「ソルティレイ Solty Rei(TVアニメ動画)」

総合得点
74.7
感想・評価
671
棚に入れた
3848
ランキング
373
★★★★☆ 3.8 (671)
物語
4.0
作画
3.6
声優
3.8
音楽
3.9
キャラ
3.9
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む
ネタバレ

haiga

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

なんだよもー良いのか悪いのかよくわかんねーよこのアニメ(ºωº;≡;ºωº )

今観終わりました。正直戸惑っています。14話~22話までぶっちゃけつまらなかったんです。もー酷評書く気まんまんでした。でも最後の5分間で一気に浄化されました(^_^;)なんだよもーよくわかんねーよ、もー

このアニメは私の動画サイトの説明ではハードボイルドストーリーって書いてあったんですよ。たしかに雰囲気は80年代風アメリカ映画っぽい。例えるならリーサルウェポンやダーティハリーの主人公みたいなちょっとダメな所がある中年主人公。
でも蓋を開けてみたらサイバーパンクに近い感じのごった煮の世界観に、可愛い女の子がワンサカでるライトな物語(と最初は思ってたw)。

ガバガバ設定と矛盾しまくるキャラの行動原理に頭を抱えながら、でも軽い物語にこんなのもたまには良いかって思って観てたら後半おもーーーい話に大転換。

主人公のロイもグジグジグジグジ芋虫みたいに悩みまくるし、かっちょ悪いところ見せまくりである意味人間臭すぎる展開(^_^;)

そんな中で唯一の救いがヒロインでもう1人の主人公のロボットのソルティちゃん。ちょっと変な髪型ですが大好きなロイの為に料理を頑張ったり癒してくれます。と言うかソルティしか活躍してないような。あ、タイトルがソルティレイだったわ。

田村ゆかりさんや能登さんの若い時の演技も聴けて良いんですけどね。2人とも出番多いし。ロイ役の中田譲治さんも15年前なのに全然かわらずに相変わらずカッコイイお声。

ラストは素晴らしいですしあんまり矛盾とか考えずに観ると良いと思います。と言うか2時間映画でギュッと凝縮して作れば神アニメになったような気もしますな。

投稿 : 2019/02/18
閲覧 : 32
サンキュー:

5

ナルセッチ

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

GONZOって実はすごい?

カレイドスターは大好きだったのですが、
GONZOの事は全然意識していませんでした。

私がキャッチさせていただいているレビュアーの方が
高評価をされていたので視聴してみました。
とても丁寧な評価をされる方でいつもレビューを参考にさせて頂いて助かっています。

放送当時はテレビをほとんど見ていなかったので全く知らない作品でしたが、
キャラがとても魅力的で、回を追うごとに引き込まれていきました。

プロシードのメンバーや移住者の背景描写をもう少し丁寧にして欲しかった気がしますが、
程よく涙腺を刺激し、スピード感のあるバトルも良かったです。

最近の流行りとは違う新鮮な感覚で、
観てよかったと思える作品です。

投稿 : 2019/02/11
閲覧 : 43
サンキュー:

5

ネタバレ

ピピン林檎

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

君は「GONZOの奇跡」を見たか?

西暦2000年代前半~中頃にかけて幾つもの感動作を世に送りだして「GONZOの奇跡」という評判を取ったアニメ制作会社GONZOの代表作の一つ・・・ということで、だいぶ前に私も視聴してみたのですが、

(1) 全24話で中盤過ぎに少し盛り上がったかな?と思った以外は、最終回を迎えてもそんなに凄い見どころがあったとも思えず、これは「外れ」を引いちゃったかな?と思って視聴を終えようとした、その瞬間
(2) 「あ!!!!」と叫んでしまう展開。

なるほどねえ、これが・・・噂のミラクル・・・。
評判は嘘じゃなかったんですね。

2005-06年の制作ということで、今見ると、西暦2010年以降に制作された作画もシナリオも余り隙がない本当の意味での「名作」「感動作」に比べると流石に色々と甘い部分が目立つのですが、それでも本作を確り最後まで完走することによって得られる「思いがけない感動」は、やはりそうそう何度も経験できるものとは思えません。

「GONZOの奇跡」というと、もう一つ、『カレイドスター』という作品の方が本作よりも有名かつ高名ですし、それはそれで私も当然の評価だと思いますが、同作は50話以上もある一大長編(プラス外伝的OVA複数あり)で、初心者がこれから見始めるには躊躇してしまう作品ではないか?と思うので、より気楽にGONZOの評判を確かめたい人は、本作の方を先に視聴してみるとよいと思います。

※なお、以下の各話評価は2周目時点のものです。

◆制作情報
{netabare}
原作          Shuzilow.HA、GONZO(企画原案)
監督          平池芳正
シリーズ構成・脚本   木村暢
キャラクターデザイン  Shuzilow.HA
メカニックデザイン   海老川兼武
音楽          大森俊之
アニメーション制作   GONZO×AIC{/netabare}


