「3D彼女 リアルガール(第2シーズン)(TVアニメ動画)」

総合得点
70.3
感想・評価
97
棚に入れた
416
ランキング
916
★★★★☆ 3.6 (97)
物語
3.8
作画
3.4
声優
3.7
音楽
3.6
キャラ
3.8
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む
ネタバレ

ポル

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

これは久々に感動と泣けるアニメでした。

原作は知らなかったため、アニメでしか知りません。
(°_°;)ハラハラ(; °_°)(*-ω-)ドキドキ
こうトラブルが立て続けに起こるんでしょうか?(゚Д゚)ノとツッコミ入れながらも夢中になってみてました(´▽`) アハハ
安定して面白く見させてもらいました。アニメ制作者様ありがとうございます(´・ω・`)(´-ω-`)) ペコリ
( ;∀;) カンドーシタ そしてラスト('∀`)スンヴァラッッスィィィィィィィ

つっつん メガネ男子イケメンだったよ最後まで。

とても満足のいく作品でした。もう一度見直して恋する気持ち味わいたいと思いました(*/-\*)ポ

見終わって(つぶやき)↓
{netabare}
つっつんの父母の離婚騒ぎにはちょっと呆れましたw唐突な不幸トラブルに笑ったぞ!食事だけの付き合いだけだったというオチでしたが実際、肉体関係まで進んでたらドロドロの展開になるとこでしたよね。

つっつんの周りの友人たちの恋愛ドラマも面白かった。石野 ありさと高梨 ミツヤ、伊東 悠人と綾戸 純恵。オマケで小学生カップル。結構見ごたえありましたよ。

半年で転校という嘘な理由の正体がまさか頭の病気だったとは・・・手術で死ぬかもしれない、成功しても記憶障害で忘れてしまうとか最悪な欝展開に見てて悲しくなり泣きました。

まさか東大現役合格するほど優秀だったとは驚きましたがな(°0°)!!

25歳になったつっつん、優秀な商社マンイケメンになってた。
そして奇跡の再会が待ってました。ハッピーエンドでよかったよぉ。と泣いちゃいましたがな(´;ω;`)

オマケ要素で綾戸さんバツイチになってた。イトウくんにまたチャンス到来か?w
{/netabare}

投稿 : 2019/05/16
閲覧 : 63
サンキュー:

9

ネタバレ

レイン

★★★★☆ 3.1
物語 : 4.0 作画 : 2.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:----

王道青春アニメ

原作未読。
原作も最後まで終わっているんでしょうかね?
1期はちょっとヲタクの恋ってのが目立っていましたが
2期はヲタクの要素があまりなくてタイトルとちょっとズレている気がしました。

内容は本当に王道的な学園ラブコメでした。
ストーリーがTHE少女漫画です!!って実感できる作品です。
{netabare}
彼女が病気で記憶を無くすとか結婚式でみんな集まって終わるとか
{/netabare}
昔からよくあるパターンだけど泣かされますね。
変にカッコつけないで爽やかに終わったのは素晴らしいと思う。
傑作ではないですが佳作という感じで見て良かった作品です。

作画が残念でした。
最終話もイマイチだったので、これは狙いなのかな?とも思いましたが
オープニングを見る限りもう少しまともな作画が
出来るはずなんですけどね。
動画や背景も残念。

声優は普通でした。
綾戸さんの声が花澤香菜だと勘違いしたのは自分だけでしょうかね?

音楽は印象に残らないレベルでしたが最終話のエンディング曲(1期の曲だったかな?)は
今までの名場面と相まっていい良かったです。
{netabare}
ところで綾戸さんに何があったんだろう?
{/netabare}
いい作品でした、ありがとうございます。

投稿 : 2019/05/11
閲覧 : 54
サンキュー:

4

BV

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

良い!

終盤、駆け足で進められた感は残るが個の成長、人の想いの大切さが良く描写された作品で良かった。

投稿 : 2019/05/08
閲覧 : 39
サンキュー:

2

衛狸庵

★★★☆☆ 2.6
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

微妙な作品

普通の高校生達の平々凡々とした恋愛物語です。
何処にでも普通にありそうでなさそうで……これと言った特徴のない作品でした。
で、面白くなかったのかと言えばそうでもない。
しかも主人公達のエピソードより、周りのエピソードの方が面白かったな。

主人公の弟君、いっちょ前に男やん。かっこいい。
伊東君と綾戸さん、紆余曲折してますけど、丸く収まったみたいで……
高梨君と石野さんのエピソードって、幼馴染系ぽいですね。
父ちゃんと母ちゃんの話はいらんな。

年取ると昔を懐かしむのも解るけど、25歳程度でねぇ……
まぁ、結婚したり子供出来たりで、環境は変わるからね。

ラストはホント丸く収まります。
面白くないっちゃ面白くないが、まぁ、安心のラストって感じですかね。

いろいろとあったけど、いまいち盛り上がりに欠けましたね。
作画ももちッと頑張ってほしかったな。

投稿 : 2019/04/27
閲覧 : 51
サンキュー:

0

ネタバレ

takeboo

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

王道ラブストーリー

一期の色葉の謎が残されたままだったのでどうなるかと思ったが、しっかり回収された。つっつんがまさか数ヶ月の勉強で東大入れるほどの天才だとは思わなかったが。おそらくよほどの進学校でなければ、学校始まって以来の天才と言われてるんじゃないのか。周りの人間はそんなに優秀じゃないのでそこんとこの設定が漫画だね。
あと、色葉と別れて色葉は孤独に手術を受け、術後は記憶喪失になりながらも家族の支えで学習をし直さなければならなかったはず。その辺のリアリティさが皆無なのでちょっと感動が薄いよね。台湾ドラマの「秋のコンチェルト」も同じような設定だったけど、ドロドロ感が強くて面白かった。
全般的には良かったんだけどね。
83点

投稿 : 2019/04/18
閲覧 : 63
サンキュー:

4

ネタバレ

がぁべら♪

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

オタク高校生が女性との交際を通じて成長していくラブコメディ

1期の続編デス。
1期よりもラブコメ度上がったように思います。
今回はツッツンの親の件、イトウ君とアヤトさんの件、タカナシ君とイシノさんの件、イロハの件と盛りだくさんデシタ。
最後は少し足早な感じデシタが、ハッピーエンドで良かったデス。
問題だらけのキャラ達が恋愛や友情で悩みながらも成長していく過程が、全体的に上手くまとまっていたし、ラストの展開は泣けました。
何だかんだで青春って感じデシタ。

投稿 : 2019/04/18
閲覧 : 38
サンキュー:

3

ネタバレ

ぺー

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

三次元には素敵な世界が待っている

原作はさわりだけ


1期観た流れからの視聴です。
コミュ障オタクが超絶美少女と付き合ってからの顛末を追ったラブコメディー。芹澤優さん演じるヒロイン五十嵐色葉の低体温キャラがお気に入りだったのと、殻に閉じこもってた筒井光が不器用ながらリアルガールと向き合おうと頑張る姿も微笑ましかったり、ぐだぐだな最終回もご愛嬌と1期は楽しませてもらいました。そういえば実写の劇場版もやってたりしましたね。
私にとって芹澤さんの声は色葉役がデフォルトで、その後『魔法少女サイト』のにじみんや『上野さんは不器用』の上野さんなどオクターブ1個2個上がった演技を横目に見ながら、1年ぶりに帰ってきた2期を期待控えめに迎えたものです。


観終わって、、、
2期は{netabare}気づけば“えぞみち”なかなか出てこなかったり、{/netabare}オタ要素だいぶ薄めのほろ苦いラブコメに仕上がってました。同期の『かぐや様』『ドメ彼』『五等分』がある中で、トリッキーなことをせずまじめにラブしてたのは本作だけ。前期と比較するならこちらのほうがいいです。まだの方は1期から観てどうぞ。

