「涼宮ハルヒの憂鬱 第2期(TVアニメ動画)」

総合得点
85.9
感想・評価
3540
棚に入れた
17590
ランキング
146
★★★★☆ 3.9 (3540)
物語
3.6
作画
4.0
声優
4.1
音楽
3.9
キャラ
4.1
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む
ネタバレ

けいぴぃ

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

エンドレスエイト突破ファイル!

キョンは高校生のクセにおっさんみたいなしゃべり方をする奴だな。しかし彼独特の言い回しからのツッコミが段々クセになっていった。

そして噂のエンドレスエイト突入!
基本同じイベントを8回繰り返しますが、
微妙な違いを楽しむ事が出来た(ささいな楽しみだが)
・着ている服が違う
・ハルヒが選んだ浴衣が違う
・長門が選んだお面が違う
・セリフが微妙に違う(もしかしたら声優さんのアドリブあり?)

もしかしたらエンドレスエイト一回目がホントの一回目だったのかな?
んで2回目が15498回目
3回目が15499回目
4回目が15513回目
5回目が15521回目
6回目が15524回目
7回目が15527回目
8回目が15532回目(合ってる?)
はいここテストに出ます笑

しかしSOS団以外は完全に記憶がリセットされるとはいえ、あの甲子園球児達も一万五千回以上同じ相手と試合して(勝敗はずっと同じなのか?)
捕まえたセミも全部同じセミだったのだろうか?そうだとしたら一万五千回以上も捕まえられるなんて気の毒
もしかしたらキョンは古泉のアドバイス通りにハルヒを後ろから抱きしめてアイラビュ-言った回もあったのだろうか?

でもこのエンドレスエイトは僕は全部観た方が良いと思いますね。最後のキョンが宿題を手伝ってと言って終わった際、「お-やっと突破したか-!」て喜びもひとしおになりますからね。
それにしてもハルヒはキョンが夏休みの宿題終わらせてないのを実は気にしてたなんて優しいじゃん。

その後は文化祭でのしょ-もない(つまらない訳ではない、むしろ面白い)映画づくり、コンピューター研とのゲ-ムバトル、
最後はハルヒがキョンに相合い傘を求めるというツンデレぶりを発揮して終了。

ハルヒはクレイジーな娘だが、
あの実行力や行動力は見習いたい。
ただみくるちゃんに対する扱いはヒドすぎるw

投稿 : 2019/10/12
閲覧 : 38
サンキュー:

9

Ash-Lynx

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

なぜエンドレスエイトを見るかって?そこにエンドレスエイトがあるからだ

笹の葉ラプソディ最高すぎ。こういうSF的な伏線回収って気持ちええわ~。作者もよう考えとりますな

エンドレスエイト。5話あたりから何故こうも変化のない話を続けるのか疑問が。地獄だと聞いてはいたが、ここまで展開のない話だとは…。最初は謎行動が可愛かった長門を見ていたが、だんだんそれすらも憂鬱に。涼宮ハルヒの視聴者への憂鬱…

まあ色々言ったけど、エンドレスエイトは嫌いじゃないな。広い世界、数多の作品に溢れているけど、こういうユニーク(映画では『メメント』が近いかな…?)なのがあってもいいと思う。でもスマホいじりながらNetflixで見てたから言えることなのかも。3年も待って2ヶ月間を同じ話だったら、それこそ同じポジティブな感想を言える自信は無い。だが、批判の多いエンドレスエイトの最終話は以外にも高評価。この結果はストックホルム症候群を疑ってしまうほどだよ。

※精神医学用語の一つで、誘拐事件や監禁事件などの犯罪被害者が、犯人と長時間過ごすことで、犯人に対して過度の同情や好意等を抱くことをいう。

涼宮ハルヒの溜息。映画制作中にハルヒの神の能力が発動してしまう話。長門の活躍や一樹の憂い、みくるのエロさが見れて良かった。それ以外にも、今まで仲良く見えた超人トリオに少し陰りが…。同盟と裏切り?謀略と殺戮?サスペンス展開も好き。他にも永遠にわけの分からない要素もあったし、光の使い方や演出も上手い。こういう好きなことばっかりやってるのに上質な感じは、タランティーノの作品を見てるかのよう。まあラノベって作者がほぼ趣味で書いているような作品は多いけどね

投稿 : 2019/10/09
閲覧 : 32
サンキュー:

5

ネタバレ

ウェスタンガール

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ディックワールド

SFが好きだ。
特にP・K・ディックが大好きだ。
うる星やつらの映画を見た時も、偶然“虚空の眼”の読後であったため、ニヤリとしたことを覚えている。
そして、ハルヒもまたこの世界に属する。
ハルヒから生まれるイドの怪物は時空を超えて影響を与えるからこそ恐ろしい。
それ故に彼女は求めるのである。
そう、キョンを。
しかし、彼はそれを意識出来ずにいる。
ここで、エンドレス8である。
続けて見たこともあって、ここから俄然面白く感じた。
ただ一緒にそこに居るだけではなく、ハルヒに影響を与えるコンパニオン、観察者としてのキョンが現れた瞬間ではなかろうか?

