「ちはやふる(TVアニメ動画)」

総合得点
91.1
感想・評価
3947
棚に入れた
17480
ランキング
21
★★★★★ 4.1 (3947)
物語
4.4
作画
4.1
声優
4.1
音楽
4.0
キャラ
4.2
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

ちはやふるの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

ドリア戦記 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

「益荒男」女子の覚醒

これ随分昔に見ました。面白かったのでよく覚えています。

マイナーなスポーツ競技かるたの世界を描いた原作をアニメ化した作品らしいです。
これは原作漫画を見ていないので属性の違うメディア変換が行われた際に
どのような良い点と悪い点が生まれてしまったのがちょっとわかりません。
メディア変換の際に如実に現れるのが、
監督やスタッフのアニメや「作品」に対する理解度やセンスなのですが。
ただアニメは原作漫画通りに進んでいるようです。
このサイトはアニメサイトなので原作漫画の評価は関係ないでしょう。


『鬼滅の刃』もそうなのですが、男女のボーダレスというか少年漫画なのに女性ファンが多い、
少女漫画なのに少年漫画っぽくて男性ファンがいるという作品が目立つようになりました。
まあ、昔もそういうボーダレス漫画はあったのですがね。

この主人公の女の子は結局中身男子じゃんという感じなんです。
容姿はいいけど、背が高くて気性はさっぱりしている。
自分のやりたいことに一生懸命打ち込むあまり、異性の感情に気づくのが鈍い。
恋愛体質じゃないんです。
鈍いところはあるけど悪気のある子じゃないから同性からも好かれる。

逆に男から見てもかわいい子なんですね。
一途に子供の頃に好きだった子のために競技かるたに打ち込む。
そりゃこんなかわいい子に好きって言われたらよろめくわwって感じです。
またヒロインが惚れている男と微妙な距離感なんです。
恋愛が成立する前のあいまいな関係を描いています。
ここはさっぱり恋愛から遠くなってしまった元男子の中年男どもの心をくすぐるんでしょうか?w

もうね。少年スポーツ漫画の主人公と同じようなタイプのヒロインなんです。
だから男にもとっつきやすい。
また競技かるたといえば「雅みやび」な印象がありますが、
このアニメでは完全にマイナースポーツとして描いています。
だから筋肉痛にもなるし、腱鞘炎にもなるし、反射神経も求められる。

普通の少年漫画と違って上手いのはやはり女性ならではの心理描写です。
ヒロインは鈍感なので、自分の恋愛感情があまりわからない。
幼馴染が気になるけれど恋愛体質じゃないので、ライバルの女の子がでたら
「私、恋愛よりかるたに打ち込む!!」なんてこと言い出しかねない子です。
こういう不器用な元女の子いるよねぇ、私の周りに。
アンタ仕事ばかりしてちゃだめだよ。余計なお世話かw

スポーツ少年漫画だとこの「鈍感さ」や自分の気持ちに気づけない若さを
上手く描くのがいまいちなのですが、そこを細かく描いています。

また男性向け女性向け両方に共通するのですが、過去から繋がって続く思いを描いています。
幼馴染に感じた淡い思いが大人になってどう変化していくのか。
少女から大人の女性になろうとする中間の時期の女の子。
自分の気持ちを伝えられなかった頼りなかった男の子が、大人の男になろうとする時期。
体も精神もすべて、色々なことが変化する青春時代において、
幼馴染との関係性も変わるフレッシュな瞬間を切り取っています。
ここが身も蓋もない言い方をしますが、オッサン、「元女の子」の心をくすぐるのでしょうw
比較的多くの人が経験するであろうことですから。
まあ、このキラキラした眩しい関係に
「リア充爆発しろ!俺にはそんな瞬間はなかった」というのは自由ですw


すごいなあと思ったのは、女の子が自分の気持ちに気づくのと
「あっ!私、女なんだ」と自覚していくもやもやした瞬間をかなりリアルに描いている点。
少女が少女でいられなくなった瞬間ですね。10代の一時期にしかないことです。
逆に、この作品の男はようわからん!というか心理描写をヒロインほど細かくしていない。
でもここを女性漫画家が描き過ぎると嘘くさくなるので
この程度で良いのだと思います。
男が男性性に覚醒していく瞬間なんて生々しすぎて
一般向け少女漫画にはハードルが高すぎる。
描かないことで視聴者は美化した自分の思い出に浸ることができる。
例えば『悪の華』などは、やはり男が書くから生々しくて面白いのでしょう。
しかしこの辺の評価を故橋本治氏に書いて欲しかったなあと思いながら見ていました。
橋本さんは解説が上手いですから。
若かりし頃橋本さんの評論を読んで「こんな評論を書く人がいるんだ」とぶっ飛んだ覚えがあります。
独特の語り口で女性心理を説明してくれるので、「女がわからない!」という男におすすめです。
まあ、私はもう手遅れですがw

投稿 : 2019/11/16
閲覧 : 39
サンキュー:

5

ネタバレ

友メロンパン さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

良作

皆さんが知っているであろう百人一首、その百人一首を競技として行う競技かるたを題材にした作品。競技かるたに魅入られた主人公が高校生になり、競技かるた部を設立、仲間と共に全国大会を目指し、主人公は女性の競技かるたの頂点であるクイーンを目指し、競技かるたに青春を注ぐ。

