新型コロナウイルス感染症(COVID-19/SARS-CoV-2)の感染拡大の影響を受け、一部作品の放送・配信時期に延期、変更が発生しております。
掲載している放送時期と異なる場合がありますのでご了承ください。

「SPY×FAMILY 第2クール(TVアニメ動画)」

総合得点
70.2
感想・評価
86
棚に入れた
746
ランキング
1435
★★★★☆ 3.6 (86)
物語
3.4
作画
3.8
声優
3.8
音楽
3.6
キャラ
3.7

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

SPY×FAMILY 第2クールの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

ValkyOarai さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

計画は続く

13話
犬を購入しに来た3人
だがそこにおったデカくて大人しい犬が、アレを習得していた
アーニャと同じく読心術を...
そんな中、犬を使った爆破テロが襲い掛かる...

14話
あのねえ、結婚詐欺じゃないんだから
テロの最中、勘違いの嵐が吹き荒れるwww
ヨルのにらみつける!
野犬は逃げ出したwwwww

22話
原作ではもうほぼ神回であろう裏テニスの大会
ドーピングでも妨害工作でもなーんでもありだ

投稿 : 2022/12/05
閲覧 : 35
サンキュー:

2

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

つづきだから第一クールを先に見てね☆彡

公式情報 
{netabare}
INTRODUCTION
{netabare}
人はみな 誰にも見せぬ自分を 持っている―― 世界各国が水面下で熾烈な情報戦を繰り広げていた時代。 東国(オスタニア)と西国(ウェスタリス)は、十数年間にわたる冷戦状態にあった。
西国の情報局対東課〈WISE(ワイズ)〉所属である凄腕スパイの〈黄昏(たそがれ)〉は、東西平和を脅かす危険人物、東国の国家統一党総裁ドノバン・デズモンドの動向を探るため、ある極秘任務を課せられる。
その名も、オペレーション〈梟(ストリクス)〉。
内容は、“一週間以内に家族を作り、デズモンドの息子が通う名門校の懇親会に潜入せよ”。
〈黄昏(たそがれ)〉は、精神科医ロイド・フォージャーに扮し、家族を作ることに。
だが、彼が出会った娘・アーニャは心を読むことができる超能力者、妻・ヨルは殺し屋だった! 3人の利害が一致したことで、お互いの正体を隠しながら共に暮らすこととなる。 ハプニング連続の仮初めの家族に、世界の平和は託された――。
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:遠藤達哉(集英社「少年ジャンプ+」連載)
監督:古橋一浩
キャラクターデザイン:嶋田和晃
総作画監督:嶋田和晃 浅野恭司
助監督:片桐崇 高橋謙仁 原田孝宏
色彩設計:橋本賢
美術設定:谷内優穂 杉本智美 金平和茂
美術監督:永井一男 薄井久代
3DCG監督:今垣佳奈
撮影監督:伏原あかね
副撮影監督:佐久間悠也
編集:齋藤朱里
音楽プロデュース:(K)NoW_NAME
音響監督:はたしょう二
音響効果:出雲範子
制作:WIT STUDIO×CloverWorks

主題歌
OP1:「ミックスナッツ」Official髭男dism
OP2:「SOUVENIR」BUMP OF CHICKEN
ED:「喜劇」星野源
ED2:「色彩」yama
{/netabare}
キャスト{netabare}
ロイド・フォージャー:江口拓也
アーニャ・フォージャー:種﨑敦美
ヨル・フォージャー:早見沙織
フランキー・フランクリン:吉野裕行
シルヴィア・シャーウッド:甲斐田裕子
ヘンリー・ヘンダーソン:山路和弘
ユーリ・ブライア:小野賢章
ダミアン・デズモンド:藤原夏海
ベッキー・ブラックベル:加藤英美里
エミール・エルマン:佐藤はな
ユーイン・エッジバーグ:岡村明香
カミラ:庄司宇芽香
ミリー:石見舞菜香
シャロン:熊谷海麗
ドミニク:梶川翔平
〈WISE〉局長:大塚明夫
〈ガーデン〉店長:諏訪部順一
ナレーション:松田健一郎
キース・ケプラー:高橋広樹
{/netabare}
{/netabare}

1話ずつの感想


MISSION:13 プロジェクト〈アップル〉
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
アーニャの〈星(ステラ)〉獲得のご褒美のため、ペットの犬を探しに行くフォージャー家。その途中、ロイドは西国の外相を狙った爆弾テロを未然に防ぐ任務に駆り出されることになる。一方、犬を選んでいたアーニャは見知らぬ白い大型犬の心に、なぜか自分たち家族の姿を見る。気になって犬を追うアーニャ。迷い込んだ先はテロリストのアジトだった!
{/netabare}
感想
{netabare}
アーニャが星を取ったので
ごほうびにペットの犬をさがしに行ったフォージャー家。。

その裏では、東西首脳会議に出席するために来た西国の外相を暗殺しようと
爆弾をつけたイヌを使ったテロの計画が進んでて
ロイドが暗殺阻止のために呼ばれてた。。

お腹をこわしたからトイレに行く、ってゆうロイドを置いて
アーニャとヨルが2人で譲渡会に行ったんだけど、ヨルが目を離したスキに
フォージャー家のことを考えてる犬がいることに気付いたアーニャが
会場の外に出てその犬を追うと、そこはテロリストのアジト。。

そこで捕まりかけたアーニャは、犬さんに助けてもらって逃げたけど
追いつめられたところに、アーニャをさがしてたヨルが来て
テロリストの1人をけり飛ばし、もう1人を追いつめたところでオシマイ。。



犬さんは予知能力を持ってるみたい。。

アーニャは目を離すと、いつも一人で勝手なことをするけど
必ずヨルとロイドが守ってくれるから、安定の安心感^^


それから、今回もアーニャやヨルのキャラとか会話がおもしろかったけど
テンポがゆっくりってゆうか、引きのばしてるみたいで
なかなかメインストーリーが進まないのは残念かも。。
{/netabare}
{/netabare}
MISSION:14 時限爆弾を解除せよ
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
未来を予知する不思議な犬と出会ったアーニャ。犬のお陰で一時は難を逃れるものの、ふたたびテロリストの手に落ちてしまった。そこにヨルが駆けつけて敵を撃退!そんな中、再び犬が未来を予知する。犬の心を読んだアーニャが見たものは、爆破されたビルの瓦礫の中で倒れるロイド……。
この未来を変えるべく、アーニャは犬とともに事件現場へ向かう!!
{/netabare}
感想
{netabare}
はじめは先回の続きで
ヨルがアーニャを取り返して1人を捕まえたんだけど、主犯に逃げられた。。

逃げた主犯はアジトに戻ろうとしたけど
そのアジトが西側のスパイたちに発見されたのを知って作戦変更して
最後のアジトが彼らに見つかる前に、ドアを開けると爆発するように
アジトのドアに爆弾を仕掛けて逃げた。。

ヨルが警察に通報してる間に、犬さんが
6時の鐘の音と同時にビルが爆発しロイドが死ぬのを予知したんだけど
テレパシーでその予知を知ったアーニャは
その場所まで犬さんに運んでもらって爆弾を発見。。

