当サイトはアリフィエイト広告を利用しています

「よふかしのうた(TVアニメ動画)」

総合得点
75.1
感想・評価
381
棚に入れた
1293
ランキング
828
★★★★☆ 3.7 (381)
物語
3.5
作画
3.8
声優
3.7
音楽
3.7
キャラ
3.6

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

よふかしのうたの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

U さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

C. ネタバレ注意 – 夜はこんなに楽しい

コトヤマの漫画 「少年サンデー」で2019年39号より連載中
制作:ライデンフィルム

吸血鬼に恋をするための物語


<メモ>
私は眠るのが苦手で眠れるまでに時間がかかるのでどんどん眠る時間が遅くなり結果朝が起きれなくなったのだけど
眠れないのは「今日という日に満足していないから」っていうセリフに共感しました
ビビりな私にはできそうにないけど眠れない夜に静かな夜の街を散歩するのは気持ちよさそう

コウが吸血鬼になりたいと思う理由がよくわからなかった
学校に行きたくないから?夜遊びしたいから?ナズナと一緒にいたいから?

吸血鬼になって他人の血を吸うとか気持ち悪いし、吸血させてくれる人を探すのは学校行くより面倒に感じるけどな

次期あったら 鶯餡子 vs 吸血鬼のお姉さま集団 のバトルが見てみたい


<主要登場人物>
・夜守 コウ:佐藤元
・七草 ナズナ:雨宮天

・朝井 アキラ:花守ゆみり   コウの幼馴染
・夕 真昼:小野賢章        〃

・鶯 餡子:沢城みゆき     吸血鬼を殺している探偵

吸血鬼
・桔梗 セリ:戸松遥      女子高生風
・平田 ニコ:喜多村英梨    
・本田 カブラ:伊藤静
・小繁縷 ミドリ:大空直美   メイド喫茶で働いて
・蘿蔔 ハツカ:和氣あず未   女子に見えるが男性


<ストーリー>
中学2年の夜守コウは告白を断ったことを振られた子の友達に咎められてから不登校になり眠れなくなった

ある夜、家を抜け出したコウは眠るためにお酒を買おうとしたところを七草ナズナに見られ、家に連れていかれる
眠れない人の相談にのって添い寝屋をしている七草ナズナは実は吸血鬼で人を眠らせたあとに吸血しているのだ

夜の街に自由と非日常を感じたコウは吸血鬼になりたいと願うが
人が吸血鬼になるためには吸血鬼に恋をする必要があると知り吸血鬼になるためナズナに恋をする努力を始める

こうして夜な夜な家を抜け出しナズナと行動を共にするコウの退屈な日々が変わっていく


ある雨の夜、女子高生風の吸血鬼に出会い拉致される
そこには4人の吸血鬼女子(と女子に見える男子)がいてコウを眷属にするため吸血鬼にしようとする
吸血鬼にとって、自分達の存在を知り生態に詳しい「人間」は脅威なのだ
そこで、最初に吸血されてから1年以内に吸血鬼になれない場合一生なれないと知りコウは焦る

添い寝屋の客引きをしていたコウは鶯餡子に声をかける
餡子は探偵でセリの眷属の秋山昭人(吉野裕行)を探していた
コウの目の前で理性を失くした吸血鬼を餡子が殺すのを見てから吸血鬼を怖いと感じるようになり迷いが生じる
吸血鬼の殺し方を知っている鶯餡子は何者なのか?
真昼に「吸血鬼になって何がしたい?」と問われるが答えが出せない

ナズナはセリ達に会いに行き、コウが吸血鬼にならなくてもほっておいて(殺さないで)欲しいと頼みに行く


22.10.28

投稿 : 2023/05/03
閲覧 : 136
サンキュー:

7

ネタバレ

take_0(ゼロ) さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

「おっさんの目にはまぁ~ぶしすぎらぁ~」

この作品は、原作を追っていた作品。
原作の方は、現在進行形で追ってはいるものの、少し複雑になりすぎてきたかな感を感じている。

とは言え、このアニメ作品についての感想を書くとしよう、そうしよう。

さて、今作。
この作者さんのアニメ作品は「だがしかし」についで2作目かな。あちらも独特の着眼点と独特の雰囲気、間というか余白を持った作品で面白かったです。
私的には好きな作品でした。

今作の主人公:夜守コウ君は、立派な小僧中学生です。
そして、吸血鬼の七草ナズナと出会う事になって、自身も吸血鬼になりたい、という思いを持った・・・から始まる物語です。

しかし、結論から言うと、今作(いや今期と言ってもいいのだろうか)では、まだ何も始まっていないし、何者にもなれていないというのが私の印象です。
原作の進行を知っている身としても、今作だけでみたとしても序盤も序盤、コウ君とナズナの物語はなーんにも始まっていない感を感じています。

ま、キャラ見せと設定、舞台装置、雰囲気のお披露目ってところです。
と言ってしまえばそこまでなのですが、それでも興味深く、おもしろく、いい感じに見せてくるところが原作者さんのセンスとアニメ制作の皆様のご尽力と素直に思っています。

きっかけはあるにせよ、学校へ行かなくなり、なんとなくつまらない生活をおくっていたコウ君、夜に出歩くという解放感と非日常感の中で、さらに「吸血鬼」という存在に出合ってしまったことから、自身も吸血鬼になりたいと思った⇒吸血鬼になるにはナズナを好きになる事が必要、的なストーリー進行なのですが、これは、後になって物語の途中で語られる「単なる非日常への欲求」と言ってしまえばそれまで。

ただ、私はこの作品を観て、ジュブナイル的な感覚を覚えたのです。
それがレビュータイトルにある「おっさんの目にはまぁ~ぶしすぎらぁ~」by山田康夫風です。
ま、オッサンだから仕方ないのですが、こういう感覚増えちゃいますねぇ、感じる事。

なんて言うか、この作品を観て邦画の「天城越え」とか「泥の川」とかを思い出しちゃったんですよねぇ。
いや、オッサンの本領発揮でスイマセン。
まぁ、簡単に言うと「少年が年上のきれいなおねいさんや女性に憧れる、とか特別な感情を抱く」的な要素を含む作品なんですけど、この延長戦として人間であるコウ君が吸血鬼に憧れる的なつながりとか。
まぁ、この年代の小僧っていうのはそんなもんなんで・・・、もっと言えば、こういう「厨二病」的な妄想するもんですよ、ね、同性のかつての小僧たち。

あとー、雰囲気を感じて思い出したのは「エウレカセブン」。
これは、この作品の歌も合わせてのノリ的な部分が大きそうだけど、やっぱりジュブナイル的なボーイミーツガール的な部分を重ねてしまった気がしています。


ぐだぐだと雰囲気話をしてしまいましたが、第一所感、一番強烈な所感はこれでした。


その他は~、
作画がきれいでしたねー。
キャラ絵は原作者さん由来のほんの少しクセのある感じなのですが、おねいさんたちがどれもキレイでしたしw。
どのキャラも、ちょっと個性的な面が強く出ていて楽しかったです。
ちょっと、おねいさんじゃない人も混ざっていたけれど・・・ま、昨今そこを言うのはナシにしておきましょうか。

唐突ですが、私の推しキャラベスト3は

1.鶯 餡子:上手い声優さんとあいまって、独特の雰囲気、口調、ギャップ、どれもとても興味深い。関わり合いになりたいかどうかで言うと・・・う~ん、半々かな。

2.白河清澄:なんかフツーで好きでした。

3.朝井アキラ:同級生として、隣に居たらフツーに楽しそう。アゲアゲな楽しそうじゃなくって安心感が同居した楽しそう、かな。

番外、桔梗セリ:サイトの紹介では恋愛ビッチとの紹介だけれども・・・今作中のエピソードでは・・・。ってか戸松かよっ!!って失礼しました。アベマなTVのコメント欄のまねをしてみましたwww。

ってか、この作品声優さんの充実っぷりすごいですよね、素直に思う。



そうですねぇ、あとはやっぱり特筆すべきは夜の描き方と夜空の描き方でしょうねぇ。
これは、作品中の重要な要素でもあり、雰囲気を司る大事なポイントなので、本当に繊細に、いろいろなことを考慮して描かれていたと思います。
すべては「夜」を魅力的に見せるためでしょう。
そして、この「夜」には夜にうごめくキャラクタ達も含まれているはずです。
星の川が流れる夜空の描き方は美しく、紫やオレンジに描かれた夜はとても怪しく魅力的でした。



さてと、この作品。
とても丁寧に描かれ、ちょっとクセはあるけれども魅力的なキャラクタが揃い、今作だけでも楽しめたとは思うのですが、吸血鬼と人間のあれやこれやな物語はまだまだ序盤です。
今後の作品があるとしたら、楽しみに待ちたい作品ではあると思います。

機会がありましたら、一度ご覧くださいませ。

投稿 : 2023/03/14
閲覧 : 204
サンキュー:

22

ネタバレ

たわし(爆豪) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

アダルトゲームのような内容

「だがしかし」の原作者によるボーイミーツガール原作漫画のアニメ。

「よふかしのうた」とタイトル通り、アダルトゲームのようなアニメです。

最近は女性でも「可愛いから」ということで、オタクであることに抵抗がないので、こういったアニメも深夜帯に普通に放送できている気がします。肩の力を入れずに見れますがやはりアニメでも「作家性」を求める人には辛い気がします。

