「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか(アニメ映画)」

総合得点
77.9
感想・評価
411
棚に入れた
1850
ランキング
391
★★★★☆ 4.0 (411)
物語
4.0
作画
4.1
声優
3.7
音楽
4.3
キャラ
3.9
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む
ネタバレ

ライロキ

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

バドワイザー・タコハイ

ロボット戦闘ものではあるけれど名作ですよね。
コメディーではないのに、バドワイザーミサイルやタコハイミサイル
が一瞬画面に映るっていう製作者の皆さんの遊び心も入っていて楽しんで
作られたのがよくわかります。
アニメでキャラがステージで歌うようになったのはこれが始まりではないで
しょうか。(間違っていたらすみません。)
また、主人公がヒロインに対して「お前」や「あなた」ではなく「オタク」って
言うのがアニメ好きの間で流行って、オタクという言葉が定着するにいたった
んでしたよね。(これも間違っていたらすみません。)
物語は恋愛要素もふくまていますがいたってシリアスな内容で、戦闘シーンの
動きも滑らかで感動したものです。
最後の突入シーンが音楽とあいまっていいですよね。

投稿 : 2019/08/20
閲覧 : 29
サンキュー:

9

ネタバレ

ma7

★★★★★ 4.2
物語 : 1.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

あれっこんな話だっけ・・・・

昔見て大好きでした。DVDではなくレザーディスクも持っていました(笑)
最近ちょっと気になって見直してみたのですが・・・・
吊橋効果は、長い方が有利というだけの話だったのかと気がつきました。
昔はTV版を引きずってしまい、ミンメイは調子に乗ったイキった人と思っていたので
スルーしていましたが、映画版ではものすごいいい子でした(笑)

またこのシリーズは「三角関係」を前面に打ち出しているとのことですが
全然三角関係じゃないじゃん・・・
優柔不断だからこそ、ある意味三角関係というのが成り立つのですが
主人公が今回きっちりきっぱりしたしまっているので
好きになる時期がずれているし
三角関係ではなく過去の好きだった人との回行程度でした。

これは監督も思ったそうですが・・・
流れから行ってラスボス倒す必要ないんじゃね・・・
歌の力どこいったとこれは昔から思っていました。
ただその昔主人公らしさを演出したかったとも何かに
書いたいて納得した記憶もあります。

君には歌があるじゃないかと
ホストバリの、意味のない言葉で終わらせる・・・
いやー今見ると
結構ショッキング的に最低のお話でした(笑)

投稿 : 2019/07/05
閲覧 : 32
サンキュー:

2

saitama

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

TV版とは別物のハイクオリティ作画

話数によってボロボロ作画だったマクロスTV版。
それがすべて改善されると、こんな素晴らしい作品になるのかと感動できる。

板野サーカスを始めとした、アニメーターの力量、主題歌のすべての人を惹き込む歌の力。

この力でTV版が作られていたら…。マクロスはとんでもない作品になっていたかも。

まず観てみてほしい。損のない逸品です。

投稿 : 2019/05/04
閲覧 : 62
サンキュー:

5

ネタバレ

我は狗が身

★★★★★ 4.3
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

完走した感想。

僕の観たかったマクロスが詰まった、間違いなく傑作と呼べる代物。

作中に漂っていたシュールさとか艦内の住人の暢気さとかはかなり抑えられており、シリアスな雰囲気に変わったのは大正解。

そして物語の中心が輝と早瀬、ミンメイのドラマというのも、本作のテーマに沿っていて、ロボットものでありながら戦闘シーン以外の手段を通してテーマを描くというのも本作ならではのアプローチとして非常に素晴らしかった。
このドラマもリアリティがあってよく出来てるんだよなぁ…。

作画も全体的にレベルが高く、TV版を断念した人も――いや、断念した人にこそ観て欲しい。僕がそうだったから。

投稿 : 2018/12/31
閲覧 : 94
サンキュー:

7

ネタバレ

ato00

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

「愛・おぼえていますか」を知っていますか?<追記;天使の絵の具>

初代マクロスの劇場版。
というより、マクロス世界では本当の映画という設定らしいです。

テレビ版に比べ作画に力が入っており、内容もコンパクトです。
この作品は映画設定なので、マクロス史実とは異なっており、当然テレビ版ともストーリーが違います。
でも、こちらの視聴により、初代マクロスを充分堪能できますので、時間のない方にはよいかと思います。

私が若かりしころ好きだった飯島真理さん。
主題歌である「愛・おぼえていますか」を歌っています。
当時は、他人が作った曲を歌っていたので批判的でした。
今聞くと、とてもよい歌です。
80年代アニソンの頂点ですね。

<追記;天使の絵の具>
{netabare}ED曲である「天使の絵の具」
飯島真理さん作詞作曲のポップな曲です。
自分で作った曲を歌う飯島真理さん。
ミンメイと一体化してノリノリです。

その後の真理さんは結婚し渡米。
アイドルを否定し、自分の目指すシンガーの道へ。
ただ現実は厳しく、ついには無理なボイストレーニングにより喉を傷めます。

ミンメイを演じていた頃は、自分の居場所に迷っていた彼女。
1990年代後半になると、ミンメイと向き合うようになります。
アニメイベントに参加したり、英語版マクロスのミンメイ役を吹き替えたり。
もちろん、声は当時のような清らかさはありません。
しかし、その表情は天使の絵の具を獲得したかのような笑顔です。

たまに日本に帰ってくる真理さん。
私の永遠のアイドルです。{/netabare}

投稿 : 2018/10/31
閲覧 : 293
サンキュー:

35

Robbie

★★★★★ 4.9
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

物語だけならTVシリーズの方が好きかな。

ストーリーは圧倒的にTVシリーズの方が良い。
しかし、作品自体の完成度はこちらの方が上。
作画が特に凄い。
迫力のある戦闘シーンに細かく書き込まれている機械。
そして、TVシリーズに勝る音楽。
劇場版として作った意味がよく理解できる。

投稿 : 2018/10/07
閲覧 : 207
サンキュー:

5

ネタバレ

天上しょーと♪♪

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

こっちのイメージが強いんだ

輝がミンメイと出会うタイミングがミンメイが
歌手になった後になっているなど
TV版とは同じようで違う展開の劇場版。

【良い点】
・輝、ミンメイが優柔不断じゃない。
{netabare}この映画のミンメイは輝と出会った後はずっと輝だけを思っているし
輝も地球での出来事以降は早瀬さんと一緒にいたいと
しっかり決めていたのが良かったです{/netabare}。

・TV版で最大のいらいら要因だったカイフン
出番が少なくなった+軍に対しての理不尽な
批判がなかったのでわりと普通のキャラになってました。

・作画
TV版ではよく顔が崩れていたけど、
この映画の作画はその部分が修正されただけでなく全体的に物凄い!

・曲
ミンメイの曲はTV版ではあまり好きではなかったけど
この劇場版の曲は良いですよねー。
特にやっぱり映画のタイトルにもなってる
「愛・おぼえていますか」が好きです。

【総合評価】
TV版の悪いところが無くなっていただけでなく全体的に
クオリティの高い作品です。

投稿 : 2018/07/30
閲覧 : 210
サンキュー:

5

ネタバレ

●オパマ

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

マクロス人気を決定付けた

上映当時としては信じられないほど美麗な作画とリアルな戦闘演出。
艦内の風俗描写も丁寧で、やりたかったけどテレビシリーズではやりきれなかったことを思う存分クリエイトしている。

スーパーヴァルキリーの発艦シーンはあまりにも美麗で今も脳裏に焼き付いている。

アーマードヴァルキリーの全弾発射シーンもかっこいい。

重力制御に不具合を起こし、{netabare}真横に落下していく{/netabare}シーンも印象に残る。

水面すれすれを飛行するシーンはスターウォーズにも影響を与えている。
{netabare}「柿崎ーっ!」{/netabare}w

マックスとミリアの対決も必見。
{netabare}「うつくしい・・・」{/netabare}w

美紗贔屓な私が{netabare}胸元のチャックを上げる{/netabare}彼女の所作にショックを受けたことも懐かしい思い出。
(*ノωノ)

上映時間の限られた枠の中で物語や設定を詰め込んだため内容も濃く、無駄なシーンが無い。

最近のマクロスシリーズを観て少しでも興味を抱いた人には是非視聴して欲しい。

強いて不満点を挙げるなら、出撃前の緊張をほぐすために{netabare}、よく分からないダンス{/netabare}をするロイ・フォッカーを劇場版でも観たかったが、やっぱ無理だったみたい。
(;^ω^)

投稿 : 2018/05/08
閲覧 : 110
サンキュー:

5

ネタバレ

ピピン林檎

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

マクロスシリーズ一括評価

ちょうど今、dアニメストアで、3月末までの限定ながら、本作および『劇場版マクロスF』(前・後編の2本)『劇場版マクロス7』の劇場版作品4本が配信されているので、マクロスシリーズ未視聴の方はチャンスです。
(※なお、TVシリーズ『超時空要塞マクロス』『マクロス7』『マクロスF』『マクロスΔ』は期間限定なしで配信中)


◆マクロスシリーズ一覧&評価 ※全10シリーズ18作品
(※作中にある架空の西暦年代の順です。制作順ではありません)

★が多いほど個人的に高評価した作品(最高で星3つ)
☆は並みの出来と感じた作品
×は脚本に余り納得できなかった疑問作
●は未視聴
※人名は監督、(総)は総監督、SDはシリーズディレクター、SCはシリーズ構成

 ---------------------------------------------------------------
 【1】 マクロス ゼロ (西暦2008年の世界) ※冒頭で1999年7月の災厄が語られる
 ---------------------------------------------------------------
№1 《OVA》 「マクロス ゼロ」 (河森正治/全5話/2002-04) ★ 4.0

 ---------------------------------------------------------------
 【2】 超時空要塞マクロス (西暦2009-10年の世界)
 ---------------------------------------------------------------
№2 《テレビ》 「超時空要塞マクロス」 (石黒昇(SD)・松崎健一(SC)/全36話/1982–83) ★ 4.3
№3 《劇改作》 「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」 (石黒昇・河森正治/1984) ☆ 3.7

 ---------------------------------------------------------------
 【3】 超時空要塞マクロス Flash Back 2012 (西暦2012年の世界)
 ---------------------------------------------------------------
●№4 《OVA》 「超時空要塞マクロス Flash Back 2012」 (河森正治/1987) ※30分

 ---------------------------------------------------------------
 【4】 マクロスプラス (西暦2040年の世界)
 ---------------------------------------------------------------
№5 《OVA》 「マクロスプラス」 (河森正治(総)・渡辺信一郎/全4話/1994-95年) ☆ 3.8
№6 《劇改作》 「マクロスプラス MOVIE EDITION」 (河森正治(総)・渡辺信一郎/1995年) ※115分 ★ 4.1

 ---------------------------------------------------------------
 【5】 マクロス7 (西暦2045-46年の世界)
 ---------------------------------------------------------------
№7 《テレビ》 「マクロス7」 (河森正治(原作)・アミノテツロー/全52話/1994-95年) ☆ 3.7
№8 《劇新作》 「マクロス7 銀河がオレを呼んでいる!」 (アミノテツロー/1995年) ※33分 ☆ 3.7