どうしようか迷ったアーニャは、ケチャップでドアにメッセージを残した。。

ロイドの仲間はドアを開けようとしたけど
イヤな予感がしたロイドに止められ、全員無事だった。。


そのあとロイドは大臣のところに行って、服を借りて大臣に変装し
ひとりで車で外出し、服のにおいで犯人の犬もダマし
主犯を自分の方におびき引き寄せ
その間にロイドの仲間が、彼を止めようとしたけど失敗。。

車を降りたロイドが
追ってきた主犯が放した犬に拳銃を向けたところでオシマイ。。



いつもはコメディが楽しみだけど
今回はアーニャが爆弾を発見し、メッセージを残すところ、
ロイドがそれに気づくかどうかや、主犯とのカーチェイスとか
ハラハラドキドキな展開でおもしろかった^^


アーニャは時計を読めないのに、しょっちゅう時間を気にするところとか
死んだわけじゃないのに“ダイイングメッセージ”とかがおかしかった。。

それをゆうなら、ケチャップで書いてあるから
“ダイニングメッセージ”の方が正しいかも^^


あと主犯が、自国民を爆発に巻き込んでも平気、ってゆうのが
何のため、誰のためにテロリストやってるのかな?って。。
{/netabare}
{/netabare}
MISSION:15 新しい家族
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
敵の爆弾犬と対峙するロイド、人知れずロイドを救ったアーニャ、そして逃走するテロ首謀者を発見したヨル。家族それぞれが関わることとなった爆弾テロ事件、果たしてその結末は!? そして当初の目的であった〈星ステラ〉獲得のご褒美として、アーニャは事件で出会った未来予知をする大型犬をペットとして飼いたいと言う。犬たちの裏事情を知るロイドは渋るが、アーニャは飼わなければ学校を辞めるとまで言い出して……。
{/netabare}
感想
{netabare}
主犯は車で逃げてるのを見つけたヨルに
車ごとけり飛ばされて電柱にぶつ借り、警察を呼ばれた。。


アーニャはあの犬さんを飼えるようになって、ボンドってゆう名前にした。。

そしてドッグパークに行っていっしょに遊んだり
はじめての1日を仲良く過ごしてねむっちゃった。。



今回ははじめにヨルが犯人の車を止めた以外、日常回ってゆう感じだった。。

ハンドラーが「自分にもこれくらいの子供がいた」って
過去形で言ったところで、ちょっと涙が出そうだった。。

アーニャが学校に行って、ダミアンと仲良くしようとして良かったけど
なんだか久しぶりに学校に行ったみたいな気がした^^
{/netabare}
{/netabare}
MISSION:16 ヨル's キッチン/情報屋の恋愛大作戦
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ヨル's キッチン
ロイドは最近、ヨルの帰宅が遅いことを気に掛けている。アーニャもボンドの予知で見たヨルの様子を心配していた。当のヨルは二人には秘密で同僚・カミラの家に通っていた。その目的とは!?
情報屋の恋愛大作戦
ロイドがフランキーに呼び出される。好きな女性ができたので、デートの必勝法を教えて欲しいとのことだ。熱意に押されて、凄腕スパイの会話術をレクチャーすることに。
{/netabare}
感想
{netabare}
 ヨル's キッチン
今回の2/3を使ったおはなしで、この前ロイドがお腹をこわしたのは
自分の作った朝ごはんのせいだって思ったヨルが
職場の友だちのカミラにたのんで、料理を習うおはなし。。

お料理ニガテ女子が紫色のお料理を作り、食べた人がたおれるってゆう
よくあるパターンだったけど
さいごにカミラがヨルに、お母さんの思い出のシチューを作らせたら
ふつうにおいしくって、家に帰ったヨルがロイドたちにも作ったら大好評。。

それでヨルは、主婦のよろこびに目覚めたけど
追加で作ったデザートを食べた2人がたおれるオチがついてたw


カミラのBFのドミニクが、ヨルの弟のユーリを連れていっしょに来てて
ユーリが吐きながら食べて、おいしいってゆうのがおかしかった^^

せっかくいいお話になりそうだったのに、デザートで失敗するなんて
紫色じゃなかったから、大丈夫と思ってたw


ちなみに、にゃんの家の昨日の晩御飯は
うちの裏庭で取れた長ネギ、カボチャ、ピーマンとかを使った
鳥のモモ肉のホイル蒸し焼きにランチドレッシングをかけて、だったけど
サワークリームがあったら、もっとおいしかったと思う^^

これなら野菜を細く切って、モモ肉に塩コショウ、ワインをかけて
ホイルで包んでじっくり焼くだけだから
たとえヨルでも、サルでもできると思う^^


 情報屋の恋愛大作戦
同僚のフランキーさんが、バーテンの女の子に恋をして
ロイドにデートに誘う相談をするんだけど、作戦失敗で
ロイドがやけ酒を飲みに行ったフランキーにおごってあげてなぐさめる
ってゆう、どこかで見たような、ちょっとせつないおはなし。。

もし彼女が、顔より心を選んでくれる人なら
フランキーはロイドに相談なんかしなくっても
ふつうにコクったらいいだけだと思う。。

だから、もしロイドに相談するんだったら
恋愛相談より、イケメンに変装する相談の方が良かったかも^^


こうゆうおはなしでも、それなりに楽しいんだけど
できればダミアンくん攻略作戦の方を見たいかも☆彡
{/netabare}
{/netabare}
MISSION:17 ぐりほんさくせんを決行せよ/〈鋼鉄の淑女(フルメタルレディ)〉/オムライス♡
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
 ぐりほんさくせんを決行せよ
図工の授業で同じ班になったアーニャとダミアン。アーニャは「ナカヨシ作戦」のためにダミアンの工作を手伝おうと張り切る!
 〈鋼鉄の淑女(フルメタルレディ)〉
表向きは西国ウェスタリスの外交官として働く〈WISE(ワイズ)〉管理官ハンドラー・シルヴィア。常に監視されている彼女の日常は、隙を見せることが許されない。
 オムライス♡
幼き日のブライア家。ヨルはユーリのためにオムライスを振る舞っていた。ユーリは姉の愛情を一身に受けて成長していく。
{/netabare}
感想
{netabare}
 ぐりほんさくせんを決行せよ
図工でダミアンと同じ班になったアーニャが
はじめはボンドを作って、ダミアンに見せて関心を持たせようとしたんだけど
ダミアンはお父さんに認めてもらいたくって、本気でグリフォンを作って
それを知ったアーニャも手伝おうとするんだけど、めちゃくちゃに。。

でも、なんと!
アーニャがダミアンにあげた紙くずみたいなグリフォンのせいで
ダミアンが金賞をもらうことに。。ってゆうおはなし。。


今回の、尺が2/3のおはなしで
ダミアンがアーニャにキレるところはイヤだけど
それにメゲないアーニャが、がんばってるのが良かった^^


オチはやっぱり、アレが金賞ってゆうのはちょっと違うかなって思ったけど
小学1年生の工作なんて、大人から見たらみんなクズみたいなものだから
どれだけがんばったか、どれだけメッセージが伝わるか
ってゆうのが大事なのかも。。


 〈鋼鉄の淑女(フルメタルレディ)〉
ハンドラーが尾行の目をあざむいて、黄昏との情報交換に来るおはなしだけど
クールな女が、コートのタグをつけっぱにして歩いてるってゆうのが
シュールでおかしかったw

