新型コロナウイルス感染症(COVID-19/SARS-CoV-2)の感染拡大の影響を受け、一部作品の放送・配信時期に延期、変更が発生しております。
掲載している放送時期と異なる場合がありますのでご了承ください。

「裏世界ピクニック(TVアニメ動画)」

総合得点
65.6
感想・評価
222
棚に入れた
668
ランキング
2599
★★★★☆ 3.2 (222)
物語
2.9
作画
3.2
声優
3.3
音楽
3.2
キャラ
3.1

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

裏世界ピクニックの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

スイキ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ホラーアドベンチャー!

ホラーアドベンチャー ダブルヒロインものアニメ
裏世界で行方不明になった友人を探す内容

ホラーものだがさほど怖くなく
グロはない
得体の知れなさからくる気持ち悪さがある

裏世界に行っては逃げて帰ってくるの繰り返し
安心して見てられるホラー
不思議な世界観の作品

投稿 : 2021/07/16
閲覧 : 11
サンキュー:

0

ネタバレ

単作者 さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.7
物語 : 1.5 作画 : 2.0 声優 : 2.0 音楽 : 1.5 キャラ : 1.5 状態:観終わった

都市伝説に手を出せばウケると思ったのかな?

様々な都市伝説について扱っているが、どれも強引に感じ物語のために無理矢理改悪された様に見える。
キャラの性格も、どのキャラもいい人とは思えず平均的な少しクズといった者ばかりであった。米軍無視して帰ってしばらく助けに行かないのはさすがに引いた。

投稿 : 2021/06/18
閲覧 : 64
サンキュー:

2

ネタバレ

Yuyu さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7
物語 : 1.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルなし

なんか帽子でゲートをいきなり作り出したあたりから本当にテキトーに作ったストーリーなんだろうなと思いましたね。

なんだよ。私のやるようにやってて笑

それともまたあれか
推理物の禁じ手、主人公が記憶喪失の犯人アゲインか?

投稿 : 2021/06/11
閲覧 : 57
サンキュー:

2

ネタバレ

teji さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

思ってた以上に面白かった

漫画で読んだ時はイマイチ感が否めなかったけど
面白いやん 是非 続きが見たい
裏世界あるなら 危険でも行きたいものですね

投稿 : 2021/06/02
閲覧 : 60
サンキュー:

1

ネタバレ

TaXSe33187 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8
物語 : 3.0 作画 : 2.0 声優 : 3.5 音楽 : 2.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

輪郭のクッキリした怪談の難しさ

原作未読、最終話まで一気に視聴
序盤はかなり退屈だったけど中盤から盛り上がりが見えてきて、だけど膨らみきる前に終わった感じ

女の子二人が危険な目にあいながら裏世界を探索するっていう大筋は割と好き
ただ、消えた友人を探すっていう目的意識が半端にあるせいで裏世界に行く説得力が逆に薄れた印象がある
(少なくとも表面上は)六面体を拾って金稼ぎとか裏世界そのものを楽しむ空気感が序盤から大きすぎる
そのため「サツキはきっと生きてるから早く見つけないと!」という表での言動はあまり噛み合ってない
逆に「友人は探すけど、それはそれとして裏世界を探検したい!」な雰囲気の沖縄以降の振る舞いの方が説得力があった

きさらぎ駅以降メインになる「表で過ごしていたらいつの間にか裏側(ないし中間)に来てしまう」というのは面白かった
日常が不意に非日常へと切り替わる恐怖はネットロアに限らず怪談モノの得意分野だよなと
ここに消えた友人の影が加わることでこの作品自体の軸がきちんとハマった印象
正直アニメで描かれた範囲だけだと表題の「裏世界ピクニック」している場面よりもこちらのベーシックな怪談のが楽しめた

ただ、気になる点も割と目立つ作品だった
{netabare}まずは脚本
水着で遊んで地元に帰って、思い出したから米軍救出作戦という謎の流れは意味がわからなかった
あの辺はアニメのために水着を救出作戦より優先させたらしい
その割に前後の話で整合性を取ろうとせず、
「武器を持たずに裏世界に行ってしまったのに、沖縄に行ったら鞄に入らないサイズのライフルを装備してる」
という誰がどう見てもツッコミどころにしかならない展開が描かれてしまっている

そしてもう1つ、音楽
OP曲の雰囲気を友情だの百合だのに振り切ったのは個人的に好きじゃない
裏世界でドタバタコメディをやるならそれもアリだけど、基本は怪異から逃げるだの倒すだのなわけで…
等身大の高校生が等身大の謎を解決して人間関係に踏み込む「氷菓」のような形式ならともかく、
ベースはポップでも非日常に焦点を当てたテーマの物語にはあまり合っていない
そういう「二人の友情」を音楽にするならEDだけで良かったんじゃね?という印象

ただ、そういう主観を抜きに酷いと感じたのがきさらぎ駅のBGM
なぜ囃子が流れる場面でBGMそのままにしたのか…
急に踏切の音が聞こえてきて囃子のような音楽が流れてきて…という「空気の切り替わり」が恐怖を煽る場面だろうと
緊張感を煽る汎用BGMを何も考えず被せているせいで音による恐怖演出はむしろ減退している
恐怖を煽りたいならSEにこだわって、BGMはアクションシーンだけに絞っていい
この場面に限らずBGMの主張が全体的に激しく緩急にかけるシーンが多い
曲自体はきちんと内容を掴んだものになっているだけに残念

そして最後は演出面
これは単純な作画の甘さとかではなくて、怪談との相性の悪さの話
クネクネとか巨頭オなどの恐怖は文字情報から姿を想像する部分こそが肝になっている
「よく分からないけど怖い」「見たら正気を失う姿」という未知の部分で恐怖を煽る話のため、アニメにすると恐怖は8割減と言っていい
これがゲームなら体験による恐怖を味わえるので視覚化のデメリットを補える
ただ、アニメの場合腰を据えて眺めるため「正体不明のなにか(という体のイラスト)」という見方になってしまう

これの拍子抜け感を補うために、怪異を化け物らしさに溢れるビジュアルにしている
ここまでならいいんだけど、この作品の場合「銃による解決」がちょいちょい描かれる
この2つが悪い意味で相乗効果を生んでしまって、ネット怪談のB級感ではなくクリーチャーパニックのそれになっている

加えて「見ることで存在を確定する」「見すぎると精神に影響を与える」というのがアニメではちょっと微妙
相手が枯尾花なのは分かるのに、その花がなんなのかは分からないまま破壊することになる
言ってしまうとお化け屋敷の最中にタネだけ確認してびっくりポイントをスタッフ通路で回避するような展開

ビジュアル的に分かりやすい化け物を、機械仕掛けの玩具だと認識して、物理的に破壊して解決し、でも原因は放置
文字媒体で恐怖や想像を煽るためのギミックが、視覚に訴えるアニメではとことん逆効果という印象
{/netabare}

アニメとしては問題の多い作品ではあったけど、話自体は割と楽しめた
2期3期とやってほしいわけではないけどやるなら見るかな?ってのが総評

投稿 : 2021/04/25
閲覧 : 123
サンキュー:

4

ネタバレ

ごる さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイトルと違ってホラーテイストがww

タイトルはノホホン系か異世界系かなと思いましたが、見たらなんかホラーじゃんΣ(´□`;)
怖い世界の話じゃん( °◊° )…ヒエーって感じですww

異様な世界観なので、最初は微妙な感じがしますが、見ていくと面白いです(・∀・)
ただ、ラストは裏世界に繋がった要因とかサツキの事など一切わからないままなので、ちょっと失速して終わります(。-_-。)

ソラオって最初男だと思ったけど違うのねw
そして、エンディングがすごくいい曲(* ̄ω ̄)

投稿 : 2021/04/16
閲覧 : 66
サンキュー:

5

ネタバレ

MuraBustan さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

やや百合

オッドアイ大流行。

投稿 : 2021/04/14
閲覧 : 35
サンキュー:

7

ネタバレ

ジャスミン茶 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

メリハリが…

原作は未読
メリハリやスピード感に欠けるので最初は3~4話で断念しましたが、今期アニメの終了に伴い、改めて最初から一気見しました

先ず題名の『ピクニック』に引っ掛かりましたが、なるほど主人公の女の子達が一応毎回怖い目にあっているのにも拘わらず、直ぐに再び異世界を訪れちゃう(笑)
これは彼女達の境遇にも依るのでしょうが

都市伝説がテーマと言うことで敢えてボヤっとさせる事を製作陣が意図したのかは不明ですが、この異世界については回が進んでも詳細が明らかにされず、化け物についても結局最後まで解らずじまいでした

また主人公のみならず、彼女達が異世界から救出しようとしている家庭教師のお姉さんについても深堀りがされなかった為に、感情移入をしづらかったですね

一応海兵隊を救出すると言う成果はあったものの、山場と言った山場は無く、やはり作品を通してメリハリやスピード感には乏しく、終始ダラダラしていた感は否めないかな~と

百合感について言及されてる方もおられましたが、そっちに振るのならキャストに茅野さんは違ったのかなと個人的には思いました
勿論、彼女は大好きな声優さんの1人なんですけどもね

投稿 : 2021/04/03
閲覧 : 122
サンキュー:

4

ネタバレ

フリ-クス さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 1.5 状態:観終わった

キャラ設定が微妙すぎてリズムが崩れてる、かも

あくまでも『好み』の問題だと思うのだけれど、
監督がメインヒロイン二人のキャラ付けを『ふつう』に寄せすぎて、
物語のリズム感が崩れちゃった印象のある作品です。

女子大生二人が、いなくなった友達を探して
ホラー要素たっぷりの異世界を探検する、
その基本構成は決して悪くないと思うんですけれど。

まずヒロインの一人目、めがねっ子の空魚の基本属性は『地味子』。
それ自体は是も非もないのだけれど、
その『地味さ』をリアルに寄せすぎていて、正直ウザいです。
相方の島子に寄せる恋慕や独占欲も重たすぎて
少なくとも僕は、とても応援する気になれませんでした。

『オタ恋』で悠木碧さんが演ったみたいに
極振りした方がキャラが立ったんじゃないかしら。

そして相方の島子は、行動的でちょっと雑めのイマドキ女子。
こっちもリアルに寄せすぎていて『はっちゃけ感』が薄いんです。

そもそも島子を演じている茅野さん自身が、
ゆるふわ系の役を除くと、リアルに寄せるタイプの役者さんですよね。
たとえば本渡楓さんみたいに
「一人でしゃべらせるだけで爆発的にその場の空気をもっていく」
みたいな芸風は最初から計算に入っていない方です。

要するに『動』と『静』二人のヒロインが、
どっちも真ん中に寄っちゃって、
二人の対比の面白みが薄れてしまっているんですよ。

だから日常的な二人の掛け合いに、引き込まれ感がない。
さらに、緊迫した場面になると、
どっちがどっちでもいいんじゃね、ぐらい
差別化が曖昧になってしまうんです。

もちろん、それは監督の意図したことなのだろうけど。

平成アニメ的な『メリ』と『ハリ』ではなく、
リアリティの感じられるキャラで物語を構築したい。
そうした意図は、演出の随所にも伺えます。

あとはそれを『斬新・新鮮』と受け取ってもらえるか、
『なんかドライブ感がないなあ』と受け止められるか。

申し訳ないけれど、僕は後者でした。
他の物語ならともかくファンタジーでこれをやるのは、
まだちょっと機が熟していないのかなあ、と。

だから『万人』にはお勧めしません。
アニオタ的な方よりも、
キャンキャンのアニメ声や過剰演出に抵抗のある人の方が、
ゆったりと楽しめるのではと思う次第です。

投稿 : 2021/03/30
閲覧 : 93
サンキュー:

9

ネタバレ

タック二階堂 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 2.0 作画 : 2.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

ピクニック? そんな呑気な物語じゃない!

詳細は公式でも。

ハヤカワ文庫JAから刊行されているライトノベルで、インターネット上で実話怪談として語られる危険な存在が出現する裏世界への扉が開いた廃屋を発見したヒロイン2人が探索をするというストーリー。SF要素あり、ホラー要素あり、百合アニメとしての側面もあるといった盛りだくさんの作品という印象ですね。

監督は「STEINS;GATE」の佐藤卓哉さん、制作は同曜日放送「たとえばラストダンジョンがなんちゃら」と同じライデンフィルムです。メインの声優も花守ゆみりさん、茅野愛衣さんと同じ。さらに日高里菜さん、富田美憂さんと、なかなか豪華な布陣です。

女子大生2人がメインヒロインというのも珍しいので、どう転ぶか楽しみな作品です。ちょっと追いかけてみようかなって感じのアニメですね。

で、初回。くねくねという裏世界の怪物を倒せば鏡のようなキューブが手に入るということで、それが高く売れるからと2人は裏世界でくねくね探索に行きまっせという話。

世界観の説明、メインキャラの性格や暮らしぶり(空魚だけだけど)が過不足なく見せられ、しかも続きが気になる展開で上々の立ち上がりと言っていいと思います。今後、小桜とカラテカ(空手キャスティングで富田美憂さん?)というキャラが出揃って、どうなるかというところでしょうね。とりま継続視聴です。

=====第5話視聴後、追記です。
{netabare}
実話怪談として語られている都市伝説をモチーフにしているとは言え、ここまでは正直、知らない都市伝説ばかりだったので「まあ、こんなもんなのかな」というB級ホラーのようなもの、として観ていました。

でも、さすがに「きさらぎ駅」は聞いたことがあり、どう料理するのかなと思っていました。が……、

酔っ払って池袋駅まで帰る途中に裏世界へ飛ばされた2人。なんか、変なロボットみたいな殺人マシーンに追いかけられ、逃げた先の線路で出会ったのが沖縄在留米国人兵たち。彼らと一緒に線路を歩きながら、何が起こったのか話を聞きつつ、到着したのが「きさらぎ駅」でした。待て次週!

え?
こういう話なの?

なんか、これならわざわざ実際に噂になった都市伝説をモチーフに使う意味がないんじゃないのかなって思いました。

ぶっちゃけ、ここまでの話も、単に裏世界に飛ばされて、ワケわからない怪物に追いかけられて、逃げ切ったり、銃で撃ち殺したりという“だけ”の話。で、リアル世界に帰ってきて「あー、怖かったねー」というルーティンワーク。そして次週には、さんざん怖い目に遭ったのに、また行こうという展開ばかりでした。

原作未読なので知りませんが、これ、明らかに制作陣が面白くしようと意気込んで作っているようには見えないんです。あくまで類推でしかないのですが、制作会社のライデンフィルム(共同制作ですが)は今期、これの他に3本(「はたらく細胞BLACK」「ラスダン」「オルタンシア・サーガ」)請け負っているので、単純に人的リソースが足りないんじゃないかと。作画も微妙ですしね。
{/netabare}
=====第6話視聴後、追記です。
{netabare}
怖くもなければ面白くもない……。
本当に「シュタゲ」の監督なんですかね。

ストーリーの都合でキャラを軽率な人間に描くのは良くないと思います。さんざん怖い目に遭ってるのに、次週にはケロッと裏世界に行こうと言い出すのは、やっぱり不自然です。必然性があって行くならともかく。

今回も諏訪部さんに電話はお勧めしないって言われたのに、なんも悪びれもせずにコザクラに電話する。それが助けを求めてならわかるけど、なんとなく掛けてみよう的な演出。変な声が聞こえる的な都合と、化け物が襲ってくる展開にしたい都合とか。