投稿 : 2023/01/17
閲覧 : 251
サンキュー:

7

ネタバレ

STONE さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

とりあえず簡単な感想

 原作は未読。
 いきなりの自分語りだが、若い頃は深夜に外出するのが好きだった。
 一人の時もあれば、複数の時もあり、後年経済的余裕ができてからは繁華街に出向くように
なったり、車を手に入れてからはドライブになったりしたが、最初の頃は自宅近辺を
ほっつき歩くことが主な過ごし方。
 当時住んでいたのが住宅街ということもあって、深夜にはほとんど人がおらず、それによる
解放感のようなものを感じたり、同じ場所でも昼とはまったく違う顔を見せる夜の街の雰囲気に
魅入られたりしており、そういう点で本作の主人公である夜守 コウに対して、かなり共感度が
高かった。

 夜の描写が素晴らしく、リアリティのあるものではないが、コウの心情や他のキャラとの
関係性を映像表現した心象表現のような描写も多く、とにかく美しかった。
 ストーリー上必要な時以外はモブキャラが出てこないというのも、やはりリアリティより
雰囲気作り優先の一環という感じ。

 ストーリー的にはコウと吸血鬼の七草 ナズナの二人の交流、そこに市井の人である
脇キャラが絡むちょっとしたヒューマンドラマ、いい意味での雰囲気アニメといった感じ
だったが、中盤以降は他の吸血鬼が登場したり、吸血鬼を狩る探偵が登場したりでバトル要素が
加わったりとどちらに進んでいくのか分からない状態で終了。まあ先が楽しみではある。

 キャラが魅力的でメインのコウとナズナに関しては、いずれも思慮深い面と考えなしな部分が
同居しているような掴みどころのない部分が面白い。
 この二人に次いで登場頻度の高かった朝井 アキラもそんな感じ。
 本作のキャラは全体的に設定うんぬん以上に、佇まいや雰囲気で惹かれるキャラが多かった。

2022/11/23

投稿 : 2022/12/03
閲覧 : 139
サンキュー:

6

ネタバレ

tt さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

Great Escape?

個人的には好きな作品です。

中二(現実じゃ絶対無い)設定ですが、そこが好きです。
「吸血鬼」「学生」「ハーレムぽい」→〇物語の阿良々木君ポジションなんでしょーか?
 個人的にはこれもなんか何したいとか目的不明っぽい。(あ、一応、目的はあるみたい)でも、なので、何も考えずにあまりエモくならなくて見れるのでいーですね。→でも、たまにぐっとくるシーンあるのでまたそこがいーです。あんまりお涙頂戴とか、正義は勝つ!もそれはそれでそういうの欲しいときがあるので、いーのですが、こういう作品は(私だけかもしれないが)ダラダラーと見れるのがいーですね。

7話を見てると、いやいや、♀さん、あざとすぎでしょー、いくら♂でも気づくし、そんな話術に引っかかるかよーと思いつつ、相手次第では気づいてても誘導されちゃうか><と、思いました(私だけかも・・・^^;)→なんて馬鹿なんだろぅorz

投稿 : 2022/11/23
閲覧 : 136
サンキュー:

5

ネタバレ

徳寿丸 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

吸血鬼ってパリピみたいなもんなの?

原作未読(2022.11)
コトヤマ先生の作品は前作「だがしかし」を視聴済。
2作続けてアニメ化って中々簡単じゃないと思います。
非常に特徴的な顔のキャラデですがなんというかそこはかとなく可愛くエロい。前作同様、そこはかとなくフェチズムが満載な作品ですが別段下品というラインは越えてない所が良いです。まぁこれは制作サイドがやや強調している部分もあると思います。
内容は吸血鬼の少女と不登校な中二の少年の「よあそび」から始まります。
6話位までほぼこの二人のやりとりしかなくやや退屈な流れです。ただ、夜の街並みの表現なんかは二人の見てる世界をうまく表しており、引き込まれるものがあります。
友達とは?恋とは?将来やりたいことって?そんな思春期の少年少女の悩みを何か欠落している主人公達が答えを探していく物語なのかな?
そして、1クール得意のこれからだー的な終わり方です。

私のツボ:子安父子

投稿 : 2022/11/21
閲覧 : 114
サンキュー:

12

ネタバレ

yut さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 5.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトルなし

オープニングもエンディングもかっこいい。根治的な好きな芸人のオードリーがクリーピーナッツ→よふかしのうた→本作品とつながってて嬉しくなる。作品は特に大き波があるわけでなく淡々と進んでいく。ナズナがかわいい。主人公はすぐにナズナ好きになっちゃうと思うのだが。

投稿 : 2022/11/11
閲覧 : 115
サンキュー:

2

ネタバレ

chikuwa さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

「だがしかし」の作者が贈る、女吸血鬼と不登校男子中学生のラブコメ

【感想(最終回までのネタバレあり)】
{netabare}
・背景がすごくキレイでこれだけでも見る価値ある
・ヒロイン(ナズナ)のキャラデが秀逸でくっそエロかわいい
・前半はナズナのフェチ心くすぐる言動と主人公との掛け合いが秀逸だが、後半は登場人物の増加と共にやや失速
・10話の「人間なんて大体みんな病気なんだからそれとうまく付き合うしかない」は後世に残したい名言
・最終回も二期を期待させつつキレイにまとめて○
{/netabare}

【各話評価】
{netabare}
基本は○、良いと○→☆→☆☆と星が増える、悪いと○→△→×となる

1話 ナイトフライト ○
2話 てかラインやってる? ☆
3話 いっぱい出たね ☆
4話 せまくない? ☆
5話 そりゃ困ったやつですね ☆
6話 楽しい方がいいよ ○
7話 眷属作づくり ○
8話 どいつもこいつも ○
9話 ずるい ○
10話 盗撮画像を拡大して見る ☆
11話 吸血鬼って知ってるかい? ○
12話 今日ウチ親いないんだ ○
13話 よふかしのうた ☆
_______________________________________________________________________________
☆☆☆☆ 超神回:1年に1回あるかないか  ☆☆☆ 神回:1クールに1回あるかないか
☆☆ 優秀回:何度も見るくらい面白い    ☆ 良回:非常に面白い
○ 並回:普通に面白い  △ イマイチ:一部面白いところもある  ×:つまらない/視聴断念
{/netabare}

【全体評価】
{netabare}
基本は各話評価の平均点、突出して良かった回悪かった回や最終回の良し悪しで多少変動

中の上  各話評価平均点 0.46(6/13)
_______________________________________________________________________________
☆:1つにつき1点 ○:0点 △:-1点 ×:-2点 視聴断念:-100点
上の上(あにこれ評価 5.0)1.3点以上:数年に1つあるかないか
上の中(あにこれ評価 4.8~4.9)1 ~ 1.3点:1クールに1つあるかないか
上の下(あにこれ評価 4.5~4.7)0.5 ~ 1点:非常に面白い
中の上(あにこれ評価 4.0~4.4)-0.2 ~ 0.5点:普通に面白い
中の中(あにこれ評価 3.5~3.9)-0.4 ~ 0点:普通
中の下(あにこれ評価 3.1~3.4)-0.4 ~ -1点:イマイチ
下(あにこれ評価 3.0)-1点以下:つまらないor視聴断念
{/netabare}

投稿 : 2022/11/05
閲覧 : 112
サンキュー:

5

ネタバレ

teji さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

なんやかんやで結構 面白かった

なんやかんやで結構 面白かった 続きがあるなら ぜひ 見たい

投稿 : 2022/11/02
閲覧 : 100
サンキュー:

1

ネタバレ

てとてと さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

吸血鬼と不登校児、風変わりでカジュアルなおねショタジュブナイルラブコメ?

