プリンセス・プリンシパル(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「プリンセス・プリンシパル」

よみがな:ぷりんせすぷりんしぱる

放送時期:2017年夏アニメ(2017年7月~2017年9月)

★★★★☆ 4.0
物語:3.9 作画:4.0 声優:3.9 音楽:3.9 キャラ:4.0
総合得点 70.5
感想・評価 493
棚に入れた人 1709
ランキング 619
舞台は19世紀末、巨大な壁で東西に分断されたアルビオン王国の首都ロンドン。伝統と格式ある名門、クイーンズ・メイフェア校には、5人の少女たちが在籍していた。彼女たちは女子高校生を隠れ蓑に、スパイ活動を展開。変装、諜報、潜入、カーチェイス……。少女たちはそれぞれの能力を活かし、影の世界を飛び回る。

「私たちは何?」
「スパイ。嘘をつく生き物だ」(TVアニメ動画『プリンセス・プリンシパル』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 493

2018.01.18 21:56 剣道部の評価 | 観終わった| 51が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: プリンセス・プリンシパル(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

条件付き名作

[文量→大盛り・内容→感想系]

【総括】
内容的には、スチームバンクの世界観で美少女が活躍するスパイアクション、というイロモノ感が満載なもの。

しかし、様々なミスリードが光る、楽しく素晴らしい作品になっていました。構成の面でも工夫がみられますが、まあ、この辺はヘタに前情報を入れずに観た方が絶対的に面白いアニメですね!

《以下ネタバレ》

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
問題点を指摘してはいますが、☆4は、自分的にかなり高評価です。良い作品であることは間違いないんですが、だからこそ、惜しい部分があったな~と。

まずは、良い点から。

◎ミスリードの上手さ。大きなミスリードでいくと、プリンセスとアンジェが実は逆だったという点。小さなミスリードでいくと、10話で委員長が実はドロシーの方に憧れていたとか、どの話にもいくつもいくつもあって、これは完全に脚本の素晴らしさ。本作の最大の魅力だと思います。

◎(特に序盤の)細やかな作画。例えば、1話冒頭の望遠鏡を、レンズを重ねるタイプにするなど、言葉ではなく作画で作品の世界観や時代感を表すのは素晴らしい。他にも、美しい作画(特に背景)はいくつもあった。

◎構成の面白さ。時系列を入れ換えるのはこれまでもある構成だが、「堂々と話をとばす」というのは、今まででなかったと思う。OP後にcase○○と出てくるが、12話でcase24までやっているわけだから、単純に半分飛ばしている。これは、「空いているところは想像力で補って」ということだろう。その効果は、「いきなり仲良くなったり」「急に社会情勢が変わったり」しても、「文句をつけられない」ということ。「いや、だから行間を読んでよ。空いてるところにいろんな事があったんだよ」と開き直れるし、OVAや様々な媒体で補完(セールス)もしやすい。多分、話のスピード感に違和感を持たせたくなかったのと、1話目にインパクト出したかったから、時系列をバラバラにしたのだろう。まあ、冷静に考えれば反則なのだがw、1本取られた感じがして楽しめた。でも、こういう裏技は、二番煎じだとダメだから、他のアニメには真似しないでほしい(笑)

