「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(アニメ映画)」

総合得点
81.2
感想・評価
1738
棚に入れた
10360
ランキング
396
★★★★★ 4.1 (1738)
物語
3.9
作画
4.3
声優
4.0
音楽
4.0
キャラ
4.0

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

haruto さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

3回目2022.12.30

3回目2022.12.30

投稿 : 2022/12/30
閲覧 : 145
サンキュー:

0

ネタバレ

マーティ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

笑えばいいと思うよ(^ω^)

 最近、アマプラで2回目の視聴。

 やっぱりエヴァは面白い!今後時間をおいて何回でも見たいですね。
(`・∀・)

 相変わらずシンジがいきなり呼び出されて「エヴァにのれ」のところがツッコミどころ満載で笑いましたw詳しくは「中田敦彦のエヴァ解説動画」にツッコミどころが説明してあるので、そちらを参照。

 使徒とのバトルシーンは圧巻で、特にラミエル戦には目を見張るものがありました。ラミエルが変幻自在に姿形を変えビームを撃ちまくったり、それに対抗して初号機がビームをコアめがけて撃ち、敵の攻撃をゼロ号機が守る。ものすごいクオリティで作られているんだと素人の僕なりに感じました。

 僕は新劇場版の方を先に見たので、こちらの方に愛着があります。テレビ版にも良さがあり、シンジの心情や葛藤が丁寧だと思いました。ただ、テレビ版の葛藤シーンが長すぎて、冗長に感じられました。だから劇場版がちょうど良く、面白かったです。

 シンまでで1つの物語ですが、この時点ではこの評価・感想です。破やQは別のページを参照。

 これにて感想を終わります。ここまで読んでくださりありがとうございました。

投稿 : 2022/03/02
閲覧 : 209
サンキュー:

22

ネタバレ

レオン博士 さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

リアルタイムで見たかった。

エヴァンゲリオンの原作は、なかなか見る機会がありませんでしたが、ようやく重い腰を上げて視聴してみました。
残酷な天使のテーゼと魂のルフランだけ知っててとても好きな曲ですが肝心のアニメは見たことなく、エヴァについての知識はほとんどゼロで、主人公の名前すら知らんようなニワカです。

結論から言うと、映画しか見ていないのですが本当に素晴らしい作品だと思います。

私のようなニワカが語るのはおこがましいと思うのですが、ニワカなりの感想を述べさせていただきます。

新劇場版の作画、音楽は非の打ちどころがないですね。使徒との戦闘シーンなど、ものすごい力が入っているのがよくわかります。

シナリオについては、気になる謎をちりばめることと魅力的なキャラクターにより視聴者の興味を引く手法が上手いと思う。

シンジは女々しいのが鬱陶しいけど、彼のおかれている境遇はあまりにも酷いので同情する。

人類存亡がかかってるから、基地が爆破されるから私たちも命かけてるって言って説得されてるけど、なんで僕なの?っていう彼の疑問はもっともで、ロクな説明もしないくせに「そうやって逃げ出すのか?」とか、理不尽すぎる。
そういうあなたも説明責任から逃げ出してるよね。

人類の未来のために戦わせておいて、あまりにも酷い扱いだ。
彼は壮絶な痛みや苦しみを受けているけど、他の人は彼の痛みや苦しみはわからないわけで、立場が一緒ではないと思う。
それと、人類の命運を託すのに、大事なことは全く知らされず、簡単な説明すらも省き、協力しろ、お前にしかできない、ちゃんと仕事しろと高圧的に命令されるだけ、さらに酷い目に合っても誰もいたわりも感謝もしない。事務的で冷たい司令部。そりゃシンジじゃなくても嫌になるでしょ。
この司令部はロボットに命令しているつもりなの?
子どもを戦わせるしかないというのなら、せめて精神的なケアをちゃんとやるのが大人のやることでは?