なんていうか、もっとやりようがあったんじゃないかなという作品。とりあえず、もう少しだけ観てみます。
{/netabare}
=====第7話視聴後、追記です。
{netabare}
この作風で、無理矢理の水着回。いや、要らんやろ。

そのせいで、Aパートはほぼ無駄。裏世界のビーチで、ビール飲んで、海に浮いてる流木を銃で撃つだけ。

で、化け物(沖縄のはずなのに関西弁)がたくさん出て、パラソルで帽子の柄を掴んだら元の世界に戻れちゃったよで終わり。

ビックリするくらい内容のないテコ入れ回でした。
ていうか、この作品のテコ入れは水着姿を見せるんじゃなくて、ストーリーの面白い展開を見せることだと思うんですが……。
{/netabare}
=====第9話視聴後、追記です。
{netabare}
ようやく出てきた、今をときめく人気女性声優・富田美憂さん演じるカラテカが絡むお話(前回もだけど)。

なんだけど……。

前回の「猫の忍者」もそうだけど、ビックリするほど面白くないストーリー。今回は、島袋美由利さん演じる夏妃のお悩みであるサンヌキさんがうんぬん。どーーーーーでもいい冨田さんと島袋さんの百合百合シーンとか、たいして怖くもないBBAのサンヌキさんをカラテカ(入江?)が退治するだの……。

マジでヤベエくらい面白くないですね。うーーーーん……。
{/netabare}
=====第10話視聴断念後、感想です。
{netabare}
最近よくあるのですが、録画まではしているのですが、どうしても続きを観ようという気持ちにならないというパターンです。

もともと出足はそこそこ好調だったと思うのですが、どんどん右肩下がりに面白くなくなっていき……。

タイトルにはピクニックなんて呑気な話じゃないと書きましたが、観ていくうちに「あー、この緊張感のなさは紛れもなくピクニックだ」と。怖い目に遭った裏世界に、次週にはすぐに行きたくなるし、裏世界の魔物もなにげに簡単に退治できたりしますし……。

致命的なのは、面白くなかったという点です。
{/netabare}

投稿 : 2021/03/29
閲覧 : 468
サンキュー:

11

ネタバレ

コタロー さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

裏世界を通じた友達物語

おもしろかった!

ホラー要素も強く少しビビりましたが
親友になるべく、相手の気持ちを考えた行動
好きだな〜

投稿 : 2021/03/28
閲覧 : 26
サンキュー:

4

ネタバレ

テナ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

本当は凄く面白い作品

私はアニメや漫画が好きですが、実は都市伝説とかオカルトも割と大好きです。
この作品は、コミックで読んでいる事もありアニメ化された事には凄く嬉しいです。

異世界エレベーター、キサラギ駅、クネクネ、など有名都市伝説を中心に描かれています。
都市伝説とかに興味なくても、この辺りの都市伝説なら知ってるって人は多いのではないでしょうか?

これはそんな裏世界に迷い込むことが出来る2人の少女が裏世界をピクニックするお話
ですが、ピクニック感は殆どありませんw
ピクニックだなんて癒し要素ではないかな?と思います。

ですが、都市伝説はとはあやふやな物でもあり正解がなく間違えもありません。
例えば、異世界エレベーターで言うと、作中では変な女が乗ってくるから乗せてはいけないと言う話でした。

これを色々調べてみると、女を乗せると書いてある場所もあれば変な女ではなく知り合いの女性と同じ顔の者が乗ってくると言う話もあります。

この様に、同じ都市伝説と言ってもバラバラな事が書かれてるのも事実です。
その点は少しあやふやなので変なイメージを付けてしまわない様にも工夫して作られている気がします。

この都市伝説ネタは何なのかの説明もしてくれたりと解りやすくも出来てると思います。
ですが、この作品の終わり方は凄く中途半端です……そもそも1クールで出来る様な作品ではなく、かなりカットされています(*꒪꒫꒪)

鳥子が行方不明になったエピソードもあんなにカットされまくりだとは思いませんでした……
個人的に細かく描いて1クール分のクネクネからキサラギ駅救出作戦までを2クールにしても良いくらいだと思いました。

この手の作品は都市伝説の面白さ不気味さ怖さが売りなのにエピソードをカットする事により、そう言う本質すらカットされていて視聴者に伝わらないと感じました。

鳥子やソラオは可愛く綺麗に描いかれて居たし色使いは良かったと思うのですが、カットされてたエピソードが残念でした。
2021年アニメでは期待してた分残念な気もします。

原作小説や漫画で読んでる人は内容もわかるかもしれません。
私もこの作品好きです。
最悪、頭の中にカットエピソードが入ってるからアニメも面白いしとは思います。

でも、面白いと思える作品こそ初見で見た視聴者さんが面白いと思える作品に仕上げて欲しかったです(*꒪꒫꒪)
都市伝説が舞台だし作品に合う合わないはあると思いますが、余りにカットし過ぎるのはそれ以前の問題かな?と思いますw

投稿 : 2021/03/25
閲覧 : 68
サンキュー:

16

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

別に面白くは…

米軍置き去りにして荒れた印象しかない。後から救ってはいるが。
銃連射して怪異をブチ殺すのではなく、化物語のように原因を根本から解決すれば良かったのに。

投稿 : 2021/03/25
閲覧 : 16
ネタバレ

AGjmW19572 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

微ホラー+百合バディ物の新手

ネットロアなどで噂される「もうひとつの現実」を「裏世界」と仮名した探索冒険物。
現実とシンクロしているようで、微妙にズレている世界を彷徨う。
異世界探索は転生物などでよくあるけれど、「きさらぎ駅」のような舞台を中心に選んだ冒険はおそらく本作が初めてじゃないでしょうか。

実社会と上手くやれないコミュ障の女子大生二人という設定も巧みですが、それゆえにお互いを理解し支え合うバディ物としてよく出来ているし楽しかったです。

ただ、この手のホラー物としては映像化が難しいなと感じました。
原作小説の「想像させる怖さ」に比べると、アニメはどうしても「実体化」しなくてはならないので、よほどセンスの良いデザインにしない限り、モンスター映画の二番煎じのようになってしまいます。
かと言ってストレートなホラーにすれば良いというわけでもなく。この、「怖くないようで気がつくと物凄く怖い」っていう微妙な距離感や空気が本作の最大の魅力なので、それをどう演出するかは今後の課題だと思います。単純に不気味なCGを使うとかそういうのではなく、演出や音楽でどこまで迫れるか…なので、それが上手くハマったら凄く良くなる気がするんです。

キャラについては、自分の好みの範囲で言えば、文句なく良かったです。
鳥子ちゃんは原作そのままのイメージだし、小桜ちゃんがまさかあそこまで可愛くなるとは思いませんでした。茜理ちゃんもまんま元気っ娘ですね。
一つだけ、主人公の空魚ちゃんのスタンスがちょっと陰にこもり過ぎているような気がしました。小説ではもっと図太いイメージだったので、花守さんも掴むのが難しかったんじゃないかなあと深読みしています。

なにしろ12話1クールという短い時間に詰め込むのは難しく。
原作の魅力を引き出す前に終わらざるを得なかった印象を受けました。

作画は外注回が辛かったですね。反面、作監が頑張った回は物凄く良いです。
シナリオは原作者の担当回は特に面白かった。原作小説の雰囲気が良く出てました。セリフも良かった。当たり前のようですが、シナリオもきちんと書けるなんて凄いなあと思います。

とにかく廃墟探索が楽しい!という人にお勧め。
こんな広大な廃墟世界を彷徨えるなんてワクワクしませんか?
怖いもの見たさの人にはあまりお勧め出来ませんが、現実の裏側に何かあって欲しい人間にとっては、またとない美味しいアニメでした。

