沼倉愛美、前野智昭、村瀬歩、上田麗奈、高橋花林、河西健吾、麦人

スタッフ

原作:稲垣理一郎・Boichi(集英社『週刊少年ジャンプ』連載)
監督:飯野慎也、シリーズ構成・脚本:木戸雄一郎、キャラクターデザイン:岩佐裕子、音楽:加藤達也/堤博明/YUKI KANESAKA

このアニメの類似作品

この頃(2019年夏アニメ)の他の作品

ページの先頭へ