はるかなレシーブ(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「はるかなレシーブ」

よみがな:はるかなれしーぶ

放送中:2018年夏アニメ(2018年7月~放送中)

★★★★☆ 3.2
物語:3.1 作画:3.3 声優:3.2 音楽:3.2 キャラ:3.2
総合得点 55.9
感想・評価 69
棚に入れた人 517
ランキング 4713
「はるかなレシーブ」は、まんがタイムきららフォワード(芳文社)で連載されているビーチバレーマンガ。背が高いことがコンプレックスの遥と、遥の従姉妹で身長が伸び悩みビーチバレーを諦めた過去を持つかなたがペアを組んだことから始まる物語だ。(TVアニメ動画『はるかなレシーブ』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 69

ネタバレ
2018.08.19 12:57 にゃん^^の評価 | 今観てる| 274が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: はるかなレシーブ(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

女子ビーチバレーのスポ根アニメ

公式のINTRODUCTION
{netabare}
東京から沖縄に引っ越してきた高校2年生、大空 遥。いつでも明るく前向きな遥だが、彼女にはコンプレックスがあった。それは普通の女の子より身長が高いこと。

一方、遥を空港に迎えに来た彼女と同い年の従姉妹、比嘉かなたにも悩みがあった。かなたは身長が伸びなかったせいで、大好きなビーチバレーを諦めてしまった過去を持つ。そんな凸凹な2人が、ふとしたきっかけでビーチバレーのペアを組むことに……。

広い砂のコートに味方はたった1人だけ。何よりもパートナーの存在が大切なビーチバレーで、2人はどんなプレーを見せるのか!?真夏の太陽が照りつける沖縄のビーチで、今、少女たちの汗と情熱が輝き始める!!
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:如意自在
監督:窪岡俊之
助監督:髙橋英俊
キャラクターデザイン:小田武士
サブキャラクターデザイン・衣装デザイン:山田真也
シリーズ構成・脚本:待田堂子
総作画監督:小田武士/津幡佳明/松川哲也
特技監督:池下博紀/千葉茂
メインアニメーター:松尾信之/宝井俊介
プロップデザイン:水村良男
美術監督:一色美緒
美術設定:杉山晋史
背景:スタジオワイエス
色彩設計:勝田綾太
画面設計・3Dディレクター:向純平
撮影監督:桑良人
編集:柳圭介
撮影:スタジオシアン
音響監督:藤田亜紀子
音響制作:HALF H・P STUDIO
音楽:ラスマス・フェイバー
音楽制作:KADOKAWA
制作会社:C2C
{/netabare}
キャスト{netabare}
大空遥:優木かな
比嘉かなた:宮下早紀
トーマス・紅愛:種﨑敦美
トーマス・恵美理:末柄里恵
遠井成美:島袋美由利
立花彩紗:伊藤かな恵
大城あかり:木村千咲
棚原愛衣:鬼頭明里
砂川舞:小池理子
{/netabare}


1話ずつの感想

--------------------キリトリ線--------------------

#01 エースなんて必要ないの
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:待田堂子 絵コンテ:窪岡俊之 演出:池下博紀 総作画監督:小田武士 作画監督:山田真也

東京から来た遥を沖縄の空港で出迎えてくれたのは、いとこのかなただった。かなたとともに祖母の家に到着した遥は、家の前に広がる海に感激。駆け出した海辺でビーチバレーをする2人の少女と遭遇する。
{/netabare}
感想
{netabare}
はるかはめちゃ明るくって積極的でスポーツとくいな
「あまんちゅ!」のぴかり系女子で
かなたはちょっと暗い感じでてこみたい。。


それで今回のおはなしは

はるかはお母さんの海外赴任で
1人で沖縄のおばあちゃんちに引っ越してきたんだけど
海を見たとたんにむかえに来てくれたいとこのかなたを置いて
家にも入らないでおよぎに行っちゃったの^^

そこで2人の女子(ナルミとアヤサ)がビーチバレーしてるの見て
いっしょにやらせてもらったんだけど
じょうだんで自分のこと「エースみたい?」って言ったら
なるみがキレて本気になっちゃった。。