投稿 : 2021/03/24
閲覧 : 41
サンキュー:

8

ネタバレ

ストライク さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

命がけのピクニックなんて、そんなのピクニックじゃない。

感想

う~ん
異世界の設定がなんでもアリで、作者の匙加減一つでやりたい放題の設定ができるので、なんだかイマイチ興味が持てず・・・あまり好みではなかったかなぁと。
それに、主人公である空魚は卑屈だし、異世界に行きたくない...けど鳥子が行くなら心配...と、なんだかエヴァの女版シンジ君って感じであまり好きになれなかったです。

目的は、鳥子の親友の冴月を探しに異世界へ行く訳だけど、冴月との邂逅は1回のみで、他は異世界へ行き戻りの件が続くのと、米軍救出で終り。

この先面白くなるのかなぁ?っと思い、最後まで見続けたけど...
結局全然ドキドキワクワクしなかったし、次回が気になる話でもなく、キャラもイマイチ感情移入できるわけでもなくで、何か一つ、魅力的なものがあればよかったんだろうけど、言ってしまえば全体的にも面白く感じませんでした。
残念。

もしかしてこれは軽い百合カテゴリーで楽しむものなの?
僕には響かなかったです(苦笑)



最後に
小桜って
アズールレーンの頭がよくなったラフィーみたいですねw

投稿 : 2021/03/24
閲覧 : 72
サンキュー:

26

ネタバレ

をれ、 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

[全12話視ました。]やっぱりピクニックなんだろうなw。

視聴前情報皆無、原作未読です。

[全12話視ました。]やっぱりピクニックなんだろうなw。(2021/03/24)
ユリ+ホラーっていうのは初めて視ました。ラブラブ以外で、ドキドキ・シチュエーションに簡単に成れるメリットはありますね。ホラーはワタシ的には興味のないジャンルですが、肩の力を抜いて、お茶にお菓子を用意して、ゆるくノンビリした気分で視るとそう酷いものじゃない気がします。本作は、一応、うるまさつきを探すという目的があった気がするのですが…最重要項目から滑り落ちた感じがします。でっ、この娘二人は何をしているのだろう、人助け?、まあ理に叶っているかw。行き当たりばったり感が拭えないのは気のせいかな。だからピクニックでイイのか、そんな気がします。
 本作を人に推すとしたら、ちょっと変わったユリ作品を探している人にはハマると思います。逆に、シリアス系やリアリティ系でないとチョットね、という人にはムリかもしれません。
ワタシ的には、それなりに楽しめました。続編を視たいかと尋ねられれば、チョット困りますが、おそらく視ないかなぁぁ、でも何となく視ている気がしますw。


[1話目、2話目視ました。]ピクニックって雰囲気じゃ無い。
ネットの都市伝説が現実化している裏世界と現実世界を、行ったり来たりしながらお話は進んでいくようです。1話目ではクネクネが、2話目では八尺様が登場しました。これらの怪異にセリフはなかったと記憶しています。なので何かアッサリしている感があります。
 主人公は、ヒロインのペアでユリの雰囲気がしますが、まだはっきりした描写はないです。今のところ7割がミステリー・ホラー、3割がビミョーなユリという感じです。この組み合わせは、あまり無い気がしますが、多分、私が無知なだけでしょう。ここまでのお話は私的に特に面白いとは思いませんし、尊い何かも感じませんが、まだ始まったばかりなのでここからどのようにお話が進んでいくかチョット興味があるので、暫く視てみるつもりです。

投稿 : 2021/03/24
閲覧 : 147
サンキュー:

15

ネタバレ

dFRjS80566 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.3
物語 : 1.5 作画 : 2.5 声優 : 3.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

全く意味が解んない

裏世界 そもそも何なの?(´゚д゚`)
メガネ女子
と金髪 ハーフ女子?
が異世界を冒険するのかな??
名前が難いので 今後 金髪とメガネ と表記します(´*ω*`)

一応見てるが 度々 命の危険に会いながら
ヤバい裏世界に何度も脚を踏み入れるのか
理解出来ないが σ(^_^;)?
チャカとかも何処で手に入れてんやろ?

裏世界は 化け物みたいな生物なのかも解らない
物が蠢いてる世界で 自分の意志で入ったり
巻き込まれる形で入り込んだ 人間は居る模様


5話 レストランで飲食後 退店持に違和感を感じたメガネ
ほろ酔い気味の金髪と帰路に
だが街には 人っ子一人居ない
レストランで戦利品の帽子を被った金髪のせいか?
ろくな装備も無い状態で裏世界に

モンスターから逃げる途中
アメリカの海兵隊に遭遇

説明しよう! アメリカの軍隊は 空軍がトップエリートで
海兵ってのは 本国で問題起こし 軽い場合 公園の奉仕掃除等で
刑期短縮の為の 強制労働的な意味合いがあり

佐官 クラスの方達は出世組なので問題無いですが
軍曹や曹長は 人格に問題有る場合が多いのです( ´-ω-)

今後は きっと力を合わせて脱出する展開になるんでしょうが
現実なら 女性2人って事で
脱出出来ず自暴自棄になった 犯罪者達に囲まれて
ゴブスレ 1話みたいな結末に普通になりそうですね

今の所 意味が解んないんですが これから面白くなるのかな? (*‘ω‘ *)
期待は出来そうです♪

メガネの右目と金髪の左手 を軍人に見られ化け物と 同一視され
身の危険を 感じて逃げる2人・・・
かなり御都合展開 で列車に 飛び込み 現実に帰還した2人
縁も縁も無い アメリカ人 達は 3歩で忘れた模様
あ~それで 鳥子 何ですか??

兎に角 毎回 酒ばかり煽ってて ホテル で目覚めた2人
頭が やられてるのか? 海で泳ごう♪ と呑気な発現
普通に考えたら 何で裏世界に紛れ込み
今後 同様の状況にならないように 
対処法 や心構え を先にしそうなんですが🤔

タクシー に乗ってたら 又 裏世界に紛れ込む 2人組
てか 裏世界に住んだら 良いんじゃ?

気持ち悪い 世界観 なのに 無理矢理 水着回をぶち込んだから
こうなったのか? 其れとも原作に忠実なのか?
どっちにしろ 毎回 意味が解らないですね

最終回 鳥頭が 米軍の事 忘れて無くてw 助けにいった展開から
米兵達を 無事に逃がして 何故か 裏世界に留まる二人組
結局数分後に帰る算段して ここから戻ると米兵と鉢合わせて
バツが悪い 知らねーよww

私が理解出来たのは 裏世界 気持ち悪い
生きてるのか不明な化け物が彷徨いてる

鳥と魚は 大酒飲みで基本アホ
世界観はピクニック感は全く感じられず
異世界にトレジャーハントに行ってるアニメ

毎回2人がほぼ無傷で 生還するのが ちょっと気になった (ー_ー;)
時々軽症になってる とかならリアルに感じられるが
それと 空手嗜んでる後輩 登場に必要性が感じられなかった

投稿 : 2021/03/23
閲覧 : 243
サンキュー:

14

ネタバレ

まさとん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ホラーを目指すか百合を目指すか

原作は宮澤伊織先生の小説です。インターネット上の怪談を取り入れた
ホラー作品ということになっていますが原作未読。マンガも出ています
がこちらも未読です。

2021年1月から1クール放送で今朝(2021年3月23日早朝)放送終了した
ばかりでした。

主人公は空魚(ソラオ)という女子大生。ひょんなことから裏世界に
入り込んだことでくねくね(懐かしいですね)に襲われそうになって
鳥子(トリコ)に助け出されたことでその後一緒に裏世界を探検する
ことになります。
そこでおおまか1-2話完結でネットミーム的な怪異たちと遭遇し、
撃退したり逃げたりすることになります。鳥子の方は別に目的がある
のですが、結局最終回まで行っても解決していません。