 ---------------------------------------------------------------
 【6】 マクロス ダイナマイト7 (西暦2047年の世界)
 ---------------------------------------------------------------
№9 《OVA》 「マクロス ダイナマイト7」 (アミノテツロー/全4話/1997年) ☆ 3.5

 ---------------------------------------------------------------
 【7】 マクロスF (西暦2059年の世界)
 ---------------------------------------------------------------
№10 《テレビ》 「マクロスF」 (河森正治(総)・菊地康仁/全25話/2008年) ★ 4.3
№11 《劇改作》 「マクロスF 虚空歌姫〜イツワリノウタヒメ〜」 (河森正治/2009年) ★★ 4.5
№12 《劇改作》 「マクロスF 恋離飛翼〜サヨナラノツバサ〜」 (河森正治/2011年) ★★ 4.7
●№13 《劇改作》 「マクロスFB7 オレノウタヲキケ!」 (アミノテツロ/2012年)

 ---------------------------------------------------------------
 【8】 マクロスΔ (西暦2067年の世界)
 ---------------------------------------------------------------
№14 《テレビ》 「マクロスΔ」 (河森正治(総)・安田賢司/全26話/2016年) ★ 4.0
●№15 《劇改作》 「劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレ」 (河森正治/2018年)

 ---------------------------------------------------------------
 【9】 超時空要塞マクロスII -LOVERS AGAIN- (西暦2090年代の世界)
 ---------------------------------------------------------------
№16 《OVA》 「超時空要塞マクロスII -LOVERS AGAIN-」 (八谷賢一/全6話/1992年) ☆ 3.5

 ---------------------------------------------------------------
 【10】 その他 
 ---------------------------------------------------------------
№17 《OVA》 「娘クリ Nyan×2 Music Clip」 (/2010年) ★ 4.0 ※『マクロスF』劇場版の映像を流用した音楽劇
●№18 《OVA》 「マクロス超時空ゼミナール!!」 (/2012年)


以上

(TVシリーズ+短編OVA) 5+36+4+52+4+25+26+6=158話
(劇場版) 7本 (愛おぼ/マクプラME/マク7銀呼/マクFB7/マクF虚空/マクF恋離/マクΔ激ワル)
(特殊OVA) 3本 (Flash Back 2012/娘クリ/超時空ゼミ)


◆総評

上記のように、TVシリーズを放送した後に、それをベースとする劇場版アナザー・ストーリーを公開するのが恒例になっています。

・・・で、私の個人的な感想ですが、

(1) 『超時空要塞マクロス』(初代マクロス)に関して

本サイトでは、何故か劇場版の評価が非常に高く、TVシリーズの評価が低めですが、TVシリーズをちゃんと見ていないと劇場版もさほど楽しめないし、マクロスシリーズ全体のコンセプトを誤解してしまう怖れがあると思うので(※私がそうだったので・・・)やはりTVシリーズの方を先に視聴する方が良いと思います。
逆にいうと、劇場版を見てまずまず楽しめた人には、TVシリーズの方も必ず見て欲しい作品です(※劇場版は作画・音楽が良く“楽しめる”作品だけど、TVシリーズは作画の酷さやシナリオのグダグダさという欠点を凌駕する“予想外に大きな感動”のある作品と思うので→マクロスシリーズが現代まで続いている人気の源泉はここ)

(2) 『マクロス7』に関して

私が最初に視聴したマクロスですが、こっちも初代マクロス(TVシリーズ)の方を最後までしっかり見ていないと作品コンセプトが確り理解できないし、作品をいまいち楽しめないと思います。
※ヒロイン(ミレーヌ)の両親が初代マクロスのあの{netabare}子づくりカップル{/netabare}だと知ってビックリ!だったので。
シナリオ自体は、初代マクロスを視聴済みという前提で、前半はまずまず面白いと思います(※個人評価 ★ 4.1 くらい)。
ただし後半は、展開が冗長になりシナリオも焦点が定まらなくなる印象で、全体評価は ☆ 3.7 とマクロスシリーズの中では低めとなりました。

(3) 『マクロスプラス』に関して

全4話と短く作画良好&シナリオもコンパクトに纏まっているので、ここからマクロスを見始める、という手はあると思います。
但し、マクロスシリーズ全体からみると、他作品との関連は薄く、無視しても問題ない作品かも。

(4) 『マクロスゼロ』に関して

初代マクロスの前日譚なので「ゼロ」という作品名なのでしょう。
その初代で活躍するエースパイロット(ロイ・フォッカー少佐)の雄姿が存分に楽しめる作品でもあるので、彼のファンは必見です。
そして、『マクロスF』に引き継がれる伏線も多い作品。

(5) 『マクロスF』に関して

新規ファン開拓を主眼としエンタメ性が大幅に強化されているので、ここからマクロスシリーズを見始めても十分楽しめると思いますが、『超時空要塞マクロス』のTVシリーズを確り見終えたあとに再視聴すると、本作が初代マクロスを巧みに本家取りしていることが分かってきて、楽しみが更に増すと思います。
因みに、『マクロスゼロ』の方も先に視聴しておけば、そちらのエピソードとの関連も発見できて更に楽しめます。
更にいえば、『マクロスF』に関しては、TVシリーズよりも劇場版の完成度の方が圧倒的に高いので、初代と違って劇場版から先に視聴するのもアリだと思います。