◆各話タイトル&評価

★が多いほど個人的に高評価した回(最高で星3つ)
☆は並みの出来と感じた回
×は脚本に余り納得できなかった疑問回

============= SoltyRei (2005年10月-2006年3月) ===========
{netabare}
第1話 オーロラの降る街 ★賞金稼ぎロイと全身リゼンブルの少女の出遭い
第2話 新しい朝。 ★ 12年前の大災害(ブラストフォール)、ミランダ所長護衛、R.U.C.警備局(プロシード)との接触、ソルティの保護者
第3話 青の少女 ★ ソルティの健康診断(ユート登場)、義賊アンダーソン兄弟の襲撃(ローズ登場)
第4話 friend ★ ソルティの初めての友達(迷子の少女メリル)
第5話 ウォーターサイド・パニック ★ ローズとソルティの接近、エメラルド争奪戦、アシュレイR.U.C警備部事業部長登場
第6話 愛娘 ☆ ロイの娘捜し、お尋ね者ヴィンセントと娘リタの事件
第7話 小悪魔の訪問 ☆ ローズのロイ宅来訪、ソルティ盗賊スカウト
第8話 リベンジ ★ 続き、ローズと仮面の男(アシュレイ)の出遭い、ローズの仇討ち
第9話 乙女達の休日 ★ プロシード4人娘の休日、ローズ&アシュレイの初デート、ソルティの手作り料理 ※日常回として◎
第10話 トレジャー&レスキュー ☆ ソルティ&ローズの地下都市閉じ込められ事件
第11話 バースデーゲーム ☆ 連続爆弾魔(ホゥ・チュウ)のロイへの怨恨、ソルティの鼻歌、ローズ誘拐
第12話 決着の果てに -na-mi-da- ★ 続き ※ローズが・・・というのはやや伏線不足×
第13話 distance  ★ ジェレミー(ユートの友人)の無謀な実験(ミニブラストフォール)、ローズ死亡?
第14話 心覆う闇のために… ★ やさぐれロイの暴言、ソルティ家出
第15話 たどり着いた場所 ★★ ソルティの介抱者ジョセフ&飛行機作りの少年ウィルとの出遭い、戻った笑顔と事故
第16話 冗談です、半分 ★★ ロイの立ち直り、ソルティの立ち直り、ローズ再登場
第17話 LADY ☆ ソルティ帰宅、プロシード新上司(ローズ)の実力、旧メンバー切り捨て・シルビア刺殺
第18話 おかえりなさい ☆ プロシード3名(セリカ/インテグラ/マキシマ)の逃亡、人柄の変わったローズ、セリカ銃撃
第19話 全員集合! ☆ ローズとロイ&ソルティの再会、アシュレイの計画進行、ロイのR.U.C.警備部乗り込み
第20話 訪レル災い ☆ アシュレイのソルティ(ディケ)接触・機能停止、インテグラのアシュレイ襲撃失敗、ジョセフの打ち明け(プロシード誕生の秘密、星への移民)
第21話 真実の刻 ☆ 続き(移民船)、エイウノミアの代行者R.U.C.、アシュレイの目的(ローズを使ったエウノミア・ハッキング)、ソルティの記憶回復、リゼンブルの叛乱、アクセラ暴走(移民船乗っ取り)
第22話 わたしと彼女と、少女の想い ☆ 続き(ローズvs.アクセラ)、移民船爆発
第23話 Final message(最後の言葉) ★ アシュレイの過去(移民船とR.U.C.設立、ブラストフォールの真実)、イルミナからの伝言、エウノミア停止、町の平静回復、エウレネ落下の危機
第24話 これから ★★ 続き、5年後、さらに時は流れて{/netabare} 
---------------------------------------------------------------
★★★(神回)0、★★(優秀回)3、★(良回)11、☆(並回)10、×(疑問回)0 ※個人評価 ★ 4.1

OP 「clover」
ED 「Float 〜空の彼方で〜」

投稿 : 2019/02/08
閲覧 : 255
サンキュー:

19

ネロラッシュ

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

すっげ〜面白い!

GONZO作品だからCGだけすごけりゃいいや!と期待しないで観た作品だったが…
これ、すっげ〜面白い!!
賞金稼ぎをしている中年男のロイと、ある時に出会った少女が一緒に生活をしていくという、ほんわかとしたホームドラマのような序盤だったが、11話バースデーゲームからの後半は怒涛の展開。
目から汗が大量に出まくり〜(T ^ T)
ラストエピソードはずっと鼻チィーン!してた。
挿入歌の使い方もあっぱれですけど、この構成と脚本は上手いなぁ…
文句無し!!

