「Gungrave ガングレイヴ(TVアニメ動画)」

総合得点
75.6
感想・評価
420
棚に入れた
3118
ランキング
702
★★★★☆ 3.9 (420)
物語
4.1
作画
3.7
声優
3.9
音楽
3.8
キャラ
4.1

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

Gungrave ガングレイヴの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

ujimushi さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

14話~16話が面白さのピークかな

ハリーとブランドンが成り上がろうとする過程が面白いです。ハリーとブランドンが決別するところが面白さのピークのような気がします。
あとは転落してくだけな訳ですが、ストーリー的には泣けるだけで面白さは無いです。最終回のお涙頂戴の演出とか「くどい」とさえ感じました。まあ・・・なんだかんだ言って好きな作品の一つですけどね。
キャストは実力者揃いでキャラに愛着が湧きました。
作画も動く回は美しい絵でよく動いてくれます。

投稿 : 2019/06/19
閲覧 : 438
サンキュー:

0

ネタバレ

たわし(爆豪) さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

内藤さんとはハードボイルドの「価値観」が違うかも知れない

こんなしみったれた話はハードボイルドとは個人的には思わない。「ゴッドファーザー」風の因縁話だが、雰囲気だけでお話に一本の筋が見えない。

ハードボイルドの価値観が違うのだろうか?

もっと映画だけでなくイギリスやアメリカのスパイ、ハードボイルド小説を読んでみてほしい。

そこには人間の陰惨で強欲な本性とその欲だけで街や人が破壊され、後には何も残らない様が描かれている。

そう愛憎による殺し合いの末にはぺんぺん草一本も残らないほど、何も残らないのだ。

その人間の哀しみがハードボイルドであって、お涙頂戴ものでは決してないと断言する。

投稿 : 2018/04/20
閲覧 : 456
サンキュー:

3

ネタバレ

saiha さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

一話詐欺ここに極まれり

一話で切ってはいけないアニメはたくさんありますがその代表格がこのアニメです。
はっきり言って初見で一話を見ても全く意味が分からないし面白くありません。
時系列的には1話の内容は物語の真ん中ぐらいにくる話なので、そこまで見て初めて1話の意味が分かることになります。
そしてそこまで見ることを是非おすすめしたい作品です。

EDも名曲ですね

投稿 : 2018/03/21
閲覧 : 437
サンキュー:

0

ネタバレ

クロシバ710 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 1.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

浦島太郎!?

中盤までの物語の展開の遅さ、そして、しつこいぐらい現れる回想シーンは許せたけど。
それを、終盤でもやるとは思わなかった。
物語の終盤、ハリーが故郷に戻ってからの回想シーンは、あまりにも長すぎ、物語の流れを完全に切断していた。

それから、ハリーとブランドンがお互いの頭に銃を向け合って、引き金を
半分ぐらい引いたところで終わる結末も、僕には納得できなかった。
なぜなら、その5分ほど前にブランドンはハリーに、
「友達を撃てるわけないだろう。」と告白しているのだ。
この物語をきれいな絵で終わらせたかった、製作者の意図はわからないでもないが、このアニメにふさわしいラストにはとても思えなかった。

なぜ13年後、多分まだ40才すぎぐらいのハリーが、
突然、まるで浦島太郎のように、70歳を超えたような、
おじいさんの作画になってしまったのか?
そして声優まで、おじいさん役の声優に変えてしまったのか?
製作者は、これを、いいアイディアと思ったのか?
僕には、この物語を壊しているようにしか見えなかった・・・

ところで、ブランドン・ヒートについて。
僕にとって、このアニメはブランドンがすべて。
心から愛するマリアを、年老いたビッグ・ダディーに譲ってしまうシーンを
見て、多分、理解出来ない人もいると思う、
また、彼の底が抜けたようなやさしさ、お人よしさ(ビッグ・ダディーからは不器用と言われる)は見方によってはこのアニメからリアリティを
うばっているはずなのだ。
それでも、ブランドンをステレオタイプの殺し屋に変化させず、
理解不能なほどの、やさしさを持ったまま最後まで描きっている事だけで、
このアニメは僕にとって100点です。

投稿 : 2017/10/22
閲覧 : 318
サンキュー:

1

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

男のアニメ

スラム街で育った主人公のブランドンと親友のハリーが
マフィアを通じて成り上がっていくシリアスなストーリー。
友情・愛・裏切り、仲間の死。
そんな人間ドラマを詰め込んだ男の美学的な骨太作品。
洋画を見ているかのような感じです。
演出がとにかく渋い。
OP・ED映像も味がありかっこ良くて好きです。
ラストは涙無しには見れません。
現代の希薄な人間関係を思うと本当の仲間とは?
親友とは?そういうことを考えさせられます。
最近はこの手の作品が無いので希少な作品かと思います。
男なら一度は見るべきアニメ!

投稿 : 2017/03/15
閲覧 : 304
ネタバレ

だんご神 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

不器用な主人公

ブラクラ、ヨルムンガンドあたりが好きで類似点があると思い視聴決定に至る。

爽快アクションなどの想像とは裏腹に話の内容はシリアス系でした。ストーリー的には複雑な点もなく、全26話一貫性のあるものでした。

投稿 : 2016/09/04
閲覧 : 252
サンキュー:

0

ネタバレ

けい さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

たくさんの人に見て欲しい

かっこいい この一言に尽きます。
ブランドン・ヒートとハリー・マクドゥエル、親友の二人が互いを家族より大切な存在と思いつつもそれぞれに裏社会を生きていく中で別々の道をゆくようになり、大切だからこそ銃口を向け合うようになってしまう…
男とはこんなに不器用な生き物なのですね、泣けます、これが男泣きってやつでしょうか。
策を巡らせ組織の中枢で上り詰めてゆくハリー。
ヒットマンとして功績を上げボスにすら信頼されるブランドン。
この二人が組めば世界すらつかめたはず…あぁもう。
ハリーとブランドン以外の登場人物もかっこいい人がいっぱいでてきます。
男というより漢です、漢達です。
途中からみんなクリーチャー化してしまいますがそうなってもなお漢なんですからもうどうしようもありません。
伝わるでしょうか、伝わりませんよねすいません。
ああ語彙が、私に語彙があればこの作品のすばらしさをもっと伝えられたのに…もっと真剣に国語の授業うけておけばよかった。

女性キャラが可愛いかどうかで見るアニメを決める私ですら漢の生き様に胸を打たれる、それほどの物語です。
可愛いヒロインという大正義がないにもかかわらず私が完走できた数少ない作品。
ガングレイヴ大好きです。

投稿 : 2016/02/14
閲覧 : 272
サンキュー:

2

ネタバレ

クロクロ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 2.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

現実離れしなければ最高だった

普通のマフィアを題材とした作品として作っていれば流行っていたと思う。
SF要素を入れたせいでリアリティが消えてしまった

投稿 : 2015/09/08
閲覧 : 340
サンキュー:

0

ネタバレ

にゃんこまん さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 3.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

全ては最終話手前の回をみるために

 1話が終わってから1クール分過去話。それが終わってから1話の続きが始まります。
 とにかく過去話が面白い。見てる最中は過去話ってことを忘れていました。残念ながら過去話が終わってから少しだけだれますが、それは全て最終回1個手前の話にて全て帳消しになるぐらい、完璧な繋がりとクライマックスを迎えます。むしろなぜ最終話にしなかったのかと問い詰めたいです。最終話は少し蛇足気味でしたが、全編通していい作品でした。

投稿 : 2015/08/29
閲覧 : 357
サンキュー:

2

ネタバレ

uppo さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

全てを自由に出来る力を求めた男と不器用で誠実な男の物語

全26話。
マフィアの話です。
これがハードボイルドかと思いながら見てました。
面白かったですね。
以下ネタバレ

このアニメは墓のシーンが多いと思う。
以外にそこに触れてる人が少なく感じた。
そこでふと疑問に思ったのがハリー・マクドゥエルはミレニオンのボスになりほぼ全てが自由に出来る状態になったにも関わらず約13年間友の墓を建て替えなかったのかという点です。
個人的な見解ですが、色々な想いはあると思うけど一番はブランドンを殺した事。そんな報告出来る訳ないですからね。
ただ、ブランドンに向けられた銃、ブランドンを撃った銃を持っていた事や机にネイサン、ケニー、ジョリス達との写真があった事などを考えると思う所はあったんだろう。

