「On Your Mark(アニメ映画)」

総合得点
69.3
感想・評価
184
棚に入れた
940
ランキング
1480
★★★★☆ 3.7 (184)
物語
3.8
作画
4.1
声優
3.0
音楽
4.0
キャラ
3.7

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

On Your Markの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

waon.n さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

絵の力 × 表現力 = アニメのすごさ【追記あり】

【First impression】
 すっげーの見ちゃった!!
 なんかジブリ見たいなーって調べていたら見つけちゃいました。たったの6分30秒そこらですが情報が多いのなんのって。こんなにワンカットづつで表現することができるなんて絵の構造をしっかりと組み立ててあるからこそできることだと思いますし、それを可能にしているのはセンスと経験(情熱)なんですかねー?

 説明もなにもなく、キャラのセリフもないので、完全に想像と妄想を駆使してレビューをおこなってみたいと思います。勘違いやお思い込みも十分あるので、そんな見方をしたのねコイツって感じでよろしくです。

 【Story synopsis】
 核爆弾だか核施設だかによる汚染があり荒廃した地球上で人の住む地域は大きなプラットフォームの中という限られた空間になってしまった。
 そんななか、聖なる新星を求める宗教が武装し政府と対立するようになっていた。その本拠地を制圧するために警察が派遣された。警察は建物内を調べていくと、一人の天使(翼を持つ種族)が幽閉されているのを発見するのだが……。

 【Staff】
 制作はスタジオジブリ。監督は宮崎駿さん。プロデューサーに鈴木敏夫さん。作画監督に安藤雅司さん。音響監督は浅梨なおこさん。
 安藤雅司さんはこの後に制作した『もののけ姫』でも作画監督しており『千と千尋の神隠し』ジブリ以外では『パプリカ』でも作画監督を行っていたみたいです。来年公開予定の『鹿の王(原作:上橋菜穂子さん)』が初監督作品になるようです。原作はここ何年かずっと売れ続けていて本屋でよく見かけていて気になっていた作品だけに早く観たいものです。上映時期がエヴァと重なりそうで、忙しくなりそう。まぁエヴァは延期する可能性もあるし……。
 浅梨なおこさんはジブリ作品もそうですが、『パトレイバー2 the movie』や『ガメラ3 邪神覚醒』など個人的に好きな作品に参加しているようです。今回の作品のようにセリフがない、そしてバックにはずっとチャゲアスの歌が流れている効果音の使う位置や音量など繊細な作業だったかと思います。この作品の中で“スゴい!”ってなったのが、トンネルを抜ける時の空気圧の変化とか戦闘機のジェット音がブーストする瞬間から安定する間の使い方とか、なんかよく分からん機械のレーザー音などなど。歌に合わせて音を出す場所と出さない場所を選んでいるというのもあるとおもうので、全てに音がついているわけでも無いんですが、いや本当にどの場面でも良い演出になっているんですよ。

 【Review】
 物語は一見のヨーロッパあたりで見られそうな田舎ののどかな風景から始まります。木々などの自然を写しながらカメラは横スクロールしていき次第にその世界観が顔を出してきます。まず不思議な形の巨大な建物があり、その麓には寂れてしまった街並みが顔を出しております。そこには人影はなく、廃村であることがわかります。そこから一気に未来的な建物の中に場面に切り替わり、トンネルのなかへ警察の飛行物体が突入していきます。そして映し出されたのは目的地のビルディング。そこへ思いっきり突撃する飛行物体。
 ビルには「GOD IS WATCHING YOU」と「聖NOVA'S」と書かれたネオンサインが目立つように描かれている。その中には目をモチーフにした頭巾をかぶっている団体の武装している様子が映り、突入した警察と銃撃戦を繰り広げていく。
 乗り物にはどれも放射線マークが入っています。これは多分放射線使用する場所で使われているという記号で、乗り物は外で扱われるもので、つまり、外は放射線により汚染されているということがうかがえます。
 それに対して宗教団体は「聖NOVA'S」直訳で聖なる新星? をうたって政府と対立していることを表現しているようです。
 これにより冒頭のスクロールで外の状況を見せているのがしっかりと意味をもつようになるわけですね。
 物語は途中巻き戻っているように見えます。これは“On your mark”陸上などで位置についてという意味ここからよーいドン!でスタートなわけですねつまりスタート前にやり直すことを意味しています。
 じゃあスタート前ってなんなの? ってなった時に私は外の世界に出ることができる世界へのスタートラインを意味していると感じました。
 これは一度失敗して、やり直した結果、外の世界へと飛び出し、天使を空へと送り出すことに成功する。というストーリーからも読み解いたものです。しかし、彼らの行く先にはいくつもの警告する看板がありますが、彼らは笑い飛ばすように車を飛ばします。
 その姿が爽快で未来に希望を抱かせてくれます。大丈夫まだやり直せる
、とそう言ってくれているようです。
 福島原発事故が起こるずっと前の作品で原発の存在を危惧したものなのでしょうか。あと20数年もすれば核爆弾というものが世界に登場して100年ですが、登場により世界を変えたように次の100年で進化を遂げるか廃絶への道を進むかなんてことまで考えさせられてしまいます。
 このたった6分40秒ほどでこれほど雄弁に語れるものか、その絵の力と表現力をもったアニメーションだったからこそ、すげーの見ちゃった!って感想に落ち着くわけです(意味不明)。

 この作品は『ジブリがいっぱいSPECIAL ショートショート 1992-2016』で観ることができます。また、2019年にBlu-rayでも発売されているので、機会があればぜひ一度ご視聴をおススメします。

【追記】
 オタキングと自称し、実際にガイナックスの初代代表取締役社長でもあった岡田斗司夫さんの解説みまして、驚愕しました。
 私の感じ取ったり読み取れた部分なんてまだまだ表層。完全に宮崎駿にやられました。でもね、こんな6分40秒くらいの作品にあれだけ詰め込まれたらんなの分からんです。逆に6分くらい集中して観てみろ! と言われているようにも感じるわけですが……。もし、この作品に触れることができたらぜひ岡田斗司夫さんの解説を見ることをおすすめします。
 宮崎駿恐るべしって感じです。
 