投稿 : 2019/01/19
閲覧 : 66
サンキュー:

6

ネタバレ

青雲スカイ

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

後半に入ってから一気に化けた

前半の頃はもう一つ掴みが弱いかと思ったら
後半に入ってから一気に面白くなり化けましたね。
そして最終話でソルティを送り出すロイのシーンはボロ泣きさせられたが、
本作はロイとソルティの家族愛を描いたドラマが感動的で、
GONZOアニメの隠れた傑作だと思います。

投稿 : 2019/01/12
閲覧 : 32
サンキュー:

1

ネタバレ

ヌンサ(亢宿)

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

アストロガール

正直、見たことも聞いたこともないタイトルでした。
しかし、以下の動画をきっかけに興味を持ち、視聴するに至りました。



↓アニメ井戸端会議(2018年7月26日配信)

https://youtu.be/T6CHPgYcfE8?t=5911



見るといきなり既視感。
そう"2005年くらいの作品っぽい"とレビューした「RErideD-刻越えのデリダ-」です。

今作は偶然にもちょうど2005年の作品ですし・・・。

"おっさんと美少女のバディもの"という、このころのアニメだなぁと感じる設定は、真下耕一監督感満載です。

オープニング曲の感じからしてFictionJunctionっぽいというか、
梶浦由記さんみを感じる曲調・アレンジで、非常に懐かしさを覚えました。このころのアニソンはホント大好きです。

美少女×機械(パワードスーツ、バイクなど)という、僕らおっさんが涙を流しながらよだれを垂らす設定も最高です!ただ、思ったほど活用されていなくて少し残念でしたが・・・。

演出もちょうどいい湯加減でした。特に萌えというかサービスシーンがあっさりしているのが良い。近年の作品だったら、時間をかけて過剰に描写してしまいそうです。ツッコミを登場人物にさせるか視聴者にさせるか、とか。

声優さんたちも大好きな方たちばかりで耳が幸せでした。特に広橋涼さんの声は最高。ゆかりんも、近年はあまりやらなくなったタイプのキャラクターだったので新鮮でした。

地味にびっくりしたのが田坂秀樹さんの声です。一瞬、塩沢兼人さんかと思いましたよ。

あと、大塚芳忠さんが演じるキャラの名前がホウ・チュウて・・・(笑)なんか手も攻殻機動隊みたいになってるし。

第6話は、「カウボーイビバップ」の第8話
「サムライチャンプルー」の第11話を彷彿とさせるエピソードでした(ある意味ベタ)。





上記動画を見た上だったので、結構かまえていました。ありがちなどんでん返しでは驚かないぞ、と。

なので、中盤{netabare}ローズがロイの娘だと判明した時{/netabare}もそこまでは驚きませんでした。
{netabare}瓦礫の下敷きになった時も、まあ生きてるだろうと。{/netabare}

しかし、最終盤の展開にはさすがに画面の前で声を上げるくらい驚きました。
細かい世界観とかも、なんとなくカッコいいから設定したわけじゃなかったんだ!と。



今見ると、未登録市民→不法移民だったり
未登録市民の地位→マイノリティの地位をイメージさせたりと、新たな視点で楽しむことができるかもしれません。

見たことない人にも、一度視聴することをオススメしたくなる作品でした。

投稿 : 2019/01/06
閲覧 : 44
サンキュー:

5

褐色の猪

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

すごく良かった

オリジナルになるのでしょうか
設定、物語と完璧、2クールでの収まりも良かったですね。
面白かったです^^

投稿 : 2018/02/15
閲覧 : 128
サンキュー:

6

春原最高!

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

前半の方が好き

後半の展開(13話あたりから)が個人的にしっくりこない。作者が物語に起伏をつけるために意図して作ったように見えた。特にローズの下りがなぁ。だって、幾ら何でも○すことはないだろうって思った。あの状況ならもっと他の方法で押さえたってことでも十分話が繋がると思うし、後のソルティとの下りで、○しといてそんなんで良いのかよって思っちゃった。

最後は良かったと思うけど、結局どうして最初ソルティはあそこまでロイに執着していたのかよくわからない。記憶を失って初めて知り合った人だからというにもやはり異常なものを感じた。娘フラグかと思いきやそのまま放置だし、単にお粗末なミスリードだったのか?後半で回収してくれると思っていたので残念。

後半はそんな感じで、前半の期待ほど面白い展開がなかったのだが、逆に前半はかなり面白かった。暗い過去を持つおじさんが謎の少女と家族になることになって、少しずつ距離を縮めていく。途中仲良しアンダーソンブラザーズ(笑)やプロシードなど、終盤で鍵になるであろう人物と良い具合に絡みつつ話を広げる下準備をして、コメディとたまにシリアスを混ぜてバランスをうまく取っている。少しずつ世界観の独特さを見せてくることでワクワク感もかなりあった。

あと、OPが素晴らしい。サビ前の「今思うんだ」とサビの「隣り合わせ」の部分が特に良い。カラオケに行ったら是非歌いたい。

作画はCGの質が良かった。立体感をよく動くことでより引き出していたし、形が崩れることもなく絵に馴染んでいて手が込んでいる感じがした。初めはソルティのキャラデザがあまり好きではなく、なにこの髪型wwwて思って観るのをけん制してきたアニメだったけど、観ているうちに、さりげない表情や曲がらない性格で可愛いく思えてきた。