そこにかなたも水着に着がえてきたんだけど
2対2でビーチバレーの勝負することになったんだけど
はるかたちは1回も勝てなくって
はるかはお願いして1週間後にまた試合することにしたの。。


それで分かれてからかなたに聞いたら
あの2人って高校のチャンピオンなんだって^^

それで、なるみとかなたって前にいっしょにビーチバレーやってたみたい。。

ってゆうそんな感じのおはなしだったけど
主人公のはるかが明るいのはいいんだけどにゃんとちがいすぎて
何考えてるかよく分からないみたい^^;
暗くってウジウジしてるよりはいいんだけど。。


ビーチバレーって外でやるから
太陽がまぶしかったり風でボールが動いたり、砂に足をとられたりして
意外とムズカしそう。。

今季は「はねバド」につづいて2本目のスポ根アニメだけど
(ヤマノススメも2期目はちょっとスポ根っぽかったけど入れてない。。)
「はねバド」よりは明るそうでいいみたい^^


あと、沖縄っていろいろ変わってるみたい。。

沖縄料理とかってソーキそばとかチャンプルーだけじゃなくって
お仏壇に置いてある名前が書いてある板とか
にゃんの親戚の家とかで見たことなくってめずらしかった。。
{/netabare}
{/netabare}
#02 私を信じて
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:待田堂子 絵コンテ:窪岡俊之 演出:髙橋英俊 総作画監督:津幡佳明
作画監督:山田真也/中村佑美子/西尾淳之介/二宮奈那子/秋田英人/齋藤温子 特技監督:千葉茂

何も知らずに成美&彩紗ペアとの再戦を約束した遥。しかし、彼女たちは全国チャンピオンだった。1週間後の再戦に向け、遥は経験者のかなたからビーチバレーの特訓を受ける。
{/netabare}
感想
{netabare}
ビーチバレーはじめての遥は
はじめ球にもさわらせてもらえなくって砂の上で走る練習ばっかり。。

それでボールを使った練習は
弱い方がサーブでねらわれるからレシーブとスパイクの練習がメイン。。

はるかなチームは1点でも取れれば勝ちだから
相手のスキをつく作戦でカットショットをねらってくことになったの。。


試合の朝、遥は彩紗にビーチで出会って
かなたが成美と組んでたときのこと聞いたの

かなたは試合中ボールから逃げたって。。
だからペアを組んだらまたうらぎられるかも?みたいなこと。。
でも、遥はかなたを信じるって。。


それで試合。。

はじめはうまくレシーブできない遥だったけど
だんだん返せるようになってきて
とうとうカットショットを出すときが来たんだけど

今までアタックが返されてもくやしがらなかったから
何かあるって作戦をよまれてたみたい
成美がもうちょっとのところでひろって返されちゃったの


それで作戦変更。。
遥はかなたにレシーブしてもらうことにしたの。。

でも、かなたはこわくって逃げちゃった。。
だけどその次、これがラストってゆうところで
かなたはレシーブして成美がビックリ!
動かなくなっちゃった。。


そこに遥がそのままアタック。。
とうとう勝っちゃった。。ってゆうおはなし。。


終わって成美が彩紗に
レシーブしたときのかなたの笑顔を何年ぶりかで見たって
「わたしはかなたを苦しめてただけなのかな?」
って泣いてたところ

レシーブ決めたかなたはうれしそうだったなんて
今まで悩んでた成美の気もちがか
なたにはあんまり通じてなかったみたいで
にゃんもちょっと泣いちゃった。。


さいごのほうでかなたが「私の代わりに2アタックありがとう☆」
って言ったら遥がキョトンってして
「だってわたし、トスの練習してなかったし。。」ってw

そうだよね^^時間がなくってレシーブとアタック
それにカットショットまで練習してたんだから
きゅうにトスなんて出せないよね?
そうゆうところ、リアルっぽくってよかった☆