1期で山あり谷あり二人の関係が落ち着いた!?上での2期になるのか、周囲のほうがざわついておりました。
猫耳伊東と綾戸さん、高梨と石野さん、それに小学生から中年のカップルまで、自分の殻を破ってひとつ勇気を振り絞ってみよう!が共通しており、全俺の共感を誘います。
最初は設定勝負のオタクがなぜかモテちゃうしょーもないのを想像してました。ところが実際はコミュニケーションが少し苦手な高校生たちの手探りの恋愛劇だというのが見えてきて、そのうちこんなんオタクとちゃうわ!ってツッコミをする気も失せていきます。回を重ねて良い意味で裏切られて始まった2期は、そういえばこいつ(つっつん)コミュニケーション拒否して「爆発しろ!」って言ってた男子だったこともすっかり忘れておりました。
1期のわかりやすいフラグも周囲のざわつきで埋もれそうになっておりました。さはさりながら、そこは几帳面で色葉ファースト(早くも死語)のつっつんはしっかり覚えてましたね。{netabare}他の組が順調に身を固めていく中で時限爆弾は着々とゼロに向って針を進めてました。2期第9話にあたるepisodo☆21からの{/netabare}終盤は、色葉とつっつんに焦点が絞られたラブストーリーになり、身悶えます。


■応援したくなる二人 ※重度ネタバレ
{netabare}色葉としたい〇〇リスト。不格好です。某武田鉄矢主演の大ヒットドラマを彷彿とさせるダサかっこいい一途さにやられます。まずは第一の決壊。
「転校するなんて…嘘だからね」成績落としてるつっつんを思ってつく嘘。嘘だとわかってて「そうか…良かった」と受け止めるつっつん。お互い大切に思ってることがひしひしと伝わってきて第二の決壊。
この先ずっと一緒にいられるなら「帰るのよそうか」とはならないでしょう。
1期の頃にはこんなオサレアニメになるとは思いもよりませんでした。{/netabare}

時間と記憶をkeyに進む終盤4話はこれまでの二人の歩みに共感できてたらすんなり入り込むことができます。

{netabare}再会色葉から名前を聞かれ、ちらっと千夏を見るつっつん。後難の憂いが無いようにとあくまで名乗らず去ろうとするのも全ては色葉のため。想い続けた人との7年ぶりの再会でこんな行動できる男は神!
{netabare}そして、全て思い出した色葉を前につっつんはたぶんはじめて真っ直ぐな自分の想いをぶつけるというクライマックス。ごちそう様です。{/netabare}{/netabare}


1期は作画の乱れや畳み方がイマイチだったり、評価をそれほど高くしてませんでした。しかし2期まで通して観て良かったと思える作品です。
ベタ?その通りです。ポテトチップでいえば“うすしお”。私はオーソドックスが好き。恋愛は一生懸命が尊いと思わせる良作でした。
浄化されました。


※オマケ
{netabare}本作以外でもなにかと作画でお騒がせしたフッズ・エンタテイメントさんの製作でした。アニメ制作会社に就職したっぽい伊東の現場のギリギリ制作過程の様子など笑っていいものか迷うところです。しかも似たような描写2回もなんて、並々ならぬスタッフの熱意(訴え)を感じました。{/netabare}

くるりは卑怯(T_T)

投稿 : 2019/04/16
閲覧 : 246
サンキュー:

27

のか

★★★★☆ 3.3
物語 : 4.0 作画 : 2.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

泣ける作品なのに、安定の作画崩壊が邪魔してる^^;

原作既読  全12話

あらすじ
ヲタクでネガティブな男子高校生とちょっと変わった女子高生の恋愛話


では感想を
原作を読んでいても泣けましたよ!
えぇ、間違いなく良質作品ですよ!

にもかかわらず・・・
安定の作画崩壊!

視聴者をなめているのか~~~~~!
1期と同じく所々で顔や身長、動きや背景・・・

勿体ないの一言に尽きます!

1期のレビューでも書きましたが、王道の恋愛アニメ!
甘々の雰囲気を楽しむアニメなのに、作画崩壊がありすぎて雰囲気壊し過ぎ!

と言っても物語自体は物凄くいいですよ^^
まあ、王道過ぎるほどの恋愛アニメなので(ふ~ん、こんなものか)って言う人も多いと思いますwww

ギャグスパイスも風味程度だし、伏線とかも多くないしwww
女性向けアニメかなって~感じも


作画は本当に酷かった・・・
まあ、1話通してではなく所々だから我慢出来ましたが
本当に原作者やこの作品を好きなファンに謝罪するべきレベルです

声優さんは個人的意見ですがイメージと違ってたwww
もう少し何とかしてほしかったかなって。
若干、感情移入出来なかった^^;

音楽は普通
DLもしなければ、特に印象なしです。

キャラは日常系なので普通。
良い味を出しているのは数人だけって感じですかね
個人的に主人公のお母さんは良い味出してたと思いますwww


ほぼ原作通りに進んでいますが、色々と端折られています。
2期後半は一気に進み過ぎ感がありました。

王道の恋愛作品が好きな人にお薦めです
作画崩壊には目をつぶって、良質な恋愛アニメを楽しんで頂きたい!

先にも書きましたが、展開が王道&ベタ過ぎて断念する人も多いかも^^;
でも原作を知っている私でも楽しめましたよ

綺麗な恋愛でドロドロ感とか無いし、1期2期で綺麗にまとまっています
個人的に2期11話12話で本気でウルウルしてしまいました(爆笑)

ぜひ、心を折らずに最終話まで視聴しちゃってくださいな
o(*^▽^*)oあはっ♪



では最後に一言
絶望した~!2期まで作画崩壊するアニメに絶望した~!
1期の反省の色が全く見えませんよ!
流石に2期には直してくるだろうと思っていたのは私だけじゃないはず!
まさか同じように崩壊シーンを12話全部に入れてくるなんて。
作画が良ければもっと人気が出たと思いますよ!
お約束のよう1期と同じく作画崩壊を天丼してくるアニメに絶望した~!
これで崩壊ネタで笑いは取れません~~~!!

投稿 : 2019/04/13
閲覧 : 81
サンキュー:

9

ネタバレ

あこんぬ

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

うーん。。

なんだか色々腑に落ちないことが多かった。

2期で初めていろはの病状が発覚したわけだけど、普通に生活してたのにそんなに重い病気だったの?とか、親のゴタゴタエピソードはいらなかったんじゃないかとか。

最後の最後に伊東ちゃんと綾戸ちゃんを無理矢理くっつけようとしたところもちょっとなぁ…。
綾戸ちゃんをバツイチにしてまでくっつけなくても良かったと思う。

個人的には高梨と石野カップルが一番好きだったかな(笑)

評価は低いみたいだけど、私は1期の方が好きでした。

投稿 : 2019/04/09
閲覧 : 31
サンキュー:

1

ネタバレ

teji

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

なかなか いい話にまとまりましたね

なかなか いい話にまとまりましたね
ただ どっかで 見て事あるような ラストだったが・・
個人的にはかなり 好きなお話でしたね

投稿 : 2019/04/06
閲覧 : 32
サンキュー:

2

木村天祐

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

え?・・・二期あったの?



1期特に面白くなかったのに、2期やったんですか?

オタク高校生が、ビッチ美人な同級生に交際を申し込まれて付き合います。付き合うのを邪魔するイケメン?とか色々出てくるんですが、なんか知らんがオタク主人公に対してやたら上から目線なのが特徴です。クラスメイトの味方になる女子とか、邪魔するイケメンとか、彼女の血のつながらない弟とか、主人公の弟とか、なんなんこいつら・・・。
二期は、そういった上から目線の奴らと色々あった後、付き合うのが安定?してからの話って感じですね。

上から目線キャラがナリを潜めたんで、二期のほうが見やすいかと思ったんですが、最後彼女が病気で外国行くとか記憶が消えるとかセックスするとか主人公が超高学歴エリートリーマンになるとか、中学生の妄想みたいな終わり方するんで、これもうわかんねえな。

主人公と彼女が特に問題もなく付き合ってるシーンとかは嫌いじゃないです。
主題歌のくるりの曲は好きです。

見たい人は見れば良いんじゃないでしょうか?

投稿 : 2019/04/05
閲覧 : 49
サンキュー:

1

ネタバレ

MuraBustan

★★★☆☆ 3.0
物語 : 2.5 作画 : 2.5 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

結局

病気出て来るとは思わなかった。なんかなあ。わざとらしい。

投稿 : 2019/04/04
閲覧 : 27
サンキュー:

2

ネタバレ

rolex

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

綺麗に

作品としては綺麗にまとまっていてよかったのではないでしょうか。

投稿 : 2019/03/31
閲覧 : 33
サンキュー:

2

37111

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

結局イケメンなんじゃん!!ケッ!