 どうでもいいけど、これカラオケの映像にしたら良いのでは? ジブリ的にダメかなw

投稿 : 2020/12/14
閲覧 : 73
サンキュー:

4

ネタバレ

もぐもぐ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 5.0 声優 : 1.0 音楽 : 5.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

On your mark

もはや曲が素晴らしいのは説明するまでもないんですが、そこに監督がPVと銘打って自分勝手に好きなものを全力で作ったみたいに見えました。最初は全く合ってないように感じましたが、チャゲアスの歌い上げる『夢』を形にしていると言えるのかもしれません。要は可愛いものを描きたい、守りたい、育みたいってことでしょう。そういう熱量が目まぐるしいストーリー展開と相まってダイレクトに伝わってきました。
放射能ってのはよく分からないけど、欲望の象徴なのかな?たとえいかに作り手が欲にまみれていたとしても(ロリを描きたいんや!)、いかに内容が嘘っぱちだったとしても、描く人物に生命が宿るならばこれ以上の何が必要だというのか。静止画の連続が生命を紡ぎ出すという不思議。これに心を動かされないではいられないのです。素直に「天使ちゃんマジ天使」「アニメっていいな」といえる作品であり、自分の中にあるアニメを好きな気持ちの原点でもあります。

投稿 : 2020/10/16
閲覧 : 71
サンキュー:

1

ネタバレ

EdCcC70066 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

数年に1回たまに観たくなる

おクスリで問題起こしたASUKAですが曲はとても良いです

テーマとしては諦めないで何度もチャレンジする心といった感じでしょうか?

アニメはリピート部分があったり一見難解な部分があるのですがwikipediaを見ると合点がいきます
wikipedia情報によると当時もののけ姫制作に着手していたが制作が難航してした宮崎駿のよい気分転換になると鈴木敏夫プロデューサーが持ち込まれた企画を宮崎駿に薦めたとの事
その辺の事情を考えるとナウシカ原作や未来少年コナンにでてきそうなカルト教団、当時のアニメお決まりの世紀末感、戦闘シーンだけ妙にヌルヌル動くマニアックな銃撃戦、そしてメカ、空飛ぶ囚われの少女、でも編集がリピートだらけでとても雑
宮崎駿の趣味全開の息抜きで作られたのがよく分かります

曲のイメージもCHAGE&ASKAを無視して昔の宮崎駿ワールドで強烈に上書きした感がありますが、空を飛ぶシーンとASUKAの歌い上げがマッチして開放感があり雑な部分が色々どうでもよくなります
流石巨匠

投稿 : 2020/07/22
閲覧 : 76
サンキュー:

2

アニオタクズ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

悪意に満ちた宮崎駿最高傑作

絵コンテ集(耳をすませばとセット)見ないとまず理解不能。

さらにはコマ送りしないと気づかないようなトラップまみれ。

永劫回帰なんて映像だけみてわかるかい?

天使のなり損ないが出てくるのは押井守のあの作品へのあてつけ。

粗探しと祖語と重箱の隅をつつくことが(良い意味で)正しい楽しみ方。

それまで封印していた「人間なんて暗黒面があって当然」という表現を多様に盛り込んでいる。

作品製作当時は「放射線マーク」なんて一部の人間しか知らなかった。
のでチャゲアスはもちろん音楽会社のプロデューサーも見事に欺いた悪意の塊。

この作品で宮崎は贖罪をしている。原作ナウシカが完結した直後でもあるがこの作品がナウシカの前日談の意味も含まれているらしい。

以後の作品でヒロインが悲惨な目にあう頻度が減った。

投稿 : 2020/06/12
閲覧 : 142
サンキュー:

4

ザカマン さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

映画ではないよ

宮崎駿のおまけみたいなもん

投稿 : 2019/03/16
閲覧 : 162
サンキュー:

1

三毛猫メリー さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 5.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

コンサート用アニメ

過去に視聴済み。

これをコンサートで見た時の衝撃はすごかった。
あの頃がC&Aの全盛期かも。

投稿 : 2019/02/10
閲覧 : 142
サンキュー:

3

ヘラチオ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 1.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 5.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

チャゲアスを楽しむ

翼の生えた少女を警官2人が助けるストーリー

チャゲアスの曲がとても素敵。PVみたいなもんです。

投稿 : 2018/02/24
閲覧 : 171
サンキュー:

2

藤乃 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8
物語 : 1.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

On Your Mark

7分程のショートアニメ。評価が高いので観てみました。
セリフはありませんが、世界観はなんとなく理解できます。
ただ、同じシーンを繰り返す構成に混乱しました。
結局、何を伝えたいのか分からなくて、観終わってポカーンとしてしまいました。
音楽はいいんですけどねぇ…2回見ても分からずじまいで、なぜこんなに評価が高いのか不思議です。

投稿 : 2018/02/18
閲覧 : 137
サンキュー:

1

ブラックテクノロジー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

宮崎駿が手掛けたPV

7分程のショートアニメーションながら
十人十色の感じ方のできる作品

色々考えるようにわざと構築しているらしく
あのシーンはこうなんじゃないか?という考察が楽しい

セリフは無いものの引き込まれるような世界観で
ディテールも緻密に構築されていて心地よい

ワクワクするようなアニメーションもジブリらしくて◎

【まとめ】
何度も繰り返し観たい素晴らしい作品
やっぱり宮崎駿はすごい

投稿 : 2017/03/21
閲覧 : 141
サンキュー:

4

スカルダ さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.8
物語 : 1.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

放射脳は怖い

無期限活動休止中のチャゲ&アスカのMV。

政治的な意図をふんだんに含んだ作品で、好きではないなぁ。

警察が銃をぶっ放して、皆殺し。
羽の生えた少女を救う。
ひとりを救う為にどんだけ殺してるんだよ・・・

自分の正義の為なら人殺しも辞さない放射脳の方がずっと怖いわ〜

投稿 : 2016/11/06
閲覧 : 167
サンキュー:

3

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

昔ジブリは夢が詰まってましたね。 On Your Mark

耳をすませばの近藤監督が故人であることが残念でなりません。
もっと多くの作品を残して頂きたかった

さて、今作は耳をすませばと同時上映された短編作品です。
劇場でこの作品をみた自分は大変興奮しました
この作品をぜひ、長編で観たいと願った方は多いことでしょう

短編とは思えない壮大な世界観でした。
作画演出もお見事としか言いようがないですね。。
6分程度で緊張、興奮、感動を与えてくれる作品は他にあるのでしょうか。


・あらすじ
放射能に世界が汚染されて地下生活を余儀なくされた未来
カルト教団へ強制捜査に踏み込む武装警官隊
幽閉されていた天使の少女
開放されず、汚染物として施設に収容されてしまいます。
若い二人の警官が勇敢にも職務を放棄して少女を救い出す
長きにわたる幽閉で飛べなくなった天使
少女を乗せた車は不幸にも奈落の底へ。。

ここで不思議な展開
再び少女を救出したシーンに戻り
今度は乗っていた車からスポーツ車に乗り換え
地上に逃げ出すことに成功する
。。人の暮らせない地上へ

この先は割愛します。

劇場では爽快で胸がすくラストに思っていました
深く考える暇もありませんし

じぶんには大きな疑問が3点あります。

①不思議な展開は時間遡行?彼らの夢?
②汚染された地上に出た2人にはどんな未来があるのか?
③天使の少女の能力は時間操作?夢をみせる力?

答えはわかりません。。
わずか、数分のショートムービーで見たこともない壮大な
物語を見せつけた宮崎監督の才能に感服するだけです。


ジブリの作品で何がすき?
よくする話題ですが、On Your Markの名前が出ると
仲間に出会えたと嬉しくなります。
MVとして製作されたとあって、歌詞と物語がリンクしているのかと
思えば通じるものがまるでない(笑)
悪戯好きな方ですね。。でも文句は出なかったでしょう。

息をつく暇もないという表現がありますが
この作品がまさにそうですね
そして何度見ても飽きない。
ショート集のDVDが発売されてこの作品が収録された事が
大変ありがたいです。


いつの日か、じぶんの疑問の答えを長編On Your Markで
教えていただきたいです。。
1995年公開作品。どんな慧眼で未来を見ている方なんでしょうね

投稿 : 2016/05/16
閲覧 : 214

2010sw さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 3.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

クルマからランチするとこがツボだw

ランチってLaunch、発射するって意味。

ハンドランチグライダーって手投げのグライダーを
もうずいぶん昔に作ったんだ。
バルサという軽い木を削り
ドープという塗料を塗って磨き上げる。
いろいろ作って条件がいいと一分以上飛ぶ。

ある風の強い日。
とても出来の良かったそのグライダーは
3分以上も空に。
記録だ!とよろこんでいたら
どんどん高くあがって・・・
視界没。

青空に吸い込まれていったその姿を
想いだした。

彼女の設計図も写真も残ってない。
ただ記憶だけ。

投稿 : 2016/05/05
閲覧 : 139
サンキュー:

0

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

短いながら内容が充実した一本かなって

一度観た時("゚д゚)ポカーン
二度観た時("゚д゚)ポカーン

何を伝えたいのかが全くわからんちんで困ったちゃん。
読解力の無さが露呈しましたね、はい。
世界観は何となく伝わったんですけど、同じ場面を繰り返し映す意図がよく分からないの。
一つは落ちて、一つはバックトゥザフューチャーみたいに車が飛んで成功みたいな。
これは並行世界的なモノ?タイムリープ的なノリ?
映像を何度も繰り返し観たんだけれど、本当に何が言いたいのか分からない。

そこで、今度は歌詞に注目してみたんだけれど、こちらもこちらでこれまた難しい。
言い回しが大変独特。
流行の風邪ってなんですのん。
でも、何を考え、伝えたいのかを理解してみたいと思わされました。
こんなに歌詞についてじっくり考えた事無かったです。

歌詞を読みながら、映像を鑑賞し、自分の中でなんとなーくこんなかなってていうイメージは湧きました。
{netabare}
僕の中で、少年少女よ大志を抱け的な事かなって勝手に思いました。
天使ちゃんが「夢」の象徴なのかなーと。
とはいえ、やっぱり繰り返しの意図が分からないのですけれども。
あれですかね、一度や二度の挫折に負けるな的な事なんでしょうか。
{/netabare}

理解力が乏しいのが悔しいですね。
でも、色々妄想する事が大変楽しかった。
短いですが、内容はギッシリ詰まっていると思います。
個人的には大変満足した作品でした。

投稿 : 2016/04/26
閲覧 : 141

HG anime さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

長編で観たいなぁ

最近麻薬で問題になったアスカの昔の曲のPVのたった数分のアニメーションですね
こんなアニメーションを歌手のためにジブリが作ったということに衝撃です
実はこの作品の存在をしったのは、最近発売されたジブリのオルゴールCDの初回限定特典のポスターでした。結局そのオルゴール集のCDは迷った末に買わなかったんですが、On your mark?そんな作品あったっけ?ってなりまして、ネットで観たという流れです(最初に観たのがなぜか某永井〇二てんてーのMADのOn your mark動画でしたわw(これ言っていいんかな) その後純正をみました)。

評価については声優・音楽ともに無評価ということで



やっぱりジブリ神だわ

投稿 : 2016/03/23
閲覧 : 164
サンキュー:

4

ネタバレ

りくりく さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ジブリが凝縮された無声映像

本作品はチャゲ&飛鳥の楽曲、On your markを題材にジブリが手がけた映像作品。音楽はOn your mark以外には基本的に無い。


非常に短くて、無声映像というジブリアニメの通常には無い作品だが、車が発進するシーンなど、ああジブリ見てるなあと実感する。


同じシーンが繰り返されたり、二つの違う世界観があったりと、議論を呼ぶこの作品は、無声なだけあり、何か多くのものを訴えかけている。


{netabare}翼を持った少女は希望の印であり、希望は時を超えて何度でも蘇る。人間の手に過ぎた技術、核兵器によって閉ざされた世界は、長い年月を超えて再びあるべき姿を取り戻しつつある。人間の犯した罪は、自らのすむ場所を失う罰という形で返ってきた、しかし、人間の罪により汚された世界はそれでも再び命を育む。罪は、許される許されないという次元を超えて、地球の胸に抱かれる。そして、人の育んだ希望は再生した世界の大空へと羽ばたいていく。というのが自分の解釈である。
{/netabare}