そして、この作品には好きな声優が割と出ていたので(主にプロシードの面々)嬉しかった。

まあ、終わり方は良かったし、前半の期待度は個人的に稀にしか見ないレベルだったので、全体で見れば良いアニメだったと思う。

投稿 : 2017/10/26
閲覧 : 68
サンキュー:

0

ネタバレ

jolljoll

★★★★★ 4.3
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

がんばるおじさん

 過去の災害で娘と生き別れになってしまったロイというオジサンが主人公の物語です。独り身になってから賞金稼ぎとして生計を立てていた主人公ですが、ある日、娘を彷彿させるサイボーグ少女のソルティと出会います。
 ソルティ絡みの事件に巻き込まれながら、果ては都市をも巻き込んだ陰謀に立ち向かっていくというお話です。
 舞台はアメリカの都市といった風情があります。
 キャラクタ-達は皆あっさりとしており、主人公のオジサンが一番ナイーブなんじゃないかと思いました。ハードボイルドな風貌なのに。
 生き別れの娘とも途中で会えるのですが、え?まさかこの娘?といった感じです。育つ環境は大事なんだなぁ。
 警備部隊の娘達もいい感じです。終盤で何名か退場になりますが。
 
 全体の雰囲気として、洋画と日本のアニメが上手くブレンドされたような作品です。話は2クールでちゃんと完結します。

投稿 : 2017/10/02
閲覧 : 69
サンキュー:

2

ネタバレ

退会済のユーザー

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

地球じゃないんです人類なのです

最後の最後までネタがわからない最後の最後まで見ないと安心できませんw

コンピューター管理社会の危険度がわかる作品

コンピューターは最効率で何でもやります人類リセットも平気でやります

自分のエネルギー確保さえできれば寿命が無いからリセットしても平気です何百年何千年余裕で待てます

不良な人類はリセットします

当分未来の話でしょうが超コンピューターができればこう言う自体にもなりかねません

人間でさえ暴走する危険な管理社会も怖いですね

ヒロインと仮父親と周りの友人との愛情物語も見所です

素晴らしい出来ですので見てください

投稿 : 2017/07/02
閲覧 : 78

ともねぎ

★★★★★ 4.5
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

昔ながらの面白さ

OP・ED・劇中歌など秀逸な音楽とキャラクター、日常パートの明るい雰囲気とシリアスパートの雰囲気のバランスが良いと思いました。
ダンディ風なおっさんの主人公と記憶喪失のヒロインが様々な出来事から色々なことを学んでいく物語です。
アナログな音楽・作風、強いヒロイン、個性豊かなキャラクターなど、好きな人はとことん好きな作品ではないでしょうか。

私はループでずっと見れるぐらい好きです。

投稿 : 2017/06/02
閲覧 : 87
サンキュー:

1

ネタバレ

ato00

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ラストのラストに待っているものは・・・<1話と最終話視聴により修正>

偏屈なおじさんロイと記憶をなくした少女ソルティの物語。
アンクル・ミーツ・ガールの決定版です。

序盤は日常描写が主体。
5話の水着回なんてドタバタで楽しいです。
ところが、ソルティの不思議が明かされるにつれ物語は急展開。
徐々にシリアス調へ。
そして、{netabare}最終回のラストには・・・
究極のハッピーエンドといっていいでしょう。{/netabare}

OP曲の「clover」は良曲。
明朗感と悲壮感が溶け合って、変わった味わいがあります。
物語の鍵である「Return to Love」は静寂感を備えたバラード。
最終回のエンディングを飾るにふさわしい感動的な名曲です。

あと、ロイの声が思いっきり渋いです。
中田譲治氏の低音ボイスにしびれます。

投稿 : 2017/05/11
閲覧 : 250
サンキュー:

25

めいろ*

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

おっさんに泣かされる覚悟があるか。

12年前、ブラストフォールと呼ばれる災害が起きた。
当時俺は警察官で、病気で妻を失い、娘と2人で暮らしていた。
妻は、病院のベッドでこう言い残した。
娘を頼むと。
だが俺は、その約束を守れなかった。
娘はブラストフォールに巻き込まれ、行方不明となった。
それでも、俺は信じている。
娘は、生きていると。
彼女との約束を守るために。


なんていうと、勘違いしがちなのですが、退廃的で殺伐とした中で起こる抗争を嗚呼無情と切り捨てるおじさんのお話ではありません。

いえ、そういうお話でもあるのかもしれません。
息が詰まるような背景の中で、全てがモノトーンに見える世界で、彼は生き続けています。
これは、つまり客観視というもので、外部から内部を覗くと情景がおおよその情報源として取り込まれる為に、こういう言い方もなんですが、無機質な感想と言うのが浮かんでくるわけです。

