THE ビッグオー(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「THE ビッグオー」

よみがな:びっぐおー

放送時期:1999年秋アニメ(1999年10月〜)

★★★★☆ 4.0
物語:3.8 作画:4.0 声優:4.0 音楽:4.0 キャラ:4.1
総合得点 70.9
感想・評価 152
棚に入れた人 901
ランキング 599
時は今から100年後、ところはかつてマンハッタンと呼ばれていた「記憶を失った街」パラダイム・シティ。この街の住人は、40年前に起きた“何か”によって、パラダイムシティを残し他全ては死滅、そしてそれまでの記憶(メモリー)を―その“何か”に関する事も含めて―全て失っていた。しかしメモリーは、時に思わぬ形でその姿を表す。
主人公のロジャー・スミスは、凄腕のネゴシエイターとしてパラダイム・シティで仕事をしている。過去の記憶を失って40年、ようやく再建されはじめた街の法秩序は完全ではなく、ネゴシエイションを必要とする場面は多い。だがしかし、そんな街において交渉だけで事が済む場合は少なく、荒っぽい暴力に訴えてくる相手も多い。そんな時、彼はメガデウス・ビッグオーを持ち出し、力に力で対抗する。そんなある日のこと、ロジャーはひとつの依頼を受ける事になる。令嬢誘拐犯とのネゴシエイトという、彼にとっては朝飯前の依頼だったが……。
やがて彼はこの世界の謎と向かい合い、過去のメモリーと相対することになる。パラダイムシティを支配するアレックス、謎の女エンジェル、存在するはずのない「異国」。ビッグオーとロジャーとの関係が深みを帯び始め、主人公であるロジャー、アンドロイドであるドロシー、全ての登場人物が自分を取り巻く世界を信じられなくなった時、ロジャーはこの謎だらけの世界と対峙する。(TVアニメ動画『THE ビッグオー』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 152

2018.12.13 01:05 ビスケット1号の評価 | 観終わった| 41が閲覧 ★★★★☆ 4.2 評価対象: THE ビッグオー(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 3.5  声優 : 4.0  音楽 : 4.5  キャラ : 5.0

さらば愛しきひとよ

 昭和30年台の日本の漫画家たちは続々と公開される黄金期のハリウッドやヨーロッパからやってくる映画を見て「おー!俺たちもこんな物語を作りたい!」とアイデアやプロット、小道具や登場人物のビジュアルまで、目と頭でコピーしてはペンで紙の上に再現し、動かし、生命を吹き込んだ。
 それは”パクリ”というには本気すぎ、”オマージュ”と呼ぶには生々しすぎる。「なんでもかんでもブチ込んで、とにかく面白い物語を作るんだ!」という情熱でボク達の国にマンガという宝物を与えてくれた。

 このTHEビッグ・オーもまた、あらゆる面白い物語芸術から拝借してきたアイデア、プロット、台詞回し、他もろもろ、”それだけで成り立っている”と言っても過言ではないほどのオマージュのコラージュだ。わたしはこのアニメはそういう「トキワ荘魂」でできたに違いないと思う。

 結果としてこのアニメは、他のどこにもないアニメになっている。
 今まで存在すらうっすらとしか知らなかったけれど、観てみて驚愕した。

 面白い!
 学会の主流からは大きく外れたマッドサイエンティストがとんでもない怪物を作っちまった…。


 漫画リスペクトの側面からいうと、そもそもビッグ・オーという名前からして手塚治虫のビッグ・エックスからちょこっとアルファベットをさかのぼっているだけだし、他にもワンダー3の光一兄さん、鉄腕アトムの足音、ロボット刑事Kの顔、摩天楼街の鉄人28号、火の7日間、サードインパクト後のチルドレン…いろいろ連想が繋がる。
 さらにそれだけではなく、昭和40年台あたりにやっていた吹き替えのアメリカ産TVシリーズ…バットマン、スパイ大作成、はたまた刑事コジャックまで。