(6) 『マクロスΔ』に関して

現在劇場版が公開中の最新シリーズですが、私はTVシリーズしか見ていないので評価は保留します。

(7) 『超時空要塞マクロスII -LOVERS AGAIN-』に関して

初代マクロス制作10周年を記念して制作されたOVAということですが、河森正治氏その他の初代マクロスの主要スタッフが制作にあまり関わっておらず、マクロスシリーズの中では完全に浮いた作品となっています(シナリオ&設定も他作品とは整合性が取れていない完全なパラレルワールドもの)。
内容は可もなく不可もなく、といったところか。

投稿 : 2018/03/17
閲覧 : 278
サンキュー:

23

40代のおっさん

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

大人になってからみました

TV版マクロスはさすがに自分が子供過ぎてよくわからず、おもちゃだけ買ってもらった記憶しかない。
20歳くらいのときにTVで放送していたのを観て、感動した。
マクロスシリーズはダブルヒロインは最初からだったのかと。
飯島真理は声優としては微妙だけど、この作品の歌手としては完璧じゃないかと思う。
戦闘シーンも今作るとしたら、死人がでそう(笑)

投稿 : 2018/02/09
閲覧 : 98
サンキュー:

3

pikotan

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 3.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

今でも色褪せない名作

TV版では作画が残念でしたが、劇場版では全編作り直しで見違えるほどのクオリティアップ。
現在のようにCGを使わない時代にあって、驚くべき密度の作画でした。
作品冒頭のマクロス登場シーンから、背筋がゾクゾクしたことは今でも忘れません。

キャラデザインは深みのあるデザインに変更され、細部まで描き込まれたメカや背景と合わせて、全体的に非常に高いレベルで統一されており、まさに劇場版の名に相応しい作品です。

ストーリーは基本骨格を変えないようにしつつ、劇場用として再構築しているため、TV版に比べて話がスッキリとし、最後までダレルことなく楽しめます。

羽田健太郎さんが作られた音楽も素晴らしく、今でも音楽を聴くだけで各シーンが甦ります。

本作は、まさにセルアニメの最高傑作であり、当時を代表する作品の一つであることは間違いありません。
私の中では、日本アニメ史の中では絶対に外すことのできない名作だと思っています。

投稿 : 2018/01/27
閲覧 : 104
サンキュー:

11

ネタバレ

fuushin

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ロボット系アニメの一つの試み。うん、歌はいいですね。

この作品。発表されたのは「風の谷のナウシカ」と同じなんですね。(1984年)

マクロスが「男女の三角関係」を練り込んだ作品だということは知りませんでした。
変身ロボ系でありながら、大人の男女関係もしっかりと落とし込んであるストーリーはちょっと刺激的な雰囲気も漂わせています。

また、全シーン「手描きのセル画」での表現では、当時の最高水準ということにも関心を持って視聴しました。

もうひとつ、「人類の歌声が敵の異星人の戦闘意欲を消失させる」というあまり聞きなれないコンセプトにも注目しました。

それから、異星人が日本語を話さないものですから、「翻訳を字幕で示す」という斬新な技法でリアルさを丁寧に表現しています。

私は、三つめの「歌」について述べてみたいと思います。
「三角関係」、「セル画」、「字幕」については、ほかのレビュアーがとてもわかりやすく丁寧に解説してくださっていますので、そちらをお読みください。


「歌」については、広辞苑(第六版)で次のように解説しています。

「一緒に生活できない人や亡くなった人に強くひかれて、切なく思うこと。また、そのこころ。特に、男女間の思慕の情。恋慕。恋愛。」

万葉集では、「常陸さし 行かむ雁もが 吾が恋を 記して付けて 妹に知らせむ」という歌があります。

この和歌の意味はつぎのようです。

「常陸(ひたち)の方向に向かって飛んで行く雁(かり。がんの古名)がいてくれればいいなぁ。(そうすれば)恋しい妻への私の思いを紙に書き記して、雁に付けて(何とか)妻に知らせてやれるのに」です。

この和歌が詠まれた背景はつぎのようです。

西暦755年、常陸(ひたち、茨城県あたり)に住んでいた物部道足(もののべのみちたり、生没年未詳)が、防人(さきもり)として筑紫(九州北部)に派遣されたときに、故郷に残してきた妻を恋しく思い歌に詠んだものです。

このように、逢えなくなった恋しい人の面影を想い浮かべて、切ない思いと惜別の情を「五七五七七」の調べに乗せて、遠い空のかなたを見上げては詠んでいたのでしょう。当時は、それが男性の嗜(たしな)みでした。

この万葉の歌は、今でいうとメールといっていいものでしょう。

私の感覚では、新海誠監督作品の「ほしのこえ」のノボルとミカコ、といえば、ぴったりとフィットします。

一つのメールのやりとりが、数か月、数年という気の遠くなるようなスパンで心情を伝え合う二人。

相手を思いやる変わらぬ気持ちを、言葉を探しながら、慎重に選び選びして、祈るようにして文字におこしている二人。

待ち焦がれ、待ちくたびれ、それでも一途に待ち続け、永遠とも思える時間を、8光年(約76兆㎞)の途方もない距離を隔てた宇宙空間で、一文字も途切れることなく必ず届けられるようにと願って、わかたれた場所で淋しさに耐えながら過ごしているノボルとミカコの二人。

「ほしのこえ」は、いにしえの歌(和歌)のありようを、未来の男女の淡い恋心に乗せて、「声を待ち続ける切なさ、儚さ、心細さ」を最大限に強調して、映像化した名作だと思います。

このように、日本人の感性から見ると「歌」というものは、時間や距離を超越して伝わる、或いは、伝えたいとする「思いの結実」であることがわかります。

マクロスのシリーズの中でも、特にこの作品は「歌のはたらき」に焦点を当てていて、人類と異星人の闘争関係すら終結させる強力なエナジーを持つものとして位置づけられています。

