新型コロナウイルス感染症(COVID-19/SARS-CoV-2)の感染拡大の影響を受け、一部作品の放送・配信時期に延期、変更が発生しております。
掲載している放送時期と異なる場合がありますのでご了承ください。

「劇場編集版 かくしごと ひめごとはなんですか(アニメ映画)」

総合得点
77.4
感想・評価
48
棚に入れた
191
ランキング
542
★★★★★ 4.2 (48)
物語
4.1
作画
4.1
声優
4.2
音楽
4.2
キャラ
4.2

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

劇場編集版 かくしごと ひめごとはなんですかの感想・評価はどうでしたか?

つきひちゃん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

本編を見てれば見なくても大丈夫

2時間程度のテレビアニメ版の総集編に、最後にちょっと後日談がプラスされていて、将来どうなっていくのかなというのを想像させてくれるような終わり方。

タイトルの「かくしごと」が、
「書く仕事」と「隠し事」の二つの意味を持たせているように、なかなかセンスを感じさせる作品でした。

劇場版だけ見てもちょっと説明が足りない感じになってしまうので、出来ればテレビアニメ版をオススメします。

投稿 : 2021/10/14
閲覧 : 21
サンキュー:

0

ネタバレ

P さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

アニメが好きだったので見てみました

上手くまとまっています。
しかし、オリジナル要素というか、真新しさが無く、少しガッカリしました。
その為、アニメよりは評価が下がるのかなと思います。
未視聴で時間がある方、もしくは初見で劇場版を見て面白いと感じた方は、アニメをオススメします。

投稿 : 2021/10/10
閲覧 : 23
サンキュー:

2

nyaro さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

オリジナルが少なすぎ。歌詞を活かすなら画面は永井博風にしないと…。

 まあ、テレビシリーズ見たら見ますよね。ギャグエッセンスは減っていますが、この作品を映画でも見ようと思う人は、当然18歳の姫ちゃんの話を期待すると思いますし、そういう話でした。

 ほとんどTV版と感想はかわりません。凝縮されていたという見方もできますが、ちょっと短すぎ?せっかくの劇場版ならあと10分くらいオリジナルの18歳姫ちゃんパートほしかったかなあ。

 君は天然色の「思い出はモノクローム色を付けてくれ」って言う歌詞の意味と、今回劇場版で挿入された昔のエピドードがはまりすぎですよね。これって、TV版でのEDがあまりに良かったので、劇場版でオリジナルを入れるにあたってこういう物語にしたっていうことでしょうか?または、作者が初めからこの曲が好きでモチーフにしていた?

 でも、だったら大瀧詠一「A long vacation」のアルバムジャケットのイラストを担当した永井博風の演出が劇場版は足りなかったですね。奥さんの回想とかは大瀧詠一の歌詞の意味をかぶせるなら、海の場面は全部永井博風にすれば良かったのに、ちょっと違う感じだったと思います。


 あと、奥さんのことは本来姫ちゃんが生まれる前に、マンガ家になるきっかけにすべき話ですよね。モノクロなんだから非常に説得力があるストーリーになると思うのですが、設定が破たんします?


 劇場版はエッセンスを拾ってましたのでストーリーそのものには不満ではないですが、オリジナルが少なすぎてちょっと物足りなかったです。せっかく見たのになあ、という感じ。どうせなら18歳の姫ちゃんをもうちょっとオリジナルで動かして過去の因縁のもうちょっと丁寧な説明が欲しかったですが、まあ、TVシリーズであそこまでやってしまうと後付けでいろいろやるのは難しい展開だとは思いますが。

 やっぱり箱のエピソードは弱かったなあ。母と娘のつながりがおしいストーリーでした。

投稿 : 2021/10/04
閲覧 : 40
サンキュー:

2

ネタバレ

カミタマン さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

テレビシリーズを見てからがお勧め

2021/09/20 投稿

映画単体で見ても十分話は理解できます。

でもやっぱり,丁寧に10歳の時を描いたテレビシリーズを見た後の方が感動すると思います。

最後は,{netabare}きれいに,ED曲につなげたと思います。{/netabare}

投稿 : 2021/09/30
閲覧 : 55
サンキュー:

9

ネタバレ

テナ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

劇場版 総集編

劇場版で見る総集編ですw
内容は本編の「かくしごと」と同じなので詳しい感想レビューは本編の方を読んで貰えたらと思います。

総集編ですが、作品に触れると言う意味では、こちらから見た方がいいかもしれません。
もしも、見ようかな?でも時間がないし、……そんな人は、ヒメゴトからでも十分だと思います。
それで、気になった人は本編をってのも全然有りだと思いました。