さいごに出てきた2人ってこんどの対戦相手かな?
やっぱり2人はビーチバレーつづけるんだね^^

あと、おじいさんがいつまでたっても帰ってこないけど大丈夫なのかな?w
{/netabare}
{/netabare}
#03 昔の自分を取り戻したいって思ってる
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:待田堂子 絵コンテ:髙橋英俊 演出:前屋俊広 総作画監督:小田武士 
作画監督:野上慎也/小林ゆかり 特技監督:池下博紀

転入先の高校で遥は双子ペアの紅愛&恵美理と出会う。彼女たちがビーチバレー部を作るため仲間を集めていると知った遥はすぐに入部する気に。かなたも一緒に入部することになるが……。
{/netabare}
感想
{netabare}
今回は新キャラの紅愛と恵美理の双子が出てきて
キャラの紹介ってゆう感じかな^^


はじめは転校してきた遥が2人に会うおはなしで
そのあとすぐ試合になって

かなたは元パワープレイヤーで、そのプライドがあるせいか
アタックのときポーキーってゆう小技をぜったい使わなかったら
恵美理がキレてわざとかなたにきびしく当たったの

で、そんな2人を見たからかな?遥がポーキーを使ったの
点が取れればいいって^^

それでかなたも、自分がむかし、ポーキー使わなかったのは
自分がパワープレイヤーだからじゃなくって
そのほうが点を取れたからだって思いだして
ポーキー使いだして点が入るようになったの^^


それで、かなたがむかしのこと思い出したんだけど

成美が小学校に転校してきたときに
友だちになりたくってビーチバレーにさそったのはかなたで
それから2人でがんばって大会で優勝して
そのとき2位だったのがエミリとクレアのエクレアペアで

それからエクレアペアのお母さんに
エクレアといっしょにビーチバレーを教わってたみたい^^

そんな感じで、おはなしはあんまりなかったかな?
その分、水着シーンはいっぱいあったみたいw


先週までかなたがウジウジしてて
遥に出会ってやっとヤル気出したかな?
って思ってたら今回はガンコ。。って
悪いところばっかり見せられてかわいそうみたい。。

たまに遥の悪いところとかも見せないと
かなたばっかりイヤなキャラになっちゃってバランスが悪いよね?

それとも、このおはなしって
遥に出会ってかなたが明るくなってくってゆうおはなしで
ホントの主人公ってかなたなのかな?
{/netabare}
{/netabare}
#04 私達にぴったりだと思わない?
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:待田堂子 絵コンテ:いわもとやすお 演出:安齋剛文 
総作画監督:大沢美奈 作画監督:服部憲知/大沢美奈/前原薫/山田真也

ビーチバレー大会へ参加することにした遥たち。大会へ向けて練習を重ねる中、遥はかなたに早く追いつきたいと感じる。そこで、かなたには秘密で、紅愛と一緒に特訓を始める。
{/netabare}
感想
{netabare}
遥が転校してきて
放課後クラスメートにさそわれていっしょに遊びに行ったりしてたんだけど
かなたが一生けんめい練習してるの見て
自分もやらなきゃ!って思ったみたい
練習はじめることにしたの^^


おはなしはあんまりなくって
遥がペアの戦い方とかを紅愛に教えてもらって
かなたに負担かけないようにするためにブロックのトレーニングするんだけど
水着をどうするか?ってゆう下ネタのほうが多かったみたい^^

ペアの水着を選んでたらタッチの差でほかの子たちに取られちゃって
それがやっぱりビーチバレーしてる人たちで
これからライバルになるのかな?とか^^


それで、遥が買った水着にミンサー柄の縁をつけて
「いつの世にも末永く」ってゆう意味だって言ってかなたに渡そうってしたら
それは「告白の贈り物だ」って恵美理に言われて

かなたがはずかしがってたら
遥が「私、かなたが好きだからいい」って
それでかなたが爆発しちゃったりw

それで、恵美理がかなたに「いつかかなたがコートに戻ってきて
そのときあの子のことを本気で思ってくれる人が現れたら
かなたの背中を押してあげて。。」って成美にお願いされたこと伝えて
ヒミツの特訓してる遥のところにつれてったんだ^^

それから4人で練習して終わり。。



さいごがちょっといいおはなしだったけど
おはなしはあんまりなかったみたい。。

スポ根だったら「はねバド!」に負けちゃったみたい。。
日常系+スポーツって思ってみた方がいいみたい^^


あと、体育館にビーチバレーコートがあるってすごくない?
ビーチバレー部もなかったみたいなのに?