これは“ドクターフー”だな。

そして映画撮影でのハルヒの暴走に怒りを持って答えるキョン、ハルヒには周りの共感に対する欲求が生れ、結果として軽音部員のケガを無意識に望むのである。
なかなか恐ろしいエピソードであった。

リアルタイムで見ていないため俯瞰するのみではあるが、ハルヒという作品には色々なSF的要素がちりばめられているようだ。

これから諸兄の解釈を読むのが楽しみだ。

2019年冬から春にかけて、ハルヒ、けいおん、中二病と見させてもらった。本当に面白かった。そして、本当に悲しく苦しい。

でも、京アニが好きだ。

投稿 : 2019/09/30
閲覧 : 24
サンキュー:

3

はなぬゆ

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

傑作でしょう

エンドレスエイトは見るのが辛かったですが、全部見ました。また途中の学祭でのコンサートなどは、サービスなのか宣伝なのか分かりませんが、微妙でした。ただ、そういったことを差し引いても、本作は面白く、傑作といって良いかと思います。やはり社会現象になるくらい評判になった作品は面白いということを、この作品から学びました。

投稿 : 2019/09/30
閲覧 : 34
サンキュー:

3

ネタバレ

shino73

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

センチメンタルジャーニー

素朴なファンには迷惑でしかなかった試み、
奇妙な歪みを故意に仕掛け僕らを焦らせる。
それが「エンドレスエイト」である。

制作陣の傲慢か、或るは崇高な何かなのか、
僕にはどちらでも良かったけど。

第8話「笹の葉ラプソディ」で、
再放送ではないことが示され歓喜した僕たちは、
続くエンドレスエイトで地獄に落とされる。

物語は至って単純である。
夏休みを全力で遊ぼうとハルヒの提案から、
SOS団の面々は時間のループに巻き込まれ、
{netabare}永遠に終わらない夏休みを自覚もなく繰り返す。{/netabare}
やり残したことがないように…。
ハルヒの潜在意識は世界を改変していく。

この制約こそが特別な魔法なのだ。
{netabare}涼宮ハルヒが自分の存在価値を認識すると、
予測できない未来が生まれ世界は危機に陥る。{/netabare}

独立局系深夜アニメが文化の最前線へ。
ラノベがコンテンツ産業に組み込まれる。
けいおんもユーフォもこうして生まれた。
京アニの偉大なフィルモグラフィーである。

ハルヒはきっと憂鬱のままであろう。
僕は今でもこの素敵な物語を待ちわびている。

素晴らしいクリエイターに感謝する日々だ。

投稿 : 2019/08/10
閲覧 : 281
サンキュー:

43

ネタバレ

ヒロウミ

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

意図とした悪の行為も無意識での悪の行為も悪にしかならないわけでその悪質性と価値に違いはない

【満足度再評価】2019/7/28
【初投稿】2018/9/16

トライ&トライで賛否両論、何を是とし何を否とするか、アニメファン(だけ)が盛り上がった。な物語。



原作小説がバカ売れし(多分)、ラノベ業界やアニメ業界を多いに賑わせたレジェンドな作品。奇抜な構成やセリフ回しなど多くの「匂わせ」や「含み」を持たせ考察マニアにはたまらん作品でもあり京アニの丁寧な描写が更に売れるきっかけとなった(多分)。

私はハルヒは嫌いだが長門の儚さや朝比奈の柔らかさは何とも表現しがたい尊さで絵も音楽も声優さんたちのハマり具合もとても良い。
本当は考察サイトをググりまくって色々知った上で2周目の周回をすべきなのだが攻略サイトを見ながら完全クリアしたりしてもクリアが必然となって面白さを感じれない、クリアしても達成感を微塵も感じない私は知識量ゼロなので当たり前に未だ謎だらけ。
「杉田さん」の名前を覚え初めて男性声優の名前を覚えれた周回にもなってとても満足!

んでもちょいちょい居眠りしちゃう「氷菓」のような文学的展開はもう少し脚色しちゃっていい気がする。まぁ、好みの問題だけど。


と、毒にも薬にもならんク◯レビューはこのぐらいにして、この視聴で2周目の完走なのだが作品の評価は他のレビューアさんたちが素晴らしいレビューしてるのでそちらを参照いただきたい。
今回は非オタな連れにアニメを無理矢理完走させてみたのでそれについて主に書いていく。連れは初見、1期は二人とも未視聴、消失は私だけ視聴済みであります。


連れ概要
深夜アニメはほぼ見ない、ディズニー&リラックマ大好き、オタクに嫌悪するのに本当はマンガと映画が大好きな四捨五入したら30歳の女の子。視聴済み深夜アニメは坂道のアポロンと猫物語(黒)序盤まで。