本質は、どうでしょうか。

これはもっと、根は純粋で温かい、複雑な”愛”のお話です。
それはきっとカラフルなんかじゃなくて、コンクリートの地面に色取り取りの花を散らしていくような。

彼の心境を、感じることが出来るでしょうか。
計り知れない想いを、受け取ることが出来るでしょうか。

もう、尋常じゃないほどの涙が溢れてしまった本作品、名作です。

投稿 : 2017/02/17
閲覧 : 122
サンキュー:

4

ネタバレ

Yuyu

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

おっさん、少女と出会う

ディストピア系のSFアニメです。
ある日、ワイルドなおっさんの前に謎の少女が振ってきた。

事故で生き別れた娘を探し続けるヤサグレタおっさん

娘はみつかるのか?
事故はなぜ起きた?
謎の少女、ソルティの正体は?

こんなようなことがフックになってるストーリー

感想としては、途中まではよかったと思う。{netabare} ローズのRUS入りと戻ってくるまで {/netabare}の筋書がとち狂って微妙すぎる・・・のが残念。

長期連載漫画がいきなり打ち切り食らったみたいな最後の最後でストーリーの裏設定を終盤の1話でどんどんネタバレしていくやり方は残念

ただ、謎を残さない終わり方は評価したい。エンディングもありきたりだけどそこがいいと思う。

投稿 : 2017/02/07
閲覧 : 63
サンキュー:

1

ネタバレ

ねこちゃん

★★★★★ 4.3
物語 : 5.0 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

これは良かった!!

アニこれでの評価はそんなに高くなかったので見るか迷いましたが、まぁ視聴するかという感じで見ました。

総合の評価を書くとはっきり言ってかなり良かったです。24話の2クールで予備知識はほぼなしの状態での視聴しだして、初めの数話ではこの感じの日常を描いていく感じのアニメなのかと思っていましたが中盤からローズがロイの娘でそれからローズが死ぬという描写であまりの展開にすごく驚きました。まず自分は1話目からソルティーが娘なんだろうと踏んで視聴していたのですごく驚いたんですけど、見つかったと思ったら死んでしまったていう所が衝撃的でこの先が読めない感じは展開としては良いと思います。それから物語は1話完結型ではなくなり話が続いていきますが、終盤にかけての今まで貯めてきた多くの伏線の回収や物語の展開の速さなどは見ていてものすごく楽しめました。そして最終回ラストはヤバイですね。ロイはソルティーが行くのを止めるけどみんなの為に地上を離れてみんなを救い、それから5年後の描写があり、それから何年後かにロイは待ちきれなくなりソルティーを探しに宇宙へ行きソルティを見つけた時は感動しました。それからソルティを抱きしめている描写のままラストの余韻を感じさせながらの終わらせ方はとても良かったです。
他にも評価できるところは、音楽とキャラです。
opやedもいい歌でbgmも街の雰囲気やその場の雰囲気に合っておりこの作品の良さをうまく形作れていたと思います。後キャラですが一人一人のキャラ作りがうまく出来ており、みんなの家族や仲間意識などがとても良く感じられました。
悪かった点ですがこの作品は物語良かったのですが、終盤にかけての展開の速さからか少し感情移入がしにくく感じました。
作画に関しては昔ながら感があり逆にこういう絵の方が自分は好きです。

これは久しぶりに見て良かったと感じれました。名作だと思います(*^^*

投稿 : 2016/10/22
閲覧 : 98
サンキュー:

0

いちごチョコレート

★★★☆☆ 2.8
物語 : 3.5 作画 : 2.5 声優 : 2.0 音楽 : 2.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

うーん、、、

12年前の事件から、娘を探すロイの元に落ちてきたソルティ。

記憶曖昧なはずのソルティの言葉が、たどたどしかったり、突然ペラペラになったり…違和感はあったものの、素直で真っ直ぐなソルティに気にならなくなりました

感想としては、ちょっと詰め込みすぎちゃった感があるような気が……。

前半はクスッと笑えるような場面もあり面白かったけれど、中盤からシリアス系になり失速。後半は飛ばし飛ばしで見終えちゃいました。

最後にはちゃんとソルティの落ちてきた理由etcちゃんと説明されていたので、そこは良かったかな。

…因みにOpeningはテンポが良くて好きʕ ·ᴥ·ʔ !

投稿 : 2016/08/28
閲覧 : 83
サンキュー:

0

2010sw

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

良かったww

先日、楽器を作ろうとおもって
部品取り用にベースを
リサイクルショップから買ってきた。
外見は新しいけど音が出ないジャンク品だ。
さっそくバラしてみたら内部の結線に
修理跡があるが線を巻きつけてあるだけだった。
なんだこれ、ハンダ付けもしてもらえなかったの?