競技かるたと言うあまり馴染みの無い競技を題材にしていますので、競技かるたのシーンは今までに無いタイプの盛り上がりを見せていて、とても斬新で楽しめました。登場人物は、自分の欠点や長所を見定めて上手く向き合い、練習に励み競技かるたの技術をメキメキあげていくのはもちろん、

競技かるたを通じ、少しずつ人間としても成長していくのも見ていてとても清々しい。決して恋仲にはならないし、ラブコメの様な浮ついた展開にならない。それでもそれぞれが抱く淡い恋心をうまく表現できているのがとても高評価です。全体を通じて熱く、そして爽やかな展開の作品。

投稿 : 2019/11/11
閲覧 : 165
サンキュー:

22

ネタバレ

fuushin さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

畳上の春風。

原作は未読です。

見慣れないジャンルで、初めのうちは『これ、観続けられるかな?』でした。

扱う題材は、マイナー。
キャラは、女子向けのデザイン。
そしてあるある系・・。

特長はどこ?
オリジナリティーはどう?
琴線に触れるものはある?


・・・で、見つけました。

ギャップ感が生み出している強靭な物語に見つけました。
千早の強烈なパーソナリティが、これまた個性ゆたかなメンバーを見つけ出してくるのです。

このフロントラインが、どのような化学変化を起こし、唯一無二の展開を魅せるのか。

扱う題材は、目新しい。
キャラの役割りが、面白い。
あるある系? いいえ、大転換です。


オリジナル性は、1000年の歴史に裏打ちされていました。

精進と鍛錬に向き合う一生懸命さは、私の見知らぬ世界の扉をぐいぐいと開いてくれました。

なによりも、百人もの歌人が、揺るぎないバックボーンとなって、5人の取り手の大応援団になっていました。



ああ、これは圧倒的に魅力的なのです。

それだけでも満腹なのに、チーム戦という青春要素を、綾に錦に織り込んでくるものですから、もう十二分です。



1000年の春の風を、畳上の競技に乗せて、全身全霊で表現するセカイ。

そんなゲーム、世界の何処にもないでしょ。

ほんとうに、脳が痺れました。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
本作が、皆さまに愛されますように。

投稿 : 2019/11/06
閲覧 : 77
サンキュー:

21

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

あつい日も 雨がふっても がんばれる みんなかるたが 大好きだから 

ながいアニメだったけど
見はじめたらはまって2日で見終わっちゃった^^

はじめはちはやって
わがままで思ったことをすぐ口に出す

ちょっといやみがある子かなって思った
でもそんなことなくて
とっても思いやりがある子だった

負けずぎらいで
みんなをむりやりひっぱってくから
そう思ったけどちがったみたい

ちはやはみんなに好かれてる

でもそれって
ちはやがきれいだからとか
スポーツがとくいとか
頭がいいからとかじゃなくって

ちはやがみんなのことを
必要としてくれるから
みんなもちはやが
好きになるんだと思う(うん)

そしてちはやは
そのみんなから支えてもらってる
だから負けたりなやんだりしても
またかるたに夢中になれるんだよね

それで
みんなのこともプッシュするけど
きらわれたりしないのも
ちはやが1ばん
がんばっているからだって思うなぁ

にゃんは競争とか勝負って
あまり好きじゃなかったけど
ちはやは負けても
うらんだりにくんだりしないところもよかったな

にゃんもおんなじクラスだったら
ちはやと友だちになりたいなー☆
でも
記憶力とかないからかるたはムリかな~w


太一くんって
{netabare}小学生の頃はいじわるなとこもあったけど
高校生になってかわった
すごく大人っぽくなって責任感があって
ステキな男の子になったね {/netabare}

でも
太一くんってかっこいいけど
にゃんは綿谷 新くんが気になるんだ~♪

{netabare}あんまり出てこなかったけど
かるたにかける思いは
ずっと変わってないよね

とちゅうでちょっと休んじゃったけど
かるたへの思いがなくなったわけじゃない。。 {/netabare}

変わらないっていいなって
にゃん思うんだ(うん!)

1ばん気になってたのに
あまり出てこなくって
とってもざんねんだったから
ぜったいにつづきがあると思う(たぶん。。w)
そして変わらなくつよいところを
みせてほしいな☆

さいごだけど
かるた部のみんなもまとまってきたね♪

いっしょにわらったり
泣いたりなやんだりできる
そんな友だちってうらやましいなぁ。。

にゃんも見ながら
いっしょに泣いたりよろこんだりしてたから
そう思った


   

投稿 : 2019/09/29
閲覧 : 1309
サンキュー:

322

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

何かに一生懸命になることは素晴らしい

今年の秋に第3期が始まると聞いて、もう一度視聴することにしました。
始めに言っておきます。間違いなく「傑作に選ばれる作品」です。

≪百人一首・競技かるたの世界≫

この作品を通じて「競技かるた」というものを知りましたが、実に奥深い競技だと感じました。

年齢・性別に関係なしに参加できる競技はなかなか無いなぁと思いましたし、新しいジャンルの作品に出会えたことが嬉しかったです。

{netabare}

≪キャラクターについて≫

とにかく「一生懸命さ」が伝わってくるに尽きました。高校の部活で青春全部掛けるくらい頑張るとは言いますが、登場人物はまさに「有限実行」ですね^^

特に「かるたが上手くなりたい」と漠然に練習するのでは無く、

「詩を詠む事」「詩の背景や意味を追いかける」といった、「かるたは一体どのようなモノなのか」を掘り下げて描写するシーンが多く

アニメを視聴しながら、「かるた」について詳しく知ることができるので、この作品の世界に引っ張り込まれます。

また、かるたの世界は「暗記力」「体力」「反射神経」「瞬発力」「感じ」といったように、頭だけでなく体も使うスポーツです。

かるた部のメンバーそれぞれに、違った武器もあり弱点もあり、それぞれが「自身の向上の為には何が必要か?」を一生懸命考え、問題を少しずつ解決するシーンも多かったので、感情移入してしまうことも多々ありました。※凄く良い意味で^^

≪A級になるより逃げない奴になりたい≫

私が今作で一番印象に残った言葉は「太一」がB級からA級に昇格できない時、先生に言ったこの一言でした。

この作品では、キャラクターの「精神面」での成長もよく描かれていて、「太一」の精神面での成長には眼を見張るものがありました。

勉強・スポーツ万能タイプで、全国模試・定期考査で毎回トップの彼ですが、得意の「暗記」を活かした「かるた」をとっても、なかなか勝ちきれません。

負けが続くうちに、「努力不足ではなく才能の差か?」と自身の弱さを責める事もありました。

それでも「自分自身には絶対に負けない」という強い決心の表れを感じました。

「よく出来たスポコン」は単なる試合での勝ち負けだけにフォーカスするのでは無く、こういったキャラクターの心情や精神面での成長もしっかり描くことが大切なんだと実感しました。

≪才能と向き合うこと≫

周りのメンバーにも苦悩があるように、主人公の千早にも弱点があり、今時の「チート主人公」ではないことも触れておきます。

彼女は生まれつき耳が良く、読まれた札を速く取れる才能がありました。
かるた界では、読み上げた札への反応速度を「感じ」と言います。

A級に昇格するまでは「感じ」の良さで勝つことが多かったですが、次第に「才能だけでは勝てない」相手にぶつかることになります。

物語後半からは「努力して追いつけない相手とどう向き合うか」という難題に直面する場面が多いですね。

≪感想≫

文科系スポコンアニメで、視聴者をここまでアニメの世界に引っ張り込む作品は初めてでした。

「かるた」というマイナーな競技を「分かりやすく」「詳しく」描き上げた制作側には感服しました。

また単なる「スポコン」でも無く、キャラクターの成長と挫折、心の内面を
丁寧に描写するシーンも沢山あり

手を抜かずに「一生懸命に取り組む」姿勢には、思わず泣けてしまいます;;

文科系スポコンのジャンルの中では、間違いなくトップクラスの作品です。
まだ未視聴の方には、ぜひオススメしたいです。

{/netabare}

投稿 : 2019/07/01
閲覧 : 59
ネタバレ

nan-nan さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

原作通り!

アニメ化すると下手にストーリーや設定をいじったりしますが、この作品は原作通りで素晴らしかったです✨
もともと好きなジャンルだったのでアニメも楽しく拝見出来ました(^^♪

やっぱり「スポ根」アニメに属するんですかね!?
私は個人的に「スポ根」アニメに分類しています!
競技かるたの凄まじさは一流のスポーツ並みですし…。

あっ!個人的にですが「しのぶちゃん大好きです」

投稿 : 2019/06/27
閲覧 : 33
サンキュー:

5

ネタバレ

ふわふわマショマル さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

凄く面白かった!楽しめるよぉ!来期観たい!

最初から引き込まれる。めちゃくちゃ面白かった!ストーリーにパワーがあって、どんどん進んであっという間にアニメ2期まで見終わりました。

幼なじみ3人、 主人公 千早   裏主人公 太一   時々しか出てこない 新
小学校で百人一首を名手の孫、新がひょんなことで千早と遊んで、千早狙いの太一がジェラシーからかるたに挑んで千早と太一は高校でかるた部作って、小学校で仲良くなってかるたが面白くなった頃、名手の孫 新が福井の田舎へ転校。
そんな感じで始まります。

第二期までしかアニメとして放送されていませんが、原作を読む限りでは三期も期待したい程、知らなかった百人一首に興味もわき是非また観たい作品です!

太一と新の千早取りも凄く気になります。

引き込まれそうな感じの人は、休みの日にまとめて観るくらいの時間に余裕がある時に観るのがおすすめです。選抜などが入ってくるので、気になって続けて観たくなります。

進んでいくうちに。。。。何か?何かの感じに似ている。。。。何だろ?
って考えて、あ!!大昔のアニメ「エースをねらえ!」を観てた感じと似てる!
って思って観てました。エースの方はテニスのスポ根だったけど、こっちは文化スポ根アニメだ!