後、マリアの手のひら返しにはかなりびびりました。
これが女性特有の記憶の上書きってやつかと思いながらみてました。
ビッグダディとブランドンの中身が似てるからといって、この急展開には驚きでした。
マリアにはもうちょい頑張ってほしかった。

個人的にこの作品のマイナスポイントとなった箇所は二つです。
1点目はブランドンに感情移入が出来ない点。
ブランドンとの親友の絆を描いていて最終話には「お前を撃つなんて出来ないよ」と言っている。
その言葉が絆を表しているのだろう。
でも、自分自身が殺され、愛する人、守るべき人、世話になった人達をみんな殺され、それでもその言葉が出て来るのはもう自分の理解を超越していた。
自分がブランドンならハリー見つけた瞬間に殺していると思う。

2点目は最終話で二人の友情(特にブランドンが最期までハリーを信じようとした点)を描いてはいるが、結果的に周りは死屍累々。メインキャラがほぼ死亡な点。特にウィッジ、ゲーリーが殺されたのは好きなキャラだったので非常にショックだった。
救いがほぼ無い点から後味が良いとは言い難い。
二人視点だけで無く色んな人間の視点から見れば迷惑な話にもとれる。
ブランドンが、13年前にハリーを殺していれば、ビッグダディもマリアもウィッジ、ゲーリー達も死ぬ事は無かっただろう。
その他被害を被った方々の事も考えるとこの作品の結末を良しと出来ない。

そういう点を差し引いてもハードボイルド作品として楽しめて見る事が出来たと思います。
後、最後描かれてないけどどうなったんだろう。

投稿 : 2015/06/09
閲覧 : 362
サンキュー:

10

ネタバレ

名無氏 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

男向けのアニメ

ハードボイルドガンアクションアニメ。

{netabare}
アツすぎてなんだかこちらが恥ずかしくなる作品でした。
でも、「自分の魂に生きた男たち」の記録ですね。仲間、友情、絆。感動しました。

印象に残ったのはやはり、ラストシーンです。

「お前を撃つなんて できないよ」

相棒と過ごした日々がテロップで流れます。
あれだけ敵を殺しまくってきた主人公の手を止めたのは、親友だったのです。
親友との絆が彼の魂に刻まれていたんですね。
男の本質は何年たっても変わらない。良く言えば純粋、悪く言えば幼稚です。

自分の死を利用して出世し、最愛の者を手にかけた者であっても、親友なんですね。
それだけ二人が過ごした日々は特別で、意義深いものなのでしょう。

きっと主人公は自分が死ぬときにわかっていたのかも知れません。
「親友の真実を知っていた」にも関わらず、銃の引き金を引かなかった。
内心では、きっと親友を信じていたのです。

そして何十年ぶりに親友に出くわした時も、きっと彼は信じたのでしょう。
{/netabare}
男の友情って何年経っても変わらないんですね。

投稿 : 2014/12/27
閲覧 : 229
サンキュー:

11

ネタバレ

kamesaan さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

どうしてこうなったのか

チンピラがTOPを目指していくサクセスストーリー?
メインはサクセスストーリーなのかなと思います。

全部見終わった後、どうしてこうなったのか考えさせられました。
上を目指していく上で何の為に上を目指すのか、この部分の違いで
仲違いを起こしてしまう。
しかしどうしようもないほど親友である二人。
友が欲に溺れてしまう前に、仲違いする前に、どうにかならなかったのか。
見終わった後、どの部分を間違わなければこういう展開にはならなかった
だろうと、考えてみても答えが見つかりません。
きっと切っても切れない縁で結ばれていた二人、些細な事でこういう展開にはならなかっただろうとも感じました。

そんな風に考えさせられ、引き込まれたアニメでした。

投稿 : 2014/12/13
閲覧 : 187
サンキュー:

1

ネタバレ

QSUxP46198 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

感想

物語の評価
1話で切りそうになったが、切らないで正解だった。
声優の評価
磯部勉(ブラクラのダッチ)の演技が
キャラの評価
作画の評価
音楽の評価

投稿 : 2014/11/02
閲覧 : 176
サンキュー:

1

ネタバレ

織田信長 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ビヨンド・ザ・グレイヴ

ゲーム原作の作品です。
ストーリーは、主人公ブランドン・ヒート(ビヨンド・ザ・グレイヴ)が親友のハリー・マクドゥエルのマフィアを止めつつ、浅葱ミカ(後半のヒロイン)を守り闘う物語が本筋でありますがほとんどが、過去編を占めています。

主人公は、寡黙で無口、不器用だが非常に仲間思いの優しい性格で、仲間(ファミリー)を思う気持ちは誰よりも強く。そして、親友のことをよく考えていたと思います。

最初は、1話を観て「はあ?、なにこれ」と思って1話で止めてしまおうと思いましたが5話辺りまで観て、ようやく話を把握することができました。

あ、1話は現在?の話になっています。
2話から16話は過去の話となっています。主人公達がチンピラ、マフィア時代の
話になっています。

17話からはようやく、現在?の話に戻ります。

個人的には、主人公達がマフィアのトップまで登っていくのが面白かったです。

観たら、続きが気になってしまう作品でとても熱い作品でした(T . T)

そして、主人公にはもっと自由を求めて欲しかったし、恋人と幸せになって欲しかった(T . T)(T . T)

バトルがほとんどですが、16話を観て主人公の想いに思わず泣いてしまった(T . T)
私だけかもしれませんが 笑

個人的には16話の途中までは神でした✨

この作品を観る方は1話で切らずに最後まで見て貰いたです。

投稿 : 2014/10/12
閲覧 : 236
サンキュー:

4

ネタバレ

単細胞 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ハチャメチャ

途中から「そういうアニメやったっけ?」ってなるけど、
逆に笑えてきて面白かったです。

投稿 : 2014/10/02
閲覧 : 187
サンキュー:

1

ネタバレ

isukanndal さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

よかった

いやー、よかった・・・

余韻に浸りたくなるアニメでした。
展開は多少(かなり?)ベタですが、それでも、いやむしろそれだからこそグッとくる内容でした。オッサン達がかっこわるくて、それでいてかっこいい。すばらしかった。

投稿 : 2014/07/21
閲覧 : 153
サンキュー:

1

ネタバレ

HUMMER さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ハードボイルド・ガンアクション

「ブランドン」と「ハリー」という二人の男の物語。
孤児院で出会い親友となった2人が成長してゴロツキとなり、ふとした切っ掛けでともにマフィアとなってファミリーのトップへと上りつめていく。途中で道を違え、ハリーは疎ましくなったブランドンを裏切り殺してしまう。
だがブランドンはかつて愛した女である「マリア」の娘「ミカ」を守るためファミリーが極秘裏に行っていた研究の成果を体に施されて復活する。
ただしそれはまともな人間としてではなく、超人的な力を持ったもはや化け物のような体で。
それでもブランドンは「ビヨンド・ザ・グレイブ」と名を変え、ハリーとファミリーに戦いを挑む。物語はそこから始まる。
マフィアの話ということもあり、熱くシブい男たちが数多く登場する。
ガンアクションのシーンも多々ありこういった作品が好きな人には非常に見どころが多いと思う。後半は主人公・敵ともに超人化し、特に敵は人間の原型をとどめない化け物になってしまうため、戦闘は派手になり若干SFアクションの様相を呈してくる。この辺は少しB級臭が漂う(笑)だが主人公の武器が銃や重火器などであるため一応ガンアクションの要素は残っている。
個人的には最後のシーンは胸にしみる感じがした。
EDテーマの「茜色が燃えるとき」という曲はこのアニメの雰囲気にとてもあっており良い曲。

投稿 : 2014/05/26
閲覧 : 246
サンキュー:

4

ネタバレ

やややゆゆゆ さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

おもしろい!