まずはヒロインに対する総評。
「連れ」
序盤でヒロイン(ハルヒ)が明らかに悪役で絵は可愛いけど人として可愛くない。可愛くないというのは傍若無人、言葉も行為も甚だ暴力的で意図的に悪い奴に描かれているようにしか見えなくのめり込めない。本当に人気のキャラクターなの?ウケの良い、多くの人に受け入れられるヒロインの要素がまるで無い。良いこと言ったり気遣いしてても普段がマイナス要素に振り切れててプラスに戻らないからマイナスな女の子以外に当てはまらない、最終話になっても。だそうだ。
「私」
似たようなものだが恐怖で支配された世界は北朝鮮にしか感じず意図的にク◯女に描写されているのは1周目で感じたし消失を見ても分からなかった。ただ消失の中身忘れてますけどね。
1期で放送順と作中の時系列順をバラバラにしたのはそれを緩和させるためだったのかも知れない(多分)。

クソ回と名高いエンドレスエイト
「連れ」
何これ?こんなに引っ張って普通に終わるってただ長いって思わせたかっただけ?長さの表現なんて半分以下でも良いやん。退屈過ぎて寝ちゃったし。(他の回でもちょいちょいうたた寝してます)
「私」
単に毎回違う服装や微妙に変わるセリフに裏があるのかもと思い必死で見てた。が、分からないしググってもないから考察もしてないから意図が全く分からん。ただ、長門が長く先の見えない世界でループし続けるカオスを描いてそれをひたすら観察し続ける長門に対する評価が欲しかったのかなぁ(妄想)。

この作品は作中に発声されたセリフと脳内セリフが巧みで口を開いてないのに何故かハルヒにセリフが伝わってたり杉田さんの声の巧みさも見所だと思うのだがそれを伝えても以下の結論に達してしまった。

「連れ」
深夜アニメの深く考察しなきゃ分かりにくい物語や設定は何回も見ないといけない、1回の視聴で多くを理解できない作品なんて多くの視聴者がファンで無いとするならば一過性であるはずの「消費」に対して何の意味もないしエンターテイメントとして「面白かった」となりにくい。反対にそれが深夜アニメで良しとするならばその世界がその範囲で満足してるんだから別に良いんじゃない?売れたいっていうより見たい、見せたい程度で良いなら。


もちろん非オタ、アニメに触れない人みんなが同じ感想、同じ意見じゃないけど他のカワイイダケ深夜アニメを見せたらどんな反応だったのだろうかと思うと正直恐ろしい。クズの本懐を見せたときは1話で「スマホでマンガ見てるみたい」と飽きてたくせに坂道のアポロンは原作マンガ既読だったせいか律ちゃんにキャッキャ喜びながら見てたしワンピースは面白いと言いながら月1回見るか見ないかの散発視聴するような奴が言うことなのでニュートラルな視点とは言い難いのだが。
別日に消失を見せた上で作品の話を聞きたかったのだがこんなのまだ見るの?ともう見たくないと言わんばかりのセリフ。確か消失は面白かったはずだからせめて作品の全体像を掴んでほしかったのだが。


私はアニメ全般好きだ。連れよりアニメを見ているからこそ色々許容しながら、ボカシを入れながら、自分の理想を押し付けながら作品を見ているので連れに言わせたら私も「オタク」の分類らしい。それだと似非オタクと表現すべきなのだが。

昨今はいとも簡単に「プロ」と名乗れる。プロのパチスロ&パチンコライター、プロのYouTuber、プロの絵師、プロの歌い手、プロのゲーマー。SNSのお陰で簡単にスポンサーが付いたり金を稼いだりできるようになった。職人=プロフェッショナルじゃなく簡単に得られる他人の知識でさも自分の努力のたまものと思い込んでいる幼稚なスキルと未熟な社会性を駆使し、子供の小遣い稼ぎのようなものもプロを名乗る時代は色々な言葉が曲解され本来もつ言葉の価値がデフレ傾向であろう。本物のオタクもプロも溢れかえった「エセ」のせいでその陰を潜めてしまい私が知ることはできないのかもしれない。

この業界が広く周知され多くの消費と金を生産し、その金が更に多くの作品を生み出すためのものとなることを望んでいたのだが、問題は本来もっと別のところにあるのかもしれない。