どっちも、高校生の選抜で力をつけて勝ち進むスポ根です。エースを読まれていない人はきっとはまれると思います。

私はアニメで初めて知る世界も沢山あるなかで、日本人で「かるた」百人一首を知らないのは俳句や茶道・着付け・生け花に至るまで。着付けと俳句はそれでも努力してみようと思い、続けてはいますが・・・
ここに来て、百人一首は視野に入ってもいませんでした。
俳句の世界も知っているので、とても興味を持ちました。百人一首、俳句には恋愛は禁物の表現ですが、勉強をしてみようかと思いました。

このアニメ、作者はきっと精神年齢が高い人だと思います。wiki見ると、39才(2014現在)ですね。
奥の深さを知っている、スピリチュアルな世界にもきっと精通していらっしゃる方と察しします。なぜなら、そういう世界を知らなければ奥深い静かで繊細な表現が絶対と言っていい程できないと思うから。
それを感じた箇所は沢山ありました。
新の表現を駒で例えてたところは、素晴らしい表現です!大好きです。

若くても、そういったことを表現できる凄い人を最近私は知りました。
スケーターの誰もが知る、羽生結弦君です。やはり、凄い世界を知っている人って年齢関係なく、素晴らしいですね!

恋にかるたに耐え忍ぶ、太一も凄い!男子で耐えるキャラって惹かれますね、女性は。。。(度Sな私だからか・・・?!)
超人にも惹かれるので、このアニメは絶対に女子は惹かれるキャラです。しかも新は度Sでグラス掛けてる。。。インテリルッキングGOOD!太一は度Mでイケメン!ツボを心得てる作者にざぶとん!10枚!心得てるからくすぐられますね。。。へへへ。。。

男子も「かるた」の世界であれば、かるた女子の千早もモデル系美女だし!そのほかのキャラも個性的で面白いですし、競技選なら男子でものめり込むでしょう。コテコテ恋愛だけじゃないし、内容が奥深いし!ファンも多いですね。評価みると。。。

このかるたという競技も、体力と精神力と洞察力といろいろな能力が必要なんだと知り、始めたくなる衝動が生まれる人もきっとここまで描かれると沢山いるでしょうね。

キャラの設定も凄く面白い!特に、地味な外見なのに、中身の面白さを引き出すのがとても上手な作者ですね。だから、どんどんのめり込める、この引力は凄いです。
詩暢で、京都弁が柔らかくて実は相当キツい!なんて笑(京都の皆さん、すみません)知りませんでした。どちらかというと東男に京女なんていう古い言葉を知った時、京都の女性ははんなり・・・・ってイメージが・・・ちょっと新鮮な場面が度Sの詩暢で面白いです。

アーティストはスピリチュアル的な事に必ずといっていい程、携わりますね。それも、精通してある程度のレベルに来ると、スピリチュアルに携わらないと成長もしない。と私は個人的に思い込んでいます。

しかし、そういうった文化や感覚的な事も必要ですが、将棋と似たようなカッコイイ太一君や新は設定では理数系ですね。でも、その要素もなければ「かるた」で勝ち続けるのは難しいのかもしれないですね、ある程度の分析力もなければ勝ち抜いていけないと痛感しました。

大人も楽しめますね。地味な素材なので、中々飛びつけないですが、高評価だったので見れて良かったです。もし、高評価でなかったら見逃しかねない。

日本人として、世界へ誇れる「かるた」文化だし!
新じゃないけど、日本人が知らなきゃ!世界へ誇れない。
日本人として、こういった消えそうな文化の中のひとつに火を付けた作者は凄い貢献だと思います!これは日本人であるなら、是非見て欲しい!日本の代表として誇れるアニメのひとつだと思います。

最後に、思い出すのはもう1作あります。だいぶ、古い作品だけどね。
大和和紀の「あさきゆめみし」源氏物語の漫画。これは女子向きだけど、アニメに何故ならなかったのか?残念ですが。。。雅な源氏物語を簡単に綺麗な作画で見る事ができますよ!これくらい綺麗にきものを描いてくれたら作画に★5つ!

------------ 3回目の鑑賞中 10/9/2014 -----------
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4063766985/ref=wms_ohs_product?ie=UTF8&psc=1
このURLはアニメ前の小学校と中学校の小説一から四を読んでから三度目を観ています。
小説ですが、より詳細が描かれています。新の府中から福井へ戻り、永世名人の祖父が亡くなり、千早と太一が福井まで訪れるところ新の深層心理を知ることができました。心が折れた新の気持ちがよく理解できました。

クィーン詩暢ちゃんの中学生活の様子、彼女がSnow Manをコレクションするきっかけとか?かるたしか友達が居なかったけど、友達ができたエピソード。

奏ちゃんも登場していて、彼女の古典への意気込みでよりいっそうかるたの意味を知る事もできます。ところどころにちゃんと万葉集、古今和歌集、百人一首やその他の古典の素晴らしさや、難しくて理解できないと思い込んだ多くの日本人の気持ちを解放して、そうか!昔の和歌って今のJ-POPと同じなんだ。
そんなに難しく考えることもなかったんだなっと、学生時代のネガティブに思った気持ちを転換してくれました。

更に、太一の中学校生活で、意外と恵まれていたようで暗い日々を送っていた事や、GFとの出会いやいきさつそして、千早と端沢高校で出会うところまで。
詳しく書かれていて、2度アニメを観た時には気づかなかった気持ちの変化がとてもよく書かれていて、一度目はこんなにあちこち欲張ってアニメにして、もっと恋愛とかるたの試合を中心に絞ってくれたらいいのになぁ。っと
生意気にもそんなコメントを乾燥として残しました。

私の人間的な未熟さで、小説を読んでから本当は原作でこの小説に近いところを描きたくても描けずに、小説家に執筆で託したことを知りあれこれと余分な体脂肪が多く付いてしまって残念的なコメントを残した事をしてはいけなかったと悟れました。
この小説を読んだ事で、私の中で消化不良だった部分がサッパリとしました。