かってに砂、入れだらあとでおそうじが大変そうw(ナイナイ)
{/netabare}
{/netabare}
#05 アンタの心が折れるまで
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:待田堂子 絵コンテ/演出/特技監督:池下博紀 総作画監督:大沢美奈/松川哲也/小田武士 
作画監督:齋藤温子/トオル/中西修史

ビーチバレー大会が始まった。遥&かなたペアの初戦の相手は、水着を取り合った相手、愛衣&舞ペアだ。リベンジマッチと意気込む遥。だが、舞たちにも負けられない理由があった。
{/netabare}
感想
{netabare}
今回のおはなしは愛衣&舞ペアとの試合。。


遥ははじまる前から水着のうらみとか言ってちゃダメだよね^^
あの水着、迷わないですぐ買っちゃえばよかっただけなんだから
買えなかったのは自分たちのせいなんだから^^


試合がはじまってすぐは
かなたのポーキーになれなくってあいまいが負けてたけど
だんだん追い上げてきて1セット目ははるかなが逃げ切ったけど
2セット目はあいまいの勝ち

それでもポーキーをつづけるかなたに舞は
心が折れるまでひろってやるって。。

愛衣も背の小さい舞に「バレーボールは大きい人を倒すスポーツだ」
って言って部にさそったのに
大きい人たちのいるチームに負けて舞にくやしい思いさせたから
こんどこそは勝たせてあげたい☆彡って思ってるみたい。。


3セット目は14対9で負けてるけど
かなたは「わたしを信じて」って言ってずっとポーキーのまま。。

かなたはどうやって勝つつもりなのかな?



この前の練習で使ってた体育館にビーチバレーコートがあったから
インドアってビーチバレーにもインドアがあるのかな?
って思ってたらふつうのバレーのことだったんだ^^

2人しかいないのにリベロとかってフシギだな?って思ってたw


今回はかなたも暗くならなくってよかった☆
{/netabare}
{/netabare}
#06 折れないよ、私は
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:待田堂子 絵コンテ/演出:西野武志 総作画監督:小田武士/大沢美奈 
作画監督:山田真也/服部憲知/重松しんいち 特技監督:千葉茂

1セット目を先取した遥&かなたペアが、2セット目で苦戦を強いられる。早々に1回戦を勝ち抜けた紅愛&恵美理や祖母のソラが見守る中、遥は何度もブロックに挑戦するが……。
{/netabare}
感想
{netabare}
けっきょくポーキーってよく見れば取れる球で
それが分かって2セット目のはじめは愛衣&舞ペアが勝ってたんだけど
ボールがどこに行くか分からないからたくさん動かなくっちゃダメで
体力がなくなった舞がまいってきてミスが多くなってきて

さいごに遥もブロックがうまくなってきて
ブロックするだけじゃなくって落として勝った。。ってゆう感じ^^



愛衣は「バレーは大きい人を倒すスポーツだ」って舞に言っちゃったのに
それができなかったからビーチバレーで勝たせてあげたかったみたいだけど
ヘンなマチガイしてるよね?

はるかなペアはべつに大きいから勝ったんじゃなくって
小さいかなたががんばってたから勝てたんだんじゃない?

もちろん遥もがんばってたから勝てたんだけど
遥は気もちばっかりでほんとに活躍できたのってさいごだけ。。
ほとんどはかなたが点を取ってたんじゃないのかな??

それで愛衣はかなたより大きいんだから
小さいかなたが大きい愛衣に勝ったって思ったら
愛衣が舞に言ったとおりになったんだからよかったんじゃない?

愛衣は「大きい人を倒すスポーツだ」から勝ちたかったんじゃなくって
ただ勝ちたかっただけなんじゃない?