また、作中では、「人類の遺伝子を操作し」、「異星人の祖先」でもある「太古の宇宙人」が登場し、歌を構成する「歌詞」と「メロディー」を記録したツールを、別々に作製していたという設定になっており、そのふたつを重ね合わせることによって、最も強力なパワーを発揮することができるようになっています。

地球人には歌を歌い楽しむという文化があるのですが、異星人には闘争に次ぐ闘争の連続のために、文化は廃れ、「歌」そのものも失われています。否、闘争の勝利のためには「歌」はむしろ邪魔であり、不要なのです。

異星人は、地球人の言葉を理解することはできませんが、リン・ミンメイが歌う、音曲から伝わるエナジーと、言霊から伝わるエナジーのハーモニーによって、闘争心がそがれていきます。そして、歌に込められた愛念の響きのシャワーによって、激しく動揺し戦士としての機能を失っていくのです。

日本でも、かつて、縄文、弥生時代より連綿と継承されてきた音曲は、手拍子や音声、打楽器、土鈴などが主でしたが、やがて大陸やシルクロードを経て輸入された各種の青銅器や弦楽器、管楽器などによって、厳かな神楽に使われるようになり、更にはたおやかで雅な宮中音楽へと移り変わっていきます。「歌」をはじめとする音曲は、こうした長い歴史に裏打ちされて私たち日本人の魂と結びついています。

ところが、先の世界大戦では、西洋音楽は敵性文化として、抑圧され大きく制限されたという歴史を持っています。

また、大方の国々では、従軍歌謡慰問団というものがあり、彼らは戦地に赴き、また巡回して、兵隊や傷痍軍人らに、歌や音曲を聴かせることで、慰め、励まし、希望を持たせ、戦意を高揚させるという目的を担っていました。(不本意ながら、という人もいたようです。)


マクロスでは、おおもとの宇宙人が準備してきた「歌」の意図が、「歌」を愛する人類によって、数万年の時をのりこえてリレーされ、再現され再演されます。

これによって、戦いに明け暮れる異星人に、文化の意義を再認識させ、異星人自らに、文化を守る側に立って、戦争をやめることを決断させるというストーリーになっています。

これが「新しいエッセンス」であると思います。
このシナリオは、当時も多くの視聴者の支持を得ていたようですが、今、観ても同じ感覚を持ちます。
「歌」にこめられた歌詞の意味、メロディーもとてもよいと思いますが、もっと言えば、コンセプトそのものへの評価ではなかったかと感じます。

その意味においては、「歌」が好戦的な側面に使われたという人類の戦争遂行のツールとしての有用性を強調してきた歴史観を継承するのではなく、むしろ、戦争への批判、破壊よりも文化による創造性に力点を置いた作品として評価するべきであって、平和国家だからこそ作れた作品として、平和を目指す日本アニメ界の一つのターニングポイントとして位置づけることに意義があるとみてよいと思います。


この作品の中核は、宇宙を舞台にして、相違(あいたが)わぬ存在だった異星人と地球人が、「歌」の持っている力の可能性として、「癒しと諭し、鎮静と安寧、歓喜と鎮魂、融和と友愛、相互理解と連帯」など、多様な価値観を導きだすツールとして、お互いに認め、取り入れ、やがて文化として位置づけていくという予感がエピローグに示されています。

「歌」の持つ未来志向性、平和賛歌へのパワーを、ストーリーのど真ん中に取り入れて、強く強くアピールして終幕します。

「歌」にこめられた「愛、おぼえていますか?」
このテーマこそマクロスの真骨頂。

なかなかどうして、現代でも十分通用する作品であると再認識しました。

三角関係もなんのその・・ん? ん??


最後に、1984年(約34年前)の作品なので、全体としてはさすがに古さは否めませんが、さまざまな要素を織り込み、ストーリー的にも無理は感じられません。
作画も、評価通りの細やかな計算とこだわり、そしていくらかの遊び心もちびっと盛り込まれていて、面白みのある内容でした。
まぁ、時代性もあって、視聴者層は、大方男性なのでしょうが、女性からのレビューも期待したいですね。

長文を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この作品が、みなに愛されますように。

投稿 : 2018/01/14
閲覧 : 156
サンキュー:

15

えたんだーる

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

初代マクロスの劇場版だが、総集編ではなくリメイク作品(11/3:「我々にも、文化〈カールチューン〉が甦るのか…。」)

基本設定はオリジナルTVアニメ『超時空要塞マクロス』に準拠の劇場版作品。

キャストも同じで、主人公は可変戦闘機VF-1Aのパイロット一条輝(いちじょう ひかる)。今やマクロスシリーズの代名詞となったWヒロインは早瀬未沙(はやせ みさ)とリン ミンメイ。

本作の概要とSF作品としての評価はTVアニメ『超時空要塞マクロス』のレビューを参照してください。

劇場版とするにあたって輝は物語冒頭から軍人であったり、ミンメイも物語冒頭で既にアイドルとしてデビューしていたりといった改編で尺を短く整理しています。

また敵対勢力もTVシリーズでは男女別行動とはいえ全体で「ゼントラーディ軍」であったものが、本作では男は「ゼントラーディ軍」、女は「メルトランディ軍」として行動しておりゼントラーディとメルトランディも敵対しているという改変がされています。

本作ではTVシリーズでのエピソード「愛は流れる」(第39話)に相当する部分で物語は終わり、昼のメロドラマ的なグダグダ部分はスッパリとなくなっているため、「初代マクロスってどんな話?」という部分を効率よく解決したい方には、本作を観る方が時間的にも作画クオリティ的にもお勧めです。