二度目を観た時は一度目より、詳しく自分の目で観たかったからです。でも、そんなの、所詮自分の心の成長がされていないから、どんなに深く感じようと思っても、心の渦巻く気持ちや、太一や千早や新だけじゃなく、その周りの人たちの気持ちの在り方や、見守り方、アニメを観ていると三度目でやっとそれぞれのキャラクターの気持ちがやっと痛い程伝わって来て、2回目までは泣かなかった所で、泣いてしまったり。胸がキュン!っとしたりしています。

本当に、「ちはるふる」が好きな人たちへ。。。
是非、この小説を手に取ってみてからもう一度観て下さい。
場面場面のキャラクター達の気持ちがもっと深く理解や感じる事ができるようになっています!

2019/3 記
2018/10 アメリカにも「ちはやふる 3期」のニュースが! でも2019/10 秋シーズンに延期

AnimeJapanNTVブースに千早役瀬戸麻沙美さん太一役の宮野真守さん登壇 既に声優さんの音録りは始まっているそうです 声優の皆様も歳を重ねたので、役の表現力についてご指摘を受けつつ現場は盛り上がっているとのことでした
6年待ち続けたのでとても楽しみです!

投稿 : 2019/04/05
閲覧 : 168
サンキュー:

8

ネタバレ

funamushi さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

成長

スポ根の成長物語って大好きです。キャラについつい感情移入してしまいます。
悪い奴がいなくて、どのキャラも応援したくなります。

投稿 : 2019/01/29
閲覧 : 97
サンキュー:

5

ネタバレ

touma0314 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 5.0 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

漫画から

漫画でストーリーを知っていたので敬遠していましたが一期二期共に視聴。

結論から言うと漫画で良いです。
唯一アニメ版の方がいいなと思ったのは読手さんの声の違いがわかりやすかったところでしょうか。

投稿 : 2018/09/11
閲覧 : 74
サンキュー:

5

ネタバレ

ゴルボ さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.7
物語 : 1.5 作画 : 1.5 声優 : 2.5 音楽 : 1.5 キャラ : 1.5 状態:観終わった

過大評価

以下男性の感想です。原作未読、実写未視聴

視聴後の感想として、話の流れはヒカルの碁とか咲みたいな流れだなという
のが第一印象、部活の人数集めをして、大会に出るっていうよくあるやつ
部員集めに3話かけて長かったなという印象
話の流れがテンプレ的な流れなので作品としてみることができるレベルです。
でもかるたの話でなく別の競技ても成り立つよねと思いました。

キャラについては、千早、太一、新以外のキャラの顔が適当すぎ
少女漫画によくある恋愛関係に発展するキャラだけ超美形に書かれている

最後まで見て千早は好きになれませんでした。よくある女性がかっこいい
と思ってる女性像そのまんま、頭の中かるたでいっぱいで真剣にかるたに
取り組んでるんじゃなくて、新の影を追っている恋愛脳で、大会でも
勝たなきゃいけないところで千早が全敗、試合になると豆腐メンタルで
倒れる始末、見ていてイライラしました。
なんで主人公面してるのか、太一を主人公にするか(こいつも千早しか
頭にないが、まだ部長らしいことしてる)、新サイドの話が見たかった

かるたという対戦競技で主人公が弱いとやはりつまらないです。
こういうアニメだと主人公はチート能力を持っていて負けないんですけどね
「感じがいい」という能力を持っているのに豆腐メンタルなのでイライラします。

かるたの話を書きたいんなら中途半端に恋愛要素を混ぜないほうがよかったと思います。
恋愛ものを期待するならかるた部分が長く、展開が進まず視聴がきついでしょう。

総評としてかるたというニッチな視点、アイデアはよいが、話自体は別に
他の競技でも代替可能で90点越えは過大評価で、82点くらいのアニメかと
思います。そのため星を厳しめにつけています。

投稿 : 2018/02/16
閲覧 : 120
サンキュー:

1

ネタバレ

ゆかたん半島 さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

展開が早くて気持ちいい

自分が熱くなれる趣味がある
そんな仲間がいる
羨ましくなり、心理戦が楽しくなってくる作品。
内容を知っていてもまたみたい。

投稿 : 2017/10/06
閲覧 : 116
サンキュー:

3

ネタバレ

しんかわ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

映画はそこまで面白くないが

原作とアニメは非常に面白いです
絵もきれいですし内容も面白い
今までにないジャンルなので、割と見入ってしまいます

投稿 : 2017/09/01
閲覧 : 55
サンキュー:

2

ネタバレ

ピクシー さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイトルなし

かるたがこんなにも美しく激しいとは思わなかった。

登場人物のかるたの情熱を上手く表現していて、顧問の女帝が最初はバカにしていたけど、少しずつ興味を持っていく姿勢がなんて言ったらいいか分からないけど、スカッとした。

千早がクイーンと大会で、戦ったときの一枚取れて、嬉しい心や負けて悔しくて泣いた人間らしさがあって親しみやすかった。

音楽も心に残りやすくて、このアニメあっていて、OPは、リズムが良くてED切なくて色々な捉え方ができて主題歌を選んだ監督は凄いと思った。

パクリ疑惑ができていても、素直に楽しめてかるたをやりたくなりました。
誤字してたらすみませんm(_ _)m

投稿 : 2017/04/05
閲覧 : 64
サンキュー:

10

ネタバレ

アニメにはまりしもの さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

頭悪いから

百人一首頭に入ってこないけど、言葉っていいな、深いなと思わされるアニメでした。1期、から2期までいっきにみてしまった(笑)

とてもいい話でした。

投稿 : 2017/03/20
閲覧 : 58
サンキュー:

3

ネタバレ

おまゆ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

とにかくおもしろい!!