始まった時に雰囲気的にホラーなお話しが本格的に始まるのかな?
と思っていたのですが、裏世界の怪物たちはたしかにおどろおどろしい
のですが、この二人の対応が割と危機感がないというか、発現している
ことをすんなり受け入れて対応するので(つまりワーキャーと騒がない)、
どこか醒めています。

そしてネットミームの怪物たちもまったく怖くないです。この辺は
演出不足というか演出の失敗というか。もう少し怖がらせても良かった
かもしれません。
ホラーになりきれなかったもうひとつの大きな理由は、彼女達の関係
だろうと思います。この二人の百合っぽい関係(どちらかというと
ソラオの方が意識しています)が裏世界で危機が迫っているのにも
かかわらずちょいちょい挟まれるので、緊張感あるいは恐怖感が削がれる
部分がありました。しかもこの百合感が実に中途半端。

ここまで挟むのでしたらむしろホラーな部分はもう付け足しレベルで
完全に「安達としまむら」よろしく見てる方がヒヤヒヤする程度に
百合百合しくした方がよかったのではないでしょうか。
原作者は二人の関係を重点的に書いているらしいので、むしろその方が
まとまったかもしれません。
あるいは真逆に原作やマンガは無視して百合色は完全排除で恐怖100%の
ホラーアニメにしてしまうとか。

原作を分解しているらしく、米軍の遭難話は本来連続するところが中盤と
終盤に二つに分裂していたり、原作者直筆でアニオリ回が入ってきたり、
ちょっと集中が効いていないところもあります。

あと、他の方もレビューしていますがソラオの声をあてている花守ゆみり
さんの声が少し地味すぎるというか陰キャすぎるというか、物語の中では
合ってないかなあと。花守さんは同一クールで「ゆるキャン2」のなでしこ
も演じていますが、こちらは明るい女子高生で物語に合っていると思う
のですが、どうも裏世界の方が浮いている感が大きいです。
他に小桜や茜理(アカリ)も出てくるのですが、使い方が中途半端
です。もう少し印象的に使えば良かったのに。1クールでは足りなかった
かな?

素材は良さそうなのに、なんかどっちつかずになってアニメという媒体の
使い方を間違えているような、ちょっといくつかの部分で食い足りない
感が残る作品でした。

投稿 : 2021/03/23
閲覧 : 65
サンキュー:

21

ネタバレ

茅野愛衣さんを応援! さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7
物語 : 2.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 1.5 状態:観終わった

主人公のグズでめんどくさいクソレズな性格のせいで台無しに

5chのオカルト板の書き込みを元ネタにした百合っぽいアニメ。出てくるのは、

くねくね・八尺様・巨頭オ・時空のおっさん・きさらぎ駅・須磨海岸にて・猫の忍者・サンヌキカノ・禁后・姦姦蛇螺

商業コンテンツでこれだけ使ったら問題があるはずだがちゃんと許可取ってるのだろうか?5chの書き込みの著作権は全て5chが保持しているのだが。

5chオカ板ネタは楽しめたのだが(くねくねは元ネタより弱すぎに感じたけど、一瞥しただけで人生終了の最強クラスの怪異のはずだが)、それ以外は最悪だった。
最大の欠点がクソレズの権化な主人公の空魚の性格で、とにかく神経質でめんどくさくて見ていて激しいストレスを感じる。レズのくせに一次的接触をやたら避けたりと、碇シンジを何倍にも悪化させたようなグズで不快でしかない。演じてる花守ゆみりがクズ(根拠はリステを降りた時のクズ発言)だから、クズを上手く演じすぎてしまったのだろうか。
これのせいで大半の人が序盤で切っただろう。
また作者がミリオタらしくやたらと銃器ネタを盛り込んでくるが、これも気持ち悪かった。

上手く作れば人気になる要素は十分あっただろうにもったいない。作画も最後まで崩れなかったし。佐藤卓哉監督は百合作品を多く作っているが、今回は百合のめんどくさい負の面しか出てなくて残念。

投稿 : 2021/03/23
閲覧 : 87
サンキュー:

5

ネタバレ

-萩- さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.6
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 3.0 音楽 : 2.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

残念なアニメ。

元々小さい頃から怖い話や都市伝説が好きで、2chのオカ板を見てたのもあり期待が高かった。
…からだろうか、内容のあまりの酷さにガッカリしました…ので辛口です。
原作、漫画共に未読です。

「都市伝説をどのように表現するのか」
どのような表現になるのか楽しみにしていたのですが、元となった話を全然大事にしてない。
ちょっと名前と欲しい部分(要素)を借りただけの新たに作り上げた「同じ名前の偽者」という風に私は感じてしまいました…

「文字(文章)でしか書かれていない」とはいえ、元々の話だけでも大抵の人は同じ様な姿や情景を思い浮かべる事の出来る文章だったと思います。
アニメ化するにあたって面白くする為に「ある程度の脚色をつける」のは分かるのですが、「制作者の考えた制作者が面白いと思う『有名都市伝説』の姿」になってしまってるのが本当に残念です。
明らかに原典に明示されている姿を大きく変える(ほぼ原型無い場合もある)意味が私には理解できません。

「都市伝説」を複数混ぜた結果、微妙な事になってしまってる部分も残念でした。
混ぜれる程短い物を上手くまとめられれば良いのでしょうが、その話だけで1話作れそうな話をまとめて混ぜてグチャグチャにした感じ、というか…
猿夢は如月駅要素強くてほぼ猿夢要素無いと言って良いんじゃないかと。

ニコ動で視聴していたのですが、コメントで大事な部分等がカットされている事や、話の順番が入れ替わってる事を知りました。
実際「如月駅」の時は米軍放置で沖縄へ行き、何事も無かったかのようにリゾート三昧。いわゆる水着回だったのですが、原作の方では一旦帰還後に米軍を助けに行くという流れと知り、何故そこを変えてしまったのか疑問しかありません…
後になって思い出したかのように「助けに行こう」って言われても、そうなるまでに数話あったので「え?今更何で?」としか思えませんでした…
確かに「化け物」と言われ疑われ命の危険はあったかもしれないものの、自分達が無事なら他はどうでもいいというちょっと倫理観のおかしいアレな人達…12話でお互いが居れば良い的な事言ってたので本当に他はどうでも良いんでしょうね。
主人公2人の性格は、私は好きになれないタイプでした。

作画は都市伝説の化け物の姿が改変され過ぎが酷いので1です。

用意した素材は悪く無いハズなのに、それを上手く生かせて無い(作れて無い)感じがしました。
原作も原典ももっと大事にしたアニメ作りをして欲しいなぁ…と強く思わされた作品でした。(昨今を思うと今更ですが…)

投稿 : 2021/03/23
閲覧 : 70
サンキュー:

6

ネタバレ

けい さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.5
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 3.0 音楽 : 1.5 キャラ : 1.0 状態:今観てる

逐一ストレスの溜まる作品

6話まで視聴
突っ込み所満載ですが、限界を感じた5-6話についてメインで。
きさらぎ駅をモチーフにした回で、裏世界にて同じく迷い混んだ米海兵隊に助けられるという話。

・もはやグリッチが蛇足な要素になっている。即死級のトラップで至る所にあるので唯一見える空魚が先導していたのに怖じ気づいてしまう。直後に今度は鳥子が先導しだして、空魚はときめく。いや、死ぬわ。
・スナイパーライフルを車のルーフに体育座りしながら撃って反動が0な鳥子。いくら子供の頃から訓練してたからって踵とお尻の僅かな接地面積で姿勢を保てるかって。
・空魚のカラコンが外れてオッドアイがバレた瞬間「やっぱり化け物だ!!」と発狂する曹長。仮にも部下を持つ階級だろあんた。それほど皆精神的に参っているって言うなら、とっくに部隊の統率崩れてるでしょ。
・これは絵コンテとか演出面になるけど、全般的に間延びしすぎて緊張感ない。テッテッテッと手を繋いで走る女子大生に追い付けない海兵隊(大人数)はまずいでしょ。