「だがしかし」の作者によるノイタミナアニメ。全13話。
不登校の中学生の男の子が、夜の街で、吸血鬼のお姉さんと交流していく。

【良い点】
カジュアルな雰囲気の良さ、軽妙なセンスの良さ。なんというか、ノイタミナらしい良さ。
不登校児が夜の街で出会った吸血鬼のお姉さんと会話したりフラフラ歩いたり、とりとめの無い内容ながら、会話劇のセンスの良さやキャラの魅力、一風変わった吸血鬼像からの恋愛ゲームなど、飽きさせない魅力あり。
独特な設定からの、変則的だが雰囲気の良いオネショタもおいしい。

ナズナちゃんが可愛い。吸血鬼関係なく風変わりなお姉さん、からかい上手に見えて恋愛の機微に初心な感じ。
雨宮天氏の好演も相まって魅力的なヒロイン。

「コウ君がナズナちゃんの眷属になるには、本気で恋する必要ある」設定からの、ふたりの関係が安定して良かった。
ラブコメとしては淡泊だけど、見所は多分別にあり。
ナズナちゃんを好きになるには、自分の気持ちと、相手の存在をちゃんと知らねばならぬ。
主人公は恋に恋すらしていない前段階であり、ラブコメが始まってもいない。
そこから曖昧な関係が許されるモラトリアム感が本作の魅力。
主人公が中学生と幼いのも、本格的に恋を知る前の思春期のジュブナイルだからか。

夜のお姉さんが吸血鬼な設定が上手い。
リアルで中学生男子が夜のお姉さんと遊びまわるのはマズイけれど、ファンタジーの夜の眷属という事で、少年漫画らしい?健全さ?とアダルトさと得体の知れない憧れを両立してのけた。
いかがわしさを巧みに避けつつ、よふかしの非日常感をカジュアルに見せてくれる。
ナズナちゃん以外の吸血鬼お姉さんたちが、各々人間とコミュニケーション円滑に取る手法も面白い、設定をよく活かしている。

主人公のコウ君は軽度のペシミスト系?だがあまり深刻感はなく、事情は知らないが学校を代表する昼の日常に漠然とした満たされなさを感じていたところ、夜の街で出会った吸血鬼のナズナちゃんと不思議な交流、好きになって眷属にしてもらう恋愛ゲームをスタートさせる。
良い意味で漠然としていてライトに見られるのと、生きづらい昼の日常に対する自由奔放な夜の日々から、漠然とでいいから少しずつ成長していく感じのジュブナイル。
本作独特な吸血鬼の設定や、人間の規範から逸脱した危うい魅力、時に闇を垣間見て、危ういところでナズナちゃんに救われたり、ジュブナイルの冒険がちゃんと描かれていた。
会話劇も含蓄があり、感情のすれ違いや人付き合いの面倒くさい側面に対する、一見ひねくれているが優しい見方も良かった。
「人間なんでだいたい病気なんだから、うまく付き合う」などなど、大らかな考え方が多い。
標準から外れて不登校になった主人公に対し、言下に色んな視点や気の持ちようを指南している感じ。
それも説教臭さは無く、カジュアル。

ナズナちゃん以外の吸血鬼お姉さんたち増えてくると話に緊張感出てきて飽きさせず。
ナズナちゃん好きになって眷属化しないと殺されるかも?な緊張感で、少し焦らせる感じ。

作画や楽曲の雰囲気良し、声優陣も雨宮天氏のナズナちゃんかなりハマっていた。

【悪い点】
必ずしも悪い点ではないが、とりとめが無い作風。
一応ナズナちゃんを好きになって眷属にしてもらう目標こそあるものの、具体的にそこに向けて何かアクションするわけでも進展あるわけでもなく、話がふわふわしている。

中盤以降、吸血鬼に関する設定やルールが増えてくるが、イレギュラーな主人公ヒロインの処遇に関する吸血鬼同士の対立は緊張感はあるが、ラブコメからはズレていく。
ラストまで見ても、結局どういう話だったのか曖昧。

ラブコメとしてみると淡白で、あんまり萌えるタイプではない。
そもそもラブコメが始まってもいない。
この点もむしろ本作の良さなんだけど、ラブコメという明快な見所には欠ける感じ。

【総合評価】6~7点
ラブコメではなく、ジュブナイル作品。
雰囲気やセンスが良いと見るか、とりとめがないと見るか?
正直面白さはそこそこだけど、独特な魅力がある。
評価は「良い」

投稿 : 2022/10/28
閲覧 : 119
サンキュー:

12

ネタバレ

ロリ さんの感想・評価

★☆☆☆☆ 1.0
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

雰囲気だけの茶番劇場

面白さが全くわからんただのゴミ。

吸血鬼になりたいって頭沸いてるのか全く意味不明だし。
お前はベムかよ。

主人公のやつ湯煎にかけてふやかしてからちぎって投げてやろうかと思った。

投稿 : 2022/10/28
閲覧 : 154
サンキュー:

4

ネタバレ

いるかん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

だがしかし、Creepy Nuts、吸血鬼

なんか…五七五を狙ってるような、でもうまく整ってないような、そんな微妙なタイトルになってしまいましたが、そういう要素なんです。


人生で初体験した静かな夜の雰囲気、が印象に強く残っている人のノスタルジーに訴えかける、実はカラーのはっきりした作品と感じました。
そのため、雰囲気の柔らかさの割に、賛否がわかれるだろうなとは思ってます。

「だがしかし」作者のコトヤマさんらしい、あれこれ悩みつつも実は芯のある男の子と、時には暴走にも見えるマイペースな女の子との、ラブというには微妙な関係のストーリーで、バラエティの一つとしてはおもしろい、私にとってはそんな位置づけの作品です。


特に序盤数話は「静かな夜の外出」を初体験する中学生と、Creepy Nutsの楽曲とのコラボがはまりすぎて、好きな人には詩的なPVのような、興味がない人には雰囲気だけで中身が薄い、と言いそうな展開が進みます。

吸血鬼という設定に関する多少のシリアスさも出てきますが、結局今のところはいい人といい吸血鬼ばかりなので、人の死が含まれる作品でも、かなり穏やかな内容です。


その一方で、主人公のよふかしが「それまでの日常が自分の努力も含めて成り立たせていたことに、ふとしたきっかけで疲れた」という、実は大人でも人によっては共感できる話で、自分も似たようなことを思ったタイプだったので、そこが余計に刺さってしまったのかもと、感じたりもしてます。

とはいえ、気楽に見られる娯楽作という点にも変わりはないですね。


だがしかし、Creepy Nuts(Op.曲、特にいい!)がそれぞれ好きだったので甘めになってるかな?と思った時に、その根拠が、アニメ化が素材を生かしたクオリティという点に気づいたうえでの評価です。

投稿 : 2022/10/28
閲覧 : 90
サンキュー:

5

ネタバレ

nabeyoko2 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

creepy nutsだな

それまで特に魅力を感じてはいなかったけど、creepynutsがいいね!
物語の雰囲気を一緒に作り上げてます。

投稿 : 2022/10/23
閲覧 : 76
サンキュー:

2

ネタバレ

Jun さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タレ目が好き、夜が綺麗。

吸血鬼とのラブコメ。互いのギャップをうめて最後に結ばれるのが基本だが。

異世界にいく中学生が多い中、露出度の多い吸血鬼と夜遊びするだけでは、話の展開に困る。

ギャグにふるわけでもなく、シリアスでもない。ラブコメもキレがわるい、好きとは何かも答えがでない。なぜ吸血鬼になりたいのかも、人に説明できない。中学生なんだから。

ただ、中学生時代が幸せだった人には、昔の友達との再会や夜道路の真ん中を歩いたこと、夜中のプールそして初めて朝帰りが懐かしく感じるかもしれない。

投稿 : 2022/10/22
閲覧 : 92
サンキュー:

15

ネタバレ

ノエル さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

何となく見れてしまうアニメ

主人公と吸血鬼のお姉さんの夜遊びは、楽しそうでもあり、サクサク見れたので、それなりに面白かったのだと思いますが、2人の気持ちが納得して終わったものの、根本的に何も解決してない、振り出しに戻る的な最終回も含めて、どこをどう評価すればいいか分からないアニメでした。雨宮天の声は良かったです。

投稿 : 2022/10/17
閲覧 : 109
サンキュー:

3

ネタバレ

たくすけ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 2.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

雰囲気が良いのはわかるけど面白さがわからない。

夜中に出歩いてる中学生が吸血鬼と出会い恋をした話。

最初ははからかい上手の吸血鬼さんという感じ。
途中からは巨乳の同級生とか他の吸血鬼が出てきたり吸血鬼ハンターが出てきたり。
マッサージさせられたりナイトプール行ったりもする。

自分の中ではこのアニメの売りがぼやけててよくわからない。
面白いというポイントはどこなのでしょうかね。

コウとナズナの関係は最後にちょっと進展したかなってくらいだし、全体的にそんな盛り上がりが無く淡々としてる。
コウがツッコミ役になってるけどギャグアニメというわけでもない。
他の方が書いているように夜の雰囲気は良い感じ。
雰囲気アニメなのかもしれない。

中学生高校生向けかな。
主人公と立場が近ければドキドキワクワクするのかもしれない。
いい歳した大人には面白さがわからないや。
少年誌連載だからマイルドにされてるだけで青年誌だったらセッ〇スしてるんだろうなぁw

主人公に共感できるとすれば夜中に出歩く事。
今は流石に歩きはしないがふらっとドライブに行く事はあるし何か楽しい。

何でOPEDがCreepy Nutsなの?って思ったけど調べたら作品のタイトルの由来が楽曲名らしい。
てっきりアニメのために書き下ろしたのかと思ってた。
ファン層とアニメの内容が噛み合って無さそうだけど。

オシャレ感や雰囲気の良さは感じるけどどちらかと言えばつまらない方になる。


-余談-
吸血鬼ものの作品も飽きてきた。
毎年2、3作品はある気がする。
吸血鬼って人気あるの?何で人気なのかわからんのよね。
まあ男の吸血鬼は声優のおかげもあって女性ウケしてる気はするけど、女の吸血鬼が男性ウケしてるのはあまり聞いた事無いな。

投稿 : 2022/10/16
閲覧 : 129
サンキュー:

8

ネタバレ

Jeanne さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

1クールで綺麗にまとまった良作

全13話

登場キャラが多いですが個性的なキャラが多く話も分かりやすいのでとても見やすい作品でした。

特に話の構成が素晴らしかったと思います。
序盤はコウとナズナの夜遊びをメインに中盤以降は他の吸血鬼と話がメインに展開されます。
コウとナズナの話が中心ではありますが、吸血鬼の実態や人間との関係性、吸血鬼を殺す存在についてのエピソードが入ることでダレたり飽きることなく楽しむことができました。

本作は1話で吸血鬼になるためナズナを好きになりたいと宣言したコウが最終話で改めてナズナに同じ宣言をして終わります。
そこに至るまでの説得力を持たせられるエピソードが13話で綺麗にまとまっているのでスッキリとした気持ちで見終わることができました。

投稿 : 2022/10/16
閲覧 : 104
サンキュー:

8

ネタバレ

をれ、 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

最終第13夜 よふかしのうた、まで視ました。

公式サイト;
https://yofukashi-no-uta.com

原作;コトヤマ(小学館「週刊少年サンデー」連載中)
↑「だがしかし」の作者

原作作完全無知、視聴前収集皆無で視聴開始。

「最終第13夜 よふかしのうた、まで視ました。」
なんかこの雰囲気がイイ感じなんですよね。幼さというか若さというか、闇の本質やその住人の実体感への憧れもしくは未知。そして、それらがら放置されかつ束縛されるというこの世界の現実的混沌。
 結局の処、コウくんは吸血鬼になるのか、それともならないのか、そもそも吸血鬼って何なのか、ナズナちゃんはコウくんと恋仲になれるのか、そういった物語の重要な要素は何も語られなかったけど、その過程を登場キャラの気持ちを考えることで、大いに楽しむことができました。
 ラブって何についてのお話をラブコメ的にやってみた的なお話なので、吸血鬼嫌いでない人には多分ウケルと思います。


「第2夜 てかラインやってる?、視ました。」
なるほど、ノイタミナっぽいですね、恋愛再考的な。今回は、少年ぽい過去話でした。人との交わり方が、本作のテーマであることが暗示されているように感じました。夜が魅惑的な紫色に描かれていて、別世界感が漂い、イイ雰囲気です。今回の最終盤で、コウが幼馴染ジョシに再会、登場キャラが増えてお話への期待感が高まります。
 このお話の結末が気になります。ナズナさんは、コウの前から結局去ってしまうのだろうか、それとも…。


「第1夜ナイトフライト」を観ました。深夜徘徊、不眠症、よふかし。少年の頃は確かに浪漫に感じました。」
最初に感じたことは、始まって直ぐ、あ゛この特徴的な目の書き方に見覚えある、「だがしかし」、なるほど楽しいラブコメが観れそう、と予感。

主人公;夜守コウCV佐藤元
ヒロイン吸血鬼;七草ナズナCV雨宮天

投稿 : 2022/10/15
閲覧 : 159
サンキュー:

14

ネタバレ

にゃわん さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

眷属にしてない?

夜の街を遊び呆けてた中学生が綺麗な吸血鬼と出会う
あまりの美しさに惚れかける
話してみると下ネタ大好きな割に
恋愛にウブな吸血鬼とわかる
いつか、吸血鬼にしてくれと
それを条件に定期的にナズナと会うコウ
不登校で中学入ってから疲れてしまったコウだが
夜を遊ぶようになってから
疲れきった大人の悩みや相談にのったり
ナズナとは違う生き方をしている吸血鬼に会ったり
自分の持論とアドバイスを言う
ナイトプール回は、ナズナが他の男性に口説かれて
モヤモヤし遊ばずに一緒に出かけたり
互いにどんどん意識していくのがわかる前半と
後半では、吸血鬼の知り合いが出てきて
コウを試したり眷属にしなければ殺すと言われたり
ナズナが試されるが
10年間血を吸わなかった男性教諭が吸血鬼で
そいつに幼馴染の女の子が襲われかけた
ことで吸血鬼にしてくれる?と言っていたコウも
少し考えるようになる。
最終的に2人とも納得するかたちで
恋愛描写は描かれるが眷属にしたのかどうかは、あやふや

投稿 : 2022/10/11
閲覧 : 94
サンキュー:

4

ネタバレ

maki3 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:----

作者の性癖を詰め込んだ尖ったラブコメ

刺さる人には刺さる

ちょっと盛り上がりには欠けるが内容はそこそこ面白かった

1話で主人公が吸血鬼になりたいという動機がイマイチ分からなかったが話の後半でその葛藤や疑問が描かれており伏線として機能している(回収しきれてない


原作ではバトル展開が始まったと聞いて不安しかないが2期があれば是非見たい

投稿 : 2022/10/11
閲覧 : 129
サンキュー:

2

ネタバレ

ローズ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ようこそ!夜の世界へ!

中学生の夜守コウ。
夜中に家を抜け出して、夜の世界に浸っていた。
吸血鬼である七草ナズナと出会い、夜の世界にハマる事となる。

コウは、まだまだ子供でもあり、背伸びをしたら大人でもある中学生という不安定な時期。
所謂、思春期ですね。
このままでいいのか?と不安になり、今までの生活を変えたい気持ちは理解できます。

本作品の魅力の1つは、ナズナのキャラですね。
しかも、微妙にエッチなキャラ。
コウを子供に見立てているので、ナズナは大人代表といった感じでしょうか。
コウと吸血行為という肉体関係を結ぶナズナ。
完全な眷属ではありませんが、友人関係とも少し違う秘密の関係。
ナズナ役のCV雨宮天さんの演技も光っています。

何故、夜なのか。
人間は昼間に活動して夜は寝るのが普通です。
特に子供にとって夜は寝るもの。
夜に活動できるのは大人の特権です。
コウは中学生。
夜に遊ぶことは、大人への一歩なのでしょうね。
ナズナという導き役がいて、これから大人の階段を登るのでしょう。

多感な中学生のコウ。
夜遊びを案内するナズナと出会いました。
子供から大人へと成長する物語。
すでに吸血行為という肉体関係を持っています。
コウは大人になれるのか。
コウとナズナの関係性の展開に目が離せませんね。

投稿 : 2022/10/08
閲覧 : 124
サンキュー:

35

ネタバレ

てぶくろ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

思春期の間にこういう作品で拗らせておく事は、案外大事。

 {netabare} キャラデザは原作者の個性をちゃんと掴んでいてかつ表情もよく動き、魅力的なカットも多かったですし、話の構成も良かったと思います。
 でも…なんでしょう…。こう…手放しで喜べない感じ…。
 
 個人的に気になる所が二つあります。
 
 一つ目は 夜の表現について です。
第一話の中だけでも様々な夜の表現がありました。その一つ一つはとても美麗でしたが、若干盛り過ぎな印象を受けました。 いや、この作品はシーンのほとんどが夜なので印象的なのを差し込みたいのは理解できるんですが、いかんせん 明るすぎやしませんか?

 冒頭の夜守くんが団地から出てくるところ、原作を読むと 彼は何の変哲もない夜の団地の風景をただ歩いているだけの事に静かな高揚を感じていることがわかります。 それをあんなにペカペカさせるなんて、彼の団地は映えスポットか何かですか。そりゃいい気持ちにもなるわな と思ってしまいました。

 自販機のシーンでも「夜の自販機ってこんなに眩しいんだ…。」このセリフを言うにしては、その前がだいぶ明るいですね。キャラ自体も昼間を歩いているかの如く明るいです。その後の酔っぱらいとの絡みのところは大通りっぽかったので多少わからんでもないんですが…。
 
 重ねて言いますが、これらの夜の表現はとても綺麗だとは思います。しかし、夜守くんの初めての深夜の徘徊で、彼が夜の街並みにどんな魅力を感じていたかを考えるとこれらの表現が適切なのかはちょっと疑問です。

 二つ目は EDについて です。
 この作品の夜の魅力は 「暗く 寂しいものであるが静かでどこか優しいもの」だと思います。原作3話の「ナイトフライト」でも 夜守くんは「静かでいい夜だ」と言っています。
 本作品の序盤の見せ場である肝心のナイトフライトで"Creepy Nuts"の「よふかしのうた」はハマっていたでしょうか。
 アニメ化前のMAD風のPVならばいざ知らず、このシーンの持つ意味はテンションをぶち上げることでしょうか?
 他に優先する表現は本当になかったのか。 この作品の良さを引き出すのにこの選曲でこの使い方ははたして正解だったのか疑問です。

 全体的に悪くはない第一話でしたが、この作品の良さを十二分に理解し、引き出したものだったかは微妙です。{/netabare}

 第2話視聴しました。
 {netabare} 話の流れ自体は、深夜に外や部屋で会話をしたり少し特別な体験をしたり とこの作品のフォーマットに沿ったものなので良いと思うんですが、やはりキャラの彩度などが気になりますね。
 この作品 特に初期は会話劇がメインとなります。その会話の間ずっとペカペカした背景の中くっきりと浮いているキャラを見せられるのはなんともチープに映ります。要所要所で効果的に使われるのなら良いですが、紫と黄土色の2パターンの一辺倒ではこの先苦しくなるような気がしますし、印象付けたいシーンが霞んでしまうような気がします。
 その点で言うと、終盤にあった明朝の街並みの2カットはすごく良かったと思います。ゴテゴテと盛られた夜よりもずっと綺麗だと感じました。
 その後のキャラはやっぱり浮いていましたが…。