 しかしこのアニメのベースとなっているのは1930〜40年代くらいのアメリカで、ビッグオーのコックピット、派手なV8エンジンみたいなボディはその頃のアメ車のテイスト。
 そして、互いに新聞を読みながらのタレコミ屋との密会、敵方から来た謎めいた美女、ダブルのスーツにオールバックの黒髪、そして皮肉に満ちた主人公のモノローグ…。これらは言うまでもなくハードボイルド小説のアニメ版の展開だ。

 「ハードボイルドの主人公達が戦っているのは、犯罪を秘匿する大金持ちでも狡猾な暗黒街の顔役でもなく、フロンティアを失ってしまったアメリカを覆っている”絶望”って奴なのだ」…と誰かが言っているのを聞いたことがある。そして、その戦いで最大の武器になるものは笑い=「ユーモア」であると。
 このアニメはその意味で何よりダシール・ハメット、レイモンド・チャンドラーに連なるハードボイルドの2000年台の後継者作品なのだ。(R.ドロシーがレプリカントっぽいのも、きっとハードボイルドxSFというブレードランナーと同じアプローチをしているから?)
 歴史を持たない浮き草の国の 失われた夢を追う虚飾の街…。


 いうなればパルプマガジンアニメ。
 偽物の月が昇る舞台の上で繰り広げられる人工の巨大神が競い合う大活劇、恐れ叫ぶ美女!火を吹く銃口!その結末やいかに!?

 イーッツ ショウターイム!

 お楽しみはこれからだ!!

 サンキュー(12)
2018.11.27 23:13 イムラの評価 | 観終わった| 231が閲覧 ★★★★☆ 4.5 評価対象: THE ビッグオー(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 5.0  声優 : 4.0  音楽 : 5.0  キャラ : 4.5

そこはかつてマンハッタンと呼ばれた街

<2017/11/6初投稿>
前から観たくて、去年かな?ようやく視聴。
横山光輝原作。
嘘です。
でも、そう言われたら知らん人はみんな信じるでしょ 笑。

それぐらい絵柄が似てます。
観てる最中「衝撃のアルベルトはいつ出てくるのかな」とかあらぬ期待してしまいました。

20年近く前にWOWOWだけで放送されてたそうです。二期で完結、全26話。

舞台はかつてマンハッタンと呼ばれた記憶を失った街「ヘルサレムズ・ロット」・・・ではなく「パラダイム・シティ」
40年前にこの街に「なにか」が起こり、住人はその「なにか」そのものと、それ以前の記憶を失っている。

主人公は凄腕ネゴシエーターのロジャー・スミスさん。
紳士で偏屈なオールバックの兄ちゃんです。
ただ、凄腕といってもどちらかといえば力尽くの凄腕。
いざとなるとごっつい光輝ロボ「ビッグオー」を「ビッグオー!ショーターイム!」の掛け声でカムヒア。
敵をものごっついロボ腕でブン殴って解決します。
なので凄腕ではなく豪腕ですね。

ヒロインはドロシー。
クールです。
何考えてるかよくわかりません。
なぜなら{netabare}ロボ{/netabare}だから。
いや{netabare}アンドロイド{/netabare}なのか。

ストーリー全体が謎で、1〜数話で1エピソード終了。同時に根底の物語の謎がちょっとずつ解けていく。

面白かったです。

ロボ好きには堪らない。
物語も謎めいていて◯。(ただし謎すぎてよくわからないところも多々あり)
キャラクターも出てくる人みんなわかりやすく濃くて良い。

演出や映像や音楽にかなり凝った作りにもなっていると思います。
そういうの詳しくないけどそんな気がします。

ロボのガチンガチンのバトルが好きな人。
少し現実的で謎な世界観とか好きな人。
紳士で偏屈でやたら肩幅広くてお金持ちそうな主人公が好みの人。
クールなヒロインが好きな人。
ニューヨーク在住の人。
そんな方にオススメの作品です。


<2018/11/27 追加の加筆>
(おまけ)
観たあとネットで知ったのですが、1期目のopの音楽と映像が傑作だそうです。
実際観たら傑作でした(笑)
曲はクィーンの「フラッシュゴードン」にそっくり
映像はウルトラセブンのopにそっくり

でもめちゃくちゃカッコ良い!