この作品は

マフィア組織が幅を利かす街の中での主人公ブランドンとその盟友ハリーとの友情

というテーマを軸に進んで行く。

序盤においては街のチンピラだった底辺からマフィアの世界でのし上がって行く過程に胸が躍る。

また、物語終盤ではカタルシスとテンポの良さといった違う意味での爽快感がある。

バトルの性質は前半と後半で大きく異なるため世界観が崩されたと感じる人もいるかもしれないが、私にはキャラクターの変化がボス感を醸し出しておりよいものに感じられた。

最後もうまくまとめられておりよい作品だと思います。

あとユミ個人的には好きではない。
ブランドンとマリアがなんでくっ付かないんだというもどかしさがあったからかもしれない。

ただ、物語においてはユミがブランドンの人間味を引き出す重要な役割を果たしていることは否めない。

投稿 : 2014/01/03
閲覧 : 166
サンキュー:

2

ネタバレ

ぽぽたん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

感動が待っているが、残念なところも多い。

物語のテンポも良く一気に全話を観ることができる。
ガンアクションが多く、殺しアニメでもある。
とにかく撃つ!死ぬ!なのだ。
マフィア物だから当然と言われれば、そうであるが。
それでいて友情や人情ドラマも有り、最後は感動が待っている。
私も久々に感動した。
良かった。

でも厳し目の評価をしたい。
視聴者に次も気になると思わせなくてはいけない、重要な1話だ!。
全く意味の分からない退屈な1話であり、製作者の身勝手とも
言える。ついでに言えば綺麗とは言えない作画。
自分は1話断念しかけた。

次に、物語の内容が中盤まではとても良かったのだが
後半からは、死人がゾンビのように生き返り銃では死なない「バイオハザート」のようであった。
仕舞には体が化物になり、空を飛んだり、肉体が再生したり
ハチャメチャだ。
マフィアに「バイオハザード」とホラーの入り乱れ。
ついでに言ってしまえば四天王のキャラがいまいちで、
チープな四天王戦。

残念なところだ。

それでも最後は観た人に感動を与えてくれる。

あの2人は「どこで道を間違えたのか?」
観終えた後に考えたり、話し合ってみるのも醍醐味である。
彼らはどこで道を間違えたと思いますか?

自分の人生もどこで道を間違えたのか・・・・。

投稿 : 2013/12/07
閲覧 : 248
サンキュー:

12

ネタバレ

名前 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 5.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

面白かった♪

ラストらへんまぢ泣いた
みかを残して主要キャラわほぼ壊滅するけど
親友として一緒に逝けたからハッピーエンドかな
アニキ(ブランドン)渋かっこよかったっす(笑)

投稿 : 2013/11/16
閲覧 : 210
サンキュー:

1

ネタバレ

残酷処女 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

不器用にしか生きられない男達の絆の物語

スラムで育った親友同士がマフィアに入って成り上がっていくお話。青年期から壮年期へと話が進むにつれ物語の中での時系列も進んでいき、キャラクター達の心情の変化なども丁寧に描かれています。音楽もハードボイルドな作品の雰囲気を引き立てていていい感じです。人間をしっかり描いた硬派なアニメです。ビバップ好きには特におすすめです!

投稿 : 2013/10/14
閲覧 : 156
サンキュー:

4

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

渋いオヤジ達の過去の清算

渋い!
いやーーー渋いです!
過去編も1話1話じっくり描かれて、
どのように二人が組織にのぼりつめていくのか、
そして、なぜ信じあっていた二人の方向性が
ずれていったのか、
ストーリー展開が丁寧でわかりやすいです。

おっさんどうしの友情、信頼関係、男同士の世界とか、
当時だから作品かして、それを評価することができたのかもしれません、今こういう作品って減ってしまいましたね。

とにかく、すべて見て最後の2話は
涙なしには見れませんでした。切ない、でも温かい。

表面じゃなくてストーリーを見てください。
ガンアクション、マフィアもの、お好きな方、
おすすめします。

投稿 : 2013/09/27
閲覧 : 182
ネタバレ

Jonez さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:----

これはズルい。

「愛と友情とすれ違いの青春成り上がりストーリーINマフィアの世界」
って感じで、ド直球で泣けます。

しかし、ガンアクションゲームが原作の作品なので仕方ないのだろうが、
無駄にSFくさいバトルが入ってしまったのが惜しまれる。
回想終了後に出てきた主人公が
アホみたいなコスプレをして、派手な武器を振り回し
これまたイカれたクリーチャーに変身した昔の仲間と
無駄に派手な戦いを演じ出したときは
「ここまでの流れをドブに捨てる気か!?」と驚いてしまった。
あまりのストーリーの美しさに
原作ベースで見たときに本来コア要素にあたる
「SFガンアクション」という小道具が
逆に邪魔で余計になってしまった。
化け物相手にチャカ振り回すだけの痛快アクション物だったら
こういう驚きも無かったのかもしれないが、
そんなもんよりはるかに見る価値がある出来になっています。
なので、その辺は見ないであげるのが正解かと思います。