配線しなおして調べたら、部品は生きてる
のに音が出ない。裏返すとピックアップの高さ
調整がメチャクチャでしかも調整した跡が無い。
それを調整したらちゃんと歌えるじゃないか・・

その子は、おそらく生まれてから一度もまともに
唄えずに、ジャンク品になって捨てられてたわけだ。
とおもったら急に切なくなった。
俺が唄わせてやるからと思った。
けっこう弾きやすいし美人さんだ。

このヨタ話に共感できるなら、
このストーリーはイケると思う。
実際、この出来事の直後に
この話を観たんだが・・
いろいろ重なった。

<自分の脳は相当鍛えられているようだ>

ソルティの表情も豊かで
絵も丁寧に描かれていると思う。
2005年の作品ってことを考えると
CGはかなり頑張っている。
(2016年視聴)

ラストもちゃんと描かれていて
イイねぇ。

おっさん、わざわざ宇宙まで行くんだよ。

それほど、大切だったって大きさと
出会った時からの深さを伴った
想いが見える。

良かったww

投稿 : 2016/08/17
閲覧 : 83
サンキュー:

3

ネタバレ

天上しょーと♪♪

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトルなし

登録市民と未登録市民で不平等さが生まれている世界で
全身がリゼンブル(機械)でできた少女が現れ、ロイというおじさんがその子を引き取ることになる。
最初は冷たいロイさんだったけど、過ごしていくうちに
温かさを取り戻していき、ソルティを本当の娘のように思っていく・・・
って感じの話です。

正直面白くなるのは1クール目終盤あたりからで、
それまでは面白くないわけではないんだけどちょっと退屈。
{netabare}2クール目からは今までほのぼの日常シーンを送ってた
キャラクターのうち何人かは死んだりと前よりシリアスに。{/netabare}
ちょっと急展開ぎみなところや死ぬキャラがいかにもって感じすぎたのは残念でしたが
最後の2話の盛り上がりは素直によかったと思います。
最終回の{netabare}ロイがソルティを引き止める所{/netabare}では泣いてしまいました。
脇役だけど{netabare}登録市民のおじさんと未登録市民の女の子が最後には・・・{/netabare}ってのも良いですよね。

あと音楽に恵まれてる作品だと思います。有名な主題歌もそうだけど
たまにながれる洋楽チックな曲とかBGMもいいですしねー。

投稿 : 2016/07/23
閲覧 : 65
サンキュー:

1

てあ

★★☆☆☆ 1.5
物語 : 1.5 作画 : 1.5 声優 : 1.5 音楽 : 1.5 キャラ : 1.5 状態:観終わった

クソアニメ

本当に突っ込みどころ満載で面白かった(面白くない)
ろくに説明もされないのに知らない単語ポンポン出してくるから意味がわからなくなる上につまんなすぎて何回かマジで切ろうとした
ラストも感動するみたいなこと言われてるけど本当にことある場面で失笑しかでなかった
今から見ようかなくらいに考えてる人は間違いなく時間を無駄にするから見ない方がいい

OPは結構よかった、それ以外ゴミクソ

投稿 : 2016/07/16
閲覧 : 163
サンキュー:

0

ネタバレ

ぷっちん

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

2クールでほんとよかった!

綺麗に24話で終わったと思えます。
とくに14話~が涙腺崩壊でした➰
序盤はイマイチと聞いていましたが
私にとっては非常に見やすかったです。
ヒロインの方は初声優だったみたいですが
非常に上手で聞き心地が良かったですね。
Extra(ova)の話も是非忘れずに。

投稿 : 2016/06/04
閲覧 : 107
サンキュー:

1

ブリキ男

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

涙を拭いながら最終話まで辿り着こう。

恐らくは遠い未来の人類の姿を描いたSF作品です。

前半のエピソードでは、賞金稼ぎのロイや謎の全身※1リゼンブルの少女のソルティ、盗賊団「仲良しアンダーソン・ブラザーズ」の面々が入り乱れて、対立や共闘を繰り返しながら、お互いの絆を強めていく話が多く描かれますが、その一方で※2R.U.Cの面々にも焦点が当てられている回もあり、上記の主要人物との係わりも、控えめながらツボを押さえた描かれ方がされており、これが後半への重要な布石となっています。

元々は大した繋がりも無く、あるいは対立しあう者同士でさえあった人たちが、徐々に肩を寄せ合い、互いの喪失感を補う様にマーベリック・ハンターズオフィスに集い、あたかも一つの家族を形成している様に見えたのは、この作品の全編を通して語られるテーマが家族愛に根差しているからだと思います。失われた時間は返って来ないし、死んだものは生き返らない。それでも人は心安らげる場所を求め、いつかきっとそれが見つかると信じて、さまよい続けるものなのかも知れません。物語後半では、そんな彼らの上にも徐々にR.U.Cの存在が暗い影を落としていきます。