○キャラデザの良さ。まあこれは単に好みだと言うことだけど、どのキャラも可愛かった。個人的には、ドロシーが好き。性格的にも、めっちゃ良い子だな~と♪

次に悪い点。

△(特に後半は)作画の「雑(適当)」さ。綺麗とか下手とかじゃなく、意思の疎通や確認が出来てない感じ。例えば、(長いからたたみます){netabare}ちせの刀の使い方。恐らく左利きの設定で、左手だけで刀を扱うシーンが多々あり、これはまあ良いのだが、両手で持った時に左手が上だったり、鞘が右にあったりした。これは「日本の侍」ならあり得ない。利き手がどちらであれ、持ち手は右手上しかない(文化的な意味でも)。時代考証やってるのかな? まあ、ファンタジーだからこれも最悪良いとしても、一番の問題は、それらが「まちまち」であること。例えば、5話のちせの戦闘シーンなんか観ればよく分かるが、場面によって、鞘が右や左、後ろに付いていたりと安定しない。鞘がなくなっているシーンもある。あと、場面によって、両手を重ねたり右手上や左手上など、剣の持ち方も安定しない。他にも、最終話のトンネル内のシーンとか、後続する列車の砲撃が、平気で自分が走る線路に直撃していたり、壁走りのシーンも(作画自体は良かったが)、緩やかなカーブの内側を車が走っている。あれだと遠心力で剥がれるから、やるなら外側だと思う。{/netabare}こういう細かい部分の作画は、「画力」の問題ではなく、「スケジューリング」や「意志疎通」「確認体制」なんかの問題だと思うので、(全体的には素晴らしい作画も多かったので)作画マンは死ぬ気で頑張っていたのでしょうが、かなりドタバタした現場だったのかな、、、なんて、想像したり。

×投げっぱなしエンド。これが一番悩むところだけど、ラストは明らかに「2期見たければ、円盤かグッズを買えエンド」に思えた。別に、「おれたたエンド」は否定しないけど、6、7、9、10話などの、単発のストーリーや日常回を削ればどうとでも完結出来たので、明らかに狙ってやってる(いや、個人的には10話が一番好きですが)。「おれたた」にしたって、11話、12話のような大事件を起こさず、普通に女王への道を進めることは容易だったはず。あからさまに、視聴者の消化不良を狙ってる感じがして、しかもそれがある程度成功していて(実際、私も2期を超観たいし)、なんか腑に落ちない(悔しい)。

この辺がレビュタイの「条件付き」名作の意味。つまり、「2期をやるなら名作の1期目」「これで終わりなら駄作」になるということ。実際に、10話まではマジで面白いとアニメだったし、とりあえず期待を込めて☆は4にしておきますが、後でどうするかは、後で考えたいと思います(^-^;)

というか、11話、12話、それまでと(ストーリー的に)完全にレベルが落ちたと思った。それまであった美しいミスリードも影を潜め、ただの大アクション連発になっていたし。と、思って調べてみたら、11話から脚本変わっているんだね。1~10話は大河内 一楼さん(原作なしは、コードギアス反逆のルルーシュ・甲鉄城のカバネリ など)、11、12話は檜垣 亮さん(原作なしは、クロムクロ)。まあ、勿論実績は大分ちがうけど、本作のシリーズ構成は最後まで大河内さんだしな。なんで脚本変わったんだろ? 規定路線?

脚本家に良いように邪推すると、{netabare}大河内さんが「こんなラストにするなら脚本は書けない」と駄々をこねたとか(まあ、そうならシリーズ構成受けないか)? もしそうだとしたら、檜垣さんも被害者というか、{/netabare}「大人の事情」なのかなと思ってみたり。

まあ分からんけど、そのくらい、ラスト2話に関しては???だったということ。誰か、事情通の方、いないかな(笑)
{/netabare}

【視聴終了(要約バージョン小盛りレビュー)】
{netabare}
ミスリードの上手さが光る作品だった。萌えキャラに騙されがちだが、ストーリーが抜群に面白い。作画も美しかった。

が、所々手抜きというか、意思の疎通が上手くいっていないような作画も見られて残念だった。

変則的な構成は、アイディア賞といったところ。

まあとにかく、2期をちゃんとやれば、「名作の1期」、2期をちゃんとやらなければ「ラストが残念な作品」。そういった意味で、「条件付きの名作」とした。
{/netabare}

【余談~ どうした? Studio 3Hz&アクタス(良い意味で)w ~】
{netabare}
まず、とても面白く、よく出来たアニオリ作品でした。

内容的には、「スチームバンクの世界観で美少女が活躍するスパイアクション」。設定とタイトルが、なんか凄い駄作感があり、リアタイではスルーしていた作品。制作会社も、、、でしたし(笑)