お互い散々ボロカスにやって「お前を撃つなんて出来ないよ」で
全てが片付いてしまうこの美しさが全てです。

これは良い話です。

投稿 : 2013/08/30
閲覧 : 267
サンキュー:

2

ネタバレ

あゆとも さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ストーリー重視の男の友情もの

マフィアものと思っていたので敷居が高かったのですが、見始めたら一気に見終えてしまいました。
一話で?という感じでただのマフィアものではない事がわかります。2話からは主人公たちの少年~マフィア組織の中で出世していく様が書かれています。お互いの性格や立場を踏まえ、2人は堅い友情で結ばれながら出世していきます。しかし、友情をとるか、組織をとるかの選択により、2人は全く異なる道を歩む事に…
後半は、ちょっと色んな設定ありバトルで、ちょっとひいてしまう場面もありましたが…
最後は泣くというよりは、胸がしめつけられるような切なさを感じました。
無口な主人公が、様々な場面で意思を貫くところはかっこいいと思いましたね。

投稿 : 2013/06/17
閲覧 : 194
サンキュー:

2

ネタバレ

白眉 鷲羽 さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ハードボイルドの頂点

ブランドンは漢だよ。
生き様、考え方、そして何より不器用さ。
全てが格好良い。
言い方悪くするなら、馬鹿は死んでも直らない。このキャラは文字通りそうだった。
でも、だからこそ格好良い。

もし一話で切るのだとしたら、あまりに勿体無い。
二話観たら全部観たくなる。そんなアニメ。

投稿 : 2013/02/14
閲覧 : 156
サンキュー:

2

ネタバレ

vengala さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

もっと評価されるべき

面白いと聞いてみたんですが2回は1話で断念しましたが、3回目頑張ってみてみたら過去最高クラスの面白さでした。

ゲームの部分が邪魔ですが、ストーリーはめちゃくちゃいいので、おすすめです。

投稿 : 2012/09/14
閲覧 : 243
サンキュー:

2

ネタバレ

utorin さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

面白い!

中盤までグレイヴのチンピラからの成り上がりサクセスストーリーだったけど、後半自分はイマイチでした。

投稿 : 2012/08/06
閲覧 : 227
サンキュー:

2

ネタバレ

安芸音 秋 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ヨクモデェース!

ゲームは復讐メインですが、こっちは友情テーマ
ガンアクションものかと思いきや任侠もの
しかもどこかジャパニーズマフィアな匂いがする、和洋折衷やっさん系物語
ゲームよりも設定掘り下げてくれてるおかげで、よりのめりこめる様になってます・・・ってか二人の過去をキチンとやってくれたのは嬉しかったですね
隠れた名作扱いですが、隠れきってない笑
なんかこう、名作オーラ滲み出てて触れた瞬間にダイヴできる感じ

☆物語
親友と馬鹿みたいにデカい裏組織に入って上を目指す→裏切られむっころされる→想い人の娘きっかけで復活、組織壊滅に乗り出す→友情
とにかく過去パートが長いです
2話~17話までがっつり過去パート
ゲームからの人はグレイヴが終始撃ちまくる系を想像していたのでは?と思います
けど、この作品を名作たらしめたのはこのやたらとロングな過去パートのおかげかと
これこれこういう感じでこうなってあの1話なんすよー、と丁寧に描写されてる分、組織との因縁や二人の友情がより濃密になりました

個人的に「守る」はキーワード
守るっちゅーのは裏切らないことだと終始発言されるわけですが、実際守る為にはある程度の取捨選択が必要だと思います
実際作品の中でも「組織」と「大事な人」を天秤にかける描写が多々あって・・・どっちかを選ぶとどっちかを「裏切って」しまうという、なんていうか相容れない悲惨な関係性だと感じたのです
グレイヴが組織を裏切ったというのは、ある意味で正確で、それは最終回のセリフからも伺い知れます