そして、いろいろな細工をして、やっと会ったのに
黄昏の報告が、ただの親バカだったってゆうのもw

 オムライス♡
Cパートのオマケってゆう感じの、子どもの頃のヨルとユーリ。。

ヨルが作った食べ物をユーリが
吐きながら食べて強い体を作ったおはなしで
モザイクはかかってたけど
オエーってゆう声が気持ち悪いおはなしだった。。
{/netabare}
{/netabare}
MISSION:18 家庭教師の叔父/〈東雲(シノノメ)〉
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
 家庭教師の叔父
来週はイーデン校の中間試験。その日はアーニャが超能力を使えなくなる新月の日で、カンニングができない。ヨルの提案でユーリに家庭教師をしてもらうことになり……。
 〈東雲(シノノメ)〉
中間試験が終了。アーニャの試験の出来に不安を感じたロイドは、答案を改ざんするためイーデン校へ。そこには同じように潜入を目論む、あからさまに怪しい男が!?
{/netabare}
感想
{netabare}
前半は、ユーリが家庭教師に来てくれるおはなしだったけど
結局見放されたアーニャは、先回の事件で時計が読めたら。。とか考えて1人で勉強頑張った。。

ユーリはお姉さんのためがんばったけど、アーニャは世界平和を守るため?
がんばる動機ができてよかった☆


後半は、赤点を8つ取ると退学になる心配のあるアーニャの試験が終わり
答案を書き替えようとして、学校に潜入したロイドが
ほかの生徒の答案を書きかえるため潜り込もうとしたスパイを発見。。

問題が起きて注目を集めたくないロイドは、協力したり、ツッコミ入れたりで
彼の目的が、デズモンド兄弟を退学させようとする者のしわざって気がつき
彼が書きかえた答案を元にもどすんだけど
アーニャの答案は、ギリ、赤点回避で、そのままにして帰ったの。。


悪くなかったけど、東雲のデタラメさがひどすぎて
小学生向きギャグってゆう感じだった。。
{/netabare}
{/netabare}
MISSION:19 デズモンドへの復讐計画/母、風になる
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
 デズモンドへの復讐計画
中間試験で優秀な成績を修めて〈星(ステラ)〉を獲得したダミアン。周囲からちやほやされる彼を、クラスメイトのジョージは恨めしそうに見ていた。その理由とは……。
 母、風になる
アーニャを学校に送り出した直後、ヨルは机の上に体操着を見つける。このままではアーニャが体育の授業で困ってしまう。ヨルは忘れ物を届けるために走り出した!
{/netabare}
感想
{netabare}
 デズモンドへの復讐計画ジョージは、お父さんの会社がデズモンドの会社に吸収されることになって
会社がつぶれて、一家が路頭に迷うことになるって
この世の終わりみたいな顔で、みんなに最後のお願いして
みんなも泣きながら見送ってくれた。。

でも、実際はデズモンドの会社はお父さんを研究員として雇ってくれて
ジョージも学校をやめずに済んで、いつものように登校したけど
恥かしい思いでいっぱいだった、ってゆうおはなし。。


本当にみんなが悲しんで送ってくれたんだったら
みんなは逆に、ジョージが悲しい目に合わなくって良かったって
よろこんでくれるはずだと思う。。

はずかしいのを我慢して、今回の事情をみんなに話し
みんなの本当の気もちが分かってうれしかったことや
お父さんを救ってくれたデズモンドさんにも感謝してる、って言ったら
みんなの評価も変わると思うけどな☆彡


 母、風になる
アーニャが体操服を忘れて行ったって思いこんだヨルが
急いで追いかけるんだけど、学校でアーニャを見つけて渡そうとすると
今日は体育はないって言われて、ガッカリして帰る途中
アーニャの監視をしてたロイドが気づいて、なぐさめるおはなし。。


ただのドタバタかな?って思ってたから
ちゃんと、ほっこりしたオチがついてよかった◎
{/netabare}
{/netabare}
MISSION:20 総合病院を調査せよ/難解な暗号を解読せよ
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
 総合病院を調査せよ
授業で「興味のある職業」のレポートを書くことになったアーニャは、ロイドの職場・バーリント総合病院の見学へ。ロイドが席を外した隙にアーニャの大調査が始まった!
 難解な暗号を解読せよ
スパイアニメの影響で暗号解読に興味を持ったアーニャは、自分でも暗号文を作り、ロイドたちに機密文書を配りだした。果たして解読できる者はいるのか……!?
{/netabare}
感想
{netabare}
 総合病院を調査せよ
学校で「興味のあるお仕事」のレポートを書くことになったアーニャが
ロイドが働いてるバーリント総合病院の見学に行くんだけど
彼が10分くらい席を外したスキに、アーニャは秘密の脱出路に入ってみた。。

しばらく行くと、幽霊を見たってゆう患者の対処法を話してる会議があって
パイプの間に足がはさまったアーニャがもがいてたら
みんなが幽霊だって思って、幽霊を見た患者さんの話には耳を傾けよう
ってゆう結論になった。。

あわてて帰ったアーニャは、箱庭テストをぶちまけて終わらせたけど
ロイドから、性格に問題があるって診断された。。


アーニャはメモに、ロイドが考えてたスパイのことを書いてたけど
見られても、字が汚すぎて解読不能。。

あとで見返して、たぶん自分でも何が書いてあるか分からなそう^^

あと、前のおはなしのジョージのところで
みんなが大事な物をあげてるのに
自分はその辺からひろった葉っぱをあげるアーニャは
ちょっと性格に問題があるかも。。


 難解な暗号を解読せよ
アーニャがTVのスパイものの影響を受け、暗号を作ってバラまいたんだけど
字が汚いアーニャはヨルにたのんだから、暗号から匂ってくる女の人の香りに
フランクはラブレターだと思って、夜も眠れず指定されたところに行ったけど
アーニャの時計はボンドが止めてて待ちぼうけ、ってゆうおはなし。。

いくらなんでも
女の人が暗号で待ち合わせ場所を指定して来るなんてないと思うけど
ピュアなフランクさんならあるのかも^^

でも、待ちぼうけは悲しいよね。。
{/netabare}
{/netabare}
MISSION:21 〈夜帷とばり〉/はじめての嫉妬
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
 〈夜帷(トバリ)〉
ロイドの病院で働く事務員・フィオナの正体は〈WISE(ワイズ)〉の女性諜報員〈夜帷(トバリ)〉。「オペレーション〈梟(ストリクス)〉」の遅れに苛立つ彼女は、「フォージャー婦人」の役を自分に替えるよう提案。さらに独断でフォージャー家を訪問してヨルと対面する!
 はじめての嫉妬
ロイドにもらったペンギンのぬいぐるみがお気に入りで、一緒に寝るアーニャ。その様子を嫉妬深く見つめる白い影が……。
{/netabare}
感想
{netabare}
 〈夜帷(トバリ)〉
来週のロイドの作戦の協力者に選ばれたフィオナは
オペレーション梟のジャマにならないようにと言われた指示も無視して
フォージャー家に乗り込んで、何とかヨルの代わりに入り込めないか
試して見ようとするんだけど。。ってゆうおはなし^^


フィオナは優秀なのか分からないけど
ロイドのことが好き好きて行動が少し変。。

それが自分でよく分かってないのが困ったところかも。。


おはなしとしては、フィオナのキャラが陰キャで
何かしそうなブキミ感はあったけど、けっきょく大したこともなく終わって
あんまりおもしろいおはなしじゃなかったと思う。。


 はじめての嫉妬
ペンギンのぬいぐるみを大切にして
いっしょに眠るアーニャに嫉妬したボンドは
ある日、そのぬいぐるみをめちゃくちゃに切り裂いて、アーニャとケンカ。。

でも、ボンドがぬいぐるみを直してくれて
ボンドも反省して、二人の仲は元に戻ったってゆうおはなし。。


子ども同士のケンカと仲直りってゆう感じで
ちょっといいおはなしだったと思う。。

ただ、ボンドが
ぬいぐるみをあそこまでめちゃくちゃにしたのは、ちょっとやりすぎかも?