 これから複数のキャラが登場しますがどうなっていくのか期待したいです。{/netabare}

 第6話視聴しました
 {netabare} まず、これは誉め言葉なんですが、ちゃんときしょくて良かったです。
 夜守くんはもちろんですが、その他の登場人物もこの作品が持つ独特の気色悪さがちゃんと出ていて非常に良かったです。
 原作のこの話を読んで、うわー……。と思ったところがアニメでも再現されていて、うわー……。となれたので満足です。 この痛々しさが本作品の魅力と言えますしね。
 さらに、"Creepy Nuts"を声優としてキャラの風貌も寄せて登場させちゃう制作会社のイタさも、原作のイタさと相乗効果で良かったです。

 もう1つ良かった点は、夜の使い分けが効果的だったこと です。
 あのペカペカどギツイ夜の描写も、ナイトプールの場面でようやく本領発揮することができました。
 冒頭でお姉さんが歩く夜、道の真ん中に立っていた時の夜、ナイトプールの夜、そこを抜け出して歩く夜、学校のプールでの夜、様々な夜の表情が描写されていました。
 場面場面で様々な夜の表現が''効果的に''されているのがこの作品の魅力になっていけばいいなと思います。

 この先ちょっと作品のテイストが変わってきますが、どうなっていくのか期待です。{/netabare}

 最終回を終えて
 {netabare} 原作の持つイタさがアニメ化によってブーストされている。そんな印象です。
 しかし、このイタさは存外に悪いものではなく、思春期の時にこういう作品でちゃんと拗らせておくことは、後々を生きていく上で案外大事なことのように思います。
 おたふく風邪のようなものですね。

 私も中学二年生の時にこの作品と出会っていたら、きっと夜の散歩に繰り出していたと思います。
 {/netabare}

投稿 : 2022/10/04
閲覧 : 311
サンキュー:

8

ネタバレ

めう さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

恋を知らない少年が夜の自由を知る物語

{netabare}ジャンルはラブコメと日常系、序盤は夜に外に出ることで解放感を覚えた少年が七草ナズナという吸血鬼との出会いを機に、更なる夜の世界に足を踏み入れるところから始まり、中盤以降は、かつての仲間や他の吸血鬼が出てきたりと、再開や出会いをテーマに描いていた。
 物語終盤には、主人公が吸血鬼になるか否かに葛藤する場面も見受けられるが、そこがこの物語の山場であった。
 ラブコメ要素は少し物足りなさを感じるものの、ギャグはクスッと笑える部分が多く、見ていて和む作品であった。{/netabare}

投稿 : 2022/10/03
閲覧 : 231
サンキュー:

4

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

「だがよふかし」

公式情報 
{netabare}
INTRODUCTION
{netabare}
「初めて夜に、誰にも言わずに外に出た。」
女子がニガテな中学2年生の夜守コウはただ今、なんとなく不登校中。
さらには、夜に眠れない日々が続いている。
そんなある日、コウは初めて夜に、誰にも言わずに外に出た。
夜風が気持ちよく、どこまでも自由で、昼間とちがう世界。
コウは夜に居場所を見つける。
そこに突如、謎の美少女・七草ナズナが現れる。
彼女は、夜の住人・吸血鬼。
コウに、夜の楽しさを教えてくれるナズナ。
「今日に満足できるまで、夜ふかししてみろよ。少年」
夜に、そしてナズナに魅了されていくコウは、彼女に頼み込む。
「俺を吸血鬼にしてください」
ナズナは吸血鬼になる条件を教える。照れながら。
それは……「人が、吸血鬼に恋をすること!」
果たして恋を知らないコウは、ナズナと恋をして、晴れて吸血鬼になれるのか!?
ふたりぼっちの、特別な「よふかし」が始まる
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:コトヤマ(小学館「週刊少年サンデー」連載中)
監督:板村智幸
チーフディレクター:宮西哲也
脚本:横手美智子
キャラクターデザイン:佐川 遥
音楽:出羽良彰
美術設定:杉山晋史
美術監督:横松紀彦
色彩設計:滝沢いづみ
色彩設計補佐:きつかわあさみ
撮影監督:土本優貴
編集:榎田美咲
音響監督:木村絵理子
主題歌:Creepy Nuts
アニメーション制作:ライデンフィルム

主題歌
OP:「堕天」Creepy Nuts
ED:「よふかしのうた」Creepy Nuts
{/netabare}
キャスト{netabare}
夜守コウ:佐藤元
七草ナズナ:雨宮天
朝井アキラ:花守ゆみり
桔梗セリ:戸松遥
平田ニコ:喜多村英梨
本田カブラ:伊藤静
小繁縷ミドリ:大空直美
蘿蔔ハツカ:和氣あず未
夕 真昼:小野賢章
秋山昭人:吉野裕行
白河清澄:日笠陽子
{/netabare}
{/netabare}

1話ずつの感想


第1夜「ナイトフライト」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
“眠れない”中学 2 年生・夜守コウは、初めて夜に誰にも言わずに外に出た。昼間とは異なる雰囲気の町中を歩いていると、フードをかぶった年齢性別不詳の人物に声をかけられた。それが吸血鬼・七草ナズナとの出会いだった。
{/netabare}
感想
{netabare}
恋愛がよく分からない中2のコウくんが
告白されてフった女子の友だちにつるし上げられて
不登校&夜も眠れなくなった。。

それで夜、こっそり出歩いてると、変なお姉さん・ナズナから声をかけられて
夜の楽しさを教えられたんだけど
ナズナの部屋に連れてかれて、いっしょに眠ることになって
寝たフリしてると、こっそり首筋に牙を立てられ、血を吸われた!

ナズナが吸血鬼だって知ったコウくんは
自分も吸血鬼にしてくれるようにたのんだんだけど
そのためには、吸血鬼に恋をしないといけないんだって。。

それで自分に恋をさせてくれるようにたのむコウくんを
ナズナはビルの屋上に連れてって、つき落した!って思ったら
いっしょに夜空のお散歩をするみたい。。ってゆうところでオシマイ^^



キャラデザが変わってるから、すぐ「だがしかし」を思い出したら
やっぱり原作者が同じ人だった^^


ほとんど2人だけで説明みたいな話も多かったけど、
吸血鬼で、テキトーなことやHなことを平気で言っておいて
「恋愛」にはテレたりするナズナと、根がマジメなコウくんの会話が
漫才のボケとツッコミみたいでおもしろかった^^
{/netabare}
{/netabare}
第2夜「てかラインやってる?」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
吸血鬼になる方法…それは「人が、吸血鬼に恋すること」
コウは、夜の住人・吸血鬼になるため、そしてナズナに恋をするため、今日も夜中にひとり外に出た。ナズナに会うため街を彷徨う。
{/netabare}
感想
{netabare}
コウくんが、ナズナをさがして夜の町をさまようおはなしで
前半は、なかなか見つからなくって文句ゆうコウくんに
ナズナは、ほかの人の血を吸うために探し回ってたってゆうんだけど
実はナズナもコウくんをさがしてたってバラすの。。

何だかコウくんが、好きな男の子がチャラ男でやきもち妬く女子みたいで
ナズナは一見チャラく見えて、実はカノジョにべったりな男の子みたい^^

そんな2人のラブコメみたいで、おもしろかった^^


後半は、連絡のつかないナズナをさがす意味もあって
コウくんが腕時計型トランシーバを持ってくるおはなし。。

コウくんが子供のころから本当にぼっちだった、ってゆうエピソードが
楽しい思い出みたく話されてるのが、ちょっと悲しくておかしかった^^

ナズナがHな話題でコウくんをからかうところとか
コウくんが逆襲でナズナちゃんって言ってからかうシーンは
カップルのイチャイチャを見てるみたいだし

誰もいない校舎で、2人っきりなところで血を吸うシーンは
2人だけの秘密のデートでキスするみたいで
ちょっとロマンチックだった^^


さいごに、子どものころに買って一度も使われなかったトランシーバが鳴って
背後に同い年くらいの少女がいて、声をかけて来た
ってゆうシーンで終わったけど、実は2人は幼なじみで
彼女はコウくんが好きだったってゆう展開とかありそう^^



コウくんとナズナが
無自覚カップルのイチャイチャ話にしか見えないおはなしだったけど
これでコウくんが、ナズナに恋してないってゆうのがフシギ^^
{/netabare}
{/netabare}
第3夜「いっぱい出たね」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
夜守コウは、七草ナズナとの夜更かしの帰りに、幼なじみの朝井アキラと遭遇する。学校に来なくなったコウを心配していたと話すアキラ。再会以降、ナズナと遊んだ後にアキラと会うことが習慣になっていく。
{/netabare}
感想
{netabare}
ナズナとの夜更かしの帰りに、幼なじみの朝井アキラに出会ったコウくん。。

子供のころ、トランシーバを郵便受けの上に置いたら、それがアキラの家ので
背後で見てたアキラが、コウくんとの友情の証だと思っててくれて
好意を持ってくれたみたい。。

それで、久しぶりに会ったアキラと、早朝に会って話すようになったんだけど
それを知ったナズナの様子が変になって、もしかしてやきもち!?