1話視聴後感想と今後の期待度
一言コメント:これも2期目。途中で実写映画はさんでますけど見てません。1期も可もなく不可もなく。主人公のうじうじ系はちょっとおさまったかな?
期待度:★★★★

あー、最後そうなるのね。。。

なんだよ、結局オタクだろうが、コミュ障だろうが頭さえよければ最後は成功者ってことなのね。

最終話までは結構面白かったんだけどね。

投稿 : 2019/03/31
閲覧 : 72
サンキュー:

7

Ka-ZZ(★)

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

なんか、青春っぽい。

この作品は「3D彼女 リアルガール」の続編に位置する作品です。
物語の内容に繋がりがあるので、前期未視聴の方はそちらからの視聴をお勧めします。

超絶美少女である五十嵐色葉と、オタクの筒井光…
こんな夢の様な…奇跡の様な展開が存在して良いのか…と激しく地団駄を踏んだ1期は、2018年の春アニメで放送されました。

それから約1年後の2018年冬…満を持して続編の放送が始まりました。
アニメーション制作はフッズエンタテインメントさん…
昨年放送されたメルヘン・メドヘンの余波は完全には無くなっていないと思います。
残り2話が未だ放送されていないのですから…
でも、少なくてもこの作品には影響は無かったと言ってよいでしょう。

シリーズ構成が赤尾でこさんだったのも大きいと思います。
最近感じるのは構成の良し悪しで作品の面白さに雲泥の差が生じること…
赤尾さんはこの作品の魅力を最大限に引き出してくれたと言っても過言ではありません。

2期が始まり、「つっつん」こと筒井光と色葉の仲の良さは相変わらず…
どちらかというと二人の周りの方がざわついていたと思います。

文化祭に始まり筒井の家でのゴタゴタ…
そういえば伊東と綾戸さんもしっかり青春してましたっけ…
青春といえば、高梨の妹も…そして高橋と石野さんもキラキラしていましたね。

そんなバタバタばかり見ていたからでしょう…
すっかり忘れていました…筒井と色葉の時間に限りがあったことを…
途中までは意識していました。
仲の良い二人を見ているともう「うやむや」になったのかなって…
でも、全然そんなこと無かったんですね。

嵐が何の前触れも無く突然訪れたかのように、その時はやってきました。
きっと最大級の試練になる…
だから出来る事は全部やってきた…
その筈なのに、心にポッカリ穴が空くのは何でなんだろう…
ズキズキと胸が痛むのは何でなんだろう…
昨日までと同じ景色の筈なのに、なぜこうも輝きが見出せないんだろう…

これは残された側の視点…
思い返せば私にもそんな時代はありましたっけ…
でも、今思うのは残された側だけじゃない…残した側も一緒だということ…
しかも今回それだけじゃありません。
この一歩踏み出す、そのリスクが半端無く大きいんです。
言葉で表すことができないくらいの恐怖と隣り合わせで過ごし、運命の日を迎えなければいけないのですから…

「自分で出来る精一杯で頑張るだけ…」
今自分に出来ることはこれだけ…
それならたったそれだけに必死に縋れば良いと思います。
最後まで足掻いて縋って…しがみ付いて離さなかったモノがきっと一番大切なモノなんでしょうから…
人間は生きていく上で最低限の責務を果たさなければいけません。
けれど、自分の心まで抑圧される必要なんて無いんですから…
思い続けていれば、奇跡の方からやってくるかもしれませんし…

振り返ってみると最高の青春だったのではないでしょうか。
もう地団太を踏んでいる自分はどこにもいません。
今の自分にできるのはただ願うこと…
そして物語を最後まで描き切ってくれた作り手の皆さまに感謝です。
気になる方は是非本編でご確認頂ければと思います。

オープニングテーマは、BiSHさんの「二人なら」
エンディングテーマは、フジファブリックさんの「HiDE the BLUE」
個人的にはオープニングの方がお気に入りでした。

1クール計12話、全部で2クール全24話の物語でした。
1期同様、2期もしっかり堪能させて貰いました。
強いて要望を挙げるなら、放送地域が限定されていたことでしょうか。
私の住んでいる場所では問題無く視聴できましたが、友人のところでは放送されていなかったようなので。
テレビ番組もローカリティーが強いので、ある程度は止むを得ないのは分かりますけれど…

投稿 : 2019/03/30
閲覧 : 49
サンキュー:

11

Makupaleku

★★★☆☆ 2.9
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 2.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

かろうじて完走

恋愛物ってどれだけ登場キャラに感情移入又は愛着を持てるかだと思うんですよね。

この作品には3組のカップルが登場してそれぞれの恋愛事情が同時進行するのですが、

メイン:オタ眼鏡男子・気だるい系達観女子
サブ1:猫耳オタ男子・眼鏡オタ女子
サブ2:高圧的俺様系・地味な恋愛脳女子

大体こんな感じですかね。メインヒロインはちと形容しにくいのですが、この子は声が好み。 甲高いヒロインボイスよりも、こういうトーン落とした気だるい系女子の方がらしい感じがして好印象。

サブ1が双方どうしようもなく受け入れられず、この二人組回の最後(17話)で打ち切ろうか真剣に悩んだ。 でもまあ一番合わないカップリング回が終わったからこれ以上評価が下がることは無いだろうと奮い立たせて完走。 声が両方受け付けないタイプ。 男は設定的にはこの声はデフォだと思うので単純に好みの問題。 女子の方は某トゥットルーの方に似た声ですが、こちらは明らかに演技してる感じがヒシヒシとします。(要はわざとらしい)

サブ2は女子の方が恋愛脳除いては一番まともなキャラだったのでまあこの流れで良かったかな?と言った程度。一番内容的には薄い。

キャラが好きになれない恋愛物ほど見てて苦痛な物はないですからね・・まあ危なかったです。

投稿 : 2019/03/30
閲覧 : 47
サンキュー:

3

ネタバレ

不如帰

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ラブコメに求めるもの

全話視聴済み。

終盤一気に時代が進んだところで少し違和感が残りましたが、1期の1話から最後までブレることなく安定した構図で描かれていてうまくまとまっていたと思います。
{netabare} やはりラブコメならハッピーエンドが良い、という個人的な好みにもがっちりハマって評価は高くなりました。
序盤のOPであったくるりの楽曲を最後のEDで引っ張ってくるあたりも粋な演出でした。 {/netabare}

強いてツッコミどころをあげるとするなら、先に挙げた7年間をすっとばしたことと、主人公である筒井の驚異的な成長速度?性格の変化?くらいです。
ただこれがあってもアニメとしてはきちんとした構図だったので安心して観られましたし、全てのモヤモヤみたいなものが最終話で一気に掃除されたような清々しいエンディングだったので特に言うことはありません。

ラブコメを求める方には是非おすすめしたい作品です。

投稿 : 2019/03/29
閲覧 : 48
サンキュー:

5

ネタバレ

ato00

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

一番大事なことは・・・

オタク男とツッパリ女の恋物語後半クール。
様々な紆余曲折を経て、互いの信頼を深めていきます。
最初の約束、期間限定恋人。
悲しい結末と思いきや・・・

高校卒業からあっという間に過ぎた7年の月日。
記憶が戻るには深く刻んだ想いがあるから。
ご都合主義とは言わせない、納得の結末です。
ラブコメベースだけど、ラブストーリーも突然に。
最終回なんて泣かせすぎです。

やっぱり、このアニメの最大の魅力はキャラでしょう。
個性豊かな登場人物のそれぞれの恋愛感情。
揺れ動く心情を巧みに描いています。
特に、石野さん。
女心とは無縁と思っていたけど、乙女だったんだね。
「人生って・・・なんか・・・すごく・・・不思議」
石野さんの幸せを噛み締める言葉が胸に響きました。

もともと女性のキャラデザが好きだった本作品。
7年後の彼女たちが美しかった。
髪を切った色葉はもちろん、石野さんも美しい。
特に綾戸さんが超美人になった。
バツイチ彼女と伊東とのその後は?
それはまあいいか。
結末はもう見えている。

投稿 : 2019/03/29
閲覧 : 59
サンキュー:

12

ネタバレ

mamiko

★★★★☆ 3.1
物語 : 2.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

二期も安定感あり

 続編なので前期を見ていない方は先にそちらを視聴してください。つついといろはの恋のお話。ヲタクの男子が訳アリ美少女と付き合っているところから再開されます。いろはとは三カ月間だけの付き合いで期限が迫っていて二人の感情も徐々に変化していきます。
 一期はつついのヲタクキャラが前面に出ていてアニメキャラもたびたび登場していました。二期は恋愛重視で三組の恋愛模様が描かれています。

投稿 : 2019/03/28
閲覧 : 28
サンキュー:

4

える908

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

♪♪♪(///∇///)♪♪♪

17話いま見ましたけど…
こういうとき、言うんですよね。
「リヤ充爆発しろー!」って・・・

伊東君と綾戸さんまでこんな感じになるなんて(〃∇〃)

一期からなんとなく見続けてはいましたけど。
いろはちゃんの
「半年限定」とか
病院のフラグとか
なんとなく割り切れないままでしたけど。

やっぱり恋バナは、どんな二人であっても
素敵(///ω///)♪♪♪♪♪



終盤では、もうけっこう心配してませんでした( ̄▽ ̄;)
「ああ、これはお約束の幸せフラグ❤」って、
わかっちゃったから(*^▽^*)

最終回までの、この安心感いっぱいな時間(#^.^#)

ご都合主義とでもテンプレとでも
何とでも言ってください。
ハッピーエンドの恋バナって、
やっぱり素敵です(///∇///)ノ∠※。.:*:・'°☆

投稿 : 2019/03/28
閲覧 : 91
サンキュー:

15

ネタバレ

にゃん^^

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

青春ラブストーリー。。1期を先に見たほうがよさそう☆彡

公式のINTRODUCTION
{netabare}
高校三年生の筒井光(つつい・ひかり)はいわゆるオタク少年。ゲームやアニメの二次元の女の子さえいれば一人で生きていけると思っていた…。

ところが、超絶3D(リアル)美少女・五十嵐色葉(いがらし・いろは)から、いきなり告白されて、お付き合いをすることに!

奔放な色葉に振り回されながらどんどん好きになってしまう筒井だけど…。
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:那波マオ
監督:直谷たかし
副監督:浅見松雄
シリーズ構成:赤尾でこ
キャラクターデザイン:栗田聡美
総作画監督:栗田聡美、安田祥子
色彩設計:長澤諒司
美術監督:松宮正純
撮影監督:久野充博
編集:長谷川 舞
音響監督:伊藤巧
音響効果:白石唯果
音響制作:HALF H・P STUDIO
オープニングテーマ:BiSH
エンディングテーマ:フジファブリック
音楽:Akiyoshi Yasuda
アニメーション制作:フッズエンタテインメント
{/netabare}
キャスト{netabare}
五十嵐色葉:芹澤優
筒井 光:上西哲平
伊東悠人:蒼井翔太
石野ありさ:津田美波
高梨ミツヤ:寺島拓篤
綾戸純恵:上田麗奈
えぞみち:神田沙也加
{/netabare}


1話ずつの感想


episode☆13 オレたちがリア充に片足つっこみつつある件について。
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
学校イチの美女・五十嵐色葉と期限付きでつきあうことになったオタクでネクラの高校生・筒井光は少ないながらも友だちもでき、いままでになくリア充っぽい日々を過ごしていた。文化祭も近づいてきたある日、筒井はくじ引きでクラスの文化祭実行委員に選ばれてしまう。綾戸も実行委員であることを聞いた伊東も実行委員を引き受けることに。伊東は色葉とつきあうことで変わってきた筒井を見て自分も変わらなくてはと感じ、綾戸に告白を決意する。一方、筒井のクラスではなかなか出し物が決まらず、石野が思いつきでメイド喫茶を提案してきて…。
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしだったけど、メインは伊東クンの告白かな。。


綾戸はフラれたばっかりだから
「今はまだ、考えれない」ってゆう返事だったけど
けっきょく友だちはつづけてほしい、って綾戸のほうからいってきたから

別にきらわれてるわけじゃないから、きっと「今は」考えれないだけで
「そのうち、もしかして?」はあると思うな☆彡

「好き」ってゆう気もちは伝わったんだから
顔も見たくないくらいきらわれてなかったら
月に1回でも、気もちが変わってないこと伝え続けてたら
いいんじゃないのかな?って。。


石野の提案で、メイドカフェ、することになったみたいだけど
綾戸にメイドのこと、教えてもらいに行った伊東クンが
綾戸のキビシイ練習に引いてたのがおかしかった^^

伊東クン、裏綾戸を知ってもまだ好きなままでいられたらいいね☆彡


あと、文化祭でミスコンをすることになって
色葉がイヤイヤ引き受けることになって、カリカリしてるみたい
応援しようって思うつっつんに、ちょっときついタイド。。

いろいろあるけど、青春ってゆう感じかも^^
{/netabare}
{/netabare}
episode☆14 文化祭における重要な役割の件について。
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
自分の失敗のせいで文化祭の準備が遅れてしまい、伊東と徹夜で準備をする筒井。もう間に合わないと諦めかけていたところに、石野を始めクラスメイトたちが手伝いにきてくれた。予想もしなかった大人数での作業に筒井は青春を感じる。無事に準備も間に合い、文化祭が始まった。クラスの出し物のメイド喫茶で綾戸にメイド姿を見られて恥ずかしがる伊東だったが、懸命に奔走する姿を褒められて元気を取り戻す。一方、総支配人としてクレーム対応をする筒井のところに、ミスコンに出場することになった色葉がやってくる。筒井は自分がミスコンの審査委員長になったと色葉に告げるが…。
{/netabare}
感想
{netabare}
2人だけで残った伊東クンとつっつんのところに
石野とクラスのみんなが手伝いに来てくれたところは
青春、ってゆう感じでよかった☆

にゃんのクラスなんか毎年
みんないやいや、コーラスしてたような気がする^^;


メイドカフェの衣装、リアルっぽくって
ほんとにクラスの出し物、ってゆう感じがした^^

よく、アニメとかで
ゴスロリみたいなフリルいっぱいのコスとか来てるの多いけど
あんなのって、ふつう時間かかって作れないよね^^


伊東クンのメイドコスかわいかった♪
ついでにネコ耳もつけたらよかったのに☆彡


つっつんの総支配人もかっこよかった☆

やっぱりイケメンだよね^^
メガネがすごく似合ってて、どうしてモテないかなぁ。。

こんなにかっこよかったら
性格なんかどうでもいいってゆう女子、多そうなのにw


石野、ミスコン出てたんだね^^

自分で入れた1票しかなかったけど、高梨クンが1票入れてくれたのって
ほかの人の100票もらうより、うれしかったんじゃないのかな?^^


それでミスコン。。

あざとい顔だけ女子対色葉で
色葉もはじめはぶりっ子してたけど、すぐ本性出しちゃって
そのギャップがおかしかったw

でも「知らない人になんか、どう思われてもいい」ってゆうの
べつにアイドルじゃないんだから、それでいいって思うけどナ^^

あと、どうしてここに伊東クンが出てないの?w


色葉が負けそうで、審査委員長のつっつんの15票で決まる、ってゆうとき
悩んだつっつんが顔だけ女子をミスにえらんで
「あなたぐらいあざとい人の方が、みんなに夢を与えられる気がしました」
ってゆうコメントがおかしかったw

みんなに夢を。。って大事かも?
うん、顔だけ女子って言ったのはあやまろう^^


あと、つっつんが、色葉のいいところ
すぐに10個ぐらい言えるところもよかった☆

たぶん色葉も、つっつんのいいところ、すぐに10個くらい言えそう^^


色葉は負けちゃったけど
クラスのみんなから、おしるこのさし入れがあったのもよかったネ♪


後夜祭で、かたづけ中に伊東クンと手がふれた綾戸が
ドキドキして逃げたのを見られて、好きなのがバレちゃった^^

2人は早く、つき合ったらいいのに☆彡



夢みたいな文化祭でよかった♪
{/netabare}
{/netabare}
episode☆15 オレの家族にまつわる予想外な危機の件ついて。
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ファミレスで色葉と過ごしていた筒井はふと別のテーブルの不倫カップルが気になる。そこにいたのは若いOL風の女性と一緒にいる筒井の父・充だった。普段は真面目で仕事で研究している接着剤にしか興味がない父親の予想外の姿に驚いた筒井は、母親には黙っていようと決意する。翌朝、母・紀江から充が浮気をしていると告げられる筒井。泣き出す紀江に対して、充は「すまない」の一言で弁解もない。離婚届を用意した紀江は息子二人のうちどちらかを連れて実家に帰ると言い出した。青ざめる筒井と弟・薫。紀江の実家は北海道の長万部だった…。
{/netabare}
感想
{netabare}
今週は、あかるいおはなしになりそうだったのに
とつぜんつっつんの親の離婚のおはなし、ってOMG!

でも、あのときレストランでは別れ話してたみたいだったけど
カノジョさんからのメールは明るい感じで「ありがとう」だったから
やっぱり何かのカン違いじゃないのかな?