たぶん理不尽な境遇がなかったらシンジを嫌いになってたと思うけど、これだけ不憫だと嫌いにはなれなかった。

それから、視聴していると色々な場面でどこかで見たことがあるような設定やシーンが見られましたが、エヴァのほうが時代が昔であるということは、こっちが元祖ということ、それだけ多くの作品に多大な影響を与えた作品ということですよね。

テーマソングは神曲ですね。作品のテーマにも合っていて本当に素晴らしい。

投稿 : 2021/10/12
閲覧 : 247
サンキュー:

24

ネタバレ

RFC さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

リメイクEVA 1/4

【作品概要】
 社会現象ともなったEVAのリメイクですね。
 旧作の6話までを圧縮してます。

【作品に対する感想】
 物語としては大きく変わっていませんが、
 もっと後に出てくるシーンが挿入されてたりと、小さな変化はあります。

 劇的に変わったのはやっぱり映像美。
 EVA好きならそれだけで視聴する価値があるんではないでしょうか。
 
 
 庵野さんが電柱マニアとのことで、
 いろんなカットに電柱や高圧線が入っているのも面白いですね。

 大人になってから視聴すると、すごいなと思うのはヤシマ作戦。
 10時間であれだけの段取り無理やって!
 って思っちゃいます。
 目の前の命が掛かってるネルフ職員はともかく、
 末端の方に行けば行くほど「かったり―」とかでポカやらかすのが
 たくさん出てきそうです(笑。

 

投稿 : 2021/08/21
閲覧 : 127
サンキュー:

13

ネタバレ

ミルク さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 2.5 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 1.5 状態:観終わった

テレビでやっていたので見ました

テレビ版未視聴です。
多分、社会現象になっていた頃に見たら面白く感じられたのかもしれません。
ただ、主人公を取り巻く大人たちの行動に終始イライラしてしまい、あまり面白いものだとは感じませんでした。
次回作の展開に期待したいと思います。

投稿 : 2021/01/16
閲覧 : 147
サンキュー:

2

ネタバレ

栞織 さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

1.11で見たと思います、アマプラで

型番がいろいろあって、1.01とか1.00とかあるんですか?今さっきエヴァ完結編延期を受けて、アマプラで見返しました。私が持っているDVDはこのサムネイルのジャケットの1.01です。それとは明らかに細かい点で内容が違いますが、以前アベマTVで見たものは、今回アマプラで見たものとまた違っていて、それは何になるのでしょうか?マニアの人ならきっとわかるのでしょうね。アベマで見たものは、ヤシマ作戦あたりのカットがもっとたくさんあったような気がしました。アマプラのよりも長かったですよ。今回アマプラで見たものは1時間40分で短いと思います。いったいどうなっているのでしょうか?また全シリーズ終了後におそらく出される完全版ブルーレイでは、どのバージョンが収録されることになるのでしょうか?すごく気になりますね。

閑話休題、テレビシリーズの総集編との声もあるようですが、細かい演出や緻密な作画でブラッシュアップされた新劇場版です。テレビの絵をそのまま持ち込んだと思われるカットまで、描きなおしていることが見ていたらよくわかります。要するに「清書」しているんですよ。こんな贅沢なことができるのもエヴァならではです。お話の方はみなさんよくご存じで、省略させていただきます。見ていて思うのは、受験期の青少年の心理をよく研究されて作っておられるなと言う事です。その世代の少年たちはこの話は敏感に反応することでしょう。そのあたりの演出やシナリオは、本当によく考えられていると思います。

今回また見ていて思ったのは、使徒の自然界の動植物や鉱物を増幅させた怪獣特撮的世界観と、ネルフ本部のコンピューターを駆使した世界とのすり合わせが大変だなという事です。それプラス死海文書の歴史観ですか。あと、「進撃の巨人」の援護射撃?で最近わかってきたことは、エヴァは原人のような存在で、それを奴隷のようにして操縦者で動かしているということです。人類の奴隷の歴史も思い起こさせるこの設定も、考えてみれば「ロボットではない」ということで、エヴァの通奏低音としてある重要な設定です。レイが「エヴァには心がある」というのも、その意味で出されたセリフと思われます。これらをどうまとめるのか・・・・本当に難しい作品だと思います。