ナズナがアキラに、コウくんの血を吸うところを見せたり
さいごに、コウくんにキスしたり、ってゆうところでオシマイ^^



小学校以来、ずっと会ってなかった幼なじみの女子に
アパートの前で声をかけられて、また交際スタートって何だかデジャブw

2人のジャマになるのが、あっちは異世界帰りのさえないおじさんで
こっちはかわいい吸血鬼なんだけど
ザックリ言ってどっちも化物で、どっちもオジサンっぽいってゆうw

それでキャラデザも、どっちもヘタウマってゆう感じだし^^


でも、こっちはどんどんラブコメモードになってきてるみたい^^
{/netabare}
{/netabare}
第4夜「せまくない?」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
夜守コウは、七草ナズナからキスをされた。コウは「キスは好きな人同士がする行為……ということは、僕はもうナズナちゃんのことが好きなのでは!? つまり“吸血鬼を好きになる”という目標は達成された?」と意気揚々としてナズナに会いに行く。
{/netabare}
感想
{netabare}
キスしたせいで、吸血鬼に恋をしたって思ったコウくんは
ナズナに会って血を吸ってもらったんだけど、吸血鬼にならない。。
恋をしたってゆうのは錯覚だったみたい^^


そんなある夜、最近ずっと眠りが浅いアキラは
深夜12時前だってゆうのに目覚めて、制服に着替えて外に出たら
コウくんに出会って、いっしょにナズナのところに行くことに^^

ナズナのアパートで、3人でゲームしたり
コウくんとナズナの関係を聞いたりしたあと、3人で並んで寝ることになって
いや、いや、って、ツッコんでばっかりのアキラだったけど
いつの間にかグッスリ眠れて、起きたら遅刻寸前!?

見送るナズナに「人は満足するとよく眠れる。。満足できたかい?」
って聞かれてアキラは
「さあ、どうなんでしょうね?」って答えるところでオシマイ。。



コウくんとナズナの関係は、友だち以上恋人未満で
アキラはコウくんに、恋愛感情じゃなく友情を感じてる
ってゆう感じなのかな?

どっちにしてもコウくんのこと、心配してくれてるのが伝わってきて
いいおはなしだった☆

そしてアキラも、夜遊びの楽しさを知ったのかも^^
{/netabare}
{/netabare}
第5夜「そりゃ困ったやつですね」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ナズナが“添い寝屋”を営んでいることを知ったコウ。正式な衣装だというナース風コスプレ姿のナズナからマッサージを受ける。意外にもツボなどを心得てるナズナのマッサージにリラックスし始めてきたところに、呼び鈴が鳴る……。
{/netabare}
感想
{netabare}
前半は、ナズナがお風呂屋さんに行ってお風呂に入り
コウくんが来たら、自分は女湯、コウくんを男湯に入れ
お風呂から上がったセクシーなナズナに興奮したコウくんが血を吸ってもらい
そのあとラブホで休憩。。ってゆうおはなし。。


後半はあらすじのおはなしで、ナズナが家でコウくんをマッサージしてると
女のお客さんが来て、疲れたナズナの代わりに、応対をたのむの。。



このおはなしって、こんなにおもしろくなかったっけ?

前半は、ナズナのお風呂シーンを見せたいだけで
後半は、コウくんにマッサージをするナズナのきわどいポーズとか。。
それで、マッサージのお客さんが来て
やっと、おはなしっぽくなってきたかな?って思ったら終わり。。

作画も、部屋と人物のバランスがおかしかったみたいだし
あんまりおもしろいところがなかったかも。。
{/netabare}
{/netabare}
第6夜「楽しい方がいいよ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
毎日同じだと飽きちまう!おもしろい遊びを考えた結果、2人でナイトプールに繰り出すことに。“大人の世界”にのまれ気味のコウをよそに、ナズナは“お酒が飲める!”とテンションが上がり……。
{/netabare}
感想
{netabare}
前半は先週の続きで、コウくんが
仕事と飲み会につかれたOLの白河清澄をマッサージするんだけど
学校に行ってないことや夜遊びの楽しさにハマったことを話して
青春を思い出させてたら、会社から呼び出しが入った。。

夜中の2時に、泣きながら会社に戻ろうとする清澄を
ナズナといっしょに窓の外に突き落とし助けて、吸血鬼になりたい夢を話し
自分が吸血鬼になったら清澄も吸血鬼にするって約束して彼女をいやした。。


後半は、2人でナイトプールに行ったんだけど
ナンパにノりそうにしてるナズナを見て気分が悪くなったコウくんは
彼女を連れて外に出た。。

人のいない夜が好きなコウくんをナズナは
学校のプールにつれて行った、ってゆうおはなし。。



お仕事の辛さが伝わってきて、にゃんは引きこもりで良かったって^^
それにしても夜中の2時に会社に呼び出されるって、どんな会社なのかな?

コウくんが、ナズナとのキスよりお金が欲しいって
自分に言い聞かせようってしてるみたいだったけど
ちょっと恋に近づいてる?

プールでナンパされてるナズナに、ヤキモチ妬いてたみたいだったし^^


今回は、清澄や、共感するコウくんの気持ちが伝わってきたし
ラブコメ展開もあって、おもしろかった☆
{/netabare}
{/netabare}
第7夜「眷属作り(こづくり)」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
急な雨に降られ、高架下で雨宿りをしていたコウ。近くの喫煙所でサラリーマンが女子高生に声を掛け、振られる姿を見かける。コウの視線に気づいた女子高生は「今見てたっしょ?」と声を掛けてきた。
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじの通り、駅でギャル系JKに声をかけられたコウくんは
人気のないところに誘われて、血を吸われそうになった時
ナズナに助けられた。。

吸血鬼の間には眷属にするか、じゃなかったら血を吸いつくして殺す
ってゆうルールがあるみたいで
いつまでたってもコウくんを保留状態にしてるナズナにキレた桔梗セリが
コウくんに手を出しに来たみたいでナズナとセリのバトルがはじまった。。

その間に仲間の本田カブラがコウくんをさらって行った。。

コウくんが着いたところには、平田ニコ、蘿蔔ハツカ、小繁縷ミドリがいて
コウくんに事情を話し、4人の中で誰が好みか聞いてきて
誰がコウくんを眷属にするかでモメてると、ナズナが来て
みんなでナズナに、これからのコウくんとのプランを話せって迫った^^

ナズナが吸血鬼仲間の間でもコミュ障気味で、眷属を作ろうとしないのに
カレだけ特別扱いなのはナゼ?
自分たちをだまそうとしてるんじゃ?って問いつめてくる4人にコウくんは
「ナズナは、好きになりたかったら好きにしろって言ってくれた」って。。

それを聞いた4人は、ナズナが照れ隠しにそう言った、ってゆうことになって
2人の関係をとりあえず認めたけど、コウくんが
「何年かかっても吸血鬼になるつもり。。」って言ったら
みんなの目が点になり、ナズナが「あっ!」って言ったところでオシマイ。。



さいごの意味は、眷属になるのには期限があるってゆうことなのかな?

今回も話が多かったけど、声優さんは豪華だから
聞いてても退屈はしなかった^^

コウくんが、モテて当り前って思ってる子たちをあっさりフるところとかw


それにしても、眷属を作るってゆうのがそんなに大事なら
世界中、あっとゆう間に吸血鬼だらけになっちゃうと思うんだけど。。

たとえば1人が1年に1人眷属が増やすとしたら
世界の人口80億人が吸血鬼になるには33年くらいだから
今みたいな吸血鬼が100年前に生まれたとしたら
とっくに世界中の人が吸血鬼になっててもおかしくないはず^^

それが吸血鬼は、実は短命だってゆうなら
そうならない理由が分かるし
コウくんが何年もかけて吸血鬼になろうとするのが
ダメな理由も分かるんだけど。。


あと、吸血鬼が女子ばっかりなのも気になったけど
吸血鬼は顔がいいとか言ってたから
吸血鬼になると誰でも美女になれるのかな?男の人でもw

それとも吸血鬼にも、青年部とか婦人部とかがあるのかもw
{/netabare}
{/netabare}
第8夜「どいつもこいつも」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ナズナ以外の吸血鬼、セリ、ニコ、ミドリ、ハツカ、カブラと知り合ったコウ。そして、初めて血を吸われてから1年以内に吸血鬼にならなかった人間は、一生吸血鬼になれないということを知り……。
{/netabare}
感想
{netabare}
初めて血を吸われてから1年以内に吸血鬼にならなかったら
適性がないから吸血鬼になれないって、吸血鬼たちから聞いたコウくんは
それをアキラに報告すると、1年以内に吸血鬼になれなかったら
殺されるんじゃない?って言われて、コウくんはビビった。。


それから昼間のおはなしで
アキラがコウくんと共通の幼なじみの真昼クンに学校で会って
最近彼が、年上の人と付き合って夜ふかししてるって聞くんだけど
吸血鬼のことは知らないみたい。。