ただの相談に乗ってあげてたとか。。


そう思って見てたら、アンジャッシュのコントみたいに
お父さんは、ウワキしたなんて一言も言ってなかったみたい。。

お父さんって研究ばっかりしてて
つっつんみたいにマジメな人だから
女の人と食事をしただけで「ウワキって思われてもしょうがない」とか
「いっしょに食事しただけでもウワキになるかも?」って思ってそう。。


誤解だといいけど☆彡
。。って書いて、来週のあらすじ写してたらwww


あと、つっつんママさん、20年前と変わりすぎ^^
にゃんママは太ってないから
年とっただけで今とあんまり変わってないけど^^

ってゆうか、つっつんって今まで、
お母さんの昔の写真とか見たことなかったのかな?

つっつんが生まれたときに、いっしょに撮った写真とかあると思うけど^^
{/netabare}
{/netabare}
episode☆16 オレの両親の恋愛秘話の件について。
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
母親との長万部行きは絶対に避けたい筒井。色葉は商店街のたこ焼き屋で筒井の父・充を見かけて思わず挨拶をする。どうしたらいいのか困っているという充に、色葉は絆が簡単になくなってしまうとは思いたくないと答える。自分のせいで筒井家に迷惑をかけていると謝罪に来た父の浮気相手(!?)のOL・河野から話を聞く筒井と色葉。河野は父・充に対して好意はあるものの、仕事の話を聞いてもらっていただけで、食事だけなら許されると思っていたという。最初からはっきりと充に断られていたにもかかわらず、河野のほうからしつこく食事に誘っていたのだと聞いて思わず脱力してしまう筒井と色葉だったが…。
{/netabare}
感想
{netabare}
ウワキじゃないのはよかったけど
つっつんおお父さんってしゃべらなさすぎでしょ!?

つっつんと色葉には、お母さんとの出会いとかふつうに話してたんだから
お母さんにも、言いわけってゆうか
ちゃんと説明したらしたらよかったのに☆彡

結婚の申し込みのときとか、どうしたのかな?
お母さんのほうからだったとか?

ふつうに会社で働けて、結婚もできたのに
「彼女とは、ご飯をいっしょに食べただけ」って
説明もしないなんて、子どもたちがかわいそすぎ

いい人なのは伝わってくるんだけど
にゃんだったら、なに話していいか分からなくって
いっしょにいても楽しくなさそう。。

もしかして筒井家ってふだんは、お母さんが話すだけ?
だからつっつんも話すのニガテだったのかな?


あと、お父さんがお母さんと仲直りするときに
何度も「お母さん」って呼んでたけど
にゃんママだったら「私はあなたのお母さんじゃない!」っておこりそう^^

とちゅうから「紀江」って名前で呼んであげてよかった☆

そう言えば20年前のお母さんの声って、
低くって、どこかの組織の女ボスってゆう感じで
あんまり似合ってなかったね^^


それから伊東クンが綾戸に気を使って
「もう話しかけなくていいよ」って言ったの気にして
綾戸がもう友だちにももどれないのかな?って心配して
石野に相談してたけど

綾戸は伊東クンの告白をことわったせいで
よけいに伊東クンのこと気になりはじめたんじゃないのかな?

さいご、自分のほうから伊東クンに飛びついて押したおしたのが
ギャグみたいになってて、ちょっとやりすぎかな?って^^

でも、また話せるようになってよかった☆


お父さんとお母さんの出会いは
お父さんがこわれかけたヒールをくっつけてあげてからだったけど

今回は、お父さんとお母さん、伊東クンと綾戸の
こわれかけた仲がまたくっつく、ってゆうおはなしだったけど
こわれそうだったら、またくっつけたらいいんじゃない?
ってゆうおはなしだったみたい^^
{/netabare}
{/netabare}
episode☆17 綾戸さんの新たなる悩みの件について。
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
中学まではごく普通にのびのびと暮らしていた綾戸。中学二年で少年マンガのサブキャラに初恋をしたことをきっかけに2次元の世界にどっぷりハマった。しかし気がついたときには仲が良かった友だちも離れてしまい、綾戸はいつしか自分の殻にこもるようになってしまう。高校に入り、綾戸に声をかけその殻から優しく外に出してくれたのが筒井や伊東たちだった。伊東からの告白を断ってしまってから再び殻の中にこもりそうになった綾戸は、伊東を追いかけ勇気を出して自分の正直な気持をぶつけるが…。
{/netabare}
感想
{netabare}
今回は、ちょっと早いけど、もう春♪ってゆう感じだったね^^


綾戸は伊東クンとつき合うことになってラブラブ♡

色葉はひさしぶりにつっつんの家に遊びに行って、家族公認でラブラブ^^
薫クンからはつっつんと結婚したらお姉ちゃんだから。。
とか言われちゃうし^^


前半少し、ボッチになるまでの綾戸の昔のおはなしがあって
マンガにはまって、初恋は2次元で。。バカにされて。。みたいな感じかな?

でも、完全にボッチになったのってきっと
マンガに入りこんで、友だちから呼ばれても気がつかなかったほうかも?

ほかの子だって、綾戸が推しキャラの話をしてたら分からなくって
好きなバンドの話とかしてきたんだから、趣味がちがうだけだと思う。。


それで今回、伊東クンとデートして
デート中、妄想が暴走して、伊東クンのことなんか考えてなかったみたい。。

それで、まだ、つき合いはじめたこと後悔してるのかな?
って伊東クンに思われて
ビミョーな空気になったけど、キス合戦になって
何だか丸くおさまっちゃったみたいw

でも、妄想を何とかしなくっちゃ、伊東クンにもきらわれちゃいそう。。

だって、その間、リアルの伊東クンのことじゃなくって
自分の頭の中の伊東クンのこと気にしてるんだから。。

ラブラブはよかったし、キスもドキドキしちゃったけど
にゃんも、TVとか見てて気になることがあると
そっちのこと考えてボーっとなってることってよくあるから
なんか綾戸のことが心配。。

2Dカレシだったら、ほかのこと考えてても待ってくれるんだけど
やっぱり3Dカレシってむずかしそう。。


あと、つっつんと色葉がつき合いだしたのっていつだっけ?

半年したら転校するって言ってたけど
なんか、もうすぐお別れなんじゃないのかな?
{/netabare}
{/netabare}
episode☆18 オレの女友達・石野さんの恋の件について。
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
綾戸が同級生にからかわれているのを見かけた石野。思わず食って掛かってしまい、ケンカになりそうなところを高梨が止めてくれる。高梨はふてくされる石野をたしなめようとデートに誘う。ラーメン屋に連れてこられ、こんなのデートじゃないと不満を漏らす石野に高梨は一度ホントのデートをしてみようと言ってきて…。後日、水族館にやってきた石野と高梨は高梨の妹・あんずが筒井の弟・薫とデートしているところに鉢合わせた。嘘をついて出かけたあんずに怒った高梨は石野とのデートを中止してあんずを連れて帰ろうとする。しかしあんずは薫の手をとって逃げ出してしまい…!?
{/netabare}
感想
{netabare}
おせっかいのおはなしだったけど
綾戸と伊東クンがいっしょにいるのをからかってた同級生に
石野が注意してケンカになっちゃって高梨クンが止めに入ったけど
石野といっしょにいるせいかちょっとおせっかいがうつってきたかも?

いいイミでだけど^^


だけど、石野とデートで行った水族館で
アンズと薫クンを見つけた高梨クンが
大した理由もないのに別れさせようってするなんて強引すぎる、って思った

ってゆうか、つっつんの弟だからってゆうのもひどい。。
カン違いでつっつんを犯罪者にしようとして、あやまってもいないのに。。


あと、石野のキゲンを直すのに
とりあえずハグすればいいだろう、みたいな態度で
石野が、バカにされた、って思ったの分かる。。
にゃんもちょっと泣きそうになっちゃった。。


でも、今回、アンズと薫クンがカケオチするとか言いだして
石野からも言われて、ちょっとは、反省したのかな?