総集編ではありますが、ヒメゴトは綺麗に編集されてるしピックアップされた物語は作中でも面白いエピソードや記憶に強く残ってるエピソードがピックアップされているしセンスの良さをかんじます。

この作品に最後に仕組まれた物は感動です。
総集編でもしっかり泣かせに来ます。
内容を知ってても泣けてしまう。

ヒメちゃんがお父さんの幸せを知って走りだすシーンから、父カクシのが記憶を思い出すシーンは泣きそになりました。
ヒメの写真撮るあたりと、かぶわぁ〜って

カクシがヒメちゃんに用意したお誕生日ボックスに、入っていた家族3人の何気ない日常の漫画、彼女はつまらない漫画と言っていましたが、そんなつまらない日常が、小さな幸せがカクシの夢だった。

ヒメのお母さんは色を失う病気だった。
だから、最後に家族3人で見た蒼を見たくて事故に合う。
多分、つまらない漫画は、妻の病気が治ったら色を塗ってもらう為に書いたのかな?
妻の世界が彩れば完成するカクシの夢

でも、妻は行方不明になる。
カクシは何故、ヒメちゃんに隠しながら漫画を描き続けたのだろうか?
それは多分、妻の為。
妻は「モノクロの世界か漫画を見るには丁度いいわね」って言葉を残しているので

カクシは妻が読める様に漫画を描き続けたのかもしれません。
いつか帰って来るかもしれないその日に、沢山読ませてあげたいと……
色を失っても楽しめるものはあるんだよって……でも、世間に全てバレてしまって……真実を突きつけられて、漫画を書けなくなった。

「ギャグ漫画を笑って貰えなくなると致命傷」とありましたが、それ以外にも理由があったのかな?とも思ってしまいました。
だから、7年間の記憶を無くした。

ヒメと過ごすた幸せな時間、妻を生きてると信じて探して描き続けた時間、好きな漫画を書いて読者に応援してもらえた時間、彼の幸せでやりがいがある時間。

そして、カクシはヒメちゃんに託した、つまらない漫画……
その漫画は本当はお母さんが色を塗るハズだった。
でも、全てを理解したヒメちゃんが色を付けて白黒だった家族が色付く。

ヒメちゃんは、お父さんを失って彼女の心の世界もモノクロだったのかな?
でも、お父さんが目を覚まして、お父さんの幸せな時間をしれて、彼女の世界は本当の意味で彩った。
だから、母の代わりに色を着けて居たのでしょうね٩(ˊᗜˋ°ᵖⁱ)و
このシーンは凄くいい1シーンだったと思います。

投稿 : 2021/09/27
閲覧 : 42
サンキュー:

7

ネタバレ

pMzNC26468 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

なめてた

たかが総集編と思いみるつもりもなかったけど配信サイトにもう入ってきたので試しにみたらまた泣かされました。
これは卑怯。
終盤までのストーリーと終わり方はTVと一緒になのですが辿るルートが違うというかTVで語れなかった部分がこんなにも大きいとは、、という感じです。
良い不意打ちでした。

投稿 : 2021/09/20
閲覧 : 41
サンキュー:

2

ネタバレ

ねっち さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

完璧な総集編

総集編にありがちなまとめただけの作品ではなく一本の映画として非常に面白く感動できる内容になっていました。

主軸となっているストーリーはしっかりと拾っていき、軸から逸れるシーンについてもナレーションと写真のような演出でカットに見せないように工夫されており、とても見やすかったです。

そして本作はラスト数分が本当に素晴らしかったです。父親の描いた漫画に母親の指定した色彩、そしてそこに娘が色を付ける。ボロボロ泣いてしまいました。
EDテーマ「君は天然色」の歌詞「思い出はモノクローム、色をつけてくれ」ともかかっておりスゴくオシャレで泣ける演出になっていました。このシーンを見るだけでも総集編を見た価値が十分にあったと思いました。

93/100点

投稿 : 2021/09/18
閲覧 : 23
サンキュー:

2

ハムレック さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:----

TVアニメよりこっちの方が好きかも

この総集編は自分がTVアニメ内で中盤少し退屈に感じていたギャグの部分が大幅に、そして丁寧にカット‪‬されていて感動要素が増している。
自分のお気に入りである最終回あたりの部分を多く描いてくれてさらに新規カットが素晴らしい👏(特に最後の)


レベルが高い総集編です。

個人的にはTVアニメの方より好きですね。まさか総集編の方が上に感じるとは...なかなかそんなアニメないっすよ。

TVアニメを視聴している方は絶対に見るべきです。

投稿 : 2021/09/16
閲覧 : 42
サンキュー:

3

WR333 さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

原作を超えたエンディング

画風…音楽…物語…。
80年代と現代を見事に融合しちゃいました。(笑)
たぶん、大滝詠一のエンディングテーマは、地上波放送時にはシンデレラフィットだったんですよね。 …それは、奇跡のフィッティングだった、いや、見つけた人(画風からのヒントはあったにしても)はマジで天才的なひらめきだったと絶賛したいです。

劇場編集版では、ストーリーをエンディングテーマに擦り寄せ、作詞家 松本隆 の本意(と噂される歌詞の意味)まで捻じ曲げる威力で、融合。 劇場編集版の途中の多くの追加シーンは、エンディングへの誘導で、このエンディングはある意味、原作をよりよい方向へ膨らませる付加価値を見せてくれたと感じています。 個人的には、アニメ化する意義(原作+α)を見せつけてくれた作品でした。

オープニング、エンディングのテーマ曲、特にエンディングは、このアニメのために作られたとしか思えない完成度に思えてしまうのです。 30年も前の曲で、私は高校時代にリアルタイムで聞いていたにも関わらず… (苦笑)

単なる総集編と思って見たのですが… 

ほんと観てよかった!!!。

投稿 : 2021/09/11
閲覧 : 55
サンキュー:

2

ナルセッチ さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

総集編ベースの映画としての傑作

テレビアニメ全話視聴済。

テレビ版の編集が大部分を占める構成なのですが、
見事としか言いようがないです。

必要な部分を過不足なく残し,
新たに追加された部分によって魅力が大幅に増しています。

もともとこれでもかと言うくらいに力のある声優陣と鉄板の音楽でまとまりの良い作品でしたので、総集編的な劇場版と聞いてさほど大きな期待はしていなかったのですが、
良い意味で裏切られました。

テレビ版を見た人も改めてみる価値のある作品です。

ヒロイン役の高橋李依さんはリゼロのエミリアとはかなり違うイメージを
見事に演じています。

見て良かったと素直に思えました。

投稿 : 2021/09/11
閲覧 : 35
サンキュー:

2

ダビデ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

総集編

一期を一気に観た後に観るもんではないですね。

投稿 : 2021/08/17
閲覧 : 50
サンキュー:

3

Ka-ZZ(★) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

TVシリーズでは描かれなかったもうひとつの結末

この作品の原作は未読ですが、2020年に放送されたTVアニメは視聴済です。
dアニメストアで新作をチェックしていた時、この作品が目に飛び込んできました。

7月に公開されて上映が完了している劇場もありますが、現在進行形若しくは
これから公開される劇場だってあるというのに、このタイミングで視聴できるのはラッキーとしか言いようがありません。
春アニメの未視聴作品が残っているものの、思わず飛びついてしまいました。


隠し事は、何ですか?
ちょっと下品な漫画を描いてる漫画家の後藤可久士。
一人娘の小学4年生の姫。

可久士は、何においても、愛娘・姫が最優先。
親バカ・可久士が娘・姫に知られたくないこと。
それは……自分の仕事が『漫画家』であること。
そして……姫の母親の行方のこと。

可久士の後悔、姫の決意。
父が娘にしていた愛と笑いの先にある“かくしごと”
その箱がひとつひとつ紐解かれていく未来には――。


公式HPのSTORYを引用させて頂きました。

TVアニメ版では、時折伏線を絡ませながらも主に描かれていたのは姫が10歳の時でした。
最終話で18歳になった姫が登場した時、驚きと共に色んな伏線が繋がったのを記憶しています。

本作はTVアニメ版の焼き直しなのかな…と思って視聴を始めましたが全然違っていました。
10歳の頃の物語は断片的に使われてはいるものの、18歳の姫を主軸に物語が動いていくんです。

それだけじゃありません。
これまで明かされていなかった部分についても触れられているので、この劇場版を視聴して初めて全容が分かるという構成になっていたんです。

可久士の姫に対する劇愛っぷりは相変わらずで…
わが子を愛するが故に色んなことを言えずに一人でため込んで…
置かれている状況はどんどん悪くなっていって…
でも、信念だけは貫き通したと思います。

ですが可久士の優しさはTVアニメ版でたっぷり見せて貰っていたので、今回のポイントは何と言っても姫の立ち回りと言動にほかなりません。
そんな姫に命を吹き込んだりえりーの仕事っぷりも称賛に値すると思います。
気になる方は是非本編でご確認頂ければと思います。

主題歌は、flumpoolさんによる「ちいさな日々」
エンディングテーマは、大滝詠一さんによる「君は天然色」
この組み合わせはTVアニメ版と一緒ですね。

dアニメストアではChapter.1~Chapter.4の全4話に分割されて配信されていましたが、一気通貫で視聴できないのは、配信されている時期を踏まえると仕方ないことなのでしょう。
しっかり堪能させて貰いました!