付録
平野綾炎上とアニメファンについて。この作品でググってたらこんなのが引っ掛かって記事を見せてみた。
多少過激なので伏せておこう。
{netabare}
「連れ」
声優さんやアイドルって死ぬまで処女なの?人として色々経験することで演技が深まることもあるだろうし職業はあくまでもオプションだよね。人として豊かになるためのオプションを是としないファンってファンじゃなくて人との距離感が分からない、執着をコントロールできない痛い人じゃん。ジャニーズファンもファンと言うよりオタクだし度を超えた妄想を押し付けてキモいけどオタクって言われる人達って応援していることやパトロンみたいな存在であることを忘れてるんじゃないかな。金を対価に理想を押し付けるけど作品でその対価をもらってるはずなのに更に人間像を要求って狂ってるとしか言いようがない。そんな要求って声優さんたちが不利な非等価でそもそも誰がどう見ても過大な要求は成立してないことを理解してないんじゃないかな。そんなの口約束でもサインのある念書があっても法的に成立しないような契約を押し付けるなんて怖すぎる。
しかもこの人(平野綾)って結局この作品で(非オタに)人気にならなかったからわざわざ流出させて炎上商法したんだろうけど好感度無くて不快感の多いタレントが売れるのってあんまないっしょ。昔からある売れる要素が無い残念な人がやる手法じゃん。叩くほどもなくほっとけば消えるから好きなキャラクターだけ意識して応援すれば良いじゃん。叩く方も必死すぎてウケる(笑)
キャラクターが人気なのと声優さん自体に人気があることは「=」じゃないしさ、多分キャラクターの半分もその人(声優さん)のファンっていないよね?キャラクター自身じゃないんだし。
そもそも声優さんが芸能界で人気になることって結局無理じゃない?だってかわいらしい絵で演技して商売することと見た目や身体を使って演技して商売することとは全く違うじゃん。商売相手が違えば需要がないことは火を見るより明らかだよ。


こんな事を言ってたが誰が書いてる記事を複数見せただけで当時のTwitterのやり取りが転載されてたわけでもないのであくまでも一個人の限られた情報下での感想として見ていただきたい。
ただ、アニメ業界とファンのあり方については一考の価値ありと思い記載しました。{/netabare}



最後にこの物語はハルヒが望んだ世界のようでキョンが無意識のうちに変化を望んだ物語なのかもと妄想を張り巡らせたたが結論は原作見ないし知ることはできないんだろうな・・・。
等とつらつら書いたが最後にふと思った。この作品のハルヒ単体の人気(支持)ってあるのだろうか?


杉田さん知ることできたし銀魂見たいんだけど・・・長っ!
レビューは無理だな(笑)

投稿 : 2019/07/28
閲覧 : 133
サンキュー:

19

リーク

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

2期から見始めても問題ない 13話〜18話は見ないことをオススメ

感想
2期は1期の内容を時系列順に放送していてさらに新エピソードを加えた内容です。まだ見てない人は2期から見てもいいです。新エピソードの作画は1期よりパワーアップしていて10年だった今でもすごく綺麗に見えます。新エピソードの笹の葉ラプソディは1話の伏線回収回ですごくおもしろかったです。また、エンドレスエイトを全部見るのはきついので13〜18話は見ることをお勧めしません。

投稿 : 2019/07/23
閲覧 : 183
サンキュー:

23

ネタバレ

washin

★★★★☆ 3.7
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

エンドレスエイトでくくられがちですが

涼宮ハルヒの憂鬱二期といえばエンドレスエイトである。たしかにそうでしょう。ただ個人的には溜息の方がきつかったですね。ハルヒの悪い部分をずっと見せられて。


とにもかくにもすべては消失のためです。未来を楽しむために今があるのです。

投稿 : 2019/06/22
閲覧 : 76
サンキュー:

5

ネタバレ

kawadev

★★★★★ 4.8
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

強引なネタを詰め込んだ

1期が面白かったので、期待して見た作品。

1期から時間があいてしまった事もあり、2期は少々パワーダウン。

更にパワーダウンしたのがエンドレスエイト。でも、あれは、この作品だからこそ出来た荒業。

投稿 : 2019/06/13
閲覧 : 59
サンキュー:

8

ZORRRO

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

日常系かと思ってたら全然違った

1期(2006年)は今更見ても意味なさそうだったので2期(2009年)のみ視聴。
ご存知の方多いと思いますが、1期を再構築(時系列順に修正)してエピソードが追加されたのが2期です。


【ストーリー】

なんにも予備知識が無かったので普通の高校生活なのかな~
とか思ってたら、わりとトンデモ話的な世界観で驚きました。
驚いたけど、設定がわかってから先は以外にそのまま日常といった感じ。

しかしまあ、中盤の夏休みの例の展開、思い切ったことをするなーと。
当時リアルタイム勢は絶望してそうw(というか切った人多そう)
話題にはなりそうですけど明らかに視聴者のウケは良くないよねって。


【作画】

作画は良いです。キャラデザは当時モンといった感じですが、古さ際立つレベルではないし、
作画(背景や動き含めて)がとても良いのでキャラデザも今見ても違和感ないでしょう。


【キャラ】

キャラ、、、ですか。うーむ。当時のオタク先輩達は、このメインヒロインのキャラが本当に好きだったのだろうか。

もはや作品名がメインヒロインですので、軸…というか涼宮ハルヒがいなければ成り立たない世界ではありますが、
正直キャラとしては1作品に1人はいそうな、嫌われキャラの部類。
俺の考えが浅いのか知らんけど、というか視聴前の想像と違ったから尚更かも知れないけど。

特別嫌というわけではないです。古泉や長門も良いキャラしてたし。
ツンデレ好き(?)には良いのかな?