2人をさがすの手伝ってくれた石野のいいところも分かったみたいだし^^

これからの2人が楽しみ^^
{/netabare}
{/netabare}
episode☆19 オレを悩ませる彼女からのお誘いの件について。
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ある日、筒井は高梨に相談を持ちかけている伊東を見かける。親友である自分に相談してくれない伊東が気になった筒井は、高梨に相談の内容を聞きに行ってしまう。高梨は伊東の相談は筒井では役に立たないことだとだけ告げる。内情を聞きたすぎて伊東に普通に接することが出来ない筒井。その様子を不審に思った伊東は筒井に心配をかけていたことを謝り、高梨に相談した心配事を告白する。伊東の心配事を聞いてちょっと安心した筒井だったが、色葉が次の連休に泊りがけで旅行に行きたいと言い出して…。
{/netabare}
感想
{netabare}
綾戸は出てこなかったけど、伊東クンとはうまくいってるみたい
ってゆうか、うまく行きすぎて、2人の仲は暴走気味なのかな?

綾戸って、少女マンガを読みすぎて
頭の中が恋愛=Hみたくなってるのかも?

でも、伊東クンはチャラ男じゃないから
ちゃんと大事にしてくれそう^^


色葉はつっつんと、お泊りの旅行に行きたいみたい。。

色葉は肉食系だからつっつんをさそってるわけじゃなくって
きっともうすぐ分かれなくっちゃいけなくなるから
2人だけの思い出がほしいだけなんじゃないのかな?

その中にHがあってもいい、って思ってるんだと思う。。

はじめのころ、病院に行って泣いてたりするところがあったから
もしかして死ぬかもしれない病気とかなのかな?

だったらつっつんも、ちゃんと考えてほしいな☆彡


石野は高梨クンの友だちの男子からやさしくされて迷ってるけど
高梨クンはそんな2人を見て、なんとなくフクザツそう?

高梨クンは石野のこと気になってるのかも?


あと、薫クンが高梨クンにあいさつに行って、スゴイちゃんとしてた
大人より、大人ってゆう感じ。。
アンズが好きになっちゃうの分かるよね^^



とにかく色葉には、あんまり時間がないのかも?
何かあるんだったら
つっつんに、ほんとのこと話した方がいいんじゃないのかな?☆彡
{/netabare}
{/netabare}
episode☆20 オレの友だちかもしれない奴がくっついた件について。
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
母親が病院に運び込まれたと連絡を受けた高梨は病院に駆けつける。母親は仕事中に脚立から落ちて脳震盪を起こしただけの軽傷だったが、3日間の入院が必要だという。妹・あんずのために夕食の買い物をしにスーパーへ向かう高梨は、途中で石野と出会う。高梨家の事情を聞いた石野は、友達なのだから自分を頼ってほしいと伝え、その日の夕食作りを手伝うことに。夕食の準備をする石野と高梨は口ゲンカばかりしてしまう。あんずに誘われて一緒に夕食まで食べていくことになった石野は、次の連休に桜田と出かける予定だと話すと、高梨が行くなと言ってきて…!?
{/netabare}
感想
{netabare}
メインは石野と高梨クンのあらすじのおはなしだったけど
とうとう高梨クンがデレたみたい^^

でも「好きだ」って言わないで(高梨クンの友だちとのデートに)「行くな」
ってゆうなんて、ヒキョーだって思う。。

でも、さいごには「好きだよ」って言ってくれてよかった♪
(「。。って言っておく」はよけいだったけど^^)


あと、綾戸は伊東クンに「もっと私のこと知ってほしい!」
って言ってたけど、それってHのこと?

それも大事だからいいって思うけど
いっしょにゲームしたり、Hしたりするするのとおんなじくらい
今までどんなことがあって、どんなことして、どう思ったかとか話すとか
おたがいをもっと知るのに、大事なことっていっぱいありそう。。

じゃないと、もし、伊東クンよりいい人があらわれて
綾戸にプロポーズしたら、綾戸はその人のほうに行っちゃうの?

でも、伊東クンといろんなことを話して、分かりあえてたら
どんないい人があらわれても
伊東クンのほうが綾戸のこと分かってくれてるから、強いって思うな。。


さいごはつっつんと色葉で、2人はずっといっしょにいたいって思ってるけど
色葉には、あと1か月くらいしか時間がないみたい。。

入院しないといけない、とかなのかな?
それでも、つき合うことくらいできるんじゃないのかな?
{/netabare}
{/netabare}
episode☆21 オレの高校生活の悔いなき選択の件について。
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
連休中に高梨と石野が付き合うことになったと話を聞く筒井たち。何か話したそうな伊東も筒井に連休中の綾戸の家での出来事を報告する。翌日、中庭に集まり高梨と石野のお祝いをする一同の話題は卒業後の進路のことに。意外にもしっかり進路を考えている高梨や伊東。筒井は話が色葉のことに及ぶのを遮りつつも、色葉との時間が少なくなってきていることを感じる。周囲が受験勉強に焦りだしているのを見ながらも、色葉のことが気になる筒井。高梨に勉強を教えている筒井は、後悔したくないので残された時間でやるだけのことはやりたいという高梨の言葉を聞いて、ある決心をするのだった…。
{/netabare}
感想
{netabare}
時間がないってあせるつっつんが、勉強そっちのけで色葉と遊ぶおはなしで
2人で10月の海に行って遊んだあと、びしょぬれになって
つっつんがあたたかい飲み物を買ってくる間に
つっつんのかばんの中をのぞき見した色葉が見つけたのは
デートプランがぎっちり書かれたリポート。。

帰ってきたつっつんにハグして
泣きながら「転校するってウソだよ」って言った色葉に
つっつんが「寒いから泊まっていこうか?」って。。

さいごは泣きながら見てた。。


今までは、色葉のこと大事にしよう、って思って考えなかったけど
伊東クンと綾戸の話を聞いて、そうゆうこともアリなのかも?って
考えが変わったのもあるのかな?

それとも、ただ、あせってるだけなのかな?


色葉の病気って、助かっても、動けなくなっちゃう病気とか
死ぬ確率が高い病気?
もしかして、命にかかわるけど、男子には言いにくい病気とか?

どうしてつっつんにもホントのこと言えないんだろう?
言ったらもうちょっと、何かしてあげれるかもしれないのに。。
{/netabare}
{/netabare}
episode☆22 オレが生命の神秘を考える件について。
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
学校を抜け出して季節外れの海にやってきた筒井と色葉。夕方になり近くの民宿に泊まることにするが、高校生のふたりは立て続けに民宿に断られてしまう。奥さんが家出中で休業していた民宿だけが筒井と色葉を泊めてくれることになった。翌朝、帰りの駅の売店で大仏のキーホルダーを見つけてお揃いで買う色葉。しかし、帰宅した色葉を待ち構えていたのは朝帰りをしたことを責める千夏だった。千夏は筒井のためにももうつきあうのはやめて離れてやるようにと言う。翌日、久々に伊東と一緒に下校する筒井は色葉がもうすぐいなくなってしまうことを伝える。それはいままで誰にも話していなかったことだった…。
{/netabare}
感想
{netabare}
まだ、いっしょにやりたいことはいっぱいあるけど
いちばん大事なことはすませたから、もういいや、ってあきらめたのかな?
色葉がとつぜん学校に来なくなって。。



色葉がさようならって言いたくない気持ちは分かるけど
急にだと心配するし、やっぱりほんとのこと、言ってよかったって思う。。

脳の病気で、手術すると、生きてても記憶はなくなるみたいな。。

それって「一週間フレンズ。」みたいな感じかな?

忘れたくないことだったら、日記に書いておいておけばいいんじゃない?
あとで毎日の思いを読めば
記憶がなくったってつたわることがあるんじゃないかな?

忘れないで、帰って来てくれればいいけど☆彡
{/netabare}
{/netabare}
episode☆23 オレとあいつの最後の約束の件について。
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
色葉が学校に来なくなり生ける屍のようになっている筒井。学校内では色葉は海外に行ったことになっていた。大学受験もどうでもいいという筒井を見かねた伊東や高梨たちが励まそうとするが効果がない。筒井から話を聞いていた伊東は、高梨や石野に色葉の本当の事情を打ち明ける。高梨から話を聞いた筒井の弟・薫は母・紀江にそのことを話した。紀江は大変なのは色葉のほうで落ち込んでいるのを色葉が喜ぶはずがないと筒井にカツを入れる。その一言に目を覚ました筒井は猛勉強を開始して大学受験を迎えた。合格発表の日、さすがに今年は合格できないだろうと思った伊東たちは筒井を元気づけようと発表会場にやってくるが…。
{/netabare}
感想
{netabare}
色葉がいなくなって、つっつんがすっごく落ち込んで
それを友だちが元気づけるおはなしだったけど
見てるだけでなみだが出てきちゃった。。

でも、色葉って死んだわけじゃないんだから
はなれても、手紙くらい送れたのに、って思った。。

色葉がつっつんのこと、わすれても
色葉に幸せになってもらいたいって思ってる人がいるっている伝わったら
それってジャマにはならないんじゃないのかな?って

それは色葉もおんなじだって思う

病院で手術して、死ぬんだってしても
手術するまでは自分のままなんだから、手紙とか書けるって思う

できなくなる時まで、色葉はつっつんの手紙を読みたいし
自分も書きたいんじゃないのかな?って。。

死んだ人にだって、わざわざお墓まいりに行って、いろいろ話すのに
引っ越しただけで、いない人になっちゃうって何だか変。。


あと、落ち込んでるつっつんに
はげましたり、死ねって言ったりするとほんとに死んじゃうかも?