シリアスで過酷な物語の中にあっても精彩を失わない、ハンターズオフィスやロイ宅における、和やかな日常色や、一見クールな感じだけれど、わりとおばかで人情味溢れた盗賊トリオと、堅物のロイ、純朴なソルティが繰り出すコメディタッチの演出も楽しい作品です。中でも本作品における数ある名シーンの一つに挙げられるであろう、ローズ・アンダーソン初登場シーンは、ローズの名乗り口上とロイの「親の顔が見てみたいぜ‥」が相まってしたたかに笑かされてしまいました。

うらぶれたロイの表情に同情したり、男泣きにもらい泣きしたり、ソルティのアンドロイドの悲しみに泣かされたり、R.U.Cの面々の変容に涙したり、12話終了シーンから先は毎回の様に涙腺が緩んでいた様に思います。次回予告のレコードの演出も哀愁が漂っていて涙を誘います。

13話「distance」からの二転三転する展開については、私にとっては全くの予想外で、幾度となく驚かされました。終盤にかけて悲しい出来事が多く描かれますが、それでもめげずに最終回まで辿り着いた人には大きな感動が待っている事でしょう。

終幕の完成度の高さはアニメ史上で最も美しいものに数えられると私は思います。(やっぱりここでも泣いてしまった。)


※1:本作品におけるサイボーグ技術の事。攻殻機動隊の義体の様に、肉体の一部をサイボーグ化しているケースが殆どで、全身リゼンブルの存在は極めて希少。多くの謎を抱えた技術でもある。

※2:超巨大複合企業。インフラの整備や警察機構の運営、福祉サービス、リゼンブルや紅茶の生産までやっている。

※ソルティレイを製作されたスタッフの方々と、ここあにこれでこの作品の存在を教えて下さったレビュアーさんに、この場を借りて心からお礼を言いたいと思います。どうもありがとうございました。

投稿 : 2016/05/31
閲覧 : 130
サンキュー:

11

あすかたん

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 2.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

最終回の為に

おっさん萌えアニメです。

話自体も普通に面白いのですが、何よりラストが素晴らしい。
初めの方は正直退屈ですが、中盤から終盤にかけては中々暗い展開が続きちょっとづつ続きが気になっていきます。

そして、このアニメ以上にラストが感動的なアニメはそうそうありません。
最終話の為だけに2クール分見る価値がこのアニメにはあります。

さらに、オープニングのcloverもいい曲なので、是非。

投稿 : 2016/05/30
閲覧 : 76
サンキュー:

4

ネタバレ

Pan panisc

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

久しぶりに泣いた

あまり有名なアニメでは無いが、すごくいいアニメだと思う

行方不明となってしまった娘を捜す為、警察を辞めて賞金稼ぎとなった主人公ロイが記憶をなくした少女と出会って、心を開いていく。

ロイがだんだん少女ソルティを実の娘のように大切に思うようになっていくのにそれをうまく表現出来ない様子がすごくもどかしい。でもいい父親だー

{netabare}最終話ではソルティがみんなを守るために宇宙へ旅立つ。そのときロイが行かないでと懇願するシーンではもう涙が止まらない。その後ソルティの帰りを何年も待って待ちきれなくなって宇宙に迎えに行く。どうなるかは実際に見てください。{/netabare}

投稿 : 2016/05/30
閲覧 : 58
サンキュー:

5

ネタバレ

九条”ファラオ”櫻子

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

声優の凄さを感じた

観る前は、なんでこんな髪型にしたんだ!と思っていたヒロインのキャラデザでしたが、実際に動いているところを観てみると声と性格も相まって非常にカワイイ!主人公のオッサンもとてもいいです。
多少のツッコミどころはありますが、そんなことを吹き飛ばすストーリー!
観終わったあとに心地よい喪失感を感じるいいアニメでした。

投稿 : 2016/05/02
閲覧 : 131
サンキュー:

3

ディザイア

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

珠玉の名作です。堰き止めたくても止まらない滝のような涙でショーツが濡れました。あ、シーツでしたね。

◇はじめ◇
ソルティレイやばいです。
泣きすぎて目が真っ赤です。
KEYに匹敵するほどの名作です。

◇べた褒め◇
一人一人の命の重みが丁寧に丁寧に描かれています。
近年の「ただ人を殺せばいいや」という安っぽい意図が見え隠れする作品とは天と地ほどの差があると思います。
自分の愛する誰かが手の届かない所へ行ってしまい悲しくて泣いてしまう。
この勘どころを的確に押さえていました。
敵味方の区別なしに「愛別離苦」をここまで手なずけるとは。
まさに非の打ち所がない感動作と言えるでしょう。

◇key word厳選◇
権力€テクノロジー€遺伝子操作
コスモロジー€衝撃のラスト€超感動作
理想と現実の融合€創造的破壊€

◇key person厳選◇
ロイ、ソルティ、ローズ
アシュレイ、ジョセフ

◇学んだこと◇
日々の積み重ねが、やがては大きな力となる。
願いは(自然に)叶うものではなく、叶えるものである。
痛みと悲しみ、恐怖と憎悪、好きと嫌い、これらはみな=である。