【他】

とりあえず劇場版の『涼宮ハルヒの消失』の方が名作臭するのでそのうち見たいと思います。
最終回の終わり方も続きそうだったですしね。
キャラについて色々書きましたが、後半結構良くなってきた兆しあったのでそれも期待したいです。

当時からの名作ですが、故に個人的ハードルが上がりすぎた感ありました。
ストーリーそのものは普通に面白いし見ごたえのある学園生活です。


ところで、、、キョンの名前って何なんや………杉田?(笑)

投稿 : 2019/04/29
閲覧 : 100
サンキュー:

7

o-sanヌ

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ニワカですが

タイトルやキャラを見て、ただの美少女萌えアニメだと思い込んで避けていた自分が恥ずかしいとすら感じました。
こちらのサイト様に限らず、面白そうなアニメを色々検索したりして楽しんでいるのですが、やはり噂に違わぬ傑作でありました。
数日のうちに一気に観てしまうほどに面白かった。
例のエンドレス何某も、後に来るのであろう楽しみを糧に、むしろ前話との違いを探すなどしながら特に事も無く視聴しました。
この作品が伝説と言われる所以が理解できた次第です。
地元が舞台であることも思い入れの要因のひとつではありますが(笑)

投稿 : 2019/03/08
閲覧 : 91
サンキュー:

7

コーヒー豆

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

一気に見ました♪

以前から評判を聞いていましたが、
暇なこの機会に見ることができました☆

エンドレスエイトという初体験をして
こういう作り方もあるのかと
声優さんにもある意味拍手、
作画担当、作り手さんにもその勝負心を
別の意味で評価します。
まぁ全部は見られませんでしたがw
当時の視聴者は一体どういった気持ちだったのでしょうか?w

普通のほのぼの日常アニメかなと楽な気持ちで見ていましたが、
全くいい意味で期待を裏切られました。

この作品が後のアニメに影響を与えたのは何となく
今だにわかライトユーザーの私にも納得できた気がしました。

今の学生さんたちにも見て欲しい作品だと思います。

投稿 : 2019/03/01
閲覧 : 130
サンキュー:

9

プクミン

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

好みの分かれる、謎アニメ2期

2期も最後まで見れば何かわかるだろうか?
いや、何も分からないままでした。
謎は謎のまま。
でも分からなくても、感覚的に楽しめるかどうかでもいいと思います。
ハルヒと愉快な仲間達という『概念』で感じ取っていいと思います。

それと長門可愛い。

投稿 : 2019/02/26
閲覧 : 94
サンキュー:

9

ネタバレ

にゃん^^

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

着せかえ人形思いだしちゃった^^(エンドレスエイトを見て)

もっと読むのまえで
ネタバレタグをつかうと
とちゅうできれちゃうみたい。。

だからあにこれのあらすじを
はっておくから
とばして読んでね^^

「ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人、未来人、異世界人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい。以上」 入学式後の自己紹介で、このぶっ飛んだ発言をした県立北高校の1年生「涼宮ハルヒ」。成績も運動神経も容姿も優れているのに、傲岸不遜な態度と中学以来の奇人ぶりから、クラスで浮きまくる。その上、普通のクラスメイトをつまらないと拒絶し、ますます孤立していた。 そこで、ハルヒの前の席に座るクラスメートの「キョン」が話しかけたことをきっかけに、SOS団(世界を大いに盛り上げるための涼宮ハルヒの団)に加入させられてしまうのだった…。(wikipedia・公式サイト等参照)

1期はいろんなことが起こった時間が
ばらばらになってたから
それを順番どおりに直して
新しいおはなしを足したみたい☆

でも2期って
「エンドレスエイト」が入ってるから
キライってゆう人が多いみたい^^;
({netabare}ほとんどおんなじおはなしが8話くり返すの
でも
毎回絵とかおしゃべりは新しくなってるんだけど{/netabare})

涼宮ハルヒの憂鬱で
ハルヒが毎日いろんなヘアスタイルで
学校来たことあったよね

ハルヒはかわいいから
どんな髪にしても似あっちゃうね
うらやましかったぁ

にゃんはおばかだから
分からないとこは
ぼーっと見てたりする

エンドレスエイトも
はじめ分からなくって
{netabare}3回めのとちゅうで
あれ?ってw

それで
はじめにもどって見たら同じのやってるし~^^;

それでも
まあいいか~って
ぼーっとまた見はじめたw
(なにかあるのかな~?って)

で また
あれ~っ?
今のゆかたぁさっきのとちがう~!
前のはちがう色だったよね!?って
また見なおしちゃったw


小さいころあそんだ
着せかえ人形をおもいだした^^

こんどはどんな服?
ゆかたは?水着は?