ふつうにいつも、話しかけるだけでいいんじゃないかな?


あと、後半、いきなり大人になっちゃったところはビックリ!
つっつん、ふつうにイケメンだし^^

ときどきすぐに帰る、って何かあったのかな?って思ってたらアニメww
でも、ただのアニメだって思ってたら伊東クンがメカニックデザイン!
石野と高梨クンたちはできちゃった結婚するって^^


で、終わりなのかな?って思ってたら
弟といっしょに日本に帰ってきて、忘れちゃった思い出の場所めぐり。。

けっきょくアメリカに帰るみたいだけど
来週はつっつんと会うのかな?☆彡
{/netabare}
{/netabare}
episode☆24 オレとあいつの未来の件について。
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
7年後。一時帰国していた色葉はロサンゼルスに帰って千夏と暮らすことを決意していた。記憶のない高校時代の荷物を整理していた色葉は、まだ思い出していないとても大事なことがあるような気がする。その話を聞いた千夏は、とある場所へ色葉を連れ出した。やってきたのは筒井が勤める会社のビルだった。出てきた筒井は色葉に気づき駆け寄って抱きしめるが、色葉は筒井のことを思い出さなかった。元気でと立ち去ろうとする筒井。色葉は筒井のカバンについているキーホルダーを見て筒井を呼び止める。それはふたりが海の近くの民宿に泊まった時に買った大仏のキーホルダーだった…。
{/netabare}
感想
{netabare}
千夏クン、さいごにいいことしてくれてよかった☆

手術してから7年いっしょにいて
色葉が、むかし自分が好きだった色葉じゃないことに気がついたのかな。。


それから色葉も、何か大事なことわすれてるのに気がつけて良かった

つっつんの性格って、高校のときよりは明るくなったけど
キホンあんまり変わってなくって、自分が引こうってするから
今回だって、記憶のない色葉が止めてくれなかったら
もうちょっとで分かれたままだった。。

ハッピーエンドだと思ってたけど、やっぱりハッピーエンドでよかった♪



あと、みんなあの後、うまくいってるみたいだったけど
綾戸が伊東クンと別れた、ってゆうのが意外だった!

それでバツイチって、伊東クンと何があったのか気になるよね^^

でも、4組もいて、7年後もみんなうまくいってるってウソっぽいから
1組くらい別れてる、ってゆうほうがふつうなのかも?
バツイチになって、これからまた、伊東クンとつき合いそうな感じもあったし
それはそれでよかったのかも?

ただ、伊東クンはいそがしそうだから、つき合ってるヒマなんかないのかな?
でも、会社で人がたおれるのが当たり前みたいになってるってギャグだよね?
伊東クンって、みんなからいい人に思われてるみたいだけど
ほんとは悪い人なのかも?

前に戦争アニメか何かで言ってたけど「いい上官は部下を殺す」って。。
イヤな上官だったら、戦争で不利になったらみんな逃げるけど
いい上官だとみんながんばって、さいごまで戦って死んじゃうんだって。。

誰かが死んじゃう前に、何とかした方がいいと思う☆彡
{/netabare}
{/netabare}


見おわって。。


オタク系男子と一見リア充女子の青春ラブコメで
おたがいに、ぜんぜん分かりあえないところからはじまって
いろいろあって分かりあってゆくところがよかった☆

ちょっと、メインキャラの性格が変わりすぎみたいなところもあったけど
ときどきわらったり泣いたり、悩んだりしながら成長していく
いいラブコメだった☆



投稿 : 2019/03/28
閲覧 : 197
サンキュー:

25

猫耳サイクロップス

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

THE 平均

ジャンル:学園純愛?

主人公はあまり好きにはなれなかったし物語もあまり特別ではない。
でも一応完走した。

総評:
「平均的に面白い」

投稿 : 2019/03/28
閲覧 : 32
サンキュー:

2

ビスケット1号

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

破顔

私にはどんなに一生懸命やってもできないことがあります。

他人の気持ちを理解するとか
近くにいる人に気を配るとか
言っちゃいけないことがわかるとか
そっとしておいてあげることとか
きっと何かが決定的に欠けてるんじゃないかと思います。

つっつんもちょっとそんな感じなんですけど、でも一生懸命いろはのことや周りのともだちのことを考えようとして、決して諦めません。

いろはは、そのつっつんのせいで何度も傷ついたり苛立ったりするけど、でもやっぱりつっつんとのことを絶対諦めないで見つめ続けます。

私がつっつんと同じだと思うのは、”傍観者”という立場が大嫌いというところです。
だから私も、何度繰り返しになってでも、やっぱり諦めたくないです。

それなので、こんなアニメだけど観るとポロポロ涙が出てきます。



この2期ではEDの フジファブリックの曲が大好きです。

♪会いたい人に会えたかな なりたい人になれたかな
 君が君らしくいることで 僕が僕らしくいれたよ

 何もいらない さあ行こう 心配なんか何もない
 さあ行こう


この曲のタイトルがどうして「破顔」というのかわからないけど、
じたばたしてあたふたして、駆けずり回ってたどりついたところには、
本当の笑顔が待っているといいですね。

投稿 : 2019/03/27
閲覧 : 60
サンキュー:

12

70366

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

最終話のEDずるい。
全然予想してなかったからウルっときた。

投稿 : 2019/03/27
閲覧 : 17
サンキュー:

3

えたんだーる

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

いかにも少女マンガっぽいラブコメにオタク要素を振りかけてみた感じ?

== [下記は2クール目 第4話視聴時レビュー: 以下、追記あり。] ==
マンガ原作(未読)がある、分割2クール作品の2クール目です。1クール目を観ていないとほとんど意味不明ではないかと思われます。話数のナンバリングも1クール目からの継続となっています。

オタク要素というのは主人公の筒井光(つつい ひかる: 通称つっつん)、その親友の伊東くんや後輩の綾戸さんといったメインキャラにあてはまりますが、1クール目を観ている前提なのかキャラクターに関する説明的な描写は特にありません。

1クール目同様、特に作画に力を入れた作品ではありません。が、最初からそこを落としどころに考えているせいなのかいわゆる「作画崩壊」的なものには至らないのでその点については安心して観ています。

以下、1クール目を視聴済みの方向け:

このレビューを書いている時点で、#16(第2クール4話目)まで視聴済みです。ここまでのところ、1クール目で少しだけ明かされているヒロイン五十嵐色葉(いがらし いろは)に関する設定は鳴りをひそめていて普通に「良作ラブコメ」状態となっています。

上記の問題は中盤以降で浮上し、クライマックスへつながっていくものと予想されます。おそらく上記問題が浮上するまでつっつん脳内の「魔法少女えぞみち」の出番もほとんどないのではないかと思います。実際#16までえぞみちはまったく出てきていません。個人的にはえぞみちはけっこう好きなんですけどね…。
== [2クール目 第4話視聴時レビュー、ここまで。] ==

2019.3.27追記:
最終回まで観終わりました。#16視聴終了時のレビューでの予想を特に覆すこともなく終わりましたが、こういうベタなラブストーリーもたまには良いですよね。

主人公カップルの他に特筆すべき登場キャラクターがいるとすれば、なんといっても石野さんでしょう。彼女がいなかったらおそらく輝かしい青春を充分に送ることもなく、グループは早期に崩壊していたに違いありません。

ということで、MVP: 石野ありさ(笑)

投稿 : 2019/03/27
閲覧 : 95
サンキュー:

22

ネタバレ

やまま

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

終盤にかけて泣かせにくる作品

ep22話の色葉が自分の病気を筒井に打ち明けるシーンで涙が止まらなかった(T-T)
最後にはハッピーエンドになって本当に良かった(T-T)
ここまで泣けたアニメは久し振りで監督や制作スタッフ、声優の方にも感謝しかない作品。

投稿 : 2019/03/27
閲覧 : 58
サンキュー:

5

ネタバレ

※アニをた獣医学生◎

★★★★☆ 3.5
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

繋がりの大切さをしる作品。

原作未読➡既読。とても良い物語です。

いとうの漢字。伊東でした。


ねこみみやめた伊藤くん。すごく良い。
頑張れ。頑張ってくれ。
作画は不安残るけど、内容好きなので問題ないね。

つっつん、彼女はつっつんの一番ならそれでいいのだよ。わかってやれ。
五十嵐さん、巻きに巻き込まれるが、なんだかんだ引き受ける、ミスコン。
つっつんも伊藤くんも大変だぁ。

14話。石野さん、優しさがにじみ溢れてる。
イトウ。メイドさんだったのか…
好きな人にメイドがばれても問題はない!