最後にこの作品の最大の罪は、洒落怖の怪異のイメージを書き変えられてしまったこと。「くねくね」や「巨頭オ」など心底不気味だったイメージがチープでしょうもないCGのイメージになってしまった。くねくねなんて「何なのか分からないもし分かってしまったら、気が狂う」って話なのに小学生でも考えそうなデザイン見せられたら台無しだよ。あれなら、pixivとかTwitterのファンアートの方が質がいい。

投稿 : 2021/03/21
閲覧 : 57
サンキュー:

4

ネタバレ

we2029 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:今観てる

サバイバル百合ホラーアニメ

少し内容が分かりにくいところがあり特に3話から4話にかけての空魚が鳥子の部屋に尋ねる場面は少しカットしすぎなのではないかと感じた。 
だが、作画もキレイで空魚の少し透かした感じと鳥子の何事にもポジティブな姿勢が合わさることにより日常系の百合アニメとは一味違う百合を感じられた。 
また、空魚と鳥子が怖がらなすぎという意見もあったが桜木先輩が初めに怖がる人と怖がらない人の違いを説明してくれる場面があったので悪くは思わなかった。 
まとめると一話ニ話で切ってしまう人が多いのも分からなくもないが二人のキャラの交わりやホラーと百合の絶妙な交わりは評価できる点だと私は思う。

投稿 : 2021/03/01
閲覧 : 115
サンキュー:

6

ネタバレ

プールサイダー さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.5
物語 : 1.5 作画 : 1.5 声優 : 1.5 音楽 : 1.5 キャラ : 1.5 状態:途中で断念した

分かりづらい

中々わかりにくい内容が多いなという印象。
アクションシーンもあるけど見入るような描写も演出もなかった。

少し百合要素があって個人的に抵抗感ありました。
SFホラーだが物足りなさが多い。



ストルガツキー兄弟の『ストーカー』という作品を意識されているとのこと。

投稿 : 2021/02/25
閲覧 : 144
サンキュー:

5

ネタバレ

アニメ好き さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 2.5 状態:今観てる

3話まで視聴、継続するか微妙 深そうで深くない

眼鏡の主人公が裏世界に毎度毎度付いていく理由がよくわからん。死にたがりにしては死ぬことに怖がってるし、何がしたいのか。
3話で即死の罠(グリッチ)があるとか言って石を投げて確かめてるけど後半では普通に走り回ってるし、トラップある設定いらなくない?
あと銃も弾丸もどっから補充してるのかってくらい撃ちまくってるし、
なんかよくわからん嫉妬ユリ要素入れてるし
何がしたいんですかねこのアニメは。
雰囲気だけ持たせて色々ガバガバな感じでダラダラ話数だけ消費してってるので、続きが全く気にならない。何かもったいないです

4話見ました。メガネ女がこんな性格になった過去話が出たり、ちっこい怖がりな女の子が一緒に異世界に巻き込まれたりしました。
3話までと違う展開で少し期待したんですが、結局のところ、日本なのにまた新しい銃のショットガンが出てきて、乱射 自分たちの都合のいいとこまで弾切れ無しで貴重であろう弾丸を撃ちまくります。

そして即死トラップのグリッチだらけの街に入ってしまった!と言った一分後には各キャラその道を走り回ります。そしていつものお約束、敵の幻覚にかかってしまってピンチになったところを
おい!しっかりしろ目を覚ませで目がさめて無限弾丸銃で敵をぶっ飛ばして良かったねーで終了
感動BGMでなんか丸く収まったみたいにします

このアニメ、作者が都市伝説と百合が好きでそれを毎回話しに入れてるだけで、あとは何も深く考えなくていいのでは?
不思議世界の冒険話しに見せかけた、ただの百合アニメだこれ。
異世界部分はガバガバ、作者のご都合で起こることが決まるんで、飛ばして見ても良さそう。というか今後は探してる黒髪の女の子が結局最終話でどうなるかだけ見れば良さそう。
そういうアニメなんだきっと

6話やってるけどついに再生しなくなった。5話でちょっと変わった展開になったけど、続き見る気が起きない
最終回は見ようと思ってる

投稿 : 2021/02/12
閲覧 : 198
サンキュー:

13

ネタバレ

コーヒー豆 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

謎だらけの裏世界への冒険。

さまざまなクリエーチャーや怪異が存在する裏世界に探検するというお話。

少し怖めの敵が襲ってくるので観ていて楽しいです。

裏世界で死ぬこともあるので、そもそもそんな世界に行かなければいいのにとつっこみどころはありましたけど、裏世界は魅力がいっぱい。(たぶん)。

仲良し2人組の女性によるピクニックとは程遠い冒険が待っている。

序盤は
{netabare}
毎回、間一髪で命が助かるのでスリリングさを堪能できますね♫
{/netabare}

もっとホラー展開的なものになると、楽しさは倍増かもですね。

投稿 : 2021/02/10
閲覧 : 91
サンキュー:

14

ネタバレ

もっちょん さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.6
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 2.5 キャラ : 2.5 状態:途中で断念した

3話切り

話がよくわかんないまま,主人公が異世界に入る。壮大な謎のような雰囲気を全体として持ってあるが、一向に話が面白くならない。

投稿 : 2021/02/08
閲覧 : 119
サンキュー:

5

ネタバレ

みく さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.4
物語 : 1.0 作画 : 2.0 声優 : 2.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:今観てる

都市伝説はむしろ知らない方が……

全体的にストーリーと怪異のデザインが酷いです。

3話のアニオリ回はなぜわざわざ入れたのか不明だし、4話は原作を知らないと展開が飛び飛びで意味がわからないレベル。
都市伝説の怪異はいわばもう一人の主役なのに、漫画版からも本当の都市伝説で描写されている姿からもかけ離れている。

もちろん原作からして百合要素はありますが、決してそれだけが主体の作品ではないのに、むやみに百合ばかり推して他の全てをないがしろにされている感じで不愉快。

原作の面白さは100分の1も再現されていないと感じます。
原作を好きな人はむしろ見ない方がいいと思いますが、原作を読んでいないと話が理解できないかもしれないジレンマ……。

投稿 : 2021/02/02
閲覧 : 102
サンキュー:

4

ネタバレ

VECCI さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:途中で断念した

OPは好き

オカルト微百合ガンオタアニメ?
マイナー雑誌掲載作みたいな雰囲気。

第1話くねくねハンティング
{netabare}裏世界で出会った空魚(そらを)と鳥子(とりこ)。突如襲ってきた「くねくね」を鳥子の岩塩投擲により撃退し、不思議なキューブを手に入れる。高値で売れるキューブを求め、2人は再度裏世界へ。しかし効くはずの岩塩が何故か通じない。もしかしてこの裏世界には独自のルールがある?打開策を思い巡らす空魚。長時間見ると精神異常を来たすくねくね。空魚自身が観測し、銃を所持する鳥子に後を託す。
「あたしが見て、あなたが撃てば当たるんだ!」

あれですよね。ピクニックとか言いながらドギツイ展開が待ち受けてるヤツですよね。陰キャ地味子にイケイケ美女がグイグイ来るという既視感と言う名の安心感。裏世界に臨場感は無く説明も一切ナシ。儲かるからといって易々と裏世界に干渉する鳥子にも違和感はあるが、冒頭で人を探している様子だったので積極的に関わる明確な理由はあるのでしょう。

オフィーリアネタは2人とも大学生で並みの教養はあるといった演出でしょうか。元ネタをきちんと出してたので某サ■コ■スみたいな知ったかアニメではない事を祈ろう。現時点では銃ネタがどれくらいの濃度かは不明。やたらウンチクかまされると途端にヲタク臭くなるからいい塩梅にして欲しいな。でも共犯者は~ってドヤ顔で言ってたのは少し不安。