なんでも作るときにそういう発注だったのだとか。
ただそんなわけで一期の初回放送のみでお蔵入りとなったそうで。
2018/11/28現在でもYou○ubeで見ることができました。
興味のある方は探してみてください。

 サンキュー(28)
ネタバレ
2018.10.30 03:34 こまたちの評価 | 観終わった| 33が閲覧 ★★★☆☆ 3.9 評価対象: THE ビッグオー(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 3.5  声優 : 4.5  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

ポンコツネゴシエーターの溢れんばかりの魅力

1999年放送のセカイ系ロボットアニメ
全26話

抽象的なセリフ表現と曖昧な説明でとにかく難解な印象を与える本作。いかにも90年代後半らしい作風です。伏線の放り投げと説明不足により謎を多く残したまま終わってしまうのがいかにもといった感じ。今では受けが悪い作品のように思います。ひょっとすると当時でも賛否両論の作品だったかも。私個人としての評価は並。1クール目は単話完結型のショートスト―リーが続いたのでそこで少し飽きがきてしまいました。ただ2クール目後半からの面白さは目を見張るもがあるし、作品全体としてはそこまで悪いものではなかった。もう少し平易な理解ができる構成にしてほしかったという気持ちはあるが、物語の結びも決して悪いものではない。傑作・名作とはお世辞にも言えないが、良作であることは間違いないでしょう。

<ネゴシエーターとは(哲学)>
本作の主人公であるロジャーの職はネゴシエーター。つまり交渉人。黒スーツをビシッと決めて、人物像は紳士そのもの。「ああ、きっと凄いやり手なんだろうな」と思うのも束の間。彼のネゴシエーション、作中で成功したのはたったの一回。ラストまで失敗続きなのはホントに笑える。(ただラストに初めて成功したというのはそれはそれで感慨深いものではあるんですけどね。)しかも引き受けた仕事の多くは探偵や警察のそれ。本作に対するコメントで「ネゴシエーションとは?」とか「ネゴシエーション(物理)」というものがあったがまさしくこれでしょうね。ロジャー曰く「最終手段」の武力行使を毎度使用。本当、ネゴシエーションって何だったのでしょうね(笑)ただこういうところも含めてロジャー好きよ。ドロシーとのかけあいも微笑ましくて好き。そしてなんといっても声優さんの声の格好いいことこの上ない。宮本充さんの声ありきでのあのロジャーだったのだなと今でも思います。あのクールでダンディな声をきけただけでも視聴した甲斐がありました。「ビッグオー。アークション!!」

<ライバルと思いきや、、本作きっての芸人ポジ担当>
ロボットアニメにおけるかませ犬ポジのキャラは偉大だと改めて痛感しました。ロジャーのライバルらしきキャラは何人か登場したが、その中でも特に印象深いのはベックさん。一話のポンコツ具合から才能を感じていたが見事に光りましたね。一応ライバルとして成長する可能性も楽しみにしていたがそんなことはつゆ知らず。極めつけは18話、ベックの再再々登場回。ロジャーに対抗するために作り上げた新しいメカー。さぞ自身に満ち溢れていたことでしよう。新武器も取り出してビッグオーに攻撃を放つ。そんな姿を見て私も「お?もしや!?」なんて思ったりもしたがもちろんそんなこともなく。ものの一瞬で粉々になったベックのメカを見て、哀れみを通り越して笑いがこみ上げてきました。このあとはもちろんまたまた監獄へ。ホント、素晴らしいかませ犬ですね。ベック、好きよ。あんたのそういうところ。