ヨルがぬいぐるみを直すと
よけいにひどくなるところは笑っちゃった^^;
{/netabare}
{/netabare}
MISSION:22 地下テニス大会 キャンベルドン
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
東西戦争の火種になるとされる機密書類・ザカリス文書。その隠し場所とされる名画を手に入れるため、ロイドとフィオナは絵画のオーナー・キャンベルが主催する闇のテニス大会に出場する。大会に優勝すれば、望みの美術品が贈呈されるとのことだ。夫婦を装って試合に臨むロイドたちに、元プロプレイヤーなどの猛者たちが襲い掛かる!
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなし通り、名画に隠された秘密文書を回収するため
ロイドとフィオナが、その名画がかかった闇のテニス大会で
優勝を目指す、ってゆうおはなし。。


秘密文書が名画に隠されてて、それを持ってるのが闇テニス大会の主催者で
出場するロイドたちは夫婦ってゆう、設定つけ過ぎで
もう何がしたいかよく分からないくらい。。


おはなしは、フィオナが「先輩好き♡」ってゆうだけの
ただの何でもありのテニヌで
闇スポーツとか、超能力スポーツのパロディってゆうのは
少しおもしろかったけど、それだけ。。

もうちょっとはじけてないと
これくらいのギャグマンガならいくらでもあると思う。。

あってもなくってもいいエピソードを入れるくらいなら、
学園パートをしっかり進めた方がいいかも?
{/netabare}
{/netabare}
 
.また来週ノシ

投稿 : 2022/12/05
閲覧 : 113
サンキュー:

23

ネタバレ

梨花はわたくしのもの さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

一期よりさらにアーニャを強く推している印象。ロイドやヨルの掘り下げもわりとしっかりしてはいる。

今年の春アニメで人気だったSPY×FAMILYの2クール目です。物語の大まかなノリは1クールとあまり変わらず、2クールはそこに新キャラを追加して無難に纏めた感じです。
良い点と悪い点は1クールとあまり変わらないかな。ヨルの殺し屋設定の必要性の無さやユーリのキャラの弱さなどは相変わらず引きずっている感じ。一応ヨルは料理下手な設定などが出て来てはいて、殺し屋の顔と普段のポンコツキャラのギャップは表現できています。ユーリは夜帷が出て来てから役割が被ってしまった感じが強いです。
長編のボンド編を除き短編を纏めた回が今クールの主体であり、コメディの割合がかなり増えたと思うから真面目なシリアスで顕在化するガバさは少なめ。代わりにアーニャの出番がギャグ回、コメディ回共に著しく増えています。彼女のゲス属性が強調されているのは個人的には好きです。
新キャラの夜帷もストーリーに新風を呼び込むには打って付けでした。彼女の介入によるヨルの心情の変化が今後どうストーリーに影響を与えるのか気になります。

投稿 : 2022/12/02
閲覧 : 29
サンキュー:

2

ネタバレ

Takaさん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:今観てる

第2クール

1期観て、原作読むようになったから、アニメはある程度一気見で。

夜帷の「すぅ―――――きぃ―――」期待していたのだけど、
佐倉さんじゃない感があったかな。

沢城さん、茅野さんのが合っていたかも感。

投稿 : 2022/11/27
閲覧 : 59
サンキュー:

1

ネタバレ

やん さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

よくできてて面白い

全方向キャラ萌え家族愛モノ、今クールではあたしんちとの戦いです。設定厨にはガバガバに見えるかもしれませんがアニメなんでこんなもんでいいと思います。丁寧に作られてて声優もよくてアニメ自体はほんとに面白いです。
放送時間変更で録画失敗が続出!!となぜかニュースにでてましたが、そういう小賢しさが嫌いな層は最初から呼んでない、と言われればすみませんと言うしかありません。
六話まで
結構続けてみています。おもしろいっちゃおもしろいんですけどねえ。日常回ではクレしんにはどうしても勝ちにくいんでせっかくのスパイや殺し屋設定をうまく使えるともっと面白くなるのになと思います。現時点では早見声を愛でるのがメインの楽しみ方かなあ。

投稿 : 2022/11/21
閲覧 : 68
サンキュー:

3

ネタバレ

抹茶ラーメン さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 2.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

早く世界救え

14話まで観ました。未来が見える犬とその未来を能力で覗く事が出来るアーニャのコンビが良い。ロイドの出番がまだ無いのでこっからの活躍に期待。

15話観ました。イッヌの使い方を最大限活かすほのぼのストーリーは癒されました。が、肝心のスパイストーリーは3話使ってようやくしょぼい学生テロ組織の壊滅ってことでテンポが悪過ぎる気がします。コメディが好きかシリアスが好きかで評価が大きく変わりそう。

19話まで観ました。コメディパートすら微妙に思えてきた。特にAパート。全然面白くない上にオチが安易に予想出来る(結構前にクレヨンしんちゃんで似た回があったし、他作品でもあったと思う)。学校パートは基本面白かったのに今話は…。知名度無い作品ならもう切ってるレベルです。

投稿 : 2022/11/14
閲覧 : 87
サンキュー:

3

ネタバレ

たくすけ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

良くも悪くもアーニャのアニメ

アーニャは可愛いし種崎敦美は凄い。
それは間違いない。
が、アーニャのおかげで話題になってる感が半端ない。
キービジュアルにでかでかと描かれてるし。
ロイドもヨルもアーニャのお飾りみたくなってる。

アーニャ中心の話ばかりでロイドの任務って何だったっけ?となる。
ロイドの任務が進まないからモヤモヤする。
アーニャがステラを獲得して特待生にならないと話が進まないけども。

スパイなのにたまにズレてるロイド、殺し屋なのにポンコツのヨルは如何なものかと思うけどアーニャと共に一般ウケする要素を抑えてる部分は評価できる。

だが自分が捻くれてるのもあってそんな面白いとは思ってない。
話自体は悪くないしフフッとなるくらいの面白さはあるけど。
あまり考えずに素直に楽しむのが1番良いんだけどそれが出来ないものでw
同じゴリ押しジャンプアニメならチェンソーマンの方が良いな。

評価は視聴終了後に。


余談

録画失敗が話題になったけどサブスクがまだ浸透してないんだなと思った。
誰もが当たり前のように利用してるものかと思ってたから意外だった。
録画だけに頼る時代じゃないと思う。
サブスクに払う金が無くてもネットでテレ東で1週間無料配信してるし毎週見る番組ならアニメに限らずどこで配信するかチェックしておかないと。
自分がそうしてるだけで当たり前の事じゃないけど。
失礼ながら正直ギャーギャー騒ぐほどの事ではないかな。

TOHO animationでよく起用されている(K)NoW_NAMEがOPED以外の音楽を担当しているがファンとしてはOPED歌って欲しかった。
まあ一般向けの人気アニメに起用されるわけがないのだけど。
あまり目立ってないけど楽曲がとても良くて、グリムガル、サクラクエスト、フェアリーゴーン、ドロヘドロとどの作品も歌が良いので、次のTOHO animation制作作品ではOPEDお願いしたい。

EDのyamaが話題になってなくて不憫。
ラジオで流れてくるのBUMPとヒゲダンばっか。

投稿 : 2022/11/13
閲覧 : 78
サンキュー:

4

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:今観てる

シームレス・スパイファミリー♪

やっと2期突入できました〜☆
…といっても1期からの「つづき」なのでするっと内容に溶け込めました。これから楽しみ!