投稿 : 2016/02/15
閲覧 : 154
サンキュー:

0

くまきっちん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ジブリです

ショートムービーで一曲の音楽で作られてます

ジブリの作品という感じがすごく伝わる作品です

声優は登場しませんがそこがまた楽しくもあります

短い作品ですのさくっと楽しめます

投稿 : 2016/02/15
閲覧 : 142
サンキュー:

2

ネタバレ

ようす さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

On Your Mark―ここには宮崎駿監督からのメッセージが隠れているのかも。

1995年、「耳をすませば」と同時上映されました。

「ジブリ実験劇場」という副題がついたこの作品。

最初は「どういうことだ??」と思いましたが、
なるほど、繰り返し観ているうちにその副題の意味がわかった気がします。

この作品、繰り返し観ないと意味がわからないでしょうね。
映画館では当然一度しか流れなかったでしょうから、
お客さんにはどよめきが起こったことでしょう(笑)


● ストーリー
舞台は近未来。

放射能によって地表が汚染されたため、
人類は地下で生活をしていた。

警官の男2人は、襲撃したオカルト教団のアジトで
天使の少女と出会う。


CHAGE and ASKAの曲「On Your Mark」の
プロモーションフィルムとして制作されたため、
作中の台詞は一切ありません。

音楽に合わせて映像が流れるだけです。
(効果音はあります。)

主人公の警官2人のモデルはCHAGE and ASKAの2人です。


およそ7分の作品。

ちゃんと映画1本分作れそうな設定や構成を持っているので、
ストーリーはものすごく駆け足です。

こちらの想像と理解が追いつかないほど目まぐるしいです(笑)

しかし、意味不明ではないですし、展開が急速な分、
ものすごく内容に惹きつけられます。

細かい描写がカットされていることもあり、
この作品が一体どういう話なのか、解釈は観る人によって変わるでしょう。

私も初めて見た時と、繰り返し観た今とでは
随分解釈が変わりました。


≪ 私の解釈 ≫
*ここからは作品の構成について触れます。

この作品の場合、
いろいろな解釈を知れば知るほど楽しめるところもあるので、
未視聴の方も興味があれば開いてください。
(ネタバレはしていませんので。)

まっさらな気持ちで視聴したい場合はとばしてください☆

{netabare}

初めて見た時には、
構成に疑問を感じました。

宮崎駿監督のことだから、
いろいろなことを考えて構成を作っているのだと思うけれど、

途中で未来の描写が挟まったり、
時間が過去に戻って別の展開が続いたり。

混乱しました。

これによる私の解釈は以下の通り。

◆世界にはいくつかの未来があるということを示唆しているのか。

◆天使やオカルト教団の不幸な境遇と、
 天使や教団の人一人ひとりに待っていた(はずの)明るい未来を対比させ
 ているのか。

◆目指す未来への道程は一つじゃないことを言いたいのか。

◆「実験劇場」だから、いろいろなパターンのラストや演出を
 考えていて、それを音楽に合わせてつなぎ合わせたのか。


ネットでも少し検索をしてみたのですが、
やはり人によっていろいろな解釈がありました。

一つのストーリーのように見えて、実は三部構成であり、
精神の発達が異なる3つの人生を意味しているのだ、
という解釈もありました。

説得力があり、それもなるほどなーと思いました。

{/netabare}


この作品を長編化する、という話もあったそうです。
長編化されてしっかりとしたストーリーを観てみたい気もしますが、

私は7分のこの構成だから、
この作品の良さが味わえると思います。

観る人によって様々な解釈がなされている本作品。

自分なりの解釈を探すのが好きな人にとっては
うってつけの作品と言えるでしょう。

時間も短いから、
とことん見返すことができますしね。

そして自分なりの解釈を深めたり、
他の人の解釈から新たな発見を得たり、

そういう無限の楽しさと可能性をこの作品は持っています。


それにしても、自分の生き様を貫く!という
かっこいい役のモデルとなっておきながら、
現実では今や犯罪者。

2次元の理想と3次元の現実との壁は
なんと高くて冷たいものなのか…。


● まとめ
『On Your Mark』とは、
『位置について』という意味。

この作品は完結しているように思いますが、
実際はそうではないのかも。

主人公の警官2人にとっても、私達にとっても、

あなたの行動から未来は少しずつ作られているのだという、
宮崎駿監督からのメッセージなのかもしれませんね。

投稿 : 2015/12/06
閲覧 : 321
サンキュー:

22

ネタバレ

xx-ryu さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

短編??

数分のプローモーションアニメ
怪我をして飛べなくなった有翼の女の子が飛べるようになるまでを台詞なしで描いている

投稿 : 2015/09/26
閲覧 : 244
サンキュー:

0

Nyaー さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ショートムービーの名作!

私、この映画見るの何回目だろう…
小学校の頃初めて見たと思うけど、その頃は絵が綺麗とか曲がとてもいいとかそんなことを考えていたんだろうな〜
中学の時も高校の時も見たのを覚えているけど、やっぱその時その時で感じるものは違うんじゃないかな
そして今大学生の自分がみて…
{netabare}まず、やっぱ音楽とストーリーがあってるような気がする!
この世界は未来なのかな?核のマークあるし、近未来的な道路や自動車。壁によって外の世界から切り離されている街。外に出る道には英語で外に出るなみたいな警告文。そして翼を持つ人。
私なりにこの映画は、翼を持つ少女を希望と見立てているんじゃないかな って思う。外の汚染された世界に放つということは、その子の死を意味するのに、わざわざ犯罪を犯してまで少女を助けたのはなぜ?ただ大空に羽ばたかせたかっただけ?ただの自己満?
いや、どこまでも広がる青空があるのだから、私達が住む隔離された空間よりも核の汚染が全くない世界きっとどこかにある。羽を持つ少女ならきっと見つけそこで幸せに暮らしてくれる。そういう希望も込められているのではないかと思う。{/netabare}
また、何回も見るうちにいろんな考えが浮かぶのだろうけれど、今私が思ったのはこんな感じ。
ぜひ見て欲しい。ぜひこの映画をみて何か感じて欲しいと思った。