そして夜
好きになるってゆうのが分からないコウくんは
セリからデートプランをアドバイスしてもらって、ナズナを誘ったんだけど
変わり者のナズナには合わなくってダメ出しされちゃった。。

でも、おなかがすいたナズナは
家に帰ったコウくんのところに行って、夜空のお散歩に連れ出して
デートプランの最後の、夜景を見ながら食事をしたってゆうおはなし。。


さいごは、コウくんが1人で歩いてると
友だちと話しながら歩いてる真昼クンとすれ違って
知らんぷりして歩いてると、彼から肩をたたかれて
しばらく公園で話すことに。。

真昼クンは、コウくんに話しかけてくれる数少ない友だちで
コウくんがひそかにあこがれてる少年。。

そこに通りかかったアキラも参加して
コウくんが年上の女の人と付き合ってる話をすると
勇気が出たって言って、彼女との待ち合わせの場所に向かっていった。。

そして、さがしてたナズナに会うと
さっき真昼クンが女の人と手をつないでるのを見たナズナが
コウくんに手を差し出して、2人は手をつないで歩いた
ってゆうところでオシマイ。。



コウくんの友だち・真昼クンの登場回で、いい子みたいだけど
相手の人が、吸血鬼だったりするのかな?って思って見てたけど
この前の5人とは違う人みたい。。

あと、吸血鬼のことにくわしい人間は殺されるって言ってたけど
ときどきコウくんに会って、吸血鬼のことを聞いてるアキラの方が
ねらわれやすいんじゃないかな?って^^
{/netabare}
{/netabare}
第9夜「ずるい」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
セリとカラオケに行くことになったコウ。セリは最近、恋愛感情を拗らせた通称ダル男に付きまとわれているようで、カラオケ中もドア越しに中を覗く人物が現れる。ダル男の存在が面倒になったセリは、殺そうと決意するが……。
{/netabare}
感想
{netabare}
コウくんが、悩みがありそうなセリの相談に乗ってあげるおはなしで
付きまとわれてる男を殺そうとするセリを止めるの。。

それで話しを聞いてみると、セリは吸血鬼の本能で
つい男の人が自分のこと好きになるようにさせちゃうから
そうゆうのメンドウで、ただの友だちとして付き合ったのに
相手が恋愛対象として自分を見てくるようになったから、ウザくなった。。

それで消そうとした、ってゆうのが分かって
セリはこんな関係をやめようと。男性に正体をバラしたけど
カレはセリの眷属にしてほしいって言ってきたから、セリは彼を眷属にして
4人でお祝いにカラオケに行った、ってゆうおはなし。。



悩み相談に乗ろうとするコウくんは、いい人だと思う◎

セリが相手に気を使わないのに、相手が好きになってくれるんなら
別にいいんじゃないのかな?

あんまりピンと来るおはなしじゃなかった。。
{/netabare}
{/netabare}
第10夜「盗撮画像を拡大して見る」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ミドリに頼まれ彼女の勤務先のメイド喫茶でバイトをすることになったナズナ。コウは客としてナズナの動向を見守っていたが、とある盗撮事件の犯人探しをすることになって……。
{/netabare}
感想
{netabare}
メイド喫茶のメイドをしてるミドリは
急に来れなくなった子の穴埋めをさがしてたんだけど
吸血鬼だとモテて、自分のお客さんを取られるかもって思って
ナズナに声をかけて来た。。

それでコウくんはナズナについてきて
お店でナズナが働く前に1番人気だったアリサと知り合ったんだけど
そんなときミドリのところに、お店のメイドの盗撮写真が送られて
コウくんがその事件を解決することになった、ってゆうおはなし。。



にゃんは途中で、犯人が分かったけど
推理アニメってゆうより、いつもの日常に事件が起きたってゆう感じで
犯人に、病気だとか、おかしいって言っちゃうけど
それでふつうなんだって、肯定してくれるミドリが良かった☆

ただ、今回のおはなしは、ちょっとテンポが悪かった気がする。。
{/netabare}
{/netabare}
第11夜「吸血鬼って知ってるかい?」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ナズナに促され、添い寝屋の客引きをしていたコウ。疲れていそうな女性に声を掛け、2人で喫茶店に入る。ふと、その女性の煙草や手袋が気になり、コウは女性に職業を尋ねる。差し出された名刺には“探偵”の文字が……。
{/netabare}
感想
{netabare}
メイドをやってお金の味を知ったナズナにそそのかされて
コウくんは添い寝屋の客引きをしたんだけど
その時、探偵で秋山昭人をさがしてるってゆうお姉さんと知り合った。。

別の日、夜中にアキラ、真昼クンとコウくんが学校に忍び込んで遊んでたら
10年前に学校から消えた先生があらわれるってゆう教室で
アキラが男の人におそわれた。。

コウくんは、すぐに彼が吸血鬼だって気がついたんだけど
彼は今までの吸血鬼と違ってて、血を吸うのがイヤみたいで
10年ガマンしてきたのに、こんなところにいるお前らが悪い
みたいなことを言ってた。。

そこにこの前の探偵さんがあらわれて、コウくんが止めた吸血鬼に近寄ると
彼にリングを渡すとハグして「あなたを人間として死なせてあげたい」
って言ってなだめ始めて、そのままにしてたら朝が来て
吸血鬼は消えて行った。。

探偵さんは、自分は鶯餡子だって自己紹介して
人探しをしてて吸血鬼に会うこともあるから
わりとくわしいみたいなことを言ってた。。

それで、吸血鬼が殺されたことでショックを受けたコウくんがとがめると
誰も吸血鬼になりたくってなるわけじゃないって言ってきて
「キミは吸血鬼を何も知らない!」って。。

そして最後はコウくんも
「ボクはまだ、吸血鬼を何も知らない。。」ってつぶやくところで終わり。。



餡子は吸血鬼を「化物」って言ってたけど
人間とあまり変わらない気がする。。

ただ、1年以内に吸血鬼になれなかったら、死なないといけないんだったら
血を吸われるのは、殺されるのと変わらないのかな?

今回のおはなしを見てたら、
吸血鬼は、10年間1度も血を吸わなかったら死んじゃうのかも?

それだと吸血鬼は、殺人鬼とあまり変わらないから
化物って言われてもしょうがないかも。。


あと、餡子が彼に持たせてたリングは、何だったんだろう?
婚約者からのだったりするのかな?
{/netabare}
{/netabare}
第12夜「今日ウチ親いないんだ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
10年間、血を吸わなかった吸血鬼が餡子によって殺された。餡子に「君は吸血鬼を何も知らない」と言われ、悩み始めたコウ。真昼からは「吸血鬼になって何がしたいんだ?」と問われ、悩みは深まるばかりで……。
{/netabare}
感想
{netabare}
コウくんが、どうして吸血鬼になりたいか悩むおはなし。。

真昼クンからそう聞かれ、ナズナに聞いてみると
コウくんは非日常を楽しんでるだけで、実際は吸血鬼も退屈だって聞かされ
吸血鬼を殺そうとする餡子からは、夜遊びができないように
警察に中学生くらいの不審人物がいるって通報されちゃった。。

それで公園に隠れ、ナズナに会いたいって思いながら
迷惑はかけられないから部屋にも行けないって悩んでたら
そこにたまたま、ハツカが来たところでオシマイ。。



餡子は、コウくんが吸血鬼にならなかったとしても
1年後までに吸血鬼をぜんぶ殺すから、コウくんは安全だ
みたいなことを言ってたけど
秋山昭人クンも見つけられない餡子には、できないんじゃないかな。。

それに、元先生の吸血鬼を殺したのだって
彼が悩んでて協力的だったから、朝日で殺すことができたけど
ふつうの吸血鬼を殺すのは、そんなに簡単じゃないんじゃないのかな?