◇私的採点◇
92点

◇さいごに◇
「与えよさすれば与えられん」
あらゆる物語はこの言葉ですべて語れてしまいます。
作中ではアクセラという少女がソルティと共にこの言葉を体現していました
ふあっ。
それにしてもアニコレ内での評価点は全くもってあてになりませんね(^_^)
こんなにも隠と陽の法則が極め尽くされた物語は類を見ないと思うのですが。
それにしても眠いですねー。
ふぁー。。。
泣き疲れたせいか睡魔が襲ってきたようです。
男の人に襲われるようで胸がドキドキしますっ!
それではおやすみなさい。疲れたので寝ます。
ソルティやローズみたいにわたしも親に愛してもらいたかった

投稿 : 2016/04/30
閲覧 : 163
サンキュー:

10

skycat171

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 5.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

最終回よかったな~泣けたわ~

GONZOは稀に名作を作るけど、代表作の中に入る名作ですね。
途中で若干わけわからん状態にはなったがあの最終回を見たら
そんなんどうでもよくなるくらい、泣きました。
いや、ほんとマジでいい最終回だったな~

投稿 : 2016/04/14
閲覧 : 95
サンキュー:

1

ネタバレ

まんがーる林

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

号泣不可避

有名なOPにつられて見てみたが
序盤から面白かったが、特に中盤以降は一気に引き込まれてしまった。
ラストシーンでは、今までのアニメを見てきた中で一番泣いてしまった。
こうあってほしいっという思いに、こたえてくれた感じがした。
終始心にグイグイくる作品だった。ほんとに見てよかった

投稿 : 2016/04/01
閲覧 : 100
サンキュー:

2

退会済のユーザー

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

「謎の人工少女」と「娘と妻を亡くしたツンデレ中年オヤジ」が出会ったら・・・

-あらすじ-
12年前、ブラストフォールと呼ばれる原因不明の大災厄が発生した。これにより、多くの人々が一瞬にして亡くなった。
その災厄以来、行方不明になった娘を探し続ける賞金稼ぎの男ロイは、ある日、突然空から落ちてきた機械の少女と出会う。


本作は家族愛を描いた作品です。

ロボット作品に抵抗がある方でも見やすいですよ!最後まで見たときの感動がやばいです!!一度見てください。

投稿 : 2016/03/26
閲覧 : 200
ネタバレ

ポール星人/小っさ

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ディメンジョンWといいコレといい、無駄に車のCG凝ってる様な

 無粋な賞金稼ぎの男ロイとロボットの少女ソルティの邂逅で物語は始まりますが、私は{netabare}セカイ系{/netabare}と知って手をつけた訳では無かったもんで正直終盤の展開は意外でした。
まぁ都市に甚大な被害をもたらしたブラストフォールという現象の話は序盤から語られるので、普通は気付くんでしょうが・・・私はただの舞台装置と中盤まで思い込んでました。
2クールじっくり使ってロボットが徐々に心の形成をしていくという路線じゃありませんので、そこら辺は今後観られる予定の方は御留意頂いた方がいいかと。

 前半は細かいシーン間の流れが自然では無く大味な作品という印象ばかりで、正直コレは厳しい代物かもと思いながら観てました。
5話のクアハウスの回はいくらなんでも唐突感が苦しいというか(汗)
プロシードの子達と盗賊兄弟との繋がりが後半への布石とは言え、もう少し自然な流れで描けてたら、もう少し感情移入も出来たような気はします。
 後半は怒涛の展開なもんでそういうアラは目立ちませんが、全体的な作りとしては古さ感じますわね。バタバタっと話が進みますが、展開そのものは悪くないと思います。全く内容は異なりますが、個人的にはちとエルゴプラクシー思い出したりして。あ、あとテクノライズ。

 設定の良く練られたSFか?と問われれば否だと個人的には思いますが、スケールのデカい舞台の上での父と娘の物語としてこの作品を観ればベタですがイイ感じに纏まってたとは思います。
{netabare}ラストでロイがデブリとして宇宙を漂うソルティを見出すシーンは、この作品のラストとしては良かったかなと{/netabare}
大きな不満は無いんですが、終盤大きく動く物語に食われてロイとソルティの父娘の心情の描写がボヤケてしまった作品な気がします。
プロットとしてはもっと泣ける作品に成り得たんではないかと。
もっとも、私が泣ける作品と自らハードル高く見てただけかもしれませんが。

投稿 : 2016/03/22
閲覧 : 133
サンキュー:

14

秋月双真

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

★★★★☆☆

おもしろかった!

投稿 : 2016/03/19
閲覧 : 65
サンキュー:

0

次の30件を表示

ソルティレイ Solty Reiのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ソルティレイ Solty Reiのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ページの先頭へ