ところが、いざ放送が始まると、多くのレビュアーさんが高評価しており、実際、AT-Xの一挙放送を機に視聴してみると、なるほど面白い! 自分の選球眼の無さにガッカリしました(苦笑)

余談のタイトルはまあ、失礼ながらも素直に感じたことだったので(^-^;

ガルパン以外はこれといった作品もなく、万策尽きるのが定番化していた印象のアクタス。(個人的には好みなのですが)イマイチ大衆ウケしないオリジナルアニメが多い印象のサンヘルツ。だから、期待度は低かったのですが、この素晴らしい作品。驚きました。やはり、プロなんだな~と。

ちなみに、最近の両制作会社の作品への(私の評価はこんな感じです)

◎Studio 3Hz
・Dimension W「☆4。話は少しとびとびながらも、世界観もよくキャラも格好良い」

・フリップフラッパーズ「☆4。雰囲気アニメの決定版というか、作画も良いし、各話の世界観がメチャクチャで面白かった」

◎アクタス
・レガリア The Three Sacred Stars「☆2。手描きへのこだわりだけは評価したいが、キャラ、シナリオ、アクション、全てにおいて終始ビミョーで誉める部分を見つけられない」

・ろんぐらいだぁす!「☆3。作画こそヒドイが、全体の雰囲気は悪くなく、ロングライドという新しい世界を描いたことを含めて、なかなか楽しめた作品。導入系としては優秀だった」

、、、どうせなら、次もこのコンビでアニオリ作品を制作し、本作がマグレ当たりじゃないことを見せてほしいです!
{/netabare}

【各話感想(自分用メモ)】
{netabare}
1話目
レンズを重ねる望遠鏡、芸が細かい。冷却時間というリスク。ちゃんと書類を書くタイプのスパイ。1話目から分かるレベルの高さ。テンポが良くて無駄がない。

2話目
? 過去編? 最終話から始める構成かな? 王女、悪い女(笑) 有能な王族って好きだな~。二重三重のウソ。楽しい。

3話目
2。喉を機械化。できる範囲の特殊能力。忠誠心。ウソでの会話(笑)

4話目
ここで9話? 凄い構成だな。それぞれに出来ること出来ないことがあるのは良いよね。物理的に声をとめるなよw 白ってのが、特にいい。1話完結だから出来る構成だね。

5話目
んで、過去(7)に戻るか。ちせの加入。五右衛門ポジション(笑)

6話目
18話? すげぇな、飛ばしたところは想像で補えと(笑) ドロシーパパ、なんか切ない。典型的なDV。ドロシー、、、きっと普通に良い子なんだよな。

7話目
16か。歌とハチマキのクダリだけ、やや安っぽくなったかな。これ、ちゃんとプリンセスに儲けが出るようにした(マージンの話とかあった方)が、作風に合ってると思うけど。サブキャラつながりw

8話目
20。なるほど、核心だね。入れ替わりものの定番と言えば定番だけど。ピアノの話は、良い話だな~。なるほど、20話だな(笑)

9話目
11。ちせメインの日常系としてはかなり面白いとは思うけど、作風には合わないかも。本物の銃を使うんかい。間違った日本の解釈(笑)

10話目
22。ドロシー、良い子だな~。ここでもミスリードの連発。今まででも一番好きな話かも。アンジェが委員長の前で飛行を使わなかったのは、委員長の実力を認めていたからだよね。

11話目
23。アンジェのためってやつかな。さあ、どちらが本物かな? どこまで視聴者を裏切れるかな? 次話が魅せ処だね。

12話目
24。う~ん、そのままか。ドロシー、良い子w いやいや、線路を壊したら機関車がダメになるだろ(苦笑) 壁走り、やるならカーブの外周だろ? 内側なら遠心力で飛ばされるやん。断頭台で、、、そのつもりなら、アンジェは手助けしないだろ。ちせ、刀の持ち方が逆、、、。右手上だよ? 心の壁も、は良い表現かな。ん? ここで終わり? アニオリでこの展開でそりゃないぜ、、、。2期をやるなら、許します(笑)
{/netabare}

 サンキュー(25)
2018.01.12 22:29 老倉育の評価 | 観終わった| 26が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: プリンセス・プリンシパル(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

タイトルなし

少女5人のスパイの話。

面白かったです!迫力がありました!