…ただ、本作はTVシリーズなくしては生まれなかったはずの作品であり、私自身はTVシリーズ終盤のグダグダなパートにも愛着があります(笑)。

2017.11.3:「文化の日」なので、ブリタイの台詞を思い出してレビュータイトルで遊んでしまいました。すみません(笑)。

投稿 : 2017/11/03
閲覧 : 238
サンキュー:

43

でこぽん

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

「歌で戦争を終わらせることができる」この主張が素晴らしいです

このアニメは劇場版として映画放映されました。

私は個人的に、ガンダムよりもマクロスが好きです。
なんてったってマクロスシリーズでは「歌で戦争を終わらせることができる」この主張が一貫しています。
それが素晴らしいです。
「そんなことできるわけがない」と笑いとばす人もいるでしょうし、馬鹿にする人もいるでしょう。
でも、歌で戦争を終わらせることができたら、素晴らしいと思いませんか?

この劇場版はリン・ミンメイの歌が何曲もBGMとして流れてきます。
心が弾む歌や悲しい歌、美しい歌が、物語のシーンとすごくマッチしています。

マクロスを全く見たことがない人は、是非これを最初に見るとよいですよ(^_^)

ちなみに、この劇場版では一人の登場人物であるはずのリン・ミンメイが、本来主役であるはずの一条輝を押しのけて、物語の中心として登場しています。
それがまたすごいですよ。

投稿 : 2017/10/21
閲覧 : 238
サンキュー:

24

ヘラチオ

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

これぞマクロス

音楽がさすがでした。特に最後に流れる天使の絵の具が好きです。
しっかり三角関係もあり、これぞマクロスという感じでした。面白かったです。

投稿 : 2017/09/14
閲覧 : 119
サンキュー:

6

退会済のユーザー

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 5.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

これは色々な意味で歴史に残るアニメ映画

この時代はナウシカやらビューティフルドリーマーやら銀河鉄道の夜やらAKIRAやらラピュタやらドラえもん映画やら幻魔大戦やら王立宇宙軍やらと色々とアニメ映画が凄かったな
見る価値は充分あると思う。作画も30年以上前とは考えがたい

投稿 : 2017/05/06
閲覧 : 126

くまきっちん

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

原点

初期マクロスを見ていないため(近々見る予定)ですが本作は恐らくまとめ?のような作品のようです

見た順序として「7→本作→F→⊿」で現在まで見終わりました

元々マクロスは少しは知識がありましたがゲームのスパロボ、あと「突撃ラブハート」を聞いて見たくなりました

Fが終わっていたにも関わらず7から見始めた結果、Fは断念しておりました

そして本作をストライクの世代の方にすすめられ見たところ今も評価されている理由がわかります

タイトルの「愛 おぼえていますか」すごいぐっと来ます

絵柄が古いのは当然。すでに30年以上前の作品です

しかし戦闘シーンはまだ3D技術が無いにも関わらず迫力がありこの描写に憧れる理由がとてもわかります

もっと主人公ヒロインラブラブアニメかと思っていましたが・・・ここは見てのお楽しみです

マクロスをまだ見ていない方、本作は上記の通り若干古臭い感じはありますがおすすめです


------加筆-------
超時空要塞マクロス(全36話)を見て感想を付け足すと登場人物たちはほぼ一緒ですが内容がだいぶ違います

どちらを見たほうが良いかときかれるとこちらをオススメします

36話見て思ったのは本作がとても綺麗にまとまっている作品であるとしみじみ思いました

是非オススメです

投稿 : 2017/03/30
閲覧 : 88
サンキュー:

7

ランカ・リーチ

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:----

面白い!

面白い!

投稿 : 2017/03/28
閲覧 : 88
サンキュー:

1

ネタバレ

tora

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 2.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

テレビ版の編集ではない。

テレビ版とは設定がかなり違いますし、マクロス自体の活躍もほとんどありません。

焦点になっているのは、三角関係。
それでも尺の短さから簡素な恋愛という感じは否めませんが。


今見ればデザインは古いですが、作画が素晴らしいですね。テレビ版とは比べ物になりません。

投稿 : 2017/03/09
閲覧 : 100
サンキュー:

1

k-papa

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

おぼえていますよ、TVアニメ版では考えられない動画の品質。

TVアニメの編集編ではなく、完全に作り直し。
しかも一部内容を変えている正に劇場版。

TV版では考えない作画レベル。
アナログ放送からハイビジョン放送に変わったぐらいの感動です。
メインの歌「愛・おぼえていますか」もとても良い。

夫婦で見て、なんだこりゃと言うぐらいの素晴らしい作品。
日本のアニメーションもすごいですね。

投稿 : 2017/03/05
閲覧 : 168
サンキュー:

6

ネタバレ

血風連あにこれ支部

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

愛は剣よりも強し、という事なのか

歌とロボットと三角関係なコンセプトを持つマクロスの初代作品(正確には劇場版リメイクらしいが)。
事前にネタバレである程度知ってはいましたが、荒廃した地球を見るのは辛かった…。
砂漠だらけで汚染されていて、草木もろくに生えていない。当然のように生存者は皆無。
後のマクロスシリーズでも地球が一切出てこないのはこういう背景があるからこそですか。