愛衣が勝てなかったのって、ほんとは自分が勝ちたいだけなのに
舞のためなんて思ってたからじゃないのかな?

バレーがおもしろいって分かったら
負けたってきっと続けて行けるって思うけど☆彡


あと、今回分かったけど、かなただけでもけっこう強いんだから
これで遥がふつうにできるようになったら
優勝も夢じゃないかも?って☆彡
{/netabare}
{/netabare}
#07 もう友達でしょ
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:待田堂子 絵コンテ:いわもとやすお 演出:千葉孝幸/矢花馨 総作画監督:小田武士/大沢美奈 作画監督:坪田慎太郎/小川浩司/水野隆宏/吉田肇/中村基/萩原正人/千葉孝幸/山田真也/齋藤温子/たなべようこ/福永純一/二宮奈那子/服部憲知 特技監督:池下博紀

ビーチバレー支部に入部希望のあかりがやってきた。彼女はアイドル並みの人気を誇る成美&彩紗ペアのようになりたいと話すが、そこには彼女なりの、ある理由が隠されていた。
{/netabare}
感想
{netabare}
あかりがビーチバレーをやりたかったのは
アイドルになったら友だちができるって思ったからで
入部するって言いながら紅愛も恵美理もペアになるのことわったら
じゃあいい。。みたいな感じで帰ってっちゃった

それで遥とかなたがクラスにたずねてったら
1人でどこかに行ったみたい。。

それで分かったんだけど
あかりはローカルTVのCMに出たことあって
沖縄ではけっこう有名^^
でも、いつもぼっちなんだって。。

それでかなたは、はじめて成美と友だちになったときのこと思い出して
スポーツなら?ってあかりにビーチバレーの勝負を申しこんだの^^

1対1であかりが1点でも入れられたらあかりの勝ち
負けたらビーチバレー部に入るってゆう約束。。

小さいかなた相手だから勝てるって思ってたみたいだけど
あかりは素人だからぜんぜん勝てなくって
それでとちゅうから、動けなくなるまでスタミナ勝負に変えたけど
やっぱり負け。。

でも、楽しくビーチバレーができてみんな友だちになって
ツンデレあかりもビーチバレー部に入部することになったの^^



にゃんはツンデレの人って何考えてるか分からなくってニガテだから
あかりの気もちもよく分からないけど
あれだけグイグイいけるんだったら
みんなに「友だちになろう?」って言ったらすぐ友だちできそう。。

それともツンデレだから
自分のほうからうまく言えないのかな?
だったらこのあと、大変そう。。

でも、この部だったら仲よくやってけるかな?
シーちゃんって呼ばれなかったら^^





{/netabare}
{/netabare}

 サンキュー(25)
2018.08.19 10:04 うざっしーの評価 | 今観てる| 108が閲覧 ★★★☆☆ 3.7 評価対象: はるかなレシーブ(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 4.5  声優 : 3.0  音楽 : 3.5  キャラ : 4.0

7話。試合をしっかり描いているのではねバド!より面白い。というかそれが普通のスポ根物なんだが…

沖縄が舞台のビーチバレーのアニメ。もちろん水着満載である。
きらら系でも「まんがタイムきららフォワード」原作なので異端な内容なのかな…と思ったけど思ったよりきらら系している。
きらら系で主人公が巨乳大女は珍しいが(他は「わかば*ガール」くらい?)性格はぱっと見はきららっぽいゆるふわっ子。ただし主人公のはるかは、7話の{netabare}「人と仲良くなるにはスポーツが一番」{/netabare}というセリフに象徴されるように、意外と体育会系的な古臭くて暑苦しい考えを持っていて、そのために凡庸なスポ魂で終わってしまった感もある。「ピンポン」「灼熱の卓球娘」「ステラ女学院高等科C3部」のように主人公のキャラ付けがそこから脱している秀逸な1クールスポーツアニメもあるので物足りない(特にC3部の主人公には衝撃を受けた)。百合描写も中学生の卓球娘に比べるとこっちは高校生なので、ガチレズ感があってなじめない人も多かったのではないだろうか。私は好きだけど。