以上

一言:ロジャーの魅力に満ち溢れた作品でした。

 サンキュー(5)
2018.10.19 21:46 Robbieの評価 | 観終わった| 14が閲覧 ★★★★☆ 4.4 評価対象: THE ビッグオー(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.5  声優 : 4.5  音楽 : 4.0  キャラ : 5.0

オマージュ作品だろうと食わず嫌いすると損しますよ

オマージュ作品だけどどこか日本のアニメにはあまりない作風で新鮮味があった。
まず、この作品は前半は1話完結に近い作りで後半から話が繋がってくる。
しかし、1話完結だからといって気を抜いてはいけない。
しっかりと伏線が散りばめられている。
まあでも1話完結の話もどれも出来が良いので飽きることはないだろう。
テーマも様々だし。
作画は、高水準で乱れることは無かったように思える。
動かしにくそうなキャラ絵なのにこれは凄いと思う。
また、戦闘シーンは重量感があって良かった。
声優の演技も素晴らしく印象に残る声が多かった。
そして、何よりこの作品はキャラクターに魅力がある。
主人公であるロジャーは本当にカッコよかった。
一見ただの紳士に見えるのだが人間味があったり自己流のこだわりがあったりと。
非常に魅力的だった。
もちろん他のキャラも皆印象に残っている。
是非食わず嫌いしないで観て頂きたい。

 サンキュー(2)
2018.06.11 23:31 yuugetuの評価 | 観終わった| 74が閲覧 ★★★★☆ 4.5 評価対象: THE ビッグオー(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.5  声優 : 4.5  音楽 : 4.5  キャラ : 4.5

難解だけど全部好き

1999年10月~2000年1月放送のテレビアニメ。
1期全13話。2期(second season)全13話。一緒に評価しています。
ロボットのデザインはこの作品が一番好きだったり。

1期のストーリーは凄くシンプルで、毎話メモリーを巡る事件が起こりそれをロジャーとビッグオーが解決するお話。
2期では連続性が強くなり、メモリーと世界の謎が解き明かされていきます。ただ、1期の時点では2期を制作する予定は無く、大まかな部分は決着がついているものの、難解な部分もあり考察を必要とするため好みが分かれます。

少し暗く洒落た世界観、クラシックな街並み、雰囲気作りが上手いですね。
巨体感のあるレトロなビッグオーのデザインがかなり好きで、特に重量感を重視したロボットアクションも秀でています。サンライズらしい外連味の利いた戦闘は見所。モノクロのコントラストを活かした画面作りと演出は一見の価値ありです。

キャラクターも好きです。
ロジャーは本人が格好付けているのが若干滑稽に描かれていて、かえって嫌味がありません。
ドロシーもまた皮肉っぽさと可愛らしさが絶妙にブレンドされた秀逸なヒロイン。
エンジェルはトラブルメーカー的な役回りの前半、女性らしい弱さが露呈する後半でがらりとイメージが変わり、個人的にはとても共感できるキャラクター。
完璧超人でありながら飄々とした執事ノーマン、悩み多き堅物警察官ダストンもまた素晴らしいです。

何年か毎に繰り返し見るほど味わいが増し理解が深まる、個人的には名作です。
謎多き作風ですが本筋の解釈については色んな所で考察がなされているので、私が細かく書く必要もないかな。
なので私がこの作品を好きな理由をネタバレ全開でいくつか。


【ロボットのデザインについて】
{netabare}
2017年サンライズフェスティバルで本作のオールナイト上映が決まった際に片平一良監督のインタビューがアニメ雑誌に掲載されていました。