メカ作画も板野サーカスと呼ばれるミサイル作画も良かったですが、話のインパクトが凄まじかったですね。
荒廃した地球をさ迷って、ボロボロになった食器をテーブルに並べて「お帰りなさい」と言うシーンは、かなり胸に来るものがありました。
キャラデザはやや古臭い感じがするものの、シリーズ化して人気が出るのもわかりますね。
恋愛的な面では、ヒロインAとイチャイチャした後でそう間を置かずにヒロインBとくっつくので多少の唐突感は感じざるを得なかったです…。
この主人公は別に嫌いでもありませんが、劇場版という短い尺で三角関係を描くのはいささかきついものがあったかもしれません。

さて、話の内容ですが。男と女が争っている…分かりやすい程に愛を失った種族が、歌によって文化に目覚めさせられるという話だった。
このゼントラーディ、元々人間と同じ遺伝子構造を持っている、という裏設定らしいですが。
人類が元々持っている闘争本能を透かして見せられている気がして、何とも微妙な気分になりましたね。
歌が世界を救うなんて言うと大げさに聞こえますが、確かに悲惨な戦場にいてドンパチやるよりは、アイドルにハマってCDをバカ買いでもしてた方が幾分かマシなのかもしれません。言い方はキザですが、愛は剣よりも強しという事ですか。
一言付け加えれば、ゼントラーディが人間の「ズル賢さ」という性質を持っていなかった事が救いかなと思いました。

投稿 : 2017/01/03
閲覧 : 109
サンキュー:

11

ネタバレ

蒼い星

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

昭和の怪作。

1984年に公開。河森正治監督が24歳の時の作品。お若いですね!
異星人の巨人の軍隊を相手に戦う人類の歴史の物語をラブロマンスで味付けされたお話です。
私が、この映画を見てびっくりしたこと … それは、マクロスが活躍していない!
主砲であるバスター・キャノンを一発も撃ってないし、ダイダロスアタックもない。

更にびっくりしたこと {netabare}… マクロス以外の地球が!全人類が、異星人との戦争で焼きつくされて全滅している!
それこそ、北斗の拳の世紀末の荒野が天国に見えるほど凄惨過ぎです。{/netabare}
ちょっと私にはショッキング過ぎる映像でした。

物語の中心は、一条輝、早瀬未沙、リン・ミンメイの三角関係。
そして、マクロスシリーズに一貫している『歌は戦争を終わらせる』ですね。

声優に関して思うこと … 一条輝とミンメイの演技が棒読みっぽいです。特に輝がね。

作画に関して思うこと … 板野一郎作監のメカとアクションに関しては30年経った今でも最高峰ですね。
美樹本晴彦によるキャラデザは当時の最新鋭ですが、現代人には合わなさそうです。

キャラに関して思うこと … 主人公もヒロインも、皆が等身大の人間として扱われています。河森作品らしいですね。
特にミンメイが、偶像じゃない感情的な女性として描かれてますね。
エンドロールでは、リン・ミンメイがキャスト順の最初でした。これは、ミンメイが主役の失恋物語ですね。

とにかく、後のマクロスシリーズが好きって方はマクロスの歴史のおさらいとして始祖であるこの作品を観ましょう。
ミンメイが「愛・おぼえていますか」を歌いながら、板野サーカス全開の最終決戦8分間は伝説になっています。
全部手作業で制作現場は地獄だったろうなと、アニメーターの方々に敬意を表したいです。

TV版は全36話とちょっと長いので、新規に観る人には劇場版がオススメです。

とにかく、いろいろと衝撃的な作品でした。

投稿 : 2016/12/04
閲覧 : 359
サンキュー:

52

オヤジですがなにか

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

リアルでも作品内設定でも劇場版。

TV版と異なる設定の劇場版。
ただのリメイクとは言えないクオリティの高さ。
以降のマクロスシリーズでは、この作品は映画(劇中劇)として扱われています。
古い作品ですが、マクロスへの入門としては最高の作品なので、とりあえず観ろ!

投稿 : 2016/11/14
閲覧 : 138
サンキュー:

6

スカルダ

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

いいとこ取りのアナザーストーリー

超時空要塞マクロスの劇場版。テレビシリーズの36話をぐぐっとまとめて、いいとこ取りで2時間に収めたアナザーストーリー。お馴染みのミンメイの歌に新曲を2曲加えて音楽も豪華だ。

OP見てド肝を抜かれた・・・何が起こっったんだ・・・というくらい作画が綺麗に進化してるので、32年前の作品ながら全く違和感を感じなかった。

相変わらずダブル・ヒロインにはヒヤヒヤ・ドキドキ。恋愛部分の結末はテレビシリーズ見てない人には「?」となってしまう部分も多いかも知れない。

是非テレビシリーズも。

投稿 : 2016/09/29
閲覧 : 113
サンキュー:

6

ZZZxq38369

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

お気に入り

お気に入りに入れたいのに、25作品までなんてナンセンス。

投稿 : 2016/08/25
閲覧 : 114
サンキュー:

0

ガムンダ

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ヲタク文化のプロトカルチャー

ガンダムシリーズと双璧を成して現代まで使いまわされるロボット物シリーズ「マクロス」の原点でございます。
当方詳しくないのですが、TVシリーズの再編集的映画でしょうか。
雰囲気は「ガンダム」よりも「宇宙戦艦ヤマト」に近いかもしれません。
ストーリーは何やら凝った設定があるのですが、予備知識を勉強しないと作中だけでは良くわかりませんでした。
物語評価は+-で3です。 
80年代です。まるで韓流です。観てると恥ずかしくて悶絶します。
オーケストラによるオリジナルテーマなどが壮大で良いです。
感想タイトルについて語ろうと思いましたが面倒くさくなったのでやめます。
観ていただければ何となく言いたい事が伝わるかと・・・。

投稿 : 2016/07/29
閲覧 : 131
サンキュー:

5

ネタバレ

Kouneria

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

名作ですね!