投稿 : 2021/08/14
閲覧 : 115
サンキュー:

10

横比較無用ノ介 さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

親子愛マシマシです

編集版という位置づけですが、雰囲気はちょっと違います。
TV版の最終話の内容が増量されています。その分ギャグは少な目です。

内容は知ってましたが、おじさんの魂を激しく揺さぶってきます。
ラストはウルウルしてしまいました。

TV版でもED曲だった「君は天然色」。映画ではフルバージョンです。
この曲の意味合いが、重みを持った内容になってます。

「君は天然色」が収録されている大滝詠一さんのアルバム「A LONG VACATION」。
今年ちょうど発売40周年です。「かくしごと」コラボポスターもありますよ。

投稿 : 2021/08/12
閲覧 : 89
サンキュー:

3

レオン博士 さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

MASTERPIECE

映画は見に行けなかったが有料アニメ動画配信アプリで配信されていたので視聴。

※本編未視聴でも十分楽しめますが、本編の総集編的な性質もあるので、視聴するなら、本編見てから推奨。

テレビアニメ版の総集編+アルファと言った感じで、結構いい感じにコンパクトに編集されてます。
単なるプラスアルファではなく、本編で語られなかったエピソードもいくつか追加されており、当時を振り返りつつ視聴できた。

追加エピソードの入れ方も良く、映画版らしく最後の締め方も綺麗だった。

心の温まる良い話でした。

投稿 : 2021/08/10
閲覧 : 176
サンキュー:

14

KANO さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

dアニメで配信中

TVシリーズを編集されて、少し新しいカットとエピソードが追加されています。

7月9日劇場公開に際して、劇場上映数14箇所…
2日目に行った際には、パンフレット、BDは完売状態。
良い作品だと感じる故に、勿体無く思えるのが
正直な感想ですが

編集内容としては、十分初見でもいける内容に
編集されてます。結構泣かれてた方は多く感じました。

BDも10月29日に全国発売も決まり
dアニメでは8月7日より配信も始まっていますので
視聴可能な方は是非ご鑑賞下さい。

投稿 : 2021/08/09
閲覧 : 107
サンキュー:

22

楼蘭 さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

大幅に追加

短なる編集版と思ったら大間違い
観たことが無い部分が大幅に追加されています
12話のテレビアニメから2時間ほどの映画に直されているので、小話は削られていますが、
今回の映画は、奥さんが海に行った理由が追加され、あの大滝詠一のエンディング曲に繋がる理由が判ります
奥さんの事故や先生の事故の詳細などTV版であまり詳しく描かれなかった部分も追加されています
単なる編集版だったらTV版が上位互換ですが、ここまで追加が多いと、ある意味こっちが上位互換といえるのかも
もともと大好きなアニメなので大満足に仕上がっています

投稿 : 2021/08/08
閲覧 : 61
サンキュー:

4

甘党DX さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2021/10/23
閲覧 : 0

ルカ☆ルカ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2021/10/14
閲覧 : 0

AQUA さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2021/10/10
閲覧 : 0

じぇい さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2021/10/03
閲覧 : 0

クロード さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2021/09/28
閲覧 : 0

3mei さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2021/09/26
閲覧 : 0

零弍 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2021/09/23
閲覧 : 0

xmnBQ21439 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2021/09/12
閲覧 : 3

Tadano さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2021/08/28
閲覧 : 3

210 さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2021/08/27
閲覧 : 3

どうへい さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2021/08/21
閲覧 : 4

ダイ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2021/08/21
閲覧 : 3

tama さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2021/08/20
閲覧 : 5

紗雪☆ さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2021/08/16
閲覧 : 5
次の30件を表示

劇場編集版 かくしごと ひめごとはなんですかのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
劇場編集版 かくしごと ひめごとはなんですかのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

劇場編集版 かくしごと ひめごとはなんですかのストーリー・あらすじ

久米田康治氏の人気漫画が原作のテレビアニメ「かくしごと」の劇場編集版が製作されることがわかった。2020年12月12日に行われた「スペシャルイベント ~こんなイベントやって姫にバレたらどーする!~」で明らかになった。(アニメ映画『劇場編集版 かくしごと ひめごとはなんですか』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
アニメ映画
放送時期
2021年7月9日
公式サイト
kakushigoto-anime.com/

スタッフ

原作:久米田康治『かくしごと』(講談社『月刊少年マガジン』連載)

このアニメの類似作品

この頃(2021年7月9日)の他の作品

ページの先頭へ