当時のスタンダードなロボットは「結局、行き着くところは四角いブロックの塊でしかないから、まずそれはやめようと思いました。」
「とにかく『今まで見たことないシルエットのロボットを作ろう』というのが目標でした」とのこと。
私もそこに惹かれたクチですねw
それに加えて、繰り返しになりますがロボットアクションの重量感、外連味のあるバトル。サンライズのアニメーションの特に良い所が凝縮されている感じ。{/netabare}


【世界観の表現とラストシーンについて】
{netabare}
上記のインタビューには世界観についても記載されていました。

記憶を失った街というアイデアについては、シリーズ構成の小中さんの仕掛けで、「あれは実は『方便』なんですよ。」とのこと。
細かな世界観の設定に尺を使いたくないので、語らずに済ませたい。だから最初から存在しないものとして、誰も覚えていないから語られないという形にしたと。本当は意味がなくて、あるはずのないもの(メモリー)にこだわる人が事件を起こしたり巻き込まれる構成になっている。
でもセカンドシーズンで「カートゥーンネットワークが製作に加わる時『その意味を描いて、世界観に決着をつけて欲しい』と言われて、みんなで頭を抱えました(笑)。」だそうですw


つまり謎はあるように見せているだけで本当は意味がないということが肝だったのですね。
それをどう表現するかが問題だったと思うのですが、1期の設定を極力使いながら謎を解き明かす作劇が出来ていてとても丁寧だったと思います。描きたいことはそのままに、枠物語というギミックを使うことで「メモリーは最初から存在せず意味がない」ことを描いて見せた。

枠物語とは、知っている人も多いと思いますが、劇中で別の物語が展開する物語。千夜一夜物語が有名ですね。
物語の中から外側を知ろうとする者たちの徒労、その無意味さ、それを知った者たちのアイデンティティの揺らぎが、この世界を揺さぶりました。

舞台の外には何も存在しないことに絶望したエンジェルは、その舞台をリセットしようとします。彼女が欲しかったのは自分の存在意義です。それをメモリーに求めましたが、物語の作者であり演者でもある彼女が知らないものはこの舞台には存在しない。
2期ではアンドロイドもメモリーを持つと言われています。その理由はアンドロイドが蓄積したデータは基本的には書き換えられることが無い、アンドロイドは忘れないからだと考えられます。それと同時に、ドロシーには心があり、「記録」と共に「記憶」も持っている。

肝なのは「記録」と「記憶」は似て非なる物だということではないでしょうか。
この世界には40年前より以前の記録がない。あるのは誰かが突然に思い出す記憶のみ。記録が無いのに個人の記憶は存在するという矛盾が発生する。


エンジェルとドロシーがなぜメモリーなのか。
二人はその特殊性により「記録(客観)」と「記憶(主観)」を両方持っているからではないでしょうか。

そして本作のロボットの呼称である「メガデウス」は物語を強制終了するデウス・エクス・マキナから来ています。

メモリーたるエンジェルとデウス・エクス・マキナ(ビッグヴィヌス)に交渉を持ちかけられるのは、同じくメモリーたるドロシーを同乗させたビッグオーを操るネゴシエイター、ロジャーのみだったのではないでしょうか。
エンジェルに対するロジャーの説得は、物語の中であっても自分たちのこれまでの生き方を肯定すること。自分たちが築いてきた関係性を拠り所に再び歩き出そうということです。
私はこのとても前向きな結論が好きなんですよね。
自身の記憶を捨て去りながらもその幻影に苦しめられたロジャーだからこそ、その言葉には説得力がありました。

表現や台詞回しこそ難解ですが、パラダイムシティは演劇の舞台でありその外にも過去にも何もないと理解すればそれで良い。
思わせぶりに挿入される謎の映像も、今は自覚せず登場人物を演じる役者が過去に演じた他の演目・他の役だと理解すればそれで良いのかなと思います。{/netabare}

ついつい考えてしまう人間にはとても面白いですし、何も考えず世界観を楽しむことも出来る作品です。(2018.6.11)

 サンキュー(15)

THE ビッグオーのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
THE ビッグオーのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。