この「序」に関して言えば、まだ物語の序章であるので、それらの問題はあまり出ていませんが、セリフの端々にそういったものが暗示されており、その思考の積み重ねで生まれた作品だということです。それは、間違いなく20世紀の中期に生まれた人間が考え出した思索なのだと思います。この劇場版ではその巨大すぎる思索の試行錯誤が、まさに地球上の人類に生まれた者の生みの苦しみのように私には思えてなりません。ちょっと大げさすぎたかもしれませんが、エヴァが人々に熱狂的に支持される理由も、それなのだと思います。人間はどうして人間として生まれたのか、誰もが一度はそう考えるものだからです。

投稿 : 2021/01/14
閲覧 : 180
サンキュー:

6

ネタバレ

たわし(爆豪) さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

絵づくりがやはり一線を画している

改めて見直すと、2007年の段階でこのレベルの作画が見れることは奇跡としか言い様がない。それは「ヤマト2199」や「ガンダムUC」なんかよりもはるかに大人で貫禄があり、昨今のどのアニメよりも高画質、高品質である。

エヴァの3DCGのモデリングも実になめらかで上手いし、完成度が比較にならない。

改めて庵野秀明監督は天才であることを思い知らされた。

投稿 : 2020/12/26
閲覧 : 414
サンキュー:

18

ネタバレ

ミュラー さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

初見ですが、既視感ありあり

実はエヴァンゲリオン初見です。ドはまり世代?だと思うんですが、どういうわけか今まで見ずに来てました。新劇場版、見てしまいました。

実際に見たら、どこかで見たようなシーンのオンパレード。
エヴァがいかにそれ以降のアニメに影響を与えたか、これだけでもはっきり分かんねや!

意外だと思ったのは、あの、サービスさーびすぅ!の葛城ミサトさんが、作戦遂行時には頼りになる切れ者だったということ。少なくとも碇ゲンドウより良いのでは。
ヤシマ作戦、シン・ゴジラかとおもったが、もちろんエヴァが先ですよね。
ミサトさんカッコよかったあ。このシーンだけでも見る価値あり。

あと、登場人物の名前は聯合艦隊だったのね。
惣流が蒼龍だったとは。綾波と合わせるために劇場版は式波(敷浪)にしたのかなあ。駆逐艦同士だもんね。
{netabare}その後の考察で、どうも敷浪ではなく自衛隊のあやなみ型護衛艦に合わせた説が有力なことが分かった。{/netabare}

それにしても製作陣豪華。オレンジとかユーフォテーブルとか、今や第一線のアニメスタジオでしょう。
当時日本のアニメ業界の総力を挙げたのかと思うほど。2007年の作品とは思えない超絶クオリティ。
すごいです。

投稿 : 2020/05/10
閲覧 : 202
サンキュー:

10

ネタバレ

tomledoru さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:----

タイトルなし

原作は90年代にしては,早すぎた作品かもしれませんね。
それは,斬新という意味においてです。

「序」はテレビ版の前半の話とほとんど同じです。

人類補完計画とは何か。ネルフ,ゼーレとはどんな組織なのか。
その関係は? 碇の父は何を考えているのか。
そして,ヱヴァや,使徒の正体とは。

難しくてなかなか把握しきれませんでしたが,
そこがこのアニメの面白いところではないでしょうか。

少なくとも,それまでの勧善懲悪的な,正義対悪の
ロボットアニメではないことは事実です。

何が正しいのか間違いなのかを超越して,
価値観が入り乱れて戦いあうところに
醍醐味があります。

旧約聖書や全文公表(実際秘密)
されてはいませんが,死海文書の知識が
多少なりともあると面白く見れます。

もう一つの魅力として,碇シンジの思春期の
男の子としての内面性・特に
心の葛藤を深く描いたところが,

今までのアニメの主人公とは違い良いですね。

ヱヴァに乗らない決心をして
追放されたり家出したりとそれまでのアニメの
強い・勇敢な主人公とは一線を画します。

単純に「ヘタレ」とか「鬱」という言葉で表せなくて
普通の中学生が感じて悩むレベルです。

投稿 : 2019/11/01
閲覧 : 164
サンキュー:

3

ネタバレ

プラ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

初見の感想。

誠に恥ずかしいことながら、日本一有名なアニメであるエヴァンゲリオンを見たことがありません。純粋に感想を・・・・


四部作の一作目ということで、導入としての位置づけの軽めの内容だった。主人公のバックグラウンド・「エヴァ」に乗るきっかけや、人類が戦うべき相手「使徒」の存在と現時点での地球の世界観などなど、初見でもわかりやすい説明だった。

人類の生存についてはかなり絶望的な状況に見えた。使徒がやってくるたびに地上の都市は壊滅されるし、防壁だったり迎撃ミサイルだったりは無意味(無駄でも撃つことで喜ぶ人がいると言っていたが、政府関係者か?)。その割には、日常パートでは平和に過ごしてて、ここの一般人はなかなかハートが強いなあとw

NERVは対使徒用の組織なんだろうけど、あれは民間なのか政府なのか。NERVの総司令部は地下のシェルターみたいなところにあって、エヴァなんていう物騒な戦闘生物兵器を使って、迫りくる使徒と戦っている。頑張って使徒と戦ってる割には世界的に地位は低そう。

主人公のシンジは、NERVの総司令ゲンドウの息子だそうだ。なかなか家族関係が複雑そうだ。ゲンドウはエヴァ初号機にどうしても息子を乗せたがっているが、何か裏があるのだろうか・・・物語の核心の一部であろう。これから明かされることに期待。

使徒が何回か襲ってきただけ(といっても、それだけで大ごとなのだがw)で、大きな事件はなかったかのように思える。

投稿 : 2019/01/26
閲覧 : 239
サンキュー:

2

ネタバレ

こっとん さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

序は完全なリメイクですね。

今後に期待です。

投稿 : 2018/02/28
閲覧 : 164
サンキュー:

0

ネタバレ

茶子にゃん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

次回も楽しみ

初めてでも、十分に見ることが出来ます

投稿 : 2016/01/20
閲覧 : 166
サンキュー:

0

ネタバレ

蒼い星 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

作画は良かったです。

2007年公開の劇場作品。
1995年10月-1996年3月に放映された大ヒットアニメをリメイクした4部作の1作目。
昔EVAを作った監督以下スタッフ一同が今回もそのまま製作に携わっています。

TV版画第六話のヤシマ作戦まで扱われています。
「あんたバカあ?」の台詞で知られているアスカは、まだ出てきません!

内容は、思春期の14歳の少年・碇シンジがウルトラマンみたいな巨神兵みたいな人型の巨人に乗って、
科学技術の結晶といえる武器を用いて使徒という謎の敵と戦うというお話。
機械を埋め込まれて入るものの実はEVAはロボットじゃないんですよね。
手の装甲が剥がれたら人間の肌色の指が露出していますし。

・聖書がモチーフ。
・熱血要素もあるけどダークっぽい。
・アムロより内向的で繊細でヒーローっぽくない主人公。
・心理描写が多い。
・SF要素を潤沢に盛り込んだ特撮モノ風味。
・「人類補完計画」「使徒の正体」などなど謎で視聴者を引っ張っていく方針。

やはり95年当時の作品としては、個性がずばぬけていたようです。

さて、今回の映画で思ったこと!
・作画は綺麗。エヴァが四足で歩くシーンとか戦闘シーンが良かった。
・声優さんも、ほぼ違和感なかったけど、洞木ヒカリの声がちょっと苦しかったかな?
・微妙にダイジェストっぽくて漫画かTVアニメを事前に観てないと、ちょっと入り込めないかも。
・「残酷な天使のテーゼ」が無くて、ちょっち寂しい。
・宇多田ヒカルの主題歌は悪くはないけど、EVAである必然性がない。

短いですが特に書きたいこともあまりないので感想を終わります。

重要な事を忘れていました!
シンジくんのお父さん・碇ゲンドウがマダオにしか見えなくて、
顔を見る度に大爆笑ですよ!!