何を守るか、何を裏切るのかってのは残酷な問題だなぁ

結局全てを捨ててハリーを選び、直向に戦った彼の人生には感銘を受けました

でも真似はしたくない笑
ってか無理だよすげぇよそこに痺れるけど憧れないよ

そうして感慨深い最終回
人生=ドラマと改めて感じるいい最終回でした
グレイヴのセリフ、一つ一つがズシズシきます
無口な奴ってたまに口開くとすげーのな
原作ぜんっぜん喋らないくせに
ムチャシヤガッテ・・・涙

☆キャラ
↑でたまにって書きましたが、けっこう喋る関
組織の幹部時代に至っては昔が嘘の様におしゃべりします
1話目の段階で、敵にビシバシやられて「ぐおっ!」「ぬうんっ!?」とかやってた時点で、「???」ではありましたが笑

幹部が自分からしゃしゃって自爆していく様はさすがのゲーム原作です
アニメだけの方からしたら、もっと部下使いまくれよなんでわざわざ上役出張ってんだよってなっても仕方ない
原作よりバラッドさんがボブ想いに感じました
声優変わったけど印象までは変わらないキャラの濃さ
ってか若かりし日の綺麗なヨクモデウスとピザに爆笑

個人的には文治さんが大好きでした
ひゃはぁっ!系の舎弟も趣き深くていいんですが笑、この手のガチ任侠舎弟はたまんないですね
結局一番グレイヴを理解していたのは彼なんじゃないですかね?
体弄ってまでグレイヴと相対する最後の戦いは感動もの

アニメオリジナルキャラクターもいい味出してました
サブキャラの描写がきちんとしているので、安心して視聴できました

でもメインキャラほぼ全滅エンドなんだぜ
救いがないといえばないんだぜ
けどミカのラストのセリフから、ODあるのかと思ったんだぜ
けど、そんなことはなかったぜ


兎にも角にも内藤さんらしい世界観とマッドハウスの真骨頂といったアニメ
でもあのゲームから、こんなアニメになるなんて誰が予想したよ笑
後半の急展開だとか、過去パートとのテンションの差とか、まぁ・・・気にしちゃ駄目なの

お前を撃つなんて…できないよ

この一言に尽きます
このセリフの為に2クール見る価値があります

投稿 : 2012/06/08
閲覧 : 234
サンキュー:

8

ネタバレ

ハム・D さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

熱い・・静かだけど、熱い!

男の熱い友情が素晴らしい!

投稿 : 2012/06/07
閲覧 : 201
サンキュー:

2

ネタバレ

きくの さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:途中で断念した

おもしろいけど…

2人がマフィアに入ってからブランドンが死ぬ所まではとてもおもしろかったと思います!けど、ブランドンが死んでからの話が個人的にしっくりこなかったので途中で断念してしまいました。

投稿 : 2011/12/28
閲覧 : 232
サンキュー:

2

次の30件を表示

Gungrave ガングレイヴのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
Gungrave ガングレイヴのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

Gungrave ガングレイヴのストーリー・あらすじ

権力への野心に心奪われた親友、ハリーの暴走を止めようとするも裏切りの銃弾に倒れたブランドン。皮肉にもハリーの勧めていた秘密研究により巨大な二挺拳銃と、武器を満載した棺桶を携えた人間兵器“ビヨンド・ザ・グレイヴ”として甦る。そしてまたハリーの暴走を止めるべく組織へ、そして親友へ一人戦いを挑む。(TVアニメ動画『Gungrave ガングレイヴ』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2003年秋アニメ
制作会社
マッドハウス
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%B4
主題歌
≪OP≫今堀恒雄『ファミリィ』≪ED≫Scoobie Do『茜色が燃えるとき』

声優・キャラクター

関智一、浜田賢二、磯部勉、佐久間紅美、茶風林、子安武人、大友龍三郎、立木文彦、井上喜久子

スタッフ

原作:内藤泰弘/レッド・エンタテインメント、キャラクター原案:内藤泰弘、 監督:都留稔幸、シリーズ構成:黒田洋介、アニメーションキャラクターデザイン:筱雅律、音楽:今堀恒雄

このアニメの類似作品

この頃(2003年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