作画が凄かったです!特にOPが好きです。つい「おぉ!」と言ってしまいましたw

音楽はOPEDともに英語(多分)で、作品の世界観が表現されていました。ちなみにEDはキャラクターが歌っています。

私は6話に全てが持ってかれました。切なく泣いてしまいました。個人的には最終回よりも記憶に残ってます。

 サンキュー(16)
ネタバレ
2018.01.11 21:06 エミリアの評価 | 観終わった| 55が閲覧 ★★★★☆ 4.1 評価対象: プリンセス・プリンシパル(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 4.5  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.5

おしるこ

キャラクターの掘り下げや設定の作り込みに力が入ってることが伝わってくる作品で、すべての回が面白かったです。

でもちせの出番もっと欲しい!
銃で戦ってる中に刀で挑んでいく感じが個人的に大好きでして。SAOのファントム・バレット編とかもそう。いや違うか。とりあえずそういう戦闘シーンもっと見たかった
日常パートでも魅力爆発!異国に馴染もうと頑張ってるけどちぐはぐな感じとかはベタだけどやっぱりかわいい。



終わり方に関しての評価は物語の見方によって変わるのかなと思います。

プリンセスが宣言した「壁を壊す」ことをストーリーのメインとして見ればいろいろ放り投げた物足りない終わり方のように感じるかもしれません。一方で、一話完結のスパイアクション物として見れば、チームの結束をテーマにした最終回はとても良かったし誰も脱落しなかったことに安心したでしょう。

いずれにせよ続編が作りやすい終わり方ではあるので期待したいです。

 サンキュー(18)
2018.01.11 15:13 Davidの評価 | 観終わった| 43が閲覧 ★★★★☆ 4.8 評価対象: プリンセス・プリンシパル(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.5  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

良質

とにかく良質の作品。脚本、作画、キャラ立ち、演技…全てが高水準で溶け合っている。お見事。こんなに良いアニメが出てくると嬉しくなっちゃう。

本当にいろんな要素を詰め込んだ作品で、美少女×スパイ×サイバーパンク×百合×アクション×ハードボイルド×…って感じで挙げだすとキリがない。とにかく面白いもの何でも付け足してけみたいな製作陣の気概が最高です。

チーム白鳩の五人はみなそれぞれの魅力を持っているし、声優陣の演技も素晴らしい。特にノル公演じる土師さんはグレート極まりない。

そして私がこの作品で一番好きなのはその台詞回し。アンジェのつく嘘や、白鳩の日常会話の中でも次々と粋なセリフが出てくる。特に好きなのは第四話ラストのドロシーのセリフ。もちろんその前のLのセリフがあるからこそ際立つわけだが…そこは実際に見ていただきたい。

とにもかくにも非常によくできた作品なのでおすすめだ。


…最後にどうしても一つだけ言っておきたいことがある。プリプリに対して「全然スパイっぽくないw」とか「もっとスパイらしく」とか言っている人は一体どんだけ硬派なスパイ作品にばっかり触れてきたんだ⁉007を始めとしたスパイ映画だって大体ノリ重視じゃない⁉只今公開中のキングスマンなんて頭悪いの代名詞みたいじゃん‼ひょっとしてあなたたちはジョンルカレの小説とかばっか読んできたの⁉
…是非真相のほどを教えていただきたい。

 サンキュー(5)
2018.01.10 21:02 衛狸庵の評価 | 観終わった| 19が閲覧 ★★★☆☆ 3.8 評価対象: プリンセス・プリンシパル(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 5.0

可愛いは正義

まぁ、スパイ物としては甘すぎるけど、可愛いからすべてを許す。
ストーリーはありきたりの物だけど、その方が安心して楽しめた。

 サンキュー(1)

プリンセス・プリンシパルのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
プリンセス・プリンシパルのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。