あとコウくんが、自分の血はおいしいのに
餡子の血がまずい理由を考えてたけど、餡子ってもしかして
自分自身が吸血鬼で、吸血鬼になったのを後悔して
吸血鬼を滅ぼそうとしてるとかかも?
{/netabare}
{/netabare}
第13夜「よふかしのうた」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
警察から逃げていたところをハツカに助けられたコウ。ハツカに吸血鬼を殺せる人間がいることを話し、さらに今、吸血鬼になるかならないかで悩んでいることを打ち明けた。一方、ナズナは、ニコ、ミドリ、セリに会っていて……。
{/netabare}
感想
{netabare}
コウくんはハツカに吸血鬼になるかどうかを相談。。

そのころナズナは、吸血鬼にならなさそうなコウくんを守るため
ニコたちにたのみに行ってたけど
ハツカにニコがキレてるってゆう連絡が来て、コウくんに知らせると
コウくんも気もちが決まって、走ってナズナを助けに行った。。

コウくんがニコたちのところに着くと、ナズナはもう帰ったって聞いて
街をさがしまわってやっと見つけて

「ナズナちゃんに会うまではずっと退屈だった。。
オレはナズナちゃんを好きなる!退屈なんかさせない、オレといよう!」
って告白。。

ナズナは「ちゃんとコウくんが惚れるような吸血鬼になるから」
って思いながら、彼にキス。。

ナズナが交渉に来た時、ニコが言ったのは
「コウくんを惚れさせろ、自分たちがサポートするから」
ってゆうことだった^^ってゆうおはなし。。

最後ナズナがコウくんに「仲良くやろうや」って言ったところで終わり。。



メインのおはなしはそんな感じだったけど
実はハツカが女装男子だった、ってゆうのが分かったのが
最終回にしてはインパクトありすぎで、びっくりだった^^


最後は、コウくんとナズナが両想いになって
メデタシメデタシってゆう感じの終わり方だったけど
ハツカくんの会話で、コウくんが恋愛不感症?ってゆう疑いが出てきて
結局、キスした以外2人の関係は、前とあんまり変わらないかも?って。。


あと、中学生で退屈って
きっとイジメとかなかったんだろうな。。よかったね☆
{/netabare}
{/netabare}


見おわって。。


吸血鬼のお姉さんと夜に出歩く不登校中学男子の日常ラブコメ
それと少年の成長物語、みたいなおはなしかな。。


日常系で、とくに盛り上がるところもなかったけど
夜の静かな街がほかのアニメと違う変わった雰囲気を持ってて、
ちょっと変わった人たちや吸血鬼たちのキャラとか会話がおもしろくって
ユニークなおはなしになってたみたい。。

あとラブコメって書いたけど、ラブになる前のおはなしってゆう感じかも。。








.

投稿 : 2022/10/02
閲覧 : 402
サンキュー:

45

ネタバレ

抹茶ラーメン さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 1.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

性癖に刺さるかどうかが鍵

1話観ました。タイトルの通り深夜に観たほうが気分的に乗れそう知らんけど。

画も声優さんの演技も悪くない。ストーリーが今後どうなるかが気になる所。一応ラブストーリーになるのか?

曲はあまり好きじゃないかなー。

3話まで観ました。かなり好きなやつかも。キャラデザ(特に目)が特徴的だけど個人的にはイケる。そして雨宮さんの演技力素晴らし過ぎる!公式サイト見る限りまだ登場してないキャラがまだまだいるのでこの先も楽しみ。

ただ曲(OP&ED&挿入歌)は全て自分好みじゃないってのが本当に惜しい。こんなに聴きたくなくなるアニソンは初めてかも。

最終話まで観ました。終始奇怪な感じを漂わせていて中々楽しめました。ハツカちゃんが男なのは普通にビビったし、最終話で判明するんかいって。他の吸血鬼達やサブキャラも良い味出してました。特に沢城さんが担当してた探偵はめっちゃ好きでした。

投稿 : 2022/10/02
閲覧 : 267
サンキュー:

6

ネタバレ

カモミール さんの感想・評価

★☆☆☆☆ 1.0
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

吸血鬼のオリジナル設定がつまらない

ソファーで話し込んだり、井戸端会議だったり、動きが無くうだうだと話してるシーンばかり。吸血鬼のオリジナルの設定もあまり面白く無い。

投稿 : 2022/09/30
閲覧 : 94
サンキュー:

3

ネタバレ

fuzzy さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7
物語 : 2.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

夜ふかしはムダ

最近夜ふかししなくなったもんで
夜ふかししてた頃を思い出すと
大したことしてなかったなぁと。。
##閑話休題###
さて今期観るものなかったので
リコリスと同様早見案件

吸血鬼もの、人間の異性とのやりとり、ギャグ
とのことでうる星やつらをイメージしたけど
ギャグが面白くない、自分には。

背景をなくしてキャラを中央にポツーンと残すボケシーン?が乱発しすぎててその都度なんかさめる

最初は不登校や感情をうまく出せない若者の代弁かと思ったら社会人の叫びみたいのも出てきて
それは悪くないと思ったら
吸血鬼女子高生の手首吹っ飛ばしバトルもの?
その後メイド喫茶でのクッション回のような探偵ものはいり
あ、まだゆるい世界か
その後学校に凶暴な吸血鬼が出て。。またバトルもの?

っと
アンケートの結果が芳しくないので色んなものを試しまくってる末期のジャンプ漫画のような方向転換

前半好きな人はバトル展開受け付けなく、逆もまたしかりかなと

これってこの後バトル系になるんだっけ?なら大半のゆるい展開は駆け足で良かったのでは。。。

まぁなんか毎回早見でみても長いなぁという感じの話でした

opの歌と作画
本編中の夜の描写も
最初は良いと思ったけど
本編が退屈すぎて良いと思ったこれらも最後には飽きてました

もったいない

投稿 : 2022/09/30
閲覧 : 210
サンキュー:

8

ネタバレ

Bハウス さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ノイタミナ的ジュブナイル

ノイタミナってこの作画はセンスいいでしょ?
アピールが強いからあんまり見る事ないんだが

今作は雨宮天ちゃんが駄女神さまで鍛えた
オヤジ力をいかんなくなずなにぶつけていたので
完走する事が出来た

物語としてはフラット夜中に出歩いた中学生コウ
そこでなずなと出会う

しかしなずなは吸血鬼で
コウの血をいきなり吸うと言う流れ

吸血鬼の話は偶然の出会いが常道で
血を吸われた相手はいやいや眷属になるのが多いけど

コウは吸血鬼の存在に憧れ
その為にはなずなに恋する必要があり
よなよな逢瀬を重ねていく

なずなが最初はガンガン下ネタ言うのに対し
コウは冷静に聞き流しているので
中学生と妙齢な女性の関係を見事にひっくり返している

この作品の吸血鬼は血を本能で求めるタイプよりも
サキュバス的に魅了しているキャラが多くて

ジュブナイル的な二人の関係に対して
ある意味レクチャーしている感もあった

コウの幼馴染であるアキラや小学生時代の友人真昼
この3人が学校の怪談探しに小学校に忍び込んだら

夜な夜な現れる先生に遭遇
失踪したのは吸血鬼にされたからだった

アキラが襲われ大混乱になった所で
一人の女性が吸血鬼を成仏させる

彼女は鶯餡子
探偵で吸血鬼の討伐も仕事にしていた

餡子はコウに吸血鬼になるのは身勝手な夢といい
辞める等に強く諌める

目の前で吸血衝動の怖さを感じたコウは
本当に吸血鬼になりたかったのか思い悩む

最後は二人ともお互いが必要と感じ
再び吸血鬼を目指すべく夜ふかしするのだった

楽曲のクリ―ピーナッツは作品にハメてくれて
凄く好感は持てたけども

OPをリリックビデオにしたのはダサいよねw

監督さんはシャフト時代物語シリーズ担当していたみたいだが
全体的に見ると普通で味気なかった

唯一評価できるのは
なずなちゃんがエロく見える部分が多い事かw

投稿 : 2022/09/30
閲覧 : 132
サンキュー:

8

ネタバレ

ショウ さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

期待通り。

話を先に知っていても圧倒される。作画・演出・音響どれをとっても今季アニメでトップクラスだった。アニメ勢の多くの人が思ったであろう『よふかしのうた=日常アニメ』が、第11夜からぶち壊される。その反応がまんま想像してた通りで面白かった(笑)
第11夜〜第13夜でシリアスホラー展開を出す、というのは個人的には好きでした。このアニメの注目すべきところは、作画でもなければ音響でもない。『演出』です。このアニメは演出が本当に上手です。今作を観れば分かるあの興奮は、7割演出だと思います。
また観てない方は、是非夜に観てください。

投稿 : 2022/09/30
閲覧 : 161
サンキュー:

5

ネタバレ

うぇそ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.6
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 2.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

わからん

3話まで視聴。主人公が好きになろうって決めてからヒロインを好きになる過程は気になる。
この物語の核となる、よふかしの歌がそもそも好みではない。
背景もあんまりかな、夜の良さを表せてない。
気が向いたら見ます。

投稿 : 2022/09/26
閲覧 : 119
サンキュー:

4

次の30件を表示

よふかしのうたのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
よふかしのうたのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

よふかしのうたのストーリー・あらすじ

「初めて夜に、誰にも言わずに外に出た。」 女子がニガテな中学2年生の夜守コウはただ今、なんとなく不登校中。 さらには、夜に眠れない日々が続いている。 そんなある日、コウは初めて夜に、誰にも言わずに外に出た。 夜風が気持ちよく、どこまでも自由で、昼間とちがう世界。コウは夜に居場所を見つける。 そこに突如、謎の美少女・七草ナズナが現れる。 彼女は、夜の住人・吸血鬼。 コウに、夜の楽しさを教えてくれるナズナ。 「今日に満足できるまで、夜ふかししてみろよ。少年」 夜に、そしてナズナに魅了されていくコウは、彼女に頼み込む。 「俺を吸血鬼にしてください」 ナズナは吸血鬼になる条件を教える。照れながら。それは…… 「人が、吸血鬼に恋をすること!」 果たして恋を知らないコウは、ナズナと恋をして、晴れて吸血鬼になれるのか!? ふたりぼっちの、特別な「よふかし」が始まる__ (TVアニメ動画『よふかしのうた』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2022年夏アニメ

このアニメの類似作品

この頃(2022年夏アニメ)の他の作品

ページの先頭へ