アニメも漫画も見ました。

普通なら結局勝つよな〜ってところで負けたり、大事なところで怪我をしてしまったり、思い切り主人公ツエーなアニメじゃないところが好きでした。

私はちはやふるがだいすきで、漫画もアニメも2回ずつ拝見しています。
ぜひもっともっと評価されてほしい作品です!

投稿 : 2016/11/10
閲覧 : 69
サンキュー:

7

ネタバレ

ヒロスケ さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

カルタなめてました

少女漫画が原作なので、恋愛メインのストーリーかなぁ~って思っていましたが、恋愛そっちのけのスポコンアニメでしたw
カルタ上手くなる為に特訓したり、カルタの面白さを一生懸命伝えようとしたり、試合にまけて悔し泣きしたりetc...
笑いあり涙ありで非常にオススメです!
一度見たら2期の最後まで一気に見れます。

投稿 : 2016/10/09
閲覧 : 79
サンキュー:

5

ネタバレ

りゅぅぞぅ さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

かるたってジャンルだけで敬遠していた 私が恥ずかしい・・・

 ジャンル 競技カルタ

 ストーリー

 小学校時代、転校生がやってきた ワタヤ・アラタ

みんなにいじめられていた 

 ヒロインのチハヤは彼のことをかばったばっかに

カノジョまではぶられいじめられる

 だが、ちはやはそんなことを気にしなかった

雨の日、彼が突き飛ばされ びしょ濡れになってしまい

かばってしまって ちはやまでびしょ濡れに

 その時にワタヤ・アラタの家で服を乾かしていたときに

競技・カルタに出会う それが物語の始まり



 物語

 カルタと出会い、アラタとチハヤは仲が良くなり、

そしてタイチも競技カルタに参戦

 アラタが転校・タイチが進学に伴って

チーム:ちはやふるは解散

 時は流れ 高校時代編に・・・

まぁ、このあとは見て確かめましょう('◇')ゞ


 
 キャラ

1:ヒョロ (圧倒的、個性をもった彼が好きだよb)

2:シノブ (我が道を行く 京美人素敵です( *´艸`))

3:アラタ (なまりがいい!!そう思わないかい?)

 


 感想

 タイトル通りで、かるたに興味がないため

視聴を敬遠していましたが、見た後大変素晴らしいアニメだと思いました

興味がわくつくりになっていたと思います 

 難しいかるたのルールを細かく簡潔に説明されていて

競技カルタを理解することができました

 CWに旅の途中近江神宮の近く通りましたが

そこは素通りしました 機会あればいきます( *´艸`)

投稿 : 2016/09/19
閲覧 : 92
サンキュー:

12

ネタバレ

ハルヒ激love35 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

カルタって面白いね!!

でも文系苦手な俺には百人一首は難しいですwww
中学生の頃授業でやったけど、ホントちんぷんかんぷんでね〜www
まぁ体験談はさておき、本編は中々面白い作品でした。
少女漫画な作画もおかまいなしにかなり楽しめました。
小学校エピソードを最初に置くことで千早たちの成長をちゃんと伝えていく作りは王道かつ素晴らしいです。
部員を集めてメンバー揃えて部室での特訓、努力、そして試合に参加し勝負!、なんて胸熱にさせてくれるスポ根アニメなんだと感動しました。
ヒカルの碁、咲-Saki-しかりの競技物は面白いですね〜
そして少女漫画らしく、太一との恋愛じみ〜た話も絡ませてるのも良かったですね。
そしてさすがマッドハウス、カルタの札が飛び散る描写なんかはBLACK LAGOONのOPで銃弾が散る描写を思わせるような物の動きでした(勘違いだったらごめんなさいwww)。
好きなキャラは着物屋の娘で和歌大好きな大江奏ちゃんです。
肉まん君も2期になって実力溢れてて好きでした。
恋愛描写も含めて万人向けの良いアニメで、ぜひオススメです。

投稿 : 2016/08/09
閲覧 : 86
サンキュー:

6

ネタバレ

kamesaan さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

きれいなスポ魂アニメ

少女漫画はパタリロしか読んでなかったのですが、薦められアニメの視聴を決意。

少女マンガということで美男美女の競技カルタを題材にした
恋愛アニメなのだろうと思っていました。

まったく違った!

まず題材となった競技カルタ、迫力や戦術の緻密さに圧倒!
次にセリフ、ぐっとくるものが多くいまでも頭に残っているセリフがあります。
そして描かれている世界感、きれいであり、細かい動作もしっかり表現されており、緊張感が伝わってきてこれまたいい!