<以下、例によってもぐもぐ考察>↓

<1話>
{netabare}「ーーー結婚にはまだ早いです!」➡️すごく…正解です……

 いや嫁にしたいおっきなお友だちは多数に上ると思われますが、結婚したら絶対に浮気できない嫁なので、そこんところd(ry

 どうでもいいような箇所かもしれませんが、移動している車のライトに風景が映っているのにビックリ。あまりにもさり気ないので見落としそうでしたが、技術の進歩は凄い。車が走ってる〜という実感が出てとっても良いです。
 今期(まだ1話だけど)は美術さんが良いですね。日本のアニメもレベルほんとに高いです。階段をダダダって駆け降りるシーンとか、昔は出来ませんでしたから。基本的に紙芝居みたく上下左右にスライドするのが基本なんですけど、今はCG技術で手前から奥へ自由自在に行けるという。アーニャたちのお家のインテリアも素敵。気合いこもってるなあ。

 それと今更気づいたんですけど、SPY×FAMILYの世界って東西冷戦がモデルなんですね。
 1980年代の東独やチェコ辺りがそうなのかなと思うんですけど、どこかレトロで懐かしい街並みとか、車が2、3世代くらい前だとか、第一スマホがなくてダイヤル電話。今だったらiPhoneのGPSで1発ですけど、この頃はそんなの無くて、自分の足で歩いて探さなきゃならなかったので、なんというか昔の冒険活劇っぽいという。
 ぼくはちょうどその頃に生まれ育ったので違和感ないですけど、今どきこういう世界を描くっていうのは珍しい…のかな? 平成生まれの人なんか、昭和とか冷戦時代ってほとんどファンタジーっていうか異世界でしょうね。
 ヴィクトリア朝に一種の憧れを抱くように、あの頃に興味を抱く人がいるのかしら。自分の時代が徐々にSFチックな過去になるというのは奇妙な感じ。

 主人公3人は安定しまくっているので全く心配してないです。
 ヨルさんは相変わらず斜め上に翔んでるし(ずっとそのままでいて欲しい)、アーニャの大活躍も楽しみ。ワンちゃんがあらたに参戦して、ますます賑やかになりそう。よ〜し観るぞぅ〜☆{/netabare}

<2話>
{netabare}「…私だって今年で初めてです(赤)」→すごく…胸キュンです❤︎
 …いやぁ〜、タイムリー過ぎる内容でちょっとゾクッとしました。
 ハンドラー役の甲斐田さんの声が良過ぎて聞き惚れてしまった…♪
でも、彼女が言ったことはそっくり事実で、今ウクライナで行われていることもそうなんですよね…。
 プチミリタリーオタクとしては第二次大戦の戦記物とか読むんですけど、戦いの面白さと引き換えに悲惨さを嫌というほど知ってしまったり。最近は『戦争は女の顔をしていない』が漫画化されましたけど、本当に綺麗事じゃないから。女子供とか敵味方関係なく襲われたり。それ分かってて言ってんのかなあ、政治家とか…と思ってしまうわけです。
 なんか勇ましさや悲壮感とか「美しい」イメージばかりが膨らんで先走って、やってやれって感じで、どちらも(どことは言いませんが)。ホントこの回に出てくる能天気なテロリストみたいなのが横行して、軍備があればいいぞとか、そういうのを本当の平和ボケって言うんじゃないかと。兵器があれば戦争勝てるよってロシアが突っ込んで負けてたり。まあロシアに限らないんだけど。いやもうホント勘弁して。戦争はアニメだけでいいから。
 それはともかく、アーニャ大活躍っっっ!!!マジ戦争停めたよ!?えらいえらい!!
 どうやらワンちゃんの未来予知の能力とアーニャの超能力を掛け合わせると、未来を変えられるらしい…これはスゴい。運命を変えちゃうんだから。
 ロイドがホテルでユーリ君とバッタリ出会うかなとかハラハラしましたけど、黄昏との対決どうなるんでしょうね。楽しみ。
 ちなみに戦争爆弾犬は実在の「兵器」で、あんな風に腹に爆弾巻いて突っ込まされましたけど、史実は怯えた犬たちが味方の戦車の下へ潜り込んで吹っ飛ばしちゃったという。犬を爆弾になんて極刑ものですね、ぼくにとっては。自分で爆弾持ってやれ(いやそれも困るけど)。
 楽しいけどなかなか違う意味でサスペンス。いや〜東西冷戦なんて過去へ葬ったままにしてほしぃ〜〜〜〜(><。{/netabare}

<3話>
{netabare}ハンドラー良いおばっ…お姉さん❤︎
撃ち殺すかと思いきや、なんとそうきたか!えらいぞロイド!犬に優しいアニメですネ。
「テロリストさんが事故って」✖︎→暴走する車を横蹴りする女の人がいて○
いやもうなんかアーニャの顔芸観てるだけで幸せ。(^^
それにしてもロイドって鈍いところはものすごく鈍いのね(汗。いい加減ふたりの正体に気づきそうなものだけど〜…家庭が平和ならそれでいいか。{/netabare}

<4話>
{netabare}包丁人ヨルさん殺人事件(←犯人)。
ヨルさんのレベルアップ!りょうりを(ひとつだけ)しゅうとくした!りょうり(どく)のうでがあがった!かぞくとなかよくなった!ツマらしさが1つあがった!
ユーリ君w不死身っぷりもほどほどにしたまへw

ロイドって女性にも変装できるんですね…違うジャンルで需要ありそう(汗。
照れるのがかわいい(ー▽ー*
{/netabare}

投稿 : 2022/11/12
閲覧 : 48
ネタバレ

アニメアンチの憂鬱 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

アーニャの髪型が変??