投稿 : 2015/09/24
閲覧 : 246
サンキュー:

2

ネタバレ

ぶらっくもあ(^^U さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

宮崎駿演出珠玉の7分

1995年「耳をすませば」同時上映の作品、
とりあえず心真っ白にして観られる事をお勧めしたいです、
未来少年コナンやラピュタ、ナウシカも、
詰まってる感じします、
宮崎駿氏らしい演出も嬉しい、
{netabare}
翼の少女を空に帰す、
{/netabare}
ラストも気持ちいいです、

でも、、、、

7分ものですし何度か見返すうち、

いろんなものが観えてくるかも知れません、
{netabare}
田園風景にそぐわない建物は何だろう?
核施設マーク付いたジャイロヘリや施設、
堕ちてゆく三人、
失敗?
フラッシュバック?
EXTREME DANGER?最終警告?
立ち並ぶ核炉、放射能汚染地域?
{/netabare}
これって単純なハッピーエンドなのかな?
それとも、
過酷な現実と夢?
現代社会風刺?アンチテーゼ?
予言?ロマン?

受け手の自由もジブリらしいですが、
この作品ジブリの隠れた名作として、
大作化望む人も多かったとか、
実際作られてたら、、、、、

面白かったと想うな~。


1995年スタジオジブリ制作の短編アニメーション、
(チャゲ&飛鳥の楽曲のプロモーションフィルム)
監督 宮崎駿氏

投稿 : 2015/06/01
閲覧 : 436
サンキュー:

26

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ジブリが作ったCHAGE and ASKAの「On Your Mark」のPV

2005年の11月に出た
「ジブリがいっぱいspecial ショートショート」
DVDに入ってるみたい

7分くらいのアニメで
セリフがなくって歌に合わせてアニメが流れてるだけ
{netabare}
はじめ銃のバトルがはじまって
つれ出すときに主人公2人とその子が
車にのって楽しそうにしてるシーンがあって
2人がその子を助けに来たのかな?って思った

放射能みたいなマークがあったりして{/netabare}
こんなお話しかな?って
にゃんは考えてみた。。
{netabare}
天使みたいな女の子は
世界を変えちゃうくらいの大きなヒミツを持ってて
2つのグループが取り合いしてる

それでこの2人は
女の子が逃げてきたとき助けてあげて
それで友だちになって

またつかまったから
警察にばけたり研究所の人たちにばけて
何とかつれもどして
さいごにその子を自由にしてあげた。。
{/netabare}
そんなお話しかな。。って思って
あにこれのあらすじとかみんなのレビューを
読んだりしたら
ぜんぜんちがうみたいで。。えへへw

にゃんのかんそう読んで気になった人は
にゃんのかんそうは忘れて
他の人が書いたレヴューとかあらすじとか読んでみてね^^

投稿 : 2015/03/24
閲覧 : 511
サンキュー:

43

kazrd さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

6分で一つの映画の濃度!

ジブリが1995年に公開した作品。

映画と同じ題の曲に合わせて制作されているので、6分程の長さ。
この時間では、金曜ロードショーなどの番組で取り上げるのも難しく、広く知れ渡っていないように感じます。私の周りにいるジブリ好きにも知っている方はいませんでした。

内容は映画を6分にギュッと凝縮した感じ。時間上、十分な説明もできないので理解が難しく感じるところもありますが、私的にはジブリでもかなり好きな方です。

気軽に見られるので、お迷いの方は是非是非見て頂きたく思います。

投稿 : 2015/03/02
閲覧 : 235
サンキュー:

3

イカちゃん☆休止中 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

☆ジブリ版ミュージッククリップ

天使が可愛いですね♪(*^.^*)

音楽はあまり好きではないんですけど素敵な
短編でした。

1995年7月15日「耳をすませば」と同時上映

7分

投稿 : 2014/10/04
閲覧 : 183
サンキュー:

5

ネタバレ

renton000 さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

7分弱を真剣に見る

 初見でした。7分くらいのミュージックビデオ。
 他の方のレビューがきっかけとなって視聴しました。
 最初に通しで見たときは、何が何やら分からないままに、あっという間に終わってしまいました。2回目以降は、一時停止しながら見ていたんですが、結局かなりの時間を費やしてしまいました。30分以上はは確実に画面とにらめっこしていました。

 相当面白い作品です。宮崎駿監督が描く、清々しくも悲しい世界を堪能できます。短編にもかかわらず、長編と遜色ないメッセージ性があります。時間も短いですし、何回でも何十回でも見て、ストーリーと世界観を把握することに努めてみると、この作品の良さを知ることが出来るのではないでしょうか。理解するためには、一時停止が必須レベルです。

対象年齢等:
 音楽や雰囲気を楽しむためならどなたでも。解釈をするのならば、最低限の知識は必要とされますので、子供には難しいかもしれません。中学生か高校生くらいからがいいと思います。

 以下のレビューは、かなりのネタバレです。未視聴の方は、一度以上視聴したうえで読むことをお勧めします。というか、余計な先入観を持たないように、ネタバレ耐性があっても読まない方がいいと思います。


結局どんなストーリー?:{netabare}
 あるカットの解釈に明確な結論を出せていないために、そこで分岐する二つのストーリーを挙げます。
 一つ目は、「助けられなかった翼の女の子を助けることを想像する話」です。
 二つ目は、一つ目を前提に「翼の女の子すら想像だったという話」です。
 個人的には、二つ目だと思っているのですが、ここではその原因も結論も述べずに、後述することにします。ただ、どちらもこの作品の大半が想像により成り立っているという姿勢は変わりません。翼の女の子が亡くなっていると解釈しているのも同様です。以下の考察では、一つ目を前提として進めていき、最後に二つ目の解釈を追加します。
{/netabare}

世界観:{netabare}
 この世界は、原発がメルトダウンをした後の世界です。核戦争後ではありません。正確に言うとするならば、メルトダウン後にも原発に依存している世界です。根拠となるカットを挙げておきます。

①オープニングに描かれている草原と朽ちた鉄線、無人の民家、民家の後ろの巨大な建物
②頻出する放射能のハザードシンボル
③重装甲の車両
④人類の居住空間が地下になっている
⑤居酒屋のメニューで、合成食料が安く、天然ものが時価となっている
⑥地上にたくさんの原発が並んでいる