みんなの服が毎回かわるから
それ見てるだけで
たのしかったなぁ♪

あとのことは
ぼーっとしてたから
あまりおぼえてないなぁ(^^;

でも
あとで「ハルヒの消失」の映画を見たとき
あ!って思ったから
エンドレスになったら4~5話分とばしても
はじめと終わりは
映画を見るまえに見たほうがいいって思う☆
{/netabare}

ハルヒ2ってもしかして
消失の宣伝で作っちゃったのかなぁって。。
にゃんは思った

ほんとは
笹の葉ラプソディと1期だけでよかったけど
何かおまけつけちゃおっかなぁwってゆう
スタッフさんたちのいたずら?かなって。。

1期とか見てたら
スタッフの人たちがアニメ作りながら
あそぶ(?)のが好きって分かっちゃうよねw
({netabare}時間通りになってなかったりとか。。{/netabare})

あと
みんなこんなヘンなおはなし(エンドレスエイト)見たら
ぜったいうわさになるって分かってたと思うんだ
だからきっと宣伝になったって思うけどなぁ。。

それで
ぜ~んぶ見おわったら
「ハルヒの消失」のゆきちゃんの気もち
とっても分かるようになるしね。。

投稿 : 2019/02/21
閲覧 : 1073
サンキュー:

246

ネタバレ

STONE

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

判りやすくなった反面、より尖った感も

 原作は未読。
 2期とは言いながら、1期に新エピソードを加えた変則再放送とも言えそうなもので、かなり
珍しい形のもの。
 作画に関しては全体的に追加分である新エピソードの方がいいみたい。

 内容的には時系列順になったことで全体的な流れは判りやすくなった感がある。
 新エピソードに関しては1期以上に実験的な色合いが強い。
 文化祭用の映画制作を描いた「涼宮ハルヒの溜息」(20〜24話)の長編をぶった切ったような
切り分けもそうだが、やはり本作に関しては「エンドレスエイト」(12〜19話)に尽きるかなあ。
 客観視してみると作り手の独りよがりな感が強く、商業作品を無視したやり過ぎの印象だが、
個人的には結構好きだったりする。各話の小さな差を見つけたりするのが楽しかった。

 2クール分もあると、改めて涼宮 ハルヒのきょんの影響力の強さを感じたり。

2019/02/11
2019/02/11 表現方法変更

投稿 : 2019/02/11
閲覧 : 95
サンキュー:

8

ネロラッシュ

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

所謂こういうのが

所謂こういうのがセカイ系と言われるアニメなのか?
話題になっている頃は見向きもしなかったが、今更ながら観てみたらエンドレスエイトは確かにクドイが…
自分が絵コンテを担当する場合、これだけ多種多様な構図や衣装などを思いつくであろうか?!
CVのアドリブを言えるのか?
と裏方目線で見てたらこれは面白い。
長くても4話で終わらせて、劇場版を2期でやるべきだったとは思うがな。

投稿 : 2018/12/15
閲覧 : 104
サンキュー:

6

ネタバレ

Robbie

★★★☆☆ 2.7
物語 : 1.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 2.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

1期の良さが無くなった

こっちは1期の良さが完全に無くなった。
とにかく飽き飽きした。
エンドレスエイトは真面目に酷かった...
とにかくしつこい。
あれは半分にまとめるべき。
1話につき2回繰り返す感じで良いと思ったが、それでも長いか...
とりあえずエンドテスエイトのせいでこの作品はかなりの酷さになった。
他の点は音楽面以外は前作並みだ。

投稿 : 2018/09/30
閲覧 : 150
サンキュー:

8

ネタバレ

ゴロニャン

★☆☆☆☆ 1.0
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

一期に続いて見た。

正直、アニメだけで評価すればストーリー性が全くない。あっと驚くこともなければ、オチも最悪(あの部分)。
なんか評価高いだけで騙された気分。

投稿 : 2018/09/12
閲覧 : 76
サンキュー:

2

らて

★★★★☆ 3.7
物語 : 2.5 作画 : 5.0 声優 : 2.5 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

面白いけど

前作に引き続き面白いんですけど、8話もののアレがちょっとモチベーションが下がりました。
アプローチとしては面白く、工夫はされているんでしょうけど、見る側としては少々残念感があります。
他の物語はばっちりです☆

投稿 : 2018/08/30
閲覧 : 87
サンキュー:

5

ネタバレ

ぺー

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

例のアレは飛ばしました

2017.12.17記

今さら8話分の微妙な違いを堪能する気概もなく、ネタバレなしで突入したものの3回目くらいで種明かしを見てから思いっきり飛ばしちゃいました。

これリアルタイムで観てた人達の心中お察し申し上げます、ってやつですね。

ただし、こういった攻めてる感じはとても好きです。



-----
2018.08.17追記
《配点を修正》

1期の評価と同じく歴史文献としての評価が妥当と考えます。
「消失」を堪能するための通過儀礼というのも変わりはありません。

{netabare}
エンドレスエイトって、今の時代でやれるのか?と自答してみる。

 結論は『ムリ』

商業的にも視聴者の評価としても受け入れられないでしょう。
なにより、ハルヒの二番煎じだとのそしりは免れず、好意的に受け止められる可能性はゼロに等しいです。

後にも先にも唯一の演出方法として後世に語り継がれるものだと思います。{/netabare}

投稿 : 2018/08/17
閲覧 : 194
サンキュー:

31

ネタバレ

rolex

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

とりあえず

エンドレスエイトは最初は楽しめたけどのちのちしんどくなりましたね…!
ストーリーより間違いさがし的な感じで観ると、作画のコリ具合など楽しめるかもしれません!