たまに特殊な用語が出てくるのが本作の厄介なところでありまして
ではネットで調べようかと軽い気持ちで見てみたらネタバレに遭遇なんてこともあり得るから
ファンにとっては悩ましいものがあるのかもしれません。

アーニャに関する重要な設定が出て参りましたので取り敢えず記載しておきます。

{netabare} 「エクリプス」の時は能力が使えないというのがそれですが
かなり意味深なものを感じてしまいます。
「エクリプス」「イクリプス」とは日蝕や月蝕なのどの【蝕】を意味する言葉で
ギリシア語やラテン語をルーツにするものであるとのこと。

この手の「言語感覚」には裏設定的な意図を感じずにはいられませんが、
【蝕】と言えば{/netabare}「ベルセルク」であり、何の作為も無しに偶然被ったとかいう
戯言が通用するはずがないと確信するものでございます。

●食卓で繋がる、点と線
犬編がひと段落ついてからは再び純コメディ路線に戻ったようです。
それでも「オペレーションストリスク」という使命がある限り
ただのホームコメディでは終わらないことだけは確定してるでしょう。

なりすまし家族の日常、つかの間一家団欒
食卓のシーンの背景には秘密が隠されていたようであります。

{netabare}一つはあの「置物」。もう一つはそれと一対のものであります。
一つ目は「チェンソーマン」にも登場しましたが
もしかしたらあちらでも今後一対として描かれるかもしれません。

ジャンプ系は裏設定が{/netabare}しつこいくらい発動されるようです。


ここまで見てきた印象としましては前期とは作風が異なるような気がいたします。

前期ではハートフル家族コメディの色彩が濃厚でしたが
今回はそれに修正が加えられたのか、テンポダウンしてるというご指摘は
ごもっともであるように思われます。

何故これ程までに犬にスポット当ててくるのかと言えば、
{netabare}「プロジェクトアップル」の絡みがあるからなのだと予測しますが
更にこれと「オペレーションストリスク」が連動してくるならば
物語は壮大なスケールで動き出し、テンポは更に悪くなるかもしれません。

そうなれば前期を支持するファンからは賛否両論ありそうですが
個人的には重要キャラのハンドラーが起点となるシリアススパイ展開に
大いに期待するところであります。

【86】が暗示する国はロシアでありましたが、本作ハンドラーの回想シーンで描写されるであろう
と予測される戦争の場面があるとしたら、現在進行形のあれの話になるでしょうか?
そして「アップル{/netabare}シード」に通じるネタも大いに期待したいところであります。





本作に対する当方の基本方針としましては、メインストーリについてはほぼ言及せず
個人的に気になった描写等に焦点を絞り持論を展開していく方向で参る所存にございます。

それについて抜粋すると以下のものになります。

①「アーニャの髪型」
②「オペレーション・【ストリスク】」
③「ハンドラー」の「ⓍⓍ」


気になった点その1
●アーニャの髪型
所謂「アホ毛」というものにも{netabare}重要な {/netabare}意味が隠されていると個人的には推測しておりますが
それは今回言及する「髪型」の話のメインではありません。
「金Ⓧのヴェルメイユ」の「ヴェルⓍイ」の幼少期の髪型がアーニャのものとよく似ていますが
元ネタは恐らく「ⓍⓍⓍⓍⓍⓍ」の「ⓍⓍ」であると予測いたします。

①「ⓍⓍⓍⓍⓍⓍ」の「ⓍⓍ」
②「金Ⓧのヴェルメイユ」の「ヴェルⓍイ」
③「アーニャ」

3人の共通項を抽出し、他の重要情報を組み合わせて解釈すると先の展開が読めたり
本作に仕込まれた謎が解けたりすることがあり得ると確信いたします。

気になった点その2
@オペレーション・【ストリスク】
今回このオペレーションの内容についての説明は致しません。
肝心なのは【ストリスク】という名前、あるいはその由来についてであります。

【ストリスク】とは【フクロウ】のことを指す言葉ですが
英語で【フクロウ】はオウル(Owl)となります。
【ストリスク(Strix)】とは何か?と言えばどうやら
{netabare} 【(古代)ローマ】由来の言葉だということになります。
そう聞いて「あの忌まわしき【ローマ】」{/netabare}と思ったのは当方ぐらいなものかもしれませんが
当然そこに何かしらの意味があるのは明々白々のであることが予想できるわけであります。

意味深な【フクロウ】が引っ掛かった事例を挙げると以下の通りになります。
①「リコリコ」の「アランチルドⓍン」がしていたネックⓍスが{netabare}【フクロウ】{/netabare}
②「惑星のさみだれ」に登場する「【フクロウ】のⓍⓍ」
③「オペレーション@【ストリスク】」

要するに裏設定みたいな話でありまして、【フクロウ】には重要な意味が隠されているため
「惑星のさみだれ」の究極のネタバレになりますが
結論から言えば「【フクロウ】のⓍⓍ」は{netabare}かなり強い(=厳重の岸){/netabare}ということが
軽く推測できるわけです。
そして【フクロウ】と言えばその主人はⓍというのもある意味確定事項であります。
その根拠とは{netabare}「神話」{/netabare}にあります。

気になった点その3
●「ハンドラー」の「ⓍⓍ」
取り調べ時における彼女の「ⓍⓍ」には違和感意外ありません、
もしも{netabare}【髪型】と【フクロウ】{/netabare}と彼女の「ⓍⓍ」が繋がっているとしたら
本作究極のネタバレ的展開も予想可能と言っていいのかもしれません。

話は変わりますが、本作のEDソングを聞いた時は最初「あいみょん」かと思いましたものの
名前を確認してみたらどうやら別人であったようです。
「あいみょん」の「愛を伝えたいだとか」に似てるように思えたのは気のせいでしょうか?

とりあえず、「オペレーション@【ストリスク】」を{netabare}取り仕切っているのは
ハンドラー{/netabare}であると言って間違いないでしょう。

そしてアーニャの「アホ毛」ですがアホ毛と言えば「【水星】の【魔女】」のヒロイン
及びその相方も「アホ毛」が凄いことになっています。
「ⓍⓍⓍⓍⓍⓍ」の「ⓍⓍ」や「【 {netabare}水{/netabare}星】の{netabare}【魔女】{/netabare}」のキャラと本作になんらかの関係性が
あるとしたら?ハンドラーという名前自体が既にそれを物語っているようにも思えますが
「ハンドラー」の「ⓍⓍ」にはそういう意味が暗示されているいうことだと推測いたします。

そういう前提で「プロジェクト・【アップル】」について思いを巡らせてみますと
アーニャは、実は【Ⓧ星】育ちで、ハンドラーも同郷みたいな展開なども
大いにあり得るのかもしれません?

※そして更に蛇足を言いますと【86】の「ハンドラー」ともなにか?関係してきそうな
気配を大いに感じるわけですが、【86】という不自然過ぎるタイトルの意味についてあれこれ考えた
結果として思いついた個人的仮説を補完してくれる材料がまさか本作の「ハンドラー」にあるとしたら
これは世紀の大発見というべきエレガント極まりない結末にございます。

※※「プロジェクト・【アップル】」で思い出しましたが
「【アップル】シード」も意味深なタイトル過ぎるわけであります。
すべてを繋げればすべての源、元ネタが何なのか見えてくるという話にございます。

ということで酢パイ家族ファンの皆さん、
是非とも「アーニャの髪型の謎」について徹底究明してくださいますことを
心よりお願い申し上げます。

投稿 : 2022/11/10
閲覧 : 90
サンキュー:

1

ネタバレ

Frank_yosh さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

最高

素晴らしい

投稿 : 2022/11/08
閲覧 : 21
サンキュー:

1

overnao さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観たい

令和のクレヨンしんちゃん

ずっと前から覇権アニメのアーニャです。

スパイアクションとして期待すると割と平凡な作品ですが、クレヨンしんちゃん的な家族のゆるふわコメディと捉えると楽しいです。

時代の家族像を示した作品は、サザエさん、クレヨンしんちゃんと変遷を遂げてきましたが、次なる流れとしてSPY×FAMILYが位置するのです。

互いに素性を隠して疑似家族を演じる姿は令和の新しい家族像の象徴に思えます。
サザエさんやクレしんが示したような血縁に基づく家族が一軒家に仲良く暮らす古き良き理想的家族像が崩壊した現在に、今風の家族モノを描こうと努力した結果SPY×FAMILYが生まれたように感じています。