総支配人…つっつん。やるな。
綾戸さん、つっつんたちのお陰で色々変われたね。
つっつんもよく見てる。
綾戸さんの好きなとこいっぱいあるんだな…

15話。こういう細やかな日常。好き。
と思ったら、親父さん。浮気かい?まあ、そんなわけないな。つっつんと似て言葉足らずなのかな?
と思ったら浮気だと…?親父さん。
離婚騒動。つっつん、どうする。

やはり言葉足らずか。つっつんと似ている。
伝えろよ~♪
北海道~♪ 阻止しろ!つっつん! 

16話。つっつんのお父さん、いい人ではあるね。

あやどさんと伊藤くんもうまくいかない。
あやどさん、知らないうちに好きだなぁ…って気づいちゃうよね。

つっつんお父さん、イケメンだな。お母さんも美人。
接着剤ヲタク。ママさん、美人でイケメンだな。
お父さん、空回りしすぎだなぁ。

つっつん、かっけ~♪そばにいるのに手を離すなか。

17話。綾戸さんと伊藤くん、おめでとう。
だけど綾戸さん、意識しすぎて伊藤くんと少しすれ違いが発生。言葉がうまく言えない綾戸さん、そんな彼女が一歩を踏み出す。
少し妄想しちゃってるだけなんです。

少し暴走気味の綾戸さんは、恋する乙女です。

18話。石野さんが本当にいいこすぎる…
お節介すぎるけど、困ってる人は放っておけない石野さんなのです。
19話。イロハ弟登場。つっつんだいすきイロハさん。

石野さん、彼女はどうするかなぁ。

それにしても、イトウくんとつっつんは本当に仲が良い。つっつんはその先に進まないのかな?
そんなとき、イロハさん、旅行にいきたいと!攻めます!
つっつんの弟、冷静に分析してんなぁ。本気の恋してるなぁ。お兄さん、許してくれるかな?

タカナシくんは、どうしたい?

つっつんはイロハさんの深いところに踏み込みたくない?勇気がない?それとも…何かあるのかい?
イロハさんはつっつんと楽しく旅行がしたいんだろう。二人で楽しみたいんだよ。

おおおお!つっつん、男みせるねぇ~♪旅行楽しんでいってらっしゃい!

20話。みっちゃん話。母親が?倒れたけど、無事でした。杏ちゃん、ヒジキ食いたいんだ(笑)
石野さん、良い女すぎる。姐さんだ!
みっちゃんさんは不器用だ。お前ら夫婦か?夫婦なんか?結婚しろ。

つっつんは時間がないことを少し焦ってる。

石野さんとみっちゃんさんはこんなんで仲悪くなったりしない。
でも、みっちゃんさんは好きなのを認めたくない自分もいるんだろうな。それを含めてみっちゃんさんっぽいけど。好き以上の何か。キースキース!

石野さん、お幸せに!

綾戸さんの肉食系な感じ、ドキドキするね!
綾戸さん、攻めるね!大事にするということが触れないことか、触れることか。

話かわってつっつん宅。つっつんの選択。それが鍵になりそう。手を離すなよ!つっつん。
病気なのか?やめてくれ…

21話。進路の話。そして五十嵐さんとのこれから。
五十嵐さんの隠していること。もうこれ以上…
残された時間。五十嵐さんとの残された時間。
高校生活の最後までを五十嵐さんと過ごす。
それがつっつんの選択。

転校するなんて嘘。そう。彼女は病気なのだ。
脳の。そして手術をするんだ。だからね…

22話。真実を知らされるつっつん。
その事実は残酷すぎた。「さよならだよ。」
彼女はそう言った。この前まであんなに幸せだったのに。五十嵐さんの頭にはムシ…腫瘍だろう…
手術をする。どうして彼女なんだ。なんでこんなに辛いんだ。どうして何もしてやれないんだ…
つっつんはどうしようもなく、イロハと泣く。

(大仏キーホルダー、重要です。)

23話。五十嵐さんはつっつんにしか言わなかった。
つっつんも一人で抱え込む。
でも、五十嵐さんと出会ってつっつんは他にも色々な人に出会い、経験した。それがいまここにある。


つっつん、東大一発合格で就職もでき、順調。
でも、彼女は、五十嵐さんはいない。

そんな中、五十嵐さんは記憶をなくし、弟とロスから帰ってきた。そして弟は義理だったのか。いろはさんのこと好きだったんだな。五十嵐さんもなんかかっこよくなっている。このままなにも知らずに帰るのか?

次回、見逃せない。

最終話。五十嵐さんの記憶。つっつんは自分より五十嵐さんの幸せを願う。それでも五十嵐さんは胸のつっかえがとれない。彼女は誰よりつっつんが好きだった。キーホルダーで少しだけ思い出す。

そんなこんなで、思い出すのです。

アニメだもの。ご都合でよいでしょう。
二人はまた好きになる。御互いに。

御幸せに!
おめでた!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
しっかり恋愛してる恋愛アニメです。ギャグよりだけど、話はしっかりしてます。
恋愛アニメ好きな人は普通に好きだと思います。

伊東くん、超大変そう。綾戸さんと伊東くんは、なんだかんだで付き合ってたけど、別れてしまったんですよね。伊東くんが大変すぎて。

そして切ないことに、伊東くんは {netabare} 綾戸さんの幸せを見守ることを選び、くっつきません。またくっつく未来を少し望みます。 {/netabare}

良い恋愛でした。

投稿 : 2019/03/27
閲覧 : 109
サンキュー:

5

山本耀司

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

とりあえず

1話視聴。一期と似たような話のテンポで進んでいきそうな予感なので途中で大崩壊しない限りは最後まで観ると思われ。
つまらなくはないが、大絶賛するような名作にもならないであろう作品。(予想)

投稿 : 2019/01/10
閲覧 : 29
サンキュー:

2

かがみこなた

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/06/16
閲覧 : 0

blue_with

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/06/03
閲覧 : 1
次の30件を表示

3D彼女 リアルガール(第2シーズン)のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
3D彼女 リアルガール(第2シーズン)のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

3D彼女 リアルガール(第2シーズン)のストーリー・あらすじ

高校三年生の筒井光(つつい・ひかり)はいわゆるオタク少年。
ゲームやアニメの二次元の女の子さえいれば一人で生きていけると思っていた…。
ところが、超絶3D(リアル)美少女・五十嵐色葉(いがらし・いろは)から、いきなり告白されて、お付き合いをすることに!
奔放な色葉に振り回されながらどんどん好きになってしまう筒井だけど…。(TVアニメ動画『3D彼女 リアルガール(第2シーズン)』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2019年冬アニメ
制作会社
フッズエンタテインメント
公式サイト
www.3dkanojo-anime.com/
主題歌
【OP】BiSH「二人なら」【ED】フジファブリック「破顔」

声優・キャラクター

芹澤優、上西哲平、蒼井翔太、津田美波、寺島拓篤、上田麗奈、神田沙也加

スタッフ

原作:那波マオ「3D彼女 リアルガール」(講談社「KCデザート」刊)
監督:直谷たかし、副監督:浅見松雄、シリーズ構成:赤尾でこ、キャラクターデザイン:栗田聡美、総作画監督:栗田聡美/安田祥子、色彩設計:長澤諒司、美術監督:松宮正純、撮影監督:久野充博、編集:長谷川舞、音響監督:伊藤巧、音響効果:白石唯果、音響制作:HALF H・P STUDIO、音楽:Akiyoshi Yasuda

このアニメの類似作品

この頃(2019年冬アニメ)の他の作品

ページの先頭へ