恋愛描写もしつこくなくいい塩梅、美男美女がうまくアニメを引き立てていると思えた作品は初でした。(他見てないだけかもですが)高評価なっとくのできだと思いました。

少女漫画でしょ?熱いスポ魂なんて無理でしょ?と思っている方、雰囲気に吸い込まれるような熱い綺麗なスポ魂アニメです。是非視聴を進めます!

投稿 : 2016/07/15
閲覧 : 95
サンキュー:

9

ネタバレ

emu さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

かるた馬鹿♡

原作もアニメも大好きな作品。

作画とキャラデザインがとても好きです。

この作品を見て初めて競技かるたの中身を知ったような気がしました。

真剣なかるた勝負はもちろん、高校生らしい恋愛描写も素敵です。

個人的には太一の想いが実ってほしい…

感情移入して泣いてしまうシーンもありました。

少女漫画には珍しい主人公が美人という設定も◎

無駄美人という千早ちゃんが憎めなくてとっても可愛いです。

毎回、次回を期待させる作品です。

投稿 : 2016/07/14
閲覧 : 115
サンキュー:

17

ネタバレ

にゃーん。@活動休止 さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

よく泣き、よく笑う。名作です。

あにこれの評価がとても高いので気になっていました。

少女漫画原作のかるたアニメということで、
視聴をしばらくためらっていましたが!

早く観ておけばよかった。
これはかなりの名作だと思います(^^)!

キャラクター男女問わずよく泣いたり笑ったりするシーンがあるんですが、
心から泣きたい気持ちや嬉しい気持ちが素直に伝わってきて感動しました。

小学生編の3話。おとなしい新くんが
「かるたを一緒にしてくれてありがとう。でも多分もう会えない」
と泣くシーンではもらい泣きしてしまいました(;_;)

その後の高校生編。
小学生の頃とはそれぞれ違う道を歩んでいた3人が
またかるたの世界に戻り、再会、新たな目標に向かって頑張っていく。
一生懸命な姿って素敵だなとあらためて感じました。

ちはや、新、太一の友達+恋模様も素敵です。
太一のちはやに対する淡い恋心にはきゅんときました。
ちはやの気持ちは少し新よりかもしれないけど、頑張れ!

新の福井弁も和みました。
声優さん福井弁うまいの~^^

投稿 : 2016/06/30
閲覧 : 151
サンキュー:

24

ネタバレ

ともゆき! さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

楽しいって。

忘れてな感情を思い出させてくる

 第1話 「さくやこのはな」
新「自分の事でないと夢にしたらあかん、のったらあかん、おねえちゃんがかわいそうだ。」

 夢は持っているだろか。毎日の仕事、人間関係、将来への事に負われている日々。
 自分の夢ってなんだろう。夢はないけど、探したい、敏感になりたい。

 第2話 「からくれなゐに」
千早 「とんでもないかけなのに。気持ちよかった。これだったら誰にも負けないなって私もってないよ」
 
 夢ってなんだろう。自分がどうしてもこうしたいという事なのか?欲望は再現が無く満足なんて一生しないと思う。
 夢って自分が納得できるように生きるということなのだと思っている。
夢とは自分が納得できるために生きる指標なんだと思う。
 誰にも負けないと言い切れるほどの、努力、行動、過去、そして未来それが納得に繋がるのだと思う。
 夢とは納得するために行ってきた、自分の基軸そして努力、そしてこれからも努力していくという信念なのだと思う。

 夢を持って日々を過ごす。それが幸せへの第一歩だ!

投稿 : 2016/06/12
閲覧 : 96
サンキュー:

4

ネタバレ

★光姫★ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

少女漫画、競技かるた

競技かるたを題材とした少女漫画。本作の主人公はクイーンを目指す少女・綾瀬千早であり、物語は千早がクイーンの座をかけて争う場面から始まる。その後は千早が過去を回想する形で第6話までは小学校編が、第7話から高校生編が描かれている。  wikiより


このアニメを見て、かるたをやりたくなりました。

競技かるたについては、知らないことだらけでとても興味深かったです。

かるたのことがわからなくても楽しめます。

競技かるた・・・小倉百人一首を使ったかるた取りの競技戦で、文化系スポーツ。夏の大会では長い時間の連続試合になる場合もあり集中力が切れないためにはスタミナと体力が必要不可欠となる。そのため初心者が長時間無理し過ぎると指先が麻痺で自由が利かなくなる場合がある。 wikiより

好きな句のひとつに、下記のがあります。

花(はな)の色(いろ)は 移(うつ)りにけりな いたづらに
わが身世(みよ)にふる ながめせしまに

投稿 : 2016/06/09
閲覧 : 142
サンキュー:

13

ネタバレ

りゅう さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

面白かった!

競技かるたのことを全く知らなくても楽しめました。
登場人物すべてが魅力的で素敵でした!

投稿 : 2016/05/31
閲覧 : 89
サンキュー:

3

ネタバレ

がぁべら♪ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

競技かるた

小6の時、アヤセチハヤは姉がモデルの日本一になることが夢であった。福井から来た転校生ワタヤアラタに「自分のことでないと夢にしてはいけない」と諭される。そんなアラタの夢は競技かるたで名人になり、日本一になることであった。真剣にかるたに臨む彼の姿に感化されたチハヤは、幼馴染のマシマタイチも巻き込んで、かるたの魅力へ惹きこまれていくところから物語は始まる。
------------------------------------------------

絵は綺麗デス。
キャラは魅力的デス。
ストーリーは分かりやすいと思います。
競技かるたはスポーツというように熱い闘いがあり、勝負の世界は大変だなぁって思います。
でも、それだけでなく、友情や恋愛の今後の展開が気になります。

投稿 : 2016/05/13
閲覧 : 128
サンキュー:

13

ネタバレ

みずっち。 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

映画が見たくなった!!!