 ハザードシンボルといくつかの標識から、地上に人が住んでいないことが分かります。人が住んでいないために手入れがされず、草が生い茂り、鉄線が朽ちています。民家が壊れていないのは、爆発性の災害(核戦争・核爆弾)ではなく、放射線の影響だけがあるからだと思われます。
 民家の後ろにある巨大な建物は、おそらくメルトダウンした原発です。原発がメルトダウンを起こしたために周囲を塗り固められた姿です。いびつな形で塗り固められているのは、その際の緊急性と人間が味わった恐怖の表現なのかもしれません。
 地表が汚染されてしまったため、人類は地下に逃げ込みました。耐放射線の装甲車でなければ、地上には出れなくなっています。また、海も汚染されています。安全な天然食品が貴重になり、やきとり・めざしが時価になっています。合成の塩サバとバイオ酢だこは比較的安価に食べられるようなので、人工的な食料の生産体制は確立されているようです。
 地下世界にもかかわらず、電気が煌々と灯されています。また、食料の生産も潤沢に行われているようです。これらを支えるエネルギーはおそらく複数の原発によるものです。
 人類は、原発の恐怖を知ったにのも関わらず、原発の依存から抜け出すことは出来ませんでした。

 こんな感じだと思います。地上の民家に比べ、地下世界はかなり広大で、かつ、発展しています。つまり、地下に進出してから長い時間が経過しているわけです。地上の別の場所に避難しているのではなく、地下の生活が基本となっているってことです。一基の原発がメルトダウンして、地上の全てが壊滅状態ということは考えづらいので、多数の原発がメルトダウンをしているのかもしれません。翼の女の子が飛び立つ最後のシーンで、もう一基塗り固められた原発が写っているように見えます。メルトダウンをした原発は、海洋汚染が進まないように最低限の封印を施して終わりにしているのではないでしょうか。
{/netabare}

二人の男と彼らの現実:{netabare}
 二人の男は、主題歌を歌っているチャゲとアスカだと思われますが、先入観を除くためグラサンとイケメンと呼称します。この二人は警察の中でも下っ端の存在だと思います。ほぼ最下層と言っていいと思います。根拠は二つです。
 一つ目は、地上のパトロール的な任務に就いていることです。世界観で述べたように、地上は汚染された世界です。そこに行く仕事をしていることから、相当下位の立場であることが伺えます。
 二つ目は、指揮官ではなく、戦闘の最前線に立っていることです。前線のどの位置にいたかというと、突入の先端を担う戦闘のエリートではなく、そのあとからついていく補助的な役割だと思われます。

 おそらく初陣だったのでしょう。凄惨な現場にショックを受けてしまったのが彼らです。兵士が女性を持ち上げて死亡を確認するシーンがありますが、この時に部屋の外から部屋の中を見ていたのがこの二人だと思われます。このシーンでは、背後は光で満ちています。つまり、光の世界にいたと思っていたけれど、現実の闇の部分を見てしまったという描写です。

 ここまでが実際に起こった現実のシーンです。つまり現実はパトロールと襲撃と飲み屋だけ。それ以外は想像の中の世界です。
{/netabare}

翼の女の子:{netabare}
 彼女が亡くなっているのは確定だと思います。
 注目すべきは、彼女が初めて登場した時のカットです。壁を見て欲しいのですが、頭の高さの位置くらいのところから、床の位置まで何かの跡があります。その先にあるのが翼の女の子の頭で、その手前に赤い缶が転がっています。
 このカットでは、赤い缶以外の色が消されています。つまり、赤い缶に注目してくれというメッセージが込められています。赤い缶はコーラだったわけですが、当たり前ですがこれがメッセージのはずがありません。見ろと指示したところにメッセージがないんです。
 これは、「メッセージを隠しましたよ」ということがメッセージになっているんです。「赤い缶で隠しましたよ」というメッセージです。
 赤い缶によって隠されたのは何か。それは「血」です。赤い缶によって「血」を隠したんです。壁の跡も、赤い缶も「血」を描いているけれど、それを隠している。つまり、彼女の「死」を隠したというわけです。壁の跡と頭と赤い缶を直線に並べているのも、血の流れを暗喩しているからです。イケメンが彼女に近づき、死を確認するときには、周囲の色が復活しています。「死」を隠す必要がなくなったから、色が戻ったというわけです。翼の女の子の頭の周りは、赤いもので満ちています。

 他にも根拠はあります。
 宗教ビルの目のマークが動いていますが、これも目を見てくれというメッセージで、死んだ女性と翼の女の子の目の類似性(生気のない目)をアピールしているように思えます。瞬きをしていない彼女らは、死を担っているというです。
 翼の女の子が水を飲むシーンがあります。このシーンでは、胸が大きく動いています。これは鼓動が復活した、つまり、生き返ったという表現です。
 また、装甲車に翼の女の子を乗り込ませるシーンでは、ぞんざいに扱われ、脚が出てしまっています。生きていることを前提とすれば、このような雑な扱い方をするはずがありません。しかも、翼の女の子の身体が固いんです。くてっとならずにピンと張っている。これは死後硬直の描写です。
{/netabare}

襲撃後の展開:{netabare}
 翼の女の子の死亡の描写後に繰り返される映像は、想像のものだと述べました。単に想像しているというよりは、イケメンが考え、口に出したことについて、グラサンが現実的な指摘をすることで、想像の世界をより現実的に修正していっているのだと思います。つまり、会話の映像化です。この作品はミュージックビデオなので、会話をさせることが出来ません。そこを逆手に取ったのだと思います。
 イケメンが話しているのは、「あの翼の女の子がもし生きていたら」という内容です。このイケメンの考えに対して、グラサンが現実的な指摘(否定)をするたびに、想像が頓挫しています。何度も会話を続ける中で「翼の女の子が助けられる出口」を探しているのだと思われます。

 想像だと確信できる理由は、「素顔」です。イケメンとグラサン以外の人物はマスクをしているか、防護服を着ているかで、顔を出していません。つまり、危険な環境下にあるということです。そんな中で彼らだけが素顔を晒しているのは、危険がない想像の世界にいるからです。