流行りのビックリドッキリフェイクも無く淡々と進むし、世界観の説明も一切ないので掴みとしてのインパクトは棄ててる印象。全体の完成度を重視して丁寧に世界観を見せていく作風かも。ラノベ風味は漂うも今んとこ好印象。ただ前期の魔女旅の例があるから早計な感想は慎むことにする(笑){/netabare}
第2話八尺様サバイバル
{netabare}新キャラ登場だがインテリ引きこもりといったテンプレキャラ。今回は顔見せ程度でどこまでからんでくるかは不明だが重要ポジションなのでしょう。裏世界へは行ったことないが鳥子の信頼は厚い様子。というかくねくねはもう終わり?違うのが出てきて一応乗り切ったけど、各回違うモンスター(?)がでてくるのかな。なんかあっさりしすぎな気がしてモヤモヤするだけなんだけど。悪くないんだけど今んとこ何がしたいのか良くわからないかんじ。OPはやたら名作感漂ってんだけど。114{/netabare}
第3話巨頭の村
{netabare}鳥子に振り回されて異世界行って化物に襲われてなんとか帰ってきたってだけを繰り返すだけ?元ネタ知ってる人は楽しめるかもだけど、知らない人にとってはただの単調な妖怪アニメでしかないのでもう次で話動かさないと切る人続出するかも。これもアニメ向きじゃないのかな。148{/netabare}
第4話時間、空間、おっさん
あーなんかやりたいことはちょっとわかってきたかな。多分原作ファンにはたまらないデキなんでしょう。陰キャが陽キャには無い自身の強みを自覚して成長していくストーリーってのは王道でいい。ただウリのはずの冒険パートが元ネタを知らないと致命的につまらない。ただ薄めるだけの要素にしかならない。空魚と鳥子に惹かれて行く末を見守りたい方以外は微妙な感じでしょうかね。OPは好きだしキャラも悪くないんだけど、ここまでだと浅くて薄っぺらい雰囲気アニメにしか見えない。ナナみたく後半別物になるかもだけど。

投稿 : 2021/01/26
閲覧 : 234
サンキュー:

18

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

都市伝説ファイル

公式情報 www.othersidepicnic.com
{netabare}
INTRODUCTION
{netabare}
「くねくね」「八尺様」「きさらぎ駅」……。
実話怪談として語られる危険な存在が出現する〈裏世界〉。そこは、現実と隣合わせで、謎だらけの世界。紙越空魚(かみこし そらを)は廃屋内の扉から〈裏世界〉を発見し、そこで仁科鳥子(にしな とりこ)と出会う。この出会いが空魚の人生を一変させる。鳥子は空魚に〈裏世界〉の探索の協力を依頼する。彼女は〈裏世界〉で行方不明になった「冴月」という女性を探していた。探検と研究、そしてお金稼ぎのため、空魚は鳥子と行動をともにする。非日常へ足を踏み入れた二人は様々な怪異と遭遇し、危険なサバイバルが始まる。
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:宮澤伊織(ハヤカワ文庫JA/早川書房刊)
キャラクター原案:shirakaba
監督・シリーズ構成:佐藤卓哉
キャラクターデザイン・総作画監督:西畑あゆみ
クリーチャーデザイン:江間一隆
エフェクト作画監督 :吉田徹(アニメアール)
美術監督:松本浩樹(アトリエPlatz)
色彩設計:岩井田 洋(Assez Finaud Fabric.)
撮影監督:口羽 毅(Assez Finaud Fabric.)
3Dディレクター:白石優也(FelixFilm)
編集:後藤正浩(REAL-T)
音楽:渡辺 剛
アニメーション制作:LIDENFILMS×FelixFilm

主題歌
OP:「醜い生き物」CHiCO with HoneyWorks
ED:「曲名未発表」佐藤ミキ
{/netabare}
キャスト{netabare}
紙越空魚:花守ゆみり
仁科鳥子:茅野愛衣
小桜:日高里菜
瀬戸茜理:富田美憂
{/netabare}
{/netabare}

1話ずつの感想


第1話 くねくねハンティング
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
紙越空魚は、実話怪談として語られる怪異が徘徊する〈裏世界〉の存在を知り、たびたび探検していた。 ある日、怪異に遭遇し、身動きが取れなくなってしまった空魚の前に、一人の美少女が現れる。彼女は仁科鳥子。 ある目的があって、この〈裏世界〉を探索していた。怪異「くねくね」から逃れるために、二人は行動をともにする。
{/netabare}
感想
{netabare}
都市伝説が現実になった裏世界に
たびたび遊びに行ってたコミ障大学生の空魚(ソラオ)

そんな裏世界で空魚は怪異「くねくね」に出会って、動けなくなってて
そこに、ある女の人をさがしに裏世界に来てた鳥子が助けてくれた

そのあと空魚はクネクネにおそわれそうになって
鳥子が、持ってた岩塩をぶつけたら消えて
あとには立方体の鏡みたいなものが残ってたの。。


しばらくして大学に鳥子が来て、立方体の鏡みたいなのを売りたいから
いっしょに裏世界に来てくれってたのんできたの。。

それでいっしょに探検することになったんだけど
またクネクネにおそわれそうになって
鳥子が岩塩をぶつけたんだけど、こんどは効かなくってあわててたら
空魚はクネクネが見てれば実体化するって気がついた

それで空魚がクネクネに引き込まれそうになりながら見てたら
こんどは鳥子がピストル(裏世界に落ちてるみたいw)で撃ったら消えて
2人は助かった、ってゆうおはなし^^



鳥子がコミュ障の空魚にグイグイ来るところがおかしかったかな^^

名まえだけど、空の魚って鳥のことかな?
正反対の2人に共通点があるとしたら、名前くらいかも。。


作画はきれいで、何かがおきそうな雰囲気でドキドキしながら見てたけど
おはなしはシンプルだった。。

毎回こんな感じだったらあきちゃいそうだけどどうなるのかな?

来週も見てみる!
{/netabare}
{/netabare}
第2話 八尺様サバイバル
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
〈裏世界〉で「くねくね」を撃退した空魚と鳥子。鳥子の案内で〈裏世界〉の研究をしている人物の家を訪れることになる。その人物は小桜という、一見すると小学生にも見える少女だった。〈裏世界〉で入手したアイテムを買い取ってくれるという小桜に、〈裏世界〉で遭遇した怪異や、空魚の眼と鳥子の手の色が変化したことを話すのだが…
{/netabare}
感想
{netabare}
空魚の右目が青くなって、鳥子の左手が透明になった
それが裏世界でクネクネを退治したせいだってゆう鳥子について
空魚は裏世界の研究者の小桜に会いに行ったの。。

小桜は鳥子がさがしてる友だちの冴月の大学のときの同期で
冴月にさそわれて裏世界の研究をはじめたんだって。。

それで、冴月は鳥子の家庭教師で
鳥子をよく裏世界につれてってくれたみたい。。

そこで小桜に、この前ゲットした立方体を買ってもらったんだけど
目と手を治す方法は見つからなかった。。

でも、鳥子が冴月をとても大事に思ってることを知った空魚は
冴月をさがすのに一生けんめいな鳥子を見て
さびしい思いを感じたみたい。。

そんなある日、いつものように2人で行った異世界で
神隠しにあった奥さんをさがす男の人に会って
いっしょに歩いてたら怪異の足あとを発見した。。

そのあとを追って入った洋館で八尺様に会ったんだけど
八尺様が奥さんだと思い込んだ男の人は
八尺様に近寄りすぎて消されちゃった。。

そして鳥子も、冴月さんだと思って近づいて行ったから
空魚は冴月さんにやきもち焼きながら一生けんめい止めようってしたら
自分が鳥子に止められた。。

実は鳥子に対する思いを利用してダマされてたのは空魚のほうだった。。

それで2人で協力して、八尺様を退治して
この世界にもどってきた、ってゆうおはなし。。



空魚は鳥子に冷たくするけど、実は好きだった。。ってゆう、おはなしで
友情にしては、ひとり占めしたい、ってゆう思いが強すぎるから
もしかして百合っぽかったりするのかな?