久しぶりにレビューを書くので読みにくいかもしれませんが読んでいただけたら幸いです。

有名な作品なので皆さんご存知かと思いますが、「ちはやふる」は競技かるたのお話で、主人公の「千早」がかるたの天才「新」と出会う所から物語は始まります。

「千早」が初めて「新」と競技かるたをしたとき「千早」は競技かるたの楽しさを知り日本一の女性かるた選手「クイーン」を目指すというストーリーです。

とても大雑把な説明でしたがお話しが気になる方は是非見て頂ければと思います。
長々と失礼致しました。

投稿 : 2016/05/10
閲覧 : 102
サンキュー:

8

ネタバレ

たか さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

おもろい

青春アニメ×百人一首
いままでこんなの見たことないて感じ  
一話見たら止まらない感じ

投稿 : 2016/04/23
閲覧 : 84
サンキュー:

2

ネタバレ

ブロッコリー さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

今 本気で部活を取り組んでる方にみて欲しい

すべての学校生活をカルタにささげてきた 部活一筋の女の子が 恩師や親友 幼馴染み 憧れの人に切磋琢磨 努力して 一番を目指していくのですが いろんなキャラが輝いていて 観てて努力する人みんなはとても魅力的だと実感します 子供の時に熱心になれるものを見つけようとする時には 是非ともみてほしいです そして 年配のみなさんがみても 甘酸っぱくて 爽快で胸を熱くするものがあるので全年代がみてたのしいと思います。

投稿 : 2016/04/23
閲覧 : 90
サンキュー:

5

ネタバレ

latte さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

青春全部を何かにかければよかった

漫画も好きだけれど、漫画では分かりづらいスピード感、一瞬の駆け引き、音になる前の音、そこがアニメによってより面白く迫力のあるものになっていると感じました。

「青春全部懸けたって強くなれない?懸けてから言いなさい。」
「やりたいことを思いっきりやるためには、やりたくないことも思いっきりやんなきゃいけないんだ」
「A級になるより逃げないやつになりたい」
この作品の中にはたくさんの名言があると思います。部員ひとりひとりの思いや成長、言葉にすごく感動!苦しくて、苦しくて、それでも逃げずに向き合う姿がかっこよくて自分ももっと頑張ろう、って前向きになれる!
自分も青春全部何かにかけてみたい。

前向きなちはやちゃんも好きだけれど、机くんやかなちゃんに親近感が持てます。周りみたいに強くない自分。でも、自分の良さを伸ばしていける人になりたいですね。
あと、途中に出てくるさくらさん。脇役だけれど、彼女も好きなキャラです。どんなに大人になって、あとから追いかけてくる人に抜かされても、自分の夢を捨てずに自分のやり方で前に進める人になりたい。

スポーツの青春、部活の作品は多いけれど
いちおう文化部の話なので違う良さがあると思います。
それに、この作品には学生だけじゃなくて夢を捨てずに努力し続ける大人もたくさん出てきます。年をとったって、あきらめる理由にはならないって気づかせてくれる素敵な作品だと思います。

投稿 : 2016/04/09
閲覧 : 211
サンキュー:

22

ネタバレ

Nabii さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

A

・映画出て面白そうだから見てみる
・百人一首のアニメ
・実際のは分かんないけどアニメで見るかぎり百人一首すげぇ協議なんだなって思った
・ボインちゃん可愛い
・回想多くてしつこいのがちょっと残念
・「おおやまふだ」ってワードがよく出てくるけど未だによく分からない、けど調べるまではしたくない。複雑なり

投稿 : 2016/04/07
閲覧 : 80
サンキュー:

2

次の30件を表示

ちはやふるのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ちはやふるのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ちはやふるのストーリー・あらすじ

姉がモデルの日本一になることが夢であった小学6年生の綾瀬千早は、福井から来た転校生・綿谷新に「自分のことでないと夢にしてはいけない」と諭される。そんな新の夢は競技かるたで名人になり、日本一になることであった。真剣にかるたに臨む彼の姿に感化された千早は、幼馴染の真島太一も巻き込んで、かるたの魅力へ惹きこまれていく。(TVアニメ動画『ちはやふる』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2011年秋アニメ
制作会社
マッドハウス
公式サイト
www.ntv.co.jp/chihayafuru1/
主題歌
≪OP≫99RadioService『YOUTHFUL』≪ED≫瀬戸麻沙美 『そしていま』

声優・キャラクター

瀬戸麻沙美、細谷佳正、宮野真守、茅野愛衣、奈良徹、代永翼

スタッフ

原作:末次由紀(講談社『BE・LOVE』連載)、 監督:浅香守生、シリーズ構成:高山直也、キャラクターデザイン:濱田邦彦、美術監督:清水友幸、撮影監督:藤田賢治、色彩設定:橋本賢、CG監督:さいとうつかさ、編集:木村佳史子、音楽:山下康介、音響監督:三間雅文

このアニメの類似作品

この頃(2011年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