投稿 : 2018/06/17
閲覧 : 77
サンキュー:

4

モウ

★★★★★ 4.5
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ストーリー評価が悪いのは…

エンドレスエイトのせいですよね笑

観たのは少し前だけど
何年前のアニメと思わせない
キャラ設定と、進行のよさがあります!

ただ、やはりエンドレスエイト。
円盤を買った人はハルヒファン確定ですね!

投稿 : 2018/06/05
閲覧 : 127
サンキュー:

13

しろ

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

今更ですが観ました

涼宮ハルヒの憂鬱(1期の方)と同文レビュー記載です


GW無料配信されてたので一気に観ました(2009年版・第2期)

僕がアニオタになる前、中学時代に流行ってたアニメの一つ

中学生だった当時はオタクを否定してる側だったのが懐かしいです

僕は「けいおん!」「新世紀エヴァンゲリオン」でアニメ好きになったのですが、このハルヒでアニメ好きになるのもまあ納得でした^^


個人的にストーリーは可もなく不可もなくで面白い回とそうでない回がハッキリしてました(好きな方すいません)

特にエンドレスエイトは当時話題になったでしょうね(^^;)

友人にあらかじめ忠告されたので、このエンドレスエイトは全部しっかり観ずにさらっと観ました

内容はともかく、キャラが良かったのが完走出来た一番の要因になりました

ハルヒも朝比奈も長門もみんな可愛かったので萌え要素には満足です^^

投稿 : 2018/05/06
閲覧 : 144
サンキュー:

14

ネタバレ

※アニをた獣医学生◎

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

原点の続き。

1期と言いたいことは同じです♪
うんうん。

投稿 : 2018/04/29
閲覧 : 106
サンキュー:

10

◇fumi◆

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

世界を大いに盛り上げるための涼宮ハルヒの団 略してSOS団

2009年に放送されたテレビアニメ 

2006年度版「涼宮ハルヒの憂鬱」は大ヒット作品になりましたが、
原作のストーリーに対して飛び飛びで制作されたため、
1期時系列順に新作14話を差し込む形でストーリーが完成させようということで、
全28話が時系列順に放送されるという運びになりました。
翌年の「劇場版涼宮ハルヒの消失」が続編となるような構成です。

原作 谷川流 監督 石原立也 武本康弘(新作のみ参加)

「ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人、未来人、異世界人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい。以上。」
という、涼宮ハルヒの掛け声によって結成された「SOS団」という部活動を描いた物語。
明るく楽しい、サスペンスと困惑、大いなる夢に満ちた素晴らしい作品。

社会現象にはならずとも、日本人のありようを世界的な規模で静かに変革していった国家的アニメ。 
今後も日本人の魂として残るであろう名作と断言しちゃいます。

1~6話では、高校の日常が宇宙規模のSFへと広がる中核のストーリー。
8話では劇場版につながる伏線が描かれました。 
これが新作の始まりで大きな話題を呼びましたが、
次の新作となる「エンドレスエイト」では、8話にわたって物語がループするという大変な事態に。
そして「涼宮ハルヒの溜息」1~5話が挟まれ、全28話完成。

未見の人が居たら「必ず観なさい」レベルの名作です。ホントです。

原作のストックはあるようですが、続編はいつの日でしょうか。
近作「長門有希ちゃんの憂鬱」では声優のモチベーションは保たれているようで安心しました。

劇場版「涼宮ハルヒの消失」制作のために構成が混乱したようですが、
それがかえって凡百のアニメ作品とは格が違う息の長い作品になった原因のような気もします。

投稿 : 2018/04/23
閲覧 : 327
サンキュー:

64

ネタバレ

scandalsho

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

涼宮閣下『全艦戦闘配置!』

言わずと知れた超名作アニメ。

個人的には第1期より第2期の方が好き。こちらの方が絵が綺麗だし、第2期の8話が無かったら劇場版に上手く繋がらないし・・・。

結局、『エンドレスエイト』に費やした8話が好き嫌いの分かれ目みたいですね・・・。
個人的には、嫌いではありませんでした。
微妙な間違い探し感や声優さんのアドリブなどOA当時から結構楽しんでいました。
{netabare}
確かに、結果的には『エンドレスエイトⅡ~Ⅶ』の13話から18話までは、視聴しなくてもストーリーには全く影響ありませんけど・・・。 {/netabare}

あと、「溜息編」のお陰で{netabare}シャミセンが本当にしゃべっていたって{/netabare}分かるしね!