監督はあのアイドルマスターのキャラデザで名高い窪岡俊之さん。まあ私は窪岡さんの作品はメガCDの「LUNAR ザ・シルバースター」で最初に触れたけどね←出た古参アピール!
作品テーマは「バレーとは違うのだよバレーとは!」かな。{netabare}ビーチバレーを普通のバレーと同じ感覚でやると、砂地や風や日差しといった外乱が多いので全然上手くいかない様子が描かれる。{/netabare}

試合描写は丁寧で、ビーチバレー特有の戦術をしっかり描いている。ハデなエフェクトを入れたりバシーン!と音を鳴らすような演出は無く、意外とリアル志向な作り。現実の試合を見るような感覚で楽しめるが、スポーツ観戦に全然興味ない人は退屈に感じるかもしれない。

劇伴(BGM)は南国チックでセンスが良い。ラスマス・フェイバーというスウェーデンのミュージシャンが担当しているので日本アニメっぽくないのかなと思ったら結構アニソンやってる人だった。

それとエロ描写なのだが、1話を見た時は意外と抑えてるな…と思ったが、回を追うごとに乳揺れや尻アップなど目立つようになってきた。その辺は期待していいし、逆にそれが嫌だとマイナス要素にはなってくるだろう。

あとサブタイトルを各回のキーになるセリフにしているが、これはまどかマギカと同じなのでまどかファン的に気に入っている。

各話感想
1話
{netabare}日焼け止めはいいのか大女。と思ったらやっぱり言い出したw
ビーチバレーでそれ反則なの?基本的なことがわからねえ。
せっかくゆるかったのに色黒女がスポ根発言を。
かなたはスク水…あざとい…。
いきなり勝負とかやっぱりスポ根展開かw{/netabare}
さわやかだねえ。
1話だけならはねバドよりこっちに軍配だな。はねバドは色々と嘘臭すぎるんだよね…あとはねバトはダブル主人公の性格が…。

2話
{netabare}乳揺れきたー!
かなたははるかの肢体に顔を赤らめるキャラだったかー。
レシーブ練習は地味だ…。
かなたはかつては貧乳コンビだったんやな。
いきなりジャンプサーブとかガチやな。ボールを上げた後に手を大きく広げるのがかっこいい。
レシーブで打球を殺してコート内に入れるだけでも難しいね。
仕掛けるにはわざとダメダメ演技をするとか、事前のブラフが必要だったね。
成美を慰める片思いの彩紗がせつないな…ってかなりのガチ百合感あるな。{/netabare}
今回は1話よりかなりエロくしたなw乳揺れまくり尻アップしまくり。
エロは別として試合作画は「はねバト!」に負けてないと思う。むしろサーブ・レシーブ・トス・アタックという試合の流れを丁寧に描いていてその点は勝る。かっこいいと感じるカットがいくつもあった。さすが窪岡さん。
また、二人ペアだけのスポーツという設定を上手く百合展開に利用している。でもこのアニメのせいでビーチバレーのコンビは百合カップルが多いのかと誤解されたりして。
ただ、主人公のはるかが{netabare}パーフェクト人間すぎるのは気になる。体が大きくて身体能力は高いわ素質はあるわ察しは良いわの完璧超人。{/netabare}
それと遠井成美が「はねバド!」の荒垣なぎさと同じ声優だと気づいたが、同クールで似たような役を演じるのって珍しいよな。
…というか、OPとEDは!?

3話
OP来た!絵が動かないw作画リソースは本編に割いたかw
{netabare}やはり部を作ろうというよくある展開になるのか。
末柄里恵っておしとやかなキャラばっかりやってるな。
かなたの身長でアタックはきついな。
かなたがすぐ落ち込むのなんとかならんの。
レシーブ(取り戻す)が作品テーマらしいね。
成美これじゃかなたに捨てられたと思うよな。{/netabare}
それにしても音楽がお洒落だな。良い意味できらら系らしくない。
EDはちょっと面白いことしてる。

4話
{netabare}ちゃん付けでもええやろ。
おおすげえ揺れてる。
でた、毛の処理の話w
なんか回を追うごとにエロさが増してきたな…。1話はひかれないようにセーブしたんだな。
これがあいまいコンビか。二人とも貧乳。
なんか音楽がねえな。
レズのかなたにはきつかったな。てかマジで同性婚しそう。
秘密に特訓する意味あるのか?
ちゃんが取れた!{/netabare}
やっぱこれビーチバレーのペアってそういう関係なのかと誤解されるアニメなんじゃね?いや誤解じゃないのか?