マクロスシリーズが始まる最初の作品!
これを見なきゃマクロスファンとは言えないよね~!
歌で戦争を終わらせるのは斬新でした。

投稿 : 2016/07/27
閲覧 : 121
サンキュー:

2

ペガサス

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

それは、ただのラブソングだった

ヤマトやガンダムの洗礼を受けた若い世代のアニメーターたちが集結して制作された、
巨大ロボットとアイドル誕生物語を結びつけ、ロマンティックかつ雄大なスケールで描かれたSFアニメの傑作。

異星人との宇宙戦争ものという陳腐な設定にも関わらず、
都市型宇宙船であるマクロス内部での生活のディテール描写や精緻に設計されたメカバトルは、
実写フィルムに迫るほどの密度で、それ自体が異様なまでの説得力を持ち得ていた。

異星人が遺伝子工学を発達させることで失ったものとは、男女の愛であった。
「ただのラブソング」という台詞に象徴される、時を超えて受け継がれる人の想いというものを、
SF的な文明論と重ね合わせて成立させたところに、この作品のポップな新しさと普遍性が同居していると言えるだろう。

投稿 : 2016/07/19
閲覧 : 137
サンキュー:

2

ネタバレ

noindex

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.0 作画 : 5.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ロボットバトルの合間に昼ドラ的三角関係恋愛

dアニメストアで期間限定公開していたので観た。TV版はずーっと前に視聴。
(シャワーシーンでミンメイの乳首が見えてた。いつもはdアニメストア運営に気付かれて削除されると嫌だから黙ってるんだけどw)
TV版の総集編なのかなと思ったけど自分の記憶と比較してもだいぶ違った。
TV版はゼントラーディと休戦した後のデカルチャー話や三角関係話がやたら長くてグダグダだった記憶があるが、映画はそれは無いのは良い。
{netabare}TV版だと早瀬大尉が光に強引に迫る嫌な女に感じたが、こっちだと早瀬大尉は全く媚びてなくて、二人が歩み寄る形になっているのが良かった。ミンメイはTV版よりバッサリ切った感じがしたけど。
荒廃した地球を二人で彷徨うもの悲しさや、打ち解けておままごとをするシーンの温かさは、TV版よりも二人が結ばれる説得力を生み出していたと思う。

昼のメロドラマみたいな修羅場の「違うんだよ、それは君の誤解」「違うだなんて!誤解だなんてあんまりだわ!」「早く追いかければいいじゃない」はワロタ。

歌い終わったミンメイと早瀬大尉が向かい合うラストシーンはなんかピンと来なかったので、TV版のミンメイが走り出すラストシーンの方が良かったと思う。{/netabare}

バトルでは出血シーンを努めて見せるようにしているようで結構グロい。この辺はやはり反戦のマクロスなんだろう。

それにしてもマクロスってほんとむちゃくちゃな設計だよな…なんで内部の住人に犠牲者出してわざわざ人型に変形して攻撃しなきゃならないんだろう。

作画は凄いんだけど、各シーンがバラバラでまとまりがない印象もあった。
エンドロールで原画の一番上に庵野秀明がいたけど、作画監督ではなかったんだね。他人の原画のチェックなんかしたくないって思ってたのかもしれんが。
仕上げの「京都アニメ」は京アニの前身なのか。

投稿 : 2016/03/21
閲覧 : 242
サンキュー:

9

Hiraku8

★★★★★ 4.3
物語 : 3.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

テレビシリーズでの良い所は残し、悪いところは切り取った上で
大幅なクオリティアップを果たした
作画と音楽は文句のつけようがない
ストーリーも冗長だったTVとは違いシンプルにまとまっている

マクロスの歌と戦闘に関しては、両方ともこれを上回るものは今後無いだろう

投稿 : 2016/03/12
閲覧 : 108
サンキュー:

3

次の30件を表示

超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますかのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますかのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますかのストーリー・あらすじ

50万周期にわたり大宇宙で抗争を続ける巨人族の二大勢力、男のゼントラーディ軍と女のメルトランディ軍。西暦2009年、その戦火は地球にも及び、ゼントラーディ軍の奇襲をうけた地球統合軍の巨大宇宙戦艦SDF-1マクロスは、脱出時の動力不調から太陽系外周部へ飛び出すこととなる。追撃をうけながら地球への自力帰還をめざす航海の5か月目、土星の衛星タイタン宙域から物語は始まる。地球を離れる際避難した5万8千人の民間人は、広大な艦内に市街地を建設し生活を営んでいた。バルキリー隊パイロット一条輝はアイドル歌手リン・ミンメイや、上官早瀬未沙と近しい関係になっていく。そんなありふれた日常風景が、接触した巨人族たちの規律に思わぬ混乱を招くことになる。(アニメ映画『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
アニメ映画
放送時期
1984年7月21日
制作会社
タツノコプロ
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%85%E6%99%82%E7%A9%BA%E8%A6%81%E5%A1%9E%E3%83%9E%...
公式サイト
www.macross.co.jp/
主題歌
《ED》飯島真理『愛おぼえていますか』

声優・キャラクター

飯島真理、長谷有洋、土井美加、羽佐間道夫、小原乃梨子、神谷明

スタッフ

原作:スタジオぬえ
監督:石黒昇/河森正治、企画:ビックウエスト、ストーリー構成・脚色:河森正治、脚本:富田祐弘、キャラクターデザイン:美樹本晴彦、プロダクションデザイン:宮武一貴、作画監督:美樹本晴彦/板野一郎/平野俊弘、音楽:羽田健太郎

このアニメの類似作品

この頃(1984年7月21日)の他の作品

ページの先頭へ