読んで下さいまして、ありがとうございました。

投稿 : 2015/06/05
閲覧 : 437
サンキュー:

53

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

忘れた

エヴァいろんなの見ちゃったからどれがなんだかあんまり覚えてない
たしかあんま変わってなかったよね

投稿 : 2015/04/20
閲覧 : 217
ネタバレ

猫々飯店 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

懐かしいけれど、新しい

監督、どうしたんですか(混乱
はっきり言うと、理解不能でした。なので、語れることが余りありません(:3_ヽ)_

劇場版にリメイクされる前、TV放送版のエンドの時もそうでしたが、
恐らく1度見るだけでは理解出来ないのかもしれません。
昔見た頃は今より幼かったし、まあ、今ならわかるだろうかと
高をくくって劇場に足を運びましたが、さっぱりでした。

でも、面白い。やはり、面白いのですよね。

理解が出来ないと、人は他者に意見を求めたがって。
で、作品に対する論議・考察が始まる。そのきかっけをくれる作品だと思います。
それぞれが独自の考察を持ち、次の作品を楽しみにする。
次の作品が公開されれば、その要素を追加し、さらに議論する。
これは充分、面白い出来事を作っていると言えるんじゃないかなと。

そういうことを踏まえて、エヴァは世界系というジャンルを
作ったシリーズじゃないかなと思います。

投稿 : 2015/02/25
閲覧 : 233
サンキュー:

2

ネタバレ

わかばん さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

新劇場って凄い

最初はTVシリーズをただ綺麗に作り直しただけだろうと
思って、あまり期待しないで観ました。

確かに途中までは脚本もコンテも原画もTV版を元にして
作り直しているだけでした。

しかしそれは途中までのこと。
ラミエルが出てからが新劇場版の本領発揮でした。

ラミエルまじかっけー!
なんなんあれ!めっちゃ変形するやん!
新劇場版凄いやん!(偽関西弁)

そして、本編終了後の破の予告。
やばいやばいやばいやばい!
なんか新キャラ出てきた!
見たことないエヴァ出てきた!やばい!
めっちゃ楽しみ!

という感じで当時はとてもテンションが上がっていました。

その熱もQを観るまでは持続していたのです…。

投稿 : 2014/11/03
閲覧 : 175
サンキュー:

3

ネタバレ

37111 さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ここまではエヴァ

作画がきれいです。

投稿 : 2014/10/31
閲覧 : 187
サンキュー:

0

ネタバレ

ValkyOarai さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

90年代の革命 劇場版1作目 パロディの原型はここにある

2014.8.22 金曜ロードショーで放送

ATフィールドってプロテクションみたいなものでしょうか
人類補完計画って何ですか

とりあえずこのアニメはテレビで話題にはなってはいますけど
俺はロボットアニメはそんなに見たくはないです
実際のアニメ版では長いのでこれで時間短縮ができればそれでいいと考えています

シンジ君は形部(親父)に見捨てられていたんだ

絵がすっごく綺麗なんですけど
まあ劇場版だからね
それでケロロのパロディの原型も見ることができました

レイがあんなに傷つけられていたらそりゃあ逃げたくなるわ
「逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ・・・」
ちょ・・・使徒のATフィールドをシンジ君いきなり引き裂いてるんですけど・・・

何度も言うけど戦略的撤退はこの世界には存在しないのか

それと凄いな第三新東京市って、下からビルが生えてくるんだから
ミサトさん、コンビニ飯食ってたらバランスが悪いぞ

エヴァに乗るかどうかお前が決めろ。それだけで世界を救えるならな
何なんだあの六面体の使徒は・・・あのビーム2発撃ってきやがった
それがきっかけで始まったヤシマ作戦
シンジ君は虫の息だ
レイは親父のために戦うのだろうか?