5話
{netabare}初戦の相手はあいまいコンビ。
フォアヒットは室内バレーでも同じルールだから説明なしか。三打で返さないとダメ。あいまいは室内バレーの経験あるのに。
かなたは常にフェイントだからブロックされなくなっちゃうよな。
違う意味の追い風が仇にw
回想は負けフラグ。
室内バレーの作画いいな。はねバドはこれが無いんだよ!
かなたもたまにアタック打った方がいいのでは?フェイントが効かなくなる。
回転レシーブ!?
アカン、かなたは精神攻撃に弱いw
はるかのブロックきまらんな。
試合中も眼鏡はどうなのよ。
フェイントでも低身長は不利やな。
続きは来週か。{/netabare}やはり試合をしっかり描いているから面白いな、はねバド!より。

6話
{netabare}おばあちゃんがそう言うなら大丈夫だな。
舞が疲れてるな。
コントロールされたポーキーで走らせて疲労させる策が効いてきたのか。
これ風読んでたのか?
ブロックであっさり決まったか。かなたがなんか技出すような感じだったけど。
次の負け試合はカットか。
Cパートで新キャラ登場。{/netabare}

7話
{netabare}なんだよこのOPwwwさすが監督がアイマスキャラデザしただけはある。
なるあやよりエクレアのほうが見た目派手で人気出そうだよなあ。
あかりは動機が不純すぎる。
5人から部活になるってアニメ多すぎ。
はるかは肌を気にしてないようだが日焼けしないんだろうか。
「人と仲良くなるにはスポーツが一番」←すげースポ魂発言。{/netabare}
ちょっと今時ありえんくらいさわやか青春物すぎる展開だろwww

 サンキュー(6)
2018.08.18 23:16 藍染の評価 | 今観てる| 42が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: はるかなレシーブ(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

狙ってる層がわからない

普段のきらら作品と違ってただ萌えを楽しんだり同じフォワード出身のゆるキャン△などとはまた傾向が違った作品なので、そういうのが見たい人向けではない

一方でガチのスポ根かというとそうでもなく、スポーツ系が好きな人がどハマりするような内容でもない

きららの雰囲気を残したスポーツ作品と捉えると楽しめると思う

今作品は2人の友情がテーマできららが新しい分野に挑戦した作品となっているので、初めは違和感があるかもしれないけどそのうち慣れていきます

個人的には面白いと感じましたが好き嫌いは分かれそう

 サンキュー(3)
2018.08.17 02:07 (*´ω`*)の評価 | 今観てる| 52が閲覧 ★★☆☆☆ 2.9 評価対象: はるかなレシーブ(TVアニメ動画) 物語 : 2.0  作画 : 4.5  声優 : 3.0  音楽 : 2.0  キャラ : 3.0

おっぱい! しり!

おっぱいと尻のアニメ
ブルンブルン揺れます。
目の保養にもってこいです。
あとはポロリしてくれたら100点です。

それ以上を期待するアニメではないと思います。

 サンキュー(2)
2018.08.14 21:31 ISSAの評価 | 今観てる| 63が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: はるかなレシーブ(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

ライバルは「はねバド」?

この夏の時季にピッタリのビーチバレーのお話。
水着&揺れるおっパイ&百合&意外と熱血?
きらら枠だけど萌え要素は薄そうです。

この夏、ネット挟んで対決スポーツではねバトと火花散らすかな?

6話まで視聴
戦略・戦術に踏み込まないけど普通にスポ根としても楽しめてます。
+αでやっぱり水着…そしてお尻が最高(笑)

 サンキュー(8)

はるかなレシーブのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
はるかなレシーブのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。