①最初の想像は、翼の女の子の死を確認した後すぐに入ります。飲み屋のシーンが出てきていませんが、このシーンから既に想像に入っています。
 このシーンで描かれているのは、「理想」です。「もし死んでいなかったのならば、逃がしてあげたい」というイケメンの「理想」だけが描かれています。地上の背景を見て欲しいのですが、原発など描かれておらず、美しい自然の風景しかありません。翼の女の子も満面の笑顔です。これはイケメンの「理想」だからであって、現実が一つも介入してきていないということです。

②次の想像は、グラサンに「生きていたとしてどう助けるんだ」と指摘された後です。生きていたとしても、周囲にばれずに逃げることは出来ず、連れて行かれてしまうだろうという現実が入ってきています。

③「連れて行かれたのならばその場所から救出すればいい」と展開したのがその後のシーンです。グラサンが解除装置を作り、イケメンが場所を探し当てるという分担をしています。イケメンの周囲に花束が写っていますが、この世界では花自体が貴重なはずです。これも想像の中だからだと思います。もちろんチャゲアス人気のメタファーでもあるでしょう。
 施設に侵入した際には、ハザードシンボルを背に制服で悠々と歩いていますが、グラサンに「さすがに防護服はいるだろ」と指摘されたのだと思います。服装が突如防護服に変わります。
 防護服を着た職員が、風船のように膨らんだだけで倒されてしまうのは、そういう物質を注入したというよりは、「凄惨に人を殺したくない」という戦闘後の心理が影響したためだと思います。
 その後、装甲車に乗って地上に出ようとしますが、ここでグラサンの「追手が来るだろう」という指摘がなされて、作戦は失敗へと帰着します。
 翼の女の子の目や身体に生気がないのは死亡しているためで、彼女が一人で逃げずに懸命にイケメンを助けようとするのは、イケメンの中の彼女はあくまでも理想像であり、彼女を純真なものとしか捉えていないからだと思われます。自分たちを見捨てないだろうということです。また、テーマとも関係します。

④どう考えても成功しないため、ここで一旦当初の目的を思い返すカットが入ります。
 その後の想像で、装甲車が飛行機能を有するようになりました。現実的には救出が不可能だと悟り、当初の目的を達成するためにやや空想側へ寄ったのだと思われます。そもそも装甲車に飛行機能が付いていたのならば、③の時点で飛行していたはずです。飛行した装甲車が事故を起こすのは、グラサンの「飛ばし方が分からない」という現実的な指摘が入ったためでしょう。グラサンが重たいであろうタイヤを蹴飛ばせているのも空想の側面が強くなっているからだと思います。
 そして、オープンカーに乗って地上へと到達します。オープンカーの奪取シーンがないのは、地上が汚染されたこの世界にオープンカーが存在し得ないためか、少なくとも下っ端にはどこにあるのか分からないためでしょう。分からないから考えていないのだと思います。トンネル内で追手がかからないのも、空想に寄ったためにハッピーエンドを急いでいるからです。
{/netabare}

エンディングとテーマ:{netabare}
 ④のトンネルを抜けた先からがエンディングということにします。
 ①(④の当初の目的を含む)の理想とエンディングの描写の同異点を見て欲しいんですが、ここの変わったところと変わっていないところがテーマになりそうな気がします。

 変わっていないところ。翼の女の子が生きていることとオープンカーは変わっていません。あと、翼の女の子が遠くへ飛び立ってしまうのも変わっていないですね。
 翼の女の子は、地表に出て初めて目に生気が宿りますから、汚染された世界でのみ生きていける存在です。オープンカーは、人間にとっては、汚染されていない世界でのみ走れる車ですから、意義としては両者は真逆にあると思います。それの両立を目指している、つまり「叶わぬ夢」です。だから、彼女は遠くに飛び立ってしまうのではないでしょうか。

 変わったところ。背景を比較してほしいのですが、①は美しい自然の風景です。エンディングではトンネルの出口周辺の汚染とドライブ中の背後の原発が描かれています。それと翼の女の子の表情が、満面の笑顔から憂いを含んだ笑みに変わっています。ウインクと指へのキスが追加されています。
 背景の補足をすると、オープニングにもエンディングと同じ表現があります。車が通ったところは草がなく、人が入れないところは自然があふれています。人の通行はないはずですから、本来道は轍として描かれるべきだと思いますが、そうは描かれていません。
 このオープニングとエンディングの背景から考えられるのは、「人の近くからは自然が無くなる」ということだと思います。翼の女の子も、人ではない自然側のイメージを担っています。だからこそ、飛び立ってしまうとも考えられます。

 で、これらの要素が集約されたのが翼の女の子の憂いの笑顔です。
 地上が汚染され、自然から隔離され、人間は地下へ逃げ込み、人を守るはずの警察が暴力をふるう。そんな閉塞の世界を自分たちで作っておきながら、夢を捨てることが出来ない。彼女の笑顔は、そんな人間に対して向けられた笑顔です。慈悲ではなく、憐みの笑顔だと思います。
 想像の世界だということを踏まえれば、二人の男が光を背負って闇を見てしまったときに、人間のエゴとか業というものに気付いてしまった。そんな話だと思います。
 ウインクと指へのキスが意味するところは挨拶だと思います。夢や理想との出会いと別れ、両方の意味が含まれているのではないでしょうか。

 タイトルの「on your mark」も、「位置について、よーい、ドン」の「位置について」なわけですが、「やっと現実というスタートラインに立った」みたいな意味かもしれません。オープンカーは最後に道を外れるわけですが、彼らは夢とか正義を求めたら道を外れる(死んでしまう)世界に生きているわけです。想像の世界でしか夢を語れない彼らは、日常に戻って淡々と日常を送ってから死ぬのか、将来革命家になって死ぬのかは分かりませんが、現時点ではスタートラインなんだと思います。まだ走り出してはいないんです。翼の女の子の憂いの笑顔は、そんな二人への憂いでもあると思います。
{/netabare}