リリス
それはサードインパクトのトリガーを示す使徒であり、地下に捕まっていた
そのためにミサトさん達も必死で戦っているんだ
這い上がれ、恐怖を砕け、シンジ君

投稿 : 2014/08/22
閲覧 : 292
サンキュー:

12

ネタバレ

フローズン さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

新装開店どころじゃないクオリティ

・ここまでクオリティ高くリニューアルされるとは
・TVシリーズ序盤をなぞったシナリオで魅力を損なっていない
・声優さんたちの演技も劣化しておらず素晴らしい
・ラミエルのトランスフォームっぷりに感激
・TVシリーズでの、町全体の殺伐とした空気が明るいものになっている(と感じる)
・宇多田ヒカル最高

投稿 : 2014/05/29
閲覧 : 215
サンキュー:

5

ネタバレ

文太 さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 3.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

やっぱラミエルたん

物語はTV版をリメイクといった形。
ただ作画等はパワーアップしております。
ヤシマ作戦はやはり熱いですね。ヒューズ?交換のシーンは「うほw」ってなりました。
ラミエルたんのビーム打つ瞬間のあのチャージ音・・・叫びにも似た音がたまりません。

投稿 : 2014/05/11
閲覧 : 276
サンキュー:

3

ネタバレ

蓬(Yomogi) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトルなし

EVAと言えばもっぱら「エチレン酢酸ビニールコポリマー」を思い出すようになっていた自分。
とにかく懐かしかった。

リメイクということで第一回からヤシマ作戦終了までのストーリー。
驚いたことに脚本と絵コンテが9割以上テレビ版と同じだった。

美術についてはすべて描き直しをしており、基本的には同じ構図で密度が高い背景になってる。情報量が増えているのでそれだけで世界観の広がりを感じる。

随所にCGの動画カットを挿入、テレビでは表現しきれなかったシーンに仕上がっている物も多い。
特に戦闘シーンでのCGの使い方はセンスが良く気持ちのいい。まさに新世紀らしい映像になった。

作画についてはレイアウトがほとんど同じ。
描き直したとは聞いたが、明らかにそうとわかるカットは全体の3割以下だろう。
髪の毛の主線を増やしてハイライトを追加したようなカットは分かったが、旧劇場版のときのような明らかに違う作画は一回見ただけでは分からなかった。

追加シーンについてはまあ無難な感じで良かった。
必要なところに挿入して流れを感じさせる。

比較的大きな変更はラミエルの戦闘シーン。
作戦内容が詳細になってエンタメ感が強調された。
個人的には「トップをねらえ」の戦闘シーンに近いような感じがする。
つまり非常に面白かった。

総合的には中の上。
まだ序なので何とも言えないが、今回は軽いジャブ。準備運動と思った方が良い。
某レビューの評価の高さは首をひねる。

しかし変更になった点も細かく見ると多いので、もしかしたらその辺が後半への伏線になるかも。

余談だがエンドロールの文字が真ん中あたりまで来ると光を放つ効果が入っている。
これが非常に見にくい。とにかく邪魔。
宇多田ヒカルの歌声と共にイライラしながらのエンディング。
次回のエンドロールは読みやすくして欲しい。

投稿 : 2014/04/14
閲覧 : 254
サンキュー:

3

ネタバレ

Fyu-neRu/\ さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

面白かったけど、・・・?

普通に面白かったですし、ラストにシンジ君が綾波を助け出した?ところは感動しました。
         ・・・でも、アニメを見てないせいか設定がイマイチ分からず、伏線?それとも自分が内容を理解できていない?みたいな感触が視聴後残りました。見るなら、アニメも見たほうがいいのかなぁ…。

投稿 : 2014/03/23
閲覧 : 210
サンキュー:

2

ネタバレ

(´◉◞౪◟◉`) さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

AA

まー序って名前だけあってこれから感満載。

投稿 : 2014/03/13
閲覧 : 166
サンキュー:

2

ネタバレ

teji さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

何が かわっった・・ 

うーん 思わず 倍速で診てしまった

投稿 : 2013/10/13
閲覧 : 198
サンキュー:

1

ネタバレ

arias さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

自分用メモです

金曜ロードショーにて
人気作の映画化一作目

投稿 : 2013/07/29
閲覧 : 175
サンキュー:

1

ネタバレ

Banちゃん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

序。

総集編でしたっけ?あんまり覚えてない。

投稿 : 2013/07/08
閲覧 : 190
サンキュー:

1

ネタバレ

クロッシー(・з・) さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 3.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

良さが今ひとつだった作品

エヴァンゲリオン劇場最初の作品。
旧エヴァンゲリオンを見てる方ならほとんどわかるストーリーになっています。
はじめ見たときはあまりのショックに耐えられなかった。というのもエヴァンゲリオンが放映されたのは1995年くらいの時です。
あれからだいぶ年月が経っているわけで声優さんの声も変わっていないはずがないのです。まぁ聞ける範囲でしたけど。
しかし緒方恵美さんすごいですね。本当に変わっていない。
さてストーリーの大まかなネタバレをします。
{netabare}まず大きな変化として一番初めに出てくる海のシーン、完全に赤色です。つまりこの世界ではサードインパクト、もしくはセカンドインパクト後の改変された世界もしくはパラレルワールドにあるという設定が推測できると思います。これがのちのちに結構面白いことになることを期待しています。{/netabare}
ともかくとして、エヴァンゲリオン初心者にはオススメの作品です。むしろ原作とか旧アニメは読まないでいいかもしれません。

投稿 : 2013/06/11
閲覧 : 165
サンキュー:

1

ネタバレ

コンサドーレ さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

とにかく

絵が綺麗。

投稿 : 2013/06/07
閲覧 : 166
サンキュー:

0

ネタバレ

わっち さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

報われない主人公ナンバーワン

序:パイロットやらされたあげく、友から嫌われるはめに
破:パイロットがんばった結果、友を殺すはめに
Q:世界を救おうとし、世界を滅ぼすはめに
?:果たして最終章で碇シンジは報われるのか?

基本的にヘタレ主人公ものは嫌いなのですが、
碇シンジは応援できます。報われて欲しいものです。

運命が過酷すぎ。大人たちが勝手すぎ。
愛されてなさすぎ。まわりから憎まれすぎ。

最終章で報われてもらいたいものです。

投稿 : 2013/04/27
閲覧 : 223
サンキュー:

3

ネタバレ

ちゃいにーず☆ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

すべてはここから、、、

この映画はつづきが絶対気になる作品ですね〜
Qまだ見てないからはやくみなければ!!

投稿 : 2013/04/19
閲覧 : 214
サンキュー:

5

次の30件を表示

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序のストーリー・あらすじ

かつて地球を襲った大災害・セカンドインパクトにより、人類はその半分が死に至った。幾ばくかの年月が流れ、その大惨事より復興しつつあった人類に、突如として使徒と呼称される謎の生命体が攻撃を仕掛けてきた。
国連の下部組織である特務機関NERV(ネルフ)は、極秘に開発されていた汎用ヒト型兵器人造人間エヴァンゲリオンによって襲来する使徒を迎え撃つ作戦を開始する。NERVの司令官である碇ゲンドウは、14歳の息子「碇シンジ」にエヴァンゲリオン初号機のパイロットになることを強いる。(アニメ映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
アニメ映画
放送時期
2007年9月1日
制作会社
スタジオカラー
公式サイト
www.evangelion.co.jp/
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B1%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%AA%...
主題歌
≪ED≫宇多田ヒカル『Beautiful World』

声優・キャラクター

緒方恵美、林原めぐみ、三石琴乃、山口由里子、立木文彦、清川元夢

スタッフ

原作:庵野秀明、 総監督:庵野秀明、監督:摩砂雪/鶴巻和哉、脚本:庵野秀明、主・キャラクターデザイン:貞本義行、主・メカニックデザイン:山下いくと、新作画コンテ:樋口真嗣/京田知己、総作画監督:鈴木俊二、作画監督:松原秀典/黄瀬和哉/奥田淳/もりやまゆうじ、メカニック作画監督:本田雄、特技監督:増尾昭一、演出:原口浩、美術監督:加藤浩/串田達也、色彩設定:菊地和子、撮影監督:福士享、CGI監督:鬼塚大輔/小林浩康、編集:奥田浩史、効果:野口透、音楽:鷺巣詩郎

このアニメの類似作品

この頃(2007年9月1日)の他の作品

ページの先頭へ