現代の家族を描く上で、アーニャの超能力設定は、気が利きすぎてしまう現代っ子を表現する手段として効いています。

アニメの子供像の変遷を見ると
- 昭和; サザエさん的な頑固親父に育てられた悪ガキ(カツオ)と父権主義を無意識に受け入れる娘2人
- 平成初期; クレしん的なバブルを生きた柔和な両親に育てられた自由奔放な子供。子供が両親を振り回すことで家族の絆が生じる。
- 平成後期~令和; 景気低迷と核家族化により、両親共働きで兄弟もおらず、暗く閉ざされた雰囲気の家庭で育った、社会規範に敏感で周囲や親の空気を読みすぎてしまう子供。子供が両親の関係を取り持つように機敏に空気を読み理想的な子供を演じて家族の形をギリギリ保つ。
というように整理できそうです。

平成後期~令和の子供をリアルに描こうとするとタコピーや血の轍的なサイコホラーになってしまいがちです。しかし、空気を読みすぎてしまう子供を『超能力』という設定にすることで、無邪気で明るい作品に仕上げてしまったSPY×FAMILYは、作劇的に相当上手いと思いました。


アーニャ、この作者すき。

投稿 : 2022/10/30
閲覧 : 84
サンキュー:

2

ねるる さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

【酷評】冷えきった目で見てます。

2022/10/21 14話まで視聴済み。
1クール目視聴済み。

物語は1クール目の続きから描かれ始めるが、始まりから1クール目よりシリアスムードな感じ。
相変わらずコミカルなシーンもあるけど、話してる内容はかなり物騒。コミカルに描こうとする割には物語のテンポ感が悪いし、物語展開も面白くないから見てて飽きてくる。
主題歌に関してもアーティストは大好きだしアーティストに罪は無いけど、確定された人気を得るための演出にしかみえなくて冷める。

世間の妙に盛り上がった感じにも正直萎えてるので、評価は今後も変わらず上がらない予定です。
好みは人それぞれなので、気分悪くしてしまった方はすみません。読んでしまった方は、いちレビューとして見といて下さい。

投稿 : 2022/10/22
閲覧 : 128
サンキュー:

7

动画三郎 さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:今観てる

1期に続き、良作です。

全クオリティが前期に続き高クオリティで良い感じです。
でも、終わりかただけはやや悪くなったかも。1期では殆んど無かった、気になるところで次回に繋げる終わりかたが増えたのがやや残念。

投稿 : 2022/10/20
閲覧 : 36
サンキュー:

1

ネタバレ

Britannia さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:今観てる

15

15

投稿 : 2022/10/18
閲覧 : 35
サンキュー:

0

ネタバレ

たわし(爆豪) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

「スパイ」と言うには、やはり少し無理があるか

正直、集英社という大手の看板があるからこそ大ヒットした。と、感じてしまう。

「ファミリー」というくらいなので、ホラーでも最近もTVで放送した「アダムスファミリー」という作品があるくらいなので。基本的にはファミリー層向けな作品だと思うので、正直「スパイ」モノにしたければもうすこしシリアスな展開でも良かったのかもしれません。

「スパイ」ものを期待していると全体の構成に中だるみがあって面白さが半減していると思います。

投稿 : 2022/10/16
閲覧 : 67
サンキュー:

4

ネタバレ

Rye さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:今観てる

1期よりシリアスに?

原作未読勢なのでこの先どうなるのか分からないのですが、1期の時よりコメディの中にシリアスさが含まれてきているような気がします。
今のところ1期の時もりよ続きが気になる終わり方をしているので、個人的には1期はほんわかしてて見てて微笑ましく好きでしたが、2期は2期で少しハラハラする展開があったり、続きが気になる終わり方をしたりと、また1期の頃とは違った楽しみ方をさせてもらってます!
続きが楽しみです!

投稿 : 2022/10/14
閲覧 : 40
サンキュー:

3

ネタバレ

タック二階堂 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 2.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

豊作の秋アニメでは空気のような…

詳細は前半クールでも観てください。

やー、観るつもりはなかったのですが、犬がどう絡むか気になって、いちおう初回だけは観てみようかと。

まあ、ギャグアニメにストーリーを求めるのもナンセンスなのかもしれませんが、相変わらずだなぁ…

なんでアニメで犬の種類紹介ビデオを見なきゃならないんですかね。

しかも、犬が手に入る展開を引っ張ります?
そんな強いネタでもないでしょうに…

次で取捨を判断します。

=====第2話視聴後、追記です。
{netabare}
なんだろう。犬をゲットする話で3話も使うのやめてもらっていいですか。

ネタにマジレスがダサいってのはわかっているんですが、都合のいいアーニャのテレパシー。時計も読めねえのにケチャップで文字を書く…

てか、アーニャ解説しすぎ。

ホント、全然おもしろくなってこないですね。ジャンプ系で同門の「チェンソーマン」も始まったことだし、いよいよ一蹴される感じでしょうかね。

追記
未放送のアニメも期待できそうだし、期待していなかった「不徳のギルド」「恋愛フロップス」まで面白いという今期、これを継続して観る意味を感じなくなりましたので、ここで断念します。お好きな方にはごめんなさいね。
{/netabare}

投稿 : 2022/10/13
閲覧 : 112
サンキュー:

4

「ひろ。」 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

安心してドキドキわくわくできる♪(14話まで視聴して)。

原作9巻まで既読。アニメ第1クール視聴済です。

14話まで視聴して

第1クール視聴中にガマンできず原作マンガ9巻まで読んでしまっていました。

ちょうど少しずつ記憶が薄れかけてきた効果もあってか
展開わかってるハズなのに、改めて新鮮な気持ちで第2クール視聴できています。

それも”アニメ化のクオリティーの高さ”が、第1クールで”確信”できているからこそです!!。

やっぱ動いて飛び跳ねてしゃべるアーニャちゃん、かわいすぎます^^。
ヨルさんの鬼気迫るアクションとセリフ、最高です!。
他にもスタイリッシュな表現の数々、文句のつけどころが見当たりませんっ。

安心してドキドキわくわくできます♪。
安心とドキドキは矛盾してるかもですが、成立しちゃうんですw。


原作マンガ読んだときに、実は「犬さんって必要?」と
チラっと心の中で思ってしまってたのですが
アニメになって動きがついて声の出る犬さん観てしまったら
もう手放せない癒し要員ですよね♪。
 
 

投稿 : 2022/10/09
閲覧 : 42
サンキュー:

9

さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

SPY×FAMILY 第2クールの感想

2クール目は少し速いですが、PV放送もいいです。でも何か欠けていますか?《SPY×FAMILY第2酷》このアニメのアニャはとても可愛くて、家族の安全も心配です。観客に「家族」があなたの唯一の精神的支柱であることを知らせて、家族を諦めないでください。
この社会では最初は難しいと思うかもしれませんが、そんなに退屈ではありません。退屈であればあるほど挑戦的になります。この挑戦的な遊びこそ生活の楽しみの一部であり、「バカにさせないで」

投稿 : 2022/10/09
閲覧 : 46
サンキュー:

2

ネタバレ

をれ、 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

第1クールは視ました、第2クール楽しみです。

公式サイト;
https://spy-family.net/

ワタシ的視聴手段;
BSテレ東10月2日(日)24:35~


[第1クールは視ました、第2クール楽しみです。]
新しい家族が加わるようです。今後の展開が楽しみです。

投稿 : 2022/10/05
閲覧 : 56
サンキュー:

4

ネタバレ

ヒロミ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 1.5 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 2.0 状態:今観てる

何はともあれ早見さん

第1クール、早見さん目当てで何となく見始めました。初めは何となくロイドのキャラも面白いしアーニャも可愛いと思っていましたが、段々ウザくなりました。早見さん演じるヨルが好きで惰性的に見ていました。そして第2クール。犬も超能力じみた能力を持っていて結果的にアーニャを助けて、おそらく飼い犬になるのでしょうね。作品名「SPY FAMILY」なのに特殊生物(殺し屋・読心術・予知能力)のお話なのでしょうか?早見さんも早見さん演じるヨルも大好きだけど、近いうちに断念するかも・・・

投稿 : 2022/10/04
閲覧 : 33
サンキュー:

1

大重 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:今観てる

原作も好きでアニメの質も非常に高く…申し分ないですね

一期は社会現象と言っても良いほどの、かなりの大ヒットでしたね。
そうして人気がある状態でのこの2期ですね。

私は好きな原作が非常にクオリティ高くアニメ化してくれて嬉しいだけですので… 大いに楽しみにさせて頂きます。

投稿 : 2022/10/03
閲覧 : 25
サンキュー:

3

nyamu さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:今観てる

全てが平均より上のホームコメディ

OP、EDから既にお金かかってるなーっていうのがすごくわかる。キラキラ、グリグリ動きます。細部にも手を抜きません。こんなににOPやEDに関わった人のクレジットが出てるの初めて見たかも。

なので、今後作画が崩れるはずもなく、原作も面白かった(記憶薄れてるが確かそう)のでこのまま高水準なアニメになることは既に約束されていると言えるでしょう。

ホームコメディなので尖ったり刺さったり、めちゃくちゃ面白い!とはならないと思いますが「普通に面白い」ということはとても凄いことだと思うのです。点数にあまり反映しないかもなのはごめんなさい。

さて-、すごく楽しんだ1期から間を置いて始まった2期1話(13話)。
それほど自分の中では盛り上がらず。あれ?1話や2話の時はすごく面白かったのにとちょっと拍子抜け。最初は勝負かけてた感があり、ぎゅっと話が詰め込まれてて密度高かったけれど今回は安定期なのか尺の都合なのか薄味でした。

とは言え、ほのぼのとギャグを織り交ぜた安心して見られる作品なので全話見ると思います。というか見ないはずがない。★評価は暫定ですが山が無いとあまり変わらないかもなぁ。

投稿 : 2022/10/03
閲覧 : 19
サンキュー:

2

taka_2 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:今観てる

2期始まりました!

ワクワク

投稿 : 2022/10/03
閲覧 : 25
サンキュー:

3

snow さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

家族が増えるよ<53>

1話視聴。
ふんだんにリソース注ぎ込まれてOP&EDも動きまくり。
持て余してるのか連載では存在感の薄くなったキャラカブリーヌが家族に追加だ、やったねアーニャちゃん!
ヨルが来た時点で解決した感が強いのでそこでヒキなのーとなるが、そういやこの後まだ続いてたわね、父も合流してないし。
作画を眺めてるだけで一定の満足度はあるので、今期の足切り門番として。

投稿 : 2022/10/03
閲覧 : 30
サンキュー:

2

とまと子 さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:今観てる

お洒落とお茶目とエレガント★

 
さて第2クールのはじまりです!


今回のOP曲はBUMP OF CHICKEN、ED曲はyamaさんです。
前回の髭男と星野源さんといい、アニソンもここまで来たか…感がすごいですw

で、OPアニメーションがもんのすごく綺麗で感動しまして、どなたが演出されたのかと思ったら何と「進撃の巨人」や「カバネリ」の荒木哲郎さん。
やっぱり一流は芸の幅が違うぜw

EDアニメーションも面白いアイデアで…と思って見たら、こちらの演出は「ポンポさん」の平尾隆之さん。

本編制作はご存知のとおりWIT STUDIO X Clover Worksのスーパーチーム。
アニメ制作ってクレジットを見るといろんなプロダクションがつながって協力しあって作られていて驚きますけど、2クール1話目では原画で最初に名前が出てくるのはスタジオコロリド。

そんな名前からもクォリティ保証付きの体制で作られてるんだなぁ…と今更ながら感心しちゃいます。


今さら言うまでもないですけど、このアニメって、あらゆるところのデザインのセンスがすごく良いですよね。
これは原作者のセンスの素晴らしさによるところも大きいですけど、いちいちの衣装・小道具・インテリア・建物風景のデザイン・配色に溢れる”ヨーロッパの上質”風な美麗さだけでも見入っちゃいます。


で、それだけ完璧な「箱」の中ですから、アーニャにもヨルさんにも思う存分暴れていただきたいです!
さっそく登場の犬さん含め、今はOP・EDにしか出てきてない新キャラにも乞うご期待です!

**つづく!**

投稿 : 2022/10/03
閲覧 : 77
サンキュー:

17

めぐみん さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

アーニャが最高にカワイイ!

待ちにまった二期です!

期待を裏切らず、第一話からアーニャがメインで、その仕草や表情が最高にカワイイ!
ヨルさんも相変わらずの天然最強キャラでカッコイイ!

ストーリーは単なるドタバタなのですが、キャラクター次第でこんなに面白くなるのかと感じる作品です。

投稿 : 2022/10/02
閲覧 : 47
サンキュー:

2

llil さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:今観てる

投稿 : 2022/12/04
閲覧 : 1

なかっち さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:今観てる

投稿 : 2022/12/01
閲覧 : 4

pino さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

投稿 : 2022/11/27
閲覧 : 0
次の30件を表示

SPY×FAMILY 第2クールのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
SPY×FAMILY 第2クールのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

SPY×FAMILY 第2クールのストーリー・あらすじ

人はみな 誰にも見せぬ自分を 持っている―― 世界各国が水面下で熾烈な情報戦を繰り広げていた時代。 東国(オスタニア)と西国(ウェスタリス)は、十数年間にわたる冷戦状態にあった。 西国の情報局対東課〈WISE(ワイズ)〉所属である凄腕スパイの〈黄昏(たそがれ)〉は、東西平和を脅かす危険人物、東国の国家統一党総裁ドノバン・デズモンドの動向を探るため、ある極秘任務を課せられる。 その名も、オペレーション〈梟(ストリクス)〉。 内容は、“一週間以内に家族を作り、デズモンドの息子が通う名門校の懇親会に潜入せよ”。 〈黄昏(たそがれ)〉は、精神科医ロイド・フォージャーに扮し、家族を作ることに。 だが、彼が出会った娘・アーニャは心を読むことができる超能力者、妻・ヨルは殺し屋だった! 3人の利害が一致したことで、お互いの正体を隠しながら共に暮らすこととなる。 ハプニング連続の仮初めの家族に、世界の平和は託された――。
(TVアニメ動画『SPY×FAMILY 第2クール』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2022年秋アニメ

このアニメの類似作品

この頃(2022年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