ホラーはエレベーターに乗ってるときが一番こわいかな。。

じっさいに怪異が出てきちゃったら、2人で協力してやっつけるだけだから
先回とおんなじパターンで、あんまりおもしろくないかも。。

ホラー以外で気になるのは、2人の関係だけど
空魚がツンデレでスナオじゃないから
なんだかギスギスして、あんまり好きじゃないみたい。。

来週もこのパターンだったら、もしかして見るのやめちゃうかも。。
{/netabare}
{/netabare}
第3話 巨頭の村
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
〈裏世界〉の探検を積極的に提案する鳥子。空魚はつい了承してしまうが、このまま鳥子と危険な行動を続けることへの不安に駆られる。〈裏世界〉のグリッチ(危険ポイント)を回避しながら進む二人。鳥子が以前に見つけた補給ポイントを目指していたはずだが、辿り着いたのは鳥子も見覚えのない、寂れた村のような場所だった。そこに現れたのは…
{/netabare}
感想
{netabare}
前半は鳥子たちが銃弾なんかをかくしたってゆう補給ポイントに行くために
石を投げながらグリッチをさけて歩いてただけ。。

空魚は、鳥子が冴月といっしょに探検してたときのことを聞いたりして
ときどきやきもち。。

そうしてるうちに鳥子も知らない
「巨頭オ 」ってゆう看板が立ったさびれた村に出た。。

そこに建ってる民家は廃屋みたいだったけど
そこには人が住んでるみたいで
ある家に入ったらちゃぶ台に写真がおいてあって
3本のおはしが刺さったご飯が供えられてた。。

その家を出てしばらく歩いてるうちに
空魚が鳥子がはぐれたことに気がついてさがすためにかけ出したんだけど
きゅうに口をふさがれて、誰かに小屋の中に引きこまれた。。
それは鳥子だった

鳥子は「シーッ」って言って空魚の声を小さくさせたあと
「いきなりいなくなってあせらせないでよ!」って言ってきた。。
鳥子には、消えたのは空魚のほうだったみたい。。

そのあと、いそいで小屋に引き込んだわりには
緊張感のないおしゃべりが続いた。。

それで鳥子が物音に気がついて「あっ!」って言って外をのぞくと
そこには頭が大きな宇宙人みたいな怪物がいて
のぞきこもうとした拍子に空魚が寄りかかってた壁がくずれて
目の前にその怪物が。。

あとは逃げる2人を追いかけてくる怪物。。

その怪物がどんどん増えて、銃で撃ってもほとんど効かないまま逃げまくって
とうとう村のはずれの祠の前に来たとき
空魚はそこが現世につながるトンネルだって気がついて
鳥子の手を引っぱって祠の中に入れると異次元トンネルが開いた。。

そこに2人で入ると怪物たちも追ってきたんだけど
現世にある祠から2人が放り出されたら、祠は消えて
2人は無事に元の世界に帰れた、ってゆうおはなし。。



絵はきれいだけど、おはなしは「闇芝居」を引きのばしただけみたいで
おはなしは裏世界に行って怪物に会って逃げて帰ってくるだけ。。

コメディもほとんどないし、オチもだいたい決まってて
キャラもほとんど2人しか出てこないから、おはなしもふくらまないし
意外な展開とかもないみたいだから、ホラー系雰囲気アニメみたい^^

それと、ちょこちょこ入る空魚のツンデレとかやきもちが
なんだかギスギスしててあんまり好きじゃないかも。。


3話まで見ても変わらないみたいだし
今期はほかに見るものありすぎだから、いちおやめちゃう。。

好きな人ごめんなさい。。
みんなのレビュー読んで
とつぜんおもしろくなるみたいだったらまた見るね☆
{/netabare}
{/netabare}

.また来週ノシ

投稿 : 2021/01/21
閲覧 : 174
サンキュー:

31

ネタバレ

聖剣 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

よみ人しらず

まだ1話のみ視聴
以下、勝手な想像です

{netabare}原作を一切知りませんけど
なんとなく、この手の好きな人には説明不要なんだけど
全く接点のない人には
少しだけチュートリアルが必要なんでは…

公式に
『くねくね』『八尺様』『きさらぎ駅』
とあるので
続くキーワードに
『{netabare}コトリバコ{/netabare}』か『{netabare}巨頭オ{/netabare}』辺りが続いて出てくるなら、ほぼ予想通り
頭の上に『?』が浮かんだ人はとりあえず『洒落怖』で検索

さて
ここでの裏世界って
要は異世界で通じるはずなんだけど
異世界って書くと、今じゃ剣と魔法の中世ファンタジー世界か
現実に絶望してると何故か転生してハーレム作っちゃう話になるので
あえて裏世界って表現なんだろうか
パラレルワールドってのもよく使われる呼び名で
たぶん遠くない時点で『{netabare}ヴォイニッチ手稿{/netabare}』がきっと紐付いてくるはず
と、まぁ
結論から言えば一昔前の2chオカ板ネタが出典で
リアタイで見てたわけじゃないけど
今でも検索すれば、まとめサイトに大量に残っているので
興味があれば漁って見るのも一興
さて
この原作を一切知らない上で、あれらをどう調理するのか興味深い
問題なのはその権利関係で
出典は明確なんだけど著作権となると…ウーム
最速で作者不詳の現代のおとぎ話という扱いになったとするか、
もしくは、その翻案ってところで手を打っておこう{/netabare}

投稿 : 2021/01/18
閲覧 : 88
サンキュー:

11

次の30件を表示

裏世界ピクニックのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
裏世界ピクニックのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

裏世界ピクニックのストーリー・あらすじ

「くねくね」「八尺様」「きさらぎ駅」……。実話怪談として語られる危険な存在が出現する〈裏世界〉。そこは、現実と隣合わせで、謎だらけの世界。紙越空魚(かみこし そらを)は廃屋内の扉から〈裏世界〉を発見し、そこで仁科鳥子(にしな とりこ)と出会う。この出会いが空魚の人生を一変させる。鳥子は空魚に〈裏世界〉の探索の協力を依頼する。彼女は〈裏世界〉で行方不明になった「冴月」という女性を探していた。探検と研究、そしてお金稼ぎのため、空魚は鳥子と行動をともにする。非日常へ足を踏み入れた二人は様々な怪異と遭遇し、危険なサバイバルが始まる。(TVアニメ動画『裏世界ピクニック』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2021年冬アニメ
制作会社
ライデンフィルム / Felix Film
公式サイト
www.othersidepicnic.com/
主題歌
《OP》CHiCO with HoneyWorks『醜い生き物』《ED》佐藤ミキ『You & Me』

声優・キャラクター

花守ゆみり、茅野愛衣、日高里菜、富田美憂

スタッフ

原作:宮澤伊織(ハヤカワ文庫JA/早川書房刊)、キャラクター原案:shirakaba
監督:佐藤卓哉、シリーズ構成:佐藤卓哉、キャラクターデザイン・総作画監督:西畑あゆみ、クリーチャーデザイン:江間一隆、エフェクト作画監督:吉田徹、美術監督:松本浩樹、色彩設計:岩井田洋、撮影監督:口羽毅、3Dディレクター:白石優也、編集:後藤正浩、音楽:渡辺剛

このアニメの類似作品

この頃(2021年冬アニメ)の他の作品

ページの先頭へ