二つ目のストーリー:{netabare}
 簡単に。初めて翼の女の子に会うシーンなんですけど、部屋に入るときにイケメンの姿が半透明なんです。つまり、もしこんな部屋があったら、という想像なのではないかと考えられます。
 兵士によって生死の確認をされた女性と翼の女の子の類似点で、目を挙げましたけど、ぞんざいに扱われていることも共通するんですよね。持ち上げ方と車への押し込み方。現実で見たものが想像の世界に影響してしまったのではないでしょうか。この作品で、素顔を晒している人物、つまり、アイデンティティを持った人物は、二人の男と女性と翼の女の子だけですし、女性の顔を見てしまったから、助けてあげたくなってしまって、この女性を翼の女の子に仕立てて想像を始めた、と展開したように思えたりします。
 もう一つ深読みすれば、女性が持ち上げられているのって、背中なんですよね。その位置から自由の象徴である翼を生やしたのが、翼の女の子なのではないかな、みたいに思ったんです。持ち上げられたシーンと翼の女の子の出会いのシーンにおける近影は、同じ構図のようにも見えます。この辺はちょっと深読みが過ぎるかもしれませんけどね。
 最初の直観がこっちだったというのもあるし、エンディングを見たら「理想なんか叶うわけねぇだろ、それでも夢を見るもんだ」、つまり「翼の女の子が幻想であっても、助けたくなるんだ」と言われた気がしたのもあるし、個人的にはこちらの解釈を押したいですね。ここまで状況証拠が揃えば、あながち突飛な意見でもないと思うのですが、いかがでしょうか。
{/netabare}

投稿 : 2014/09/14
閲覧 : 350
サンキュー:

11

くかす さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 3.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

感想

セリフが一切ないアニメ
6分ぐらいの短編で監督はかの有名な宮崎駿さん
セリフはなくとも物語は普通に理解できるけど、ただの良い話だなで終わってしまうような作品

投稿 : 2014/09/03
閲覧 : 193
サンキュー:

7

ネタバレ

K.K.. さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

6分48秒の短編アニメ。

普通のアニメだとレビュー書くまでに日数掛かりそうな為、短編物を観て、皆さんにその良さを伝えていこうと思った。

このアニメはCHAGE and ASKAさんの曲に合わせて物語が進んで行く。6分48秒まるまる曲で有り、音声は一切ない。

声優がいないアニメは始めて観たのかもしれない。短編と云えども、誰かしら喋るかと思いきや、シナリオが終るまで誰も喋らないではないか。

声がない代わりに終始歌があるという訳である。

誰かが喋らないとつまらないのかと思うのが普通だが、私の感想としてはつまらなくはない。

まず、物語の時間が非常に短い為に、疲れを催さず気軽に観れるのが1点。

次に、ジブリ映画の為に、結構骨がシッカリしている。

楽しめる要素は他にもあるのかもしれないが、取り敢えずこれ位で。

作画等の感じからして、かなり昔の作品であると思われる。

話の内容だが、翼のある少女を2人組の男で車に乗せてドライブしたり、敵と思われる軍艦らしき乗り物の攻撃から、少女を守ったり等。

特別印象に残ったシーンは無い。それでも、つまらないとは思わなかった。

観終わった後がとても爽やかである。

「短編アニメ、なかなかイケる。」

これからも、短編アニメのレビュー等、頑張っていくので応援の程宜しくお願いします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

投稿 : 2014/08/24
閲覧 : 266
サンキュー:

30

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

いい曲だったんだけどな・・・・

あんなことになるなんて残念です。

投稿 : 2014/05/17
閲覧 : 219

ごはんちゃん さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 1.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

CHAGE&ASKA

声優の評価もなにも台詞がないので、どう評価しようもないので
1にしました。こちらはPV作品になります。
CHAGE&ASKAさんの曲ですね。
とっても短い作品で台詞もないのにとってもぐっときます。
気になったら是非見て頂きたいです。曲もいいよねえ。

投稿 : 2014/03/30
閲覧 : 174
サンキュー:

1

ネタバレ

(´◉◞౪◟◉`) さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

S

シャブ&飛鳥・・じゃなくて
CHAGE and ASKAさんの歌に乗せて
ほぼ吹き替えなしで短編ですけど

逆にそのぐらい説明しないほうがグッときますよ
声を当ててないだけあってわかりやすく作ってありますし
私は大好きです(´◉◞౪◟◉`)

投稿 : 2014/03/13
閲覧 : 130
サンキュー:

1

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 1.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

翼を持つ少女を、汚染されたスラムから救いだし、青空へ放とうとした二人の青年

1995年劇場公開ジブリ映画「耳をすませば」で実験的に7分間上映されたショートムービー

無台詞なのに
たった7分間なのに
すごい夢湧き胸躍る冒険活劇を描く
最後は心温まる感動のフィナーレ
これ観た時本当にジブリってすごいな~と思ったのを今でも鮮明に記憶してる

トリビアで読んだネタなので嘘か本当かはわからないが、風の谷のナウシカの数千年後の世界が舞台らしい
だとすると人類は少なからず文明を取り戻せたんだなという安堵感とそれと共にまた同じ間違いを繰り返そうとしてる寂しさも感じられる
何はともあれシュナの旅と並んで2時間映画化して欲しいジブリ作品です!

投稿 : 2014/01/01
閲覧 : 205
次の30件を表示

On Your Markのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
On Your Markのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

On Your Markのストーリー・あらすじ

劇場版アニメ『耳をすませば』と同時上映で公開された短編アニメで、同映画の制作スタッフだった宮崎駿が監督を務めた。内容は、人気アーティストであるCHAGE and ASUKAの、アニメ映像を用いたプロモーションフィルムである。 汚染が進み、地表に人間が住むことは叶わなくなった未来の地球。カルト教団を殲滅するべくその本拠地に突入した武装警官隊は、施設の奥深くに翼の生えた少女を発見した。その姿から何かを感じた警官二名は、彼女を空へと返すために行動を開始する……。 企画自体はアーティスト側からスタジオジブリに持ち込まれており、本来はコンサートツアーのオープニングフィルムとして制作されたものだった。その完成度の高さから、万人の目に触れるようにと発表されることになったのだ。(アニメ映画『On Your Mark』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
アニメ映画
放送時期
1995年7月15日

このアニメの類似作品

この頃(1995年7月15日)の他の作品

ページの先頭へ