投稿 : 2018/04/14
閲覧 : 332
サンキュー:

67

東山圭登

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

深夜アニメを見るきっかけになった

自分はGod knowsという曲からこの作品を知りました。アニメってこんなに面白いものなんだと初めて思いました。ストーリーも普通の日常にSF要素が入っていて毎話ごと予想の斜め上を行くので楽しく見させてもらい、今でも最初に見た作品がこれで良かったと思っています。

投稿 : 2018/04/05
閲覧 : 60
サンキュー:

5

ネタバレ

はるき

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

世界観が好きです

2012年ごろ、私はアニメを軽蔑するように見ていました。ハルヒのCMやその他のアニメのCMを見るたびにずっと「キモっ」と思ってました。
ですが、深夜アニメが好きになり始めてきてからは深夜アニメへの気持ちが変わり、どちらかというと普通のアニメより好きになりました。
ハルヒのアニメのことを考えるとこのように昔のことが思い出されます。昔は嫌いだったけど今はめちゃくちゃ好きで、本当に変わったなと思いました。
このアニメの好きなとこを語ります笑(今更)
まず好きなのはハルヒのキャラです、ハルヒがいたからこそのキョンくんもめっちゃ好きです笑。
昔に見たアニメなので、勘違いしている部分もあるかと思いますが、あの頃の自分からしたらこんなアニメを求めていました。誰もが思っているであろう、超能力者や未来人、宇宙人のいる世界をアニメで表していて見るたびに本当にいないものかと考えてしまいます。
アニメの大部分は本当に高校生の日常のような感じで進んでいきます。ここも普通の学生生活を思わせて好きですね。超能力者だけど、そのことはほぼ隠すようにして生活している小泉くんやみくるちゃん、長門も好きです。あまりキャラ名を覚えることができないので、個人的にはその面でもとても印象に残るアニメです。
本当に語り出すとネタバレしないようにと文面や表現はぐちゃぐちゃですが、良いところが尽きないアニメです。
あまり、自分の人生や社会、他人に興味が無いような人でも見ると新しい気持ちに気付けるかもしれない、かもしれないアニメです。
本当に文章がぐちゃぐちゃですが、個人的にかなりオススメできるアニメです。
見てみて〜

投稿 : 2018/04/04
閲覧 : 64
サンキュー:

6

cheshaneko

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

おもしろい!

この手の高校生が集まりわいわいするタイプのアニメは今では山ほどありますがこのアニメはその先駆けであり今観ても抜きにでたおもしろさがあります。さらにSFの要素なども含んでおり斬新で楽しめるアニメです。

投稿 : 2018/03/19
閲覧 : 61
サンキュー:

3

ひつまぶし

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

だんだんハルヒが可愛く見えてくる

以前、一度断念したものの、もう一度見返してみたら最後まで観れました
ハルヒの設定がSF的で結構面白かったです
エンドレスエイトは、8話連続ほぼ同じストーリー。否定的な意見も多いみたいですが、ちょっとずつ絵とかセリフとか変わっててすごい。暇な人はぜひ
消失がすごくおもしろかったのでそれに向けた伏線はり的な位置づけでしょうか
God Knowsよかった

投稿 : 2018/03/08
閲覧 : 72
サンキュー:

6

次の30件を表示

涼宮ハルヒの憂鬱 第2期のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
涼宮ハルヒの憂鬱 第2期のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

涼宮ハルヒの憂鬱 第2期のストーリー・あらすじ

「ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人、未来人、異世界人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい。以上」
入学式後の自己紹介で、このぶっ飛んだ発言をした県立北高校の1年生「涼宮ハルヒ」。成績も運動神経も容姿も優れているのに、傲岸不遜な態度と中学以来の奇人ぶりから、クラスで浮きまくる。その上、普通のクラスメイトをつまらないと拒絶し、ますます孤立していた。
そこで、ハルヒの前の席に座るクラスメートの「キョン」が話しかけたことをきっかけに、SOS団(世界を大いに盛り上げるための涼宮ハルヒの団)に加入させられてしまうのだった…。(TVアニメ動画『涼宮ハルヒの憂鬱 第2期』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2009年春アニメ
制作会社
京都アニメーション
公式サイト
www.haruhi.tv/
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B6%BC%E5%AE%AE%E3%83%8F%E3%83%AB%E3%83%92%E3%81%AE%...
主題歌
≪OP≫平野綾『Super Driver』≪ED≫平野綾・茅原実里・後藤邑子『止マレ!』

声優・キャラクター

平野綾、杉田智和、後藤邑子、小野大輔、茅原実里、松岡由貴、桑谷夏子、白石稔、松元惠、あおきさやか

スタッフ

原作・構成協力:谷川流、原作イラスト・キャラクター原案:いとうのいぢ(連載:角川スニーカー文庫刊/ザ・スニーカー/少年エース)、 団長代理(総監督):石原立也、団長補佐(監督):武本康弘、シリーズ構成:涼宮ハルヒとやっぱり愉快な仲間たち、団長:涼宮ハルヒ、キャラクターデザイン:池田晶子、総作画監督:西屋太志、美術監督:田村せいき、撮影監督:中上竜太、設定:高橋博行、色彩設定:石田奈央美、音響監督:鶴岡陽太、編集:重村建吾、音楽:神前暁

このアニメの類似作品

この頃(2009年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